February 27, 2011

ギブソン、ブービー……

遠征までして、またしてもむだな出走になってしまいました。

2/27(日) 阪神9R すみれS(オープン) 3歳 ○混○特指(別定) 芝2200m 9頭 発走:14:25 天候:晴 馬場:良
8着 8枠 9番 マイネルギブソン 牡3 57.0 安藤勝己 萱野浩二 2 426(-6) 11.6 5/9人気

この少頭数で、しかもいくら1頭だけ57キロにしても、1勝馬が大半のなかでの惨敗。
明らかに距離長すぎでしょう。1800mでもぎりぎりだったのに、さらに2000mを2度走らせ(陣営は1ハロン延びるからとブックで疑問視していた)、そして今度はまだ1ハロン長い2200m。力みすぎだの何だのとは次元が違う話では? いい加減にクラシックディスタンスなど諦めてください>クラブ
馬に適性がない距離をいくら走らせても惨敗するばかりです。父は確かにダービーを勝ったけれど、それ以前に勝った重賞はシンザン記念、アーリントンCの芝1600m、スプリングSの芝1800mですよ。だからこそ距離短縮をずっと願っていたのです。遠征するなら、せめてアーリントンCにしてほしかった。それなら個人的には惨敗しても納得がいった。ここまでずっと距離延長を静観してきましたが、もうやめてほしい。そしてギブソンに本当にふさわしいレースに出走させてください。

騎手コメント:from RaceCourseより
安藤騎手「スタートして馬なりのまま前に行く競馬を想定していたが、進んでいかなくてあれっと思った。ずっと同じような脚色。最後まで止まっていないのだが」

ふむ、馬なりのまま前に行く競馬をしていたように見えたけど、行く気がなかったのですか? だとしたら抑える練習をしすぎたのでは。とにかくこの馬の持ち味が生きなかったことは確か。最後までとまっていないといっても、他の馬がどんどん伸びているなかで後退するのみってことは、距離が長すぎる以外にないのでは? てか、成長力がない? だとすれば、もう終わってます。せめて次は距離短縮を願いたい。

Posted by sachi at 03:07 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 26, 2011

さて、あすはギブソン

印は薄いけど、近走の成績では仕方がない。でも、ひょっとしたらひょっとするかも。まあ勝つまではいかなくても、せっかくの阪神遠征、せめて馬券圏内にはとどまってほしい。騎乗を断られたリスポリ騎手と幸騎手の馬に負けるな〜!(笑 ヴィクトリースターは、おそらく池江調教師の引退の花道を飾るための選択でしょうが) アンカツさん、2着でもいいので、どうか結果を出してやってください。お願いしますm(_ _)m

2/27(日) 阪神9R すみれS(オープン) 3歳 ○混○特指(別定) 芝2200m 9頭 発走:14:25
1 1 ▲     ダノンフェニックス 牡3 56.0 四位洋文 角居勝彦
2 2 ◎   ◎ ヴィクトリースター 牡3 56.0 U.リスポリ 池江泰郎
3 3       ディアヴァンドーム 牡3 56.0 藤田伸二 昆貢
4 4 ○ ◎ ▲ グレープブランデー 牡3 56.0 吉田稔 安田隆行
5 5 △ ▲ △ インナージョイ 牡3 56.0 福永祐一 村山明
6 6   △ ○ ロッカヴェラーノ 牡3 56.0 岩田康誠 中村均
7 7     △ ノーティカルスター 牡3 56.0 浜中俊 音無秀孝
8 8     ☆ ピエナオリオン 牡3 56.0 幸英明 藤沢則雄
8 9   ○   マイネルギブソン 牡3 57.0 安藤勝己 萱野浩二
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 05:31 PM | Category: HORSE | Comments (0)

バスケット頑張った!

初の昇級戦で掲示板確保と思っていたのに、予想外の1番人気。さらに結果も頑張って惜しい2着。この馬、ほんとに強くなっていたんだなぁ。善臣先生もうまく3番手あたりにつけ、途中で息も入ったようだし、勝ち馬には半馬身届かなかったものの、最後までよく追い込みました。よかった〜♪ 次は必勝と行きたいですね(欲張り)

2/26(土) 中山 12R 1000万下 4歳上 ○混□指(定量) 芝1600m 14頭 発走:16:20 天候:晴 馬場:良
2着 5枠 8番 ドリームバスケット 牡4 57.0 柴田善臣 阿部新生 1/2 458(+4) 4.3 1/1人気

Posted by sachi at 05:10 PM | Category: HORSE | Comments (0)

カトラス、またもや……

う〜ん、調教時計は悪くないのに、どうして実戦に結び付かないのだろう。
きょうもスタートダッシュはよかったけど、そのあとじりじりと後退、もまれる競馬が嫌いなのか。最後ももうあまり走る気がないみたいだった。さて、どんなコメントがつくだろうか。

2/26(土) 阪神 9R 千里山特別(1000万下) 4歳上 ○混□指(ハンデ) 芝1600m 13頭 発走:14:25 天候:晴 馬場:良
7着 5枠 7番 ドリームカトラス 牡4 54.0 佐藤哲三 佐々木晶三 クビ 452(+2) 7.4 3/13人気

Posted by sachi at 04:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

カトラス何と2番人気、バスケットは4番人気

朝一のオッズでまだ分かりませんが、カトラス意外と人気してるなぁ。
これでは「穴馬」にならないけど、思い切って勝ってよし!
バスケットは昇級戦でもあり、こんなものでしょう。善臣先生、頼みますよっ!

Posted by sachi at 08:11 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 25, 2011

カトラスもバスケットも外目の枠に

カトラスは、丹下氏のみ◎(笑) 果たして? きっとやってくれるでしょう。だって調教もいいし、好感触です。たまには丹下氏の穴予想も当たる…ですかね?(笑)少なくとも東スポの田沼記者よりは当たると思っています(爆)
バスケットも昇級初戦で厳しいか。中山の芝1600mは圧倒的に内枠有利だけど、まあそんなことは言ってられません。力さえあれば、そこそこのところはいけるはず。バスケットは2〜3戦するとテンションが上がってがたっとだめになるので、復帰戦のここは勝ち切れないまでも、まずは掲示板を目指してもらいましょう。

2/26(土) 阪神9R 千里山特別(1000万下) 4歳上 ○混□指(ハンデ) 芝1600m 13頭 発走:14:25
1 1 △ ◎   エスジーストリーム 牡6 54.0 小林徹弥 藤岡範士
2 2       ウイニングドラゴン 牡5 52.0 国分恭介 小原伊佐美
3 3 ◎   ▲ アンプレシオネ 牝6 53.0 岩田康誠 小野幸治
4 4 ▲ △ ○ マックスドリーム 牡4 55.0 M.デムーロ 宮徹
4 5       フォレストルーラー 牡5 53.0 渡辺薫彦 柴田政見
5 6       キクカラヴリイ 牝7 51.0 酒井学 清水出美
5 7     ◎ ドリームカトラス 牡4 54.0 佐藤哲三 佐々木晶三
6 8 △   △ テーオーティアラ 牝5 52.0 松岡正海 友道康夫
6 9 △ ○ ☆ テーブルスピーチ 牝4 53.0 四位洋文 角居勝彦
7 10       ラムタムタガー 牡5 53.0 浜中俊 坂口正大
7 11     △ マイネルマルシェ 牡4 55.0 U.リスポリ 池上昌弘
8 12 ○ ▲ △ ガンダーラ 牡5 57.0 和田竜二 岩元市三
8 13 △     ファビラスボーイ 牡6 56.0 藤田伸二 松永幹夫

2/26(土) 中山12R 1000万下 4歳上 ○混□指(定量) 芝1600m 14頭 発走:16:20
1 1   ◎ プレンティスピード 牡9 57.0 木幡初広 田島俊明
2 2 △   コスモカンタービレ 牡4 57.0 F.ベリー 松山将樹
3 3     メジロマリアン 牝5 55.0 田中勝春 高木登
3 4 △   ハングリージャック 牡4 57.0 蛯名正義 加藤征弘
4 5     マヤノマヤ 牝5 55.0 津村明秀 武市康男
4 6 ▲   トップキングダム 牡5 57.0 内田博幸 清水英克
5 7 ○   サクラクローバー 牝4 55.0 横山典弘 田島俊明
5 8   ○ ドリームバスケット 牡4 57.0 柴田善臣 阿部新生
6 9 △ ▲ マイネプリンセス 牝5 55.0 柴山雄一 畠山吉宏
6 10 △ △ ショウナンアクロス 牡6 57.0 吉田豊 大久保洋吉
7 11 ◎   ハーティンハート 牡4 57.0 北村宏司 上原博之
7 12     ローレルエルヴェル 牡6 57.0 三浦皇成 小西一男
8 13     クラレットジャグ セ6 57.0 村田一誠 中川公成
8 14     トーセンステルス 牡6 57.0 江田照男 中島敏文
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 07:47 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン入厩馬近況

3歳馬
ギブソンの鞍上がアンカツさんになったのは意外でした。よくイエスと言ってくれましたねぇ。しかし、彼は本気で勝負するときはしますが、だめだと思えば追わない人だったような…… まあ、腕っぷしの強い騎手だから手が合えばいい結果も考えられなくはないけど、実は個人的にはあまり好きな騎手ではありません(ぜいたくは言えませんが、好き嫌いは感情なのでどうにもしようがない) 将来のことも考えれば、できればもう少し若手に頼んでほしかったですね。川田騎手なんかがよかったなぁ。以前はフォーグやアルデュールにも乗ってくれたのに…… ともあれ、萱野先生によると、追い切りが岩部騎手になってから(つまり厩舎で調整するようになってから)折り合いがつくようになった、と。それ見たことか、と言いたいですね。そのためにも、ぜひともいい結果を残してほしい。相手関係を考えると、ここはチャンスかもしれません。頑張れ、ギブソン&アンカツ騎手!

▼マイネルギブソン……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネルギブソンは、27日(日)、阪神9R・すみれS・芝2200mに出走します。今週の追い切りはニューポリトラックで67.8秒をマーク。ほぼ予定どおりの追い切りです。萱野調教師は「先週、ビシッとやって馬はできているので、今週はこの程度で十分と判断。以前は追い切りでかかっていたが、岩部騎手が跨ってから折り合いがつくようになった。前走同様シャドーロールを着けてレースに臨む」と語っていました。道中のペースが落ち着いて、上がりが速い展開になるのはあまり好ましくありません。

Posted by sachi at 07:22 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走のギブソン、カトラス、バスケットと、ガイドが時計を出しています。

マイネルギブソン
2/20 助 手 美南坂 良 - - - 58.4 42.9 28.4 14.6 - 馬ナリ余力
2/23 岩 部 美南P 良 - - - 67.8 52.9 39.2 12.0 8 G前仕掛け
ドリームガイド
2/23 助 手 栗東CW/良 - - - 84.0 67.9 53.6 40.3 13.7 6 強目に追う
 シゲルダイセン(古500万)一杯の内を0.2秒先行5F付0.5秒遅れ
ドリームカトラス
2/23 佐藤哲 栗東坂/良 1 - - - 52.9 38.1 24.6 12.0 一杯に追う
 マルセイユシチー(古500万)馬ナリを0.3秒追走0.2秒先着
ドリームバスケット
2/23 助 手 美南W/良 - - - 83.3 67.0 52.3 38.7 12.8 7 強目に追う

ギブソンはG前仕掛けで終い12.0秒。輸送を考えそんなに強い追い切りではなかったと思うので、こんなものでしょう。少頭数になったので、なんとか巻き返してほしい。問題の鞍上はアンカツに。あまり手が合いそうには思わないのだけれど、幸騎手よりは…… 馬の状態がよさそうなのでそこに期待。
カトラスはいい時計を出しています。あとは馬の走る気しだい。ガンバレ〜
バスケットも前走以来、調教駆けしないのに毎回まずまずの時計を出すようになりました。復帰戦でどんな走りを見せてくれるか楽しみ。

【出走確定】
ドリームカトラス
2/26 (土) 阪神 9R 千里山特別 芝 1600m 佐藤哲三騎手 13頭立 -番 -番 佐藤哲三騎手 14:25発走
ドリームバスケット
2/26 (土) 中山 12R 4歳以上1000万下 芝1600m 柴田善臣騎手 14頭立 -番 -番 柴田善臣騎手 16:20発走
マイネルギブソン
2/27(日)阪神 9R すみれステークス(混) 芝 2200m 安藤勝己騎手 57 9頭立 14:25発走

Posted by sachi at 08:19 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ボンバーは前走の疲れもさほどなく、乗り運動を再開。前走はこの馬なりに頑張って3位を確保したのも事実。優先出走権があるのは、この時期とてもありがたい。まだ成長途上とのことなので、これからレースを使いながら地力をつけていってほしい。といっても、そうのんびりはできませんが、地道に一戦一戦こなしていけば、そのうち順番は回ってくるでしょう。
ガイドは2/17に帰厩後の初時計。速いところは1本目でまだこれからですが、自ら動けているし、反応も上々とのことで、復帰戦を楽しみにしています。元気いっぱいに自らハミを取っていくのは、いかにもラヴ産駒らしい。休養前のダート戦で見せた末脚を発揮できれば、こちらも勝ち上がれると思います。ハヤトのように息の長い競争馬生活を送ってほしい。そのためにはまず1勝を!
チェリーも短期放牧からきのう帰厩しました。馬体もふっくらして飼い食いよく、精神的にも成長が見られるとのことで、復帰戦では大いに期待したい1頭。中山での惜しい2着のあと疲れが出たのか凡走してしまいましたが、力があるのは証明ずみです。東京でも3着があり、復帰戦がどちらになっても、状態さえ整えば勝利は近いはず。素直な女の子でもあり、いまが伸びどきだと思っています。もちろんずば抜けて強い馬というわけではないので相手関係にもよりますが、そろそろ勝ち名乗りをあげてほしい。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2011/02/24
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンに滞在中。前走後、レースに使ったなりの疲労は感じられましたが、歩様等には特に硬さも見受けられず、無事に運動を再開しています。飯田調教師は「レース後の状態は、思った程そこまで疲労は残していない様子でまずは安心しています。前走、上手く流れにも乗れて最後まで良く頑張っていました。まだ成長途上ではある中で、それなりに評価出来る内容ではあったと思います」とコメントしていました。次走について飯田調教師と相談した結果、まだ体も成長途上でありますので、次走に向けてしっかり状態を見極めながら出走を判断して行く事になりました。今週一杯はもう少し楽をさせながら様子を見て行て行く予定です。

ドリームガイド [入厩馬 / 木原一良厩舎] ■2011/02/24
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心にウッドチップコースも取り入れて乗り込まれています。2/23には入厩後初めてとなる速い所をウッドチップコースで消化。併せ馬で6ハロン84.0秒、3ハロン40.3秒、ラスト1ハロン13.7秒の時計を強めに追われてマーク。5ハロンから併せたシゲルダイセン(古500万、一杯)の内を0.2秒先行し0.5秒遅れています。併せた相手は今週の出走予定馬でしたので、最後は少し離されてはしまいましたが、同馬はそこまで強く追っていた訳ではありませんので、逆に1本目としてはまずまずの動きだったと思われます。木原調教師は「まだ速い所は1本目ですが、牧場でもしっかり乗り込んで来た様子で、反応が良く行きっぷりもなかなかの物です。自ら動けていますし態勢が整うまでそれ程時間はかからなそうな印象です。特に気になる所もありませんので、このまま進めて行きたいと思います」とコメントしていました。放牧でリフレッシュされた様子で、自らハミを取って元気一杯で調教に取り組んでいます。今後のどのような動きを見せてくれるか楽しみです。引き続きこのまま乗り込みを進めて行く予定です。現時点で復帰は阪神及び小倉開催3、4週目を視野に入れています。

サマーチェリー [入厩馬 / 高橋祥泰厩舎] ■2011/02/24
--------------------------------------------------------------------------------
2/24にセグチレーシングステーブルから美浦トレセンへ入厩しました。特に問題無く無事に到着しています。高橋調教師は「先週末にも状態を確認して来ましたが、だいぶ体も戻って飼い食いも良いとの事でしたので入厩する事にしました。まずは早速動きを確認して行きたいと思います」とコメントしていました。見た目には体もフックラとし、環境の変化にも何ら動じることなくしっかりしています。精神的にも成長が感じられ良い傾向です。まずは馬場での動きを確認したう上で復帰時期等を検討して行く予定です。

4歳馬
カトラスは期待の復帰戦を迎えます。2連勝のあと昇級の壁にはばまれたのか、それとも気分屋のところが悪いほうにばかり出たのか走りが冴えませんでしたが、今回は状態もかなりよさそうで、馬に走る気が戻っている気がします。というか、そうあってほしい! 佐藤哲三騎手はおそらく積極的にレースを進めて、最後までしっかり追ってくれるでしょう。時計がいいのは好調のあかしと思いたい。頑張ってもう1つ上のクラスを目指せ〜!
バスケットも前走から馬が変わったような。小倉では田辺騎手のうまい手綱さばきもあって勝利をものにしました。これまで松岡騎手では一本調子だったカトラスが小倉で刺激を受け、新しい競馬を覚えたように思う。善臣先生はうまくはまるときと凡走の差が大きいようにも思うものの、やはりベテランの味があります。昇級初戦で1000万の壁はあるかもしれませんが、勝ち切れないまでも掲示板は確保してほしいところ。そして夏までにはぜひとももう1つ勝っておきたいね。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2011/02/24
--------------------------------------------------------------------------------
2/26(土)阪神競馬第9レース、千里山特別、芝1600m、13頭立て、佐藤哲三騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後2時25分です。
2/23には佐藤哲騎手を背に坂路で最終追い切りを消化。併せ馬で4ハロン52.9秒、3ハロン38.1秒、ラスト1ハロン12.0秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたマルセイユシチー(古500万、馬ナリ)を0.3秒追走し0.2秒先着しています。今週は比較的時計の出易い馬場状態ではありましたが、馬体を併せる際にはスッーと楽に反応し、最後追われると重心を低くし回転の速いフットワークで一気に坂路を掛け上がっていました。先週に引き続き毛ヅヤや馬体の張りも良く態勢は整った印象です。佐々木調教師は「念の為ゲート練習も消化しています。駐立では、入りたてに頭を下げたりする場面もありましたが、すぐに落ち着いて対応出来ていましたし、阪神の1600mはスタートしてからある程度距離もありますので、万一出遅れても対応は出来ると思います。状態は今までの中でも良いと思いますので前進を期待しています」とコメントしていました。ご声援ください。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2011/02/24
--------------------------------------------------------------------------------
2/26(土)中山競馬第12レース、4歳以上1000万下、芝1600m、14頭立て、柴田善臣騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後4時20分です。
2/23にはウッドチップコースで最終追い切りを消化。単走で6ハロン83.3秒、3ハロン38.7秒、ラスト1ハロン12.8秒の時計を強めに追われてマークしています。先週消化した分がしっかり身になっている様子で、時計的にはそれ程変わりはありませんが、追い切りでは最後促されると、力強く迫力のあるフットワークを披露。動きは確実に良化している印象です。阿部調教師は「ここまで至って順調に来ています。若干体には余裕もありますが、成長分もありますしこの動きであれば十分にやれると見ています。頑張って欲しいですね」とコメントしていました。ご声援ください。

Posted by sachi at 08:16 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 23, 2011

今週の出走予定馬

土曜日に中山でバスケット、阪神でカトラスが、日曜には阪神でギブソンが出走予定です。しかし、まだギブソンの鞍上が未定とは、ほんとにクラブは何やってんのよ…… 何しろフォーグでは、乗る騎手を確保できず投票すらできなかった前歴があるので心配です。
金曜の近況で、幸騎手とリスポリ騎手に断られたとあったので、幸騎手で愛馬が一度も結果を出したことがないわたしは、「え、じゃあ和田騎手は?」と思ったのですが、今週の阪神のラフィアン馬騎乗ジョッキーに和田騎手の名前がありません。ひょっとしたら和田騎手ともやっちまったか!? それじゃあ、ますます乗り手がいなくなるわな。まあ、わたしとしては川田騎手とか、せめて浜中騎手くらいにはお願いしたいです。

中山競馬場
ドリームバスケット 2月26日 (土) 12R 4歳以上1000万下 柴田善臣騎手 芝1600m
阪神競馬場
ドリームカトラス 2月26日 (土) 9R 千里山特別 芝 佐藤哲三騎手 1600m
マイネルギブソン 2月27日(日) 9R すみれステークス (混) 未定 芝2200m

Posted by sachi at 05:54 PM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道滞在馬近況

ハヤトが引退して、北海道の牧場にいるのもフォーグだけになってしまいました。一応、順調のようですが、この馬は蹄が敏感なので気にするのはいつものこと。骨折が固まるまで半年はかかるでしょうから、復帰は早くて夏かな。また10日競馬で送りだして除外、あるいは鞍上の手配もできずに目標レースに出走できない連続なんてことは、絶対にやめてください。

▼マイネルフォーグ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和で休養中。日中のみの放牧とウォーキングマシンによる運動を続けています。細かった馬体がずいぶんふっくらしてきました。トレセンから到着して間もない頃よりも落ち着きがあり、気持ちにゆとりを持って毎日を過ごせています。脚元を気にするのは敏感になっている蹄が原因。蹄鉄を装着すれば解消するでしょうが、この機会に血液の循環を促進させたい考えもあり、四肢の健康を優先して裸足で管理しています。

Posted by sachi at 01:07 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 22, 2011

セゾン出走結果レポート

ボンバーはスムーズにレースを運んだものの、前走ほどの伸び脚が見られず、前がとまらなかったこともあって3着。佐藤哲騎手によると、まだゆるいところもあるとのこと。レースを使いながらよくなっていってほしいと思います。何よりスタートがばっちりきまったのが収穫でしょうか。勝てなかったけれど悲観するほどの内容でもなかったので、まあよしとしましょう。次走に期待です。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2011/02/21
--------------------------------------------------------------------------------
2/19(土)京都競馬第3レース、3歳未勝利、ダート1800m、12頭立て、4枠4番、佐藤哲三騎手騎乗で出走し、3着でした。
まずまずのスタートを決めると鞍上が軽く出して行き、2、3番手の内に付けるとそのまま1、2コーナーを回り向正面へ。道中は緩やかな流れとはなりましたが特に折り合いを欠く事は無く、ハナを行くサワノボンバーを前に見る形の最内3番手辺りで3コーナーへと向かいます。その後1000mの通過は66.4秒と引き続きスローな展開。すると各馬3コーナー付近より徐々に動き始め馬群が詰まってきます。同馬も追い出すタイミングを計りながら、そのまま最内3、4番手で4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると、この馬なりに反応して脚を伸ばします。切れる脚ではなかったもののジリジリと伸びて前を追いますが、前を行く勝ち馬等も止まりませんでした。結局勝ち馬から0.4秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から−4kgの464kgでした。騎乗した佐藤騎手は「スタートも決まって無理なくレースを運べました。ダート2戦目ですが内容は悪くないと思います。でもまだ幼さも残しておりゆるい部分もありますので、これから良くなってくると思います」とコメント。飯田調教師は「スタートも悪くなくロスの無い競馬は出来たのですが、人気馬に道中はずっとマークされていたのでその分最後は足らなかったのかも知れません。何とか決めたかったのですが申し訳ありません」と悔しそうにコメントしていました。今後については厩舎に戻って様子を見てから検討して行きます。

なお、今週の出走予定馬として、バスケットもHPに出ました。

2/26 (土) 中山 12R 4歳以上1000万下 芝 1600m

しかし騎手の名前がないところを見ると、まだ決定したわけではないよう。
これまでの経験では、出走するときには阿部先生が鞍上もアナウンスしてくれるのが常だったので、水曜まで待たないと断定は出来ませんが、1週見送る公算が大かな。

**セゾンのことではないんですが、ラフィアンのオーナーとしての順位がついに6位に転落しました。これまでは何とか総帥時代の遺産で古馬が重賞を勝ったりしていましたが、活躍していた古馬陣がすでに引退あるいはあと何走かという段階にさしかかり、5歳4歳の層も薄い今年からは、ますます厳しい。いい加減に運営方法を改めてくれないと、走る馬も走らない状態が一段と悪化します。頭数が多いので最終的には4位は確保できるのではと思うものの、7位のトウセンや8位のメイショウとも現在僅差で、下手すれば抜かれかねません。3歳の成績もイサベル以外ぱっとしないのに、いまだトップに危機感がないのか、それとも本当に選馬眼も運営能力もないのか…… まだ出資馬がいるので何とかファンドとしてもう少しまともな運用をしてほしいのですが。

Posted by sachi at 07:37 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 20, 2011

カトラスも千里山特別に登録

こちらはハンデ戦で、たぶん出られるんじゃないでしょうか。鞍上は佐藤哲騎手。すでに先週からアナウンスがありました(それが普通でしょ)。かたやギブソンは、2週間前から目標を切り替えているのに、いまだ鞍上が決っていないなんて、どんだけ不手際なのよ。毎度毎度のことで驚きはしませんが(まあ、予想通り)、事務所はプロとしてやる気あるの?

2月26日(土) 1回阪神1日 千里山特別 第1回特別登録 20頭
サラ系4歳以上 (混合)[指定]4歳以上1000万円以下 ハンデ 1600m 芝・右 外
アンプレシオネ
ウイニングドラゴン
エスジーストリーム
オオトリオウジャ
ガンダーラ
キクカラヴリイ
キャニオンブラウン
キョウジ
テーオーティアラ
テーブルスピーチ
トップゾーン
ドリームカトラス
ハングリージャック
パープルタイヨー
ファビラスボーイ
フォレストルーラー
マイネルマルシェ
マックスドリーム
メジロマリアン
ラムタムタガー

なお、もしかしたら2/26(土)の中山12R芝1600mにバスケットも出走するかもしれません。愛馬が続々と厩舎に戻ってきて、いよいよ春競馬!な気分です(^o^) 

Posted by sachi at 07:24 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ギブソン、すみれSに登録

ざっとメンバーを見ると、1勝馬が大半でかなり手薄なメンバーのよう。
ベルシャザールは出るのでしょうか。中一週になるので、たぶん出ない?
いずれにしろギブソンについては、距離だ遠征だという不安要因はあっても、ここで惨敗するようでは、とうてい先の見込みはありません。少頭数になるであろう利点を活かして、何が何でも勝ってもらいましょう!
それにしても、みな良血に加えていい騎手が乗っています。ギブソンに関するクラブ最大の失策は、デビュー戦から丹内騎手で(何人もに断られたのはなぜよ。ラフィアンの手配が遅すぎるか、それとも総スカンを食らっているか、2つに1つでしょう)、さらにコスモス賞も丹内騎手。本来はここでしかるべき騎手に依頼すべきだったのですが、まあ百歩ゆずってそこまでは許容範囲だとしても、東スポ杯でさらにまた騎手の手配ができず(それともせず?)並み居る一流ジョッキーにまじって、唯一リーディング50位程度のジョッキー騎乗という、まるで罰ゲームになってしまったこと。つまり、どの上位騎手もすでに他の馬に先約があり、数少ない選択肢から1週前やそこらで声をかけてみたところで(ましてや今のラフィアンでは)たまたまたあいている外国人ジョッキーをのぞいて、いまやだれも乗ってくれない事態になっています\(*`∧´)/(怒) 馬も可哀想なら、出資者にとっての不利益もはなはだしい。ま、馬に罪はないので、出走となれば力いっぱい応援しますけどね。

2月27日(日) 1回阪神2日 すみれステークス 第1回特別登録 15頭
サラ系3歳 (混合)(特指)オープン 別定 2200m 芝・右
インナージョイ 56.0
ヴィクトリースター 56.0
キャニオンシンザン 56.0
グレープブランデー 56.0
ゲティスバーグ 56.0
サトノタイガー 56.0
スマートロビン 56.0
ダノンフェニックス 56.0
ディアヴァンドーム 56.0
トーセンレーヴ 56.0
ノーティカルスター 56.0
ピエナオリオン 56.0
ベルシャザール 57.0
マイネルギブソン 57.0
ロッカヴェラーノ 56.0

Posted by sachi at 06:10 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 19, 2011

ボンバー、3着は確保

しかしどうもぴりっとしないレースでした。

2/19(土) 京都3R 未勝利 3歳 □指(馬齢) ダ1800m 12頭 発走:10:55 天候:晴 馬場:重
3着 4枠 4番 ドリームボンバー 牡3 56.0 佐藤哲三 飯田雄三 2.1/2 464(-4) 4.3 2/12人気

前走と違ってスタートはよく、行き足をつけて前目につけ、追走は無理をせず内々を回って直線に向かうも、エンジンのかかりが遅かった。内でなかなか出られなかったのもあったかもしれませんが、伸び脚は前走ほどではなかった。パドックではバランスのよい馬体で、GCの解説者も言っていたように本当に柔らかい歩様でしたが、気合いの乗りがいまひとつだったかも。騎手と厩舎のコメントを待ちたい。

Posted by sachi at 01:11 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ボンバー、頑張れ!

現在、インペリアルピサに続いて2番人気。スムーズに回れて末脚が活きればいけそう。
勝ち上がってほしいなぁ。最低限3着以内で、よろしくお願いします>佐藤哲三騎手

2/19(土) 京都 3R 未勝利 3歳 □指(馬齢) ダ1800m 12頭 発走:10:55
1 1     ハードピーニャ 牡3 55.0 ☆国分恭介 西橋豊治
2 2 △ ▲ マイネルブレス 牡3 56.0 丹内祐次 松山将樹
3 3 ◎ ○ インペリアルピサ 牡3 56.0 川田将雅 安達昭夫
4 4 ○ ◎ ドリームボンバー 牡3 56.0 佐藤哲三 飯田雄三
5 5 △   サワノボンバー 牡3 53.0 ▲川須栄彦 松元茂樹
5 6     コスモキズナ 牡3 56.0 和田竜二 田村康仁
6 7 △ △ オーミリバティー 牡3 56.0 小坂忠士 鈴木孝志
6 8 ▲   サウンドバスター 牡3 56.0 福永祐一 佐藤正雄
7 9     サンライズスター 牡3 54.0 △高倉稜 羽月友彦
7 10     フライハイエスト 牡3 56.0 川島信二 高橋義博
8 11     ホクザンヴィリル 牡3 56.0 野元昭嘉 野元昭
8 12     プレナス 牡3 56.0 酒井学 藤沢則雄
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 07:50 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 18, 2011

ラフィアン入厩馬近況

ギブソンは前さばきもスムーズになり、いい時計を出しましたね。それを見たときはひょっとして?と一瞬、期待が膨らんだのですが、きょうの近況でまた一気にしぼみました。幸騎手とリスポリ騎手に依頼するも断られ、他のジョッキーにあたっているですと? そんなもの、2週間前にすみれSと宣言しているのだから、騎手の手配もそのときにするのが当たり前では。いや、もっと言えば騎手を手当してから出走を決めるのが普通じゃないですか。アナウンスとはそういうものでしょう。
まったくもう、ほんとにラフィアン事務所の無能ぶりには腹立たしさを通り越して呆れ果てる。あちこちの掲示板は、丹内騎手の京都での乗鞍の多さで騒がしいですが、それは今に始まったことではありません。わたしもかつて、アルビオンで、わざわざ京都まで遠征して(あるいはルーチェやアルデュールで、新潟まで遠征して)この勝負どころでなんで津村騎手なんよと、何度思ったことか。しかし今にして思えば、この半年1年よりはまだましだった。ギブソンは函館のデビュー戦から札幌、そして東京で、しかも重賞で、なんで丹内騎手なんよと怒り心頭でした。まったくもって情けなや。「厩舎や騎手とのつながりを密接にするために近況更新などのサービスを減らす」が、聞いて呆れます。きっと、いまはもはやそんなことを言ったのさえ覚えていないのでしょう。

▼マイネルギブソン……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネルギブソンは、美浦で調整中。坂路とニューポリトラックを中心に乗り込まれています。前走の硬さが取れ、前さばきがすっかり滑らかになりました。2頭併せの内を進んだ追い切りの動きも上々。跨がった岩部騎手は「反応が凄かった。能力がある。一息入れた影響はないですね」と声を弾ませていました。27日(日)の阪神のすみれS・芝2200mに出走する予定。幸騎手とリスポリ騎手に声をかけましたが、それぞれに断られ、他のジョッキーにあたっています。

Posted by sachi at 11:05 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

来週に出走をひかえたギブソンと、今週出走のボンバー、同じく来週出走予定のカトラス、来週か再来週出走予定のバスケットと、4頭が時計を出しています。

マイネルギブソン
2/16 岩 部 美南P 良 - - - 65.7 50.6 36.5 11.9 7 一杯に追う
 レオアドミラル(古500万)一杯の内を0.4秒追走4F併同入
ドリームボンバー
2/16 助 手 栗東坂/重 1 - - - 56.0 41.0 26.8 13.0 一杯に追う
ドリームカトラス
2/17 佐藤哲 栗東坂/稍 1 - - - 52.6 37.9 24.6 12.5 馬ナリ余力
ドリームバスケット
2/16 助 手 美南W/稍 - - - 83.6 68.7 53.0 38.1 12.7 6 一杯に追う

ギブソンは厩舎での調整がうまくいっているのか、なかなかの時計を出しています。これまで北海道からの10日競馬が多くて厩舎の腕を発揮しようがなかったのですが、今回は試金石。ただ、距離が2200mというのがどうでしょうか。ちと長いと思うんですが…… フォーグと同じく末が切れているのも、どうしても同じタイプと思えてしまう。
ボンバーは時計こそ平凡ながら、この日は重馬場。それを考えればまずまずでしょう。相手が弱メンになったようで、ここで勝たなければいつ勝てる?という状況。頑張って勝利をつかんでほしい。
カトラスも馬なりでこの時計なので、かなり期待が高まってきました。気分次第のところがあるので油断はできないものの、今回はやれそうに思う。
バスケットも、調教では走らない馬にしてはなかなかよさそう。カトラスともども休養の効果が出て、ひとまわり地力が強化されたことを願います。

【出走確定】
2月19日 (土)
ドリームボンバー 京都3R 3歳未勝利 ダート 1800m 12頭立 佐藤哲三騎手 12頭立 4枠 4番 10:55発走

Posted by sachi at 03:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ボンバーは明日、京都で出走です。追い切りの時計は重だったこともあり目立ちませんが、状態はよいよう。前走のような末脚を見せられれば、今回はチャンスでしょう。育成当初、仕上がりは早いようにも見受けられたのですが、いざとなるとそこはダンス産駒。体質的に弱いところもあって、ここまでやっときましたが、何とか勝ち上がってほしい。鞍上強化も期待できます。頑張れボンバー&佐藤哲騎手!
ガイドは無事、セグチから栗東に到着したよう。牧場では行きっぷりもよく、長距離輸送のあとも、馬体はふっくらして状態はよいとのこと。今日から早速、乗り込み開始です。ボンバー同様、ここらで勝ち上がっておきたいところ。この馬もダートでの末脚爆発に期待します。順調に調整されて、復帰戦を迎えられますように。3歳馬は去年の夏にギブソンがさくっと新馬勝ちして以来、どの馬もあと一歩のところで勝つまでに至っていません。ボンバー、ガイド、チェリーは、これからが勝負。ぜひとも全頭勝ち上がってほしい!

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2011/02/17
--------------------------------------------------------------------------------
2/19(土)京都競馬第3レース、3歳未勝利、ダート1800m、12頭立て、佐藤哲三騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午前10時55分です。
2/16には坂路で最終追い切りを消化。単走で4ハロン56.0秒、3ハロン41.0秒、ラスト1ハロン13.0秒の時計を一杯に追われてマークしています。この日はあいにく馬場状態が悪く、全体的に1、2秒は普段より時計が掛かっている事を考慮すると時計的にも悪くありません。飯田調教師は「前走後もこれといって気になる所も無く順調に調整が出来ました。追い切りではテンにゆったりと入って終いしっかり気合いを付けて追う内容でしたが、反応も良く力は出せる出来にはあると思います。金曜日には佐藤騎手に跨ってもらい感触も掴んでもらいます。頑張って欲しいですね」とコメントしていました。ご声援ください。

ドリームガイド [入厩馬 / 木原一良厩舎] ■2011/02/17
--------------------------------------------------------------------------------
2/17にセグチレーシングステーブルから栗東トレセンへ入厩しました。長距離輸送となりましたが、特に問題無く無事に到着しています。木原調教師は「体も幾らかフックラとして、無事に到着しています。早速明日から騎乗を進めて行きたいと思います」とコメントしていました。牧場では騎乗者の指示には従いながらも、行きっぷりは良く、なかなかの動きを披露していましたので今後どのような動きを見せてくれるか楽しみです。

4歳馬
カトラスは坂路でなかなかの時計を出しています。古馬1000万を追走してアタマ先着とはいい感じ。こちらも来週、佐藤哲騎手で出走予定なので、順調に復帰戦を迎えられるよう願います。この馬は能力はありながら、気分が向かないと凡走するむずかしい馬ですが、リフレッシュしたあとはがらり一変する可能性あり。今回も期待が高まります。来週の阪神が楽しみ♪
バスケットも順調に調整中。今週の時計は、休養前2勝目をあげたときと同様、
いつも調教駆けしないこの馬にしてはよいようです。ひょっとしたらこの前のレースから、馬が変わったかもしれません。馬体にはまだ余裕があるようですが、あと2本追えば状態は整うはずとのこと。中山での復帰が待たれます。阿部厩舎は調整はうまいので、復帰初戦からある程度期待できます。鞍上もラフィアンと違ってそこそこの騎手を手配してくれるし、リフレッシュしてまた力のあるところを見せてくれるでしょう。カトラスともども、夏までにもう1つ勝っておきたいところです。頑張れ〜!

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2011/02/17
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間も順調に調整が進んでおり、精神的にも落ち着いている様子で良い雰囲気です。2/17には佐藤騎手を背に坂路で1週前追い切りを消化。併せ馬で4ハロン52.6秒、3ハロン37.9秒、ラスト1ハロン12.5秒の時計を馬ナリでマークし、併せたヒシコモンズ(古1000万、馬ナリ)を0.5秒追走しアタマ先着しています。佐々木調教師は「引き続き動き気配ともに良好で、今回全体的な時計も優秀ですが上がり2ハロンでは24.6秒と、これが今の馬場状態等を考慮すると良い時計だと思います。見た目もパンとしていますし状態は高いレベルにあると思いますよ」と目を細めてコメントしていました。次走については予定通り来週の出走を目標に進めて行く予定。少しレース間隔も空いている事もありますので、来週にはゲートの確認も行って行きます。2/26阪神競馬、千里山特別、芝1600m、佐藤哲三騎手騎乗で出走を予定しています。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2011/02/17
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコース中心に乗り込まれています。中間は気が良い同馬の気性に配慮し、テンションが上がり過ぎない様軽めの調整で様子を見ていました。しかし精神的にも落ち着いていた事から2/16にはウッドチップコースで追い切りを消化しています。単走で6ハロン83.6秒、3ハロン38.0、ラスト1ハロン12.7秒の時計を一杯に追われてマークしています。阿部調教師は「まだ若干余裕がある体付きですが、先週に比べるとこの馬なりに良くなって来ていますし、週末、来週と追えば態勢は整うと見ています」とコメントしていました。次走について阿部調教師と相談した結果、来週から開催の中山競馬、芝1600mもしくはその翌週の中山競馬、富里特別、芝1800mを目標に進めて行く事になりました。

Posted by sachi at 02:29 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 17, 2011

ハヤト、突然の引退

ああ、とうとう…… 近況の臨時更新の知らせを見て、悪い事態かと恐れながら、もしかしたら入厩かも?とかすかな期待を胸に移動情報を見ましたが、ありません。改めて近況を見ると、繋靭帯炎が悪化して引退。まあ、急死やけがでなくてよかった。ハヤトは本当に長いこと頑張ってくれました。ありがとう。そしてハヤトに3つも勝たせてくれた小西厩舎と田辺騎手にも、心からお礼を言いたいです。転厩などしなければ、引き続きダートでそこそこ走れていたかもしれないのにと、やはり思ってしまう。これで出資馬最後のラヴ産駒、いや、ラフィアンでのラヴ産駒。セゾンにはまだドリームガイドがいます。今年はサクセスストレインのラヴ牡馬が誕生しているはず。2年後に募集にかけてくれないだろうか。それまでラフィアンにいたらだけれど(苦笑)
ともあれ、ラヴはいい種牡馬なのに、BRFではなかなか種付けもしてくれず、あの感涙もののBRFブログにもめったに登場させてくれません。ラヴはセレクトと並んで、「マイネル」の冠号で古馬GIを勝った種牡馬。どういうことでしょうか。もっと大事に、永久に大事にしてほしい。ハヤトはそのラヴの面影が濃く、成績は凡庸と言えば凡庸でしたが、彼なりにとっても頑張った。長いあいだお疲れさまでした。いい第2の馬生があるといいのですが、これから先はもう追求しないことにしよう。

▼マイネルハヤト……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:畠山重則
マイネルハヤトは、真歌トレーニングパークで調整を進めていましたが、左前肢の繋靱帯の状態が悪化してきました。回復にかかる時間、年齢、再発のリスク等を考慮し、残念ながら引退が決定しました。ここまで47戦に出走しています。本当によく頑張ってくれました。長い間ご声援ありがとうございました。

Posted by sachi at 08:14 PM | Category: HORSE | Comments (2)

February 16, 2011

セゾン外厩馬近況

3歳馬
ガイドは順調に調整中。けづやもよくなり馬体にはりが出てきたということで、復帰戦ではまた怒涛の追い込みを見せてほしいもの。「状態は絶好調」とは頼もしいかぎりです。きょう栗東に向けて出発する予定とのことですが、輸送はかなりの距離、雪の影響を受けないよう願います。そういえばこのところ、セゾンは関西馬でもセグチレーシングステーブルをよく使います。カトラスもそうでしたが、セグチのあとは馬が調子がよい。2歳馬でさえ北海道からセグチに送るケースが増えていて、ちょっと驚き。山口・愛知両ステーブルの育成が思ったほど結果を出していないので方向転換ということなのでしょうか。セグチは信頼のおける外厩なので、ガイドのコメントを信じて復帰戦を待ちたいと思います。
チェリーもセグチで順調に調整中。馬体も回復してきたようで、こちらはまだ復活の兆しといったところですが、もう少し乗り込んでいけば、さらに状態は上向きそう。ガイドとともに、あと一歩のところで勝ちを逃している馬なので、復帰戦が待たれます。チェリーもその名の通り、桜の咲くころには順調に仕上がって、今度こそ勝ち名乗りをあげてほしい。早く勝ち上がってくれると安心できます。

ドリームガイド [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/02/15
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース1本ダクにて消化後、同コースでハッキング1本、キャンターにて3〜4本ハロン20秒程度のペースで運動しています。併せて週に2本600m坂路キャンターでハロン16秒程度のメニューも取り入れています。ここに来て毛ヅヤも良く、順調に馬体も回復し、特にトモの厚みが増して体にもハリが出て来ています。それに伴って調教での動きも、推進力を感じさせる動きで行きっぷりにも力強さが感じられ状態は良さそうです。担当スタッフは「状態は絶好調ですね。次は良い結果を出してくれるのではないかと今から期待しています」と笑顔でコメントしていました。木原調教師に状態を報告した所、今週に入厩する予定となりました。今後は軽めの運動で輸送に備え、明日栗東トレセンへ向けて出発する予定です。現在の馬体重は469kgです。

サマーチェリー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/02/15
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース1本ダクにて消化後、同コースでハッキング1本、キャンターにて2〜3本ハロン23秒程度のペースで運動しています。飼い食いも徐々に戻り、それに伴って毛ヅヤも良くなって来ており、ここに来て復調の兆しが感じられる様になって来ました。中間に訪場した高橋調教師も、軌道に乗ってこれから良くなって来そうとの感触も得ていただいた様子。担当スタッフは「先週辺りから状態が良くなって来ました。まだ少し覇気に欠ける部分はありますが時間の問題で良くなってくると思いますよ」とコメントしていました。今後は状態を見ながら坂路でのスピード調教も取り入れて行く予定。現時点で入厩まではあと2週間程度と見ています。現在の馬体重は458kgです。

4歳馬
ベニングは宇治田原で調整中。こちらは復帰しては短期放牧の繰り返しで、フォーグもそうでしたがこの厩舎はほとんど外厩まかせ。ラフィアンではすぐ鉾田に送るせいだと思っていましたが、セゾンでも同じようです(ただし近場ですが)。フォーグの場合、一年目はレース選択に鋭いところがあり、連闘で関東遠征をさせて重賞2着したりと評価できる厩舎だったのですが、それもいまや昔。ま、ベニングの場合は、脚元の弱さもあるので仕方がない部分もありますが、地方交流戦もお好きなようで、馬の能力を本当に見極めているのか疑問。きっと宮師にとってはどうでもいい馬なのでしょう。しかしフォーグにしても、厩舎を代表するような馬なのにいまや同じような扱い。とにかく、自ら面倒をみたがらない厩舎は、わたし的にはペケですね。ベニングの今後にもあまり明るい見通しはもてないものの、この馬に関してはかなり重い骨折を克服してデビューし、中央で1勝できたことだけでも感謝すべきなのかもしれません。

サマーベニング [外厩馬 / 宇治田原・優駿ステーブル] ■2011/02/15
--------------------------------------------------------------------------------
宇治田原・優駿ステーブルで調整中。現在は600mダートトラックコース1本ダクにて体をほぐした後、同コースを4本キャンターにてハロン20秒程度のペースで消化し、その後は800m坂路1本キャンターにてハロン18秒程度のペースで乗り込まれています。レース後の疲労もそれ程感じられない事から中間より騎乗を再開しています。動きは引き続きこの馬なりに良い状態をキープしており、手応え良く坂路を駆け上がっています。担当スタッフは「レース後という事もあり、乗り始めには若干身のこなしに硬さも感じられましたが、ここに来て体もほぐれ良化している様子で元気一杯です」と笑顔でコメントしていました。今後も引き続きこのまま乗り込みを進め入厩に向け備えて行く予定です。現在の馬体重は468kgです。

Posted by sachi at 04:44 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 15, 2011

今週の出走予定馬

ボンバーが京都のダート1800mで出走を予定しています。
鞍上強化のここは、ぜひとも勝ち上がりたいところです。少なくとも再度掲示板は確保してほしい。

ドリームボンバー
2/19 (土) 京都 3R 3歳未勝利 ダート 1800m 佐藤哲三騎手

*ボンバーとは無関係ですが、同じ世代のギブソンが出走予定だった共同通信杯は、ホープフルS2着のナカヤマナイトが制覇。ホープフル1着だったベルシャザールが4着と、牡馬クラシックの有力馬は混沌としています。この日曜には、ギブソンと同じく共同通信杯をやめてつばき賞に回った総帥の期待馬プレイが、勝ちきれず2着。ギブソンも、重賞ではなく堅実に??すみれ賞(OP)を目標に切り替えたものの、京都遠征に加えて距離の不安もある。プレイは相手なりにしか?走れない馬らしいのが判明し、むしろ共同通信杯で2着狙いのほうがよかったのではと思えるふしもあります。ギブソンも京成杯かホープフルSかどちらかにしておいて、共同通信杯に回っていたら、と思う(もちろん、競馬に「たら・れば」はありませんが、馬場も「良」発表ながら少しは渋っていたと思われ、ギブソンに向いていたのではなかったか)。ま、でも、クラブが目指している?ようなダービーへの道は、賞金額1200万のギブソンではかなり厳しくなりました。これからもまだ3歳オープンや重賞が続くなか、賞金を加算しないとクラシック出走は難しそうだと、重賞ではなくオープン特別戦に目標を切り替えたのはプレイと同じか。でも、そうそううまくはいかないのも、たぶん同じでしょう。別にクラシックでなくてもいいじゃない、もっと馬の能力と適性を考えてみたら?と思うのですけれどねぇ。加えて、やはり何といっても騎手は大事。その点も、ギブソンにはとうてい有利に働きそうもなく……

Posted by sachi at 07:37 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 11, 2011

ラフィアン入厩馬近況

ギブソンは次走すみれSに向けて調整中。とは言うものの、やはり前走後に疲れが出て歩行がぎこちなくなっていたというコメント。ホープフルSから京成杯がこたえたのか…… というか、やはり既定路線を歩ませたいクラブがあくまでクラシック・ディスタンスを走らせようとするので、よけいに疲労が蓄積するように思われてならない。新馬戦からコスモス賞はよいとしても、札幌2歳Sでも東スポ杯でも、鞍上が鞍上だっただけにギブソンは競馬を覚えられず、そのあと鉾田でも走る馬を調子に乗って走らせすぎて本番で実力を発揮できなかったばかりか、首を使わずに走るへんな癖までついてしまった。今度は厩舎での調整だから、その点は信頼しているものの、距離がさらに1ハロン延びるのが、どうにもなあ…… もちろんまだ若い馬なので、本当の適性など分かりませんが、阪神遠征となると、また騎手がだれなるのかも不安要因です。クラストス騎手で出遅れながらもそこそこの末脚を見せたのだから(といっても全体では3番目にすぎない)、やはりヤネも非常に重要。関西なら丹内騎手にはならないでしょうが、またテン乗りなのだろうか? 目標を公言しながら、いつも騎手のアナウンスがない、つまり手配が後手、後手に回るラフィアンですから、出走を待つわくわく感も味わえない。そこのところがなぜ分からないのだろう。それとも、本当にことごとく有力騎手に嫌われて断られてばかりなのか。いいかげんにプロとして、結果を出せていない要素を切り捨てるなり改めなるして、しかるべき有能な人材を雇い入れ、厩舎との連携や調整、レース選択をうまくやるべきなのではないでしょうかね。もう、こんなことも言い飽きたのですが。

▼マイネルギブソン……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネルギブソンは、美浦で調整中。坂路2本のメニューを主体に乗り込まれています。毎日のマイクロレーダーによる腰回りのケアは欠かせませんが、ぎこちなかった歩様がすっかり回復。27日(日)の阪神、すみれS・芝2200mに向けて、木曜日にニューポリトラックで追い切りを行いました。ラスト1ハロンでは良い動きを見せており、来週にはもっと強い負荷をかけてレースへ備えます。萱野師は「まずまずの動き。これからピッチを上げていきたい」と話していました。

Posted by sachi at 06:40 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ボンバーは前走の疲れもとれ、元気に調整している様子。体質がだいぶ強くなってきたとのことで、晩生なダンスインザダーク産駒もここにきて変わってきたと思われます。ダート変わりでがらりと違う走りを見せたので、この調子で競馬を覚え、ぜひとも勝ち上がってほしいですね。次走は来週、京都の同じくダート1800m。一つ叩いての上積みを期待したい。鞍上強化も明らかだし、先生もここは勝負どころと見てくれているのでしょう。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] 所属馬情報戦 績所属馬レポート調教時計フォトギャラリームービー ■2011/02/10
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。先週末辺りまでは、念の為大事を取って軽い運動のみで様子を見ていましたが、レースに使った反動も無く同馬自身は元気一杯です。飯田調教師は「以前に比べて成長し体質も強くなって来た印象です。馬体のハリも良く調子も良さそうですので来週の出走で検討して行きたいと思います」とコメントしていました。状態を見る限りではこの馬なりに前走を使った事でシャキッとしてきている印象で状態は良さそうです。次走については2/19京都競馬、ダート1800mに出走を予定。佐藤哲三騎手に騎乗依頼しています。

4歳馬
カトラスは帰厩早々、なかなかいいコメントをもらっていますね。古馬500万下を「先行」して同入だったのでたいしたことはないと思っていたのですが、相手は叩き一杯でカトラスは馬なり、かなりの好感触だったようです。勝ち上がったときも、放牧で一変、2連勝してくれたので、この馬は春になってからが体調がよいのかもしれません。佐々木先生も「見た目にも成長が感じられ」ると楽しみにしているようで、こちらも見違えるような活躍を期待してしまいます。目標は再来週の京都、芝1600m。鞍上はボンバーと同じく佐藤哲三騎手です。
バスケットも厩舎に戻ってから順調。今週から追い切りを始めました。まだ少し馬体に余裕はあるようですが、この馬も成長がうかがえるとのこと。復帰戦の目標は中山第1週の芝1600m〜1800mとのことで、東京よりも中山のほうが合っていそうなバスケットのことを考えてのことでしょう。カトラス同様、1000万クラスでどうかという点はあるものの、前走のような走りができれば結果はついてくるはず。いつもリフレッシュしたあとの走りのほうがよい馬なので、次走も期待しています。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] 所属馬情報戦 績所属馬レポート調教時計フォトギャラリームービー ■2011/02/10
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。先週末には予定通りハロン15秒程度でのペースで動きを確認されています。牧場で乗り込みをしっかり進めて来ましたので、フットワークは力強く、息遣いも何ら問題無い事から、2/9には坂路で追い切りを消化。併せ馬で4ハロン54.8秒、3ハロン39.7秒、ラスト1ハロン12.8秒の時計を馬ナリでマーク。併せたタコ(古500万、叩一杯)を0.8秒先行し同入しています。佐々木調教師は「帰厩時には見た目にも成長が感じられ、どのような動きを見せてくれるか楽しみにしていたのですが、期待通りの動きを披露してくれています。併せた相手は調教でも動く馬ではありますが、それを物ともせず迫力のフットワークで走れていました。動きを見る限りでは、あと2、3本追えば態勢は整うと見ていますのでこのまま進めて行きたいと思います」と笑顔でコメントしていました。心身共に成長し、特に腰やトモには筋肉がしっかりと付いて逞しくも見せている。京都でレコード勝ちした時と同等の状態にはあるのではないか。とのコメントも受けています。次走について佐々木調教師と相談した結果、2/26阪神競馬、千里山特別、芝1600mを目標に進めて行く事になりました。佐藤哲三騎手に騎乗依頼しています。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2011/02/10
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコース中心に乗り込まれています。中間も順調に乗り込まれており、今週からペースアップされています。2/10にはウッドチップコースで追い切りを消化。単走で5ハロン73.3秒、3ハロン41.1秒、ラスト1ハロン13.1秒の時計を馬ナリでマークしています。阿部調教師は「体もこの馬なりに成長しており動きは休養明けの分まだ少し余裕はありますが、乗り込みを進めて行けば解消するレベルで問題ありません。今後は状態次第ですが中山1、2週目を目標にしています」とコメントしていました。今後は徐々にペースを上げて態勢を整えて行きます。次走については中山競馬1、2週目、芝1600〜1800mを視野に入れています。

Posted by sachi at 10:01 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 10, 2011

今週の調教時計

共同通信杯の出走を取りやめ目標をすみれSに先送りしたギブソンと、帰厩したばかりのカトラス、バスケットが時計を出しています。

マイネルギブソン
2/10 岩 部 美南P 良 - - - 69.8 54.8 40.6 12.7 4 馬ナリ余力
ドリームカトラス
2/6 助 手 栗東坂/良 1 - - - 62.7 − 30.4 14.9 馬ナリ余力
2/9 助 手 栗東坂/良 1 - - - 54.8 39.7 25.9 12.8 馬ナリ余力
 タコ(古500万)叩一杯を0.8秒先行同入
ドリームバスケット
2/10 助 手 美南W/稍 - - - 73.3 56.7 41.1 13.1 7  馬ナリ余力

ギブソンは懐かしい騎手が調教をつけています。岩部騎手はかつての愛馬マイネラベンダー(萱野厩舎)が新馬勝ちしたときの鞍上。2002年の彼の代表馬がラベンダーになっているんですね。その後、ラベンダーは新潟2歳S、サフラン賞(優勝)、京王杯2歳S、阪神ジュベナイルFと、2歳牝馬の王道を進みましたが、その次のフィリーズレビュー6着が重賞での成績は最高だったかな。1000万下でもまた3度ばかり岩部騎手の手綱でしたが、燃え付きてしまったようで、繁殖にも上がれず、行く末を心配しました。スタコジ産駒で典型的な早熟だったのかも。それはともかく、ギブソンが共同通信杯を見送ったのは残念ですが、体調が整わないなら仕方がありません。ひょっとしたら、この予定は厩舎で調整する口実だったかも?なんて穿った見方さえしてしまいます(苦笑) ともあれ、次走は阪神のすみれSというのは、さらにまた1ハロン距離が延びる。むしろどうせ阪神に行くなら、距離短縮して同じ週のアーリントンCにして欲しかった気がするのだけれど……
カトラスとバスケットは帰厩したばかりなので馬なり余力。これから暖かくなるにつれて、状態が上向いてほしいもの。とくにカトラスは、レコード勝ちのときの調子を取り戻して夏までにもういっちょお願いしますよ。バスケットも前走では新境地を開いて差しの競馬ができたのだから、その調子で!

Posted by sachi at 04:49 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 08, 2011

ラフィアン北海道滞在馬近況

7歳馬
BRFにいる馬2頭の更新。2週間ぶりですが、あまり変化はありません。ハヤトの繋靭帯も気掛かりですが、気持ちは上向きになってきたようで、元気が有り余り、掛かり気味に行くようになってきたのは、よい傾向だと解釈しておきます。しかし休養に入る前、障害戦でも前にいけなくなっていたのが、競馬に対する嫌悪からなのか、障害戦がいやなのか、はっきりしない。できればダートで走ってほしいけれど、それはもう無理なんでしょうかね。障害戦はリスクが大きいだけに、復帰できてもあまり喜べないというのが実情。しかし、前向きになってきたなら、カーロのように慣れていい障害馬になれるかもしれません。そこにかけるしかないのでしょう。また競馬場で再会したいものです。
フォーグはまたしても休養中ですが、元気よく歩き回っているらしい。せっかく重賞で3着して、これからというときの骨折が本当に残念。しかしあせってみてもどうにもならず、気長にまつしかありません。最近は高齢馬の活躍も珍しくないので、なんとか復帰して悲願の重賞をとらせてやりたいが、やはりそれは夢で終わってしまうかな。雪が多い牧場で歩きまわっても患部が熱をもたないというのは、冬でこそ。そういえばルーチェもデビュー前のこの時期、深屈腱炎を患って雪の中を歩き回っていました。一時はデビューも危ないかと心配したものの、牝馬ながら引退ぎりぎりの年齢までガンバってくれて、本当に思い出深い馬になってくれた。フォーグ、ハヤトとも、最後まで元気で活躍してほしい。ラフィアン出資馬のうち、単独では何といってもラヴが最大の活躍をしてくれましたが、この3頭ほど息長く活躍をしてくれている世代は他にありません。とにかく無事に引退まで過ごせますように。

▼マイネルハヤト 更新日:2011年2月8日(火) ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:畠山重則
マイネルハヤトは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。自らという気持ちが強くなっているだけでなく、体力も付いてきているのでしょう。掛かり気味に行くほどの、この馬らしい勢いが出てきました。特徴として俊敏さには欠けますが、なかなか力強い走りです。左前肢の繋靱帯は2週前と同じ状態を保っています。入厩は3月の予定。

▼マイネルフォーグ 更新日:2011年2月8日(火)……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和に滞在中。普通放牧とウォーキングマシンによる運動で管理しています。元気があり、放牧地の雪の上にある足跡を見る限り活発に動き回っている様子。その反動で骨折したヒザが熱を持つようなことはありません。スタッフは「寒さの中でも活気があって、キビキビした脚取りを見せている」と述べていました。

*この2頭が引退したら、あとはギブソンだけになります。ただ、サイクロンの補償がまだ10万ほど残っているので、今年2月末までに出資するかどうか、実に悩ましいところです。

Posted by sachi at 06:34 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 05, 2011

セゾン入厩馬・外厩馬臨時レポート

ラフィアンと違ってセゾンは出入りが激しいです。まずは予定より早く入厩することになったカトラス。栗東への輸送も無事終わって一安心。休養の効果あってか馬体もふっくらして元気ということで、これから春に向けてさらなる充実を期待したいところです。3歳がセゾンではまだ未勝利なだけに、4歳馬には活躍してもらいたい。能力はあるはずのカトラスなので、あとは気性がもう少し大人&まじめになってくれれば。
期せずしてバスケットも同じく美浦の厩舎へ入厩。小倉での2勝目のあと放牧されて1カ月半、短期間とはいえこの間に多少の成長を見せて馬体にも幅が出てきたとのこと。年末年始に1000万クラス、準オープンへと勝ち上がったセゾン4歳馬が2頭いて、バスケットの2勝目は少しかすんでしまった感ありですが、復帰してから追いつけ追い越せで頑張ってほしい。といっても、デビューからずっと勝ち味に遅いところがある馬。これからも地道に少しずつ力をつけていってほしい。さしあたっての目標はもう1勝ですが、ライヴァルの多い芝1600m〜1800mなので、またまた時間がかかるかも。調整のうまい阿部先生に期待しています。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2011/02/04
--------------------------------------------------------------------------------
2/4にセグチレーシングステーブルから栗東トレセンへ入厩しました。長距離輸送とはなりましたが、脚元や状態面には問題無く無事に到着しています。佐々木調教師は「タイミング良く検疫が取れましたので入厩させる事にしました。牧場からも報告がありましたが、見た目にもフックラとして元気一杯で良い状態で帰厩しています。早速週末から15-15程度から進めて行きたいと思います」と笑顔でコメントしていました。牧場出発時には馬体もしっかりとし付くべき所にはちゃんと筋肉も付いて、しっかり成長も感じられます。今後のどのような動きを見せてくれるか楽しみにしています。早速このまま騎乗を進め、その動きを確認した上で次走を検討して行く予定です。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2011/02/04
--------------------------------------------------------------------------------
2/4にスピリットファームから美浦トレセンへ入厩しました。特に問題無く無事に到着しています。約1ヶ月半程度の放牧ではありましたが、この馬なりに成長が感じられ、冬毛は少し出てはいますが、馬体には幅も出て来ており、今後どのような動きを見せてくれるのか楽しみです。阿部調教師は「しっかり乗り込んでいますので、見た目にはすぐにでも進めて行けると思います。早速明日から進めて行きたいと思います」とコメントしていました。次走については今後の動きを確認してからにはなりますが、現時点では中山開催を視野に入れています。

さて、ベニングのほうは早速宇治田原へ放牧に出されました。ラフィアンでもそうですが、宮厩舎は「節を稼ぐ」と称してすぐ外厩へ出す。どこかの掲示板にもありましたが、これではベニングの叩き2戦目がありませんヽ(´ー`)ノ もともと脚が弱いのでダート戦は仕方がないものの、今の時期、ダートならいくらでも適鞍がありそうなのに放牧とはねぇ。ま、地方交流で勝てないような馬が中央で勝てるわけがないというのも、一理あるわけですが、それにしても毎度、最後息があがるのは、調整不足以外のなにものでもないのでは。

サマーベニング [外厩馬 / 宇治田原・優駿ステーブル] ■2011/02/04
--------------------------------------------------------------------------------
2/4に栗東トレセンから宇治田原・優駿ステーブルへ移動しました。特に問題無く無事に到着しています。前走後は、特に大きなダメージも感じられず、歩様にもそれ程硬さは感じられません。宮調教師は「レース後も特に問題はありません。一度レースに使って状態自体は良くなってくると見ていますので、出走間隔を確認しながら帰厩させたいと思います」とコメントしていました。今後は緩めないよう乗り込みを進めて行きます。現時点で滞在は2〜3週間を予定しています。

Posted by sachi at 05:12 AM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン入厩馬近況

1頭しかいないので、あっという間に終わります。ギブソンはやはり共同通信杯を断念して、なんと阪神のすみれSが目標に。え〜っ、共同通信杯の芝1800mか、でなければ距離短縮かと思っていたのですが、何と逆に芝2200mか。さあて、個人的には距離がもたないのではないかと思っていますが、まだ走ったことがないので何とも。もともと先行タイプと理解していたものの、出遅れた前走の追い込みがまあよかったので(出遅れは痛かったけれど)、ひょっとしたらゆったりした流れのほうが合うのか? いやぁ、やっぱりかかって行ってしまいそうな気がするのですが、いまひとつ分かりません。共同通信杯で距離適性も分かると踏んでいたものの、馬の状態がこれでは出走するだけ無駄。そもそものローテが悪いんです。なぜ朝日杯ではなくホープフルSを選んだのか。朝日杯なら共同通信杯に無理なく出られたでしょうに、チャールズとは能力的に比べるべくもないけれど、やはりホープフルが余計だった気がします。ま、このレース選択のセンスでは、ギブソンは永久に恵まれなさそう。

▼マイネルギブソン……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネルギブソンは、美浦で調整中。坂路を中心としたキャンターをこなしています。マイクロレーダーによるケアもあり、ここにきてようやく筋肉の疲れが取れてきました。とりあえずは回復して一安心ですが、本格的なペースアップはもう少し先になる見込みです。まだ通常の乗り込みに戻したばかりであり、追い不足となることから、目標にしていた共同通信杯への出走を見送ることになりました。次走の目標を27日(日)の阪神のすみれS・芝2200mに切り替えています。

Posted by sachi at 05:10 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 04, 2011

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ボンバーはレースの疲れもさほどではなく、運動を再開。初ダートでいい末脚を見せられたので、このまま順調に次のレースを迎えてほしい。コメントにもあるとおり、まだ成長途上で馬体の充実はこれからでしょうが、未勝利を勝ち上がらなければ将来はありません。京都開催のダート戦で何とかならないものか。前走のレベルが高くなかったとはいえ、これからは力のある馬が勝ち抜けていって順番待ち。馬体そのものも精神的にも変わってきたように思うので、もう少しの我慢かな。この調教師はじっくり乗り込んでいくタイプのようだから、ボンバーのさらなる良化に期待します。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2011/02/03
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。前走後、レースに使ったなりのダメージは感じられましたが、腰やトモにはそれ程疲労も残していない様子で無事に運動を再開しています。飯田調教師は「前走は初ダートでしたが良く頑張ってくれたと思います。レースでのダメージもそこまで感じられず、以前に比べると体力も付いて良い傾向ですね。でもまだ成長過程で体質的にはまだこれから良くなって来ると見ていますので、ここは無理せず進めて行きたいと思います」とコメントしていました。次走について現時点では、京都開催、ダート中距離戦での出走を検討していますが、今後状態の戻り具合を確認しながら具体的なレース選定を進めて行く予定です。

4歳馬
う〜む、いくらゲートで右にぶつかったと言っても、あの走りではなぁ。1度走っては外厩へ出され、いつまでたっても復帰戦で息がもたないでは困ります。ラフィアン形式で、入厩したら即競馬というのに慣れているわけでもなさそうなんですが、何とか在厩で調整してくれないものか。これまでのところ宮厩舎にいてこの馬のためによいと思ったことがないし、それができないなら転厩でもいいんですが…… 現3歳馬および今年のセゾン募集馬で宮厩舎の預託がひとつもないことからしても、クラブと厩舎の関係がうまくいっているとも思えません。またベニング自体もデビュー以来、よく交流戦を使いたがるけど、どうも地方の小回りコースが合っているとも思えない。

サマーベニング [入厩馬 / 宮徹厩舎] ■2011/02/03
--------------------------------------------------------------------------------
2/2(水)笠松競馬第9レース、初花月特別、ダート1400m、10頭立て、4枠4番、藤岡康太騎手騎乗で出走し、4着でした。
スタート直後にゲートにぶつかってしまいますが、鞍上が直ぐに態勢を立て直して出して行きます。行き脚が付いてスピードに乗るとそのままハナへと立って1コーナーを回り向正面へ。その後も軽快に飛ばして後続へと半馬身程度の差を保ちながら3コーナーへと向かいます。すると後続の各馬が徐々に進出を開始し始め、外から脚色良くキリシマウイングが並びかけてきます。すると同馬も再度後続との差を広げようと、鞍上の手が動き始めながら2番手の位置取りで4コーナーを回り最後の直線へ入ります。しかしいざ鞍上が追い出しを開始すると、この馬なりに反応はしているものの思ったほど脚色が変わりません。最後まで鞍上が懸命に追うも、前との差を縮めるには至らず結局、勝ち馬から0.6秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から−2kgの470kgでした。騎乗した藤岡騎手は「今日はゲートに入る前からピリピリしていました。ゲートが開いて1歩目で右に寄れてしまいゲートにぶつかってしまい、その分出して行って脚を使わされてしまいました。道中は楽に行けていましたが最後伸びなかったのはその影響だと思います」とコメント。宮調教師は「状態自体は良かったと思うのだが、前半に少し脚を使わされてしまった分、最後は苦しくなってしまった。少し間隔が空いていた事も影響していたのかも知れません。申し訳ありません」とコメントしていました。今後は厩舎に戻って様子を見たうえで検討して行きますが、出走間隔調整が目的で放牧へ出る事も検討しています。

Posted by sachi at 01:05 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 02, 2011

ベニング、やっぱり……orz

笠松の交流戦でも4着とは。

2/2(水) 笠松9R 初花月特別(A) 一般(別定) ダ1400m 10頭 発走:15:35
4着 4枠 4番 サマーベニング 牝4 55.0 藤岡康太 栗東 宮徹 1.1/2 470(-2) 1.7 1/10人気

人気かぶりすぎだとは思っていましたが、せめて2着にはきてほしかった。
距離が短縮で直線失速ということは、本当に力がないのか、ダートがあっていないのではないでしょうか。どうも走りが重かったような。重いダートは苦手なのかもしれません。かといって芝の500万クラスで通用するスピードもない気がするし、あとはもう少しゆったりとしたペースで行ける距離延長でしょうかね。

Posted by sachi at 04:24 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ベニング、圧倒的1人気

ですが、この馬はいま一つ信頼がおけないところがあるので、大丈夫かな。

2/2(水) 笠松9R 初花月特別(A) 一般(別定) ダ1400m 10頭 発走:15:35
1 1 マイネルピリアー 牡6 57.0 陶文峰 笠松 加藤幸保 132 9
2 2 キセキ 牡4 57.0 吉田稔 栗東 浅見秀一 22.1 5
3 3 エスデイブレイク 牡7 57.0 東川公則 笠松 青木達彦 5.6 2
4 4 サマーベニング 牝4 55.0 藤岡康太 栗東 宮徹 1.3 1
5 5 ハクシンフリーダム 牡8 57.0 友森翔太 愛知 安部弘一 132 10
6 6 テイケイワイズ 牡4 57.0 岡部誠 栗東 大橋勇樹 6.7 3
7 7 キリシマウイング 牝4 55.0 松山弘平 栗東 柴田政見 66.1 8
7 8 サラノロクサボード 牡5 57.0 和田竜二 栗東 中尾秀正 18.9 4
8 9 モエレサンライズ 牡6 57.0 佐藤友則 笠松 井上孝彦 26.5 6
8 10 ブライトパステル 牡8 57.0 筒井勇介 笠松 藤田正治 26.5 7
(netkeiba.comより)

中央からの参戦が5頭(すべて栗東所属馬)で、かつてのラフィアン馬マイネルピリアーも同レースに出走。
ベニングと康太騎手には頑張ってもらいたいけれど、そうすると1000万クラスに昇級することになり、あとが続くかどうか…… ま、そんな心配をしても仕方がないので、とりあえずもてる力をすべて発揮できますように。
それにしても地方競馬の賞金て、大井以外はものすごく安いですね(´д`;)

Posted by sachi at 12:39 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬臨時更新

あす出走のベニングの近況が更新されていました。
やはり「この馬なりに」のようですが、地方馬相手の10頭立て。なんとか勝ってほしいなあ。

サマーベニング [入厩馬 / 宮徹厩舎] ■2011/02/01
--------------------------------------------------------------------------------
2/2(水)笠松競馬第9レース、初花月特別、ダート1400m、10頭立て、4枠4番、藤岡康太騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後3時35分です。
1/30には坂路で最終追い切りを消化。併せ馬で4ハロン54.6秒、3ハロン40.0秒、ラスト1ハロン13.2秒の時計を馬ナリでマーク。併せたシーズガレット(3歳新馬、一杯)を0.3秒追走し同入しています。馬ナリで軽めの追い切り内容でしたが、しっかりとしたまとまりのあるフォームで、軽く促すと併せた相手にスッと馬体を併せ、最後は余力を残してゴールしています。宮調教師は「この馬なりに硬さも無くて、なかなかの動きを披露していました。集中して走れているのも良い傾向で、精神的にもしっかりしており調子は良さそうです。あとは展開的な問題はありますが、力をしっかり出す事が出来れば勝ち負けになると見ています。頑張って欲しいですね」とコメントしていました。ご声援ください。

【出走確定】
サマーベニング 
2月2日(水) 笠松競馬9R 初花月特別 ダート1400m 4枠4番 藤岡康太騎手 10頭立 15:35発走

Posted by sachi at 12:33 AM | Category: HORSE | Comments (0)