February 28, 2009

ハヤトはメンバーが結構そろった

小倉最終週で、それほど楽な相手関係ではなさそうです。

3/1(日) 小倉9R 500万下 4歳上 (定量) ダ1700m 16頭 発走:14:15
1 1     キーミヤビ 牡4 54.0 △荻野琢真 大久保龍
1 2     ヒロノバイオ 牡4 56.0 鮫島良太 境征勝
2 3 △   ウインアトラス 牡4 55.0 ☆浜中俊 藤原英昭
2 4 △ ◎ ニューロザリオ 牡4 53.0 ▲松山弘平 池添兼雄
3 5     メルシーコバン 牡5 57.0 北村友一 湯窪幸雄
3 6     メガロスバンダム 牡4 56.0 太宰啓介 柴田政見
4 7 ○ ▲ マイニングゴールド 牡5 57.0 中舘英二 伊藤圭三
4 8   △ ブルーシーズン 牡5 57.0 西田雄一 嶋田功
5 9 ◎ ○ オーミプレシャス 牡4 56.0 川島信二 田島良保
5 10 ▲   マイネルハヤト 牡5 57.0 田辺裕信 小西一男
6 11     シャドウランズ 牡4 53.0 ▲宮崎北斗 柴崎勇
6 12     フレンチシェフ 牡6 55.0 △丸田恭介 松山康久
7 13 △   ラバーソウル 牡4 56.0 梶晃啓 梅田康雄
7 14     ワンダーリディア 牡6 57.0 長谷川浩 佐藤正雄
8 15     ナリタシャトル 牡4 56.0 河北通 小野幸治
8 16     タガノショータイム 牡5 57.0 赤木高太 吉田直弘
(印はnetkeiba.com)

意外とメンバーがそろってしまいました。
一番人気はオーミプレシャスか。ハヤトは対抗にも推してくれてないみたい。
でも、そういうときこそ、ハヤトがうまくやるですよ!
ここで勝って、見事1000万条件へあがりましょうよ、ねえ、ハヤト&田辺騎手?
ま、堅実な馬だから最低掲示板は期待してます。たぶん田辺騎手も前走から秘策を練ってくれてると思います。だからもしそれが功を奏すれば、ハヤトにも勝ち目ありと見ました。頑張れハヤト&田辺騎手!

Posted by sachi at 05:08 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ルーチェは6枠8番

ルーチェはファーマとともに6枠。したがって緑の染め分け帽になるんですね。

3/1(日) 中山9R 潮来特別(1000万下) 4歳上 ○混□指(定量) 芝2500m 12頭 発走:14:35
1 1 △     ムーンレスナイト セ5 57.0 北村宏司 藤沢和雄
2 2   ○ ▲ デスティニーローグ 牡5 57.0 蛯名正義 小島太
3 3       ベストオーカン 牡4 56.0 大野拓弥 藤原辰雄
4 4       マイネトゥインクル 牝4 54.0 松岡正海 西園正都
5 5   △   ロックザキャスバ 牡5 57.0 柴田善臣 萩原清
5 6 ◎ △ △ ラヴォランテ セ4 56.0 横山典弘 後藤由之
6 7 △ ▲   マイネルファーマ 牡6 57.0 吉田隼人 中村均
6 8 ○ △   マイネルーチェ 牝5 55.0 内田博幸 上原博之
7 9       サウザンブライト 牡8 57.0 小林淳一 粕谷昌央
7 10 △ ☆ ○ ダイワバゼラード 牡6 57.0 後藤浩輝 上原博之
8 11       ヒロアンジェロ 牝4 54.0 江田照男 高木登
8 12 ▲ ◎ ◎ サブコンシャス 牡4 56.0 岩田康誠 池上昌弘
(印はnetkeiba.com)

できればもう少し内めの枠がよかった気もしますが、内田騎手の手綱さばきに期待しましょう。
ファーマ、妹のトゥインクルとマイネル3頭出し。重賞ならそれもめでたいことだけど、何もこんな特別レースで……と思うんですが、みんなに頑張ってもらうしかありません。内田騎手はお手馬のサブコンシャスを捨ててルーチェに乗ってくれてるんだし、ルーチェにはそろそろ本当にここらへんで一つ勝利を、と思うんですが、ファーマも強いしトゥインクルも距離が合えば切れる脚があるしで、正直なところさほどの自信なし。でも人気にはなるでしょう。一番怖いのは、岩田騎手に乗り替わったサブコンシャスだったりして(^^;; 応援には行くつもりですが、きのうおとといあたりからなぜか体調がすぐれず、元気がでない。明日までにすっきりしてくれるといいのですが。

Posted by sachi at 12:20 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン外厩馬近況

セゾンは去年からの出資で、唯一の3歳馬もわずか1戦して再び牧場へ舞い戻ったため、デビューに備えお稽古に励んでいる2歳馬とともに、全出資馬が北海道です。

3歳馬
ピクシーは笹針の効果でようやく歩様が改善するも、精神的にかなり追い詰められていたよう。京都への輸送とデビュー戦惨敗が本当に可哀想でした。が、今は牧場で少しのんびり。リフレッシュして今度は何とか競走馬らしくなって入厩してほしいもの。心配しなくても、畠山厩舎のお兄さんたちは、みんなやさしいよ〜>ピクシー

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム・エルフ分場] ■2009/02/27
--------------------------------------------------------------------------------
2/23に本場からコスモヴューファーム・エルフ分場へ移動しました。普通放牧されています。中間にハリ治療を施した効果でだいぶ歩様が改善。首を下げて歩くことがなくなりました。なにより元気が出たのが一番です。また、体重を量ろうと引いていったところ、騎乗すると勘違いしてテンションが上がるできごとがありました。かなり精神的に追い詰められていたようですので、今回の休養でしっかりリフレッシュしてほしいところです。

2歳馬
ゴールドリーフ07は元気が有り余っている? このあいだの坂路調教の動画でも、他馬にひけをとっている様子はうかがえませんでした。だいぶ基礎体力がついたのかな。騎乗再開してから強い調教に耐えられるよう、このまま順調に体力をつけていってほしい。もう少し大きくなればいいね。
ラブリーカラー07は気分やさんか? 過去の出資馬ではデセールが見事な女王さまぶりでしたが、このお嬢さんも我が強そうです。動きは多少の休みをはさんでも良いみたいで、これからピッチをあげてからの走りに注目です。四肢とボディのバランスがとてもよい馬だと思っており、速い調教が楽しみ。
マイネベネラシオン07は休養中ですが、あまり馬体の成長がみられないとのことで、少々がっかり。でも、もともと体高は低いものの幅のあるがっちりタイプ。速い回転ができれば問題ないかもしれません。「スピードとキレで勝負するタイプ」って、本当だろうか。だったら嬉しいのですが。
ピクニックムード07は調教のとき、まだ気負って走っているようです。動きはまずまずとのことで、募集時のDVDのように小柄でも柔らかい動きがこれからもできればよいなと思います。ステイゴールド産駒で、そう大きくはなりそうにないのですが、筋肉の質がよく気性ももう少し落ち着いて走ることに慣れてくれればと思います。

ゴールドリーフの07 [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/02/27
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームに滞在中。普通放牧されています。中間から雪の降り積もった放牧地でも他馬に積極的にちょっかいを出し、じゃれあう姿を目にします。戻ってくる際にはモクシを頻繁に落としてくるのは、それだけしっかり動きまわっている証拠でしょう。元気が有り余っているようで頼もしい限り。このまま騎乗再開までにエネルギーを蓄えてほしいと考えています。

ラブリーカラーの07 [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/02/27
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターで運動しています。騎乗していればそこまで悪さはしないものの、時々何かに気分を害されるとお尻を向け蹴ろうとするので注意が必要です。精神面の芯がしっかりしているぶん、納得できないことにはとことん抵抗するのでしょう。こうした性格からか、中間の降雪による坂路入りの中断をはさんでも、動きはほとんど変わりませんでした。引き続きピッチを上げて乗り込んでいきます。

マイネベネラシオンの07 [外厩馬 / コスモヴューファーム・エルフ分場] ■2009/02/27
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム・エルフ分場に滞在中。普通放牧されています。今回の休養で馬体面での成長はそれほど見られませんでした。今後もそれほど大きくならないのでは、と見ています。放牧地で何かに反応した際の動きが俊敏。運動神経に秀でていそうです。スタッフの1人は「スピードとキレで勝負するタイプになるのでは」と評価していました。

ピクニックムードの07 [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/02/27
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターを中心に2本も取り入れて運動しています。気負って走りますが、鞍上が注意して騎乗すれば問題ありません。腹回りもだいぶすっきりして、中間、降雪で坂路入りを中断してもそれほどゆるみませんでした。騎乗再開後も動きはまずまずです。これからピッチを上げて乗り込んでいきます。

Posted by sachi at 09:40 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 27, 2009

入厩馬近況

6歳馬
グリッツァは障害ではなくダート戦で決定のよう。ま、厩舎もそれがいいと言うなら仕方なし。ハヤトくらいはやれるかもしれません。ケガをする可能性が低くなり、それで頑張れるならこのさい何でもいいです。ただ、平沢騎手とのコンビで一度は勝たせたかったですけど、また障害に戻ってきたら、よろしくお願いしますね>平沢騎手

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、美浦で調整中。この中間は意識してダートのAコースとDコースで乗り込まれました。真歌のダートでも動く馬ですが、トレセンでも特に苦にする様子は見せていません。水曜日の追い切りは余力を残したとはいえ、ラストは良い伸びを見せていました。郷原師は「稽古ではニューポリトラックと大差のない動きだった。試してみる価値はある」とコメント。来週、中山のダート1800mに大井の戸崎騎手で出走する予定にしています。

5歳馬
ハヤトは今度こそ勝ち負け。まさに流れ一つだけど、そこが問題。とはいえ一度は勝った条件です。なんとか早いうちに勝たせてお休みをあげたいものです。
ルーチェも普段通りの追い切りで順調さを維持。勝ち切れない弱みはあるけれど決め手に欠けるのは、まさにコメントの通り。ただ、開幕週とはいえ、この雨だから明日はかなりでこぼこしちゃうのではないだろうか。今夜のうちに早く馬場が回復してほしいです。2勝目は本当に「遠かった」と、レースが終わったら言えるといいな。頑張れルーチェ&内田騎手(^o^)v

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、1日(日)、小倉9Rのダート1700mに出走します。中1週もあって、水曜日の追い切りは70−40の感覚で直線だけ手綱を緩めて走らせたもの。自らハミをとって、ラストは気持ちよさそうに脚を伸ばしていました。レースでも騎乗する田辺騎手は「前走後に軽く腰に疲れを感じたが、先週中には解消した。流れひとつで勝ち負けできるので頑張りたい」とコメントしていました。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、1日(日)、中山9Rの潮来特別・芝2500mに内田騎手で出走します。週末に70−40を行って、水曜日に終い重点での追い切りを消化しました。上原師は「トーセンマルゴーとサマーセレブリティの2頭を追いかけて最先着。びしっとやらなくて良い馬だからテンにゆっくり入った」と笑顔を見せていました。状態は良い意味で平行線。力を発揮できるデキにあります。決め手に欠けるものの堅実さはあるタイプ。開幕週のきれいな馬場で新馬戦以来久々の2勝目を狙います。

4歳馬
アルデュールの敗因は「馬群にもまれたこと」ですか(^^;; たしかにデビューしたてのころも、他馬にぶつけられたりして結果が全然出ないときがありました。追い切りもよかったし、今度はうまくさばいてほしいと思います。ただし鞍上は、松岡騎手ではなく津村騎手固定になるの? 松岡騎手と手が合っているとは言い難いけれど、それでも津村騎手が合ってるとも言い難いような…… 前回勝ったときのように、津村騎手がいいレース運びをしてくれたらいいのですが。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、美浦で調整中。坂路とウッドコースを中心に乗り込まれています。前走後は18日(水)から坂路入りを再開。徐々にトレーニングを強め、週末から通常メニューに戻しています。25日(水)には単走で5ハロン65秒をマーク。相沢調教師は「レース後の硬さはほぐれてきたし、今週の追い切りは掛からなかった。前走の敗因は馬群にもまれたことだと思う」と語っていました。中山2週目のダート1200mに津村騎手で出走する予定です。

3歳馬
アリオンは、1週間近く前のレース報告をいまさらされても……せめて水曜にはしないと。なのに、どうしてもやる気がないのねラフィアンは。そのうち会員が急減してからでは遅いのですよ。しかも今回のアリオンの報告は、from RaceCourseの津村騎手のコメントから、ほとんど目新しい内容なし。ブリンカーについても、つけた時点で「気にしてた」のを「効いてる証拠」と言ったのはどこのどなた? 「目先を変えて違った条件で」なんて、ど素人でも考えること。それ以前に馬の状態はどうなのよ? まったく役に立たない近況ですわね。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、22日(日)、京都で出走し、14着でした。先行集団で流れに乗り、手応えを残して勝負どころにさしかかりますが、直線に入ると後退してしまいました。以前は他馬の動きに過剰反応することはありませんでしたが、津村騎手が「4コーナーで他馬を気にしていた」とコメントしていたように、ブリンカーにより視野が狭くなったことで、他馬の動きに対する不安感が増したのかもしれません。次走は目先を変えて、違った条件のレースを試すことも検討しています。

Posted by sachi at 07:20 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

アルデュールと、今週出走予定のルーチェ、ハヤト、そしてグリッツァがダートで時計を出しています。

マイネアルデュール
2/25 助 手 美南W 稍 - - - 65.0 49.2 36.7 12.7 3 強目に追う
マイネルーチェ
2/22 助 手 美南W 稍 - - - - 56.6 41.4 13.3 2 馬ナリ余力
2/25 助 手 美南W 稍 - - - 67.0 51.9 37.9 12.9 5 強目に追う
サマーセレブリティ(三未勝)一杯の外を追走同入
マイネルハヤト
2/25 田 辺 小倉ダ 不 - - 86.7 67.3 53.4 39.6 12.7 4 馬ナリ楽走
マイネルグリッツァ
2/25 助 手 美南D 重 - - 83.7 67.9 53.4 39.3 12.4 7 直強目追う

アルデュールは、来週の中山ダートに出走予定。相変わらず調教はいいんですよねぇ。この前の惨敗の理由が今も理解できない。次走が芝ではなくダートなのは、芝だと出走が厳しいからだろうか。調教大将で終わらないようにお願いしますよ。騎手は誰かな。
ルーチェはそれなりのタイム。レース前にあまり強く攻めなくてもいい馬なので、こんな感じでいいと思う。
ハヤトは馬なりで楽走。好調を維持できているようです。あまり疲れが出ないうちに決めてほしい。
グリッツァは、重だったこともありなかなかのタイムに思えるけど、よく分からない。これでは障害戦ではなく、やはりダートでの出走になりそうですね(^^;; 脚抜きのよいダートなら少しは期待できそうだけど、パサパサのダートだとどうでしょう。出走時の馬場状態がカギになりそう。

なお、ルーチェ、ハヤトともに出走が確定しました。
3月1日(日)
中山 マイネルーチェ 9R 潮来特別 (混) 55 内田博幸 芝2500m 14:35 12頭
小倉 マイネルハヤト 9R 4歳以上500万下 57 田辺裕信 ダ1700m 14:15 16頭

ルーチェのレースは、結局12頭と少頭数に。ここはなんとしても頑張ってもらわないと。きょうも雨ですが、あすは回復して日曜には良馬場に戻ってほしい。内田騎手の「今度こそ」に期待。しかしこれまでずっと勝ち切れなかったルーチェだから、中山だし、またしても、ということもありえます(^^;; まあ、ケガなく地道に好成績を残してくれれば、それはそれでよし! それより、ついにトゥインクルとの対決が…… 追ってバテてるみたいだし、ほんと心配だけど、良馬場になれば妹のほうが最後に切れる脚を発揮して、ということも考えられます。ルーチェは1勝馬だけど、トゥインクルは2勝してるしね。トゥインクルも頑張れ〜
ハヤトは最終週ということもあって16頭立てと結構そろいましたが、どうでしょう。こちらは逆に良馬場のほうがいい馬。ここで勝ってくれれば言うことなしだけど、枠順によっては前走と同じような競馬になっちゃうかも(^^;; あんまり内でも包まれる可能性があるし…… 掲示板は確保してくれるものと信じてますが、今回は少なくとも馬券圏内を!

Posted by sachi at 08:11 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 26, 2009

今週の出走予定馬

ルーチェとハヤトがともに日曜に出走予定。

中山競馬場
マイネルーチェ 1日(日) 9R 潮来特別 (混) 内田博幸 芝2500m
小倉競馬場
マイネルハヤト 1日(日) 9R 4歳以上500万下 田辺裕信 ダ1700m

うむ、2頭が同じ日の同じ時間帯になってしまったので、中山へ応援に行くとすれば両方を録画するのはむずかしい……
ルーチェのほうは、除外を少し期待していたトゥインクルと初の姉妹対決になってしまいそう(^^;;

Posted by sachi at 03:12 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 25, 2009

セゾン2歳馬の動画

出資してから3度目の動画(坂路調教の模様)がアップされています。
縦列でかけあがっている場面と洗い場での場面だけなので、どうということはないのですが、それでも出資した馬の様子が見られるのは嬉しいサービス。1月と違って、今回は雪もほとんどないところを見ると、今年も暖冬なのでしょうか。小柄だと思っていたゴールドリーフ07は、動画で見るかぎりそれほど他馬にひけをとらないみたい? ベネラシオン07はころんとした体型でやはり体高は少し低いかな。どの馬も順調に調教が進んでいることを願います。
ラフィアンの2歳馬はどうなっているのだろう……

Posted by sachi at 07:17 AM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道滞在馬近況

5歳馬
入厩していないのはフォーグだけになっています。乗り出して挫跖で一頓挫したみたいだけど、今は膿も抜けたということで、ほっとしました。でも、何より無事是名馬だからこれからもケガなどしないように願いたいもの(とくに牧場での故障はサイアクです)フォーグはこれまで大きなケガもなく賞金をくわえてきてくれ、感謝、感謝です。無事に入厩して、また元気な走りが見られるのを楽しみにしています。やはり重賞を1つくらい取らせたいなと思うのですが、その機会はあるだろうか。復帰に向けてガンバレ、フォーグ!

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、真歌トレーニングパークで調整中。前脚を気にしたようなところがあって蹄鉄を打ったところ、その数日後に左前の蹄から膿が抜けてきて結局挫跖だったことが判明しました。そのためウォーキングマシンによる運動だけで様子を見て、先週木曜日から稽古を再開しています。一息入れたことで元気が出てきたのか、久々に跨ったスタッフは「走りがしっかりした」と好感触でした。膝蓋骨が外れるトラブルもなく、現在は順調に乗り込めています。馬体重は480キロ。

*入厩馬で気になるのは、何と言ってもアリオン。あの惨敗のあとどうしているのか。本当は去年の秋に立て直ししてほしかったし、そういうメールも出したのですが、そのまま鉾田で3カ月…… いまさら北海道に戻すつもりもないでしょうが、鉾田では現状が変わるとも思えません。しかも、いつもと違って鉾田へ移動のお知らせも(毎日、恐れながら見ているけれど)出ないのです。いったいどうするつもりなのか。また金曜日の近況更新まで動向が不明なんて、まったくサービス云々以下のクラブに成り下がってしまったのが悔しい。レース後にレクチャーがあり、レースレポートもきちんと月曜火曜にあってしかるべきだと思うのですが、そこらへんも弛んでるとしか言いようがありません。東京事務所にスタッフの数だけは結構いるようなのに……

Posted by sachi at 12:32 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 22, 2009

ルーチェ潮来特別に登録

予定通りです。きょうフェブラリーSで見事な勝利を飾った内田騎手を見込んでいるので、見限られないうちに勝ちたい!!! ただ内田騎手は、やはりダートのほうが少しお得意なのかしら…… ルーチェがあと一歩頑張れれば、今までの惜しい2着も行き掛けの駄賃となるのですが(笑)、そうならなくても、いつまでもお駄賃をもらい続けられますようにm(_ _)m

3月1日(日) 2回中山2日 潮来特別 第1回特別登録 19頭
サラ系4歳以上 (混合)[指定]4歳以上1000万円以下 定量 2500m 芝・右
アイアムドラマ 57.0
オープンセサミ 57.0
サウザンブライト 57.0
サブコンシャス 56.0
ダイワバゼラード 57.0
ダンシングボーイ 57.0
デスティニーローグ 57.0
パッシングマーク 57.0
ハーマジェスティ 54.0
ヒロアンジェロ 54.0
ベストオーカン 56.0
マイネトゥインクル 54.0
マイネルファーマ 57.0
マイネルーチェ 55.0
ムーンレスナイト 57.0
ライオングラス 57.0
ラヴォランテ 56.0
レイトスプリング 57.0
ロックザキャスバ 57.0

ちなみにマイネルはトゥインクルとファーマの3頭出し。
姉妹対決は不本意ながら、めったにあることではないので、ま、仕方なし。
ルーチェは前走の疲れをとるのに時間がかかったけれど、今はまた順調と思いたい。

Posted by sachi at 05:31 PM | Category: HORSE | Comments (2)

すごいレースでした!>フェブラリーS

アリオンの意味不明の惨敗(単なる能力不足かも)にがっくりしたあと、しばらく昼寝して(笑)フェブラリーSを見ました。すごかった〜 パワーとスピードが全開!!! 優勝したサクセスブロッケンの強さ、それにクビ差で競り負けたカジノドライブと屈腱炎から奇跡の復活を果たしたカネヒキリの勝負根性、そして逃げて4着に残ったエスポワールシチーの粘り。馬の力と騎手の力業がぶつかり合った結果のレコードタイム。なんとダート1600mで1:34.6という芝のレースのような時計。普通ならエスポワールシチーのタイムで優勝というところでしょうが、今年はさらに強い馬が3頭いたということ。古豪と4歳馬の対決は若さの勝利となり、世代交替を見せつけました。いかに7歳世代が鉄壁であろうとも、古参の退陣と若い世代の台頭はくるもの。4歳はまさにダートの黄金世代でしょう。
今までダート戦の魅力がいまひとつ分かっていなかったのですが、芝以上に見ごたえのあるレースにしびれ、鳥肌が立ちました。名勝負でした。はっきり言って、3歳未勝利戦での掲示板確保で喜ばなければならないラフィアンの現状を考えれば、残念ながらラフィアンからはこんなGIレースに出走するような馬は出ないと、痛感したレースでもありました。はぁ〜ため息。

Posted by sachi at 05:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

アリオン、ブービー(> <)

いやはや、なんとも。あの弱メンでまさかのブービー。
これはもう、諦めたほうがよさそうですね。京都へ行った意味もなかった。

2/22(日) 京都5R 未勝利3歳 ○混□指(馬齢) 芝2000m 15頭 発走:12:10 天候:晴 馬場:良
14着 7枠 12番 マイネルアリオン 牡3 56.0 津村明秀 稲葉隆一 2 482(-2) 28.3 9/15頭

スタートは悪くなかったし、道中もこれはと思わせるくらい良いペースで追走。にもかかわらず4角を回っていざこれからという段になって、あれよあれよと後退するのみ。最後はもう追ってさえいなかった? ひょっとして距離が長いのだろうか? それとも気性? ブリンカーをしても何をしても、関係ない気がしますが、いったいどういうことなんでしょう。早く調教師の声がききたい。なんだか調教師もクラブのだれも、この馬の本当のところをつかんでいないのではないか。確かにパドックでは歩様が堅く(以前はゆるゆるだった)、気配もよくなかったけど、それにしても4角からのあれほどの後退ぶりが不可解。

騎手コメント:from Race Courseより
「アリオン」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
津村騎手「4コーナーで他馬を気にしていた。内の馬の些細な動きに大げさに反応していた。いつもより積極的に行ったが、あそこまで下がる馬じゃないと思う。フットワークの回転はもっと速い方が良いが、去年の夏に函館で乗っていたときと同様に背中の感触はとても良かった」

積極的に出てスムーズに流れに乗った津村騎手の騎乗は悪くなかった。4角で他馬におおげさに反応していたって、どういうことだろう。それですっかり走る気をなくしたということ? だとしたら、やはりケガの後遺症で、何かとぶつかったりするのを極端に怖がっているのだろうか。何が原因にしろ、これはもう諦めるしかなさそうです。やはり懸念した通り、この馬は1年ちょっと前に終わっていたということ。今回もまた無駄な遠征で馬をいっそう疲弊させただけ。「こんな馬ではないはず」というコメントにももううんざり。そこを何とかするのが厩舎の役目。どうにかできないなら、それで終了です。あと1、2回が限度かな。今年もまた早々に補償が出そう。ま、サイクロンの補償でまた追加出資したので、今年デビューする馬はたくさんいます(苦笑) しかし3歳ラフィアン馬の大半は、どの馬もこの馬もほんとに弱い。こんなことでクラブやっていけるのでしょうか。

Posted by sachi at 02:06 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 21, 2009

アリオン、外枠です

ここらへんで少しはいいところを見せてくれないとヤバイのですが、前に行けそうにない枠かなぁ。もう少しだけ内目の枠ならよかったのに。これではジリ脚のアリオンにはちと厳しいかも。

2月22日(日)京都5R 未勝利 3歳 ○混□指(馬齢) 芝2000m 15頭 発走:12:10
1 1     クラウザーサン 牡3 56.0 角田晃一 中川公成
2 2     サチノベストセラー 牡3 56.0 熊沢重文 加藤和宏
2 3 ◎ △ ブルーモーリシャス 牡3 56.0 幸英明 橋口弘次
3 4     ストームキング 牡3 56.0 秋山真一 栗田博憲
3 5 △   ダノンプログラマー 牡3 56.0 デムーロ 角居勝彦
4 6 ▲ ▲ スターリースカイ 牝3 54.0 柴原央明 田中章博
4 7     メイショウバキラ 牡3 56.0 高橋亮 高橋隆
5 8 ○ ◎ ドリームライナー 牡3 56.0 藤岡佑介 池江泰郎
5 9     テイエムハリアー 牡3 56.0 小林徹弥 五十嵐忠
6 10 △   クリノメダリスト 牝3 54.0 鮫島良太 高橋義博
6 11     ショーファイトダダ 牡3 56.0 池添謙一 清水出美
7 12 △   マイネルアリオン 牡3 56.0 津村明秀 稲葉隆一
7 13   ○ パープルタイヨー 牡3 56.0 小牧太 境直行
8 14 △   コスモプライド 牡3 56.0 藤田伸二 畠山重則
8 15     ロングフィーバ 牡3 53.0 ▲田村太雅 長浜博之

ま、それでも今回はせめてスタート決めてください。
しかし京都の津村騎手は……先週など、乗鞍すべてが二桁着順 orz
今年の金杯で唯一、タマモサポートで奇跡(まぐれ?)の優勝はしてますが、京都じゃなくても勝ち星はあと1つしかありません。単なる帯同馬に期待もしてないってことですか? とはいえ津村騎手、きょうは少ない乗鞍にもかかわらず1つ勝ったみたいだし、調子をあげてきたことを願いたい。相手関係もかなり楽だと思われ、次走のためにもせめて掲示板の確保を!

Posted by sachi at 05:34 PM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

6歳馬
出資者の大半がダート戦には反対していると思うんですが、ラフィアンは聞く耳もたず。こうなったら意地でもダートに出させるつもりなのかな。ダートでの追い切りにグリッツァがへろへろのタイムを出せばいいのに(苦笑) でもきっとまじめに走るだろうと思われるところが悲しい。いまさらのダート……アルビオンもダートをこなして少しは成績を残したけれど、今になって振り返れば、やっぱり一番いいのは中山の芝1200m。その適鞍で思いっきり走らせてやりたかった。スプリント戦は除外ラッシュとはいえ、何とか方法はなかったものかと思う。グリッツァも、この馬にあったレースを選んでほしい。それが馬にとって一番よいこと。「肉体的にしっかりしている今」なんて、本当ですか!? その直前に「競馬を使っていた頃のハミ掛かりには及ばないとはいえ」と書いてあるのに? それで平地のダートなど走っても、どうにもならないでしょう。「ダートもこなせる」と「ダートでいい結果が出せる」は違うのです。ぜひ中山の障害戦へ!

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、美浦で調整中。前回の在厩時と同じく、今回の乗り込みもフラットコースが中心です。入厩当初は少し大人しい感じだったものの、走り慣れてきたのか、活気のある動きに変わってきました。競馬を使っていた頃のハミ掛かりには及ばないとはいえ、良い傾向です。肉体的にしっかりしているいまなら、ダートもこなせるのではないかと見込んでいますが、復帰戦で中山2週目のダート1800mを使うかどうかは、今後に予定しているダートコースでの追い切りの動きと感触次第になります。

5歳馬
ハヤトは前走の惜しい4着から中1週で小倉のダート戦を予定。滞在競馬で太ることのないよう、きっと田辺騎手がじっくり乗り込んでくれていると思います。今度こそ待望の勝ち星をあげてほしい。
ルーチェは先週の段階では使ったなりの疲れと言っていたようなのに、今回は疲労がなかなか取れなかったようです。しかし今は通常の運動に。来週の中山、潮来特別で初の姉妹対決となるけど、今度こそ内田騎手で見事勝利といきたいもの。中山での奮闘を期待しますが、前走、牡馬相手とはいえベストの条件だった東京で勝ち切れなかったのが痛いと言えば痛い。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、14日(土)に小倉で出走し、4着でした。中団から進出して、前3頭の直後で虎視眈々。4コーナーでの手応えも良く、途中までは色めき立つレースでしたが、直線で伸びきれませんでした。あえて3頭の外へ出さなかったのはコースロスが大きくなると判断したからです。道中の流れがもう少し早くなっていれば差し切れていたかもしれません。レース後も現地に滞在しています。中1週で最終週のダート1700mに出走する予定。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、美浦で調整中。北馬場のCコース(ダート)でのキャンターを消化しています。レース前にいつもより負荷をかけた影響なのか、はっきりした原因は判りませんが、今回は疲れが抜けるまでに時間がかかりました。いつも以上に余力を持たせてから通常の運動量に戻しています。追い切りは来週の1本で足りるでしょう。中山開幕週の潮来特別・芝2500mに内田騎手で出走する予定です。

4歳馬
アルデュールは前走、スタミナがもたなかったというコメント。まぁ、休み明けだったので、仕上げが十分ではなかったと思っておきましょう。次走も中山でのダート戦。アルデュールは東京より中山のほうが合っていそうなので、今度こそ勝ち上がりを期待します。騎手はだれかな? しかしハヤトともどもレース後のレポートもなく、正直ほとんど忘れかけた1週間近くもたってからの近況は、まさに六日のアヤメ十日のキク。もはや出資者の気持ちは次週に移っているのです。ここらへんを何とかしてくれないと、愛馬の出走があるたびにラフィアンへの失望感が広がります。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、14日(土)に東京で出走して13着でした。レース序盤がかなりのハイペースです。行ききれなかったとはいえ、同馬もかなり出していって流れに乗っていたので、最後はスタミナが持たなかったのかもしれません。馬自身は一生懸命走っていて、レース翌日には軽い反動で歩様に硬さが出ていたとのことでした。大したことはなく、全休日明けの火曜日から角馬場で体をほぐしています。次走は中山2週目のダート1200mを予定しています。

3歳馬
アリオンは今週、京都へ。なぜわざわざ京都へと考えるに、メインレースに出走するメスナーの帯同ですか? しかも騎手つき(苦笑) 京都なら京都で、そこそこ腕力のあるタイプの騎手を使ってくれればまだしも、またラフィアン馴れ合い騎手の復活でがっかり。しかし中山でダメなら京都は得意かもしれないと、かすかに思ったり…… とはいえ正直なところ、騎手も騎手だし期待薄。ブリンカーをつけるとのことですが、惨敗すればきっとそのせいにされるのでしょう。予想に反して相手関係は比較的楽そうなので、そろそろ本気を出して走ってほしいのですが、この馬はまだ正体不明。厩舎もこの馬の能力をうまく引き出す調整ができていなさそうなので、あまり多くは望めませんな。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、22日(日)、京都5Rの芝2000mに津村騎手で出走します。水曜日の追い切りでブリンカーを試しました。初めての装着ということで違和感があった様子。単走だったこともあって3〜4コーナーで物見して内に切れ込んでいましたが、直線で仕掛けると反応していました。跨った調教助手は「気にしているということは効果があるということ。調子自体は変わりなく良くて、少なくとも未勝利レベルという感じはしない。刺激を与える意味でもブリンカーを試す価値はあると思う」と述べていました。これが良い影響を及ぼして欲しいと願っています。

*上のコメントで不満たらたら述べてますが、実は懲りずに、1頭隠し子を追加してしまいました。サイクロンの補償は新規募集に回すつもりだったのだけれど、楽しみにしているデセールの初仔が募集されるかどうかも分からない。そこでふと目についたのが安牝馬。二次募集は補償以外では出資しないと決めていたので、あまり気にもとめていなかった募集馬のうち、近況のコメントがよさそうだったセレクト産駒にポチッと行っちゃいました。厩舎に大いに難ありで、それも売れ残っていた理由でしょうが、補償のメリットは、一般の募集より1カ月締め切りが遅く、比較的強い調教を始めてからのコメントから判断できるところ。このメリットを活かさずしてどうする?と思ったわけです。この仔に補償を使っても、まだ次の募集で安牝馬に行けるくらいの補償が残る。補償は収入になるのだから、そこそこ活躍してくれる馬なら、やっぱり使ったほうが得だろうと考えました。来年までこの補償を残して、売れ残りのなかからコメントのよいのに出資するのも手かも。

Posted by sachi at 05:32 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 19, 2009

今週の調教時計

アリオンとグリッツァが時計を出しています。

マイネルアリオン
2/18 助 手 美南P 良 - - - 72.2 56.2 41.3 12.8 5 G前仕掛け
マイネルグリッツァ
2/15 助 手 美南P 良 - - - 72.0 56.9 42.7 13.8 7 馬ナリ余力
2/18 助 手 美南P 良 - - - 67.9 52.3 38.3 12.6 4 強目に追う

アリオンは先週もまずまずの時計を出していたのですが、今週はちょっと物足りない感じ。しかし京都への輸送もあるので、控えめにしたのでしょう。前走も、あともう少し絞れればという馬体でした。今度はどうだろう?
グリッツァはいつもの調子を取り戻してきたよう。復帰戦は平地のダートが有力との話でしたが、今週の追い切りはポリトラック。これもいつものことで、水曜追い切り。つまりは、障害戦のときのパターンと同じ。ダートは、障害戦で結果が出なかったときに再び方向転換すればいいのではないでしょうか。

なお、アリオンは出走が確定しました。

2月22日(日)
京都 マイネルアリオン 5R 3歳未勝利 (混) 津村明秀 56 芝2000m 12:10 15頭

少頭数になるかと思っていましたが、15頭と意外に数は揃った感あり。それでも相手関係は楽そう。そのために京都に行くとすら思える(苦笑) ここで馬券圏内にこないと、いや、最低限、掲示板は確保してくれないと、未勝利脱出が危うくなってきます。そろそろいいところを見せてほしい。しかし輸送に弱そうな馬なので(北海道から美浦への移動で熱発)、やや心配でもあります。
コスモの馬が藤田騎手ですか…… これは力関係? 前走は藤田騎手で好騎乗にもかかわらず6着にしかこれなかったんだから、仕方がないですかね。津村騎手に発奮してもらいましょう。しかし追えるのですか、津村騎手は? 積極的なレースをしてくださいよ。
きょうあすとお天気が崩れそうなので、ぱんぱんの良馬場にはならない? そのほうがじり脚のアリオンには向いているのかな? まだそういうことさえ不明のアリオン。とにかく、なんとか頑張れ〜

Posted by sachi at 06:24 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 18, 2009

今週の出走予定馬

アリオンが予告どおり京都の芝2000mに出走予定。

京都競馬場
マイネルアリオン 22日(日) 5R 3歳未勝利 (混) 津村明秀 芝2000m

あっちゃー 鞍上はラフィアンご用達の津村Jですか。こりゃだめだわ。
でもこの日はフェブラリーSのために主だった騎手はみな東京。したがって京都は騎手も手薄だけど、メンバーも手薄な?ところを狙ったのか? アリオンが無事に帰ってくることを祈る。もちろん、勝ってならなおいいけれど、この前の津村騎手の騎乗ぶりを見ると、やっぱり……orz

Posted by sachi at 05:27 PM | Category: HORSE | Comments (0)

2歳馬近況

今月から2歳馬も月2回、北海道滞在だから火曜の更新になるんですね。やはり更新は年齢別に戻してくれたら分かりやすいのに。それが無理なら、火曜は北海道滞在馬でいいですが、在厩馬は水曜、鉾田を金曜にしてほしい。鉾田滞在馬は基本的に情報の迅速性は不要だけれど、在厩馬はレース後のこともあるし、出走予定もある。レースレポートが金曜なんてクラブ、他にどこにもないでしょう? 在厩馬全部は無理でも、レース後のレポートがある馬と出走予定馬だけでもとクラブに申し入れたのですが、お答えはもちろん「ノー」でした。ほんとに会員の知りたいことは何かを考慮しないことはなはだしい(怒) 
ともあれ、2歳馬です。

フリークロバリー07は、セレクト産駒代表として展示会の公開調教に参加したんですね。某掲示板ではキクスイ07しか名前が挙がっていなかったので、出なかったのかと思ってました。しかしスカットに突き放されて、展示会で走る意味があったんだろうか。この前の休養明けからずっとコメントが芳しくなかったのだけれど、今回はとってつけたような「好意的解釈」というか何というか…… ま、ともが緩くて行き足がつかないとは言っていたので、コメント通り、テンに行けたのはよかったと思っておきましょう。
マイネガイア07は、毎度のことですが兄姉よりはいつもいいコメント。ただ、まだ強い調整はやっていないようです。そのわりに、「動きはよい」といつも言ってもらえます。いったい実態はどうなのか、一度見に行きたいな〜(笑) デビューを急ぐような馬でもないので、じっくりと鍛練して、しっかり芯が入ってからにしてください。アリオンみたいに、やたら期待ばかり大きくて逆にあれこれ無茶をさせられ、結局不十分な状態でデビュー、デビューのあとも同様に立て直しせずに、未練がましく鉾田……というサイアクのパターンは勘弁してほしい(ま、この馬に関しては、コメントからその可能性はないでしょうが)

▼フリークロバリーの07……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東・中村均(予定)……
フリークロバリーの07は、ビッグレッドファーム明和で休養中。坂路1本の後に屋内トラックコースを2周するメニューで鍛えられ、12日(木)に行われた種牡馬展示会の公開調教にMセレクト産駒の代表として出場しました。併せたMスカットに終盤で突き離されてしまう内容です。タイムはエラーで分かりませんが、前半で脚を使いすぎて後半バテてしまいました。とはいえ、もともとトモが緩めで行き脚がつきにくかっただけに、前半で反応良く加速できたことは収穫です。今週から普通放牧で一息入れています。

▼マイネガイアの07……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東・宮本博(予定)……
マイネガイアの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の後、屋内トラックコースを2周するメニューを行っています。基礎鍛錬の毎日で強い稽古は課していません。まだ芯も入っていない状態ですが、動きは良く、踏み込みが以前より力強くなってきたように思えます。トラックでの調教にも慣れてきたのか尻っぱねすることが減っており、同馬なりに落ち着いてきたといえます。

Posted by sachi at 06:37 AM | Category: HORSE | Comments (2)

February 16, 2009

セゾン2歳馬近況

今年はラフィアンと並んで不調のセゾンですが、2歳は今のところまずまずの感じかな。
4頭の出資馬のうち、やや不安があるのがゴールドリーフ07。満口間近の警告にあわてて出資したものの、申し込む前に気になっていた馬体の小ささ(体高の低さ)がやはり改善されないのです。休養に入ったので、この放牧で一回り大きくなってほしいところですが、あまり活発に動き回るタイプではなさそう。オンとオフの区別がはっきりしているだけならよいのですが……
ラブリーカラー07は、ひそかにかなり期待している牝馬。前回の近況でそろそろ休養にと言っていたにもかかわらず、元気がよすぎて騎乗継続とか。調教再開から2カ月、いい感じできていたので、もうしばらく鍛練してもらってもいいでしょう。このまま騎乗を続けて3月くらいにひと休みしたら、あとは仕上げでしょうか。早期入厩も可能な馬のように思えます。気性も新馬向きのようだし、楽しみです。バランスと素軽さそのままに、パワーアップしてくれるといいな。
マイネベネラシオン07は休養に入りました。ラブリーカラー07とほぼ同じペースで乗ってきたのですが、前回の近況では動きが平行線でいま一つでした。しかしこちらは、放牧地で元気一杯にのびのびとすごしているようで、飼い食いもよいとのこと。この馬も体高が低いので、今回の休養でひと回り大きくなってほしいところです。
ピクニックムード07は、素質はあると見込んでいるのですが、不安は厩舎かな(^^;; いまはテンションが高く気負って走っているとのことですが、まだ調教を再開してから間もないので、そのうちリラックスして走れるようになるんじゃないでしょうか。452キロと馬体もだいぶ大きくなり、走りががっしりしてきたとか。柔らかさを失ってほしくはないのですが、ステイゴールド産駒でもあり、粘りのある筋肉でばねのある動きを見せてくれることを期待しています。

ゴールドリーフの07 [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/02/16
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームに滞在中。普通放牧されています。精神的に追い詰められたというほどではないものの、少し疲労は感じられました。このタイミングで休養に入れることに。体高が低く馬格もあまりないので、この休養でひとまわり大きくなってほしいものです。積極的に動き回ることはありませんが、放牧地の奥に草を投げておくと、ゆっくりと歩いて食べに行きます。運動量は確保できており、成長に期待したいところです。

ラブリーカラーの07 [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/02/16
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターで運動しています。現在はハロン18秒のペース。当初は休養に入れる予定でしたが、他馬を蹴飛ばそうとしたり、人間に噛みついてきたり、体力が有り余っているので引き続き騎乗を続けていくことに。坂路に入ってしまえば問題ありません。良い動きを見せています。このまま騎乗を続けていく予定です。

マイネベネラシオンの07 [外厩馬 / コスモヴューファーム・エルフ分場] ■2009/02/16
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム・エルフ分場に滞在中。普通放牧されています。乗り込みが進んだのでここでひと息入れることになりました。当初は集牧時に捕まえられないくらい元気いっぱい。だいぶリラックスした今は、おとなしく従うようになりました。とはいえ、体力は十分備わっており、放牧地の端から端まで走りまわっています。飼い食いも良く体調に不安もありません。

ピクニックムードの07 [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/02/16
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターを中心に2本も取り入れて運動しています。テンションが高く気負った走りですが、動きはこの時期の2歳としては水準以上。うまく気持ちのバランスを取っていきたいところです。休養前は柔軟な走りが目につきましたが、現在はむしろパワーを活かすがっちりした動きに映ります。これは実が入って全体的にしっかりしてきた為でしょう。良い方向にとらえています。このまま騎乗を続けていく予定。現在の馬体重は452kgです。

Posted by sachi at 08:07 PM | Category: HORSE | Comments (2)

February 15, 2009

アルデュールはどうしちゃった???

う〜む、休養明けで馬体減、息ももたなかったのか、史上最低の着順となりました。

2/14(土) 東京12R 1000万下 4歳上 ○混□指(定量) ダ1300m 16頭 発走:16:20 天候:晴 馬場:良
13着 2枠 3番 マイネアルデュール 牝4 55.0 津村明秀 1:20.1 クビ 38.3 464 (-6) 相沢郁 1/16人気

津村騎手にも期待したのだけれど、スタートよくテンに行けただけであとはじりじりと後退、4角廻っても出てくるところがなく、ますます後退…… 津村ぁ〜 アルデュールに2桁着順なんて、札幌の未勝利戦できみが残した11着以来の惨敗ですよ。どうしちゃったんですか? 最後も追っていなかったようだし、まさか故障ではないでしょうね? 心配です。まあ無事ならいいけど、これで次はいつ出られるか分からない。1000万下は3着までしか優先権がないので、その他大勢と同じ立場。次はきっちり仕上げてくださいよ>相沢先生 まさか復帰早々、また鉾田とかじゃないでしょうな。いや、もはやそれがデフォルトか…… がっくりです。きのうからグリッツァのダートで平地復帰宣言に、いかにも引退しろと言わんばかりのレース選択ではないかと、非常に心配&気分が悪いのに、アルデュールまでこれでは、今年の競馬が不安でいっぱい。

騎手コメント:from Race Courseより
「アルデュール」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
津村騎手「行きっぷりがさっぱりだったし、直線では走りがだらっとなって下がってしまった。何でこんなふうになってしまったのかさっぱり。適性云々の問題ではないと思う。今回は砂を被ったが、それにしても…。休み前の当時より少し大人しいところはあった。ただ、疲れていたわけではないと思う」

Posted by sachi at 04:31 AM | Category: HORSE | Comments (0)

ハヤト、いい仕上がりで健闘するも4着

予想に反して馬体も絞れ、いい仕上がりでしたが、いつものようにまくっていけず、最後は追い込むも4着まで。

2/14(土) 1小倉8R 500万下 4歳上 □指(定量) ダ1700m 16頭 発走:13:40 天候:晴 馬場:良
4着 4枠 7番 マイネルハヤト 牡5 57.0 田辺裕信 小西一男 1:46.2 3/4 37.4 494(-8) 13.0 6/16人気

騎手コメント:from Race Courseより
「ハヤト」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
田辺騎手「4コーナーで前3頭が壁になってしまい、まくっていけなかった。何か1頭でも抜け出していれば違ったはず。ジリジリとしか伸びないので、小回りコースだと直線だけでは差しきれない。うまく仕上がっていただけに残念」

田辺騎手のコメント通りですね。馬体重を見たとき、これはひょっとしていけるんじゃないかと思ったのですが、いやぁ惜しかった。次は滞在競馬で中1週、小倉なのか、それとも? 掲示板は確保したので、田辺騎手が調教してくれれば次走は勝ち負けできそうだと思うんですが。きょうより少し内めの枠で、はなから好位置につければ必勝パターン。でも小回りコースだと厳しいみたいなことを言ってるので、どうなるのだろう。そういうコメントも金曜日までおあずけなんて、ほんとにラフィアンは情報サービスがひどい。

Posted by sachi at 04:29 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 14, 2009

アルデュール、現在1番人気

意外と人気にならないかとも思ったのですが、現在、1番人気。
復帰初戦にもかかわらず人気になっているのは、これまでの戦績が買われた?
たしかに鉄砲もききそうな馬ではありますが、勝ち味に遅いのも事実。
ここでようやくこのクラス卒業となれば嬉しいのですが、絶対の自信はありません。
でも実力上位であることは確かだし、脚抜きのよいダートは芝のスピードがいかせるはず。内枠で津村騎手ならスムーズな競馬ができそう。確実に馬券圏内にはきてくれるのではないかな。
唯一の不安な点は、前走までは3歳だったので53キロだった斤量が55キロになること。
この数カ月でもう一回りパワーアップしていることを期待したい。
(なお、レースは見られそうにありません。残念)

ハヤトのほうは4番人気くらいですね。
たぶん馬体が絞り切れていないと思うので、今回は掲示板確保で。

Posted by sachi at 09:49 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 13, 2009

ルーチェのかつての厩務員さん、調教師に

昨日発表された調教師試験の合格者に、上原博幸厩舎の伊藤大士さんのお名前がありました。
調教師試験合格者は全員30代??6名のプロフィール | News | 競馬実況web | ラジオNIKKEI

伊藤さんはダイワメジャーの担当で、お隣の馬房にいたルーチェのお世話もしてくださいました。すごく腕の立つ方だったようです。メジャーが引退してからルーチェの担当もはずれてお見かけしなくなったので、どうなさっているのかと思っていました。調教師試験の準備中だったのですね。しかも30代だったとは! 実は、馬をひいてパドックに現れる姿から、てっきり40代かそれ以上だと思っていました(^^;;
ルーチェはいまの長身のおにいさんになるまで、入れかわり立ちかわり担当者がかわりましたが、今日があるのも伊藤さんのおかげだと思っています。開業なさったら、きっといい馬を送り出してくださるでしょう。将来、お世話になるような馬がいると嬉しいですね。新たな調教師としての生活、頑張ってほしいです!

もう1人、マイネルアルビオンが5年にわたりお世話になった畠山厩舎からも、田島俊明さんという調教師試験合格者が出ました。おめでとうございます。こちらはどんな方か分かりませんが、「活気があり、スタッフが楽しんで働ける厩舎を作りたいです。仕事を楽しめるスタッフが馬に接すれば、馬にもいい影響が出ると考えます。競走生活を終えた馬が、この厩舎に所属して良かったと思える厩舎にしたいです。」というコメントから、厩舎の雰囲気をうかがうことができるのではないでしょうか。
伊藤さんのコメント、「競馬を取り巻く環境は厳しいですが、まずは自分自身が調教師としての仕事を楽しみたいと思います。そのことがスタッフ等の士気を高めることにもなると考えます。しっかりやっていきたいです。」にも、かなり共通する点がありませんか? つまり馬が好き、この仕事が好きで、楽しんでやっていることです。
これは自分が携わってきたことでも同じですが、自分が楽しみながら好きでやれることじゃないと、うまくいきませんよね。この2つの厩舎は、きっと全員がそんな雰囲気なんだろうと想像します。どちらの厩舎も、お世話になってよかったと思える厩舎です。

一方、厩舎にとっては、お二人が抜けるのはかなり痛手ではないかとも思います。もちろん、若手も養成しているでしょうし、優秀な厩務員さんもまた入ってくるでしょう。お二人が独立したあとも、これまでと同様、よろしくお願いします。そして見事試験に合格して、調教師になられるお二人、がんばってください!

Posted by sachi at 11:26 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン外厩馬近況

牧場に戻ったピクシーは、すっかり馬体がガレてしまい、元気がなくて可哀想。きっととっても繊細な女の子だったんでしょうね。調整過程と出走の疲れがもろに出たよう。この馬に京都遠征はきつかったのに違いありません。ひょっとして引退かとびくびくしたんだけど、まだ牧場で立て直してくれるようです。よかった! ラフィアンなら見切りをつけられていたかも? 一日も早く元気を取り戻してくれますように。

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2009/02/13
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームに滞在中。普通放牧されています。ガレた馬体、覇気のない歩様などから、レースおよび出走に至るまでの調整過程における疲労が感じられます。集牧の際も元気なく、頭を下げて歩いてきます。馬体重を計量したところ、430kgと出走時から12Kg減っていました。まずは笹針治療を施し、特にトモに蓄積した疲れを取り除きつつ、馬体を戻していきたいと考えています。

Posted by sachi at 07:40 PM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

ふと気がつけば、現役愛馬6頭のうち入厩していないのはフォーグ1頭だけ! やっほ〜♪ いよいよ本格的な競馬の時季がやってきたぞ。

6歳馬
グリッツァはなんと、平地を、しかもあの苦手のダートを使うですと!? う〜ん、ほんとにクビをかしげてしまいます。道理で前回の近況が、「今週には間に合わない」だったわけだ。前から予定されてたことなんですね。だったらそう書けば?と言いたくなる。てっきり障害とばかり思っていたのに。しかし芝の1800mとかならまだしも、なんでダート??? しかも中山の障害なら、グリッツァの大好きなバンケットが待っているのに…… なんだかめちゃくちゃな出走の気がしますが、それは果たして素人考えなんでしょうか? 何かほかに原因があるのでしょうか?(たとえば足許とか) だったら、そうはっきり説明してくれないと。もうわたしはラフィアンについていけません(ー_ーメ)

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。郷原師と相談し、このタイミングで平地のダートに出走させることになりました。障害を使ってきて以前ほどの気性の難しさや、トモの緩さなどが解消してきたので、この機会にチャレンジさせてみます。水曜日に15−15の追い切りを行っており、郷原師は「まだ少しモコモコしているけど、徐々に良くなりそう」と話していました。中山2週目のダート1800mが有力です。

5歳馬
ハヤトはまだ「気持ち重い」という言葉が出たってことは、かなり重いですね。今回はたたき台でよし。でも、掲示板は確保してほしいです。
ルーチェはレース後も順調とのこと。本当に惜しいレースでしたが、今度こそ(ニシノ……ではありませんが)待望の2勝目を期待しながら中山を待ちます。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、14日(土)、小倉8Rのダート1700mに出走します。現地には土曜日に無事到着しており、日曜日から軽い運動を開始。火曜日からはダートコースでの普通キャンターを始めています。11日(水)に直線で一杯に追い切られました。脚色はパートナーに劣りましたが、ラスト1ハロンで12秒を切ってきたのはまずまず及第点を与えられます。小西師は「田辺騎手からは『気持ち重いかもしれない』との報告を受けたが、この追い切りでちょうど良くなる。計算通りですね」と好感触でした。巻き返しを期待しています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、8日(日)に東京で出走してクビ差の2着でした。内々をロスなく先行し、直線へ。粘るファンキーテイラーを交わし、迫るピサノエミレーツにも食い下がって一度は前に出たものの、ゴール直前でもう一伸びされてしまいました。一息入れましたが、心配されたほどの太め感もなく、調子も良かっただけに悔しい敗戦です。トレセンに帰厩後も心配された反動などはなく、使ったなりの疲れ程度とのこと。現在はダートコースに入って軽めのキャンターで調子を整えています。次走は中山開幕週の潮来特別・芝2500mを予定。引き続き内田騎手に声を掛けています。

4歳馬
うちの看板娘アルデュールも順調。追い切りはテンションが高くならないように抑えてとのこと。いきなりの勝ち負けも、この馬なら本当にあるかもしれません。デビューからじわじわと力をつけてきたので、このあたりで花開くといいなと願っています。残念ながら応援には行けないかもしれないけど、しっかり心の中で叫びます(^o^)

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、14日(土)、東京12Rのダート1300mに津村騎手で出走します。馬任せに行かせてしまうとオーバーワークになってしまう可能性があり、馬自身が速いところをやると察知してその気になっているときは特に注意しなければなりません。一気に飛ばしてしまう恐れのあった11日(水)の追い切りでも、前半は鞍上ががっちり手綱を抑えていました。相沢師は「仕上がりは良い。いきなり勝ち負けになっても」と大きな期待を寄せています。前走で先着されたブイチャレンジの後の活躍ぶりからもチャンス十分。

3歳馬
相変わらず「抜群に良いわけではない」んだね〜 デビュー前の勢いはどこへやら。しかし、来週の東京は除外の可能性が高く、なんと京都へ遠征ですか。この馬は移動に弱いのですが…… きっと向いてると思う東京で走らせたかった。orz  それにしても、せっかく調整はまずまずのところへきたというのに、わざわざレベルの高い京都へなんぞ行かなくてもいいのに、また無駄な1戦をさせるのですか。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。坂路とダートコースを中心に乗り込まれています。抜群に良いわけではないものの、状態は高いレベルのまま。12日(木)の追い切りではゴールが近づくにつれて速くなる、好感の持てる内容でした。調教助手は「もっと走れる馬」と感触を述べます。近々、ブリンカーを試してみるかもしれません。現在の出走状況から、東京最終週の芝1800mはレース間隔による優先順で除外になるでしょう。来週の京都へ遠征して芝2000mを使う予定です。

Posted by sachi at 07:17 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ハヤト4枠7番、アルデュールは2枠3番

ハヤトは無理なくレース運びができるもう少し内がよかった気もしますが、今のハヤトならどこからでもOKかな。脚抜きがよいダートになったら、ちと分が悪いので、とりあえず目指せ掲示板!!!です。

2月14日(土)小倉8R 500万下 4歳上 □指(定量) ダ1700m 16頭 発走:13:40
1 1 △ ◎ インダストリアル 牡4 56.0 北村友一 橋口弘次
1 2   ▲ マイネルフリーデン 牡4 56.0 小牧太 白井寿昭
2 3 ▲ ○ ファイトシーン 牡5 55.0 △田中健 佐藤正雄
2 4 ○ △ オーミプレシャス 牡4 56.0 川島信二 田島良保
3 5     トーセンコックス 牡4 54.0 △丸田恭介 栗田博憲
3 6     コアレスナイナー 牡5 54.0 ▲宮崎北斗 鈴木康弘
4 7 △   マイネルハヤト 牡5 57.0 田辺裕信 小西一男
4 8     オリエンタルバレー 牡6 57.0 西田雄一 大江原哲
5 9     ブライティアクロス 牝5 55.0 二本柳壮 河野通文
5 10 △   マイニングゴールド 牡5 57.0 中舘英二 伊藤圭三
6 11     シルクイシュタール 牝5 55.0 赤木高太 北出成人
6 12 ◎   シルクダイナスティ 牡4 53.0 ▲船曳文士 加用正
7 13     ローズシティ 牝4 53.0 ☆浜中俊 村山明
7 14     キタサンダイオウ 牡5 55.0 △荻野琢真 中野渡清
8 15     ステラパラダイス 牡5 57.0 太宰啓介 崎山博樹
8 16     フジマサルビー 牝4 51.0 ▲黛弘人 奥平雅士

アルデュールは、あれ、意外と印が薄い気も( ̄ー ̄)ニヤ ま、復帰戦なので人気もこんなところでしょう。1つだけ注文があります。絶対に松岡騎手の馬には先着してほしい(笑) だって松岡騎手は、自厩舎の馬に乗らずよその馬に乗るんですよ〜 (内心は半分よかったかも?と思っているのですが、肝心の津村騎手の調子が今年はいまいち。とほほ) アルデュールの調子さえよければ、そんなの問題なく勝ち負けだと思うんですけどね。頑張れアルデュール&津村騎手!!!

2月14日(土)1回 東京12R 1000万下 4歳上 ○混□指(定量) ダ1300m 16頭 発走:16:20
1 1 ○ △ リーズレセプション 牡5 57.0 木幡初広 藤原辰雄
1 2     カフェリバティー 牡7 57.0 吉田隼人 松山康久
2 3 △ ▲ マイネアルデュール 牝4 55.0 津村明秀 相沢郁
2 4 △   リバティープリント 牝4 55.0 蛯名正義 伊藤正徳
3 5 △   トウショウブリッツ 牡5 57.0 田中勝春 池添兼雄
3 6     アポロダヴィンチ 牡5 57.0 勝浦正樹 堀井雅広
4 7     アトラスシーダー 牡4 57.0 柴山雄一 和田正道
4 8 ◎ ○ ジェイケイボストン セ6 57.0 江田照男 坂本勝美
5 9     カロンセギュール 牝5 55.0 武士沢友 戸田博文
5 10     ワンダープロ 牡6 57.0 藤田伸二 小崎憲
6 11 ▲ ◎ セイコースペシャル 牡5 57.0 松岡正海 鈴木康弘
6 12     モエレジンダイコ 牡4 54.0 ▲伊藤工真 大江原哲
7 13     クリストフォルス 牡4 57.0 三浦皇成 角居勝彦
7 14     ケルティックハープ 牝5 55.0 大野拓弥 斎藤誠
8 15 △   クールフォーマ 牡4 57.0 内田博幸 坂本勝美
8 16     アポインテッドボブ 牡5 57.0 北村宏司 手塚貴久
(印はnetkeiba.com)

明日はアルデュールの応援に行こうと思っていたのですが、よんどころない用ができて、行けない可能性大です。録画はできるけど、テレビ観戦もできないかも…… 残念だけど仕方がないなぁ。

Posted by sachi at 05:39 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 12, 2009

今週の調教時計

入厩馬が増えたので、調教時計も賑やかです。

マイネルアリオン
2/12 助 手 美南坂 良 - - - 52.5 38.2 24.8 12.3 - 馬ナリ余力
マイネアルデュール
2/8 助 手 美南W 良 - - - 69.4 53.6 40.2 13.1 1 馬ナリ余力
2/11 助 手 美南W 良 - - - 65.4 50.4 36.2 12.3 1 強目に追う
マイネルハヤト
2/11 田 辺 小倉ダ 良 - - 84.3 67.8 53.6 39.8 11.7 7 一杯に追う
 テイクザホーク(古1000万)馬ナリの内同入脚色劣
マイネルグリッツァ
2/11 助 手 美南P 良 - - - 73.3 57.2 42.8 14.1 5 馬ナリ余力

アリオンはやっと調子が出てきたよう。先週は美浦坂路の4番時計だったし、今週も馬なりでこれなら少し期待がもてます。しかし今週は出走しないのです…… 今週も芝1800mのレースがあるのに。来週のつもりなのかな。でも東京最終週に必ず出走できるとは限らない。となると、また中山になっちゃいます。東京で一度走らせたかった。厩舎の考えが知りたいものだけど、明日までおあずけ。このシステム、本当にいらだちます。
アルデュールはいい感じで好時計をマーク。これなら可能性があるんじゃないかしら。期待します!
ハヤトも併せた相手が古馬1000万だから、同入脚色劣るとはいえ、なかなかのタイム。良のダートで最後も切れています。ここはチャンスかも? 今年は好調の田辺騎手、頼んだよ〜 小倉で勝って勝ち星を積み上げよう! あ、いや、しかし今週末は金曜から土曜にかけて雨か…… 切れる脚のないハヤトにはちときついですね。まだ日曜のレースならよかったのに。ま、もともと叩き良化型なので、今回はたたき台ですね。掲示板で許しましょう。
グリッツァはやっと乗り出しました。まだ馬なりですが、足許に不安があった馬なので、ゆっくりでいいでしょう。わたし的には、中山のバンケットを駆け抜ける姿しか思い浮かんでこないし(笑) 平沢騎手はアポロノサトリで今年すでに1勝をあげています。なんとか次もグリッツァで勝ってほしい。勝たせてください>競馬の神様

ところで公式HPの調教時計、マイページでは1週間以上前の時計が残っていて非常にややこしい。更新する人は気がつかないのか、それともシステム上、そうなってしまうのか。だとしたら、またまたお粗末なシステムと言わざるをえません。しかしいくらプログラムのせいと言い訳しても、それを発注しているクラブの責任ではないんでしょうかね。不具合はすぐに直してくれないと。

なお、アルデュールは予定通り東京12R、ハヤトは土曜日の小倉8Rで出走が確定しました。

2月14日(土)
東京 マイネアルデュール 12R 4歳以上1000万下 (混) 津村明秀 55 ダ1300m 16:20 16頭
小倉 マイネルハヤト 8R 4歳以上500万下 田辺裕信 57 ダ1700m 13:40 16頭

Posted by sachi at 05:30 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 11, 2009

オーパーの引退とラフィアンの情報提供

9年もの長きにわたり競走生活を送り、ラフィアン馬として現役最年長だったマイネルオーパーが引退したようです。某掲示板でコメントを見てあわてて近況を開いたところ、きのう火曜日の更新でアナウンスされていました。この馬は知り合いの出資馬なのでデビューしたときからなじみがありました。未勝利戦を勝ち上がれなかった馬が障害に転向して、いつの間にか2億円馬にあと一歩というすばらしい成績を残した貴重な例でもありました。いまや障害の上位馬にずらりと名を連ねるオペラハウス産駒。2つ上の世代で出資していた同じく父オペラハウスのマイネルアンコールが障害練習を始めてしばらくして、蹄葉炎を発症し安楽死処分になったので、障害デビューしていたらと、あとからいっそう残念に思ったものです。

去年の夏に鼻出血を発症してから再起を目指すも、一昨日で3度目の鼻出血。引退もやむなしとは思うものの、残念です。そして何より、本当にお疲れさまと、その労をねぎらい、少しでも幸せな余生を送ってほしいと願うのは、非出資者であっても多くの会員に共通する気持ちでしょう。オーパーのような馬は、ある意味ラフィアン会員にとって理想であり、クラブにとっても重要な貢献馬だと思うのですが、その引退を単なる定期の近況更新で知らせるだけとは!?
前々から言っていますが、デビューと引退は馬にとってもっとも大事なイベント。ましてやファンドとしての税制を厳格に適用されるようになったいま、そのファンドの1つが終了することを、このように愛馬登録している者にしか分かりづらいシステムで知らせるだけでよいのでしょうか? いまのラフィアンは本当に発想がおかしいと思わずにはいられません。

このことについては過去にも、引退馬のお知らせを会員全員に分かるよう新着情報に載せてほしいとの要望をクラブに出したのですが、どうも新着には載せたくないらしく、引退が臨時更新された場合をのぞき、そのまま現在に至ります。臨時更新した馬の名前を出してくださいという要望のほうは、1度は呆れるほどとんちんかんな返信がかえってきて驚愕し、再度厳しくメールを出したところ、F女史から「祝日で慣れない者が対応した」との釈明のメールが返ってきて、新着の臨時更新として馬名が出るようになりましたが、引退馬に関しては、「引退等については出資者以外の方にとっては緊急性は低く、また明るい話ばかりでもありませんので、読みたくない場合もあるかと思います。そのため、その馬について知りたい方が近況ページをご覧になるという流れを想定しております」という返答。新着情報に引退のお知らせを載せても、「読みたくない場合」は近況を開かなければよいわけだし、「出資者の方にとっては緊急性は低く」と言われても、名前が出ていないかぎり、「緊急」も何も、どこかよそでその情報を得てこないかぎり、非出資者(愛馬未登録者)にはほとんど分かりません。わたしにはこのラフィアンの考えも、まったく理解できません。読みたかろうがなかろうが、引退のお知らせはトップページにその事実を掲載すべきだと思いますけどね。

同様に、引退馬のページがまだできてもいないのにアルビオンのページが消えてしまったことについても問いただしたところ、データは残してあるものの現在は表示できない、「制作会社側で鋭意調整を進めておりますので、恐れ入りますが今しばらくお待ちください」という返事が12月にきたきり、1月中旬のHPのプログラム修正後も、そのページは影も形もありません。いったいどうなっているのでしょうか。

もう一つ言わせてもらえば、これまでずっと載っていたクラブ馬の各年ごとの勝利馬名と勝利数も、去年の6月に新しいHPになってから消えたままです。これももう一つのサービス低下だと思いますが、うがった見方をするなら、勝利数が減っているため(今年は激減するかも?)、それを悟らせまいとする苦肉の策なのでしょうかね。それはともかく、HPを充実させるとの社長の公約は、どうなったのかと思ってしまいます。

ま、それ以前にせめて事務処理だけは間違いのないようやってほしいものですが、きのはきのうで、またもや事務上のミスが発覚、わたしの確定申告には実質的な影響はないものの、木曜(12日)発送の訂正した「分配金および出資金通知書」を待たないと、不備な書類の提出になってしまいます(ちなみに税理士さんからは、1月中に書類を全部整えて提出するよう言われていますが、もちろんそれにはいろんな意味で間に合わず、相変わらず早く送ってきなさいという請求を受けるのみです)
そんなこんなが重なって、またもやラフィアンに対してむっとする気持ちが高まり、ラフィアン離れが加速しそうなきょうこのごろです。

Posted by sachi at 08:29 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

今週は2頭が出走予定。アルデュールは東京での復帰戦、ハヤトもしばらく休んでの小倉です。

東京競馬場
マイネアルデュール 14日(土) 12R 4歳以上1000万下 (混) 津村明秀 ダ1300m
小倉競馬場
マイネルハヤト 14日(土) 8R 4歳以上500万下 田辺裕信 ダ1700m
マイネルハヤト 15日(日) 8R 4歳以上500万下 (混) 田辺裕信 ダ1700m

アルデュールは4カ月の休養明けで、前走と同条件の東京ダート1300mで鞍上も同じく津村騎手。前走が惜しいクビ差の2着だったので、今回も期待できそうです。ただ休み明けなので、そこのところがどうかな。休養がこれだけ延びるとは思ってもいなかったのですが、相変わらず元気なところを見せてほしいもの。これまで17戦して掲示板をはずしたのが3回だけという堅実な馬で、本当に頭が下がります。
ハヤトも堅実さという点ではかなりのもの。デビューから3戦は2桁台の着順が続いて不安になったものですが、これまで元気に28戦して堅実に着を拾ってきました。そろそろ小倉で3つめの勝ち星をあげさせたい。今回は、土曜と日曜のダート1700mの両睨みです。どちらになるのかな。どちらかというと、アルデュールが土曜なので、録画の都合上、日曜のほうがいいのだけれど…… 一度は勝っている条件です。田辺騎手も今年は好調!ですでに5勝して、現在リーディング25位につけています。昨年までは60位前後から70位くらいだったので、この調子で勝ち星をあげていけば大躍進となります。これまでの地道な努力が実ってきたと思うのです。頑張ってほしいな。

Posted by sachi at 08:14 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 10, 2009

利益分配の支払調書は届いたけれど……

え〜っ? これを見ても何が何だかさっぱり分からない。
分かるのは、そんなに利益があったの? そんなに税金を源泉徴収されてるの?ってことぐらい。赤字の引退馬の損失は、どの数字をもって計算に組み入れればいいの? 終了損失と雑所得の必要経費は、どちらの数字を使えばいいの? 引退したサイクロンに終了損失も雑所得の必要経費もないのは、どういうわけ?…… とにかく、疑問がいっぱいです。もともと確定申告をしているので、税理士さんに任せればよいようなものですが、それにしても分からない。こんな紙を送ってくるだけで何の説明もないなんて、不親切きわまりないと思うんですが、それとも勉強不足なんでしょうか?
う〜ん、よーくよーく眺めてみると、少し分かってきた。補償金はやはり収入になるのですね。だったら、黒字から引けるのは、この一番右側のコラムにある雑所得の必要経費と、入会金・会費だけですか? 補償を使うと損失はたいした金額にはならないってことですね。これではたまりませんわ。それでも所得が減るから、少しは還付になるのかな。いや、総収入は増えるわけだから、かえって徴収されることも考えられるのか?? どちらにしても、サイクロンの損失を計上できないのが、どうしても解せません。

【追記】
今回の支払書は去年1月から11月までらしい。サイクロンは11月に引退が決定したけれど、正式に計算が出るのは12月だから入っていなかったんですね。引退で赤字になると思ったので去年の所得に関しても安心してるところがあったのですが、そのマイナスを引けないとなると、経費と会費等を引いても、雑所得の課税対象額である20万をかなり越えてしまいます。もっとも、サイクロンの損失を引いても、どのみち20万なんて越えてしまう。これで補償で出資しなければ、来年にはサイクロンの相当額の赤字を引けるでしょうが、補償を使うと、大幅赤字馬がいないかぎりたいして引く額はないですね。馬が活躍してくれるのにこしたことはないけど、どういうバランスになれば一番お得なのだろう。

Posted by sachi at 08:13 PM | Category: HORSE | Comments (6)

北海道滞在馬近況

5歳馬
大半の愛馬が入厩したので、牧場にいるのはフォーグのみになりました。
一頓挫あったものの、今は真歌へ移動して調教を開始。膝蓋骨がはずれる症状も改善したようで、まずはよかった。グリッツァもかつて同じ症状でしたが、いつの間にかまったく言われなくなったので、馬体がしまってくれば大丈夫なのでしょう。フォーグはわが厩舎最強世代のなかでもとりわけ孝行息子。なんとか故障なく、無事復帰してほしいと願っています。3歳が全滅に近いだけに、そして2歳もあまり期待がもてないだけに(まだ断言するには少々早いけど)頼みの綱です。しかしあの小柄でひ弱だったフォーグが、いまや馬体重484キロ!? これは最近、とみに胴まわりがきつくなってる出資者ともども、かなりのダイエットが必要のようです(^^;;

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和から真歌トレーニングパークへ。坂路でキャンター1500m1本の運動を開始しました。急にヒートアップしてしまう一面があり、熱くなったときの扱いには十分注意しなければなりません。ケガのリスクを少しでも低減するため、ウォーキングマシンに入れてある程度のエネルギーを発散させてから乗るようにしています。年末年始は膝蓋骨が容易に外れてしまう状態だったものの、今回の騎乗においては大丈夫です。馬体重は484キロ。

Posted by sachi at 07:17 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 09, 2009

ルーチェ、惜しくもまた2着

きのう東京競馬場で出走したルーチェは、直線じりじりと抜け出して勝つか!?と思ったのですが、惜しくも最後に差されてクビ差の2着。う〜ん、残念。

2/8(日) 東京9R 箱根特別(1000万下) 4歳上 ○混□指(ハンデ) 芝2400m 13頭 発走:14:35 天候:晴 馬場:良
2着 4枠 4番 マイネルーチェ 牝5 54.0 内田博幸 上原博之 クビ 472(+6) 8.3 4/13人気

パドックで+6キロを見たときは、ありゃ太いかなと心配したのですが、気配は良好。落ち着きがあり、過去に時々見せていた前の馬に遅れるようなこともなく、むしろ前に迫っていく前向きな気力あり。少頭数でもあり、ここで決めてほしかったものの、牡馬相手にどこまでという不安も少し。しかしこれまでもずっと牡馬相手に良績をあげてきたし、このコース、この距離はルーチェにとってベストなはず。内田騎手とのコンビも頼りにできると期待。
レースは内田騎手がうまく乗ってくれて、積極的に前々の競馬。最後の直線で抜け出そうとするも、前がつまってややロスがあったように見えたけれど、よく頑張りました。騎手コメントにもあるように、切れる馬にどうしても最後やられてしまいます。いつもいいところまでは行くのですけどねぇ。今回はハンデ戦でも特別に重い馬、軽い馬がいなかったので、まぎれの少ないレースだったかな。一生懸命に走ってくれるルーチェの姿には、いつも感動します。決して器用な馬ではないのですが、根性はたいしたもの。それにしても生で見ると、シャドウロールをつけた首を上下に振って懸命に走る姿はグリッツァとそっくりで、思わずくすっ。やはり兄妹なんだな(笑)

騎手コメント:from Race Courseより
「ルーチェ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
内田騎手「勝ったと思ったんだけどね。牡馬に混じって良く頑張っている。馬場が良いのも良かった。ジリジリとしか伸びないから切れる馬にやられるね。太くは感じなかった」

頑張って激走したので疲れも少し心配ですが、馬体は前2走がぎりぎりの仕上げに見えたのに比べて、やや余裕もあったような。ここを叩いて次走はもう少し切れ味が出てくればと思います。どこを使う予定なのでしょうか。レース後のコメントが金曜日までないなんて、ラフィアンはほんとに会員にやさしくないクラブになってしまった。そして今回、やはり鉾田から入厩、出走までの間隔をとってくれないと馬が仕上がらないのが証明されました。本当に間隔があく馬は仕方ないとしても、鉾田から入厩10日で出走なんて無茶。成績低下の大きな一端だと思います。厩舎は仕上げのプロ、鉾田は鉾田でしかない。多少なりとも結果を出している馬は関西馬だというのも、それを立証しているような。この方針が変わらないと、今後も当然不振が続くでしょう。1000万下は3着以内にしか出走優先権がないので、ルーチェは次走、ほぼ望むところに出られますが、また鉾田なんて言わないでほしい。


いつものおにいさんと仲よしのルーチェ。


馬体は結構がっちり仕上がっていました。


きょとんとして可愛いルーチェですが、周回するうちに気合こもる。


「とまれ〜」の号令のあと、おすましのルーチェ。ともも以前よりたくましくなったでしょ?


本場場入場のあと、哀愁を漂わせつつ?引き上げる上原先生。
きのうはルーチェのとこにはこなかったので、久々の復帰戦となるダイワバゼラードのところにいたのでしょう。

レースと他の馬の写真は"続き"で。


返し馬に向かうルーチェ。


道中はずっと3〜4番手で進む。いい位置取りでした(これは1週目)


最後の直線、ちょっと前がふさがった感じでしたが、うまく抜け出し先頭に。


あぁぁ、しかし、最後の最後、13番の馬にクビ差で惜敗…… う〜ん残念。
でもよく頑張ったね!


勝ち馬のピサノエミレーツは、バランスのよい馬体、けづやもぴっかぴか。パドックで何回廻ってきても、目がいってしまうほどでした。


3着馬のファンキーテーラー。この馬も気配よく、いい馬でしたよ〜

(以上、PENTAX K10D+DA55-300mm F4-5.6 ED)

Posted by sachi at 06:33 AM | Category: HORSE | Comments (6)

February 07, 2009

ルーチェは4枠4番

ルーチェは内目の枠を引きました。

2月8日(日)東京9R 箱根特別(1000万下) 4歳上 ○混□指(ハンデ) 芝2400m 13頭 発走:14:35
1 1   ▲ ショウナンラヴァー 牡5 55.0 御神本訓 大久保洋
2 2 ○ ◎ フジヤマラムセス 牡4 54.0 三浦皇成 加藤征弘
3 3 ◎ △ ファンキーテーラー 牡4 55.0 蛯名正義 勢司和浩
4 4 △   マイネルーチェ 牝5 54.0 内田博幸 上原博之
4 5     ドレックセル 牡6 52.0 村田一誠 岩城博俊
5 6     エイシンブイダンス 牡4 54.0 松岡正海 小崎憲
5 7   ○ アイアムドラマ 牡6 54.0 武豊 鹿戸雄一
6 8     ベストオーカン 牡4 53.0 大野拓弥 藤原辰雄
6 9     エイティフロー 牡8 54.0 吉田隼人 池江泰寿
7 10 △   ミヤビベガ 牡4 55.0 吉田豊 戸田博文
7 11 △   メインストリーム 牡4 54.0 後藤浩輝 角居勝彦
8 12 △   ダイワバゼラード 牡6 56.0 デムーロ 上原博之
8 13 ▲   ピサノエミレーツ 牡4 56.0 安藤勝己 藤沢和雄
(印はnetkeiba.com)

またしても唯一の牝馬で、上原厩舎はダイワバゼラードと2頭出し。しかもどちらも安藤勝巳騎手のピサノエミレーツと並んでハンデ頭です(牡馬換算で56キロ)。僚馬ダイワバゼラードはデムーロ騎手、ルーチェは内田騎手と、そろえてきました。どこまで頑張れるかな。案外、武騎手騎乗のアイアムドラマあたりがおいしいところをもって行きそうな気もしなくはない。勝ち切れなくても、掲示板は確保してもらいたいものです。内田騎手の手綱さばきに期待して、馬券圏内が目標!

Posted by sachi at 05:42 PM | Category: HORSE | Comments (4)

February 06, 2009

入厩馬近況

6歳馬
グリッツァは帰厩したばかりで、そんなに焦ってレースに出すこともないでしょうに。じっくり機を待って復帰戦にのぞんでほしい。とにかく中山が好きな馬なんです(最後のダートは別にして。笑) きっとはなを切って気分よくバンケットを走りたいのだろうなぁ。真歌の坂路を思い出すのかもしれません。騎手を振り落としても最後まで頑張り抜いてゴールした日の悲しさとこっけいさの入り交じった気分は忘れようがありません。グリッツァってほんとに走ることにまじめな馬だったんだ、こんなに一生懸命走ってるんだから、あと1つ勝たせてやりたいなぁと思ったものです。グリッツァにとって障害レースが楽しいものであることを祈っています。そして今度こそ平沢騎手にも勝ち星を!

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、5日(木)に美浦の郷原厩舎に入厩しました。熱発もなく、無事に到着。けさから馬場入りを開始しています。真歌トレーニングパークで乗ってきたとはいえ、障害練習の必要があり、来週末の復帰は難しいでしょう。今後の状態を確認してからレースを決めることになります。

5歳馬
ハヤトはすでに小倉へ出発! 帯同馬の都合で移動がキャンセルになっていたのね。でもお相手が見つかってよかった。田辺騎手がしっかりお稽古をつけてくれるでしょう。グリッツァと平沢騎手同様、ハヤトも田辺っちとのコンビがとても相性がよいので助かります。ハヤトにとって田辺騎手は名ジョッキーです。とはいえ叩き良化型の馬なので、小倉で早々に勝ち星をあげられるとも思いませんが、3場開催になると相手関係も楽になるので、そのあいだになんとか1つ勝ってほしい。鉾田では絞れない馬体も、田辺っちがじっくり乗って絞ってくれるでしょう。
ルーチェは今週、また競馬場で会える〜 馬体はまだ若干太めのようで、絞るために強めに追っただけで、一杯ではなかったらしい。状態はずっといいはず。よくないと、ちょっとお稽古すると飼い食いが落ちて馬体も細化していくんです。前走の1600mから長距離に戻って底力も発揮できるはず。2着のとき同様、前々の競馬で最後まで粘ってくれれば、結果はおのずとついてきてくれるでしょう。頑張れルーチェ〜!!!

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、帯同馬の故障により先週末の移動が急遽キャンセルとなりましたが、都合のつく馬が見つかり、きょう6日(金)に小倉競馬場へ向けてトレセンを出発しました。4日(水)の追い切りを控えめにしたのは長距離輸送を意識したものです。熱発予防の注射を打って送り出しました。2週目のダート1700mに出走する予定。稽古、実戦とも乗り慣れている田辺騎手に依頼しています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、8日(日)、東京9Rの箱根特別・芝2400mに内田騎手で臨みます。馬体重が470キロ台。最終追い切りも控えめにするつもりでしたが、もう少し絞った方が良いとの判断から、いつもより強く負荷をかけました。上原師は「(専門誌の調教欄で)一杯の表記になっているかもしれないが、そこまでビシバシやったわけじゃない。具合は良いですよ。長距離戦に戻って盛り返して欲しい」とコメントしています。

4歳馬
アルデュールも順調にお稽古を進めています。今週の追い切りは好タイムでしたが、テンションも高かったよう。それにしてもデビューのときのあの気迫のなさというか、のほほんぶりとは馬が一変しました。熊癖に旋回癖と、小さなトラブルはあっても、大きな故障がないほんとうに丈夫な女の子です。さて、ルーチェとどっちが先に1000万クラスの壁を越えられるか、楽しみです。津村騎手との相性もいいと思います(実は松岡騎手とは、いまひとつ手が合わないのではと思っているのです。松岡騎手は、追ってるようで実際、見かけほど追えてないんだもん。人気薄の逃げ馬に乗るときは要注意ですが)

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、美浦で調整中。坂路とウッドコースを中心に乗り込まれています。自らという気持ちが旺盛。5ハロンから63秒台の好タイムをマークした4日(水)の追い切りではかなり気負っていたようです。担当の調教厩務員は「テンションは高いが、馬房での雰囲気は以前と同じ。旋回癖は見られるが、ずっと回っているわけじゃない」と話していました。東京3週目のダート1300mに津村騎手で出走する予定です。

3歳馬
アリオンは坂路中心の調整に切り替えたようです。ポリトラックではどうもいまひとつさえない感じがずっと続いていたので、これは良い判断ではなかっただろうか。コメントを見ても、どうしようもない馬ではなくなってきたようです。やっぱり、デビューの時期も休養の時期も見誤って、半年ばかりむだにしたという思いは拭えないものの、今度こそは正念場。クラシックだイギリス・ダービーだなどと考えず、とにかく目の前のレースで早く1つ勝てるような調整をしてくださいよ。中山から東京になってコース変わりに期待してるんですから。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。稽古ではとても素直に指示に従っていて、思い通りの負荷を掛けられます。調教助手も「夏に比べたら気持ちとか身体とか格段に良くなっていると思う。でもそれがレースで活かしきれていない感じがする」と結果が出ない理由について述べていました。木曜日の追い切りは調子を整える程度を予定も、併せた馬が動いたために自然と早いタイムに。次走は出走できるところで東京の芝のレースを予定しています。

Posted by sachi at 09:22 PM | Category: HORSE | Comments (2)

February 05, 2009

セゾン馬近況

むむむ、ピクシーが北海道の牧場へ戻ってしまいました。やはり腰が……
京都まで遠征したけど、やはり無理があったかな。どうも腰ふらに近い状態になってから、完治しないようです。これはダメかもしれません。でも、鉾田でぐだぐだ乗られるよりは10倍よい。どうしてラフィアンも、さっさと北海道へ返して立て直しをしないのだろうか。2〜3カ月の間隔があいても、腰の調子さえよくなればまだ可能性はあるし、牧場で様子を見て、状態によっては引退も考えられます。素早い決断に感謝です。

サマーピクシー [外厩馬 / ビッグレッドファーム鉾田] ■2009/02/05
--------------------------------------------------------------------------------
ビッグレッドファーム鉾田で様子を見ていましたが、トモの具合が良くなってきません。特に左トモがくたくたな状態です。運動再開には時間を要するとの判断から、コスモヴューファームへ移動して放牧を行い、立て直すこととなりました。2/5に出発しています。

Posted by sachi at 09:54 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

最新の調教時計

入厩馬が増えたので、時計を出している馬も増えました。

マイネルアリオン
2/5 助 手 美南坂 良 - - - 51.9 37.7 24.8 12.5 - 馬ナリ余力
 コスモエクスプレス(新馬)馬ナリを追走同入
マイネアルデュール
1/31 助 手 美南W 不 - - - - 56.7 41.7 14.5 5 馬ナリ余力
2/4 助 手 美南W 良 - - - 63.7 49.6 36.7 13.0 4 馬ナリ余力
マイネルーチェ
1/28 助 手 美南W 良 - - - 67.5 53.7 40.0 12.9 3 馬ナリ余力
 ショウナンアルディ(三500万)馬ナリの内を追走同入
2/1 助 手 美南W 重 - - - 66.9 51.5 38.8 13.5 6 馬ナリ余力
2/4 助 手 美南W 良 - - - 64.6 50.3 36.8 13.2 2 一杯に追う
 プレミアムボックス(古オープン)直一杯の内を追走0.6秒遅れ
マイネルハヤト
2/4 助 手 美南P 良 - - - 71.8 55.8 41.7 13.9 7 馬ナリ余力

アリオンは時計は悪くないんだけど、この日は馬場がよかったのか、新馬を追走して同入。ま、坂路でこの時計なので、一時よりは上向いたと思っていいのでしょう。そろそろ本気になってくれないと困ります。
アルデュールは輸送の疲れも見せずに順調のよう。さっそくウッドではいい時計を出しています。ルーチェより速いタイムで馬なり!? いまだに時計の見方もよく分からないんだけど、これは短距離馬だからでしょうか。それとも、やはりアルデュールには1000万下を勝ち上がる力があるけれど、ルーチェにはないってこと?? う〜ん、どっちも頑張ってほしいのですが……
ルーチェは上原厩舎らしい追い切りですね。ずっと馬なりできのうだけ久々に一杯に追っています。総合的にはいい状態だと思うのだけれど、終いが伸びていないのがちょっと気掛かり。これでアルデュールが結果を出し、ルーチェが勝ち切れないとなると、能力なのか、それとも鉾田に出すのがよくないのか、あるいはアルデュールが調教大将なのか、どうなのでしょう。
ハヤトは、小倉遠征がもう少し先だから、まだ本格的に追っていないのでしょう。金曜日のコメント待ちです。

なお、ルーチェは出走が確定しました。
2月8日(日)
東京 マイネルーチェ 9R 箱根特別 (混) 内田博幸 54 芝2400m 14:35 13頭

少頭数で手頃。しかし牝馬でハンデ54キロは、ちと厳しいですねぇ。
ルーチェ、やはり重賞ばかり出走してきたことや、オークス6着が物を言ってしまってるんでしょう。仕方がありません。相手関係は比較的楽みたいだし、珍しく一杯に追ってのぞむ東京です。上原先生も自信ありと見ました。頑張れルーチェ&内田騎手!!!

Posted by sachi at 09:52 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 04, 2009

今週の出走予定馬

今週はいよいよルーチェが東京で出走です。

東京競馬場
マイネルーチェ 8日(日) 9R 箱根特別 (混) 内田博幸 芝2400m

勝てそうで勝てなかった前々走の牝馬限定戦がなんとも惜しかったのですが、今回はハンデ戦。前走は距離短縮が裏目に出て、今回は2400mに戻ります。何と言ってもオークス6着であわやという一瞬もあった馬、何とかあと1つ勝たせたいのは、きっと上原先生も同じでしょう。今回は早めに鉾田から呼び戻してくれたし、内田騎手もそろそろ乗り慣れてきたと思われ、ぜひともいい結果を出してほしいところです。

*ちなみに、グリッツァが2月5日に入厩! 待ってました〜♪
障害戦には故障もつきものなので心配はありますが、去年は意外な飛越のうまさを見せてくれたグリッツァ。障害で頑張れば、少しはいい余生も待っていてくれるかもしれません。頑張れ、頑張れ〜
それにしても入厩で近況の臨時更新がある馬がいるかと思えば、今回のように移動情報しかない馬も…… いったい事務所のポリシーはどうなっているのかな。相変わらず一貫しません。
きょうは鉾田滞在馬の近況更新ですが、さて、うちの鉾田馬は……い、いなかったぁ!!!(嬉) いや、実際、1頭いるにはいるのですが、あれはセゾン馬orz そして牧場滞在も、いまや古馬ではフォーグのみ。そのフォーグも真歌に移動して調教再開となれば、帰厩もそう遠くはないはず。春には全馬そろって、みんな頑張りや〜♪

Posted by sachi at 06:52 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 03, 2009

2歳馬近況

フリークロバリー07はようやく動きがよくなってきたようです。といっても、4ハロン60秒はまだまだですが、緩さがとれてきたのはよいニュース。暖かくなるにつれてもっと動きがよくなってほしい馬。これから2〜3カ月が正念場というか、走る馬なのかどうかのおよその見当がつく時期です。頑張ってほしい。
マイネガイア07は、逆に少し心配の種が…… 速い回転ができないのにくわえて、馬群が苦手とは。母も気性が問題だっただけに、やはりというか、ちょっと困りました。「いままでが順調すぎるくらいだった。扱うのに問題はない」というスタッフの言葉を信じるしかありません。たとえ今評判がよくても、実際、競馬に行ってだめな馬はたくさんいます。馬体はよくなっていると思うので、今度は気性の成長を待ちたいです。

▼フリークロバリーの07……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東・中村均(予定)……
フリークロバリーの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路1本を駆け上がった後、屋内トラックコースを2周しています。コスモバレンシアの07と同様、こちらも筋肉の緩みが取れつつあり、それに伴って動きも良くなってきました。先週末に課した強い調教では4ハロン60秒でしたが、まだタイムが詰まりそうな感じでした。普段の調教では、しっかりハミを取って手応えを残したままゴールできています。

▼マイネガイアの07……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東・宮本博(予定)……
マイネガイアの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路1本を駆け上がった後、屋内トラックコースを2周しています。馬群の中に入るのが苦手です。後続馬を気にする面もあり、接近されると尻っぱねをします。育成主任は「他のスタッフから『グレてきた』といわれるが、いままでが従順すぎるくらいだった。でも、扱う上ではまったく問題ない」と大して気にしていない様子でした。

Posted by sachi at 08:02 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 01, 2009

ルーチェ、箱根特別に登録

予定通りです。登録馬17頭なので、1頭くらいどれか回避するでしょうし、まず出られそうです。あとはハンデ待ち。内田騎手の手綱で今度こそ勝利をものにしてほしい!

2月8日(日) 東京9R箱根特別 第1回特別登録 17頭
サラ系4歳以上 (混合)[指定]4歳以上1000万円以下 ハンデ 2400m 芝・左
アイアムドラマ
エイシンブイダンス
エイティフロー
キンショーオトヒメ
ショウナンラヴァー
ダイワバゼラード
ドレックセル
ピサノエミレーツ
ファンキーテーラー
フジヤマラムセス
ヘイアンレジェンド
ベストオーカン
マイネルーチェ
マスラタケヲ
ミヤビベガ
メインストリーム
ライオングラス

Posted by sachi at 07:25 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアンの応募馬名

今週は出走馬もなく、競馬を見る必要もないので?(言い換えれば暇なので)、ついきのう締め切られた馬名応募に申し込んだ名前を、ここで記しておきたいと思います。

今年も懲りずに出資馬2頭の馬名に応募しました。といっても、去年の2歳馬の成績不振とケガや故障の多さ(しかも納得のいかない故障や調整過程)、何が何でも鉾田での扱いに辟易し、ラフィアン馬への情熱も半ば冷めかかっており、選馬と同様、大変おざなりになってしまいましたが……
それと、去年までいろんな馬名を考えて複数(多数)応募していたのですが、愛馬につかずに他の馬にその名前がつく場合があまりに多いので、いろいろ思いついても、これぞというのに取っておくため、1つかせいぜい2つの応募にとどめました。他の馬への流用は以前からでしたが、記念品云々になってから、自分の馬に応募した名前が他の馬につくと、気分が悪いというか、むっとします。もっとも募集馬も会員数も多いので、同じ名前を応募した会員さんも多いのかもしれません。
ともあれ、今年ラフィアンに応募した馬名とその理由・由来は以下の通り。

★募集番号・募集馬名:20 フリークロバリーの07
 希望競走馬名:マイネルウィナー
 意味・由来: Winnerは「勝利者」。大レースに勝利するよう願って。
 綴り: Meiner Winner
 言語名:英語

ははは、すっごいベタです。本当はマイネルヴァール(Meiner Wahl)にしたかったのですが、同じ名前の馬(スペルも意味も違うものの、カナにすると同じ)がいたため、これは断念。ちなみにWahlはドイツ語で「選択」の意味で、セレクト産駒のこの馬につけたかったのです。結果、ウィナーなんていう、まったくどの馬でも通用する平凡な名前だけ応募しました。

★募集番号・募集馬名:23 マイネガイアの07
 希望競走馬名:1)マイネルウラノス
 意味・由来:ウラノスは大地の女神ガイアの息子で夫。神々の始祖といわれる天空神。
 綴り: Meiner Ouranos
 言語名: ギリシャ語
 希望競走馬名:2) マイネルグラース
 意味・由来:父より。グラースはRose de Mai(5月のバラ)で有名な南仏プロバンスの香水の都。
 綴り: Meiner Grasse
 言語名: フランス語

こちらは出資候補だったときから決めていました(笑)
第一候補のウラノスは、とってもややこしいギリシャ神話の天空神で、大地の女神ガイアから生まれた息子でありながら、夫となり(げげげっ)、ガイアとのあいだにティタン、クロノスらを産むのですが(したがって神々の始祖と呼ばれる)、息子クロノスに去勢されて支配者の地位を奪われてしまいます。クロノスでもタイタン(ティタン)でもよかったんだけど、すでにそれはいたので〜
第二候補のグラースは、多数いるロージズインメイ産駒のなかでも牡馬向きの名前を考えた結果、バラではなく、バラの産地の名前に。そもそもロージズインメイは英語でそうなってますが、もともとはフランス語でrose de mai(ローズドメ)。もちろん香水の原料となるバラのエッセンスを取るバラのことで、その中心地がグラースということです。ほかにもいろいろバラがらみの名前を考えてあるので、もし今後またロージズ産駒に出資するときがあれば、それを流用して申し込むつもりであります。応募すればするほど、よその馬にその名前がつくからこの2つに。でも、これでまたウラノスとかグラースとかが別の馬についてたら、怒り心頭かも???

セゾンのほうは、馬名応募の締め切りが2月10日だったので、応募名はそのあとで。実は1つ「ドリームシーカー(夢追い人)」という名前を応募したのですが、現役馬にセゾンと無関係なドリームシーカーがいることに気づいたため、これからかわりの名前を郵送してきます。冠号「ドリーム」は、セゾン馬でなくても結構いるのでつけづらいです。

Posted by sachi at 10:02 AM | Category: HORSE | Comments (7)