June 29, 2014

マルーンまた勝ち切れず

う〜ん、何とも惜しい2着でした。2着でも成績的には悪くはないのですが、3歳未勝利馬は勝たないと意味がないのです。マルーンはこのまませいぜいが着を稼いで未勝利引退か。

6月29日(日) 函館 3歳未勝利・混 芝1800m  発走:11:10
2着 3枠 3番 マルーンドロップ 牝3 54.0 黛 1:49.2 クビ 5 6.2 36.6 (美浦)栗田徹 452(+4)

【騎手コメント】
マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/6/29 (函館競馬場) 馬体重:452kg
★6/29(日)函館 3歳未勝利・混(ダ1700m)黛弘人騎手 結果2着
「調教で跨った時から雰囲気が良かったし、四角で抜け出す時に今日こそは勝ったと思ったのですが。タメも効くし、随分と力をつけていますよ」(黛弘人騎手)

Posted by sachi at 12:50 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 28, 2014

マルーン、函館で勝ち上がれ!

少頭数の滞在競馬で、もうそろそろ勝ってくれてもいいんじゃないの?ってかんじでしょうか。
頑張って!

6月29日(日) 函館 3歳未勝利・混 芝1800m  発走:11:10
1 1 ☆ ○   ソードラック 牡3 56 柴山 斎藤
2 2       シップウハヤト 牡3 56 秋山 岩元
3 3 ◎ ◎   マルーンドロップ 牝3 54 黛 栗田徹
4 4 △ △   ビューロクラート 牡3 56 四位 藤沢和
5 5       ラステラ 牝3 54 菱田 尾形和
6 6 ○     ジャストヴィークル 牡3 56 吉田隼 浅見
7 7 ▲ ▲   コスモソラフネ 牡3 56 松岡 高橋祥
7 8     メイショウダンロ 牡3 53 小崎 荒川
8 9       ウエスタンメグ 牝3 54 藤岡康 藤岡
8 10       アドマイヤソウ 牝3 54 丸山 梅田智
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 08:50 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

リヴァール終わった?

馬場のせいもあったかもしれませんが、11着では次走も見込みなし。去年9月に奇跡的に勝ったきりで、もう終わったっぽいです。

6月28日(土) 東京12R 3歳以上500万下 芝1400m 天気:曇 馬場:重 16:30発走
11着 7枠 14番 ドリームリヴァール セ4 57.0 大庭 1:26.9 クビ 12 56.3 36.5 (美浦)池上 438(-2)

Posted by sachi at 08:42 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走予定のリヴァールとマルーン、来週出走のサヴァランが時計を出しています。

ドリームリヴァール
6/25 大 庭 美南W/稍 73.1 57.4 42.8 14.9 3  馬ナリ余力
マルーンドロップ
6/25 黛 函 ダ・良 73.2 - 56.8 - 41.8 - 13.4 [6] 馬ナリ余力
マイネサヴァラン
6/25 助 手 美南P 良 64.9 49.9 36.5 12.2 7  G前仕掛け
6/22 助 手 美南P 良 69.4 53.4 39.3 12.6 7  馬ナリ余力

リヴァールはこの時計では掲示板もむずかしそう。マルーンも勝ち切れない馬なので微妙ですが、何とかそろそろ勝ち上がってほしいと願います。サヴァランは来週、得意の福島で出走ですが、入厩してからあまり時間がたっていないのが気がかり。それでも頑張ってくれるよう願っています。

【出走確定】
ドリームリヴァール
6月28日(土) 東京12R 3歳以上500万下 芝1400m 16頭立 大庭和弥騎手 16:30発走
マルーンドロップ
6月29日(日) 函館 3歳未勝利・混 芝1800m 黛弘人騎手

Posted by sachi at 02:36 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン馬近況

サヴァランは先週、無事美浦に到着し、入厩後はさっそく追い切りも消化。思い通りに調整できているとのことで、入厩から出走までの間隔が相変わらず短いなあとは思うものの、得意の福島での出走が楽しみです。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年6月27日(金)
マイネサヴァランは、美浦に滞在中。先週の長距離輸送を無事にクリアし、入厩後の乗り込みも至って順調にこなしています。前回の在厩時と同様、今回もニューポリトラックでの追い切りを消化中。清水調教師は「思い通りに調整できています。馬体も締まってきていますし、良い状態で使えそうですよ」と話していました。7月5日(土)のテレビユー福島賞・芝1200mへの出走を予定しています。

Posted by sachi at 02:34 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 27, 2014

ノルマンディー馬近況

3歳馬
世代2頭の出資馬がともにいまだ未勝利で、何やら雲行きがおかしい。あれほど育成時代のコメントが良かったマルーンドロップでさえ、この有り様。2頭ともこのまま勝てないで終わるのかと心配です。
ともあれ、アペルトゥーラは、次走福島での芝1800mを目標に調整中。平坦コースの小回りはこの馬向きではないと言いつつ、前走のように好位置で競馬を進めれば問題ないだろうとの調教師のコメント。まだまだ不安はあるものの、何とか結果が出るよう祈っています。
マルーンは今週、函館で出走予定。鞍上は黛騎手です。前走くらいは走ってくれることを願いますが、ここまで勝ちきれなかった馬なので結果はわかりません。少なくともコースは合っているようなのが頼みの綱。ノルマンディーではまだ1勝もできていないので、何とか勝ち上がってほしいなぁ。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/6/26 (美浦トレセン)
★6/22(日)東京 3歳未勝利(芝1400m)戸崎圭太騎手 結果3着
「良い位置取りで上手く乗ってくれましたが、最後は脚色が鈍ってしまいました。もう少しタメる形のスタイルが合うのかもしれませんが、できれば良馬場で走らせたかったです。レース後も変わりありませんので、次走は2回福島開催(7/5〜)の芝1800m戦を予定しています。平坦コースの短い直線は決してこの馬向きではありませんが、今回のように好位置から競馬を進めていければ問題ないと思っています。次こそは結果を出せるように、しっかり調整していきます」(国枝 栄 調教師)

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/6/26 (函館競馬場)
☆6/29(日)函館 3歳未勝利・混(芝1800m)黛弘人騎手
25日に函館競馬場のダートコースで5ハロン73.2-56.8-41.8-13.4を単走で馬ナリに追い切りました。「以前はトモが力強く踏み込めず、ハミに頼って走っていましたが、ここにきてそういう面が解消されてきました。調教をつけた黛騎手からも『だいぶ力をつけてきているし、凄く良い雰囲気です』と報告を受けています。中1週での競馬となりますが、状態面に不安はありませんので何とかここで勝ち上がりたいですね。実戦でワンパンチ足りないところがありますので、タメを効かせて一瞬の脚を生かす競馬で勝機を見出したいと思います。できれば、最初から好ポジションにつけられる内枠を引きたいところです」(栗田 徹 調教師)

Posted by sachi at 11:02 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン入厩馬近況

出資2歳馬のトップを切ってジラソーレが入厩。すでに乗り込みとゲート練習を行っています。きょうゲート試験に挑戦するようで、気性に問題はなさそうなので、うまく一発合格してくれるといいなぁ。まだ馬体が細く、414キロはステイゴールド産駒なら分かるけど、マツリダ産駒としては小さいかもしれない。もう少しパワーがついてくれないと。焦ってデビューさせてもなあ……と思うものの、ゲート試験は早々に合格しているに越したことはありません。それからしっかり乗り込んでも遅くはない時期。これからデビューに向けて順調にいってほしいものです。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 2014年6月26日(木)
 先週19日(木)にトレセンへ入厩したウインジラソーレは、翌20日(金)からゲート練習を中心とした乗り込みをスタート。今週も昨日25日(水)、本日26日(木)とも坂路を楽走で1本からゲート練習をこなしていました。
 普段から調教を付けている西原調教助手は「寂しがりなところはありますが、リードホースとともに行動していればとても大人しい仔です。ゲートもこれといった難もなく順調にこなせていますし、明日27日(金)には一度試しにゲート試験を受けてみる予定でいます」と印象を話します。
 また、担当の熊沢厩務員は「馬体重は414キロでしたし、数字通り細い印象はあります。横や後ろから見たぶんにはそれ程細さを感じないのですが、斜め前から見るとトモの筋肉が薄さが目立ちますし、もう少し体を増やしていきたいところですね。それでも、カイバは割と食べてくれるので、そのあたりの効果に期待です」と印象を語っていました。

【追記】
ジラソーレは今日ゲート試験を受験し、一発合格したようです。さあ、デビューに向けて調整です。頑張れ〜!

Posted by sachi at 10:56 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

リヴァールは美浦で調整中。前走は体調もいまいちという感じでしたが、今週の東京最終レースに出走予定です。鞍上は相変わらず大庭騎手か…… 勝ち上がったのは田辺騎手。大庭騎手では勝つところまではあまり期待できそうにないと思ってしまいますが、何とか頑張ってほしいところ。ただ距離がマイルから1400mになるのでどうでしょう。気性的には対応できるのではないかと淡い期待を抱いていますが、直線でどれくらい踏ん張って追い込めるか。体調面でもまだもう少しという印象なので、掲示板確保がいいところかな。

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/06/26
6/28(土)東京競馬第12レース、3歳以上500万下、芝1400m、16頭立て、大庭和弥騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後4時30分です。
6/25には大庭騎手を背にウッドチップコースにて、最終追い切りを単走で消化しています。5ハロン73.1秒、3ハロン42.8秒、ラスト1ハロン14.9秒の時計を馬なりでマークしています。尚、当初は東京競馬、芝1600mへ向かう予定でしたが、出走間隔の問題で目標を切り替えています。池上調教師は「中1週でそこまで強い負荷を掛ける必要はありませんので、最終追い切りは体調を整える程度にサッと追う内容で消化しています。動きは同馬なりに良く、前走時と同じくらいの状態にはあると見ていますが、休み明けを叩いた割にはそこまで変わってきた様子はなく、冬毛もまだ残っているところは気になるところです。しかし体調面でどこか気になるところがある訳ではありませんので、ここはレースに使っていきながらしっかりしてきて欲しいと思います」とコメントしていました。ご声援ください。

Posted by sachi at 10:53 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 25, 2014

セゾン馬臨時更新

リヴァールは前走のダメージもほとんど感じられなくなったため、通常メニューに戻して調整中。ただ、ひと叩きしても状態はさほど上向いて来ないようです。この馬なりに馬体は締っているとのことで、次走は今週の東京での芝1600mを予定。出走間隔の問題から次走は福島を覚悟していたのですが、出走できればそれなりに走れるのではないかと期待します。夏のほうが調子が良い馬に思えます。鞍上に田辺騎手など無理でしょうかねぇ。また大庭騎手かしら。ま、この馬は昨年9月に勝ち上がっただけでラッキーと思うべきなのかもしれません。

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/06/24
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコースとダートコースを併用して乗り込まれています。先週末からは既に前走でのダメージも殆ど感じられなくなった事から、現在は通常メニューに戻して調整が進められています。池上調教師は「これまで軽めのメニューで様子を見てきましたが、前走でのダメージも殆ど感じられなくなったため、先週末からは通常メニューでの調整を開始しています。当初は一度レースに使った事で全体的にもう少ししっかりしてくると見ていましたが、正直なところ状態的にはそこまで大きな変化は見られませんでした。しかし同馬なりに体は締まり特に目立ったダメージも感じられませんので、今後は出走間隔の問題はありますがこのまま次走を検討していきたいと思います」とコメントしていました。そこで池上調教師と次走について相談した結果、当初より引き続き出走間隔の問題はありますが、状態的には今週の出走でも十分検討していけるのではないかと判断し、次走については今週の東京競馬、3歳以上500万下、芝1600mを視野に入れていく事となりました。

Posted by sachi at 11:24 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 24, 2014

ノルマンディー馬近況

2歳馬
ハッピーキャップはデビューにそなえノルマンディーファーム小野町で調整中。まだ環境に慣れていないためか、物見をすることが多く落ち着きがない状況とのこと。ただ、輸送で減った馬体重は回復してきたようで、体調も良さそうなのは何より。15−15の調教を始めたようで、このまま順調に乗り込み、無事デビューにこぎつけてほしいと思っています。同じマンカフェ産駒のマイネサヴァランがそこそこ活躍シてくれて準オープンまで行ったので、同じくらい活躍してくれることを期待しています。これから入厩に向けて調教も厳しくなるでしょうが、へこたれずに頑張っていい状態で入厩してほしいものです。

▼ハッピーキャップ……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/6/20 (ノルマンディーファーム小野町)  馬体重:457kg
現在は馬場1周と坂路2本のメニューを消化しています。調教中に物見をすることが多く、落ち着きがない状態でまだ環境に慣れきれていない様子です。輸送で減った体はだいぶ回復してきており、体調自体に不安はありません。本日から1ハロン15秒台の調教を開始し、素軽い走りを見せています。この後も様子を見ながらしっかりと乗り込み、入厩に備える予定です。

Posted by sachi at 07:56 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬出走結果レポート

日曜に東京競馬場で出走したアペルトゥーラは、また3着で終わりました。今回こそ勝ち上がりをと願っていたのですが残念。このまま勝てずに未勝利で終わりそうな嫌な予感がします。

6/22(日)東京 6R 3歳未勝利 芝1400m 天気小雨 馬場:稍重   発走:13:00
3着 4枠 7番 アペルトゥーラ 牡3 56.0 戸崎圭 1:23.4 2 1 2.8 35.0 5-5 (美浦)国枝 494(-2)

勝ったコスモラパンは内枠を利して逃げ切り勝ち。勝ち馬がコスモ、2着がマイネルの馬だったのも悔しい。アペも出遅れることもなくそれなりに頑張ったのですが、シーアに差されての3着。東京なら勝てる気がしなくもなかったのですが、馬場が少々渋っていたのが気がかりでした。とはいえコメントでは馬場は気にならなかったとのこと。じゃあ、これが能力とiうか実力なのか?まあ勝てなかったのは仕方ないけれど、これで勝利が遠のいた気がします。優先出走権があるうちに何とかならないものかとは思いますが…… 戸崎騎手のコメントとおり「もういつ勝ってもというところまできている」としても、実際に勝てるかどうかは分からない。次は新潟? それとも中京でしょうか? とにかく頑張ってと願う他ありません。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡 美浦・国枝厩舎
2014/6/22 (東京競馬場) 馬体重:494kg
★6/22(日)東京 3歳未勝利(芝1400m)戸崎圭太騎手 結果3着
「跨った感触は、硬さがなくなり前走以上のデキだったと思います。少し前めで競馬を進めた分、最後の伸び脚が鈍りましたが、もういつ勝ってもというところまできています。渋った馬場もそれほど気にはなりませんでした」(戸崎圭太騎手)

Posted by sachi at 07:47 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 21, 2014

アペルトゥーラは4枠7番

中枠でちょうどよいんじゃないでしょうか。
追い込み型のアペとしては前回以上に良い位置につけて最後きっちり差す競馬をしてほしい。
戸崎騎手での続戦はありがたい。これ以上のチャンスはめったに来ない気がします。頑張れ〜!

6/22(日)東京 6R 3歳未勝利 芝1400m 発走:13:00
1 1 ◎   コスモラパン 牝3 54 柴田大 畠山吉
1 2 ☆   ヤマニンマルキーザ 牡3 56 蛯名 栗田徹
2 3     マツリダバンチョウ 牡3 56 西田 清水英
2 4     エントラール 牡3 53 木幡初 小島茂
3 5 ▲   フジシンゲン 牡3 56 田中勝 小島太
3 6     カフェテキーラ 牡3 56 田辺 尾関
4 7 △   アペルトゥーラ 牡3 56 戸崎圭 国枝
4 8 ○   クインズフローリー 牝3 54 吉田豊 田村
5 9     スキャットソング 牝3 51 伴 尾形和
5 10     ボンジュールショウ 牡3 56 松山 天間
6 11     ダイジョブダア 牡3 53 原田和 小桧山
6 12 △   マイネシーア 牝3 54 伊藤 宗像
7 13     テイエムペガサス 牝3 54 嘉藤 石栗
7 14     スズプリンセス 牝3 54 武士沢 伊藤正
8 15     ハルノサキガケ 牝3 51 石川 杉浦
8 16 △   デルマブルマ 牝3 54 北村友 奥村武
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 01:46 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

時計を出しているのはアペルトゥーラだけです。

アペルトゥーラ
6/15 助 手 美南 D・良 71.8 - 55.7 - 41.6 - 13.6 [4] 馬ナリ余力
6/18 助 手 美南 W・良 85.2 - 69.5 - 54.0 - 39.6 - 12.8 [7] 一杯に追う

今週出走予定のアペルトゥーラは、一杯に追われてそこそこの時計を出しています。東京でぜひとも勝ち上がってほしいと願っています。鞍上は再び戸崎騎手。マークがきついかもしれませんが、今度こそ!

【出走確定】
アペルトゥーラ
6/22(日)東京 3歳未勝利 芝1400m 戸崎圭太騎手

Posted by sachi at 03:31 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
アペルトゥーラは今週、東京で出走です。前走が惜しい2着だったので、続いて東京で走れるのはありがたいですが、今度はマークもきつくなるか? 鞍上の戸崎騎手の手綱さばきに期待したいところです。ここで勝ってくれると安心です。逆に勝てないと、この馬にあったコースで走る機会が遠くなる…… 必勝体制でお願いします!
マルーンは前走3着と惜しかったレースでしたが、またしても勝ち切れず。来週、函館で出走予定です。滞在なので馬としては楽なはず。馬場もあっていたようですが、ワンパンチ足りないところが出てしまいました。今度こそ!といいたいところですが、鞍上がまたしても黛騎手に戻ってしまう。勝浦騎手は先約があったのかしら。残念。なんとか頑張って勝ち上がって欲しいのですが、ヘタするとこのまま未勝利で終わってしまいそうな気がしてきました(ー_ーメ) 

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/6/19 (美浦トレセン)
☆6/22(日)東京 3歳未勝利(芝1400m)戸崎圭太騎手
18日にWコースで6ハロン85.2-69.5-54.0-39.6-12.8を単走で一杯に追い切りました。「角馬場で体をほぐしてから単走で追い切りましたが、動きは変わらず順調です。まだ体を持て余し気味に走っていますが、仕掛けてからの反応は俊敏でした。週末の雨予報が気にかかりますが、前走くらいのデキにはあるので、チャンスはあると思います」
(国枝 栄 調教師)

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/6/19 (函館競馬場)
★6/15(日)函館 3歳未勝利(芝1800m)勝浦正樹騎手 結果3着
「外枠でしたが最初のコーナーを上手くクリアして、最後の直線も伸びてきてはいるのですが、勝ち切るまでどうしてもワンパンチ足りませんね。タメが利くようになって走りも安定しているし、もう順番は近いはずです。レース後、馬体や脚元に異常は見られませんので、そのまま函館競馬場に滞在させて続戦します。週末から動かしていって問題ないようなら、中1週で来週のレースを使う予定です」(栗田 徹 調教師)
【次走予定】
6/29(日)函館 3歳未勝利・混(芝1800m)黛弘人騎手

Posted by sachi at 03:31 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン馬近況

サヴァランが入厩。今回は熱発もなく無事に到着した用でほっとしました。早速、7月5日福島でのレースを予定しています。福島が得意というか、専用と言ってもいいほど福島でしか結果を出していない馬です。本当はもう少し余裕を持って出走して欲しかったけれど、次走までに何とか状態をあげてレースにのぞんでほしいものです。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年6月20日(金)
マイネサヴァランは、18日(水)美浦の清水英克厩舎に入厩しました。熱発した過去があり、長距離輸送が一つのポイントでしたが、無事に到着。7月5日(土)のテレビュー福島賞・芝1200mを目標に調整が進められています。

Posted by sachi at 03:24 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

リヴァールは前走、使ったなりのダメージがあったものの、すでに運動を再開。出走優先権をとれなかったので、次走は福島でとのこと。一度叩いての上積みを期待していますが、福島のコースがどうでしょう。追い込みがきく東京だとよかったんだけど、前残りの馬場では…… とはいえ前走ではまだいまいちだった状態も、気温が暖かくなり毛艶もよくなってくるでしょう。池上先生には上手な調整をお願いしたい。

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/06/19
美浦トレセンに滞在中。前走後は、レースに使ったなりのダメージは感じられましたが歩様や身のこなしにはそこまで硬さもなく、まずは無事に運動を再開しています。池上調教師は「前走では大庭騎手とも相談し気性面を考慮しての調整でレースに挑みましたが、これまでと違い落ち着いてレースに臨めた事もあって、前半は若干折り合いを欠いてしまう面はありましたが、トータル的にはスムーズにレースが進められ、最後の伸びにも上手く繋げられたのではないかと見ています。次走への優先出走権が取れなかった事は残念ですが、次走は更なる良化も見込めるのではないかと思います。今後については出走間隔の問題はありますが、現状ではこのまま次走を検討していきたいと思います」とコメントしていました。レース後には念のため獣医にも状態を確認してもらいましたが、現状では特に大きなダメージは感じられないとの事でしたので、今後は状態や出走間隔を確認しながら次走を検討していく予定です。現時点では福島開催での出走を視野に入れています。

Posted by sachi at 03:23 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

ジラソーレがわが2歳世代出資馬のトップを切って入厩しました。馬体はまだ細いようですが、これからゲート試験に向けてお稽古です。無事調整が進んでデビューにこぎつけてほしい。関西圏への引っ越しを見込んで関西馬に出資したのですが、いざ越してみると関西の競馬場は遠い…… なかなか生応援には行けそうにありませんが、いいデビューをしてほしい。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日   2014年6月19日(木)
 ウインジラソーレ(父マツリダゴッホ、母プラチナウィンク)が、本日19日(木)の検疫で、栗東トレセン・梅田智之厩舎へ入厩しています。
 梅田智調教師は「まだ入厩したばかりで馬体重を測っていないので何とも言えませんが、少し馬体は細い印象を受けますね。ただ、仕上がり早のタイプだとは思いますので、すぐにゲートをクリアしてデビューへ向けて進めていければと考えています」と語っていました。

Posted by sachi at 03:19 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 18, 2014

ノルマンディー馬近況


2歳馬
スプリングボード12はケアしながらの調整で脚元の状態は落ち着いているよう。軽快に坂を駆け上り、逞しさも増したとのことで、このまま順調にいってくれるよう祈ります。3歳世代が思いの外活躍していないので少々がっかりしているものの、2歳こそは頑張って早い時期から活躍してくれると嬉しい。
ミッドキャップ12は福島の小野町に移動。長距離輸送だったので当初はウォーキングマシンで軽めの運動だったようですが、暑さも一時ほどではなく、体力もついて夏場の始動が可能らしいので、楽しみです。これからまだ栗東への長距離移動がありますが、ひとまず福島で慣らしてからですね。このマンハッタンカフェ産駒がどんな走りをしてくれるか、早く見てみたいです。同じ父のサヴァランは母父ラヴの影響かデセール自身の影響か1200mが適距離ですが、もう少し長い中距離までこなせるだろうか。順調に進めて行けますよう。
リトルビスケット12はもともとしっかりした馬体の馬でしたが、練習がきつくなってもへこたれずに頑張っているよう。これからクビの使い方がもっとうまくなればさらにパワーアップが期待できそうとか。前向きに取り組めばきっといい走りを見せてくれると信じています。北海道にいるあいだに、しっかりトレーニングに励んで地力をつけようね!

▼スプリングボードの12……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎予定
2014/6/16 (ノルマンディーファーム) 馬体重:487kg
現在は馬場1周と坂路2本を18〜20秒ペースのメニューで調整中です。脚元の状態は落ち着いていますが、患部には冷却を施すなどケアしています。脚取りは軽快かつ力感に溢れており、坂路を駆け上がる姿は以前に比べて一段と逞しくなりました。これから継続して乗り込んでいけばさらにスケールアップしてくれそうなので、この夏の間にどういう進化を遂げるのか期待を持って調整を進めていきます。

▼ミッドキャップの12……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/6/16 (ノルマンディーファーム小野町)  馬体重:445kg
馬場1周と坂路2本を18〜20秒ペース(週2回は12〜15秒ペース)のメニューで順調に調整され、14日に福島県のノルマンディーファーム小野町に移動しています。当初はもう少し北海道で進める予定でしたが、必要な体力が備わってきたので夏場の始動にも対応可能と判断しました。週末はウォーキングマシンの運動およびパドック放牧をおこない、本日から軽めの騎乗を開始しています。初の長距離輸送だったこともあるので、まずは環境に慣らしながらじっくり調整し、栗東への入厩に備えたいと考えています。

▼リトルビスケットの12……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎予定
2014/6/16 (ノルマンディーファーム)  馬体重:480kg
現在は馬場1周と坂路2本を18〜20秒ペース(週2回は12〜15秒ペース)のメニューで調整中です。ペースを上げて乗り込んでいますが、へこたれる様子もなく毎日しっかりと前向きにトレーニングに臨んでいます。現状でも力強さを十分に感じさせる動きを披露していますが、首の使い方が上手になればさらに質の高い走りを見せてくれるでしょう。今後もしっかりと乗り込んで本州への移動に備えます。

Posted by sachi at 12:23 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン出走結果レポート

リヴァールは状態が今ひとつだったようなので、今回は仕方なしかな。精神的に落ち着いていたのは良い傾向ですが、終いもう少し伸びることを見込んでいたのだけれど…… 一度叩いて次走はもう少し良いレースができることを期待します。

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/06/16
6/15(日)東京競馬第8レース、3歳以上500万下、芝1600m、14頭立て、8枠14番、大庭和弥騎手騎乗で出走し、8着でした。
まずまずのスタートを決めると無理せず出たなりで9番手辺りに付けてレースを進めます。その後はフェアブレシアが軽快に飛ばしてレースを引っ張り、1000mの通過を57.7秒とハイペースな流れを形勢します。そんな中、同馬は折り合いを欠く事もなく進出するタイミングを計りながら前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮してきます。同馬も外を通って11番手辺りから4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると同馬なりに反応して脚を伸ばします。最後までジリジリ前との差を縮めますが勝ち馬等を捉えるには至らず、結局勝ち馬から1.0秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-4kg、440kgでした。騎乗した大庭騎手は「精神的に落ち着いていましたし、道中も外目をスムーズに追走できたのですが、最後は久々のせいか伸び切れませんでした。一度使って良くなると思います」とコメント。池上調教師は「勝ち馬が飛ばして時計も速くなりましたし、外枠でもロスなく終いの脚を活かす同馬の形のレースは出来たと思います。毛ヅヤからもまだ本調子ではないと思いますので、使って良くなってくると思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。

Posted by sachi at 12:20 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー出走結果レポート

マルーンドロップはそこそこよいレースはしたものの、相変わらず勝ちきれませんでした。騎手が言うように4コーナーでは勝てるかと思ったのですが、外から来た馬に差され、内枠の馬には粘られて結局3着。でも、マルーン自体は頑張ってくれているので、次こそはと期待しましょう。勝浦騎手、次ものってくれればよい結果が出るかな。頑張れ〜

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/6/15 (函館競馬場)
★6/15(日)函館 3歳未勝利(芝1800m)勝浦正樹騎手 結果3着
「外枠だったのでロスなく乗りたいと思っていました。スタートこそあまり良くありませんでしたが、道中は結構流れていましたし、良いポジションで競馬ができたと思います。4コーナーでは勝ったと思ったんですが、もう少しでしたね。良い馬でこれと言った注文は付きませんし、切れるタイプではないので洋芝も合っていたと思います。もうワンパンチ付いてくれればチャンスは近いはずです」(勝浦正樹騎手)

Posted by sachi at 12:19 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 16, 2014

マルーン3着、リヴァール8着

【出走結果】
6月15日(日)函館6R 3歳未勝利 芝1800m 天気:曇 馬場:良 発走:12:40
3着 7枠 13番 マルーンドロップ 牝3 54.0 勝浦 1:49.7 クビ 4 6.7 36.4 (美浦)栗田徹 448(+2)
6月15日(日)東京8R 3歳以上500万下 芝1600m 天気:晴 馬場:良 発走:14:01
8着 8枠 14番 ドリームリヴァール セ4 57.0 大庭 1:35.0 クビ 9 43.4 34.6 (美浦)池上 440(-4)

マルーンは勝浦騎手の手綱さばきでどうにか3着を確保。最後も粘ったものの、後方から来た馬に差され、先行していた1枠の馬にも粘られてしまいました。でも優先出走権をとったので、引き続き函館で出走できるでしょう。この滞在中に何としても勝ち上がってほしい。
リヴァールは前走からはやや前進といえるのか。しかし馬体は減ってたし、パドックでもいまいちの様子。状態はあまり良くなかったように思う。大庭騎手もなぁ…… 鞍上強化してくれないと。その前にもっとベストなコンディションに調整できないものかしら。池上先生、バスケットをベストにもっていってOP勝ちさせた腕をリヴァールでも発揮してください!

Posted by sachi at 03:35 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 15, 2014

今週の調教時計

きょう出走のドリームリヴァールとマルーンドロップが時計を出しています。

ドリームリヴァール
6/11 大 庭 美南W/稍 70.7 55.8 41.9 13.9 8  馬ナリ余力
 タイセイヒート(三未勝)一杯の内を0.6秒追走0.1秒先着
6/4 助 手 美南W/良 69.6 54.2 39.9 13.4 8  一杯に追う
 ヒカリブランデー(古500万)馬ナリの内を0.4秒追走0.2秒遅れ
6/1 助 手 美南W/良 72.9 57.6 41.9 13.6 8  馬ナリ余力
マルーンドロップ
6/11 黛 函 ダ・稍 73.2 - 57.2 - 41.4 - 12.8 [8] 馬ナリ余力

リヴァールは復帰戦ですが、未勝利馬相手に先着はしたものの、調子はまだいまひとつに思えます。せっかく勝ち上がってもこのままではなんだかなあ…… そうならないよう、せめて掲示板を!
マルーンもそろそろ本当に勝ち上がりを目標にしないと。ノルマンディー馬はこの世代のどちらかが勝ち上がらない限り、これ以上の出資はないでしょう。

【出走確定】
6月15日(日)函館競馬場
マルーンドロップ 6R 3歳未勝利 芝1800m 勝浦正樹騎手 12:30発走
6月15日(日) 東京競馬場
ドリームリヴァール 8R 3歳以上500万下 芝1600m 14頭立 大庭和弥騎手 14:00発走

Posted by sachi at 06:20 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

3歳馬
アペルトゥーラは来週日曜の東京で引き続き戸崎圭太騎手を鞍上に出走です。前走後は大きな反動もなく順調に来ているよう。馬場が悪いので無理はさせていないとのことですが、今週、来週と追えば再び出走態勢は整うはず。前走、一旦先頭に立った場面もあり、東京コースはこの馬に向いているはず。そろそろ本当に勝ってほしいなぁ。戸崎騎手、よろしくお願いします。来週は東京にはいけないので再度の応援はできませんが、頑張れアペルトゥーラ!
マルーンドロップも入厩して、あす函館でレースにのぞみます。追い切りからしても状態は良さそうなので、本当に本当に「今度こそ」の覚悟で望んでほしい。勝浦騎手は若手の時、ときどきラフィアンで出資馬に乗ってもらい、もう少し上位に来るかと思った騎手ですが、このところ成績はいまひとつかな。しかしローカルに行けば力は上位のはず。相手関係を見て土曜の牝馬限定戦ではなく、一般戦に出走することにしたとのこと。その期待に応えてぜひとも勝ってほしい。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/6/12 (美浦トレセン)
「この中間は角馬場での運動と、ウッドコースで軽めのメニューで調整しています。歩様に硬さはありませんし、レースを使った後も大きな反動は出ていませんよ。前走は直線だけの競馬で一旦は先頭に立ったのですから、やはり能力は高い馬だと思います。馬場が悪いので無理はさせませんが、週末と来週に速めを追い切ってレースに臨む予定です」(国枝 栄 調教師)
【次走予定】
6/22(日)東京 3歳未勝利(芝1400m)戸崎圭太騎手

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/6/12 (美浦トレセン)
☆6/15(日)函館 3歳未勝利(芝1800m)勝浦正樹騎手
11日に函館競馬場のダートコースで5ハロン73.2-57.2-41.4-12.8を単走で馬ナリに追い切りました。「函館移動後もテンションが高くなることはなく、飼い喰いも安定していて体調面は良好です。最終追い切りで跨った黛騎手からも『以前乗った時と比べてトモがパンとして動きも良かった』と報告を受けています。ギリギリまで出馬状況を見ていましたが、土曜日の牝馬限定よりもメンバー的に薄いと睨んで、一般戦に切り替えて投票しました。美浦でも乗り込んできて仕上がりは申し分ない状態ですので、牡馬相手でもチャンスは十分あるはずです」(栗田 徹 調教師)

2歳馬
2歳馬の近況が2週間前に更新されていたのに、一泊で東京に出ていたため気づいていませんでした。遅ればせながら記録としてここに掲載。
スプリングボード12は脚元の状態が安定してきたため騎乗再開。とはいえまだ全体的にしっかりしきれていないとのことで、患部をケアしながら状態を見定めつつ進めていくようです。この馬が世代一番のデビューかと思っていたけれど、そうでもない? 国枝厩舎はアペルトゥーラで経験したように、じっくり馬にあった調整をしてくれるようなので、その点はさすがというか、安心です。今はしっかり地力をつけて、いいデビューをしてほしい。
ミッドキャップ12は馬っ気を出して担当者を手こずらせているよう。しかしこれはコメントにあるように、体力が備わって来たため余裕が出て来たからと前向きに解釈しておきましょう。馬体も成長し、動きはさらにシャープになってきたというので、期待通りの成長をしていると、これまた好意的に受け取っておきます。走りは素軽く、芝の中距離を得意とするらしいので、将来が楽しみ。
この世代のノルマンディー出資馬は3頭とも牡です。ちょっと偏りすぎたかな?と思わないでもありませんが、やはり牡馬のほうがよい気がして、追加出資した3頭目も牡馬に…… ま、牝馬はウイン出資馬にいるし、牡馬牝馬にかかわらず、とにかく活躍してくれればと願います。徐々にペースアップして早期入厩かと期待しましたが、さらに状態が上向いて来そうな気配があることから、もうしばらく北海道で調整を続けることに。そうそう、そんなにあわてて入厩させなくてもOKですよ。重要なのはちゃんと態勢を整えてからデビューさせることだから。筋肉もりもりのパワータイプだと思っていましたが、気性は素直なようで調教もつけやすそう。しっかりと良化を促して、いい状態で入厩→デビューさせて欲しいですね。

▼スプリングボードの12……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎予定
2014/5/30 (ノルマンディーファーム)  馬体重:486kg
脚元の状態が安定してきたことから、20日から騎乗を開始しました。現在は馬場1周と坂路2本を軽めに登っています。まだ全体的にしっかりとしきれていないので、今後も患部を冷却するなど、しっかりとケアをしながら進めていく予定です。動きからは資質の高さを感じ取ることができ、体付きも随分と逞しくなりましたが、しばらくは焦らずにコンディションに合わせながら進めていきます。

▼ミッドキャップの12……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/5/30 (ノルマンディーファーム)  馬体重:461kg
現在は馬場1周と坂路2本を18〜20秒ペース(週2回は13〜15秒ペース)のメニューを消化しています。ここ最近になって馬っ気が強くなり、ベテランの騎乗者が手を焼くシーンも見受けられますが、体力が備わってさらに余裕が出てきたものと見て良さそうです。動きはさらにシャープになってきており、調教後の息遣いも問題はありません。素軽い走りをする馬で芝の中距離での活躍を期待している1頭です。

▼リトルビスケットの12……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎予定
2014/5/30 (ノルマンディーファーム)  馬体重:485kg
現在は馬場1周と坂路2本を18〜20秒ペース(週2回は13〜15秒ペース)のメニューを消化しています。今月中の移動を予定していましたが、さらに上向いてきそうな気配を見せていることから、もう少しの間は北海道で調整を進めることになりました。気性は変わらずに素直で扱いやすい馬なのでしっかりと良化を促していけるでしょう。心身ともに一段と逞しくなり、より見栄えのする体になってきているので期待は膨らむばかりです。

Posted by sachi at 06:10 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
トゥモローは北海道のCVFで調整中。坂路中心に乗り込まれ、水曜には坂路で追い切りを行い、ラストしっかり追い上げて先着したとのこと。と言っても相手は未勝利馬でしたが、動きはよく、このまま帰厩に向けて順調に進めて行けそうでよかった。馬体重は510キロとかなりのもので、出走までには20キロくらい絞らないといけないか? 勝ち上がってからあまりよいレースができていないのですが、西園先生の腕を信じて、入厩後はしっかり態勢を整えてもらえると期待しています。そろそろ500万クラスを卒業してほしいものです。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日   2014年6月13日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本のメニューで乗り込みを進めています。
 担当者は「今週11日(水)には坂路で併せ馬の追い切りを行いましたが、併走馬を後方から追いかける形で、ラストはしっかり追い上げて先着していました。相手は格下の未勝利馬でしたが、動きそのものが良かったですし、この雰囲気ならこのまま帰厩に向けて進めていけそうです。馬体重も510キロ台をキープできています」と話していました。

2歳馬
2歳の近況が更新されていたのを見逃していました。先週は出走馬がいなかったため、どのクラブの近況も更新が遅れてしまった。2歳の近況更新は久々でうれしい。
ジラソーレは鉾田に移動して入厩準備です。長距離輸送だったにもかかわらず熱発もせず、体調面で問題なしとのこと。とはいえ馬体は少し減ってしまい、牝馬のように細く見えると、少々気がかりな状態。ここから栗東へはまた長距離輸送になります。それまでに鉾田で馬体をふっくらさせ、よい状態で入厩してほしいもの。テンションが早く落ち着き、無事栗東へ到着するよう願います。デビューはこの子が一番乗りかな。ゴッホ産駒に去年の一時期ほどの勢いはありませんが、早期デビューで勝ち上がればそのあとが楽になるし、楽しみも増えます。頑張ってほしいです。
カルミナは北海道のCVFで調整中。坂路中心に乗り込み、ゲート練習も並行。放牧をはさんでるためか、テンションはさほど高くならず馬体重も440キロ台をキープとのことで順調のよう。ウインの2歳は牝馬が2頭なので、全体のバランスとしてもよい感じかな。このステイゴールド産駒が走ってくれるよう期待しています。
ティアラもカルミナ同様のメニューでCVFにて調整中。ただ、この馬は馬体は少しずつ成長して徐々にしっかりした造りになってきたものの、動きはいまひとつ良化が遅く、時計がなかなか詰まって来ないとのこと。募集時の体型が好みだったのとたまには違う種牡馬の馬にと出資したのですが、ハービンジャー産駒はまだ未知数で、どちらかといえば欧州系の重厚血統はだめ、成長するにつれて動きが硬くなる等の否定的コメントが多いよう。う〜ん、残念な馬選びになってしまうのか……いや、まだ諦めるのは早いかも。じっくりと乗り込んでもらいましょう。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日  2014年6月11日(水)
 6/7(土)に北海道・新冠のコスモヴューファームを退厩、茨城県・鉾田市のビッグレッドファームを鉾田へ移動を完了しています。その後は昨日10日(火)から乗り運動を始めています。
 担当者は「初めての長距離輸送でしたが、熱発もなく、体調面は問題ありませんでした。ただ、馬体は輸送で少し減ったのか、細く映りますね。元々小さな馬ではあるのですが、牝馬のように細く見えるのは気になるところです。初めての環境ということで初日はテンションがかなり上がっていましたが、おそらくこれは慣れてくれば心配ないというレベルだと思います。入厩までになんとか馬体を増やしておきたいところです」と話していました。なお、本馬は来週にもトレセンへ入厩の予定となっています。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2014年6月11日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「最近は乗り込みを行いながら放牧を挟むなど、あまり調教を詰め込まないようにしています。その効果か、テンションは上がらず、馬体重も440キロ台をキープできています。体つきも良くなってきましたし、心身ともに良い方向に向いていることは確かでしょう」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日  2014年6月11日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「馬体は少しずつ成長し、見た目にも徐々にしっかりとした造りに変わってきています。ただ、動きについては、なかなか調教時計が詰まってきませんし、もう少しキレのある動きができるようになってほしいところです」と話していました。

Posted by sachi at 06:10 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン馬近況

サヴァランはリフレッシュ効果で調教再開後すぐ軌道に乗り、すでに送り出せる状態に。
福島での出走を目指して今週、入厩予定とのこと。福島得意の馬なので楽しみです。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年6月13日(金)
マイネサヴァランは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。軽くリフレッシュさせてから坂路での騎乗を始めています。短期間の休養でしたが馬は新鮮な状態をキープ。調整はすぐに軌道に乗り、すでに併せ馬での追い切りを行っています。ほぼ送り出せる状態に達しており、7月5日(土)福島のテレビュー福島賞・芝1200mを目標に、来週の入厩が有力です。馬体重は495キロ。(6月9日現在の近況)

Posted by sachi at 06:09 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

忙しくて近況の更新が滞っていました。まとめて更新。

2歳馬
ドルチェはセグチ本場に移動して調整中。左前の状態は少し張りはあるものの調教を休む程ではないとのことで、脚元に負担をかけないよう坂路中心のメニューで進めるとのこと。デビュー前から脚元の不安を発症したのはかなり気がかりで、出資は失敗だったかと思うものの、ラヴ産駒の最後の世代に近いので仕方ありません。体質が強化され、脚元はケアしながらそこそこに走れるようにまで回復してもらいたいと願っていますが、デビューまでこぎつけられるか、またデビューしても脚元はなかなか完治はむずかしいので心配ではあります。

ドリームドルチェ [外厩馬 / セグチレーシングステーブル本場]  ■2014/06/12
6/12にセグチレーシングステーブル本場へ移動しました。特に問題なくまずは無事に到着しています。担当スタッフは「到着後は特に周りを気にする様子もなく落ち着いています。左前の状態も若干張りは見られますが、聞いていた通り調教を休むほどではなさそうですので、明日から軽めの運動で様子を見ていきたいと思います。体も大きく脚元の事もありますので、今後は状態に合わせて坂路中心のメニューで進めていきたいと思います」とコメントしていました。今後は状態を確認しながら坂路中心のメニューで乗り込みを進めていく予定です。
                                 ■2014/06/10
セグチレーシングステーブルで育成中。現在はダートトラックコースにてダクで運動しています。中間はしっかり両トモをケアした事で、以前感じられたダメージも殆ど気にならなくなりました。そこで先週からは状態に合わせてペースアップしていく事も検討していましたが、もともとある左前繋靭帯には若干張りが感じられるようになってきました。担当スタッフは「両トモの治療後は脚元の方も徐々にすっきりとしてきましたので、当初はそのままペースアップしていく予定でしたが、騎乗を開始してからは若干熱感が出てきている状況です。そこで念のため獣医にも状態を確認してもらいましたが、現状では調教を休むほどのレベルではないとの事でしたが、出来る限り両前には負担を掛けないようにした方が良いとの診断でした。そこで今後は少しでも両前への負担が少なくなるよう坂路主体のメニューで進めたいと思います」とコメントしていました。そこで改めて獣医とも相談した結果、ここは坂路設備のしっかり整っているセグチレーシングステーブル本場で調整を進めた方が良いとの判断で、今後は移動の準備が整い次第、千葉県にあるセグチレーシングステーブル本場へ移動する事となりました。

3歳馬
ヴィーナスはグリーンファーム甲南で調整中。予定通りペースアップして通常メニュー担っているようです。これまでのところ速いところを取り入れても馬体はふっくら、しっかり入厩に向けて乗り込むことができそう。馬体重は471キロとほどよい感じ。テンションは落ち着いて順調に調整できそうで何よりですが、だんだん残り時間も少なくなって来たため、次に入厩してからは勝ちあがりに向けてうまく態勢が整うよう願います。

サマーヴィーナス [外厩馬 / グリーンファーム甲南] ■2014/06/13
グリーンファーム甲南で調整中。現在は坂路にてダクとキャンターを基本メニューに、週に1〜2本スピード調教も取り入れ乗り込まれています。中間はトモに硬さが見られる事もなく、飼葉をしっかり食べて体調も良さそうな事から、先週からは予定通り通常メニューにペースアップして乗り込みが進められています。担当スタッフは「先週から通常メニューで乗り込みを進めていますが、以前に比べ体質が強くなっている印象で、体付きもフックラ見せて細化する事なく順調に進められています。先週末からスピード調教も取り入れていますが、併せ馬でも最後まで気持ちが途切れる事なく力強く動けていますし、精神的にも落ち着いて進められている事は良い傾向だと思います。今週には加用調教師が同馬の状態を確認されましたが、硬さもなくしっかり乗り込めている様子なので、このまま緩めず入厩に備えて欲しいと指示も受けています。今後も状態に合わせてピッチを上げながら入厩に向け態勢を整えていきたいと思います」とコメントしていました。ピッチを上げている中でもテンションは落ち着いていますので、今後もこのまま状態に合わせて乗り込みを進め入厩に備えていきます。現在の馬体重は471kgです。

 ■2014/05/30
5/30にグリーンファーム甲南へ移動しました。特に問題なくまずは無事に到着しています。担当スタッフは「レース後の移動でしたがテンションが高くなる事もなく、まずは無事に到着しています。今のところは特に歩様に硬さも見られませんし、飼葉もしっかり食べていますので、特に問題が見られなければ週明けから騎乗を開始し徐々に通常メニューに戻していきたいと思います」とコメントしていました。体が減る事もなく落ち着いているとの事でまずは安心しています。今後は来週から状態を確認しながら通常メニューに戻していき、緩ませないよう調整を進めていく予定です。

4歳馬
リヴァールはあす、東京競馬場で出走予定。今週はマルーンも函館で出走なので、見逃さないようにしなければ。しかしマルーンはいまだ未勝利だし、リヴァールも去年の9月に勝ち上がってから良い所なし。復帰してもどれくらい走れるか未知数。しかも鞍上が大庭騎手では…… せっかく勝ち上がったコトがアダにならないよう、しっかり調整をお願いしたい。東京競馬場は得意の馬場のはずです。成績が振るわない大庭騎手ですが、一発を期待します(苦笑)

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/06/12
6/15(日)東京競馬第8レース、3歳以上500万下、芝1600m、14頭立て、大庭和弥騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後2時00分です。
6/11には大庭騎手を背にウッドチップコースにて、入厩後3本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。5ハロン70.7秒、3ハロン41.9秒、ラスト1ハロン13.9秒の時計を馬なりでマーク。併せたタイセイヒート(3歳未勝利、一杯)の内を0.6秒追走し0.1秒先着しています。池上調教師は「先週しっかり追った事で状態もここにきて上向いてきているようですので、感触が良ければ出走も検討していけるのではないかと判断し、今週は大庭騎手に跨ってもらいました。内容は前半無理させずにラスト3ハロン辺りから馬体を併せるものでしたが、終始馬なりでリズム良く走れていましたし息の方もしっかりしていましたので、この様子であればレースに使える状態にはあると見ています。大庭騎手からは良い頃に比べると若干物足りない感じはあるが、気性面を考慮するとむしろあまり攻め過ぎない方が今後に繋げていけるのではないかと話しており、番組も来週はマイル戦が組まれていませんので、ここは今週の出走で進めていきたいと思います。今月から始まる夏競馬では同馬に頑張って欲しいと考えていますので、ここは何とか次に繋がるレースをして欲しいと思います」とコメントしていました。ご声援ください。

5歳馬
ハピネスはセグチのダートトラックコースで調整中。左飛節の腫れは徐々に引き、熱感もとれてきたとのことでちょっと安心ながら、今度は右前ヒザに擦り傷のような外傷。まあ外傷ならそう心配しなくてもよいでしょうが、馬体の緩みのほうが気になります。馬体重はなんと534キロ(!) もう少し絞らないと出走できる態勢にはならないでしょう。もう少し走れるはずの馬だと思い出資したのですが、事故に巻き込まれたあと、ほとんど良い所が見られません。まあ、無事だったことが幸いと思うしかないのでしょう。そろそろ入厩の声も掛かりそう。今度こそ無事に復帰して力を発揮できますように。それにしてもバスケット、ボンバーが引退で、残った馬は能力不足。500万下でももどかしい競馬ばかりで、今年はセゾンでの出資はなしかな…… 

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/05/30
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとハッキングで運動しています。中間は左飛節の腫れも徐々にひいてきた事から、先週末からは状態に合わせて騎乗が再開されています。担当スタッフは「左飛節の腫れは日に日に小さくなり、患部からは熱感も徐々に取れてきています。そこで先週末からは再び騎乗を再開していますが、今週に入ってからは右前膝に擦り傷のような外傷が見られます。しかし幸い擦り傷で何か特別な治療が必要な訳ではないですので、まずは安心しています。状態の方は少しペースを落としていた事での緩みもそこまでなさそうですので、今後はこのまま通常メニューに戻していきたいと思います」とコメントしていました。今回の外傷も馬房内で負ってしまったようで、もともと体が大きくお転婆な同馬ですので仕方のない部分もあるようです。今後はこのまま乗り込みを進め入厩に向けて態勢を整えていきます。現時点で入厩は6月中旬〜下旬頃を目標にしています。現在の馬体重は534kgです。

Posted by sachi at 06:06 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 08, 2014

今週の調教時計

来週出走予定のマルーンドロップとドリームリヴァールが時計を出しています。

マルーンドロップ
6/4 原田和 美南 W・良 67.3 - 52.9 - 39.3 - 13.2 [8] 馬ナリ余力
6/1 助 手 美南 W・良 68.4 - 51.9 - 38.9 - 13.4 [6] 馬ナリ余力
ドリームリヴァール
6/4 助 手 美南W/良 69.6 54.2 39.9 13.4 8  一杯に追う
 ヒカリブランデー(古500万)馬ナリの内を0.4秒追走0.2秒遅れ
6/1 助 手 美南W/良 72.9 57.6 41.9 13.6 8  馬ナリ余力

マルーンはまだ馬なり。いつも調教がけする馬なのに、どうしても勝ち切れません。今回は以前ほどの勢いがないのは、我慢することを覚えたからと思いたい。そして函館の芝が合っていることを願います。残り時間も次第に少なくなってきます。アペルトゥーラが前走、いい走りを見せたので、今度はマルーンに頑張ってほしいもの。
そしてリヴァールは馬なりから今週は一杯に追ったものの、時計は以前の切れ味が感じられない。勝ち上がっただけの意味があったような走りを見たいものですが、調整もレースもなかなか難しい馬のようです。とはいえ、まだ入厩して間がないので、徐々にペースアップしていけば調子を取り戻せると期待します。

Posted by sachi at 10:41 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

トゥモローは北海道で調整中。馬体は大きくなって517キロ! ステイゴールド産駒としては実に大きいですね。しかも今後を考えると、これ以上、体重は落としたくないとのこと。そこで馬体重と相談しながら調教を継続中。これからは強めの追い切りも含めピッチを上げていくようです。いつ頃帰厩できるかな。馬体同様、一回りパワーアップして戻ってきてほしいもの。500万下くらいはサクッと勝ってほしいと願っています。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日   2014年6月6日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を2本のメニューで乗り込みを進めています。
 担当者は「馬体重は517キロとレースの体重に比べればかなり大きな体つきをキープできていますが、今後のことを考えてもこれ以上は落としたくないですから、馬体重と相談しつつ調教を進めています。体調は良さそうですし、近々強めの追い切りも行い、ピッチを上げていきます」と話していました。

Posted by sachi at 10:41 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

4歳馬
セゾンで入厩しているのはリヴァールのみ。バスケットの引退で寂しくなりました。今や500万条件で掲示板がやっとという馬ばかりで情けない。そのなかではリヴァールが、レース経験が少ない分だけ伸びしろがありそうには思うのですが、良化が遅いタイプなんでしょうか。未勝利戦でかてたのが奇跡のように思えます。それで運を使い果たしたのでないことを祈るのみ。次は東京開催でということなので、またタイミングよくレースを見られるときに走ってくれないかな。

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/06/05
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコースとダートコースを併用して乗り込まれています。中間は牧場で乗り込んできている事で体の方もある程度出来ているとの判断で、先週末からは速いところも取り入れられており、ここまでは順調に調整が進められています。そこで6/4にはウッドチップコースにて、入厩後2本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。5ハロン69.6秒、3ハロン39.9秒、ラスト1ハロン13.4秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたヒカリブランデー(古500万、馬なり)の内を0.4秒追走し0.2秒遅れています。池上調教師は「併せた相手に少し遅れてしまいましたが、調教そのものは順調に進められていますし、休養前よりは力強さが増してきていると思います。ただ見た目にはまだ冬毛がお腹回りに残っていますので、本格的に良くなってくるのはもう少し暑くなってからにはなりそうですが、状態そのものはあと3〜4本も追えば整えられると見ていますので、現時点では東京開催3〜4週目辺りでの復帰を視野に進めていきたいと思います」とコメントしていました。そこで池上調教師と復帰戦について相談した結果、このまま順調に調整が進められれば休み明けの分を考慮しても、東京開催後半には態勢が整えられるとの判断で、現時点では東京開催3〜4週目、3歳以上500万下、芝1600〜1800mを視野に進めていく事となりました。今後もこのまま状態に合わせて乗り込んでいきます。

Posted by sachi at 10:40 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

アペルトゥーラは前走、惜しい2着のあと、馬体あ脚元に異常なく、次走に向けて調整を続けるとのこと。前走は久しぶりに東京競馬場で生観戦できましたが、後方から中団にいると思っていて、最後にあのような追い込みを見せるとも予想していなかったので、決定的なゴールの瞬間は写真に取り逃がしてしまいました。が、本当に惜しい2着で、次走に期待がもてるでしょうか。あそこまで行ったら勝って欲しかったのですが、競馬は勝てる時に勝っておかないと永久に勝てません。それが分かっているので、次走で勝てる気もあまりしない…… まあ、運を持っていれば勝てるかも?という感じかな。見どころあるところを発揮出来たので、それがよかった。次は国枝先生の腕に望みを託します。
マルーンドロップは相変わらずです。育成時代の勢いはどこへやら。動きはよいとはいえ、肝心のレースにいって勝てないのではねぇ。すでに函館へ移動しているはず。無事に到着し、今度こそ北海道で待望の勝ち名乗りをあげて欲しいです。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/6/5 (美浦トレセン)
★5/31(土)東京 3歳未勝利(芝1400m)戸崎圭太騎手 結果2着
「内からスルスルと抜け出してきて、一瞬ヤッたと思ったんですが…。まだトモに少しかったるいところは残っていますが、状態が良ければあれぐらいやれる力は持っていますし、チャンスも近いはずです。レース後も馬体や脚元に異常は見られませんので、次走に向けて進めていきたいと思います」(国枝 栄 調教師)
【次走予定】
6/22(日)東京 3歳未勝利(芝1400m)

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/6/5 (美浦トレセン)
4日にWコースで5ハロンから67.3-52.9-39.3-13.2を単走で馬ナリに追い切りました。「原田騎手を背に、反応を確かめた程度の追い切りでしたが、動きは良かったですね。落ち着きが出て、調教時にもだいぶ我慢が効くようになっているところに成長を感じます。洋芝が合うかどうかですが、今なら1800〜2000mの距離がこの馬のベストパフォーマンスを期待できるはずです。明日6日(金)に函館競馬場へ移動する予定です」
(栗田 徹 調教師)
【次走予定】
6/14(土)函館 3歳未勝利・牝(芝1800m)黛弘人騎手

Posted by sachi at 10:39 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

June 03, 2014

ノルマンディー馬近況

アペルトゥーラは得意の東京コースで良い走りを見せてくれました。

2014/5/31 東京 3R 3歳未勝利 芝1400 天気:晴 馬場:良 / 発走:11:10
2着 6枠 12番 アペルトゥーラ 牡3 56.0 戸崎圭 1:22.1 3/4 5 9.8 34.3 10-11 (美浦)国枝 496(+2)

馬体もデビュー時と比べると引き締まり、走れそうな感じでしたが、久々の生応援ながら暑くて暑くて、肌がヒリヒリするほど。馬券を買うのも忘れてパドック写真を撮るだけでスタジアムに。レースはとても惜しい2着で、やっぱり騎手の腕は結果を左右するなと思わせる内容でしたが、あそこまで行けば勝って欲しかったところ。次こそは勝ち上がってほしいと願います。やはりこの馬はいいものを持っているのは確認たものの、まずは勝ち上がらないとね。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/5/31 (東京競馬場) 馬体重:496kg
★5/31(土)東京 3歳未勝利(芝1400m)戸崎圭太騎手 結果2着
「返し馬やスタートで、出脚に少し硬さを感じましたが、道中は折り合いもスムーズに運べました。直線にむいて内外の位置判断が少し遅れてしまったことが悔やまれます。今日は勝ち馬の決め手にやられましたが、この馬も良い脚を使って伸びているし悲観する内容ではありません。距離延長も問題ないと思いますし、次は順番だと思いますよ」(戸崎圭太騎手)

パドックでのアペルトゥーラ
  

国枝先生も後方に

返し馬

ゴール前 勝つかと思いましたが、惜しいところで差される

Posted by sachi at 08:19 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)