June 30, 2010

今週の出走予定馬

ガンバとカトラスが出走になりそうです。

函館競馬場
マイネルガンバ 7月3日(土) 3R 3歳未勝利 (混) 丹内祐次 ダ1700m
福島競馬場
ドリームカトラス 7月4日(日) 福島 11R ラジオNIKKEI賞(GIII) 国分恭介 芝 1800m

ガンバはまたダートの1700mか…… 前走、ちょっと距離が長いように思えたんですが、函館だと1000mか1700mになってしまうんですね。仕方がありません。相手関係が少しでも楽なことを祈ります。次もなんとか優先出走権を取れる着順にきてほしい。しかし鞍上が丹内騎手では、もう絶望的に思える…… まさかギブソンのデビューも丹内騎手じゃないでしょうね?
そしてドリームカトラスが、ラジオNIKKEI賞(GIII)に出走できるようですヽ(^o^)ノ きのうまでは阪神の三宮特別と両方に国分恭介騎手で出走予定に載っていたのに、きょうは消えている! うわぁ、何だか信じられない気分。シンザン記念の勝馬ガルボ、ダービー7着のトゥザグローリーもいますが、そこはハンデ戦。前者が57キロ、後者が56キロに対して、500万勝ったばかりのカトラスは53キロですから、なんとか掲示板くらいには載ってくれると嬉しいかぎりです。あと心配は馬場かな。ガンバレ、カトラス!

ところで福島の猪苗代特別に登録していたハヤトは、名前がありません。出走させる気はないようですね。障害試験に受かったのだろうか? あまり向いていなさそうなんで心配なんですけどねぇ。

募集馬の体重・体高が出て、ますます即座に出資したい馬がいなくなり、そのあいだにも自分の出資馬の扱いに関してあまりに落胆することが多くて、やはりすべて見送る気になってきました。抽選になるような馬に出資する気にもなれないし、満口まで遠い馬に、何もいま出資する必要もないですから。去年まではこれでも少しはクラブの運営が変わる可能性があるかとかすかに希望が残っていましたが、ここにきてますます本当に楽しめないクラブになってしまったとの思いが強くなり、補償での出資ももういいかな〜と、きわめて微妙な段階に。9月になっても出資したい馬が残っていたら、3歳の未勝利馬の補償(安馬ばかりに出資したのでないかもしれませんが)とまとめて考えようか。ま、結局どれも帯に短したすきに長しだと、最後に補償で出資するとすれば、わたしとしてはあの馬しかありません(謎?)

Posted by sachi at 05:34 PM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道滞在馬近況

5歳馬
アルデュールはもう早速乗り運動を始めたよう。暑い期間、北海道にいて、涼しくなってから帰厩でいいんじゃないでしょうか。残りの競走馬生活を無事すごせるよう、そしてできればもう一花咲かせられるよう、願います。

▼マイネアルデュール……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス/関東:相沢郁
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧を切り上げ、きょう29日(火)に坂路でキャンター1100m1本の運動を再開しました。

4歳馬
3歳夏からずっと走る機会にも恵まれず、ただ無為に鉾田と牧場で過ごす結果になったアリオン。厩舎も牧場も、よけいなことはしても肝心なこと−−適鞍を見つけて出走させること−−はしてくれません。もうすっかり諦めています。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。先週末に催されたツアーの公開調教でMシュピールとの併せ馬を消化しました。まだ上昇の余地を残しています。

3歳馬
イーガーは北海道まで行って出走したあと、明和で一息入れて再度函館か札幌かと思っていたのですが、また新潟!? だったら北海道までやることなかったのでは? こちらも何をやりたいのか分かりません。きのう中村厩舎の預託馬が3頭決まり、初めてロージズ産駒も預かることになったようだけど、今回のことで信頼関係もなんだかなぁ〜って感じです。総帥とはうまくいっても、息子とは???なのでは。函館出走が調教師の意向だったのかどうかさえ疑わしく思ってしまいます。どうかイーガーがそのあおりを食いませんように……

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー/関西:中村均
マイネルイーガーは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。函館のダート1000mは距離が短かった印象。新潟のダート1200mに向かいたい考えはありますが、節や投票に必要な馬房などの絡みがあります。交流戦も視野に入れた方が良いかもしれません。次走については検討中。

Posted by sachi at 02:58 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 29, 2010

ボンバー入厩馬臨時更新

あらら、ボンバーが暑さと調教で体調を崩して熱発してしまいました。疲労もたまってきたせいで一過性のものと思われるとのことですが、しばらくは舎飼いで様子見に。まだまだあせることはありません。人間もこの蒸し暑さで体調がいまひとつのきょうこのごろ、暑さに弱い馬、しかも新馬で神経を使ってお稽古中では無理もありません。残念ですがちょっとお休みして、場合によっては短期放牧でもOK。十分に体力を回復してからデビューしましょう。飯田先生、よろしくお願いします。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2010/06/28
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで滞在中。先週末、カイ葉も残しており幾分覇気も感じられなかった為、直ちに状態を確認した所、39.2度の熱発が確認されました。飯田調教師は「暑さも増してきていますし、調教での疲労も溜まってきている事で体調を崩してしまったようです。無理は出来ませんのでしばらく舎飼いで様子を見て行きます」とコメントしていました。念の為、獣医の診断を仰いだ結果、疲労による一過性のものとの事でまずは安心していますが、油断せず回復を促して行きたいと思います。

Posted by sachi at 03:03 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 27, 2010

Dカトラス、予定通りラジオNIKKEI賞に登録

7月4日(日) 2回福島6日 第59回 ラジオNIKKEI賞(GIII) 第1回特別登録 23頭
サラ系3歳 (国際)(特指)オープン ハンデ 1800m 芝・右
アロマカフェ
アースガルド
オリエンタルジェイ
ガルボ
クォークスター
コスモヘレノス
サクラシリアス
シャイニンアーサー
ジャングルハヤテ
セイリオス
トゥザグローリー
ドリームカトラス
ナイスミーチュー
ニーマルオトメ
ファーストグロース
ブレイクチャンス
フローライゼ
メイショウツチヤマ
モズ
ヤマニンエルブ
リリエンタール
レッドスパークル
レト

なお、フルゲート16頭で、ガルボ、トゥザグローリー、レッドスパークル、フローライゼ、モズの5頭が出走可能。
以下、アロマカフェ、アースガルド、オリエンタルジェイ、クォークスター、コスモヘレノス、シャイニンアーサー、ジャングルハヤテ、セイリオス、ドリームカトラス、ナイスミーチュー、ニーマルオトメ、ブレイクチャンス、メイショウツチヤマ、リリエンタール、レトの15頭のうち11頭が抽選となります。
果たしてカトラスは出走できるでしょうか。久々の重賞出走になるかもしれないので、わくわく、どきどきです(^o^) 出走してほしいな。

【追記】阪神の特別レースにも登録していたのに忘れていました。
どちらかには出走できると思うのですが、どちらがカトラスのためにいいのでしょう?
やはり遅れてきた期待馬だけどレコードタイムも残したことだし、できれば3歳重賞で胸を借りるつもりで力試しをしてほしい。古馬との初対戦も厳しそうだし……
7月3日(土) 3回阪神5日 三宮特別 第1回特別登録 19頭
サラ系3歳以上 (混合)3歳以上1000万円以下 定量 1600m 芝・右 外
アンプレシオネ 55.0
カノヤトップレディ 55.0
キクカラヴリイ 55.0
コスモポッケ 57.0
コンゴウリュウオー 57.0
サンマルチーフ 57.0
シェリルピンク 55.0
トゥニーポート 52.0
ドリームカトラス 54.0
ドリームゼニス 57.0
ナリタスレンダー 57.0
ノボリデューク 57.0
ハーリカ 55.0
ブイコナン 54.0
ブラックシャンツェ 57.0
ホシシャトル 57.0
メイショウゲンジ 57.0
レディアルバローザ 52.0
ローザブランカ 55.0

【さらに追記】ハヤトも猪苗代特別に登録していました。
見過ごしてごめんね、ハヤトくん。でも登録数27頭だから、出走はちょっと無理じゃなかろうか。
7月4日(日) 2回福島6日 猪苗代特別 第1回特別登録 27頭
サラ系3歳以上 (混合)(特指)3歳以上1000万円以下 定量 1700m ダート・右
アイノレグルス 57.0
アグネスミヌエット 55.0
アグネスラナップ 57.0
アストレーション 57.0
アンヴェイル 57.0
エイワナギ 57.0
エーシントゥルボー 55.0
キャトルキャール 55.0
コスモイフリート 54.0
ゴールデンルーヴェ 57.0
ジョウノボヘミアン 57.0
シーマーク 54.0
スエズ 57.0
スズノメヒョー 55.0
セイリオス 54.0
セクシーザムライ 55.0
タガノタイムピース 57.0
ツルマイクィーン 55.0
バトルブリンディス 57.0
ブレイクチャンス 54.0
マイネランデブー 55.0
マイネルハヤト 57.0
マルタカラッキー 57.0
メイショウツチヤマ 54.0
ヨクバリ 57.0
リバイバルシチー 57.0
ローンジャスティス 57.0

Posted by sachi at 06:00 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 26, 2010

ラフィアン入厩馬近況

6歳馬
ハヤトは障害試験不合格。ビクビクしながら跳んでいるという言葉からも、あまり向いているとは思えないんですが…… グリッツァの場合は母父サッカーボーイでスタミナには問題なかったし、意外と器用に跳んで適性はあったと思う(ただ最後のダートが超苦手だったけれど、それも一生懸命に走っていた) でもハヤトは(見てはいないけれど)やはり飛越が重そうな感じです。それよりダート平地での出走のほうがいいのではないですかね。このままだと、ますます馬が走る気をなくしてしまうような? あまり怖じけづかないうちに、平地に戻してほしい。障害練習は腰の強化につながったと思えばそれでいい。
フォーグは鉾田ではなくグリーンファームへ出されました。一瞬、おっ、鉾田に出されないなら宮厩舎の馬への出資もありか……と思ったのですが、次走は函館の芝1200m? 関西からだととんでもなく長距離の輸送になり、それだけで大きなリスク。それにこの馬は多少の渋った馬場を気にしないとはいえ、1200mのスプリント戦ではよさが出ません。絶対にやめてください! 新潟の朱鷺Sまでは確かに時間がありすぎだけど、去年はばたばたの入厩での復帰戦、しかも権利とりが危うくて、どうにかぎりぎり出走はできたものの態勢が整っていなかったでしょう? そういう人為的なミスでこの馬の能力を発揮できないレースにばかり出走させているのが現状。目標を定めたらそのために優先権をしっかりとり、きっちり仕上げることが厩舎の使命でしょう。今回も早々と馬を移動させましたが、できれば1つ権利をとってからにしてほしかった。権利がなければ出走できないのだから、移動ひとつにもそこを考えてからではないと。鉾田を避けた点でクラブの言いなりにならなくなったのはよいけれど、やっぱり他の点で宮厩舎もだめですな。この半年、いやほぼ1年、コスモはあっても(ファントム)ラフィアン馬では勝ちなしで(去年のアロマが最後)勝っているのはコパノとスマートばかり。もっと調教師の言うことを聞かないと、所詮ラフィアンでは……

▼マイネルハヤト……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:畠山重則
マイネルハヤトは、美浦で調整中。ダートコースで乗り込まれています。23日(水)に障害試験を受けて不合格でした。一緒に受けた馬が1つめの障害で立ち止まってしまい、実質単走による試験になってしまうアクシデントです。向正面最初のいけ垣までは無難にクリアしていたものの、水濠障害を前に飛越を拒んでしまいました。跨がった草野騎手は「雨で下を気にして、ビクビクしながら跳んでいる感じがあった。下が滑ってしまうのを気にして必要以上に慎重になっていたと思う」と振り返っていました。来週、改めて試験を受ける予定にしています。

▼マイネルフォーグ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、福島競馬場から帰厩し、馬体や四肢に傷みがないことを確認して23日(水)に栗東近郊にあるグリーンファーム甲南へ移動しました。次走は8月1日(日)、函館のUHB杯・芝1200mか、8月28日(土)、新潟の朱鷺S・芝1400mを視野に入れていて現在検討中です。

【追記】
某掲示板に、フォーグはなぜ米子Sに目を向けなかったのかという書き込みがありましたが、同感ですね。フォーグは連闘で中山に遠征してニュージーランドT2着した馬だし、梅雨のこの時期、馬場が渋る可能性は大いにある。阪神との相性も悪くはなく、ファイナルSの稍重芝1600mでは2着しています。もちろん個人的には出走できるなら出走してほしかったし、登録数21頭なので除外の権利がとれたかどうかは微妙なところですが、函館のUHB杯などよりずっとよかったのでは(朱鷺Sまではしばらくありますが) しかしこれも、レース間隔だけでレーシングマネジャーが決めたことなのでしょう。ネットに上がってきたツアー参加者の方々の報告を読むと、今後もレース選択と騎手起用の現状は変わりそうにありませんから、補償を消化するにしても出資する気持ちがますますダウン…… いや、それ以前に馬と厩舎と価格(加えて足切りポイントの予想)を考えあわせると、出資したい馬が出てきません。それと、数少ない候補の厩舎が未定では…… もっともこちらは厩舎が決ってますます圏外にという可能性も高いのですがorz

3歳馬
ガンバは中1週でも大丈夫でしょう。相手関係なども考慮して、なんとか勝ち上がれるようなレースに出走してほしい。でないと、宮本厩舎から転厩した意味がありません。宮本厩舎では3走しかしなくて、3着もあった馬なんだから。重さん、お願いしますよ。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア/関東:畠山重則
マイネルガンバは、函館競馬場で調整中。5着だった前走後も順調に乗り込まれています。次走については検討中です。今後について畠山師は「レース間隔を詰めて使っても大丈夫だと思う。中1週の競馬にも対応できるように態勢を整えておく。メンバーなども確認して投票するかどうかを決めましょう」と話していました。

2歳馬
ギブソンも訳のわからんことをやってますな。デビューは函館最終週の芝1800mですと? タニノギムレット産駒がその距離ですか? まあデビューが先なのは、この馬の現在の状態を考えればそれでよいのだけれど、わざわざ函館に入厩した意味がわかりません。気性は牧場時代からわかっていたことなのに、丹内騎手の調教ではかなり不安。せっかくの素軽さ、反応のよさをもっているのだから、どうしてもう少しきちんと調整する態勢にないのでしょうか。萱野調教師の目の届く美浦入厩でよかったのでは? そのほうが出走レースの選択の幅も広いのに、函館にこだわった理由は何なんでしょう?

▼マイネルギブソン……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネルギブソンは、函館競馬場で調整中。先週ほどではないとはいえ、使用している現地のウッドコースは力の要る馬場状態です。馬なりで終いの1ハロン13秒フラットなら悪くありません。稽古をつけている丹内騎手は「口向きが不安定。どこかに飛んでいきそうな雰囲気があって乗っていて怖い。けっこう癖の強い馬だが、聞いていた通り、乗った感じはすごく良い」とコメントしていました。最終週の芝1800mでデビューする予定。なお、騎手は未定です。

Posted by sachi at 04:14 AM | Category: HORSE | Comments (2)

June 25, 2010

セゾン入厩馬近況

2歳馬
ボンバーは初めて芝コースで追い切り。まだ良化途上のようで、出走を1週延ばして7/17の新潟芝1400mでデビューの予定になりました。いい感じだと思います。鞍上が誰になるのか楽しみです。
チェリーも予定通り美浦に入厩。これからゲート試験の準備。こちらも新潟の後半あたりでデビューになるのかな。まずはゲート試験合格を目指して頑張れ!

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2010/06/24
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路とフラットコースを併用して乗り込まれています。6/23に上野騎手を背に実質初めてとなる芝コースで追いました。併せ馬で6ハロン84秒台、3ハロン36秒台、ラスト1ハロン12.4秒の時計を強めに追われてマークし、併せたケージーヨシツネ(新馬、一杯)の内で0.3秒遅れています。この日は雨の影響で馬場状態が悪かった為、道中少し脚元を気する素振りが見られました。飯田調教師は「相手に遅れてはいますが、馬場状態が悪かった為で、そこまで無理には追っていませんので問題ありません。追い切りを消化する毎に気持ちも入って手応えなども良くなっていますので、このまま進めて行きます」とコメントしていました。飯田調教師と再度デビュー時期等について相談した結果、まだ幾分体に余裕が感じられる中で、調教を消化するたびにしっかり身にして動きに良化が感じられる事から、予定をもう1週伸ばす事になりました。7/17新潟競馬、芝1400mを目標に進めて行きます。

サマーチェリー [入厩馬 / 高橋祥泰厩舎] ■2010/06/24
--------------------------------------------------------------------------------
6/24にセグチレーシングステーブルから美浦トレセンへ入厩しました。特に問題無く無事に到着しています。高橋調教師は「ワンクッション入れた事で疲労もすっかり取れた様子で元気に到着しています。牧場でもしっかり乗り込んでいますし早速明日から進めて行きたいと思います」とコメントしていました。皮膚病もすっかり引いて馬体もフックラして良い状態で入厩出来た様子です。まずはゲート試験合格を目指して進めて行きます。

3歳馬
カトラスは好調を維持できているようです。福島のラジオNIKKEI賞はさすがに登録頭数が多いので出走の可否はまだ分かりません。除外されたときは、阪神の三宮特別に。どちらでもよいと思いますが、できれば重賞で力試しをしてほしい。鞍上が国分騎手に決まっているので安心です(^o^)

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/06/24
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心にフラットコースも取り入れながら乗り込まれています。6/24には前走後より初めてとなる速いところを坂路で消化。単走で4ハロン55秒台、ラスト1ハロン12.7秒の時計を馬ナリでマークしています。以前に見られた口向きの悪さも一切見られなくなり、真っ直ぐに綺麗なフォームを披露。息遣いも最後までしっかりしていました。佐々木調教師は「動きは引き続き好調をキープしている様子で順調にきています。体調も良く暑さでカイ喰いが落ちる事もないのでこちらも良い傾向ですね」と笑顔でコメントしていました。今後は来週に追い切って態勢を整える予定。7/4福島競馬、ラジオNIKKEI賞(G)、芝1800mに国分(恭)騎手騎乗で投票を行います。併せて出走が叶わない可能性もありますので7/3阪神競馬、三宮特別、芝1600mも視野に入れています。

Posted by sachi at 06:32 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

ギブソンが時計を出しはじめました。まだまだこれからですが、少しずつ良化しているよう。しかし、丹内騎手でデビューは、お願いだからやめてほしい。
ハヤトは完走できずとは、やっぱり障害に向いていないのでは?

マイネルギブソン
6/20 助 手 函館W 良 - - - 74.6 59.0 44.2 14.8 7 馬ナリ余力
6/23 丹 内 函館W 良 - - - 71.4 55.6 41.4 13.0 8 馬ナリ余力
マイネルハヤト
6/23 草 野 美北障 試 - - - - − − − - 完走できず

Posted by sachi at 06:31 AM | Category: HORSE | Comments (2)

June 24, 2010

鉾田滞在馬近況

3歳馬
ポローニアはまだ入厩段階にきません。残り時間も少なくなってきたので、なんとか早く復調してほしいものです。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン/関東:稲葉隆一
マイネポローニアは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。この中間から坂路2本の乗り込みにペースアップしました。1本目のハッキングでは相変わらず腰が甘くクタクタした感触ですが、2本目のハロン17秒ペースで駆け上がる頃には体がほぐれてそれなりに動いています。中間には今回の休養後で初めて15−15を課しました。それが良い影響になったようで翌日の稽古では前向きで良い行きっぷりを見せていました。少しずつ復調している感触です。このまま様子を見てさらに負荷をかけていきます。

Posted by sachi at 04:05 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 23, 2010

北海道滞在馬近況

5歳馬
アルデュールはもう今週で休養を切り上げ乗り出すようです。ま、この馬はタフですから、残り少ない競走馬生活のためにはそれでいいでしょう。順調に調教され、復帰戦を迎えてほしいと思います。

▼マイネアルデュール……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス/関東:相沢郁
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧を行っています。蹄鉄を外したことにより、当初は蹄に直接刺激が伝わることで歩様がぎこちなくなっていました。次第に順応した現在は解消に向かっています。また、競馬を使ってきて減った分の体は回復しました。腹袋はもう十分立派に映ります。騎乗再開に向けてだいぶエネルギーが蓄えられました。今週末のツアー終了後には休養を切り上げて乗り出していく予定です。

4歳馬
アリオンはまだまだですね〜 中途半端に復帰してから、この1年の大半を鉾田と牧場で過ごしてきました。腹立たしいけれど言っても仕方がありません。でもツアーのために真歌に移動なんかしなくていいのに…… ま、どうせ降級前に1勝の希望は、未勝利を脱出して休養、復帰してからまともに走るチャンスさえなかったので今更どうしようもないし、少しでも順調な復帰を願うのみです。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム明和で調整中。休養の原因になった蹄のトラブルも落ち着いて、坂路でキャンター1100m1本の運動を再開しました。現在は1ハロン16秒前後のペースで負荷をかけており、一息入れて体力や心肺機能が落ちてしまったので徐々に取り戻していきたいと考えています。あす23日(水)には真歌トレーニングパークへ移動し、週末のBRFツアーで公開調教に参加する予定。馬体重は492キロです。

Posted by sachi at 06:32 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 22, 2010

イーガーはBRFへ

予想した通りです。

移動情報
6/20 マイネルイーガー 明和 馬体に異状なし

ま、この馬は短期放牧をはさみつつとはいえ、ずっと使われてきましたから、BRFで一息入れるのもいいでしょう。仕上がりには大いに疑問符がつきますが、これも運命。中村厩舎との関係もぎくしゃくしているようだから、仕方がないでしょう(コスモキララ09が中村厩舎と交渉中で迷っているのではという書き込みが某掲示板にありましたが、これまでもロージズ産駒を拒否してきた厩舎だから、それはないと思う) 本当に2〜3週間のリフレッシュ放牧であってほしいと願うばかりです。

Posted by sachi at 05:36 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 20, 2010

フォーグ遠征もふるわず

予想はしていましたが、開幕週のあんな速い時計の馬場で、この馬に1200mは無理。しかも大外ぶん回してブービーくらいかと恐れました。1200mよりはまだ1600mでしょう。こんなレースに出走しなくてはならなかった登録ミス、何度やれば気がすむのだと言われないよう、本当にしっかりマネジメントしてほしい。これでまた鉾田などと言ったらブチ切れます。

6/20(日) 福島11R バーデンバーデンC(オープン) 3歳上 ○国際□指(ハンデ) 芝1200m 16頭 発走:15:45 天候:晴 馬場:良
11着 5枠 10番 マイネルフォーグ 牡6 54.0 石橋脩 宮徹 クビ 460(-4) 26.3 10/16人気

騎手コメント:from Race Courseより
石橋騎手「福島1200は忙しいのでしょうか。きょうはあまり追走に余裕がなかった。最後も思ったほど伸びなくて」

本来、1400mから1600mの馬があのペースで先行したり楽に追走したりできるわけがないでしょう。しかも小回り。フォーグには、長旅お疲れさまとしか言いようがありません。無事に帰厩してほしい。パドックでいつもより元気にしゃきしゃき歩いていた担当厩務員さんの姿が印象的でしたが、フォーグは気合の乗りもいまひとつだったな〜 本領が発揮できるのは新潟です。今後、何が何でも権利はきちんと取っておくこと>クラブ&宮先生

*ところできょうの騎手コメント、どれも手抜きでものすごく短いと思うのはわたしだけ? これで月曜に「近況更新」と称してコピペ、金曜までレース報告もなしなんですから。

Posted by sachi at 05:20 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 19, 2010

フォーグは低評価

ま、当然でしょうが、このメンバー相手でこの評価はちと情けない。
しかし、やはり1200mのスペシャリストのほうが強いでしょうね。なんとも中途半端なレース選択に思います。レーシングマネジャーと宮厩舎が悪い。もう印象最悪。この恨みはちっとやそっとでは消えそうにありません。

6/20(日) 福島 11R バーデンバーデンC(オープン) 3歳上 ○国際□指(ハンデ) 芝1200m 16頭 発走:15:45
1 1 △ △ △ ソルジャーズソング 牡8 55.0 中舘英二 鮫島一歩
1 2 △ ◎   モルトグランデ 牡6 56.0 蛯名正義 久保田貴士
2 3       エムエスワールド 牡7 53.0 松田大作 湯窪幸雄
2 4       アンバージャック 牡7 53.0 小林淳一 佐々木晶三
3 5       メジロシリング 牡7 52.0 的場勇人 北出成人
3 6       ワールドハンター 牡6 53.0 西田雄一郎 坂口正則
4 7       ボストンオー 牡5 53.0 柴田善臣 岩元市三
4 8       シンボリウエスト セ10 53.0 田中博康 鹿戸雄一
5 9   ▲ △ ウエスタンビーナス 牝7 52.0 伊藤工真 鈴木康弘
5 10 △     マイネルフォーグ 牡6 54.0 石橋脩 宮徹
6 11 ◎   ◎ コスモベル 牝6 54.0 松岡正海 西園正都
6 12 ○   ○ フライングアップル 牡6 55.0 田面木博公 藤沢和雄
7 13 △ ○ ▲ ジェイケイセラヴィ セ6 57.0 江田照男 坂本勝美
7 14     △ ダイシングロウ 牡6 54.0 吉田豊 松田博資
8 15 ▲     テイエムカゲムシャ 牡6 54.0 後藤浩輝 柴田政見
8 16     ☆ リキサンファイター 牡6 53.0 田辺裕信 高木登
(印はnetkeiba.comより)

Posted by sachi at 04:10 PM | Category: HORSE | Comments (0)

イーガーはやっぱりダメ、ガンバは何とか掲示板を確保

6/19(土) 函館2R 未勝利 3歳 □指(馬齢) ダ1000m 12頭 発走:11:10 天候:曇 馬場:良
7着 4枠 4番 マイネルイーガー 牡3 56.0 石橋脩 中村均 1.1/4 552(+10) 10.8 4/12人気

イーガーの馬体重+10キロを見たとき、これは絶対にだめだろうと思ったものの、パドックでの馬体はそう太くは映らなかったし、体調も悪くなさそうだった。でも、それは体型のせいで、実際には太かったんじゃないだろうか。いや、それ以上に、距離が1000mではダッシュと二の足がつかないこの馬には、かなりきつかったと思う。最後方からこの馬なりに追い上げたけれど、さすがに掲示板も無理。さあて、これでずっと滞在させてもらえるのだろうか。放牧をはさみながらだけど、結構使われている。函館だと、どれくらい間隔があくのかな? 中1〜2週で使えるといいんですが、短期間BRFに戻されそうな気もしています。

騎手コメント:from Race Courseより
石橋脩騎手「距離が忙しい。ゲートは出ているが二の脚がまったくつかなかったし、あとはずっと追い通しだった。体が太いのもあるが、真面目に走っていない感じもした」

ふむ、まじめに走っていない? そうかなぁ。そうかもしれないけど、気持ちが前向きになっていないのでは。今回使われて一変してほしいな。体調が悪いわけではなさそうだったので、多分に精神的なものではないだろうか。

6/19(土) 函館3R 未勝利 3歳 □指(馬齢) ダ1700m 11頭 発走:11:40 天候:曇 馬場:良
5着 8枠 11番 マイネルガンバ 牡3 56.0 石橋脩 畠山重則 ハナ 506(-14) 13.7 5/11人気

ガンバは休養前よりずっとしっかりした走りになっているように思えた。今回は先行策をとったものの、途中じりじりと後退。4角からはまた切り返したけれど、最後のつめも甘くて、掲示板を確保できたかひやひやした。「最後まで追う」騎手がお好みのはずの社長ですが、石橋騎手、5着死守するつもりでもう少し追ってほしかったですね〜 イーガーよりガンバのほうが少しだけ勝ちに近い気がしますが、果たして函館開催のあいだに勝つチャンスがあるだろうか。今回は11頭立てだったけれど1頭出走を取り消して都合10頭。それで5着は真ん中だから、もう一歩前進してくれないと勝ちにはまだまだ遠い。次走は何とかもうワンステップ前進を願いたいものです。

騎手コメント:from Race Courseより
石橋脩騎手「ハナに立ったのが初めてなのかな。3コーナーから動こうとしたら突っ張り気味になって進んでいかなくなった。まくられたら走りが元に戻った感じ。ちぐはぐな競馬になったが、競馬を覚えてくればもっとやれる」

ガンバはハナに立ったあと、外からまくってきた馬が前に出て、ちょっと不利を受けて下がってしまったようにも見えたんですが、本当はどうだったんでしょうか。ほんとにちぐはぐな競馬で残念だったけど、なんとか掲示板は確保したので、次に活かしてほしいです。石橋騎手、競馬を覚えてくればもっとやれるというなら、最後までもうちょっとしっかり追ってね。

Posted by sachi at 12:11 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 18, 2010

ラフィアン入厩馬近況

6歳馬
ハヤトは引き続きダートコースで長めの乗り込みと飛越の練習をしているよう。試験は結局、来週に延期したようですが、受かるのかな。スタミナはあるほうだと思うのですが、この転向が吉と出ることを祈る。それにしても、いまさらですが小西厩舎と田辺騎手のコンビがよかったなあ……
フォーグは調教駆けする馬なのでタイムはあまりあてになりません。福島とはいえ栗東からだとかなりの長距離輸送。そのほうが心配です。ま、この馬ももうそろそろ競走馬生活の最後の1年になりそうな気がしているので、なんとか結果を出してほしいのですが、福島でのスプリント戦、どうでしょうかね。馬に責任はないものの、鉾田で「発覚」した骨折以降、度重なる登録ミスもあって、なんか気分的には下がりっぱなし。日本株と同じく、とうてい回復できません。

▼マイネルハヤト……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:畠山重則
マイネルハヤトは、美浦で調整中。ダートコースで乗り込まれています。物足りなかった先週の飛越を受け、厩舎と草野騎手の打ち合わせで結局、試験を来週に延期しました。練習は継続しています。牡馬との併せ馬だったためか、16日(水)はいけ垣、グリーンウォール、竹柵の3つの連続障害をスムーズにクリアしていました。追い切りはかけていませんが、筋力や心肺機能などが低下しないように普段から長めを走らせる調教は課しています。

▼マイネルフォーグ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、20日(日)、福島11RのバーデンバーデンC・芝1200mに石橋脩騎手で出走します。父の産駒にしてはとても運動神経が良く、フットワークがシャープ。16日(水)の追い切りは、鞍上が軽く仕掛けただけで鋭く反応する上々の内容でした。長距離輸送を控えているわりには早いタイムが出ていますが、走りやすいコース。疲れるほどの負荷はかかっていなかったものと思われます。前走では10秒台半ばのペースでもスムーズに流れに乗っていました。小回りコースのスプリントにも対応できるでしょう。

3歳馬
イーガーの時計が悪かったのはウッドコースが力の要る馬場状態だったとのことですが、いつもタイムはよくないです。それはそれとして、追い切りでもたもたしていたほうが問題。やはり移動には強いタイプではなさそう。もともと気性に問題があり、最初のころは騎手を振り落とさないよう、返し馬をしなかったほどなので、今回は逆に出たように思う。出走して大丈夫だろうか……
ガンバのほうが状態はよさそう。とはいえ勝ち負けまではいかなさそうなコメントですね。6カ月もいた鉾田で成長してくれたことを期待します。前向きさが出てきたのは時計にも現れているよう。スタミナはあると思うので、少頭数でもあり、ここはまず次の出走優先権を確保してほしい。

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー/関西:中村均
マイネルイーガーは、19日(土)、函館2Rのダート1000mに石橋脩騎手で出走します。いつもなら引っ掛かっていくほどなのに、16日(水)の追い切りでは逆にもたもたしていました。現地の今年のウッドコースは特に力が要る馬場状態。加えて雨によってさらに走りにくい状態だったのでしょう。タイムがかかっているのは他馬も同様です。2週目の競馬まで待つことも考えましたが、体調の問題ではないと見てここに投票しました。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア/関東:畠山重則
マイネルガンバは、19日(土)、函館3Rのダート1700mに石橋脩騎手で出走します。マージービートは先週の500万条件を快勝したシルクターンベリーと差のない競馬をしていた実力馬ですが、全体的に見渡せばメンバーに恵まれた印象。頭数も11頭なら上位争いに持ち込めるかもしれません。担当の調教厩務員は「今週の70−40は予定通り。トレセンにいたときよりも前向き。最後まで集中して良い感じでしたよ」とコメントしていました。

2歳馬
ギブソンはゲート試験には一発で合格。それはよかったのですが、丹内騎手が稽古をつけているのか…… もう少しうまい騎手だったらなぁ。やはり気性にはまだ不安なところがいっぱいのようだし、そもそもどうしてこの時期に函館に入厩させたのかさえ疑問がありましたが、むちゃに使われてひどい結果にならないことをひたすら祈る気持ちです。

▼マイネルギブソン……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネルギブソンは、函館競馬場で調整中。日曜日からダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。火曜日から丹内騎手が稽古をつけており、キャンターにいけば真面目に走るものの、驚かされてカッとするとハミが利かなくなってしまう様子。先日は角馬場で外の方に飛んで行きそうになっていました。ゲートでは大人しく、水曜日に練習して木曜日に試験を受けて一発で合格しています。週末からデビューを目指して最終仕上げに入っていきます。

Posted by sachi at 07:50 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

2歳馬
ボンバーは栗東で順調に調整が進んでいるようです。ウッドチップコースで小牧騎手を鞍上に初めての追い切り。手応えよく反応しているようで、デビューは芝でとのこと。体型からダートでデビューかと思っていたのですが、素軽い走りをしているとのことで芝の短距離が目標になりました。そうそう、ダンス産駒だけどスプリンターぽいので、いい感じです。7月が楽しみ。それまでしっかりお稽古を積んでほしい。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2010/06/17
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路とフラットコースを併用して乗り込まれています。先週消化した分もしっかり身にしている様子で順調に調整されています。そこで6/17には実質初めてとなるウッドチップコースでの追い切りを、小牧騎手を背に消化しました。併せ馬で5ハロン72秒台、3ハロン41秒台、ラスト1ハロン12.6秒の時計を終い強めでマーク、併せたケージーヨシツネ(新馬、馬ナリ)と併入しています。終始なかなかの手応えで終いもしっかりしたフットワークで伸びており評価出来ます。飯田(雄)調教師は「指示は15-15で動きを確認しました。終い促すとスッと反応しそこからは力強いフットワークを披露していました。小牧騎手も全体的にしっかりしていると評価していました」とコメント。しっかり軌道に乗っている印象で、あと何本か追えば態勢は整いそうです。デビュー戦について飯田調教師と相談した結果、現段階では軽い走りを披露しておりまずは芝からのデビューで進めて行く事となりました。7/10阪神競馬、芝1400mを目標に進めて行きます。

3歳馬
カトラスはやはりラジオNIKKEI賞が目標になりました。強豪相手になりますが、前走と同じ国分恭介騎手にお願いできるようで、楽しみです。レコード勝ちしたのには、マイネホコモモラがレースを引っ張ったおかげもあるのですが、1600mで終いまだ脚を残して最後はおさえ気味に流していたくらいなので、1ハロン距離延長は問題ないと思います。出走できれば、本当の意味で力試しになるでしょう。2連勝したあとも状態は高い水準で維持とは頼もしい。頑張っていい結果を出してくれるといいなぁ。
ベニングは2着に敗れてしまったので、また宇治田原へ。ま、宮厩舎は自分のところでほとんどやらない厩舎ですから、半ば予想はしていたものの、やはりがっかり。もう今後の出資はしないぞ。なんとかベニングが勝ち上がれることを願います。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/06/17
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路とフラットコースを併用して運動しています。レースでの疲労もすっかり抜けた様子で元気一杯です。佐々木調教師は「前走後はまたしっかりしてきている様子で頼もしい限りです。状態はこの馬なりに高い水準で維持出来ている様子ですので、このまま進めて行きたいと思います」とコメントしていました。レース後で体は出来ていますのでオーバーワークにならないよう注意しながら進めて行きます。7/4福島競馬、ラジオNIKKEI賞(G)、芝1800mを目標にしています。前走手綱を取った国分(恭)騎手に騎乗依頼しています。

サマーベニング [入厩馬 / 宮徹厩舎] ■2010/06/17
--------------------------------------------------------------------------------
6/16(水)名古屋競馬第9レース、メロン賞、ダートの1400mに、10頭立て、4枠4番、藤岡康太騎手騎乗で出走し、2着でした。
まずまずのスタートを決めると鞍上が出たなりでレースを進めます。すんなりとハナへ立つとそのまま1コーナーを回り向正面へ。道中の追走は特に掛る事もなく、そのままレースを引っ張る形で3コーナーへと向かいます。すると3コーナー付近から各馬が徐々に進出を開始、同馬も鞍上の手が動き始めます。道中2、3番手でピッタリと同馬をマークしていた外のマースキッスが並びかけてくると馬体を合わせる形で4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出すとしっかり反応し脚を伸ばします。一旦は半馬身位抜けだし先頭へと立ちますが、ゴール手前でクビ差交わされてしまいました。馬体重は前走から増減無く478kgでした。騎乗した藤岡騎手は「一度レースに使ってだいぶ良くなっていました。最後は交わされてしまいましたが次に繋がるレースだったと思います」とコメント。宮調教師は「無理する事無くハナにも立てましたし、1度使って馬が本当に良くなりました。一瞬やったと思ったのですが」と悔しそうにコメントしていました。今後は出走間隔調整の為、宇治田原・優駿ステーブルへ放牧に出る予定です。

Posted by sachi at 06:17 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

7月にデビュー予定のボンバーと、今週出走のガンバ、イーガー、フォーグが時計を堕しています。

ドリームボンバー
6/17 小牧太 栗東CW/稍 - - - 72.9 56.5 41.2 12.6 7 馬ナリ余力
 ケージーヨシツネ(新馬)馬ナリの外アタマ遅れ
マイネルガンバ
6/16 助 手 函館ダ 稍 - - - 70.0 54.2 39.9 12.5 6 一杯に追う
 マイネルリズム(古500万)馬ナリの内同入脚色劣
マイネルイーガー
6/11 助 手 栗東坂 良 - - - 53.9 39.9 26.9 14.3 - 稍一杯追う
6/16 助 手 函館W 稍 - - - 72.6 57.2 42.8 14.2 8 一杯に追う
マイネルフォーグ
6/13 助 手 栗東P 良 - - - 73.1 56.0 39.7 12.7 8 馬ナリ余力
6/16 助 手 栗東P 良 - - 79.9 64.4 50.8 37.6 12.0 8 馬ナリ余力

【出走確定】
6月19日(土)
函館 マイネルイーガー 2R 3歳未勝利 石橋脩 56 ダ1000m 11:10 12頭
函館 マイネルガンバ 3R 3歳未勝利 石橋脩 56 ダ1700m 11:40 11頭
6月20日(日)
福島 マイネルフォーグ 11R バーデンバーデンカップ 国際 石橋脩 54 芝1200m 15:45 16頭

ボンバーは先週に続いて同じ馬相手に併せて、今回は馬なり。タイムは終いのみ追ってよく伸びているようです。小牧騎手が調教をつけているってことは、デビューも小牧騎手か? だったら楽しみです♪
イーガーは相変わらず調教走りませんねぇ。これで出走してどうなんだろう。
逆にガンバのほうがタイムはよさげ。稍重とはいえ、古馬500万と併せて脚色劣るも、ダートでこのタイムならよいでしょう。頭数も少ないし、何とか頑張って勝ちあがってくれれば嬉しい。
フォーグは馬なりポリトラックでこのタイムなら調子はよいようですが、福島がどうか。3頭とも石橋ジョッキー。悪くはないがオープン戦ではやはり福島とはいえもう少し上位の騎手に乗ってもらいたいと思う。でもフォーグはいつも鞍上に恵まれない。ここは次走の優先権が取れるよう頑張ってほしい。

Posted by sachi at 06:16 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 17, 2010

カタログ到着

メール便で届いていたので、ざっと見ました。気に入ったのはコスモヴァレンチの09(笑)と牝馬ちゃん何頭か。
ヴァレンチは牡馬でディープ産駒なのに、どうして26万? きっと弱小中堅会員の自分には足元にも及ばない高ポイントになるでしょうから、諦めます。牝馬ちゃんで一番気に入ったのはエアリバティーの09ですが、これまた高いです。でも馬はよさそうだけど、すっごい遅生まれだし、他の産駒はさほど走っていないし、厩舎も未定。もっと安い馬を探そうっと。安い牡馬ではコウエイベラドンナの09いいと思うんだけど、厩舎が微妙だ。てか、わたし的にはダメ。このパターンが多いです(^^;;
一応毎年注目のラヴ産駒では、ハーティー弟くんはいまひとつな感じだし(厩舎はいいと思うんだけど)、フジノイナズマ09くんも遅生まれのせいか力強さがありません。粕谷厩舎って?と思って調べたら、若手の先生なんですね。今年の成績はよいよう。安いから考えてみようかな。ちょっとだけ期待していたデセールっ仔も、う〜ん…… デセールって、あんなにちょこまか歩いてたっけか? 厩舎未定だし、却下。どのみち補償充当で1頭しか出資するつもりはないし、馬そのものと厩舎を考え合わせれば、そう選択肢はありません。
できれば牡馬に出資したいのですが、牝馬のほうが全般的にいい馬がそろっているように思う(値段が牡馬とあまり変わらないのが気に入らないけど) ヌーヴェルっ仔いいですね! でも30万はやっぱり高い(苦笑)、いやそれ以前に、もうポイントではじかれるだろうなぁ。 さぁて、補償がそんだけたまっていたら考えますが(しかし実際にそんなに補償があったら大変!)、いまんとこ10万弱しかないし、未勝利の3頭は見切られる(苦笑)にはまだ少し早いので、いまは充当する補償もないため断念。やっぱり、もっと安くて楽しませてくれそうな馬をゆっくり探そうっと〜 せめてもう少し厩舎が出そろってくれるといいんだけどな。

Posted by sachi at 05:29 AM | Category: HORSE | Comments (4)

June 16, 2010

鉾田滞在馬近況

3歳馬
ポローニアはまだしばらく時間がかかるようです。鉾田にいると調子を落とす出資馬が多いので、今回はくれぐれもそうならないよう、切に希望します。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン/関東:稲葉隆一
マイネポローニアは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m1本の運動をしています。フケは落ち着いてきていますが、まだ本来の行きっぷりに及びません。腰の甘さは以前からの特徴なのであまり気にする必要はないでしょう。このまま乗り進めて調子が上向いてくるのを待ちます。ある程度まで良くなったら入厩をお願いしたい考え。馬体重は先週と同じ470キロでした。

Posted by sachi at 06:50 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

フォーグが福島で、イーガーとガンバが函館で、それぞれ出走を予定しています。
フォーグは福島での成績がぱっとしないし、小回りの1200mはどうかなぁ。新潟なら好走歴があるので、ここをたたいて次と思いたいですが……
イーガーとガンバも頑張ってほしいけど、移動したばかりで調子が出るかどうか。イーガーは距離短縮。思い切って最初から飛ばしてみれば違った一面が見られるかも? しかし鞍上未定ということは、考えていないのか、それとも手当がつかないのか? 中村調教師は今年の募集馬からラフィアンと切れるみたいだし、どうもチグハグです。ひそかにいい騎手を手配中だと思いたい。

福島競馬場
マイネルフォーグ 6月20日(日) 11R バーデンバーデンカップ 国際 石橋脩 芝1200m
マイネルイーガー 6月19日(土) 2R 3歳未勝利 未定 ダ1000m
マイネルガンバ 6月19日(土) 3R 3歳未勝利 石橋脩 ダ1700m

*ラフィアン募集馬の予定厩舎が発表されましたが、う〜ん、どれもぴんとこない。厩舎が知りたかった馬はあれもこれも未定だし、厩舎でOKと思う馬は値段が高く、ほどほどでいいかなと思っていた馬は厩舎がだめ〜〜 結局、字面だけではどうしても出資したい馬がいません。
それにしても中村厩舎が消え、かわりに宮厩舎と宮本厩舎がのしてきました。でもこの2つは、結局、関西でもすぐ鉾田へ馬を送る厩舎だし、個人的にはもう願い下げ。奥平厩舎も同様に相性が悪い…… そして厩舎的にも馬も許せるのは、どうしても18万〜20万以上になってしまうみたい。社長の値付けは総体的に微妙に高い。それで走れば文句はないけど、ここ2〜3年さっぱり走らないから。走らない馬は800万でも、いや、ただでも高い(笑) 昔は15万以下でもよく走る馬いたのになぁ。アルビオン14万、フォーグが18万だったことを思うと、そしてドリームカトラスが13万、去年出資したドリームボンバー(ハッピーリズム09=17万=の上)が12万だったことからすれば、補償率の差を考慮しても、2〜3万は高いんじゃないでしょうか。カタログとDVDが来たら、補償充当のみを前提に、安くてそこそこ楽しませてくれそうな馬を探してみますが、果たしているかな〜? これというのがいなければ、今回も見送って、やがて発生するかもしれない3歳未勝利馬の補償(安馬だからないかも? 笑)を見込み、二次待ちになるでしょう。

Posted by sachi at 06:08 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ベニング、2着に惜敗

う〜む、残念。レース運びは悪くなかったのですが、最後に詰め寄られて首差の2着。
どうも右回りはあまり得意ではないのか、それとも小回りにちょっと戸惑ったのかなぁ。藤岡騎手はうまく乗ったと思いますが、最後あと一歩のところで粘り切れず、クビ差でさされてしまいました。勝ったのは愛知のメイショウドトウ産駒牝馬のマースキッス。相手は経験豊富で、名古屋で5勝。前走はやはり交流戦で2着していました。人気通りといえばその通りだけど、あそこまで行っていたのに悔しいなぁ。パドックで言われていたように、ベニングはまだ少し重かったかもしれません。これであと何回出走できるのだろう。こうやってレースを覚えていってくれればとは思うものの、何しろ時間がありません……orz

6月16日 (水) 名古屋第9競走 JRA交流競走メロン賞3歳 (サラブレッド系 3歳 定量) ダート 1400m(右) 天候:晴 馬場:稍重
2着 4枠 4番 サマーベニング JRA 牝 3 54.0 藤岡康(JRA) 宮 徹 478 0 1:29:0 クビ 2/10人気

*きょうは初めて地方競馬中継をライブで見ました。パソコンでライブで見られるなんて思いもしなかった。アナウンスをはじめ、本当にのんびりしていかにも地方…… お車のカギを落とした方がいるのでご連絡ください等々に、思わずくすり。んがっ、ベニング、ここで勝てなかったら次はどこ? 小倉に移動するのかな? そちらのほうが心配。少しでも競馬に慣れてくれればいいのですが。

Posted by sachi at 05:39 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン馬臨時更新

ベニングのレース前にコメントが出ていました。セゾンも外厩馬の更新は1カ月に2度だけど、入厩や放牧、あるいは出走レースに関して、ラフィアンと違いこういうきめ細かなフォローがあるのが、とてもありがたいです。
調子はよいようだったのですが、結果は経験馬にやられました。たしかに馬体や気配は前走よりよかったと思う。きっと次は、さらなる前進があるでしょう。

サマーベニング [入厩馬 / 宮徹厩舎] ■2010/06/16
--------------------------------------------------------------------------------
6/16(水)名古屋競馬第9レース、メロン賞、ダートの1400mに、10頭立て、4枠4番、藤岡康太騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後2時50分です。
6/13には息を整える程度の軽めの最終調整を消化。宮調教師は「しっかりと動けていますし、状態も前走時と比べて良くなっています。前進を期待します」とコメントしていました。ご声援ください。

Posted by sachi at 05:39 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン2歳馬近況

この世代、ラフィアンでただ1頭の出資馬ギブソンが、予想以上に順調のようです。口先だけで手足が素軽いとか反応がよいとか騒いでいるのだろうと思っていましたが(笑)、入厩前にMメガロスらとともに追い切りを行って最先着とは頼もしい。ギブソンは一次で1頭だけ早々と出資を決め、あとは2月末のぎりぎりまでメガロスともう1頭のアドマイヤマックス産駒で迷った結果、出資を見送った経緯があり、メガロスにも注目していただけに、これは本当にやれるかなと思いはじめたところです。が、まだ油断はできません。馬体は小柄だし、もう一回り成長がほしい。輸送・入厩して強い調教をやるとガレてくるのではないかと、少し心配です。無事ゲート試験に合格して順調にデビューできるよう祈ります。

▼マイネルギブソン……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネルギブソンは、この中間も坂路でキャンター1本のメニューを主体に順調に乗り込まれました。10日(木)には今週入厩予定のMメガロスらをパートナーに追い切りを行って最先着を果たしました。すっかり仕上がった印象を受けます。翌日の金曜日の夜に真歌トレーニングパークを出発。12日(土)の検疫で函館競馬場へ入厩しました。デビューを目指して進めていきます。出発前の馬体重は428キロ。

Posted by sachi at 06:36 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン外厩馬近況

2歳馬
ガイドはじわじわと体力をつけ良化しているようです。以前、動画で見た印象では、コメントはよいものの走りはまだまだという感じでしたが、ここにきてかなりしっかり走れるようになってきた模様。遅めの生まれでまだ成長途上なので、焦らずゆっくり体力をつけていってほしいもの。それでもそろそろBTCへ移動して乗り込みを再開とのこと。成長が楽しみです。
チェリーは予定通り、今週末か来週に入厩。途中、皮膚病を発症したみたいですが、ほとんど収まり順調にきているようです。牝馬で仕上がりも早そうだし、バランスがよく、歩様が柔らかいうえに、BTCでは牡馬に交じっても食いついていく根性がありました。いよいよ入厩→ゲート試験→デビューが見えてきたようで、嬉しい♪

ドリームガイド [外厩馬 / 愛知ステーブル] ■2010/06/15
--------------------------------------------------------------------------------
愛知ステーブル本場で育成中。引き続き順調に調整が進められており、体調カイ喰い共に問題はありません。この馬なりにしっかり成長が感じられ、一時期は華奢な体つきをしていましたが、だいぶしっかりして体力も付いてきた印象です。担当スタッフは「じわじわと良くなっています。走りも変わってきておりしっかりしてきました」とコメントしていました。この様子であればBTCへと移動し乗り込みを進めても問題無いと判断、近日中にも移動する予定です。今後は更なる体力強化を目指して乗り込みを進めて行きます。

サマーチェリー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2010/06/15
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。引き続き800mダートトラックコース1本ダクにて消化後、同コースでハッキング2本のメニューで運動しています。皮膚病も殆ど治まり気持ちにも余裕が出て来た様子で目付きも良く順調です。担当スタッフは「ようやく状態が上向いてきました。良い形で送り出せると思います」とコメントしていました。中間には高橋(祥)調教師が同馬の状態を確認。入厩について相談した結果、早ければ今週、遅くとも来週には入厩する運びとなりました。今後は入厩に向け態勢を整えて行きます。

3歳馬
バスケットは連戦の疲れがまだあるよう。疲労はだいぶ抜けたみたいですが、ここは少し間隔をあけて福島の最終週か新潟開催で復帰とのこと。うんうん、わたしも新潟あたりでよいと思います。新潟で勝ったら御褒美の放牧をあげてほしいな〜 それまであとひと踏ん張りしてもらいましょう。

ドリームバスケット [外厩馬 / スピリットファーム] ■2010/06/15
--------------------------------------------------------------------------------
スピリットファームで調整中。現在は800mダートトラックコース4本キャンターでハロン17秒程度のペースで運動しています。到着後に感じられた疲労もだいぶ抜けた様子で、トモの運びもスムーズになって歩様の硬さも感じられなくなりました。担当スタッフは「見た目には少し体が減っているように思いますので、もう少しフックラとさせて送り出してあげたいですね」とコメント。当初は3週間程度で帰厩させる予定でしたが、まだ先のある馬でここはしっかり体を作って挑みたいとの結論に至りました。併せて福島の1週目2週目には4歳の降級組が出走し、相手関係がだいぶ揃う可能性が高い事も判断材料となりました。もうしばらく乗り込みを続け態勢を整えて行きます。復帰は福島最終週か新潟開催が有力です。

Posted by sachi at 06:34 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 14, 2010

サマーベニング、出走確定

10頭立てです。ここで勝てないと、次が苦しい。
追い切りの時計はいいですね。なんとしても頑張れ〜! 康太くんたのんだよ。

6月16日(水)
名古屋競馬 9R メロン賞 ダート1400m 10頭立 4枠4番 藤岡康太騎手 14:50発走

【調教時計】
6/13 栗東坂/良 - - - 53.8 39.2 25.3 12.7

*地方のレースは生で見られるんでしたっけ? 出資馬が現役のときほとんど出走したことがないのでよく分かりませんが、画像の質を問わなければパソコンで見られるんですよね? ありがたい時代になったものです。

Posted by sachi at 05:25 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ベニングが今週、地方交流戦に出走

水曜日に名古屋で出走します。まだ2戦目ですが、なんとか頑張って目処をつけてほしいです。康太騎手も久々にいいところを見せられるよう、頑張れ〜!

サマーベニング
6/16 (水) 名古屋 9R メロン賞 ダート 1400m 藤岡康太騎手

Posted by sachi at 09:14 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 13, 2010

フォーグ、バーデンバーデンCに登録

どこで発生したのかも分からない骨折に加え、登録ミスを繰り返して、この1年ろくな出走がないフォーグ……
ようやく出走できそうな福島のバーデンバーデンCですが、1200mでどうでしょうか。重賞ではないので、さすがに相手関係は楽そうですが、勝ち負けまでは疑問。掲示板に載るのがせいぜいかな。今月の会報に載っていたフォーグ担当の厩務員、立山さん、新潟で待望の2勝目を挙げたときには(なんと、それはもう2年以上も前のこと)思わず涙したとうかがっています。立山厩務員さんのためにも、ここらでなんとかもう1つ勝たせてやりたいなと思うのですが、やはり適鞍の1400mじゃないと無理だろうなぁ……

6月20日(日) 2回福島2日 バーデンバーデンカップ 第1回特別登録 28頭
サラ系3歳以上 (国際)[指定]オープン ハンデ 1200m 芝・右
アンバージャック
ウエスタンビーナス
エムエスワールド
キクノサリーレ
ケイアイスイジン
ケイティラブ
コスモベル
サンエムパーム
ジェイケイセラヴィ
シンボリウエスト
スターシップ
ソルジャーズソング
ダイシングロウ
ダイワエンパイア
ダンツキッスイ
テイエムカゲムシャ
トーセンブライト
トーホウレーサー
フライングアップル
ボストンオー
マイネルスケルツィ
マイネルフォーグ
マルブツイースター
メジロシリング
モルトグランデ
リキサンファイター
レキシントンシチー
ワールドハンター

*今月の明細書が送られてきたのを機会に、ラフィアンでの半年の収支をざっくり計算してみたところ、会費や維持等すべて込みで、20万くらいのプラスでした。
例年なら、このプラス分で今年の募集馬に出資するのですが、今年は補償の充当以外に考えていません。今月の収支は赤字だったし、鉾田、鉾田とせっせと移動させられるわりに、維持費が厩舎にいるときとあまり変わらない。そのくせ結果(成績)が出ず、ここまでプラスになっているのは、ひとえにルーチェとアルデュールがそれぞれ1000万下、500万下を勝ってくれたおかげ。ルーチェが引退し、アルデュールも牧場、残る稼働馬がフォーグとハヤト、そして未勝利の3歳3頭となると、とても出資する気になれません。ま、ギブソンがデビュー勝ちでもしてくれれば頭の切り替えもできるかもしれませんが、それはたぶんないでしょう。
5歳のアルデュール世代からクラブの成績が低下しはじめ、4歳のアリオンはなんとか勝ち上がったものの、そのあとも使い方が本当に下手くそで、何のかんのと言っては1年ほとんど鉾田と牧場で過ごしました。そして3歳馬も似たようなもの、いや、なお悪いことに、いまだに勝ち上がりなし。やはりわたし的には十分に潮時ですね。同じく会報によると、レース選択はかつて北海道の牧場(つまりは総帥?)がやっていたのだけれど、社長交替以後は東京事務所(すなわち現在の特定エージェント偏重のラフィアン事務所所属ではない人物?)になったみたい。どうりで馬の把握もできていないわけだ。鉾田に加えてあのレーシングマネジャーが変わらないかぎり、多少の浮沈はあっても今後成績が大きく好転するとも思えない。ラフィアンのカタログが来てもしばらくは様子見して、当面はセゾンの3歳馬2頭と、今週地方交流戦に出走のSベニングで楽しみましょうかね。

Posted by sachi at 06:06 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 11, 2010

ラフィアン入厩馬近況

6歳馬
どうもハヤトは障害に向いていない気がするんですが…… ま、グリッツァもそう思ってはいたけれど予想以上に上手だった。畠山厩舎へ転厩した段階で、これはデファクトだったのでしょうから、いまさら言っても仕方がありません。無事に障害馬デビューできることを祈るしかないのでしょう。
フォーグはいつの間にか厩舎に戻っていたわけですが、この手の移動が出ないのはどうですかね。セゾンだときちんと臨時更新してくれるのに。言っても仕方がないことなんでしょうが、いらつきます。来週の福島バーデンバーデンCは石橋騎手か…… 福島だから、これまた仕方がないのか。毎度毎度「好勝負ができそう」というリップサービスも聞きあきた感ありで、昨今の宮厩舎にはうんざり。本当にフォーグが好走できたなら、信頼を取り戻すことにします。

▼マイネルハヤト……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:畠山重則
マイネルハヤトは、美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。水曜日に草野騎手が跨がり、芝よりも難易度が低いダートの障害コースを併せ馬で1周しました。スタート直後の3連続障害の真ん中でブレーキがかかってしまう飛越。そのせいで単走になってしまいましたが、向正面にある水濠や坂のアップダウンなどの障害を無難にこなしていました。調教助手は「併せた相手に跨がっていた高野騎手が『牝馬だったので気にしていたかもしれない』といっていた。牝馬を見るとブーブー鳴くなど馬っ気が強いタイプなので、影響したのかも」と話していました。まだ練習は必要ですが、週末などの進み具合によっては来週にも障害試験を受けてみるかもしれません。

▼マイネルフォーグ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、5日(土)にグリーンファーム甲南から栗東トレセンに入厩しました。さっそく翌日曜日に15−15を消化し、水曜日には来週の福島、バーデンバーデンCを目標にラストまでしっかり追って負荷をかけました。もともと稽古では動く馬ですが、楽に6ハロン80秒を切ってきたように調子が良さそうです。宮師は「追い切りの動きがとても良かった。少し体が立派になって帰ってきたが、この一追いで変わりそうだし福島への輸送もある。この状態なら好勝負ができると思う」と述べていました。石橋脩騎手に騎乗を依頼しています。

3歳馬
イーガーは中村厩舎へ戻って調教再開。イーガーもガンバもすぐ太ってしまう体質。そろってあす函館へ出発です。輸送もあるのに(栗東からは遠いよ〜)、開幕週のダート出走で大丈夫なのかしら。ま、何しろ早く勝ち上がってくれないと困るので、なんとかうまくいってほしいものですが……
ガンバも同様にあす函館へ。はぁ、ほんとうにこの2頭とポローニアにはため息が出ます。なんとか勝ち上がってほしいな。せめて1頭は。

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー/関西:中村均
マイネルイーガーは、9日(水)に宇治田原優駿ステーブルから栗東の中村厩舎へ移動しました。さっそく木曜日から調教を開始。ニューポリトラックを1周した後、坂路を駆け上がっています。きょう金曜日には坂路で追い切りを行い、53.9−39.9−26.9−14.3を単走でマーク。中村師は「少し体が立派になって帰ってきた。体型もあるけど、もっと絞れると最後の粘りも増すと思うのだが…」と述べていました。あす土曜日に函館競馬場へ向けて出発する予定。使えれば開幕週のダ1000mへ向かう予定にしています。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア/関東:畠山重則
マイネルガンバは、美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。次走が来週の予定。1本の追い切りでレースへ向かうプランもありましたが、中3週となるレース間隔を考えると少々の不安があります。当初からの予定通り、移動前にも1本速いタイムを出した方が良いと判断し、きのう10日(木)に70−40から終いを一杯に追いました。ふらふら走っていたのは入厩当初だけです。担当者は「太りやすいタイプと聞いている。確かにそんな感じがするので気をつけたい」と話していました。函館競馬場に向け、あす12日(土)にトレセンを出発します。

ついでにもう一つ、移動馬のリストに、ギブソンも明日、函館競馬場に入厩とだけ出ていますが、これは臨時更新すべきことじゃないの? ましてや月曜まで更新がないんだから。ほんとに気がきかないというか、情報サービスがお粗末すぎる。とにかく、ギブソンもまずはゲート試験に受からないとね。馬体もまだ小柄だし、成長途上なので、そう焦って入厩させる必要もないと思うのですが、その点では長い距離を移動せずにすむ函館への直接入厩はありがたい。とはいえ、何かツアーを盛り上げたいという意図が透けて見えるのがいやだな。

Posted by sachi at 07:20 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン入厩馬近況

2歳馬
ボンバーが初時計を出しています。鞍上が騎手とはいえ、悪くないタイムに思えます。最後までしっかり走れており、フォームもきれいとのことで、何より。どこでデビューになるのか、近日中に協議……わぁ、本当に楽しみです。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2010/06/10
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路とフラットコースを併用して乗り込まれています。先週のゲート試験での疲労も無く稽古にしっかり励んでいます。6/9には上野騎手を背に坂路で実質初めてとなるスピード調教を消化しました。併せ馬で4ハロン55秒台、ラスト1ハロン13.4秒の時計を強めに追われてマーク、併せたケージーヨシツネ(新馬、馬ナリ)を2.7秒追走し0.1秒先着しています。後ろから追いかける形での内容でしたが、最後まで脚色が変わる事無くしっかりとしたフットワークで走れており評価できます。飯田調教師は「最後までしっかり走れており、フットワークも悪くありません。基礎体力がしっかりしているので疲れなども無く順調です」とコメントしていました。綺麗なフォームで走れている事も評価できこのまま乗り込みを進めて態勢を整えたい所です。近日中に飯田調教師とデビュー時期等について協議して行きます。

3歳馬
カトラスは今週も軽目の調整。2連勝のあとなので、しばらく間隔がとれるのはいいこと。ラジオNIKKEI賞に出走できれば力試しをしてほしいけれど、ダメなら自己条件でOK。そのあたりの調整は、佐々木厩舎なので信頼していいでしょう。これからもめきめき力をつけていってほしいな。
ベニングは来週、交流戦に出走。タイムは……うむ、まぁどちらかというと平凡ではないかと思いますが、地方交流戦なのでこれくらいでも大丈夫なのだろうか。更新された写真を見ると、いかにも父の産駒というか、毛色と筋肉のつき方が、アグネスデジタルにそっくりなんですが、今回も「この馬なりに」がつくところが…… しかしカトラスも「この馬なりに」がついていた馬。まだ2戦目ですが、何とか頑張って目処を立ててほしい。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/06/10
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路とフラットコースを併用して運動しています。6/10には坂路で動きを確認しました。前走での疲労もそれ程では無く、体力も以前に比べてだいぶついてきた印象です。今週一杯は引き続き軽めの調整。来週辺りから徐々にペースを上げて次走に備えて行きます。

サマーベニング [入厩馬 / 宮徹厩舎] ■2010/06/10
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。6/9に坂路で追い切りを消化しました。併せ馬で4ハロン54秒台、ラスト1ハロン13.5秒の時計を一杯に追われてマーク、併せたステラアルピーナ(3歳未勝利、馬ナリ)を0.8秒追走し併入しています。なかなか力強いフットワークで終いも脚色は変わらずそのまま上がってきており、この馬なりに状態は良さそうです。宮調教師は「以前に比べ動きも良くなり状態は良さそうです。今週はある程度ハードな調整を行いましたので、最終追い切りは日曜日に予定しています」とコメントしていました。尚、6/6に申し込み締め切りの交流競走には無事に選出されています。次走については6/16名古屋競馬、メロン賞、ダートの1400mに出走予定。藤岡(康)騎手に騎乗依頼しています。

Posted by sachi at 01:58 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

2歳馬のボンバーが、初めてのスピード調教で時計を出しています。
来週、交流戦に出走するベニングは、坂路でまずまずの時計かな。
ガンバはいつも通り、イーガーは軽目の調整、フォーグは一杯に追ってタイムはいつもよりやや悪いくらいか。好調時は終い11秒台の時計を出すのですが…… 

ドリームボンバー
6/9 上野翔 栗東坂/良 1 - - - 55.1 40.3 26.8 13.4 強目に追う
 ケージーヨシツネ(新馬)馬ナリを2.7秒追走0.1秒先着
サマーベニング
6/9 助 手 栗東坂/良 2 - - - 54.0 39.6 26.2 13.5 一杯に追う
 ステラアルピーナ(三未勝)馬ナリを0.8秒追走同入
マイネルガンバ
6/10 助 手 美南D 良 - - - 69.8 54.5 40.1 13.0 8 一杯に追う
マイネルイーガー
6/10 助 手 栗東坂 良 - - - 60.4 45.1 30.6 15.8 - 馬ナリ余力
マイネルフォーグ
6/6 助 手 栗東P 良 - - - - 60.7 45.1 15.3 7 馬ナリ余力
6/9 助 手 栗東P 良 - - 79.4 63.6 49.6 36.9 12.5 8 一杯に追う

Posted by sachi at 01:57 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 09, 2010

鉾田滞在馬近況

3歳馬
ポローニアは、ふけの影響は仕方がないにしても、いつまでたっても調子が上がってきません。ま、鉾田ではいつもそうなので、とりあえず骨膜が良化している(痛がらない)ならよしとするしかないでしょう。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン/関東:稲葉隆一
マイネポローニアは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。先週行った試し乗りの結果、歩様に問題はなかったため調教を開始しました。角馬場でダクを行って体をほぐした後、坂路でハロン20秒程度の軽いキャンター1本を乗っています。育成主任は「フケの影響か以前のようにグイグイとハミを取る感じにはないが、軽めのペースで進めている現在は抑えが利くので助かっている。ただ調子が上がってくるまでにはもう少し時間が掛かりそう」と話していました。馬体重は470キロ。

Posted by sachi at 06:08 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 08, 2010

北海道滞在馬近況

5歳馬
アルデュールは熱発していたとは。でも回復して何よりです。ここはゆっくり休養して無事に復帰し、引退まで充実した競走馬生活を送れるよう願います。

▼マイネアルデュール……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス/関東:相沢郁
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和に滞在中。到着時に輸送熱を発症しており、頭を下げて元気がなかったことが気掛かりでしたが、翌日には馬房内をしきりに動き回っていて体調が戻っていました。そのため同日に移動してきたMノーブレスと一緒の放牧地で到着翌日の28日(金)から昼夜放牧を行っています。お腹周りには余裕が出てきたものの、背中から腰にかけて落ちた肉がまだ戻ってきません。1ヶ月程度はのんびりさせたいと考えています。

4歳馬
アリオンはまたしてもリセット!? ほんとにこの馬は、やはり大ケガ以来、間が悪いというか何というか。同じように武者修行に他場に出されて一度調子を落としたギブソンが、同じ轍を踏まないよう願いたい。アリオンには夏までにもう1つ勝ってから降級してもらいたかったけれど、それも夢に終わりました。ま、人材面、育成面、レース選択等の現状を考えれば、仕方がないことなのかもしれませんが、今更言ってもどうなることでなし、厩舎も厩舎だし、とにかく何とか体調よく復帰してあと1つ2つ勝ってくれることを祈るばかりです。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム明和に休養中。1日あたり19時間ほど行う昼夜放牧を継続しています。蹄叉の痛みはもうほとんど引いていますが、一息入れている間に身体が緩んでしまい、この状況ならもう一度リセットした方が良いとの判断から、乗り出しの開始時期を遅らせることにしました。来週から坂路調教に取りかかる予定。新鮮な青草をたくさん頬張っています。日に一度の飼い葉も残しません。

Posted by sachi at 11:06 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 05, 2010

ラフィアン入厩馬近況

6歳馬
ハヤトは障害練習中。集中しないと障害は飛べないよ。だけど併走馬がいればスムーズにクリアって、ちらちら横目で見てるんかしら? それは逆によいこと(あちこちに注意を配れる)なのかもしれません。「カーロほどポンポン進んでいるわけじゃない」のは、ちょっと不安。カーロはまだ障害勝ってないし。
フォーグは「すべてが順調」って…… 馬はすべて順調。しかし厩舎とクラブがへまばかりやっているから、適鞍のレースに出走できないんじゃないですか。まったく。バーデンバーデンCが向いているとは、いまも思えません。

▼マイネルハヤト……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:畠山重則
マイネルハヤトは、美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。今週の半ばに草野騎手を背に3回目の障害練習を消化しました。角馬場に設置してある低い竹柵を経験させた当初は、単走で戸惑って飛越を躊躇していましたが、併走馬がいればスムーズにクリアできます。陣営は「今後もパートナーを見つけながら稽古を積んでいきたい。(同厩の)カーロほどポンポン進んでいるわけじゃないが、この馬も順調」と話していました。

▼マイネルフォーグ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、トレセン近郊のグリーンファーム甲南に滞在中。600mの坂路を3本駆け上がっています。基本メニューを消化しつつ、この中間には3本目に15−15を課す調教を取り入れました。すべてが順調に進行しています。飼い葉の食べ残しも見られません。あす5日(土)に栗東の宮厩舎に入厩する予定。福島開幕週のバーデンバーデンC・芝1200mを目標にしています。

3歳馬
イーガーはまだ宇治田原です。来週以降に帰厩したあと、函館遠征ですか。ガンバも来週函館に移動して、開幕週のダート1700mを予定しているし、ギブソンも函館入厩ということなので、これは本気で函館遠征を考えなければ。イーガーにはここで調子を上げて何としても勝ち上がってほしい。
ガンバも転厩して美浦に入厩後、函館に移動です。ダートが本当に適性があるのかどうかさえ、いまだにわたしは疑問をもっていますが、この馬にも何とか勝ち上がってほしいです。何しろまだ出走数が少なく、経験に乏しい。ほんとに腹立たしい鉾田での6カ月。馬体に悪いところもなく、ただの短期放牧の予定で行ったのに…… 

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー/関西:中村均
マイネルイーガーは、宇治田原優駿ステーブルで調整中。870mの坂路と600mのトラックコースで乗り込まれています。ハロン20〜23秒を基本に、29日(土)にラスト2ハロンを17→15秒を、1日(火)には同16→15秒の調教を消化しました。あすは15−15の予定。担当者は「走りが力強い。傾斜も苦にせず、楽々と駆け上がってくる。こっちでは落ち着いていますよ」とコメントしていました。帰厩は早くても来週になる見込み。今後は函館への遠征が有力です。

▼マイネルガンバ ……父ロージズインメイ/母マイネガイア/関東:畠山重則
マイネルガンバは、3日(木)にビッグレッドファーム鉾田から美浦の畠山重則厩舎へ移動しました。きょう金曜日からダートのDコースで乗り込まれています。週末、来週半ばと追い切りを行って、土曜日に函館競馬場へ向けて出発する予定。開幕週のダート1700mへの出走を視野に入れています。

*先日、公式HPでも案内のあったグリーンチャンネルの「ダービー馬を探せ! 丸ごと2歳馬情報」に、ギブソンがとりあげられていました。動くギブソンの馬体をきちんと見られたのはほとんど初めてだったので、やはり嬉しかった♪ それにしてもラフィアンの血統は、他の馬たちと比べると……(以下略)

Posted by sachi at 05:13 AM | Category: HORSE | Comments (4)

セゾン馬近況臨時更新

2歳馬
ボンバーがゲート試験に一発で合格! 今週ゲートの練習を始めたばかりなのに学習能力が高い馬と、嬉しいコメントです。来週からはいよいよデビューに備えての乗り込み。体力はあるし、気性も問題なさそうなので、とても楽しみです♪

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2010/06/04
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。本日、目立った疲れなども感じられなかった為、ゲート試験を受験しました。進入、駐立、発進共に何ら問題無く、見事一発合格しています。飯田(雄)調教師は「そこまで練習量を確保した訳ではない中、気になる点も無く見事合格しました。学習能力が高い馬で楽しみですね」と笑顔でコメントしていました。実質本格的なゲート練習は今週からですので正直驚いています。今後はゲート試験での疲労などもあるかと思われますので軽めの運動で、いよいよ来週からデビューに向けペースを上げて行く予定です。

3歳馬
ベニングが帰厩して、地方の交流戦に申し込む予定とのこと。骨折のせいでデビューが遅くなり、とにかく1勝をあげなければというこの時期なので、ぜいたくは言えません。なんとか勝ち上がれるといいな。勝ち上がれないまでも、レースを覚えられますように。選出されない場合は阪神開催を目標とのこと。ベニングは未勝利を勝つくらいの力はあると信じているので、その場合もきっちり調整をしてのぞんでほしいものです。
バスケットは昨日に続いての更新。当初の放牧予定先、水野馬事センターではなく、スピリットファームに移動しました。このあたりはあまり経験がないので、どちらがよいのか悪いのかよく分からないけれど、スピリットファームは確か引退したサマーパステルも行っていたところではなかったかな。まあ、どちらも悪くない印象です。短期放牧でリフレッシュして、福島あたりで頑張ってくれれば問題ありません。頑張れバスケット。夏の休養前にあと1つ勝っておくと、あとが楽なのよね(^o^)

サマーベニング [入厩馬 / 宮徹厩舎] ■2010/06/04
--------------------------------------------------------------------------------
6/4に宇治田原・優駿ステーブルから栗東トレセンへ入厩しました。特に問題無く無事に到着しています。牧場では今週に坂路2本ハロン15秒程度の調整を率なく消化しており、良い状態で送り出せています。宮調教師は「早速週末から動きを確認して行きたいと思います」とコメントしていました。次走については今週末に申し込み締め切りの名古屋競馬交流競走、メロン賞、ダートの1400mに投票を行います。選出されない場合は阪神開催を目標にしています。

ドリームバスケット [外厩馬 / スピリットファーム] ■2010/06/04
--------------------------------------------------------------------------------
6/4に美浦トレセンからスピリットファームへ移動しました。特に問題無く無事に到着しています。到着後の歩様チェックではそこまでではないものの、トモの運びが重苦しく疲労が抜けていない様子です。今週一杯は軽めの運動で様子を見ながら騎乗再開時期を検討して行きます。順調に行けば3週間前後で帰厩する予定です。尚、当初は水野馬事センターへの放牧予定でしたが混み合っておりスピリットファームへ移動する運びとなりました。

Posted by sachi at 05:06 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 04, 2010

セゾン入厩馬近況

2歳馬
ボンバーは順調にゲート練習を進めており、来週には受験予定。合格すればいよいよデビュー待ちです。素直な性格が何より。何ごとにもまじめに前向きに取り組む馬なので、競馬に行ってもきっと力を発揮してくれるでしょう。デビューが楽しみです。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2010/06/03
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。ゲート練習と馬場での運動を併用しています。素直な性格で担当スタッフの指示にもしっかり従い順調に日々のメニューを消化しています。そこで6/2には試験さながらの内容でゲート練習を行いました。進入、駐立、発進ともにスムーズで、ほぼ合格水準にあるのではないかと見ています。飯田(雄)調教師は「これと言って手のかかる場面も無く順調です。あとは他馬のあおりを受けたり、独特の雰囲気ですのでその辺が影響しなければ合格は出来るのではないかと見ています」とコメントしていました。早ければ明日、遅くとも来週にはゲート試験を受験する予定です。

3歳馬
カトラスはレース後の目立った疲労もなく、運動を再開とのこと。本当に休養前と大違いです。出走は微妙なところらしいですが、福島でのラジオNIKKEI賞に登録予定。出走できれば、力試しになるでしょう。ぜひ頑張ってほしいところです。
バスケットのほうは、今回疲労が抜けきらず、東京開催での出走は断念。そうですね、いつも2走して3走目はどうも調子が上がらず、放牧のあとに上向くことから、そういう馬かもしれません。まだ馬に弱いところがあるのでしょう。無理して出走せずとも、まだまだこれからの馬です。ステイゴールド産駒はどちらかと言えば奥手のほうだと思うので、休養をはさみながらの成長を期待します。短期放牧で体力を強化しつつ、2勝目をあげられるよう調整してくれれば問題ありません。とにかく勝ち上がっているのは、大きな強みd(^-^)!

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/06/03
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。見事7年ぶりにコースレコードを塗り替え勝利で飾った前走。帰厩後の歩様チェックでも目立った疲労などは感じられず、無事に運動を再開しています。佐々木調教師は「デビュー戦とその次と2戦を消化した後に放牧へ出してから馬が変わりましたね。レース内容もさることながらレコード決着とは正直驚いています。でも着実に力を付けてきていると思いますし今後も楽しみですね」と笑顔でコメントしていました。次走については出走が叶うかは微妙な所ではありますが、7/4福島競馬、ラジオNIKKEI賞(G?)、芝の1800mに登録を行う予定です。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2010/06/03
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。今週の出走を予定していましたが目標を切り替えました。普段は疲労がそこまで抜けにくいタイプでは無いのですが、気温が急に上昇している事も影響しているのか、どうも踏み込みに力強さが感じられず疲労感があります。阿部調教師は「何とかこの時期にもう1走をと考えていたのですがどうも本調子とは言えません。疲労が原因と思われますので、まだこれからの馬ですし一度放牧へ出したいと思います」とコメントしていました。近日中に水野馬事センターへ放牧に出る予定です。

Posted by sachi at 07:07 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 02, 2010

鉾田滞在馬近況

3歳馬
ガンバはあす入厩。畠山厩舎にはハヤトも転厩したわけですが、どうもなぁ…… やはり再生工場とは言いがたい。しかし出走できないよりはマシ。なんとか厩舎のエース級になれるよう頑張ってもらいたいとしか言いようがありません。馬体はとてもよくなっていただけに、すぐ鉾田へ出されたのが悔やまれます。ここは最高の仕上げをして出走させてほしい。阿部厩舎のエデンのような仕上げをして出してくれるなら、厩舎成績そのものはよくなくても満足。セゾンのドリームバスケットも、月曜に今週出走の予定が出ていたけれど、来週に延びたよう。おそらく騎手の都合だと思いますが、その分だけきっちり仕上げてくれます。そこを何がなんでも出走させてしまうのがラフィアンだし、畠山重厩舎では踏ん張ってくれず、仕上げも?なのでだめっぽいのよね〜 ま、ガンバの頑張りに期待しましょう。
ポローニアはこの時期の骨膜休養で、もう半分以上終わっている気がします。あまりいい結果を出せなかったのは、最初は気性、そして骨膜のせいでしょう。そうした事柄を見抜けない鉾田(と厩舎)にずっといたのが不運の始まり。いつごろ復帰できることやら……

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア/関東:畠山重則
マイネルガンバは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。現在はハロン17秒の乗り込みがメインです。馬体重は520キロでした。この数字が示す通り、1ヶ月ほど前に滞在していたときよりもすっきりしたシルエットです。あす3日(木)に美浦の畠山重則厩舎に転厩の上、入厩する予定。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン/関東:稲葉隆一
マイネポローニアは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。サンシャインパドック付きの厩舎で管理しつつ、ウォーキングマシンによる運動を行っています。右ヒザ骨膜による歩様のぎこちなさはほとんど気になりません。未勝利の立場でもあるだけに、乗り固めていくのがベターでしょう。近日中にも試し乗りをしてみます。馬体重は前走から14キロ増の474キロ。復帰の時期は乗り出してからの患部の状態や動きなどを確認してから検討します。

Posted by sachi at 07:42 PM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道滞在馬近況

2歳馬
ギブソンは覇気を取り戻したようですが、それでもう来週末に函館入厩? ちょっと早いんじゃないかなぁ。今年はどの馬も早々と入厩させているようですが、いくら早くデビューさせても態勢が整っていなければ…… もちろん整っている馬なら望むところではありますが、下手に強い負荷やストレスをかけると成長がとまってしまうのではないかと恐れています。ギブソンはじっくりでいいのに。ま、馬体重が少し増えたのはよい傾向。まだ小柄な馬なので、焦らずタイミングを見てのデビューをしてほしい。函館デビューとなると、一度応援に行ってみたい気はするものの、マイレージを使うとなると4日前までに申し込まなければならないため、ちょっと厳しいなぁ。

▼マイネルギブソン……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネルギブソンは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。軽くひと息いれて覇気が出ました。持ち前の前進気勢が戻り、手先の軽さを活かした軽快なフットワークで駆け上がっています。中間にMヴィーゼと行った追い切りも上々の動きです。馬体重は前回計量時から11キロ増えて434キロ。幅が出てきたのは良い傾向です。(産地馬体検査を受検しなくても)函館競馬場に直接入厩できる制度に申し込み、函館へ入厩できることになりました。来週末に移動する予定です。

Posted by sachi at 06:03 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 01, 2010

セゾン外厩馬近況

2歳馬
ガイドは暖かくなってきて成長が認められるとのことで、もう少し成長を促しつつ現メニューを継続。飼い食いもけづやもよいと、安心できるコメントです。もともと遅生まれできゃしゃな印象だったのが、写真を見てもここにきて筋肉がついてきた感じ。ラヴ産駒が早熟ばかりでないことは、これまでに十分体験ずみ、焦らずじっくりいってほしい。
チェリーはあと1〜2週間の入厩待ち。もともと6月半ばに入厩というコメントだったので、こちらも予定通りです。移動による熱発もすぐにおさまり、いまは騎乗再開。とはいえ皮膚病が少し気になります。牝馬なので環境の変化に敏感なところもあるのかもしれません。慣れてくれば気持ちの余裕も出てくるでしょう。とにかく一生懸命にとりくむ性格の牝馬ちゃん。頑張って〜!

ドリームガイド [外厩馬 / 愛知ステーブル] ■2010/05/31
--------------------------------------------------------------------------------
愛知ステーブル本場で育成中。順調に調整が進められており、体調カイ喰い共に問題はありません。当初はBTCへ移動し乗り込みを進めて行く予定でしたが、暖かくなって見た目にも成長が感じられる中で、もう少し現メニューで成長を促したいとの判断で、引き続き本場にて乗り込みを進めています。担当スタッフは「ここに来て一息入れている効果が感じられるようになってきています。毛ヅヤも良いですし体にも少しづつ肉も付いてきました」とコメント。この馬なりのペースではありますが着実に成長が感じられるのは良い傾向です。引き続きこのまま乗り込みを進め心身ともに成長を促して行きます。

サマーチェリー [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2010/05/31
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。現在は800mダートトラックコース1本ダクにて消化後、同コースでハッキング2本のメニューで運動しています。移動後に発症した熱発もすぐに治まった事から中間から騎乗を再開しています。内臓からの疲れが出て来ているのか軽い皮膚病を発症しています。担当スタッフは「まだ若馬なので気持ちに余裕がありません。ただ、しっかりと乗り込んで来ているので態勢が整うまで時間はそれ程かからないと思います」とコメント。今後は状態を確認しながらペースを上げて入厩に備えて行く予定です。

3歳馬
ベニングは次走あたりが本当に正念場。カトラスが長い休養をへて急に強くなったように、あと少しの辛抱で変わり身を見せてくれるよう願います。とはいえ未勝利戦はもうさほどのんびり構えているような余裕はありません。足元は大丈夫のようだからこれから持ち前の回転の速いフットワークを発揮できるような体力と気力の充実を期待します。

サマーベニング [外厩馬 / 宇治田原優駿ステーブル] ■2010/05/31
--------------------------------------------------------------------------------
宇治田原優駿ステーブルで育成中。現在は600mダートトラックコース1本ダクにて体をほぐし、同コースを2本キャンターでハロン20秒程度のペースで消化した後、800m坂路1本ハロン20−18秒程度のペースで乗り込まれています。脚元にも特に問題は無く順調に調整が進められています。担当スタッフは「初めて来た頃と比べ、だいぶ子供っぽさが抜けて来ました」とコメント。一度レースに使った事で落ち着きが出て来たのだと見ており評価出来ます。今後はハロン15秒程度のスピード調教を取り入れこのまま入厩に備えて行く予定。近日中に宮調教師と入厩時期等について協議して行きます。

Posted by sachi at 04:22 AM | Category: HORSE | Comments (0)

出走結果レポート

カトラスは本当に意外な展開になってきました。体質が弱くて稽古だけで疲れて放牧……という馬だったのに、何なんでしょうか、この変わり身は? ラフィアンだともう引退させられていたかも。ラフィアンのやり方に慣れているので、放牧ばかりの佐々木先生に焦ったときもありましたが、じっくりと牧場で過ごさせたのがよかったのだろうか。今回も内の経済コースをロスなく回り、鞍上も−2キロの斤量と恵まれていたとはいえ、最後にすごい脚を見せてくれました。コメントでも、まだ距離の融通がききそうだし、1400m〜1600mの馬と思っていたのに、もっと伸びてもよさそうです。ほんとに楽しみ〜 カトちゃん、もっともっと成長してね!

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/05/31
--------------------------------------------------------------------------------
5/30(日)京都競馬第7レース、3歳500万下、芝の1600mに、12頭立て、3枠3番、国分恭介騎手騎乗で出走し、見事優勝しました。
まずまずのスタートを決めると鞍上が気合を付けながら出して行きます。道中は昇級初戦のクラスの違いにも戸惑う事無く内の4番手でスムーズに追走。その後は前半3ハロンの通過が34.4秒と淀みの無い流れの中、各馬が進出を開始すると同馬は内の経済コースを通り脚を溜めながら3、4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出すと反応し脚を伸ばします。逃げるマイネホコモモラをメンバー中上がり2番目の35.3秒の脚を使い、残り200m辺りで交わすと見事先頭でゴールを駆け抜けました。馬体重は前走から増減無く444kgでした。騎乗した国分(恭)騎手は「スタートも良かったので内をロス無く回れました。最後は反応も良く凄い脚を使ってくれました。これからも楽しみですね」と笑顔でコメント。佐々木調教師は「強いレースだったと思います。距離もまだ融通が利きそうで、まだこれからも楽しみですね」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って様子を見てから検討して行きます。

【追記】 ラジオNIKKEIにも記事が出ていました。
京都7Rの3歳500万下(芝1600m)は、8番人気ドリームカトラス(国分恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0のレコード。1馬身半差の2着に1番人気ランリョウオーが、1馬身1/4差の3着に3番人気プリムールがそれぞれ入線。
ドリームカトラスは栗東・佐々木晶厩舎の3歳牡馬で、父デュランダル、母ゴールドリーフ(母の父ダイナガリバー)。通算成績は4戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ドリームカトラス 国分恭介騎手
「返し馬からすごくいいキャンターをするな、と感じました。ペースが速くて、追走には苦労しましたが、仕掛けると反応もよかったです。余力もありましたし、まだまだこれから成長すると思います。折り合いに問題のない馬ですから、距離は延びても大丈夫です」
佐々木晶三調教師のコメント
「レコード勝ちには、馬場がいいとは言え、ビックリしました。まだまだ馬は子どもですが、放牧とともに前向きさが出てきました。距離が延びても大丈夫そうですね」

*次走は福島7月4日のラジオNIKKEI賞との話もあるようですが、直線の短い福島はどうかな。いまの調子を維持してさらにレースを使った上積みがあれば面白いとは思いますが、厩舎に戻ってからのコメント待ち。楽しみです(^o^)
**某掲示板に、デュランダル産駒については社長(総帥)の相馬眼はあるようだといった内容のコメントがありましたが、カトラスに関するかぎり、母の胎内にいるときにBRFが繁殖を購入したので、生産者(社台ファーム)がデュランダルをつけていただけで、相馬とかそういうものではありませんね。セゾンでの価格が安かったのも、繁殖を格安で購入したのでしょう。そのあと3世代続けてロージズインメイをつけているようですし、下には期待できないような?(募集馬にも入っていませんし)

Posted by sachi at 04:09 AM | Category: HORSE | Comments (0)