February 27, 2010

バスケット入厩

そろそろと思っていたバスケットが入厩しました!
さあて、コメントによると、リフレッシュできているとのこと。これからは厳しい未勝利戦を勝ち抜いていかなければならないだけに、気分屋?なのか凡走と好走を繰り返していたバスケットの気性が成長してくれたことを祈ります。3月半ば以降の中山開催のうちに復帰できるなら、応援に行けるかも。
ちなみにこの移動情報は、出走予定、出走確定、出走結果とともに、いつもメールでお知らせがきます。ラフィアンもツイッターなんぞよりその手の情報サービスを強化してもらいたい(もちろん、近況のタイミングや内容の正確さは言うまでもありません)

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2010/02/27
--------------------------------------------------------------------------------
2/26に水野馬事センターから美浦トレセンへ入厩しました。特に問題なく無事に到着しています。阿部調教師は「約1ヶ月強の放牧でしたが、しっかりリフレッシュ出来ている様子で幾分フックラして戻って来ています」とコメントしていました。まずは馬場での動きを確認した上で次走を検討して行きますが、現状では中山開催を視野に入れています。

Posted by sachi at 05:51 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン2歳馬近況

きのう更新されていたのに見過ごしていました。
近況だけでなくポートレートと動画もあり、嬉しかった(^o^) ラフィアンもツイッターなんぞ始めて遊んでいないで、ちゃんと毎回の近況やポートレートや動画をアップしてくださいよ。もともとツイッターは好きじゃないし意義を感じられないんですが(ましてやクラブの事務所スタッフがつぶやくことになんぞ興味なし)、それが許されるのは公式のアップデートをきちんとやったうえでの話ではないの? きょうなんか、中山のfrom RaceCourseすらないのに、どうなってるんですか?

ともあれ、セゾンで出資した3頭はみな一応順調です。とくにハッピーリズム08改めドリームボンバーは、本当に力強い筋肉もりもりの馬体で、見るからにパワータイプです。そこが気に入ったわけですが、スピードも兼ね備えているというコメントにしめしめ、わくわく。飯田厩舎にもやや不安があったのですが、このところ調子もよくなっているようだし、早くデビューして活躍してもらいたい1頭。残念ながら関西馬なので生応援は無理だと思いますが。
マーガレットママ08改めドリームガイドは、3カ月弱乗り込みを続けたところで休養に入りました。まだきゃしゃな馬だと思っていたのですが、写真を見るとそうでもない。幅がないのかな〜 なんとなく今もきゃしゃなイメージのままなんです。ただ、父ラヴも3月末のぎりぎりに出資を申し込んだので、ポートレート等を目にしたのは4月以降。がっしりした馬体には思えた記憶はあるものの、デビューした7月でも馬体重は466キロで、育成時代はもっと軽かったように記憶しています。体重が増えて大きくなったのは夏の休養をはさんで復帰した秋以降でした。体高も157cmくらいかもっと小さかったかも。ラヴもラヴ産駒も早熟なイメージがあるかもしれませんが、育成時代に早くも古馬をちぎっていたのはひとえに能力だと思う。そして500キロ近くになってきたのはNHKマイルのあと夏を北海道で過ごしてセントウルSで復帰した4歳秋から。このガイドもこれから夏まで、ゆっくりと成長していってほしいです。
トウケイヒメ08改めサマーチェリーは、一番調教の進んでいるボンバーほかの牡馬たちにまじって調教していました。お〜 ひときわ小柄な女の子なのですが、しっかりした足取りで駆けていました。筋肉もびちっとついている感じ。素直な性格で、まじめにお稽古に励んでいるのは何より。身のこなしもやわらかくて、好感がもてる。この仔も早いデビューが見込めるかもしれません。楽しみです〜♪

ドリームボンバー [募集馬 / 山口ステーブル] ■2010/02/26
--------------------------------------------------------------------------------
山口ステーブルで育成中。坂路とフラットコースを併用しながら運動しています。現在は600mダートトラックコース1周、ダクにて体をほぐした後、同コースを4周キャンターで消化し、その後1000m坂路1本、キャンターで共にハロン18〜16秒のペースで運動しています。中間消化した坂路でのスピード調教では、促すと重心をグッと下げて反応し、最後まで手応えが落ちる事無く駆け上がっていました。現状ではパワータイプでダートでの力強い走りに期待が膨らみます。担当スタッフは「現状では母系の影響が出ている様子で、とにかくパワフルなフットワークが目に付きます。しかしスピードもちゃんと兼ね備えていますので、今後まだ変わってくるのではないかと見ており楽しみにしています」とコメントしていました。現在の馬体重は478kg、体高は157cmです。

ドリームガイド [募集馬 / 愛知ステーブル] ■2010/02/26
--------------------------------------------------------------------------------
愛知ステーブル本場で育成中。フラットコース中心に運動しています。ある程度乗り込み量を確保してきた事もあり、中間から本場へ移動し軽めの運動で成長を促しています。BTCでしっかり乗り込んできた効果が見受けられ、どちらかと言うと細身なタイプではありますが付くべき所にはしっかり筋肉が付いて、バランスの良い締まった馬体が目を惹きます。担当スタッフは「約3ヶ月弱しっかり乗り込んで来ましたので、ここでひと息入れて成長を促したいと思います。カイ喰いは良いのでこの機会にしっかり体を増やして欲しい所ですね」と笑顔でコメントしていました。今回ひと息入れる事でしっかり身にして更なる成長に期待しています。現在の馬体重は434kg、体高は156cmです。

サマーチェリー [募集馬 / 山口ステーブル] ■2010/02/26
--------------------------------------------------------------------------------
山口ステーブルで育成中。坂路とフラットコースを併用して乗り込まれています。今月に入り成長が窺える1頭で、一見細身で華奢に見えていた馬体も以前に比べると幅も出て来ておりだいぶしっかりしてきた印象です。中間にはダートトラックコースでサマーダリアと縦列調教を消化しました。最後までペースを落とす事無くしっかりしたフットワークで走れており見た目以上に心肺機能の強さが感じられました。担当スタッフは「あまり馬体には見せないタイプのようですが、動きからはしっかり力を付けて来ている事が解ります。気が良いタイプですので真面目に稽古に取り組んできた効果が表れて来ているのだと思います」とコメントしていました。牝馬で体もそこまで大きなタイプではありませんが努力家で黙々と稽古に励んでいる姿が評価出来ます。今後が楽しみな1頭です。現在の馬体重は449kg、体高は155cmです。

Posted by sachi at 04:02 PM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

6歳馬
順調に調整されているようです。11月からずっと使いづめなのに、好調を維持してくれている厩舎の努力には頭が下がります。どの厩舎でもルーチェのように調整を進めてくれれば、成績も上がると思うのですがねぇ。何が何でもすぐ鉾田へ送るのはやめてほしい(きっぱり!)

▼マイネルーチェ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン/関東:上原博之
マイネルーチェは、美浦で調整中。最近はニューポリトラックを中心に乗り込んでいます。これは疲れさせないための配慮。レースを使ってきたことですでに心肺機能や筋力は向上していることから、あえて走りやすくて負荷のかからないコースを選んでいます。現在もマイクロレーダーなどによるケアを行っていますが、上原師は「これでも背腰のコンデションは以前よりずっと良い。この馬としては順調だよ」と説明していました。中山3週目のサンシャインSに向け、週末から少しずつペースを上げていく予定。

5歳馬
アルデュールも好調を維持しているよう。次走の中京戦は相手も少し強化されるでしょうが、もともとこのクラスでも好走していた馬です。引き続き石橋脩騎手騎乗で、この勢いを維持して掲示板くらいには乗ってほしいもの。叩き良化型のアルデュールなので、きっと頑張ってくれるでしょう。

▼マイネアルデュール……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス/関東:相沢郁
マイネアルデュールは、美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれ、ほぼ毎日2本駆け上がっています。前走後も飼い食いが良く、活気もあって健康そう。身のこなしに異状もなく、先週末には早速、通常の調教メニューに戻しています。暖かな日が続いた影響もあるのか、ここにきて冬毛が抜けてきました。いまのところペースアップは来週からの予定。次走は中京2週目の知立特別・芝1200m(石橋脩騎手)が本線です。

3歳馬
イーガーは膝もなんとかもちこたえているよう。来週には帰厩して厩舎での調整になります。中村師の期待は前走の凡走でも下がっていないように思えます。なんとか早く勝ち上がってほしい。
ポローニアもようやく育成時代の調子を取り戻してきたよう。鉾田での半年、いや8カ月の調整がいかにまずかったかを物語っているのでは? 次走は牝馬限定のダート戦でもあり、なんとかこのあたりで結果を出してほしいもの。イーガーと並んで、中央のセレクト産駒の星になれますように。

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー/関西:中村均
マイネルイーガーは、栗東トレセンから車で30分程度の場所にある宇治田原優駿ステーブルに滞在中。600mのトラックコースを4〜5周した後、870mの坂路に場所を移してハロン20〜18秒のキャンターで駆け上がっています。この中間も順調で、金曜日のけさは坂路で追い切りを消化。ラストはハロン14秒台にまで脚を伸ばしました。来週の検疫で帰厩する予定です。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン/関東:稲葉隆一
マイネポローニアは、美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。来週の出走へ向けて、この中間から追い切りを再開。テンに14秒台で入って徐々にスピードを上げていく後半重視の内容で、馬なりですがシャープな伸びを見せました。あまり攻めすぎると逆にチャカついてテンションが上がってしまうので気をつけています。跨がった調教助手は「復調したね。調子は前走前と同じくらい」と話していました。6日(土)、中山の牝馬限定・ダート1200mに出走する予定です。

ツイッターうざい。某掲示板にも同様な意見がありましたが、公式の情報でさえ速報できないのに、わざわざ業務中につぶやく必要あるのでしょうか? そんな暇があるなら、公式ページ(とくに在厩馬の近況ほか)を素早く更新してほしい。厩舎や騎手との連絡ももっと密にしてほしい。

Posted by sachi at 06:34 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 26, 2010

今週の調教時計

時計になっているのはポローニアだけですが、順調のようです。

マイネポローニア
2/24 助 手 美南坂 良 - - - 54.4 39.8 26.3 12.4 - 馬ナリ余力

Posted by sachi at 05:58 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 24, 2010

鉾田滞在馬近況

6歳馬
ハヤトは調子が上向いてきたよう。とにかく早く小西厩舎へ無事送り出してください。
フォーグはまだ先なのだから、休ませてよし。下手に乗り出すと壊す恐れが多分にあります。いまは運動だけさせていればそれでいいんだから。そのかわり厩舎へは2〜3週間前に送ってくださいよ! もともと鉾田で種子骨骨折が明らかになり、繋靭帯も痛めた馬なんです。乗り運動は慎重に(と言っても無理かもな。ルーチェやハヤトは本当によく無事に鉾田を切り抜けられていると感心します) 

▼マイネルハヤト……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:小西一男
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。疲れが取れ、ここにきて動きが良くなってきました。現在もハロン17秒の乗り込みが中心ですが、この中間からは日によって2本目のラスト2ハロンだけ15−15で駆け上がるメニューをプラスしています。以前に比べて落ち着きがあり、乗り手は「変にテンションが上がらないから乗りやすい」と話していました。馬体重は525キロ。

▼マイネルフォーグ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。厩舎からは「レース数を消化して少し疲れてきた感じ。食欲も落ちている」との報告を受けていますが、飼い葉に関してはきちんと食べています。特にイライラしている様子もなく、むしろ落ち着いているほどです。次走の予定が4月下旬のオーストラリアT。それまでに時間があることから、現在もウォーキングマシンによる運動だけで楽をさせています。

4歳馬
アリオンは「以前から見られる骨瘤」って、いったい何ですか? これまで一度もそんな話は出ていません。ほかの馬のリードホースを務めていますとか、そろそろこの馬自身の仕上げにとか、調子のいいことばかり言って、結局は乗り運動の加減も分からないスタッフがテキトーに乗って仕上げようとするから、こういう事態になるのでは? 少なくとも厩舎で乗ってそうなったなら、プロ(本当の意味でのプロ)がやってそうなったのだからと諦めもつきますが、鉾田や牧場ではとんでもない。
そもそもルーチェなど、新潟2歳Sで2着したあと秋にそなえて牧場に放牧に出ましたが、そのさいの上原先生のお言葉は「牧場では何もしなくていい」でしたよ。そこんとこをよく肝に銘じておいてほしい。まともな調整ができないなら、なぜ調教師に任せないのか。鉾田は自分で自分のクビを絞めているだけ、いや、馬の可能性も出資者の利益も損ねている分、本当にたちが悪い。これはいずれ自分に跳ね返ってくることです。ま、種牡馬ビジネスと牧場の拡大しか眼中にないらしいトップに何を言っても無駄なのかもしれませんが、もはやこうなっては、繋靭帯に異常がなく無事に北海道で休養して復帰できるのを祈るだけです。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、以前から見られる骨瘤が、ここにきて繋靱帯(エコー検査で組織に炎症は認められない)を圧迫し始めています。この状態で中京開催のレースを目指すには無理があり、関節炎も見られることから、大事を取ってまとまった休養を設けることに。北海道に向け、きょう24日(水)にビッグレッドファーム鉾田を出発しました。

3歳馬
ガンバも同様です。550キロって!? 笑うに笑えません。そんなに太らせてどうするの? 出走させるには馬体を絞らなくては無理なんだから、飼い葉を工夫するとか、もう少しプロらしいことをやったらどうなんでしょうか? 鉾田は肥育場ではないはずですよね? そもそも12月には厩舎に戻るはずの馬だったのに。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア/関西:宮本博
マイネルガンバは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。先週の半ば以降は降雪の影響で馬場状態が思わしくなく、ペースダウンせざるを得ない状況でした。その影響もあり、まだ身体が重く(550キロ)、ピリッとした動きに欠けます。スタッフは「今週に入ってからは天気が良いし、暖かい。脚元に気をつけながら、この機にしっかり絞っていきたい」と話していました。次走についてはもう少し状態が上向いてから師と相談します。

ところで今週の出走予定馬ですが、三浦騎手の名前こそあれ、松岡騎手の名前がありませんね〜(苦笑) ついに松岡騎手にまで見放されたのかと勘ぐりたくなります。いくら騎手確保にエージェントが大事だなどと言ってみても、騎手のほうからそっぽ向かれちゃおしまいでしょう。松岡騎手は好きじゃないし、出資馬に乗ってほしい騎手でもないけれど、そうじゃないことを願います。石橋脩騎手がラフィアンの主戦、エースというのは、いくらなんでも……

Posted by sachi at 06:42 PM | Category: HORSE | Comments (0)

また鉾田がやってくれました! いいかげんにしてくれ〜

恐れていたことがやはり起きました。
アリオンが移動リストに載り、鉾田から明和へ戻ることに。

2/25 106140 マイネルアリオン 明和 右前球節腫れ

いったい鉾田はどれだけ馬を壊せば気がすむんですか!?
もともと北海道から休養明け、輸送を含めてまさかの「10日競馬」で11月20日に福島で出走し、案の定6着。その結果、鉾田送りに。そもそもこの復帰は何だったのかとクビをかしげて2カ月。ようやく年が明け、とりあえず出走した1月16日の中山でのレースは、結果が出ていない芝2000m(結果を出しているのは中山芝1600mですよ!)が太め残りの12着。ここを叩いてこれから得意の東京というときに、「節を稼ぐ」と称してまた鉾田へ。しかし節を稼ぐどころか調子もよさそうなのに、まだまだ鉾田が続き、先週は、3月上旬に入厩し、中京???で出走との不可解な予告が出て、何をばかなと思っているうちに、今週は右前球節腫れで明和へ戻るんですと!? 11月も1月も体調には何一つ悪いところなく、鉾田へ行ったのにこのザマですよ。きょうは鉾田滞在馬の近況なので、これでしれっと近況に移動情報が出るだけなんだろうな。

こんなことで、ファンドとしての責任を果たしているんですかね。出資者の利益など何一つ考えていないラフィアンは、もうごめんです。
初出資のラヴがいるからこそ、細々とでも続けていこうと思っていましたが、何なんだこれは? 結局、去年の夏からまた半年をほとんど鉾田で無駄に過ごしただけではないですか。
馬も可哀想だし、出資者は怒り心頭ですよ。これでも諦めて泣き寝入りするしかないのが、会員なんですか>ラフィアンさん? ひどすぎる。

以下に、参考のため1月からの経過を再録しておきます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■2010年01月17日 (日)
1/16(土) 中山12R 500万下 4歳上 ○混□指(定量) 芝2000m 16頭 発走:16:10 天候:晴 馬場:良
12着 1枠 2番 マイネルアリオン 牡4 56.0 松岡正海 稲葉隆一 クビ 498(+14) 11.2 4/16人気

騎手コメント:from Race Courseより
松岡騎手「ペースダウンしたときは前の馬にに乗りかかりそうなくらいだったが、追ってからの反応が案外。久々のせいか、動きが重く感じた」

アリオンは久々って、いったいどんだけ久々と言い続ければいいんでしょうか。鉾田はもともとは短期放牧のためと思っていましたが、実際には10日競馬で出走させるための最前線基地(のつもり)。しかし、そうなってない。中途半端に乗っては馬を壊すだけのところです。クラブ成績が悪いのは、やはり鉾田のせいだと思う。それでまたアリオンが鉾田送りになれば、ずっとこの最悪パターンのループヽ(´ー`)ノ いいかげんにせい!

■2010年01月22日 (金)
4歳馬
アリオンは案の定、鉾田へ送られました。が、この馬は中山が合わないと思うので、それはよしとしましょう。でも鉾田へ送られると調子落ちするのが困りもの。未勝利を勝ったのも、この馬に合わないヘンなレースばかり使って、厩舎と鉾田を往復、はたまたダート戦や京都遠征までして散々でしたが、やっと勝って調子が上向いてきたのは厩舎滞在が長かったあと。くれぐれも短期放牧に終わることを祈っています。
▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、16日(土)、中山で出走し、12着でした。スタートしてから3ハロン目のラップが14.5秒。一気にペースが落ちました。その分、道中の追走はスムーズだったものの勝負所の3コーナーで追い出してもギアが上がりません。一見、前が壁になったように見えるかもしれませんが、パトロール映像で確認できる通り実際は脚があれば上がっていけるスペースがありました。もともと鋭く反応できるタイプではないとはいえ不満が残る内容です。前走から14キロ増の数字が示すように余裕のある馬体が響いたのかもしれません。芝に出走するためにはレース間隔が必要になる可能性が高く、鉾田に移動して調整していくことに。20日(水)に現地へ到着しています。

■2010年02月03日 (水)
4歳馬
アリオンはそろそろ入厩してほしいのですが、コメントを見てもそんな気配。11月に復帰してから、北海道からの輸送があったのにクラブが10日競馬などという暴挙に出たせいで、この3カ月を浪費してしまったアリオンですが、これがいまのラフィアン。馬を売ってしまえば、あとはテキトーに走らせておけば出資者は黙っているだろうと考えているのか、それともそのノウハウがないからテキトーに出走させているだけなのか。だったら厩舎に任せればいいものを、鉾田鉾田とうるさいこと。そして本当に馬を勝たせようという意欲がまったく感じられません。稲葉厩舎でも、その点は考えてくれているのだから、さっさと戻してください。
▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。この中間も2本目の後半に15−15を課すなどしてペースを上げており順調です。1本目には体が温まっていないのか少し動きに硬さを感じるものの、2本目になると前肢を掻き込んだ力強いフットワークで駆け上がっていきます。馬体重は先週から1キロ減って496キロ。芝中距離戦に出られる節(レース間隔)を見計らって入厩する予定です。

■2010年02月10日 (水)
4歳馬
え〜っ、アリオンは入厩が3月上旬? 得意の東京がなくなってからではないですか。今週あたままでに入厩していれば2月21日の東京・芝1800mがあるかなと期待していたのですが、3月では東京まで1カ月もあります。その間、またこの馬に向かない中山で急仕上げで出走して、鉾田へ舞い戻るんでしょうか。少しは馬の適性というものを考えたらどうでしょうか? しかも1月16日に出走し、「節を稼ぐ」ために鉾田へ行ったんだから、乗り込んでいれば馬体は緩んでいないはずなのに、馬体重が501キロ。前走だってプラス14キロの太め残りだったんですぞ! それも敗因の1つだったでしょうが。そろそろこの馬自身の仕上げなんて言ってないで、仕上げは厩舎でやってもらいたい! もはやクラブは馬を勝たせるのが目的ではなく、鉾田に滞在させるだけが目的のようにさえ思える\(*`∧´)/ 少なくとも勝たせようという意気込みは、ルーチェのような厩舎をのぞいて、ほとんど感じられません。
▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。乗りやすさを買われてこれまでは先導役を多く務めていましたが、これからは自身の仕上げに入る時期です。併せ馬も取り入れた追い切りを開始しました。現在の馬体重が501キロ。太め感はいくらか残っていますが、動きに重さはなく、スムーズな脚さばきを見せています。入厩は3月上旬になる見込み。

■2010年02月17日 (水)
4歳馬
まったく分からない。どうして東京と新潟で好走している馬をわざわざ小回りの中京で復帰させるのか。これでは不得意な馬場ばかり走って結果が出ないようにしているとしか思えない。もっと馬にとって1戦1戦を大事にしてもらいたい\(*`∧´)/
▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。この中間にも併せ馬での追い切りを消化。先行して、4ハロン51秒半のタイムで併入しました。そのパートナーのプレッシャーがきつく、予定よりかなり早いタイムが出てしまいましたが、跨がったスタッフによれば「まだ手応えに余裕があった」とのこと。調子がかなり上向いてきています。3月上旬に入厩し、中京開催での出走が有力です。馬体重は500キロでした。

Posted by sachi at 06:03 PM | Category: HORSE | Comments (0)

カトラス、宇治田原へ移動

◎ドリームカトラスは、2/23(火)宇治田原優駿ステーブルに移動しました。

あの走りでは一旦放牧も致し方なしです。
もう少しちゃんと競馬ができるよう、力をつけて戻ってきてほしい。
復帰したら厳しい未勝利戦が待っています。頑張れ〜

Posted by sachi at 05:57 PM | Category: HORSE | Comments (0)

津村騎手続報

ラフィアン御用達の津村騎手落馬負傷の件で、同期の吉田隼人騎手がケガの報告めいたことを書いてくれていました。
それによるとメールでの簡単なやりとりはできるらしい。とりあえず命に別条はないものの、復帰まで半年ほどかかるとの見通し。
頸椎骨折で、騎手生命どころか、(元スーパーマン俳優のクリストファー・リーヴのように)下手すれば日常生活も可能かどうかと心配しただけに、何はともあれ、命に別条なしはよかった。神経には損傷がないのだろうか。それでも、すんなり6カ月で元通りといけばいいけれど、鞭打ちにしたってかなり後遺症が出る場合もある。ラフィアン馬の騎乗は別として、何とか無事に復帰してほしいですね。

しかし少なくとも半年は、ラフィアン馬への津村騎手騎乗、ありませんよ〜
御用達ナンバーワンの松岡騎手にしても、騎乗停止はともかく、今年に入ってラフィアン馬で1つも勝っていないし、三浦騎手にしてもエルドラドで1勝しただけ、津村騎手にかわって、だれが騎乗することになるのか……
騎手に関するかぎり、エージェントのお抱え騎手がこけたらみなこけることになります。
ここはひとつ、元のように鞍上の選択は調教師に任せてほしいと思うのですが? 
騎手ばかりでなく、調整やレースの選択、放牧先や帰厩のタイミングに関しても(これは言ってもむだでしょうが)、厩舎の意向をもっと反映してほしいです。
騎手に関して言うなら、(とくに若駒には)もう少し中堅〜ベテランの、馬に競馬を教えられる騎手を多く起用していただきたい。そして上級クラスの馬にはそれなりの騎手を! 近況更新を含め、2年前までできていたことが、なぜできないと言い張るのか理解できません。

Posted by sachi at 07:49 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 22, 2010

セゾン出走結果レポート

カトラスはせっかくの好スタートも生かせず、大外も災いしたのか結局外外をまわって終いの脚も他馬と同じ。先行有利なダートでまったく見所がない競馬になってしまいました。放牧も視野にと言われても仕方がない状況ですね。結果論だけど、中京の芝まで待ったほうがよかったかも。放牧でもいいので、ここは一つカトラスに競馬を教えてやってください。思えばゲート練習にてこずって疲労こんぱい、放牧に出されてからほぼ6カ月も放置?状態だったのが悔やまれます。ここにきてやっと調教もよくなっていただけに残念。しかしそれにしてもふがいないな〜 早期引退に向けてまっしぐらかもしれません(ー_ーメ)

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/02/22
--------------------------------------------------------------------------------
2/21(日)京都競馬第3レース、3歳未勝利、ダートの1400mに、16頭立て、8枠16番、川島信二騎手騎乗で出走し、10着でした。好スタートを決めると、無理に出していかず中団外目の8、9番手辺りにつけてレースを進めます。道中は折り合いを欠く事もなく追走はスムーズ。前半3ハロンの通過が35.0秒と淀みの無い流れの中、3コーナー付近から鞍上が気合をつけ徐々に進出を開始します。大外から先行集団に取りつこうとしますが、コーナーワークで内を回った馬に置かれてしまい11番手辺りに下げて4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始しするとこの馬なりに反応し脚を伸ばします。しかし前を行く勝ち馬等も止まらず、結局勝ち馬から1.6秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から+2kgの448kgでした。騎乗した川島騎手は「スタートはタイミング良く出ましたが少し体に硬い所があって思うように良い位置が取れませんでした。終いもバテている訳ではないのですが、脚色もそれ程変わりませんでした。申し訳ありませんでした」とコメント。佐々木(晶)調教師は「走りを見る限りダートが合わないとは思いませんが、道中の行きっぷりがもう一つでした。調教ではかなり前向きさも出ていただけにもう少しやれると思っていたのですが」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って様子を見てから検討して行きますが放牧も視野に入れています。

Posted by sachi at 12:56 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 21, 2010

カトちゃん、ダート変わりが裏目に?

あれだけ苦労していたゲートは何だったの?と思わせるスタートでしたが、ダートに入るとじりじり後退、最後も伸びず……

2/21(日) 京都3R 未勝利 3歳 ○混(馬齢) ダ1400m 16頭 発走:10:45 天候:晴 馬場:良
10着 8枠 16番 ドリームカトラス 牡3 56.0 川島信二 佐々木晶三 2 448(+2) 107.1 12/16人気

う〜ん、ダートで変わり身どころか、これはやはりダートじゃないほうがよいのではないかな。でも、ダートのせいかどうかは、本当のところ不明。能力かも(^^;; もう少し前進してほしかったものの、前走からたった3つ着順が上回っただけでした。
ま、スタートがちゃんと決まったのは前進と言えば言えなくもない。道中も川島騎手が外外まわしていたようだし、4角の前からもう追っつけ通し。次は芝に戻してもう少し前進してほしい。ポリトラックとはいえ、あのタイムが出せるならまだ希望がなくもない。早く競馬を覚えましょう〜!

Posted by sachi at 11:55 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 20, 2010

カトラス、大外枠に

う〜ん、大丈夫だろうか。ダートも心配。でも、頑張れ〜!

2/21(日) 京都3R 未勝利 3歳 ○混(馬齢) ダ1400m 16頭 発走:10:45
1 1     ミヤジアンジェラ 牝3 51.0 ▲大下智 岩元市三
1 2 △ △ メイショウテキーラ 牡3 56.0 武幸四郎 安田隆行
2 3 △   エイシンフルハート 牡3 54.0 △国分恭介 西園正都
2 4     ファンドリノチカラ 牡3 56.0 幸英明 高橋成忠
3 5   ◎ ホッコーダイクン 牡3 56.0 秋山真一郎 大橋勇樹
3 6     シゲルゴウヒメ 牝3 54.0 鷹野宏史 沖芳夫
4 7 ▲   ヒシアピール 牡3 56.0 福永祐一 佐山優
4 8 △ ○ ヒラボクソング 牡3 56.0 池添謙一 角居勝彦
5 9 △   メルシーサイレンス 牡3 56.0 北村友一 藤岡範士
5 10     ストークフィールド 牡3 56.0 浜中俊 尾関知人
6 11 ◎ ▲ シゲルタダカツ 牡3 56.0 和田竜二 川村禎彦
6 12     ナイスミーチュー 牡3 56.0 小牧太 橋口弘次郎
7 13 ○   ビタースウィート 牝3 54.0 松田大作 加用正
7 14     デンコウアルセウス 牡3 56.0 藤岡康太 荒川義之
8 15     ヴィーヴァギブソン 牡3 54.0 △松山弘平 武宏平
8 16     ドリームカトラス 牡3 56.0 川島信二 佐々木晶三
(印はnetkeiba.com)

*カトラスとは直接関係ないけど、きょうの5Rで津村騎手が落馬負傷。頸椎骨折らしいんですが、大丈夫なんでしょうか。ラフィアンからまたご用達騎手が1人戦線離脱。はてさて、吉と出るか凶と出るか? 津村騎手はようやく去年の大不調から脱出の兆しが見えて、今年は少しはましかと思っていたところで、何にしても負傷は厳しい。ラフィアン馬に騎乗するしないにかかわらず、無事復帰してほしいものですが、頸椎というのが気になります。

Posted by sachi at 11:56 AM | Category: HORSE | Comments (2)

February 19, 2010

入厩馬近況

6歳馬
ルーチェはえらいなぁ。もう疲れも取れて反動もなく普通メニューでお稽古。この分なら、次走でも好走してくれるでしょう。不得意だった右回りも、いつの間にか克服しているようだし(ベストではないにしても)、あと1走で繁殖と思うと、寂しくはありますが応援も本当に嬉しい。でも、もし勝ったら引退を延長してくれます?(笑)
フォーグはまた鉾田へ移動で、次走は4月24日の京都で芝1200m? 急に距離短縮でどうなの? それに芝1200mはいつも登録馬がものすごく多い。鉾田なんかへやって本当に大丈夫ですか宮先生? さらにその次は愛知杯……中京はデビュー戦以外未経験で、その点でも不安がよぎるのですが、なぜ実績ある新潟にしないのか分からない。よい結果を祈るだけです。いや、その前に無事鉾田から帰厩できるよう祈ります。

▼マイネルーチェ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン/関東:上原博之
マイネルーチェは、美浦で調整中。坂路、ウッド、ダートコースでそれぞれ乗り込まれています。先週末から普通メニューへ。レースによる背腰の疲れも取れていて反動も感じません。これなら次走へ向けて思い通りに進めていけるでしょう。上原師は「今週は追い切りせず、来週末から負荷を少しずつかけていけば十分態勢が整う。ダメージがないし次も頑張って欲しい」と話していました。その次走は中山3週目のサンシャインS・芝2500mが有力です。

▼マイネルフォーグ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、13日(土)に東京で出走して3着でした。流れにもうまく乗り、ハンデと渋った馬場を味方に直線はぐいぐい伸びてきました。稍重馬場に限れば2着3回、3着1回、4着1回と掲示板を外したのはNHKマイルCを含めた2回だけという素晴らしい成績。1400mの距離も6戦中、休み明けで1度掲示板を外しただけという相性の良さ。条件さえ整えばまだまだやれることを認識できました。17日(水)の夜に栗東トレセンからビッグレッドファーム鉾田へ移動しました。次走は4月24日(土)の京都、オーストラリアT・芝1200mを予定。それを使って5月22日(土)の京都、テレビ愛知オープン・芝1400mというプランが有力です。

5歳馬
アルデュールも去年のあまりの不調に、もう終わったかと思っていたけれど勝ててよかった。北海道で立て直せばよいものを、だらだらと鉾田ですごしたのがイケマセン。それで出資馬がどれだけ被害をこうむっているかクラブには認識してもらいたい。次は中山のほうがいいとは思うものの、ま、相手次第でしょうかね。しかし中京だと鞍上にやや不安が(苦笑)ま、松岡騎手にはなりそうにないのでかえってよいかもしれませんが。ルーチェと同様、1000万でも好走して立派な繁殖になってほしい。血統があまりよくない馬だけに、その点が不安だったものの、さすがに3つ勝った馬だから残れるのでしょうね? それまで、またもう一頑張りお願いします。

▼マイネアルデュール……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス/関東:相沢郁
マイネアルデュールは、13日(土)に中京で出走して嬉しい3勝目を飾りました。年齢を経てずぶくなっているのか以前ほど前には行けませんでしたが、ハイペースと適度に力の要る馬場が幸い。ロスを最小限に4コーナーで外に出して鋭く差してきました。このクラスはいつでも勝てる力はあっただけに、立て直した結果が出てホッとしています。レース後も順調で、この中間には松岡騎手が跨がって角馬場で体をほぐしていました。使った後の硬さも残らず、良い状態で次走にも向かえそうです。その次走は中山3週目の房総特別か、同じ週の中京・知立特別のいずれかが有力。

3歳馬
イーガーは、宇治田原に出されました( ̄ー ̄)ニヤ やっぱり中村先生くらいになると、何がなんでも鉾田に反抗しても許されるのか。1〜2週間で帰厩させるつもりとはっきり書いてあることにも、ほっとしました。これで鉾田へなんぞやられたら、ガンバのように、いつ復帰できるか分かりませんから。中村先生に感謝です。
ポローニアも、前走5着がきいて厩舎でお世話してもらえてよかった。これまでの走りから、芝のほうがよさそうな感触もあるんですが、やはり次走もダート戦かぁ。牝馬限定なら、そこそこやれるかな。それでもダメだったら、早いところ一度は芝を走らせてみてくれないかなぁ。

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー/関西:中村均
マイネルイーガーは、13日(土)に京都で出走し、9着でした。1400mの距離がマイナスだったにしても、外を回るロスがあったにしても物足りない内容です。初戦のタイムが平凡で実力だった可能性もありますが、中1週で強い追い切りが続いた影響も考えられ、敗因については何ともいえないところがあります。19日(金)に京都の宇治田原優駿ステーブルに移動しました。中村師は「もう少し走れると思ったのだが。ヒザは大丈夫。それほどレース間隔をあけなくても出られると思う。1〜2週間後には帰厩させるつもり」と述べています。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン/関東:稲葉隆一
マイネポローニアは、美浦で調整中。坂路を中心としたキャンターをこなしています。じっくり乗り込んできたことで身体の硬さがほぐれてきました。ただし、まだイライラした面が目立ち、精神的に追い込まれているようにも見えることから、この中間も刺激を与えるような調教を控えています。やや姿勢の高い走りながら、動きは良く、特に手先の運びは軽快です。次走は中山2週目の牝馬限定・ダート1200mが有力です。

Posted by sachi at 07:03 PM | Category: HORSE | Comments (2)

February 18, 2010

ドリームカトラス、急遽今週出走!

いやぁ思いがけない展開になりました。体質が弱くて次は?と思っていたカトラスが、なにやら急にスイッチが入ったらしく、追い切りも好感触で急遽、出走になりました。いきっぷりよく状態上向きとの佐々木先生の言葉を信じましょうかね。川島騎手なら、そう下手でもないし、頑張ってほしいよ〜d(^-^)! 初ダートがカギかも(やっぱりさ、ちょっと走らないからって、すぐ放牧に出すようなところはダメなんじゃないでしょうかね)

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/02/18
--------------------------------------------------------------------------------
2/21(日)京都競馬第3レース、3歳未勝利、ダートの1400mに、16頭立て、川島信二騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午前10時45分です。
当初は状態面と出走間隔の問題で、目標を中京開催に置き調整を進めて行く予定でしたが、今週に入り精神的にもスイッチが入ってきた様子で佐々木(晶)調教師と協議した結果、今週の出走を判断しました。2/17にはポリトラックコースで最終追い切りを消化し、6ハロン84秒台、3ハロン38秒台、ラスト1ハロン11.9秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたタバルナ(3歳500万、馬ナリ)の内を追走し0.2秒先着しています。佐々木(晶)調教師は「前走の上積みが感じられる様になり、行きっぷりも良く状態は上がってきていると判断しています。デュランダル産駒については今年既に中央場所で4頭の勝ち上がりを出しています。同馬については未知数な部分もありますが担当スタッフからはダートでも問題無さそうとの意見も出ており、しっかり対応出来るのではないかと見ています」とコメントしていました。ご声援ください。

2月21日 (日)
京都競馬 ドリームカトラス 3R 3歳未勝利 ダート 1400m 16頭立 -枠 -番 川島信二騎手 10:45発走
【今週の調教時計】
2/17 助 手 栗東P/良 84.3 68.6 53.2 38.7 11.9 8
 一杯に追う タバルナ(三500万)馬ナリの内を追走3F併0.2秒先着

Posted by sachi at 07:47 PM | Category: HORSE | Comments (0)

フォーグがまた鉾田に

馬の移動情報に出ました。また鉾田ですか。いいかげんにしてほしいな〜

2/17 マイネルフォーグ 鉾田 馬体に異常なし

これでまた得意の新潟・谷川岳Sに出られない悪い予感がします(ー_ーメ) もちろんそうでないことを祈りますが。それに、レース報告もないうちからただの移動情報が出るのは、どう考えてもおかしくないですか。移動情報より、まずはレース後の状態報告でしょう。なぜ変えるつもりがないのか、本当に理解に苦しみます。
前走、せっかく適条件で3着と好走したのに、この手の扱いを見るたびに怒りがわいてくる。せっかくいい気分で今週をすごせると思っていたら、また台なしだヽ(´ー`)ノ

Posted by sachi at 07:45 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン募集馬の名前が決まるも……

う〜む、去年からその傾向が見られたのですが、父にも母にも無関係な「ただの」名前をつけたのが多い。この方針には不賛成です。馬は走ってくれればその名前がカッコよく思えてくるものではありますが、それにしても、全般的にセンスが悪い……orz

NO.10 ドリームボンバー (ハッピーリズムの08 父ダンスインザダーク) 冠名+爆撃機。爆発的な力を発揮してくれる事を願って
NO.11 ドリームガイド (マーガレットママの08 父マイネルラヴ) 冠名+案内人。勝利への案内人となる事を願って
NO.22 サマーチェリー (トウケイヒメの08 父アドマイヤジャパン) 冠名+桜桃。桜花賞を制覇することを願って

「ボンバー」と言えば、その昔(大昔)「東京ボンバーズ」という、ローラースケートのチームがいたなぁ(ふっるぅ〜 爆) ファンだったので、ま、許そう。
ラヴ産駒の「ガイド」は、あんまりじゃありませんか? もうちっといい名前をつけて欲しかったですね。
「チェリー」も、牝馬の名前としては悪くはないものの月並みだし、母にも父にもゆかりがなく、おまけに「サマー」の冠号とくっつくと??? 桜花賞へのこじつけが功を奏してくれることを祈る!

Posted by sachi at 09:59 AM | Category: HORSE | Comments (0)

鉾田滞在馬近況

6歳馬
ハヤトは疲労は回復してきたようですが、蹄鉄をはずして「躓く」というのが少々心配です。太ってくるのも心配。無事に帰厩できますように。それだけです。

▼マイネルハヤト……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:小西一男
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。この中間から坂路でのキャンターを2本へ増やしており、ペースはそのままのハロン17秒が主体です。調教開始当初は疲れが残っていたのか覇気に欠けていましたが、徐々に活気を取り戻し、自らハミを取るようなところも出てきました。まだ蹄鉄を外した影響で行き帰りの馬道で躓くことが時々あり、焦らずに注意して進めていきます。馬体重は先週から7キロ増の520キロでした。

4歳馬
まったく分からない。どうして東京と新潟で好走している馬をわざわざ小回りの中京で復帰させるのか。これでは不得意な馬場ばかり走って結果が出ないようにしているとしか思えない。馬にとっての1戦1戦をもっと大事にしてもらいたい\(*`∧´)/

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。この中間にも併せ馬での追い切りを消化。先行して、4ハロン51秒半のタイムで併入しました。そのパートナーのプレッシャーがきつく、予定よりかなり早いタイムが出てしまいましたが、跨がったスタッフによれば「まだ手応えに余裕があった」とのこと。調子がかなり上向いてきています。3月上旬に入厩し、中京開催での出走が有力です。馬体重は500キロでした。

3歳馬
この馬もいつになったら復帰できることやら。12月に帰厩するはずが3月復帰も怪しい。いまや鉾田に出した宮本先生を半ば恨みたくもなる。おまけにどれだけ馬体を絞らなければいけないことか。ま、焦ることなくとはいえ、未勝利戦もいよいよこれから熾烈な生き残り合戦となるので、すみやかにしっかり調子を上げてもらわないと。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア/関西:宮本博
マイネルガンバは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。この中間から2本ともハロン17秒ペースへ。まだ全体的な動きが硬く、1本目ではゴツゴツしていますが、2本目に入ると体がほぐれてまずまずの動きを見せます。左後肢は調教を再開してからも特に変わりません。焦らずに進めて良化を待ちます。馬体重は先週と同じ545キロでした。

Posted by sachi at 12:01 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 16, 2010

北海道滞在馬近況

2歳馬
メリアン08は、やっとまともなコメントが聞けるようになりました……ってか、まとも以上のコメントに驚いています。気性が落ち着けばこんなものだったのか。もともとバランスがよく素軽そうなところを見込んで出資したので、ほっと一安心。しかし、まだまだ油断できません(苦笑) このまま順調にいってほしいもの。もう少し馬体が成長するといいな。

▼マイネメリアンの08……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネメリアンの08は、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。パントレセレブルの影響を受けているのか、運動神経が上々。手先が軽い上に反応も早く、ハロン16秒から14秒に加速した先日、鞍上の催促に対してすっとスピードアップできていました。徐々に落ち着いてきている点もほめるべきでしょう。馬体重は425キロでした。

Posted by sachi at 10:43 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン外厩馬近況

3歳馬
3歳のわが出資馬はセゾン、ラフィアンともにどの仔も順調にいきませんが、クラブ全体がスローペースなので致し方なし。
パステルは疲労も回復して軽い動きとのこと。しかし最近、ここのコメントはよいことしか書いていない気がします(^^;; とはいえレッドアゲートの厩舎なので、牝馬の扱いはよさそうではないかと期待。2週間で厩舎に戻り、次走のためにしっかり調整が進んでくれるよう願っています。
ベニングはやはり新馬戦が終わるまでのデビューは厳しそう。骨折の影響なのでこれまた仕方がありませんが、宇治田原での訓練は鉾田より安心できます。しっかりお稽古を積んでともを強化してもらいましょう。フォーグも宇治田原に出してくれるのならいいんだけど…… 
バスケットはスピリットファームへ移動せず、このまま水野で調整するよう。ここで鋭気を養って復帰後は未勝利戦脱出に向けて邁進するのみとなります。阿部調教師は、去年、エデンの仕上げでほうっと思ったことがあり、成績はいま一つと思ったものの、その点では結構信頼しています。これまで惜しい2着3着と二桁台の着順を繰り返しているバスケットの敗因は、やはり育成時代からやや難があった気性なのかな。だとすれば、今回のコメントはいい傾向かもしれません。頑張って早く勝ち上がってほしいものです。

サマーパステル [外厩馬 / スピリットファーム] ■2010/02/15
--------------------------------------------------------------------------------
スピリットファームで調整中。到着当初はレースによる疲労が感じられたもののすぐに回復し先週末から騎乗を再開しました。現在は800mダートトラックコース1.5本ダクにて消化後、ハッキング2本、その後にキャンターで3本ハロン17秒程度のペースで運動し、600m坂路を1本同じく17秒程度のペースで乗り込まれています。担当スタッフは「背中が柔らかくて乗った感触が良くなっています。軽い動きを披露していますので次走は期待ですね」とコメントしていました。今後は入厩に備えながら乗り込みを進めていく予定です。

サマーベニング [外厩馬 / 宇治田原優駿ステーブル] ■2010/02/15
--------------------------------------------------------------------------------
宇治田原優駿ステーブルで調整中。600mダートトラックコース1本ダクで体をほぐし、同コースを4本キャンターでハロン20秒程度のペースで消化後、800m坂路1本キャンターでハロン18秒程度のペースで乗り込まれています。だいぶ動きが良化して来ており、自らハミをとって走るようになって来ました。担当スタッフは「動きは良化傾向にありますが、まだトモがゆるい感じがしますので力強く走れるように促して行きます」とコメント。今後は坂路での調教量を少し増やしてトモの強化につなげたい所です。状態を確認しながら徐々にピッチを上げて乗り込んで行きます。

ドリームバスケット [外厩馬 / 水野馬事センター] ■2010/02/15
--------------------------------------------------------------------------------
水野馬事センターで調整中。400mダートトラックコース5本ダクにて消化後、同コースにて2000mキャンターで2本ハロン20秒程度のペースで乗り込まれています。中間から運動量を増やしており順調に乗り込みが進んでいます。当初はスピリットファームへの移動を検討していましたが阿部調教師と相談の結果、慣れてきている環境の中でしっかり英気を養って欲しいとの結論に至り調整を進めています。担当スタッフは「先週から運動量を増やしています。馬体重も少しづつですが増えてきており、現在は460kg近くまできています。最近では運動量を増やす事だけではなく、細かな騎乗者の指示にもしっかり従えるように教えていますのでだいぶ行儀も良くなってきました。以前はキャンターに出す際など行きっぷりが良く、少しわがままな所もありましたが現在ではあまり見られなくなってきています。引き続き乗り込みを進めて行きたいと思います」とコメントしていました。近日中に阿部調教師が同馬の状態を確認する為に来場予定。確認後、今後の予定に付いて協議して行きます。

Posted by sachi at 01:18 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 13, 2010

津村騎手もフォーグも復調気配!?

フォーグの前のレースで大穴をあけた(らしい)津村騎手が、フォーグでもちょこっとやってくれました! 3着だし、ここ数戦の騎手よりよかったよ〜d(^-^)! 
12番人気で複勝880円て、300円しか買ってなかったけど笑えました。

2/13(土) 東京11R バレンタインS(オープン) 4歳上 ○混□指(ハンデ) 芝1400m 16頭 発走:15:45 天候:小雨 馬場:稍
3着 2枠 3番 マイネルフォーグ 牡6 54.0 津村明秀 宮徹 1.1/2 462(-4) 35.8 12/16人気

この馬場、この距離、この枠でこなければもうダメだと思っていたけど、3着にキタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!!
直線では勝てるかと思ったほどでしたが、少々及ばなかった。やはりこの馬には東京の芝1400mが最適なんですよ。渋った馬場も幸いしたし、内枠で我慢できたのもよかった。津村騎手、きょうはGJに感謝します。直線、出られないかと一瞬心配したけど、フォーグがこじあけて出てこられた。ほんとによかった〜 できれば勝ちたかったけどね。
問題は、このあと放牧と宮師が言ってること。やっと調子をあげてきたんだから、次のレースを調べてませんが、続戦でいいのでは? たしかに歩様はやや硬くはなってきてますけど、また鉾田では心配がつきません(ー_ーメ)
それにしても、もう引退馬も多い6歳まで、フォーグ、ルーチェ、ハヤトがそろってこれだけ走り続けてくれたことには、本当に感謝です。次はハヤトの復調を祈念します!

騎手コメント:from Race Courseより
津村騎手「気がいいタイプなので苦労せずにあの位置に行けた。直線では勝ったと思うほどの手応えだった。馬場が渋ったのも良かったのだと思う」

うんうん、馬場の件は出資者ならみんな知ってることだけどね。とにかく、強引に自分の競馬をしたりせず、フォーグの気にまかせて行ってくれたのがよかったです。津村騎手、ありがとう(^o^)v
フォーグの次走は、やっぱり3/14の中山・東風Sしかないんでない? そこで鉾田へなんぞ出してたら、また権利が取れませんですよ>宮先生 そのあと短期放牧に出して、新潟の谷川岳Sがいいと思いますけど。それとも新潟までお休みにするつもりなのかな。

Posted by sachi at 04:18 PM | Category: HORSE | Comments (0)

アルデュール、キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!!

きたのはイーガーではなくアルデュール。見事に復活を遂げてくれました!
いや〜石橋騎手、ありがとう\(=^o^=)/ 乗れてるね〜♪

2/13(土) 中京 8R 500万下 4歳上 □指(定量) 芝1200m 18頭 発走:13:40 天候:晴 馬場:良
1着 7枠 13番 マイネアルデュール 牝5 55.0 石橋脩 相沢郁 1:10.0 472(-4) 9.2 3/16人気

レースを1週延ばしたのもよかった。その分追えたので、アルデュールの闘志も復活。
しかし本来1000万クラスでも好走していた馬なのに、去年1年が悪すぎた。なぜかは、もう言わずもがなですが、もちろん鉾田のせいでしょう。今回は北海道の牧場帰りで、うまく調整できました。石橋騎手の好騎乗もあった。これからずっと石橋騎手でいってほしいな〜 松岡騎手では合いません。

騎手コメント:from Race Courseより
石橋脩騎手「跨ったのは初めてだが、何度も一緒に走ったりしていてある程度は特徴を掴んでいたつもり。陣営のアドバイスもあったしイメージ通りの競馬ができた。ありがとうございました」

きちんと研究していてくれたんですね。手も合っていたようだし、うまくアルデュ−ルのいいところを引き出してくれた。この開催、中京で外差しが決まるのもよくご存じだったようで、ナイスでした♪ ありがとう、ありがとう>石橋騎手
松岡騎手ではアルデュールの気持ちが分からない。牝馬に向いてないんじゃないの? ルーチェもだめだし。そして直線はじけない津村騎手も、ダメダメにしてください。ま、きょうのフォーグの騎乗でうまく乗ったら、考え直してみますが(笑)、きょうはフォーグにとってまたとない馬場状態なんだから、うまくやれよ〜>津村騎手

Posted by sachi at 02:07 PM | Category: HORSE | Comments (2)

あらら、イーガー……

なんと、一番人気だったのに9着に惨敗・゚・(ノД`)・゚・
どうしちゃったんでしょう? 馬体は少し引き締まって踏み込みも深く、いい感じだったのですが、レース前にちらっと思ったことに、ひょっとして足抜きのよい重馬場が向かない???

2/13(土) 京都3R 未勝利 3歳 □指(馬齢) ダ1400m 16頭 発走:11:00 天候:曇 馬場:重
9着 8枠 15番 マイネルイーガー 牡3 56.0 M.デムーロ 中村均 1.1/2 538(-2) 3.0 1/16人気

騎手コメント:from Race Courseより
デムーロ騎手「まだ幼い。距離は1200の方が良い。それにきょうも右手前のままで走っていた」

ふうむ、まだ幼いだけですめばいいんのですが…… でも幼いことは確かかもしれません。なにしろ膝のせいで十分なお稽古ができてませんし、その前から明和では人手不足からか何なのか、2日に1回しか乗り込めていませんでした。ゆっくりでも成長していってくれれば。手前をかえるなんていうのは、本能的にやること? それともお稽古の賜物でしょうか? 中村先生、しっかり教え込んでやってください。

Posted by sachi at 11:50 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 12, 2010

少し期待できそうなのはイーガーだけかも?

明日出走の3頭の枠順が決まりました。
少し可能性があるのはイーガーかな。でも勝ち負けできるかどうか、それほど自信はありません。前走はエンジンのかかりが遅かったわりに長くいい足を使って3着に追い上げてきたので、1ハロン距離が延びた今回、どんな走りを見せてくれるか楽しみではあります。せっかく騎乗してくれるデムーロ騎手のためにも、気の悪いところが出ませんように。アルデュールは調教時計がいまいちだし、もともと叩き良化型なので掲示板を目指してもらえれば。
フォーグは……orzとしか言いようがありませんが、調教でのタイムはよいので、津村騎手がうまく乗ってくれるよう祈るばかりです。内枠を利して前半うまく折り合い好位先行してくれれば、稍重も気にしない馬だから直線で抜け出すチャンスはあるかも? その点にかけて一発を夢みたいものですが、まあ、いつも「はじけない」騎手なので無理だろうな。アルデュールにかわって、今度はフォーグが調教大将にならなければいいのですが。

2/13(土) 京都3R 未勝利 3歳 □指(馬齢) ダ1400m 16頭 発走:11:00
1 1     マキハタピンナップ 牝3 54.0 石橋守 新川恵
1 2 ▲ △ ビーチパーティー 牝3 54.0 岩田康誠 加用正
2 3   ○ リリーレインジャー 牡3 56.0 池添謙一 池添兼雄
2 4     キングボーイ 牡3 56.0 酒井学 二本柳俊一
3 5 △   シンコープリンス 牡3 56.0 熊沢重文 湯窪幸雄
3 6     テイエムジパング 牡3 56.0 佐久間寛志 鹿戸明
4 7     ヒシミステリー 牡3 56.0 福永祐一 佐山優
4 8 ○ ▲ ルナドリーム 牝3 54.0 武豊 田所秀孝
5 9 △ ◎ メイショウラリー 牡3 56.0 和田竜二 白井寿昭
5 10     コーリングオブラブ 牝3 54.0 浜中俊 鮫島一歩
6 11     メイショウメドーラ 牝3 54.0 幸英明 武田博
6 12 △   スマートグリッド 牡3 56.0 藤岡佑介 宮徹
7 13     スナークトマホーク 牡3 56.0 渡辺薫彦 野村彰彦
7 14 △   モンキーマジック 牡3 56.0 川田将雅 石坂正
8 15 ◎   マイネルイーガー 牡3 56.0 M.デムーロ 中村均
8 16     プロスビート 牝3 54.0 小牧太 坪憲章

2/13(土) 中京8R 500万下 4歳上 □指(定量) 芝1200m 18頭 発走:13:40
1 1 △ △ オペラセリア 牝5 55.0 長谷川浩大 大根田裕之
1 2     テラノチェリー セ5 57.0 柴原央明 昆貢
2 3     イーサンバブル セ4 57.0 的場勇人 牧光二
2 4 ○ ▲ マイネルプルート 牡6 57.0 川島信二 目野哲也
3 5     リッピアピンク 牝4 53.0 △松山弘平 佐藤正雄
3 6     マルカゼウス 牡4 57.0 中舘英二 鶴留明雄
4 7     ワイドロータス 牝4 55.0 藤岡康太 藤岡健一
4 8     ユキノマーヴェラス 牝6 55.0 西田雄一郎 和田正一郎
5 9     ミティーク 牝5 55.0 佐藤哲三 松永幹夫
5 10     キタノオーロラ 牝5 55.0 田辺裕信 高橋裕
6 11     ライトグローリー 牡6 55.0 △荻野琢真 北出成人
6 12 ▲   コウヨウマリーン 牝5 54.0 ☆宮崎北斗 武藤善則
7 13 △   マイネアルデュール 牝5 55.0 石橋脩 相沢郁
7 14 △   スペシャルブレイド 牡5 57.0 上村洋行 斎藤誠
7 15     カネコメリッチ 牡4 57.0 北村浩平 須貝尚介
8 16 ◎ ○ マッキーコバルト 牡4 57.0 野元昭嘉 野元昭
8 17     ブルーホリゾン 牡6 57.0 鮫島良太 友道康夫
8 18   ◎ アキヨシメガミ 牝4 52.0 ▲丸山元気 粕谷昌央

2/13(土) 東京11R バレンタインS(オープン) 4歳上 ○混□指(ハンデ) 芝1400m 16頭 発走:15:45
1 1   ○   ダイシングロウ 牡6 54.0 北村宏司 松田博資
1 2 △ △   ゲイルスパーキー 牡6 55.0 後藤浩輝 古賀慎明
2 3       マイネルフォーグ 牡6 54.0 津村明秀 宮徹
2 4     △ メジロシリング 牡7 53.0 吉田隼人 北出成人
3 5 △   ◎ ピサノパテック 牡8 56.0 横山典弘 藤沢和雄
3 6       イナズマアマリリス 牝4 51.0 吉田豊 松元茂樹
4 7 △ ◎ △ アポロフェニックス 牡5 55.0 田中勝春 柴崎勇
4 8 ▲   △ アントニオバローズ 牡4 56.0 角田晃一 武田博
5 9 △     ゴスホークケン 牡5 54.0 勝浦正樹 手塚貴久
5 10 ◎   ▲ ヤマニンエマイユ 牝7 53.0 蛯名正義 浅見秀一
6 11       スピードタッチ 牡7 53.0 江田照男 崎山博樹
6 12       タマモナイスプレイ 牡5 55.0 藤田伸二 南井克巳
7 13   ▲ ○ ダイワマックワン 牡5 54.0 武士沢友治 鹿戸雄一
7 14 ○   △ トレノジュビリー 牡7 56.0 松岡正海 藤原英昭
8 15       ゼットフラッシュ 牡7 53.0 小林淳一 山内研二
8 16       マルブツイースター 牡5 53.0 柴田善臣 中尾秀正
(印はnetkeiba.comより)

Posted by sachi at 07:35 PM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

6歳馬
何より嬉しいルーチェの勝利でしたが、それから早1週間近く、あっという間でした。本当に使いづめで頑張ってくれるルーチェ。厩舎のケアがよほどよいのでしょう。本当に馬にも厩舎にも頭が下がります。次走はやや間隔があくので、ほんの少し楽できるかな。サンシャインSを勝ってオープン馬に復活したら、引退は延びるのだろうか?(笑) いや、欲張りはやめておきましょう。格が違うものの、わたしは阪神ジュベナイルで初めて知った男勝りのウォッカも、ドバイを最後に引退予定。ルーチェが無事繁殖入りできることを心から祈ります。
フォーグは、このレースのあと一息入れる……ってことは、また鉾田ですか? もう鉾田はやめてほしい。バレンタインSを勝って、御褒美に北海道へ帰りましょう!(と、言うだけは言ってみる)

▼マイネルーチェ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン/関東:上原博之
マイネルーチェは、7日(日)の東京で念願の2勝目を手にしました。ロスなくコーナーを回り、道中でためていたエネルギーを直線で爆発させるレース。押し切りを狙うトーセンゴライアスを鮮やかに差し切りました。3年半ぶりの勝利で喜びもひとしおです。11月から中2週でずっとレースを使われてきた中、よくがんばりました。次走は約1ヶ月後の中山のサンシャインS・芝2500mの予定。その後、繁殖入りするプランが有力です。

▼マイネルフォーグ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、13日(土)、東京11R・バレンタインS・芝1400mに出走します。やればやるだけ時計の出る馬。10日(水)の追い切りを単走にしたのは過重な負荷をかけないよう配慮したものです。動きは平行線というところ。いくらか太く映る馬体は東京までの輸送を考慮すれば問題ないレベルで、力を出せる出来にはあると見ています。宮師は「少しテンションが高いけれど許容範囲内。レース後はひと息入れる方向で検討している」と述べていました。好結果を残せていない近走ですが、1400mという距離と54キロの斤量で好走を期待したいものです。

5歳馬
アルデュールは、どうなんでしょうかね〜 調教大将を返上したみたいなのが気掛かり。この馬もはや5歳で、アドコジ産駒は比較的早熟傾向があるようだから、今度の走り次第では先が見えてくるかもしれません。反面、石橋騎手が新しい可能性を引き出してくれるかとも期待はしています。

▼マイネアルデュール……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス/関東:相沢郁
マイネアルデュールは、13日(土)、中京8R・芝1200mに出走します。今週の追い切りは単走で終い重点。ラストだけ気合をつけて脚を伸ばす内容でした。上がってきた際には少し息遣いが荒く感じられましたが、この1本で変わってくることでしょう。助手は「前回の在厩時は背中の感触があまり良くなかったが、今回は調子がいい頃の感じに戻って帰厩してきた。結果を出してくれることを期待したい」と語っていました。初めての中京コースでどんなレースを見せてくれるでしょうか。

3歳馬
イーガーは、どてどてと走っていた前走でしたが(笑)とっても愛嬌があった。今回も返し馬をやらない予定のようだし、同じようなレースかもしれませんが、1ハロン延びるので差し切れるといいなぁ。ヒザに爆弾を抱えているだけに、あまり詰めて多くは使えないでしょう。今のうちに勝ち上がりたいものです。
ポローニアは、今回そんなに膨らんだようには思えなかったのですが、騎手の手綱さばきのおかげだったのですね。後半スタミナ切れしてしまったものの、そうやって次第に地力をつけていってくれれば、勝ち上がりはできそうな気がしています。が、戸崎騎手なみに技量のある鞍上ばかり配してくれるとは思えないので、微妙かもしれません。それにしても、素直な馬だから本当に精一杯走ったのね。ポローニア、かわいいです♪ ちょっと楽をして疲れをとってから、また頑張れ〜!

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー/関西:中村均
マイネルイーガーは、13日(土)、京都3Rのダート1400mにデムーロ騎手で出走します。追い切りは水曜日に坂路で消化。ステッキを入れて一杯に追わずに52.2秒ならまずまずです。併せ馬であればラストまでもっとしっかり走れたでしょう。今回は距離が1ハロン延びるので流れにも乗れると見ています。中村師は「今回も返し馬は行わない予定。騎手も前回乗って理解していると思う。一度使って気合乗りが良くなったし、体も引き締まってきた。ヒザも落ち着いている」と教えてくれました。強敵はビーチパーティー、ルナドリームあたりでしょう。大外の8枠も競馬がしやすそうで、待望の初勝利を期待しています。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン/関東:稲葉隆一
マイネポローニアは、6日(土)に東京で出走して5着でした。一度レースを使って思惑通り状態が上がっていたのでしょう。楽に好位の3番手で流れに乗って最後の直線も粘りました。2戦目で東京コースを走った際に右にもたれて競馬にならなかったのですが、今回も目視できる4コーナーを始めとしてその兆候はあった模様。戸崎騎手は「直線は特に右に張っていた」とコメントしていましたが、帰厩後に左の口の中を切っているのが判明。技術と力で真っ直ぐ走らせようとした努力の跡が見られました。火曜日から角馬場で乗っており、いつもより身のこなしが硬く感じます。調教助手は「火曜日は後肢がガクガクしていた。レースで力を出し切った感じ。今週楽させれば解消するレベルだと思う」と述べていました。次走は中山2週目の牝馬限定・ダート1200mが有力です。

Posted by sachi at 07:30 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 11, 2010

セゾン入厩馬近況

3歳馬
カトラスはやはり体質が弱いようですね。もともとデュランダルは晩成らしいし(鋭い決め脚で駆け抜けたイメージしかなく、年齢は気にしていなかった)、それでも飼い葉は食べていて放牧にも出さず、厩舎で調整してくれるようなのでよかった。来週の出走は、もともと無理だと思っていました。じっくり馬体の回復と強化をお願いします。
パステルは、やはり短期放牧になりました。パドックでの様子からも、馬体がもう少しふっくらしていてほしかったくらいだから、この放牧はいいでしょう。またここでもちだすのもなんですが、パステルの放牧は「2週間程度」とあります。アリオンの場合もこれと同様の短期放牧と思っていたのですが、なぜに次の出走のことも考えずに、鉾田へ行ったら3カ月がデフォルトになるのか、まったく理解に苦しみます。やはりせこい預託料稼ぎですか? パステルの扱いのほうが、よほどまっとうだというのは、だれが見ても分かることではないでしょうか。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/02/11
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に運動しています。中間からペースアップする予定ではおりましたが、先週と比べ状態は平行線と言った所で疲労がまだ完全に抜けきっていない印象です。佐々木(晶)調教師は「どちらかと言うとコンパクトな体型で体質も強い方ではありませんので無理せず様子を見ています。カイ葉はしっかり食べていますので時間の問題ではないかと見ています」とコメントしていました。当初は今週、来週の出走も視野に入れていましたが無理は出来ません。次走については再度状態を確認しながら検討して行きます。

サマーパステル [外厩馬 / スピリットファーム] ■2010/02/11
--------------------------------------------------------------------------------
2/10に美浦トレセンからスピリットファームへ移動しました。特に問題無く無事に到着しています。前走後は、レースに使ったなりの疲労は感じられましたが、特に問題は見られませんでした。高木調教師は「体も大きい方では無いのでそれなりに疲労が感じられました。しかしまだ成長途上で前回の放牧明けからも精神的には進境が窺えました。優先出走権を確保出来なかった事もあり一度放牧に出てしっかりリフレッシュした上で次走を検討して行きたいと思います」とコメントしていました。しばらくは軽めの運動で様子を見ながら騎乗再開時期を検討して行きます。滞在は2週間程度を予定しています。

Posted by sachi at 08:05 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

出走する3頭が時計を出しています。

マイネアルデュール
2/7 助 手 美南W 良 - - - 68.3 51.7 38.4 13.1 9 G前仕掛け
2/10 助 手 美南W 良 - - - - 52.9 39.3 13.5 9 一杯に追う
マイネルイーガー
2/10 助 手 栗東坂 重 - - - 52.2 38.4 25.5 13.1 - 強目に追う
マイネルフォーグ
2/10 助 手 栗東P 良 - - 79.8 63.7 50.1 37.2 11.6 8 一杯に追う

アルデュール、今週もタイムが遅いのは、コメントにあったようにウッドチップを入れ替えて時計が出なくなっているからなのでしょうか。それならいいけど。
イーガーは重の坂路だからこんなものでしょう。終いがちょっと遅いものの、全体のタイムはイケるんじゃないか? 一杯ではなく強めだし。ここらへんで一発で決めてほしいけど、器用さはない馬だからどうでしょう。デムーロ騎手にお願いするしかありません〜
フォーグは相変わらずいいタイム。とくに終いが優秀。問題はその脚を実戦で発揮できるかどうかです。鞍上は、フォーグの気持ちをくんですんなり折り合い、終いすっと追える騎手で決めてください。お願いします。この東京芝1400mはまさに正念場なんですから。

【追記】なお、出走が以下の通り確定しました。

2月13日(土)
京都 マイネルイーガー 3R 3歳未勝利 M.デムーロ 56 ダ1400m 11:00 16頭
中京 マイネアルデュール 8R 4歳以上500万下 石橋脩 55 芝1200m 13:40 18頭
東京 マイネルフォーグ 11R バレンタインステークス (混) 津村明秀 54 芝1400m 15:45 16頭

うげ〜っ、フォーグはやっぱり津村騎手ですか。じゃあ、きのうの「未定」は何だったんだ? ま、津村以下の騎手だともっとうげぇ〜っですけど、それならそうと水曜の予定に書いておけば何度もがっかりする必要がなかったのに。あ〜あ、ルーチェのような復活は見込み薄のようなので、今週はイーガーの2戦目にかけるとするかな。

Posted by sachi at 04:13 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ルーチェの次走予定

サンスポによると、

★…箱根特別を勝ったマイネルーチェ(美・上原、牝6)はサンシャインS(3月13日、中山、1600万下、芝2500メートル)が有力だが、中山牝馬Sにも登録。これを最後に繁殖入り。

だそうです。距離の短い中山牝馬Sより、やはり適距離のサンシャインSがいいと思うなぁ。ここを勝てばオープン馬になって、ひょっとして現役続行?とか夢を見てみる(爆) でも、早くお母さんになってもらいたい気もあります。重賞に出るなら、中山牝馬Sではなく日経賞なら、なんて、ますます妄想ひろがる(更爆) それにはサンシャインSを勝たないとね(笑)

【追記】見逃していましたが、スポニチにもルーチェの記事が出ていたようです。
ルーチェに続け!511日ぶりへワイルドボア(競馬) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース
上原先生もルーチェの「有終の美」に「力こぶ」だそうで、ほんとうにありがたいこと。ワイルドボアも頑張れ!


もう1度パドックでルーチェの姿が見られるのかな。


また最後に笑顔でウィナーズ・サークルに立てたらなぁ♪

Posted by sachi at 09:21 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

ラフィアン確定申告用書類の疑問

きのう確定申告用の書類がラフィアンから届いていましたが、年度の間違い、出資口数によっては分配金の記載間違いのほかに、他のクラブと違う点があります。
それは期日の問題で、たしか去年は、制度が切り替わったせいで2008年1月から11月までの申告(11カ月分)ということでしたが、今年はその積み残し?の2008年12月分から2009年12月分まで(13カ月分)の書類のはず。なのにラフィアンは、12月分から11月分まで(12カ月分)と書いてありますよね? これって正しいのでしょうか? ちなみにセゾンでは、ちゃんと2008年12月分から2009年12月分まで13カ月分の計算になっています。
どなたか詳しい方、いらっしゃったら教えていただきたいです。m(_ _)m
(きょうは祝日で事務所に電話で確認できません。仕事している最中に事務所に電話するのはいやなんですが、あすになったら電話で尋ねてみようとは思っています。う〜ん、それとも今日中にメールしておくかな)

Posted by sachi at 06:20 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 10, 2010

鉾田滞在馬近況

6歳馬
ハヤトは一応順調にすごしているようです。この馬は環境の変化にもあまり動じません。競馬嫌悪症?が少し治ってくれているといいなあ。3月半ば以降の競馬でいいでしょう。でもくれぐれも言いますが、厩舎には早めに戻してください。小西厩舎なら曳き運動からはじめて、ていねいにケアしてくれるんですから。以前は真歌のグリッツァの担当スタッフもそうでしたね〜 厩務員試験に合格して、いまはどこかの厩舎にいるのかな。

▼マイネルハヤト……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:小西一男
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。先週末に坂路でキャンター1300m1本の乗り込みを開始しました。脚元を気にする素振りを見せるのは久しぶりに蹄鉄を外したからです。蹄底が敏感になっているためですが、ある程度までペースが上がったら再び装蹄する予定。調教を強めてからも順調なら、3月半ば以降の競馬になるのではないかと予想しています。馬体重は513キロでした。

4歳馬
え〜っ、アリオンは入厩が3月上旬? 得意の東京がなくなってからではないですか。今週あたままでに入厩していれば2月21日の東京・芝1800mがあるかなと期待していたのですが、3月では東京まで1カ月もあります。その間、またこの馬に向かない中山で急仕上げで出走して、鉾田へ舞い戻るんでしょうか。少しは馬の適性というものを考えたらどうでしょう? しかも1月16日に出走し、「節を稼ぐ」ために鉾田へ行ったんだから、乗り込んでいれば馬体は緩んでいないはずなのに、馬体重が501キロ。前走だってプラス14キロの太め残りだったんですぞ! それも敗因の1つだったでしょうが。そろそろこの馬自身の仕上げなんて言ってないで、仕上げは厩舎でやってもらいたい! もはやクラブは馬を勝たせるのが目的ではなく、鉾田に滞在させるだけが目的のようにさえ思える\(*`∧´)/ 少なくとも勝たせようという意気込みは、ルーチェのような厩舎をのぞいて、ほとんど感じられません。結局、アリオンは昨年8月16日のレースを最後に休養に入って、3月の半ばまで7カ月は休養していたのと同じこと。しかも北海道でならまだしも、中途半端に鉾田ですから……

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。乗りやすさを買われてこれまでは先導役を多く務めていましたが、これからは自身の仕上げに入る時期です。併せ馬も取り入れた追い切りを開始しました。現在の馬体重が501キロ。太め感はいくらか残っていますが、動きに重さはなく、スムーズな脚さばきを見せています。入厩は3月上旬になる見込み。

3歳馬
ガンバも同様です。イーガーかと見まちがうほどの巨漢馬になってしまい、どれだけ仕上げにかかることか。せっかく3着したのになぁ。厩舎で使い続けていてくれればよかったのに、わざわざ栗東から鉾田へなんぞ行ったばかりに小さな故障の連続で、いつ脱出できることやら。それなら北海道で調整してくれたほうがまだよかった……

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア/関西:宮本博
マイネルガンバは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。試し乗りで左後肢の運びの良化を受け、4日(木)に坂路入りを開始しました。1本の乗り込みから取りかかり、問題がないことを確認してから2本のメニューに増やしています。休みがちで調教がなかなか軌道に乗らず、その間に馬体が緩んでしまいました。目方も545キロまで増えています。今度こそは順調に進んで欲しいもの。

Posted by sachi at 07:22 PM | Category: HORSE | Comments (2)

今週の出走予定馬

フォーグ、イーガー、アルデュールが出走を予定しています。

東京競馬場
マイネルフォーグ 2月13日(土) 11R バレンタインステークス (混) 未定 芝1400m
京都競馬場
マイネルイーガー 2月13日(土) 3R 3歳未勝利 M.デムーロ ダ1400m
中京競馬場
マイネアルデュール 2月13日(土) 8R 4歳以上500万下 石橋脩 芝1200m

フォーグは権利取りの登録もし、先週の近況で鞍上津村騎手と出ていたのに、未定とは? 何度も言いますがまがりなりにも「オープン馬」ですよ。何ですかこれは?\(*`∧´)/ 思いっきりいい騎手でも乗せてくれないかぎり、許せませんね。少なくとも津村騎手よりはマシな方にしてくださいよ!
イーガーは予定通りデムーロ騎手です。ダート1400mもちぃと忙しいかもしれませんが、何しろ前走とほぼ同じ条件なので、今度こその期待がかかります。デムーロ騎手も2度目だから、きっと感触をつかんでくれたでしょう。頑張れ〜!
アルデュールも中京の芝1200m。石橋騎手は、中京だし仕方がない……というか、ま、叩き良化型の馬の復帰初戦なので、よいところでしょう。しかし中京ってアルデュールは初めてか? うまく乗ってくださいね>石橋騎手

ところでずっと確定申告用の書類を待っているんですが、その書類も届かないうちに、またまたミスが判明!? え〜っ、んもう、まったく、何やってんですか事務所は。
そもそもわたしは青色申告なので、税理士さんから1月28日までに全部書類をそろえて出すようにと言われているんです(ま、毎年この時期ものすごく忙しくて、その期日は延びてしまうんですが) 去年もそうでしたが、今頃になって間違いが分かるなんて。しかも年度の間違いなどという間抜けなミスがその1つ、どうかしていませんか?(あまりのことに笑えるっちゃ笑えますが) 送付時期にしても、1月中に送ってくるのが普通でしょう。せめて2月の第1週にはもらわないと。去年は初年だったからまだしも、今年は2年目なんだから、もう少しましな処理をしてもらいたかった。

Posted by sachi at 06:03 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 08, 2010

セゾン出走結果レポート

パステルはホント、厳しそうです。コメントは結構フォローしているんですが、CVFでの育成時代は結構、調教が進んでいるグループだったはずなのに、この半年(つまりセゾンと総帥との関係が壊れてからですが)の動向がいけません。どうも放置されていたのだろうか? BTCに移ったときは「ともが甘い」というコメントの馬ばかりだったし。しかし、それは今更どうしようもないこと。放牧するなら早めに出してしっかり体をつくり、暖かくなってからでもいいと思う。あせって何度出走させても、身が入ってこないうちはダメでしょうから。ガンバレ、パステル!(この馬もカトラスも、ピクシーの二の舞いかもしれません。汗)

サマーパステル [入厩馬 / 高木登厩舎] ■2010/02/08
--------------------------------------------------------------------------------
2/7(日)東京競馬第5レース、3歳未勝利、芝の1600mに、16頭立て、6枠11番、坂井英光騎手騎乗で出走し、14着でした。スタートはまずまず。鞍上が軽く出しますが、他馬のダッシュが勝り11番手辺りでレースを進めます。前半3ハロンの通過が35.2秒と淡々とした流れの中、道中特に折り合いを欠く事もなく追走はスムーズでそのまま3コーナーへ入ります。すると徐々に各馬進出を開始する中、同馬も追い出すタイミングを計りながら3、4コーナーを回り直線へ向きます。いざ鞍上が追い出しを開始しするとこの馬なりに反応し脚を伸ばします。しかし前を行く勝ち馬等も止まらず、結局勝ち馬から1.7秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から−4kgの448kgでした。騎乗した坂井騎手は「まだ幼さを残している印象でトモに少し甘さも感じられました。でも最後まで頑張っていましたし、結果を出せずに申し訳ありませんでした」とコメント。高木調教師は「この馬なりに成長は感じられテンションもだいぶ自分でコントロール出来るようになって来たのですが。今後は距離や小回りコースでの出走等も再度検討して行きます」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って様子を見てから検討していきますが、優先出走権を確保出来なかった為放牧も視野に入れています。

Posted by sachi at 06:32 PM | Category: HORSE | Comments (0)

フォーグ、バレンタインSに登録

予定通りです。ルーチェに続いて復活を果たしてほしいのですが……

2月13日(土)1回東京5日バレンタインステークス 第1回特別登録 22頭
サラ系4歳以上 (混合)[指定]オープン ハンデ 1400m 芝・左
アポロフェニックス
アントニオバローズ
イナズマアマリリス
ゲイルスパーキー
ゴスホークケン
ショウワモダン
スピードタッチ
ゼットフラッシュ
ダイシングロウ
ダイワマックワン
タマモナイスプレイ
トレノジュビリー
ナイアガラ
ニルヴァーナ
ピサノパテック
ファルカタリア
マイケルバローズ
マイネルフォーグ
マルブツイースター
メジロシリング
ヤマニンエマイユ
ラインブラッド

Posted by sachi at 06:19 AM | Category: HORSE | Comments (0)

ルーチェ、ついに待望の勝利!

いや〜やはりルメール騎手はすごい。見事ルーチェを新馬戦以来、3年数カ月ぶりの勝利に導いてくれました。ヽ(^o^)ノヤッター

2/7(日) 東京9R 箱根特別(1000万下) 4歳上 ○混□指(ハンデ) 芝2400m 13頭 発走:14:35 天候:晴 馬場:良
1着 5枠 6番 マイネルーチェ 牝6 55.0 C.ルメール 上原博之 2:28.1 470(+2) 3.8 2/13人気

仕事もはかどっていなかったのだけれど、ひょっとしたら競馬場でのルーチェはもう2度と見られないかもしれないと(パステルは完全無視して)府中へ行ってきました。競馬場に行くのがあまりに久しぶりで(そういえば半年以上行ってない……)しかも、ぎりぎりやっぱり行かなくちゃとつかんだのが、去年の6月末に届いた新しいカメラ。ほとんどさわりもしないうちに猛烈に忙しい仕事に突入し、息をつく暇もなくいまに至っているわけで、設定等がわからない!(苦笑) あ〜古いカメラで来るんだった〜と激しく後悔。なわけで、今回、写真はいつもとホワイトバランス等が違っていて、なんだかな〜です。
それはともかく、パドックで待つこと20分。出てきたルーチェはいつもの通りで、気合いの乗りもほどよく、落ち着いて回っていていい感じに思えました。当初、ダントツの1番人気だったのだけど、トーセンゴライアスと張り合い、最後には結局2番人気? ほかに手ごわそうな馬もあまりいないし……とは思ったものの、それでも勝ち切れないルーチェだったので、少々弱気に。
本馬場入場をして発走を待つあいだに、なぜかじわっと涙が出てきました。あれ、あれ、あれ? きょうが最後でもいいやぁって涙か……デビュー前の屈腱炎からいろいろあったね〜などと思いつつレース。枠は絶好。ルメール騎手がじっと内で我慢して好位のまま経済コースを通ったあと、実にうまいタイミングで前に出てきたところで外目に出し、ぐいっぐいっと逃げていた馬に迫ってとうとう追い越し、先頭でゴール!!! ルーチェやった〜 思わず一人で叫んで小躍りしました。ルメール騎手、上原先生、本当に本当にありがとうございましたm(_ _)m
これで引退かと思ったら、先生はなんと続戦の意向。まだルーチェの走りが見られるかもしれません。もう悔いはないです。しかしずっと見守ってきたルーチェが引退してしまうと、本当に寂しくなります。でも、繁殖に上がったら会いに行けるからいっかな。ここまできたら、あと一戦、いいレースをしてほしい。楽しみです。

騎手・厩舎コメント:from Race Courseより
ルメール騎手「リラックスして内で脚をためるレースができた。前回乗ったときは前が詰まったので、それだけは特に気をつけた。東京コースの分、スタミナを活かしたレースができたと思う。すごくパワフルな馬だね」
上原師「繁殖入りが近づいている馬。1勝のままで終わらせたくなかった。それだけにこの勝利はうれしい。体調次第になるが、いまのところは続戦の予定」

以下、いつもと違う感じになっちゃいましたが、パドックから本馬場、レース、ウィナーズサークルでのルーチェの写真です。

まずはパドック。出て来たっ! いつもながらのルーチェ。

次は一番ルーチェらしい写真を。この歩様、この馬体。まさにルーチェなんです。

ルーチェの応援幕と一緒にと思うんですが、なかなかうまく決まらない(^^;;

(続きはクリック!)

今回は最後になるかもとの思いから、ルーチェの顔アップを撮ろうと努力。
なかなか闘志を秘めた、レース前のルーチェらしい表情です。
メンコが、耳のとこだけ革だったなんて初めて気づきました。

この角度ではあまり撮ったことがなかったと思うので1枚。

実は、このしっぽのリボン飾りに気づいたとき、勝利を予感しました。
Sさん、プレゼントしたのは、あなたですよね?(^o^)ノ

本馬場入場、以後、レースの写真を含めて、うまく撮れませんでしたが・゚・(ノД`)・゚・返し馬のあと、ルメール騎手は大名行列に加わってスタート地点へ。

最後、直線で力強く抜け出し、ゴール前で楽に前へ。いや〜とうとう来ました、この瞬間が!(ひどい写真ですみませんが、4連ちゃんで)



表彰式でおすまし顔のルーチェ。待望の2勝目をあげることができ、厩務員さんも嬉しそうでした。
上原先生がいらっしゃらなかったのはちょっと残念でしたが、厩舎にとっても今年の初勝利、きっと喜んでくださったでしょう。


(以上、Pentax K-7+DA55-300mm)

Posted by sachi at 06:00 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (4)

パステル……

なんという着順だったことか。う〜ん厳しい。人気通りと言えば人気通りだけど、馬体も細くて、飼い葉が全然身になっていない気がしました。バドックでのテンションも休養明けだというのに高くてちゃかちゃか。これでは無理かもしれないな〜 先生も苦労するでしょうね。ま、コメントを待ちましょう。

2/7(日) 東京5R 未勝利 3歳 ○混□指(馬齢) 芝1600m 16頭 発走:12:31 天候:晴 馬場:良
14着 6枠 11番 サマーパステル 牝3 54.0 坂井英光 高木登 ハナ 448(-6) 268.3 15/16人気

Posted by sachi at 04:04 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 06, 2010

パステル中枠、ルーチェは絶好枠?

ポローニアが公営騎手でそこそこやれたので、パステルの坂井騎手にもおのずと期待が……

2/7(日) 東京5R 未勝利 3歳 ○混□指(馬齢) 芝1600m 16頭 発走:12:30
1 1 △   ゴールドグラフィー 牝3 54.0 柴山雄一 大竹正博 35.7 8
1 2     コスモアルメリア 牝3 54.0 津村明秀 稲葉隆一 75.8 14
2 3 △   ドロップ 牝3 54.0 菊沢隆徳 高市圭二 60.6 13
2 4   △ レオヒリュウ 牡3 56.0 江田照男 岩戸孝樹 202.0 16
3 5     ラナイダンス 牝3 54.0 木幡初広 高市圭二 75.8 15
3 6     マイネルドルチェ 牡3 53.0 ▲伊藤工真 清水美波 35.7 9
4 7     ハッピーデュランダ 牡3 56.0 吉田隼人 中川公成 28.9 6
4 8 ▲ ○ ハングリージャック 牡3 56.0 蛯名正義 加藤征弘 4.3 3
5 9     ショウナンアストン 牡3 56.0 田中勝春 国枝栄 37.9 10
5 10 △   チャンピオンハーレ 牡3 56.0 後藤浩輝 勢司和浩 3.5 1
6 11     サマーパステル 牝3 54.0 坂井英光 高木登 28.9 7
6 12 ◎   ローテスクライト 牝3 54.0 C.ルメール 鹿戸雄一 4.3 2
7 13 ○ ◎ コスモカンタービレ 牡3 56.0 三浦皇成 松山将樹 6.3 4
7 14     ジュンノアスカ 牝3 54.0 中谷雄太 高橋義博 46.7 12
8 15 △ ▲ ソウルフルヴォイス 牝3 54.0 北村宏司 田村康仁 9.4 5
8 16     トレジャーゴッド 牡3 56.0 柴田善臣 柴崎勇 43.3 11
(印はnetkeiba.com)

この馬も、これまでの成績が実力ではないはず。
確かに気性(テンションが高くなる)には育成時代から多少の難があったけど、レースに大きく響くほどではなかったはず。下手に抑えて落ち着かせようとするんじゃなくて、馬の行く気にまかせたら、今度はもう少しよくなるかもしれない。お願いしますよっ>坂井騎手

そしてルーチェは内でも外でもない、ちょうどど真ん中の枠で、ひょっとしたら絶好枠ではないかと思いますd(^-^)!

2/7(日) 東京9R 箱根特別(1000万下) 4歳上 ○混□指(ハンデ) 芝2400m 13頭 発走:14:35
1 1 △     エイシンワールド 牡4 53.0 三浦皇成 久保田貴士 42.9 11
2 2 ▲   △ ディーエスハリアー 牡8 56.0 柴田善臣 柴田政人 10.5 5
3 3 ○   ○ ミッキーミラクル 牡5 54.0 北村宏司 藤沢和雄 3.7 2
4 4 △ △ ☆ ジェイケイラン 牝4 52.0 江田照男 中川公成 5.3 3
4 5 △   △ ヒカルマンテンボシ 牡5 56.0 後藤浩輝 勢司和浩 12.2 6
5 6 △ ◎ ◎ マイネルーチェ 牝6 55.0 C.ルメール 上原博之 3.5 1
5 7 ◎ ○ ▲ トーセンゴライアス 牡6 56.0 蛯名正義 萱野浩二 5.9 4
6 8       アイティーバトル 牡5 51.0 石神深一 矢野照正 29.4 8
6 9       ミウラリチャード 牡6 50.0 鷹野宏史 柄崎孝 123.9 13
7 10       セイカジーベック 牡6 52.0 吉田隼人 田中章博 39.8 10
7 11       ベルグミサイル 牡6 53.0 武士沢友治 保田一隆 34.9 9
8 12     △ ワシャモノタリン 牡4 53.0 田中勝春 谷潔 27.2 7
8 13   ▲   マスラタケヲ 牡9 50.0 伊藤工真 浅野洋一郎 111.5 12
(印はnetkeiba.com)

ちょいこわいのは、ハンデの軽いミッキーミラクルかな。あとはルメール騎手の手綱さばきと、ルーチェの頑張りにかけましょう。しかし果たして生応援に行けるかどうか(まだ仕事が進んでおりません……orz)
ところでエイシンワールドの三浦騎手は、きょうまた斜行で降着になっちゃいましたね〜 それでもクラブは松岡、三浦の両ジョッキーに頼り続けるのでしょうか?

Posted by sachi at 11:15 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ポローニア、掲示板は確保♪

やれやれ、やっとまともな走りができるようになってきました。

2/6(土) 東京1R 未勝利 3歳 ○混□指(馬齢) ダ1300m 16頭 発走:10:10
5着 7枠 13番 マイネポローニア 牝3 54.0 戸崎圭太 稲葉隆一 3.1/2 460(-4) 98.3 13/16人気

心配していたゲートもぽーんと出て、外枠だったのに好位につけることができ(ちょっとかかっていたかな)この馬場と距離に合った競馬ができました。戸崎騎手のおかげか、それとも馬がよくなってきたのか。さすがに直線では前に追いつくだけの脚は残っていませんでしたが、最後まで粘り抜いて掲示板は確保。よかった。きょうはダートもぱさぱさではなく、足抜きがよかったのも、非力なポローニアに幸いしたかもしれません。パドックでも言われていたように、またともも寂しく、本調子ではないようだった。もう少し実が入ってくればスピードはあると思うし、勝ち上がってくれるかな? 次走が楽しみになってきました。よかった、よかった。
それにしても勝った馬はまたコスモ。某掲示板で、コスモが成績がよいと言われていますが、そのとおりですね。コスモは自家生産馬が少なく、よそから買ってきた馬がよく走っています。つまりは自家生産馬、とくにあれほど鳴り物入りで会員にも高く売った父RIMがだめってことでは? しかも外から買ってきた中途半端な良血高馬はもっと散々。それに馬の仕入れは同じでも、まずラフィアンの社長がドラフトして好きなのを取ってから、前社長がとるってことでしたよね? 今もそうしているとすれば、現社長はまるで見る目が……?

騎手コメント:from Race Courseより
戸崎騎手「馬が変わった感じがある。無理に出していかなくてもスーッと先行できて流れに乗れたし、最後も頑張って粘ってくれた。でも聞いていたとおり右に張る。コーナーではそれほどでもなかったが、直線特に最後苦しくなってくると兆候が出ていた」

ふむふむ、馬が変わってきた? それならやっと去年の春頃の調子に戻りつつあるんです。鉾田ってほんとにだめだめだなぁ。いったい何カ月むだにすごしたことだろう。どうせなら北海道へ戻してくれればよかったのに。そもそも挫跖で1カ月も膿が出ないだなんだと言い、そのあともあっちが悪いこっちが悪い、そのくせハミかかりや右にもたれる癖?は、レースに出てからじゃないと指摘すらなかったって、おかしくないですか? はみがかりは、鉾田へ移された当初、問題があったから抜歯したって聞いてますよ。もちろん、その件もラフィアンHPの更新ではなんら報告はなかったです。まったくいい加減なんだから。お願いですから、これからもしばらく厩舎で調整して、出走のときもマユ〜とかヘンな騎手じゃなくて、まともな腕のある騎手を乗せてください。せっかくここまで調子を取り戻してきたのに、また悪い癖などついたら目も当てられません。

Posted by sachi at 10:46 AM | Category: HORSE | Comments (0)

ポローニア、不利な外枠に

不利をはねのけ、戸崎騎手で少しはいい結果が出せますように。(^人^)オ・ネ・ガ・イ

2/6(土) 東京1R 未勝利 3歳 ○混□指(馬齢) ダ1300m 16頭 発走:10:10
1 1     スーパードリーマー 牡3 56.0 武士沢友治 佐藤全弘
1 2   △ ウイニングタワー 牡3 56.0 小林淳一 鈴木勝美
2 3     ナスケンアイリス 牝3 51.0 ▲小野寺祐太 鈴木康弘
2 4   ○ アポロプレシャス 牡3 56.0 吉田隼人 堀井雅広
3 5 ▲   エビデンス 牡3 56.0 田中勝春 宗像義忠
3 6 △ ◎ コスモイルダーナ 牡3 53.0 ▲伊藤工真 伊藤伸一
4 7 ◎   アラヴォートル セ3 56.0 勝浦正樹 小笠倫弘
4 8     タケデンマナスル 牝3 54.0 高橋智大 奥平雅士
5 9     ディーズトムボーイ 牝3 54.0 江田照男 藤原辰雄
5 10 △   センスオブワンダー 牡3 56.0 大庭和弥 牧光二
6 11 ○   ターンオブザフット 牡3 56.0 横山典弘 和田正道
6 12     カシノカルミア 牝3 54.0 二本柳壮 二本柳俊一
7 13     マイネポローニア 牝3 54.0 戸崎圭太 稲葉隆一
7 14     アールヴィストーゾ 牝3 54.0 柴山雄一 成島英春
8 15 △ ▲ メジロジャクソン 牡3 56.0 吉田豊 高橋裕
8 16 △   ビラゴーティアラ 牝3 54.0 後藤浩輝 松山将樹
(印はnetkeiba.com)

*きょうは応援に行けませんが、一生懸命仕事をして、なんとか明日、応援に行けるといいんですが、進み具合でなんとも言えません。きょう出来るかぎり頑張らないと。

Posted by sachi at 05:10 AM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

6歳馬
ルーチェとフォーグのコメントが好対照。厩舎によってそれぞれの馬の扱いに大きな差があることの証明でしょうか。
ルーチェは実質トップハンデながら、再度ルメール騎手で出走。得意のはずの東京です。タイムもまずまずで、状態は好調を維持しているようなので、ここは何としても勝利をつかみたい! でも、毎回言ってますが無理せず無事に繁殖に上がれるのが一番ですけど。ルーチェ、頑張って♪
フォーグは、宮厩舎にばかにされているとしか思えません。毎度毎度、追い切りは好調と言いながら、実戦ではぼろぼろ。鞍上にはもともと恵まれていませんでしたが、今度もなんと今年まだ未勝利のバスクリンとは…… 1億円のオープン馬にこれですよ。信じられない。それなら、まだ悪いクセのついていない有望新人でも乗せてくれたほうがましじゃないですか? ま、たしかに津村騎手で2着した過去はありますが、それは2年半も前のこと。木幡、三浦、石橋脩と惨敗して、もうジョッキーがいないんですか? そんなわけないでしょう。要するに、厩舎はもう完全にクラブまかせ、自力でなんとかしようという気持ちはなく、むしろ種子骨骨折を厩舎のせいにさせられて?懲らしめにフォーグを放棄したとしか思えない。コメントがいつもいいのは、厩舎の責任じゃないよと言いたいわけでしょうか。そしてクラブはご用達ジョッキーしか手配しないので、こういうことに。それにしても、せめて50位以内のジョッキーにしてください。こんな状況は許せるものではありません。フォーグが可哀想です\(*`∧´)/

▼マイネルーチェ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン/関東:上原博之
マイネルーチェは、7日(日)、東京9Rの箱根特別・芝2400mにルメール騎手で出走します。前走の反省を踏まえ、今回は好走時と同じで水曜日の追い切り1本でレースへ臨むことに。時計が出やすいニューポリトラックとはいえ、全体のタイムが早いにもかかわらず馬なりで12.6秒にまとめた点は評価できます。上原師は「結果が出ている調教パターンで勝負したい。状態も引き続き良いね」とコメントしていました。ハンデが牝馬で55キロ。牡馬とのアローワンスを考えればトップハンデになりますが、新馬以来の美酒を期待しています。

▼マイネルフォーグ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア/関西:宮徹
マイネルフォーグは、栗東で調整中。ニューポリトラックを中心に乗り込まれています。来週の東京、バレンタインS・芝1400mに向けて順調です。週末に半マイルから15−15を行って、1週前の水曜日には単走で長めから消化。道中は行かせすぎないようにして直線だけ手綱を緩めたところ、いつも通りの良い伸びを見せました。宮師は「前回も良いデキだと思ったが、次も同じくらいで臨める。脚元もすっきりしているし、このままの状態で向かいたい」と話していました。津村騎手に騎乗を依頼しています。

5歳馬
アルデュールはタイムが示すように、まだ動きが重くて出走する態勢にありません。中京での予定は変わらないようですが、1週先に延びました。これはアルデュールにとってよかった。出走する以上は、ある程度の出来でなくては。むしろまだ調整が足りないくらいだと思うものの、叩き良化型の馬なので、とりあえず出走でもいいかな。鉾田へ送られないことが条件ですが(苦笑)

▼マイネアルデュール……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス/関東:相沢郁
マイネアルデュールは、美浦で調整中。坂路、ウッド、ダートコースでそれぞれ乗り込まれています。日曜日に半マイルから追い切った際、動きに重さを感じたため今週の出走を回避することに。3日(水)に長めから追い切った際も、時計を要す馬場状態とはいえもう少し伸びて欲しかったところ。跨った調教助手は「右にもたれるところがあったし、まだ少し重い。でも前回入厩時の走行フォームの悪さは直っているので、このひと追いでピリッとすると良いね」と述べていました。来週、中京の芝1200mに石橋脩騎手で出走を予定しています。

3歳馬
イーガーのコメントは、さすがに違いますね。やはり調教師の中身が違うのか。中村先生は初めてですが、前走のレースについても、きちんと押さえるところは言ってくれて、次走の予定もきっちりコメント。しかもジョッキーは再びデムーロ! 同じ関西でも宮厩舎となんという違いでしょうか。大型馬でストライドが大きく、本当に見ていても大迫力でした。大事に育てて大物になってほしいと思うのは出資者の欲目ですが、とにかく1勝は近々上げてほしいものです。
ポローニアも、少し状態がよくなってきたよう。非力っぽいのでダートでだめなら一度芝を試してみても?と、先走って思ってしまうのですが、今回は戸崎騎手でもあり、せめて掲示板に載って順調に使えるくらいの成績は残してほしい。稲葉厩舎は、厩舎でいるかぎりわりときっちりやってくれるところ。これまでの成績は、鉾田でついた悪いクセと体調不十分が原因だと思っているんです。とにかく、次は鉾田に出されないよう頑張れ!

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー/関西:中村均
マイネルイーガーは、30日(土)に京都で出走し、3着でした。540キロの大型馬。ストライドの大きさが一際目につく、迫力満点の走りでした。母が癖馬としてトレセンで有名だったフリークロバリーです。レース前日に調教助手を振り落としました。返し馬をしなかったのは人馬の安全を優先したからです。中村師は「ゲートまで厩務員が曳いていったから、ジョッキーが気性の悪さを心配した。その結果、前半が慎重になってしまった感じ。積極的に出していく競馬ならもっと前々で流れに乗れていたと思う」と振り返っていました。次走は3週目のダート1400m。続けてデムーロ騎手に声をかけています。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン/関東:稲葉隆一
マイネポローニアは、6日(土)、東京1Rのダート1300mに地方リーディングジョッキーの戸崎騎手で出走します。3日(水)の最終追い切りは終いの2、300mを伸ばすもの。調教助手は「(タイム計測地点の)前半が14秒くらいだったこともあるけど、ラストの伸びはなかなかシャープだった」と振り返っていました。ややパワーが不足している印象ですが、今週からウッドチップの量が増え、力の要る馬場だったことも踏まえれば及第点でしょう。

Posted by sachi at 04:59 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 04, 2010

セゾン入厩馬近況

3歳馬
カトラスは放牧に出されずにそのまま厩舎で続けて使ってくれるようで、よかった。次走は再来週って、結構近いではありませんか。距離はやはり延長したほうがよさそう。京都なら鞍上は佐藤哲騎手でしょうし、今度はもう少し見所ある競馬をお願いします(それにしても芝2000mは長いと思うんですが。苦笑)
パステルは坂井英光騎手で今週2走め。追い切りの終いがいま一つのタイムだった説明もきちんとしており、この先生は信頼できそう。この時期の芝1600mはなかなか水準が高いかもしれませんが、頑張ってほしいものです。

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/02/04
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。前走後、レースに使ったなりの疲労は感じられるものの特に問題無く馬場入りを再開しています。佐々木(晶)調教師は「帰厩し歩様チェックを行いました。若干疲労は感じられますが問題無さそうなレベルです。一度競馬に使った事もありますので上積みにも期待し、続けて出走を検討して行きたいと思います」とコメント。次走について佐々木(晶)調教師と協議した結果、前走での行きっぷりや動きを見る限り、もう少しスムーズにレースが運べるよう距離延長で検討して行く事となりました。出走間隔の問題で確実に出走が叶うかどうかは微妙なところではありますが、来週、再来週の京都競馬、芝の1600〜2000mでの出走を視野に入れています。

サマーパステル [入厩馬 / 高木登厩舎] ■2010/02/04
--------------------------------------------------------------------------------
2/7(日)東京競馬第5レース、3歳未勝利、芝の1600mに、16頭立て、坂井英光騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後12時30分です。
2/3に坂路で最終追い切りを消化しました。併せ馬で4ハロン53秒台、ラスト1ハロン12.9秒の時計を一杯に追われてマークし、併せたケイビイパンサー(3歳未勝利、強め)を0.3秒追走し同入しています。当初はダートも検討していましたが以前に比べ動きもしっかりしてきている印象で再度芝での出走となりました。高木調教師は「以前に比べこの馬なりにしっかりしてきた様子です。追い切りでは後ろから追いかける形で入りましたので、終い少し甘くなりましたが本番のレースでは後ろからせっつかれる形になりますし問題無いと見ています」とコメントしていました。ご声援ください。

Posted by sachi at 11:58 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走するポローニア、ルーチェ、パステルに加え、アルデュールとフォーグが時計を出しています。

マイネポローニア
2/3 助 手 美南坂 良 - - - 54.4 40.3 26.2 12.4 - 強目に追う
マイネルーチェ
2/3 助 手 美南P 良 - - - 62.8 49.6 37.1 12.6 4 馬ナリ余力
マイネアルデュール
1/30 助 手 美南W 良 - - - - 52.7 39.1 13.8 8 馬ナリ余力
2/3 助 手 美南W 良 - - 81.4 67.0 52.7 39.4 14.0 9 一杯に追う
マイネルフォーグ
1/31 助 手 栗東P 良 - - - - 59.2 43.8 14.1 8 馬ナリ余力
2/3 助 手 栗東P 良 - - 79.5 64.1 49.8 36.8 11.6 7 馬ナリ余力
サマーパステル
2/3 助 手 美南坂 良 - - - - 53.3 38.3 25.4 12.9 2 一杯に追う
ケイビイパンサー(三未勝)強目を0.3秒追走同入

ポローニアは抜群とは言えませんが、まあ、そこそこの時計は出しているようです。坂路で最後強めに追って12.4秒はまずまず。前走よりは前進してほしいものですが、何度もコメントに出たように、スタートほか乗り難しい馬のようなので、テン乗りというのがどうもひっかかります。慣れた騎手でという条件がついていたのに、結局、これまで毎回、騎手が違うんですよね〜 ま、下級騎手で固定されてしまうより、今のところはいいと考えないと。
ルーチェは使いづめているので、いつもの通りに軽く馬なりで。それでもこのタイムなので悪くはないようです。鞍上は強化されましたので、あとは枠順と展開次第でしょう。ガンバってほしいなぁ。
アルデュールは全然だめじゃん。この馬、調教がけする馬だったんですが、どこか調子が狂ったままです。調教大将すら返上では、出走しても見込みないかも……orz
フォーグはいつもながら調教だけはよい。これだけの脚があるのに、なぜ本番でいかせないのか。そこはやはり、クラブと調教師の責任の気がしますけどね。
パステルは少し前よりはましな時計かしら。坂路と言えども一杯に追っているので、終いもう少しタイムがよかったらと思わせる内容です。今週はひょっとして、ポローニアのほうがよいかもしれません。いや、よくないと困る。どちらも、なんとしても掲示板くらい確保してほしい。
なお、パステルは鞍上が大井の坂井英光騎手になりました。ダート、ダートと言っていたのは、騎手の問題だったのかも。知らなかった騎手ですが、調べてみると内田騎手、的場騎手に次ぐ公営の星のようだから、東京の芝でどうかという点はあるものの、少し期待して観戦できそうです。

【出走確定】
2月6日(土)
東京 マイネポローニア 1R 3歳未勝利 (混) 戸崎圭太 54 ダ1300m 10:10 16頭
2月7日(日)
東京 サマーパステル 5R 3歳未勝利  坂井英光 芝 1600m 12:30 16頭
東京 マイネルーチェ 9R 箱根特別 (混) C.ルメール 55 芝2400m 14:35 13頭

Posted by sachi at 05:36 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 03, 2010

鉾田滞在馬近況

6歳馬
ハヤトは鉾田でしっかり休養してからの復帰でいいです。とはいえ、鉾田でいると、たぶんどんどん体重が増えてしまい、復帰してもしばらくは調子が上がってこないのではないかと心配です。ともあれ、せめて精神的にゆっくりと、競馬嫌悪症?がなくなるようなケアをお願いします。そして厩舎には早めに戻してもらいたい。何といっても小西厩舎での調整がベターなのは分かりきっています。

▼マイネルハヤト……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト/関東:小西一男
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。軽くリフレッシュさせるため、この中間はウォーキングマシンによる1時間程度の運動だけでリラックスさせています。特にテンションが上がることもなく、落ち着きがある状態。体も到着時よりふっくら見せています。今週中には調教を開始する予定。ゆっくり仕上げていけば、次開催の中山後半あたりには戦列に復帰できるものと思われます。

4歳馬
アリオンはそろそろ入厩してほしいのですが、コメントを見てもそんな気配。11月に復帰してから、北海道からの輸送があったのにクラブが10日競馬などという暴挙に出たせいで、この3カ月を浪費してしまったアリオンですが、これがいまのラフィアン。馬を売ってしまえば、あとはテキトーに走らせておけば出資者は黙っているだろうと考えているのか、それともそのノウハウがないからテキトーに出走させているだけなのか。だったら厩舎に任せればいいものを、鉾田鉾田とうるさいこと。そして本当に馬を勝たせようという意欲がまったく感じられません。稲葉厩舎でも、その点は考えてくれているのだから、さっさと戻してください。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ/関東:稲葉隆一
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。この中間も2本目の後半に15−15を課すなどしてペースを上げており順調です。1本目には体が温まっていないのか少し動きに硬さを感じるものの、2本目になると前肢を掻き込んだ力強いフットワークで駆け上がっていきます。馬体重は先週から1キロ減って496キロ。芝中距離戦に出られる節(レース間隔)を見計らって入厩する予定です。

3歳馬
ガンバはまだまだ復帰までに時間がかかりそう。そのあいだに、どんだけおでぶになったのかが怖い。鉾田で何度頓挫すればいいのだろうか。もう3カ月はお約束になっていて、ガンバの場合、下手すると4カ月5カ月……未勝利戦も残り少なくなってくるのです。焦る必要はないけれど、本当に慎重に進めてくださいよ。ここでまた頓挫だけは勘弁して。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア/関西:宮本博
マイネルガンバは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。先週後半に試し乗りを行ったところ、だいぶ歩様は良くなりましたがまだ若干の違和感があったためGOサインを出しませんでした。引き続きウォーキングマシンによる運動で様子を見て、きのう火曜日に再度試し乗りを行ったところその違和感が解消されていました。あすから坂路でキャンター1300m1本を軽めのハロン20秒程度で乗っていく予定。これからも慎重にペースアップしていきます。

Posted by sachi at 06:46 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

わっ、ポローニアには戸崎騎手、そしてルーチェにはルメール騎手予定だヽ(^o^)ノ〜ヤッター

東京競馬場
マイネポローニア 2月6日(土) 1R 3歳未勝利 (混) 戸崎圭太 ダ1300m
サマーパステル 2月7日 (日) 5R 3歳未勝利      未定   芝1600m
マイネルーチェ 2月7日(日) 9R 箱根特別 (混) C.ルメール 芝2400m

とはいえ、ポローニアには戸崎騎手でも話にならない場合、ある意味、進退がかかってしまうということになります。イーガーがデビュー戦で健闘したので、もう1頭のセレクト産駒であるポローニアも見直してほしいところなんですがねぇ。ちなみに明和ではイーガー以上に「この馬、走るよ〜」と開口一番に言ってもらった馬なんです。がんばれポローニア。
そしてルーチェは、なんとルメール騎手を確保してくれました。ここ1〜2年、例を見ない厚遇と言えるでしょう。何しろ重賞でも大野騎手だったルーチェですから。枠順も気になるし、かなり使いづめなのでルーチェの体調も気になりますが、なんとか最後に勝利をつかみたい! きっと陣営も同じ気持ちでルメール騎手をあてがってくれたのでしょう。その思いにルーチェがこたえてくれますように。
なお、サマーパステルはダートではなく、やはり芝1600mに変更のようですが、鞍上未定ということは除外される見通しなのかもしれません。高木先生、どうかうまくお願いします。

なお、アルデュールは来週に予定を変更したようです。この馬は叩き良化型だから、まだ態勢が整っていないのかも。十分お稽古を積んで久々にガツンといいところを見せてほしいな。

Posted by sachi at 05:25 PM | Category: HORSE | Comments (2)

February 02, 2010

今週の出走予定馬(セゾン)

パステルが予定通り東京のダート戦に出走を予定しているようです。メンバーはどうなのかしら。デビュー戦の重馬場の芝で惨敗したことを考えても、パステルがダート戦というのは、どうもいまひとつピンとこないんですが……陣営には何か思うところがあるのかな。もしかしたら距離の問題かもしれません。
ちなみにセゾンは月曜に出走予定が出るんですね。いままでラフィアンの水曜更新に慣れ切っていて、あまり気をつけて見ていなかったのですが、もちろん、それは非常にありがたいことです。

サマーパステル 2/6 (土) 東京 1R 3歳未勝利 ダート 1300m  騎手未定

Posted by sachi at 06:20 PM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道滞在2歳馬近況

今月から2歳馬の近況更新が2週間に1度になるのに従い、つい先日、更新された募集馬の近況が、簡単に更新されました……ま、ないよりはましという程度の本当に簡単な一言ですが、毎週更新してくれればこんなことはないわけで、やはりラフィアンは情報の価値を軽んじているように思えてなりませんね。
メリアン08は、ひとことで言って「変化なし」(苦笑) もう少し詳しく分からないと何だか意味がないような(^^;; 満口馬も満口でない馬ももうちょっと早くに更新をしてくれていれば、今週の更新もいきると思うんですが、これではただお約束として義務的にやっている感がぬぐえません。

▼マイネメリアンの08……父タニノギムレット/母マイネメリアン/関東:萱野浩二
マイネメリアンの08は、真歌トレーニングパークに滞在中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。

Posted by sachi at 06:18 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 01, 2010

セゾン2歳馬近況

今回から、出資が決まった3頭の近況が増えます。
セゾンはあまり悪いコメントを書かないので100%信じることはできませんが、とりあえずみな順調で何よりです。
ハッピーリズム08はかなりたくましい馬体の馬。動画でも、走りがしっかりしているように思いました。しかし本当は、スピード調教に取り掛かってみないと分からないんですけどね。馬体的には大きすぎず小さすぎずというところで、ちょうどよいでしょう。芝、ダートどちらもいけそうな気がしています。
マーガレットママ08はまだきゃしゃですが、筋肉はよいものをもっているように思い、ラヴ産駒らしさにひかれて出資。ただ、動画を見てちょっと心配だったのは気性。ハッピーリズム08のように、まだきっちりと走ることができずに、集中していない?できない?ようだったことです。コメントでは「軽快なフットワークに力強さが加わってきた」とあるけど、馬体を見るかぎり切れはありそうなんですが、やっぱり気性が…… 馬体とともにもう少し成長が望まれます。
トウケイヒメ08は柔らかい歩様が気になって出資した馬です。こちらはマーガレットママ08と違い、気性は素直でおだやかみたいで(マーガレットママのほうも、走るとき以外は人なつっこく可愛い馬のようなんですが)、その点は安心。フォームもバランスよくきれいな走りができるということで、ずっとこのまま成長していってほしい牝馬ちゃんです。

ハッピーリズムの08 [募集馬 / 山口ステーブル] ■2010/02/01
--------------------------------------------------------------------------------
山口ステーブルで育成中。坂路とフラットコースを併用して運動しています。これと言って大きくペースを落とす事も無くびっちり稽古されています。そんな中でも元気一杯で、馬場までの移動中の際などには他馬へちょっかいを出したりとやんちゃな面も見せています。しかし稽古では一変、走りにはとても前向きで、ハミをしっかり取った際の行きっぷりはかなりの手応えで評価出来ます。担当スタッフは「休まず乗り込みを進めてきていますが、馬体に幅が出て逞しくなってきました。それでもまだ成長余力は十分にありますのでこれから更にがっしりとしてくれば楽しみですね」と笑顔でコメントしていました。今月からはスピード調教も取り入れて行く予定。パワー溢れる力強い走りを披露するのではないかと期待しています。現在の馬体重は474kg、体高は157cmです。

マーガレットママの08 [募集馬 / 愛知ステーブル] ■2010/02/01
--------------------------------------------------------------------------------
愛知ステーブルで育成中。フラットコース中心に運動しています。休まず稽古に励んできた効果が馬体に現れてきており、引き続き成長が感じられます。腹回りがスッキリとし筋肉のメリハリも付いてなかなかの好馬体を披露しています。担当スタッフは「先月辺りから動きに良化が感じられます。軽快なフットワークに加え力強さも増してきており馬が変わってきた印象です。楽しみですね」と笑顔でコメントしていました。今後の更なる成長が楽しみな一頭です。現在の馬体重は431kg、体高は156cmです。

トウケイヒメの08 [募集馬 / 山口ステーブル] ■2010/02/01
--------------------------------------------------------------------------------
山口ステーブルで育成中。坂路とフラットコースを併用しながら運動しています。中間から動きに良化が見られ、現在同ステーブルで一番乗り込みが進んでいるグループで稽古しています。先週にはバロネッセの08、ストーミーウェザーの08、ホマレノプリンセスの08、アイビートユーの08、リーチマイホープの08等と縦列調教を消化。一番進んでいるグループでの稽古でしたが遅れる事無くしっかりと追走していました。担当スタッフは「素直で気が良いタイプですので、真面目に稽古に取り組んできた分しっかり身にする事が出来たのだと思います。まとまりのある綺麗なフォームで走れているのが評価でき、まだこれからも成長余力がありそうで楽しみですね」とコメントしていました。引き続き状態を確認しながら進めて行きます。現在の馬体重は446kg、体高は154cmです。

実は馬名応募で大失敗をやらかしました。セゾンは1月27日(水)が締め切りだったのに気づかず、ラフィアンと同じく1月29日(金)だと勘違いしていて、28日に出してしまったこと。う〜む、仕事に追われていたので、確認もしなかったのが残念。
応募名は、ハッピーリズム08が 
 1)ドリームダンスール(ダンスールは男性バレエダンサー。父ダンスインザダークにちなんで)
 2)ドリームジャズ (同じく母のリズムと父のダンスにちなんで)
マーガレットママ08が
 1)ドリームラヴコール (ラヴコールは愛情・好意を込めた呼びかけ。父マイネルラヴにちなんで)
 2)ドリームラヴノット (ラヴノットは愛結び。∞無限大を表すことから「永遠の絆」を意味する。永遠の名馬になれるよう)
トウケイヒメ08が、
 1)サマークーロンヌ (クーロンヌはフランス語でクラウン=王冠。母のヒメの名から+戴冠を願って)
 2)サマーティアラ (ティアラは宝石をちりばめた女性用の頭飾り。母のヒメからの連想)
ということだったのですが、締め切りを過ぎて届いたでしょうから、すべて断念しました。・゚・(ノД`)・゚・
自分としては、ドリームラヴコールが一番気に入っていて、それをつけたかったのですけど(あとは、どうでもよかった) ま、次にまたラヴ産駒に出資したら、同じ名前で応募します(苦笑)

ラフィアンの出資馬マイネメリアン08のほうは、あまりコメントもよくないし(気性が問題)、ラフィアン事務所にも本当にうんざり、辟易しているのでやめようかと思ったんですが、一応、一つだけウェブから出しておきました。応募名は、マイネルギブソン (ギブソンはギムレットと並ぶ代表的なジンベースのカクテル。父の名にちなんで)で出しましたが、きっと事務所は意地でも採用しないと思います(ー_ーメ)
実際のところ、もうラフィアンはどうでもいいです。社長が三男に代わってくれればいいのになぁ…… 昨年5月に北海道に行ったときも、昔のラフィアンの面影が一番濃かったのは(スタッフさんの態度や応対に関して)CVFでしたから。ただ、育成は若いスタッフが多くて、やはり真歌が一番かな。お人柄としては、総帥に「なり」だけ似て中身は似て非なるもの?のご長男と違い、ご三男は賢夫人美佐子さんのほうに似たのか比較的小柄で、いつもにこにこ。感じがよく気配りのできる青年に思えました。北朝鮮のtin-pot dictatorが三男を後継者に指名したように、こちらも一つ、どんなもんでしょうか?(笑)

Posted by sachi at 09:37 PM | Category: HORSE | Comments (2)

セゾン出走結果レポート

カトラスは初めての競馬で戸惑った? 距離が短かった? 小回り外枠だったのもあったかもしれませんが、それにしても見所のない競馬。次走は厩舎に戻ってからというのは、決してよいコメントではなさそう。やはり体質が弱かったのかなぁ……

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2010/02/01
--------------------------------------------------------------------------------
1/30(土)中京競馬第6レース、3歳新馬、芝の1200mに、18頭立て、8枠16番、宮崎北斗騎手騎乗でデビューし、13着でした。心配していた発馬も、ゲートの中では大人しくしていてまずまずのスタートを切りました。鞍上が出していくも、ダッシュがつかず中団後方10番手辺りに付けて3コーナーへ入ります。前半3ハロンの通過が35.1秒と淀みの無い流れの中、流れに乗りきれずポジションを下げてしまい13番手で最後の直線へ向きます。いざ鞍上が追い出しを開始しするとこの馬なりに反応し脚を伸ばします。しかし前を行く勝ち馬等も止まりませんでした。結局勝ち馬から1.6秒遅れての入線となりました。馬体重は446kgでした。騎乗した宮崎騎手は「走りに集中出来ていませんでした。新馬戦なので戸惑っていたのかも知れません。忙しい競馬には向かないのかもしれません」とコメント。佐々木(晶)調教師は「道中はずっと追い通しだったし、ちょっと忙しかったですね。もう少し距離の長い所を次走は検討していきたいと思います」とコメントしていました。次走については厩舎に戻って様子を見てから検討していきます。

Posted by sachi at 06:24 PM | Category: HORSE | Comments (0)