October 31, 2011

セゾン外厩馬近況

4歳馬
カトラスはセグチでウォーキングマシーンで調整中。背中からトモにかけてかなり張っていたとのことで、やはり笹針治療を受けることに(どこかの掲示板に、セグチに行くと笹針と書いてあった。苦笑) 「このクラスにもなると1戦1戦が大事になってきますので」という言葉、まったくその通りで、どこぞやのクラブに聞かせてやりたいです。カトラスはしっかりと疲れをとって来春にそなえてほしい。更なる活躍を期待しています。

ドリームカトラス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/31
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在はウォーキングマシーンのみの運動で様子を見ています。中間には獣医の診断を仰いで状態を確認されており、背中からトモに掛けては触診するとかなりの張りが感じられました。そこで両トモを中心に笹針治療を施されています。担当スタッフは「ダメージが出易い右前中スジの方は以前に比べると落ち着いてはいましたが、両トモにはだいぶ張りが感じられました。その為、笹針治療を施してしっかりケアしています。このクラスにもなると1戦1戦が大事になってきますので、今回もしっかりダメージを取った上で騎乗するタイミングを計って行きたいと思います」とコメントしていました。今後一両日はもう少しこのまま体をほぐして行き騎乗再開に向け備えて行きます。現在の馬体重は450kgです。

*募集馬のコメントも発表されましたが、ひな型にあてはめたようなものでちょっと…… でも、リリーバレー育成場がとっても新鮮に響きました(笑)社台系の馬をもったことがないので1頭くらいいってみようかな。

Posted by sachi at 07:18 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 29, 2011

ラフィアン入厩馬近況

3歳馬
ギブソンは京都遠征後の中1週での出走で、やはり疲れが出ましたね。半ば予想していたこととはいえ、残念。2歳秋から適鞍ではないレースに立て続けに出走させては調子を落とす……の繰り返しはいまだに変わらない。もともとセントライトではなく甲斐路Sを目標にしていればと、いまさらながら改めて思います。でも、まあ少し楽をさせてだいぶ解消されたようだから、仕方がないと諦めるしかない。次走は中2週で本当に大丈夫か? また使われすぎて脚を腫らし放牧……なんてことにならないようお願いしたいが、これまた今のラフィアンではすべてがクラブの都合で決まるようなので何とも言えない。どなたかが某掲示板に書いていましたが、出資馬に愛着はあるもののクラブのやり方には怒りすら覚えるという言葉に同感です。今年の二次募集にも出資してみたい馬はいなくはないけれど、代替わりしてからの馬の扱いや出走予定の騎手を見ると、もうこれ以上出資する気にはとてもなれません。今月の会報の巻頭言もまた……もう処置なしというか、お手上げというか。

▼マイネルギブソン…… 父 : タニノギムレット / 母 : マイネメリアン / 牡 / 美浦・萱野浩二
マイネルギブソンは、東京競馬場から美浦への帰厩後、前回とは違って両後肢に疲れを見せていました。水曜日まで厩舎周りの曳き運動にして楽をさせ、木曜日に跨がってみたところ、だいぶ解消されている感じです。今週は楽なメニューにとどめて疲労回復に専念させることに。萱野師は「次走はもう少し状態を見て考えたいと思っていますが、この様子なら中2〜3週間隔を空ければ大丈夫だと思います」と述べていました。

Posted by sachi at 07:05 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン外厩馬近況

2歳馬
どうも今年の2歳は、いまひとつ順調さにかけて黄信号。う〜む、3歳が全頭勝ち上がったから仕方がないか。ともあれ、ファイナルは相変わらず前の出が問題。
馬体の写真だけ見ると、黒光りしていい馬なんだけど、きのうアップされた動画を見ても、なるほど前の出が…… セグチでは右前球節に浮腫みも見られ、そちらが落ち着いてから今度は右前種子骨のあたりにまた浮腫みとのこと。ペースをあげたり戻したりで、調整はなかなかスムーズにいかないようだけど、少しずつでも体質が強くなっていってくれればよしとしなければ。様子をみながらうまく調整していってくれるよう願います。ちなみに動画は、曳き運動だけど行ったり来たりなんどもよく歩様や馬体を見せてくれて参考になります。牧場に行かなくても、こうして見せてくれると親近感もわくし納得がいく。どこやらのように遠くから柵に隠れたまま坂を駆け上がってくる調教ビデオでは動画をアップする意味がないような。
ハピネスもセグチで育成中。こちらもまだペースが上がってきませんが、少しはペースアップしたよう。アップされた動画を見ると、大型馬ながら全体のバランスはいいように思うけれど、これといった特徴がなく、どんな走りをするのかも想像できない(^^;;  まだ右トモが弱いとのことで、しっかり乗り込み力をつけていってほしい。それが将来の結果につながると信じて気長に待ちます。とはいえバランスがよくなって背中の感触もいいとのことなので、トモさえしっかりしてくれば無事デビューにこぎつけられるでしょう。初めての厩舎なのでどんな具合で調教してくれるのか分かりませんが、一部によるとかなりスパルタ? ハピネスは脚元に不安もある大型馬なので、そこで壊れないか心配ですが、少なくともセグチでは細かく注意しながら進めてくれているようで安心できます。ペースは遅くてもデビューまできっちり仕上げてくれるよう願います。

ドリームファイナル [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/28
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース2〜3本ダクで消化後、坂路2本ハロン20秒程度のペースで乗り込まれています。中間は坂路にてハロン18秒程度までペースを上げていましたが、右前球節に若干ですが浮腫みが見られましたので、現在は少しペースを落として進められています。担当スタッフは「先週は脚元の状態も落ち着いていましたので、ペースを上げて乗り込んでいたのですが、右前種子骨の辺りに少し浮腫みが出ましたので現在は少しペースを落として進めています。もともと脚元は強いタイプではありませんので、上げたり下げたりを繰り返し状態に合わせて進めて行きたいと思います」とコメントしていました。ここ最近馬体には成長がしっかり感じられますので、それに伴ってもう少し脚元もしっかりしてくれればと見ています。今後もこのまま乗り込みを進めて行きます。現在の馬体重は495kgです。

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/28
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで育成中。現在は800mダートトラックコース3本ダクを消化後、800m坂路2〜3本キャンターでハロン20秒程度のペースで乗り込まれています。ここまで騎乗を進めてきた中でも、特に右トモや左前の状態も落ち着いている事から、中間からペースアップされています。担当スタッフは「左前は見た目にもスッキリしていますし特に問題はありません。しかしまだ右トモはもう少し乗り込みを進めてしっかりさせたいところで、中間からは坂路主体のメニューに切り替えています。でも体のバランスが良くなって騎乗スタッフも背中の感触が良く、力強い動きで能力は高そうと評価していましたし、もう少しトモがしっかりしてくれば入厩を検討して行けると見ています」とコメントしていました。ここまでは順調に調整が進んでいますので、引き続き入厩に向け乗り込みを進めて行きます。現在の馬体重は519kgです。

3歳馬
ガイドは北海道からセグチに移動して騎乗開始。まずは軽目のキャンターで様子見というところ。骨折した右前膝は特に問題ないとのことですが、骨膜が出ているらしく、注意が必要ですね。ラヴ産駒にありがちな状態で、ガイドよお前もか、ですが、馬自身は気にしておらず歩様にも出ていないようだから、まずは順調に復帰への準備が進んでいると考えてよさそう。このまま順調に復帰態勢を整えてほしい。一点気になるのは馬体重。9月、10月のコメントでは、かなりボリュームアップして休養前から30キロほど増えていたのに、セグチに移ってから本当にまた30キロほど減ったのでしょうか!? もちろん490キロ台がいいとは言わないけど、どうもこの体重が記載ミスではないかと疑ってしまいます。ま、電話をかけて訊くほどのことでもないですが、態勢が整ってきたら今度は栗東への輸送があるので、今はまだそこまで減らないほうがよいのだけれど。。
チェリーもセグチで調整中。前回、外傷を負って腫れたためペースを落としていたのですが、引き続き軽目の調整です。問題の蹄は、やはり爪だから伸びるのにどうしても時間がかかる。伸びてくるのを辛抱強く待つしかないでしょう。これから乾燥すると、さらに裂蹄などを起こす可能性もあるのでなおさらです。その点、セグチさんはきめ細かに面倒を見てくれるので(厩舎にいるよりよいくらいだと思っている)おまかせ〜ですね。何より曳き運動をしっかりやってくれるのがいいのではないかな。動画では、相変わらずちゃかついてはいたものの、気性は以前より落ち着いてきたように感じられた。馬体はバランスよく、適度に運動しているためか、馬体重が増えたように見えません。いつもテンションが高くてレースが不安定だったので、精神面でも成長してくれれば結果もおのずとついてくるでしょう。

ドリームガイド [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/28
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース2本ハッキングで進められています。中間から騎乗を再開し現在は軽めのキャンターでペースアップに備えています。現時点では右前膝の状態も特に問題はなくこのまま調教を進めて行けると見ており、念の為運動後は患部を冷水で冷やして骨膜が大きく出てこない様ケアもされています。担当スタッフは「牧場到着後も直ぐに環境には馴れた様子で、今週に入ってからは蹄鉄を打ち変えて調教を開始しています。右前膝の方は、手術した事もあって少し骨膜も出ている様子ですが、これは仕方のない事で、同馬自身は特に気にする様子もありませんし、歩様にも出していませんので、このまま日々のケアをしっかり行いながら騎乗を進めて行きたいと思います」とコメントしていました。今後はこのまま騎乗を進め、状態を確認しながら徐々にペースを上げて行く予定です。現在の馬体重は466kgです。

サマーチェリー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/28
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。引き続き現在は800mダートトラックコース2〜3本ハッキングで調整しています。中間は、左前膝の外傷も腫れは殆ど引いており順調に回復しています。右前蹄の方もそこまでペースを上げなければ負担もそこまで掛からないので引き続き騎乗は進められています。担当スタッフは「左前膝の外傷は腫れも引いて特に問題ありません。あとは右前蹄の成長を確認しながら乗り込みは進めて行きます。しかし痛んでいる場所が蹄の右前で一番力が加わる部分ですので、無理して裂蹄等を発症しても行けませんのでもうしばらくはこのまま軽めのペースで進めて行きます」とコメントしていました。今後は寒さが増して空気も乾燥してくる季節ですので、自然と蹄に掛かる負担も大きくなると思われます。引き続きしっかりケアして状態に合わせて騎乗を進めて行きます。現状では復帰までにはもう少し時間が掛かると見ています。現在の馬体重は477kgです。

Posted by sachi at 07:03 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 28, 2011

今週の調教時計

バスケットが帰厩後、初めて時計を出しました。

ドリームバスケット
10/27 助 手 美南W/良 67.3 52.1 38.1 12.9 6  強目に追う

タイムはまだ休養前のようにはいかないけれど、強めで12.9秒まできました。あと1追い2追いでさらに状態は上向くでしょう。カトラスに続いて、復帰戦での好走を期待します。

Posted by sachi at 07:51 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ボンバーはセグチからトレセンへ入厩。長距離輸送も問題なく到着とのこと。馬体はずいぶん逞しくなったようで、復帰が楽しみです。血統的にも早熟馬ではないはず。休養前も500万下でそこそこのレースをしていたので、秋になったこれからは、成長してパワーアップしたことを期待しつつ、レース出走を待ちたいと思っています。冬に向けてダートが多くなる季節でもあり、上のクラスを目指してガンバってもらいたい。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2011/10/27
--------------------------------------------------------------------------------
10/27にセグチレーシングステーブルから栗東トレセンへ入厩しました。長距離輸送となりましたので少しテンションは高くなっていますが、特に問題はなく無事に到着しています。飯田調教師は「牧場でしっかり乗り込んできた事で逞しくなり、今回の放牧でしっかり成長もしてくれた様子で、以前に比べるとだいぶしっかりして戻ってきました。今後は早速明日から騎乗を進め感触を掴んで行きたいと思います」とコメントしていました。牧場では今回の入厩に備え、成長を促しながらも運動量はしっかりと確保してきましたので、その動きには担当スタッフも自信を持っている様子で、今後どのような動きを見せてくれるか楽しみです。早速明日から騎乗を進め復帰時期等について検討して行く予定です。

4歳馬
長い休養は久しぶりだったので馬体を絞るのに時間がかかっているようですが、急仕上げで中途半端に出走して凡走するよりは、じっくり仕上げてもらって結構。順調に乗り込みが進んでいて何より。もう少し馬体が絞れれば、フットワークもさらに素軽くなるはず。今週は久々に追い切りを消化しており、状態は上向きのようですし、もともと休養明けがよい馬。復帰戦が楽しみです。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2011/10/27
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコース中心に乗り込まれています。中間も引き続き体を絞る事が目的で、長めからしっかり運動量を確保されています。まだ良い頃に比べると動きには物足りなさが感じられますが、先週に比べるとこの馬なりにしっかりしており、順調に乗り込みが進められています。そこで10/27にはウッドチップコースで追い切りを消化。単走で5ハロン67.3秒、3ハロン38.1秒、ラスト1ハロン12.9秒の時計を強めに追われてマークしています。阿部調教師は「まだ身のこなしには重苦しさが感じられますが、長めからしっかり運動量を確保していますので、先週に比べるとフットワークも軽くなっており、来週には併せ馬でしっかり負荷を掛けて復帰時期等について検討して行けると見ています」とコメントしていました。今後もこのまま乗り込みを進め、復帰に向け態勢を整えて行きます。

*セゾンの募集馬、昨日、無料キャンペーンの特別募集馬の案内がきましたが、それより正規の募集馬の近況を早くレポートしてほしいものです。でないと、出資申込を出しにくい。せっかく12%の割引があるのに、HPによると10月31日に出るとのこと。しかし、それを待っていては12%割引のメリットが低下してしまう……レポートのタイミングをもう少し考えてほしいな。

Posted by sachi at 07:44 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 26, 2011

ラフィアン北海道滞在馬近況

7歳馬
フォーグの繋靭帯炎は落ち着いているようだけど、それが理由になったアルビオンの引退があるだけに…… ミネラル豊富な青草をたっぷり食べているのはいいことだけど、これからはそれも少なくなるでしょう。あともう1回、重賞のチャンスを与えてやりたいのと、穏やかな引退生活を送れる今後の行き先を早く見つけてやってほしい。

▼マイネルフォーグ…… 父 : スターオブコジーン / 母 : ビーマイファイア / 牡 / 栗東・宮徹
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。放牧地では広範囲を動き回っていますが、繋側靱帯は悪化することなく落ち着いた状態です。自由気ままに過ごしており、ミネラルが豊富で新鮮な青草をたっぷりと摂取しています。まだ体型はそれほど変化していませんが、これから腹周りが丸みを帯びてくることでしょう。(10月24日現在の近況)

Posted by sachi at 05:44 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 24, 2011

ガイドが北海道からセグチへ移動

骨折休養に入ってから4カ月。ガイドがいよいよセグチレーシングステーブルへ戻ってきました。この前の近況から体重の増え方もかなりのもので、今回のコメントにもトモがボリュームアップしたとあり、ラヴ産駒らしい成長曲線をたどっているようです。振り返ってみれば意外と早かった。これからまだしばらく乗り込んで出走までにはもう少しかかるでしょうが、成長ぶりが楽しみ。あのスリムで線の細かった馬が、どんなパワー馬に変身してくれたか、復帰が待ち遠しくてなりません。

ドリームガイド [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/24
--------------------------------------------------------------------------------
10/23に市川牧場からセグチレーシングステーブルへ移動しました。長距離輸送となりましたが、特に問題なく無事に到着しています。放牧へ出て約4ヶ月が経過していますが、この休養で見違える程体には成長が感じられ、特にトモはだいぶボリュームアップしこれからどの様な動きを見せてくれるか楽しみです。担当スタッフは「休養明けですので無理はせず徐々に乗り込みを進めて行きたいと思います。まだ到着間もないですが元気一杯の様子でこれからが楽しみですね」とコメントしていました。放牧で体に余裕はありますが、脚元の方は何ら問題ありませんので、今後はこのまま騎乗を進めて行く予定です。

Posted by sachi at 11:41 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン出走結果レポート

▼マイネルギブソン……父 : タニノギムレット / 母 : マイネメリアン / 牡 / 美浦・萱野浩二
マイネルギブソンは、23日(日)東京10レース甲斐路ステークスに出走し7着でした。このあとは続戦の予定です。

ギブソンは続戦ですか。ということは、中2週で東京の10Rノベンバーステークス芝1800mかな。ハンデ戦だから望むところです。故障がないか、体調はどうかも心配ですが、クラブが使うつもりならそれもよし。中3週になると鉾田送りになる懸念がありますが、それはなさそうでほっとした。それよりは、厩舎で調整してくれたほうがいいので。しかし昨日の甲斐路Sは稍重だったとはいえタイムも遅く、レベルが高とはいえないレースだったように思う。ギブソンにはレースを通してなんとか調子をあげていってほしいのですが。

Posted by sachi at 05:47 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 23, 2011

ギブソン、出遅れ

おい、中谷〜! せっかくの内枠で先行すべきレースで出遅れとは、いったい何やってるんですか。

10月23日(日) 東京10R 甲斐路S 芝1800m / 天気:曇 / 馬場:稍重 / 発走:14:50
7着 2枠 2番 マイネルギブソン 牡3 55.0 中谷 1:50.7 2 10/11人気 212.9 33.3 (美浦)萱野 446(0)

クラブもクラブ、調教師も調教師ですね、まったく。それでも馬はこれまでよりよく走ってるのに。馬場も合っていたのに。やはり距離はこれくらいか、東京ならもっと短くてもいけるんじゃないんだろうか。だからずっとそう言い続けてきたのに。しかしこれで鉾田でまた潰されるかと思うと、ほんとにイヤ〜になる。

騎手コメント:
中谷騎手「ここ数戦、スタートしてから出していかない競馬が続いていました。今回、ゲートから出て進んでいかなかったのはその影響があったと思います。コーナーで動いていくことを考えましたが、かなり外を回らされそうでしたのでそれなら内でロスなく立ち回る方を優先しました。終い、反応して差をつめて頑張ってくれているのですが」

その通り。マイルから中距離の馬を無理やり長距離馬にしようとして、この1年そればかり(つまり出たいのに行かせず抑えることばかり)やってきたから、馬自身わけが分からなくなっているんですよ。だからセントライトではなくこのレースを目標にしていればと、何度もこのブログでも言ってきたのに。しかも鞍上の手配もいいかげんというか独善的というか、成績上位騎手はうまいから上位にいるにきまっているのに、なぜお抱え下位騎手のほうが少しでも着順が上などとふざけたことを主張できるのか、おつむの中身を疑うわけです。少なくともこのクラブのトップが変わらないかぎり、ラフィアンでの競馬は楽しめずストレスばかり。普通の企業ならとっくにクビでしょう。もう馬質にとられるのはごめんだ。でも、サヴァランが未勝利で終わったらまた補償が残るんだった……orz

Posted by sachi at 03:19 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ギブソン、またもやブービー人気

人気はともかく、準OPともなるとさすがに相手はそろっている。古馬を相手にただ1頭の3歳馬。中谷騎手でまともに走れるのかな。丹内騎手で出走予定だったプレイは、結局、出走とりやめ。ギブソンは丹内騎手で初戦から2連勝したあと、重賞やOPでも同騎手で連続二桁着順。新馬戦、コスモス賞でさえ丹内騎手でがっかりしたのに、さらなる追い打ちにあって、もうほんとうにがっかりどころではなかった。2戦以後のレースではクラスト騎手での6着が最高。丹内騎手じゃまた二桁だろうから二度と勘弁してほしいと思っていたら、今回はなんとそれ以下の騎手に(怒) 「最後まで追う」というのがラフィアンの騎手採用基準だそうだけど、それ以前にレースの駆け引きや馬に合わせた適切な騎乗もできない騎手が最後だけ追ったって何にもならない。呆れるばかりの愚かな言い訳にすぎません。長い直線が渋っていそうなきょうのレース、案外ギブソンにむいているかもしれないのに。
今回も10頭立てとはいえ、8着に入らないと賞金も出ません。いいかげんに馬を勝たせる気構えを見せてくれないと>ラフィアン&萱野師

Posted by sachi at 05:38 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 22, 2011

ギブソン、2枠2番

今度こそ、中団なんて言わず思い切って好位先行してほしい。切れ味はなくともスタミナはあるはずだから、それで末が切れる馬を封じ込めるしかないでしょう。明日ばかりは馬場の関係で内枠より外目のほうがよかったかもだけど…… しかし中谷騎手では言われた通りにしか乗りようがないでしょうね。ギブソンかわいそ。せめて何とか8着までにお願い。でないと賞金も出ませんから。なのになんで中谷なんよ!(またまた怒りがふつふつと)
この時代にもしラヴが生まれていたら、とてもGIはとれなかっただろうし、マイル〜1800mばかり使われていたはず。当時だって武騎手の「マイルよりスプリント戦」の助言がなければ、GI制覇も種牡馬になるのも夢のまた夢だった。いまやその昔日に戻るのは、夢のまた夢。先代はそういう助言は比較的よく聴き入れましたが、ぼんは…(以下略)

10月23日(日) 東京10R 甲斐路ステークス3歳以上1600万円以下 (混合)(特指) 定量 1800m 発走 14:50
1 1 ▲ △ ○ エーブチェアマン 牡4 57 横山典 清水利
2 2       マイネルギブソン 牡3 55 中谷 萱野
3 3 ◎ ▲ ☆ リルダヴァル 牡4 57 ピンナ 池江
4 4 ☆ ◎ △ マコトギャラクシー 牡4 57 松岡 尾形
5 5 △   ▲ レインボーダリア 牝4 55 三浦 二ノ宮
6 6       ショウナンアクロス 牡6 57 吉田豊 大久洋
6 7 △     スカイリュウホー 牡7 57 丸山 平田
7 8       トウカイプライム 牡6 57 柴田大 成島
7 9 △   △ アロマカフェ 牡4 57 武士沢 小島太
8 10 ○ ○ ◎ モンテエン 牡4 57 田中勝 松山康
8 11       ビンテージチャート 牡5 57 北村宏 上原
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 04:40 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 21, 2011

ラフィアン入厩馬近況

「中1週のレース間隔でも問題ですよ」って、何なの? 「問題ない」の間違いですか? 正反対の意味になってるんだから、それくらいの間違いに気づかないでどうする? いつまでたっても凡ミスの繰り返しでいやになります。東京事務所のスタッフ、少しは考えながら仕事をしたらどうでしょう。「状態は高いレベルにある」のなら、とてもこのクラスでは通用しないということか。それとも鞍上がかわればもっと走るのですか? だったらどうして中谷騎手なのでしょう。もっと言行一致させてほしい。コメントで何と書こうが、クラブにも厩舎にも馬を勝たせようという意欲や熱意がまるで見られない。賞金が出る着順も限定されてきたのだから、ただ出走させるだけでは出資者は怒ります!

▼マイネルギブソン……父 : タニノギムレット / 母 : マイネメリアン / 牡 / 美浦・萱野浩二
マイネルギブソンは、23日(日)、東京10Rの甲斐路S・芝1800mに中谷騎手で出走します。前走は10着でしたが、反応の良さ、動きの鋭さが近走にないものでした。状態は高いレベルにあるものと思われます。萱野師は「毎日、元気一杯。中1週のレース間隔でも問題ですよ。ここ2戦はちょっと消極的だった。ペースが速いのに前半から飛ばしていく必要はないけど、平均的な流れなら中団くらいにつける競馬をしたいと思っている」と話していました。

Posted by sachi at 06:31 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 20, 2011

セゾン入厩馬近況(カトラス臨時更新含)

4歳馬
カトラスはきのう、セグチへすでに移動したとのこと。無事着いたようで何よりです。金杯の夢は崩れて残念だけど、復帰戦からずっと厩舎で調整してもらって、準オープンに上がったことだし、一息入れてまた元気もりもりで帰ってきてくれるでしょう。セグチは鉾田と違って調教方法もしっかりしており、安心して預けられると思います。しっかり充電して、年明けてから少し遅いお年玉をプレゼントしてくれるのを期待!(笑)
バスケットは日々、馬体を絞ることに専念して距離を乗っているとのこと。それでもまだ前走から+20キロって、うわぁステイゴールド産駒にしてはずいぶん増えましたね。成長分を考えても、確かにまだ太めでしょう。息遣いもまだ本調子ではないようだし、もう少し我慢してお稽古です。11月には復帰戦を迎えられるだろうか。バスケットは中山が合っているのだけれど、東京開催になりますね。パワーアップしていれば、東京も何のそのかもしれません。応援には近いのでちょうどいいんだけけど、やっぱり勝つのは中山か。ともあれ、阿部先生は馬体の仕上げはうまいので、初戦から期待しています。

ドリームカトラス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/20
--------------------------------------------------------------------------------
10/19に栗東トレセンからセグチレーシングステーブルへ移動しました。長距離輸送となりましたが、特に問題なく無事に到着しています。佐々木調教師は「前走後はレースに使ったなりのダメージは感じられましたが、それ以外は特に問題なく運動を再開していました。今後目先はマイル戦に拘って行きたいと考えているのですが、年内はハンデ戦だったり阪神コースであったりと、これだといった良い番組が見当たりません。ここまで続けてレースに使っている事もあって、目に見えないダメージにも配慮したいと思います。でも前走も勝てはしませんでしたが、この馬なりに良く頑張ってくれていますし、ここまで成長してきた事にも評価しています。ここはお年玉休みでしっかり充電して欲しいですね」と笑顔でコメントしていました。今後は週末にでも獣医に状態を確認してもらった上で、調整方法等について判断して行く予定です。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2011/10/20
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコースとダートコースを併用して乗り込まれています。中間は日々しっかり距離を乗っており、引き続き体を絞る事を念頭に進められています。阿部調教師は「しっかり運動量を確保していますので、見た目には馬体にそこまで余裕は感じられないのですが、まだ前走からは+20kg程度はありますので、成長分を加味してももう少し絞って行きたい所です。その影響かまだ息遣いが本来ではありませんので、引き続きこのまま乗り込みを進めて行きたいと思います」とコメントしていました。乗り込みを進めるにつれてこの馬なりに気持は入り始めていますので、今後もこのまま乗り込みを進め、復帰に向け態勢を整えて行きます。

Posted by sachi at 07:11 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走のギブソンが馬なり調整。
バスケットは帰厩して初時計を出しています。

マイネルギブソン
10/20 助 手 美南P 良 70.9 55.3 41.1 13.4 9 馬ナリ余力
ドリームバスケット
10/17 助 手 美南W/良 87.0 71.5 56.2 41.7 14.0 7 馬ナリ余力

まあギブソンは京都遠征後の中1週だから軽く流した程度。しかしこの時計では出走しないほうがいいくらい。相手は揃っているのに、鞍上ただ一人調教助手の中谷騎手で、情けなや〜〜 もうほんっとにラは出資者をばかにしとるの? 新規出資する価値まったくなし!! そろそろ馬を放棄することを考えたほうがよいくらいかもしれません。

【出走確定】
10月23日(日)
マイネルギブソン 東京10R 甲斐路ステークス (混) 芝 1800m 中谷雄太 55.0 14:50 11頭立

Posted by sachi at 06:58 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

ギブソンが日曜に東京で出走予定ですが、またしても鞍上未定。やれやれ。

10月23日(日)
マイネルギブソン 東京10R 甲斐路ステークス (混) 芝 1800m 未定

ちなみにnetkeiba.comでは岡部騎手になってますが、東京まで出てくるの? ないと思うけれど、それでまた同じ乗り方をされてもなあ…… 個人的には石橋脩騎手あたりで十分、と思ったらすでに騎乗馬が決まってた。ピンナ騎手はリルダヴァル、松岡騎手はマコトギャラクシー(あんなにラフィアンお抱えだったのに)、さらに三浦騎手もレインボーダリア、そしてプレイは丹内騎手(苦笑) 柴田大知騎手さえ別の馬に決まっていて、ギブソンだけいない。まさか大知騎手のトウカイプライム取り消しを待ってるんじゃないでしょうね。まったく、どうして前もって予約しないのか、それとも振られっぱなしなのか。ここでやっとクラシック出走の呪縛から逃れたものの、どのみち来年の降級までは望み薄の気がするけれど、それにしても、誰かこの馬の能力を引き出してくれるような騎手はいないものか。クラブも厩舎もなってないぞ。

Posted by sachi at 01:48 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 19, 2011

ラフィアン北海道滞在馬近況

2歳馬
サヴァランは本場へ移動しての昼夜放牧。残念ながら休養によっても思ったほど馬体が成長しなかったとか。つまり430キロそこそこってことですか? そう言うなら馬体重くらい書いてほしいな。それより骨折のほうはどうだったのか。四肢は落ち着いていて乗り運動を始めるらしいけど、本当に大丈夫なんでしょうね?

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
マイネサヴァランは、コスモヴューファームに滞在中。この中間に本場へ移動し、昼夜放牧で管理しています。もともと小柄な馬でこの休養期間中に成長して欲しいと願っていましたが、思ったほど大きくなりませんでした。「もう少し大きくなって欲しかったのが本音ですが、こればかりは仕方がないですね」とは主任の弁。四肢も落ち着いており、近日中にも調教を開始して坂路で乗り込んで行く予定にしています。(10月14日現在の近況)

Posted by sachi at 05:42 AM | Category: HORSE | Comments (2)

October 18, 2011

セゾン外厩馬近況

2歳馬も先週金曜に更新されていたのに、気がつきませんでした。
3歳以上の馬とともにまとめて更新します。

2歳馬
ファイナルは相変わらず左前の出が悪いとのこと。う〜ん、何だか黄信号が……しかし獣医の診断では異常なく、引き続き乗り込みを進めるようで、どうにか自然に解消してくれるよう願います。馬体はだいぶ大きくなり、「この馬なりに」状態はよくなってきたよう。あまり大きくなりすぎると、脚元によけいに負担がかかるのでほどほどにしておいてほしいのですが、こればかりは馬が飼い葉をもりもり食べて運動量が足りないと……自戒の念もこめて、太りすぎには注意しましょう(笑)背中が伸びて全体もボリュームアップしたとのことだから、デビューはひょっとしてダート中距離あたりになるのかも? しかしまだ時間がかかりそう。ま、焦っても仕方ないので、とにかくお稽古に励んでね!
ハピネスも元気いっぱいで与えられたメニューをこなしているようです。この馬も左前にやや不安があり、タキオン産駒だけにいっそう気掛かりではありますが、念のために獣医の診断を受けたところ特に何もないとのこと。しかしともに疲れが残りやすいというコメントもあり、馬体がまだしっかりしていない印象です。大型馬だけに細心のケアをしてもらっているようなのはありがたい。態勢が整いしだい入厩との話も出ているとのことで、年内にデビューできるかどうかというところでしょうか。自分としては久々に出資した高いほうの部類に入る牝馬。入厩・デビューまで順調に行ってくれるよう願います。

ドリームファイナル [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/14
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース2〜3本ダクで消化後、2400mキャンターでハロン23秒程度のペースで乗り込まれています。中間、左前の出が悪く、歩様にはそこまで出してはいませんでしたが、念の為、獣医の診断を仰ぎ状態を確認しました。しかし特に異常は見られませんでしたので、引き続き乗り込みを進め様子を見ています。担当スタッフは「左前の出が少し気になりましたので、念の為獣医に状態を確認してもらいました。特に異常は見られませんでしたので、ショックウェーブを施し騎乗を進めています。でも出が悪いだけで、手先は器用で手前もしっかり替えられますし、ここ最近では体もどっしりして成長も見られます。この馬なりに状態は上がってきていますので、引き続き脚元には配慮しながら乗り込みを進めて行きます」とコメントしていました。ここにきて馬体には成長が感じられ、背中が伸び全体的にボリュームも出てきました。引き続きもう少ししっかりしてくる様、今後もこのまま乗り込みを進めて行きます。現在の馬体重は498kgです。

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/14
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで育成中。現在は800mダートトラックコース2〜3本ダクを消化後、1600mハッキングで乗り込まれています。中間はすっかり環境にも馴れた様子で、元気良く与えられたメニューを消化しています。担当スタッフは「左前には配慮して欲しいと指示を受けていましたので、中間には念の為獣医に診てもらいました。特別気になる症状は見受けられませんでしたが、少し右トモの股関節回りにはダメージが残り易いようですので、しっかりケアしながら乗り込みを進めて行きたいと思います。素直で扱いやすいですし、牝馬で体もあって血統的にも楽しみですね」と笑顔でコメントしていました。中間には松元調教師に状態を報告したところ、そのまま乗り込んで態勢が整い次第入厩を検討したいとの話も受けていますので、今後もこのまま乗り込みを進め、状態に合わせてペースアップして行きます。現時点では来月中旬頃の入厩を目標にしています。現在の馬体重は518kgです。

3歳馬
ボンバーは引き続き順調に乗り込まれ、トモもしっかりしてきてバランスがよくなっているとのこと。3歳夏を越えてやっと馬体が充実してきたのかな。いまはかなり状態もよさそうで、元気よくお稽古をこなしている様子。トモに力がついたことでパワーアップしたようで何より。早ければ今週末にも入厩の話も出て、楽しみです。馬体もかなり増えていまや500キロに迫る勢い。なかなか良化が見られなかった馬が、ここにきて充実してきたのは嬉しい。夏前に勝ち上がってくれて本当によかった。ダートでパワフルな走りを披露してくれる日も近いでしょう。
ガイドは北海道で引き続き放牧中。ケガも順調に回復してきた模様で、なんと今週中にもセグチへ移動予定とのこと。やった〜よかった! セゾンの3歳がそろって入厩となれば、わが厩舎もにぎやかになります。こちらも馬体が大きくなり、なんと体重が498キロ。ボンバーとともに大型馬になってくれました。ハヤトのように堅実に力をつけ、ダートでこつこつ走る馬になってくれそうかな。もともと切れる脚も発揮していたので、パワーアップすればさらに期待がもてます。こちらも勝ち上がってくれて感謝です。関西馬なので競馬場へ応援に行けないのが残念だけど、復帰が楽しみでなりません。
チェリーはセグチで中間、脚をぶつけて腫らしてしまうアクシデント。落鉄以来、ぼろぼろになっていた蹄は徐々に回復してきたようだけど、こちらは一気にとはいかず、基礎体力を強化しながら、じっくり元に戻るのを待つしかありません。まだ左前の膝に腫れが残っているようなので、しばらくは軽いメニューでの調整ですが、腫れがひけばペースアップもできるでしょう。年内から年明けには復帰できるといいなあ。馬体はさほど大きくなってはいませんが、牝馬としてはほどよい感じで脚元への負担も少ないはず。持ち前の柔らかい動きをまた競馬場で発揮できる日を待っています。

ドリームボンバー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/17
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース2〜3本ダクで消化後、2400mキャンターでハロン23〜20秒程度のペースで乗り込まれています。中間も引き続き順調に乗り込みが進んでおり、それによりトモもしっかりしてバランスの良い身のこなしで、力強いフットワークを披露。気持もだいぶ入ってきていますのでメンコも着用しています。担当スタッフは「トモのバランスが良くなった事で、体調も良く元気一杯に与えられたメニューを消化しています。状態が良いのが表にも出てきており、良い意味でウルさくもなってきました。今後は坂路に入れ速いところを消化し態勢を整えて行きたいと思います」とコメントしていました。トモのバランスが取れた事で踏ん張りも効くようになり、推進力のある力強い動きを披露するようになっています。そこで飯田調教師に状態を報告したところ、早ければ今週末、遅くとも来週には入厩させたいとの事でした。今後は坂路でのスピード調教を取り入れ入厩に備えて行きます。現在の馬体重は491kgです。

ドリームガイド [外厩馬 / 市川牧場] ■2011/10/17
--------------------------------------------------------------------------------
市川牧場に滞在中。現在は普通放牧されています。中間には木原調教師が訪場され同馬の状態を確認されています。担当スタッフは「順調に回復している同馬の姿に木原調教師も納得されていました。10月に入り北海道も冷え込みが進んでいますのでそろそろ移動させるとの指示も受けています」とコメントしていました。朝晩はだいぶ冷え込みも厳しくなってきている中ではありますが、元気一杯に放牧地を駈け回っており、今後騎乗を進めるにあたっては楽しみです。現時点では今週末にセグチレーシングステーブルへ移動する予定です。現在の馬体重は498kgです。

サマーチェリー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/17
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース2〜3本ハッキングで調整しています。中間には何処かでぶつけてしまったのか、左前膝に腫れが見受けられました。念の為直ちに獣医の診断を仰いだ結果、幸いに骨には異常はなく打撲との診断でした。担当スタッフは「何処かにぶつけてしまったらしく、左前膝辺りに腫れが見受けられました。幸い骨や腱には異常が見られませんし、歩様にも出てはいませんので、軽いキャンターで運動しています。右前の蹄壁も徐々に蹄も伸びていますし、ここは脚元の状態がしっかりしてくるまで、もうしばらくこのまま様子を見て行きたいと思います」とコメントしていました。中間には高橋調教師が訪場され同馬の状態を確認。脚元の状態に合わせて無理せず進めて欲しいとの指示も受けています。今後は左前膝の腫れが引き次第、徐々にペースを上げて行く予定です。現在の馬体重は464kgです。

Posted by sachi at 02:21 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン出走結果レポート

カトラスが外外を回ったのは、後藤騎手によると馬場のいいところを選んで走ったようですね。追い出してからはしっかり脚を伸ばしたものの、内をすくってするすると伸びた勝ち馬にはいま一歩及ばず。馬場がゆるかったとのことで、良馬場が得意のカトラスにはやや分が悪かったかもしれません。振り返れば、勝ち馬は前走でも同じレースでカトラスに先着していたんですね。武騎手のコース取りだけでなく実力も一枚上だったかもしれません。それでもかなり大外を回って2着を確保したのだから(あと少し距離があれば追いつけていたかも?)、よく頑張ったとほめてあげたい。佐々木師によると、体のバランスが整ってきてからはグングン調子を上げてきたとのこと。その言葉通り、あの虚弱体質と集中できなかった気性がうそのようです。本当は勝って放牧といきたかったようですが、まあ2着でも致し方なし。ネットでの情報では来年の金杯を目指したいとのことなので、ここで短期放牧で1カ月ほどしたら復帰? それとも今回勝てなかったので金杯は消えたのか……もしも新年の金杯に出走できるなら(その前に勝ってOPにならないといけませんが)出資馬では初めてのこととなります。それが実現するよう祈っています。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2011/10/17
--------------------------------------------------------------------------------
10/16(日)京都競馬第10レース、清水ステークス、芝1600m、15頭立て、8枠15番、後藤浩輝騎手騎乗で出走し、2着でした。
好スタートを決めると軽く出して行きます。外枠だった事もあり無理せず中団で落ち着かせながらそのまま3コーナーへ。その後1000mの通過は58.4秒と淀みの無い流れとなりました。そんな中、同馬はしっかり折り合いながら集中して手応え良く前を追います。すると残り800mを過ぎた辺りからは、後続の各馬も進出を開始し馬群が凝縮します。すると同馬も鞍上に促され態勢を整えると、大外に進路を取って内にスプリングサンダーを見る形の8番手辺りで4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始するとしっかり反応して脚を伸ばします。一完歩づつ確実に前を行く勝ち馬に迫りますが、僅か捉えるには至らず、結局勝ち馬から0.1秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から-2kg、446kgでした。騎乗した後藤騎手は「昨日の雨で馬場が緩かったのが影響してしまい、道中はノメる場面が多かったです。でもスタートは聞いていた程問題はなくしっかり出てくれました。その後は外で出来る限り馬場の良い所を通る事に心掛け、最後は良く伸びてくれたのですが。パンパンな良馬場ならまた違っていたと思います」とコメント。佐々木調教師は「ここまで厩舎で入念に乗り込み、仕上がりには自信がありましたので、何とか良馬場でレースを迎えたかった。勝って放牧に出したかったのですが申し訳ありません。でも体のバランスがしっかり整ってきてからは、グングン調子を上げてきていますし、自分の競馬が出来れば力は十分通用します。今回は勝ち馬に上手い事やられてしまいました」と悔しそうにコメントしていました。今後については厩舎に戻ってから検討して行きますが、現時点では放牧に出る予定です。

Posted by sachi at 02:18 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 16, 2011

ギブソン、予定通り甲斐路Sに登録

10月23日(日) 4回東京7日 甲斐路ステークス 第1回特別登録 14頭
サラ系3歳以上 (混合)(特指)3歳以上1600万円以下 定量 1800m 芝・左
アップルサイダー 57.0
アロマカフェ 57.0
エーブチェアマン 57.0
ショウナンアクロス 57.0
スカイリュウホー 57.0
トウカイプライム 57.0
ビンテージチャート 57.0
プレイ 55.0
マイネルギブソン 55.0
マコトギャラクシー 57.0
モンテエン 57.0
リッツィースター 57.0
リルダヴァル 57.0
レインボーダリア 55.0

去年の秋から1年、2歳重賞とはいえ下位騎手の騎乗(理由は藤田騎手に断られたから)と適性を顧みないレース選択にいらいらさせられ続けましたが、ようやく本来の彼の路線で出走できそう。くしくも菊花賞の日です。鞍上はまた問題ですが、なんとかまっとうな競馬を覚えさせてくれる騎手を手配してほしい。古馬とのレースが厳しいのは承知のうえ、しかも京都遠征から中1週ですが、先生もそろそろ調教師としての腕と意地の見せどころ。少しずつでも進歩させて、1年間の無駄を取り戻すよう努力してほしい。それと、プレイには負けるな!(笑)

Posted by sachi at 05:51 PM | Category: HORSE | Comments (0)

カトラス、惜しかった!

2着には来ましたが、内枠を利してうまく乗った武騎手のミキノバンジョーに完敗。う〜ん残念。

10月16日京都10R清水ステークス 3歳以上1600万下(混合)[指定]芝1600m 出走頭数:15頭 天候:晴  芝:稍重 発走時刻:15:01
2着 8枠 15番 ドリームカトラス 牡4 55.0 後藤 1:33.3 3/4 3/15人気 7.4 34.2 (栗東)佐々木 446(-2)

せっかくスタートよかったのに向こう正面で下げたのは、かかって行ってしまいそうだったのかな。底力はある馬なので行かせてもよかったかも。しかし、これでこのクラスを卒業してオープン入りできる力があることは分かりました(ハンデもそこそこだったし) 強豪揃いのマイルOP戦はなかなか厳しいと思われるので、今回のように何度か準OPで着を拾ってから勝ってくれると、出資者としてはむしろありがたい。とはいえ、やはりOP馬にはなってほしい。次走に期待です!

Posted by sachi at 03:56 PM | Category: HORSE | Comments (2)

カトラス、大外に……

ヒットジャポットやリルダヴァルがいなくなったので、そこそこのメンバーかな。大外がちぃとばかり気になります。お天気と馬場状態も。しかし勝ち負けという佐々木師の言葉を信じたい。頑張れカトラス!

10月16日(日)京都10R 清水ステークス 3歳以上1600万円以下 (混合)[指定] ハンデ 1600m 芝・右 外 発走 15:00
1 1         マッシヴエンペラー 牡6 54 熊沢 大橋
2 2 △   △   アスカクリチャン 牡4 55 田中勝 須貝
2 3 △   ▲ ギンザボナンザ 牝4 55.5 池添 池上
3 4 △ ◎ △ ミキノバンジョー 牡4 56 武豊 大橋
3 5         アキノカウンター 牡5 54 幸 中村
4 6         レジェンドブルー 牝5 53 藤岡康 宮
4 7 ○   ☆ スプリングサンダー 牝4 56 四位 昆
5 8         ホーカーハリケーン 牝5 54 北村宏 加用
5 9         シェーンヴァルト 牡5 56 秋山 岡田
6 10   ○     テーオーティアラ 牝5 52 柴田善 友道
6 11 ◎ ▲ ◎ ダノンシャーク 牡3 54 福永 大久龍
7 12         ワキノパワー セ7 50 酒井 坪
7 13       ノボリデューク 牡6 54 石橋守 松永昌
8 14 ▲   ○ リフトザウイングス 牡3 55 小牧 橋口
8 15 ☆ △ △ ドリームカトラス 牡4 55 後藤 佐々木
(印はnetleiba.com)

Posted by sachi at 01:16 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 15, 2011

ラフィアン入厩馬近況

3歳馬
ギブソンは美浦に帰厩し、早くも中1週で東京の甲斐路Sを目標にするとのこと。しかしいくら惨敗したとはいえ京都まで遠征のあとの中1週はきついでしょう。セントライト記念で惨敗したあと、大原Sの予定がアナウンスされたとき、東京の芝1800m甲斐路Sを目標にしてほしかったと書きましたが、まさにそれが次走の目標に…… こうして使い潰されていくのかと思うと、馬がふびんです。でも、競走馬として生まれた以上、走るのは馬の宿命。距離が1800mになったのがせめてもの幸いと考え、ギブソンが故障なく無事レースを走り終えて少しでもまともな結果を出せるよう祈るしかないです。3場開催で丹内騎手は新潟のようだから、鞍上は誰だろう。最近、また三浦騎手が復活の模様だから、よくて三浦騎手かな。まさか札幌で調教をつけていたという理由で中谷騎手じゃないでしょうね。

▼マイネルギブソン……父 : タニノギムレット / 母 : マイネメリアン / 牡 / 美浦・萱野浩二
マイネルギブソンは、無事に美浦に帰厩しました。目立った疲れは見られず、すでに騎乗を始めています。萱野調教師は「ダメージはなく、中1週でも対応できる状態。来週、東京の甲斐路S・芝1800mを目標にしましょう」と語っていました。

*久しぶりに2歳馬の写真更新で、サヴァランのかわいい姿を見られた! でも骨折した左前肢管骨は、角度のせいもあるのだろうけどかなり膨れているように見える。無事に復帰できるだろうか。表情はりりしくてかわいくて、早く会いたいよ〜と思わせるのですが。

Posted by sachi at 05:52 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 14, 2011

今週の調教時計

今週出走のカトラスが時計を出しています。

ドリームカトラス
10/13 助 手 栗東坂/良 1 52.8 38.2 24.7 12.3 一杯に追う

時計はさほどではないと思ったのだけれど、近況を見ると、散水で力のいる馬場だったとのことで、馬自体は順調のよう。今回のコメント通り、本当に勝ち負けできるといいのですが。

【出走確定】
10月16日 (日)
ドリームカトラス 京都競馬10R 清水ステークス 芝 1600m 15頭立 後藤浩輝騎手 15:00発走

Posted by sachi at 12:37 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

4歳馬
カトラスは今週出走。仕上がりは万全とのコメントは信頼できるのでしょうか。佐々木師はあまり吹くタイプじゃないから、本当に状態はよいのでは。ハンデが比較的楽(いや、実力相応と見るべきか)なので、もしかしたらの期待をかけたい。「今の出来なら勝ち負け」とまで言っているのだから、ほんとに勝算があるのかもしれません。このところマンションで水漏れがあったりで憂鬱な気分だったのですが、ここでうっぷんを晴らしてくれるような活躍をひそかに夢見ます(笑) がんばれ、カトラス&後藤騎手!
かたやバスケットは、まだ軽目で調整中。馬体も少し太いようでプール調教をおりまぜているとのこと。口向きも悪いとあり、出走までにはまだ少しかかるのでしょう。この馬もこれまで使い減りするタイプで、3走が限度だったのですが、いよいよ馬体も気力面でも充実期を迎えたと思いたい。成績は下位厩舎のわりに、馬の調整はうまいと以前から思っています。復帰戦であっさり500万クラスを卒業してくれることを期待して、出走日を待ちましょう。鞍上はだれになるのかな。楽しみです。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2011/10/13
--------------------------------------------------------------------------------
10/16(日)京都競馬第10レース、清水ステークス、芝1600m、15頭立て、後藤浩輝騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後3時00分です。
10/13には坂路で最終追い切りを消化。単走で4ハロン52.8秒、3ハロン38.2秒、ラスト1ハロン12.3秒の時計を一杯に追われてマークしています。この日はウッドチップコースで体をほぐした後、単走で坂路をサッと流す予定通りの内容を消化。息遣いやフットワークも良く、気持もちゃんと走りに向いている様子で、仕上がりは万全との事。佐々木調教師は「この日は散水もしたのか、水分を多く含んだ力のいる馬場状態の中でしたがフットワークは軽快で、ラストも24.7秒−12.3秒としっかりしていて、好調が感じられる中身の濃い追い切りだったと思います。精神的にも充実している様子で、騎乗者の指示にも的確に反応して走りにしっかり集中出来ているのも評価出来ます。メンバーは揃っている印象ですが、56kgのハンデは妥当なところだと思いますし、今の出来なら勝ち負けだと思います。頑張って欲しいところです」とコメントしていました。ご声援ください。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2011/10/13
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコース中心にプール調教も取り入れて進められています。中間はまだ軽めのペースで体を絞っていく事を念頭に置いたメニューです。阿部調教師は「先週に引き続きまだ体には余裕がありますので、段階的に状態を確認しながら調整を進めています。その分、まだ体を持て余していて口向きもあまり良くありませんので修正して行きたいと思います。でもそれ以外は放牧でしっかり充電はしてきていますので、同馬自身は元気一杯の様子ですし、調教にも前向きに取り組んでいますので心配はしていません。今後は週末にでも15-15程度のところを消化し徐々に負荷を強めていきたいと思います」とコメントしていました。さすがに放牧明けですのでまだ体には余裕がありますが、それさえしっかり解消出来れば、心身共に充実してきている印象ですので、引き続き無理はしませんがこのまま乗り込みを進めて行く予定です。復帰戦についてはもう少し乗り込みを進めた上で検討して行く予定です。

Posted by sachi at 12:36 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 12, 2011

今週の出走予定馬

ハンデは55キロのようです。相手が揃い過ぎですが、前走くらいは走ってくれますように(^人^) もちろん勝ってOP入りしてくれれば万々歳だけど、今回のメンバーでは厳しそう。でもひょっとして後藤騎手ならと、少し期待します。

ドリームカトラス
10/16 (日) 京都 10R 清水ステークス 芝 1600m 後藤浩輝騎手

Posted by sachi at 06:07 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン北海道滞在馬近況

フォーグは結局、繋靭帯に損傷はなく、漿液がたまっていたのが腫れの原因だったとのこと。アルビオンも漿液がたまっていてなかなか腫れが引かないというのが引退の理由だっただけに、「放牧地を歩き回っている」と言われても安心できません。もっともアルビオンは、それを理由に唐突に引退させたようなところがあり、ラフィアンを信用できない原因にもなっています。フォーグにしても年齢が年齢なので、何とかもう一花咲かせてやりたいと思うものの、このような使われ方では、それも期待薄でしょう。腫れが引いたなら、残り少ないであろう競走馬として現役ですごせる時間を有意義に送れるよう、余裕をもって帰厩させ、十分態勢を整えてから適鞍に出走させてほしいと願うばかりです。

▼マイネルフォーグ……スターオブコジーン / 母 : ビーマイファイア / 牡 / 栗東・宮徹
マイネルフォーグは、30日(金)、無事にビッグレッドファーム浦和に到着。昼夜放牧を行っています。右前肢の繋側靱帯の腫れはすっかり治まりました。先日、念のためエコー検査を行いましたが、繋側靱帯に傷みはなく、腫れの原因はしょう液がたまっていたことだと思われます。歩様にぎくしゃくしたところはなく、放牧地を動き回っています。(10月10日現在の近況)

*なおギブソンも、「馬の状態を確認して続戦の予定です」という以外に何の新情報もないコメントが「近況更新」として出ていました。毎度のことですが、他クラブと比べてもその仕事のお粗末さに腹がたつ。何より、中距離でここまで惨敗続きの馬なのだから、馬の状態だけでなく、次走は本気でこの馬の適鞍をさぐってほしい。馬の成長力に問題があるのかもしれませんが、それにしても3戦目からずっと負けすぎです。

Posted by sachi at 05:49 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 10, 2011

カトラス、予定通り清水Sに登録

20頭の登録だから、何とか出られるのかな。

10月16日(日) 5回京都4日 清水ステークス 第1回特別登録 20頭
サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上1600万円以下 ハンデ 1600m 芝・右 外
アキノカウンター
アスカクリチャン
アドマイヤサガス
ギンザボナンザ
シェーンヴァルト
スプリングサンダー
ダノンシャーク
ツルマルネオ
テーオーティアラ
ドリームカトラス
ノボリデューク
ヒットジャポット
ホーカーハリケーン
マイネプリンセス
マッシヴエンペラー
ミキノバンジョー
リフトザウイングス
リルダヴァル
レジェンドブルー
ワキノパワー

Posted by sachi at 06:00 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ギブソン、最悪

小旅行に出ていたので、昨日夜遅くやっと帰宅して結果を見ました。予想に違わず毎度毎度同じような乗り方、同じような結果に、さらに怒りが。クラブは愚か、騎手も愚か以外に言葉がありません。

10月8日(土) 京都10R 大原ステークス(混) 芝2000m 岡部誠 55.0 天気:晴 / 馬場:良 / 発走:15:01
10着 2枠 2番 マイネルギブソン 牡3 55.0 岡部誠 1:58.0 アタマ 13人気 178.3 34.7 (美浦)萱野 446(-6)

しんがり人気の10着で、人気よりましな着順とはいえ、何ひとつよいところがない騎乗と結果で、そもそもこのレース選択に異を唱えた通りです。クラブはどれだけ出資者の資産を無駄に使い減らしていることか。思っていた以上にかかってしまったと騎手は言ってますが、だったらあんなに押さえず行かせてやったら? 控えて結果が出る馬でないのは1年も前から分かっているはず。岡部騎手が自ら言っているとおり、「一番悪い乗り方」をして最悪の結果ですよ。あれで最後とまっていたら、それこそ即、引退だ。ギブソンに関しては諦め半分でずーっとクラブにもの申さずここまできましたが、もう我慢の限界。今度はメールで問いただしてやるかな。いや、そんなことをするのも、ただただ労力の無駄でしょうね。

騎手コメント:
岡部騎手「ふわっと出して中団あたりの位置をイメージしていたのですが、思っていた以上に掛かってしまいました。1〜2コーナーでスローの団子になって、向正面で一気にペースが上がったのもあって、動きようにも動けなくなってしまって。最後は止まっておらずじりじりと伸びていました。いろいろイメージしていた中で一番悪い乗り方になってしまいました」

Posted by sachi at 05:50 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 07, 2011

セゾン外厩馬臨時更新

ハピネスがいよいよセグチレーシングステーブルへ移動。輸送も問題なく、無事ついたようです。コメントからすると、やはり少々敏感なところもある牝馬みたいだけど、早速、騎乗を進められそうとのこと。いつデビューできるかな〜 頑張っていい競走馬になってほしいものです。

サマーハピネス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/10/07
--------------------------------------------------------------------------------
10/7に愛知ステーブルからセグチレーシングステーブルへ移動しました。初めての長距離輸送となりましたが、特に問題はなく無事に到着しています。担当スタッフは「輸送のダメージも現時点ではそれ程感じられませんし、環境の変化にもそれ程動じている様子はありません。一両日はこのまま様子を見て行きたいと思います」とコメントしていました。牝馬で自分をしっかり持っている同馬ですので、初めての長距離輸送でどの程度ダメージがあるか心配もしていましたが、特にイレ込む様子もなく落ち着いていますので現状では問題はなさそうです。今後は早速騎乗を進めて行く予定です。

Posted by sachi at 11:25 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ギブソン2枠2番

せっかく京都まで出向くんだし、内枠だから思い切って大逃げしてくれないかな。ま、クラブからの指示がある限り、また控えて直線伸び切れず、の大敗でしょう。唯一の3歳馬ですが、牝馬が多くて同斤量。馬も騎手もさすがに揃った。無事に回ってきてくれればとしか言いようがありません。岡部騎手も造反はしないだろうし、もともとファルケが頼りだった萱野師は仕方がないところもあるのでしょうが、懲りない愚クラブの言いなりもいいとこで見損ないました。厩舎全体の成績もひどいし。

10月8日(土) 京都10R 大原ステークス(混) 芝2000m 岡部誠 55.0 発走15:00 13頭
1 1 ▲ ○ タガノエルシコ 牡6 57 藤岡康 宮
2 2     マイネルギブソン 牡3 55 岡部誠 萱野
3 3   △ ラフォルジュルネ 牝4 55 岩田 松田博
4 4     ワンダームシャ 牡6 57 秋山 牧田
4 5 △   シースナイプ 牝4 55 川田 河内
5 6 ☆ ☆ ワルキューレ 牝7 55 北村友 佐山
5 7   △ アスカトップレディ 牝4 55 浜中 須貝
6 8 △ △ エイシンサクセス 牡5 57 後藤 藤岡健
6 9 ◎ ◎ アドマイヤコスモス 牡4 57 上村 橋田
7 10     フェニコーン 牡7 57 渡辺 小桧山
7 11 △   デンコウオクトパス 牡4 57 和田 坂口
8 12 ○ ▲ メイショウカンパク 牡4 57 武豊 荒川
8 13     ロイヤルネックレス 牝5 55 四位 中尾
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 06:45 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン入厩馬近況

う〜ん、「この感じなら大丈夫」とはいうものの無理あり。「古馬準オープンの馬たちを相手にどこまで頑張れるか」のほうが正しい見方。またしんがりかそれに近い成績だろうな。問題は古馬相手だけではありません。馬体からしても両脚の間隔が開いた走法からしても、中長距離馬とは思えないのに、どうして距離短縮をしてみないのだろうか。フォーグ・タイプだと思うのですけどね。

▼マイネルギブソン…… 父 : タニノギムレット / 母 : マイネメリアン / 牡 / 美浦・萱野浩二
マイネルギブソンは、8日(土)、京都10Rの大原S・芝2000mに名古屋の岡部誠騎手で出走します。先週末にポリトラックで半マイル15−15からラストだけ促して1ハロン12.5秒をマーク。フレグモーネの反動も感じられず、水曜日には5ハロンから早い時計を出しました。それを確認した萱野師の「いつもの動きに十分達していた。この感じなら大丈夫」とのジャッジを受けて今週の出走に至りました。今回は古馬準オープンの馬たちを相手にどこまで頑張れるかでしょう。

Posted by sachi at 06:43 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走のギブソンと来週出走のカトラスが時計を出しています。

マイネルギブソン
10/5 助 手 美南P 良      65.4 51.6 38.4 12.5 8 一杯に追う
10/2 助 手 美南P 良      75.6 59.1 44.1 12.5 9 馬ナリ余力
ドリームカトラス
10/5 助 手 栗東坂/良 1 51.3 37.7 24.9 12.6 一杯に追う
 ティキマハロ(古500万)叩一杯に0.1秒遅れ

ギブソンはまだ菊花賞を諦められないのか、またしても京都まで遠征して距離2000mのレース。いいかげんに馬の適性を理解してレースを選択をしてほしい。クラシック菊花賞なんて、いまさらどうでもいいのよ。馬が能力を発揮できるようなレース、鞍上を手配することこそがクラブの責任でしょう。そこそこの時計を出しているだけに非常に残念。ま、それでも上級クラスでは通用しないだろうけど。利点は少頭数というところだけ。乗り難しい馬なので岡部騎手でも不安あり。さらにギブソンは気持ちで走る馬。前半控えてという指示でその通り乗れば、直線伸びずに惨敗するだけでしょう。もし岡部騎手で少しはましな結果を出せば(ほとんどないと思うけど)、こんりんざい丹内騎手はやめてほしい。巧みなペース配分が必要な1800mとか2000mの重賞や準オープン戦で丹内騎手なんて、ラ以外ではありえない!

【出走確定】
10月8日(土)  
マイネルギブソン 京都 10R 大原ステークス (混) 芝 2000m 岡部誠 55.0 15:00発走 13頭

Posted by sachi at 06:02 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

4歳馬
カトラスはいい時計を出してたと思ったけど、古馬500万に遅れちゃったか。それでも調教師は、成長が感じられ、ここまで至って順調とのコメント。うれしい限りです。ハンデはそう重くないと思うのですが、甘いかな。佐藤哲三騎手がビービーガルダン放馬で肋骨を6本も骨折……鞍上が誰になるのか不安だったのですが、なんと後藤騎手に!!! これは期待がもてますd(^-^)! ラではありえないし(苦笑) 後藤騎手もいろいろあったけど(とくに吉田豊騎手木刀殴打事件はいただけなかった)、腕は確かですからね。何より重要なのはその点だ。がんばれカトラス&後藤騎手!
バスケットも乗り込み開始。今のところ無理をさせず、テンションがあがらないようプール調教も取り入れてとのこと。そうだった。阿部調教師はプール調教好きなんでした。というか、バスケットに合っているようだし、馬をリラックスさせながら馬体をつくっていくのにいい方法だと、同じくプール調教が好きだったアルビオンのときから思っています。阿部調教師はレースに向けて馬体を仕上げるのはうまいと、勝手に思っている先生の一人。バスケットはもともと休養明けがよい馬だし、降級後初の今度の復帰戦ではさくっと勝ってほしいなぁ〜 それまで準備を周到に、よろしくお願いします>阿部先生

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2011/10/06
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。先週は精神面への負担も考慮し、そこまで大きく負荷を掛ける事なく調整を進められていました。その影響もあって引き続き精神的にも落ち着いており、騎乗者の指示にもしっかり従って真面目に日々のメニューを消化しています。そこで10/5には坂路で1週前追い切りを消化しています。併せ馬で4ハロン51.3秒、3ハロン37.7秒、ラスト1ハロン12.6秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたティキマハロ(古500万、叩き一杯)に0.1秒遅れています。佐々木調教師は「最近では殆ど感じられなくはなりましたが、もともと自分をしっかり持っているタイプですので、あまり追い詰めてもいけませんので調教にはメリハリを付けています。でも最近では以前の様にわがままをする事もなくなり、その分パワーアップもしていて成長が感じられます。ここまでは至って順調ですので、あとはハンデがどの程度かと良馬場でレースを迎えたいですね」とコメントしていました。厩舎サイドでは、ここ最近の成長振りに確かな手応えを感じている様子で、このまま順調にレースを迎えられれば、得意な京都1600mですし楽しみです。今後はこのまま週末、来週と追って次走に備えて行く予定です。次走については10/16京都競馬、清水ステークス、芝1600mに出走予定。後藤浩輝騎手に騎乗依頼しています。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2011/10/06
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコース中心に乗り込まれています。中間は無理してペースを上げる事はせず、テンションにも配慮したメニューで進められています。阿部調教師は「まだまだ体には余裕が感じられますので、無理せずプール調教も取り入れています。もうしばらくはこのまま余裕を解消して行く事を念頭に置いて、乗り込みを進めて行きたいと思います」とコメントしていました。ステイゴールド産駒でもともと気性的にキツイ部分も持ち合わせている同馬ですので、体と気持ちのバランスをしっかり確認しながら調整を進められている様子で、ここまでは順調に乗り込みが進んでいます。今後は徐々にペースを上げて行き、このまま態勢を整えて行く予定です。復帰戦についてはもう少し乗り込みを進めた上で検討して行く予定です。

Posted by sachi at 06:00 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 05, 2011

今週の出走予定

ギブソンが土曜日、京都まで遠征して大原Sに出走となっていますが、なぜ京都まで…… しかもまた2000m。鞍上岡部騎手なら本気で出走させる気ですね。でも、ただ出走させるだけなら、体調を崩さず、無事に回ってくるだけでいいよ。どうせラフィアンでは乗りつぶされるだけだから。週末、かなりの山の中へ小旅行に行くので、日曜夜まで結果も分からないですが。

京都競馬場
10月8日(土) マイネルギブソン 10R 大原ステークス (混) 芝 2000m 岡部誠

Posted by sachi at 05:56 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン北海道滞在馬近況

サヴァランは引き続き昼夜放牧中。左前の管骨骨折は、痛みはひいてきたものの、まだ乗り出すまでには至らない様子。もともと骨質がよくない系統なので、十分に固まってから騎乗を再開してほしい。エルフ分場は何年か前に探して行ってみようとしたけど、どこにあるのか分からなかったところ(苦笑) 人手も足りているのかどうか不安があるのですが、健康的に過ごしてはいるようで、年内復帰なら御の字でしょう。あせる必要はないので、ゆっくり養生してほしい。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
マイネサヴァランは、コスモヴューファームに滞在中。エルフ分場で昼夜放牧を行っています。左前肢管骨の隆起した箇所の痛みは引いてきました。馬自身気にすることもなく、放牧地を広範囲にわたって動き回っています。馬体は丸みを帯びて健康的です。もう少し患部の経過を観察した上で、騎乗を始める時期を検討したいと思います。

Posted by sachi at 05:28 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 01, 2011

セゾン外厩馬近況

2歳馬
ファイナルはセグチに移動して無理のないペースで乗り込まれているよう。獣医に診てもらっても、右前股関節に注意は必要ながら乗り込みは問題なしとのことで、先生からも無理のない範囲でどんどん乗り込みは進めてくれとの指示が出ています。こうした調教師の指示をクラブのコメントに見るのはとても久しぶり。マイネルーチェが札幌2歳S2着のあと一息入れるため放牧されたときも、先生は「何もしなくていいから」といった指示を出してくれました。しかしそれ以後、ラフィアンでは北海道でも鉾田でも牧場が勝手に推し進めるので(いまやレース選択も、いやそれどころかレースでの騎手への指示でさえ)、久しく見ることはなかった。ラフィアンの今月号の会報「巻頭言」に、社長が批判にこたえるためかまたまた変なことを書いてますが、それを読むと、現在あのクラブがいかに会員軽視の自分勝手で奇妙な論理で運営をしているかが分かるというもの。本当にもう救いようがないですね(あれ?脱線してしまった。苦笑)ともあれ、ファイナルには、弱いところをケアしつつデビューを目指してさらに鍛練を続けてほしい。
ハピネスは順調に調整が進んでいるらしく、いよいよデビューへ向けて本格的に始動するようです。けづやもよく体調のよさがうかがえるとのことで、来週にはセグチに移動して入厩準備。いやぁ〜待ってました! 大型牝馬なのでむずかしいところもあるかもしれませんが、デビューが待ち遠しいです。といっても、入厩先は栗東の松元茂樹厩舎なので、新馬戦の応援には行けそうにありませんが…… このコメントが出たら、すんなり行けばあと1カ月半くらいでデビューできるのかな。とにかく、無事にデビュー戦を迎えてほしいです。

ドリームファイナル [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/09/30
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース2〜3本ダクで消化後、1600mキャンターでハロン25〜23秒程度のペースで乗り込まれています。中間には獣医に状態を確認してもらいましたが、特別大きく痛んでいる部分は見られませんでしたが、右前股関節回りはしっかりケアしながら進めた方が良いとの話を受けています。担当スタッフは「特別間隔を取ったりする程のレベルではないとの事ですので、中間から騎乗を再開しています。上原調教師からは無理はしない範囲でどんどん乗り込みは進めて欲しいとの指示も受けていますので、このままもう少し全体的にしっかりしてくる様、乗り込んで行きたいと思います」とコメントしていました。同馬自身、走りに対しては前向きな気性をしていますし、素直に指示にも従ってくれるとの事ですので、このまま乗り込みを進めて行けると見ています。現在の馬体重は481kgです。

サマーハピネス [外厩馬 / 愛知ステーブル] ■2011/09/30
--------------------------------------------------------------------------------
愛知ステーブルで育成中。現在は1600mダートコース1本ダクで体を温めた後、2500〜3000mキャンターでハロン23〜20秒のペースで乗り込まれています。ここまで順調に乗り込みが進められており、その効果で体の張りも良く、大きな馬体からは牝馬とは思えない迫力さえ感じられる程です。担当スタッフは「最近では毛ヅヤもガラッと良くなって、元気一杯に調教を消化しており体調の良さが窺えます。中間には長めから少しペースを上げて乗り込んだ際も、軽快なフットワークで走れていますし、騎乗者の指示にもしっかりと従い入厩に向けた調整は順調に進んでいます」と笑顔でコメントしていました。ここまで順調に進められた事で、基礎体力は既に十分備わってきている印象で、来週には予定通りセグチレーシングステーブルへ移動し、入厩に向けた最終調整を進めて行く予定です。現在の馬体重は534kgです。

3歳馬
ボンバーはうまく調整が進み、体調面でも精神面でもいい状態になってきたようで、何より以前より食べた分がちゃんと実になってきているとのこと。よかった〜 ようやく涼しくなってきて、本来の調子を取り戻してきたのかも。元気一杯とのコメントはいつ見ても嬉しい。今月中旬から下旬の入厩が目標ということなので、再び競馬場で走る姿を見られる日もそう遠くないでしょう。ひとまわり成長したボンバーがどんな走りをしてくれるか、楽しみです。
骨折休養中のガイドは、わぁ〜大きくなりました! 現在の馬体重は、なんと495キロ! さすがラヴ産駒というか、どちらかと言うと細身だったあの馬が、3歳の夏を越して500キロ前後に成長したのです。これはラヴ自身もそうだったし、のちにダートで堅実に活躍してくれたハヤトも同じ。そして重賞の常連になったアルビオンはさらに大きくなりました。アルビオンは一本調子で1200m専門の短距離馬でしたが、晩年は芝からダートに転向してさらに長く活躍してくれ、出資馬のなかでも愛着ひとしおの馬。ガイドはオープンには届かずとも、これまた丈夫でこつこつ走ってくれたハヤトと同じように、ダート中距離で息の長い活躍をしてくれればと願っています。きのうアップされた写真を見ても、とってもアルビオンやハヤトに似てきたような。木原厩舎との相性もよいみたいなので、復帰が楽しみ。まずは慎重に回復具合をチェックしながら、コメント通りあと1カ月ほどで乗り込みが再開できるよう願います。
チェリーは、きのうセグチへ移動ずみ。蹄がもともと薄い馬らしく、今回は不運な落鉄のせいで傷んでしまったようだけど、ここは装蹄師の腕の見せどころか。歩様自体はそう悪くはなっていないということなので、その点は安心。蹄は爪と同じく回復には時間もかかるでしょうが、まだ若いからやきもきするほどのこともないでしょう。その間に体力強化に努めてくれればOK。再生と整形技術に期待しつつ、復帰を待ちましょう。

ドリームボンバー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/09/30
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース2〜3本ダクで消化後、2400mキャンターでハロン23〜20秒程度のペースで乗り込まれています。ここまで順調に乗り込みが進められた事で、だいぶ気持も乗ってきている印象です。以前に比べると食した物をちゃんと実に出来る様にもなっており、ここまで順調に調整が進んでいる様子です。担当スタッフは「ここまで順調に進められており、涼しくなった事で元気一杯に日々のメニューを消化しています。だいぶベースは出来てきましたので、今後は坂路でのスピード調教も取り入れて行きたいと思います。とにかく元気が有り余っている様子ですので、ケガ等しない様注意して進めて行きたいと思います」とコメントしていました。ここに来て走りにも前向きさが感じられるようになって、手応えは週を追う毎に力強くなっています。今後はこのまま乗り込みを進め態勢を整えて行きます。現時点で入厩は10月中旬〜下旬を目標にしています。現在の馬体重は492kgです。

ドリームガイド [外厩馬 / 市川牧場] ■2011/09/30
--------------------------------------------------------------------------------
市川牧場に滞在中。現在は普通放牧されています。日々日中を野外で過ごすメニューで様子を見ていますが、歩様も見た目には全く脚元を気にする素振りも見せず、放牧地を元気に歩き回っています。担当スタッフは「広い放牧地へ移動し心身共にしっかりリフレッシュしている様子です。歩様も何ら問題なく落ち着いてきましたし、馬体もフックラしてだいぶボリュームも出てきました。良い休養を送れていると思いますよ」と笑顔でコメントしていました。今後もうしばらくはこのままの生活で患部の良化と更なる成長を促して行きます。現時点では10月末頃には再びレントゲン撮影を行って、騎乗再開時期等について検討して行く予定です。現在の馬体重は495kgです。

サマーチェリー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/09/30
--------------------------------------------------------------------------------
9/30に美浦トレセンからセグチレーシングステーブルへ移動しました。特に問題なく無事に到着しています。今後は蹄が出来る限り早く整形できる様、早速装蹄師に見てもらう予定。しかし歩様にはそこまで出している訳ではありませんので、騎乗も並行して進め大きく緩まない様、調整を進めて行く予定です。

(4カ月の休養後、一昨日に入厩ずみですが)
4歳馬
3歳がみな放牧になってしまったこの秋、頼りは4歳馬。入厩のままレースを使ってくれるカトラスに続いて、おとといはバスケットがセグチから阿部厩舎に入厩。こちらも待ってました! カトラスがあとから出世していって準オープンでもそこそこ通用するところを見せてくれたので、今度はバスケットの番です。2歳時からなかなか勝ち切れないステイゴールド産駒でしたが、もともとそう小柄な馬でもなく、最近は写真を見る限りかなりボリュームアップして、いかにも古馬らしくなってきた感じ。500万下に降級したこの秋は、復帰戦で早いところまた勝ち上がってほしいと願っていますが、得意の中山は今週で終わり……う〜ん、焦るよなぁと思っていたところ、コメントによると新潟での出走を視野に入れているよう。東京開催では厳しいかと思っていたけれど、そうか、新潟という手もあったっけね。そうなると競馬場での応援は断念しないといけませんが、とりあえず500万クラスは早く卒業しよう! そしてまたカトラスに追いついてほしいものです。

ドリームバスケット [入厩馬 / セグチレーシングステーブル本場] ■2011/09/30
--------------------------------------------------------------------------------
9/29にセグチレーシングステーブル本場から美浦トレセンへ入厩しました。特に問題なく無事に到着しています。約4ヶ月強振りの入厩となりましたが、環境の変化には動じる事もなくだいぶ古馬らしい風格も出てきました。牧場でしっかり乗り込みも進めてきましたので、早速本日から調教を進められています。阿部調教師は「馬体重は480kgと、放牧明けですので体にはだいぶ余裕はありますが、この馬なりに成長もしてくれている印象で状態自体は良さそうです。今後はしっかり本数を重ねていき、余裕を解消させながらしっかり態勢を整えて行きたいと思います」とコメントしていました。見た目には肌艶も良く体調面には不安はなさそうです。精神的にもしっかりリフレッシュ出来ていますので、今後乗り込みを進めて行く中で、どのような動きを見せてくれるか今から楽しみです。次走についてはもう少し乗り込みを進めた上で具体的に検討して行く予定ですが、現時点では新潟開催を視野に入れています。

Posted by sachi at 05:17 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン入厩馬近況

3歳馬
行かなくていいよ、京都へは。萱野先生、馬と会員のために、いつまでも言いなりにならないでください。

▼マイネルギブソン……父 : タニノギムレット / 母 : マイネメリアン / 牡 / 美浦・萱野浩二
マイネルギブソンは、美浦で調整中。ダート、ウッド、ニューポリトラックで乗り込まれています。フレグモーネ回復後は順調にキャンター調整を消化しています。萱野調教師は「幸い、熱発も腫れも1日で回復したので、大きな影響はないと思う。ただし、きちんと状態を見極めたいので、今週末に追い切ってみて、来週の大原Sに出走するのかどうかを判断したい」と語っています。

Posted by sachi at 12:56 AM | Category: HORSE | Comments (0)