May 31, 2009

きょうはダービー・デー

なんですが、愛馬の出走も当然ないし、つまんな〜い!
おまけに午後からお仕事で出勤です。ま、2週間前にちょっとばかり遊んできたから仕方ないです(^^;;
ということで、そのとき10年ぶりくらいに訪れた社台スタリオンステーションで撮ってきた種牡馬たちの写真でもアップしておきます。

やっぱりテイオーは最高にカッコいい! テイオー産駒はもう募集されないのだろうか。
かつて1頭だけ出資した産駒のマイネルフュルストは、1勝したあと休養開けの復帰戦で故障し、残念ながら予後不良に……

一番入り口に近い放牧地に陣取っているテイオーのお隣にいたディープインパクト。
やっぱりこの馬も一度は目にしておかないとね。しかし名前に相反して、わたしにはあまりインパクトなかった……

そのまたお隣にいたダイワメジャー。ルーチェの元僚馬であるメジャーに敬意を表してきました。
おなじみ黒地に白い四つ葉のクローバーの面子姿しか見たことなかったので、意外にひょうきん?な素顔にうふふ。

今年から種牡馬入りしたメイショウサムソン。
ファンというわけではなかったので、実はお隣のキングカメカメハとほとんど区別がつかなかったわたしです(^^;;

今も他の写真と見比べながら、あれぇ、これだったかなぁと、半信半疑でアップするキングカメハメハ(苦笑)
間違ってたらごめんなさいですm(_ _)m

(以上、PENTAX K10D+DA55-300 F4-5.8 ED)

Posted by sachi at 08:54 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

May 30, 2009

セゾン3歳馬近況

Sピクシーの近況がきのう更新されていたのに、気づいていませんでした。
現状は相変わらず平行線です。これで騎乗を再開するとのことですが、感触としては、やはりトモの具合はよくならないような悪い予感がします。引っ張りだと言っている出資者もいるようですが、わたしとしては蹄骨骨折のような致命的な故障ではないことだし、このさい騎乗を再開して様子を見ることには納得しています。ピクシーにはなんとか自ら生き延びる道を切り開いてほしいものです。


サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/29
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで休養中。引き続き昼夜放牧されています。相変わらずカリカリすることもなくのんびりと過ごせており、だいぶリラックスできています。馬体も以前よりいくぶんふっくらしてきており休養効果が感じられるようになってきました。トモの具合は見た目には問題なく映ります。近日中に騎乗を再開する予定です。

Posted by sachi at 10:39 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 29, 2009

セゾン2歳馬近況

少し前にCVFで会ってきたので、セゾン馬にいっそう親しみがわきました。
Dカトラスは順調のよう。乗り込みもだいぶ進んで集中力が出てきたらしい。このまま無事入厩し、デビューにこぎつけてほしいと思います。短距離馬といっても、1200m〜1400mなのか、それともマイルくらいはこなせるのか、新馬戦が楽しみです。
Sパステルは休養させると言いながら、元気がよすぎてずっと乗り込みを続けてきた結果、かなり精神的に追い詰められていたよう。牧場を訪ねたときはもう放牧に出ていました。この休養のあと、軽目の調整をへてこの馬も入厩になるのではないかと期待しています。
Sベニングは5/18に左前球節の骨片摘出手術を行い、無事に終了。しばらくはサンシャインパドック付きの馬房で様子を見ていくとのこと。某スタッフが故障は軽くはないと言っていたので、手術の経過がよいことを祈りますが、それはそれとして、あまり楽観視はできませんす。ベニングが一番人なつっこくて可愛く、愛着はあるものの、それと馬が能力を発揮できるかどうかは別。しばらく様子を見てからになるのはもちろんですが、決断は早いうちにお願いします。
Dバスケットはテンションが高くなるところが少々心配。あまり急がずともよいので、じっくり馬をつくっていってほしい。まずは、もう少し精神的に大人にならないとね〜 ま、サンデー系の馬は多かれ少なかれそうなのでしょう。走りや歩様を見てもリズムよく素軽い動きに思えるので、時期がくればきっと走ってくれると期待しています。

ドリームカトラス [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/29
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1〜2本キャンターを中心にゲート練習も並行し運動をしています。以前はフワフワしたところがありましたが、乗り込みが進むにつれてだいぶ集中して走れるようになってきました。速いところでもなかなかの動きを見せています。騎乗したスタッフは「短距離のレースでスピードを発揮して欲しい」と期待していました。

サマーパステル [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/29
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームに滞在中。約半年騎乗を続けておりテンションもだいぶ上がってきました。予定通り中間から昼夜放牧に切り替えました。前回は人を襲うなどカリカリする姿がみられましたが今のところ落ち着いており順調です。しばらくこのまま昼夜放牧を続けていく予定。騎乗時は精神的にかなり追い込まれている様子でした。今回の休養でリフレッシュして欲しいと考えています。

サマーベニング [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/29
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームに滞在中。現在はサンシャインパドック付の馬房で管理をしています。手術を行って間もないものの特に問題はなく患部を気にする様子もありません。毎日調教中の他馬をうらやましそうに眺めています。もうしばらくはこのまま様子を見ていきます。

ドリームバスケット [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/29
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1〜2本キャンターを中心にゲート練習も併用し運動をしています。乗り込むにつれて我を忘れて走る面は解消されてきたものの、カリカリしており走りに余裕が感じられない印象です。幸い騎乗者を落としたり反抗するような事はないのでもう少しゆったりと集中して走れるようになって欲しいところです。このまま様子を見ながら進めていきますが一度休養に入れることも視野に入れています。

Posted by sachi at 11:20 PM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

5歳馬
もうすでに浦和へ移動しているハヤトを入厩馬というのもヘンだし、ましてや1週間前のレース報告もなんだかなぁですが、現状ではどうしようもありません。こんなタイミングの「近況」で事務所が平気でいられるのが信じられない。ともあれ、「疲れがたまっていた可能性もあります」って? これまたなんだかなぁなコメントですね。とにかく青草をたっぷり食べ、ゆっくり休んで札幌あたりで復帰しましょう! まだまだ元気なハヤトでいてほしい。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、23日(土)、新潟で出走し、6着でした。道中は中団で流れに乗り、早めに好位に押し上げ、手応えを残して直線に入りますが、ラストで失速してしまいました。終始外々をまわったことが影響したのかもしれませんが、まとまった休みを取らずに使ってきているので、疲れがたまっていた可能性もあります。一息入れることになり、28日(木)、ビッグレッドファーム浦和に移動済みです。

3歳馬
稲葉厩舎にはジーニアスも転厩してきて、さらに未勝利馬が増えましたねぇ。丸山騎手を調教に使っているのは何か理由があるの? 三浦騎手の次に重用するつもりなのでしょうか。丸山騎手ならまあ津村騎手よりもいいかもしれません。しかしアリオンは、あと何回走れるだろうかという時点にきています。今度こそまともな走りを見せてほしい。9月にデビューして9カ月、この間に立て直す機会もあったのに、ちぐはぐなレース選択ばかりしてロクな結果が出せなかったのですから、今度こそまともな扱いを希望します。いや、祈望かな。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。トモの疲れは少しずつ取れているようで、水曜日には併せ馬での追い切りを消化。跨った丸山騎手は「指摘されればトモの疲れを感じるかなという程度で、乗っていても気にならなかった。全然無理していないがパートナーを煽るくらいの良い動き。乗り味がすごく良い」とコメントしていました。東京最終週を目標に状態を見ながら進めていきます。

Posted by sachi at 06:56 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ハヤト、やっと浦和へ

移動情報が出てほっとしました。

マイネルハヤト 05/28 浦和 馬体に異常なし

しかし、またしてもレース報告もないまま、ただリストに載るだけ。
いくら「馬体に異常なし」とあっても、出資者は馬の状態をもう少し詳しく知りたいものだということを、クラブはいつになったら分かるのか。いい加減にこの更新ローテの愚かさに気づいてほしい。こういった事例の1つ1つがラフィアン離れに拍車をかけます。

Posted by sachi at 05:52 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

入厩馬はアリオンのみになってしまいました。

マイネルアリオン
5/27 丸 山 美南P 良 - - - 68.7 52.6 38.5 12.6 5 馬ナリ余力
セイカマエストーソ(三未勝)強目の外同入脚色良

鞍上は丸山騎手ですか。この厩舎お定まりのパターンになりましたね。
ま、稲葉厩舎に出資した段階でそれは分かっていましたが、まったく場当たり的なアリオンのレース選択と馬の扱いにまったく納得がいかないだけに、不満が募ります。それはともかく、次走でなんとか勝利への目処をつけてほしいものですが……

Posted by sachi at 05:50 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 28, 2009

鉾田滞在馬近況

5歳馬
ルーチェは良化が見られるものの、まだ完全復調には遠いよう。アルデュールもそうですが、短期休養の予定がなぜこんなに長引くのか…… それだけ無理使いしていたということなのか、それとも見通しが甘かったのか、あるいは鉾田のやり方のせいなのか。どうも鉾田に行くと馬の状態が悪くなることばかり。休養なのか調整なのか分からない中途半端な対応のせいではないかと思うようになってきました。馬にとってもオンとオフの区別はとても重要なのではないでしょうか。だから休養なら北海道にしてほしい。ルーチェはいまさら仕方がありませんが、これで夏の新潟開催で復帰となると、もう1年以上、北海道へ戻らず走ることになります。鉾田で休養にしたのが間違いではないの。毎日注目しているハヤトも、まだ移動情報が出ません。ということは、まさか続戦? 壊すまで使い倒すつもりですか? (鉾田へ出さずに厩舎で調整はありがたいけれど)早く北海道へ戻してください!!!

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m1本の運動をしています。身のこなしが良くなってきたのを受け、23日(土)からハロン17秒にペースアップしました。とはいえ、まだまだ良い頃の状態に及ばず、もうしばらくは現在の乗り込みを続けて基礎を築かなければなりません。馬体重は490キロ。夏の新潟開催あたりでの復帰になるのではないかと想像しています。

4歳馬
アルデュールはここにきてようやく復調気配。2カ月休んだので、気候も暖かくなってきたことだし、復帰に向けてそろそろ本格的に乗り込みを始めてほしいです。といっても、決して無理はしないでください。アルデュールは仕上がり早い馬なんですから、いいところで入厩をお願いします。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m1本の運動をしています。ハロン17秒〜15秒のペース。先週の時点では右トモが十分に入ってこないような感覚でしたが、乗り続けているうちにそういった感覚が薄れてきました。テンションが上がっていない現在、しっかり折り合って乗れています。中間の計量では先週から2キロ減の476キロでした。

Posted by sachi at 04:55 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 26, 2009

北海道滞在馬近況

5歳馬
フォーグは先週の臨時更新で球節の腫れにより入厩延期が出て心配していましたが、とりあえず「骨折ではなさそう」とのこと。しかし左前はそもそも栗東から鉾田に移動したあと不可解な繋靭帯の腫れと種子骨の剥離骨折が明らかになったところ。骨折ではないにしても、球節から繋にかけてどこか怪しいことは確かです。もともと剥離骨折も手術ができない場所だというので、とにかく休養のあと乗り固めることになったわけですから、このさいよく調べて状態を見極めてほしいと思います。繋靭帯や球節は競走馬にとって非常に大事な箇所です。無事回復すればいいのですがねぇ……

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、真歌トレーニングパークに滞在中。左前の球節はどうやら骨折ではない模様。獣医も「傷腫れだか打撲だか判断がつかないが、骨折ではなさそう」と述べていました。以前から交突(脚同士をぶつけてしまうこと)することが多い馬なので、その影響かもしれません。球節から繋にかけて腫れが残っているものの痛みは徐々に取れてきています。ウォーキングマシンでの運動を経て、現在は普通放牧されています。

Posted by sachi at 07:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラヴ健在

わたしの一口馬主ライフの原点であり、初出資馬であるラヴに、久々に会ってきました。
明和でおそばをいただいたあと、1時前になって、さあ午後は種牡馬を見に行こうと話していると、まだ12時半からの種付けをやっているかもしれないとのこと。
種付けは噂に聞くところによると何やらすさまじいもののようだし、見学するつもりは毛頭なかったのですが、ちょうど種つけ施設が見えるあたりにきたとき、馬運車に向けて帰っていく牝馬の向こうに、曳かれてきた1頭の種牡馬が…… あ、ラヴだ!と即座に分かりました。そうかぁ、これからラヴの種付けなのか。じゃあ、せっかくだから見学していこうか……とおそるおそる施設の戸口へ。そっとのぞきながら待っていると、だだっ広い施設に繁殖が仔馬と一緒に入り、プロテクトした前の棒に固定されて、スタッフさんたちの気合のこもった掛け声とともに種付けはすんなり終了(2度ですが)。一仕事終えたラヴは消毒?をすませて、放牧地へ帰って行きました。そのあとは、「あ〜腹へった」とばかりにばくばく草を食むのみで、一度もこちらを振り返ってくれませんでしたヽ(´ー`)ノ 来年もいい仔がたくさん生まれるといいね!

相変わらずけづやぴっかぴかの真っ黒な馬体。

(PENTAX K10D+DA55-300mm F4-5.8 ED)

Posted by sachi at 04:30 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (4)

May 24, 2009

母と仔

きょうは出走馬もおらず、これでハヤトが休養となると、出走可能な入厩馬はアリオンだけとなり、非常に心もとない状況です。ずっと出走馬なしが続くのかと思うと、なんだかがっかり。フォーグ、ルーチェはまだ入厩が遠そうだし、可能性があるのはアルデュールくらい。2歳馬が早い時期にデビューしてくれると、楽しみになるのですけれど。

それはともかく、きょうは10年ぶりに訪れたCVFの写真をアップします。
10年ほど前、初めて北海道の牧場を訪ねて以来のCVF。事務所が移っていることさえ知りませんでした(笑) 前回は事務所を訪ねてからサンシャインパドックに行ったような気がするんですが、そのときもあまり馬がいなかったので、ほとんど記憶になし。海が見える放牧地に行ってみたいと長年思っていたのが、ようやくかないました。CVFではセゾンの2歳馬に会ったほか、グリッツァとルーチェの母マイネブリリアンに会うのが目的で、今年生まれた牝馬ちゃんと放牧されて穏やかに過ごしているのを見てきました。

ずっと来たかった海を見晴らす放牧地ですごす母子たち。

とりあえず目的のマイネブリリアンに会えました。
4月24日生まれの09は、本当にかほそくて小さくて、はらはら。
でも、しっかり母親について自立の訓練をしていましたよ。

09っ仔は父ブライアンズタイムの牝馬なのですが、病気?のため成長が遅れていたみたい。
2週間ほどあとに生まれたマイネマジック09とほぼ同じ大きさ。
スタッフは、「この下にいますよ〜 ちっこい子です」とだけ教えてくれました。
でもさほど心配している様子もなかったので、もう大丈夫なのかな。
父からしても期待の仔のはず。これから無事にグングン大きくなってほしい。がんばれちびっこ!

母ブリリアンはけづやもよく、草を食べるのに必死? やっぱりルーチェとよく似てます(^o^)

以下の写真は、近くにいる馬の親子をあまり考えずに撮っただけですが……
まずはマイネシンデレラと09 (父タイムパラドックス 5/1生 芦 牝) 母はすごく白くなりました!

マイネマジックと09 (父ステイゴールド 5/8生 黒鹿 牡)

最後に、09年産駒最大のホープ?かもしれないタカラカンナ09(父ディープインパクト 4/20生 鹿 牝)
生まれて1カ月近くたつと、ずいぶんしっかりしてくるものですね。早くも運動量がすごいそうで、さすがディープの仔とスタッフさん。
とってもひとなつっこい仔馬ちゃんで、可愛かったです♪ でも募集されても高くて手が出なさそう(^^;;

(以上すべてPENTAX K10D+DA55-300mm F4-5.8 ED)

Posted by sachi at 07:14 PM | Category: HORSE | Comments (2)

May 23, 2009

ハヤト、とうとう掲示板を外す

1番人気を背負っての6着。無理もありません、前走からすでに疲れが見えていたのをだましだまし調整しての好走。きょうは中1週で、相当に疲れがたまっていたのでしょう。

5/23(土) 新潟9R 500万下 4歳上 □指(定量) ダ1800m 15頭 発走:14:15 天候:曇 馬場:良
6着 7枠 13番 マイネルハヤト 牡5 57.0 田辺裕信 小西一男 2 490(-4) 1.9 1/15人気

実のところ応援するほうも朝からお仕事をしてお疲れで、 パドックの前に眠ってしまい、目が覚めたらレース終わってましたヽ(´ー`)ノ
レースは前半はいつも以上にスムーズな競馬で、4角では先頭に迫ろうという勢い。おぉっ、ひょっとしたらこれで勝ってごほうびの放牧をもらえるかと一瞬思ったのですが、直線、もう脚が残っていませんでした。つまりは予想通りというか、掲示板を外してしまいましたが、それでも大敗ではなかったのがエライところです。
去年の11月から使いづめ。その間に勝ち星こそないものの、3着2回に2着3回、十分によく走りました。どうか鉾田ではなく北海道で、たっぷり休ませてやってください。近況コメントにああ出たのだから、クラブもその心積もりをしているはず。ハヤトのことだから9月あたりにはもう復帰してるかも?(笑)

騎手コメント:from Race Courseより
「ハヤト」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
田辺騎手「本来ならあそこで失速することはないはず。使ってきているので、ピークを過ぎたのだと思う」

うん、やはりという結果でした。これは調子落ち以外の何ものでもありません。やっぱり少し疲れをとって、勝ち星もある中京で1つ走ってから休養のほうがよかった気もしますが、それもあまり違いがなかったかもしれない。疲れを癒し、復帰してから頑張ればいいんです。あと1つは勝てると思う。これで無事に休養できることを願います。

Posted by sachi at 04:05 PM | Category: HORSE | Comments (2)

ハヤト頑張れ〜!

5/23(土) 新潟9R 500万下 4歳上 □指(定量) ダ1800m 15頭 発走:14:15
1 1     ファンドリゲット 牡5 54.0 ▲松山弘平 岩元市三 13.1 5
2 2     シゲルカイノセ 牡6 55.0 △丸田恭介 小原伊佐美 23.4 9
2 3     ヨイチイースト 牝7 55.0 梶晃啓 保田一隆 22.5 8
3 4 ○ △ マルタカワンタッチ 牡4 57.0 中舘英二 清水美波 14.4 6
3 5     プリンチパーレ 牡4 56.0 ☆藤岡康太 中竹和也 3.1 1
4 6 ▲   キャプテンマジン 牡4 57.0 津村明秀 中尾秀正 5.0 2
4 7     フジマサルビー 牝4 55.0 黛弘人 奥平雅士 31.9 11
5 8     アルタントプチ セ6 57.0 西田雄一郎 菊川正達 71.0 15
5 9   ▲ シナモンロール 牡5 57.0 北村友一 村山明 41.6 12
6 10 △   ダイレクトパス 牡5 57.0 大野拓弥 尾形充弘 16.9 7
6 11 ◎ ◎ キョウタロウ 牡4 55.0 △宮崎北斗 目野哲也 24.9 10
7 12     シャイニーハンター 牡5 57.0 上村洋行 橋口弘次郎 45.5 14
7 13 △ ○ マイネルハヤト 牡5 57.0 田辺裕信 小西一男 5.3 3
8 14 △   タニノロッキー 牡5 57.0 吉田隼人 河内洋 9.8 4
8 15     オールフォーミー 牝4 52.0 ▲国分優作 勢司和浩 42.6 13
(印はnetkeiba.com)

ハヤトは現在3番人気。疲れに加え、外枠になったのも懸念材料ですが、今回の結果がどうであれ休養と考えれば、精一杯の力走を見せてくれるでしょう。3着以内にきてくれれば問題なし。いや、とにかく故障なく無事に回ってきてくれればOKです。田辺騎手よろしくお願いしますね!

Posted by sachi at 09:38 AM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

5歳馬
ハヤトは疲労がいつもより軽いとのことで、相手関係を考えて今週出走することに決めたようです。そうかぁ、中京開催になると相手が強化される可能性もあるわけですね。絶好調とはいえないという言葉があるので、勝ち切れないハヤトにはちょっと厳しいかもしれません。でも、たしか未勝利を勝ったときも、そんな感じだったような? それとも、あれは500万下を勝ったときだったか…… レース結果次第ではということは、大敗すれば「北海道へ戻して」休養させることを想定しているのか、それとも勝てばということなのか? たぶん前者でしょうねぇ。でも好走しても休ませてやってほしいです。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、23日(土)、新潟9Rのダート1800mに出走します。前走前より腰のくたくたした感触が軽く、メンバーの比較的弱いローカルを使いたかったことから追い切りの様子を見て最終決定を下すことに。田辺騎手が跨って感触を確かめてもらい、絶好調とはいえないまでも十分戦える状態にあるとのことでGOサインが出ました。レース結果次第では北海道へ戻して一息入れることも検討しており、ここで力を出し切って欲しいものです。

3歳馬
アリオンはやっぱりダートがだめだったんじゃないの? 今回のコメントを見てまたイラッときました。以前もダートを走ってともがくたくた、立て直すのに2カ月かかったでしょ。「競馬を使えないというほどひどいわけじゃないのだが」って、前にもそんなこと言ってませんでした? 前走の体調はよさそうだったのに、ダート短距離など使ったばかりに…… 好調でも勝てない馬が、そんな状態で出走して勝てますか? それに「芝の1400mやマイルを待っていてはいつまで経っても出られない可能性もある」なんて、いまさらよく言えますよね。だから好走して2着したあと中1週で中山の芝1600mに出していればよかったものを。そのあとだって新潟で芝1400mやマイルはあったし、木幡騎手もいたのに、なぜに戸崎騎手で東京ダート? 騎手に合わせた以外にないですよね? ま、次は東京の芝1800mでいいですよ。わたしはそのほうがむしろアリオンに向いているのではと思ってます。だから2月にわざわざ津村騎手で京都まで遠征して14着なんて結果を引っ提げて帰ってくるより、東京の芝1800mを待てばよかったんです。まったく、ほんとに何度こういうチグハグなことをやれば気がすむのか。反省のハの字もないところが腹立たしい。それじゃあレース前に何を言おうが、レースが終わるとすっかりそのことを忘れてしまう競馬の予想屋と同じじゃないですか。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。前走後に出た疲れがまだ残っているようです。乗り手が「特に右トモが甘い。踏ん張りがイマイチで腰を落とすし、身体が傾いた感じで走行フォームも少し歪んでいる。競馬を使えないというほどひどいわけじゃないのだが」と指摘していました。獣医に診せても、特にどこが痛いという部位はありません。次走は東京開催後半になる見込みです。芝の1400mやマイルにこだわっていてはいつまで経っても出られない可能性もあることから、芝1800mへの出走も視野に入れています。


写真は真歌の坂路の途中にあるエゾヤマザクラ?の大木。
いつも何の木だろうと思っていたのですが、サクラだったとは。

まだ花は全部開ききっていなかったようです。八分咲き?

(PENTAX K10D+DA55-300mm)

Posted by sachi at 12:01 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

May 22, 2009

明和のKEIBA CLUB

2年ぶりに訪れたところ、ずいぶん様子が変わっていて戸惑いました。
写真は噂のKEIBA CLUB。今年のパーティはここで?(ツアーには参加したことがないので、どんなパーティなのかも知らないのですが) 将来はここの2階に事務所も引っ越してくる予定で、現在の事務所は種牡馬専用のオフィスになるとのこと。

内部はうまく改装されていて、大きな窓からの眺めもよく、なかなかいい雰囲気。
真歌のゲストハウスにあった騎手のまたがった馬のランプもこちらに移動していました。

初日に明和のスタッフ待機所で初めて声をかけたのがおそばを打ってくださる方で、お言葉に甘えて手打ちそばもいただきました。ごちそうさまでしたm(_ _)m
現在、そば粉の割合やトッピングを試行錯誤中だそうで、だから無料! 友人とわたしのそばも違っていて、どっちが好みか聞かれました。この日のトッピングは桜エビのかきあげとナメコ。あと1つ2つメニューを考案中らしく、候補はカレー?と北海道らしく、ジャガイモを使った料理(ジャーマンポテトかな?)だそう。繁幸社長は相変わらずのアイデアマンですね〜
担当の方といろいろお話させていただいたところ、会員番号20番台の草創期からの会員さん。退職してから繁幸社長に声をかけられ、このプロジェクトに参加しているとのことで、帯広から通勤の由。とっても気さくな方で、お話も楽しかったですよ。よりよいKEIBA CLUBのために、みなさんもメニューに関して率直なご意見をどうぞ!

この時期、桜には少し遅いかと思ったのですが、遅咲きの桜はちょうど満開。
明和にも1本だけ満開の桜がありました。二十間道路は、ソメイヨシノ等はもう終わっていましたが、八重やヤマザクラの遅咲きの種類はまだ十分に楽しめました。

Posted by sachi at 07:22 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

今週の調教時計

鉾田組はいつまでたっても調子が上向いてこず、今週帰厩予定だったフォーグもまたもや危険信号。アリオンとハヤトしか入厩馬がいない現状なので、タイムもこの2頭のみ。

マイネルアリオン
5/20 助 手 美南P 良 - - - 68.3 52.4 38.6 12.9 7 馬ナリ余力
 マイネルラスター(三未勝)末強目の外同入脚色良
マイネルハヤト
5/20 田 辺 美南P 良 - - - 69.4 54.6 40.8 13.6 7 馬ナリ余力

アリオンはごく普通。結果が伴わないのは、レース選択のせいか馬のせいか分かりませんが、もう残された時間も少なく、なんとか早く勝ち星をあげてほしいもの。
ハヤトは、今週はかなり軽い調整のよう。ポリトラックでも本来はもう少しいいタイムが出るのだけど、疲れもたまっているので仕方がない。本番でなんとか頑張ってほしいです。
なお、土曜のレースで出走確定です。

5月23日(土)
新潟 マイネルハヤト 9R 4歳以上500万下 57 田辺裕信 ダ1800m 14:15 15頭

Posted by sachi at 04:51 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 21, 2009

明和にいた募集馬

募集に入る1歳馬たちのごく一部をアップしておきます。
といっても、今回牧場に行ったのは出資馬と会うのが中心で、1歳はほとんど見なかったし、体型や歩様はカタログでと思っていたので、あくまで馬の表情とか、牧場の風景として撮った写真です。したがって選考の基準にはならないと思います。牝馬のほうには行かなかったので、デセールっ仔と会えなかったのが残念でした(^^;;

アラームコール08 ラヴ産駒は一応おさえました(笑) やや小柄だったような?
この仔をちょっと見るためにここに行ったので、あとは適当です。

シマノキララ08(父ネオユニバース)

ダイビングガール08(父フジキセキ)

ナリタジュエリー08(父イーグルカフェ)

レディレイナ08(父ジャングルポケット)

マイネブリリアン08(父ロージズインメイ) 栗毛のきれいな馬!

なんだか分からないけど、アラームコール08を含め同じように黒い馬が3頭いた(笑)

たんぽぽが満開で、とてもゆったりと時間が流れる牧場でのひとときでした。


(PENTAX K10D+DA55-300mm)

Posted by sachi at 05:27 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (4)

May 20, 2009

今週の出走予定馬

ハヤトが新潟最終週にかけます。

新潟競馬場
マイネルハヤト 23日(土) 9R 4歳以上500万下 田辺裕信 ダ1800m
マイネルハヤト 24日(日) 12R 4歳以上500万下 (混) 未定 ダ1800m

疲れは大丈夫だろうか。無理しなくても……とも思うんですが、頑張り屋のハヤトのこと、健気に一生懸命走ってくれるんでしょう。てか、人間が使ってるわけですが、どうぞ故障のないように。結果はどうであれ、ここを使ってお休みをあげてください。お願いしますm(_ _)m

Posted by sachi at 06:46 PM | Category: HORSE | Comments (2)

鉾田滞在馬近況

う〜む、どちらもいまひとつ順調さにかけます。

5歳馬
ルーチェは右ともに加え、一時おかしかった右前の出もやはり本調子ではないよう。前回のコメントですぐよくなったようなことを言ってたので安心してたのに。全体としては少しましになったようだけど、やはり牝馬が牡馬にまじってあの距離を使いつづけたせいで、かなりダメージがあったのではないかな。本当なら北海道で休養させたかった。何しろ去年の6月からすでに鉾田に送られていたんですから。ここからでも何とか復調して、快進撃をしてほしいものです。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。角馬場でダクを乗ってほぐした後に坂路でキャンター1300m1本の運動をしています。右前の出も悪くはなく、右トモの動きも徐々に良化してきました。暖かくなってきたのも良い影響を与えているものと思われます。ここで無理はさせず、もうしばらくハロン20秒程度の軽めでじっくり乗って体を造り直していきます。

4歳馬
あらら、そろそろ入厩かと思って射たアルデュールも、これでまた入厩が遠ざかったようです。「降級前に何とかもう1勝」は夢に終わってしまいますが、仕方がない。これまででも、すでに十分楽しませてくれたお得価格の牝馬アルデュールですから。そういえば、明和でポローニアの見学をあれこれ助けてくれたベテランスタッフが、これまでのわたしの「主な」出資馬を聞いて「馬運がいいみたいだね」とおっしゃいました。あははは、まさにその通り。わたしのラフィアンでのそこそこのプラス収支は、「相馬眼」ではなく「馬運」の賜物。ところがこの1年、どうもその運に陰りが出ています。今年の2歳からまた盛り返したいんだけど、どうなりますかね〜。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。先週半ばの調教で右トモがついてこないような感じを受けたため、現在は角馬場でダクを踏んで体をほぐしてから坂路でキャンター1300m1本の運動をしています。この効果もあって徐々に違和感が解消されてきており、もうしばらく様子を見て再度ペースを上げていきます。馬体重は2週前より14キロ増の478キロ。

臨時更新
うぐぐ、本日、わたしの「馬運」にまたひとつ陰りが出てしまいました・゚・(ノД`)・゚・
フォーグの臨時更新は入厩のお知らせかと思ったら、なんと故障の可能性……orz
ついこの土曜に腹帯がこすれておなかをはらしていたフォーグ、月曜から無事調教を再開したらしいのに、今度は右前球節に痛みを伴う腫れですって!? あぁぁぁぁ〜 ヤバイです。
骨折のほうはもう万全、いま真歌でフォーグほど走れる馬は他にいないとまで言われていたのに、調子が悪いときはすべてがこんな巡りあわせ。しかし実は、その裏には馬体重のことがあるんじゃないかと思う。デビュー当時は440キロそこそこだった馬。最後のレースでも+8キロで460キロだったのが、一気に500キロ超にもなり、ある程度絞れたとはいえ、まだ490キロもあったわけです。もともときゃしゃな馬なので、脚への負担が大きかったのではないだろうか。もう少し慎重に乗り進めていてくれれば……というのは、あくまで結果論。ただでさえ長引いている休養を何とか早く切り上げて復帰させたいと思うのは、牧場にしても厩舎にしても、また出資者にしても同じこと。今回は誰かを責められるものではないでしょう。フォーグが持ち前の運気を取り戻し、無事復帰できるよう願うしかありません。しかしちょっと気になるのは、場所が球節ということ。もしかしたら屈腱炎? たしかダイワスカーレットはその珍しい屈腱炎(球節をとりまく腱の損傷)で引退したんでしたよね。どうかそんなひどい故障ではありませんように……

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、18日(月)調教後から、左前脚の球節に痛みを伴う腫れが生じました。レントゲン検査で異状は見つかっていませんが、腫れが残っています。今週の入厩も視野に入れていましたが、しばらく経過を観察することになりました。

Posted by sachi at 06:45 PM | Category: HORSE | Comments (0)

真歌のフォーグ、今週入厩?

愛馬で真歌に唯一滞在していたフォーグです。

調教を楽しみにしていたのですが、腹帯がこすれて腫れたとのことで、到着した日は馬房に。5時半ころだったので、翌日の予定を聞くと、上記の関係で5時半から7時半までウォーキングマシンだから、それが終わるころにきてくださいとのこと。7時半に行くと、時間がずれて8時ころに戻ると教えていただき、そのまま待っていました。
たしかに腹帯のあたるおなかの部分がぷくんと腫れていましたが、500キロを越えていた馬体は少し絞れたようで、先週のコメントだと490キロ。今週入厩と聞いたのですが、まだ移動情報には出ません。今回の腫れの関係で、少し延びるのかも?


いつまでも子供子供して厩務員さんに甘えていたフォーグですが、いつの間にか堂々と落ち着きのある馬になっていました。休養に入ったのが去年の10月、はや7カ月にもなるので、復帰が本当に楽しみ。
他の馬の調教準備でスタッフのかたも忙しいのに、写真にお付き合いしていただいて感謝しています。くわえて今回は、フォーグがはいていた蹄鉄をいただき、恐縮しました。ありがとうございましたm(_ _)m  蹄鉄は欧米では幸運を招くお守り。クギ穴にひもを通して壁にかけるラッキーチャームに仕立て、フォーグが念願の重賞を勝てるよう祈りながら、大切にしたいと思っています(^o^)v

Posted by sachi at 05:56 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

北海道滞在2歳馬近況

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東・中村均(予定)……
マイネルイーガーは、ビッグレッドファーム明和で調整中。この中間から調教を再開。初日は久々のためか、坂路のスタート地点で背中を丸めるなど構えてしまったところはありましたが、2日目以降徐々に慣れてきました。休み明けながらも手綱を緩めるとすぐに加速していきそうな手応えを見せており、来場した中村師も「ダートで走りそうだね」と満足そうでした。乗り込みながら体が引き締まりつつあり、馬体重が506キロにまで落ちています。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東・宮本博(予定)……
マイネルガンバは、ビッグレッドファーム明和で休養中。早期入厩を視野に入れて調教を進めてきましたが、前回もお伝えしたようにある程度の距離が欲しいタイプで、夏の短距離中心の番組編成に向いていないと判断。目標を秋以降に切り替えました。そのため、さらなる成長を促すためにこの中間から昼夜放牧を行っています。冬に大きな成長を見せてくれたので、今回さらにしっかりしてくれれば楽しみは広がります。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン 美浦・稲葉隆一(予定)……
マイネポローニアは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。中間は強めの調教は行わず、ゲート練習やフラットコースを経験させるためにトラックコースでの調教も取り入れました。まだ、ハミの取り方がわかっていないようです。制御が難しく、首もうまく使えないので一時期は特殊な馬具を使用しましたが、その効果で体の使い方はうまくなっています。今後は夏の入厩を意識して仕上げていくことになりました。

今回のBRF訪問で2歳馬は3頭とも会うことができました。
イーガーはここ何回かコメントがいまひとつだったので、どんなふうに言われるか気にしていたのですが、明和のスタッフから「いいよ〜」という声が聞かれて嬉しかった。調教は馬がたくさんいるため土曜は乗らないことになり、ちょっと残念でしたが、今回のコメントを見るとスタッフの言葉を信じてよさそうですね(^o^)

(イーガーは馬房であっち向いてばかり。おつむに敷き藁をいっぱいつけて
ぼぉーっとしていました。調教再開でお疲れだったのか?)

ガンバは昼夜放牧中でした。こちらも悪い評価を覚悟していたのですが、「いい」と言ってもらえてほっとした〜 もしかしたらリップサービスかもしれませんが、少しずつ良化が見られるのかな。放牧地では出資者だと分かっているかのようにとても人なつっこくて、可愛かった♪ 近寄っても超然としている古馬と違い、2歳馬はほんとにまだ好奇心いっぱいで、人なつっこい馬が多いですね。鼻筋が通ったなかなかのグッドルッキングホースになっていました!

ポローニアは、担当者が開口一番「この馬走るよ」と言ってくれました。最初の日は馬房にいたので暗くてあまり写真も撮れなかったのですが、翌日の午後は調教も見ることができ、リードホースとして坂を駆け上がってくるところを見学。明和で愛馬の調教を見るのは初めてだったかな。そのあともうすぐ入厩の預託馬と2頭でのゲート練習も見せていただきました。が、ポローニアのほうのゲートが開かず(遅れて開いた)、あれれって感じではありました。もっとも評判がいいといっても、「桜花賞だオークスだというような馬ではないけど」とのこと。見たところ芝馬のような雰囲気もありましたが、スタッフのAさんによると、柔らかそうで芝でも?と思っても、やはりそこは血統が出てきて、結局はダートでしょうということでした。う〜ん、牝馬でダート馬は(ダートも出走したアルデュールをのぞいて)これまでもったことがないんです。夏の入厩ということで、とっても楽しみです〜

---------------------------------------------------------------------------
月火は仕事が忙しくてなかなか写真の整理がつかず、アップも遅くなっています。真歌はフォーグしかいなかったので他の馬の写真はほとんどありませんが、明和とCVFの分はまだ少しあるので機会をみてアップします。きょうは2歳を1〜2頭。

こちらはポローニアのお隣の馬房にいたマイネマハル。
最初行ったときは調教に出たあとで不在。2度目はポローニアのほうがすぐ調教に出たので、この暗い馬房での1枚しかないんです。牡馬顔負けの黒い立派な馬体。この日はおとなしくしてました。

こちらはガンバと一緒に放牧されていたアリオン弟のマイネルカイロス。

(PENTAX K10D+DA55-300mm)

Posted by sachi at 04:58 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

May 19, 2009

セゾン馬近況

3歳馬
ピクシーに会いたいとエルフ分場へ行ってみたのですが、ピクシーがどこにいるのか分からなかったorz 1歳がいたので、場所は間違っていなかったと思うのだけれど(^^;;
ともあれ、ピクシーのともは「平行線」ということは、よくなっているわけではないので、もう諦めざるをえません(というか、すでに諦めてはいる)。騎乗を再開してどうしてもよくなってこなければ、あるいは悪化するようなら、すぐ引退でしょう。それまでに何とか奇跡的によくなることがあればですが……

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム・エルフ分場] ■2009/05/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム・エルフ分場に滞在中。引き続き昼夜放牧されています。暖かくなって増えてきた青草を食べるようになり、毛ヅヤが良くなってきました。トモの状態は「平行線」です。テンションは高くなく落ち着いていますのでこのまま順調にいってほしいところです。近日中に騎乗再開を検討する予定です。

2歳馬
Dカトラスは元気そうでした。コメント通り順調に進んでいるよう。佐々木先生も来場して好感触を得た模様で、夏開催でデビュー予定ということでした。産地馬体検査を受けていることだし、少し休養したらいよいよ入厩・デビューかな。

Sパステルは朝、放牧に出てしまって会うことができませんでした。競馬場で会える日が待ち遠しいです。

Sベニングは左前球節に青いバンデージを巻いて他の牝馬たちと一緒にパドックにいました。とても元気がよく、狭い柵の下から首を突き出して必死で草を食べていた。草をつんであげると大喜びで、きりがないほど前かきをして催促! 相当な食いしん坊です。それを隣の馬がうらやましそうにぽけーっと眺めていたので、ついでに草をあげた(笑) しかし某スタッフの話だと、故障部分はかなり深刻で、球節炎も併発しており(コスモバルクもそうだとか)、たとえ手術でよくなっても脚の運びが厳しいかと思う、とのこと。出資者のためにも決断は早いほうがよいだろうとのことでした。

Dバスケットはまだ多少幼いところがあるものの、順調のようでした。見た感じでは馬体もまだ小柄でしたが、ステイゴールド産駒なので問題なさそう。コメントを見ると一番の心配は気性なのかな。会いにいったときはパドックでのほほーんとしてましたが…… 一番早いデビュー組ではなさそうだし、これから調教を積んでもう少し大人になれば、きっと粘り強い脚を発揮してくれるものと期待しています。

ドリームカトラス [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1〜2本キャンター中心にゲート練習も並行し運動しています。体調面も問題なく順調に進んでいるうちの1頭です。縦列調教も無難にこなしており、中間のスピード調教でも良い動きを披露していました。ある程度乗り込んできているので、疲れがあるようなら昼夜放牧も検討していきます。

サマーパステル [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。引き続き坂路1〜2本キャンターで運動しています。騎乗を開始してから約半年が経過しました。最近坂路入りを拒んだり、騎乗者を落としたりすることがしばしば見受けられ、だいぶ精神的に追い込まれてきている様子です。無理はせず近日中に休養に入れリフレッシュを図る予定です。

サマーベニング [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームに滞在中。週明けに骨片の摘出手術を行う予定です。現在は運動制限をして手術に備えています。

ドリームバスケット [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。中間から昼夜放牧を切り上げ騎乗を再開しています。現在は坂路1本キャンターをメインにゲート練習も並行して運動をしています。ここにきて気性の悪い所を見せており、我を忘れて走っている様子が見受けられます。強弱をうまくつけながら注意して進めていきます。馬体が減ってくるようなら再度休養に入れることも視野に入れています。

Posted by sachi at 05:37 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

入厩馬近況

週末留守にしていたので、遅れての更新です(3日あけていると今浦島の気分。苦笑)

5歳馬
ハヤトは心配したとおり疲れがかなりたまってきたようで、レース間隔を少しとっても快復できるかどうか。これまではそれで何とかしのいできたものの、今度もう1戦したら、結果はどうあれ休養でしょう。新たに降級する馬が出てくる前になんとか嬉しい結果を出してほしかったのですが、次走どうなりますか。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、10日(日)、新潟で出走し、2着でした。向正面で外に出して、逃げ馬の手応えが楽だったので早めに仕掛けましたが、クビ差届きませんでした。道中、13秒台のラップが2ハロン続いた際にもう少し位置どりを上げておけばといった内容です。12日(火)から角馬場で乗っていますが、疲れがたまってきている印象です。レース後の回復を促す期間を少し長目にとるかもしれません。次走に関しては馬の状態次第で検討します。

3歳馬
アリオンは8着だったダート戦から、今度はやっと好走した芝マイル前後のレースにしてくれるよう。しかし、この未勝利の大事なときに2戦も余計に走って、まったく何を考えているのやら。おまけにあまりに遅いレース報告。入厩馬の金曜更新が何とか水曜か、せめて木曜になれば、ラフィアンへの不満が一つは緩和されるのだけれど、どうしてもその対応が見えてこない。実のところ出資馬を選ぶような気分にはとてもなりません。なので今回の牧場訪問でも、1歳はほとんど見ませんでした。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、9日(土)に東京で出走して8着でした。前半無理しなかったこともあって置かれ気味でしたが、4コーナー最後方から直線だけでぐいぐい伸びてはきていました。ダートの走り自体に問題なさそうですが、芝と違って前が止まりにくく、集中力が続かない現在の状況では芝の方が良さそうです。火曜日から角馬場で乗り込まれており、担当厩務員は「レース後の息遣いからも、まだ余裕がある感じだった。トレセンでもいつもと同じでレースを使った感じもしない」と話していました。出走できるところで芝のマイル前後のレースに使いたいと考えています。

Posted by sachi at 05:22 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 14, 2009

鉾田滞在馬近況

最近、どうも鉾田にいる馬の更新を忘れがちです(苦笑)
もうどうでもよくなっている気がしなくもないですが……

5歳馬
ルーチェは相変わらずともがしっくりこないと。う〜ん、兄グリッツァと同じような感じになってきたかな。どうも鉾田ではちっとも馬がよくなってこないように思う。鉾田が開場してから中途半端な休養が多くなり、しかもひどく長引くようになってしまった気がする.。レースと休養とのめりはりがなくなったというか…… でもそのわりに回転は悪いんですよね〜 かつてはたくさん走ってなんぼのラフィアンだったのに。ま、ルーチェに関しては、あとなんとか1勝をと願いつづけてきましたが、牝馬だしもう十分活躍してくれたので、無事に繁殖へ上がれるようなソフトランディングの準備でもいいか。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。角馬場でダクを乗った後に坂路でキャンター1300m1本の運動をしています。坂路ではまだ軽めのキャンターでハロン20秒前後です。右トモに加え、一時期右前も少し違和感がありましたが、すぐに回復しました。騎乗担当者は「それほど悪い感じはないが、やはり右トモがしっくりこない。馬体も緩んでいるし、ペースアップはもう少し先になりそう」と語っています。

4歳馬
アルデュールはだいぶ動きがよくなってきたよう。だったらそろそろ入厩させてもいいのでは? 次走は降級後という話だったけど、6月の第1週、第2週に中京で芝1200mのレースがあるのだから出走させてほしいと思うのですがねぇ。ま、あせることはないか。もともとテンションが高くなりやすい馬なので、仕上げすぎないようにお願いします。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m1本の運動をしています。ハロン17秒ペースでスタートして途中から加速し、ラストはハロン15秒までペースアップするのを通常メニューにしています。普段から行きっぷりが良く、テンションが上がり気味で仕上がりやすい馬なので単走がメインです。今のところ落ち着きを維持しており、動きも上昇中です。

Posted by sachi at 02:14 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 13, 2009

ラフィアン募集馬ラインアップ発表

全72頭、うち牡馬50頭、牝馬22頭です。
価格は一見、安めに思えるものの(自家生産の牡馬は確かに安めだけど、ロージズインメイ産駒以外は去年もそう。わたしの出資馬は14万と15万。むしろロージズやアグネスデジタルの産駒やセリ購入馬をぼりすぎてただけじゃないでしょうか。セゾンで出資したデュランダル産駒のドリームカトラスは13万だったし)、牝馬のほうは自家生産なのに高め。かつての愛馬デセールの初子(父アドマイヤマックス)は、14万か。ちょっと高いなぁ。12万くらいまでなら考えたけど、これは保留。補償に追加して出資しても、その馬が走らなければ元も子もありませんから。

全72頭で前期と書いていないってことは、二次はないのでしょうか。だとすると、サイクロンの補償は今回の募集馬から選ぶしかなく(会員の優先受付期間を逃せば残り物から)、これから発生するかもしれない補償の分も同じく残り物から選ぶか、来年までおあずけにしないとダメということ? なんだかなぁ……
募集馬にラヴ産駒はたった1頭しかいないし、ここ何年か出資したくなる馬もいなかったので、もはやこのクラブにいる意義はあまりなくなってきてしまいました。セゾンが10月からの募集だから、それまでゆったり待とう。

去年もそう思いましたが、値付けだけは相変わらず絶妙ですね(たっぷりの皮肉) すべて100口にしたのも、よいと思います>タカラカンナの08 これで本当に出資したい人だけが出資すればいいのです(わたしは関心ありませんけど) でもいくら値付けが絶妙でも、何より肝心の、今年の馬たちは走るのでしょうか。そして鉾田は? サービスは? 実はそれが一番の問題です。

Posted by sachi at 07:24 PM | Category: HORSE | Comments (6)

北海道滞在馬近況

5歳馬
鉾田での短期放牧(1週間から10日?)の予定がとんだことになったフォーグですが、ここにきてようやく調子が上向いてきたよう。やはり骨折と種子骨炎では「3カ月の見舞金の対象にもならない軽症」なんてとうてい言えないものだった。そこらへんは、近況を見るたびに「いらっ」「むかっ」としますが、やっと復帰が見えてきたのは嬉しい。あと1カ月くらいでしょうか。馬体が絞れていないのが少し気にかかるものの、成長分もあるのでしょう。また素軽い動き、スピードと粘りのある走りで、今度は重賞の1つも取ってほしいものですが、今週の京王杯スプリングCにさえ間に合わなかったのが痛い。6月に帰厩しても、しばらく適鞍がなさそうだし、どうするんでしょうか。
もう1つ気になるのは、宮厩舎に昨年の勢いがないこと。そしてクラブの言うままに、たった1週間程度でも鉾田へ送り、騎手起用も言うなりが多いことです。乗り替わりも多くて、本当にいい騎手を乗せてくれない。フォーグがようやく2勝目をあげたのは地方の岡部騎手。これを考えると、やはりオープン戦以上では騎手の腕も大きい。自厩舎の藤岡康太騎手もGIをとったことだし、ラフィアンお仕着せの騎手ではなく、いい結果を出せそうな騎手を選んで乗せてほしいと思います。ちなみに康太騎手はジョーカプチーノでNHKマイルCを制覇しましたが、決してフロックではないと思う。その証拠にこの日の9RアハルテケSでも優勝しており、好騎乗は明らか。だから康太騎手がいいと言うわけではありませんが、せっかく自厩舎で育ってきた騎手もいるのに、またまた松岡、津村ラインでいくようなら、あ〜あ、やっぱりクラブの言いなりかとがっかりするということです。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。コスモや預託馬も含め、現在現地に滞在している馬の中で一番動けるのは同馬でしょう。素軽さの中にも力強さがあり、スピード感のある動きはさすがオープン馬といえます。ゴツゴツした歩様も解消し、調子がぐんぐん上向いている印象。馬体重は2週前と同じ490キロでした。

Posted by sachi at 04:06 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 10, 2009

あぁあぁぁ、ハヤト頑張ったけどまた2着(^^;;

きょうはレース運びもいつもの得意のパターンで、こりゃいけるぞ〜と思っていたんですが、勝ち馬に粘られクビ差届かず……orz

5/10(日) 新潟7R 500万下4歳上 (定量) ダ1800m 15頭 発走:13:00 天候:晴 馬場:良
2着 2枠 3番 マイネルハヤト 牡5 57.0 田辺裕信 小西一男 クビ 494(+2) 2.9 1/14人気

惜しかったです。これでまた勝利はおあずけ。でも、いいよいいよ、本当によく頑張ってくれている。ワンパンチ足りないのは仕方がない。ハヤトはいつも実力を発揮してくれて、本当に親孝行な、ラフィアン馬の鑑。けづやもぴっかぴかで絶好調と、GCの解説でも言ってくれました。小西厩舎の仕上げには、いつも感謝です。最後の直線、ラヴをほうふつとさせる低い首の上げ下げで猛然と追い込み。それでもインをぴったり回った馬にその差だけ負けました。運がないというか、やはり騎手の差もあるのかも? しかしここまでハヤトのことをよく分かってくれている田辺騎手には、感謝こそすれ、文句などありません。
考えようによっては、1000万クラスに上がって二桁台を繰り返し引退になるより、かえって息の長い競走馬生活が送れるかもしれない。これだけ走り続けてもまだ頑張ってくれるハヤトには、勝ち切れなくても十二分に楽しませてもらって、幸せです。でもお休み、もらえないのかなぁ…… いくらタフな馬と言っても、もうぎりぎりだと思うのですが、ここまできたら、あともう1戦か? 小西厩舎のように疲れが見えてもだましだまし仕上げてこれだけ使いづめられる厩舎というのも、ある意味すごいです。

騎手コメント:from Race Courseより
「ハヤト」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
田辺騎手「奇数枠だったが何とかゲートを出てくれた。やはり左まわりだと行きっぷりが違う。逃げ馬が楽をしていたので、早めに仕掛けたのだが…」

出も悪くなくて、あれだけ自分のパターンで走れてこの結果なので、仕方がなかったとしか言いようがありません。ここらでひと休みしてもいいかもと思うんですが……

Posted by sachi at 01:40 PM | Category: HORSE | Comments (2)

あら、ハヤトは1人気じゃなかった(^^;;

朝9時40分現在、ハヤトは2人気です。
1番人気は中舘騎手騎乗のメイショウイッキ。やっぱ中舘騎手は強いかなぁ…… 
といってもオッズは僅差。馬場は良。スピードのないハヤトには都合がいい。
がんばれハヤト!!!

Posted by sachi at 09:43 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 09, 2009

ハヤト、いい枠をひいた

最内ではなく3番というのは、なかなかいいところではないでしょうか。

5/10(日) 新潟7R 500万下 4歳上 (定量) ダ1800m 15頭 発走:13:00
1 1 △ △ ライジングバイオ 牡4 57.0 北村友一 坪憲章
2 2 △   モリトパラダイス 牡4 57.0 佐藤哲三 阿部新生
2 3 ◎   マイネルハヤト 牡5 57.0 田辺裕信 小西一男
3 4     ハイズワン 牡5 57.0 赤木高太 飯田雄三
3 5     デーワンハート 牡4 57.0 柄崎将寿 柄崎孝
4 6     スマートレイズ 牡4 57.0 鮫島良太 松田国英
4 7 ○ ○ メイショウイッキ 牡4 57.0 中舘英二 武田博
5 8     エリモアミーゴ セ5 55.0 △荻野琢真 池上昌弘
5 9   ▲ キャプテンルビー 牡4 57.0 田中博康 菊川正達
6 10     アサクサキンメダル 牡7 57.0 中谷雄太 勢司和浩
6 11 △   ダノンシーガルズ 牡4 57.0 石橋脩 池江泰郎
7 12     クオン 牡5 57.0 安藤光彰 大橋勇樹
7 13   ◎ キョウタロウ 牡4 55.0 △宮崎北斗 目野哲也
8 14     ヨシエンデュランス 牝6 55.0 山本康志 石毛善彦
8 15 ▲   メジロオマリー 牡4 57.0 上村洋行 奥平雅士
(印はnetkeiba.com)

明日のハヤトはおそらくぐりぐり◎だと思います。
このところ好調のナベヒロくん。きょうの東京はだめだったけど、先週は新潟で2勝。
ローカルに行けば、怖いのは中舘騎手くらい(笑) 明日はさすがに決めてくれるよね?

Posted by sachi at 05:44 PM | Category: HORSE | Comments (2)

アリオン、案の定……

アリオンは予想外の3番人気でしたが、いいところなしの8着に終わりました。

5/9(土) 東京1R 未勝利 3歳 ○混□指(馬齢) ダ1400m 14頭 発走:10:10
8着 6枠 10番 マイネルアリオン 牡3 56.0 戸崎圭太 稲葉隆一 2 484(+8) 6.9 3/14人気

やっぱりねぇ。全然ついていけなかったし、追い込みの脚色も他の馬とたいして違わず、今回も惨敗です。ま、こうなるだろうと今回は応援馬券さえ買わなかったけど、これでは敗因が距離なのかダートなのかさえ分かりません。両方か、あるいは本当に能力不足ということもありえますが、曲がりなりにも芝1600mで2着にきたわけで、今度は絶対に同じ条件で使ってほしいものです。グリッツァのダート戦といい、ただ戸崎騎手を中央で乗せるためだけのようなレース選択は、いいかげんにやめてください>ラフィアン社長 きょうレースから引き揚げてきたところで稲葉調教師とともに待っていたスーツ姿の3人組?  そのうちの一人が噂のエージェントですか? 戸崎騎手とのつながりを強化するのは、将来を考えて大変いいことだと思いますが、乗せる馬とレース選択が悪すぎではないでしょうか。戸崎騎手は芝でもいい成績をあげています。

騎手コメント:from Race Courseより
「アリオン」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
戸崎騎手「ペースが速くなる2ハロン目で無理をさせなかった。でも、テンはちょっと前に進んでいかないような感じ。直線では反応していたが、前が止まらなくて」

ダート短距離に強い馬なら、きょうのような馬場では前々で競馬できるでしょう。つまり、アリオンはまったく向いてないってことです。前がとまらないのも当然予想されたこと。離され具合からして、1400m以下もだめでしょう。やはり1600m以上じゃないと、ペースについて行けません。そんなことは、もうとっくに分かっていそうなものだけどなぁ……

パドックでの気配は悪くなかったと思う。
もともと気合をあまり表に出さないタイプ。発汗がやや目だったので、あれでも入れ込んでいたのかな?

きょうもメンコなし。結局、メンコなんか関係なかったものね。
かわいい顔をしてるんですよ。

内田騎手の中央移籍で、一躍南関東のリーディングJになった戸崎騎手を背に。

本馬場に入ると、ちょっと気負った感じで、あまりスムーズではなかったような……

結局、スタートは悪くなかったもののずるずると後方から3頭めあたりに後退。
その時点でだめだなとは思ったけれど、最後になんとか1〜2頭かわして2桁着順にならなかっただけ。
レース選択を含め、これでは先が思いやられる……というか、もう先はほとんどないですよ。この厩舎の前例を見ると、残る選択肢は夏を待って障害かも?(ー_ーメ)

(写真はすべてK10D+DA55-300mm F4-5.8 ED)

Posted by sachi at 04:35 PM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

May 08, 2009

入厩馬近況

5歳馬
ハヤトは出走を1週間延ばしたことで、疲れがやや回復したか。前走は相手が悪かったようですね。本当にぎりぎりだから、今度こそガンバって勝ってほしいです。明日はアリオンのレースにナベヒロくんが手綱をとる馬がいるので、こっそり念力を送ってきます(笑)

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、10日(日)、新潟7Rダート1800mに出走します。中間は先週末に15−15を消化し、6日(水)にニューポリトラックで67秒をマーク。大外をまわって、一杯に追われたものです。小西調教師は「レースの予定を延ばしたが、出走させようと思えば先週でも出走できた状態。今週にまわったことで少し疲れが軽くなっている。前走と同じくらいの体つきでレースに臨めそう。前々走の中京で惜敗したサクラロミオが福島で1000万を勝っていた。左まわりの今回はチャンスだと思う」と期待を語っていました。

3歳馬
アリオンは……う〜ん、コメントを見てますますこれはダメかもと思う。それにしても、なぜ前走好走した条件をわざわざ避けるようにレースを選択するかなぁ。まったく分からない。素人とは違うんでしょうか。これでダメなら、いったい何を選択すればよいのやら。まさかまたダート1800mなんて、やめてよね〜 もう少し出資者が納得するようなコメントにしてほしい。でないと、同じくイナバウマーになる予定の2歳出資馬ポローニアにも不安が募ります。これでも実のところアリオンは、この厩舎では未勝利馬のくせに破格の扱いを受けているんですよね…… よく分かってますよ。諦められたらもっともっとひどい扱いを受けるのは。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、9日(土)、東京1Rのダート1400mに戸崎騎手で出走します。今週は火曜日が通常の乗り込み、水曜日が追い切り、木曜日が曳き運動、金曜日が角馬場調整というメニュー。すべてが予定通りでした。「以前のレースではダメだったみたいだが、ダートもこなせそうな走り」と木幡騎手。調教助手は「走りの感じからするとダート1800mに適性がありそうだが、いかんせん集中力が続かない。この条件を試してみる価値はある」と話していました。

Posted by sachi at 07:03 PM | Category: HORSE | Comments (0)

アリオン、6枠10番

あてにならないアリオン、初のダート短距離で好走できるか?

5/09(土) 東京1R 未勝利 3歳 ○混□指(馬齢) ダ1400m 14頭 発走:10:10
1 1     リョウザンパク 牡3 56.0 田中勝春 宗像義忠
2 2     プロウスト 牡3 56.0 御神本訓 高松邦男
3 3 △ △ メリーイベンター 牝3 54.0 吉田隼人 谷原義明
3 4     トーセンルヴァン 牝3 54.0 石橋脩 斎藤宏
4 5 △   アラートフォース 牡3 56.0 横山典弘 萩原清
4 6 △   シルクタイタン 牡3 56.0 土谷智紀 古賀慎明
5 7   ◎ ミヤノユウヤ 牡3 56.0 柴山雄一 松山将樹
5 8     ミヤコノモノガタリ 牡3 56.0 二本柳壮 鹿戸雄一
6 9     リネンベイビー 牡3 56.0 田辺裕信 南田美知
6 10 ▲   マイネルアリオン 牡3 56.0 戸崎圭太 稲葉隆一
7 11 △   ゴールデンダーツ 牡3 56.0 武士沢友 中島敏文
7 12 ◎ ▲ ザドライブ 牡3 56.0 内田博幸 斎藤誠
8 13 ○ ○ ギンザフロンティア 牡3 56.0 北村宏司 小島太
8 14     ムコドノ 牡3 53.0 ▲伊藤工真 武市康男
(印はnetkeiba.com)

追い切りが案外よかったので、ひょっとして大駆けもありか?とも思うものの、かなりの希望的観測(苦笑) 逆に惨敗もありうる。出資者ながらまったく自信なし。読めません。しかしこの時期まで未勝利の馬は、みんな似たり寄ったりかも。枠順的には中・外、そして脚質は良馬場なら逃げ・先行馬が有利、稍重から重だと差しも、ということらしい。
騎手的には内田騎手が一番の強敵かと思いきや、あらら、御神本訓騎手もいた! さながら地方の有力騎手バトルの様相も呈しています。加えて、最近調子を落としているものの、ひそかなファンである吉田隼人騎手、イケメン石橋脩騎手と柴山騎手、わがハヤトの専属請負人たなべっち、さらに人気馬で安定度抜群の横山ノリ騎手と、このレース、いろいろ見所あって面白そうだな〜(おっと、ひとごとではありません)
戸崎騎手はどうやら人気薄をもってくる達人のようなので、ひそかにアリオンにも期待したいと思います。どうかグリッツァの二の舞いにはなりませんように…… 競馬の神様、よろしく(^人^)オ・ネ・ガ・イします!

Posted by sachi at 06:49 PM | Category: HORSE | Comments (0)

グリッツァの行き先

きのう、所用でラフィアンに電話したついでにグリッツァのことを聞いてみたところ、今後が分かりました。相馬野馬追いの関係者(個人)に引き取られることになったそうです。野馬追いにはこれまでもラフィアン引退馬が何頭か行ってます。結構大事にしてもらえそうな感じかな(あ、いまどこにいるかは聞きそびれてしまった)。やっぱりあと1年くらい競馬で活躍してほしかったけど、たとえGI馬でも限りある競走馬生活、仕方がありません。とはいえ具体的に行き先が分かると、じわっと涙が出てきました。思えば初出資がラヴで、今でも牧場へ行けば会えるなんて、ほんとうに信じられないくらい幸運なことですね。グリッツァがいつまでも元気で、引き取り手に可愛がってもらえますように。

Posted by sachi at 04:05 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走予定のアリオン、ハヤトが時計を出しています。

マイネルアリオン
5/6 木 幡 美南坂 不 - - - 52.8 38.9 25.7 12.8 - 馬ナリ余力
マイネルハヤト
5/3 助 手 美南W 良 - - - 75.4 59.4 43.6 13.2 9 馬ナリ余力
5/6 助 手 美南P 良 - - - 66.9 51.1 38.0 11.9 8 一杯に追う

アリオンは久々に坂路で追い、なかなかの時計。坂路がいいのは短距離得意なはず。問題はダートがどうかですが、このお天気では土曜も脚抜きがいいダートになりそう。メンバーはそれなりにそろった感じですが、戸崎騎手の手腕にかけるしかないです〜 それにしても調教は今回乗らない木幡騎手(苦笑)
ハヤトはポリでいい時計! よ〜し、今度こそ勝負じゃよ〜〜 これ以上の手薄なメンバーはないというくらい手薄らしい(頭数はいるけど) 今度こそ何とか勝利をもぎ取ろう。頑張れハヤト&田辺騎手!
なお、2頭の出走が確定しました。

5月9日(土)
東京 マイネルアリオン 1R 3歳未勝利 (混) 戸崎圭太 56 ダ1400m 10:10 14頭
5月10日(日)
新潟 マイネルハヤト 7R 4歳以上500万下 田辺裕信 57 ダ1800m 13:00 15頭

Posted by sachi at 04:03 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 06, 2009

鉾田滞在馬近況

5歳馬
ルーチェはやっと調教再開です。休養したわりに、あまり馬体重は増えていない模様(アルデュールもそうだけど) やっぱりまだ本調子にないのかな。振り返れば、骨折休養あけに乗り出して2〜3週間で鉾田へ送られてから、ロクに休養していないルーチェです。北海道へはもう1年近く帰っていないことになる。疲れがたまっていたのも当然です。なんとか復調してほしいもの。頑張れルーチェ〜

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。3日(日)に放牧を終了。翌日から角馬場でのダクを行っています。右トモを触るとまだ気にする素振りは見せるものの、調教自体に影響はありません。跨ったスタッフは「久しぶりの騎乗だったが、ボーッとしている感じですごく大人しかった」と話していました。様子を見て坂路調教も再開したいと思います。馬体重は480キロ。

4歳馬
アルデュールも先週より調教再開。気温も高くなってきたので、そろそろ調子も上がってくるでしょうか。降級後の6月開催から復帰とのこと。そうかぁ、もうそんな時期に…… 降級前にもう1勝してほしかったところですが、去年は堅実に賞金を稼いできてくれたので、欲は出すまい。勝ち味に遅いアルデュールだけど、降級すれば即、1勝を狙えるでしょうか。降級しても勝ち星をあげるのはなかなかむずかしいものだなと、昨今ハヤトやルーチェで身にしみて感じています。競走馬として生まれてきた以上、走ることが宿命。競走馬生活がこれからも少しでも長くスムーズに送れることを願うばかりです。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。ダクをしっかり踏んでから、坂路でキャンター1300m1本の運動をしています。歩様は大丈夫。行きっぷりが良いとはいえ、抑えればきちんと我慢できるので心配していません。相沢師と相談し、クラスが下がる6月の夏開催から復帰させることにしました。まだ時間があるのでじっくり乗り込んで息をつくっていきます。馬体重は前走比2キロ増の464キロ。

Posted by sachi at 06:46 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

予定通りハヤトとアリオンが出走を見込んでいます。

新潟競馬場
マイネルハヤト10日(日) 7R 4歳以上500万下 田辺裕信 ダ1800m
マイネルハヤト 10日(日) 9R 4歳以上500万下 (混) 田辺裕信 ダ1800m
東京競馬場
マイネルアリオン 9日(土) 1R 3歳未勝利 (混) 戸崎圭太 ダ1400m

ハヤトは7Rと9Rの両睨み。相手関係を見て決めるのかな。どっちにしろ何とかあと1つ勝たせたいものです。頑張れ、頑張れ〜!
アリオンのダート戦は、若いのにジェントルマンの戸崎騎手にはとても好感がもてるのですが(松岡某の対極にあります)、前走のダートがダートだっただけに懐疑的にならざるをえません。ま、以前の中山ダート1800m惨敗は体調のこともあるので、今回変わり身を見せてくれることを祈るだけ。

Posted by sachi at 06:45 PM | Category: HORSE | Comments (2)

May 05, 2009

2歳馬近況

う〜む、今週の通信簿もあまりよくありませんね〜 出資馬以外の馬の近況をざっと斜め読みした感じでも、いいコメントはレイン、ノーブレスくらいで、あまり目につきませんでした。これでは今年も大半がだめじゃないかと…… もっとも現4歳馬あたりから、育成時代にいくらいいコメントが並んでいても競馬に行ってダメな馬が増えた(以前もいましたが)。そして3歳も現2歳と同じような雰囲気だったように記憶しています。たとえ無理にデビューさせても凡走を繰り返し、3〜4走してやっと少し結果が上向くといった有り様ではなかったでしょうか。つまりは今年の2歳も、早期デビューをして勝ち負けできるような馬がほとんどいないってことですか? この世代もはや危険信号が灯ったなと思ってしまう。その感触がいい意味で裏切られるといいのですが…… 
いずれにしろ、今年の一次募集で変化を感じ取るのはむずかしそう。そろそろ募集馬のラインアップがもれてきてもよさそうなものですが、今年は遅いですね。連休明けには出るのかな。軽種馬登録協会でこれまで兄姉が募集された馬たちの下をちょっと調べてみたところ、高齢の母の引退、不受胎、流産、死産、直後の死亡などが多いことに驚かされます。そして無事生まれた馬も、牝馬が多く、大半がRIM産駒、せいぜいがデジタル、アドマイヤマックス…… 人気がもろ集中しそうな気配。出資するとしても補償の範囲で1頭なので、安牝馬限定ですが、デセールの初子が出てくるといいな。でも抽選になったら見送るかな〜

ともあれ、イーガーはやたら馬体ばかり大きくなって520キロ!? ひざのつくりがよくない馬なら、なおのことこの馬体重はいけませんねぇ。「故障には気をつけたい」とのコメントには思わず苦笑。他の馬にも何頭も同じようなコメントが。ようやく故障続発の現状を認識したのでしょうかね。遅すぎるけど、ま、そういう言葉が出るだけ進歩したと解釈しておきましょう。口先だけでなく実際にそのノウハウがあることを祈って。
ガンバも相変わらず「速い回転ができない」と言われています。トップギアがないみたい。それは競走馬として致命的なことでは? 通信簿はすでに3から2の方向へ……orz
希望がもてるのはポローニアだけかなぁ。この仔はほんとに元気がよく、センスもありそうで、掘り出し物かもしれません。なにしろこの良血揃いの現在の競馬界にあって「サラ系」です(^^;; ポローニアが早々に初勝利でもあげようものなら、それこそラフィアン馬の面目躍如なんですが、そうはうまくいかないのが世の常。でも、頑張ってほしいです!

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東・中村均(予定)……
マイネルイーガーは、ビッグレッドファーム明和で休養中。日中のみの放牧から昼夜放牧へ移行しました。6頭の集団で過ごしていることもあり、運動量が一気に増えてちらほら疲れた様子も見せています。さらに馬体が大きくなり、520キロまでウエイトアップしました。育成主任は「ヒザの造りがあまり良くない馬。体質的に硬いところもある。故障には気をつけたい」との意識は持っています。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東・宮本博(予定)……
マイネルガンバは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。スピード調教も取り入れられるまでにステップアップしていますが、運動神経がいまひとつです。跳びは大きいものの、四肢の回転が遅く、スタッフは「ペースアップに対応できない。苦しくなって下がったわけではないのだが」と答えていました。ある程度の距離はあった方が良いタイプでしょう。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン 美浦・稲葉隆一(予定)……
マイネポローニアは、ビッグレッドファーム明和で調整中。徐々に調教内容を強化しており、坂路でのキャンター1本だけでなく、時にはその後に屋外トラックコースを数周するなどの負荷をかけています。手前の替え方がスムーズなようにセンスが良さそうです。合わせて始めたゲート練習でも勢いよく飛び出し、グッとハミを取るなど素晴らしいダッシュを見せていました。このまま順調に負荷を強めていけそうであれば、夏頃の入厩を意識しても良いでしょう。

Posted by sachi at 09:33 PM | Category: | Comments (2)

May 03, 2009

キッツ、まさかと思っていたけどやりました!

いやぁ、まさかと思っていた天皇賞をマイネルキッツがとるとは。見事なGI勝利、しかも日本8大競走の1つです。
めでたいことはめでたいけれど、これで厩舎の重要性がいっそう際立ちましたね。もちろん、栗東滞在作戦もその1つ。枠順に恵まれ、展開もインで粘ってコースロスが少なかったとはいえ、前が壁になって出られないこと多し(愛馬ではとくに)の松岡騎手が、今回はばっちりはまりました。それ以上に、馬も強かった。キッツは前走の日経賞で惜しい2着でしたが、GIIのタイトルをすっ飛ばしていきなりGIを奪うとは、たいした馬です。鉾田の洗礼は受けていますが、そこは国枝厩舎、1週間ほど休ませてあとは軽いキャンター、そして入厩してから出走まで1カ月近くとっています。すべてこういうローテなら、まだ鉾田の意義もあるというものですが、大半の馬はそうじゃないところが怖い。これでラフィアンが妙な自信をつけないことを願います。むしろ国枝厩舎やキッツの調整をお手本として、他の馬にもこの流れを波及させてくれるならいいのですけど。
しかし松岡騎手、天皇賞で「チョリース」ですか? しかも2度も(苦笑) 見事にスルーされてたけど、せっかくの天皇賞勝利をオバカキャラの女タレントの言葉なんかで汚すでないよっ!と、おばさんは思いました。GIジョッキーとして、もう少し行儀作法と品格を身につけたほうがいいんでない? 社長に自分からこのレースに使ってくれと申し出たから嬉しいと大きな顔して言ってたけど、社長もなめられたもんですのぅ。それにしても表彰式にいたのは、若社長の新妻?? せめて社長が行っていればねぇ。しかも総帥時代の遺産なのに…… 総帥に立たせたかったです。もっとも、総帥は総帥でああいうキャラだから、もうキッツのこと忘れてるかもしれないけど(笑)
これまで中央の古馬GIを獲ったのはスプリンターズSのラヴだけだったラフィアンにとって、本当に貴重な由緒あるGIの勝利でしたが、それでも今年の募集馬に出資しようという意欲がわかないのは、どういうことかなぁ……

【顛末】
松岡騎手の「チョリース」のおかげで、NHKニュースに取り上げてもらえませんでしたヽ(´ー`)ノ
騎乗は展開がはまってよかったけど、そのあとがなぁ…… ニュース云々はどうでもいいですが、頭すっからかんで大人の常識ないやつは大嫌い。アルデュールにはもう乗らないで。津村騎手か三浦騎手でいいです(爆)

Posted by sachi at 04:51 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 01, 2009

ラフィアン入厩馬近況

5歳馬
ハヤトはやはり疲れがやや強いのですか。なんとかあと1つ勝てれば、大喜びで休養できるのになぁ。でも、ここまでよく頑張ってくれたから、来週に延ばした新潟でのダート戦の結果がどうであれ、あまりひどく疲弊しないうちにお休みをあげてほしいと思います。もちろん、それは北海道で(今週から新潟開幕だというのを勘違いしてました。ハヤトは1週見送って2週目に出走だった)。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、美浦で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。70−40のタイムを出した29日(水)に乗り手から疲れを指摘されました。トモのくたくたした感じがやや強く、左首の筋肉にも張りがあるようです。レースへの影響はないかもしれませんが、大事を取って新潟開幕週を見送り、2週目のダート1800mへ向かうことになりました。次走も田辺騎手が騎乗する予定です。

3歳馬
アリオンは、やはりダートの1400mですか。しかも鞍上が戸崎騎手。何やらグリッツァと同じです。戸崎騎手にまったく不満はありませんが、どうもこのレース選択がしっくりこない。ダートありきというより、今回も騎手ありき、ただ単に社長の意向で戸崎騎手に合わせただけじゃないの? しかしいくら騎手がよくても、馬に適性がなければグリッツァの二の舞いですから…… こんなレース選択をするクラブには怒りというより悲しさを覚える。アリオンはまだ全然出走態勢にないのに、まともな調整もせず北海道でデビューさせられてから、ずっと「ええっ?」というような出走が多かったし、北海道で立て直しをせず美浦に送り熱発後にダート戦に出走させてヘロヘロにしたあと、鉾田で3〜4カ月も中途半端に過ごさせたのもクラブの失敗でしょう。あの大ケガを含めて本当に不運だと思う。なんとか生き延びる道を自ら切り開いてほしいと願うばかりです。せめて距離だけでも合っていてほしいと思うものの、だめじゃないか(苦笑)

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。坂路とニューポリトラックを中心に乗り込まれています。前走の疲れを引きずる様子もないことから、木曜日には70−40でサッと流す程度の追い切りを行いました。なみあしでの歩様もしっかりしていて稽古では覇気もあるように状態に不安はありません。先週お伝えしたように、矛先を変えて来週の東京、ダート1400mに出走する予定。地方競馬のナンバー1といっても過言ではない、大井の戸崎騎手に声を掛けています。

Posted by sachi at 07:30 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン3歳馬近況

う〜む、2週間ぶりのSピクシーの近況ですが、ほとんど変わってこないようです。もう無理なんじゃないかなぁ。かれこれ1年ですから。でも、まあ、まだ面倒を見て北海道開催あたりで復帰と畠山先生もおっしゃってくださっていたので、もう少し様子見ですかね。たとえ復帰できても記念出走で終わってしまいそうだけど、タイミングがあえば一度くらい北海道へ会いに行ってもいいかな。写真はずいぶんふっくらしてきたものの、曳き馬で帰るところを見ると、やはりともがねぇ……

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム・エルフ分場] ■2009/05/01
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム・エルフ分場で休養中。中間から昼夜放牧を開始しました。放牧中は元々テンションの高い馬ではありません。それでもいまひとつ元気がなく感じられるのは、24時間のうち賞味5時間程度しか馬房にいない生活で疲れているためかもしれません。課題のトモは大きく変わった様子はないのですが、この昼夜放牧を経て変わってほしいところです。

【臨時更新】
きのう危険信号がともっていた2歳馬Sベニングの剥離骨折と関節炎が判明。やはり想像した通りでした。関節炎はたぶん剥離骨折のせいでしょう。剥離した骨片はだいぶ大きいようで、手術とあいなりますが、まだ引退はさせないのだろうなぁ。この世代は4頭に出資しているので、ベニングは引退なら引退でもいいし、デビューできるようなら遅くてもかまわない。あとの3頭、頑張れ〜!

サマーベニング [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/05/01
--------------------------------------------------------------------------------
5/1に腫れた左前球節のレントゲン検査を行ったところ、剥離した大きい骨片が見つかりました。患部は関節炎も併発しています。獣医の見解では骨片除去のための手術が必要とのことでした。近日中に施術する予定です。

Posted by sachi at 07:28 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

入厩馬はアリオンとハヤトだけです。

マイネルアリオン
4/30 木 幡 美南D 良 - - - 69.7 54.5 40.2 13.1 8 馬ナリ余力
マイネルハヤト
4/26 助 手 美南W 重 - - - - 59.9 43.9 14.0 9 馬ナリ余力
4/29 助 手 美南P 良 - - - 69.5 54.2 40.5 12.9 8 馬ナリ余力

アリオンはダートでの出走ありきの調教。ほんとにそれで力を発揮できるのだろうか。わたしは大いに疑問に感じますが、このクラブは馬の適性も見ず場当たり的に出走を決めるだけなってしまったので…… 出資者はいい結果が出ることを祈るしかありませんが、グリッツァにしろアリオンにしろこれまでの経緯が経緯だけに、期待はできません。
ハヤトはポリトラックでいつも通りの調教です。出走を延期したのは、疲れがあるのか、それとも左回りを優先したのか。どちらにしろ、去年から月1ペースで使いづめなので、そろそろ本当に勝ってご褒美の放牧に出したいものです。

Posted by sachi at 09:01 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン2歳馬近況

2歳馬の近況が更新されました。
産地馬体検査を受けて合格したDカトラスは、ある程度早期デビューが見込めそうで、期待が高まります。ここのところラフィアンでも早期デビュー馬はあまりいなかったし(アルデュールはデビューしてから勝ち味に遅くてずいぶん待たされた)、追い込み馬もあまりもったことがないので、わっくわく♪
Sパステルはテンションが高いと言われつつも動きは上々らしく、「牝馬の中ではトップクラス」との言葉が出ました! むふふっ。ま、しかし、走る気持ちになっていないとダメっぽいし、実際に競馬に行ってみないことには分かりません。気性がもう少し落ち着いてゆったりと能力を発揮できるようになってほしい。
Sベニングは、案の定、足許に不安が出てしまいました。前脚は少々そり気味だったので、元々不安要因でした。それを覚悟で出資したのだけれど、かなりの危険信号です。たいした故障でないことを祈るのみ。しかしラフィアンだと、2〜3日調教をお休みさせて、「たぶん大丈夫でしょう」とか言って乗り出すわけですが……
Dバスケットは1頭のみ放牧。昼夜放牧はこの馬としては「久しぶり」とのことですが、募集されてからあったっけなぁ。2次募集馬だったこともあり、そのときのことをあまり覚えていませんが、テンションが高くなりがちな馬なので、休養で精神的にも落ち着いてほしいところ。動きはよいと信じています。
以下、セゾン公式HPより。

ドリームカトラス [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/04/30
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1〜2本キャンター中心に、馬場での運動、ゲート練習も並行し運動しています。ここにきて頭角をあらわしてきた1頭です。スピード調教での良い動きが目立っており、道中、ためて爆発させるとキレる脚を使いそうです。中間来場した佐々木調教師も「ある程度早い時期から活躍を期待しています」とコメントしていました。4/23に産地馬体検査を受検。初めての環境にも動じず、おとなしくこなしていました。

サマーパステル [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/04/30
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本メインに2本も取り入れつつ運動しています。テンションが高いのは相変わらずです。ただ動きは上々で、牝馬の中ではトップクラスと評価してもいいくらいです。ただ、走る方向に気持ちが向いていないときは全然動きませんので、今後このあたりを改善する必要があります。

サマーベニング [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/04/30
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームに滞在中。騎乗を続けていましたが4/30に左前球節あたりが腫れました。明日、検査を行う予定です。

ドリームバスケット [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/04/30
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームに滞在中。中間から昼夜放牧を開始しました。20時間近くを屋外で過ごす生活は久しぶりになります。以前は放牧地でも元気すぎるくらいでしたが、今はだいぶおとなしくなってきました。このままリラックスしてほしいところです。心身ともにある程度ゆとりを持った状態で騎乗を再開したいと考えています。

Posted by sachi at 05:11 AM | Category: HORSE | Comments (0)