December 29, 2014

ノルマンディー馬近況

3歳馬
アペルトゥーラが今年最後の最後、大晦日の日に園田で出走します。こんな日も地方競馬は開催しているのですね。さて、12月中に2勝すれば中央復帰が叶うのですが、どうなりますか。先生も自信をもって出走させるのでしょうから期待したいけど、その期待を裏切るのがアペルトゥーラなので……

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/12/29 (園田競馬場)
☆12/31(水)園田C2一組・3歳上(ダート1400m)木村健騎手
最終追いでは、外に膨らみながらも半マイル49秒3の好時計をマークしました。だいぶ緩さが解消してきましたし、間隔を空けたことでトモの疲れも抜けて良い状態でレースに臨めます。ハナにはこだわらず、この馬のレースさえさせてもらえれば結果はついてくると思っています」(飯田良弘調教師)

2歳馬
グランビスキュイは宮崎ステーブルでゲート練習中。やれやれ、こんなことをしないといけない馬は初めてか。いや、カトラスもゲートに縛りつけて練習させたのですが、それで疲れ果てて6ヶ月の休養に。それのとき諦めていれば、OP馬には当然なれませんでした。よくぞ頑張ってくれたものです。しかしそれ以上にグランビスキュイには手を焼いているよう。狭いゲートに入ると恐怖感からまだ後ずさりし、座り込んでしまうとは。この練習で修正できるのかしら。担当の方は懸命に努力してくださっているようで、少しずつ改善はされてきたとのこと。さらなる前進を期待し、トレセンに戻れる日を待ちましょう。

▼グランビスキュイ……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎
2014/12/26 (宮崎ステーブル)
「現在は宮崎ステーブルの施設内でゲート練習主体のメニューをおこなっています。視界を真っ直ぐに向けると視覚が狭まることで立ち上がったり後退りし、狭いゲート内に入れると恐怖感からか中で座り込んでしまう面を見せています。通常はどちらかだけなのですが、この馬の場合は厄介でメンタル面から変えていかないと両方を取り除くのに苦労しそうな印象です。少しづつは改善されているので、何とか早めにゲート難を克服してトレセンに帰厩させられるよう努めます」(担当者)

1歳馬
テンザンローズの13は坂路で1〜2本を軽く乗って調整中。馬体のバランスが良く、フォームが魅力的、気性難もないとのコメントで、まずは一安心。年が明ければこの馬も2歳、いよいよデビューに備えての練習も本格化するでしょう。3月頃から5月初めにかけて、坂路でいい時計を出すようになれば見込みあり。牝馬なのであまり無理させず、今は少しずつペースアップして基礎固めするのが基本のようです。期待している馬なので、順調に進んでくれるよう願います。

▼テンザンローズの13……父:ベーカバド × 母:テンザンローズ(母の父:フレンチデピュティ) 牝  美浦・高木登厩舎予定
2014/12/29 (オカダスタッド)
現在は角馬場で体をほぐした後に坂路1〜2本を20〜22秒のメニューで調整中です。バランスの良い体躯が生みだすフォームは魅力的で、早くも将来性の高さを示しています。気性的にもこれといった癖はないので、この調子で育成することができれば、より一層磨きがかかってくるはずです。まずは基礎をしっかりと作り込んで、ペースアップに備えたいと考えています。

Posted by sachi at 11:00 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

トゥモロー、またシンガリ負け

はぁ〜 大阪へ第9を聴きに行っていたのでレースを見られませんでしたが、帰ってきてガックリ。
何とまたシンガリ負けとは。もう終わってしまったのでしょうか。馬自身の気持ちの問題のようにも思いますが、まだ引退は回避できるとしても立て直すしかなさそうです。次走、芝に戻してまた逃げの競馬に徹してみると言っても、それではすでに負けているのでこれまでと変わらない。

12/28(日) 阪神6R 3歳以上500万下 ダ1800m  天気:曇 馬場:良 12:40発走 
16着 8枠 16番 ウイントゥモロー 牡3 56.0 松山 1:56.3 3/4 9 47.1 40.0 1-2-2-6 (栗東)西園 498(+2)

【競馬場速報】 更新日 : 2014/12/28(日)
松山弘平騎手 今まで番手からの競馬ではあまりいい結果が出ていない馬でしたし、初ブリンカーでその特性を生かすためにもハナに行こうと決めていました。序盤は同じハナを主張する14番と雁行状態が続きましたが、ペースはそれほど速くなく、むしろ離れた3番手以降が遅いぐらいだったと思います。実際に逃げた馬が最後まで残っているわけですからね。でも、そんなペースでも勝負所からぱったりと余裕がなくなり、交わされると周りを気にする素振りも見せていました。あの止まり方を見ると、競馬を自分からやめているようにも感じますし、もしかすると気性的な問題があるのかもしれませんね。

西園調教師 逃げ2頭で前半やり合った影響もあったのかもしれませんが、ペースはそれほど速くありませんでしたし、ちょっと負け過ぎですね。以前ほど稽古は動かなくなっていますが、馬の状態は決して悪くないと思いますし、気持ちの問題なのでしょうか。次はもう一度芝に戻して、スンナリ行き切る競馬をしてどこまで頑張れるかですね。今後はこのまま厩舎に置いて調整していきます。

片山駿の目 初ブリンカーを着用し、逃げの作戦を予定していた今回ですが、大外枠に入り、1、2コーナーまで同型馬と競り合う形になってしまったのは誤算でした。ただ、見た目ほどペースは速くなく、最後まで踏ん張れて不思議ない展開だったことを考えれば、走らなすぎのレースだったと思います。前走、今回と完璧にスムーズな競馬ではありませんでしたが、まともなら2走連続で最下位に負ける馬ではないと思いますし、ジョッキーの言うように走りを止めている影響があるのかもしれません。次走も同型馬との兼ね合いがカギではありますが、初勝利を挙げた時と同じ逃げる競馬を試みて、それでも結果が同じようであれば、何か好走するための対策を考える必要がありそうです。

Posted by sachi at 09:24 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 27, 2014

ハッピーキャップ12着に終わる

やはりダメでしたね。2番という絶好の枠でスタート、出足はよかったけれど途中でジリジリ後退。直線では次々に後続にかわされて、結局はこの順位。強い相手が揃ったとはいえ、マンハッタンカフェ産駒とは思えない重い走りに思えました。休養明けだからそれは仕方ないにしても、この条件では何度走っても同じこと。前に行く脚はあるのだから、距離を短縮してみてはどうか。

12/27(土) 阪神4R 2歳未勝利・混 芝1600m  天気:晴 馬場:良  11:40発走
12着 1枠 2番 ハッピーキャップ 牡2 55.0 浜中俊 1:37.8 1 1/4 480 +10 鈴木孝志 14/18人気

【競馬場速報】
★12/27(土)阪神 2歳未勝利・混(芝1600m)浜中俊騎手 結果12着
「良いスタートを切れて好位置で上手く流れに乗れていたと思います。直線に向いた時の感触は悪くなかったですし、最後もバタッと止まったわけではないのですが、切れ負けしてしまった感じですね。左前脚の出が固く感じたので最後は無理をさせませんでした。今日跨った感じではダートの方が合いそうな印象です」(浜中俊騎手)
「リズム良く運べていたので、直線入口ではもう少し伸びるかと思ったんですが、もう少し踏ん張って欲しかったですね。ジョッキーから左前脚の出が固くなったとの話がありましたので、レース後チェックしてみましたが、今のところ大きな異常はありません。時間の経過とともに表面化する可能性もあるため注意しながら見ていきます。問題がなければ次走はダート戦に向かう予定です」(鈴木孝志調教師)

Posted by sachi at 01:28 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 26, 2014

セゾン外厩馬近況

2歳馬
ドルチェはセグチで馬体のケアを受けながら舎飼いで様子見です。まずは馬体を回復させてからソエの治療にかかる予定とのこと。レースでソエをかばいバランスを崩して走ったため、全体に疲れが出ているよう。痛いところをかばいながら頑張ってくれたのですが、ソエが落ち着けばまた持ち前のスピードを活かした走りを見せてくれるでしょう。まずは疲労をとってからです。寒い冬に頑張りすぎてケガなどしないよう、慎重に、しかし馬体を維持出来る程度に運動しながら、調整よろしくお願いします。

ドリームドルチェ [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/12/26
セグチレーシングステーブルで滞在中。現在は馬体のケア等をおこない舎飼いで様子を見ています。担当スタッフは「こちらに到着後、早速獣医に診てもらい全体的に疲れが出ているとの指摘を受けましたので、ショックウェーブ治療等を施しています。馬体回復を促しその後にソエの治療に取り掛かる予定です。レースではソエをかばいバランスを崩して走ったため、全体的な疲れに繋がったのではないでしょうか。そのような状況下の中で、5着に食い込んでくるところを見る限りには非凡な勝負根性がありますね」とコメントしていました。今後はまだ到着間もないことや全体的な疲労を考慮して、同馬の状態に合わせて調整を進めていく予定です。現在の馬体重は491kgです。

4歳馬
リヴァールはセグチでダートトラック中心に調整中。落ちていた飼い食いも戻って馬体は徐々にふっくらしてきたとのことで、調整もしっかりやれるようです。ただ、まだ覇気が足りないらしく、もう少し前向きなところを見せてほしいとか。気性難で去勢した結果なのか、あまり暴れるようなことはないようですが、反面、覇気も失ったのでしょうか。とはいえ順調に乗り込まれているのは何より。馬体を含めすべてが良い方向に向かっているとのコメントにひと安心です。来年の一回東京開催を目標に、これから出走態勢を整えます。状態がよいのか馬体重も少し増えて460キロ。このまま順調に態勢が整うよう祈ります。東京にいれば競馬場に行きたいのですが、なかなかそうも行きません。

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/12/26
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間は飼葉食いが良くなり馬体も徐々にフックラしてきており、ここにきてしっかりとした調整が進められています。担当スタッフは「日を追う毎に元気を取り戻し飼葉も残さずしっかり食べられるようになりました。このことにより馬体も徐々にですがフックラ見せるようになってきましたので、長めの距離も取り入れ調整しています。もう少し覇気が欲しいところですが、引き続き乗り込んでいけば同馬なりの元気も出てくると見ています。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。飼葉をしっかり食べられたことにより、馬体を含めすべての面でよい方向に向かっていると見ています。現時点では来年第1回東京開催を視野に入れて進めていきますが、今後はあくまでも同馬の状態に合わせて調整していく予定です。現在の馬体重は460kgです。

5歳馬
サマーハピネスはセグチのダートトラックを中心に調整中。乗り込んできたことで当初の馬体の硬さも解消し、しっかり調教をこなせているよう。毛づやもよく、状態の良さがうかがわれるとのこと。もしかしたら冬馬なのでしょうか。ダートはこの時季、番組が多いので、入厩すれば出走には困らないはず。ここでもう1つ勝ってくれれば春の引退に華を添えることができるのになぁ。でもこれまでせいぜいが掲示板だったので、それは無理か…… これから入厩まで順調にペースアップしてタイミングよく厩舎に戻ってほしいと思います。が、何と現在の馬体重が539キロ!? う〜ん、もともと500キロはあった馬なので、冬だしなかなか馬体を絞るのは難しそうですが、なんとか軽快な走りができる程度には絞れますように。

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/12/26
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間は馬体を緩ませないように調整が進められています。担当スタッフは「入厩後に見られた体の硬さも解消されてしっかりと乗り込みも進めています。この時期なので冬毛の目立つ馬が増えてきましたが、同馬の毛ヅヤはなかなかのもので状態面の良さが伺われます。引き続き、テンションを上げないように注意していきます」とコメントしていました。状態が上向きであることで入厩を意識する段階に近づいていると見ています。今後は同馬の状態に合わせてレベルアップを図り、来る入厩に備えます。 現在の馬体重は539kgです。

Posted by sachi at 06:33 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン馬近況

サヴァランは年明け中山のサンライズS(芝1200m)を目標に美浦で乗り込まれています。京都よりは中山のほうが合っているし、輸送もないぶんよいでしょう。ただ福島でしか勝ち星がないのがちょっと気がかりではあるけれど、それなりに頑張ってくれるはず。出走は月曜日、追い切りは水曜日と、少し日が空くのもちょっと難ありですが、在厩での調整だし、鉾田からすぐの時よりもよいはず。心配なのは鞍上です。また丹内騎手ではないでしょうねぇ。せめて大地騎手にしてもらいたい。

▼マイネサヴァラン……マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
更新日 : 2014年12月26日(金)
マイネサヴァランは、美浦に滞在中。1月5日(月)中山のサンライズS・芝1200mに目標に調整が進められています。同じ週の京都に芝1400mの距離も組まれていますが、直線が短く、上がりがかかる傾向にある中山の方が合っている印象。そのレースを本線に状態を整えていますが、元日はトレセンの全休日。31日(水)を最終追い切りとする予定になっています。

Posted by sachi at 06:32 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走のトゥモロー、ハッピーキャップに加え、ティアラ、ジラソーレ、サヴァランが時計を出しています。

ウインティアラ
12/24 助 手 美南W 良 85.6 70.0 54.9 40.3 13.4 5 馬ナリ余力
 3頭併せの内、外ヤングマンパワー(二500万)馬ナリに0.2秒遅れ、
 中シベリアンポジー(新馬)一杯に同入
ウインジラソーレ
12/25 助 手 栗東坂 良 60.5 44.7 29.5 15.0 馬ナリ余力
ウイントゥモロー
12/25 助 手 栗東CW 良 69.4 54.1 39.6 12.0 7 馬ナリ余力
 レッドディザーブ(新馬)馬ナリの内0.1秒遅れ
ハッピーキャップ
12/24 助 手 栗 CW 86.5-71.1-55.5-41.0-13.1[8]追って一杯
 フィエルテ(二未勝)一杯の外0.9秒先着
12/21 助 手 栗 坂 1 回-58.3-42.7-28.2-14.2 馬ナリ余力
マイネサヴァラン
12/24 助 手 美南坂 良 59.0 43.3 28.6 14.1 馬ナリ余力

ティアラはいつも先生のコメントはよいのですが、実際の時計も成績も今ひとつ。動ける馬であることは確かなのですが、まだ馬体がしっかりしていないので、成長を期待します。
ジラソーレもスタートよく競馬センスもあるものの、体力がないのであとはジリ貧。即引退にはならなかったものの、ダート適性はない気が。次走ダメなら引退でいいです。しかし一気に満口になったのは何だったのか。
トゥモローは今週ダートでの出走。前走はダート適性があるようには思えなかったのですが、初ダートだったので慣れていないのもあったかも。今度こそ試金石です。
ハッピーキャップは少しずつ前進しているようには思うものの、時計がねぇ。少しでも前進してほしい。
サヴァランはクリスマスCを除外され、年明け中山での出走になりそうですが、もともと福島でしか勝ち星のない馬なので、中山では厳しそう。掲示板くらい確保してくれればいいと思う。東京よりはまだよいでしょう。本格追い切りは次週でしょう。

【出走確定】
ハッピーキャップ
12/27(土) 阪神4R 2歳未勝利・混 芝1600m 浜中騎手 55kg 11:40発走 18頭
ウイントゥモロー
12/28(日) 阪神6R 3歳以上500万下 ダ1800m 松山騎手 56.0kg 12:40発走 16頭

Posted by sachi at 08:38 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
マルーンドロップは美浦に帰厩し、小倉開催での出走を目指すとのこと。その前にチャンスがあれば中山か中京での出走になるかもしれません。3ヶ月の休養明けなので、馬体も増え、一回り成長していることでしょう。馬がしっかりしてくれば、もう少しやれるはず。頑張って欲しいです。

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/12/25 (美浦トレセン)
この中間もノルマンディーファーム小野町で順調に乗り込まれて、24日(水)に帰厩しました。「良い感じで体がフックラとして帰ってきました。好走歴のある小倉開催(2/16〜)を目標に、進み具合によっては年明けの1回中山もしくは中京開催の芝でレースを使えたらと考えています」(栗田徹調教師)

2歳馬
グランノーヴァは手術を無事終えて北海道へ戻される予定ですが、長距離輸送になるため、いったん小野町へ移動。6ヶ月休養となると、未勝利戦に出走できるチャンスは1〜2回か。まあもう半ばあきらめていますが、国枝先生に見捨てられなければ何とかなるかも。
ハッピーキャップは今週、阪神で出走ですが、追い切りはいまひとつ動けていません。前走でも少しは前進があったものの、勝ち負けまでは遠いでしょう。とりあえずはさらなる前進を期待します。浜中騎手、よろしくね!

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎
2014/12/25 (ノルマンディーファーム小野町)
術後の経過も良好なことから、今週中にはオカダスタッド(北海道・厚賀)へ移動する予定でしたが、リスクを伴う長距離移動にはまだ時期尚早と判断したため、本日25日(木)に一旦、ノルマンディーファーム小野町へ移動しました。今後は脚元の状態を見ながら、北海道へ移動して患部の回復を待つ予定です。

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎
2014/12/25 (栗東トレセン)
☆12/27(土)阪神 2歳未勝利・混(芝1600m)浜中俊騎手
24日(水)にCWコースで6ハロンから併せ、86.5-71.1-55.5-41.0-13.1を一杯に追い切りました。「相手が動ききれなかったこともあって先着はしましたが、もう少し動いて欲しかったというのが正直なところです。しかし、育成場でもしっかりと乗ってもらっていましたし、こちらでもしっかりと負荷を掛けられていますので現状の力は発揮できる仕上がりと言えるでしょう。今回は浜中騎手に依頼しており、切れるタイプではないのである程度積極的に乗ってもらうつもりです。以前より成長しているのは確かですから、前進を期待しています」(鈴木孝志調教師)

Posted by sachi at 08:38 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
トゥモローは今週、阪神で出走予定。中2週なので追い切りは軽めとのことですが、終いはいつもより時計が出ているような? もともと調教がけしない馬なので、状態はよいのかもしれません。ただダートがどうか。今もってあまり適性があるとは思えないものの、前走と違って今回、距離はよさそう。また外外を回るといったロスがなければ、ダートでも走ってくれるよう願っています。ブリンカーも効果を発揮してくれるといいな。2歳馬がいまのところ全然走っていないので、せめてトゥモローなりとも少しはいいところを見せてほしい。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2014年12月25日(木)
 今週の出走を予定しているウイントゥモローは、昨日24日(水)は坂路を楽走で1本のメニューをこなし、本日25日(木)にCWコースで最終追い切りがかけられました。
 酒井騎手騎乗の2歳新馬レッドディザーブとの併せ馬で、5Fからトゥモローが内、外にレッドという隊列で併走のまま直線に向き、最後はトゥモローが半馬身ほど遅れる格好になりましたが、手応えは楽でした。
 西園調教師は「中2週の競馬なので、追い切りは意識的に軽めにセーブしました。まだ余力は十分にありましたし、今週はこんなもので大丈夫でしょう」と追い切りを評価し、「今回からは稽古でも付けているブリンカー着用でレースに臨む予定です。前走を見ても、今は思い切ってハナに行かせたほうが良さそうですし、すんなり行ってどういう走りをしてくれるかでしょう」と変わり身に期待を寄せていました。
 なお、午後の出馬投票では、今週の阪神日曜6Rダート1800mに松山騎手とのコンビで出走が確定しています。

2歳馬
ジラソーレは道悪もこたえたようですが、それにしても残念な結果でした。適当なレースが無いため、次走は年明けのダート1800mを目標にするとのこと。距離をのばしていいものかどうか分かりませんが、どうせシンガリ負けするような馬なら、思い切って何でも試してもらったほうがありがたい。飼い葉もしっかり食べているようです。つまりは前走、ほとんど競馬をしていないということか。もともと非力な馬なのでダートに行ってどうかとは思うものの、今のうちにはっきりするほうがよいでしょう。
カルミナは、何と淡路の牧場へ。淡路にそんなトレーニングセンターがあるなんて知らなかった。出資馬では初めてのケースです。エニオンステーブルって(HPでは「エミオン」となっていますが、おそらく間違い)どんなところかと思って地図を検索したら、すごく近い!(笑)去年の6月にオープンしたようですね。netkeiba.comに紹介記事が出ていました。行ってみたいなと思ったのですが、別のブログによると一般公開はしていないとのこと。残念。まあ、そこで何とかなればよいのだけれど。
ティアラは1週間早めて年明けの出走を目指し調整中。調教師のコメントはいつもよいのですが、実戦に行っていまひとつの印象。まだ馬が幼いのかな。そのうち走ってきてくれるといいなと願っています。今年のウイン2歳は3頭も出資しながらまだ勝ちあがれそうな馬がいません。全体の成績もかつてないほど悪く、もう今年は諦めの境地。来年から心機一転、頑張って欲しいです。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 2014年12月25日(木)
 先週の中京では、序盤の走りっぷりこそ悪くありませんでしたが、その後はずるずるとポジションを下げ、見せ場なくレースを終えてしまったウインジラソーレ。道悪馬場も堪えてしまった印象ですが、もう少し頑張りを見せてもらいたかったものです。
 レース後は本日25日(木)から坂路を楽走で1本のメニューで乗り込みを再開。今後については続戦のプランですが、芝でもダートでも短距離の番組は間隔を空けなければ出走が難しいことから、年明けの1月4日、5日に1鞍ずつ組まれているダート1800m戦を目標に進めていく予定となっています。
 担当の熊沢厩務員は「レース後は大きな疲れもなく、カイバもしっかり食べているように順調です。ただ、前走を見ていてもそうですが、もう少し全体的なパワーが欲しいところですね。ダートに関しては、走ってみないとなんとも言えません」と話していました。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2014年12月24日(水)
 本日24日(水)に滋賀県・栗東の島上牧場を出発、兵庫県・南あわじ市のawajiトレーニングセンター内、エニオンステーブルに移動しています。
 島上牧場の担当者は「引き続き、ウォーキングマシン90分の軽め調整を続けて、本日24日(水)午後に無事出発しています。体調は非常に安定していましたし、ペースアップにも十分に対応できると思います」と話していました。
 また、大久保龍調教師は「ペースアップのため、場所を移動することにしました。淡路島は温暖な環境で、育成所の施設も整っていますから、ここで帰厩までの最終調整を行っていきます」と話しています。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日  2014年12月25日(木)
 年明けの出走を予定しているウインティアラは、昨日24日(水)にWコースにて追い切りがかけられました。相手は2歳新馬シベリアンポジーと2歳500万下ヤングマンパワーで、ティアラとシベリアンポジーが併走で先行でスタート。直線ではヤングマンパワーが大外を回って追いついて、3頭併せの形に。ティアアは最後まで鞍上の手は動かず、一杯に追われるシベリアンポジーと併入となっています。ヤングマンパワーには遅れはしましたが、ティアラもまったく無理はさせていませんから、問題はありません。むしろキビキビとした動きが目につきました。
 手塚調教師は「やっぱり動かすといいね」とティアラの動きに納得の表情を浮かべ、「カイバもこの馬なりに食べているし、馬体の細化もありません。皮膚病も良くなってきましたから、だいぶ体調面でも上向いているのだと思います。今は状態がいいですし、節の関係で出られるようなら、年明け一発目も視野に入れていきたいと思います」と、予定の前倒しを宣言していました。
 これにより、次走は年明け来週の中山日曜5R芝2000mへの出走も視野に入っています。
 なお、追い切り明けの本日25日(木)は軽めの乗り運動を消化していました。

Posted by sachi at 08:37 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 21, 2014

ジラソーレ、シンガリ負け

あ〜あ、せめて1桁着順に来て欲しかったのですが、もうこれで終了でしょうね。
ジラソーレ、一気に満口になったのはなにだったのだろう……
出資した会員にまったく見る目がなかったということでしょうか。さあて、コメントはいかに?

12月21日(日) 中京6R 2歳未勝利(混) 芝1400m  天気:晴 馬場:重 12:45発走
18着 2枠 3番 ウインジラソーレ 牡2 55.0 国分恭 1:28.0 5 13 111.5 38.6 (栗東)梅田智 444(0)

【競馬場速報】 国分恭介騎手 スタートが良く、二の脚も付いたように前半は良かったのですが、この悪い馬場に脚を取られてしまい、徐々にポジションを悪くしてしまいました。非力な馬ですから、こういう馬場は良くないですね。芝の短距離という条件は合っていたと思うので、パンパンの良馬場ならもう少し頑張れたはずです。

梅田智調教師 レース前、ジョッキーには「なるべく馬場のいいところを通ってきてくれ」と伝えていましたし、馬場をうまく選びながら乗ってくれたとは思うのですが、今日のような力を要する馬場はこの馬には不向きでした。ただ、真面目に一生懸命走る馬でスピードやセンスはありますが、まだまだパワーや体力が物足りないのも正直なところです。うーん、ちょっと難しくなってきましたね。

片山駿の目 帰厩時に減っていた馬体は、厩舎で順調に戻すことができ、前走時と増減なしで出走できたのは良かったと思いますが、まだ細く映るように欲を言えばもう少し大きくなってほしいものです。スタートして好位にスッと付けられるあたりレースセンスはありますが、その後は道悪の影響もあり、ずるずるとポジションを下げ、見せ場なくレースを終えてしまいました。次走の優先権を外してしまったため、これで芝の短距離の番組は1、2ヵ月ほど節を空けなければ出走できない状況となってしまいました。この後は在厩のまま次走へと向かう予定ですから、ダートや中距離戦などの出走しやすい番組へ向かうことになりそうですが、なんとか次できっかけを掴んでもらいたいものです。

*確かにきょうの馬場は非力なこの馬には可哀想でしたが、だからといってダートや中距離では結果を出せないように思います。即引退はないとしても、見通しは暗そう。

Posted by sachi at 01:28 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 20, 2014

ジラソーレは2枠3番

またフルゲート18頭のレースになってしまい、ジラソーレは無印。まあ、これまでのレース結果からそれは仕方がないことですが、馬は少しずつ良化していると思います。国分騎手は4年前、カトラスとのコンビでなかなかよい結果を出してくれたのに、その後成績が低迷して現在60位くらい(汗) 実際、ラフィアン御用達の某騎手よりも下なのです。なんとかかつての勘を取り戻してうまく乗ってほしいもの。今回のレースで惨敗するようなら引退もありうるかもしれません。何としてもさらなる前進を期して一桁着順でお願いします。

12月21日(日) 中京6R 2歳未勝利(混) 芝1400m 12:45発走
1 1       アングライフェン 牡2 55 川須 安田
1 2       ナミカゼ 牝2 51 城戸 加藤和
2 3       ウインジラソーレ 牡2 55 国分恭 梅田智
2 4 ◎     ダノンシーザー 牡2 55 吉田隼 池江
3 5       クリノツーイーソー 牡2 52 長岡 伊藤伸
3 6     ○ バッドイナフ 牡2 53 岩崎 武井
4 7       トーホウバード 牡2 53 松若 川村
4 8       マイティディーバ 牝2 54 酒井 和田道
5 9 ☆     テイエムシャンパン 牡2 55 松田 山内
5 10       ボンジュールチカラ 牡2 55 杉原 天間
6 11       ユメヲカナエテ 牝2 54 黛 田中清
6 12 △   ◎ ムーンクレスト 牡2 55 国分優 本田
7 13       ガンダルヴァ 牡2 55 伊藤 斎藤
7 14 △   ▲ チェルカトーレ 牝2 51 義 清水久
7 15 ▲     レーヌドブリエ 牝2 54 藤岡康 矢作
8 16 ○   △ フェアラフィネ 牝2 54 松山 森田
8 17       ショウナンマキシム 牝2 52 小崎 北出
8 18       マラカイトスター 牝2 54 村田 伊藤伸
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 04:50 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
マルーンドロップは小野町で調整中。今週から15-15を取り入れたようですが、きっちり動けているとのこと。このまま順調にペースアップできれば入厩のスケジュールも見えてるとのコメントですが、ギリギリで勝ち上がってから休養が長い。その間どれくらい成長しているかがカギでしょうか。馬体重は30キロくらい増えているものの、本格的に乗り出すと同じくらい減るのかしら。デビュー時から成長がないとすればよい結果は見込めませんが、実質的に10キロくらいは増えていると考えていいのかな? 復帰後は勝ち上がったかいがあったと思わせるような走りを見せてほしい。

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/12/19 (ノルマンディーファーム小野町)  馬体重:484kg
現在は馬場2周と坂路2本を18〜20秒ペース(週に2回は15秒ペース)のメニューで調整中です。予定通り、今週から15-15の追い切りを取り入れましたが、きっちりと動けています。飼い食いも良く、首周りの筋肉が逞しさを増し、今年2月の小倉出走時の状態に近づいているような印象を受けます。このまま順調にペースアップしていければ、具体的な帰厩のスケジュールも見えてくるでしょう。

Posted by sachi at 01:08 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 19, 2014

ラフィアン馬近況

5歳馬
サヴァランは本当に残念なことにクリスマスCを除外され、年明け1月5日(月)の中山サンライズSに回ることに。調整は厩舎でできるので、かえってよいかもしれません。清水先生は前からサヴァランの能力を買ってくれていて、うまく調整してくれるだろうと思います。中山ではまだ勝ち星がありませんが、このあたりでいいところを発揮できるレースをしてくれると嬉しいな。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克 更新日 : 2014年12月19日(金)
マイネサヴァランは、美浦に滞在中。予定していた20日(土)中山のクリスマスC・芝1200mは残念ながら除外されました。「出走が延びることになりますが、調整は問題ないでしょう。うまく状態を整えていきます」と清水調教師。1月5日(月)中山のサンライズS・芝1200mに目標を切り替えています。

1歳馬
マイネルーチェ13は真歌で育成中。坂路中心に乗り込まれ、週1〜2回は末脚を伸ばすお稽古をしているとのことですが、まだ幼さが目立つとか。4月7日と比較的遅い生まれなので、それも仕方ないところでしょう。ゲート練習を含めメニューは順調にこなせているようなので、心配ないと思っています。父キングカメハメハがどう出るか。母は2000m以上が得意で1600mでは短かったのですが、夏に新馬デビューし新潟2歳Sで2着と、早い時期から活躍してくれたおかげで、阪神ジュベナイルフィリーズにも出走。娘はどれくらいが守備範囲なのか、今から楽しみです。
アリエールビコーの13は50口だったので、久々に高額の出資馬です。かつての愛馬ラヴのラストクロップだけに、何としても将来、父の代表産駒になってほしいと願っていますが、果たして期待に応えてくれるかどうか。改めて考えてみると兄弟に中央で走った馬はいないことに気づいて、ちょっとがっかりしたのですが、そんなことは気にしない。大物の片鱗をうかがわせてくれると嬉しいのですが、一抹の不安も…… とにかく今からしっかりお稽古を積んでいい走りを見せておくれ。

▼マイネルーチェの13……父 : キングカメハメハ / 母 : マイネルーチェ / 牝 / 美浦・上原博之 更新日 : 2014年12月19日(金)
マイネルーチェの13は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。中間も週1、2回の割合で後半を伸ばすメニューを消化して、早い動きに慣れさせている段階。まだ幼さが目立つ現状ですが、与えられたメニューは順調に消化できています。ゲート練習も問題なく進められています。先々は非凡な運動神経を活かした素軽い動きを見せてくれるでしょう。(12月15日現在の近況)

▼アリエルビコーの13……父 : マイネルラヴ / 母 : アリエルビコー / 牡 / 栗東・中村均 更新日 : 2014年12月19日(金)
アリエルビコーの13は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。終い重点のスピード調教を週1、2回の割合で消化しています。鼻水はすっかり治まり、トレーニングを行いつつ元気になってきました。与えられたメニューをこなしながら動きも良化中です。母系からのSS系の影響が感じられ、奥がありそうです。(12月15日現在の近況)

Posted by sachi at 08:29 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

2歳馬
グランノーヴァはボルトで骨折箇所を固定する手術を無事終了。経過は良好とのことです。とはいえ全治6ヶ月では、未勝利戦が終わるまでに勝ち上がれるかどうか不明な状況。今は一日も早い回復を祈るしかないでしょう。
ハッピーキャップは栗東で調整中。追い切りがいまひとつだったため、出走は来週に延期されました。まだ成長の余地があるとのことで、次走は次のレースにつながる走りを見せてくれればと願います。しかし一杯に追っても13秒を切れない状況では、どこまで良化が見込めるか。まあ、精一杯頑張ってもらうしかなさそうです。
グランビスキュイはゲート練習を専門にする牧場へ送られました。宮崎は暖かいはずだし、これで何とかなればよいのですが、相当難しい馬のようです。この世代の出資馬3頭のうち、2頭までデビュー間でさえなかなかこぎつけられず、残る1頭も勝ち負けまではとうてい遠いような状況では、相馬眼がなかったというしかありません。まあ、まだ先はあるのだから、気を取り直して応援しますか。2月デビューでも勝てる馬は勝てると信じよう。

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎
2014/12/18 (美浦トレセン)
★左前第3中手骨の骨折で全治6ヶ月の診断が下ったため、13日(土)にトレセン診療所内において螺子固定術の手術をおこなって無事に終了しました。現在は入院馬房で様子を見ていますが、 手術した箇所の抜糸を終えて術後の経過も良好なことから、来週中にはオカダスタッド(北海道・厚賀)へ移動する予定です。

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎
2014/12/18 (栗東トレセン)
17日(水)にCWコースで6ハロンから併せ、84.5-69.2-53.7-39.8-13.1を一杯に追い切りました。「今週もしっかりと長めから追い切りましたが、終いの脚色が一息でしたので今週は見送って来週に出走させることにしました。体付きは良くなっていますし、もっと動けても良いはずですからね。まだ成長の余地を残していますが、以前より良くなっているのは確かですから、レースでも良いところを見せてほしいと思います」(鈴木孝志調教師)

▼グランビスキュイ……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎
2014/12/18 (宮崎ステーブル)
再入厩後もゲート練習を重点的におこなってきましたが、依然としてゲート内での駐立や出に進境が見られないため、13日(土)に宮崎県の宮崎ステーブルに移動しています。
「宮田ファーム(在厩場所は隣接する宮崎ステーブル)にゲート練習を徹底的におこなってもらうよう依頼しました。JRA宮崎育成牧場の施設も使えるため、実際の試験にも使うゲートで練習が出来ますし、トレセンとは違って馬の少ない環境でジックリ矯正することが狙いです。過去にもゲート難の馬を依頼したことがありますが、矯正が上手くいって戻ってきましたので、2月デビューが目指せるよう何とか早めに帰厩させられたらと思っています」(松永昌博調教師)

Posted by sachi at 04:48 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走のジラソーレ、除外されましたが出走を目指していたサヴァラン、来週出走予定のトゥモローとハッピーキャップが時計を出しています。

ウイントゥモロー
12/17 助 手 栗東坂 稍 57.0 40.7 26.7 13.5 一杯に追う
ウインジラソーレ
12/17 助 手 栗東P 良 69.1 52.5 38.0 11.7 7 馬ナリ余力
 アンブローザ(新馬)馬ナリの内を0.5秒追走4F併アタマ先着
12/14 助 手 栗東坂 良 55.3 40.3 26.4 13.4 馬ナリ余力
ハッピーキャップ
12/17 助 手 栗 CW 84.5-69.2-53.7-39.8-13.1[9]追って一杯
 シャンタルエット(二未勝)一杯の外0.1秒遅れ
12/14 助 手 栗 坂 1 回-58.4-42.3-27.9-14.1 馬ナリ余力
マイネサヴァラン
12/17 丹 内 美南P 良 64.6 50.0 36.6 11.8 7 馬ナリ余力
 マイネルバランシン(古500万)末強目の内を0.8秒追走0.1秒先着
12/14 助 手 美南W 良 69.8 54.4 39.5 13.0 6 一杯に追う

トゥモローは調教駆けしない馬なのでいつも通りというところ。次走はダートのほうが出走しやすいということで阪神のダート戦を目標にしています。今度こそ掲示板目標ではなく馬券圏内に来てほしいなぁ。
ジラソーレはデビュー以後あまりいいところが見られなかったものの、今回は終い11.7秒という時計をだしました。少しずつでも馬がしっかりしてきたのかな。今週の中京では何とか掲示板くらい確保してもらいたい。最低限1桁着順でないと、引退の文字がちらつきます。
ハッピーキャップは相変わらず時計が詰まって来ません。追って一杯でも終い13秒では大きな前進は見込めそうにありません。早くも諦めの境地です。
唯一希望が持てそうだったサヴァランは、案の定除外されました。時計もよかっただけに残念ですが、いつ走れるのだろう…… と調べたら、1月5日(月)に中山でありますね。除外されたら1ヶ月は優先権があるようですが、果たしてどうするのか。厩舎で乗り込んでくれればちょうどいいけど。

【出走確定】
12月21日(日)
ウインジラソーレ 中京6R 2歳未勝利 (混) 芝 1400m 国分恭介騎手 55.0 12:45発走  18頭立

Posted by sachi at 09:30 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
トゥモローは次走、ブリンカーをつけて出走とのこと。効果のほどはまだ分からないものの、集中力がきれて垂れる感じがある馬だからプラスに機能してほしいと思います。馬自身は順調で、来週の阪神で出走。出資馬として今年の締めくくりとなるレースになるでしょうから、いい結果を出してほしい。前走ではダート適性があるようにも思えなかったけれど、集中力の問題かもしれないので、頑張ってもらいたい。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2014年12月18日(木)
 来週の出走を予定するウイントゥモローは、昨日17日(水)に坂路コースで1週前追い切りがかけられました。単走で前半はゆったりとしたペースで入る形になりましたが、しまいはしっかり追われて、4F57秒0、ラスト1F13秒5という時計をマークしています。
 担当の駒崎調教助手は「今回の負い切りから、新たにブリンカーを装着しています。効果のほどはまだ分かりませんが、今のところレースでも着用する予定ですから、これが刺激になってくれるといいですね。馬のほうは相変わらず順調ですし、中2週でもしっかり追い切ることができたということは評価できるのではないでしょうか」と順調を語っていました。
 なお、追い切り明けの本日18日(木)は運動のみで様子が見られていました。次走は、来週の阪神日曜6Rダート1800mに松山騎手で出走する予定に変更はありません。

2歳馬
ジラソーレは今週、阪神で出走です。馬がだいぶしっかりしてきたようで、17日の追いきりでは終い脚を伸ばしました。少しずつ前進して、今度こそいいところを発揮できるレースになるよう願っています。距離も短いほうがよいと思われるので、今度こそ1桁着順、いや、掲示板くらい確保してくれれば。馬体が戻ってきたのもよい傾向です。頑張って次につながるレースをしてほしい。
カルミナは栗東近郊の牧場で調整中。チャカチャカしてきたのは元気が出てきた証拠とのこと。飼い食いもスピードこそ遅いものの全て平らげるようになってきているというので、状態は上向きなのでしょう。小柄な牝馬で非力だったので、しっかり飼い葉をたべて体力をつけ、復帰戦にのぞんでほしい。
ティアラは年明けの中山での出走を目指して調整中。小柄な馬でレース後、飼い食いが落ちて馬体がなかなか戻らない傾向があるようです。それでも走る馬なので心配ないと先生のコメント。そう、小柄だけれど切れる脚はあるはずなのですが、前走はそれを発揮できず後退。まあ非力なのは仕方がありません。少しずつ体力をつけて行ってほしい。やはり小柄な馬はマイナスなのかなぁと、今年は馬格のある馬に出資したつもり(苦笑)次走は1月11日の中山、芝2000mに石橋騎手でのぞみます。ずっと競馬場ヘ生応援に行っていないので、チャンスがあれば行きたいのですが、惨敗して帰ってくることを想像するとなかなか決心がつきません(汗)それでも一度も生応援ができていない2歳馬のレースに行きたいな。来年は3歳ですが、さしあたってそれを理由に東京へ出てみようかなと思っています。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 2014年12月18日(木)
 今週の出走を予定しているウインジラソーレは、先週末14日(日)に坂路で4F55秒3、ラスト13秒4という時計を単走でマークしています。
 そして昨日17日(水)はニューポリトラックコースで併せ馬の最終追い切りがかけられました。2歳新馬アンブローザを2馬身半ほど先行させてスタートし、残り4F地点で内から並びかけ併せ馬となると、直線は両馬とも馬なりのまま脚を伸ばし、最後はアタマ差ほど先着したところがゴールでした。時計は6F69秒1、ラスト1F11秒7でした。
 梅田智調教師は「帰厩した頃は馬体が減っていてどうかと思った時期もありましたが、先週あたりから順調に体を増やすこともできていますし、動きも少しずつではありますが、良くなってきた印象です。スピードがある馬なのでこの条件は合うと思いますし、次に繋がる走りをして欲しいと思っています」と控えめながらも期待を語っていました。
 なお、追い切り明けの本日18日(木)は引き運動のみで楽をさせてもらっており、午後の出馬投票では、今週の中京日曜6R芝1400mに国分恭騎手とのコンビで出走が確定しています。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日 2014年12月18日(木)
 滋賀県・栗東の島上牧場にて調整中。引き続き、ウォーキングマシンを90分消化しています。
 担当者は「最近はウォーキングマシンに連れていく際にチャカチャカとした仕草を見せるようになりましたし、いい意味で元気が出てきました。カイバは食べるスピードこそゆっくりですが、最後はしっかりとカイバ桶を空にしていますし、食欲についても問題ありません。この時期としては、毛ヅヤも良好ですよ」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日 2014年12月18日(木)
 年明けの中山開催を目標にしているウインティアラですから、今週は軽めの調整を行っています。昨日17日(水)は南馬場の角馬場からWコースをキャンターというメニューを消化し、本日18日(木)は軽めの乗り運動を行っていました。
 手塚調教師は「レース後はカイバを食べなくなりますが、その後は少しずつ回復してくるんです。ただ、数字はあまり増えませんね。ただ、元々、体高も低いですし、サイズが小さい馬ですから、数字は今後も大きく増えてこないと思います。でも、それで走れるんですから、特に心配ないですよ」と馬体重はあまり気にしない様子でした。
 なお、次走は1月11日、中山日曜6R芝2000mに石橋騎手で出走を予定しています

Posted by sachi at 09:28 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

2歳馬
ドルチェは前走後、ソエを痛がっていたことが分かりましたが、無事運動を再開とのこと。飼い葉もしっかり食べているようで何より。とはいえ今は無理をしないほうがよいとの判断で、ここでいったん放牧となりました。まだ2歳のこの時期なので、大事に使ってくれるほうがいいでしょう。しっかり養生して出直しですが、レースを経験したことで復帰後はもっとスムーズな競馬ができるといいな。

ドリームドルチェ [入厩馬 / 根本康広厩舎]  ■2014/12/18
美浦トレセンに滞在中。前走後はレースに使ったダメージもそれ程感じられず若干ソエを気にしていますが元気にしており、まずは無事に運動を再開しています。根本調教師は「前走ではぎこちない走りで心配しましたが、厩舎に戻り確認したところソエが出ていました。その他はすこぶる順調で飼葉もしっかり食べています。この状況であれだけのレースが出来ているので、今は無理をしない方がいいのでは無いかと見ています」とコメントしていました。そこで根本調教師と今後の事について相談したところ、同馬に将来性を感じているので現状は無理をせず一旦放牧する事となりました。

Posted by sachi at 09:27 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン1歳馬近況

コスモクリスタル13に出資したままずっと募集馬の様子を見ていたのですが、もう1頭、年内にと駆け込み出資しました。400口の1口なので金額は大したことありませんが、年末のコメントがよければ出資しようと思っていた馬です。現段階でちょっと褒めすぎの感もありますが、今年好調なキンシャサノキセキ産駒でもあり、ステイゴールド産駒にやや飽きてきて違った系統の馬に出資したくなりました。距離はもたないかもしれませんが、馬格もあり、走ってくれれば嬉しい。そこそこ楽しめる馬であってほしいと願っています。

コスモクリスタル13はCVFで育成中。乗り込みは一段落して、今は昼夜放牧とのこと。動きが重いとか疲れがたまりやすいとか、やや不安なコメントもありますが、この放牧で馬が成長してくれることを願っています。ヴィクトワールピサの産駒は初めてですが、母父ラヴなのでやはり短距離馬かもしれません。鹿戸厩舎の馬には以前から出資したかったので、素質を伸ばしてくれるよう先生の腕に期待しています。
オートキュイジーヌ13は生まれが1月と早いので馬体がしっかりしているのは当たり前かもしれませんが、バランスもよく、どのように成長してくれるか見てみたい馬。このところ調教の動きが目立っているとのコメントに背中を押されました。坂路での動きが目立っているのは、やはりダート短距離馬でしょうか。早期デビューで楽しめれば言うことありませんが、単なる早熟ではないことを願っています。(オートキュイジーヌ13はこれまでの近況を一挙に転載しておきます)

▼コスモクリスタルの13……父 : ヴィクトワールピサ / 母 : コスモクリスタル / 牝 / 美浦・鹿戸雄一
更新日 2014年12月17日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。乗り込みを一段落して、昼夜放牧を行っています。担当者は「相変わらずまだ疲れが溜まりやすいため、放牧で成長を促しつつ進めています。それでも、休養前に坂路で少し速いところを乗った時の動きは良いものがありましたし、素質は高そうです」と話していました。

▼オートキュイジーヌの13……父:キンシャサノキセキ / 母:オートキュイジーヌ / 牡 / 栗東 ・中村均厩舎予定
更新日 2014年12月17日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を切り上げ、坂路1本のメニューで乗り込みを進めています。担当者は「少し気持ちが入りやすいところがあるので、坂路調教では前に馬を置いて落ち着いて走れるように工夫しています。それでも短距離馬らしく、テンからスピードに乗れるのはこの馬の持ち味で、現時点ではトップクラスと言ってもいいほど調教の動きは目立っています。2歳戦から期待できる馬だと思います」と話していました。

更新日 2014年11月19日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。担当者は「坂路入り直後から動きの良さが目立っていた馬ですが、放牧地でも力強く走り回っています。馬体が大きく、骨太で恵まれた体格なのも動きの良さに繋がっているのでしょうね。そして今は放牧効果もあり、さらに馬体が成長してきたように感じます」と話していました。

更新日 2014年10月15日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。中間に昼夜放牧を挟み、坂路1本のメニューで乗り込みを再開しています。担当者は「馬体に幅があり、今の時期としてはしっかりとした体つきをしています。それでいて脚捌きには硬さもなく、坂路調教でもよく動けています。ゲート練習は始めたばかりですから、立ち上がって驚いたりすることもありますが、練習を重ねて慣れてくれば問題ないでしょう」と話していました。

更新日 2014年9月17日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。馴致を終え、坂路でのスクーリングを行っています。担当者は「坂路入りにもだいぶ慣れ、今は駈歩程度のスピードで坂路を上がっています。ハミをかけ過ぎるとトモを落としたりするなど、まだ走りに不慣れなところは残りますが、これから徐々に矯正していきたいところです。初めてのことも恐れない、いい度胸がある馬ですよ」と話していました。

更新日 2014年8月20日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を切り上げ、昨日19日(火)から初期馴致を開始しています。担当者は「今春に生産牧場から引き取った際の元気の良さにはまだ戻りきっていない様子です。まだ体力が十分に備わっていないことがその原因なのでしょうが、それでも一番元気がない時期と比較すると、最近は目に輝きが出てきたように感じます。きっとこれから調子を上げてくれると思います」と話していました。  体高159.8cm。

更新日 2014年7月16日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を行っています。担当者は「一時期、トモがクタッとしたこともありましたが、今は問題なく調整できています。ただ、まだ体力が付ききっていないのか、多少疲れている様子もあります。放牧地での様子を見ても性格は強いタイプですし、この先はうるさくなってきそうです」と話していました。

Posted by sachi at 08:52 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 16, 2014

セゾン外厩馬近況

4歳馬
リヴァールはセグチでダートトラックを中心に調整中。落ちていた飼い食いも戻って来たようで、状態は上向きになりつつあるとのこと。復帰は来年の東京開催を視野に進めていくようです。体質的に弱いところがある馬でなかなかコンスタントに出走できませんが、この馬なりの脚を発揮できる条件でもう少しまともなレースをさせてやりたいもの。状態がしっかりしてくれば可能かと思います。

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2014/12/15
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクと軽めのキャンターで乗り込まれています。牧場到着後は飼葉食いが良くないことや状態も思わしくないことから舎飼いにて様子をみていました。担当スタッフは「こちらに到着後は飼葉食いが良くなく同馬なりの元気が無かったので、舎飼いにて様子をみていました。徐々にですが飼葉食いもよくなりつつあり、状態も上向き傾向にあるので本日より乗り出しています。夏季は鼻水で秋季は鼻出血と状態的には不安定なところはありますが、前走ではいいところを見せてくれていますので良い状態にして厩舎に送り出したいですね」とコメントしていました。トレセン内で飼葉食いが減ったことで心配しましが、徐々にではありますが回復の兆しが見えてきたことはよい傾向とみています。現時点では来年第1回東京開催を視野に入れて進めていきます。今後は同馬の状態に合わせて調整していく予定です。現在の馬体重は455kgです。

5歳馬
ハピネスもセグチで調整中。この馬なりに状態は良くなってきたようで、年内は疲れをとることに専念し、年明けから乗り込みを始めるようです。このまま500万下で競走馬生活を終えるのでしょうが、春までにせめてあと1〜2回は掲示板に載るくらいの走りを見せてもらいたい。そこそこの価格だったので、それでも元は取れませんが、この馬なりにいい状態で終わりを迎えて欲しいです。ダート馬なので引退後は地方かな。

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/12/15
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。寒い時期ですが同馬なりに毛ヅヤも良好です。担当スタッフは「ショックウェーブ治療を施したところ硬い体も徐々にほぐれてきました。状態としては上向き傾向にあると見ています。ここは焦らず年内はいい状態をキープして疲れを取っていきます」とコメントしていました。早めの治療で体の硬さも解消したことは良い傾向と見ています。今後は年内は現状の状態をキープしながら疲れを取り、来年に向けて態勢を整えていく予定です。 現在の馬体重は518kgです。

Posted by sachi at 09:57 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 15, 2014

サヴァラン帰厩


金曜の更新を忘れていました(汗) 12月20日のクリスマスカップへの出走を目指しているサヴァランは、先週土曜に美浦に帰厩。移動後も順調に乗り込まれているようです。帰厩してから出走までちょうど2週間。仕上がりは早いほうだと思うのですが、それでもいつもパドックで乗り込み不足と言われます。鉾田での調教より厩舎で乗り込んでもらったほうがずっといいに決まっているのに、いつもギリギリで戻される…… あと1週間でも早く戻してくれないものか。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年12月12日(金)
マイネサヴァランは、6日(土)美浦の清水英克厩舎に入厩しました。トレセンに移動してからも順調に乗り込まれています。20日(土)中山のクリスマスC・芝1200mが目標です。

Posted by sachi at 05:07 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬出走結果レポート

ドルチェが5着と案外な結果に終わったのは、どうも距離というよりソエが出て痛かったようです。ちょっと安心したものの、勝てなかったのは残念。それより途中ガクンときたというのが気になります。ソエはいずれ落ち着くものなので、どこか痛めているわけではないことを祈ります。これでいったん休養かな。来春でもよいのでソエがよくなってからスッキリ勝ってほしいものです。

ドリームドルチェ [入厩馬 / 根本康広厩舎]  ■2014/12/15
12/13(土)中山競馬第3レース、2歳未勝利、ダ1800m、16頭立て、7枠13番、丸山元気騎手騎乗で出走し、5着でした。
まずまずのスタートを決めると、徐々に進出を開始して3、4番手辺りに付けてレースを進めます。その後はバリュープランがハナへと立ってレースを引っ張り、1000mの通過を63.5秒とよどみの無い流れを形勢します。そんな中同馬は、道中の追走は折り合いを欠く事もなく先頭を見ながら前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し徐々に馬群が凝縮してきます。同馬も内を通って4、5番手辺りから4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると前走のような鋭さがありません。勝ち馬等を捉えようと最後まで懸命に鞍上が追いますが前の勢いも止まらず、結局勝ち馬から0.4秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-2kg、494kgでした。騎乗した丸山騎手は「ソエだと思いますが脚元を気にしてレースに集中していませんでしたので追えませんでした。現状、トモが緩いのにあれだけの競馬が出来ていますので、脚が良ければ突き抜けていました。将来性を感じる馬なので今は無理をしない方がいいと思います。申し訳ありませんでした」とコメント。根本調教師は「あまりにもスタートが良かったので気持ち良く出て行きましが、200m程過ぎた付近で馬がガクンとなりそれからは追いづらい状況となりました。同馬も手前を替えながらがんばったのですが、ソエだと思いますが痛くて走りに集中出来なくなったと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。

Posted by sachi at 05:01 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 13, 2014

ドルチェ……

距離が長すぎたという感じもあまりなかったのですが、やはり距離かなぁ。
前走では3着だったもののかなり強い馬だと思ったのだけれど…… 
1番人気に応えられず残念。パドックでもなんとなく、前回より覇気がない気がしました。
でも、まあ掲示板は確保したし、敗因はコメント待ちです。

12月13日(土) 中山3R 2歳未勝利 ダート1800m 天気:晴 馬場:稍重 10:50発走
5着 7枠 13番 ドリームドルチェ 牡2 55.0 丸山 1:57.1 3/4 1/16人気 3.3 40.5 (美浦)根本 494(-2)

Posted by sachi at 11:33 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ドルチェ、頑張れ〜!

外枠になりました。距離も持つかどうか心配ですがが、ここは何としても頑張ってもらいましょう。
丸山騎手、頼んだよ!

12月13日(土) 中山3R 2歳未勝利 ダート1800m 16頭立 10:50発走
1 1             トップオブザツリー 牡2 55 丸田 蛯名 442(0) 43.5 13
1 2             ダイチ 牡2 55 北村宏 石毛 496(-2) 29.5 11
2 3 △           ビレッジカリビアン 牡2 55 内田博 高橋文 502(+4) 11.7 6
2 4 △         ◎ トーセンリバティ 牡2 55 戸崎圭太 上原 526(+4) 8.5 4
3 5 ☆           コスモムルジム 牡2 55 柴田大 粕谷 468(0) 5.6 2
3 6             コスモブレイクスル 牡2 55 丹内 菊川 476(-2) 92.1 16
4 7             ライトザライト 牝2 51 石川 高市 470(+2) 9 5
4 8             ミスタービン 牡2 55 石橋脩 武市 464(+6) 49.3 14
5 9             アポロクラウド 牡2 55 ブノワ 堀井 492(+22) 32.6 12
5 10           ▲ トゥーハーツシチー 牡2 55 松岡 松山 486(-2) 14.7 7
6 11             ポントス 牡2 55 大庭 蛯名 454(+6) 52 15
6 12             バリュープラン 牡2 55 横山和 小野次 460(-4) 17.2 9
7 13 ○           ドリームドルチェ 牡2 55 丸山 根本 494(-2) 4.4 1
7 14 △         △ ロックキャンディ 牝2 54 柴山 土田 478(-2) 17.2 10
8 15 ▲         ○ トーセンアスリート 牡2 55 菅原 成島 466(-2) 16.2 8
8 16 ◎           ドラゴンパイロ 牡2 55 吉田豊 大久洋 534(+2) 6.5 3
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 10:41 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 12, 2014

今週の調教時計

今週出走のドルチェと、来週出走のサヴァラン、ジラソーレ、ハッピーキャップが時計を出しています。

ドリームドルチェ
12/10 丸 山 美南D/良 68.8 53.5 38.9 12.4 4 一杯に追う
 ニシノソラカラ(古500万)一杯の内を0.6秒先行0.4秒先着
マイネサヴァラン
12/10 助 手 美南W 良 68.9 53.2 38.9 13.2 7 強目に追う
12/7 助 手 美南P 良 56.5 40.4 12.5 6 馬ナリ余力
ウインジラソーレ
12/10 助 手 栗東坂 良 57.1 41.4 26.6 12.9 一杯に追う
 マイネルフレスコ(古500万)馬ナリを0.1秒追走同入
ハッピーキャップ
12/10 助 手 栗 CW・良 84.5 - 69.3 - 54.8 - 40.9 - 13.4 [9] 追って一杯
 ディルフィン(新馬)一杯の外を1.2秒追走3F併0.4秒先着
12/7 助 手 栗 坂 1 回-62.2-45.8-30.6-14.8 馬ナリ余力

ドルチェは一杯に追って終い12.4秒と、引き続き好調を維持しているようです。ただラヴ産駒ですが行き脚、二の脚が速くないので、今週は1800mのレースに。距離が持つかどうか不安ではあるものの、うまく脚を使っていい結果を出してほしいものです。
サヴァランは来週のクリスマスCに目標を定めています。去年まではもっと距離があったのですが、今年は芝1200mに。来春で引退になる前に、ここで勝ってくれるととっても嬉しいのですが、準OPの相手は決して侮れません。何とか掲示板くらい確保してくれればというところかな。
ジラソーレは少しずつ走りがしっかりしてきたように思います。復帰戦はこれまでのように不甲斐ない競馬ではなく、少しは見どころのあるレースをしてほしいな。
ハッピーキャップもデビューはしたものの残念な結果ばかりでしたが、休養をはさんだことで成長していてほしい。とはいえ一杯におってこれでは、まだまだ時間がかかりそう。見捨てられないよう、頑張れ!

【出走確定】
12月13日(土)
ドリームドルチェ 中山3R 2歳未勝利 ダート1800m 16頭立 7枠 13番 丸山元気騎手 10:50発走

Posted by sachi at 03:02 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

2歳馬
グランノーヴァは改めてレントゲン検査をしたところ、左前第一指骨の剥離骨折が判明とのこと。球節ではなかったものの、ボルトで固定する手術を行うはめに。あ〜〜痛がっていたので骨折だろうとは思っていましたが、ボルトで固定となると休養も長引き、復帰できるのは半年後。まだ12月なので半年後といえば6月です。まだ未勝利戦はあるとはいえ、この休養はかなりの痛手になりそう。残念ですが、こればかりは仕方がありません。デビュー前のアクシデントで手術といえば、思い出すのはアルビオンの開腹手術。でももっと早い時期のことで、12月にはデビューできたのです。今から6ヶ月は辛いなあ……
ハッピーキャップは来週か再来週の阪神での出走を目指しています。ただ気性に問題が出て来たようで、急に立ち上がったり馬場入りを拒んだりするようになってきたとか。同じマンカフェ産駒のサヴァランはそんなことなかったのですが、これは困りものです。コメントのように体力的に余裕が出てきた証だとよいのですが、もともと非力でこれまでのレースでよいところがなかったので心配。何とか落ち着いてくれるよう願います。
グランビスキュイはゲート難で練習を積んでいるものの、あまり効果が出ているとはいえないのが実情。ゲートに縛りつけても、まだ観念しないようです。そこでゲート矯正を専門にやっている牧場へ出ることに。やれやれ、これでデビューがまた遅くなりますが、無理やり進めても良いことはないでしょう。馬が早く納得してくれて、デビューまでこぎつけられるよう祈るばかりです。今年ノノルマンディー馬はどの仔も難点ばかりで、早くもガッカリ。せめて1頭くらい、有望な馬がいてほしい。

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎
2014/12/12 (ミホ分場)
★ミホ分場に移動後、一週間が経過して改めてレントゲン検査をおこなったところ、左前第1指骨の剥離骨折が判明いたしました。そのため、本日中に美浦トレセンに入厩して明日13日(土)に診療所で螺子固定術(ボルトによる固定)の手術を施すことになりました。
「一週間経って、見立てとは違う箇所の骨折が判明いたしました。デビュー戦を直前に控えてのアクシデントで、出資されている会員様には大変申し訳ありません。骨折線が開いたままの保存療法よりも、ボルトで固定する手術を施した方が骨折が早く治癒し、休養期間が短縮されて結果的に早く復帰することが可能と判断しましたので、トレセン内の診療所で手術をおこないます。全治6ヶ月以上の見舞金対象の診断が予想されるためデビューは遅れてしまいますが、初戦から重い印が並んでいたであろう素質の高い馬ですので、何とか早く競走復帰をさせられたらと思います」(国枝栄調教師)

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎
2014/12/11 (栗東トレセン)
10日にWコースで6ハロンから1.2秒追走して併せ、84.5-69.3-54.8-40.9-13.4を一杯に追い切りました。「終いこそ余裕はなくなりましたが、育成場でもしっかりと乗り込んでもらっていたこともあり、すぐに競馬に使えそうな雰囲気です。来週の追い切り次第ですが、来週と再来週に組まれている阪神の芝1600m戦に向かおうと思っています。以前は見られなかったのですが、急に立ち上がったり、馬場入りをゴネるようになってきました。良く言えば、体力面で余裕が出て気合が乗ってきたとも言えるのですが、イレ込んでいるとも取れるので注意しながら調整していきます」(鈴木孝志調教師)

▼グランビスキュイ……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎
2014/12/11 (栗東トレセン)
「この中間もゲート練習主体に進めていますが、角馬場や坂路では落ち着いて調教できていて人に対しても従順なのに、ゲートではやはり馬が嫌悪感を示してしまい入りや駐立を拒みます。今日もゲート内に縛り付けて試みましたが、座ってしまって動こうとせず練習になりませんでした。昨日の練習時には、前扉に突進して騎手を振り落とすアクシデントがありましたが、前回のように無理に進めれば怪我をさせてしまう恐れもありますし、デビューが少し先になるデメリットはあっても、一旦、ゲート矯正を専門的にやっている牧場へ出すことを検討しています」(松永昌博調教師)

Posted by sachi at 03:01 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
トゥモローは前走、距離ロスがひびいてシンガリ負けとなったのは新人騎手の騎乗のせいとの判断で幕ですか…… その後はダメージもなく順調に乗り込みを再開したようで、その点は何より。権利がないので次走は出走しやすいダートに転換とのこと。しかし距離1800mに短縮はよいとしても、ダートで本当に結果がよくなるのなぁ。どうしてもダート馬とは思えないのですが、そこは調教師の判断なので仕方なし。中2週で出走できるようなのでOKとしなければ。28日は今年最後の競馬です。よい締めくくりとなってくれるよう願っています。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日  2014年12月11日(木)
 先週の中京「栄特別」では、終始外々を回らされる距離ロスが響き、大敗に終わってしまったウイントゥモロー。西園調教師は「新人のジョッキーなので、指示に対してまだ柔軟に対応できない部分があったのでしょう。でも、もう少し臨機応変に乗ってほしかったですね。あれだけ外を回すロスがなければもう少しやれていたでしょう」と前走の敗戦を悔やみます。
 前走後はダメージもなく順調で、本日11日(木)からは坂路を楽走で1本のメニューで乗り込みを再開しています。
 同調教師は「権利を外してしまったので、近いうちの芝のレースは出走が困難でしょうし、次は比較的出走しやすいダート戦を目標に進めていきましょう」と語り、次走は中2週で、12月28日、阪神日曜6Rダート1800mを松山騎手とのコンビで出走を予定しています。

2歳馬
ジラソーレは休み明け初戦に中京を選んだようです。状態はこの馬なりに少しずつ良くなっているとのことですが、やはり非力さは抜けていないので、どれくらい前進できるか。今週ではまだ乗り込み不足のため、もう1本追って来週の出走が目標になりました。これまで1600m、1200mと使ってきたので1400mはよいでしょう。中京小回りがあっていて、少しは前進できるといいなあ。でないとそうそうに引退ということになりかねません。何とか掲示板くらい確保してほしいのですが、二桁着順だけは避けてほしい。
カルミナは栗東近郊の牧場で調整中。ウォーキングマシン中心の軽めの運動ですが、脚元、体調に気になるところはなく、順調とのこと。飼い葉もしっかり食べているようで、この休みに一回り大きくなって復帰してもらいたいもの。とはいえまだまだ力不足と思われます。うまく成長してくれるよう願っています。
ティアラはよい所があるとはいえ、前走の着順はデビュー戦より後退してしまいました。悲観する内容ではなかったという先生の言葉を信じて、次走を待ちますか。その次走は、年明けの中山になりそうです。それまで在厩で調整してもらえるのはありがたい。馬体重も減っているし、ちょうどよい間隔になることを祈って、ここは地力強化に努めてもらえるでしょう。レース後に少し落ちた飼い食いもその頃には戻って馬体が回復しているよう願います。年明けに勝てるといいなぁ。手塚先生は信頼できるいい調教師だと思っています。次走まで、またよろしくお願いします。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 2014年12月11日(木)
 休み明け初戦に向けて調整を続けているウインジラソーレは、昨日10日(水)に坂路で併せ馬の追い切りがかけられました。古馬500万下マイネルフレスコとほぼ同時にスタートし、前半2Fはハロン15秒ペースで進め、ラストでペースアップするといった内容でしたが、手応えこそ劣勢になりつつもラスト1Fは12秒9としっかりとした脚を使って併入でフィニッシュしています。
 担当の熊沢厩務員は「動きはこの馬なりに少しずつ良くなっていますし、まだこれからも上向いてきそうな感じ。ただ、まだ体力面では物足りなさも感じますけどね。それでも、なかなか増えなかった馬体重も今週の計量では444キロと増えてきたのも好材料です」と状態を説明します。
 また、「厩舎に来てからあまりにも冬毛が伸びていたので、この中間は毛を刈りました。そうすると見映えが良くなりましたし、これで余計な汗をかくこともないので馬服も着せられるようになりました」と話します。
 また、梅田智調教師は「今週ではまだ乗り込み不足ですし、もう1本追って、来週のレースへ向かいましょう」と話し、来週の中京日曜6R芝1400mに向かうことが決まっています。
 なお、追い切り明けの本日11日(木)は厩舎周りの引き運動で調整されていました。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2014年12月10日(水)
 滋賀県・栗東の島上牧場にて調整中。引き続き、ウォーキングマシンを90分消化しています。
 担当者は「相変わらずウォーキングマシン運動のみの軽め調整ですが、脚元、体調面とも気になる箇所もなく、順調そのものです。カイバも与えた量はしっかりと平らげてくれますし、まったく心配ないですね。この休養が今後の成長に繋がることを期待しています」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日 2014年12月11日(木)
 先週の中山では、外枠で距離ロスがあり、勝負どころから手が動いてしまったウインティアラ。それでも、直線はまた盛り返して脚は使っていますし、枠が内だったらもっと差は詰まっていたはずです。
 手塚調教師も「決して悲観する内容ではなかったと思います。この距離で牝馬限定戦があれば、すぐに勝ち負けになるはずですよ」とティアラへの評価はまったく落ちていません。
 レース後は、カイバ食いが少し落ちているものの、脚元などにはダメージはなく、このまま在厩で続戦が決まっています。昨日10日(水)から乗り始め、本日11日(木)も角馬場で乗り運動を行っていました。
 なお、次走はどのくらいの間隔で出走できるかどうかですが、年明けの中山開催での出走が有力となっています。
 同調教師は「間隔はあきますが、馬体回復の面で考えたらむしろプラスだと思いますよ。状態面ではまだ上積みはありそうですから、年明けに勝てるよう、しっかり調整していきます」と話していました。

Posted by sachi at 02:39 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

2歳馬
ドルチェは今週土曜の中山で出走です。前走は行脚がつかず、追いつくのに脚を使った感があり、そのわりに最後も頑張ってくれたのですが、次走はさらに距離が伸びて1800mとなると、どうかなぁ。ラヴ産駒でこの距離までもつ馬は少ないので少々心配ではあります。が、今はレースに慣れることも必要。ダート出走は足元を考慮しての選択なので、その判断が吉と出ることを祈ります。もし年内に勝ってくれると、とっても嬉しい。ラスト12秒4の時計はなかなかだと思います。鞍上も強化されるし、馬の先生も勝負気配か? 頑張れドルチェ!

ドリームドルチェ [入厩馬 / 根本康広厩舎]  ■2014/12/11
12/13(土)中山競馬第3レース、2歳未勝利、ダ1800m、16頭立て、丸山元気騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午前10時50分です。
12/10にはダートコースにて最終追い切りを併せ馬で消化しています。5ハロン68.8秒、3ハロン38.9秒、ラスト1ハロン12.4秒の時計を一杯でマーク。併せたニシノソラカラ(古500万、一杯)の内を0.6秒先行し0.4秒先着しています。根本調教師は「古馬との併せ馬での追い切りでしたが、調教の状況からは同馬としての出走態勢は整ったと見ています。将来性を感じていますので脚元を考慮してダートでの出走ですが、1度レースにて経験していますし前走はなかなかの脚を披露してくれていますので、同馬の実力を存分に発揮して欲しいですね」とコメントしていました。ご声援ください。

Posted by sachi at 02:38 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 10, 2014

ノルマンディー馬臨時更新

グランノーヴァはレントゲン検査でうっすらと線のような影が見られたとのこと。しかし骨折線かどうかまだ断定できないので、来週中に再度検査を行うようです。残念ですが、おそらく骨折線でしょう。となると、デビューは来春になってしまいそう。軽症であるのを祈るしかありません。

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎
2014/12/6 (ミホ分場)
「今朝、診療所で再度レントゲン検査をおこなったところ、患部に薄っすらと線のような影を確認しました。現時点でそれが骨折線とは判断できないため、予定を変更して一旦、トレセン近郊のミホ分場に移動し、来週中にもう一度レントゲン検査を診療所でおこないたいと思います」(国枝栄調教師)

Posted by sachi at 09:49 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 07, 2014

トゥモロー、まさかのシンガリ負け!??

う〜む、いったいどうなってしまったのか。まさかのシンガリ負けとは。

12月7日(日) 中京9R 栄特別(混) 芝2000m 天気:晴 馬場:良 14:15発走 18頭立
18着 4枠 8番 ウイントゥモロー 牡3 56.0 小崎 2:03.5 1/2 10 29.7 36.8 (栗東)西園 496(-2)

やっぱり最後にたれても逃げないとダメな馬ではないのでしょうか。前走はダートのせいかとも思っていたけど、馬に走る気がないのかも。まさか新人騎手のせいでもないでしょう? 確かに外外を回してしまった騎手は下手な乗り方をしたけれど、それだけでシンガリとは…… ちょっと待てよ。時計は勝ったレースとほぼ同じですが、勝った馬はそれより1.6秒も速い、つまりトゥモローは自分のレースをしたけれど周りのレベルが高かったということか。もちろん500万下は未勝利戦と違うものね。早くコメントが読みたいのになかなかアップされません。

【競馬場速報】
小崎綾也騎手 「前半急かし過ぎず、2、3列目の好位から」という指示だったので、その通りテンはほぼ馬の行く気に任せて運び、ちょうどいい位置に付けられそうな雰囲気だったのですが、内に潜り込むことができず、かなり距離ロスがある競馬になってしまいました。3コーナーではまだ余力もあったので早めに動けそうな感じもあったのですが、早すぎると思いジッとしていたのですが、直線に向いたあたりではもう息切れといった感じで余力がありませんでした。馬は控える形でも問題なさそうな雰囲気でしたが、今日は外を回してしまった自分の騎乗に問題があったと思います。申し訳ありませんでした。

西園調教師 指示通り2、3列目だったかもしれないけど、あんなもんいくらなんでも外を回し過ぎや。ずっと5頭分ぐらい外目を回っていたし、実際2200mぐらい走っていたんじゃないかと思いますよ。あんな外をブン回していなければ、シンガリまで負ける馬ではありませんし、ホントもったいない競馬になってしまいました。権利を外してしまったので、出走間隔は空ける必要がありそうですが、このまま厩舎に置いて調整します。

片山駿の目 スラッと線の細い馬ですが、今日はいつもより体をふっくらと見せて状態は悪くなさそうでした。前走の柴田大騎手の「控えても競馬ができそう」というアドバイスを受けて、今回はそのような形にトライしたのですが、道中はずっと外を回る競馬になってしまい、控える競馬の良し悪しを判断できないもったいない結果になってしまいました。今日はメンバーも強かったですが、ロスを抑えていればもう少し太刀打ちできたはずですし、常々レース運びが悔やまれるところです。次走は芝、ダートとどちらの番組に出走するか決まっていませんが、もう少しレースを使いつつ適性を探っていきたい気持ちです。

Posted by sachi at 04:35 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ティアラ7着

今回は多頭数だったし、こんなものかな。馬体重を維持していたのが何よりでした。

12月7日(日) 中山 4R 2歳未勝利 芝2000m 天気:晴 馬場:良 11:15発走 18頭立
7着 8枠 17番 ウインティアラ 牝2 54.0 石橋脩 2:03.6 2.1/2 8 23.5 38.2 (美浦)手塚 410(0)

まだまだ勝ち負けには遠い感じですが、成長途上なので、伸びしろもあるでしょょう。
パドックではキビキビと歩いていて高評価でした。もう少し非力さが抜けて体力がつけば自ずと着順も上がってくるはず。頑張れティアラ!

【競馬場速報】
石橋脩騎手 前回はゲートを出てから寄られましたが、スタート自体は良かったですし、今回もしっかり出てくれました。外枠ということである程度出して前で進めるつもりでしたが、あまり前半からガシガシ行き過ぎると最後に垂れると思いましたので、ジワッと進めました。ただ、1、2コーナーで4、5頭分外を回らされると距離ロスは大きいですね。さらには初めての右回りということで、ずっと外に張っていたんです。それで、少しポジションを下げてしまいました。でも、外に張るのは向こう正面からはなくなりましたから、もう心配はないと思いますよ。ある程度前も流れていましたし、人気の勝ち馬が前にいたので、一緒に動いていければ良かったのですが、その馬にはスッと離されてしまいました。あそこで持ったままで動けるようになるといいんですけどね。それでも、最後までしっかり伸びていましたし、やっぱりいいところのある馬ですよ。今日だって枠がもっと内だったら、権利は取っていたと思います。前走より状態は良くなっていましたが、まだまだ良くなりそうですから、これからが楽しみですね。

手塚調教師 あまりカイバ食いがいい馬ではないので、調整が難しいところでしたが、馬体重を減らさずに出走できたのは良かったです。でも、今日はフルゲートの外枠が響いた感じでしたね。デビュー戦は頭数も少なく、ペースも緩かったですから、今日は厳しい競馬になったと思います。それでも、最後まで頑張っていましたし、メンバー次第ではすぐに順番は回ってくるはずですよ。今後については、この距離であればそこまで間隔を空けなくても出られる可能性がありますので、在厩のまま進めていきましょう。

押田の目 手塚調教師からは先週、「400キロを切るかもしれない」と言われていましたし、馬体重の心配が頭から離れませんでしたが、ここ数日でグッと実になってきたようで、プラスマイナスゼロという発表を見た時にはホッとしました。お尻の辺りに皮膚病が出ているので見栄えは悪いですが、稽古の動きは変わらず良かったですから、良化途上の前走以上のデキだったことは間違いありません。しかし、今日は牡馬混合で骨っぽい相手もいましたし、フルゲートということで、条件はデビュー戦よりかなり厳しかったのも事実です。さらに外枠が当たってしまいましたから、この結果も致し方ないところです。それでも、ジョッキーや厩舎の評価は高い馬ですし、こういう経験を経て、力を付けていってくれればと思っています。

Posted by sachi at 01:24 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 06, 2014

ラフィアン馬近況

5歳馬
サヴァランはきょう美浦に帰厩したようです。鉾田では順調に乗り込まれ、追い切りも消化して状態はよいよう。「ひと追いごとに動きが良くなって、前走よりも仕上がりがよいとのこと。その言葉を信じたい。10日競馬ならぬ2週間競馬はラフィアンではましなほうか。福島でしか勝ち星がないので中山でどうかですが、母父ラヴは中山が向いていました。引退まで数ヶ月になりましたが、ここでもう一花咲かせたいですね。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
更新日 : 2014年12月5日(金)
マイネサヴァランは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。追い切り開始後も順調で、先日は2ハロン27.2秒をマークするなどコンディションは上々です。「ひと追いごとに動きが良くなっていて、前走前よりも一段上の仕上がりです」と主任。20日(土)中山のクリスマスC・芝1200mを目標に、6日(土)美浦に入厩します。

1歳馬
体制の変化でサヴァランからしばらく出資馬がいなかったのですが、今年は元出資馬の娘と元出資馬のラストクロップの募集で出資しないわけにいかなくなりました。この2頭は、またかと思いながら我慢出来ないところにも目をつぶるしかなさそうです。出資を後悔しない活躍を願います。
マイネルーチェ13は真歌で坂路中心に乗り込まれ、順調に調教が進んでいるようです。ペースをあげてもついていけるようで、ゲート練習も平行して行っています。以前は頑固なところがあったらしく少々心配でしたが、今は従順で扱いやすくなっているとのこと。母ルーチェはおとなしく扱いやすい馬だったはずなので母に似てきたのかな。どんな走りをするのか楽しみでなりません。
アリエルビコー13は、初出資馬ラヴのラストクロップにどうしても出資したくて、募集の2頭を比べた結果、青森産に目をつぶりこの馬に。しかし改めて冷静に見れば、母の産駒で中央の勝ち星を上げた馬はゼロ、地方でもほとんどいないとなると、走らなくても不思議はない(苦笑)それでもラフィアンが買ってきたというのは、この馬には素質があると見たからだと思いたい。実際、馬体は良いと思う。ラヴが種牡馬になって以来、産駒からGI馬が出てほしいとずっと願っていましたが、これまでのところGIIが最高。この最後の世代からも出ないのでしょうか。出資馬でなくてもいいのです。それはともあれ。アリエルビコー13はこれまでのところ順調にお稽古が進んでいるよう。15〜16にも問題なく対応でき、ゲート練習も進んでいるようで一安心。風邪のせいか鼻水が出ていたのもほぼ収まっているとのことで、これからどんどん力をつけて行ってほしい。

▼マイネルーチェの13……父 : キングカメハメハ / 母 : マイネルーチェ / 牝 / 美浦・上原博之
更新日 : 2014年12月5日(金)
マイネルーチェの13は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。順調に調教が強められていて、現在の通常メニューはハロン17〜18秒ペースのキャンター。日によっては促して15〜16秒までペースを上げています。ゲート練習では扉が開く音に慣れさせている段階です。以前は頑固な一面を見せていましたが、従順で扱いやすくなっています。(12月1日現在の近況)

▼アリエルビコーの13……父 : マイネルラヴ / 母 : アリエルビコー / 牡 / 栗東・中村均
更新日 : 2014年12月5日(金)
アリエルビコーの13は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路で乗り込まれています。ハミ受けに関してはひととおりマスターできたことを受けて、次のステップへ。17〜18秒ペースのキャンター中心のメニューを消化しています。先日、促してハロン15〜16秒まで伸ばしてみたところ、問題なく対応できていました。ゲート練習も前扉が開く音に慣れさせる段階まで進んでいます。中間、鼻水が見られる時期がありましたが、ほぼ治まっています。主任は「馬体に張りが出てきましたね」と話していました。(12月2日現在の近況)

Posted by sachi at 11:30 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬臨時更新

続戦予定だったりヴァールが除外となり、セグチへ移動しました。神経質なのか体質的に弱いのか前走後に飼い食いも落ちたようで、ただでさえ小柄な馬なのに馬体重も減る傾向になったとか。それで再び精神的なリフレッシュを兼ねてまたセグチへ放牧に。もうこの馬は諦めたほうがいいのかもしれません。なぜか愛着がある馬なのですが、1つ走っては放牧では……

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/12/06
12/5にセグチレーシングステーブルへ移動しました。特に問題なくまずは無事に到着しています。池上調教師は「前走後に若干飼食いが落ちましたが状態として問題になるところは無かったのですが、日を追うごとに飼葉を残すようになって馬体重も減る傾向となりました。精神的なリフレッシュも考慮して放牧することとしました」とコメントしていました。今後はまだ到着間もない事も考慮し、状態を確認しながら徐々に調整を進めていく予定です。

Posted by sachi at 09:08 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ティアラは大外、トゥモローは中枠に

どちらも印は薄いようです。ティアラは大外でどうかなぁ。頑張ってほしい。
トゥモローは無印。個人的には芝に戻してくれてよかったと思うのですが、今年デビューの新人騎手がどう乗ってくれるか。初勝ち星をあげたコースでいい結果を期待しています。

12月7日(日) 中山 4R 2歳未勝利 芝2000m 11:15発走 18頭立
1 1 ☆         ○ ハイオンザリスト 牡2 55 田中勝 新開
1 2           ▲ スノーフォレスト 牝2 54 黛 高木
2 3             ファルブナイト セ2 55 丸山 清水英
2 4 ▲         △ ヤマチョウタンゴ 牡2 55 ブノワ 相沢
3 5             マースクィーン 牝2 54 津村 小西
3 6             ビッグチャンピオン 牡2 55 江田照 和田雄
4 7 △           トラキアンコード 牡2 55 柴山 斎藤
4 8             キタサンアカツキ 牝2 54 丸田 小笠
5 9 △           キジャナ 牡2 55 吉田豊 尾形充
5 10 ◎           ボルドネス 牡2 55 横山典 大竹
6 11             クリノトイトイ 牡2 52 木幡初 大江原
6 12             ジカンリョコウ 牝2 54 松岡 谷原
7 13 ○           バルビエール 牡2 55 後藤 武井
7 14             ナカヤマレジェンド 牡2 55 平野 二ノ宮
7 15             アイナ 牝2 54 柴田大 中川
8 16           ◎ ニシノマジック 牡2 52 石川 奥平
8 17 △           ウインティアラ 牝2 54 石橋脩 手塚
8 18             スペキュロス 牡2 55 柴田善 南田

12月7日(日) 中京9R 栄特別(混) 芝 2000m 14:15発走 18頭立
1 1 △ ○       ビップレボルシオン 牡3 56 武豊 清水久
1 2 △ △       トーホウスマート 牡4 57 岩田 藤原英
2 3         ▲ オカホンコー 牡3 56 高倉 湯窪
2 4 ○ ◎       ゲットアテープ 牡3 56 ムーア 安田
3 5           テイエムレオネッサ 牝4 55 藤懸 柴田光
3 6           ジョウノムサシ 牡3 56 大野 加藤征
4 7           カレンヴィットリア 牡3 56 松山 平田
4 8           ウイントゥモロー 牡3 56 小崎 西園
5 9           ビキニスタイル 牝3 54 田辺 松田博
5 10 ☆         ストロベリーキング 牡3 56 酒井 崎山
6 11           エスターブレ 牝4 55 小牧 高野
6 12           ビオラフォーエバー 牡3 56 秋山 松永昌
7 13   △     ○ ベネフィットユー 牡5 57 幸 大根田
7 14 ◎ ▲     ◎ マルクナッテ 牝3 54 北村宏 谷
7 15         △ カッパドキア 牡4 57 松田 昆
8 16 ▲ ☆       トルストイ 牡4 57 戸崎圭 音無
8 17           タガノコルコバード 牡3 56 古川 藤岡
8 18   △       ホッコータフネス 牡3 56 ビュイック 西浦
(印はどちらもnetkeiba.com)

Posted by sachi at 07:10 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

2歳馬
グランノーヴァはまだ歩様が乱れていて、捻挫だとしても時間がかかりそうとのことで、ノルマンディーファーム小野町へ移動することに。骨折線は今のところ確認できていないものの、あとから現れることもあるようで、きょう再度レントゲンを撮る予定ですが、いずれにしても痛みや腫れもあり、出直しは決定的。軽傷であることを祈るしかありません。グランノーヴァもグランビスキュイもなかなかデビューにもこぎつけられませんが、頑張ってもらうしかありません。

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎
2014/12/5 (美浦トレセン)
「痛み止めの薬を飲ましてバンテージを巻いていますが、患部の腫れや状態は昨日とあまり変わりありません。午後には診療所で触診をおこないましたが、歩様もまだ乱れており、捻挫だとしても完治には少し時間がかかる見込みです。そのため、ノルマンディーファーム小野町へ明日、一旦移動します。昨日の段階では骨折線が確認されませんでしたが、時間が経過してから出るケースも稀にありますので、放牧前にもう一度、明日レントゲン撮影をおこなう予定です」(国枝栄調教師)

Posted by sachi at 07:08 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

December 04, 2014

ノルマンディー馬近況

2歳馬
3頭とも入厩はしたものの、年末になってもまだ1頭の勝ちあがりも出ていないのが残念。ま、じっくり待つしかないのですが……
グランノーヴァは馬なりで追い切ったものの、その後歩様が乱れて球節に腫れとは…… ほんとについてない馬だなぁ。レントゲンでは骨折線など出ていないとのことですが、再度レントゲン検査を行うことに。また出直しになってしまいそうですが、球節は面倒です。ここは焦らずじっくりと直してもらわないと。
ハッピーキャップは信楽牧場から帰厩。以前よりもたくましくなって戻ってきたようで、まだ緩さも抜け切らないようですが前よりはよさそう。これから負荷をかけて本格的な調教です。マンハッタンカフェ産駒はサヴァランのイメージで出資したのですが、どうも全然タイプが違うっぽい。でも何とかまともな競走馬になってくれますように。
グラビスキュイは相変わらずゲートで手こずっているよう。また座り込んで内出血など発症しないよう、今度こそ十分に注意して進めてくれているものと思いますが、どうもエンパイアメーカー産駒はこの段階で苦労する馬が多いみたい。その他の通り大器に成長してくれるのを願っていましたが、それ以前の問題でつまずいていては…… しかしいったん目覚めるとどんどん行けるタイプかも知れないと希望をつないでおきましょう。

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎
2014/12/4 (美浦トレセン)
4日にDコースで4ハロンから0.4秒先行して併せ、55.8-40.7-12.9を馬なりに追い切りました。「今朝は半マイルから馬ナリのまま良い感じの動きで併せた古馬と同入できたのですが、追い切り後に歩様が乱れて右前球節部に腫れを確認しました。痛みも出ているためレントゲン検査をおこないましたが、初診では骨折線など異常が認められませんでした。ただ、午後になっても腫れが引かずに痛がる様子も変わらないので、明日にでもまたレントゲン検査をおこなって状況をご報告させていただきます」(国枝栄調教師)

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎
2014/12/4 (栗東トレセン)
信楽牧場で中間も順調に調整され、本日4日に帰厩しました。「実際に報告は受けていましたが、以前よりも逞しくなりましたね。まだ緩さがあったりと、成長途上ではありますが、体付きが良くなってきているので思い通りの負荷を掛けていくことができそうです。次走については進めていった今後の感触で決めたいと思います」(鈴木孝志調教師)

▼グランビスキュイ……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎
2014/12/4 (栗東トレセン)
「この中間もゲート練習を中心に進めていますが、前後の扉が閉まるのを怖がって、まだゲート入りに手こずっている状況です。運動後には、狭い場所に慣れさせるためプールに入れての調整もおこなっており、今後も段階的にジックリ進めていくつもりです」(松永昌博調教師)

Posted by sachi at 09:34 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

デビュー戦3着で2走目での勝利を目指すドルチェ、今週続戦の予定でしたが除外されセグチへ移動するリヴァール、今週出走のトゥモロー、ティアラと、次走へ向けてペースアップ中のジラソーレが時計を出しています。

ドリームドルチェ
12/4 丸 山 美南D/良 70.7 55.4 40.8 13.0 8  馬ナリ余力
 スピリッツセカンド(二500万)末強目の外を1.2秒先行同入
ドリームリヴァール
12/3 助 手 美南W/稍 72.0 56.4 41.3 13.2 9  馬ナリ余力
ウイントゥモロー
12/3 助 手 栗東坂 良 56.0 41.7 27.9 14.6 一杯に追う
11/30 助 手 栗東坂 重 59.9 42.8 27.4 13.5 末一杯追う
ウインジラソーレ
12/3 助 手 栗東坂 良 57.4 41.0 26.5 13.6 一杯に追う
 アンブローザ(新馬)一杯を1.9秒先行0.1秒遅れ
ウインティアラ
12/3 助 手 美南W 稍 67.7 53.3 40.2 13.4 6 馬ナリ余力
 メローハーモニー(二未勝)馬ナリの内を0.8秒追走0.2秒遅れ
グランノーヴァ
12/4 助 手 美南 D・良 55.8 - 40.7 - 12.9 [8] 馬ナリ余力
 ダイワレジェンド(古500万)馬ナリの外を0.4秒先行同入

前走、惜しい結果だったドルチェは、今週は馬なりで軽め調整。見どころがある馬なので勝利は遠くないと思いますが、今度は距離が少し長いかも。良い状態を維持して頑張れ!
リヴァールは体力的に非力で、休み明け2桁ではコンスタントに使えないのが苦しいところ。何とかならないものか。
トゥモローは今週復帰戦。馬場のせいもあってか一杯に追ってこの時計ですが、その点は他馬も同じはず。今まで走った結果は、勝ったレースをのぞき最高が5着。せめて掲示板くらいには載ってほしいのですが…… 今回は芝に戻って、コースも勝った時と同じ中京。これで好結果を残せないと、いつ残せるか……
ジラソーレは時計を見ても非力で、大きな前進は望めませんね。
今週出走するティアラは状態よさそうで何より。今度こそいい走りで一気に勝利とまで行かなくても、せめて馬券圏内には来てほしい。
グランノーヴァはなかなかデビュー出来ませんが、今回も追い切りのあと球節をひねってレントゲン検査。軽傷だといいのですが、また出直しか?

【出走確定】
12月7日(日)
ウインティアラ 中山 4R 2歳未勝利 芝 2000m 石橋脩 54.0 11:15発走 18頭立
ウイントゥモロー 中京9R 栄特別(混) 芝 2000m 小崎綾也 56.0 14:15発走 18頭立

Posted by sachi at 09:15 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
トゥモローは今週、中京で出走です。追い切りはいつも通りというか、あまり時計は出ていませんが、まあこんなものでしょう。きのうは重い馬場だったとのことで、さらに時計はでていません。それでも担当者によれば息の入りもよく状態は良さそうとのこと。相性のよい中京コースだし、これまでもどかしい結果ばかりでしたが、そろそろ走リごろと思いたい。とはいえ多頭数になってしまい、これまでとあまり変わらないかもしれません。500万下でいつまでもウロウロしてもらっては困る馬なのですが、まあ今回は最低限、掲示板を確保してくれれば。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2014年12月4日(木)
 今週の出走を予定するウイントゥモローは、先週末30日(日)に坂路でしまい重点の追い切りがかけられ、4F59秒9、ラスト1F13秒5というタイムをマークしています。
 そして昨日3日(水)は最終追い切りに臨んでいます。先週末と同じく坂路コースでの単走追い切りでしたが、この日は重たい馬場コンディションで、後半の時間帯に行われたため、4F56秒0、ラスト1Fは14秒6としまいは時計を要しています。
 担当の駒崎調教助手は「かなり馬場が悪く走りづらい状態でしたし、しまいは時計が掛かってしまいましたが、息の入りはすごく良かったですし、状態も相変わらず良さそうです。馬体重も変わりありませんし、特に心配はありませんよ」と順調を説明します。
 また、「中京コースは相性がいいのか、今までの2走とも悪い走りはしていませんからね。前走のようなハナ争いに加わって絡まれて撃沈という競馬ではもったいないですし、控えても競馬ができる馬なので個人的にはそういう作戦も面白いかなとは思っています。頭数がこれだけ集まったのは意外でしたが、いい走りを見せてくれることを期待しています」と意気込みを語っていました。
 なお、追い切り明けの本日4日(木)は引き運動の調整が行われ、午後の出馬投票では、今週の中京日曜9R「栄特別」芝2000mに小崎騎手とのコンビで出走が確定しています。

2歳馬
ジラソーレは相変わらずのようで、以前と比べて「ちょっと良くなっている」程度らしい。馬体もなかなか増えてこず、なんとか440キロ台にというのが目標。ということは依然として非力なのでしょう。出走は、もう少し乗り込んで状態アップしてからかな。マツリダゴッホ産駒はパワフルだろうと思って出資したのに、この結果はどうもいけません。ま、すべて自己責任だけど。
カルミナは栗東近郊の牧場で調整中。前走後のダメージは少し合ったようですが、異常なしとのことで、すぐ軽めの運動を開始。この馬も非力なため、じっくり進めて成長を促すのが目標に。当面はリフレッシュさせてから徐々にペースアップする予定。急に冷え込んできたこともあり、焦ってやる必要もないでしょう。復帰は早くて年明け以降になるでしょう。一回り成長して戻ってきてほしいものです。
ティアラは今週、2走目を迎えます。動きは引き続きよいとのことで、前走を踏まえ、今回は持ち前の力をもっと発揮できる走りを期待します。ただしこの馬も馬格がなく、前走も細かったのですが、おそらくマイナス体重で出走になるとのこと。開幕週の中山なら馬場もまだ荒れておらず、この馬にはよいと思われます。2歳馬3頭のうちせめて1頭くらい、なんとかスパッと勝ってくれないものか。石橋騎手、よろしくね!

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 2014年12月4日(木)
 次走へ向けてペースを徐々に上げているウインジラソーレは、昨日3日(水)に坂路で帰厩後初追い切りがかけられました。2歳新馬アンブローザとの併せ馬で、ジラソーレが2秒近いリードをもらって先行し、残り2F標識のところで相手に並びかけられてペースアップすると、最後の追い比べでは僅かに半馬身ほど遅れを取ってゴールとなっています。時計は4F57秒4、ラスト1F13秒6でした。
 担当の熊沢調教助手は「動きはまだ目立ちませんが、以前いた頃と比較するとちょっと良くなっていますね。カイバも相変わらずよく食べてはくれます」と順調を語りますが、一方では「ただ、体重自体は先週からなかなか増えなくて・・・。あと10キロほど増やしてなんとか440キロ台にはもっていきたいところなんですが」と悩みを明かしていました。
 また、梅田智調教師は「昨日の追い切りは北海道出張中だったため見ることができませんでしたが、動きはまだ物足りなかったようですし、来週か再来週あたりといった感じでまだ番組は決めずに状態を見極めて判断していきたいと思います」と話していました。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2014年12月3日(水)
 滋賀県・栗東の島上牧場にて調整中。ウォーキングマシンを90分消化しています。
 担当者は「前走後すぐにこちらへ移動しましたが、多少のダメージはあったものの、特にこれといって問題のない状態でした。獣医師のチェックでも『異常なし』との診断が出ていますし、すぐに軽めの歩行運動を開始しています。大久保龍調教師からは『成長を促すようじっくり進めてほしい』との指示を受けていますし、まずは完全にリフレッシュさせて、その後少しずつペースを上げていければと考えています」と話しています。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日 2014年12月4日(木)
 今週の出走を予定しているウインティアラは、昨日3日(水)にWコースにて最終追い切りがかけられました。相手は、2歳未勝利メローハーモニーで、ティアラが追走してスタート。コーナーでは内を回って追い上げ、直線では併せ馬の形になります。ゴール前で相手がグイッと前に出て1馬身の遅れとなりましたが、ティアラも最後は無理をさせていませんし、時計も5F67秒7なら十分合格点を与えられます。
 手塚調教師も「やっぱり動くね」と笑顔を見せます。続けて、「動きは引き続きいいですし、やはり能力は高い馬ですよ。今度はレースでの粘りも増すはずですから、なんとか決めたいですね」と力強く語っていましたが、最後に「ただ、馬体が増えないんですよねぇ。おそらくマイナス体重での出走になると思いますし、その辺りが競馬に影響しないか、そこだけが不安な点です」と不安も口にしていました。
 そして本日4日(木)は軽めの乗り運動が行われ、午後からの出馬投票で今週の中山日曜4R芝2000mに石橋騎手で出走が確定しています。中山のキレイな馬場は歓迎ですし、デビュー戦を叩いて中身も変わってきていますから、ここでの初勝利に期待です。

Posted by sachi at 09:14 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

2歳馬
ドルチェは前走後のダメージもなく、美浦のダートコース中心に乗り込まれています。飼い食いもよく、4日には追切も消化、まずまずの時計をだしました。状態は引き続きよいようで、前走が3着とはいえ能力を示す走りだったので、次走に期待しています。芝でも対応できると見られていますが、脚元を考慮して次走もダート戦を予定。来週、中山でのダート1800mに丸山元気騎手でのぞむよう。鞍上強化で勝負気配。愛着のあるラヴ産駒でもあり、次走で決めてくれると嬉しいのですが、距離延長がどうか。前走でも直線でかわされただけに不安がありますが、丸山騎手の手腕に期待します。久々にラヴ産駒らしい馬、東京にいれば応援に行けたのに残念ですが、頑張ってほしい。

ドリームドルチェ [入厩馬 / 根本康広厩舎]  ■2014/12/04
美浦トレセンで調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。中間は前走後のダメージもなくしっかり飼葉も食べています。そこで12/4には丸山騎手を背にダートコースにて前走後1本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。5ハロン70.7秒、3ハロン40.8秒、ラスト1ハロン13.0秒の時計を馬なりでマーク。併せたスピリッツセカンド(2歳500万、末強目)の外を1.2秒先行し同入しています。根本調教師は「前走後のダメージもなく飼葉もしっかり食べており、この時期にしては毛ヅヤもいい状態なので引き続き同馬なりに順調にきています。脚元に細心の注意を払ってケアしていますので問題になるところは現状ありません。本日は丸山騎手でサッと追い切りましたが、状態としてはとてもいいとの報告を受けています。ここまでは順調ですね」とコメントしていました。そこで根本調教師と次走について相談したところ、前走でのダートの走りを見る限り特に問題はなく、将来的には芝でも対応出来ると見ていますが、季節がら脚元の事を考慮すると引き続きダートの方が良さそうと判断し、次走については来週の中山競馬、2歳未勝利、ダート1800mを丸山元気騎手騎乗で出走を予定しています。

4歳馬
リヴァールは美浦で調整中でしたが、今週の中京でのレースが除外となってしまい、在厩での調整から一旦セグチへ放牧に。前走後に飼い食いが落ち、体重も減ったとのことで、中京は輸送もありこの馬の適性にも合っているとは言いづらいという事情もあり、またかと思いますが、1走して放牧のパターンは変わらないということか。この馬はもともと一度叩いての馬なのに、このパターンの繰り返しではいいところを発揮できないまま終わってしまいそう。とはいえ去勢してから体質が弱くなっているので、仕方ないといえば仕方ありません。もうこのまま後退するしかないのか。運もなくて可哀想に思います。

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/12/04
美浦トレセンで調整中。ダートコースとウッドチップコースを併用して乗り込まれています。尚、今週の中京競馬、3歳以上500万下、芝2200mに出走を予定していましたが、残念ながら除外となってしまいました。今週の追い切りは12/3にはウッドチップコースにて、追い切りを単走で消化しています。5ハロン72.0秒、3ハロン41.3秒、ラスト1ハロン13.2秒の時計を馬なりに追われてマークする内容でした。池上調教師は「在厩して調整していく方向でしたが、レース後飼葉食いが徐々に落ちており、今週も1日休ませて様子を見ましたが飼葉を食べきれない状況です」とコメントしていました。そこで池上調教師に今後について確認したところ、現状馬体重も減っており中京の輸送も考慮すると同馬のパフォーマンスが十分に発揮されない可能性が高く、出走間隔等も鑑みても、ここは一旦セグチレーシングステーブルに放牧することとなりました。

Posted by sachi at 09:14 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
アペルトゥーラは園田で初勝利をあげました。年内に1勝すればすみやかに中央に戻れますが、レースの疲れが出やすい馬なので、続けて使ってどうでしょうか。馬の行く気に任せていればもっと楽に勝てたはずとのコメントなので、次走すんなり勝てるといいな。来年になれば3つ勝たないと中央に戻れないようです。できれば年内にあと1つ勝てるといいな。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/12/2 (園田競馬場) 馬体重:505kg
★12/2(火)園田 C2・3歳以上(ダ1400m) 木村健騎手 結果1着
「ゲート入りを嫌がりましたが、今日は潜るような仕草をせずに駐立できていました。二の脚が速くて楽にハナに立つスピードがありますが、相手を引き付けておいて瞬発力で後続を引き離そうとする今日のような戦法はこの馬に合いませんね。終始、余力十分の手応えだったので、速いペースでも馬の行くままに任せて逃げていれば、もっと楽に勝てたと思います。時計もまだまだ詰められるはずですよ」(木村健騎手)
飯田良弘調教師
「最内枠を引いてしまい、課題のゲートが最後まで気に掛かっていたので、木村騎手とも相談してメンコ着用でレースに臨みました。稽古の動きからはもっと安心する勝ち方をさせなければいけない馬なのに、ゴール前はハラハラさせる展開になってしまい申し訳ありません。中央へ早くお返しすることが使命ですので、次も結果を出せるように努めます。今回が中1週での出走でしたので、次走は馬の状態を確認してから判断したいと思います」

Posted by sachi at 11:17 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)