January 16, 2013

セゾン外厩馬近況

3歳馬
キララはセグチ本場で調整中。無理にペースアップせず状態を見ながら進めていることにより、硬さも徐々に解消中とのこと。かなり疲労がたまっていたようで、まだ脚さばきに硬さが見られるようで、これから寒さは本番かもしれませんが、順調に乗り込みが進むよう願っています。デビューはあまりのんびりはできないものの、もう少しあたたかくなってからでもいいので、デビューしたはいいけれど惨敗続きでまた牧場に舞い戻ることがないよう、十分態勢を整えてほしいものです。

サマーキララ [外厩馬 / セグチレーシングステーブル本場] ■2013/01/15
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブル本場で調整中。現在はダートトラックコースにてダクと軽めのキャンターで乗り込まれています。中間は無理にペースアップする事はせず状態に合わせて進めている事で、体の硬さも徐々に解消してきており良い傾向です。担当スタッフは「到着後の状態に比べ身のこなしからも硬さは解消し、現在は状態に合わせて乗り込みを進めています。歩様には硬さが見られなくなりましたが、まだ脚捌きなどには硬さが見られますので、今後も無理にペースを上げずにしっかりとしたフォームで走れる様に意識しながら乗り込みを進めて行きたいと思います」とコメントしていました。徐々に体の硬さも解消し順調に乗り込みを進められていますが、現状ではもう少し体もフックラとしてきて欲しいところです。今後も無理にペースアップする事はせず状態に合わせて調整を進めて行きます。現在の馬体重は435kgです。

5歳馬
ボンバーとガイドは5歳を迎えましたが、ともに500万下で頭打ちの状況。中間も引き続き乗り込みが進められてはいますが、勝ち上がってからの成績を振り返ると、今後も厳しいと思わざるをえません。せめて掲示板というのがせいざい望める最大のところとは…… 
ボンバーはまだ気持ち的に余裕が感じられるとのことで、もう少し乗り込んでからの入厩になりそう。馬体重が大きく増えたわけでもなく、このまましばらく乗り込みを続ければ、復帰戦を迎えられそう。とはいえ、掲示板も確保できないようでは、3歳がデビューする時期でもあり、いつまで厩舎においてくれるか…… 今月中には入厩とのことで、なんとしても復帰戦で頑張ってほしいところです。
ガイドも馬体に目立ったダメージはなく乗り込みを継続中ですが、こちらもけづやや張りを考えるとまだ本調子ではなく、もう少し時間がかかりそうとのこと。またもともと気持ちが勝った馬なのに、調教で妙に折り合っていて、馬体と心のバランスがまだとれていないようとのコメントです。もともと出遅れたりしていてテンの行きっぷりはよくなかった馬ですが、最近はむしろテンには行けるものの最後の粘りがなくなった感がありました。馬体重が490キロ台になっているのは、やはりこの寒い時期に代謝が衰えていて、なかなか絞れない証拠なのかな。ボンバーよりは入厩までに時間がかかりそうですが、それ以上に500万では厳しいと思われるレースばかり。いつ引退の話が出るかはらはらしている状況ですが、かといっていつまでも惨敗と放牧を繰り返されるのもどうかなとも思います。骨折休養が長く、そのあとまったくいいレースをしていないので、なんとか復活してほしいのですが、難しそうです。

ドリームボンバー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2013/01/15
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間も引き続き順調に乗り込みが進められており、背中に張りが感じられる事もなくしっかり運動量を確保して進められています。担当スタッフは「予定通り今月中旬の入厩へ向け順調に乗り込みが進められています。以前感じられた緩さも徐々に解消してきていますので、走りにも気持ちが乗り始めていますし、手応えや走りも良くなってきており良い傾向です。今後は気持ちまだ余裕が感じられるところはありますので、もう少し乗り込めば入厩も検討できると思います」とコメントしていました。ここまでは良い形で調整が進められていますので、近日中には飯田調教師に状態を報告し具体的な入厩時期などについて相談して行く予定です。現在の馬体重は481kgです。

ドリームガイド [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2013/01/15
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間は状態に合わせて幾分ペースアップして乗り込みが進められていますが、毛ヅヤや馬体の張りがもうひとつで、現状ではまだ本調子とは言えない状態のようです。担当スタッフは「体には特に目立ったダメージも感じられないのですが、この時期を考慮したとしても毛ヅヤや馬体の張りが本物ではなく、どうも代謝が悪くなるこの厳寒期が影響している可能性が高いのではないかと見ています。もともと気持ちが勝っているタイプの同馬ですが、最近の調教などを見ていると妙に折り合って走っていますので、まだ心と体のバランスが上手く取れていないようにも思われます。今後もうしばらくはこのまま無理せずペースアップして行くタイミングを見て行きたいと思います」とコメントしていました。状態面には既に目立ったダメージも見受けられませんので、今後はこのままのペースで乗り込みを進め心身共の良化を促して行きます。現時点で復帰まではもう少し時間を要すると見ています。現在の馬体重は490kgです。

6歳馬
バスケットは、カトラス同様、OPでは結果を出せていませんが、成績は少しましです。くわえて前走後、右前中筋に張りがみられてショックウェーブ治療など施されています。今は腫れはまだ残っているものの痛みはなくなっているとのことで、経過はそれなりに良好とのこと。とはいえ、球節炎は屈腱炎同様、なかなか治らない病気です。これだけ走るとどこかに故障が出るのは競走馬だからいたしかたないことですが、なんとか復活してくれるよう願わずにはいられません。アルビオンといい、フォーグといい、球節が腫れてからいいレースをした馬はほとんどいないように思うのですが、バスケットもそろそろ引退までの道を視野に入れておかないといけないかな。若い世代の出資馬が減り、期待して出資したウインの馬に裏切られて(苦笑)、だんだん競馬から遠ざかりつつあるいま、バスケット、カトラスの2頭が頼りだったのですが、これからはハピネスあたりに頑張ってもらわないとね。とはいえ、まだバスケットの復活を信じています。馬を仕上げるのがうまい阿部先生、よろしくお願いします。

ドリームバスケット [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2013/01/15
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルに滞在中。現在はパドック放牧とウォーキングマシーンでの運動で様子を見ています。中間は患部をしっかりと冷やしてケアしていた事で、当初感じられた痛みも殆どなくなってきた様子です。そこで先週末からはウォーキングマシーンでの運動も取り入れられています。担当スタッフは「引き続き無理はせずパドック放牧で様子を見ながら、中間にはショックウェーブ治療も施されています。現状では患部の腫れ自体はまだ残っていますが痛み自体はなくなっていますので、経過は同馬なりに良さそうでまずは安心しています。今後はまだ腫れ自体は球節の内外に残っていますので、このままウォーキングマシーンのみの運動と合わせてショックウェーブ治療も定期的に施して行きながら、もうしばらくはこのまま患部がスッキリしてくるよう促して行きたいと思います」とコメントしていました。日々しっかりとケアしていますので、時間の経過と共に患部の痛みや熱感は感じられなくなっています。しかし腫れ自体はまだ見た目にも残していますので、今後もうしばらくはこのままのメニューで様子を見て行く予定です。現時点では騎乗を再開するまではもう少し時間もかかると見ています。現在の馬体重は456kgです。

Posted by sachi at 02:17 PM | Comments (0)

セゾン出走結果レポート

カトラスはスタートはまずまずでしたが思ったほどダッシュがつかず、中団の位置取りに。そのまま内の経済コースを通って最後の直線に向かいましたが、先行馬に追いつけるほど脚が伸びず、結局12着に終わりました。調教師によると馬体も絞れて状態はよかったとのこと。使いながら調子は上向きとのことで、このままレースを使っていくことになりました。しかしOPではどうも力不足の感を否めません。何かもうワンパンチないと、掲示板もむずかしそう。勝ち上がって2連勝したときも冬は惨敗、調子があがってきたのは春だったので、もしかしたら荒れた冬の馬場は苦手なのかもしれません。続戦ならば少し気候が温かくなった頃の出走に期待します。それでだめなら引退も仕方ないかも。重賞はともかく、OP特別で掲示板に載ることを目標に調整よろしくお願いします。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2013/01/15
--------------------------------------------------------------------------------
1/13(日)中山競馬第11レース、ニューイヤーステークス、芝1600m、16頭立て、5枠10番、吉田隼人騎手騎乗で出走し、12着でした。
まずまずのスタートを決めますが思うようにダッシュが付かず、中団7、8番手辺りから2コーナーを回り向正面へ。その後はレッドスパーダがハナへと立ってレースを引っ張り、1000mの通過を58.7秒と淀みの無い流れを形勢します。そんな中、同馬は道中の追走もスムーズで、周りを気にする事もなくしっかり集中して前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮してきます。同馬も鞍上に気合を付けられながら進出を開始すると、そのまま最内を通って10番手辺りから4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると同馬なりに反応して脚を伸ばします。最後まで何とか前との差を縮めようと鞍上が懸命に追いますがそのまま脚色は変わらず、結局勝ち馬から0.9秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-8kg、446kgでした。騎乗した吉田隼人騎手は「タイミング良くスタートも決まりましたし、周りも速く流れていたので無理せず控えてレースを進めました。道中は内で脚を溜めていた分最後は伸びかけていましたし、そのまま前進出来るように追いましたが、結果的には伸び切れませんでした」とコメント。佐々木調教師は「心配していたゲートもしっかりと決まりましたし、道中も内でロスなくレースは進められ、吉田騎手は上手く立ち回ってくれたと思います。今回結果は伴いませんでしたが、体も絞れ状態自体はレースに使いながら良くなって来ている印象ですので、今後もこのまま続けて次走を検討して行きたいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断して行きます。

Posted by sachi at 02:16 PM | Comments (0)

January 13, 2013

カトラスはまた二桁着順orz

人気以上には頑張りましたが、やはりOPでは敷居が高いのか12着に終わりました。
馬体はすっきりしてスタートも悪くなかったのですが、テンにあまり行けず、経済コースを通ったはいいけれど、馬場状態があまりよくなかった印象。位置取りももう少し前につけないと、終い切れる脚がないだけに厳しかった。やはり京都で復活を期待しますが、へたするとこのまま終わってしまいそうで怖い。

1月13日(日) 中山11R ニューイヤーステークス 芝1600m 天気:晴 馬場:良  15:35発走
12着 5枠 10番 ドリームカトラス 牡6 56.0 吉田隼 1:34.4 クビ 15/16人気 117.9 35.0 (栗東)佐々木 446(-8)

Posted by sachi at 04:45 PM | Comments (0)

カトラスは5枠10番

きょう中山でニューイヤ−Sに出走のカトラスですが、まったく人気はありません。
やはり平坦の京都を得意とするからでもありますが、中山でも頑張ってほしい。
応援は少し温かくなったら久しぶりに行こうかと思っていますが、さて、どうでしょうか。

1月13日(日) 中山11R ニューイヤーステークス 芝 1600m 16頭立 15:35発走
1 1         マイネルクラリティ 牡7 56 柴田大 宮本 89.9 15
1 2   ○ ◎ サンライズプリンス 牡6 55 柴田善 音無 8 4
2 3 ◎     コスモセンサー 牡6 58 松岡 西園 6.2 2
2 4 ○ ▲ ☆   シルクアーネスト 牡6 56 田中勝 池添 11.9 7
3 5     △   ダノンプログラマー セ7 56 大野 千田 17 9
3 6 △   △   オセアニアボス 牡8 57 マクドノ 矢作 12.3 8
4 7   △     ネオサクセス 牡6 56 吉田豊 古賀史 19.2 10
4 8 △   ○ ミトラ セ5 56 横山典 萩原 4.6 1
5 9         レッドスパーダ 牡7 58 北村宏 藤沢和 20.4 11
5 10         ドリームカトラス 牡6 56 吉田隼 佐々木 82.1 14
6 11 ▲   △   オメガハートランド 牝4 53 石橋脩 堀 11.1 6
6 12         ストロングガルーダ 牡7 55 田辺 久保田 39.4 13
7 13 △     タマモトッププレイ 牡4 54 和田 南井 8 5
7 14   ◎ ▲ フレールジャック 牡5 56 ベリー 友道 7.5 3
8 15 ☆       オウケンサクラ 牝6 54 内田博 音無 31.9 12
8 16         セイカアレグロ 牡8 56 嶋田 黒岩 273.2 16
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 07:12 AM | Comments (0)

January 12, 2013

ウイン出資馬近況

明けていよいよ2歳デビューの年。去年の出資馬はサイアクでしたが、今年の出資馬こそ活躍してほしいものです。
キョウモヨロシクの11はCVFで調整中。ラフィアンとウインに分かれてからウイン馬はすべてCVFでの調整だから仕方がないと言えばそうなんですが、わたしはどうもCVFの坂路での調教に信頼がおけません。それはともかく、まだ体質の弱さがあるとのことで、状態優先での調教になるよう。こういう馬にあの坂路はきつすぎるのではないだろうか。馬に合わせて調教場所をかえるくらいの余裕がほしいですね。少なくともラフィアンでは明和と真歌の2つあるので、それができるんだけど、サービス面が最悪だからラフィアンでは出資したくないし、困ったもの。
かたやアドマイヤジェンヌの11のほうは、順調そのものとのこと。年明けてコメントのト−ンが少しいいほうに傾いてきた印象。これはよいことですが、それでもまだ「平均的なスピードを見せてはいるものの、しまいの粘りがまだもう一息」とのこと。これから3月にかけて、コメントがよくなると本物です。頑張ってほしい。

▼キョウモヨロシクの11……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都 2013年1月11日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本のメニューで調整を進めています。坂路調教では水準以上の動きを見せていますが、担当者は「まだ体質の弱さを抱えているので、稽古で攻めきれない現状でもあります。ここで負荷を掛け過ぎるとスクんだりすることもあるので、あくまで馬の状態を最優先しながら調教を進めていきます」と話していました。

▼アドマイヤジェンヌの11……父 : マイネルラヴ / 母 : アドマイヤジェンヌ / 牡 / 美浦・松山将樹 2013年1月11日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本のメニューで調整を進めています。運動量を増やした後も疲れが出ることもなく順調そのものです。担当者は「調教では平均的なスピードを見せてはいるものの、しまいの粘りがまだもうひと息といった印象です。もう一段階動きが上向いてほしいところですが、これからまだまだ変わってくると思います」と話していました。

Posted by sachi at 02:11 PM | Comments (0)

ラフィアン馬近況

サヴァランはまだやや重めながら、一応順調に追い切りを消化したとのこと。早く入厩させてほしい。それにしても、またしてもなんという短さよ。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
マイネサヴァランは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。先日は単走で3本目を15秒ペースで行かせる追い切りを消化。まだ多少重い感じですが、まずまずの動きでした。馬体重は477キロ。

Posted by sachi at 01:23 PM | Comments (0)

January 11, 2013

今週の調教時計

ハピネスとカトラスが時計を出しています。
ハピネスはまだ馬なりですが、相手には先着。今度こそ先につながるよい競馬を。
カトラスは久しぶりの東上で、中山の坂がどうかと思うけれど、せっかく東にやってきてくれるので、できれば応援に行きたい。ガンバレ〜!

サマーハピネス 
1/10 助 手 栗東坂/良 1 55.1 41.2 28.0 14.4 馬ナリ余力
 タイキサクセション(三未勝)叩一杯を0.2秒追走0.4秒先着
1/6 助 手 栗東坂/良 1 58.6 44.3 31.0 16.4 馬ナリ余力
ドリームカトラス
1/9 助 手 栗東坂/良 1 54.2 39.7 26.2 13.3 叩き一杯
 エリモロワイヤル(古500万)一杯を0.2秒先行0.3秒先着
1/3 栗東坂/稍 1 56.4 41.2 26.6 12.9 一杯に追う

【出走確定】
1月13日(日) 中山競馬場 ドリームカトラス 11R ニューイヤーステークス 芝 1600m 16頭立 吉田隼人騎手 15:35発走

Posted by sachi at 08:13 AM | Comments (0)

セゾン馬近況

3歳馬
リヴァールはきょう栗東に入厩予定。基礎体力もついたようで、ようやくデビューの態勢が整いつつあります。気性のほうは相変わらずあまりよくないみたいだけれど、まずはゲート試験合格を目指してガンバってほしい。この馬がデビュー前にせん馬になるとは予想もしませんでしたが、気性については同じタニノギムレット産駒のマイネルギブソンでも経験ずみ。何とか悪いところを抑えて早々の合格通知を聞きたいものです。佐々木師なら、うまくやってくれるのではないかな。

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2013/01/10
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで育成中。現在は引き続きダートトラックコースにてダクとキャンターを基本メニューに、合わせて週に1〜2本坂路も取り入れ乗り込まれています。中間も今後の入厩に向けしっかりと運動量は確保されており、ここまで入念に乗り込んできた事で基礎体力も十分に養われた様子で、日々元気一杯に与えられたメニューを消化している事は評価できます。そんな中、先日には佐々木調教師より連絡がありました。佐々木調教師は「気性的な問題でゲート練習はそこまで進んでいないとの事でしたが、ここまで十分に乗り込んで基礎体力はしっかり備わってきたとの事ですので、今後は週末にでも入厩させたいと思います」とコメントしていました。今後は金曜日に栗東トレセンに入厩する予定です。

4歳馬
ハピネスは引き続き栗東で調整中。中間も順調に進み、予定通り坂路で追い切りも章か。まだ馬なりなので何とも言えませんが、併せた馬には先着しているとのことで、まずまずではないかしら。重苦しさも解消されつつあるようなので、今度こそ勝ち上がりをめざしてスムーズは競馬をしてほしい。まあ、あと何回か着を拾ってもよいけれど、すんなり昇級してもらいたいもの。最低限、先につながる競馬をしてくれるよう願います。

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎] ■2013/01/10
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間も引き続き順調な事から、1/10には予定通り坂路にて追い切りを消化しています。併せ馬で4ハロン55.1秒、2ハロン28.0秒、ラスト1ハロン14.4秒の時計を馬なりでマーク。併せたタイキサクセション(3歳未勝利、叩き一杯)を0.2秒追走し0.4秒先着しています。松元調教師は「日曜日に軽く追った後も順調にきていますので、今回はそこまで無理せずに馬なりで相手のペースに合わせる形で追いました。動きは先週に比べるとしっかりしてきていますし、幾分感じられた重苦しさも解消されつつありますのでまずは安心しています。そんな中、本日には担当スタッフより少し息遣いが気になるとの報告も受けていますが、現状ではこの時期の乾燥等が影響して喉が荒れてしまっているのが原因と見ています。今後は念の為、週末にも内視鏡検査を行う予定で、特に問題が見られなければ、引き続きこのまま乗り込みを進め態勢を整えて行きたいと思います」とコメントしていました。次走については1/26中京競馬、4歳以上500万下、ダート1400m(牝)に出走予定。川須栄彦騎手に騎乗依頼しています。

6歳馬
カトラスは今週日曜の中山での出走が確定しました。お天気(寒さ)にもよりますが、ここは応援に行けるかも。中山の坂が苦手ではないかと心配ではあるものの、今週の時計は優秀とのことなので、それを信じて応援します。カトラスは東京でも勝ったことがあり、今なら輸送でテンションがあがる心配もさほどなさそうに思う。少なくとも掲示板を目指して、行け行け〜 隼人騎手、一発おねがいします!

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2013/01/10
--------------------------------------------------------------------------------
1/13(日)中山競馬第11レース、ニューイヤーステークス、芝1600m、16頭立て、吉田隼人騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後3時35分です。
1/9には坂路にて最終追い切りを消化。併せ馬で4ハロン54.2秒、2ハロン26.2秒、ラスト1ハロン13.3秒の時計を叩き一杯に追われてマーク。併せたエリモロワイヤル(古500万、一杯)を0.2秒先行し0.3秒先着しています。佐々木調教師は「先週末にはゲート練習も行いましたが、やはり調教ではわきまえているようで、刺激してもちゃんと我慢して何ら問題はありませんでした。そこで今週は状態に合わせ、しっかり負荷を掛ける内容で追い切りましたが、今週も時計は優秀で、ラストに14秒台を楽に切れている点も評価出来るものと見ています。中間の獣医チェックでは、心臓自体はまだ良くなりそうとの話は受けていますが、2週続けてこの動きが出来れば何ら問題ありませんし、力は十分に発揮出来ると見ています。頑張って欲しいですね」とコメントしていました。ご声援ください。

Posted by sachi at 08:11 AM | Comments (0)

ホーリー転厩

もともと厩舎に期待して出資した馬でしたが、こんなに走らないのでは転厩もしかたなしです。重さんのところで少しでも改善することを期待しますが、一口馬主への興味もさめがちで、3走して引退でもいいんだけどな。

▼ウインホーリー……父 : アドマイヤマックス / 母 : コスモハナコ / 牡 / 美浦・畠山重則 2013年1月10日(木)
 約半年振りの実戦となった先週の京都では、初ダートでの一変も期待されましたが、結果、初戦と同じく追走に苦労する形で、16着という結果に終わってしまったウインホーリー。レース後の馬の状態は変わりなく順調であることから、クラブとしては続戦を希望していましたが、吉田調教師から「申し訳ありませんが、厩舎の事情でこのまま在厩させることが難しい状況です」との申し出があり、昨日9日(水)に出資会員様向けに発送した書面でお伝えした通り、美浦・畠山重則厩舎への転厩が決まっています。
 そのホーリーは、昨日9日(水)まで軽めの運動で楽をさせてもらい、本日10日(木)午前6時発の馬運車で美浦トレセンへ向けて出発。移動時の交通事情も問題なく、午後には美浦トレセン・畠山重則厩舎の馬房へと収まっています。
 明日からは心機一転、美浦トレセンで次走へ向けて調教が開始される予定となっています。

Posted by sachi at 04:09 AM | Comments (0)

January 09, 2013

ウイン外厩馬近況

コサージュはCVFで昼夜放牧から坂路調教を再開、馬体はがっしりしてきて動きも上向きとのこと。2月上旬の帰厩を目標に調整が進められるようです。ここまで未勝利で見所のないレースが続いたものの、今度こそ復帰後は何とか勝ち上がってほしいと願っています。

▼ウインコサージュ……父 : ダイワメジャー / 母 : シークレットコサージュ / 牝 / 美浦・手塚貴久 2013年1月9日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化していましたが、状態が安定していることを受けて、昨年末から坂路調教を再開。現在は追い切りもこなしながら調整を進めています。休養を挟んだ効果で、馬体は以前よりもガッシリと逞しくなってきました。担当者は「正直なところ、まだ追い不足な印象はありますが、乗り出し当初と比べると動きは上向いてきました。調教では以前のように前半からガーッと勢い良く行きそうになる面が見られるので、その辺りが今後の課題でしょう」と話していました。今後の動き次第ではありますが、2月上旬頃にトレセンへ帰厩する予定となっています。

Posted by sachi at 10:41 PM | Comments (0)

セゾン入厩馬臨時更新

こまめに更新してくれてありがたいセゾンです。ハピネスは栗東に移動して順調に調整中。とはいえ、やはり休養明けのせいか冬場のせいか、動かしてみると少し重苦しさが感じられたとのことで、次走を1週延ばしで中京の牝馬限定戦が目標になりました。この寒さだし、無理をせずしっかり調整してのぞむほうがいいでしょう。鞍上は川須騎手。川田騎手ではないのがちょっと残念だけど、川須騎手も有望な若手なので文句ありません。中京でぜひとも勝って昇級を期待します!

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎] ■2013/01/08
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間は環境の変化にも直ぐに馴れた様子で、テンションが高くなる事もなく、予定通り翌日からは調整が進められています。そんな中、1/6には早速坂路にて状態を確認。単走で4ハロン58.6秒、2ハロン31.0秒、ラスト1ハロン16.4秒の時計を馬なりでマークしています。松元調教師は「見た目には余裕もそこまで感じられませんでしたが、動かしてみるとフットワークには幾分重苦しさが感じられました。しっかり態勢さえ整えられればこのクラスでは力も上位と見ている同馬ですので、次走は仕上がり重視で判断すると時間的に中京開催の方が良いと思います」とコメントしていました。時期的な事も影響しているのか、夏場の暑い頃に比べると現段階では良化もスローな印象を受けるとの事で、今後は予定をもう1週伸ばして次走を検討して行く事になりました。次走については1/26中京競馬、4歳以上500万下、ダート1400m(牝)に出走を予定しています。川須栄彦騎手に騎乗依頼しています。

Posted by sachi at 02:15 AM | Comments (0)

January 08, 2013

今週の出走予定馬

セゾンのカトラスがニューイヤーSに登録しています。
前回除外されたので出走可能なのかしら。バスケットがどうも不調に突入してしまったようなので、頼みの綱はカトラスです。

ドリームカトラス
1/13 (日) 中山 11R ニューイヤーステークス 芝 1600m 吉田隼人騎手

Posted by sachi at 02:42 AM | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

明け4歳馬
ハピネスが栗東に入厩、いよいよ4歳の年があけました。前走後は放牧になったものの緩めずに乗り込まれてきたので、復帰は早そう。現時点での目標は京都最終週か、中京2週目のダート1400m戦。やはり牝馬限定です。牡馬とはやはり無理なのかな、それともいわゆる2走ぼけだったのか分かりませんが、次回の巻き返しに期待します。セゾン馬は500万で頭打ちになる馬も多いのだけれど、この馬にはもう少し上での活躍を!

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎] ■2013/01/04
--------------------------------------------------------------------------------
1/4にワコーファームから栗東トレセンへ入厩しました。特に問題なくまずは無事に到着しています。松元調教師は「牧場で緩めず乗り込みを進めてもらいましたので、見た目に余裕もなくまずは無事に厩舎へ到着しています。早速明日から騎乗を開始し状態を確認して行きたいと思います。現時点では京都最終週を目標にしていますが、動きや息遣い等、状態によっては中京2週目のダート1400m(牝)も視野に入れて進めたいと思います」とコメントしていました。現時点で次走については1/20京都競馬、4歳以上500万下、ダート1400m(牝)を本線に検討していますが、今後の状態によっては翌週の中京競馬、4歳以上500万下、ダート1400m(牝)も視野に入れています。

明け6歳馬
カトラスは金杯を除外になって今度は出走できそう。時計はあまりよくなさそうに思ったものの、コメントによれば時計がかかる馬場だったようで、優秀とのこと。腰の状態もしっかりしてきたらしいので、中山がどうか心もとないところはあるけれど、出走なら頑張ってほしい。隼人騎手はセゾンでは初めてかも? デビューして若手のホープになったころ何度か騎乗してもらいましたが、好きな騎手の一人です。兄の豊騎手は、何と言ってもラヴのGI勝ちの立役者。弟くんにも今年の活躍を期待します。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2013/01/03
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。今週の京都競馬、京都金杯(G3)、芝1600mに出走を予定していましたが、残念ながら除外となってしまいました。1/3には坂路にて追い切りを消化しており、単走で4ハロン56.4秒、2ハロン26.6秒、ラスト1ハロン12.9秒の時計を一杯に追われてマークしていました。佐々木調教師は「追い切りの時計も終いに時計が掛っている中で12.9秒と優秀でしたし、状態も仕上がりつつある印象だっただけに何とか出走させたかったところですが申し訳ありません。それでも乗り込みを進めながら腰の状態も良くなっており、目標が来週になる事は特に問題はないと見ていますので、週末にはゲートの確認をして行きたいと思います。今週にしっかり追い切っていますし輸送もありますので、今後は週末に軽く流して来週にサッと追ってレースに向かいたいと思います」とコメントしていました。次走については1/13中山競馬、ニューイヤーステークス、芝1600mに出走予定。吉田隼人騎手に騎乗依頼しています。

Posted by sachi at 02:34 AM | Comments (0)

ラフィアン馬近況

明け4歳馬
たったこれだけなので、かくこともなし。もう少しダイエットが必要か。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
マイネサヴァランは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。軽く一息入れてから騎乗を始めており、ハロン17〜20ペース3、4本のメニューを消化しています。馬体重は472キロ。

Posted by sachi at 02:23 AM | Comments (0)

ウイン馬近況

年末年始、帰省していたので追いつき更新です。
ホーリーは期待もしていませんでしたが、新春に京都で出走し、やはりびりでした。
これほど走らない馬は久しぶり。もう引退でいいです(苦笑)

1月5日(土) 京都1R 3歳未勝利 ダ1200m 天気:晴 馬場:稍重 発走:10:05
16着 8枠 16番 ウインホーリー 牡3 56.0 高倉 1:15.5 1.3/4 16/16人気 359.8 37.8 16-16 (栗東)吉田 466(0)

出走後コメント:2013年1月5日(土)
高倉稜騎手 うーん、もう少しレースを使いつつという印象ですね。スタートは互格に出ていますが、その後は他馬のスピードに付いていけません。ワンペースな走りで、最後までグッとくるところがありませんでした。気が悪いとかそういうところは全くないのですが、まだ体が緩く、性格もおとなし過ぎますね。芝かダートならダートのほうがベターですが、そこまで大きな差はなさそうです。スピードがないぶん今日の1200mは忙しかったですが、1800mは長いと思います。ダート1400mならもう少しレース振りは良化してきそうな感じはあります。
吉田直弘調教師 道中はどうなることかとも思いましたが、最後はこの馬なりに差は詰めていましたね。前走から半年ほど間隔が開きましたが、馬体の成長はあまり感じられませんし、追い切り時計も目立ちませんが現状ではこの時計で一杯一杯というところでもあるんです。それでも厩舎でじっくり仕上げてきたことで今回も仕上がりは良かったんです。この後は続戦の方針で進める予定ですが、トレセンへ戻ってからの状態とも相談させてもらいます。
片山駿の目 この時期ですので冬毛がところどころに見られ、馬体の造りは背が低くムチムチとした体つきで前走時から増減なしという数字通り、初戦の印象とあまり変わり映えのしない姿でした。勝ち馬との差は、デビュー戦よりも縮まったとはいえ、同じく最下位という成績で、レース振りにも大きな進境は感じられませんでした。今回の1200mは追走に忙しい印象がありましたから、次走は距離を延長して、そこでどれだけの競馬ができるかが焦点になってくると思います。

その前に近況も更新されていたので、記録のために掲載。

▼ウインホーリー……父 : アドマイヤマックス / 母 : コスモハナコ / 牡 / 栗東・吉田直弘 2013年1月3日(木)
 栗東トレセンで調整を進めているウインホーリーは、年末年始も坂路を中心としたメニューで順調に調教を積み重ねてきています。先月27日(木)には1週前追い切りが坂路にて行われ、4F60秒3、ラスト1F14秒3という時計を一杯に追われてマーク。そして年末年始の変則日程により、31日(月)には同じく坂路にて併せ馬の最終追い切りがかけられました。
 3歳新馬キクノセントロと同時にスタートし、残り1Fまでは併走を保っていましたが、ラスト1Fはともに一杯に追われると渋太さを見せたのはホーリーで、最後は1馬身の先着を決めていました。とはいえ、時計は4F58秒1、ラスト1F14秒8と平凡で、動きを見守る吉田調教師も「正直なところ、以前からあまり大きく変わったところは見られませんね。一生懸命は走っているのですが、もう少しピリッとしてほしいところです」と渋めのジャッジでした。
 続けて、「1200mは少し忙しい気もしますが、ダート替わりでの変わり身を期待します」と語り、今週の京都土曜1Rダート1200mに高倉騎手で向かうことを決めています。
 全休日明けの昨日2日(水)は角馬場での乗り運動が行われ、本日3日(木)は角馬場から坂路を楽走で1本というメニューをこなしていました。午後の出馬投票では、予定通り今週の京都土曜1Rダート1200mに高倉騎手で出走が確定しています。

Posted by sachi at 02:19 AM | Comments (0)

December 28, 2012

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ハピネスはワコーファームでもずっと乗り込まれており、年明け4日に栗東へ入厩予定。できれば年内にもう1つ勝っておいてほしかったですが、事故の後遺症もなくここまでこられたのは何より。明け4歳馬になってからの活躍を期待します。やはり目標は牝馬限定戦で、1/20(日)京都でのダ1400m。まだ鞍上のコメントはありませんが、また川田騎手でお願いしたい。

サマーハピネス [外厩馬 / ワコーファーム] ■2012/12/27
--------------------------------------------------------------------------------
ワコーファームで調整中。本日松元調教師より連絡がありました。松元調教師は「牧場でも緩ませる事なくしっかり乗り込みが進められています。見た目にはもう少しフックラとして欲しいところではありますので、今後はもう少しこのまま様子を見ながら、年明け早々に入厩させたいと思います。次走については京都3週目を視野に入れています」とコメントしていました。今後は来週の1/4(金)に栗東トレセンへ入厩する予定。現時点では1/20京都競馬、4歳以上500万下、ダート1400m(牝)を視野に入れています。

5歳馬
早いものでカトラスも来年は明け6歳、つまり昔流に言えば7歳! あっという間に時がたちます。そのカトラス、当初の目標だった金杯は登録馬多数でハンデを考慮しても出走できそうになく、出走かなわなければ除外の権利をとって中山のニューイヤーSをめざすことになったよう。これはもともとバスケットが目標にしていたレース。バスケットが放牧になっておそらく出られないと思うので、まあちょうどいいか…… 中山は合わないのではという方もいますが、う〜ん、東京も合うとは思っていなかったけれど勝ったときもあるし、適性はなんとも言えません。東上してくれるのは歓迎です。ただ寒いさなかの中山へ行くのはちょっとキツいけど。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2012/12/27
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間は状態に合わせて普通キャンターでの調整で様子を見ています。佐々木調教師は「レースに使った後も腰の緩さは相変わらず感じられますが、全体的にはレースに使ってしっかりしてきてはいますので、今後はそこまで強い負荷を掛けなくても良いのではないかと見ています。しかし当初予定していた次走については、現段階では登録頭数も多く、ハンデを見ても出走は叶わなそうな状況です。しかし同馬にとって距離はマイルが一番合っているとは思いますので、今後は週末にでも大きめを乗って出走態勢は整えて行きたいと思います。現時点では除外権利を取って翌週の中山競馬、ニューイヤーステークスに向かうのが本線になりそうです」とコメントしていました。今後はレースに使っている事と、中山での出走となれば輸送もありますので、そこまで強い負荷を掛ける必要はなさそうとの事で、週末、来週は体調を整える程度の調整で態勢を整えて行く予定です。次走については1/5京都競馬、京都金杯(G3)、芝1600mと1/13中山競馬、ニューイヤーステークス、芝1600mを両にらみで視野に入れています。

Posted by sachi at 02:24 AM | Comments (0)

December 26, 2012

セゾン外厩馬近況

2歳馬
リヴァールは去勢手術から一応順調に回復しているようですが、「以前に比べるとだいぶ前向きさが感じられるようになってきました」てことは、以前は前向きさがなかったのね。それは去勢の影響? ともあれ、調教をいやがるそぶりはなくなり、坂路でのいきっぷりもよくなり、背が伸びて馬っぷりもよくなってきたというのだから、まあひと安心というところ。年明けの入厩が目標になりました。ギブソンと同じくタニノギムレット産駒で気性に難ありだったけれど、これからは落ち着いて走りに集中してほしい。馬体が成長して体力がついてくれば、おのずと走りもよくなるでしょう。デビューに向けてしっかりお稽古に励んでください。
キララはゲート試験には合格したものの、背中やトモにずいぶん疲れがたまっていたようで、まだ歩様は硬いまま。しかも針治療後も、運動でほぐしてもダメとは、がっかり。そういう体質なのか、それとも相当な疲れだったのか。カトラスの前例があるのでそれほど気にはしませんが、デビューが先になるのは確かです。ここは無理せず、様子を見ながら慎重に進めてほしいと思います。その点ではセグチさんは安心できます。

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2012/12/25
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで育成中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターを基本メニューに、合わせて週に1〜2本坂路も取り入れ乗り込まれています。中間はここまで入念に調整を進めてきた事で、ここ最近では以前に比べるとだいぶ前向きさが感じられるようになってきました。担当スタッフは「日々の調教を嫌がる素振りも見せなくなっていますし、体全体的に感じられた緩さも解消しつつあって、ここにきてだいぶしっかりとしてきた印象を受けます。坂路では行きっぷりも良くなってきていますし、見た目にも背が伸びて馬っぷりも良くなってきました。今後は年明け頃の入厩を目標に、このまま良い状態で厩舎に送り出せるよう進めて行きたいと思います」とコメントしていました。ここにきて心身共に成長が感じられるようになり良い傾向と見ています。今後もこのまま入厩に向けしっかり態勢を整えて行きます。現在の馬体重は472kgです。

サマーキララ [外厩馬 / セグチレーシングステーブル本場] ■2012/12/25
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとハッキングで運動しています。中間から騎乗を開始していますが、歩様や身のこなしには硬さが残っており、無理にペースアップする事はせずしっかりと体を解しながら調整が進められています。担当スタッフは「背中からトモにかけてはだいぶダメージが溜まっていた様子で、針治療後も硬さが感じられています。体を解す様に運動をしているのですが、乗った後も同じ様に硬さが感じられていますので、現状では無理をさせない様にまずは体をフックラさせながら様子を見て行きたいと思います。以前滞在していた時とは明らかに動きは違いますし、体を使って走れていない事でダメージも出易くなりますので、焦らずに乗り込みを進め悪いところはないか確認して行きたいと思います」とコメントしていました。獣医の触診では特に大きなダメージが見られる事はありませんが、歩様は硬く身のこなしもぎこちないところがありますので、今後しばらくは状態に合わせて無理をしない様に調整を進めて行く予定です。現在の馬体重は423kgです。

3歳馬
ハピネスは栗東近郊で調整中。「節のため」と言いながらセグチ送りは……と思っていたのですが、ワコーファームならすぐトレセンに戻れるのでよかった。メニューはダートコースでダグとキャンターに、ある程度のスピード調教も取り入れているとのことで、そのあたりからも復帰戦はそう遠くないでしょう。前走の不可解な敗北は、やはり2戦ぼけなのか、それとも牡馬には太刀打ちできないのか、今度の復帰戦は当然、牝馬限定戦を選ぶのでしょうが、サマールナがひと足もふた足も先に勝ち上がって先週は3勝目をあげ、準オープンに。復帰初戦でのあの事故がなければ……と思いますが、それはもう過去の話。この馬もルナに続いて順調に勝ち進んでほしいものです。

サマーハピネス [外厩馬 / ワコーファーム] ■2012/12/25
--------------------------------------------------------------------------------
ワコーファームで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターを基本メニューに、合わせて週に1本15-15のスピード調教も取り入れられています。中間は獣医に状態を確認してもらいましたが、特に大きなダメージは見られない事から予定通り緩めない様に乗り込みが進められています。担当スタッフは「レース後の移動でしたが、脚元や体には特別大きなダメージもなく順調に乗り込みが進められています。飼葉も良く食べていますので体重自体は増えてきていますが、もう少し見た目にもフックラとさせたいところです。テンションも落ち着いていますし、動きもしっかりしていますので、このまま入厩させられる様に態勢を整えて行きたいと思います」とコメントしていました。同馬なりにしっかりリフレッシュしている様子で、元気良く日々のメニューを消化している事は評価できます。今後もこのまま入厩へ向けて態勢を整えて行きます。現在の馬体重は501kgです。

4歳馬
ボンバーは3カ月の休養明けで1戦しただけなのに、まだ背中に張りがあり注射しながらの調整らしい。弱っちい馬だなぁ。一応、年明けの入厩を目指して進めていくとのことですが、まだ緩さもあり、現実的には来月半ばの入厩か。前走は距離短縮が裏目に出たとも考えられ、、ブリンカーで少し集中力が出たようなので、次はやはりダート中距離がよさそう。1、2戦して同じような成績だったら、何か手があればよいけれど長い距離はもちそうにないし、残るはジャンンプくらいでしょうかね。
ガイドも似たようなものですが、違いは骨折で1年以上休養する結果になったこと。そのせいかどうか不明ながら、復帰して体調は悪くなさそうなのに、いつもタイムが遅い。これが能力の限界なのかな。距離はやはり1400mくらいじゃないとだめのようだし、もう少しぴしっと馬体が仕上がれば、ましな成績になるのだろうか。馬自身は元気でお稽古できているようなので、次走がカギかもしれません。なんとかガンバってほしいんだけど。

ドリームボンバー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2012/12/25
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間は状態を確認しながら無理なく乗り込みが進められており、定期的に背中もケアしていますので、ここまでは特に気になる部分もなく順調に調整が進められています。担当スタッフは「そこまで強い負荷を無理して掛けずに進めていますが、それでも背中には少し張りが感じられましたので、中間からは定期的に注射を打ってケアしながら騎乗を進めています。現在は治療の効果で背中には殆ど張りは感じられなくなっていますし、同馬自身は元気一杯で体調も良さそうですので、今後はこのまま年明けの入厩を目指して進めて行けると見ています」とコメントしていました。現状では軌道に乗ってきてはいますが、まだ全体的には緩さも感じられますので、今後もこのまま状態に合わせて乗り込みを進めて行く予定です。現時点では来月中旬頃の入厩を目標にしています。現在の馬体重は481kgです。

ドリームガイド [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2012/12/25
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクと軽めのキャンターで運動しています。中間は予定通り獣医に状態を確認してもらいましたが、特に目立った大きなダメージは感じられませんでした。担当スタッフは「部分的にダメージが感じられるところはありましたが、レースに使っている割にはそこまで痛んでいる様子はありませんでした。そこで現在は気が入り過ぎない様に意識しながら軽めのメニューで様子を見ています。最初はテンションが高くなる場面も見られましたが、最近では落ち着いて変に力む事なく走れていますので、今後は状態を確認しながらキャンターも取り入れて行きたいと思います」とコメントしていました。ここまでは順調で状態的にも特に気になるところはありませんので、今後はこのまま気が入り過ぎない様に注意しながらペースアップして行く予定です。現在の馬体重は476kgです。

5歳馬
バスケットは右前の繋靭帯と球節の両側に腫れがあるとのこと。繋靭帯炎にしろ球節炎にしろ、時間がかかるし完治はむずかしい。結局、競走馬はいつも無理をしているから、最後には何かかんかの故障が出てくるんでしょう。とりあえずは年明けまで患部を冷やして休ませるとのこと。軽症で好転すればよいけれど、長期休養もありうる症状に思えます。馬体も少し減ってしまったようで、心配です。これまでほとんど故障らしい故障もなくここまできたのが、むしろ不思議なくらいなので、無理せずゆっくり休んでほしい。

ドリームバスケット [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2012/12/25
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルに滞在中。現在はパドック放牧されています。中間は牧場に移動してからまだそれ程時間も経過していませんので、右前中スジの腫れもそこまで良化は見られません。担当スタッフは「右前繋靭帯と球節の両側に腫れがあり、現時点ではまだ痛みも伴っている様子です。今後は腫れが引くまでは無理してこじれても行けませんので、最低でも年明けまではこのまま冷やしながら様子を見て行きたいと思います」とコメントしていました。獣医の見解では、今はとにかくしっかりと患部を冷やして休ませるのが何よりとの話も受けていますので、今後もうしばらくはこのままパドック放牧で様子を見て行く予定です。現在の馬体重は454kgです。

Posted by sachi at 04:14 AM | Comments (0)

December 25, 2012

カトラス、京都金杯に登録

登録は39頭。これは出走がむずかしそうです。

2013年1月5日(土) 1回京都1日
第51回 スポーツニッポン賞京都金杯(GIII) 第1回特別登録 39頭
サラ系4歳以上 (国際)[指定]オープン ハンデ 1600m 芝・右 外
アスカトップレディ
アドマイヤメジャー
ウォータールルド
エクスペディション
エーシンホワイティ
エーシンリターンズ
オセアニアボス
キングストリート
サウンドオブハート
サトノパンサー
サドンストーム
サンライズプリンス
シャイニーホーク
ジャスタウェイ
ショウリュウムーン
シルクアーネスト
シルポート
スズカコーズウェイ
ストロングガルーダ
セイカアレグロ
ダイワマッジョーレ
タガノエルシコ
ダノンエリモトップ
ダノンシャーク
ダノンプログラマー
ダローネガ
ダンツホウテイ
トライアンフマーチ
ドリームカトラス
トーセンレーヴ
ニシノビークイック
ネオヴァンドーム
ネオサクセス
ファインチョイス
フィフスペトル
ブリッツェン
フレールジャック
ヤマニンウイスカー
ライブコンサート

Posted by sachi at 03:10 AM | Comments (0)

December 23, 2012

バスケットはセグチへ

前走時から怪しかった右前中スジの状態確認を含め、バスケットは放牧になりました。去年の12月からほぼ1年間、間隔をあけながらもコンスタントに使ってきたので、今度は放牧だと思っていたから、驚きはありません。むしろ、え?続戦?ほんとに大丈夫?と思ったくらい。ここは無理せず、1年にわたるレースの疲れをとってほしい。ただ、中スジはやっかいです。カッチーが無理して追わずに幸いだったと思いますが、不安が残らないわけではありません。トレセンでレントゲンを撮ったときは異常なしのようだったけれど、日をおいて症状が出てくることもあり、これだけレースを走った馬だから、いずれは何か出てきてもおかしくありません。フォーグも屈腱炎でこそなかったものの、同じように完治がむずかしい繋靭帯炎を発症し、休養しても「落ち着いた」程度で、結局よくはならなかった。ゆっくりさせてみて回復してくればいいんだけれど…… それにしても3日連続での近況更新は、とても親切でコメントも丁寧。その点は出資者にとってありがたいクラブです。セグチさん、しっかりケアをお願いしますm(_ _)m

ドリームバスケット [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2012/12/22
--------------------------------------------------------------------------------
12/22に美浦トレセンからセグチレーシングステーブルへ移動しました。特に問題なくまずは無事に到着しています。担当スタッフは「右前中スジの状態も含め、まずは近々に再度獣医に状態を確認してもらう予定です。いずれにせよ今後しばらくはパドック放牧で様子を見て行きたいと思います。ここはしっかり英気を養って欲しいところですね」とコメントしていました。今後しばらくは無理せずパドック放牧で様子を見ていく予定です。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2012/12/21
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。中間は軽めの運動を再開して様子を見ています。そんな中、本日阿部調教師より連絡がありました。阿部調教師は「右前中スジの張りは時間の経過と共に引いてくると見ていましたが、現状ではそこまで変化が見られません。歩様には気にしている様子もありませんが、触診では少し反応が見られています。当初はショックウェーブでケアして進めて行く事も検討していましたが、ここまで在厩で進めて来ている事もありますし、ここは一度放牧に出してしっかりケアして行きたいと思います」とコメントしていました。今後は明日セグチレーシングステーブルに移動する予定です。

Posted by sachi at 01:43 AM | Comments (0)

December 21, 2012

ライファン馬近況

近況が金曜日になって怒っていた頃がなつかしくなるほど、今や情報量が少なくて、わくわく感がない。いったいこのサービス低下に下げ止まりはあるのだろうか。その前に、サヴァランが引退したらラフィアンはおしまいにと思っているのですが、どっちが早いか。とりあえず、サヴァランはいつもの「節の調整」を理由に鉾田へ。おまけに年明けの中京の出走は難しそうとも。小倉でいいから使いましょう。ラヴの血が入っている馬は、小倉よさそうです。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
マイネサヴァランは、18日(火)ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。清水調教師は「節で年明けの中京の出走は難しいかもしれません。馬房の確保ができれば小倉で使っていくことも考えます」と述べていました。

Posted by sachi at 07:31 PM | Comments (0)

今年の出資馬総合成績(2012)

2012年の出資馬総合成績

先週のサヴァラン、カトラス、バスケットの出走で、今年の出資馬の競馬は終了。
年末恒例?で、今年の成績を振り返り、まとめてみたいと思います。

【ラフィアン】
サヴァランが未勝利を勝ったものの、再度の骨折で半年以上休養。復帰戦もパッとせず、何やら雲行きあやしい気配。1勝しているだけましと思うしかないのかな。だとしたら寂しいかぎり。
ギブソンは降級したおかげで7月に運よく1勝できたのはよかったけれど、後が続かず、結局故障により引退。最後に1つ勝ち星を上げられたのはよかった。でもそのあとが……今はどうしているんだろう。
そしてフォーグは、去年もたった1戦、今年もたった1戦で引退に。2歳時からずいぶん活躍してくれて、たった2勝ながら1億円馬になった。偉い! でも、ラフィアンの好調はこの世代で終了しました。ルーチェが阪神ジュベナイルとオークスに、そしてフォーグが朝日杯フューチュリティSとNHKマイルCとダービーにそれぞれ出走したのは、とてもなつかしい思い出です。
しかし、はぁ〜 サヴァラン以後、出資していないし、出資する気もありませんので、サヴァランが引退したらクラブとはさよならか。ルーチェの産駒がいるので未練はあるのですが、現状では…… ラヴで始まったわたしの一口人生で、ラフィアンにはずいぶん楽しい思いをさせてもらったけれど、仕方がありません。フォーグなんて、この2年間にたったの2走で、行き先も知れず。小柄だけどスピードもあり、可愛い馬だったのに。牧場に行ったときにもらったフォーグの蹄鉄、一生大切にします。

現役馬
マイネサヴァラン 6戦1勝 [1-2-0-3] 獲得賞金 900.0万円 (通算成績 8戦1勝[1-2-0-5] 総獲得賞金 1010.0万円)
引退馬
マイネルギブソン 6戦1勝 [1-0-0-5] 獲得賞金  1,432.2万円 (通算成績 18戦3勝 [3-0-0-15] 総獲得賞金 3,755.3万円) 10月に引退
マイネルフォーグ 1戦0勝 [0-0-0-1] 獲得賞金  0.0万円 (通算成績 36戦2勝 [2-4-3-27] 総獲得賞金 12,591.1万円) 6月に引退

【セゾン】
ハピネスは今年1月にデビューして3着のあと、3戦目の3月に未勝利脱出。その後4カ月半休養明けの8月に不運な事故で競走中止。馬は無事かとはらはらする激しい転び方だったのですが、幸い軽いけがですみ、11月に復帰戦。これは惜しくも2着でしたが1度叩いての12月、残念ながら9着に終わりました。いわゆる2走ぼけかもしれません。価格も少し高めの期待の牝馬だけに、来年は存分に活躍してくれることを祈ります。
ボンバーは鳴かず飛ばずの1年。勝ち上がっても500万下で頭打ちで、かろうじて2着が1回、あとは着外とさえない成績。出走のたびに、今回はなんとか掲示板をと願う日々です。覚醒がなければこのまま引退か? 来年は奮起を期待したいけど、能力かなあ。
ガイドは去年5月に待望の初勝利をあげたものの、その後の500万下で骨折。結局1年以上にわたる療養のあと、今年7月にやっと復帰を果たしたけれど、以後4戦すべてが二桁着順。この馬も覚醒がなければこのまま引退になりそう。何とか1回くらい掲示板に載ってほしいと願うも、夢に終わりそうで寂しい。
カトラスは1月の京都で5着したあと、東京で準オープンを勝ち、晴れてOPクラスに。しかしその後は5走するも、デムーロ鞍上の阪急杯7着が最高で、3回は二桁着順。OPではちと能力が足りないか。出走するだけでも大変なので、うまくレースを選んでせめて掲示板を確保してほしいところ。何かうまい手はないでしょうかね、佐々木先生。総獲得賞金が1億を越えてくれるとめちゃ嬉しいのですが。
そして最後にバスケット。この馬には1年にわたり本当によく走ってくれてありがとうと、感謝の言葉しかありません。なかでも1月、2月、3月と3連勝でOPになったのは信じられないほどでした。休養明け3戦目で凡走を繰り返していた馬が強くなってくれて嬉しさ10倍。OPでは2着、3着もあり、堅実な馬にイメージチェンジ。しかしさすがに重賞では力不足。年明けからの競馬で何とかそこそこの結果が出せれば今年も楽しい競馬が待っていそう。バスケットにはワンランク上の堅実さを期待し、晴れて1億円馬になれるよう祈ります。
ファイナルは4月のデビューしたものの、2戦続けて二桁着順、3戦目も笠松で7着でスリーアウト! 出資するとき兄弟が走っていないのが気にはなったのだけれど、ジャンポケ産駒に一度出資したくて失敗。もっと直感を大切にすべきだった。獲得賞金ゼロで引退は久しぶり。でもそのあと、福山へ移籍して2勝、2着2回、3着2回という成績で今も頑張っているようなのが救いです。来年も頑張れ〜

現役馬
サマーハピネス  6戦1勝 [1-1-1-3] 獲得賞金 940.0万円 (通算成績 6戦1勝 [1-1-1-3] 総獲得賞金 940.0万円)
ドリームボンバー 7戦0勝 [0-1-0-6] 獲得賞金 270.0万円 (通算成績 17戦1勝 [1-1-1-14] 総獲得賞金 1,115.0万円)
ドリームガイド  4戦0勝 [0-0-0-4] 獲得賞金  0.0万円 (通算成績 13戦1勝 [1-0-2-10] 総獲得賞金 950.0万円)
ドリームカトラス 7戦1勝 [1-0-0-6] 獲得賞金 1,736.4万円 (通算成績 22戦5勝 [5-1-2-14]  総獲得賞金 7,118.6万円
ドリームバスケット 9戦0勝 [3-1-1-4] 獲得賞金 4,863.2万円 (通算成績 29戦5勝 [2-5-5-8] 総獲得賞金 9,284.3万円)
引退馬
ドリームファイナル 3戦0勝 [0-0-0-3] 獲得賞金 0.0万円 (通算成績 3戦0勝 [0-0-0-3] 総獲得賞金 0.0万円)

【ウイン】
ラフィアンからの逃避先として選んだ兄弟クラブ、ウインの成績が散々です。改めてみてもひどい(苦笑)
育成時代、コメントがよかったコサージュでさえ、6月デビューから6戦して見所のあるレースはほとんどなし。気性の問題か、それとも能力か、とにかく競馬に行っていいところがありません。このままでは未勝利引退も覚悟しなければ。
それ以上にひどいのがホーリー。クラブの命令か、コメントもよくならないまま夏前に入厩し、デビューするも大差の敗北。たった1戦で牧場へ逆戻りでした。それならじっくり育てればよかったのに……というのは後の祭り。年明け早々に復帰戦のようですが、ここで大きく他馬に遅れるようなら、もうまったく見込みなし。そういえばセゾンの初年度もわたしはぼろぼろでした。来年にかけるしかなさそうです。

現役馬
ウインコサージュ 6戦0勝 [0-0-0-6] 獲得賞金 50.0万円 (通算成績 6戦0勝[0-0-0-6] 総獲得賞金 50.0万円)
ウインホーリー  1戦0勝 [0-0-0-1] 獲得賞金  0.0万円 (通算成績 1戦0勝[0-0-0-1] 総獲得賞金 0.0万円)

総合成績 58戦7勝2着4回3着1回 [7-4-1-46] 総獲得賞金  8591.8万円(賞金額はnetkeiba.comの数字なので4着以下は含まれず)

ちなみに、去年は43戦5勝2着3回3着7回 [5-3-7-28] 総獲得賞金 7,981.6万円だったので、全体としては勝利数も獲得賞金も去年から微増。頭数は増えたわけでもないので、まずまずの成績だったと思う。しかしその前年の2010年の成績は、91戦9勝2着2回3着8回 [9-3-8-71] 総獲得賞金 1億2,534.2万円だったことを思うと、成績は低下か? 全体の頭数が一昨年は15頭、昨年が9頭、今年はウインの馬が2頭増えて11頭になっているのを考えると、総額の微増は当然か。

平均の勝率は2010年が9.89%だったのに対して、去年が16.27%、今年は12.07%と、昨年からは低下するも、一昨年よりは高い。一方、1頭あたりの獲得賞金額の平均は、一昨年が836.28万円、昨年が886.28万円だったのに対し、今年は781.07万円と、明らかに減ってます。う〜ん、成績が悪いのか、それとも賞金額そのものが減っていると考えるべきなのか? これは面白くない結果ですね。
ともあれ、自分としては今年も馬たち、特にセゾンの5歳世代が活躍してくれて、楽しかった。ラフィアン馬が3分の2を占めていた2010年は勝率が低く、セゾンの比率が3分の2になった昨年は勝ち星も勝率も最高だったのに、ウイン馬が入って勝率ダウン、賞金額もダウン……そんな感じでしょうかね。今年はウインの2頭しか出資していないのだけれど、失敗だったか〜(^^ゞ  
あと1頭セゾンで出資したいと思っているのですが、決定打なくきょうに至っています。さて、ペイするような馬はいるだろうか? ぎりぎりまで待って出資するつもりですが、今年の2歳馬はまだデビューしておらず、早くもセン馬になったのも…… 来年こそ、頑張ってもらいましょう!

Posted by sachi at 07:10 PM | Comments (0)

今週の調教時計

時計を出しているのは、年明けに6月以来の復帰戦を迎えるホーリーだけです。

ウインホーリー
12/19 助 手 栗東坂 重 60.4 44.0 29.3 14.7 馬ナリ余力

時計をみるとおそろしく時間がかかっていますが、雨や雪の影響でひどく時間のかかる馬場だったとのこと。前回はなぜこの時期に?と思うような入厩で、ただクラブに出走させろと言われるままに走らせた感じ。実際、まったくレースにならず、即、牧場に舞い戻りました。今度こそ本当のデビュー戦だと思っていますが、この時計では3回走って終了かも…… 少しでも前進があるよう願っています。

Posted by sachi at 09:09 AM | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

5歳馬
カトラスはレース後のダメージもさほどなかったようで、無事運動を再開。飼い葉もしっかり食べているとのことで、何よりです。前走は前をふさがれるロスもありましたが、コメントでは一度レースに使ったことで次走はさらにしっかりしてくると見込んでいるようです。ただ、またゲートで注意を受けたので、ゲートにくくりつけてのお稽古をしなければならないとのこと。前回はそれで体力、精神力を消耗して長期休養になってしまいました。当時と今では馬が違うとはいえ、無事次走の目標に出走できるかどうか心配です。登録頭数の関係もあり、無事出走できるよう願っています。
バスケットもレース後、使ったダメージはさほど感じられず、無事運動を再開したもよう。レース中に感じられた右前中スジにはまだ軽い張りがあるとのことですが、問題ない程度だというコメントを信じるしかありません。てっきりこれで休養かと思っていたのですが、次走は1月13日の中山ニューイヤーSを目標とのこと。少なくとも大きな故障ではなかったようなので、しばらく調整を控えめにして様子をみながら慎重に進めていってほしいものです。目標レースについては、もちろん得意の中山でもあり、出られるものならば出てほしい気持ちはあるのですが、くれぐれも無理のないようお願いしたい。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2012/12/20
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。前走後は、レースに使ったダメージもそれ程感じられず、まずは無事に運動を再開しています。佐々木調教師は「レース後はガタッとくる事もなく、飼葉もしっかりと食べて元気にしています。前走は休み明けのレースだった分もあってか、ゲートに入ると少し気負ってしまったり、最後は進路を塞がれるロスなどもありました。ここは一度レースに使ってしっかりしてくると思いますので、予定通りこのまま年明けの京都金杯に向かいたいと思います。今後は注意も受けていますので、まずはゲート練習を進めて行きたいと思います」とコメントしていました。ゲートは普段の調教では特に問題も見られないとの事ですので、今後はゲートに括り付けてわざと暴れさせたりしながら色々工夫して納得させて行きます。次走については年明けの京都競馬、京都金杯(G3)、芝1600mに出走を予定しています。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2012/12/20
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。前走後は、レースに使ったダメージもそれ程感じられず、レース中に気になった右前中スジも軽く張りが感じられる程度で問題なく、まずは無事に運動を再開しています。阿部調教師は「レース後は念のためにレントゲンも撮って確認しましたが、色々な角度から見ても特に気になるところはなかったですし、運動を始めてからも歩様はスムーズですので心配はありません。しかし軽く張りだけは感じられますので、今後このままの状態が続く様であればショックウェーブでケアして行く事も検討したいと思います。次走については今後の状態を確認しながら最終的には判断して行きますが、現時点では年明けのニューイヤーステークスを視野に入れています」とコメントしていました。今後今週一杯はしっかり体を解して行き、次走に向けたペースアップに備えて行きます。次走については1/13中山競馬、ニューイヤーステークス、芝1600mに出走を予定しています。

Posted by sachi at 09:02 AM | Comments (0)

ウイン入厩馬近況

ホーリーは栗東に入厩し、坂路で初時計を出したようです。しかし時計がかかる馬場だったにしても、かなりの遅さ(苦笑) 馬体は「ちょっと太い」そうだし、気象的にも幼いところが残っているとのことで、そこが課題。ふ〜む。表情などはほんとに可愛い馬なんだけど、肝心の走りがねぇ。一生懸命走ってはいるようなので、そのうち目覚めてくれることを祈りつつ、いや、でも能力不足だとしたら、目覚めてもだめでしょうね。ま、復帰したらできるだけ頑張ってもらいましょう。復帰戦は年明け1月5日か6日の京都を予定しているとのこと。その成績いかんでは、見切られてもしかたないかも。

▼ウインホーリー……父 : アドマイヤマックス / 母 : コスモハナコ / 牡 / 栗東・吉田直弘 2012年12月20日(木)
 ウインホーリーが、先週14日(金)に栗東・吉田厩舎へ無事帰厩を果たしてしており、昨日19日(水)には坂路で帰厩後初時計をマークしています。時計自体は4F60秒4、ラスト1F14秒7とほぼ15〜15秒ペースでしたが、雨と雪の影響で非常に時計の掛かる馬場コンディションでしたので、時計以上に負荷の掛かった内容と言えるでしょう。
 担当の松倉調教助手は「体はちょっと太いですね。まだ気性的に幼いところが残っているのでその辺りが今後の課題ですが、普段はとてもおとなしくて本当にかわいい子なんです。調教でも一生懸命走ってくれるのでなんとか結果を残してあげたいですね」と抱負を語っていました。
 出走レースは未定となっていますが、年明けの1月5日、6日の京都開催での復帰を視野に入れて調整が進められています。

Posted by sachi at 09:01 AM | Comments (0)

December 20, 2012

ウイン外厩馬近況

コサージュはCVFで昼夜放牧中。やっと精神的に落ち着きを取り戻し、馬体も少しずつ回復しつつあるようです。育成時代の調教から、ここまで走れない馬だとは思えなかったので、今回のリフレッシュでしっかり立て直してほしい。来春に元気に復帰できるよう祈ります。

▼ウインコサージュ……父 : ダイワメジャー / 母 : シークレットコサージュ / 牝 / 美浦・手塚貴久 2012年12月19日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。引き続き、分場にて昼夜放牧を消化しています。ここに来てようやく精神的な落ち着きが出てきました。また、寂しかった体つきも少しずつふっくらとした見映えに変化しつつあります。もうしばらくは昼夜放牧で様子を見ていきます。

*なお、マイネサヴァランは12月18日に鉾田へ移動しました。

Posted by sachi at 07:52 AM | Comments (0)

December 17, 2012

セゾン出走結果レポート

カトラスはゲートからの出もよく、好調に思えたのですが、4角を回ってから前をふさがれ、今度は左の馬に寄られてはじかれたように右に……というような不利があり、そのせいか走る気をなくしてしまったように見えました。なかなかむずかしい。でも一度叩いて次は良くなりそうとの國分騎手のコメント。そうあってほしいです。次走の目標は以前から京都金杯ですが、問題は出走できるかどうか。京都は得意なコースだけに、なんとか出られるといいなあ。
バスケットは、最後の直線で追い出したものの手ごたえが怪しく、無理して追わずに流してゴールしたようです。脚元を気にしていたとのことですが、レース後に獣医に診せたところ、右前の中スジに少し張りが感じられる(うわ〜ん、屈腱炎じゃないでしょうね)とのことですが、歩様にもスジにも問題はないよう。とりあえずは厩舎に戻って様子見でしょうか。この1年、間隔をあけながらうまく使って頑張ってくれたので、そろそろお休みをあげてもいいのでは?

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2012/12/17
--------------------------------------------------------------------------------
12/15(土)阪神競馬第11レース、リゲルステークス、芝1600m、13頭立て、5枠7番、国分恭介騎手騎乗で出走し、12着でした。
タイミング良くスタートを決めるとしっかりダッシュも付き3、4番手に付けてレースを進めます。その後はオースミスパークが軽快に飛ばしてレースを引っ張り、1000mの通過を58.3秒と淀みのない流れで後続を引き離します。そんな中同馬は、道中の追走は折り合いを欠く事もなくしっかり集中して前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬鞍上の手が動き始め、逃げ切りを計るオースミスパークを追ってスパートを開始します。同馬も内にストロングガルーダを見る形の3、4番手から4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると同馬なりに反応して脚を伸ばします。前の進路を塞がれるロスもあり結局、勝ち馬から1.0秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から+10kg、454kgでした。騎乗した国分恭介騎手は「ゲートでイレ込む様子もあったので、馬込みに入れない様に前々でレースを運ぶ様に意識して進めました。直線に向いた際の手応えはしっかりしていたのですが、内の馬に寄られたり勝ち馬等に進路をカットされたのが痛かった。走りの感触は良いので一度使って次はもっと良くなると思います」とコメント。佐々木調教師は「ゲートについては注意を受けましたが、休み明けの分少し気負っていたところもあったのかも知れません。時期的なものもあり体には少し余裕もありましたし、一叩きして良くなりそうと国分騎手も話していましたので、状態に問題がなければこのまま年明けの京都金杯に向かいたいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断して行きます。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2012/12/17
--------------------------------------------------------------------------------
12/15(土)中山競馬第11レース、ディセンバーステークス、芝1800m、15頭立て、4枠7番、田中勝春騎手騎乗で出走し、15着でした。
タイミング良くスタートを決めるとそのまま出たなりで3、4番手に付けて1、2コーナーを回り向正面へ。その後は勢い良く先手を主張したブリッツェンが軽快に飛ばしてレースを引っ張り、1000mの通過を59.9秒と淀みの無い流れを形勢します。そんな中同馬は、道中の追走は折り合いを欠く事もなくしっかり集中して前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し、馬群が凝縮してきます。同馬は幾分手応えが怪しくなりながらも内にデストラメンテを見る形の6番手辺りから4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始しますが、脚元を気にしているのか勢いを欠いてしまいます。最後はそのまま流して入線し結局、勝ち馬から3.0秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から+2kg、456kgでした。騎乗した田中騎手は「3コーナーでペースが上がった時に走りの違和感を感じ、前向きで気が良く走るタイプだと思い、無理をさせない様に最後はそこまで追わずに戻ってきました。少し歩様に硬さを感じましたが、返し馬で体も解れてきたので問題ないとは思っていたのですが。申し訳ありません」とコメント。阿部調教師は「最後は追うのも止めていましたので、何かあったのかと冷っとしましたが、レース後直ぐに獣医に診てもらったところ、右前中スジに軽く張りは感じられるとの事でしたが、歩様はスムーズで特に骨やスジにも問題は見られませんでした。今後は厩舎に戻って再度しっかり状態を確認して行きたいと思います。申し訳ありません」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断して行きます。

Posted by sachi at 04:15 PM | Comments (0)

ラフィアン出走馬近況

サヴァランは、スタートよく追走も楽にできたようですが、いざ追い出すと反応がなくなったとか。休み明けの分もあったかもしれないが、本気で走っていないようだとのコメントです。指摘のとおり、育成時からこわがりのところがあり、もまれる競馬に弱いのかもしれませんが、見ていてどうも走りがちぐはぐな感じに思えました。調教師は「もっとやれる馬」のはずだとおっしゃってくれますが、やはりまた「節の絡み」で鉾田へ…… あ〜あ。まあ仕方ないですね。ケガがなかったのがせめてもの幸いです。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
柴田大知騎手「スタートがすごく速くてハナへ行こうと思ったのですが、9番が馬なりで楽に行く感じでしたので番手に控えました。無理せず追走できましたし、折り合いもスムーズ。伸びそうな手応えで直線を迎えましたが、いざ追い出すと反応がなく、道中とは逆に力が抜けたような走りでした。休み明けの分もあったのかもしれませんが、本気を出していないような印象も受けています。この馬に対しては以前から揉まれ弱いイメージがあり、馬群に囲まれたり、かぶされたりすると良くないのでしょうか」
清水調教師「久々の影響なのか、敗因をつかめずにいますが、もっとやれる馬だと思っています。次走も芝の短距離のレースを使っていく予定。しばらく適当な番組がなく、節の絡みもありますから、今後は鉾田へと考えています」

Posted by sachi at 04:12 PM | Comments (0)

December 16, 2012

バスケットもカトラスも二桁着順……orz

どちらもパドックではいい感じに見えたんですが、レースにいって惨敗。
重賞では通用しないかもしれないけれど、OP特別ならという考えすら、甘かったようです(--;;

12月15日(土)中山11R ディセンバーステークス 芝 1800m 天気:雨 馬場:稍重  15:25発走
15着 4枠 7番 ドリームバスケット 牡5 56.0 田中勝 1:50.8 7 5/15人気 8.7 38.3 (美浦)阿部 456(+2)

12月15日(土)阪神11R リゲルステークス 芝 1600m 天気:曇 馬場:良 15:45発走
12着 5枠 7番 ドリームカトラス 牡5 56.0 国分恭 1:34.8 アタマ 12/13人気 242.4 34.7 (栗東)佐々木 454(+10)

バスケットはパドックですごく落ち着いていたので、これならと思ったのですが、4角からずりずりと後退。カッチーは馬第一主義で、ちょっとおかしいと思ったら決して追わない人だから、それでいいんだけど、どうしたんでしょう。ゴールはしたから、故障だとしてもそれほどひとくないと思うんですが…… ま、今年は3連勝を含め、予想以上の活躍をしてくれたので、故障でなくてもこのへんで放牧・休養でしょうか。
カトラスはOPでは力不足なのかなぁ。今回は重賞級の相手でもあったし、坂が苦手の馬だし、もともと好走は京都か新潟なので、こんなものかもしれません。しかしフォーグの時も思ったけれど、下っ端のオープン馬だと、出走できるレースがとても限られてしまい、権利取りにやっきにならないといけません。なのにラは10日競馬で鉾田に滞在させるので、権利もとれず適鞍に出走できず、ほんとに腹立たしかった。ともあれ、カトラスはどうするのかな。月曜のコメント待ちです。

Posted by sachi at 09:07 AM | Comments (0)

December 15, 2012

サヴァラン13着に終わる

あーあ。勝負どころで前がつまって出られずうろうろ。そのうち外から来た馬たちがだぁ〜っと交わして先着。でも前へ行けたのはよかった。内のいい枠を活かせずうろうろして勢いをそがれたのが残念。大知騎手も、ラの信者が思っているほどうまくはありませんね。まあ、馬ごみをぬって出ていけなかったサヴァランも悪いのだけれど。次走、頑張ろう!

12月15日 (土)  中京8R 3歳以上500万下 芝 1400m 天気:曇 馬場:稍重 13:50発走
13着 2枠 3番 マイネサヴァラン 牝3 54.0 柴田大 1:24.5 アタマ 13/16人気 41.8 35.9 (美浦)清水英 454(+8)

Posted by sachi at 02:25 PM | Comments (0)