January 17, 2015

ハッピーキャップ、ダートでも見どころなし……orz

あ〜あ、今回も前進は見られませんでした。

1/17(土) 中京 1R 3歳未勝利 ダ1800 天気:曇 馬場:重  9:50発走
13着 4枠 7番 ハッピーキャップ 牡3 54.0 △松若 2:01.5 3.1/2 3 6.1 (栗東)鈴木孝 478(-2)

よかったのはスタートから行き脚だけ。いつものパターンで直線にかかる前からすでにズルズルと後退し、結果は惨敗です。距離が長かったかもしれませんが、ダートも芝もかわりなし(苦笑) それどころか着順がますます下がっていく。この馬、どうにかなるのかなぁ。ジラソーレ同様、もう引退でもいい気がします。

【競馬場速報】 2015/1/17 (中京競馬場)
★1/17(土)中京 3歳未勝利・混(ダ1800m)松若風馬騎手 結果13着
「スピードのある馬なのですんなりハナに行けましたが、外から来られてしまって厳しい展開になってしまいました。ダートの走り自体は良かったと思いますが、最後は脚が上がってしまったようにこの馬には距離が長かったですね。スピードを生かせる小回りコースやもう少し短い距離の方が良いと思います」(松若風馬騎手)

やはり距離が原因のようなコメントですが、それ以前に力不足ではないでしょうか。まあ、次は小回りコースや距離短縮して使ってもらって可能性を試し、それでも同じ結果なら仕方がありません。

Posted by sachi at 10:10 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計


今週出走のハッピーキャップと、地方交流での出走を目指すジラソーレが時計を出しています。

ウインジラソーレ
1/12 助 手 栗東坂 重 63.2 45.8 30.4 14.9 馬ナリ余力
1/10 助 手 栗東坂 稍 60.8 45.2 30.3 15.2 馬ナリ余力
ハッピーキャップ
1/15 助 手 栗 坂・重 1 回 - 58.2 - 42.4 - 27.6 - 13.7 馬ナリ余力
1/12 助 手 栗 坂・重 1 回 - 56.9 - 42.0 - 27.7 - 13.7 馬ナリ余力

ハッピーキャップの時計はさほど良くもありませんが、馬なりだし馬場も重だったので、まあこんなものでしょうか。前進してくれればいいのですが。
ジラソーレも馬なりでこの時計はよくありませんが、いつも通りなので仕方なし。地方交流戦でも多頭数ではこの馬にとって厳しいでしょう。個人的にはもう諦めの境地です。

【出走確定】
ハッピーキャップ
1/17 中京 1R 3歳未勝利 ダ1800 松若騎手 9:50発走

Posted by sachi at 10:00 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
グランノーヴァは北海道に到着。現在は舎飼いのみですが、患部の検査をしたところ順調に回復しているとのこと。このまま行けば来月初めにはパドックに出られるようで何より。このまま順調に回復してほしい。
ハッピーキャップはきょう中京で出走です。左前脚の状態は落ち着いているとのことで、動きはよかったよう。相手関係を考え京都ではなく中京のダート1800m、に出走することに。松若騎手は新人ですが、減量3キロはこの馬にとって大きいかもしれません。頑張ってほしい。
グランビスキュイは引き続き宮崎でゲート練習中。ゲート入りは何とかクリアし、駐立もどうにかなりそうで、今月中には帰厩させたいとのこと。これほどゲート難の馬はこれまでいませんでしたが、集中練習が功を奏して無事デビューまでこぎつけられるよう願います。

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎
2015/1/16 (オカダスタッド)
10日(土)に北海道のオカダスタッドに到着しました。現在は舎飼のみの生活となっています。昨日15日(木)に左前脚の患部のレントゲン検査をおこなった結果、順当に回復していることが確認できました。リラックスして過ごすことができており、この様子であれば来月上旬にはパドック放牧を開始できる見込みです。

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎
2015/1/15 (栗東トレセン)
☆1/17(土)中京 3歳未勝利・混(ダ1800m)松若風馬騎手
15日(木)に坂路コースで4ハロン58.2-42.4-27.6-13.7を馬ナリに追い切りました。「左前脚の状態は安定しており、順調に乗り込むことができています。月曜日にも坂路で時計を出しているので今日はサラッとやりましたが、動きは良かったですし、状態は良好なので今週のレースに向かうことにしました。当初は京都のダート1400m戦を考えていましたが、相手関係を考慮し、中京のダート1800m戦に投票し無事に出走が確定しています。松若騎手は1度乗ってもらって積極的に騎乗してくれたので、2キロ減を生かして今回も前々で運んでもらうつもりです。先行有利な舞台ですし、ダートに変わって前進を期待しています」(鈴木孝志調教師)

▼グランビスキュイ……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎
2015/1/16 (宮崎ステーブル)
「現在は宮崎ステーブルの施設内でゲート練習と、海岸でハッキング2000mの運動を消化しています。ゲートへの入りは改善が見られ、今週は駐立させて我慢させる訓練を重点的におこないました。3〜4人の体制で押さえつけて、中で立ち上がろうとする面は取り除けましたが、まだ苦しくなると座り込んだり潜る仕草を頻繁に見せています。ゲート練習のプログラム中、馬にとって一番ストレスを与える訓練ですので、体が減らないように飼い葉食いにも気をつけながら進めていきます。何とか今月末までには帰厩させられるようピッチを上げていくつもりです」(担当者)

Posted by sachi at 09:57 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

ハピネスとリヴァールが入厩して、少し賑やかになってきました。

6歳馬
ハピネスは栗東へ入厩。状態は「すこぶる順調」とのコメントで、次走は園田での地方交流戦が目標に。この春で競走馬生活も終わるので、有終の美を飾ってほしいものですが、問題は選出されるかどうかです。なんとか出走して、よい結果を残してくれるよう願っています。

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎]  ■2015/01/15
1/14に栗東トレセンへ入厩しました。長距離の移動でしたが特に問題なく、まずは無事に到着しています。松元調教師は「無事に検疫が確保出来ましたので入厩する運びとなりました。放牧先ではしっかりと調整してくれましたので状態面はすこぶる順調と見ています」とコメントしていました。今後は早速騎乗を開始し状態を確認していきます。現時点で次走については、1/18に申し込みが締め切られる1/28園田競馬の交流競走、大和川特別、ダート1400mに登録し、選出されれば本線で検討していく予定です。

5歳馬
リヴァールも池上厩舎に戻ってきました。近郊からの入厩だったので、テンションの高いこの馬も問題なく移動を終え、あとは出走に備えてうまく調整するだけです。放牧中はしっかり飼い葉を食べたおかげで馬体はふっくら。馬体が減りやすくこれまで結果を出せていませんが、今回は状態もよさそう。次走は東京開催を視野に入れているとのこと。この馬らしい追い込みを久しぶりに見たいものです。

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2015/01/15
1/14に美浦トレセンへ入厩しました。トレセン近郊からの移動でしたので特に問題なく、まずは無事に到着しています。池上調教師は「無事に検疫が確保出来ましたので入厩する運びとなりました。放牧先ではしっかりと飼葉を食べられるようになり、馬体もフックラしてきたことは良い傾向と見ています」とコメントしていました。今後は早速騎乗を開始し状態を確認していきます。現時点で次走については第1回東京開催を視野に入れています。

3歳馬
ドルチェはセグチで調整中。ソエは3度の治療により順調に回復し、状態は「すこぶる」よくなったとのこと。馬体も2度使ったことで全体的に筋量がアップ、同馬らしいいいバネが感じられると、良いコメントばかり。初戦から負けて強しの印象でしたが、2戦目の惨敗はソエの痛みのせい。今は痛みもとれたようで、体調面に問題なしとのこと。復帰後はすぐにも未勝利戦を勝てるかもしれません。楽しみです。

ドリームドルチェ [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2015/01/15
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間はしっかりと調整されており飼葉もしっかり食べていることから体調面は問題ないようです。担当スタッフは「3回目のソエの治療を行い状態がすこぶる良くなりました。調整時にも痛がる素振りもなく真面目にメニューをこなしてくれています。2回レースに使ったことにより、全体的に筋肉量がボリュームアップしたように見受けられますし、乗っていて同馬のいいバネが感じられます。初勝利も近いのではないでしょうか。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。今後は同馬の状態に合わせて入厩に向けてペースアップしていきます。現在の馬体重は504kgです。

Posted by sachi at 09:55 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン入厩馬近況

4歳馬
トゥモローは先週除外されて来週へ出走がスライドしました。今週は追い切りをせず、坂路でのキャンターだけ。状態は良いようなので、そろそろと調教師も言っているように、このまま500万条件でとどまっていてはなりません。せめて馬券圏内に来てくれるよう。次走の来週京都でのレースには減量騎手が騎乗します。何とか見どころのある走りをしてくれますように。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日  2015年1月15日(木)
 先週の出走が叶わず、来週の京都日曜8R芝1800mにスライドしたウイントゥモローは、今週は追い切りを行わず、昨日14日(水)、本日15日(木)とも坂路をキャンターで1本というメニューを消化しています。
 西園調教師は「先週しっかりと負荷をかけることができましたし、今週は無理する必要はないと判断して通常の調整を行っています。今は以前のように馬体減りの心配もありませんし、状態自体は充実していると感じます。そろそろいいところを見せないといけないといけませんよね」と語っていました。
 なお、来週の京都日曜8R芝1800mには3キロ減の義騎手とのコンビを予定しています。

3歳馬
ジラソーレは来月の地方交流戦を目標にすることになりました。交流戦とはいえ多頭数になるようだし、出走すら難しい気もしますが、もし出走できるとしたら、生き残るために何とか頑張ってほしいものです。まあ、個人的にはほとんど諦めの境地ですが。
ティアラは先週、行きっぷりのよいところは見せたものの、直線で後退して結局は8着。先生よれば着順こそ同じだったけれど内容は良くなっているとのこと。次は牝馬限定戦を目標にするようです。平坦、小回りならすぐ勝負できると、楽観的。結果が出せるよううまく調整してくれるとのことで、先生の言葉を信じましょう。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 2015年1月15日(木)
 次走は地方交流戦を目標に調整中のウインジラソーレは、まだレースまで十分に間隔があることから、今週は14日(水)、本日15日(木)はともに坂路を楽走で1本の調整を行っています。
 担当の熊沢厩務員は「調教をこなしながらカイバもしっかりと食べていますし、どこも気になるところもなく調整は順調ですね」と好状態を説明しますが、「あとは頭数が多く集まりそうな交流戦なので抽選をうまく潜り抜けられるかどうかがカギです。交流戦ならもう少しいいところが見せられると思うんですけどね」と話していました。
 なお、出走予定については、2月4日(水)に行われる園田と笠松の交流戦の両睨みで変更はありません。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日 2015年1月15日(木)
 先週の中山では、道中は前走より行きっぷりのいいところを見せたものの、勝負どころではスッと反応できず8着と敗れたウインティアラ。手塚調教師は「着順は上がっていませんが、内容は良くなっていましたし、牝馬限定で直線が平坦な競馬場だったら、すぐに勝ち負けだと思いますよ。能力は高い馬ですし、あとは馬体がもう少し増えればというところなんですけどね」と敗戦にも前向きに話していました。
 今後は、芝のレースは間隔を空けないと出走できないこともあり、一旦放牧の予定でしたが、手塚厩舎の小倉の馬房の調整がついたことから、放牧の予定をキャンセル。今後は小倉へ移動し、滞在競馬で2月7日、小倉土曜4R芝1800m牝馬限定戦を使うことが決まっています。
 手塚調教師は「レースの反動もありませんし、皮膚病が治まり、やっと調子が上がってきたところなので、本当はこのまま続戦したかったんです。滞在競馬は合っているでしょうし、平坦で牝馬限定戦という希望のレースもありますからね。そこでしっかり結果が出せるよう、うまく調整していきます」と話していました。
 なお、元気一杯のティアラは、昨日14日(水)から南馬場で乗り始め、本日15日(木)も同メニューを消化していました。

Posted by sachi at 09:51 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

January 14, 2015

ノルマンディー馬近況

4歳馬
マルーンは前走後、歩様に乱れがあったため検査をしてところ、左前の膝に小さな骨片が飛んでいて、全治3ヶ月の診断でした。きょう北海道へ放牧に出たようです。久々の競馬だっただけにあの成績にがっかりしたのですが、骨折ならしかたありませんが、これで目標が小倉から福島へ切り替わりました。元々福島でしか勝ち星のない馬なので、ここは放牧して正解かもしれません。手術は必要なく少し休ませれば大丈夫とのことなので、春の復帰を目指し、この寒い1月2月は休養ですね。せっかく5ヶ月ぶりに復帰したのに1戦で即リタイアはちょっと悲しいものの、マルーンが復帰までにもう一回り成長してくれるよう願います。

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2015/1/13 (美浦トレセン)
★1/10(土)中山 4歳上500万下・混(芝1600m) 黛弘人騎手 結果11着
レース後の上がり運動で歩様に若干の乱れがあったため、昨日レントゲン検査を行いました。検査の結果、左前の膝外側にごく僅かな骨片が飛んでいることが確認され、全治3ヶ月の見舞金の支給対象であることから、ノルマンディーファーム(北海道)へ明日、放牧に出る予定です。今後は、患部の状態を見ながら騎乗運動を再開し、第1回福島開催(4/11〜)での復帰を目指します。
「骨膜が出たり中筋を痛がるなど、もともと右前脚を少し気にする馬ですが、レントゲン検査をしたところ左前膝に軽度の骨折が判明しました。ここを使って小倉開催を目標にしていただけに、出資会員様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、手術適用ではなく少し休ませれば大丈夫との診断なので、順調に回復すれば春競馬には復帰出来る見込みです」(栗田徹調教師)

Posted by sachi at 10:13 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン外厩馬近況

3歳馬
カルミナは引き続き淡路のトレーニングセンターで調整中。このところそれほど寒い日もなく、馬も身体がほぐれるのではないでしょうか。1000mの坂路で乗り込みを進めているとのこと。まだ少し緩いところがあるようですが、動きはまずまず。といっても実際、どの程度、良化したのか。ティアラも同じようなコメントでしたが、結果は…… 馬体が小さいのもティアラと同様ですが、432キロはティアラの400キロそこそこよりはまし。ただし脚は、体力がつけばティアラのほうがよさそう。当面は成長を促しつつ、無理せず進めていくしかないでしょう。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2015年1月14日(水)
 兵庫県・南あわじ市のawajiトレーニングセンター内、エニオンステーブルにて調整中。1000mの坂路を1本のメニューで乗り込みを進めています。
 担当者は「引き続きハロン16秒を中心としたメニューをこなしていますが、昨日13日(水)には馬なり程度ですが、少し速いところも乗りました。乗り手は『少し緩い感じもある』と話していましたが、見た目にはまずまず動けていましたよ。ただ、体が小さい馬なので、あまり調教で攻め過ぎるとカイバが上がってしまいそうですし、大久保龍調教師とも相談し、『しばらくはこの感じで無理せず進めていこう』という方針にまとまっています。今のところカイバ食いは問題なく、馬体重も432キロをキープしています」と話していました。

2歳馬
オートキュイジーヌの13は、これまで同様、坂路でよい動きをしているようです。馬体もバランスよく、生まれが早いので動きもしっかりしているのでしょう。少し行きたがるところを見せているのかな。歩様が柔らかいので単なる早熟で終わらないよう願っています。距離は短くてよいので、ダートでスピードを活かせるような馬になってほしい。
コスモクリスタルの13は、現在昼夜放牧中。乗り込むと疲れが出やすいタイプと以前のコメントにあったように、放牧に切り替えた直後は背中や腰に疲れが残っていたようですが、今はそれも回復し、順調に成長しているとのこと。母父ラヴと父ヴィクトワールピサがどう出るのか楽しみで出資したものの、今のところあまり特徴がわかりません。母コスモクリスタルは4勝しているものの、すべて芝1200m。母父ラヴは結構影響力が強く、サヴァランも芝1200mの馬でした。果たして距離はもつのでしょうか。腰に疲れが出やすい体質を強化することが当面の課題かも。

▼オートキュイジーヌの13……父 : キンシャサノキセキ / 母 : オートキュイジーヌ / 牡 / 栗東・中村均
更新日 2015年1月14日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路1本のメニューで乗り込みを進めています。担当者は「相変わらず坂路調教の動きは目を引く一頭で、乗り手が何もしなくてもスイスイ進む前向きさもあります。ただ、テンションが上がりやすく、少し前向き過ぎる面もあるだけに、今は屋内運動場の調教も取り入れてうまく気持ちを落ち着かせるように取り組んでいます。すでに仕上がりつつある馬体からも成長のスピードは速そうですね」と話していました。

▼コスモクリスタルの13……父 : ヴィクトワールピサ / 母 : コスモクリスタル / 牝 / 美浦・鹿戸雄一
更新日 2015年1月14日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。担当者は「放牧に切り替えた直後は背腰の疲れを気にする様子も見せていましたが、ゆったり過ごしたことで疲労回復し、今はまったく気になるところはありません。馬体も順調に大きく成長しています」と話していました。

Posted by sachi at 10:12 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

January 12, 2015

ティアラ、なんとか8着

体重がマイナス6キロで404キロ。やはり小さくスタミナもなさそうで、現状では今回が精一杯の結果なのかな。もう少し体重が増えて430キロくらいにならないと、なかなか勝てそうにありません。ここでいったん休養して、成長待ちか。手塚先生のコメント通り、春に小回りの福島あたりで勝ち上がれるといいな。

1/11(日) 中山6R 3歳未勝利 芝2000m 天気:晴 馬場:良 12:45発走
8着 4枠 8番 ウインティアラ 牝3 54.0 石橋脩 2:02.2 ハナ 10/16人気 60.2 36.0 (美浦)手塚 404(-6)

【競馬場速報】 2015年1月11日(日)
石橋脩騎手 返し馬からとても素軽い感じでしたし、明らかにここ2戦より状態は良かったですよ。向こう正面でスペースがあったところに馬なりでスッと入っていけたのは、状態が上がっていたからでしょう。前走は外枠ということもありましたが、向こう正面から追っ付けながらの追走でしたから。ただ、この馬の持ち味を生かすのは前々で自分からスパートする形。それをするには前半にもう少し前の位置取りを取りたいんです。今日も押して行ったのですが、あそこまでが精一杯でしたし、その辺りがスッと動けるようになれば、すぐに勝ち負けになると思います。それでも、これからまだ成長が見込める馬だと思いますし、未勝利を勝つ順番はすぐに回ってきそうです。

手塚調教師 マイナス体重でもまったく細くは見せませんでしたし、しっかり調教をやってのこの数字でしたからね。馬は本当に良くなってきましたし、今日は内容はも悪くなかったと思います。ただ、着順は変わっていないので、その点は申し訳ありませんでした。でも、能力は高い馬ですし、春の福島開催辺りで未勝利を勝ち上がるイメージはできています。今後は、権利も外してしまいましたし、ここまで使ってきたので、放牧でひと息入れる予定です。

押田の目 マイナス6キロで404キロという寂しい数字になっていましたが、見た目にはむしろデビュー戦よりしっかりとした印象で、皮膚病も治まり、確実に状態は上向いていると感じました。今日は枠順も良かったですし、ロスなくスムーズに競馬ができましたから、現時点での上位馬との力の差は認めなくてはいけません。しかし、ティアラはまだまだ伸びシロがありますし、調教の動きからも未勝利は勝てる馬だと感じます。この放牧で馬体がひと回り成長して帰ってきたら、すぐに未勝利脱出のメドは立ててくれるのではないかと思っています。それと、ここ2戦の直線の脚を見ると小柄なティアラには中山の坂も堪えている印象ですから、直線平坦の小回り競馬場に替わればなおいいはずです。

Posted by sachi at 03:30 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

January 10, 2015

マルーン11着か……

ガッカリです。やはり中央で未勝利を勝てずに交流戦でやっと勝てた馬は、それなりの活躍しかできないのでしょう。レベルの差はどうしようもありません。どんなコメントが出るかしら。馬体重は成長分と考えても、どこにもよいところが見られませんでした。

1/11(日) 中山12R 4歳上500万下 芝1600m 天気:晴 馬場:良 16:10発走
11着 4枠 7番 マルーンドロップ 牝4 54.0 黛 1:35.0 クビ 13 124.1 35.2 (美浦)栗田徹 460(+12)

さあ、気を取り直して明日のティアラのレースは……と思っても、明日もまた似たような結果しか頭に浮かんできません(苦笑) まぁ、マルーンは中央の未勝利戦で2着3着が多かったので、賞金的には何とか追いついてきましたが、今後掲示板にも載れないような結果が続くなら、引退して地方へということになるのでしょうね。

【競馬場速報】
2015/1/10 (中山競馬場)  馬体重:460kg
★1/10(土)中山 4歳上500万下・混(芝1600m) 黛弘人騎手 結果11着
「マズマズのスタートでしたが、前半はある程度タメて落ち着かせて走らせようと心掛けて乗りました。直線では手応えよく一瞬は伸びかけたのですが、坂が影響したのか今一つ伸びきれませんでした。着差はそれほどありませんし、ここを使って良化してきそうな雰囲気ですが、レース後のキャンターで右前を少しかばうような走りだったのは気にかかります。(黛弘人騎手)

ふ〜む、右前をかばうような走りだったとは…… 大きなケガや故障ではないと思うものの、どこかにダメージがあるのかもしれません。というか、今日は行きっぷりもさほどよくなく(控えて行くつもりだったのでしょう)結局、いつもより悪いレース結果だったと思う。といっても、ほぼ人気通りなので実力もこんなものなのかもしれません。しかしそれでは勝ち上がったあとの一口ライフが面白くないのです。せめて掲示板、悪くても8着以内にきてくれれば何とか楽しいと思えるのだけれど。

Posted by sachi at 06:11 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走予定のマルーンドロップとウインティアラ、除外され来週に出走が延びたウイントゥモローが時計を出しています。

ウイントゥモロー
1/7 助 手 栗東坂 重 55.3 40.0 25.9 13.3 強目に追う
 ローランレーヴ(三未勝)一杯を0.3秒追走同入
ウインティアラ
1/7 嶋 田 美南P 良 68.2 53.7 39.0 12.0 4 馬ナリ余力
1/4 助 手 美南W 良 58.0 43.0 14.1 4 馬ナリ余力
 ディスコルディア(三未勝)馬ナリの内0.4秒遅れ
マルーンドロップ
1/7 黛 美南 坂・稍 1 回 - 52.4 - 37.8 - 24.8 - 12.5 一杯に追う
 オージーアイドル(三500万)馬ナリを0.8秒追走0.2秒遅れ
1/4 助 手 美南 W・良 54.1 - 38.6 - 12.6 [5] 馬ナリ余力
 オージーアイドル(三500万)強目の内を0.8秒追走同入
12/31 助 手 美南 W・良 67.8 - 52.9 - 39.4 - 12.7 [9] 馬ナリ余力
 ガニメード(新馬)直強目の外を0.6秒先行同入

トゥモローはいつも通りで、前走のダメージはさほど感じられません。2戦続けての最下位はショックでしたが、馬だって走るのが嫌な時もあるでしょう。500万条件なら掲示板くらいはあってもいい馬。次の出走で巻き返してほしいものです。
ティアラは今週、中山で出走です。切れる脚はあるはずなのに、実戦で発揮できていないのは何が原因でしょうか。鞍上の石橋騎手は今年に入って好調のよう。そろそろ馬の特徴がわかって来た頃と思うので、今度こそよい結果を出してくれますように。
マルーンドロップはいつもながらの調教です。もともと調教は悪くなく、育成時は牧場でも評判馬だったのに、地方交流戦で一つ勝つのがやっとの状況ですが、休養で馬体も精神面も成長していてほしい。もともと終いスパッと切れるような脚を持つわけでなく、好位先行してじわじわ粘り込むタイプだと思います。久々のレースなので、今回は掲示板さえ確保してくれれば文句はないのですが、それも無理かなぁ…… 黛騎手、がんばってください。

【出走確定】
1/10(土) マルーンドロップ 中山12R 4歳上500万下 芝1600m 黛弘人 16:10発走 
1/11(日) ウインティアラ 中山6R 3歳未勝利 芝2000m 石橋脩 54.0 12:45発走 16頭立

Posted by sachi at 01:05 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

4歳馬
マルーンは帰厩後、順調に調整が進んでいるよう。先週水曜には坂路で追い切り、この馬本来の走りが戻ってきていることがうかがえます。「休養前と比べて格段に馬がパワーアップしている」という言葉からリップサービス分をかなり差し引くとしても、状態がよいことには変わりないでしょう。坂路での追い切りは今週の一番時計だったとのこと。馬体重も16〜20キロ増えているものの、ほぼ成長分と思われます。4ヶ月の休養の成果があったと信じて応援したい。とは言え休み明けなので勝ち負けできるかな? ノルマンディーでの頼みの綱です。頑張れ〜!

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2015/1/8 (美浦トレセン)
☆1/10(土)中山 4歳上500万下・混(芝1600m) 黛弘人騎手
7日(水)に坂路コースで4ハロンから0.8秒追走して併せ、52.4-37.8-24.8-12.5を一杯に追い切りました。「追走する形で追い切りましたが、仕掛けてからの反応も抜群で動きに迫力感がありました。跨った黛騎手からも『休養前と比べて格段に馬がパワーアップしているし、一度使った方がより良さが出てきそうですが息遣いも良好です』と好感触でした。時計のかかる坂路コースで今週の一番時計をマークしたように、状態に関しては申し分ありません。馬体重は前走時よりも16〜20kgほど増えての出走になると思いますが、ほぼ成長分で太目残りはありません。あくまで次の小倉開催を目標とした臨戦過程ではありますが、スムーズな競馬で中山の急坂に対応できるようなら、500万クラスでもいきなりやれて不思議ありません」(栗田徹調教師)

3歳馬
グランノーヴァはノルマンディー小野町に到着。患部の状態を見ながらしばらく舎飼いだったようですが、昨日金曜に北海道の岡田スタッドへ移動しました。全治6ヶ月の診断だったので、帰ってくるのは早くて6月か。未勝利戦の行方が気になりますが、その間に成長が促されば、かえってよい結果を生むことになっても不思議はありません。重要なのは残された時間ではなく馬の能力と成長だと考えて、しっかり療養に努めてほしい。
ハッピーキャップは前走後、左前脚の出が硬くなったとのコメントがありましたが、レース中の打撲だったようです。レース直後に異状は認められなかったのですが、やはり腫れてしまったよう。腫れはまだ残っているとのことで、次走については無理させず状況を見ながら検討するらしい。芝馬だと思うのですけど、ダートを視野に入れているようです。まあ、今のうちにいろいろ可能性を探っておくほうがよいとも言えます。最後の最後になってしまっては間に合わないので。
グランビスキュイは、宮崎でゲート練習中。まだゲート内で硬直したり座り込んだりしてしまうようで、覚えが悪いのか勘が悪いのか、そのコメントを見るだけでイラッとしてしまうほどなので(苦笑)、担当者のご苦労はさぞやと思われます(汗) 唯一の救いは、かつてゲートが苦手で6ヶ月も牧場で過ごし、年明けデビュー時も散々だったのにやがて3連勝、最後はOPにまで行ったドリームカトラス。そういう馬もいるので、ここは短気を起こさず、じっくり専門家にお願いして訓練していただきましょう。早くゲートへの嫌悪感がなくなりますように……(~人~)オ・ネ・ガ・イします。

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎
2015/1/9 (オカダスタッド)
ノルマンディーファーム小野町に到着後は患部の様子を見ながら舎飼を行っていましたが、長距離輸送が可能な状態になったことから本日9日(金)に北海道・厚賀のオカダスタッドへ向けて移動しました。到着後は引き続き回復に専念する予定です。

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎
2015/1/8 (栗東トレセン)
現在は軽めの調整をおこなっています。「心配していた左前脚ですが、レース中の打撲だったようで熱感、痛みともに引いてきました。まだ腫れが残っているので無理はさせられませんが、週末からピッチを上げていこうと思っています。現状では芝だと切れ負けしてしまう感じなので、次はダート戦に向かう予定です。追い切りの動きと出馬状況次第では来週の京都・ダート1400m戦に投票することも考えていますが、あくまでも馬の状態を第一に判断したいと思います」(鈴木孝志調教師)

▼グランビスキュイ……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎
2015/1/9 (宮崎ステーブル)
「引き続き宮崎ステーブルの施設内でゲート練習主体のメニューをおこなっています。枠内に閉じ込めるとまだ硬直したり、座り込んでしまう面が見られますが、視界を真っ直ぐに向けて顔前をゲートに当てる訓練はクリアしています。一つずつプログラムを消化させてゲートへの嫌悪感を取り除かなければなりませんが、できるだけピッチを上げて早くトレセンへ帰厩できるよう努めます(担当者)

Posted by sachi at 11:59 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

4歳馬
トゥモローは今週、京都での出走を予定していましたが、除外確定のため来週にスライドとのこと。調教はまずまずの様子で状態は悪くなさそう。次走は芝に戻るのですが、自分としてはダートでの走りは適性があまり感じられなかったので芝歓迎です。ただこの時期、芝のレースは除外が多く出走間隔が開くのは仕方ありません。また距離も2200mより1800mのほうがよいと思っているので、除外→延期はむしろ好都合ではなかったかと思います。前2走は最下位と残念な結果に終わってしまったものの、これで終わりの馬ではないはず。次はせめて掲示板を目標に頑張ってほしい。最後にかわされるとしても、先行してこの馬らしく粘り込んでくれれば。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日  2015年1月8日(木)
 今週の出走を予定しているウイントゥモローは、昨日7日(水)に坂路で併せ馬の最終追い切りがかけられました。調教パートナーの3歳未勝利ローランレーヴを1馬身半ほど追走でスタートしますが、道中で前との差を詰めると、最後も渋太く脚を伸ばして併入に持ち込んでいます。時計は4F55秒3、ラスト1F13秒3でした。
 西園調教師は「レースで2走連続してあんなに大きく負ける馬ではないと思いますが、稽古も以前ほど動かなくなっていますからね。状態は悪くないと思うのですが・・・」と追い切りを評価します。
 追い切り明けの本日8日(木)は、引き運動のみで楽をさせてもらっており、午後の出馬投票に臨みましたが、予定していた今週の京都土曜7R芝2200mは除外が確定していたため、投票は行いませんでした。これにより、次走は再来週の1月25日、京都日曜8R芝1800mにスライドする予定です。

3歳馬
ジラソーレは次走、地方交流戦を目標に調整されています。前走はいつものジラソーレというか、スタートはよかったけれどその後が…… いったんは引退を覚悟した馬ですが、非力なところが徐々に解消されていけば、まだ生き残れるチャンスもあると思うので、次はさらなる前進を期待します。しかし交流戦といえども甘くはありません。ダートだとなおさら非力な馬にはつらいかもしれませんが、とりあえずは地方でも何でも少しでもよい結果を残してくれればOKと考えましょう。
カルミナは南引き続き淡路のトレーニングセンターで調整中。到着当初は飼い食いも落ちたようですが、今は普通に完食しているとのこと。それでも馬体重は430キロ台ですが、牝馬のステイゴールド産駒としては特別に小さいわけではありません。現在はまだハロン15−15にも至っていないものの、徐々にペースアップして入厩に備えてくれるでしょう。南あわじのトレセンが見学できればいいのになぁ……
ティアラはウイン3頭のなかで一番期待していた馬なのですが、これまでのところ他の2頭と変わらず不振(苦笑) いや、まだケガしたり引退になったりしていないだけマシか。毎回、コメントでは前進があるのですが、実績が伴いません(汗) 今度こそ信じてよいものか?もともと調教では切れる脚を見せていた馬。中山より東京のほうが向いているかとは思うのですが、今回追い切りで終い12.0秒を馬なりで出していることからも、 馬体に芯が入り、走りがしっかりしてきたように思います。お稽古通りに走れれば、掲示板くらいは確保してくれると思いたい。鞍上の石橋脩騎手も3戦目で慣れてきたと思うし、頑張って〜〜!

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日  2015年1月8日(木)
 初ダート戦となった先週の京都では、スタートこそ抜群だったものの、その後は追走に余裕がなく、11着に敗れたウインジラソーレ。梅田智調教師は「前走は稽古もしっかり動けていましたし、休み明け初戦の2走前と比べても状態は良かったと思います。ただ、それだけに前走の内容には満足できないところです」と不満を口にしていました。
 前走後については、大きなダメージもなく順調で、本日8日(木)までは引き運動で楽をさせてもらっていますが、近日中にも乗り込みを再開する予定です。
 なお、今後については、在厩のまま調整を行い、2月4日(水)に笠松競馬場で行われる地方交流競走「立春賞」ダート1400m、もしくは、同日の園田「妙見山特別」ダート1400mへの出走を目指していきます。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2015年1月7日(水)
 兵庫県・南あわじ市のawajiトレーニングセンター内、エニオンステーブルにて調整中。1000mの坂路を1本のメニューで乗り込みを進めています。
 担当者は「こちらへ到着当初はカイバ食いが細いも時期もありましたが、すっかり環境に慣れた様子で今は完食してくれるようになりました。馬体重は434キロで細い印象はありませんし、乗り手からも『特に気になるところはない』と順調の報告を受けています。今はまだハロン16秒程度の調整ですが、今後は入厩に向けてペースを上げていくことになると思います」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日  2015年1月8日(木)
 今週の出走を予定しているウインティアラは、週末4日(日)にはWコースで半マイルからの追い切りがかけられ、4F54秒6、ラスト1F14秒1という時計を持ったままでマークしています。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日7日(水)にPコースにて行われました。嶋田騎手が騎乗し、単走でスタートすると、直線では鞍上が抑えたままにも関わらずグイグイ進みます。最後は軽く手綱を離すと一気に反応し、脚を伸ばしてフィニッシュしていました。
 嶋田騎手は「最後は軽く放してあげただけでギュンと伸びていきました。いい気合乗りとフットワークでしたし、以前よりも成長を感じますね」と笑顔で追い切りを振り返っていました。
 また、手塚調教師は「先週で仕上がっているし、変則日程ということで今日は軽めの内容でしたが、いいフットワークでしたね。以前は素質だけで走っていた印象ですが、ここへ来て体が良くなってきたことで、しっかりと動けるようになってきました。成長を見せた今なら未勝利クラスでは差はないはずですよ」と語っていました。
 そして本日8日(木)は乗り運動が行われ、午後からの出馬投票で今週の中山日曜6R芝2000mに石橋騎手で出走が確定しています。皮膚病も回復し、体に芯が入った今なら未勝利脱出も可能でしょう。

Posted by sachi at 10:06 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン2歳馬近況

サヴァランの引退、繁殖入りで、ラフィアン馬は明け歳馬3頭だけになってしまいました。これから速いところを取り入れながら順調にお稽古を積んで、3月頃に好調な馬なら早期デビューが期待できます。あと2〜3ヶ月もすればだいぶ馬の特徴も明らかになってくるでしょう。今年は100分の1口のラフィアンで例年になく3頭も出資しました。ぜひとも将来走ってもらいたい馬ばかりで、楽しみです。

マイネルーチェ13は坂路で調整中。速いアクションにも慣れてきて、スピードに乗りやすくなってきたとのことですが、ルーチェ同様、中長距離馬になるのかな。まだあまり目立たない印象ですが、愛着のある元出資馬の産駒。同じように素軽い走りを見せるようになってほしい。
あるエルビコー13も元出資馬ラヴのラストクロップ。スピード調教をこなすところまで進んでいたものの、ソエが出て来たため今は浦和で放牧中。ソエは若駒に出るものなので心配はしていません。この放牧を成長を促す機会にして、さらに一回り大きくパワフルになってもらいたいものです。
トーワフォーチュン13は、上記2頭のように元出資馬の産駒だから決めた馬ではなく、純粋に馬が気に入っての出資。全体のバランスよく、柔らかい歩様、パワーもありそうに思って出資しました。父同様、スプリンターになるのでしょうか。生まれが早いこともあってデビューはは早いのではないかと思います。上が地方でしか走っていないのが気がかりではありますが、ラフィアン的には全然OKだと思っています(12月に出資したので過去の近況を一挙掲載)。
どの馬もこれから冬の間、無理してケガなどしないよう注意しながら、しっかり体力をつけ基礎固めをしてくれるよう願います。

▼マイネルーチェの13……父 : キングカメハメハ / 母 : マイネルーチェ / 牝 / 美浦・上原博之
更新日 : 2015年1月9日(金)
マイネルーチェの13は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。調教を積みながら速いアクションにも慣れてきたようです。以前に比べると促されてからスピードに乗りやすくなってきた印象。さらに上を目指して鍛錬を続けていきます。(1月5日現在の近況)

▼アリエルビコーの13……父 : マイネルラヴ / 母 : アリエルビコー / 牡 / 栗東・中村均
更新日 : 2015年1月9日(金)
アリエルビコーの13は、スピード調教をこなせるまで進んでいましたが、左前肢のソエを気にするようになりました。29日(月)ビッグレッドファーム浦和に移動して昼夜放牧による管理で回復を促しています。馬自身は元気にしていて、長時間を屋外で過ごすことで一定の運動量が確保できる環境です。(1月5日現在の近況)

▼トーワフォーチュンの13……父 : オレハマッテルゼ / 母 : トーワフォーチュン / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 : 2015年1月9日(金)
トーワフォーチュンの13は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。3週間の休養を切り上げて、中間から坂路でのトレーニングを再開しています。次のステップでは、ラストで促してペースを上げ、速いアクションに慣れさせていきます。1つ上の兄イナズマアリオーンは道営で好成績をあげて12月の全日本2歳優駿に駒を進めました。(1月5日現在の近況)

更新日 : 2014年12月19日(金)
トーワフォーチュンの13は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。一定期間、順調に乗り込まれてきたので、今後に備えて一息入れていて、昼夜放牧による管理を行っています。自然と放牧地を動き回るので、リフレッシュしつつも一定の運動量が確保できる環境です。すっと加速できそうなところがあり、先々はスピードが武器になるでしょう。(12月15日現在の近況)

更新日 : 2014年12月5日(金)
トーワフォーチュンの13は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。騎乗開始後も順調で、ハミを通じた鞍上からの指示もひととおりマスターできてきました。次のステップに備えて、近日中に一息入れる予定です。本馬は父からSS系らしさを引き継いでいそうで、どんな競走馬になるのか楽しみです。(12月1日現在の近況)

更新日 : 2014年11月21日(金)
トーワフォーチュンの13は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間には馴致を始め、馬具を装着することや人を背中に乗せることに慣れさせてから坂路入りを開始。トレーニングによって、先々に向けての基礎固めを行っていきます。柔軟性があるので、体をうまく使ってすっとスピードに乗れそうなイメージです。(11月17日現在の近況)

更新日 : 2014年10月17日(金)
トーワフォーチュンの13は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。現在の管理により運動量が確保できるので、自然と鍛えられています。「以前は少し弱々しく感じることもありましたが、見違えるほど元気でうるさくなっています」とスタッフ。様子を見て、馴致を始める時期を判断していきます。(10月13日現在の近況)

更新日 : 2014年9月19日(金)
トーワフォーチュンの13は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。夜間も動き回るので、かなりの体力を消費しているはずですが、体力をつけてきているのでしょう。放牧地では活発で、走り回っているところも良く見かけます。ときどき傷をつくることもありますが、問題なく過ごしています。(9月15日現在の近況)

更新日 : 2014年8月15日(金)
トーワフォーチュンの13は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。右前肢の砂のぼり回復後は順調です。放牧地で過ごすことで、長時間にわたって動き回って運動量を確保。トレーニング開始に向けて自然と鍛えられる環境です。身のこなしが柔らかく、うまく全身を使えそうなタイプ。将来はスピードを武器に活躍してくれると見えています。(8月11日現在の近況)

更新日 : 2014年7月18日(金)
トーワフォーチュンの13は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。右前肢の蹄に砂のぼりを発症して、痛みがピークだったので、ツアーの展示会を欠席しましたが、回復してきました。仲間とともに放牧地を動き回って、元気に過ごしています。父の代表産駒はオーストラリアで1400mのG1を制したハナズゴールです。本馬も同じくミスタープロスペクター系の母との配合。全身を使ったスピードある走りを見せてくれるでしょう。(7月14日現在の近況)

更新日 : 2014年6月16日(月)
スタッフによる私見であり、将来を保証するものではありません。ご参考程度にお楽しみください。
■適性/デビュー時期: 芝・短距離〜マイル/早め〜普通
■スタッフから一言!: 皮膚が薄く、品も感じさせられる若駒。一歩ずつ大きく四肢を運ぶ歩き方が目につきます。父譲りのスピードでどこまで勝ち星を重ねられるか注目しています。

Posted by sachi at 06:16 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

January 08, 2015

サヴァラン、引退

ラフィアン馬の臨時更新でサヴァランの引退が発表されました。前走のサンライズSで馬券圏内にでもくれば違ていったかもしれませんが、もうレース前から繁殖入りが決まっていたのでしょう。少しでも良い状態で種付けに備えたいとの意向のようです。元愛馬の娘で愛着もありましたが、準OPまで進んでくれて嬉しかったし、あと2ヶ月のことなので、これでよいとしましょう。サヴァラン、4勝もしてくれてありがとう。一生懸命に走る姿は忘れない。これから牧場に帰って、BRFでいい繁殖馬になり、また俊足の子供を産んでください。でもサヴァランが引退すると、あとは今年2歳のルーチェの子供しかつながりのある馬がいなくなって寂しい。またいつかBRFで会いたいものですが、四国からでは北海道は遠いなぁ……

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2015年1月7日(水)
マイネサヴァランは、巻き返しが期待された5日(月)のサンライズSでしたが、直線で後退して12着でゴールしました。規約では6歳4月まで現役を続けられることになっていますが、少しでも良い体調で繁殖シーズンを迎えたいという思いがあり、今回のレース内容も踏まえ、このタイミングで引退して種付けに備えることになりました。ビッグレッドファームで繁殖入りします。3年半にわたる競走生活で22戦に出走し、4勝は立派です。長い間サヴァラン号に温かいご声援をいただき、ありがとうございました。

Posted by sachi at 02:54 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

January 07, 2015

出走2頭また惨敗

ジラソーレはしんがりではなかったものの、やはり1桁着順には食い込めませんでした。
今回もスタートはよかったのですがハナには立てず、またジリジリと後退。まあ最後位までは下がらなかったものの、1頭取り消して15頭のうち11着では、即引退かと思いきや、まだ見切りをつけられなかったようで続戦らしい。とはいえ、騎手もコメントしているように、ダート適性があるとは思えませんでした。何しろスタミナがなさすぎ。1200mでも前半の追走で力を使い果たしてしまう印象なので、当面は距離を延ばすとさらに着順が悪くなりそう。次は間隔を開けるとのことで、その間に少しでも成長を期待したいところです。

1月5日(月)京都1R 3歳未勝利 ダ1200m 天気:晴 馬場:稍重 10:05発走 
11着 2枠 3番 ウインジラソーレ 牡3 54.0 △松若 1:14.4 3.1/2 10 104.8 38.7 (栗東)梅田智 440(-4)

【競馬場速報】
松若風馬騎手 スタートが抜群に速かったのでハナに立てるかと思ったのですが、二の脚がもうひとつであの位置取りになりました。道中は追っ付け気味であまり余裕はありませんでしたし、最後も脚が止まってしまいました。距離を延ばせばもう少し追走が楽になるのでしょうが、スタミナ面に心配がありますからね。ダートも一応こなせてはいましたが、合うかどうかは何とも言えないところです。これから力を付けてくれれば通用してもいいと思うのですが。

梅田智調教師 スタートの速さは抜けていましたが、その後の二の脚がねぇ。短い距離は合っていると思いますが、この距離でもしまいは甘くなってしまったように、全体的にもう少し力を付けなくてはなりませんね。ただ、競馬センスはいい馬なので、小回りの競馬場の交流競走であればもう少しいいところが見せられるはずですし、今後は節を空けて地方交流競走を目標に調整していく予定です。

片山駿の目 中1週での出走でしたが、中間も状態は安定していましたし、馬体もまずまずキープして力を出せる態勢だったと思います。ダート替わりがどう出るかが今日のカギでしたが、ダートスタートでもゲートセンスは抜群でした。ただ、道中でじりじりと遅れ出してしまうレース振りは今日も大きく変わらなかったのが残念なところでした。ただ、梅田智調教師も話すように、立ち回りの上手さとスピードが求められる地方の小回りコースならもう少し粘りは増すはずですし、相手関係が楽になることも大きなプラス材料となりそうです。地方交流戦に出走するには抽選突破という難関を乗り越えなくてはなりませんが、無事出走まで漕ぎつけられれば楽しみはあるはずです。

サヴァランも何と12着と惨敗。やはり福島頼みの馬から脱け出せないままで終わりました。時計が速かったのも、この馬には向かなかった。繁殖入りが決まっているようで、コメントからはこのレースを最後に引退が濃厚です。これまでずいぶん頑張ってくれたので、自分としては引退でかまわないけれど、それでもやっぱり最後にもう少しいいレースをして欲しかったとは思う。今更ながら、鞍上がもう少しうまい騎手、あるいは手が合った騎手だったならと、悔やまれるところです。同じように1000万クラスで年明けを迎えたルーチェの場合、最後までルメール騎手や松岡騎手を手配してくれ、何とかもう一つ勝たせようという意気込みが強く感じられただけに、現在のラフィアンの騎手手配の無策というか愚かさを痛感します。サヴァランには感謝の気持ちでいっぱいです。母になってよい子を産んでくれたら、また出資したいと思ってはいるのですが、ラフィアンで募集されてもなぁという否定的な気持ちもなくはない。サヴァランには何も責任もないんですけどね。

1月5日(月)中山10R サンライズステークス(混) 芝1200m 天気:晴 馬場:良 14:50発走
12着 3枠 5番 マイネサヴァラン 牝6 55.0 丹内 1:08.7 1.1/4 11/16人気  22.1 35.3 (美浦)清水英 464(+2)

【競馬場速報】
丹内騎手 「スタートしてダッシュがつき、好位をとることができました。道中は良いリズムで走れていたのですが、3コーナーで後続が動いてきた際に一緒についていくのに苦労してしまいます。直線ではこの馬なりに伸びてはいるのですが、内と外の馬たちの脚のほうが勝っており、前へ入られてせまくなってしまいました。よく頑張ってくれているのですけれど、このクラスに入るとある程度展開の助けがないと厳しいかもしれません」

清水英調教師 「この馬の競馬はできたのですがタイムが速くてきつかったですね。今後、繁殖入りするプランがあるときいています。ここまで頑張ってくれましたし、サヴァランの将来を考えますとこのタイミングで競走馬としての進退を検討してもいいかもしれません」

今後について関係者と協議していきます。

Posted by sachi at 12:17 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

January 05, 2015

ジラソーレ3番、サヴァランは5番

ジラソーレは今回どうしようもない走りだと引退になってしまいます。幸い2枠3番と、この馬にあった内枠に入りました。短距離戦で目覚め、健闘してくれますように。松若騎手ともども頑張れ!
サヴァランはほどよい枠順になったので、少し期待できるかしら?…… しかし勝ち星は福島でのレースのみ。そこが中山でどうかです。鞍上も気がかりながら、ペース配分がわかっていない騎手なので、短距離なら1800mや2000mといった中距離戦よりはよいはずだと信じよう。

1月5日(月) 京都 1R 3歳未勝利 ダ1200m 10:05発走 16頭
1 1         ワールドカップ 牡3 56 佐久間 柴田光
1 2 △       メイショウララムリ 牡3 56 菱田 安達
2 3         ウインジラソーレ 牡3 54 松若 梅田智
2 4 △     ○ イサチルホープ 牡3 56 幸 大根田
3 5 ☆       カシノランド 牡3 56 国分優 梅内
3 6 ◎     ◎ メイショウボノム 牡3 56 武幸 松永昌
4 7         キーコンサート 牡3 56 秋山 目野
4 8 ▲     △ ネイバルエンスン 牡3 56 浜中 日吉
5 9         メイショウクオン 牡3 54 岩崎 角田
5 10         ジョーキーパーソン 牡3 56 池添 角田
6 11 △     ▲ ブラヴィッシモ 牡3 56 福永 須貝
6 12         シュンイキ 牡3 56 太宰 川村
7 13         テイエムジャック 牡3 56 花田 柴田光
7 14         グロビュール 牡3 56 国分恭 梅内
8 15         コウエイトゥルース 牡3 56 武豊 森
8 16 ○       マルカメテオ 牡3 56 松山 羽月

1月5日(月) 中山 10R サンライズステークス(混) 芝1200m 14:50発走 16頭
1 1 △           トキノゲンジ 牡7 57 西田 梅田康
1 2             アポロスターズ 牡4 56 吉田隼 堀井
2 3   △         アンヴァルト 牡8 57 ベリー 平田
2 4             シゲルアセロラ 牡6 57 勝浦 目野
3 5 △         ◎ マイネサヴァラン 牝6 55 丹内 清水英
3 6             バートラムガーデン 牝6 55 武士沢 手塚
4 7             サニーヘイロー 牝7 55 大野 谷原
4 8   ▲         ローズノーブル 牝6 55 後藤 古賀慎
5 9 △           メイショウツガル 牡7 57 津村 武田
5 10 ○ ◎       △ カハラビスティー 牝6 55 柴田大 伊藤大
6 11 ▲ △         エターナルムーン 牝5 55 木幡広 宗像
6 12   △         エンプレスラブ 牝6 55 戸崎圭 加藤敬
7 13 ☆ ○       ○ ニコールバローズ 牝6 55 丸山 角田
7 14             ラフレーズカフェ 牝6 55 柴山 小島太
8 15             サクラプレジール 牝5 55 松岡 尾関
8 16 ◎ ☆       ▲ ダノンマッキンレー 牡4 56 内田博 音無
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 07:47 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

January 04, 2015

今週の調教時計

月曜日出走のジラソーレとサヴァラン、今週の出走を除外されたティアラが時計を出しています。

ウインジラソーレ
12/31 見 習 栗東坂 良 55.8 40.2 26.0 13.0 一杯に追う
12/28 助 手 栗東坂 良 58.2 42.5 27.8 13.8 馬ナリ余力
ウインティアラ
12/31 助 手 美南W 良 68.4 54.1 40.1 14.5 7 馬ナリ余力
 ディスコルディア(三未勝)一杯の内を0.6秒追走0.2秒先着
12/28 嶋 田 美南坂 良 57.4 42.9 28.6 14.5 馬ナリ余力
 エクセレントガール(三未勝)馬ナリを0.1秒先行同入
マイネサヴァラン
12/31 助 手 美南W 良 52.0 38.1 13.9 6 馬ナリ余力
 ハルダヨリ(三未勝)馬ナリの外を0.4秒先行同入
12/28 助 手 美南W 良 70.9 54.9 40.0 13.1 8 馬ナリ余力

ジラソーレは進退がかかったレースになりそうですが、ダート適性は不明。何とか最下位は逃れ8着以内、いや掲示板くらいに来てくれるといいのですが。サヴァランは中山のほうが東京よりはましのはず。何とか5着以内に来て欲しいのですが、福島でしか勝ち星がないのでどうかな。調教はいつもの末脚が見られませんが、馬なりなのでこんなものかな。

【出走確定】
ウインジラソーレ
1月5日(月) 京都 1R 3歳未勝利 ダ1200m 松若風馬 54.0 10:05発走 16頭
マイネサヴァラン
1月5日(月) 中山 10R サンライズステークス(混) 芝 1200m 丹内祐次 55.00 14:50発走 16頭

Posted by sachi at 11:41 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

4歳馬
トゥモローは前走、前半競り合ったのが響いたのか、またシンガリ負けになってしまいましたが、目立ったダメージもなく、すでに坂路での調教を再開とのこと。ハナを切って競り合っても負け、控えても負けで、巻き返しの戦法を考え次走にのぞむようです。次は中1週で京都の芝2200mが目標に。う〜ん、距離が長いと思うのですが、たぶん出走できるようなレースを選んだのでしょう。少なくとも8着以内に来てくれると嬉しいのですが……

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2015年1月3日(土)
 初ブリンカー着用で臨んだ先週の阪神では、前半で同型馬と競り合うロスも響いたのか、大敗してしまったウイントゥモロー。担当の駒崎調教助手は「前走のようにハナを切ろうとすると絡まれますし、2走前のように控えると前に残られたり・・・。どうも上手くいかないですよね」と前走を悔しそうに振り返ります。
 幸い前走後は目立ったダメージもなく、昨日2日(金)から坂路を楽走で1本のメニューで乗り込みを再開しています。
 同助手は「今は状態は良いと思いますし、何とか巻き返せるように色々と対策を考えて次走へ臨みたいと思います」と語っていました。
 なお、次走は、中1週で来週の京都土曜7R芝2200mに向かう予定となっています。

3歳馬
ジラソーレはこれまでスタートと行き脚はよいのですが、その後ジリジリと後退して結局、最下位というレースでした。今回、ダート適性が見られなければ引退となりそうなので、なんとか頑張って1桁着順には来てほしい。距離短縮でこの馬のよいところが活かせれば。松若騎手は若手ですが成績はよいみたい。うまく操ってくれることを期待します。
ティアラは今週、除外されましたが、調教は順調で状態はよさそう。馬がしっかりしてきたとのことなので、これまで以上によい競馬を期待できるかな。来週の中山へスライドしただけで条件に大きな違いはありません。切れる末脚を発揮していい結果を出してくれるよう願います。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 2015年1月3日(土)
 中1週で今週の出走を予定しているウインジラソーレは、年末31日(水)に坂路コースで最終追い切りがかけられました。単走でしまいを一杯に追われる内容でしたが、ラスト2Fのラップはそれぞれ13秒0にきっちりとまとめ、全体時計は4F55秒8をマークしていました。
 梅田智調教師は「稽古の動きそのものは悪くないんですけどね。ただ、今朝は体重の軽い騎手候補生が乗ってのものですから、この時計はそのまま鵜呑みにはできないと思います」と慎重な構えを見せます。
 続けて、「前走内容を見ても夏からの成長をあまり感じることができませんし、体が増えてこないこともネックです。素直で乗りやすく、一生懸命な性格で、手が掛からない点は良いのですが、もう少しレースぶりが変わってきて欲しいところです」とあまりトーンは上がりませんでした。
 そして、昨日2日(金)の出馬投票では、当初はダート1800m戦を目指すプランもありましたが、距離適性を考慮し、最終的に今週の京都月曜1Rダート1200mに松若騎手とのコンビで投票を行い、抽選を突破して出走が確定しています。ダートは未知数ではありますが、メドの立つ競馬を見せて欲しいところです。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日 2015年1月3日(土)
 今週の出走も視野に入れていたウインティアラは、年末31日(水)にWコースにて追い切りがかけられました。相手は3歳未勝利ディスコルディアで、ティアラが追走してスタート。4コーナーでは内から並び掛け、直線では馬なりのまま楽に脚を伸ばします。最後は追われる相手に1馬身の先着でゴールしていました。
 手塚調教師は「やっぱり動きますね。相手は新馬で3着に来た馬なのですが、ティアラについていけなかったですから」と追い切りの動きに納得の様子を見せ、「体質面が強化され、馬がだいぶしっかりしてきた印象です。能力は高いですし、今ならそれをしっかりと発揮できそうですよ」と語っていました。
 また、調教に騎乗している嶋田騎手は「以前に比べ馬がしっかりしてきましたし、成長を感じます。動きは最初から良かった馬ですから、こうして体がパンとしてきた今ならすぐに未勝利は勝てると思いますよ」と笑顔で話していました。
 しかし、昨日2日(金)の出馬投票で、今週の中山日曜5R芝2000mに石橋騎手で投票を行いましたが、除外となっています。これにより次走は来週の中山日曜6R芝2000mへスライドの予定ですが、来週の中山土曜5R芝2200mも視野に入れて両睨みで調整していきます。

Posted by sachi at 11:40 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

January 02, 2015

ノルマンディー馬近況

4歳馬
アペルトゥーラは大晦日の日に園田で2勝目をあげましたが、登録には間に合わなかったため、年明けにもう1つ勝たないと中央復帰ができません。レースは出遅れたものの1角までに好位がとれ、強い勝ち方だったようです。ゲートでうるさいところを見せ、出遅れ癖?がついてしまったかもしれませんが、とにかく勝ててよかった。時計も優秀で上のクラスでもやれそうとのことなので、中央復帰はできるそうかな。でも競馬に絶対はありません。復帰がいいか悪いかも…… まあ、なるようになると思っておきましょう。ここまできたら、やっぱり次も勝ってほしいですが。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/12/31 (園田競馬場)  馬体重:498kg
★12/31(水)園田C2一組・3歳上(ダート1400m)木村健騎手:優勝
「ゲートの中では顔をずっと外側に向けて苦しがる素振りをみせており、今日もスタートのタイミングが上手く合いませんでした。それでも1角までに好位のポジションが取れたので、あとは抜け出すタイミングを図って乗りました。ゴールまでしっかりした脚を使ってくれましたし、完勝だったと思います」(木村健騎手)
飯田良弘調教師
「使うごとにゲート内でうるさいところを見せてきましたが、木村騎手が自信を持って騎乗してくれているように、ここでは能力が違います。レース後の上がりの歩様も特に問題ありませんでしたし、トモの具合や状態を確認して次走を決めたいと思います。勝ち時計も非常に優秀で、C1にクラスが上がっても能力上位の存在です。中央へ早くお返しできるように、次も一戦必勝の気持ちで努めます」

Posted by sachi at 07:08 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)