April 29, 2009

鉾田滞在馬近況

7時を過ぎても更新されていないようだったので、きょうは更新がないのかと思っていました。鉾田取材は火曜にすんでるはずなのに、毎週たったこれだけのことでさえ遅い。現社長になる前は6時すぎには更新されていたのに、更新の頻度を減らしても何も変わらないじゃないですか(ー_ーメ) 言っても無駄か……

5歳馬
ルーチェはやっと体調が回復してきたよう。何しろもう5月ですからねぇ。でも、復調のきざしは嬉しいかぎり。放牧地で青草をたっぷり食べて鋭気を養ってください。といっても、鉾田の草がいいか悪いかは不明。たしか放牧地の土壌や草の質が、馬の体質には大きく影響するんじゃなかったでしょうか。乗り出したら乗り出したで、鉾田は心配。加減が分からない人が乗って、走るだけ走らせてしまいがちで、ルーチェはいつも復帰時、休養明けとは思えない馬体になっちゃいます。今度はほどほどにして、早く厩舎に戻してください。仕上げは厩舎で!(こればっかり)

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。右トモの歩様は回復に向かっており、馬自身に元気が出てきました。たまっていた疲れが抜けてきたのでしょう。先週末から日中は放牧地で過ごさせるようにしています。初日はテンションが上がって走りまわるものと思われていましたが、意外にも黙々と青草を食べていました。肉体的にも精神的にもいい休養になって欲しいものです。

4歳馬
アルデュールは乗り込み再開。といってもまだダクですが、早速入れ込んでいたようです。この馬は仕上がりも早いし調教駆けする馬なので、ルーチェ同様オーバーワークになりすぎないようお願いしますよ。鉾田はほんとに油断してるとぶっ壊すんだから、まったくもう。わざわざ近況のコメントに書かなくてもいいよう、その慎重さが本物になってほしいものです。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m1本の運動をしています。23日(木)から角馬場でのダクを開始。初日はかなりイレ込んで、手綱を緩めるとすぐにキャンターになりそうな手応えでしたが、2日目からは落ち着いてきました。週末から坂路に入れていますが、油断するとすぐにペースが上がってしまいそうな勢いです。歩様は悪くありませんが、乗り始めて間もないので、オーバーワークにならないように気をつけています。

なお、ハヤトは出走を取りやめて来週の新潟に向かうことになりました。
したがって今週も出走馬はいません。復帰を楽しみにしていたグリッツァがとんでもない形で引退してしまい、フォーグもなかなか復帰できないし、アリオンはアリオンでまたダートなんて言い出してるしで、なんだか競馬にも応援にも力が入りません。
それにしても今月号の社長の巻頭言には、またまた恐れ入りました。これだけ不可解な故障馬を出しておきながら、そして創立以来とさえ思える成績不振なのに(この調子では今年、年間50勝に届くかどうか?)、なんと危機感のないこと。現状分析どころか、現状認識さえないのでしょうか…… この状況でドバイの夢なんて、はっきり言って会員の失笑を買いますよ。相変わらず会員のほうを向いてないし、会員が見えていない、空気も読めないでは、どうしようもありませんわヽ(´ー`)ノ

Posted by sachi at 08:12 PM | Category: HORSE | Comments (2)

ラフィアン、出走予定馬と鉾田滞在馬の更新はないの?

お知らせによると、
>ゴールデンウィーク中もHPは通常通り更新いたします。
>東京事務所は土・日・祝日は休業いたします。

ということなんですが、きょう29日はHPの更新ないんですか?
わが職場はきょう水曜は平常通りでしたよ。どのみち来週の水曜も事務所は休むんでしょうに、きょうくらい更新したらどうなのと思いますが……

Posted by sachi at 06:36 PM | Category: HORSE | Comments (0)

April 28, 2009

北海道滞在馬近況

5歳馬
なんやかやとトラブルに見舞われて入厩が先送りになっているフォーグ、今度はクモズレからばい菌ですか…… ま、仕方がないですが、馬体重が大幅増なのがちと気になりますねぇ。もう少し絞れないと、なんだかドスドスと走っていそうな感じ。ちょうど調教ビデオもアップされました。これまた、ちょっとふっくらしすぎて、いつもの素軽いフォーグではない雰囲気。2週間前には6月入厩ということだったのですが、あと1カ月この調子で調教するんでしょうか。宮厩舎が遠い……

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。左トモのクモズレ(予防策として蹄鉄を装着済み)からバイ菌が入って炎症を起こしてしまうトラブルがあり、2日ばかり騎乗を休止していた時期がありました。気温の上昇が関係しているのか、身体の硬さが少しほぐれました。中間から仕上げに入っています。馬体重は2週前から3キロ減の490キロでした。

Posted by sachi at 08:04 PM | Category: HORSE | Comments (0)

April 26, 2009

成績不振

GWを前に、従来ならクラシックのトライアル、入厩予定の2歳馬、新規募集馬の話題で盛り上がっているはずのクラブですが、今年は次々に故障発覚や引退馬の続出で、それどころではありません。
きょうはわが出資馬の出走なし。3歳未勝利馬もそろそろ勝てる目処がたたないと、いよいよ苦しいサバイバルレースが待っているのに、うちには心配な馬が1頭。そしておかしなローテで引退してしまった馬に加え、鉾田と北海道には、短期放牧だったはずがなぜか状態下降していつまでもぐずぐずしている馬たち……

出資馬に限らず全体として、ラフィアンもセゾンも、これはいったい何なの?というくらいに成績が悪いですね。
成績そのものはセゾンのほうがさらに悪いものの、ラフィアン馬はとにかく故障が多く、素質馬を次々に潰している分、もっとひどいと感じます。アワグラスの一件はその典型。うちもレース直後にフォーグをわざわざ鉾田へ移動させてから2週間ほどあとに骨折発覚で、すでに十分経験ずみ。オープン馬にしてこれですから。アワグラスと同じくどこで骨折したかうやむやなままで、事務所によれば「3カ月の見舞金も出ないほどの軽症」という話でしたが、いまや10月からすでに7カ月。2月末から3月には入厩できるかと思っていたものが、4月が5月になり、最新の近況によると6月入厩!? それがどうして「見舞金も出ない軽症」なのか、理解に苦しみます。3月末には坂路調教の動画がアップされていたにもかかわらず、なぜに6月? 何か隠蔽の匂いがしてきます……

育成のレベルのみならず会員サービスも大きく低下。近況の質と信頼度が落ちたうえ、タイミングも遅すぎる(とくにトレセン入厩馬)。同じように成績が悪くてもセゾンにさほど不満を覚えないのは、たぶん外厩馬の近況が同じ2週間に一度でも、レース前レース後のレポートや近況の内容そのものの充実度、さらには提供される動画や写真の質の差なのでしょう。
ちなみに、まったく信用できないネット情報ながら、今年はセゾンに社台系から馬の提供か?との噂あり。去年はラフィアンと合同だったツアーも、今年は別々。そういえば総帥のセゾンとの関係は、とりあえず何年かのあいだに活躍馬が出なければ契約解除もという話があったような…… 初年度は信じられないほどの好成績を残したものの、去年はほどほど、そして今年は絶不調なので、どうなんでしょう? わたしは岡田総帥のファンですが、一口馬主を続けるにあたってはやはり結果が大事。セゾンが社台から馬の提供を受けるなら、むしろ歓迎なんですけど( ̄ー ̄)ニヤ そして総帥にはラフィアンに戻ってもらうってのはどうでしょうか?

*ついでながら、4月の動画がラフィアンサイトにアップされているのに気づきました。2歳もまだ全部ではなかった(遅いよ〜!)ですが、出資馬ではポローニアとガンバの調教がアップ。
まずはポローニアから見る。う〜ん、明和の坂路じゃどうなのかよく解りません。が、一応順調そう。一緒に走ったホコモモラって誰?と近況を見ると、グリークシアターっ仔でした。こちらも順調そうな近況だったので、牝馬では進んでいるほうなのでしょう。
続いてガンバ。うむ、馬体は小さくないはずなのだけど、何だか手脚だけで走ってる感じで、少々伸びやかさにかける気が……  母父サンデーだけど、父ロージズはかたいの? もう少し全身を使ってダイナミックに走れるようになるといいんだけどなぁ。気性のほうは今のところ問題なさそうで、まだ少し頼りないけどまじめに取り組んでいるみたい。ま、これからの変わり身に期待します。

Posted by sachi at 02:22 PM | Category: HORSE | Comments (0)

April 25, 2009

パシオン……

故障で引退を余儀なくされなければグリッツァとの障害戦対決もあったかもしれない同じラヴ産駒のパシオンが、きょう東京のレースで落馬、上腕骨骨折で残念ながら安楽死処分となってしまいました。鞍上はグリッツァの手綱をとってくれていた平沢騎手。幸い騎手は大丈夫だったようで、それだけはほっとしています。
パシオンは古馬になるほどにじりじりと強くなり、獲得賞金も8000万を超え、障害戦でも期待されていました。きょうは馬場が悪く、障害2戦めの馬にはきついレースだったでしょう。競馬をずっと見ていなかったので気づくのが遅くなりましたが、本当に残念です。この世代のラフィアン馬では獲得賞金1位のレコルトに続き、2位ハーティー、3位アルビオン、4位パシオンと、3頭がラヴ初代産駒。まさにラヴ産駒の黄金時代でした。これで現役として残っているのはハーティーのみとなってしまいました。年齢的に引退馬が出るのは仕方がないけれど、お疲れさまというにはあまりに悲しい最期。凱旋門賞馬サンサンの孫という明和牧場ゆかりの血統だったパシオン、長いあいだ本当によく頑張った。安らかに眠ってください。

Posted by sachi at 02:59 PM | Category: HORSE | Comments (2)

入厩馬近況

5歳馬
ハヤトは中2週での出走に。福島も悪くはないけれど、中1週では疲れも十分取れないだろうし、新潟で結果を出してくれればOKです。勝つには枠順、馬場などいろいろ条件がつく馬(つまりはすんなり勝てない)ではあるものの、あと1つ勝つチャンスは十分にある。ふと気づくと、ラフィアンで出資したラヴ産駒もハヤトが最後の世代、田辺騎手で今度こそ勝ってもらいたいです。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、美浦で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。田辺騎手の「左回りの方がスムーズ」という助言もあり、1週待って、来週の新潟、ダート1800mに出走することになりました。週末からペースを上げ、来週1本追い切ってレースに向かいます。小西師は「トモは以前と同様に少しくたくたところがあるが、それで勝ち負けしているから大丈夫。普段からリラックスして良い稽古ができている」と話していました。

3歳馬
アリオンは次走ダート? う〜ん、またそれもどうか…… 一度惨敗してるのに。なぜ好走したレースと同じ芝1600mを使わないのか疑問でなりません。それでダメならダート短距離しかなくなるけど、まずは東京か新潟の芝1600mか1400mでは? もうこの馬に関しては、何も言いたくない。結果がすべて。結果オーライならいいですが、それは自分的にどうしても思い描けない。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、18日(土)に福島で出走し、7着でした。1番人気を裏切る意外な結果です。苦しくなったのか、走るのをやめてしまったのか、直線半ばで脚色が鈍ってしまいました。積極的に行ったとはいえ、残れるペースだっただけに不満です。調教助手は「あの流れでこの結果ということは集中力の問題だと思う」と気性を敗因に挙げていました。レース後もこれといった不安はありません。矛先を変え、次走はダート1400mあたりの条件を使う方向で考えています。

Posted by sachi at 11:41 AM | Category: HORSE | Comments (0)

April 22, 2009

鉾田滞在馬近況

鉾田滞在の牝馬2頭は相変わらず本調子に戻らない。アルデュールのほうが若い分?復帰は早いかもしれません。

5歳馬
ルーチェは右ともがしっかりしてきません。半年ほど好調を維持し、牡馬にまじってよく健闘してきたのだから仕方がないか。そのときに勝ち切れなかったのが残念。ここはじっくり立て直して、また元気な姿を見せてほしい。新潟あたりで復帰になるのかも。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田に滞在中。ウォーキングマシンによる運動で管理されています。右トモの歩様は少しずつ良化していますが、踏み込みが浅く、まだ普段の歩き方ではありません。もう少し時間が掛かりそうですが、焦らずにじっくり進めて良い状態で厩舎に送り出したいと考えています。馬自身は落ち着いていて元気もあります。

4歳馬
アルデュールは試しに騎乗してみて大丈夫そうなら乗り運動再開でしょう。もともと復帰したときの体調があまりよくなさそうだったので、気温もあがってくれば筋肉もほぐれていつものアルデュールらしさを取り戻してくれると思う。まだまだ若い馬だから、焦らなくても大丈夫。復帰したら適鞍を狙って出走し、また堅実な走りを見せてほしい。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。サンシャインパドック付きの厩舎で管理しながら、ウォーキングマシンによる運動を行っています。ようやく歩様に柔らかみが出てきました。まだ完全に筋肉痛が解消したわけではありませんが、だいぶ楽になってきているようです。あす23日(木)に騎乗して角馬場でダクを踏んでみる予定。大丈夫なら少しずつペースアップしていきます。

Posted by sachi at 07:08 PM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道滞在2歳馬近況

ラフィアンでも産地馬体検査を受ける馬が何頭も発表されました。ここ1〜2年、そうした馬が極端に減っていたように思うのですが、方針転換なのか久々の復活? が、わが出資馬のなかにはいません。早いデビューにこしたことはないとは思うけれど、産地馬体検査を受けるのは北海道開催で直接入厩→デビューということなので、むしろ牧場での急仕上げの出走が心配になったりもします(アリオンも第一次ではなかったけれどそうでした。結果は……)
ともあれ、出資馬3頭はまずまず順調。
イーガーはこの休養から昼夜放牧をへてデビュー前の調整へという過程でしょうか。今のところは大きな問題もないでしょう。最初はいいコメントが並んでいたのですが、最近はごく普通のような? ま、遅れているよりはいいけど。
ガンバは休養を終えて少し状態が上昇した模様。ピリっとしてきたということなので、これから暖かくなってのさらなる上昇に期待したい。もともとロージズ産駒に出資するつもりはなかったのですが、ロージズらしくない?馬体と母父サンデーサイレンスにふらふらっと(爆)出資してしまった馬。母父のよさがじわじわと出てきてくれればいいなぁ。
ポローニアは初めての強い調教でいいタイムを出したようで、ちょうど稲葉調教師も来場して好評価のよう。師は(馬〇がつくほど)正直なので(笑)信用してよいでしょう。評価が低いと鞍上に響きます。このまま順調にいってほしい期待の牝馬です。調教しても馬体が減っていないのがよい。デビュー時は450キロ前後かな。第2のアルデュールになってほしい。

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東・中村均(予定)……
マイネルイーガーは、ビッグレッドファーム明和で休養中。放牧地に空きが出たため、この中間に普通放牧へ移行しました。間もなく始まる昼夜放牧も経験させたいと考えており、これに耐えられる体力や体質が備われば、入厩へ向けての仕上げの調教にも耐えられるようになるでしょう。馬体重は503キロあり、まだまだ成長しそうです。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東・宮本博(予定)……
マイネルガンバは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。通常ペースに戻して乗り込まれており、左前を気にする様子はまったくありません。最近は気持ちがピリッとしてきて、うるさい面を見せるようなってきました。競走馬としての自覚が芽生えてきたのでしょう。それに伴って動きも少しずつ上向いています。並行して行っているゲート練習も順調で、スムーズにスタートを切れるようになるまでもう一息です。馬体重は480キロ。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン 美浦・稲葉隆一(予定)……
マイネポローニアは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。13日(月)に終い重点の追い切りを消化。2番手の追走から脚を伸ばし、先頭を走っていた3歳未出走馬のコスモスイレンに迫り、4ハロン55秒のタイムでフィニッシュしました。これには見学に訪れていた稲葉師も「動くね」とにんまり。今回の調教で一本調子のイメージが薄れました。強い負荷をかけたのが初めてだったわりには反動がなく、その後も順調に乗り込めています。夏を越してさらに良くなるでしょう。馬体重は467キロ。

Posted by sachi at 06:29 AM | Category: HORSE | Comments (2)

April 20, 2009

セゾン馬、早くも産地馬体検査!

あすあさっての産地馬体検査を受験する馬がHPにリストアップされました。
そのなかに、なんとDカトラスが入ってました*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*. 
馬体が小さくて心配した馬ですが、仕上がりは結構早いようで、これは楽しみ。
ラフィアン馬が相変わらずのっそりのっそりと育成してるので、せめてセゾン馬のデビューが早いと一口馬主ライフにも活気が出ます。早期デビューと成績とは必ずしも結びつかないとはいえ、早くデビューできるのは遅いより当然よい。どうか順調にいってくれますように。

2009/04/20
--------------------------------------------------------------------------------
産地馬体検査受験馬のお知らせ
--------------------------------------------------------------------------------
4/21・22に行われる第1回北海道地区・産地馬体検査を下記の5頭が受験する予定ですのでお知らせ致します。

ドリームバレンチノ
ドリームモモタロウ
ドリームラブソング
ドリームカトラス
ドリームセーリング

Posted by sachi at 05:52 PM | Category: HORSE | Comments (0)

April 18, 2009

アリオン、またやっちまった

懸念した通りのレースで、エンジンかからずじまいの6着 orz

4/18(土) 福島4R 未勝利 3歳 (馬齢) 芝1800m 16頭 発走:11:10 天候:晴 芝:稍重
7着 3枠 6番 マイネルアリオン 牡3 56.0 木幡初広 1:51.0 1 36.7 476 +2 稲葉隆一 1/16人気

不器用な馬だから小回りはダメでしょ。せっかく距離短縮で前走変わり身を見せたのに、また成績が悪かった1800mに戻して…… この馬は輸送にも弱そうだし、稍重も不得意かもしれない。しかしそれ以上に、きょうは走る気がなかったのでは? パドックでは解説者がよい気配と言ってましたが、わたしには集中力を欠くように思えた。3角からもうムチを入れているのを見て諦めました。
だから中山にしておけばよかったんですよ。なんで前走好走した条件をわざわざ見過ごすかなあ。また掲示板も確保できずでは、勝ち上がりすら再び怪しくなった。次は東京か新潟の1600mで……といっても、この成績だと思ったレースに出られない(T_T) 調教過程も問題ありじゃないですか? ポリトラックで追ってよい結果が出たことがないような。この馬はたぶんマイラーです。坂路で追いましょうよ、坂路で。

騎手コメント:from Race Courseより
「アリオン」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
木幡騎手「3コーナーであんなに手応えが悪くなると思わなかった。不真面目でいったんは走る気をなくしたが、気合いをつけたらハミを取り直した。そこで何とかなるかと思ったが、ゴール前で止まってしまった。稽古の感触が良かった。もっとやれると思っていたのだが」

うむ、コメントのしようもありません。今回の凡走は、木幡騎手のせいじゃないし。集中力の問題もあるし、やっぱり1800mでは長いのでしょ。これでまた焼き直しのレース・レポートが来週の金曜日かと思うと、まったく嫌になる。全般にこれだけ成績が悪いのだから、せめて会員サービスくらい元のレベルに戻してほしいものです。

Posted by sachi at 11:48 AM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

5歳馬
ハヤトはレース後も大きな疲れはない模様。中1週で福島か中2週で新潟か。いずれにしろ、調子落ちせず順調なら、今度こそ決めてくれるでしょう……か? グリッツァ引退のあと、愛するラヴ産駒の三男として、いいところを見せてほしい。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、12日(日)に福島で出走し、2着でした。またしてももう一歩という内容。内から外へ持ち出し、直線で勝ち馬に一完歩ずつ詰め寄ったものの、2馬身近くまで迫ったところがゴールでした。道中で動けていればというレースです。馬場を問わずに安定して走れるのは強みでしょう。今回のレース明けも大して疲れが出ませんでした。次走について小西師は「まだ決めていないが、中1〜2週で使えると思う」と話しています。

3歳馬
アリオンは目一杯には追わなかったということで、タイムは気にしても仕方がない。木幡騎手にも「あてにならないタイプ」と言われたように、次は決めなければいけないところですが何とも言えません。要は馬の走る気次第かな。相手が相手だけに、今回は何としても勝ってほしいけど、ま、今回だめでも未勝利戦は順番で勝てるチャンスがきそうな感じ……

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、18日(土)、福島4Rの芝1800mに出走します。追い切りはMフェスタにリードしてもらい、直線で馬体を併せて併入するもの。目一杯には追わず、気を抜かせないように意識して最後までしっかり脚を伸ばしました。跨った木幡騎手は「動きは良かったけど、あてにならないタイプだからね。でも状態は良さそう。最後まで集中力が途切れさせないようにレースを運びたい」と話していました。前走時に比べればかなりメンバーが落ちました。実力通りなら、ここは楽に通過して欲しいものです。

Posted by sachi at 06:25 AM | Category: HORSE | Comments (0)

April 17, 2009

アリオン、1番人気かな?

いくつかのブログに、これ以上のぞみようがないほど相手関係が楽そうなことを書いてありますが……

4/18(土) 福島4R 未勝利 3歳 (馬齢) 芝1800m 16頭 発走:11:10
1 1   ○ コスモピグマン 牡3 56.0 田中博康 伊藤伸一
1 2     カネスアドラシオン 牡3 53.0 ▲丸山元気 根本康広
2 3 △ ▲ リワードボーガン 牡3 56.0 大野拓弥 藤原辰雄
2 4 △   コアレスミューズ 牡3 54.0 △丸田恭介 佐々木晶
3 5 ▲   クリールエイト 牡3 56.0 石橋脩 相沢郁
3 6 ◎ △ マイネルアリオン 牡3 56.0 木幡初広 稲葉隆一
4 7     ロマンチックデス 牡3 56.0 生野賢一 音無秀孝
4 8 △   ヴィーヴァシャトル 牡3 56.0 小野次郎 阿部新生
5 9     エリモポリス 牝3 54.0 古川吉洋 田所秀孝
5 10     シルクナトゥール 牡3 56.0 安藤光彰 山内研二
6 11     テラモマルゼン 牡3 56.0 丹内祐次 柴崎勇
6 12 ○ ◎ トーセンエシェゾー 牡3 53.0 ▲小野寺祐 後藤由之
7 13     スリーコマンド 牡3 56.0 柴原央明 藤岡範士
7 14     トーセンクリュグ 牡3 56.0 赤木高太 古賀史生
8 15     トーアミステリー 牝3 54.0 中舘英二 武藤善則
8 16     シーアンムーン 牝3 54.0 飯田祐史 小桧山悟
(印はnetkeiba.com)

たしかに過去の成績を見ると、ここで勝てなければどうしようもないという感じのメンバー。
できれば好走した前走と同じ条件で出走してほしかったけれど、とりあえず1つ勝たないことには話になりません。このレース選択が吉と出ることを祈るばかり。さすがにここで中舘マジックの炸裂はないでしょうね? 頑張れアリオン&木幡騎手!!!

Posted by sachi at 05:06 PM | Category: HORSE | Comments (0)

アリオン、福島で出走確定

木幡騎手で福島での出走が確定しています。

4月18日(土)
福島 マイネルアリオン 4R 3歳未勝利 木幡初広 56 芝1800m 11:10 16頭

調教時計
4/15 木 幡 美南P 良 - - 81.5 65.3 50.6 37.1 12.6 4 G前仕掛け
 マイネルフェスタ(古500万)強目の内を追走同入

騎乗予定の木幡騎手が調教で手綱をとってくれたのは嬉しい配慮です。しかし時計はポリトラックにすれば平凡かな。輸送があるからか、軽目の追い切りのよう。それでもマイネルフェスタを追走して同入はしているのですが、不器用で小回りが不得意とすれば、ちょっと心配。

Posted by sachi at 05:42 AM | Category: HORSE | Comments (0)

April 16, 2009

セゾン馬近況

3歳馬
ピクシーは悪い意味でそのままの状態が続いているよう。しかし、畠山調教師が「しっかり立て直してもらって使っていく」と言ってくれているのは心強い。北海道開催での復帰と言っても、もうそれほど長い時間はありません。これから昼夜放牧でともの状態が改善してくれることを祈るだけです。もうほとんど諦めてはいるものの、ともさえ1年前の状態に戻れば、何とかなるかもしれません。1年ちょっと前に出資して、1度は走ったものの、まだ競争馬になったという実感がないまま。なんとか再デビューできればいいね。頑張れピクシー!

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム・エルフ分場] ■2009/04/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム・エルフ分場で休養中。普通放牧されています。特に変わった様子はなく、トモの状態も「平行線」と表現せざるを得ません。今後予定している昼夜放牧を経て改善に向かってほしいところです。中間来場した畠山調教師は「しっかり立て直してもらって使っていきたいと思います。復帰は北海道開催あたりでしょうか」とコメントしていました。

2歳馬
2歳馬は比較的順調のようで、「早期デビュー」の言葉も聞かれましたd(^-^)! ピクシーが長い休養のあと、たった一度走っただけでまた放牧になってしまったので、2歳が早期デビューしてくれると、とても嬉しい。楽しみでなりません。
Dカトラスは小柄だったし、最初のころの近況は目立つものではなかったので少し心配していただけに、ここ数回のコメントには笑みがこぼれます。やっぱりデュランダルの血をひいてるんだなぁと実感できる近況に、むふふ。切れ味鋭い末脚を発揮してくれるといいなぁ〜 もうその場面を思い描いてしまう自分がいます(^o^) アハハ
Sパステルはおてんば娘のよう。元気がありあまっている跳ねっ返りですね。でも休養もせずにずっと乗っていて大丈夫なんだろうか。高木調教師は開業間もないのに成績もよく、期待をかけています。
Sベニングはここにきて少しコメントがよくなりました。馬体は大きいほうではないけれど、何より体力十分は頼もしい。ピッチ走法で走る馬らしいので、やはり短距離でしょうか。この馬もこれから強い調教をしてさらに良化すれば、早期デビューがあるかもしれません。
Dバスケットは、休養中ながら他の馬と一緒に走りたい様子。調教中の馬がクーリングダウンしながら坂をおりてくるのを見て、自分も追いかけていくなんて、なんだか幼稚園の子供みたいで、超かわいいっす(^^;; 休養があければ、この仔もいよいよ本格的な強い調教に。他の馬と同様、順調にいってほしいものです。
以下、セゾン公式HPより。

ドリームカトラス [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/04/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1〜2本キャンターで運動しています。馬なりで乗っているぶんには頼りなさを感じるのですが、いざ気合いをつけると途端に動きが変わります。スイッチが切りかわったかのように鋭く反応するのがこの馬の長所です。スピードも上々で、このまま順調にいけば早期デビューも視野に入ってきます。

サマーパステル [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/04/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1〜2本キャンターで乗り込まれています。騎乗前はだいぶおとなしくなり落ち着いてきましたが、跨るとテンションが上がります。追い詰められて気負うのではなく、元気があってやんちゃというかんじのうるささです。中間来場した高木調教師の前で併走調教を披露。併せた際に併せた相手が走ったぶんだけこの馬も伸びるという内容でした。高木調教師は「まだギアを隠し持っていますね」と評価していました。走るほうに集中すればさらに良い動きができそうです。

サマーベニング [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/04/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1〜2本キャンターで乗り込まれています。ペースをあげたところ、だいぶ動きがピリッとしてきました。大きくはない馬体にもかかわらず体力は十分。2本目も回転の速いピッチ走法でしっかりと駆け上がります。騎乗したスタッフも「スピードが最後まで衰えません。良い走りです」と高評価を与えていました。今後、さらに負荷を強めていくうちにさらに良化が見込めるでしょう。

ドリームバスケット [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/04/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームに滞在中。普通放牧を行っています。他馬が坂路を駆け上がっていると放牧地の柵沿いまで走ってきて眺めています。頂上まで上りきった馬たちがダクで降りていく際には柵越しに併せるように走っていきます。走りたいという前向きな気持ちがあるのは大いに評価できます。当面はもう少し休養を続ける予定です。

Posted by sachi at 04:59 AM | Category: HORSE | Comments (0)

April 15, 2009

今週の出走予定馬

福島でアリオンが前走と同じ鞍上、木幡騎手で出走予定。

福島競馬場
マイネルアリオン 18日(土) 4R 3歳未勝利 木幡初広 芝1800m

やはり福島にしたのは木幡騎手の都合でしたかねえ。
前走と同条件ではなく、鞍上をかって福島にしたのが吉と出るか凶と出るか……
前走は展開に助けられた気もしますが、3着馬はすでに好タイム(NZTのマイネルエルフと同タイム)で勝利。アリオンが出走していたらどうだったろう、負けてたかな? なぁんて思ってもみても意味なし。馬の状態がよくなっているなら、福島での勝利もあるかもしれませんが、条件が違うので、そうは問屋がおろさないに一票。なにしろ落日のラフィアン。相馬はおろか、馬運もセンスもないトップの決断はことごとく裏目に出る。木幡騎手で何とか早く勝ち星をあげてほしいものの、どうもその勝利を想像できません…… アリオンが落日のラフィアンの呪いを振り切る強運の持ち主(馬)でありますように。

Posted by sachi at 07:44 PM | Category: HORSE | Comments (0)

グリッツァ引退(T_T)

本日の近況の臨時更新で、引退のアナウンス。
なんということを。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、11日(土)、阪神で出走し、12着でした。たすきコースでリズムを崩し、その後の向正面の飛越で遠くから踏み切ってしまい、ずるずると後退。大きく離されてゴールする内容でした。レース後、左前脚が腫れと熱を持つため、15日(水)、エコー検査を行ったところ、深屈腱不全断裂で能力喪失の診断が下され、引退することになりました。長い間ご声援ありがとうございました。

いまやおかしな出走をさせたクラブに対する怒りより、悲しさしかありません。
命があっただけでもましなのか、それとも同じことなのか……
あれほど障害戦でいいところまで行っていたのに、そもそもダート戦になど出走させたばかりに、この結果。しかもたとえ中山での出走がかなわずとも、東京開催まで待っていればよいものを…… 平沢騎手とのコンビで障害戦勝利の夢もついえました。去年の無駄な鉾田滞在から始まって、クラブには責任を取れと言いたいところですが、障害馬に故障はつきものだし、仕方がないと諦めるしかないのでしょう。悪態をついたところで、鈍感な輩に何を言っても伝わりようがないですから。グリッツァは、まじめな馬だけど、どことなくひょうきんで憎めないヤツだった。これまで長いこと頑張ってくれてありがとう。あとがどうなるのかも不安ですが、できるかぎり長く生きていてほしいです。

Posted by sachi at 07:33 PM | Category: HORSE | Comments (2)

鉾田滞在馬近況

鉾田送りとなった牝馬2頭は、笹針のあとも一向に状態が上向く気配がなく、相変わらず調子が悪そう。これが鉾田効果ですか…… もう少し様子を見て、本格的な立て直しが必要なら北海道でやってほしい。鉾田の存在意義は立て直しにあるのではないはず。しかしその北海道の牧場にしても、人材不足のせいかどうか分からないけれど、いまや育成、調整ともにあやしい。とにかく所属馬の回転が非常に悪く(フォーグも春の入厩のはずが6月に)、間に合わせで中途半端に出走させては、グリッツァのように悲惨な結果を生むばかり。この1年、厩舎にいるときしか信用できないクラブだとは思っていたけれど、クラブの言いなりの厩舎ではそれも疑問多し。きょうはそれ以上のコメントは不可。

5歳馬

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。舎飼いを経て11日(土)からウォーキングマシンでの運動を開始しています。久しぶりの屋外で初日は暴れるかと予想していましたが、まったく逆でとても大人しくしていました。ただし、問題のトモ(特に右)はいまもしっくりこない感じです。笹針で一息入れた効果については何ともいえず、しばらく様子を見ていきたい考え。

4歳馬

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。サンシャインパドック付きの厩舎で管理しつつ、日に一度は運動不足を防ぐためにウォーキングマシンを使用してたっぷり歩かせています。楽をさせてしばらく経ちますが、まだ筋肉痛が解消しません。先週末の触診でも背中やトモ(いずれとも右側)を嫌がる素振りを見せていました。立て直しにもうしばらくの時間がかかる見込みです。

Posted by sachi at 07:29 PM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道滞在馬近況

きょうは臨時更新を含め、更新が多いです。しかも内容が……
まずはきのうの更新のフォーグから。

5歳馬
フォーグは不可解な骨折のあと、なかなか復帰できません。5月には入厩できるかと思っていましたが、6月? 去年優勝した谷川岳Sは諦めていましたが、復帰戦の目処もまだ立ちません。コメントも、なんだか順調さを欠いています。一方では馬体重が増大の一途。30キロ以上も増えているのは、これまた…… 焦って乗り出しては逆戻りが二度で、いまや鉾田ばかりか北海道の牧場の調整過程にも大きな疑問がわいてきます。一番充実した年齢を迎えているのに、はがゆいばかり。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。前さばきの硬さを来場した宮師に確認してもらったところ、「トレセンでもゴツゴツする馬。この程度なら許容できる」との答えが返ってきました。これを受けて少しずつペースを上げています。スピードが出ているときに手前を替える際、四肢同士が接触することから、プロテクターを装着しました。6月あたりの入厩になるのではないかと想像しています。馬体重は493キロでした。以前よりも首周りに肉が付いています。

Posted by sachi at 07:27 PM | Category: HORSE | Comments (0)

April 12, 2009

ハヤト…らしくまた2着orz

う〜む、やっぱり今回も2着でした。

4月12日(日) 福島12R サラ系4歳以上 1700m ダート・右 4歳以上500万円以下 定量 発走 16:30 天候:晴 ダート:良
2着1枠 1番 マイネルハヤト 牡5 57.0 田辺裕信 1:47.7 1 3/4 37.8 492 0 492 0 小西一男 2/14人気

最後の直線はよく追い込んだのですが、前半ずっと包まれて前に出られなかった。
勝ち馬の中舘騎手は3角からうまく追い上げ、4角ではほぼ先頭に立つ勢い。ハヤトもじりじりとは追い上げたのですが、4角ではまだ中団で、ここから外に出して本格的にエンジンがかかったのは直線の真ん中くらい。小回りだけに1枠で包まれるとつらいのもあるけど、それでもうまく外に出してまくっていけるかどうかが、やっぱり騎手の腕の見せ所なのかなぁ。
ハヤトくん、ずいぶん使い詰めてます。そろそろ決めないと疲労が蓄積して調子落ちしそう。きょうは勝った馬にうまく乗られてしまったので、仕方ないけど、次は? 次こそお願い。そしてご褒美の放牧に出してもらおうね!
それにしても毎回、飼い葉代を稼いできてくれて、まじめで偉い孝行息子ですよハヤトは。この調子だと、500万下のままで獲得賞金4000万に迫る?(笑) ちなみにルーチェは1勝馬で4545万、アルデュールも2勝馬で4723万、いやはや、まさにラフィアンの醍醐味!?(爆) しかし3歳世代以下は、それも期待薄か……・?

騎手コメント: from Race Courseより
「ハヤト」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
田辺騎手「奇数枠でゲートにいる時間が長くなると出ていかなくなる。福島で勝っているが、右まわりだと道中もたつく面が出てしまった。申し訳ありません」

はあ、たしかに前半、行きっぷりもよくなかったです。わたしは疲れがたまってきたのかと心配しました。でも、最後の追い込みはすごかったから、まだ大丈夫と思いたい。今度こそ、お願いね〜 中舘騎手がいないときがいいな(笑) それとも、1回だけ中舘騎手とCHANGEしてみる?(^^;;  いやいや、最近、何かとぼやきが多いナベヒロくんだけど、ここまできたら勝つのはやっぱりナベヒロくんで!

Posted by sachi at 05:03 PM | Category: HORSE | Comments (2)

心機一転、きょうはハヤトに頑張ってもらわねば

きのうのグリッツァはまことに残念な結果となってしまったけれど、馬はリズムを崩しただけで無事のよう。やれやれ。グリッツァも6歳でこんな出走を繰り返していると引退の字が目の前をちらちら。しかし、それはクラブのレース選択が愚かなせい。いいかげんに口出しをやめて郷原厩舎に任せてください! 出走間隔があいてもとやかく言わないでください!!!

きょうは心機一転、ハヤトで勝利を!!!

4/12(日) 福島12R 500万下 4歳上 (定量) ダ1700m 14頭 発走:16:30
1 1 ○ ◎ マイネルハヤト 牡5 57.0 田辺裕信 小西一男
2 2 △   エクストラポイント セ4 57.0 田中博康 斎藤誠
3 3 △   エアシャムス セ5 54.0 ▲小野寺祐 伊藤正徳
3 4     テイエムチーター 牡4 55.0 △丸田恭介 岩元市三
4 5     セイウンホウジョー 牡4 57.0 赤木高太 水野貴広
4 6     コアグリーン 牡4 57.0 西田雄一 相沢郁
5 7 ▲ △ メルシーコバン 牡5 57.0 北村友一 湯窪幸雄
5 8     ドンブレイカー 牡5 57.0 的場勇人 藤岡健一
6 9 ◎   ナリタベガ 牡6 57.0 中舘英二 藤沢則雄
6 10 △   シルクヘラクレス 牡5 57.0 太宰啓介 田島良保
7 11   ○ イースタンリバー 牡4 57.0 津村明秀 鈴木伸尋
7 12   ▲ ナムラウシワカマル 牡5 57.0 小野次郎 田村康仁
8 13     ハードトゥセイ 牡4 57.0 鷹野宏史 二ノ宮敬
8 14     ラッシュモア セ5 57.0 松田大作 笹田和秀
(印はnetkeiba.com)

最内枠なので包まれてしまうか、それともナベヒロくんがうまくさばけるか−−勝利はそこにかかっているような? 
あぅ〜 一番人気に押されそうな馬が、ローカルの鬼、中舘騎手ですか。でも実力ならハヤトも負けていないはず。そろそろ勝ってもいいよ、ハヤト〜 人馬ともに頑張れ〜!!! 津村騎手の馬に負けるな!(笑)
ちなみに、朝7時半の段階でハヤトは1人気♪ 人気に負けないで結果を出してくださいよ! 冷静なナベヒロくんだから、きっとやってくれるでしょう。

Posted by sachi at 07:34 AM | Category: HORSE | Comments (0)

April 11, 2009

あぁグリッツァ……

案の定、また慣れない阪神、慣れない騎手で惨敗。

4月11日(土) 阪神3R 障害4歳上 ○混(定量) 障2970m 14頭 発走:11:30 天候:晴 芝:良 ダート:良
12着 2枠 2番 マイネルグリッツァ 牡6 60.0 金折知則 3:25.5 大差 494 +2 郷原洋行 4/14人気

だから言わんこっちゃないんです。
完走はしたものの、途中で飛越のあと腰か脚を痛めたのではないだろうか。それだけが心配。
ダート戦なんかに出走したおかげで、得意の中山でも、そしてこの分では東京でも出走がかなわなくなりそう。とにかくレース選択が悪すぎ。クラブはどこまで出資者の利益を損ねたら気がすむのか、またまた怒りを覚える。クラブにとっては何10頭のうちの1頭かもしれませんが、出資者にとってはただ1頭の馬。障害馬はただでさえ機会が少ないのだから、狙ったレースにきちんと出せるよう態勢を整え、好走できるかどうかやそのあとのこともよく考えて出走させるべき。東京で平沢騎手での惨敗なら納得もいくが、今回、わざわざ阪神まで遠征した理由が分かりません。ただ出走そのものにこだわって、間に合わせで遠征させたとしか思えない。また無駄なレースで次の出走までの見通しも立たなくなりました。
とりあえずグリッツァが無事ならいいのですが…… 

厩舎コメント: from Race Courseより
「グリッツァ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
郷原師「たすきコースの障害飛越の際に、小脚を使えず遠目から思いっきり跳んでしまい、それでリズムを崩したと報告があった。障害は一度リズムを崩すと立て直すのが難しいし、馬群から遅れたのでジョッキーも諦めてしまったようだ。馬混みも得意な方ではないから、序盤で外に出せれば良かったのだが…」

やはり。だから好位先行できる中山か、せめて東京ならとずっと待っていたのに、わざわざ阪神などへやったのが敗因ですよ(きっぱり!) 本当にこらえ性がないというか、この馬のことをまったく分かっていない誰かが、出走だけにこだわって阪神遠征をごり押ししたのではないのでしょうか(妄想ですが) 郷原師が阪神遠征を決めたとは思えません。決めたのはクラブでしょう。この厩舎に対しては意のままに操ってますから。しかし、それでは成績など上がるわけがない(怒)

Posted by sachi at 11:56 AM | Category: HORSE | Comments (2)

グリッツァ、低人気に負けずに頑張れ!

6〜7番人気というところでしょうか。実績からすればもう少し上でもおかしくないんだけど、障害復帰戦だし、掲示板ならよしとしましょう。でもあっさり勝っても文句はありません。桜花賞の週、阪神の桜がグリッツァに華を添えてくれますように!

(PENTAX K10D+FA☆85mm F1.4 [IF])

Posted by sachi at 08:41 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

April 10, 2009

入厩馬近況

6歳馬
東京開幕週でも出走できるとは限らない、阪神への出走ももともと想定していたというなら、前もってそう書くべきでしょう。口取りはほとんど申し込んだこともありませんが、そうしたい人など、これでは予定が立ちません。こういうクラブの情報提供には苛立つばかりです。ダート戦出走の失敗があとあとまで大きく響いていることも、クラブは反省してほしい。とにかくグリッツァの健闘を祈るのみ。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、11日(土)、阪神3Rの障害未勝利・直線ダート2970mに金折騎手で出走します。中山での出走が節(レース間隔)が足りずに難しく、再来週の東京開幕週も確実に出走できるとは限りません。もともと阪神への出走も想定しており、体もできていることから急遽こちらへ回ることになりました。稽古を付けている平沢騎手は「踏み切りのタイミングはだいぶ合ってきたので飛越は大丈夫だと思う」と述べており、あとは実戦でどうかといったところでしょう。キクノインプルーヴが強敵です。

5歳馬
ハヤトは好調を維持しているようなので、そろそろ本気で勝ち負けを期待します。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、12日(日)、福島12Rのダート1700mに田辺騎手で出走します。調子が良さそうです。併せ馬でやる気になってしまったせいもありますが、追い切りは指示していたよりも早い時計でゴールを駆け抜けました。小西師は「最後まできっちり伸びていて、この馬にしてはスカッとした動きだった」と笑顔でした。特別登録はせずに平場一本での出走となりましたが、目論み通りメンバーも分散して比較的楽な相手になったように思えます。福島コースも4走中2着2回、3着1回と実績は十分。勝ち負けを期待しています。

3歳馬
アリオンは今週も元気なら、中山で出走してほしかった。福島のほうが勝算があるのなら、それはそれでいいけれど、騎手の都合ならそう書いてほしいもの。木幡騎手に期待します。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。坂路とニューポリトラックを中心に乗り込まれています。終いの3ハロンを加速した8日(水)の追い切りも良い動き。レースの疲れがないようで快活な印象を受ける走りでした。レースを消化しても柔らかな動きのままです。乗り手に「シャープな感じは足りない」と指摘されるものの、手先の少々の重たさは特徴だけに仕方ないでしょう。福島2週目の芝1800mに木幡騎手で出走する予定です。

Posted by sachi at 07:44 PM | Category: HORSE | Comments (0)

グリッツァ、無印?

実績は上位のはずなのに、阪神では無名だからかな……

4/11(土) 阪神3R 未勝利 障害4歳上 ○混(定量) 障2970m 14頭 発走:11:30
1 1   △ ハマノオラトリオ 牡4 59.0 熊沢重文 服部利之
2 2     マイネルグリッツァ 牡6 60.0 金折知則 郷原洋行
3 3     フジヤマワンダー 牡4 59.0 高田潤 小崎憲
3 4   ○ オートホーク 牡4 59.0 出津孝一 沖芳夫
4 5 ○ ◎ ツアーデフォース セ6 60.0 今村康成 松永幹夫
4 6 ▲   アイアングリーン 牡4 59.0 林満明 坪憲章
5 7 △   メルボルンシチー 牡8 60.0 穂苅寿彦 嶋田功
5 8 ◎   キクノインプルーブ セ5 60.0 北沢伸也 藤岡範士
6 9     エーシンダボーブイ 牡4 59.0 西谷誠 野元昭
6 10 △   スリーアトラス 牡6 60.0 小坂忠士 武宏平
7 11     ゴールドヘラクレス 牡4 59.0 水出大介 中川公成
7 12 △   コアレススイフト 牡5 60.0 石神深一 高橋裕
8 13   ▲ メイショウカレン 牝6 58.0 植野貴也 安達昭夫
8 14 △   ヤマカツマドンナ 牝5 58.0 岩崎祐己 福島信晴
(印はnetkeiba.com)

相手関係を見ると、初障害戦の馬もいるし、前走で掲示板の馬すら少ないというのに、グリッツァの印はうすいです。平地でも走ったことがない阪神ですから、障害コースとなるとなおさらか。
力はあるはずなので、せめて中山か東京で復帰させたかった。人気よりは上にきてくれると思いたいけど、クラブが去年鉾田に出してからもう半年以上、ちぐはぐなことばかりして馬の能力をつぶしているので、あまり期待はできません。出資者と馬にとってもっと利益となることをやってください>クラブ このままでは障害デビュー以来、あんなに一生懸命に頑張ったグリッツァ、お世話してくれている郷原厩舎、名コンビの平沢騎手に申し訳ないです。

Posted by sachi at 06:05 PM | Category: HORSE | Comments (0)

April 09, 2009

え〜っ、グリッツァ阪神?

なんと、今週の出走確定馬にグリッツァの名が……

4月11日(土)
阪神 マイネルグリッツァ 3R 障害未勝利 (混) 金折知則 60 ダ2970m 11:30 14頭
4月12日(日)
福島 マイネルハヤト 12R 4歳以上500万下 田辺裕信 57 ダ1700m 16:30 15頭

中山ではなく、何と阪神。本当にがっかりです。
どうしてあと2週待って、東京で平沢騎手を鞍上に出走してくれないのかなあ。
阪神という走ったことのない馬場で、騎手もテン乗り。結果が出せるとは、あまり思えない。金折騎手って?とサクサク検索したところ、今年はまだゼロ勝……orz これでまたまたレース間隔があきそうな悪い予感。
いったい誰がレースを決めているのですか? 個人的には阪神の障害よりまだ福島の芝のほうが納得できるのですけれど。わざわざ関西へ遠征して、障害戦でもレベルの差、ペースの違いを思い知らされた前回の京都での出走を忘れたのでしょうか? ほんとにこのクラブはストレスがたまる。
思えばグリッツァは秋山厩舎からずっとです。そういう運命の馬かもしれません。カワイソ。まあ、復帰戦でもあり、とにかく故障だけはしないように無事回ってきてくればいいわ。もちろん3着以内なら少しは嬉しいけど、もはや力が抜けました。それにしても障害の練習はいつ? きょうやったんでしょうか? こういう場合も、金曜の夜7時すぎなどではなく、水曜か木曜にレース前の説明コメントがほしい。それがあるのが普通ではないの? 少なくとも阪神遠征も視野に入れているなら、近況にそう書くべきだしね。
ハヤトは今度こそ頑張って、いい結果を出してほしい。追い切りも普段通りなので、あとは相手関係と枠順かな。頑張れ〜!

*きのうはエルフの鞍上に目をむいたのですが、蓋をあけてみれば抽選除外馬から回ってきたらしい蝦名ジョッキーの名が。ほーっ、やれやれです。しかしESPの発動はなしでお願いしますよ……とまあ、出資もしていないのに、NZTはラヴゆかりのレースでもあり(蝦名騎手でエルコンドルパサーとスギノキューティーに負け3着)、エルフはお仲間の出資馬なのでわがことのように力が入っちゃいました(爆)

Posted by sachi at 05:33 PM | Category: HORSE | Comments (2)

今週の調教時計

アリオン、ハヤト、グリッツァが時計を出しています。

マイネルアリオン
 4/8 助 手 美南坂 良 - - - 53.4 39.0 25.9 12.7 - 馬ナリ余力
マイネルハヤト
 4/8 助 手 美南P 良 - - - 65.7 50.8 36.9 12.3 6 馬ナリ余力
 シナトラ(三未勝)一杯の外に先行0.4秒先着
マイネルグリッツァ
 4/5 助 手 美南P 良 - - - 71.3 54.8 41.4 14.7 4 馬ナリ余力
 4/8 助 手 美南P 良 - - - 68.7 53.8 39.5 12.6 6 馬ナリ余力

アリオンは出走がまだ先なので完全に馬なり。
ハヤトもいつも通り。輸送があるし、この馬はこれでよし。頑張れ〜
グリッツァは出走間隔があくうえいつ出走できるか分からないので、調整にも苦労しますが、好調はキープのよう。早く出走させて〜 障害がダメなら芝1800mでも?

Posted by sachi at 05:28 PM | Category: HORSE | Comments (0)

鉾田滞在馬近況

5歳馬
牝馬2頭はともに「疲れがたまっていた」とのことで、先週のアルデュールに続き今度はルーチェが笹針。これで次のレースは未定になってしまいましたが、治療のあと元気になって調教再開ができるようになる日を心待ちにしています。ルーチェは剥離骨折の手術のあと、わりと長期に鉾田に滞在しても大丈夫だったので(調教をやりすぎて馬体はガレてましたが)、ある程度、慣れた厩務員さんもいるでしょうし、鉾田だからと言って心配する必要はあまりないと思いたい。とにかく休養、そして基礎体力の回復を目指してほしい。調整はやりすぎないよう、厩舎に任せてくださいね(こればっか言ってますが。苦笑)

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。坂路で乗ってましたが、以前ほどの素軽さがなくトモが緩いままで力がこもってきません。診察した獣医は「疲労がたまっているのではないか」との見解で、それを受けて3日(金)に笹針治療を全身に行いました。特に右トモが悪かったようです。5月上旬のレースについては白紙に戻し、しばらくはサンシャインパドックが併設された厩舎で管理していきます。

4歳馬
アルデュールは馬体の疲れが少し回復したでしょうか。まだウォーキングマシンだけですが、右半身の疲れはデビューしたての頃にもあった記憶あり(ん? それはルーチェだったか)。徐々に回復してきたようなので、これから順調に調整が進むことを願っています。もともと仕上がりは早い馬。1000万下は3着までに入らないと次の出走がなかなか厳しくなりますが、早く元気もりもりになって競馬場で会いたいものです。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。ウォーキングマシンによる運動を行っています。運動を始めた当初は右肩の周囲と右の尻あたりを中心に変な汗をかいていました。右半身を中心に疲れがたまっていたものと思われます。飼い葉はしっかり完食しており、曳き馬の際もキビキビ動いているように元気はある様子。無理せず、もうしばらくはこのまま騎乗せずに疲労回復に専念させます。

Posted by sachi at 06:23 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

グリッツァとハヤトが予定しています。

中山競馬場
▼マイネルグリッツァ 11日(土) 4R 障害・未勝利 (混) 未定 ダ2880m
福島競馬場
マイネルハヤト 12日(日) 12R 4歳以上500万下 田辺裕信 ダ1700m

が、グリッツァは残念ながら除外対象。
ダート平地に出たことが悔やまれてなりませんが、まずは元気でいることが第一。
次週には出られるのか、出られないのか…… 出走に関しては、元の秋山厩舎でもかなりちぐはぐな扱いを受けて出走数が少なかった不運な馬。しかし逆に数を使われていないので馬が若いということもあるかもしれません(アルビオンにも言えたこと)。ここは状態を維持して、万全の態勢で障害復帰をしてほしいもの。
一方のハヤトは、福島での出走がほぼ決定のようです。鞍上は手慣れた田辺騎手。ナベヒロくんはこのところ頑張っていて、成績も去年よりいいので、今度こそ決めてほしいです。勝ち上がって上のクラスで通用するかどうかはともかく、ハヤトには久々に勝利を期待。

*ところで、鞍上が誰になるのか注目していた土曜の中山NZTに出走のエルフですが、な、な、なんと丹内騎手!? GIIで実績もある馬なのに、ちょっと信じられない采配ですね。いくらなんでも、これは……。確実に出走できるのが分かっているのに、いったいどうしてそんなことに??? 松岡、三浦騎手にはそれぞれお手馬がいるから仕方ないにしても、丹内騎手なら、乗り慣れた津村騎手のほうがなんぼかまし。なのに確保できなかったの?……と思ったら、今週から始まる福島なのね。
あれだけたくさんラフィアン馬に騎乗させてもらっているのだし、過去8戦のうち5戦もエルフに騎乗しているのだから、津村騎手はエルフのためだけに中山で乗ってもいいくらいでは? それができないならエージェントと仲良くする意味もない。逆にどの馬にも見境なく松岡・津村・三浦(石橋脩)ばかり乗せて他の騎手との関係をおろそかにしてきたから、いざというとき他の騎手を手配できないのでしょうか? あるいは上位騎手はともかく、中堅の騎手の多くからもそっぽを向かれているとか? それともまったくエージェントの言うなりだったりして? 抽選にはずれた馬に騎乗予定の騎手が回ってくればいいけど、そういうわけにはいかないんでしょう。たしかに丹内騎手は現時点の成績では津村騎手よりちょっとだけ上。それにしても、非出資者から見ても納得できない騎手起用です。
ハヤトは田辺っちがいてくれて幸せですが、この調子では今後いくら素質のある2歳馬がいたとしても、クラブの見通しはますます暗い…… 社長は言い訳などする暇があったら、もっと多くの上位から中堅の騎手や厩舎との良好な関係構築に励むべき。あの巻頭言がこういう事態を見越しての言い訳だったとしたら、もうこのクラブは本当に恐ろしい坂を転げ落ちていることになります。
騎手選定ばかりかレース選択に関しても、グリッツァを2度惨敗しているダート戦で復帰させたり、せっかく中山の芝1600mで2着したアリオンを、今週ある同条件の中山芝1600mではなく次週福島の芝1800mに出走させると言ったり、素人から見ても首をかしげることばかり…… 何か理由があるなら、もう少し詳しく説明していただきたいです。

Posted by sachi at 06:22 AM | Category: HORSE | Comments (0)

April 08, 2009

北海道滞在2歳馬近況

う〜ん、いまいち状態がアップしてこない馬ばかりです。しいていえば救いはポローニアかな。さすがにこの1年の故障続出のためか、「大事をとって」「無理せず進めていきます」のコメントが目立つ。
イーガーはまだ体質が弱い、と。今あせって強い調教を課す必要はなく、休養をはさむのはいいでしょう。しっかり休んで、調教に耐えられる地力を養ってほしい。
ガンバは調教再開ですが、歩様の乱れもあったのでペースダウン。この馬もあまり早いデビューはもともと見込んでいなかったので、それで十分。何より歩様が再び悪化せず順調に調教を積めるよう祈ります。
ポローニアは、会報同封のBRFレポートによると肘の外傷が相当深かったのですね。担当者のコメントとHPの近況との食い違いはたまに(よく?)ありますが、ポローニアの場合はいささか隠蔽の匂いがする。牧場からの報告には、左前にソエが出たのは右前の傷をかばっていたためか、とまで書いてあるではありませんか(ー_ーメ) 締め切り間際に補償で出資したため、それを知っていたら出資しなかった可能性はあります。でも、この娘には3頭のなかで一番愛着がわいているので、結果オーライとします。これからはケガにも十分気をつけてほしいし、正直なレポートをお願いしたい。

▼マイネルイーガー……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東・中村均(予定)……
マイネルイーガーは、ビッグレッドファーム明和で休養中。パドック放牧とウォーキングマシンによる運動を行っています。まだ体質がしっかりしていない感があり、追い切りをかけていくには不安があったため、大事を取って再びゆっくりさせることにしました。夏場から強い負荷がかけられればと期待しています。一息入れる前のゲート練習でスムーズに発馬できるところまで進みました。ただし、まだダッシュは遅めです。

▼マイネルガンバ……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東・宮本博(予定)……
マイネルガンバは、ビッグレッドファーム明和で調整中。試し乗りで左前脚の感触を確かめ、問題ないと見て坂路でキャンター1100m1本の運動を再開しています。とはいえ、歩様が悪くなった経緯があり、いきなり強い負荷をかけるわけにはいきません。縦列の後方に控え、ゆったりとしたペースで行かせています。息遣いの荒さは2月下旬より一息入れていたからでしょう。無理せず、この馬に合わせて進めていきます。

▼マイネポローニア……父マイネルセレクト/母キリビジン 美浦・稲葉隆一(予定)……
マイネポローニアは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。いまのところソエが再発することもなく、勢いのある動きも徐々に見られるようになってきました。跨っているスタッフは「休養期間中に幅が出た。パワーアップしている」と成長を実感している様子です。気負いがあるのかスタート地点では頭を激しく上下に振りますが、スタートしてしまえば前向きで真面目に走っています。

Posted by sachi at 12:02 AM | Category: HORSE | Comments (0)

April 04, 2009

入厩馬近況

牝馬2頭が鉾田送りとなったので、いま美浦にいるのは調子を上げてきた牡馬3頭。いつもこういう近況ばかりだといいのにな。あとほしいのは結果だけです( ̄ー ̄)ニヤ

6歳馬
グリッツァは来週、障害戦での復帰を予定。う〜ん、やっとです。これから暖かくなって馬にとってもいい頃合い。ひと叩きして馬も走る気になっているようだし、楽しみです〜 アルビオンが引退してしまったいま、グリッツァがまるで長男のような気がしています。頑張ってほしい(^o^)

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。週2回のペースで障害練習を行っています。中間も北馬場の直線コースに設置されている連続障害を飛越する練習を行い、安定したジャンプを見せていました。水曜日には68秒台の追い切りを消化。郷原調教師は「鞍上は手綱を引っ張ったまま。気合いも乗ってきたし、デキは上向いてきた」と満足そうです。中山3週目の障害未勝利戦に出走する予定です。

5歳馬
ハヤトも前走、惜しい2着だったので、今度こそはの期待が高まります。福島開幕週ってことは、ハヤトも来週ですね。福島ダートは未勝利勝ちを収める前に2着が2回、2勝目のあとも3着が1度あるので、苦手ではないはず。田辺騎手でほぼ固定されているのも、ハヤトにとって幸せなことです。こういう騎手固定なら大歓迎なんですけどねぇ(もちろん皮肉) ハヤトが騎手固定の成果とはこういうものだと、クラブにお手本を示してくれますように! 

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、美浦で調整中。坂路、ウッド、ダート、ニューポリトラックでそれぞれ乗り込まれています。前走後は27日(金)から坂路入りを再開。16〜17秒のキャンターで登坂した後、コースを周回しています。今週末と来週追い切って福島開幕週に出走予定。小西調教師は「花見山特別か平場かは検討中。今、具合がいいので今度こそ先頭でゴールさせたいね」と笑顔でした。

3歳馬
アリオンはレースが先週だったことも忘れてました(ー_ーメ) 競馬のサイクルは1週間ですが、節目は週半ばにあり、週後半はもう前しか向いていません。ま、ほんとにこれは何度言っても無駄だけど。それで次走は、中1週ではなく中2週で、これまた福島、それも芝1800mに? 福島って、アリオンに向いてるのかなぁ。あまり器用な馬じゃないし、ローカルの平坦小回りは向いてるとも思えないんですが…… 裏開催の手薄なメンバーを狙うつもりなのかな? 確かに中1週はちょいつらいところではありますが、せっかく2着した中山の芝1600mにどうしてしないのか。それに芝1800mなら中山にもあるのに。まさか騎手の都合じゃないでしょうね? 次にまた失望しないよう、これ以上考えるのはやめにしておきます。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、28日(土)に中山で出走して2着でした。稽古の良さがようやく実戦に結びつきました。急かさずマイペースで追走し、集中させる時間を短くしたのが功を奏した印象。馬群を気にせずに鋭く追い込んできました。木幡騎手は「勝った馬は大外をブンまわしていたからね。相手が悪かった」と悔しそうでした。レース後も反動らしい反動はなく、火曜日には角馬場で調教を再開。木曜日からは坂路にも入れています。次走は福島2週目の芝1800mが有力です。

Posted by sachi at 05:33 AM | Category: HORSE | Comments (0)

April 03, 2009

今週の調教時計

時計を出しているのはグリッツァだけです。

マイネルグリッツァ
4/1 助 手 美南P 良 - - - 68.7 54.5 40.3 12.7 7 馬ナリ余力

いつも通り調子は維持しているようです。半年ぶりに復帰してはや1カ月。前走のダート戦9着が口惜しい。来週あたりには、そろそろ出走できるでしょうか?


きのう東京ではソメイヨシノ満開宣言。でも実際には木によって開花度まちまちです。
(PENTAX K10D+DA55-300mm F4-5.8 ED)

Posted by sachi at 04:44 AM | Category: HORSE | Comments (0)

April 01, 2009

鉾田滞在馬近況

ルーチェもアルデュールも鉾田へ行った途端にトーンダウン。グリッツァも1カ月ではまだ出られないようだし、フォーグは北海道で順調さを欠いてるし、稼働馬がアリオンとハヤトのみになってしまいました。とほほ〜 やっぱり厩舎で調教するに限るのではないでしょうか。

5歳馬
先週は、疲労も取れて調教再開ということで体重も8キロ増えて480キロだったのに、鉾田で調教を始めたら即、馬体が減り、ともも緩いと、前回のコメントから一転。いつも鉾田に出ると馬体重もぎりぎりになって入厩ということになるんですよね。せっかくの東京開催なのに5月上旬にも間に合わないとなると、かなりショック。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。動きに重さはないものの、いまひとつトモが緩い印象。意識している5月上旬の東京の陣馬特別・芝2400mに間に合うかどうかは、もう少し進めてみないと何ともいえない状況です。馬体重は前走の潮来特別からほとんど変わらない473キロでした。

4歳馬
アルデュールも先週は、いつもの勢いはないものの気になる疲れはない、じわじわ伸びたレースぶりから復調が感じられるということだったのに、今回は急に疲れがたまっていて笹針治療をしたと…… う〜ん。何とか無事にいってほしい。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。仕上げに際する追い切りの影響か、3戦しかしていないわりには疲れがたまっています。行く気はあるものの、動きもパッとしない印象があります。血の巡りを良くする目的で中間に笹針治療を行いました。舎飼いを経てウォーキングマシンによる運動を開始しています。

*あの巻頭言に歩調を合わせるかのように、今週の出走予定は津村騎手のオンパレード。そんなことだろうと思っていましたが、あれだけ言った手前、結果は出せるんでしょうね? 
除外の可能性あり、あるいは除外対象の馬は未定も仕方がありませんが、そうでない馬にも未定が…… それは社長が書いていたようなエージェントがどうこうの問題と言うより、ラフィアンの馬に乗りたがらない騎手が増えただけではないの? どんな騎手だって、結果が出ないような馬には乗りたくないでしょうし、なんだかだと口を差し挟まれるのをいやがる騎手も調教師もいそう。乗ってくれる騎手が松岡、津村、三浦、(石橋脩)の3(4)人に限られてしまうのは、かなり悲しい状況。以前はもっと蝦名騎手や藤田騎手が乗ってくれてたし、吉田豊、武豊、横山典騎手も乗ってくれてましたよ(ノリちゃんは何かクラブともめて、二度とラフィアンの馬には乗らないという話を聞いたことあり) 今や内田騎手や岩田騎手、後藤騎手を確保してくれる厩舎は大変貴重。それなのに、そうした厩舎にも津村騎手を押しつけたことって、ありませんでしたか>社長? あるいは関西に中堅でもっと乗れる騎手がいるにもかかわらず、わざわざ京都へ出向かせてまで津村騎手を乗せ、ぼろ負けするとか。
現社長は就任のあと、クラブは厩舎や騎手とよいコミュニケーションを築くために近況の更新頻度を減らしたはずではなかったですか? それが近況は減るは中味が薄くなるは(臨時更新は定期ではないというだけで、臨時だから雑でいいという理由はないはず。そもそも毎週だったものが隔週(月2回)になり、それでは間隔があきすぎるので定期以外に更新する必要があるわけで、何か会員サービスというものをはき違えていませんか?)、おまけに騎手の手当もつかないでは…… 実のところ、現状ではそのうち預かってくれる厩舎もなくなるのではないかと、わたしは大いに懸念しています(^^;;

Posted by sachi at 07:16 PM | Category: HORSE | Comments (0)

山桜は満開

せっかく満開になった山桜、きょうの雨で散ってしまいそうです。
名残おしいので、こちらにもアップしておきます。

(PENTAX K10D+DA55-300mm F4-5.8 ED)

同じようなショットですが、こちらにも少し。

Posted by sachi at 06:29 AM | Category: PHOTO | Comments (0)