April 28, 2014

ラフィアン馬近況

サヴァランは日曜に福島で出走し、見事優勝! 福島での成績が良いのに体調が今ひとつのようだったのであまり期待していなかったのですが、予想を裏切って逃げたまま押し切りがち。強かった。絶好の最内枠を引いたこともラッキーでした。これで準オープンに昇級です。よかった、よかった。どうせならもう1つ上のクラスを狙ってもらいたいものです(忙しくてバタバタしていて、残念ながら馬券は買いそびれました)

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克 更新日 : 2014年4月25日(金)
マイネサヴァランは、4月27日(日)福島11R・福島中央テレビ杯・芝1200mに丹内祐次騎手で出走します。今週も坂路を駆け上がった後、ニューポリトラックに場所を移しての追い切り。清水調教師は「鉾田からの報告通り、冬毛は残っていますが、硬さもほぐれているようですし、速いところへいっても問題なく動けていました。絶好調とはいわないまでも、力は出せそうな状態です」とジャッジしていました。


今週の調教時計

マイネサヴァラン
4/23 助 手 美南P 良 64.1 49.7 36.5 11.8 5  G前仕掛け4/20 助 手 美南P 良 66.2 50.6 37.5 12.5 7  馬ナリ余力

【出走確定】
マイネサヴァラン
4月27日(日) 福島11R 福島中央テレビ杯 芝1200m 丹内祐次 55.0 15:25 16 1枠 1番

【出走結果】
マイネサヴァラン4月27日(日) 福島11R 福島中央テレビ杯 芝1200m 天気:晴 馬場:良 発走15:25
1着 1枠 1番 マイネサヴァラン 牝5 55.0 丹内 1:08.7 8 23.7 (美浦)清水英 456(-2)

【競馬場速報】
本当に内枠が幸いし、馬も騎手も頑張ってくれました。恐るべし福島巧者! 未勝利戦を勝ち上がったのも福島での同じコンビでしたね。その1戦前も丹内騎手の1枠1番で2着。丹内騎手にも勝算があったのでしょう。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克 更新日 : 2014年4月27日(日)
丹内騎手「最高の枠順を引けて、スタートも決まったことが勝因でしょう。すんなり行けましたし、持ち前のスピードで押し切ってくれました。強かったと思います。福島とは相性が良いですね。ありがとうございました」
清水調教師「冬毛は残っているのですが、前回の在厩時より上向いている感じは受けていました。内枠も味方したのでしょう。馬も良くがんばってくれたと思います。ありがとうございました」 

Posted by sachi at 08:59 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

アペルトゥーラは小野町で調整中。背や腰の状態は安定しているようで、これから帰厩に向けてピッチを上げていく予定とのこと。毛艶、張りもよく、来月上旬には厩舎に戻れそう。馬体重が増えたままなのが少し気がかりですが、帰厩すれば国枝調教師の腕で何とか出走まで持って行ってくれるでしょう。未勝利戦もなかなか厳しいとは思いますが、何とか勝ち上がってほしいなぁ。
マルーンドロップは小野町で調整後、23日に帰厩。馬体がたくましくなって戻ってきたようです。勝ちきれなかった頃から比べて、パワフルになったことを願っています。奥手のタイプに思えるとのことで、これからの良化を期待したい。勝ち上がるまであと一歩だったので、新潟開催2週目か3週目での復帰が目標。今度こそすぱっと勝ち上がってほしい。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/4/25 (ノルマンディーファーム小野町) 馬体重:527kg
現在は馬場1〜2周と坂路1〜2本の運動をおこなっています。背腰の状態が悪化することはなく、安定していることから、この後は帰厩に向けてピッチを上げていく予定です。20日に国枝調教師が来場し、状態を確認しました。師は「背腰の方は問題ないようなのでまずは一安心です。毛ヅヤ、ハリともに良くなっているので帰厩を検討します」と話しており、来月上旬には美浦に移動する予定です。

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/4/24 (美浦トレセン)
中間もノルマンディーファーム小野町で順調に調整され、昨日帰厩しました。「良い休養になったようで、逞しい体つきになって戻ってきましたね。体に幅が出てきたように感じますし、お尻からトモにかけての筋肉もボリューム感を増しています。本質的には奥手のタイプに思えるので、暖かくなるにつれて今後まだ良化してきそうな雰囲気を感じさせます。状態を見ながら進めていって、新潟開催2週目か3週目あたりのレースを使えたらと考えています」(栗田 徹 調教師)

Posted by sachi at 08:58 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

【今週(先週)の調教時計】
ドリームボンバー
4/23 助 手 栗東B/良 88.7 71.2 55.4 40.8 12.4 9 馬ナリ余力

セゾンで唯一の入厩馬。来週(つまり今週)新潟で出走予定のようです。ダート短距離に路線変更してから、少しは成績が向上して引退の危機を免れているボンバーです。次走もぜひとも掲示板確保を、いや馬券圏内を目指してほしい。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎]  ■2014/04/24
栗東トレセンで調整中。坂路とダートコースを併用して乗り込まれています。中間は精神面を考慮し、メニューに強弱を付ながら状態に合わせて調整が進められています。そんな中、4/23にはダートコースにて、入厩後4本目となる追い切りを単走で消化しています。6ハロン88.7秒、3ハロン40.8秒、ラスト1ハロン12.4秒の時計を馬なりでマークしています。飯田調教師は「中間も引き続きカリカリしてこないよう状態に合わせて調整を進めており、先週に比べるとトモの方も徐々にしっかりとしてきました。それに伴い動きの方もだいぶ良くなってきていますし、担当スタッフからはあと息遣いがもう少し良くなってくればレースに向かえそうとの報告も受けています。そこで今週はダートコースで長めから入って追い切りましたが、上がってきてからの息の戻りも良くなってきていますので、この様子でしたら来週にはレースに使えるのではないかと見ています」とコメントしていました。今後はこのまま週末、来週と状態に合わせて追って、来週の出走に向けて態勢を整えていきます。次走については来週の新潟競馬、4歳以上500万下、ダート1200mに出走を予定しています。

Posted by sachi at 08:57 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
トゥモローは北海道のCVFでの普通放牧を切り上げ、昼夜放牧を始めたとのこと。それでも馬体はまだ元に戻っていないようです。しかしこれから青草が生えてくれば、栄養価の高い新鮮な草をモリモリ食べて、元気を回復してくれるでしょう。いまひとつ勝ち切れない馬から、復帰後はしっかりパワーとつけて力強い走りを見せてほしいものです。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2014年4月25日(金)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。普通放牧を切り上げ、今週からは昼夜放牧を行っています。
 担当者は「昼夜放牧へ切り替え後も順調に進めていますが、減った馬体はまだ戻ってきません。それでも、到着後は馬体を増やすためにカイバを多く与えていますが、馬もそれに応えて完食していますから、馬体が戻ってくるのも時間の問題と思います。それに今後は放牧地にもたくさん青草が生えてきますので、それも馬体増に繋がるはずです」と話していました。

2歳馬
ジラソーレはCVFで調整中。坂路とトラックコースで乗り込まれ、ゲート練習も並行しているとのこと(これはカルミナ、ティアラも同様) もたれグセがなくなり、真っ直ぐ走れるようになってきたのは良い傾向。精神的にも落ち着きが出てきたようで、ようやくデビューに向けての練習が少しづつ成果をあげてきたよう。とはいえ馬体の成長がほしいとのこと。そうすればピッチをあげての本格的なお稽古が順調に進められるでしょう。これから青草を食べてしっかり体力をつけてほしい。
カルミナも同様な調整ですが、こちらは逆に余裕のあった体つきが絞れて、ちょうどいい馬体になってきたようです。牝馬のわりに大型の馬だったので、ムダ肉がとれて走れる馬体になってきたのだと思います。仕上げの前にもう少しゲート練習を進めるとのことで、デビューは早そうです。
ティアラも同様な調整。順調に乗り込めて入るものの、相変わらず動きに切れが足りずまだ目立った動きができていないとのこと。う〜ん、走れる馬だと思ったのですが、どちらかと言うと距離があったほうがよいタイプには見えました。ハービンジャーは新種牡馬なのでまだ産駒がどんな走りをするか分かりませんが、キレのある馬でないことは確か。どちらかというと切れのある繁殖馬につけてパワーを与えるタイプでしょうか。母コスモプラチナは優秀な牝馬だったからこそ出資したのですが、もしかして同じタイプだったか…… まあ、奥手のようだし、まだまだこれから。成長を期待します。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日 2014年4月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「調教でのモタれ癖もなくなり、だいぶまっすぐ走れるようになってきました。精神的な落ち着きが出てきた点はプラスですし、あとはもう少し馬体の成長がほしいところです。今のところこれといった不安はありませんから、今後はもっとピッチを上げて攻めていくことができそうです」と話していました。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日 2014年4月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「以前はかなり余裕のある体つきでしたが、乗り込むにつれて徐々に無駄肉が取れ、ようやくちょうどいい馬体になってきました。乗り込みは順調ですし、すぐに仕上げに向けて進められそうな雰囲気もありますが、まずはもう少しゲート練習に時間を掛けていきたいと思います」と話していました。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日 2014年4月23日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「順調に乗り進めていますが、動きにはキレが足りず、正直、まだ目立った動きはできていません。体つきもまだ幼いのですが、そのぶん今後の伸びシロは十分に見込めそうですし、少し奥手タイプのような気もします。今はまだ焦る時期ではないでしょう」と話していました。

Posted by sachi at 08:54 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

April 21, 2014

先週の調教時計(更新遅れ)

ボンバーと帰厩したばかりのサヴァランが時計を出しています。

ドリームボンバー
4/16 助 手 栗東B/良 74.5 57.6 43.1 13.2 9  馬ナリ余力
4/13 助 手 栗東坂/良 1 57.0 42.1 27.7 14.1 馬ナリ余力
マイネサヴァラン
4/17 助 手 美北C 良 70.5 54.8 40.7 13.6 5  馬ナリ余力

ボンバーは中間、順調に調教が進んでいるようです。
サヴァランはまだ帰厩したばかりですが、10日競馬で27日のレースに出走予定。またきっと乗り込み不足で凡走するでしょう。なぜクラブがもっと納得のいく調教をしないのか疑問で仕方がありません。本当に鉾田での乗り込みで十分と考えているのか? 今更どうしようもありませんが……

Posted by sachi at 06:56 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

アペルトゥーラもマルーンドロップも小野町に滞在中。
アペルトゥーラはソエに加え背腰に疲れが出てショックウェーブ治療を施した結果、状態は良化してきたようです。新潟開催に向けて、このまま順調にいってほしい。それにしても、あとどれくらい馬体を絞らないといけないことか。
マルーンドロップも引き続き小野町で調整中。暖かくなるにつれて状態が上向いてきたとのこと。来週には帰厩できそうです。とはいえ、この馬もかなり馬体重が増えたよう。成長分もあるでしょう。帰厩後は勝ち上がりを目指して厳しい未勝利戦に突入なので、調教をしっかり身にして、ぜひとも新潟で勝利を上げてほしいものです。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/4/18 (ノルマンディーファーム小野町) 馬体重:522kg
引き続き馬場2周と坂路1本の運動をおこなっています。ショックウェーブ治療を施したこともあり、背腰の状態は着実に良化してきました。両前脚にはソエの痛みが残っているので、水冷を継続してケアしていますが、このまま進めていくのに問題のないレベルです。目標の新潟開催に向けてしっかりと調整していきます。

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/4/18 (ノルマンディーファーム小野町) 馬体重:478kg
引き続き馬場1周と坂路2本のメニューを消化しています。気温の上昇と比例するように動き、馬体ともに着実に上向いていることから、来週の検疫で美浦に帰厩する予定です。精神的に落ち着いて調教に臨めているのも好印象で、このまま良い流れで厩舎に送り出したいと思います。帰厩後は目標である新潟開催に向けて進めていく予定です。

Posted by sachi at 06:54 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

トゥモローは北海道へ移動。無事到着したようですが、馬体が寂しく映るとか。まとまった休みがなかったのは事実ですが、さほど無理使いしたとも思えない。できればもう少し活躍してから、つまりもう1つ勝ってから放牧になってほしかったのですが、そこに至らなかったのはこれが今の実力なのでしょうか。しっかり馬体を戻して立て直してほしいものです。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日   2014年4月18日(金)
 先週末13日(日)に茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田を出発、翌14日(月)に北海道・新冠のコスモヴューファームに到着しています。
 担当者は「到着翌日の15日(火)からは普通放牧を行っています。到着時の熱発はなく、馬自身は元気もありレースの疲れも感じませんが、いかんせん馬体は寂しいですね。元々線の細い馬ではありますが、今はまるで牝馬のようにスラッと映ります。今までまとまった休みは入れていませんでしたし、そのあたりのストレスの影響もあるのかもしれませんね。まずは馬体を戻すことに重点を置いて調整していきます」と話していました。

Posted by sachi at 06:53 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

April 18, 2014

セゾン入厩馬近況

バスケットが引退し、3歳未勝利馬も引退、1勝馬は500万条件で頭打ちと、今年はまだ不振が続いていますが、ノルマンディーの3歳2頭もなかなか勝ち上がれない今、セゾンの2頭には堅実に掲示板を目指してほしい。現役馬が少なくなったので、出走も少なく寂しい限り。2歳が早くデビューしてほしいな。

5歳馬
ハピネスは無事セグチへ移動。前走後は使ったなりのダメージが有り、歩様や身のこなしには硬さも見られるとのことですが、これはいつもの通り。もともと疲れの出やすい馬で、2月から4戦したから普通のことでしょう。500万条件であまりよい結果を出せていませんが、能力でしょうから仕方なし。今回の放牧でリフレッシュして戻ってきてほしい。年齢的なものもあり、500万下でもう一つ勝てれば御の字でしょう。

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2014/04/17
4/17にセグチレーシングステーブルへ移動しました。長距離輸送となりましたが輸送熱もなく、まずは無事に到着しています。前走後は、レースに使ったなりのダメージが感じられ、歩様や身のこなしには幾分硬さも見られています。松元調教師は「前走は続けて使ってきている事で幾分イライラしているところも見られましたので、レースではチークピーシーズを着用しましたが、芝スタートで勢いに乗れませんでしたし、展開的にも1200mの流れとは異なり少し忙しい感じもありました。レース後は幾分硬さが見られる様になってきましたが、使ったなりのダメージで脚元等に問題はありません。今後はここまで続けて使ってきていますので、心身共に一度放牧に出して立て直したいと思います」とコメントしていました。牧場到着後は体温も安定しており、飼葉も口にして落ち着いています。今後は目に見えないダメージもあると思いますので、週末には一度獣医に状態を確認してもらい、必要であればしっかりダメージをケアしていく予定です。

6歳馬
ボンバーは栗東の坂路とダートコースで調整中。中間、少しピッチをあげたようですが状態に合わせて進めているとのことで、カリカリした様子も見せていないのは順調に進められている証拠。追い切りはまだ目一杯ではないものの、それなりの時計です。ダート短距離に路線を変更してから、この馬なりに頑張っています。もう1つ勝つのはむずかしいかもしれませんが、堅実に着を拾ってくれればよしとしましょう。とはいえ、中央場所では出走できないので、レースを選んでなんとか結果を出してほしい。復帰戦は状態重視で少し先延ばしして新潟開催を目標にすることに。前走は10着とふるいませんでしたが、次走は掲示板を目標に!

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎]  ■2014/04/17
栗東トレセンで調整中。坂路中心にダートコースも取り入れ乗り込まれています。中間は状態に合わせてピッチを上げていますが、そこまで無理をさせていない事で同馬特有のカリカリした様子も見られず、ここまでは概ね順調に調整が進められています。そこで4/16にはダートコースにて、入厩後2本目となる追い切りを単走で消化しています。5ハロン74.5秒、3ハロン43.1秒、ラスト1ハロン13.2秒の時計を馬なりでマークしています。飯田調教師は「中間は引き続き精神面を考慮したメニューで進めていますので、今週に入ってからもそこまでカリカリした様子は見られません。そこで今週は一段階上げてダートコースで追いましたが、同馬なりに集中して走れていましたし先週に比べて動きもしっかりとしてきていますので、ここまでは同馬なりに順調と見ています。しかし担当スタッフからは幾分急仕上げの分、良い頃に比べるとトモにはまだ緩さが感じられるとの話は受けていますので、今後はその辺りがもっとしっかりしてくれば良いと思います」とコメントしていました。そこで飯田調教師と改めて復帰戦について相談した結果、状態的にはもう2〜3本は追い切った方が良いのではないかとの事で、現状では出走できるレースにも限りがありますし、ここは状態重視で目標を切り替える事となりました。次走については再来週から始まる新潟開催を目標に進めていきます。

Posted by sachi at 08:43 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

April 16, 2014

セゾン外厩馬近況

2歳馬
ドリームドルチェことオリジナルデザートの12は田口トレーニングファームで育成中ですが、中間、スピード調教を取り入れてペースアップしたところ、左前繋靭帯付近を触ると反応するとのことで、獣医の診察を受け、ショックウェーブ治療を受けているようです。これはやばい、走る前から繋靭帯炎では、先がないよ〜と思ったのですが、コメントでは特に脹れ、熱感がなく骨や筋に異常はないようで、とりあえずは軽めのメニュー。来週にはセグチへ移動の予定で、本当に大丈夫かどうかかなり疑わしいのですが、セゾンは今年の2歳馬を結構早くデビューさせたい意向のようですね。それ自体はいいのだけど、肝心の馬が…… 馬体重500キロでは、脚に負担もかかるでしょう。それは募集時から分かっていたことなので応募をためらっていたのですが、ラヴ産駒で他に選択がなかったので仕方ありません。何とか無事デビューにこぎつけて欲しいです。この様子ではデビューはダートかな?

ドリームドルチェ [外厩馬 / 田口トレーニングファーム] ■2014/04/15
田口トレーニングファームで育成中。現在はダートトラックコースにてダクとハッキングを基本メニューに、合わせて坂路も取り入れられています。中間は先々週からスピード調教を取り入れてペースアップしていましたが、先週から左前繋靭帯付近に触診で反応が見られる様になってきた事から、先週末には獣医に状態を確認してもらいショックウェーブ治療を施されています。担当スタッフは「先週のスピード調教を消化した翌日から歩様に少し違和感が感じられたので、先週末には獣医に状態を確認してもらいました。獣医の見解では特に腫れや熱感もないので骨やスジに異常はないと思うが、触診で嫌がる素振りを見せているので、ペースアップしているダメージが溜まっているのではないかとの見解でその場でショックウェーブ治療を施しています。現状で軽めのメニューを消化している中では同馬自身が気にしている様子はありませんが、今後は移動も控えていますので、このまま軽めのメニューで体調を整えていきたいと思います」とコメントしていました。今後は週末まで状態に合わせて乗り込みを進めながら、体調を整えていきます。現時点では来週の月曜日に北海道を出発しセグチレーシングステーブルへ移動する予定です。現在の馬体重は500kgです。

3歳馬
デビュー戦が勝ち馬からかなり離されてのブービーでもう見込みもないとは分かっていますが、まあ最後まで応援しましょう。

サマーヴィーナス [外厩馬 / グリーンファーム甲南]  ■2014/04/15
グリーンファーム甲南で調整中。現在は坂路にてダクとキャンターで乗り込まれています。中間は先週末に獣医に状態を確認してもらいましたが、右トモに若干硬さが見られる以外は特に気になるところもなく、特に治療も必要なさそうとの事でしたので、先週末からは通常メニューで騎乗が進められています。担当スタッフは「到着後はレース後で気持ちが緩んでダメージが出てこないか心配していましたが、獣医の診断では特に目立って痛んでいるところもありませんでしたのでまずは良かったと思います。先週末から騎乗を開始していますが、以前に比べ精神的に落ち着いてメニューをこなせており、同馬なりに心身共に成長が見られ良い傾向だと思います。今後はもともと右トモに硬さが出易いところもありますので、状態に合わせて徐々にピッチを上げていきたいと思います」とコメントしていました。現状ではレース後のダメージも限定的な様子ですので、今後もこのまま緩めずに騎乗を進め入厩へ向けて態勢を整えていきます。具体的な入厩時期については今後の状態を確認しながら加用調教師と相談していく予定です。現在の馬体重は456kgです。

4歳馬
リヴァールはセグチでダートトラックを中心に調整中。馬体にあまり成長が見られない気がしますが、せん馬になってから筋肉量も減り、体力が落ちていたので仕方がないのかな。一時は馬体重が結構増えていたように思うのですが、今は乗り込んでいるせいか、さほど大きくなっていないような? そろそろ復帰も視野に入れたい時期。何とか500万下でもそこそこの成績を残してほしいのですが……

ドリームリヴァール [外厩馬 / セグチレーシングステーブル]  ■2014/04/15
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターで乗り込まれています。中間は通常メニューにペースアップしてからも順調に調整が進められており、以前物足りなく感じた覇気も徐々に戻ってきている様子です。担当スタッフは「ペースアップしてからここまで休むことなくしっかり乗り込んできていますので、ここ最近では同馬なりに覇気も感じられるようになってきましたし、体もそれに伴って引き締まってきています。それでも見た目にはまだ冬毛もありますし馬体の張りもまだもう一歩の印象は受けますので、今後もこのまま更なる良化を促しながら乗り込んでいきたいと思います。現時点では当初の予定通り今月末頃には入厩出来る態勢が整えられると見ています」とコメントしていました。ここ最近では続けて負荷を掛けてきている事で、もともとダメージの出やすい背中には張りも感じられるようですが、定期的にしっかりケアしながら進めれば問題ないレベルですので、今後もこのまま入厩を目指して乗り込みを進めていく予定です。現在の馬体重は458kgです。

Posted by sachi at 06:25 PM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

April 15, 2014

セゾン馬出走結果レポート

ハピネスは1150mのレースでスタートから前に行けなかった段階でもうダメだと思いました。かと言って直線の追い込みも脚が上がる状態で、勝ち馬似など全然及ばなかった。これで放牧は当然のことでしょうが、戻っても復活できるかどうか疑問ですね。牝馬だし、年齢的にももうこれでいいよって気分です。バスケットが引退したくらいですから(まあ、脚元の不安がなければボンバーのようにもう少し続けさせるかな?)

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎]  ■2014/04/14
4/13(日)福島競馬第8レース、4歳以上500万下、ダート1150m、16頭立て、4枠8番、菱田裕二騎手騎乗で出走し、8着でした。
まずまずのスタートを決めますが他馬のダッシュも速く無理せず8番手辺りに付けてレースを進めます。その後はマサノボラーレビア等が先行争いを繰り広げながらレースを引っ張り、前半3ハロンの通過を34.9秒とハイペースな流れを形勢します。そんな中同馬は、道中の追走は折り合いを欠く事もなくしっかり集中して前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮してきます。同馬も外にオリエンタルエジルを見る形の9番手辺りから4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると同馬なりに反応しているものの思った程脚色は変わりません。最後まで勝ち馬等を捉えようと懸命に鞍上が追いますが捉えるには至らず、結局勝ち馬から0.8秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-2kg、490kgでした。騎乗した菱田騎手は「芝からのスタートで行き脚が付かず前に付ける事が出来ませんでした。道中は流れに乗って追走できましたが、最後は思った程脚色が変わらずそのままとなってしまいました」とコメント。松元調教師は「芝スタートで勢いに乗れなかった事もありますが、最後は思った程脚を使えていませんでしたし、続けて使ってきている事での精神的なダメージもあったのかも知れません。今後はリフレッシュで一度放牧に出す事も検討したいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから、現時点ではリフレッシュで放牧に出る予定です。

Posted by sachi at 11:31 AM | Category: | Comments (0)

ハピネスは8着

日曜に福島で出走したハピネスは、掲示板すら確保できないレースでがっかりでした。
このあとはリフレッシュ放牧でしょうが、まあ、年齢的なこともあり、放牧してもこれ以上の良化はあまり期待できそうにないと思う。出資時にはもう少し強い馬だと見込んでいたのですが、期待はずれに終わりそうです。

4月13日(日) 福島8R 4歳以上500万下 ダート1150m 天気:晴 馬場:良 13:30発走
8着 4枠 8番 サマーハピネス 牝5 54.0 ☆菱田 1:09.9 クビ 3 5.7 37.4 8-9 (栗東)松元 490(-2)

Posted by sachi at 11:30 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ラフィアン馬近況

サヴァランは相変わらず鉾田。まだ冬毛も残っていて体調はいまひとつのようですが、調子は上向きとのこと。とはいえ、何しろまた10日競馬。いくらなんでももう少し厩舎で調整してから出走してほしいというのが、本音ですね。ラフィアン最後の馬で、それ以降は募集馬にも大して注意せず(この馬を最後に退会の意向で出資するつもりもなかった)だったので、最近の3歳馬の活躍が「嘘でしょ?」ッて感じですが、どうも馬の使い方にも納得が行かないので、やはりこれ以上の出資はないでしょう。最後のラフィアン馬と思われるので、もう少しうまい使い方をしてほしい。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克  更新日 : 2014年4月11日(金)
マイネサヴァランは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。坂路で乗り込まれています。中間から追い切りを開始。先日は単走でハロン14秒を切るまでペースを上げました。「冬毛が残っており毛艶は一息ですが、動きは良く調子は上向いています」と主任。27日(日)の福島中央テレビ杯・芝1200mを目標に、17日(木)までに入厩します。

Posted by sachi at 11:29 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

3歳馬
トゥモローは鉾田へ移動ずみで、近々北海道へ放牧となります。これまで500万下であまりよい結果を出せなかったので、リフレッシュは良いと思います。放牧で、一回り大きくなって帰ってきてほしいところ。パワーアップすれば、これまでのもどかしい競馬から前進できると思いたい。
ダムールはすでに引退が決定しており、きょう中央競馬から抹消されます。たった2戦で引退は残念だけど、デビュー戦がすべてだったかも。もう1、2走してから引退でもかったように思わなくもないですが、それも無駄だという判断なら仕方ありません。ラヴ産駒に期待したのですが、少なくとも短距離馬ではなかったようで、スピード不足は否めません。今後は地方で息の長い活躍ができることを祈ります。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日  2014年4月10日(木)
 先週の阪神「アザレア賞」では、持ち味を生かすために淀みない流れを自ら作って競馬をするも、直線は粘りなく8着に終わったウイントゥモロー。担当の駒崎調教助手は「休み明けでも調教の動きは悪くなかったですし、動ける仕上がりだったとは思うのですが、ああやって止まってしまった結果を見ると、距離が長かったのかもしれませんね」と反省を語ります。
 また、レース後の状態については、「いくらかカイバ食いは細くなりましたが、徐々に戻ってきていましたし、あまりダメージもありませんでした」と説明する同助手ですが、ここまでまとまった休養を与えておらず、馬体もやや寂しく見える現状を受けて、このタイミングでひと息入れることが決まっています。昨日9日(水)に茨城県にあるビッグレッドファーム鉾田へ移動を完了しており、近々北海道のコスモヴューファームへ移動する予定となっています。
 西園調教師は「まずは放牧で馬体を大きく膨らませてもらいましょう。まともならあんなに走らない馬ではないと思いますし、休養明けには本領発揮といきたいですね」と巻き返しに燃えていました。

▼ウインダムール……父 : マイネルラヴ / 母 : アドマイヤジェンヌ / 牡 / 美浦・松山将樹
更新日  2014年4月9日(水)
 先週の中山では、スタートは決めたものの、その後は流れに乗るのが精一杯で、早めに手応えがなくなり、勝ち馬からは3秒も離されてのゴールとなってしまったウインダムール。放牧を挟んでの成長に加え、芝替わりでの変わり身に期待しましたが、デビュー戦と変わらない厳しい内容となってしまいました。現状ではスピードが足りない印象で、今後レースで勝ち負けに加わるまでにはかなりの時間を要するものと思われます。それらを踏まえて関係者で協議の結果、誠に残念ではありますが、ここでの引退を決定。12日(土)に中央競馬の登録を抹消することが決まっています。
 今後は売却し、地方・金沢競馬に移籍予定です。
 なお、引退通知書につきましてはJRAの見舞金が確定する約1ヶ月後にお送りいたします。
 出資会員の皆様には、ご期待に添えず、大変申し訳ありませんでした。短い間でしたが、温かいご声援をいただきましたことを心より感謝申し上げます。

2歳馬
そろそろ2歳馬のデビューが気になる時期になってきました。久々の更新は、いずれも似たり寄ったりのコメント。メニューが同じだから仕方ないところもありますが、内容が充実していないのはだんだんラフィアンに似てきたように思われて残念。3歳馬はウインもラフィアンも好調のなか、ハズレばかり引いた感があり、取り残された気がしてしまう。2歳馬に頑張ってもらうしかありません。
ジラソーレは販路よりトラックコースのほうがよく見せるとのこと。つまり芝の中距離馬ということかしら? 思ったほど大きくなっていないようなのもちょっと気がかりだけど、口数の多いクラブになって頭数ばかり増えたので、あまりよく覚えていないというのが本当のところ。ともあれこれから5月の連休明けくらいに、早期デビューできそうな馬が分かってくるのが楽しみです。
カルミナは成長とともに力をつけてきた印象で動きに安定感が出てきたとのこと。馬体もさほど大きくなっていませんが、今はちょうど調教が一番きつい時期なのかもしれません。順調にデビューできるよう願います。ゲートは5月頭くらいに決められれば問題なしでしょう。
ティアラも同じようなコメントですが、3頭のなかでは一番コメントが物足りない?感じかな。募集時の動画ではよい歩様をしていたと思ったのですが…… まあ、いますぐ判断するのは早計かもしれませんが、逆にいま目立っている馬は早期デビュー可能。それはなさそうということですね。これから順調に調教が進んでほしいものです。

▼ウインジラソーレ……父 : マツリダゴッホ / 母 : プラチナウィンク / 牡 / 栗東・梅田智之
更新日  2014年4月9日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「やや力み気味に走ってしまうところは残っていますが、坂路よりトラックコースのほうが動きを良く見せています。ゲート練習に関してはまだ慣れが必要ですが、練習を重ねていけば問題はないと思います」と話していました。
 馬体重423kg。

▼ウインカルミナ……父 : ステイゴールド / 母 : コウエイソフィア / 牝 / 栗東・大久保龍志
更新日  2014年4月9日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「成長とともに順調に力を付けてきた印象で、調教の動きに安定感が出てきました。馬体減りの心配も今のところ感じませんし、順調に進められています。ゲート練習では、まだ背中を丸めて嫌がる面も見せていますが、これはまだ慣れていないからなのでしょうし、特に心配はしていません」と話していました。
 馬体重434kg。

▼ウインティアラ……父 : ハービンジャー / 母 : コスモプラチナ / 牝 / 美浦・手塚貴久
更新日  2014年4月9日(水)
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。坂路を1本〜2本、もしくは600mのトラックコースでキャンターのメニューで乗り込んでおり、ゲート練習も並行しています。担当者は「成長とともに体つきはしっかりとしてきましたが、調教ではもう少し目立つ動きができるようになってほしいところです。能力はありそうだと感じるだけに、現状には少し物足りなさを感じてしまいますが、これからさらにレベルアップをしてくれそうな手応えもあるだけに今後の成長に期待しています」と話していました。
 馬体重425kg。

Posted by sachi at 11:29 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

5歳馬
ハピネスは明日、福島のダート1150m戦に出走します。これまでワンパンチ足りない競馬で掲示板がせいぜいでしたが、福島でどうでしょう。状態は悪くはなさそうですが、続けてレースを使っているだけに少々心配なところはあります。今回で放牧になりそうな雰囲気なので、ぜひともよいレースをして結果を出してほしい。頑張れハピネス&菱田騎手!

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎] ■2014/04/10
4/13(日)福島競馬第8レース、4歳以上500万下、ダート1150m、16頭立て、菱田裕二騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後1時30分です。
4/10には菱田騎手を背にウッドチップコースにて、最終追い切りを併せ馬で消化しています。5ハロン66.7秒、3ハロン39.2秒、ラスト1ハロン12.8秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたコウエイダイオウ(3歳500万、一杯)の外を0.3秒追走し3ハロンから併せて0.2秒遅れています。松元調教師は「続けてレースに使ってきている事でイライラして気難しい部分は見られるようになってきましたが、馬場に出てしまえば問題なく動きそのものもしっかりしていますので、引き続き好調はしっかりとキープ出来ている様子です。追い切りで跨った菱田騎手は、以前乗せてもらった時に比べても遜色なく、状態は同馬なりに良さそうと話もしていましたので、ここは近走惜しい競馬が続いているだけに頑張って欲しいところですね」とコメントしていました。ご声援ください。

6歳馬
バスケットの引退でボンバーが最高齢馬になってしまいました。こちらも500万条件で頭打ちが続いていますが、せめて掲示板の願いは前走で果たせました。まだ全体に緩さが感じられるようですが、次走でも掲示板確保を目指して頑張ってほしい。集中力さえ発揮できればまた掲示板はあるはず。このままペースアップして福島最終週ではよい状態に仕上げていただきたいもの。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2014/04/10
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間の入厩後は早速騎乗を開始し状態を確認されており、放牧に出ていた事で若干体には緩さが感じられるとの事ですが、それ以外は特に問題なく心身共にしっかりリフレッシュは出来ている様子です。そこで今週からは15-15を取り入れ状態に合わせてペースアップしています。飯田調教師は「入厩後は早速騎乗を開始し状態を確認していますが、放牧に出ていた事で全体的に若干緩さは感じられました。現状では福島最終週辺りには間に合うとは見ていますが、もともと気難しい部分を持っている同馬ですので、あまり急ピッチで仕上げていく事はせずに進めていきたいところではあります。しかしそれ以外は心身共にリフレッシュして状態そのものは良さそうですので、現状ではこのまま当初の予定通り福島開催を目標に進めていきたいと思います」とコメントしていました。今週15-15を消化した際の感触からは、このまま速いところを取り入れていける状態にはあるとの事ですので、今後は状態に合わせて追い切ってしっかり態勢を整えていきます。現時点で復帰戦については福島最終週、4歳以上500万下、ダート1150mを目標にしています。

Posted by sachi at 11:27 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー馬近況

アペルトゥーラは小野町で調整中。馬体重が522キロとは、かなりのデブ馬になっているよう。ソエの痛みがまだ取れず、騎乗後は背腰にショックウェーブ治療というのだから、もう見込みも薄いでしょう。それでも新潟開催を目標に騎乗を進めていくとのこと。デビューの時もデブデブでしたが、3着に来たので少しは期待を持てた。しかし今となっては、あれがベストの成績だった気が……
マルーンも同じく小野町で調整中。こちらはアペルトゥーラと比べれば状況はまだましですが、何走しても勝ちきれなかった初期よりも、成績は低下。復帰の目標はアペと同じく新潟開催です。平坦のほうが良さそうなので、うまくレースを選んだぜひとも勝ち上がってもらいたい。今のところ活躍馬がほとんどでていないノルマンディーの中では、まだよいほうです。

▼アペルトゥーラ……父:マツリダゴッホ × 母:フサイチリニモ(母の父:ジャングルポケット) 牡  美浦・国枝厩舎
2014/4/11 (ノルマンディーファーム小野町) 馬体重:522kg
引き続き馬場2周と坂路1本の運動をおこなっています。騎乗後には継続して背腰にショックウェーブ治療を施していますが、患部の状態は徐々に良化してきました。両前脚にはソエの痛みがあるため、こちらには冷却をしてケアしています。様子を見ながらしっかりと調整し、目標の新潟開催に向けて進めていく予定です。

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2014/4/11 (ノルマンディーファーム小野町) 馬体重:477kg
引き続き馬場1周と坂路2本のメニューを消化しています。まだ良化の余地を残していますが、馬体のケアをしながら体を解すようにじっくり動かしており、調子は上向きつつある印象です。目標の新潟開催に向け、あと1〜2週間ほどこちらで調整してから帰厩させたいと考えています。

Posted by sachi at 11:25 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

April 06, 2014

ヴィーナスもトゥモローも期待はずれ

4月5日(土)阪神3R 3歳未勝利 芝1600m 天気:晴 馬場:良 10:55発走
17着 7枠 14番 サマーヴィーナス 牝3 54.0 岡田 1:39.3 2.1/2 14 191.4 35.8 (栗東)加用 454(0)

4月5日(土) 阪神9R アザレア賞(混) 芝 2400m 天気:曇 馬場:良 14:25発走
8着 8枠 8番 ウイントゥモロー 牡3 56.0 和田 2:29.1 3/4 6 19.2 36.3 (栗東)西園 488(0)

ヴィーナスはまだレース結果報告が出ていませんが、あのレースぶりでは、おそらくダムールと同じ運命でしょう。ここまで待ってのデビューであれでは、とうてい見込みはありません。

トゥモローは少頭数でブービーの8着。この馬も500万でこの成績では、とうてい大成は望めそうにありませんが、一番人気だったモンドシャルナも振るわなかったので、希望を捨てずに応援していこうとは思っています。距離も少し長かったかな。とはいえ、クラシック出走を意識するならこの距離はこなせないと、というつもりでの出走だったのでしょう。しかしこの春がこの調子で終わるとなると、あとはだだ下がりしかないような…… バスケットの引退で駄馬しかいなくなり(苦笑)、競馬の面白さが半減以下に。今年は馬の選び方をもっと考えないといけません。でももう2歳馬には出資ずみ。そろそろ一口も終了したほうがよいかとさえ思える成績の悪さにガックリですが、気を取り直して応援しましょう。

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2014年4月5日(土)
和田竜二騎手 瞬発力比べになりやすい外回りコースでしたし、後続を引きつけた逃げをしても捕まってしまう可能性が高いと考え、ある程度のペースで後続に脚を使わせる逃げの手を打ちました。3コーナーで上手く息を入れることができましたし、その後の3、4角で勝ち馬が差を詰めてきた時には、馬がハミをグッと取り直して頑張る気も見せてくれたのですが、勝ち馬に交わされてからは踏ん張りが効きませんでした。崩れてしまったのは勝ちに行った分というのもあるのでしょうし、もしかすると距離もいくらか長いのかもしれません。また、今日の走りからはダートの方が良さそうな印象も受けました。今の芝の500万下で勝ち切るとなると、どうしても瞬発力で見劣ってしまいますし、何か展開の助けが欲しいところですからね。今日でもできれば勝ち馬には直線に入るまでそっと可愛がってほしかったです。
西園調教師 休養明けでしたが、今回は厩舎へ戻ってきた時からあまり余裕がない体つきで、カイバ食いもあまり良くありませんでした。正直なところ馬体を戻すことが中心の調整でしたし、今日のパドックでもいい頃に比べてハリが足りないように感じましたからね。今後は在厩のまま間隔を空けて次走へ臨むことも考えましたが、それよりもここでまとまった休養を入れたほうが良いように思います。週明けにビッグレッドファーム鉾田を経由して北海道のコスモヴューファームへ放牧に出し、まずは減った体を戻したいと思います。そしてフレッシュな状態に戻してからまた頑張ってもらいましょう。
片山駿の目 休養明けの一戦でしたので、もう少し馬体をフックラさせた状態でレースを迎えたかったところでしたが、攻め馬は放牧先でもしっかりと積み、帰厩後もほぼ順調に調整できたように、おおかたの態勢は整った状態で出走することができたように思います。レースは同型不在でスンナリと逃げの手を打つことができましたし、中京で逃げ切り勝ちをした時のような淀みのないペースで進められたのも理想的だったと思いますが、後続に交わされるとアッサリと止まってしまったあたりは距離が原因なのかもしれません。それでも勝ち馬との差はわずか1秒でしたし、今後の適性を図る意味でも今日の一戦には意味があったように思います。今後は北海道へ放牧へ出る予定となっていますが、これまでの成績から500万条件では力上位の存在だと思いますから、休み明けの次走こそは万全の状態で再び好走をしてくれることを期待したいと思います。

Posted by sachi at 08:19 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

引退馬相次ぐ……orz

バスケットは引退、ダムールもわずか2戦で即、引退です。
バスケットは活躍してくれたので、もうこの辺でおつかれさまで納得ですが、ダムールへの出資は大失敗に終わりました。ラヴ産駒だからという理由で出資したのですが、同じラヴ産駒のラフィアン馬が優勝とは皮肉なものです。でもラフィアンではもう出資する気がなかったので、仕方ありません。前走が前走だっただけに、今回はなんとかもう少し前進をと願ったのですが、3走目も待たずに引退とは。セゾンの2歳ラヴ産駒にはもう少し踏ん張っていい結果を出してほしいものです。

ドリームバスケット [引退馬 / 池上昌弘厩舎] ■2014/04/04
4/4に登録を抹消し引退しました。今後は地方競馬にて競走生活を送る予定です。これまで長い間のご声援、誠にありがとうございました。

4月5日(土) 中山6R 3歳未勝利 芝 1600m 天気:晴 馬場:稍重 13:00発走
13着 5枠 10番  ウインダムール 牡3 56.0 黛 1:38.7 2.1/2 15 265.6 37.6 (美浦)松山 460(-4)

▼ウインダムール……父 : マイネルラヴ / 母 : アドマイヤジェンヌ / 牡 / 美浦・松山将樹
更新日 2014年4月5日(土)
黛弘人騎手 前走もそうでしたが、今日も返し馬のキャンターでは口向きの悪さを見せて、かなりコントロールが難しいところがありました。スタート地点の2コーナーのポケットへ進入する際にもかなり手こずるほどでした。それでもレースの速いペースになればそのあたりは気になりませんでしたし、いいスタートを切れたまでは良かったのですが、その後が流れに付いていくのがやっとという感じになってしまって・・。ラストは少しでも脚を使って欲しかったところでしたが、最後までダラダラと流れ込むだけでレースを終えることとなってしまいました。申し訳ありません。う〜ん、芝のスピードにはちょっと対応できないようなところがありましたし、なかなか難しいところです。
片山駿の目 デビュー戦の前走はまったく競馬の流れに乗れず、参考外とも言える一戦でしたが、今回は放牧先でしっかりと乗り込み、初戦で余裕のあった馬体は引き締まっていたように、状態は間違いなくして2戦目を迎えられたように思います。しかしながらレースはスタートを五分に出て序盤こそ流れに乗れていましたが、その後は懸命に促されながらもレースの流れに付いていくのがやっとという厳しい内容になってしまいました。勝ち馬とは3秒差という大きな差がついてしまいましたし、今後次走へ向かうためには再び出走間隔を空けなければならない状況です。また、勝ち負けに加わるにはまだまだ力が足りないことから、出資会員の皆様には申し訳ありませんが、週明けには引退の方向で協議を進めさせていただきます。

Posted by sachi at 08:18 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

April 05, 2014

3歳馬3頭、何とか頑張れ!

今日は珍しく3頭も出走なのに、予定があってどのレースも生で見られません。
帰宅したらよい結果が待っていてほしいものです。未勝利戦の2頭は人気もないし見込みも薄いのですが、せめてトゥモローには掲示板を確保してもらいたい。少頭数だし8着以内は大丈夫か?(苦笑)和田騎手の手綱に期待です。


4月5日(土)阪神3R 3歳未勝利 芝1600m 10:55発走
1 1 △ ○     スズカグランデ 牡3 56 岩田 橋田 14.4 3
1 2 ◎       ミッキーラブソング 牡3 56 小牧 橋口 20.7 4
2 3         タガノクルクス 牝3 54 松田 千田 91.2 14
2 4         モズワトウナイ 牡3 56 高倉 矢作 45.4 9
3 5         エイシンルフィー 牡3 56 秋山 野中 61.5 12
3 6         トウケイアロー 牡3 56 松山 池添兼 306.2 17
4 7 ▲       ランガージュ 牡3 56 福永 高橋亮 24.8 5
4 8         ウィステリアメジロ 牝3 54 武豊 佐々木 58.8 11
5 9 △       エスティーエース 牡3 56 和田 鈴木孝 89.7 13
5 10         シャンティ 牝3 54 太宰 川村 345.3 18
6 11   △     モンスターバローズ 牡3 55 菱田 清水久 38.1 7
6 12   ▲     オーミバンビーナ 牝3 54 小坂 飯田雄 222.4 16
7 13 ○ ◎     インターンシップ 牡3 56 浜中 中尾 1.4 1
7 14         サマーヴィーナス 牝3 54 岡田 加用 52.4 10
7 15 ☆       セウアズール 牝3 54 川田 松田博 7.1 2
8 16         ファイアーシチー 牡3 53 岩崎 佐々木 28.3 6
8 17         ナムラユリア 牝3 54 国分恭 牧浦 42.2 8
8 18 △       ワンダービゴローソ 牡3 56 藤岡康 吉村 123 15

4月5日(土) 中山6R 3歳未勝利 芝 1600m 13:00発走
1 1           ジャーサンプラーン 牝3 54 木幡広 石毛 49.5 13
1 2           ゾナパラ 牝3 51 原田和 畠山重 141.6 16
2 3 ☆ ◎       ダイワアンビシャス 牡3 56 後藤 二ノ宮 3.4 1
2 4           ブラックチョコ 牝3 54 津村 武市 17.7 8
3 5           ソードラック 牡3 56 柴山 斎藤 19.6 9
3 6           ダイメイグリン 牡3 56 西田 本間 48.1 12
4 7 △ ▲       ナスタイザン 牝3 54 大野 高木 8.7 5
4 8           センショウオー 牡3 56 柴田善 黒岩 50.5 14
5 9           ユキノビリーブ 牝3 54 石神 和田郎 54.3 15
5 10           ウインダムール 牡3 56 黛 松山 42.9 11
6 11           プリンセスキラリン 牝3 54 丸田 黒岩 33.6 10

6 12 ◎ ○       アースプレイ 牝3 54 田中勝 宗像 5.8 2
7 13 △         マイネプレセア 牝3 54 柴田大 和田郎 17.4 7
7 14 ○         ミュゼミランダ 牝3 54 田辺 黒岩 6.5 3
8 15 △         ブルーホール 牡3 56 横山和 畠山吉 13.2 6
8 16 ▲ △       カレーニナ 牝3 54 横山典 牧 6.8 4

4月5日(土) 阪神9R アザレア賞(混) 芝 2400m 14:25発走
1 1 ▲           トウキョウタフガイ 牡3 56 岩田 松田博 10.6 5
2 2             マテンロウボス 牡3 56 松田 昆 37 9
3 3 ☆           コルサーレ 牡3 56 菱田 池江 10.5 4
4 4 ○ ▲         オリハルコン 牡3 56 シュタルケ 池江 3.5 2
5 5 ◎ ◎         モンドシャルナ 牡3 56 浜中 角居 2.6 1
6 6 △ △         アルティメイタム 牡3 56 福永 藤原英 16.3 8
7 7 △           デルカイザー 牡3 56 四位 藤沢和 6.8 3
8 8   ○         ウイントゥモロー 牡3 56 和田 西園 11.7 6
8 9             ダンディーズムーン 牡3 56 川田 中村 14.9 7
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 08:47 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走のヴィーナス、ダムール、トゥモローが時計をだしています。

サマーヴィーナス
4/3 岡田祥 栗東芝/良 80.1 63.3 49.3 36.5 12.4 3  馬ナリ余力
 タガノロマリア(三未勝)末強目の外を0.9秒追走3F併クビ遅れ
ウインダムール
4/2 黛 美南W 良 68.7 52.6 39.4 13.4 8 一杯に追う
 クロスカレント(三未勝)直一杯の外を0.6秒先行3F付同入
3/29 助 手 美南坂 良 52.9 38.6 25.7 13.0 一杯に追う
ウイントゥモロー
4/2 和田竜 栗東坂 良 54.2 39.1 25.2 12.9 一杯に追う

どの馬もいまひとつというか何というか……バスケットが引退してしまってOP馬がいなくなってしまった今、残っている馬にがんばってもらうしかありません。デビュー戦となるヴィーナス、改めて仕切り直しの感があるダムールには、特に次につながるいい競馬をしてほしい。トゥモローも、いずれOPを目指せるような能力を見せてほしい!(希望的観測はまだ可能)

【出走確定】
サマーヴィーナス
4月5日(土) 阪神3R 3歳未勝利 芝1600m 18頭立 岡田祥嗣騎手 10:55発走
ウインダムール
4月5日(土) 中山6R 3歳未勝利 芝 1600m 黛弘人 56.0 13:00発走 16頭立
ウイントゥモロー
4月5日(土) 阪神9R アザレア賞(混) 芝 2400m 和田竜二 56.0 14:25発走 9頭立

Posted by sachi at 07:11 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ウイン馬近況

トゥモローは今週、阪神で出走。予定していたベドロサ騎手が騎乗停止で和田騎手に変更に。個人的にはその方が良かったと思っています。勝ち切れないといえば引退が決まったドリームバスケットもそうでしたが、それにしてもトゥモローには、いつまでも500万で足踏みしていられては困ります。今週は休養の成果を見せてぜひさくっと勝利をあげてほしいと願っています。ダムールは時計を見ても楽観出来る要因はなにもありません。ただ、ゆっくりながら良化しているのは確かでしょう。前走のみっともない走り(よくこれでデビューさせたな、という感じ)よりはマシになっていると信じて応援するしかありません。頑張れ、ダムール!

▼ウイントゥモロー……父 : ステイゴールド / 母 : キョウモヨロシク / 牡 / 栗東・西園正都
更新日 2014年4月3日(木)
 今週の出走を予定しているウイントゥモローですが、騎乗予定だったペドロサ騎手が先週のレースで騎乗停止を受けてしまったため、和田騎手に変更となっています。
 そして、昨日2日(水)にはその和田騎手が騎乗して坂路で最終追い切りがかけられました。単走でテンの入りこそ遅かったものの、その後は後半に進むにつれて加速し、ラストは一杯に追われて、4F54秒2、ラスト1F12秒9という時計で追い切りを終えています。
 担当の駒崎調教助手は「攻め駆けしない馬ですが、今朝の追い切りはこの馬としてはよく動いていたほうだと思います」と動きに合格点を与えています。しかし、一方で「元々カイバ食いはあまり良くないタイプですが、この中間も日によっては残す日があったんです。でも、昨日の計量で馬体重は492キロでしたし、前走と同じぐらいで出走させられるのではないでしょうか。カイバ食いも昨日、今日は比較的安定してきましたからね」と語り、「休み明けなので走ってみないと分からない部分はありますが、地力はある馬なので頑張って欲しいですね」と控えめながらも意気込みを語っていました。
 追い切り明けの本日3日(木)は引き運動のみの軽めの調整が行われ、午後の出馬投票では今週の阪神土曜9R「アザレア賞」芝2400mに和田騎手で出走が確定しています。

▼ウインダムール……父 : マイネルラヴ / 母 : アドマイヤジェンヌ / 牡 / 美浦・松山将樹
更新日  2014年4月3日(木)
 今週の出走を予定しているウインダムールは、週末30日(土)に坂路でビシッと追い切られています。時計は4F52秒9、ラスト1F13秒0というものでした。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日2日(水)にWコースにて行われました。相手は3歳未勝利クロスカレントで、そちらには木幡初騎手が跨り、ダムールには本番でも騎乗予定の黛騎手が手綱をとります。ダムールが先行してスタートすると、直線では外に位置を取り、併せ馬の形に。そこからは両馬目一杯の叩き合いとなり、併入でゴールとなっています。
 黛騎手は「勝負どころでの反応が鈍いのは認めなくてはいけませんが、それでも最後までしっかり伸びていましたからね。さらには道中なんかはしっかりと集中して走れており、デビュー前よりも精神面で成長している印象です」とダムールの成長を感じ取っているようでした。
 また、松山将調教師は「デビュー前はまだ太く、緩さも残っていましたが、今回は牧場でしっかり乗られての帰厩でしたし、だいぶシャープな体つきになっています。精神面の成長も感じますし、この状態でまずはどれだけやれるかを見てみたいですね」と話していました。
 そして本日3日(木)は追い切り明けということで、軽めの運動で様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の中山土曜6R芝1600mに黛騎手で出走が確定しています。

Posted by sachi at 07:07 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン馬近況

3歳馬
ヴィーナスは今週、デビュー戦を迎えます。ここまで時間がかかったので、とりあえずデビューできてよかったというしかありませんね。もちろん、結果元もなってほしいものの、そこまで期待していいかどうか。一応、これまでじっくり乗り込んできたので、最終追いきりは無理させず馬なりですが、終いの時計はまずまずよさそう。加用厩舎は初めてなので、ゆっくり仕上げてくれた意義があることを願っています。がんばれ、ヴィーナス! ところで岡田祥嗣騎手ってだれ?と思ったら、地方(福山)出身だったのですね。中央ではどうなのか、芝でどうなの?……と思ってちょい調べたら……う〜〜〜ん、チョー微妙! はぁ…… ヴィーナス、無事に回って来てくれればいいやぁ。
サマーヴィーナス [入厩馬 / 加用正厩舎]   ■2014/04/03
4/5(土)阪神競馬第3レース、3歳未勝利、芝1600m、18頭立て、岡田祥嗣騎手騎乗でデビューいたします。発走時刻は午前10時55分です。
4/3には岡田騎手を背に芝コースにて、最終追い切りを併せ馬で消化しています。6ハロン80.1秒、3ハロン36.5秒、ラスト1ハロン12.4秒の時計を馬なりでマーク。併せたタガノロマリア(3歳未勝利、末強め)の外を0.9秒追走し3ハロンから併せてクビ差遅れています。加用調教師は「中間も引き続き順調でここまでしっかり乗り込んできていますので、最終追い切りはあまり無理させずに追う内容でしたが、跨った岡田騎手も問題ないと話していた通り、動きは同馬なりにしっかりしていて良い感じに走れていました。あとはレース経験のある馬達を相手にどこまでやれるかですが、ここまで入念に乗り込んできた事で仕上がりは同馬なりに良さそうですので、ここはデビュー戦ですし今後に繋がるレースをして欲しいところですね」とコメントしていました。ご声援ください。

5歳馬
ハピネスはプール調教も取り入れながら坂路で調整中。レースを使ってきたけれど馬体に取り立ててダメージはないとのことで、まずは順調でよかった。次週の福島を視野に入れているようです。現状ではたとえ勝っても、それが仇となって引退になりそうなので、堅実に出走を続けて着を稼いでくれればOK。

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎]  ■2014/04/03
栗東トレセンで調整中。坂路中心にプール調教も取り入れて乗り込まれています。中間はここまで続けてレースに使ってきていますが、体には引き続き特に目立ったダメージは感じられず、状態はしっかりとキープ出来ている様子です。そこで今週も無理せずプール調教を取り入れて調整しています。松元調教師は「中間は続けてレースに使ってきていますので、無理する事なく状態をしっかりキープ出来るように調整を進めています。左トモの外傷は既に完治して問題ありませんし、今週に入ってからは飼い食いもすっかり戻って元気にしています。この感じでしたら輸送を加味しても十分レースに使える状態にはあると見ていますので、今後は来週の出走に向けて調整を進めていきたいと思います」とコメントしていました。続けてレースに使ってくると肩の出や身のこなしには硬さが出てきやすい同馬ですが、ここまでしっかり状態に合わせてメニューを組んでいますので、現状では硬さも気にならずしっかり状態はキープ出来ている様子です。今後は状態を確認しながら徐々にピッチを上げていき、次走については来週の福島競馬、4才以上500万下、ダート1150mに出走予定となりました。

7歳馬
バスケットは前走、いいところなしで無駄な一走に。そしてこれまで長年活躍してくれた馬が、とうとう引退になります。地味ながら堅実に走ってくれて、ほんとうに感謝以外にことばがありません。中央での芝のレースは今後、脚への負担も多いとのことで、引退後は地方に行くよう。ちょっとショックではありますが、ずっとわが厩舎のツートップだったカトラスの方はとうの昔に地方行き。笠松で今も元気に活躍しています。バスケットも大事にしてもらえるといいね。これまでありがとう。

ドリームバスケット [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/04/03
美浦トレセンに滞在中。前走後は、レースに使ったなりのダメージが感じられ、左前屈腱部には腫れも見受けられました。そこで昨日にはエコー検査を行なったところ、現状では打撲などによる皮下の腫れで、幸い屈腱部には異常は見られませんでした。池上調教師は「前走で騎乗した中谷騎手はレース後、右前の捌きが硬く脚元に何か変化を感じたと話していましたので、その後は注意して脚元の状態を見ていましたが、レース直後は特に問題ありませんでしたが、今週に入ってからは反対の左前屈腱にそれなりの腫れが見受けられました。そこで直ぐにエコー検査をしてもらったところ、結果は幸い屈腱炎ではありませんでしたが、現状腫れがあるうちは無理しない方が良いとの診断で、以前から心配している右前も同様に無理はしない方が良いとの見解でした」とコメントしていました。そこで池上調教師及び関係者と今後について協議した結果、脚元の状態から判断すると今後はある程度間隔を取りながら上手く付き合っていくしかないとの見解で、年齢的な事も考慮するとこのまま中央場所で芝のレースを使って行く事はリスクが高いのではないかとの結論に至り、近日中には登録を抹消し引退する事となりました。今後は同馬の為にも地方競馬にて競走生活を送る予定です。出資会員の皆様には後日書面にて詳細をご報告致します。퉸

Posted by sachi at 07:06 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

April 01, 2014

セゾン2歳馬近況

ドリームドルチェことオリジナルデザート12は、田口トレーニングファームで育成中。初出資馬のラヴ産駒最後から2番めの世代で、もう出資できないかもしれないので出資した馬。何とか父ラヴのよいところを受け継いで活躍してほしいと願っています。今のところ、柔らかい身のこなしとスピードがあるようで、馬体も成長。当初はちゃかちゃかしていたところもあったが、精神的にも落ち着いてきたとのことで、このまま素直に成長していってほしい。馬格があるだけに、気性さえ難しくなければパワーとスピードを活かして早期デビューも見込めそうです。頑張れラヴ産駒!

ドリームドルチェ [募集馬 / 田口トレーニングファーム]  ■2014/03/31
田口トレーニングファームで育成中。現在はダートトラックコースにてダクとキャンターを基本メニューに、合わせて坂路も取り入れられています。昨年の入場時より、柔らかい身のこなしとスピード乗りの良い走りが評価されていた同馬ですが、ここまで基礎調教を積み重ねてきている中では、調教が実になり易い印象で、体の成長も相まってここ最近では体も増えて見た目にも逞しさが感じられる様になってきました。担当スタッフは「入場時は騎乗者が跨るとチャカチャカして落ち着かない様子も見られましたが、ここまで進めてきている中で精神的にも成長し、今では同馬なりに落ち着いて調教を消化できる様になっています。マイネルラヴ産駒らしく前向きな気性で良いスピードを持っていますし、オンとオフの切り替えも上手くできているので、今後もこのまま気難しさが出てこなければ良いと思います。現状では仕上がりも早そうなのでこのまま早期デビューを迎えられると良いですね」とコメントしていました。今後は状態に合わせて徐々にピッチを上げながら移動へ向けて体調を整えていきます。現時点では4月中旬頃には美浦近郊のセグチレーシングステーブルに移動し、入厩へ向けた最終調整を進めていく事も検討しています。現在の体高は163cm、馬体重は490kgです。

Posted by sachi at 09:10 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

ノルマンディー2歳馬近況

グランノーヴァことスプリングボード12は中間、球節に腫れが見られたのでいったんペースダウンしたものの、症状が軽くすぐ騎乗を再開。現在は坂路で調教中とのこと。筋肉がついて迫力が高まったきたようで、手応えも良いよう。「高い能力を感じる」とうれしいコメントながら、3歳世代の結果から、果たして勝ち上がれるかどうかは疑問です。3歳世代がこれほど走らないとはちょっと予想外で、2歳馬に3頭も出資してしまいましたが、次の世代こそ期待通りの活躍をしてほしいもの。何とか前評判通りに早期の勝ち上がりを目指してほしい。
ハッピーキャップことミッドキャップ12は順調に坂路2本のメニューを消化し、力強さがまして動きに迫力が感じられるようになってきたとのこと。もともと大きな馬ではなかったので、中型馬でもパワフルなところがあるのは何より。気性もうるさいところがあるものの、それが勝負根性に転化できていて併せ馬に先着も嬉しい。夏競馬でのデビューも見込めるらしく、今からデビューが楽しみです。
グランビスキュイことリトルビスケット12も、順調に坂路2本のメニューを消化。徐々にペースアップしてもへこたれることがないとのことで、体力はあるよう。この馬も早期デビューが見込めそうな感じです。最初の候補だったもののいったんは出資を見送りしていましたが、やはりパワフルそうな動画の走りを見て出資を決定しただけに、思い通りの活躍をしてほしい。

▼スプリングボードの12……父:マツリダゴッホ × 母:スプリングボード(母の父:アサティス) 牡  美浦・国枝栄厩舎予定
2014/3/31 (ノルマンディーファーム) 馬体重:476kg
中間に右前脚の球節部に腫れが見られたことから、一旦はウォーキングマシンの運動にペースダウンしましたが、幸い症状は軽くすぐに騎乗を再開することができました。現在は坂路2本の調教をおこなっています。以前よりも必要な筋肉が備わり、ペース自体は上げていないものの迫力が高まってきた印象です。鞍上も「ガツンとくる手応えがありますし、高い能力を感じています」と、期待を掛けていました。暫くは現状のメニューでしっかりと乗り込んでいきます。

▼ミッドキャップの12……父:マンハッタンカフェ × 母:ミッドキャップ(母の父:アントレプレナー) 牡 栗東・鈴木孝志厩舎予定
2014/3/31 (ノルマンディーファーム) 馬体重:452kg
引き続き坂路2本のメニューを消化しています。以前よりも力強さが増し、動きには迫力が感じられるようになってきました。体力が備わって余裕が出てきたのか、時折鞍上を困らせる場面もありますが大きな問題はなさそうです。むしろその辺りが勝負根性に転化できているようで併せ馬で先着することも多くなってきました。順調に調整できていることから、今後の状況次第では夏競馬でのデビューも視野に入れて調整する予定です。

▼リトルビスケットの12……父:エンパイアメーカー × 母:リトルビスケット(母の父:タニノギムレット ) 牡  栗東・松永昌博厩舎予定
2014/3/31 (ノルマンディーファーム) 馬体重:476kg
引き続き坂路2本のメニューを消化しています。徐々にペース上げて乗り込んでいますが、へこたれるようなことは一切なく、体力が備わってきた印象です。ここまで理想的な進化を遂げており、訪れた松永昌博調教師からも「以前よりも大きくなって随分と逞しくなりました。順調にこれているようですし、早めのデビューも検討していきたいですね」と、成長ぶりに目を細めていました。今後も適切な負荷を掛けて鍛え上げていきます。

Posted by sachi at 09:02 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)

セゾン出走結果レポート

状態もいまいちでなぜ中1週で阪神まで遠征してこのレースに出走させる必要があったのか、疑問がつく采配でした。渋った馬場が得意とはいえ、稍重程度ならまだしも、あんな馬場では得意も何も…… それ以上に状態そのものが良くなかった。鞍上が無理をさせなかったようなので、それだけが救いです。無駄な1走以外の何物でもなかった。年齢も年齢だけに、そのあたりも十分考慮して出して欲しかった。とはいえこれから適鞍もないので、放牧になるでしょう。しっかり英気を養ってまたターフに復帰してほしい。

ドリームバスケット [入厩馬 / 池上昌弘厩舎]  ■2014/03/31
3/30(日)阪神競馬第11レース、六甲ステークス、芝1600m、18頭立て、4枠7番、中谷雄太騎手騎乗で出走し、17着でした。
まずまずのスタートを決めるとそのまま出たなりで6、7番手辺りに付けてレースを進めます。その後はタイキパーシヴァルがハナへと立ってレースを引っ張り、1000mの通過を59.3秒とハイペースな流れを形勢します。そんな中同馬は、道中の追走は折り合いを欠く事もなく脚を溜めながら前を追います。すると3コーナーを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮してきます。同馬も鞍上が気合を付けながら11番手辺りから4コーナーを回ると最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると手応えは怪しく思う様に脚色は変わりません。最後まで諦めずに鞍上が追いますがそのまま傾れ込む様に入線し、結局勝ち馬から3.4秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-4kg、456kgでした。騎乗した中谷騎手は「渋った馬場が得意と聞いていましたが、今回は道中でノメッてしまいリズム良く進める事が出来ませんでした。最後の直線では右前を突っ張っていたので無理はさせませんでした」とコメント。池上調教師は「中1週での輸送競馬でしたが、馬場も渋り同馬にとってはプラスではないかと思っていたのですが。ここまで負けてしまう状態ではなかったと思いますので、厩舎に戻ってしっかり状態を確認したいと思います」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認してから判断していきます。

Posted by sachi at 09:02 AM | Category: CLUB HORSE | Comments (0)