July 31, 2014

ウイン外厩馬近況

カルミナはデビューに向けてCVFで調整中。しかし残念ながら状態はあまり変化なしで、良化は遅いよう。何かのきっかけで変わり身があればいいけれど、それがない限りデビューしても惨敗の気配。ジラソーレの二の舞いはゴメンです。デビューまで時間がかかっても構わないので、十分な状態になってからにしてほしい。それなりに期待馬だったのだから、早期デビューにこだわらなくともよいのです。
ティアラもあまり状態に変化なしで、動きもぱっとしません。いいところは順調に乗れていることくらい。今後の成長待ちでしょう。夏のこの時期に出走するのはラフィアン流ですが、勝てない馬は勝てません。仕上がりが早い父でもないようだし、カルミナ同様、焦らずじっくり乗り込んで、態勢が整ってからのデビューを望みます。母はよく走った馬出し、手塚厩舎もうまいほうだと信じています。8月中には送り出したい意向のようですが、まだ焦るほどの時期ではないし、デビューまで時間をかけてほしい。そのほうが結局は早道だと思います。10月か11月のデビューで十分です。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2014年7月30日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 担当者は「あまり状態の変化こそ感じませんが、これまで十分に調教を積んできましたし、デビューに向けて進めていける態勢は整ってきたように思います。あとは動きが上向いてくれるといいのですが」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日  2014年7月30日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。
 担当者は「状態、動きとも大きな変化はありませんが、順調に乗れているのが何よりです。まだ現状では目立たず、今後の成長を期待したい気持ちですが、態勢は整いつつありますから8月中には送り出したいところですね」と話していました。

Posted by sachi at 12:49 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン外厩馬近況

2歳馬
ドルチェはセグチ本場で調整中。先週から徐々にペースアップし、脚元のジョウタはすっかり回復したとのことで、通常メニューをこなしているようです。これから速いところも取り入れて出走態勢を整える予定。馬体も少し絞れてきたようだし、このまま順調にピッチをあげて無事出走にこぎつけられますよう。現在505キロの馬体がどこまでしぼれるか。500キロを切った馬体で出走して欲しいですね。ラヴ産駒らしい前向きな競馬ができるといいのですが……

ドリームドルチェ [外厩馬 / セグチレーシングステーブル本場]  ■2014/07/30
セグチレーシングステーブル本場で育成中。現在は坂路中心にダクとキャンターで乗り込まれています。中間はすっかり脚元の状態も回復しましたので、先週からは徐々にペースアップしています。担当スタッフは「乗り出した当初は体に緩さも感じましたが、前向きな性格をしている事で通常メニューは楽に走れていましたので、今週から週に1本速いところを取り入れています。今週はまだ1本目でしたので、速いところではモタつく場面もありましたが、調教を消化しながら脚元に張りや痛みも出ていませんし、特に走りに癖もありませんので、今後はこのまま状態を確認しながらピッチを上げていきたいと思います」とコメントしていました。体付きも徐々にスッキリとして前向きに調教をこなせていますので、今後は状態に合わせてこのままピッチを上げていく予定です。現在の馬体重は505kgです。

4歳馬
リヴァールは熱は下がったものの、まだ鼻水が出ていて全快とは行かないようで様子見の段階。これまでの出走時の馬体重が440キロ前後だったことを思うと、馬体はかなりふっくらしてきたようですが、これから調教を進めるとまた細くなるのかしら。無理をせず状態にあわせてということなので、セグチさんにうまく仕上げてもらえるよう願っています。気性難から去勢して体力が落ちてから、まともな競馬ができていないのが残念ですが、地力強化できればスピード能力はあるはず。勝った時のような追い込みをまた見たいものです。それと、勝ったのは田辺騎手の手綱裁きがあったからこそと言えます。次走は大場騎手はなんとしてもやめてもらいたい。ロクな成績を残していないのだから。それでもまだ大庭騎手を起用するようなら、クラブの姿勢に問題ありです。もう出資は考えていませんが、せめて残っている馬にはベストの状態での出走を望みます。

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/07/30
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとハッキングで運動しています。その後は体温の方も直ぐに下がった事から騎乗を再開していますが、まだ鼻水が出ているため無理せず様子を見ています。担当スタッフは「騎乗を再開してからは体温の方も問題ないレベルで落ち着いていますので、体調そのものは徐々に戻ってきている様子です。しかしまだ鼻水は垂らしていますし、体温も日によっては微熱くらいある時もありますので、今後はこのまま体調に合わせて無理せずメニューを戻していきたいと思います」とコメントしていました。日に日に症状は落ち着いてきているようですが、ここで無理して変に拗らせてもいけませんので、今後も無理せず状態に合わせて進めていきます。現在の馬体重は463kgです。

Posted by sachi at 12:47 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 29, 2014

セゾン出走結果レポート

ハピネスは即、引退とはならないのかな。もう引退でもいいのに。テンに行き過ぎたといえばそうですが、終い切れる脚がないから先行しないとダメでしょう。距離がもう1ハロン短くても、さほど大きな違いはないと思う。あまり引っ張らなくても、5歳牝馬だし長くてあと半年です。もうどっちでもいいな。出走すればまぐれで掲示板くらいあるかも。

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎]  ■2014/07/28
7/26(土)中京競馬第8レース、3歳以上500万下、ダート1400m、16頭立て、6枠11番、国分恭介騎手騎乗で出走し、16着でした。
タイミング良くスタートを決めると鞍上が積極的に出していき、4、5番手辺りに付けてレースを進めます。その後はキタサンウンゲツがハナへと立ってレースを引っ張り、前半3ハロンの通過を34.4秒とハイペースな流れを形勢します。そんな中同馬は、折り合いを欠く事もなく外目を通ってスムーズに前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮してきます。同馬も内にタイムアラウドを見る形で、5、6番手辺りから4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始しますが手応えは怪しくポジションを下げてしまいます。何とかしようと懸命に鞍上が追いますがそのまま脚色は変わらず、結局勝ち馬から2.0秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から+16kg、506kgでした。騎乗した国分(恭)騎手は「スタートが速かったので無理せず前に付けられましたが、流れも速くなってしまい最後は苦しくなってしまいました」とコメント。松元調教師は「スタートが良くてテンに行き過ぎたところもありましたし、最後の直線では外から寄られたりして流す形になってしまいました。千四なのでもう少し控える形でも良かったと思いますし、今回は少しチグハグな内容になってしまったと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。

Posted by sachi at 04:09 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 28, 2014

ジラソーレはブービー、ハピネスはシンガリ負け

どちらも惨敗で、暑さに参っているうえにさらにガッカリ。

7月26日 中京5R 2歳新馬 芝1600m 天気:晴 馬場:良 12:20発走
15着 4枠 8番 ウインジラソーレ 牡2 54.0 国分恭 1:41.3 1.1/4 14 185.7 38.3 (栗東)梅田智 434(0)
7月26日 中京8R 3歳以上500万下 ダ1400m 天気:晴 馬場:良 13:50発走
16着 6枠 11番 サマーハピネス 牝5 55.0 国分恭 1:25.7 5 16 191.5 38.9 (栗東)松元 506(+16)

ジラソーレは馬体が小さく、仕上がっているとパドックでは言ってましたが、何より非力な感じがしました。競馬のセンスはありそうでしたが、もう少し大きくなってパワーをつけないと。距離もあったかもしれませんが、馬がまだ成長待ちの感じでした。

【競馬場速報】
ウインジラソーレ 更新日 : 2014/7/26(土)
国分恭介騎手 「スタートは速い」と聞いていましたが、その通りでした。道中は他馬の動きによって多少手綱を引く場面や、内の馬にぶつけられる不利はありましたが、全体的にはスムーズな立ち回りができたと思います。ただ、直線半ばでは脚が上がり、最後はフットワークがバラバラになってしまったように、この距離は長い印象を受けました。スタートと競馬運びは上手な馬なので、距離短縮ならもう少しやれるはずですよ。
梅田智調教師 中間の調教でもスピードが勝っている印象を受けていたので、マイルの距離がどうかという不安はあったのですが、直線半ばで止まってしまったのを見るとやはり距離は少し長かったのでしょうね。でも競馬自体は上手でしたし、今日のスタートダッシュなら芝1200mにも十分対応は可能でしょう。この後は小倉の芝1200mを目標に調整を進めていきます。
片山駿の目 入厩当初は輸送でガタッと体が減り、肉付きがかなり寂しい印象だったのですが、最近ではカイバ食いが旺盛になったこともあり、以前に比べるとだいぶふっくらした体つきで出走することができました。着順こそ残念な結果に終わりましたが、スタートセンスと競馬センスは垣間見ることができたように、短距離戦に変われば前進がありそうな印象を受けました。まだ体つきが幼いようにこれからの馬といったイメージではありますが、この後はレース条件が好転しますから、次走ではメドの立つ走りを見せてほしいところです。

Posted by sachi at 07:16 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 26, 2014

ラフィアン馬近況

サヴァランは美浦から北海道への輸送を控え、1週間早くトレセンを出発するようです。長距離輸送になりますが、最近の馬運車はクーラー付きと聞きます。熱発などせず、無事着いて欲しいですが、どちらかと言えば輸送には強い方ではないようなので、万全を期してお願いします。北海道は少しは涼しいでしょう。来週は持ち前の能力を発揮できるよう願っています。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
更新日 : 2014年7月25日(金)
マイネサヴァランは、美浦に滞在中。8月2日(土)札幌日刊スポーツ杯・芝1200mに向け、明日25日(土)にトレセンを出発する予定です。清水調教師は「長距離輸送で熱発した過去がありますから、調整にはかなり気を遣っています。仕上がってきていることもあり、今週の追い切りは軽めにしました」と話していました。

Posted by sachi at 12:56 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 25, 2014

今週の調教時計

今週新馬デビューのジラソーレ、休み明け2戦目のハピネス、そして来週出走予定のサヴァランとマルーンドロップが時計を出しています。

マイネサヴァラン
7/23 助 手 美南W 良 53.1 39.1 12.9 8 馬ナリ余力
マルーンドロップ
7/24 助 手 函 W 58.0-42.1-12.8[9] 強目に追う
ウインジラソーレ
7/23 助 手 栗東坂 良 54.8 39.6 25.2 12.6 一杯に追う
 モントランブラン(三未勝)一杯に同入
サマーハピネス
7/23 助 手 栗東坂/良 1 53.6 38.0 25.2 13.1 馬ナリ余力
7/20 助 手 栗東坂/重 1 54.4 39.1 25.6 13.1 馬ナリ余力

ジラソーレは全体の時計はやや物足りないものの、終いはまずまずで、態勢はほぼ整ったでしょう。デビュー戦はいつもそうですが、成績はよいに越したことはないけれど、とにかく無事回ってきてくれればOK。
ハピネスはいつもながら無理をせず馬なり。この馬はもう少し負けん気があればと思う。馬格があるのにもったいない成績。でもやはり能力か。
サヴァランとマルーンは来週に備えて体調を万全にしてほしい。暑さに負けず、うまく調整できるよう祈っています。

【出走確定】
7月26日(土)中京競馬場 
ウインジラソーレ 5R 2歳新馬 芝1600m 16頭立 国分恭介 54.0 12:20発走
サマーハピネス   8R 3歳以上500万下 ダ1400m 16頭立 国分恭介 13:50発走

*なお、かつての愛馬、ドリームカトラスとドリームバスケットが、7/27(日)11Rの福島テレビOP・芝1800mに出走します。中央を引退して地方に移籍しても、中央のメインレースで走りを見られるのはとても嬉しい。どちらも頑張ってほしい。

Posted by sachi at 03:32 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
アペルトゥーラはレース後も問題なく、トモも大丈夫のよう。次は中1週で向かうようですが、疲労がたまりやすい馬でもあり、使い詰めが心配。しかしこの時期、そんなことは言っていられません。ここまできたら勝つしかないのです。故障などせず、暑さにもめげず、うまく調整して今度こそ勝ち上がってほしいけれど、厳しい状況になってしまいました。とにかく頑張って!
マルーンも同様に最後の生き残りがかかってきましたが、函館滞在なので負担はそう大きくないでしょう。次走の目標は札幌の芝1500mか新潟の芝1800mとのこと。どちらかといえば芝1500mのほうが向いていそうな感じですね。それがだめなら盛岡の交流競走らしい。まあ、この時期になれば交流戦でもとは思うものの、それであっさり勝てるほど競馬は甘くはありません。できれば札幌で何とかしたい。先生ももちろんそのつもりでしょう。2頭のうち最低限、1頭は勝ち上がってほしいものですが……

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/7/24 (美浦トレセン)
★7/20(日)福島 3歳未勝利・混(芝1800m)戸崎圭太騎手 結果4着
「直線で狭くなる場面はありましたが、脚があれば鋭く抜け出てこれたはずなので、距離も影響したのだと思います。少しかったるさは残っているものの、レース後もトモの状態は変わらず問題ありませんので、中1週で来週の競馬に向かう予定です。使い詰めると疲労が溜まるタイプですし、ここまで来ると上積みは見込めませんが、現状を維持して何とか早めに勝ち上がらせたいですね」(国枝 栄 調教師)

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/7/24 (函館競馬場)
24日に函館競馬場のダートコースで4ハロン58.0-42.1-12.8を単走で強めに追い切りました。「助手を跨らせて前走後初めて時計を出しましたが、動きに硬さや調子落ちは見られません。涼しい気候も合っているようなので、次走に向けては函館競馬場で調整を続けながら札幌芝1500mと新潟芝1800m戦を両睨みしています。何とか勝たせなければいけない馬ですから、8/13(水)に盛岡競馬場でおこなわれる地方交流競走のオニキス賞(芝1700m)への出走申込も視野に入れています」(栗田 徹 調教師)

2歳馬
ハッピーキャップは無事栗東に入厩し、早速坂路で軽めの調整を開始。ゲートに大きな問題はないようですが、出と駐立は大丈夫ながら入りに躊躇する場面もあるとか。しかし気性難のようなコメントはこれまでなかったので、環境が変わったせいで少しテンションが高いとしても、すぐ慣れるはず。バランスのいい馬で、期待しているのです。マンカフェ産駒は短距離から長距離まで幅広い対応性を見せるので、この馬はどんな走りをしてくれるか、楽しみです。まずはゲート試験、頑張れ!

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/7/24 (栗東トレセン)
「環境にまだ慣れていないせいかテンションの高い面が見られますが、この中間から坂路コースに入れて軽めを調整しています。出や駐立は問題ありませんが、入りに躊躇する場面が見られるため、ゲートはもう少し練習が必要だと思います。見た目からして、体はまだまだ増えてきそうな雰囲気がありますね」(鈴木 孝志 調教師)

Posted by sachi at 03:30 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン入厩馬近況

3歳馬
トゥモローは中2週で来週の出走を予定しています。この暑さのなかでも飼い食いがよいようで、馬体重も回復、状態がよく条件もベストで、次は一度叩いた効果が出てくれることを期待します。小倉までの輸送がどうかですが、たぶん問題ないでしょう。国分騎手よろしくね!

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日   2014年7月24日(木)
 中2週で来週の出走を予定しているウイントゥモローは、乗り込み再開後も順調に調整が進められており、今週も昨日23日(水)、本日24日(木)とも坂路を楽走で1本というメニューを元気にこなしています。
 担当の駒崎調教助手は「カイバ食いがいいので馬体重の戻りも早く、すでに500キロまで回復しました。相変わらず馬の雰囲気もいいですし、次は休み明け2走目ですから、きっと前進してくれるはずです。1800mという条件もピッタリだと思っているので、僕自身も楽しみにしているんです」と笑顔で話していました。
 なお、来週の小倉日曜8R芝1800mには国分恭騎手とのコンビで向かう予定となっています。

2歳馬
ジラソーレは今週、デビュー戦を迎えます。早期デビューすると長く楽しめるので嬉しい。全体の時計はさほどではないものの、終いは12秒台を出しているので、見苦しい競馬はしないはず。馬体重が思いの外増えず430キロ台での出走となりそうですが、距離1600mは能力を試すにはちょうどよいでしょう。久々の新馬勝ちはちょっと高望みな気がするので、無事回ってきてくれればOKです。とにかく次につながる競馬をしてほしい。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日   2014年7月24日(木)
 今週のデビューを予定しているウインジラソーレは、昨日23日(水)に坂路で最終追い切りに臨んでいます。3歳未勝利モントランブランとの併せ馬でテンから併走状態を保ったままラストを迎えると、最後は両馬とも気合を入れられますが、お互いに譲らず併入でゴールを迎えています。時計は4F54秒8、ラスト1F12秒6でした。
 梅田智調教師は「1週前の先週にジョッキーを乗せてしっかり追ったので、今週はそこまで目一杯にはやりませんでした。まだ正直、強調できる動きではありませんが、それなりの時計は出ていますし、水準レベルには達しているかと思います」と及第点評価を与えます。
 続けて「カイバはよく食べるので馬体は入厩当初に比べかなりふっくらしました。まだ幅は薄いので、そのあたりが将来的に改善してくれるといいですね。スピードはありそうですが、スタミナには少しばかり不安もあるので、あとは芝の1600mという条件がどう出るかでしょう」と期待半分、不安半分といった予測を立てていました。
 また、担当の熊沢厩務員は「レースには430キロ台で送り出せるかと思います。真面目で従順な性格なので、自分としては新馬向きの馬だと思っていますし、楽しみにしているんです」と笑顔で話していました。
 追い切り明けの本日24日(木)は引き運動のみで楽をさせてもらっており、午後の出馬投票では今週の中京土曜5R芝1600mに国分恭騎手とのコンビで出走が確定しています。

Posted by sachi at 03:15 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ヴィーナスはやはり引退になりました。たしかちょうど募集時、上が勝ったばかり?だったので出資したと思うのですが、その半兄も2勝どまりで、大した活躍はしませんでした。体質が弱く、やっとデビューはしたものの、そこまでこぎつけるのがやっとという感じで、今回も前半はおやっと思わせる走りではあったけれど最後は完全に失速。まあ、一生懸命に仕上げてくれてこれなら仕方がありませんね。今後は地方とのことですが、あんな非力な馬が地方のダートで走るのか? 少しでも長い競走馬生活があるといいね。

サマーヴィーナス [外厩馬 / グリーンファーム甲南]  ■2014/07/24
7/23にグリーンファーム甲南へ移動しました。特に問題なくまずは無事に到着しています。前走後は、レースに使ったなりのダメージは感じられましたが歩様や身のこなしにはそこまで硬さもなく、まずは無事に運動を再開していました。加用調教師は「レース後は使ったなりのダメージはありますが、特に気になるところはありません。前走では最終コーナーを回るまではこれならとも思ったのですが、直線に向いた途端に脚色が怪しくなってしまい、最後は完全にスタミナがなくなってしまいました。これまで非力な部分を何とか解消しようと入念に乗り込み、仕上がりも同馬なりに良かった中で、この結果は正直厳しいと思います。申し訳ありません」とコメントしていました。そこで加用調教師及び関係者と協議したところ、今後このまま調教を進めても大きな上積みは見込めず、勝ち上がるには能力的に厳しいのではないかと判断し、大変残念ではありますが近日中に登録を抹消し引退する事になりました。今後は地方競馬にて競走生活を送る予定です。出資会員の皆様には後日改めて書面にて詳細をご報告させていただきます。同馬へのご声援、誠にありがとうございました。

5歳馬
ハピネスは今週、中京で出走です。坂路の追い切りも馬なりだし、調教師は「週を追う毎に良くなってきている」とはいうものの、今度もあまり期待できないかな。気性的にいまひとつ競馬に向いていない気がしつつ、はや5歳。このまま500万で終わってしまいそうですが、たとえ勝っても上で通用しなければつまらない。このまま着を拾って引退というのが、この馬にとってはベストではないか。

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎]  ■2014/07/24
7/26(土)中京競馬第8レース、3歳以上500万下、ダート1400m、16頭立て、国分恭介騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後1時50分です。
7/23には坂路にて、最終追い切りを単走で消化しています。4ハロン53.6秒、3ハロン38.0秒、ラスト1ハロン13.1秒の時計を馬なりでマークしています。松元調教師は「ここまでは週を追う毎に良くなってきていますので、最終追い切りは輸送も加味してそこまで無理させずに追いました。それでも最後は自分からしっかりハミを取って走れていましたし、動きそのものも一杯にやった訳でない中で終始しっかりしていましたので、仕上がりの方は同馬なりに良いのではないかと見ています。頑張って欲しいところですね」とコメントしていました。ご声援ください。

Posted by sachi at 03:15 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 24, 2014

ノルマンディー馬近況

2歳馬
ハッピーキャップは予定通り、先週、無事栗東トレセンに入厩しました。「体高があり、バランスの良い馬で非常に見栄えがする」とは嬉しいコメントですが、問題は走るかどうか。当面はゲート試験を目標に練習です。暑さもいよいよ本格化したなか、頑張って一発合格して欲しいです。

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/7/17 (栗東トレセン)
「輸送熱もなく本日、無事に入厩しました。体高があり、バランスの良い馬で非常に見栄えがしますね。暑さに気をつけながら、先ずはゲート試験合格を目標に進めていきます」(鈴木 孝志 調教師)

Posted by sachi at 09:25 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬臨時更新

リヴァールは軽い熱発があったようで、一日休み、軽く乗り運動で様子見とのこと。もともと体質的に弱いようで、気性難から去勢したあと特にその傾向がみられます。これまで順調にきていたのに、時折このようなことになるのは残念ですが、なんとか無事切り抜け、復帰を目指してほしいもの。体質が強化できれば、本来の能力も発揮できると思うのですが……

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2014/07/23
セグチレーシングステーブルに滞在中。現在は舎飼いで様子を見ています。昨日の夕方には軽く熱発が確認されたため、本日は無理せず軽めの運動で様子を見ていました。担当スタッフは「一夜明けてからは体温も下がり、ほぼ平熱に近くなってきました。しかし念のため一両日は無理をせず様子を見ていきたいと思います」とコメントしていました。ここまでは順調にきていた同馬ですが、もともとの体質の弱さも影響しているのか、時折このような症状が見られる場面もあるようです。今後はこのまま問題なければ騎乗を再開していく予定です。

Posted by sachi at 09:24 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン外厩馬近況

2歳馬
カルミナもティアラも同じような調教とゲート練習です。どちらもあまり動けていないのも同様。
カルミナはスタートが良くなってきたようですが、全体の動きはまだ満足の行くものではないとのこと。良化はあるものの、なかなか良くなってこないようです。成長待ちでしょうか。ステイ産駒でもあり、夏のデビューは厳しそう。とはいえフォーグのように夏の終わりに急によくなってくる馬もいます。早熟でなくとも、地道に体力をつけ、無事デビューにこぎつけて欲しいです。
ティアラのほうがさらに良化は遅そう。「速い脚には欠ける」とまで言われてしまっては…… しかしストライドが伸びるフォームでバテにくいともあります。つまりは長距離か? この馬なりの成長はしているようですが、こちらもデビューはまだ遠いでしょう。焦らずしっかり地力をつけて秋にデビューを迎えられれば御の字か。それでもこのコメントでは勝ち上がるのはむずかしいと早くも覚悟しなければ。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日   2014年7月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「以前に比べれば追い切りではスタートから動けるようになってきましたが、まだ十分に満足がいく動きではありません。良化は感じますが、さらなる成長が待たれます」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日   2014年7月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「速い脚には欠けますが、ストライドが伸びるフォームでバテにくいのがこの馬の強みです。この馬なりの成長は感じますし、さらに良くなってくれることを期待しています」と話していました。

Posted by sachi at 09:23 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 20, 2014

アペルトゥーラまた勝てず

1番人気を裏切って4着に終わってしまいました。

7/20(日)福島7R 3歳未勝利 芝1800m 天気:曇 馬場:稍重 発走:13:30
4着 6枠 11番 アペルトゥーラ 牡3 56.0 戸崎圭 1:50.0 3/4 1 2.8 37.3 (美浦)国枝 490(-4)

敗因は距離、馬場、右回り、位置取り等いろいろあるとは思うけれど、アペの力不足もあるかも。
やはり広い馬場ならではの馬。新潟でスッキリ勝てるといいのですが……

騎手コメントによると、直線窮屈なところに入ってしまい、なかなか抜け出せなかったところもありましたが、結局は距離が長かったし、直線の長いコースに向いているとのこと。新潟での出走にかけるしかありません。

【騎手コメント】
2014/7/20 (福島競馬場)  馬体重:490kg
★7/20(日)福島 3歳未勝利・混(芝1800m)戸崎圭太騎手 結果4着
「好位で折り合って直線抜け出しを図りましたが、狭い所に入ってしまいました。大変申し訳ありません。コーナー4つは無難にこなせましたが、小回りより直線の長いコースに向いていると思います。距離も微妙に長かった感じがしますが、道中もっと脚をタメる乗り方の方が合っているのかもしれませんね」(戸崎圭太騎手)

Posted by sachi at 02:20 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
アペルトゥーラは今日、福島で出走です。引き続き戸崎騎手に手綱をとってもらえるのは良いのですが、動きが良いとはいえ、距離延長、小回りコース、そして馬場が心配です。このあたりで決めてもらわないとあとが非常に苦しくなります。頑張れアペルトゥーラ&戸崎騎手! なんとしても勝ち上がってほしい。
マルーンは前走が惨敗で、あと何回走れるか。レース後の状態に問題はないようですが、このまま北海道に滞在して札幌開催で使うか、美浦に戻して新潟で使うか検討中とのこと。これまでの連戦の疲レもあると思うので、札幌で使うほうがよい気がしますが、コースとしては新潟のほうがよいのかしら。調教師はなんとしても勝たせたいと言ってくれているので、馬にとってベストの選択をしてくれると信じています。が、この馬、どうも運がありません。運があればもっと早くに勝てていたはず。運も実力のうちですが、ここまで勝てないとなると、たとえ勝ち上がれても500万下ではさらに凡走続きの気が…… もちろん2頭とも勝ち上がって欲しいのはやまやまですが、どちらか1頭というなら、アペのほうがいいな。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/7/17 (美浦トレセン)
☆7/20(日)福島 3歳未勝利・混(芝1800m)戸崎圭太騎手
16日にWコースで4ハロンから併せて馬ナリに追い切りました(キリで計測できず)「この中間も順調で、日曜日にもWコースで時計を出しましたが変わらず動きは良いですよ。今回は距離延長と小回りコースが鍵となりますが、中団で折り合って上手に乗ってくれれば直線キッチリ間に合うはずです。ここで決めたいですね」(国枝 栄 調教師)

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/7/17 (函館競馬場)
★7/13(日)函館 3歳未勝利・牝(芝2000m)黛弘人騎手 結果10着
「外枠でも好位につけて、リズム良く流れに乗れていたように見えましたが、早々と手応えがなくなって直線は失速してしまいました。この馬に2000mは少し距離が長いようですし、見えない疲れがあったのかもしれません。レース後も馬体や脚元に異常は見られませんので、このまま函館競馬場に滞在させて札幌開催のレースを使うか、美浦に戻して新潟開催を使うか慎重に検討していきます。何としてでも勝たせなければなりませんし、地方交流競走への出走も視野に入れて調整していきます」(栗田 徹 調教師)

Posted by sachi at 12:07 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ヴィーナスはまたしても二桁着順

3走目は果敢に積極策を取り、前半好位につけて追走できていたので、これは変わり身を見せたかと少し期待したのですが、直線はずるずると後退。1200mの距離でこれでは、コメントを待つまでもなくもう引退でしょうね。

7/20(日) 中京2R 3歳未勝利 芝1200m 天気:晴 馬場:稍重 発走:10:30
16着 2枠 3番 サマーヴィーナス 牝3 54.0 太宰 1:13.0 1/2 13 131.2 37.0 (栗東)加用 462(-3)

【出走結果レポート】
ヴィーナスははっきりとは書いていませんが、引退が濃厚ですね。この世代はこの1頭のみ。しかしまだ去年出資したラヴ産駒がいるので、サマーハピネス、ドリームリヴァールとともに、もうしばらくはセゾン会員を続けるしかなさそう。

サマーヴィーナス [入厩馬 / 加用正厩舎]  ■2014/07/21
7/20(日)中京競馬第2レース、3歳未勝利(牝)、芝1200m、18頭立て、2枠3番、太宰啓介騎手騎乗で出走し、16着でした。
タイミング良くスタートを決めるとしっかりダッシュも付き、そのまま4番手辺りに付けてレースを進めます。その後はイエスオッケーがハナへと立ってレースを引っ張り、前半3ハロンの通過を35.5秒と淀みの無い流れを形勢します。そんな中同馬は、周りを気にする事もなくしっかり集中して前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは徐々にペースが上がり後続各馬も進出を開始します。同馬も最内を通って4番手辺りから4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると思ったほど脚色は変わらずそのまま傾れこむように入線し、結局勝ち馬から1.8秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-3kg、462kgでした。騎乗した太宰騎手は「ゲートが良かったですし、まずまずのポジションでレースは進められたと思います。道中でノメッていたところもありましたが、同馬なりに頑張っていたと思います」とコメント。加用調教師は「テンでしっかりダッシュも付き、無理する事なく好位からスムーズにレースが進められましたが、最後に追ってからが案外で一気に止まってしまいました。ここを目標に仕上がりも良かったので前進を期待していたのですが、結果は正直厳しいものだと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認した上で、調教師及び関係者と協議していきます。

Posted by sachi at 11:29 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 19, 2014

ヴィーナスとアペルトゥーラ、頑張れ!

ヴィーナスは2枠3番と、この距離にはよい枠を引いたのではないかと思います。が、これまでの2走が2走だけに、二桁着順なら即引退かもしれません。いくら加用先生でも、能力のない馬を勝たせるのは無理でしょう。もう諦めてはいますが、万が一の奇跡?を願って。じゃないとセゾンさん成績悪過ぎです!
アペルトゥーラは外目ですが大外というわけでもなく、ちょうどよいかもしれません。ただゴチャつく福島のフルゲートでどれだけ力を発揮できるか。気になるのはお天気ですが、良馬場は無理でしょうかね。一応、本命対抗の印も見えますが、印通りの走りを今度こそしてくれますように。戸崎騎手、よろしくお願いします(~人~)ナム〜

7/20 (日) 中京2R 3歳未勝利 芝1200m 発走:10:30
1 1 △ △     ルールビクトリア 牝3 54 松山 北出
1 2         プルメリアアスク 牝3 51 松若 野中
2 3   ◎     サマーヴィーナス 牝3 54 太宰 加用
2 4         ラヴィオリ 牝3 54 高倉 鈴木孝
3 5 ▲       ステイブレイズ 牝3 54 川須 高野
3 6         ワンダートロワ 牝3 54 小牧 牧田
4 7 △       エイユーチャキーラ 牝3 54 国分恭 飯田雄
4 8         イエスオッケー 牝3 51 義 崎山
5 9 ◎       ヤマニンバステト 牝3 54 武豊 千田
5 10 △ ○     ダッシャーレーヌ 牝3 54 北村友 安田
6 11         スマイルユニバンス 牝3 51 岩崎 平田
6 12         リッカウエスト 牝3 54 和田 藤沢則
7 13         タガノエスガール 牝3 53 中井 浜田
7 14         メイショウワザクラ 牝3 54 鮫島 松永幹
7 15         ローゼルキュート 牝3 54 岡田 佐藤正
8 16 ☆       ポーシア 牝3 54 福永 藤原英
8 17         グランドデイム 牝3 54 武幸 角居
8 18 ○ ▲     グッドイヴニング 牝3 54 酒井 西園
(印はnetkeiba.com)

7/20 (日) 福島7R 3歳未勝利 芝1800m 発走:13:30
1 1       スイートイレーヌ 牝3 54 的場 牧
1 2       ダッシュスライダー 牡3 56 横山和 杉浦
2 3       トーセンプレジオ 牡3 53 伴 菅原
2 4       シンザンプロスパー 牡3 56 西田 藤原辰
3 5 △     サトノスティング 牡3 56 内田博 的場
3 6   △   エンジェルフォース 牝3 51 原田和 栗田徹
4 7 ▲ ▲   トーセンマルシェ 牝3 54 江田照 小笠
4 8       エースカノープス 牡3 56 大野 高木
5 9 △     ギンマクノヒロイン 牝3 51 木幡初 小島茂
5 10 △     ロジモン 牡3 56 田辺 大竹
6 11 ◎ ○   アペルトゥーラ 牡3 56 戸崎圭 国枝
6 12       コスモナーダム 牡3 56 柴田大 池上
7 13       カシマムンムーン 牝3 54 石橋脩 武藤
7 14       スキャットソング 牝3 51 石川 尾形和
8 15 ○ ◎   セルバンテス 牡3 56 蛯名 久保田
8 16 ☆     コスモハルカチャン 牝3 54 嘉藤 相沢
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 06:08 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週除外されたサヴァランと、明日出走のアペルトゥーラ、サマーヴィーナス、そして来週デビュー予定のジラソーレが時計を出しています。と

アペルトゥーラ
7/16 助 手 美南 W・良 キリ - 13.4 馬ナリ余力
 ダノンフォーミュラ(三未勝)馬ナリの内0.1秒先着
7/13 助 手 美南 W・良 54.0 - 39.7 - 13.1 [3] 馬ナリ余力
 ダノンフォーミュラ(三未勝)馬ナリの内を0.6秒追走同入
マイネサヴァラン
7/16 助 手 美南W 良 キリ 馬ナリ余力
サマーヴィーナス
7/16 太 宰 栗東芝/良 81.5 65.6 51.1 37.8 12.7 4 馬ナリ余力
 クリアザコースト(三未勝)馬ナリの外アタマ遅れ
ウインジラソーレ
7/17 国分恭 栗東CW 良 84.5 67.2 52.6 39.1 12.6 7 追って一杯
 サプライズシーヌ(三未勝)一杯の内0.7秒先着
7/16 助 手 栗東坂 良 61.9 45.1 29.1 13.8 馬ナリ余力

アペルトゥーラは馬なりでの調整。併せた相手にはかろうじて先着しているものの、明日勝てるかどうかは…… マルーンドロップといい、なかなか勝てませんが、どちらかと言えば出走回数が少ないアペrのほうがまだ少し勝ち上がれる可能性は高いかも。ケチがつき始めると、特に牝馬はなかなか立ち直れませんから。
サヴァランは除外されたので時計なし。いい状態を長く保つのはむずかしいと思いますが、これまでのところ手塚厩舎はよくやってくれているかと思う。次走は札幌になってしまうのが残念。
ヴィーナスは明日出走ですが、過去のレース結果からするとせいぜいが8着以内の入線かよくて掲示板かな。第一この1200mという距離が…… とはいえ、時計はやっと詰まってきたようなので、厩舎の仕上げにほんの少しだけ期待してみよう。
ジラソーレは一週前追い切りになり、そこそこというところかな。すんなり勝てる能力が確実にあるとは言えませんが、状態は追うことによくなっている印象。少なくとも次につながる競馬をしてほしいものです。

【出走確定】
アペルトゥーラ
7/20(日)福島 7R 3歳未勝利・混 芝1800m 戸崎圭太騎手
サマーヴィーナス
7/20 (日) 中京 2R 3歳未勝利 芝1200m 太宰啓介騎手

Posted by sachi at 05:15 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン馬近況

このところサヴァラン1頭に減っていたラフィアン馬ですが、今年の募集でかつての愛馬マイネルーチェの娘に出資したため、2頭に増えました。これ以上ラフィアンでは出資しないつもりでしたが、ルーチェの娘なら仕方なし、です。もちろん馬自体が気に入らなければ、いくらかつての愛馬の産駒でも出資しませんが、そこそこの活躍をしてくれるよう願っています。。

5歳馬
サヴァランは得意の福島で格上挑戦を目論見ましたが、残念ながらOP馬で枠が一杯になり除外されました。まあ、そんなことではないかと思っていました。投票すると権利が消えてしまうので見送ったとのこと。次は札幌に移動し、8月2日(土)の札幌日刊スポーツ杯に切り替えました。福島でしか勝てない馬だから、ま、除外されて残念というしかありません。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年7月18日(金)
マイネサヴァランは、美浦に滞在中。20日(日)福島のバーデンバーデンC・芝1200mは最終的に、オープン馬でぴったりフルゲートになり、残念ながら出走が叶いませんでした。投票するとテレビユー福島で得た権利が消失するため、投票自体を見送っています。8月2日(土)札幌日刊スポーツ杯・芝1200mに目標を切り替えています。

1歳馬
初仔は見送りましたが、この仔はかなり気に入ったのでいち早く出資しました。父キングカメハメハがどう出るか。ルーチェの産駒には出資したかったので、結果がどうであれ満足です。母くらい活躍してくれると楽しみ。ルーチェの面影を感じます。

▼マイネルーチェの13……父 : キングカメハメハ / 母 : マイネルーチェ / 牝 / 美浦・上原博之  更新日 : 2014年7月18日(金)
マイネルーチェの13は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧しています。仲間と戯れたりしながら、日々かなりの距離を動き回っています。放牧とはいえ、適度に体力を消費しており、先々のために自然と鍛えられる環境です。父は、G1での産駒の活躍が目立つハーツクライを抑えて、今年も種牡馬ランキング2位の座を堅持。本馬は手先が軽く、母から優れた運動神経を受け継ぎました。将来を楽しみにしています。(7月14日現在の近況)

Posted by sachi at 04:55 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン入厩馬近況


3歳馬
トゥモローは、前走後、軽い運動のみのメニューで疲れを癒やし、週末から本格的な調整を始める予定。最後の直線で伸びなかったのは「休み明けと距離」とのことで、次走は1800mから2000mのレースにのぞむようです。前走はたたき台だったと思うしかないですね。今度こそきっちり仕上げて、一度たたいた効果を発揮させてほしい。それにしても連日の暑さ、馬は大丈夫なのかなぁ。小倉への輸送もあり、無事出走できるよう祈ります。距離が1ハロン短い1800mなのは、むしろよいかもしれないと思っています。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日   2014年7月17日(木)
 休み明けだった先週の中京では、結果こそ6着でしたが、直線では一瞬先頭に並びかけるシーンを演出し、次に繋がる内容だったウイントゥモロー。担当の駒崎調教助手は「前走は4コーナーでスーッと格好良く回ってきたので勝ったかと思いましたよ。最後止まってしまったのは休み明けと距離でしょうか。2200mでもまだ少し距離は長いように感じましたし、同じ日に組まれていた芝2000mの特別戦ならもっと際どかったかもしれませんよ」と前走を振り返っていました。
 レース後のトゥモローは明日18日(金)まで運動のみのメニューでレースの疲れを癒される予定となっていますが、目立ったダメージなどはなく順調です。
 同助手は「どうしても体重はいくらか減りやすい傾向にはありますが、カイバ食いが悪かった前々走の時と比べると今はだいぶ食欲がいいですから、特に心配はないでしょう」と順調を語ります。
 なお、次走については、当初は中2週で、8月3日、小倉日曜9R「国東特別」芝2000mが候補として挙がっていましたが、同厩馬との兼ね合いもあり、同日の8R芝1800mに向かうことが予定されています。

2歳馬
ジラソーレは1週前追い切りで、終いそこそこの時計を出したようです(ただし全体の時計は平凡)。国分恭介騎手は以前カトラスで結果を出してくれた騎手。今年はリーディングの順位がよくないようだけど、下手な騎手ではないはずです。最近、勢いに乗ってきた梅田厩舎でもあり、先週より状態がかなり軌道に乗ってきたように思うので、久々の新馬勝ちをほんの少し意識してしまいます。中京なら輸送もあまり心配せずにすむのでよいかも。ただ現状ではまだ力不足の感も否めません。勝利は無理でも、少なくとも先につながる競馬をしてほしい。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日   2014年7月17日(木)
 来週の出走を予定しているウインジラソーレは、昨日16日(水)は坂路を楽走で1本の調整を行い、本日17日(木)にはCWコースで1週前追い切りがかけられました。
 レースでの騎乗も決まっている国分恭騎手が騎乗し、外の3歳未勝利サプライズシーヌとの併せ馬になりましたが、3、4コーナーまでの併走状態から直線ではサプライズシーヌが徐々に脱落すると、ジラソーレもラストは一杯に追われ、3馬身半の先着を決めています。時計は6F84秒5、ラスト1F12秒6でした。
 引き揚げてきた国分恭騎手は「真面目で乗りやすい馬ですね」と第一印象を話すと、梅田智調教師は「前半が遅かったぶん時計は大したことはありませんでしたが、見ている側としても非常に乗り手が乗りやすそうな従順な走りでしたね。走っている間は普段よりも頭の位置が多少低くなりますが、もう少し沈んだ走りができればなおいいですね。あとは本気でビシッと攻めた時にどれぐらい動けるかでしょう」と及第点の評価を与えています。
 引き続きカイバ食いは安定しており、馬体重も少しずつ増加傾向にあります。予定通り、来週の中京土曜5R芝1600mに国分恭騎手とのコンビで出走を予定しています。

Posted by sachi at 04:54 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ヴィーナスは日曜に中京で出走。これまでいいところがなかった馬だけに、すでに消化試合の雰囲気が漂いますが、加用厩舎だというところに少しだけ希望をつないでいます。今回の追いきりはラスト1ハロン12.7秒なら悪くないでしょう。あとは相手関係と太宰騎手の手綱さばきにかかっています。距離短縮がどう出るかは不明ながら、何とか少しは見どころのあるレースをしてほしい。

サマーヴィーナス [入厩馬 / 加用正厩舎]  ■2014/07/17
7/20(日)中京競馬第2レース、3歳未勝利(牝)、芝1200m、18頭立て、太宰啓介騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午前10時30分です。
7/16には太宰騎手を背に芝コースにて、最終追い切りを併せ馬で消化しています。6ハロン81.5秒、3ハロン37.8秒、ラスト1ハロン12.7秒の時計を馬なりでマーク。併せたクリアザコースト(3歳未勝利、馬なり)の外をアタマ遅れています。加用調教師は「今週は太宰騎手に跨ってもらいましたが先週同様動きはしっかりしており、芝の感触もまずまずだったようです。仕上がりの方は同馬なりに良さそうですので、あとは今回再び芝に戻しますが、距離短縮と同馬なりに成長してきた事でどこまでやれるかがポイントだと見ています。調教では素軽い動きを披露するようになっていますし、出来れば良馬場でレースをしたいですね」とコメントしていました。ご声援ください。

5歳馬
ハピネスは栗東で坂路中心に調整中。息遣いはだいぶしっかりしてきたようで、これまでのところ順調。1週前追い切りもそれなりの時計です。牝馬は夏の暑さに強いはず、今度こそもう少しいい順位をと願うものの、小回りの中京でどうでしょうか。この馬はコースにあまり関係なく気分の問題かもしれないと思うのですが、集中力を発揮できますように。

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎]  ■2014/07/17
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。先週末には状態に合わせて15-15のメニューを消化していますが、息遣いの方も週を追う毎にしっかりしてきている様子で、ここまでは引き続き順調に調整が進められてます。そこで7/16には坂路にて、1週前追い切りを単走で消化しています。4ハロン53.9秒、3ハロン38.5秒、ラスト1ハロン12.9秒の時計を馬なりでマークしています。松元調教師は「先週末には予定通り15-15程度のところを消化していますが、息遣いの方もひと追い毎にしっかりしてきていますので、ここまでは引き続き順調にきています。そこで今週は状態に合わせて馬なりで追いましたが、気持ちもしっかりと走りに向いてきた事で手応え良さそうに走れていましたし、1週前でこの動きであれば十分ではないかとも見ています。ここまでは順調そのものですね」とコメントしていました。同馬自身もレースが近づいてきているのを理解しているのか、先週末辺りからはだいぶ前向きさが感じられるようになってきていますので、今後はこのまま良い状態でレースに臨めるよう調整を進めていきます。次走については7/26中京競馬、3歳以上500万下、ダート1400mに出走を予定しています。

Posted by sachi at 04:53 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 17, 2014

ノルマンディー外厩馬近況

2歳馬
グランノーヴァはノルマンディーファームで育成中。馬体が大きくなったようで、前回の近況では500キロを超えていましたが、乗り込んできたおかげで馬体は少し絞れ、今回は492キロ。肉体的にたくましくなってきたのに加え、精神面でも集中力が増したようです。マルーンドロップが期待を裏切り惨敗した前走で勝ち星をあげたのは牧男さんの馬でした。3歳の出資馬2頭はいまひとつ勝ち切れませんが、この馬はそんなことがないよう、勝てる時にきっちり勝ち上がれることを願っています。このまま順調にいってほしい。
グランビスキュイは中間に左前脚を捻挫下とかで、リフレッシュを兼ねて数日調教をお休み。10日からはウォーキングマシンの運動を開始し、きのうからすでに騎乗を再開とのこと。まだ軽い運動のようですが、体つきがたくましくなり、成長を感じることができるとのコメントにホッとしています。捻挫が軽いもので、このまま順調にペースアップできるとよいのですが……

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎予定
2014/7/15 (ノルマンディーファーム) 馬体重:492kg
引き続き馬場2周と坂路1本を18〜20秒ペースのメニューで調整中です。脚元は変わらず落ち着いていますが、焦ることなくじっくりと進めています。着実に幼さが抜けてきており、肉体的に逞しさを増した今ではメンタル面でも余裕が出てきたようで、しっかりと気持ちを集中させることができるようになってきました。体だけではなく、精神的にも良い成長を遂げている様子です。今後も馬本位に調整していきます。

▼グランビスキュイ……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎予定
2014/7/15 (ノルマンディーファーム) 馬体重:486kg
中間に左前脚を捻挫したことからリフレッシュを兼ねて馬場入りを数日休みましたが、10日からウォーキングマシンの運動を開始し、今週から騎乗を再開しました。現在は馬場1周と坂路1本を軽めに登っています。体付きは随分と逞しくなり、十分な成長を感じ取ることができるのでさらなる上積みを求めながら徐々にピッチを上げて調整していく予定です。

なお、ハッピーキャップは栗東に入厩予定のため、7月16日に募集が締め切られました。いよいよデビューに備えて本格的な調整に入ります。個人的にまだノルマンディーで勝利がないのがとても寂しい限り。この馬には期待しています。

Posted by sachi at 07:36 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン外厩馬近況

現役外厩馬が更新されていたのを見過ごしていたので、2歳と一緒に掲載します。

2歳馬
ドルチェはセグチ本場で育成中。左前を気にする様子がまたみられたとのことでオゾン治療を施したところ良くなったようです。脚元に負担がかからないよう坂路中心のメニューで進めており、馬体が緩んでいる以外は順調。体重はすでに500キロと、大きくなりました。脚元のためにはもう少し絞れたほうがよいのだけれど、まだ緩いようです。無理せずじっくり調整して欲しいのですが、デビューはいつかなぁ。ラヴ産駒らしい走りを見るのが待ち遠しい。

ドリームドルチェ [外厩馬 / セグチレーシングステーブル本場]  ■2014/07/15
セグチレーシングステーブル本場で育成中。現在は坂路中心にダクとハッキングで乗り込まれています。中間は左前を少し気にしているところもありましたので、先週には再びオゾン治療を施していますが、その後は同馬自身が脚元を気にする事もなくなりましたので、先週から坂路中心のメニューへ移行しています。担当スタッフは「脚元の経過を確認しながら2回オゾン治療を施した事で、先週の治療後はすっかり脚元を気にする事もなくなり痛みも取れてきました。その後は脚元の負担を考えて坂路中心のメニューで乗り込みを進めていますが、体が緩んでいるところ以外は特に気になるところはありませんので、今後しばらくは無理せずしっかりベースを整えていきたいと思います」とコメントしていました。乗り込みを進めている事で、体付きは徐々にスッキリとしてきてはいますが、全体的にまだ緩さもありますので、今後は無理せずまずはしっかりベースを整えていきます。現在の馬体重は500kgです。

3歳馬
ヴィーナスはデビューするも見どころなく放牧されていましたが、やっと栗東に帰厩して坂路中心に調整中。入厩したあとは順調のようで、追い切りも消化。酒井騎手を背にそこそこ通用するのではないかと思われる時計を出しましたが、併せた3歳未勝利馬には遅れています。この馬なりにしっかりしてきたとはいえ、来週の出走も可能とのこと。地方交流戦でいまひとつだったので、次走は芝に戻し、距離短縮を試みるようです。今週の中京・牝馬限定の芝1200mを予定。鞍上太宰騎手なら、ベテランの味で競馬を教えこんでくれるでしょう。前進を期待します。

サマーヴィーナス [入厩馬 / 加用正厩舎]  ■2014/07/10
栗東トレセンで調整中。坂路中心にウッドチップコースも取り入れ乗り込まれています。入厩後は状態を確認しながらペースアップしていますが、牧場で入念に乗り込んできた事でそこまで緩さも感じられず、ここまでは至って順調に調整が進められている様子です。そこで7/9には酒井騎手を背に坂路にて、入厩後1本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。4ハロン52.7秒、3ハロン38.3秒、ラスト1ハロン12.7秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたアルブスメロディー(3歳未勝利、一杯)を0.5秒先行しクビ遅れています。加用調教師は「今回厩舎に戻ってきてからは、以前に比べると同馬なりにしっかりしてきた印象で良い傾向と見ています。そこで今週は酒井騎手に追い切りで跨ってもらい感触を見てもらいましたが、前向きにハミを取って走れているし息もだいぶ出来ているので、今後は来週辺りの出走でも十分検討していけるのではないかとの事でした。そこで改めて次走について検討したところ、前走は地方交流戦での結果としては正直もうひとつだったので、今回は再び芝に戻して短距離を試していきたいと思います」とコメントしていました。ここにきて同馬なりに成長してきた事で節々もしっかりしてきている様子で、以前に比べると身のこなしやフットワークも力強くなってきています。今後はこのまま状態に合わせて追って来週の出走に向け態勢を整えていきます。次走については7/20中京競馬、3歳未勝利(牝)、芝1200mに出走予定。太宰啓介騎手に騎乗依頼しています。

4歳馬
リヴァールはセグチで調整中。前走はこれでこの馬も終わりかと思わせる不甲斐なさでしたが、目立ったダメージもなくリラックスしながら調整出来ているようです。もう少し馬体をふっくらさせてから戻したいとのことですが、今月末には入厩できるでしょう。馬体重はさほど増えていないのは、カリカリしがちな馬のせいか。未勝利を勝ち上がった時の走りを思い出して、せめて掲示板くらい確保できるようになってほしい。まだ諦めず、新潟でいい走りを見せてほしいものですが、さてどれくらい体力がついているでしょうか。

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/07/15
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクと軽めのキャンターで乗り込まれています。牧場到着後は直ぐにテンションも落ち着いた事から、早速状態に合わせて調整が進められています。担当スタッフは「移動後1〜2日は若干カリカリした様子もありましたが、その後は直ぐに落ち着いて飼葉もしっかりと食べていました。そこで緩ませないよう早速騎乗を開始していますが、今のところは目立ったダメージもなくリラックスして走れていますので、今後もこのまましっかりリフレッシュ出来るよう調整を進めていきたいと思います。池上調教師からはもう少し体をフックラさせて欲しいとの指示も受けています」とコメントしていました。見た目には毛ヅヤも徐々に良くなってきていますが、この時期のものとしてはそこまでではありませんので、今後も状態に合わせて乗り込みを進め良化を促していきます。現時点では引き続き今月末頃の入厩を視野に入れています。現在の馬体重は442kgです。

5歳馬
ハピネスは栗東に入厩して調整中。先週末にペースアップしてから順調とのことで、環境の変化のおかげか徐々に気も入ってきた様子。さっと流す程度には追い切りも消化。これから本数を重ねていけばしっかりしてくると、先生は見てくれているようです。この暑さのなかペースが上がっても飼い喰いは旺盛らしく、夏こそ牝馬の活躍時。募集時の期待にはまだ程遠い成績ですが、馬体だけは変わらずよく見せます。事故に巻き込まれて頓挫してからいいところがないものの、そろそろ本気で走ってくれないと。来週、中京のダート1400mが目標。この馬には適鞍だと思います。頑張ってほしい。

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎]  ■2014/07/10
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。ここまでは先週末に軽くペースアップしてからも順調にきており、環境が変わった事でピリッとして徐々に気も入ってきている様子です。そこで7/9には坂路にて、入厩後2本となる追い切りを単走で消化しています。4ハロン52.6秒、3ハロン38.0秒、ラスト1ハロン13.3秒の時計を馬なりでマークしています。松元調教師は「入厩後は引き続き順調にきていますので、今週は予定通り速いところを消化しています。時計を出すのは今回が実質1本目ですので、内容は単走の馬なりでサッと流す程度のものでしたが、既にベースが出来ているので動き自体は良く、息遣いもこれから本数を重ねていけばしっかりしてくると見ています。全体の時計も52秒台であれば十分ですし、今後はこれで終いの時計がまとまってくれば良いと思います。ここまでは順調そのものですね」とコメントしていました。徐々に負荷が掛かってきている中でも飼い食いは旺盛との事で、体調そのものも同馬なりに良さそうで良い傾向と見ています。今後はこのまま来週、再来週と状態に合わせて追ってしっかり態勢を整えていきます。次走については7/26中京競馬、3歳以上500万下、ダート1400mを本線に進めていく予定です。

Posted by sachi at 07:36 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン2歳外厩馬近況

カルミナは北海道のCVFで調整中。坂路とトラックコースでのメニューのほか、ゲート練習も平行して行っているようです。ゲートは問題ないようで、入厩すればすぐ合格するレベルとのこと。牝馬としてはそこそこ高めの馬だったので、その価格に見合った活躍をして欲しいのですが、やはり動きはいまひとつのようで、見込みが甘かった。しかしドリームバスケットも本格化するのは遅かったのです。焦らず地道に乗り込んで力をつけてやってください。
ティアラも北海道のCVFで調整中。カルミナとほぼ同等のメニューで、ゲート練習も取り入れています。そしていつも安定した動きながら、時計が埋まって来ないところも同じ。これから夏にどれくらい成長してくれるかがカギでしょうか。母は期待以上に走った馬ですし、手塚厩舎も悪くない。この2頭の牝馬のどちらかでも暮れの大舞台に出走してくれないものかしら(ま、夢を見られるのはデビューまでですから。笑)

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日 2014年7月16日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「今週はゲート練習を多く取り入れたメニューを消化していますが、ゲートの出は速く全体的な動作も問題ありませんでした。仮に今ゲート試験を受けても合格できるレベルにはあるのでしょうが、トレセンへ送り出すにはもっと動きが上向いてほしいところです」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日  2014年7月16日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「この馬としてはいつも安定した動きを見せていますが、なかなか追い切り時計が詰まってこないのが悩ましいところです。ゲート練習は心配なくこなせていますから、あとは今後どれだけ成長してくるかどうかでしょう」と話していました。

Posted by sachi at 07:35 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 14, 2014

マルーン惨敗

案の定、3走目でまたしても惨敗。これで未勝利戦脱出がとても厳しくなりました。これから立て直すといっても時間がないし、結局わがノルマンディー馬は2頭とも未勝利のまま終わるのか?

7/13(日)函館5R 3歳未勝利・牝 芝2000m 天気:曇 馬場:良 発走:12:10
10着 8枠 15番 マルーンドロップ 牝3 54.0 黛 2:02.9 1/2 1 3.4 37.3 4-3-3-3 (美浦)栗田徹 456(+4)

【競馬場速報】
▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/7/13 (函館競馬場) 馬体重:464kg
★7/13(日)函館 3歳未勝利・牝(芝2000m)黛弘人騎手 結果10着
「調教時の感触も悪くなかったのに、今日は向正面から押せど進まず手応えが怪しくなってしまいました。この馬には距離が1ハロン長いのかもしれません」(黛弘人騎手)

育成時代の評判のよさ(コメント)からこのコンデュイット産駒に出資したのは失敗だったと反省しよう。
父コンデュイットで走っている馬いましたっけ? そしていまさら「1ハロン長いのかも」なんて言われても。

Posted by sachi at 12:59 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 13, 2014

トゥモローは6着

少頭数だったので、いくらなんでも掲示板は確保してくれるかと思っていましたが、それすら逃してしまいました。

7/12(土)中京 8R 3歳以上500万下 芝2200m  発走13:55
6着 7枠 9番 ウイントゥモロー 牡3 54.0 和田 2:16.2 2.1/2 6 15.8 36.3 (栗東)西園 492(+4)

3角から4角まではひょっとしてと思わせる走りで、このまま最後まで粘ってほしいと願ったものの、案の定、直線で後続にかわされた。もともと末が切れる馬ではないので先行策だったのでしょう。最後までもたなかったのは休み明けのせいもあるでしょう。馬体減りを心配していた割にプラス体重での出走だったことからも、追い切りが少し足りなかったのかもしれません。このまま500万下で掲示板が目標になってしまわないよう願いたい。

【競馬場速報】
▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2014年7月12日(土)
和田竜二騎手 休み明けの影響なのか、まだ馬が緩いですね。直線の最後のほうは、完全に脚が上がってガクガクしたフットワークになっていましたから。でも、道中は自分からグイグイとハミを取ってくれて、直線入り口ではひょっとして、と期待したほど。まだ良くなりそうですし、次はいいと思いますよ。
西園調教師 今回、帰厩時はふっくらした体で戻ってきましたが、どうしても攻め馬を積む毎に体が減り気味になっていたので、今週の最終追い切りは少し手控えたんです。それでも相性のいいコースですし、久々でも力を出してくれると期待していましたが、最後のバテかたを見るといくらか追い不足だったのかもしれませんね。でも内容は良かったですし、よく頑張ったのではないでしょうか。次は中2週で8月3日、小倉日曜9R「国東特別」芝2000mへ向かいましょう。
片山駿の目 9Rの特別戦はメンバーが強いことから平場戦へ回った今回ですが、クラス編成直後という時期的なものもあり、降級馬や3歳戦で上位の成績を収めている馬などでこちらもかなりメンバーは揃っていました。そんな強い相手関係の中、直線先頭という十分な見せ場を作った内容は悪くなかったと思います。入厩後は馬体の維持に少し気を遣ってきたように、今後もその辺りは課題として挙げられますが、今回はいくらか急仕上げ気味だったことを思えば、次はきっと上積みが見込めるはずです。また先行力がある馬ですから、小倉替わりもプラスに働きそうですし、次走は楽しみです。

Posted by sachi at 07:33 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 12, 2014

トゥモローは無印ながら3番人気?

使い減りして勢いも低下、ベストの状態ではなさそうなので、印通りかなと思う。
とはいえ12頭と少頭数のレースで、中京は勝ち上がったコース。何とか人気くらいの着順には来てほしい。

7/12(土)中京 8R 3歳以上500万下 芝2200m 和田竜二 54.0 13:55 12 7 9

1 1 ◎ ◎     ヤマニンプードレ 牝4 52 岩崎 河内 6.5 5
2 2         アイファーウエスト 牡4 54 義 加藤敬 79.5 12
3 3   ▲     テイケイフロックス 牝5 55 幸 大橋 39.1 10
4 4 △       タガノベルーガ 牝3 52 酒井 宮 16 7
5 5 ○       ビップレボルシオン 牡3 54 武豊 清水久 4.8 2
5 6         ワールドマッチ 牡3 54 川島 中竹 22.5 8
6 7 ▲ △     テイコフトウショウ 牝4 55 国分優 梅田智 13.7 6
6 8         ワンダフルニュース 牡3 51 松若 尾関 28.3 9
7 9         ウイントゥモロー 牡3 54 和田 西園 5.2 3
7 10 △ ○     アグネスヴェルテュ 牡3 54 福永 長浜 4 1
8 11         スリーキングス 牡5 57 国分恭 石橋 71.3 11
8 12 ☆       コルサーレ 牡3 54 パートン 池江 5.4 4
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 12:48 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

きょう出走のトゥモローに加え、再来週の出走に延びたサヴァランと同じく再来週に出走予定のジラソーレが時計を出しています。

マイネサヴァラン
7/9 助 手 美南P 良 69.0 52.2 38.8 13.2 8 馬ナリ余力
7/6 助 手 美南P 良 キリ 12.5 9 G前仕掛け
ウイントゥモロー
7/9 助 手 栗東坂 良 56.1 39.5 25.4 13.0 一杯に追う
ウインジラソーレ
7/10 助 手 栗東坂 重 56.7 41.5 27.0 13.0 稍一杯追う
7/6 助 手 栗東坂 良 56.4 41.3 27.5 13.9 馬ナリ余力
 メイショウラリマー(古500万)馬ナリに同入

どの馬も時計に関する限りイマイチの感を否めません。とりわけきょう出走のトゥモローが、良の坂路でこれ? う〜ん、短距離馬ではないので坂路ではあまり時計が出ないと思っておきましょう。
サヴァンは目標を延期したのでこれでよし。もともと調教は追えば追うだけ走る馬です。格上挑戦で得意の福島での出走が吉と出てくれるといいのですが。
ジラソーレは焦ってデビューさせなくてもと思うものの、クラブがデビューさせたいのなら仕方ありません。本当はもう少し態勢が整ってから出走させてほしいのですが、調教がわりの出走にならないよう願います。せめて次走の優先出走権でもとれますように。
なお、マルーンは函館の滞在で時計を出していませんが、この馬はいつも調教駆けするわりに実戦での成績がいま一歩。牝馬限定戦でもあり、今度こそ勝利を願いたいのですが、鞍上が不安要因。

【出走確定】
ウイントゥモロー
7/12(土)中京 8R 3歳以上500万下 芝2200m 和田竜二 54.0 13:55 12 7 9
マルーンドロップ
7/13(日)函館5R 3歳未勝利・牝 芝2000m 黛弘人騎手

Posted by sachi at 12:42 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
アペルトゥーラは美浦で調整中。今回は重い馬場に足を取られてパッとしない動きだったよう。良馬場でこそ持ち味がいきる馬なので、今週は回避してよし。来週の福島がいい天気とは限らないけれど、今週よりはよいでしょう。とはいえ、福島ではある程度前に行っていないと。戸崎騎手、今度こそよろしくお願いしますっ! 
マルーンは明日、函館で出走です。関西も関東も台風一過で猛暑ですが、北海道はいくらなんでもそれほどにはならない?  初戦よりも前走、そしてさらに今回と調子が上がっているとのコメントで、ここで勝てなければどこで?が続いての今回、その通りに今度こそ勝ち上がれればと願っています。でないと、応援の気持ちももうこれ以上続かないかも……

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/7/9 (美浦トレセン)
9日にWコースで5ハロンから併せ、69.6-54.7-40.8-14.1を馬ナリに追い切りました。「今朝は角馬場で入念に体をほぐしたあと、先行させる形で古馬との併せ馬を行いましたが、重い馬場に脚を取られてパッとしない動きに映りました。息遣いや体調面に不安はありませんが、台風の影響で週末の馬場コンディションが気にかかります。前走内容から、やはりこの馬は良馬場でこそ持ち味を発揮できるタイプだと思いますし、近二走で騎乗している戸崎騎手を確保出来ましたので、来週の福島芝1800m戦にスライドします」(国枝 栄 調教師)

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/7/10 (函館競馬場)
☆7/13(日)函館 3歳未勝利・牝(芝2000m)黛弘人騎手
9日に函館競馬場のダートコースで4ハロン58.0-41.5-13.5を単走で馬ナリに追い切りました。「本当にタフな馬で、函館移動後の初戦よりも前走、そして今回とレースを使う毎に調子が上がってきています。近二走で好走している1800m戦と最後まで投票を悩みましたが、メンバーが若干手薄とみて牝馬限定戦を使うことにしました。1ハロン距離が伸びる分、最後は自分との戦いになりますが、タメが利くようになって成長した今ならこなせると思っています。黛騎手も完全に馬の特徴を掴んでいますし、ここで決めましょう」(栗田 徹 調教師)

2歳馬
ハッピーキャップは、前回もそうでしたがまだ集中力にかけるとのこと。順調に乗り込むことはできているそうなので、そのうち体力が追いついてくれるでしょうか。入厩が先送りされたので、牧場でもう少し乗り込みながら少しずつでも良化して、無事デビューを迎えてほしいものです。

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/7/11 (ノルマンディーファーム小野町) 馬体重:466kg
現在は馬場1周と坂路2本(週に2回は1ハロン12〜15秒ペース)のメニューを消化しています。依然として集中力に欠ける面は残っていますが、順調に乗り込むことができており、着実に態勢は整ってきました。今週の検疫が確保できなかったことから来週以降に栗東へ入厩する予定です。

Posted by sachi at 12:35 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
トゥモローはきょう中京で出走です。茶臼山特別にも登録がありましたが、相手関係を見てきょうの出走に。しかし追い切りの時計は終いがいまひとつ。馬体がまだ十分に戻っていないのも気がかりな点です。ただ、コメントでは馬の雰囲気は前走よりよいい感じとのことで、少なくとも掲示板、いや馬券圏内は確保してほしいところ。鞍上が和田騎手なのもよい傾向に思えますが、肝心の馬の状態がいまいちなのが…… 勝ち切れないまでも、前走よりはよい結果を期待しています。頑張れトゥモロー&和田騎手!

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日  2014年7月10日(木)
 先週末の特別登録では、今週の中京「茶臼山特別」芝2000mにも登録を行ったウイントゥモローですが、メンバーを照らし合わせた結果、予定通り今週の中京土曜8R芝2200mへ向かうことが決まっています。
 そして昨日9日(水)には、坂路コースで単走の最終追い切りがかけられました。駒崎調教助手が騎乗し、テンが16秒6だったようにかなりゆったりとした立ち上げでスタート。それでもその後は十分な加速を見せ、4F56秒1、ラスト1F13秒0という時計で追い切りを終えています。
 同助手は「決して減っているわけではありませんが、体の戻りがそこまで早い馬ではないので、単走でサッと行かせました。時計は平凡ですが、最後もそんなにやりませんでしたし、まったく心配はありません。前回、今回と担当させてもらっている立場から言うと、今回の方が馬の雰囲気はかなり良くなっているように感じますし、きっとレースでも頑張ってくれると思います」と期待を語っていました。
 追い切り明けの本日10日(木)は厩舎周りの引き運動のみにセーブされ、午後の出馬投票では今週の中京土曜8R芝2200mに和田騎手とのコンビで出走が確定しています。

2歳馬
ジラソーレはデビューに向けて調整中。初時計は平凡で、右に持たれたり、終いも息が持たなかったようで、まだ一歩二歩というところかなぁ。案の定、デビューは1週スライドさせて再来週の中京での出走を目指すことになりました。わが厩舎の2歳世代では一番乗りの予定ですが、良化途上では新馬勝ちはむずかしそう。次走までにまだ少し時間があるので、そのあいだに変わり身を見せてくれればと思います。鞍上国分恭介騎手は、カトラスでかなりお世話になりました。ジラソーレもよろしくお願いしますね!
カルミナのコメントは相変わらず。ゲートの出は悪くないようですが、肝心の走りがまだまだ。ステイゴールド産駒なので、そう早くデビューさせなくてもと思いますが、それにしても坂路の動きが悪くてフォームが伸びないとのこと。う〜ん、見込み違いの出資だったかなと思わなくもないですが、ステイ産駒は仕上がりが早いほうではありません。長い目でみて、秋デビューでいいから、じっくり調教を積んで地力をつけて行ってほしいもの。
ティアラもカルミナと同様、動きの良化が遅いようです。ただし馬体の方はだいぶ良くなって来たようなので、走りもそのうち変わってくることを期待しています。そろそろトレセンへ送り出す頃合いもとのコメントもあり、夏には入厩できるのかしら。もちろん夏にデビューできれば楽しめる期間が長いからそれに越したことはありませんが、ジラソーレが早期デビューできれば、あとの牝馬2頭は秋デビューでもOK。とはいえ、トレセンでの調教は牧場とは違ってプロの手によるもの。入厩できれば嬉しいですね。ハービンジャー産駒はまだ未知数ですが、父系のデインヒルが日本の競馬に合っているかどうか。わたしは未知数の魅力にかけてみたのですが、今のところはやはり動きが重いよう。母父のステイゴールドが軽く出ればいいなと願っています。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日  2014年7月10日(木)
 先週の週中までは馬体回復のため、通常通りの調教を行っていたウインジラソーレですが、先週末6日(日)には予告どおり1本目の追い切りがかけられました。坂路コースで古馬500万下メイショウラリマーとの併せ馬でしたが、内容は軽めのもので、ラストまで両馬とも馬なりのままフィニッシュし、4F56秒4、ラスト1F13秒9という初時計が記録されています。
 そして、今週は昨日9日(水)は坂路を楽走で1本乗られると、本日10日(木)には坂路で単走の1週前追い切りがかけられました。テンはゆったりとした入りでしたが、その後は後半に行くにしたがって次第に加速。ラストは一杯に追われて、4F56秒7、ラスト13秒0という時計をマークしています。
 騎乗した西原助手は「最後追い出してからは右にモタれ気味に走っていましたし、ラストも苦しくなったのかフラフラするところがありました。それでも、一杯に追ったのは初めてでしたからね」と慎重なジャッジをしていました。
 これを受けた梅田智調教師は「来週デビューだと良化途上の状態で送り出すことになりそうですし、もう1週スライドしてしっかり攻め馬を積んでから送り出したいと思います」と再来週の7月26日、中京土曜5R芝1600mでのデビューに照準を合わせることになりました。なお、鞍上は国分恭騎手の予定となっています。
 担当の熊沢厩務員は「カイバ食いはだいぶ安定してきました。性格は素直なタイプですし、繋ぎの柔さもある馬なので、軌道に乗ってくれば走ってきそうな雰囲気はありますよ。あとはデビューまでの2週間でどれぐらい良くなってくれるかでしょうね」と話していました。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2014年7月9日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「今週は久々にゲート練習も行いましたが、前回から間隔が開いた割にゲートの飛び出しは速く、特に注文を付けるところはありませんでした。ただ、普段の坂路の動きは相変わらずで、なかなかフォームが伸びず、良化はスローです」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日  2014年7月9日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「今週は久々にゲート練習を行いましたが、全体を通して動作に問題はありませんでした。馬体の良化の割に動きがもうひとつ変わってこないところが悩ましいところではありますが、ここまでだいぶ乗り込みを重ねてきましたし、そろそろトレセンへ送り出しても良い時期かもしれません」と話していました。

Posted by sachi at 12:33 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン馬近況

サヴァランは目標だった福島のレースを先週除外された結果、今週の中京での出走を見合わせ、格上挑戦で出走の可能性がある7月20日(日)福島のバーデンバーデンCを目標とすることに。中京より福島でのレースが望ましいのは確かですが、問題は出走できるかどうか。ぜひとも出走できるよう願います。調整は問題のない状態だそうですが、ベストコンディションを長く続けるのは厳しいこと。ましてやこの暑さです。調整がうまくいくよう、そして無事出走がかなうよう祈ります。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年7月11日(金)
マイネサヴァランは、美浦に滞在中。20日(日)福島のバーデンバーデンC・芝1200m(ハンデ)が、準オープン馬にも出走枠がありそうな状況です。実際にふたを開けてみたら除外という可能性もゼロではないのですが、平坦小回りの方が向いていそうな印象。1週スライドすることになりますが、「出走を延ばしても問題のない状態」と清水調教師は述べています。コンディションの課題もクリアできることから、12日(土)中京の豊明S・芝1400mへの投票を見合わせ、福島を目標に定めることとなりました。

Posted by sachi at 12:32 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 06, 2014

ウイン2歳馬近況

牧場滞在の2歳馬のほうが入厩馬より先に更新されていたのに見過ごしていました。
カルミアは相変わらずの様子で、この馬なりに一生懸命走っているものの「動きは目立ってきません」って…… 残念です。乗り込みつつ覚醒してくれることを願います。
ティアラも似たようなもの。コメントがほとんど同じで、目立った動きをしていないようです。う〜ん、どうもウインとは相性が悪いのか、いや、たぶん選馬眼がないからでしょう。それでも「馬体が着実に良化してきた」のはよいこと。これから変わってきてほしいものです。
今年のウインはステイゴールド産駒の価格を吊り上げているだけにしか思えないので、たぶん出資はしないでしょう。ラフィアンの元愛馬ルーチェの娘だけで終わる可能性もあります。ラフィアンにはもう出資したくなかったのですが、ルーチェの娘なのでここは我慢して出資。同じ元愛馬アルデュールの産駒にはまったく心が動かなかったけれど、ルーチェは愛着ひとしおなので。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2014年7月2日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「引き続き、順調に乗り込めていますし、この馬なりに一生懸命走ってくれていますが、動きは目立ってきません。乗り込みながらもう少し走りに素軽さが出てくれるといいですね」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久 
更新日  2014年7月2日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「馬体は着実に良化してきましたが、肝心の動きにはまだ大きな変化は見られません。もう少し全体的に動きがピリッとしてきてほしい気持ちですが、まだこれから変わってくれると思います」と話していました。

Posted by sachi at 10:35 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (2)

今週の調教時計

今週出走予定だったサヴァランと、来週復帰戦を迎える予定のトゥモローが時計を出しています。

マイネサヴァラン
7/2  助 手 美南P 良 68.2 52.2 38.3 12.5 8 馬ナリ余力
6/29 助 手 美南P 良 53.0 38.2 11.7 8 G前仕掛け
ウイントゥモロー
7/3  助 手 栗東CW 良 84.4 68.0 53.0 39.3 13.1 7 一杯に追う
 サトノブレゲ(三未勝)一杯の外を0.4秒追走5F併0.5秒遅れ
6/29  助 手 栗東坂 重 61.8 44.6 29.7 15.4 馬ナリ余力

サヴァランは時計そのものは順調のようだけど、残念ながら福島のレースは除外されました。前走の不振が悔やまれます。でも能力は秀でているはず。次の目標レースに向けてうまく調整してほしいものです。
トゥモローも今ひとつの感じで、これでは結果が出るとは思えません。もう少し走れる馬だと見込んでいたのですが……

なお、サヴァランの除外で、今週の出走馬はありません。

Posted by sachi at 12:42 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
アペルトゥーラは来週、福島で出走予定。前走が惜しい3着だったので今度こそ勝利をつかみたいものですが、得意の東京コースから福島にかわってどうか。今の力だと、終い甘くなる分、福島でもいい気もするけれど、やはり先行できないと最後の直線だけでは勝ち切れないでしょう。状態は悪くなさそうなので、何がなんでもそろそろ買って欲しいです。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/7/3 (美浦トレセン)
「この中間は速めを消化していませんが、曳き運動や角馬場で入念に体をほぐして調整しています。まだトモがはまりきっていないため、最後にどうしても甘くなってしまう面は見られるものの、いつまでも未勝利クラスにいる馬ではありません。競馬を2回使って体は出来上がっているので、次こそ結果を出したいですね。追い切りの動き次第にはなりますが、来週7/13(日)の福島芝1800m戦に向かう予定です」(国枝 栄 調教師)

2歳馬
グランノーヴァはまだデビューまでしばらくかかりそう。脚元の状態が安定しているのはよいけれど、慎重に進めて行くしかないでしょう。夏競馬が始まったとはいえ、まだまだこれから。地道に力をつけていって秋には花を咲かせて欲しいです。
ハッピーキャップはあと1ヶ月ほどで入厩まで行けそうなコメントですね。素軽い走りで軽快なフットワークということですが、気を抜くところがあるのか十分に集中できない様子。それでも競馬というものが分かってくれば、持ち前の能力を発揮できることを願います。
グランビスキュイはグランノーヴァ同様、トラックと坂路で調整中。こちらも入厩はまだ先になりそうです。募集時から筋肉量が多そうで早期デビューも可能かなと思っていましたが、もう少しうまく体を使えばさらに良くなりそうとのことで、ただいまフォームを矯正中。その効果が出て強い馬になってくれるといいのですが、走法なんてそう変えられるものなのでしょうか。まぁ、クラブとしては期待馬のうちに入っていると思いますが、現3歳の成績が成績だけに、さほどの期待はできないかもしれません。

▼グランノーヴァ……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎予定
2014/6/30 (ノルマンディーファーム)  馬体重:501kg
 現在は馬場2周と坂路1本を18〜20秒ペースのメニューで調整中です。脚元の状態は安定していますが、これまでの経緯を踏まえ、一気にペースを上げるのではなく馬の様子を見ながら大事に進めています。体をしっかりと使った力強い走りからは奥深さを十分に感じさせられる本馬ですが、伸びしろがまだまだ多く残っているので、さらなる基礎体力の強化と馬体の成長を促しながら進める予定です。

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/6/27 (ノルマンディーファーム小野町)  馬体重:462kg
 引き続き馬場1周と坂路2本(週に2回は1ハロン13〜15秒ペース)のメニューを消化しています。走りは素軽く、軽快なフットワークで駆けていますが、依然として集中力が散漫で頭を上げたりとしているので、納得させながら教え込んでいく予定です。真面目に走れるようになればさらに質の高い走りを見せてくれるでしょう。来月中旬頃には栗東に送り出したいと考えているので、課題を克服させながらしっかりと調整していきます。

▼グランビスキュイ……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎予定
2014/6/30 (ノルマンディーファーム)  馬体重:481kg
 現在は馬場1周と坂路2本を18〜20秒ペース(週2回は15〜18秒ペース)のメニューで調整中です。ペースを上げて乗り込んでいましたが、もう少し体の使い方が上手になればさらに質の高い走りを見せてくれそうなので、ペースを落として矯正を図っています。体調自体には問題ないので、走法を改善させて次第ペースを上げて入厩に備える予定です。

Posted by sachi at 12:40 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン馬近況

サヴァランは目標にしていた福島でのレースを除外され、函館にも適当なレースがないため、来週の中京のレースに目標を切り替えることに。そしてオープン戦ながらフルゲートにならない可能性があるなら、福島ノバーデンバーデンCも視野にいれるようです。ラフィアンのレーシングマネジャーは一体何をしているんでしょうか。今に始まったことではないけれど、まったく腹立たしい。ルーチェの娘に出資してしまったのですが、またもや失敗だったか。しかし今年のウインは急に価格を高く設定して出資する気がしません。ノルマンディーも成績が伴わないし、そろそろ1口から撤退する潮時かも。か。別のクラブを検討する道もあるけれど、まあ、ルーチェ娘に期待してじっくり機を待つとしますか。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年7月4日(金)
マイネサヴァランは、美浦に滞在中。予定していた5日(土)のテレビユー福島は抽選の結果、残念ながら除外でした。来週以降、1000万クラスで3着の実績がある函館にもしばらく適当な番組ない状況です。目標を12日(土)中京の豊明S・芝1400mに切り替えることとなりました。オープン馬でフルゲートに満たない可能性がある、という状況なら、20日(日)福島のバーデンバーデンC・芝1200mも視野に入れます。

Posted by sachi at 12:32 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
トゥモローは先週、トレセンに戻り、早速乗り出し開始。水曜には坂路で軽めに1本こなしたあと、きのうには初の追い切りを消化とのこと。しかしまだ本調子ではないようで併走下3歳未勝利馬に遅れたよう。これでは復帰まで、もう少し乗り込んでからじゃないと…… とはいえ、まずは馬体を作って基礎固めをしてからがよさそうです。500万で終わってしまう馬ではないと思っているものの、なかなか順調には行きません。目標のレースまでに態勢を整えてほしいと願っていますが、中京もどうでしょうかね。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2014年7月3日(木)
 コスモヴューファームからビッグレッドファーム鉾田を経由して、先週末28日(土)にトレセンへ入厩したウイントゥモロー。乗り出し後も順調で、昨日2日(水)は坂路を楽走で1本をこなすと、本日3日(木)にはCWコースで帰厩後初追い切りが併せ馬でかけられました。
 調教パートナーは3歳未出走のサトノブレゲで、これを2馬身ほど追走でスタートし、5Fからの併せ馬となりましたが、直線は両馬とも一杯に追われるとトゥモローの方が先に遅れだし、結果、2馬身半ほどの遅れでフィニッシュとなっています。
 追い切りを見た西園調教師は「今回は何より体を減らさずトレセンへ戻ってこれたのがいいですね。今朝は追い切り1本目でもうひとつ動ききれませんでしたが、悪くない動きだったと思います。次はもっと時計を詰められるはずですし、来週のレースに向かいましょう」と感触を語っています。 
 これを受け、来週の中京土曜8R芝2200mに和田騎手とのコンビで向かうことが予定されていますが、念のため、同日の中京9R「茶臼山高原特別」芝2000mにも特別登録を行う予定です。

2歳馬
ジラソーレは先週金曜6月27日にゲート試験を一発合格し、デビューのめどがたちました。まずはよかった。今後は追い切りを取り入れながら本格的にデビューに向けての調整に入る予定ですが、その前に減った馬体を回復させるため、今週は軽めの調整でした。そのおかげで馬体重は戻って来たよう。ゴッホはどちらかと言うと大きな馬のイメージがあったのですが、この馬はむしろ小さめ。でもこれからの成長力に期待したい。デビュー戦は再来週の中京・芝1400mを目標にするようです。中京だと応援にはいけませんが、久しぶりにデビュー勝ちしてくれないかな。少なくともセンスのいい競馬を見せてほしい。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 2014年7月3日(木)
 先週27日(金)にゲート試験を初受験し、一発合格を決めたウインジラソーレ。その時の様子について、梅田智調教師は「ゲートの出は速かったですし、走りも悪くありませんでしたよ」と説明しています。
 この合格を受けて、今週からは追い切りを入れていく予定でしたが、「まずは減った体を戻すためにゆったりと進めていきたい」との梅田智調教師の意向で、今週は昨日2日(水)、本日3日(木)とも坂路を楽走で1本というメニューにとどめています。
 梅田智調教師は「先週末から少し楽をさせたおかげで馬体重は入ってきた時から18キロ増え、432キロまで持ち直しました。今週末からは追い切りを入れながらデビューへ向けて進めていきたいですね」と今後のプランを説明していました。
 なお、デビュー戦については、まだ流動的ではあるものの、再来週の7月20日、中京日曜5R芝1400mを国分恭騎手とのコンビで予定しています。

Posted by sachi at 12:31 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

リヴァールはセグチへ移動。前走が前走だっただけに仕方がありません。最後に足をとられ思ったほど伸び切れなかったとのことですが、やはりセン馬となった影響がまだ残っているのか、なかなか体力がついてきません。今後はしばらくリフレッシュ放牧をして、直線の長い新潟での開催を目標にするようです。最後の最後に勝ち上がったことが逆に足枷とならないよう、これからもっと成長してほしい。

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/07/03
7/3にセグチレーシングステーブルへ移動しました。特に問題なくまずは無事に到着しています。前走後は、レースに使ったなりのダメージは感じられましたが歩様や身のこなしには硬さもなく、まずは無事に運動を再開していました。池上調教師は「前走は体もそこまで減らずにレースに向かえましたし、道中もリズム良く流れに乗れていただけに直線でどこまで伸びてくれるか期待もしましたが、馬場に脚を取られ思うように伸び切れませんでした。レース後は特に大きなダメージもなく無事に運動を再開していますが、毛ヅヤなどからはまだ体調面も本物でない感じを受けますし、福島開催では距離も限られてしまいますので、ここは新潟開催での出走を目標に出走間隔調整とリフレッシュで放牧に出したいと思います」とコメントしていました。今後は緩ませないようこのまま騎乗を進めていく予定で、現時点では今月末頃の入厩を視野に入れています。

Posted by sachi at 12:30 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

July 02, 2014

出走結果レポート

リヴァールは11着と、先の見通しが立たない結果に終わってしまいました。
体調も不十分だったようだし、もう一度立て直して使ってほしい。新潟での活躍を期待して待っています。

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/06/30
6/28(土)東京競馬第12レース、3歳以上500万下、芝1400m、16頭立て、7枠14番、大庭和弥騎手騎乗で出走し、11着でした。
幾分スタートで遅れますが、無理せず9番手辺りに付けてレースを進めます。その後はダイワジャストがハナへと立ってレースを引っ張り、前半3ハロンの通過を61.1秒とスローペースの流れを形勢します。そんな中同馬は、折り合いを欠く事もなく、しっかり脚を溜めながら前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮してきます。同馬も内にデサフィナードを見る形の9番手辺りから4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始しますが思うように脚色は変わりません。そのまま最後まで前との差を縮めるには至らず、結局勝ち馬から2.3秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-2kg、438kgでした。騎乗した大庭騎手は「精神的に落ち着いていましたし一度使って息も良くなっていましたが、馬場を気にして最後は脚を使えませんでした」とコメント。池上調教師は「そこまでダッシュが付かず後ろからの競馬になってしまいましたし、馬場も渋って展開が向きませんでした。続けて使っていますので、ここは一度新潟開催に向けて出走間隔調整とリフレッシュで放牧に出したいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから、現時点では出走間隔調整とリフレッシュで放牧に出る予定です。

Posted by sachi at 02:21 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)