May 30, 2014

ノルマンディー馬近況

アペルトゥーラは今週土曜に東京で未勝利の1400m戦に出走します。鞍上は戸崎圭太騎手。時計は物足りないですが、「やればまだまだ時計はでそうな手応え」だったとのこと。コメントにもあるように新馬戦で好走した舞台。ちょうど東京にいるので、応援に行きたいと思っています。今後あまり生応援に行ける機会もないし、都合よくタイミングが合ってラッキー。結果は二の次と思っていますが、頑張って掲示板くらい載ってくれると嬉しい。しかしデビュー戦でもダボダボだった馬体が心配(苦笑)
マルーンは2週後の函館で出走予定。馬体の張り、ツヤはまだ一息のようですが、ここまで中間は順調に調整されています。調教も騎乗予定の黛騎手がつけているようです。函館で勝てなければドコで?というくらいの時期担ってきました。馬場が向いていて勝てるといいなぁ…… でないと初出資のノルマンディーでは今後出資する気がなくなってしまいます。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/5/29 (美浦トレセン)
☆5/31(土)東京 3歳未勝利・混(芝1400m)戸崎圭太騎手
28日にWコースで6ハロン84.6-68.2-53.9-39.8-13.5を単走で強めに追い切りました。「単走でも長めから強めに追い切りましたが、やればまだまだ時計は出そうな手応えに映りました。前走時と違って今回は出掛けの歩様もしっかりしているし、レースを使える態勢は十分整っていますよ。まだトモに少しかったるいところがありますので、馬を動かしていける戸崎騎手に今回騎乗を依頼しました。1400mの距離はこの馬にとっていささか短いかもしれませんが、あまり極端な位置からの競馬にならなければ、新馬戦で好走した舞台ですしチャンスはあると期待しています」(国枝 栄 調教師)

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/5/29 (美浦トレセン)
「この中間も順調で、暑さで疲れないように配慮しながら調整を進めています。良い頃に比べると毛ヅヤ、馬体の張りは一息でまだ良化途上な感じがしますが、前走を使って動きは鋭くなってきています。背中は以前からいい馬でしたが、調教でもタメの利く走りが出来るようになった点は好印象ですね。今週末と来週に美浦で速めを追い切ってから、函館競馬場に移動する予定です。現地では黛騎手に調教をつけてもらいますが、あまりテンションが高くならないようにケアしてレースに臨みたいと思います」
(栗田 徹 調教師)
【次走予定】
6/14(土)函館 3歳未勝利・牝(芝1800m)黛弘人騎手

Posted by sachi at 12:04 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

3歳馬
ヴィーナスは地方交流戦でも6着。スタートで出遅れたままだったよう。ダートの走りは悪くないとのことで、引き続きダート戦を使っていくようですが、地方の重いダートの影響で共にくもずれが見られ、出走間隔のこともあってグリーンファーム甲南へ放牧になります。ウ〜ン、あと何回走れるでしょうかね。

サマーヴィーナス [入厩馬 / 加用正厩舎] ■2014/05/29
5/28(水)笠松競馬第8レース、揖斐川賞、ダート1400m、10頭立て、7枠7番、東川公則騎手騎乗で出走し、6着でした。
スタートで幾分遅れてしまいますが、その後はしっかりダッシュも付いて、5、6番手辺りから1、2コーナーを回り向正面へ。その後はヴェアリアスハートがハナへと立ってレースを引っ張り淀みのない流れを形勢します。そんな中同馬は、初めてのダートでもそこまで砂を気にしている様子はなくしっかり集中して前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮してきます。同馬も鞍上に気合を付けられながら内にゴールドレモンを見る形の6番手辺りから4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると同馬なりに反応して脚を伸ばしますが、前を行く勝ち馬等の勢いも止まらず、結局勝ち馬から1.3秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から+11kg、465kgでした。騎乗した東川騎手は「ゲート内で隣の馬が暴れて後手を踏んでしまいましたが、ダートの走り自体は悪くありませんでした。最後も追ってから反応してくれていますので、今後レースに慣れてくればもっと良くなると思うのですが」とコメント。加用調教師は「同馬なりに成長している印象もあって良い状態でレースに向かえたと思いますが、ゲートでは隣の馬がうるさくてその影響で出遅れてしまったのがもったいなかったと思います。レース後厩舎に戻ってきてからは地方で砂が深かった分、両トモには軽くクモ擦れの症状は見られますが、それ以外は特に問題なく元気にしています。今後はダート中心に続けてレースに使っていきたいところですが、出走間隔を空けないと直ぐには使えませんので、今週中には一度グリーンファーム甲南へ放牧に出したいと思います」とコメントしていました。今後については今週中にも出走間隔調整でグリーンファーム甲南へ放牧に出る予定です。

4歳馬
リヴァールが予定通り美浦へ入厩しました。休養の効果で地力が強化されているといいのですが。復帰戦はいつになるでしょう。新潟かな? 今度は前走のような惨敗にならないことを願います。

ドリームリヴァール [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/05/29
5/29に美浦トレセンへ入厩しました。トレセン近郊からの移動でしたので特に問題なく、まずは無事に到着しています。池上調教師は「丁度タイミング良く検疫が確保出来ましたので入厩させたいと思います。今後は早速進めていき状態を確認していきたいと思います」とコメントしていました。今後は早速明日から騎乗を開始していく予定。現時点で復帰戦については状態を確認しながら判断していく予定です。

Posted by sachi at 12:03 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 29, 2014

ウイン2歳馬近況

ジラソーレは調教で細化していた馬体が戻り(それでも446キロですが)、再来週にもトレセンへ入厩とのこと。3頭のなかでは、やはり入厩が一番早そうです。すべての馬に早期入厩がいいとは思っていませんが、早いとそれだけ新馬戦が早くから楽しめます。現役馬が引退して寂しくなっているので、デビューが待ち遠しいです。
カルミナは馬体が成長するに伴い、動きも良くなってきたようです。ゲート練習も並行して実施しており、出は速いほうで心配ないとのこと。まだ追い切りは行っていないようですが、この馬もデビューは早いほうではないかな。しかし出資時から考えると、まだこの程度のコメントではむしろ調整があまり進んでいない印象。デビューは焦らず、きちんと態勢を整えてからにしてほしい。
ティアラも同じくゲート練習と並行して坂路とトラックコースで調整中。体調に問題はないようだけど、ゲートにはまだ課題があるとのこと。この馬はもともと早いデビューを見込んでいなかったし、距離も長め?かなと思っていたので、じっくり取り組んでもらえればOK。柔らかい歩様が気に入った馬で、大成してほしいですd(^-^)!

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日  2014年5月28日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「馬体が細くなっていたので、中間は放牧のみで楽をさせた時期もありましたが、そのおかげで馬体重は446キロまで増えてきました。見た目こそ大きな変化はありませんが、せっかく大きくなったので、今後もこの体重を減らさないように注意しながら進めていきます」と話していました。なお、本馬は再来週にもトレセンへ入厩する予定です。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日 2014年5月28日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「馬体が成長し体つきが良くなってきましたし、体の動かし方という点でも良くなってきました。ゲート練習も順調で、ゲートはむしろ速いほうですから心配はしていません。今後はタイミングを見て追い切りも取り入れながら進めていきます」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日  2014年5月28日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「ゲート練習では進入で嫌がったり所々で課題も残りますが、体調面などに関しては特に問題ありません。入厩に関してはもう少しゲート練習をこなしてから考えていくこととなりそうですね」と話していました。

Posted by sachi at 07:08 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬臨時更新

リヴァールがやっと入厩しそうです。去年の9月にぎりぎり勝ち上がってから、ただの一走。それも14着と惨敗して立て直した結果がどう出るか。今度は前走よりもましだろうと思うのですが、馬体が成長していてほしい。500万下でもせめて掲示板に載る程度に活躍してくれないと。頑張れ、リヴァール!

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/05/28
セグチレーシングステーブルで調整中。ここまで引き続き同メニューで入念に乗り込んできましたが、先週末辺りからはようやく心身共にしっかり覇気が感じられる動きを見せてくれるようになってきている様子です。担当スタッフは「以前のようにダラダラする事もなくなり、普段や調教でも素直に指示に従ってくれています。中間来られた池上調教師からはそろそろ入厩を検討したいとの話も受けています」とコメント。池上調教師は「入念に乗り込んできた事と陽気もあるのか、同馬なりに毛ヅヤも良くなって体調そのものは上がってきている様子です。この様子でしたら厩舎に入っても問題ないと思いますので、今後は検疫が確保でき次第入厩させたいと思います」とコメントしていました。今後今週中には美浦トレセンへ入厩する予定です。

Posted by sachi at 07:07 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 28, 2014

セゾン馬臨時更新

ヴィーナスがきょう(水曜)笠松の交流戦に出走が決まりました。ダートがどうでしょうか。10頭立てなので何とか……とは思うものの、中央ではどうしようもないと思われての交流戦出走なんだろうから、まあ、望み薄でしょう。いくら加用調教師でも、能力がない馬では仕方ない。ヴィーナスには悪いけれど、この馬への出資は失敗に終わりそうです。なんだかもう応援にあまり力も入りません。

サマーヴィーナス [入厩馬 / 加用正厩舎]  ■2014/05/26
5/28(水)笠松競馬第8レース、揖斐川賞、ダート1400m、10頭立て、7枠7番、東川公則騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後3時35分です。
5/25には坂路にて、最終追い切りを単走で消化しています。4ハロン56.0秒、3ハロン40.6秒、ラスト1ハロン13.7秒の時計を馬なりでマークしています。加用調教師は「最終追い切りはレースが水曜日という事を考慮した内容で追いましたが、動きは悪くありませんでした。本日は予定通り全休日ですが運動も消化し元気な様子を見せていますし、仕上がりは同馬なりに良いのではないかと見ています。調教ではダートの走りも悪くありませんので、あとは地方の馬場が重い分がどうかですが、相手関係は楽になりますので頑張って欲しいところですね」とコメントしていました。ご声援ください。

【出走結果】
5月28日(水) 笠松競馬8R 揖斐川賞 ダート1400m 10頭立
6着 7枠 7番 サマーヴィーナス 東川公則騎手

レースは見ていませんが、10頭立ての交流戦で6着では、見通し暗いですね。

Posted by sachi at 05:14 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 25, 2014

ラフィアン馬近況

サヴァランは北海道に戻り明和で放牧中。長時間の輸送で到着後は熱発したようですが、今は体調も安定して昼夜放牧を開始とのこと。4勝してくれたのは嬉しいのですが、復帰後は相手も強化され、厳しいレースになるでしょう。ただ、この馬はまだ能力を十分に出しきれていないようにも思うので、今回の放牧でしっかりリフレッシュし、また夏競馬で頑張ってほしいと思います。母も能力がありながら骨折のため十分にその力を出せませんでした。娘がここまで勝ち進むことができて現時点でも満足ですが、できればもう1つ上を目指してほしい。福島なら、きっとまたいいレースができるでしょう。復帰が楽しみです。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年5月23日(金)
マイネサヴァランは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。到着時に軽い熱発がありましたが、体調が安定してきたことを受けて昼夜放牧を始めています。軽く一息入れて、夏競馬を目標にトレーニングを始める予定です。(5月19日現在の近況)

Posted by sachi at 02:26 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

トゥモローは北海道で調整中。昼夜放牧から坂路での乗り込みを再開したようです。馬体は思ったほど増えてこなかったようですが、リフレッシュ効果で元気いっぱいとのこと。もう少し乗り込めば入厩のめどもたつでしょう。1勝馬で終わってほしくない馬なのですが、勝ち上がってからはあまり見どころのある競馬ができなかった。今度は一回り大きくなって戻ってきてほしいもの。しっかり地力をつけてパワーアップして戻ってきてくれるよう期待します。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日  2014年5月23日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。先週一杯で昼夜放牧を切り上げ、今週からは坂路での乗り込みを再開しています。
 担当者は「馬体は期待していたほど増えてきませんでしたが、いくらかフックラと持ち直してくれましたから、今後も馬体の維持には十分注意しながら進めていきたいところです。ただ、放牧による充電効果で元気は有り余るほどですし、状態自体は良いのだと思います」と話していました。

Posted by sachi at 02:25 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 23, 2014

今週の調教時計

3歳未勝利戦でそろそろ見どころあるレースをしないと先が危ないヴィーナス、アペルトゥーラ、マルーンドロップが時計を出しています。

サマーヴィーナス
5/21 助 手 栗東E/重 81.2 66.0 51.6 38.1 12.9 4  馬ナリ余力
 フクイル(三未勝)馬ナリの外を0.2秒先行5F付同入
アペルトゥーラ
5/21 助 手 美南 W・重 66.0 - 51.5 - 38.4 - 13.3 [3] 直強目追う
マルーンドロップ
5/22 原田和 美南 坂・重 1 回 - 57.5 - 42.3 - 27.2 - 13.0 馬ナリ余力

ヴィーナスはここに来てやっとそれなりの時計が出るようになってきたものの、勝ち上がりはあまり見込みなさそうに思ってしまう。次走で変わり身を見せてくれないと……
アペルトゥーラは来週、鞍上強化で勝負か? まだ時計は平凡で勝てる気もしないのですが、何とか初戦でみせた末脚くらいは発揮してほしい。ひょっとしたら生応援に行けるかも? 重馬場を考えたら、悪くないかもと、いいほうに解釈して少しだけ希望をつなぎましょう。
マルーンは育成時代のコメントからするとまったく期待はずれですが、最後まで粘り腰で頑張って欲しいです。函館への移動で、もう生応援する機会はなくなったと考えられますが、最後まで諦めずに応援はしますよ。函館で頑張れ!!!

Posted by sachi at 03:06 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

アペルトゥーラは来週、府中で出走予定。鞍上が蛯名騎手とは嬉しい! ただそれでも、成績のほうはいまひとつ信頼出来ないのが悲しいところ。ラッキーなことに31日はたまたま東京。午前中のレースなら見に行けなくもないので、ちょっと楽しみです。久々に府中へ行けるかな。アペには鞍上の手綱さばきに応えていいレースをしてほしい。
マルーンは来月、函館へ移動か。これで生応援するチャンスはほぼ消えてしまったかもしれません。すぐにでも勝てると思っていたマルーンがここまで未勝利とは予想もしておらず、見込みが甘かった…… でも体調さえ良ければ未勝利戦を勝つくらいの力はあると、今もまだ信じています。滞在競馬で何としても勝ち上がってほしい。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/5/22 (美浦トレセン)
21日にWコースで5ハロンから66.0-51.5-38.4-13.3を単走で強めに追い切りました。「痛いところが無くなって、前走時と比べれば雲泥の差といえる状態です。まだ時折、稽古でも行儀良くない面を見せますが、上々の動きで日を追うごとに良化が窺えますね。態勢はほぼ整っていますし、来週のレースが楽しみです」(国枝 栄 調教師)
【次走予定】
5/31(土)東京 3歳未勝利・混(芝1400m)蛯名正義騎手

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/5/22 (美浦トレセン)
22日に坂路コースで4ハロンから57.5-42.3-27.2-13.0を単走で馬ナリに追い切りました。「前走後、肩の出や歩様にまだ若干硬さが残っていますが、状態自体は悪くありません。今週は原田騎手を背に追い切りましたが、なかなか力強い動きで折り合いも抜群に映りました。毛ヅヤも良く、まだ暑さが堪えている様子ではありませんが、洋芝の適性も高そうなことから来月上旬には函館競馬場に移動して、滞在競馬で開幕週のレースを目標に進めていきます」(栗田 徹 調教師)

Posted by sachi at 03:00 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

3歳馬
ヴィーナスはここまで順調に調整が進んでいるようです。時計もさほど悪くありません。が、何しろこの時期まできて経験も乏しく、中央で通用するかどうか疑問。次走は案の定、交流競走になります。交流でもたぶん勝ち上がれないとは思いますが、もし勝ち上がって500万で通用しないというのと、あっさり引退と、どちらがいいかという程度の馬で終わってしまいそうです。もう少し期待していたのに残念。

サマーヴィーナス [入厩馬 / 加用正厩舎]  ■2014/05/22
栗東トレセンで調整中。坂路中心にダートコースも取り入れ乗り込まれています。中間は先週に追い切った分もしっかり実にしているようで、ここまでは順調に調整が進められている様子です。そこで5/21にはダートコースにて、入厩後3本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。6ハロン81.2秒、3ハロン38.1秒、ラスト1ハロン12.9秒の時計を馬なりでマーク。併せたフクイル(3歳未勝利、馬なり)の外を0.2秒先行し5ハロンから併せて同入しています。加用調教師は「先週に追った後は同馬なりに動きもしっかりしてきていましたので、今週は雨の影響で馬場が悪くなっている事も考慮し、ダートコースで追い切りを消化しています。先週に比べると乗り込んできている分、動きも軽くなっていますし馬場が悪い中でも最後まで勢い良く走れていました。この様子であれば週末にもう1本追えば来週の出走へ向けて態勢は整えられると思います。次走は交流戦の小回りコースになりますし間隔が少し空いてもいますので、今後はゲートの確認もしながら進めていきたいと思います」とコメントしていました。今後は週末に最終追い切りを消化し出走へ向けしっかり態勢を整えていきます。次走については5/28笠松競馬、揖斐川賞、ダート1400mに出走予定。東川公則騎手に騎乗依頼しています。

6歳馬
とうとうボンバーが引退になりました。前回のコメントで仙痛を起こしてから状態がよくなかったので、もう引退かなとは思っていましたが、このところセゾンはなかなか引退させないのでまだ続戦させるかな、とも…… しかし元々獲得賞金が少なく、6歳になってからはローカルしか出走できないので、とっくに引退になっていてもおかしくない馬でした。全セゾン馬のなかで、これまでボンバーがこの世代唯一の現役馬だったのですが、ついにというかやっとというか、ボンバーも引退して地方ヘ移籍し、6歳世代はゼロに。早く体調が良くなって第2の馬生を無事送れるよう願っています。ボンバー、ここまでありがとう。

ドリームボンバー [引退馬 / 飯田雄三厩舎]  ■2014/05/22
栗東トレセンに滞在中。先日には飯田調教師及び関係者と今後について協議した結果、現状では一度放牧へ出して心身ともにリフレッシュさせてからでないと満足した状態でレースに使う事は難しいのではないかとの事で、その後上手く立ち直ったとしても年齢や直近の成績からは大きな変わり身を期待するのは厳しいのではないかと判断し、合わせて6歳以上で収得賞金が200万以下の馬に該当しているため出走制限もある事から、ここは大変残念ではありますが本日には登録を抹消し引退する事となりました。今後は地方競馬にて競走生活を送る予定です。出資会員の皆様には後日書面にて詳細をご報告させていただきます。これまで長い間のご声援、誠にありがとうございました。

Posted by sachi at 02:59 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 21, 2014

セゾン馬臨時更新

ハピネスは馬房でぶつけたのか飛節に腫れが。消炎剤と抗生物質で処置したようですが、とりあえず調整は一時的にウォーキングマシンのみになりました。大事に至らず早く騎乗が再開できるよう願っています。

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2014/05/20
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はウォーキングマシーンのみの運動で様子を見ています。ここまでは引き続き順調に調整が進められていましたが、今朝馬房から出して調教を進めようとしたところ、歩様には出していないものの、左飛節の外側には少々腫れが確認されています。担当スタッフは「歩様には出していませんし腫れもそこまで大きくありませんが、念のため消炎剤と抗生剤を投与し様子を見ています。昨日には特にその兆候は見られなかったので、おそらく馬房でどこかにぶつけたのが原因ではないかと思います。今後はそこまで心配するレベルではないと見ていますが、念のため一両日はウォーキングマシーンのみの運動で様子を見ていきたいと思います」とコメントしていました。今のところ幸い飛節の腫れはたいした事もなさそうですので、今後問題がなければ再び騎乗を再開していく予定です。

Posted by sachi at 03:34 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 20, 2014

ノルマンディー馬近況

3歳馬
アペルトゥーラは国枝厩舎で調整中。強めにおわれて古馬に先着し、追い切りではいままでで一番良い出来だったとのことで、次走に少しは期待が持てそう。しかし競馬は実際、レースにいって見ないと分かりません。東京コースが合っていそうというので、楽しみではあります。ここまできたら、何とかマルーンとどちらかは勝ち上がってほしいものです。
【追記】あ、なんと次走は5/31(土)東京の3歳未勝利戦。この日はちょうど東京にいるのですが、午後3時からオペラがあり、応援に行っていたら間に合うかどうか。貴重なチャンスだから、できれば応援に行ってやりたいのですが……
マルーンは前走、ワンパンチかける走りで6着。中央場所では荷が重いか。レース後に異常が見られなかったのは何より。ここで故障でもあると、今後が本当に苦しくなります。厩舎で調整しながら出走上京を鑑み、いいレースを選んで出走させてくれるよう願います。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/5/15 (美浦トレセン)
14日にWコースで5ハロンから0.8秒追走して併せ、69.3-53.8-39.3-12.5を強めに追い切りました。「古馬相手に力強く先着し、追い切りの動きは今までで一番良く映りましたね。角馬場での運動中もリラックスしていましたし、気持ちが先走ってしまう事なくどっしり構えられています。父親は中山巧者でしたが、この馬の場合は広々とした東京コースの方が合っているタイプに思えますし、次は変わり身が期待できそうですよ」
(国枝 栄 調教師)
【次走予定】
5/31(土)東京 3歳未勝利・混(芝1400m)蛯名正義騎手

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/5/15 (美浦トレセン)
★5/11(日)東京 3歳未勝利(芝1600m)三浦皇成騎手 結果6着
「直線では一旦抜け出してきそうな勢いでしたが、坂を上がってから脚色が前と一緒になってしまいました。決して止まってはいないのですが、中央場所ではもうワンパンチに欠ける印象ですね。レース後も馬体や脚元に異常は見られませんので、このまま厩舎に留めて出馬状況を見ながら次走を決めていくつもりです」(栗田 徹 調教師)

2歳馬
グランノーヴァことスプリングボードの12はまた両前脚の球節部に腫れが見られてウォーキングマシンの運動に逆戻り。う〜ん、この馬、順調に行きません。今後は患部の回復を第一に進めるとのことですが、せっかく成長が見られるというのに残念。かといって騎乗を進めてもなおさら患部がひどくなるだけ、ここはじっくり球節がよくなるまで軽めの運動で行きましょう。
ハッピーキャップことミッドキャップの12は、順調に調整が進んでいるようです。馬体重も458キロと、理想的な増え方に思えます。調教のペースはまだまだですが、伸びやかなフォームから繰り出されるフットワークがなかなか見所があるようで(これは動画で見てひと目ボレしたところ)、毛艶も良くなり体調面も上昇と、この世代で唯一希望が持てるコメントでした。ただ、ノルマンディーはいつもコメントがよいから…… このまま順調に成長していって、来年の今頃は大きなレースを走っていてほしいものです。
グランビスキュイことリトルビスケットの12は筋肉質の馬体が当初から目立っていましたが、個人的にはハッピーキャップのような脚が長く歩様が柔らかい馬体のほうが好みで、出資を保留していました。しかしコメントが良かったことから、追加出資した馬。それもこれも、ノルマンディーの3歳馬がこれほど走らないとは思っていなかったからで、今となってはこの3頭、失敗だったかもしれません。どれが活躍してくれてもいいので、せめて1頭くらいは見所ある走りを見せてほしいと思います。はっぴーキャップが一番活躍すれば、相馬に少しは自信が持てるかもしれません(苦笑)

▼グランノーヴァ(スプリングボードの12)……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎予定
2014/5/15 (ノルマンディーファーム)  馬体重:488kg
軽めの騎乗をおこなっていましたが、再び両前脚の球節部に腫れが見られたことから、今週よりウォーキングマシンの運動をおこなっています。今後も適切なケアを施し、患部の回復を主眼に置いて進める予定です。体付きを見ても、成長の跡が見て取れるだけにもどかしさはありますが、不安を解消させてから騎乗を再開したいと考えています。

▼ハッピーキャップ(ミッドキャップの12)……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/5/15 (ノルマンディーファーム)  馬体重:458kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18〜20秒ペース(週2回は14〜15秒ペース)のメニューを消化しています。伸びやかなフォームから繰り出されるフットワークには目を見張るものがあり、同じペースでも以前より余裕を持って駆けられるようになってきました。暖かくなってきたことで毛ヅヤが良くなり体調面も上向いてきている印象なので、この調子で良さを引き出していきたいところです。もうしばらくはこちらで成長を促していきます。

▼グランビスキュイ(リトルビスケットの12)……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎予定
2014/5/15 (ノルマンディーファーム)  馬体重:477kg
引き続き馬場1周と坂路2本を17〜18秒ペース(週2回は13〜15秒ペース)のメニューを消化しています。緩さは残っているものの、全体的に幼さが抜け、一連の乗り込みの成果が現れてきている印象です。依然として馬産地では産駒の評価が高いエンパイアメーカーですが、本馬が父の名をさらに高める走りを見せてくれるでしょう。今後もトレーニングを重ねていくことでさらなる充実を図っていきたいと思います。

Posted by sachi at 10:34 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
2頭いたウイン初出資馬のうち、残ったトゥモローですが、ぽんぽんと2つくらいは勝ってくれると見込んだのが期待はずれに。とはいえ来週あたりからは乗り込みを再開できそうとのこと。今回はCVFでの休養の効果でパワーアップしていてほしい。もともと勝ち味に遅いステイ産駒ではありますが、父以上にパワフルな馬も多いのです。ここからの成長に期待します。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2014年5月16日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。引き続き、昼夜放牧を行っています。
 担当者は「放牧を開始して1ヶ月が経過しますが、馬体は順調に増え、見た目にもフックラしてきました。馬も元気が余っているといった様子で状態も良さそうですし、この感じなら来週あたりからは乗り込みを再開していくことになりそうです」と話していました。

2歳馬
ジラソーレは動きがだいぶ良化しているとはいいながら、馬体の成長が今ひとつで、馬体重は420キロしかありません。まるで牝馬みたいではありませんか。マツリダゴッホ産駒は大柄な馬かと思っていましたが、それももう一つ物足りないところ。しかし焦ってみても仕方ありません。馬の成長に合わせてじっくり基礎を教えこんで欲しいです。この乗り込みがいつかは活きてくるよう願っています。
カルミナは順調に乗り込みを進めているようですが、この馬も成長は少しずつのよう。動きがまだ目立つほどではないって……奥手であって欲しいんですが、本当にそうなのかどうか。コメント通り、馬体がもう少し絞れて暮ればもっと動いてくれるといいんだけどなぁ。
ティアラは走りが安定しているようですが、能力についてはまだ未知数。この馬も「本格化はまだ先」とのことで、早期デビューは見込めそうにありません。今年の3頭とも、まだ目立った動きができていないよう。一番デビューが早いかと思ったジラソーレの成長が今ひとつで、他の2頭はもともと早期デビューはあまり期待していなかったのでよいものの、やはりラフィアンやウインは早期デビューしたなんぼのクラブの気がする。今年は3頭ともだめかと、早くも諦めが先に立ってきてしまう。ウ〜ン、毎週、競馬に熱がはいらない……

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日  2014年5月14日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「中間の乗り込みも順調で、最近になりだいぶ動きが良化してきました。ただ、馬体の成長に関してはもうひと息といったところで、現在の馬体重は420キロほど。入厩までにあと20〜30キロぐらいは増えてほしいですね」と話していました。なお、本馬は6月上旬〜中旬頃にトレセンへ入厩する予定です。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2014年5月14日(水) 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「順調に乗り込みを進めていますし、この馬なりに少しずつ成長が感じられます。動きについてはまだ目立つほどではなく、早期からといったタイプではなさそうですが、体つきにはまだ余裕があるので馬体が絞れてくればもっと動いてくれると思います」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日  2014年5月14日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「いつも安定した走りを見せている馬ですが、本格化はまだ先のように思います。この調子で乗り込んでいけば先々良くなりそうなイメージはあるだけに、まだデビュー時期は決めずにジックリ進めていきたいと思います」と話していました。>

Posted by sachi at 10:29 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

忙しくて更新がなかなか追い付きませんが、とりあえず。

2歳馬
ドルチェはセグチでダートトラック中心に軽めの調整中。また左前靭帯に張りが感じられるようになったとのことで、せっかくペースアップできていたのに、また停滞。トモにそれなりのダメージがたまっているのが原因ではないかとのことで、ショックウェーブ治療を施してから様子を見つつ進めていくようです。なかなか順調には進みませんが、ラヴ産駒なので頑張ってほしい。

ドリームドルチェ [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/05/13
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクと軽めのキャンターで乗り込まれています。中間はすっかり環境にも慣れた様子で、ここまでは順調にペースアップしてきていますが、先週末辺りからは左前繋靭帯付近に張りが感じられるようになってきました。担当スタッフは「環境にもすっかり慣れた事で飼い食いも良くなり、ここまでは順調にペースアップ出来ています。そんな中、先週末辺りから以前より言われていた左前繋靭帯には少し張りが感じられるようになってきました。そこで念のため獣医にも診てもらったところ、まだ成長途上な部分もあるが両トモにそれなりのダメージが溜まってきている事が原因ではないかとの診断でした。そこで今週中にはタイミングを見て一度ショックウェーブ治療を施す予定となっています。現状では歩様に出したりする程のレベルではありませんので、治療後は状態に合わせて再び騎乗を再開していきたいと思います」とコメントしていました。今後は早ければ明日にでもショックウェーブ治療を施す予定です。

3歳馬
ヴィーナスは再度入厩して調整中。牧場で乗り込んできたおかげで、すでに基礎はできているとのことで、先週から速いところも。入厩2本目の時計はさほど悪くなく、体力もついてきたのか、併せた相手には先着。デビュー戦は散々で競馬になりませんでしたが、今度はそれなりにしっかり動けているようです。これからピッチをあげていってどこまで走れるか。はや5月も半ば。次走は交流競走になるようです。半ばあきらめて入るものの、夏前に何とか目処がつくとよいなぁ。

サマーヴィーナス [入厩馬 / 加用正厩舎]  ■2014/05/15
栗東トレセンで調整中。坂路中心にウッドチップコースも取り入れ乗り込まれています。入厩後は早速騎乗を開始し状態を確認していますが、牧場で緩めず乗り込んできた事で既にベースはある程度出来ている様子です。そこで先週末からは速いところも取り入れられています。そんな中、5/14にはウッドチップコースにて、入厩後2本目となる追い切りを併せ馬で消化しています。6ハロン86.5秒、3ハロン41.7秒、ラスト1ハロン12.5秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたトウケイギムレット(3歳未勝利、一杯)の内を0.2秒先着しています。加用調教師は「先週末は15-15より少し速いところをサッと流していますが、牧場で乗り込んできている分、同馬なりにしっかり動けていましたので、今週からは予定通りピッチを上げています。正直今のところは今回の放牧で成長し大きく変わったと言えるところありませんが、ここまでレースに使って乗り込んできた分、以前よりは体力も付いてきているのではないかと見ています。現状では気になるところはなく、このまま本数を重ねていけば出走態勢は整えられると見ていますので、今後は来週以降の出走を視野に入れ調整を進めていきたいと思います」とコメントしていました。そこで加用調教師と復帰戦について相談した結果、現時点ではあと2〜3本追えば態勢は整えられると見ていますので、まずは今週末に申込み締切りの笠松競馬での交流競走へ申し込みを進め、選出されればそのまま交流競走を本線に進めていく事となりました。今後はこのまま状態に合わせて追って復帰戦に向けしっかり態勢を整えていきます。

                       ■2014/05/19
栗東トレセンで調整中。先週末に申込み締切だった笠松競馬での交流競走、揖斐川賞、ダート1400mに申し込みを行ったところ、無事に選出されています。加用調教師は「交流競走に無事に選出されました。今後は状態に合わせて追って出走へ向け態勢を整えていきたいと思います」とコメントしていました。今後は交流競走への出走に向けしっかり態勢を整えていきます。次走については5/28笠松競馬、揖斐川賞、ダート1400mに出走を予定しています。

4歳馬
リヴァールは復帰が遅れています。ここまで乗り込んできているわりには、まだ本調子になってこないよう。新陳代謝が悪いのか、冬毛も残って毛艶が悪く、気持ちも今ひとつとのこと。状態は先週よリアがっては来たようですが、もう少しこのまま乗り込んで良化を待たなければなりません。ここに来て気温も上がり、代謝も活発になるでしょうから、復帰までもう少しの辛抱。何しろせん馬になって体力が落ち、筋肉も寂しくなったので仕方ないといえば仕方ない。せっかく勝ち上がったのだから、この馬のよいところを活かせるよう、何とか軌道に乗ってほしいところです。

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/05/16
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間は引き続き休む事なく調整が進められていますが、同馬なりに良くなってはいるもののまだ毛艶は悪く、気持ちももう一つ走りに向いてこない印象を受けます。担当スタッフは「先週よりも今週と言った感じで状態そのものは上がってきているのは確かなんですが、まだ全体的に冬毛も残っていますし、動きももう少しピリッとしてきて欲しいのが正直なところです。そんな中、今週も池上調教師が同馬の状態を確認されましたが、引き続きもう少しこのまま乗り込んで良化を促して欲しいと指示を受けていますので、今後も引き続きこのまま乗り込みを進めていきたいと思います」とコメントしていました。良化するスピードは早くないですが、ここ最近の暖かさもあってか、幾らか目立っていた冬毛の方は徐々に抜けてきていますので、このまま何とか軌道に乗ってきて欲しいところです。今後も引き続きこのまま乗り込みを進め入厩を目指していきます。現在の馬体重は463kgです。

5歳馬
ハピネスはセグチでダートトラックにて調整中。先々週からは通常メニューニペースアップしたものの、まだ本格的な乗り込みには至っていません。馬体をふっくらさせたいとのことで、なんと体重は528キロ。もともと大きな馬ですが、動きのほうはどうなんでしょう。肩の出がいまひとつとのことで、もう少ししっかりしてきてほしいところ。これから気温の上昇とともに状態のほうも上向いて来てもらいたい。500万くらいさくっと勝って欲しかった馬ですが、この状態では復帰後もせいぜいが掲示板かな……orz

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2014/05/16
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。先々週からは予定通り通常メニューにペースアップしていますが、状態に合わせ進めている事で減っていた体も徐々にフックラとしてきており、ここまでは順調に調整が進められています。担当スタッフは「先々週からは予定通りペースアップしていますが、もともと気性的にカッとするところがある同馬ですので、体をフックラさせたい事もありますし、現在は本格的に負荷を掛けていく一歩手前の段階です。状態の方は徐々に体も戻ってきていますし、今のところ精神的にも落ち着いて乗り込みが進められていますので、引き続きここまでは順調にきていると見ています。現状では肩の出がもうひとつなので、その辺りがもう少ししっかりしてくれば、ペース、距離ともにペースアップしていけると見ています。今後はこのまま順調に進められれば、来月上旬頃には良い状態で厩舎に送り出せるのではないかと見ています」とコメントしていました。前回ショックウェーブ治療を施した事も良かったようで、ここ最近では週を追う毎に良化が感じられ良い傾向と見ています。今後は来月上旬頃の入厩を目指してこのまま乗り込みを進めいきます。現在の馬体重は528kgです。

6歳馬
ボンバーは仙痛を起こしたあと、状態に合わせて乗り込んでいるものの、体調が今ひとつで覇気がないようです。念のために喉や肺、血液検査も行ったkれで、異常は見られなかったとのことで、獣医によれば精神的なものだろうとの診断。厩舎で調整してもらっているので、体調さえよくなればすぐ出走できるでしょうが、肝心の馬の状態が…… もう6歳で、走るのが嫌になっているのかもしれません。地方になったらもっと出走頻度が多くなるので、ここはしっかり状態に配慮しながら復帰を目指してほしいと思います。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎]  ■2014/05/15
栗東トレセンで調整中。坂路中心にダートコースも取り入れ乗り込まれています。その後は疝痛の症状が再び見られる事はありませんが、もうひとつ覇気が感じられません。しかし獣医の見解では特に気になるところはないとの事でしたので、先週末からは通常メニューに戻して調整が進められています。飯田調教師は「その後疝痛の症状は見られませんので、先週末からは状態に合わせて乗り込んでいますが、今週に入ってからは全休日明けにも関わらず火曜日は元気がなかったですし、調教ではこれまでのように掛かっていく面も見られなくなっています。そこで念のため喉や肺そして血液検査も行いましたが、特にこれといった問題は見られませんでした。獣医の見解では精神的なもの以外は考えにくいとの事で、厩舎サイドとしても前走を使ってむしろ状態は上向いてくると見ていたのですが」とコメントしていました。調教へ向かう際は特に覇気がない様子で、飼葉を食べる際は周りを警戒しながら口に付けるまでの時間も要しているとの事で、現状では当初視野に入れていた来週の出走には間に合わない状況となってきました。そこで今後については飯田調教師及び関係者と協議していく事となりました。

Posted by sachi at 10:28 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 13, 2014

ノルマンディー馬出走結果レポート

マルーンは状態は悪くなさそうだったのですが、優先権も取れずに残念。マイルでは少し忙しそうだったとのことで、次走はもう少し距離を延ばす? ん〜ん、この一年、一体何をしてきたのやら? 最初は1200mで数戦、それから1400m、さらに1800mから2200mまで使っておきながら1600mでは少し忙しいと。まだ適距離すら分かっていなくて、ただ走らせているだけなのですか? 次走もせめて鞍上は三浦騎手くらい確保してほしいものです。

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/5/10 (東京競馬場)  馬体重:446kg
★5/10(土)東京 3歳未勝利・混(芝1600m)三浦皇成騎手 結果6着
「馬場入りするまではテンションが高めでしたが、レースでは折り合いもつき、タメを利かせる競馬を試みました。直線まで良い手応えで入れたものの、坂を上がってから前と脚色が一緒になってしまいました。優先権利だけは何とか死守したかったのですが申し訳ありません。マイルでは少し忙しく感じたので、距離はもう少しあった方が良いタイプだと思います」(三浦皇成騎手)

Posted by sachi at 03:56 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 12, 2014

ノルマンディー馬近況

アペルトゥーラは、馬体はかなりよく見せる状態で戻って来たらしいけれど、はてさて、レースにいってどうでしょうか。まだ諦めきってはいないのですが、過度な期待はしていません。
マルーンドロップはこの土曜のレースでも6着と次走の出走優先権すら取れず、勝ちあがりには程遠かった。デビューすればすぐにも勝てるようなコメントから、はや1年近くが過ぎようとしています。それでも他の出資馬とくらべると、この馬がまだ勝ちに一番近いと言えるかも? 次走こそは勝ち上がれ! 頑張れ!

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/5/8 (美浦トレセン)
8日に坂路コースで4ハロン55.3-40.1-26.2-12.9を単走で馬ナリに追い切りました。「良い格好で戻ってきましたね。帰厩後すぐに時計を出しましたが、仕掛ければすぐに反応できそうな手応えで息遣いも悪くありません。トモの踏み込みも力強いし、はち切れんばかりの馬体で状態の良さが窺い知れます。 このまま順調に行けば、2〜3週間でレースを使えると思っています」(国枝 栄 調教師)

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/5/8 (美浦トレセン)
☆5/10(土)東京 3歳未勝利(芝1600m)三浦皇成騎手
7日にWコースで5ハロンから1.3秒追走して併せ、67.1-52.7-38.6-13.5を馬ナリに追い切りました。「毛ヅヤもピカピカで見映えがするし、フレッシュな動きでこの馬本来の活気が戻ってきましたね。硬いところが出てきている感じも無く、気持ちの面もだいぶしっかりしてきた印象です。新潟と両睨みで考えていましたが、相手関係を慎重に吟味した上で、現時点でベストと思えるマイル戦を選択しました。東京の坂に一抹の不安はありますが、デキも良いのでここは良い競馬が期待出来ると思っています」(栗田 徹 調教師)

Posted by sachi at 12:08 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週(先週)の調教時計

マルードロップ
5/7 助 手 美南 W・良 67.1 - 52.7 - 38.6 - 13.5 [8] 馬ナリ余力
 リシェス(古500万)強目の内を1.3秒追走0.2秒遅れ
アペルトゥーラ
5/8 助 手 美南 坂 1 回    55.3 - 40.1 - 26.2 - 12.9  馬ナリ余力

【出走確定】
マルーンドロップ
5/10(土) 東京 5R 3歳未勝利 芝1600m 三浦騎手

【出走結果】
5/10(土) 東京 5R 3歳未勝利 芝1600m 天気:晴 馬場:良 発走:12:35
6着 7枠 14番 マルーンドロップ 牝3 54.0 三浦 1:35.6 ハナ 6 13.2 34.5 (美浦)栗田徹 446(0)

Posted by sachi at 12:07 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ヴィーナスは栗東に入厩。状態はそれなりによいようですが、残念ながら前走が前走だけにあまり期待はできません。とはいえ、愛馬である以上、どんな結果になっても応援するしか…… 加用先生、残り時間も少なくなってきましたが、何とか競馬ができる馬にしてください。ヨロシクお願いいたします。

サマーヴィーナス [入厩馬 / 加用正厩舎]  ■2014/05/07
5/6に栗東トレセンへ入厩しました。特に問題なくまずは無事に到着しています。加用調教師は「順調に乗り込みが進められていると報告を受けていましたので、タイミング良く検疫を確保できた事もあり、昨日に入厩する運びとなりました。牧場でもしっかり乗り込んでもらい同馬なりに状態も良さそうですので、今後は状態に合わせてピッチを上げていきたいと思います」とコメントしていました。今後は状態に合わせてピッチを上げていきながら、具体的な次走について検討していく予定です。

6歳馬
ボンバーはレースのあと、うっすらと鼻血が混じったりすることもあるとか。それでも引退はさせないのですね〜 ま、引退して地方では、それこそ使われて捨てられるだけだろうから、中央で置いてもらえるだけまだいいのかもしれません。着を拾ってくれればそれなりに、なんですが、それにしてももうそろそろいい頃じゃないでしょうか。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2014/05/08
栗東トレセンに滞在中。前走後は、レースに使ったなりのダメージは感じられましたが歩様や身のこなしには硬さもなく、まずは無事に運動を再開しています。飯田調教師は「レース後の状態としては気になるところもなく元気な様子で、もともと結果が伴ってこない際はうっすら鼻血が混じったりする事もある同馬ですが、今回はその兆候もなくまずは無事に運動を再開しています。しかし本日には精神的に少し堪えたのか、馬房では前掻きをして少し暴れていた為に念のため獣医に診てもらったところ、少し腸の位置が動いてしまっている事で疝痛を発症しているとの診断でした。しかし幸い現状では症状も軽く、獣医の診断でも腸捻転の疑いはなさそうとの事ですのでまずは安心しています。今後一両日は無理せず様子を見ていきますが、特に問題がなければこのまま続けて次走を検討していきたいと思います」とコメントしていました。今後一両日は無理せず様子を見ていきますが、特に問題がなければそのまま在厩で次走を検討していく予定です。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2014/05/09
栗東トレセンに滞在中。昨日に見られた疝痛の症状も落ち着いた事から、本日には無事に入院馬房から厩舎へ戻っています。飯田調教師は「昨日は念のため入院馬房で一晩様子を見させてもらいましたが、今朝にはケロッとした表情で元気にしており、腸の位置やそれ以外にも気になるところは一切なく、午前中には無事に厩舎へ帰ってきています。今後一両日は無理させませんが、特に問題なければそのまま再びピッチを上げていき、次走を検討していきたいと思います」とコメントしていました。今後は念のため一両日は無理させませんが、特に問題がなければそのまま次走に向けてピッチを上げていく予定です。次走については出走間隔の問題がありますが、現時点では新潟最終週での出走を視野に入れています。

Posted by sachi at 12:06 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 06, 2014

ボンバーは11着

しんがりは免れたものの、11着ではまた引退の話が出てきそう。

5月4日(日) 新潟9R 500万下 ダート1200m 天気:晴 馬場:良 発走:14:05
11着 5枠 7番 ドリームボンバー 牡6 57.0 国分恭 1:14.9 4 9 44.2 38.3 (栗東)飯田雄 478(-4)

先行しないとだめな馬がスタート悪く芝の部分で最後方。また悪いところが出てしまい、掲示板も確保できませんでした。馬は一生懸命走ったと思うけど、まあ、もういいかな。
……と思っていましたが、レポートを読むとまだ続戦のようです。これから走って掲示板にも載れないようだとどうしようもないのですけど、能力的にこれがせいいっぱいなら仕方ありません。引退まで応援するのみ。

【出走結果レポート】
ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎]  ■2014/05/05
5/4(日)新潟競馬第9レース、4歳以上500万下、ダート1200m、13頭立て、5枠7番、国分恭介騎手騎乗で出走し、11着でした。
スタートで幾分出遅れてしまい、その後も思う様にダッシュが付かず最後方からレースを進めます。道中はビップセレブアイがハナへと立ってレースを引っ張り、3ハロンの通過を35.0秒とハイペースな流れを形勢する中で、同馬は行きっぷりが悪く鞍上に促されながら前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮してきます。同馬も引き続き最後方から気合を付けられながら4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始しますが手応えは怪しく脚色は変わりません。最後まで懸命に鞍上が追いますが前との差を縮めるには至らず、結局勝ち馬から2.2秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-4kg、478kgでした。騎乗した国分(恭)騎手は「気持ちが入っていない感じで道中も自ら進んでいく感じがありませんでした。もう少しやれると思ったのですが」とコメント。飯田調教師は「ピリッとしたところが見られず気合いが入っていない感じで、終始追われてやっと走っている感じでした。短距離戦だけに勝負どころで動けないと厳しいですね」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。

Posted by sachi at 12:25 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 03, 2014

今週の調教時計

明日出走のボンバーと、帰厩したマルーンドロップが時計を出しています。

ドリームボンバー
4/30 助 手 栗東P/良 82.7 66.4 52.2 38.8 12.2 8  馬ナリ余力
4/27 助 手 栗東坂/良 1 59.6 44.1 28.9 14.7 馬ナリ余力
マルーンドロップ
4/30 助 手 美南 坂・稍 1 回 - 56.3 - 41.4 - 27.3 - 13.9 馬ナリ余力
 シングルカスク(三未勝)馬ナリを0.4秒先行0.2秒先着
4/27 助 手 美南 坂・良 1 回 - 60.4 - 45.1 - 29.5 - 14.8 馬ナリ余力

ボンバーはこのところ、終いのスピードが出てレース前の今週は12秒台。まずまずの状態なのかな。
頑張ってほしいです。
マルーンドロップは帰厩早々でまだ本格的な調教では内容。とりあえずはパワフルになって戻ってきたことを期待。リフレッシュ効果もあるでしょうし、ここで勝ってくれないと、また夏まで厳しい未勝利戦を戦う事になってしまいます。頑張れよっ!

【出走確定】
5月4日 (日)
ドリームボンバー 新潟9R 500万下 ダート1200m 13頭立 国分恭介騎手 14:05発走

Posted by sachi at 02:49 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン馬近況

サヴァランは逃げ切り勝ちを収めたあと、これといった不安はなかったようですが、小回り平坦の適条件が無いため、北海道に戻って夏競馬まで休養することに。次は一筋縄では行かない相手ばかりになりますが、まだ伸びしろはあるはず。夏競馬に備えて、しっかり体力をつけてね。それにしても写真を見ると、母デセールにますます似てきました。もちろん父にも似ていますが、BRFで会った気の強い母と雰囲気がそっくり。牧場でも母と同じく気の強い女王様をしているのかしら? もう何年もBRFへ行ってないので、たまには牧場へ行って馬とふれあいたいと思うのですが、四国から北海道は遠い……

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年5月2日(金)
マイネサヴァランは、見事、前走で逃げ切り勝ちを収めました。レース後もこれといった不安は見あたりませんが、小回り平坦の適条件がしばらく組まれていないこともあり、ここで軽くリフレッシュさせて夏競馬に備えることになりました。北海道のビッグレッドファームに向け、明日2日(土)にトレセンを出発する予定です。

Posted by sachi at 02:48 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

トゥモローはCVFで調整中。昼夜放牧で体力を養っています。昼夜のリズムにも慣れ、馬体も回復してきたよう。もともと馬格はあるものの少し薄い馬体なので、この休養を機会にしっかり英気を養い、500万クラスくらいあっさり勝てるくらいパワフルになって帰ってきてほしいと願っています。使い詰めだったので心身ともにリフレッシュできるのはこの馬にとってよいことと考えましょう(できればもう1つ勝ってからがよかったけれど)ステイ産駒なのでまだ成長の余力はあるはず。そうなれば、またよいレースができるでしょう。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日   2014年5月2日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。引き続き、昼夜放牧を行っています。
 担当者は「昼夜放牧のリズムにもすっかりと慣れた様子で、馬体も日に日に回復し、少しばかりふっくらと見せるようになってきました。また、こちらへ来た当初は少しおとなしくも感じましたが、最近は元気が増してきましたし、体調も良くなっているように思います」と話していました。

Posted by sachi at 02:48 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

May 02, 2014

ノルマンディー馬近況

3歳馬
先週入厩したマルーンドロップは、坂路コースで馬なりの追い切り。時計のかかる馬場だったようですが、いつも通りそれなりのタイムは出しています。このひと追いで上昇気配とのことなので、今度こそ勝ち上がってほしいもの。三次募集も始まったものの、このクラブの出資馬はまだ一つも勝てていないので見合わせです。馬代金は安いけれど、もう三頭に出資しているし……。セゾンのバスケット引退で準オープンのサヴァランが出世頭という寂しい状況で、そろそろOPまで上がれそうな馬に出資したいのですが、まだ出資馬が1つも勝てていないのでは追加出資も考慮できません。マルーンは動き次第で来週の競馬に向かうこともとのコメントなので、新潟で勝ち上がってくれれば考えてみてもよいのだけれど←ヾ(・∀・;)オイオイ

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/5/1 (美浦トレセン)
4月30日に坂路コースで4ハロンから併せ、56.3-41.4-27.3-13.9を馬ナリに追い切りました。「今週の坂路は最近になく時計がかかる馬場でしたが、反応も良く最後まで余裕のある動きを見せていました。このひと追いでまたグッと上向いてきそうな気配ですし、態勢は整いつつあります。週末にも少し速いところをやってみて、その動き次第では来週の競馬に向かうことも考えています」(栗田 徹 調教師)

2歳馬
3頭ともコメントはそこそこ。しかしあれほど絶賛されていたマルーンドロップがまだ勝ち上がっていない状況では、コメントをどこまで信頼してよいか分かりません。とりあえずは、出資した3頭が順調に育成されるのを願うのみ。
グランノーヴァことスプリングボードの12は、前回のコメントで両前足の球節に腫れが見られたと黄信号が出たのですが、現在は症状が落ち着いて来たので騎乗再開とのこと。まだ軽めの調整ですが、球節は面倒なのでしっかりケアして無事デビューにこぎつけてほしい。幸い国枝厩舎なので、入厩スレバその辺りは問題ないと思われますが、コメント通り無理はさせず、大事に育てていってもらいたい。馬体重もあまり大きくならないほうが良さそうですが、今のところはちょうどいい感じ。このまま順調に進むよう願います。
ハッピーキャップことミッドキャップの12は、少しペースをあげて乗り込み中。飼い食いも安定していて成長がうかがえるというのは何より。ゲートも練習中ですが、性格が素直で問題なく対応出来ているようです。サヴァランと同じくマンハッタンカフェ産駒で、どんな距離が向いているのか早く知りたいところ。短距離かなぁ? 母父からするともう少し長い距離にも対応出来そうに思うのですが、成長が楽しみです。
グランビスキュイことリトルビスケットの12は、引き続き坂路2本を取り入れながら育成中。週2回は13秒から15秒のペースというのは、3頭のなかでは一番仕上がりが早いように思われます。もともと筋肉タイプだったと思うのですが、肩周りとトモに厚みが増してきたとのことで、このまま順調にいってほしい。しっかり集中して走れているのは良い傾向。早期デビューも視野に入れられそうです。デビューはこの仔が一番乗りかな? 父エンパイアメーカーは種牡馬能力が未知数ですが、母父タニノギムレットでパワーはありそう。ダート馬かもしれません。デビューが待ち遠しいです。

▼スプリングボードの12(グランノーヴァ)……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡 美浦・美浦国枝 栄厩舎入厩予定
2014/4/30 (ノルマンディーファーム)  馬体重:483kg
21日に両前脚の球節部に腫れが見られたため、ウォーキングマシンの運動に切り替えていましたが、症状が落ち着いてきたことから今週より騎乗を再開しました。現在は馬場1周と坂路2本を軽めに登っています。まだ脚元が固まりきっていないので、患部には水冷をおこなうなど十分にケアし、今後も状態をよく見ながら進めていく予定です。動きからは素質の高さを感じさせるので無理はさせずに大事に育てていきます。

▼ミッドキャップの12(ハッピーキャップ)……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/4/30 (ノルマンディーファーム)  馬体重:457kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18〜20秒ペース(週2回は14〜15秒ペース)のメニューを消化しています。ペースを上げて乗り込んでいますが、へこたれる様子は全くありません。飼葉喰いも安定しており、体を見ても着実に成長している様子が伺えます。中間からゲートの通過と駐立をおこなっていますが、素直な性格ということもあって問題なく対応することができています。全体的に見て良化が感じられるので、この調子でさらなる上積みを求めていきたいところです。

▼リトルビスケットの12(グランビスキュイ)……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎予定
2014/4/30 (ノルマンディーファーム)  馬体重:481kg
引き続き馬場1周と坂路2本を17〜18秒ペース(週2回は13〜15秒ペース)のメニューを消化しています。コンスタントに調教を継続している効果で肩周りとトモに厚みが増してきました。勢いよく駆けていますが、しっかりと集中して走ることができており、鞍上とのコンタクトもしっかり取ることができています。ここまでの調整過程から今後もスムーズに進めることができそうな手応えがあり、早期デビューも視野に入れながら進めていく予定です。

Posted by sachi at 03:01 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

2歳馬
ドルチェはセグチのダートコースを中心にダクとハッキングで乗り込み中。問題があった左前繋靭帯も落ち着いていて問題はないとのことで、先週には早速騎乗を再開。ラヴらしい前向きな気性に加え、調教にもまじめに取り組んでいるようでひと安心です。ラヴ産駒も残り少なくなってしまった今、この馬には何とか父の子らしい活躍をしてほしいと願うばかりです。父の2歳時よりも大柄な産駒になりそうで、脚元が心配ではありますが、順調にデビューにこぎつけてほしい。

ドリームドルチェ [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2014/04/30
セグチレーシングステーブルで育成中。現在はダートトラックコースにてダクとハッキングで運動しています。牧場に到着後は若干高かった体温の方も直ぐに下がり、もともと反応のあった左前繋靭帯にも特に問題は見られませんでした。そこで先週末からは早速騎乗を再開しています。担当スタッフは「到着後に少し高かった体温の方は直ぐに下がりましたし、もともと反応の出ていた左前繋靭帯の方も今のところは問題あるレベルではなかったため、先週末からは早速騎乗を再開しています。ここまで進めてきている印象としては、マイネルラヴ産駒らしい前向きな気性で調教も真面目にこなしてくれる優等生といった感じで、現状ではある程度早めの時期からレースに使えるタイプではないかと見ています。今後はこのまま乗り込みを進め段階的にピッチを上げていきたいと思います」とコメントしていました。現状では基礎体力もある程度備わっている印象を受けますので、今後はこのまま状態に合わせてペースアップしていく予定です。現在の馬体重は480kgです。

3歳馬
ヴィーナスはグリーンファーム甲南で、ダクとキャンターにスピード調教を取り入れ調整中。トモの疲れも抜けて感触が良くなってきたとのことで、これからペースアップされていくでしょう。飼い食いも良く体つきもふっくらしてきたらしいので、良い状態で復帰できそう。体質が弱いのか、あまり強い調教ができなかったようなのですが、馬体がしっかり成長してくれれば、もう少しましなレースができるのではと期待。このまま終わってしまうのは、あまりに寂しい。ぜひともいい状態で復帰させ、穴レースでもいいので、まずは何とか掲示板くらい、いや8位入線くらいは確保してほしいものです。頑張れヴィーナス! でないとせっかくいい名前が付いているのに寂しいです。

サマーヴィーナス [外厩馬 / グリーンファーム甲南]  ■2014/04/30
グリーンファーム甲南で調整中。現在は坂路にてダクとキャンターを基本メニューに、合わせて週に2本スピード調教も取り入れられています。中間は通常メニューをこなしながらトモの感触も良くなってきている事から、先々週からはスピード調教も取り入れペースアップされています。担当スタッフは「乗り込みを進めながら歩様やトモの運びも良くなってきていますので、15-15も取り入れながら順調にペースアップしています。ピッチを上げている中でも飼葉をしっかり食べて体付きもフックラとしてきていますし、走りに対する姿勢からも以前に比べ心身共に良い形で成長していると思います。ここまでは気になるところもなくしっかり乗り込めていますので、今後も入厩へ向けこのまま態勢を整えていきたいと思います」とコメントしていました。同馬自身の成長もあるのか、ここまで進めてきている中で体質も強くなってきている印象で良い傾向です。今後は近日中に加用調教師に状態を報告し入厩時期等について相談していきます。現在の馬体重は474kgです。

4歳馬
リヴァールもセン馬になってから馬体が寂しく成長も遅くて、せっかく勝ち上がったのがもったいない感じ。今回も乗り込んで着ている割にいまひとつ実になっていないとのことで、状態はあまり上向いて来ません。いつになったら入厩できる状態にもっていけるのでしょう。しかし焦っても仕方がありません。ここはじっくり取り組んで、時間がかかってもいいので地力をつけてほしいと願っています。気温も高くなってきたので、代謝が良くなれば状態も上がってくると信じ、あとはリヴァールの根性にかけましょう。

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2014/04/30
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間も引き続きしっかり運動量を確保されていますが、ここまで乗り込んできている割にはもうひとつ実になってこない様子です。担当スタッフは「ここまで引き続き状態に合わせて休む事なく乗り込んできていますが、まだトモの方は幾分寂しく映りますし冬毛もそこまで抜けてくる様子がありません。毎週状態を確認されている池上調教師からは、もう少しこのまま乗り込んでしっかりさせて欲しいとの指示も受けていますので、今後もこのまま状態を確認しながら乗り込んでいきたいと思います。同馬自身もっと気温が上がって新陳代謝が良くなってくる時期の方が良いのかも知れませんね」とコメントしていました。ここまで十分に乗り込んできていますので同馬なりには動きもしっかりしてきていますが、まだ良い頃に比べると体調や馬体の張りなどは物足りない印象を受けます。今後はこのまま引き続き乗り込みを進め入厩を目指していきます。現在の馬体重は458kgです。

5歳馬
ハピネスはセグチで調整中。この馬も大柄なわりに体質が強くなくて、レース後はダメージが出るのが残念。今回、全身の筋肉に張りが感じられたのでショックウェーブ治療を施したのち、騎乗を再開とのこと。リヴァール同様、復帰までにはまだ時間がかかりそう。セゾン馬も入厩しているのがボンバーのみで、出走馬が乏しいと週末の競馬がつまらない。とはいえ牝馬でこの年齢になると、あまり大きな伸びしろは期待できません。復帰後はせめてベストの調整でレースにのぞんでくれるよう祈るのみです。

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/04/30
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクと軽めのキャンターで乗り込まれています。牧場到着後は同馬なりに落ち着いており、特段大きなダメージも感じられませんでした。しかし続けてレースに使ってきた事での目に見えないダメージにも配慮して獣医に状態を確認してもらったところ、全身の筋肉には少し張りが感じられました。そこで軽くショックウェーブ治療を施してから騎乗が進められています。担当スタッフは「牧場到着後も元気にしており、続けてレースに使ってきた事でのダメージは感じられましたが、そこまで痛んでいる様子はなかったのでその場でショックウェーブ治療を施してから騎乗を進めています。現在は今後のペースアップに向けて状態を確認しながら乗り込みを進めていますが、ここまでは順調そのものですので、今後今週からは通常メニューに移行していきたいと思います」とコメントしていました。ここまで続けてレースに使ってきた事で見た目には体が減っていますので、今後は無理せず騎乗を進めフックラしてくるよう促していきます。現時点で復帰するまではもう少し時間がかかる見込みです。現在の馬体重は500kgです。

6歳馬
ボンバーは今週、日曜の新潟ダート1200mに出走です。短距離路線になってからはきわどく引退を逃れている状況ですが、距離が短いほうがレースに集中できるのか、結果は以前よりよくなったように思う。最初はダンス産駒ということで1800m中心に使っていたのですが、距離短縮はこの馬似とってよかったとは思う。500万下でも、毎回着を拾っていれば出資者はそこそこ満足が行きます。今週も目指せ掲示板・いや、今回はいつになくポリトラックで追い切って時計がよかったようなので、目指せ馬券圏内といっておきましょう。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎]  ■2014/05/01
5/4(日)新潟競馬第9レース、4歳以上500万下、ダート1200m、13頭立て、国分恭介騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後2時05分です。
4/30にはポリトラックコースにて、最終追い切りを単走で消化しています。6ハロン82.7秒、3ハロン38.8秒、ラスト1ハロン12.2秒の時計を馬なりでマークしています。飯田調教師は「今週は雨の影響で馬場状態が悪かったので、ポリトラックコースで追い切りを消化しました。普段追い切りではあまり使わないコースなのも影響したのか、見た目には若干重苦しさは感じられましたが、時計は馬なりでこの内容であれば何ら問題はないと見ています。ここは頑張って悪くても次に繋がるレースをして欲しいと思います」とコメントしていました。ご声援ください。

Posted by sachi at 02:59 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)