December 31, 2008

出資馬の成績(2008年)

今年も残すところ1日を切りました。
この1年の愛馬の成績は、以下の通りでした。

58戦3勝(3−7−11−8−3−26)

6歳馬 アルビオン  7戦0勝(0−0−1−6)引退       1196万
5歳馬 グリッツァ  8戦0勝(0−2−2−4)           1260万
4歳馬 ハヤト    9戦1勝(1−0−5−3)           1630万
    ルーチェ   6戦0勝(0−1−1−4)            1162.2万
    フォーグ   8戦1勝(1−1−1−5)            4735.1万
3歳馬 アルデュール 9戦1勝(1−3−1−4)          3873.6万
    マカリイ   2戦0勝(0−0−0−2)未勝利引退        0
    パラスト   5戦0勝(0−0−0−5)未勝利引退        0
2歳馬 アリオン   4戦0勝(0−0−0−4)            145万
    サマーピクシー  12月20日入厩                 0
    サイクロン    未出走引退                    0
                            総獲得賞金 1億4001.9万
    

2歳馬があと1〜2勝はしてくれると思っていたのですが、勝ち星少ない〜 この数字を見ても分かるように、4歳以上がコンスタントに出走してくれオープン特別勝ちや2着3着を繰り返し、重賞での4着もあって、少なくとも最低限の賞金をもってきてくれたのに対し、3歳以下の成績ががくんと落ちます。3歳世代は3頭すべてデビューはしたものの、うち2頭は即引退に等しく、残っているのはアルデュールのみ。アルデュール1頭で3頭分をまかなってくれたようなものです。
2歳はさらにひどく、アリオンが骨が見えるほどの大ケガのあと、サイクロンも蹄骨骨折で8カ月も引っ張られた揚げ句に引退、クラブ入会以来初めて、未出走での引退馬が出てしまいました。この分ではアリオンがどうにか勝ち上がれるかどうかというところ。セゾンのSピクシーもやっと入厩したもののまだ出走していないので、来年こそはこの世代もなんとか上げ潮にのってほしいと切に願っています。
総獲得賞金は約1億4000万と、去年より多かった。今年走った馬9頭で割ると、1頭あたり平均1500万強。現役馬は少なくともみな自分の飼い葉代と保険料は稼いでくれ、収支は出資馬代金、会費、維持費をすべて差し引いて、今年も若干のプラスでした。
アルビオンが引退し、グリッツァも復帰できるかどうか、ルーチェは2勝目が遠く、フォーグもケガで休養となった今、来年は2歳馬(明け3歳馬)と1歳馬(明け2歳馬)がもう少し活躍してくれないと、非常に厳しくなりそうです。

今年、愛馬を一緒に応援させていただいた皆様、お世話になりありがとうございました。来年もよろしくお願いします。よいお年を!

Posted by sachi at 06:26 AM | Category: HORSE | Comments (4)

December 30, 2008

セゾン1歳馬近況

今年最後の近況更新です。
ラブリーカラー07は乗り込みのピッチを上げ、素軽さが出てきたよう。この前の動画を見ると動きが重かったので心配していたけれど、よかった。骨格がしっかりしているのは、写真での出資の決め手になった点です。このバランスを崩さず成長していってほしい。
Mベネラシオン07もほぼ同様の調教。ただ、スタミナ不足のようです。馬体重はあるのですが、体高が低め。何しろ後躯は筋肉もりもりだった馬、これは今後、成長の余地を残していると思いたい。しかし、じり脚っぽいかもしれませんね。ガンバレ!
ピクニックムード07は、気性はまだ幼いようですが、スピードはありそう。切れる脚を発揮してほしいと願って出資した馬です。こちらも、さらに調教を積めば思惑通りに成長してくれるのではないかと期待しています。

ラブリーカラーの07 [募集馬 / コスモヴューファーム] ■2008/12/29
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターで運動しています。だいぶ気性がおとなしくなってきました。とはいえ、良い意味で気持ちは前向きです。ピッチを上げ、ハロン18秒で入ってから加速し、ラストは16秒程度であがっていますが、動きは上々です。素軽さが出てきました。太め残りが解消してくればさらに良くなってくるでしょう。骨格がしっかりしており、今後の成長が楽しみです。

マイネベネラシオンの07 [募集馬 / コスモヴューファーム] ■2008/12/29
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターで運動しています。ピッチを上げた現在はハロン18秒で入ってから加速し、ラストは16秒程度で上がってくるペースです。動きはまずまずですが、少しスタミナ面が物足りません。しまいは伸びきれないのが現状です。育成主任は「成長はこれから。あたたかくなってきたころに良くなってくるタイプ」と評価しており、焦らず負荷をかけていきます。

ピクニックムードの07 [募集馬 / コスモヴューファーム木稲分場] ■2008/12/29
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場に滞在中。普通放牧されています。体はしっかりしており馬体的には完成度の高い1頭です。特にトモの張りには自然と目を奪われるくらいです。反面、気性はまだまだ子どもっぽさが抜けません。騎乗スタッフが評価していたスピードも、気性が成長して鞍上の指示通り動けるようになれば、さらに磨きがかかってくることでしょう。

Posted by sachi at 07:05 AM | Category: HORSE | Comments (0)

ハヤトも掲示板をはずす……orz

どうも流れが向きません。アリオンに続いてハヤトも掲示板に載れず。
次は少し間隔があくのかな。深管に痛みというコメントもあったし、しばらく休んでから次は万全の体調で!

12/27(土) 中京8R 500万下 3歳上 ○混□指(定量) ダ1700m 16頭 発走:13:40 天候: 晴 馬場: 良
6着 8枠 16番 マイネルハヤト 牡4 57.0 田辺裕信 小西一男 2 492(-6) 11.6 5/16頭

騎手コメント:from Race Courseより 2008/12/27
「ハヤト」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
田辺騎手「ペースが落ち着いたので、じっとしていても、結局は外を回らされるので、早めに動いて、なるべく4コーナーをロスなく回ろうとしたものだが、ラストで失速してしまった。できれば内枠が欲しかった」

Posted by sachi at 07:01 AM | Category: HORSE | Comments (0)

December 27, 2008

アリオン、ゆるい(>_<)

ひと叩きしたのに、全然絞れてなかった……orz
メンコなんかしても関係ありません。せっかく三浦騎手が乗ってくれたのに、これじゃまだまだです。タイムはつめてはいるものの、終い37.2秒とは。掲示板にも載れなかったので、次走の目処もつかない。まさか、鉾田? 何とか早く1勝できる態勢にお願いしますよ>稲葉先生

12/27(土) 中山4R 未勝利 2歳 □指(馬齢) 芝2000m 18頭 発走:11:10 天候: 晴 馬場: 良
8着 4枠 7番 マイネルアリオン 牡2 54.0 ☆ 三浦皇成 2:04.7 1 1/4 37.2 490 0 稲葉隆一 5/18人気

騎手コメント:from Race Courseより 2008/12/27
「アリオン」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
三浦騎手「前走とは別馬のよう。ゲートを出てハミを全然取って行かなかった。道中もふわふわしていて、レースが終わったらすぐに息が戻っていたほど。真面目に走ってないと思う。追い切りで手応えをつかんでいただけに悔しい」

Posted by sachi at 11:32 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾンの出資、早まったかも(^^;;

きのう、一部募集馬の動画がアップされていました。
それを見ると、う〜〜ん、ラブリーカラー07もMベネラシオン07も動きが重い……
ラブリーカラー07より併走していたワイドウインダム07のほうが軽快、そしてMベネラシオン07よりリーガルジョイ07のほうが動きがいいみたい。さらに単走のMディーバ07もなかなかよい〜 割引で焦って決めずとも、もう少し待って出資すればよかったかも(^^;; ま、セゾンは200口とか400口募集で、今年から多頭数で競馬を「楽しむ」形に方向転換しつつあるので、よいと思えば追加出資すればよいだけなんですが、それ以上に、休養明けの出資馬2頭がこれから良化してくれるのを願います。

それと、入厩したサマーピクシーは、中山でデビューできるかと期待したけど、新馬戦はダートが多く、芝は1600mが最短距離。ラヴっ仔のピクシーは、いったいどこでデビューするのだろう。更新が待ち遠しいところです。その前に、まずはゲート試験に合格しないとね。無事すんなり競走馬になれますように(^人^)オ・ネ・ガ・イします畠山先生!

Posted by sachi at 09:19 AM | Category: HORSE | Comments (0)

December 26, 2008

アリオンは4枠7番、ハヤトはまた大外に

明日のアリオンとハヤトで今年の走り納めです。

12/27(土) 中山4R 未勝利 2歳 □指(馬齢) 芝2000m 18頭 発走:11:10
1 1 ◎   ネオレボルーション 牡2 55.0 北村宏司 藤沢和雄
1 2 △ ▲ ユウユウラビット 牡2 55.0 内田博幸 菅原泰夫
2 3     オンワードアコール 牡2 55.0 郷原洋司 保田一隆
2 4 ▲ ◎ コロンバスサークル 牝2 54.0 柴田善臣 小島太
3 5 ○ ○ ライドザウインド 牡2 55.0 吉田豊 大久保洋
3 6 △   リックパッショーン 牡2 55.0 柴山雄一 清水英克
4 7 △ △ マイネルアリオン 牡2 54.0 ☆三浦皇成 稲葉隆一
4 8     ヤマチョウサン 牡2 55.0 勝浦正樹 斎藤誠
5 9     ジョーベルスター 牡2 55.0 江田照男 高木登
5 10     バンダムサピエンス 牡2 55.0 吉田隼人 二ノ宮敬
6 11     トドロキエンジェル 牝2 54.0 村田一誠 高橋義博
6 12     ベルウッドローツェ 牡2 55.0 池田鉄平 小島茂之
7 13     エスターナ 牡2 55.0 加藤士津 加藤和宏
7 14     グラスレジェンド 牡2 52.0 ▲伊藤工真 尾形充弘
7 15     ダイワパーパス 牡2 55.0 武士沢友 上原博之
8 16     ホワイトライクミー 牡2 55.0 大庭和弥 杉浦宏昭
8 17     ダンスインザムーン 牝2 54.0 津村明秀 相沢郁
8 18 △   フサイチナガラガワ 牡2 55.0 後藤浩輝 岩戸孝樹

12/27(土) 中京8R 500万下 3歳上 ○混□指(定量) ダ1700m 16頭 発走:13:40
1 1   △ シアトルナカヤマ 牡5 54.0 ▲宮崎北斗 高市圭二
1 2 ○   ホウライブライアン 牡3 56.0 デムーロ 南井克巳
2 3 △   セレスコクオー 牡3 56.0 上村洋行 宮本博
2 4     テンシノライアン 牡4 57.0 中村将之 田所秀孝
3 5 △ ▲ イマカツタイガー 牡3 56.0 松田大作 昆貢
3 6     タカラトゥルー セ4 57.0 赤木高太 国枝栄
4 7     ブイヘネシー 牡6 57.0 芹沢純一 石坂正
4 8     ナチュラルウェーブ 牡5 57.0 中舘英二 藤沢和雄
5 9     ビートオール 牡5 57.0 丹内祐次 清水英克
5 10 ▲   オーミプレシャス 牡3 56.0 川島信二 田島良保
6 11     コアレスナイナー 牡4 54.0 ▲池崎祐介 鈴木康弘
6 12     シャンドラヴェリテ セ7 57.0 大野拓弥 石毛善彦
7 13     セレーノカント セ5 57.0 太宰啓介 岡田稲男
7 14   ◎ エーシンエヴァン 牡4 57.0 野元昭嘉 野元昭
8 15 ◎   ローンウルフ 牡3 56.0 木幡初広 栗田博憲
8 16 △ ○ マイネルハヤト 牡4 57.0 田辺裕信 小西一男
(印はnetkeiba.com)

うむ、アリオンはけっこう印が薄いですね。まぁ、これまでの成績からすれば当然かな。北村騎手の馬が一番怖い気がする。次いで吉田豊騎手の馬と内田騎手の馬かしら。アリオンが前走叩いて闘争心をよみがえらせてくれていれば馬券圏内もあるかもしれませんが、相手も揃った感ありなので過大な期待は禁物。1キロ軽いことと三浦騎手の手綱さばき次第では、馬券にからむかどうかというところでしょうか。頑張って勝ってくれると、小躍りして喜ぶんだけど、今年のラフィアン馬を見るとどうでしょう。2着3着でいいから、次につながる競馬をしてほしい。
ハヤトは対抗の評価ももらっています。馬場は良なのでハヤト向きですが、それにしても大外は痛い。前走と同じような乗り方をしても、やはり外外ではつらいですねぇ。ハヤトくん、頑張ってるんだけどなぁ。とはいえ、一番の相手と思われるローンウルフもハヤトの1つ内。田辺騎手がうまい乗り方をしてくれれば、勝ち目はあるかもしれません。頑張れ〜!

Posted by sachi at 11:25 PM | Category: HORSE | Comments (0)

在厩馬近況+1歳馬近況 

4歳馬
ハヤトはタイムはそれほどでもないと思ったものの、状態はよさそう。ただし、右前の深管に痛みかぁ…… 疲れてくるとこうなる馬なのね。あと1回頑張れば、少し休めるんだから頑張れ〜!

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、27日(土)、中京8Rのダート1700mに出走します。この中間はニューポリトラック中心の乗り込み。しっかりした脚取りや気合いの乗りから状態の良さが伝わってきます。小西師は「右前脚の深管に痛みが出始めているが、レースを見合わせるほどではない。冬毛が伸びず、毛艶がピカピカ」と好調をアピールしていました。外々を回っても46秒台のタイムでまとめられる馬だけに、上位争いは必至。

2歳馬
アリオンは好タイムも、鞍上が三浦騎手なので、どこまで他の馬に太刀打ちできるか。コメントからは勝ち負けまではちょっと……という感じですが、あまりがっかりさせるようなレースはしないでほしいな。三浦騎手、お願いします!

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、27日(土)、中山4R・芝2000mに出走します。今週はニューポリトラックで追い切られ、5ハロン66秒をマークし、こちらは騎手が跨っていたこともありますが、厩舎期待の新馬に先着しました。騎乗していた三浦騎手は「前回跨ったときよりも反応は良化しているし、状態の良さを感じる。トモの弱さは残っているが、前走よりもやれそうな感触」と語っていました。前走2着の馬が3頭いるように決して楽な相手ではありませんが、同馬には上積みが期待できそうです。

1歳馬
フリークロバリー07は調教を再開する準備が整ったよう。骨格がしっかりしてきたのはよいこと。あとは乗り込んでともの緩さが解消されれば。いよいよ新年を迎え、強い調教をやり出すと、真価が問われます。成長力と根性を持ち合わせてほしい。
マイネガイア07はキャンター再開。まだ子供のようだけど、調教は順調の模様。それにしても、「稽古にいくと良い乗り味でしっかりした動きを見せたことに驚かされます」って、まったく期待されていなかったのが意外とよい、というニュアンスなのか、それとももう少しポジティブにとらえてよいのか(笑) これから速い調教が楽しみなのは変わりありませんが、上が上だけに…… でも、この仔は大きく出たし、馬格があればそこそこ走れるんじゃないかなと密かに期待しています。

▼フリークロバリーの07……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東:中村均(予定)……
フリークロバリーの07は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。日中だけの放牧でゆっくりさせています。近々調教を再開するために、先日休養専用の厩舎から育成厩舎に移動を済ませました。体に幅が出て骨格がしっかりしたように、この休養中に成長が見られました。坂路に入れて、どのように変化したかを試すのが楽しみです。トモなどの緩さが少しでも解消していればと期待しています。

▼マイネガイアの07……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東:宮本博(予定)……
マイネガイアの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。17日(水)から坂路でキャンター1100m1本の運動を再開しています。育成厩舎に移動し環境が変わったことで周りに馬がいるにもかかわらず、初日はずっといなないていました。まだ子供っぽさを残していますが、稽古にいくと良い乗り味でしっかりした動きを見せたことに驚かされます。速い調教を行ったときにどのような走りをするか楽しみな1頭です。

Posted by sachi at 11:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

December 25, 2008

セゾン2歳馬近況

ピクシーは無事入厩したものの、やはり環境の変化に戸惑い気味のよう。しかし、素直な馬だし心配することもないでしょう。スクーリングを終えたらゲート試験です。近日中ということは、年内にも合格できるのかな。新春早々に応援に行けることを期待して、頑張れピクシー♪

サマーピクシー [入厩馬 / 畠山吉宏厩舎] ■2008/12/25
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。ゲート練習中心に運動しています。環境の変化に戸惑い、テンションが上がり気味。しかし、ゲートは特に問題なく、素直にこなしています。現在は、同馬より1週前に入厩したコスモアスリート(牡2)に先導してもらいトレセンの各施設を訪れ、順応させている段階です。近日中にゲート試験を受験予定。12/23に計測した体重は458kgでした。

Posted by sachi at 07:23 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

今週出走の2頭が時計を出しています(どちらも出走確定)。

マイネルアリオン
12/24 三 浦 美南P 良 - - - 65.9 50.4 36.6 12.4 6 強目に追う
 ドリームアスパイア(新馬)一杯の外に先行0.1秒先着
マイネルハヤト
12/24 助 手 美南P 良 - - - 68.2 53.7 39.5 13.0 5 強目に追う
 トミケンブロード(古500万)強目の外を追走0.2秒遅れ

アリオンは、セゾン期待のドリームアスパイアと併せて先着ですか。といっても先行してのものなので、果たしてどれくらい良化しているものか、はっきりとは分かりません。タイムは悪くありません。これまでの不調からなんとか立ち直っていてくれればいいのですが。
あっと、ちなみにセゾンのほうのドリームアスパイアの調教時計は、
2008/12/24 助 手 美南P/良 65.3 50.1 36.3 12.5 5
 一杯に追う マイネルアリオン(二未勝)強目の内を追走0.1秒遅れ
となっていますから、食い違いはないみたい。先週の坂路での終いに比べると最後1ハロンのタイムが悪いものの、今回はあまり追わなかったのか、それともポリトラックはあまり得意じゃないのか。ともあれ、一応の良化はうかがえると言っていいでしょう。
ハヤトは、あれ?終い13秒もかかっていますね。まだ疲れが抜けていないのか? なんだかあまり期待できそうにない雰囲気になってきました。やはり好調をずっと維持するのはちと厳しいようです。あまり無理せず、じっくり次の勝利を目指してほしいなぁ。

27日午後の飛行機で帰省するため、アリオンのレース中継がぎりぎり見られるかどうかというところですが、ハヤトにも頑張ってほしい。でも何よりケガなどしないで無事にお願いします。

Posted by sachi at 07:17 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

この週末で今年の競馬もとうとう終わり。その週になんと2頭出走です。

中山競馬場
マイネルアリオン 27日(土) 4R 2歳未勝利 三浦皇成 芝2000m
中京競馬場
マイネルハヤト 27日(土) 8R 3歳以上500万下 (混) 田辺裕信 ダ1700m

アリオンは先週の追い切りで終いちょっと根性を見せて良いタイムだったようで、体調も戻ってきたみたい。あとはどこまで本格的に復調なるか。この半年、状態が悪そうなのに無理やり乗り込まれたり、とにかくちぐはぐだったので、何とかペースに乗ってほしいと思っているのですが、さて、今週はどうでしょう。帰省する日なので生応援に行けなくて残念だけど、頑張ってほしいです。続けて三浦騎手に乗ってもらえるのもありがたい。
三浦騎手は、まだデビューしたてのこの3月、たしか中山でちらと見かけたときは、失礼ながらほんとに「つけもの石」(爆)だと思ったのですが、ブログももってる今日、髪も伸びてすんごく可愛くなりましたね。おまけにとっても人柄がよくて、好青年。大成してほしいし、アリオンをぜひともお手馬にしていただきたいいものです♪
ハヤトは相手にもよりますが、この条件はそろそろ卒業してくれていいな。体調も良さそうなので、好走はしてくれるでしょう。上の条件に行くと相手関係は厳しくなります。でも、ハヤトだってそれだけ成長しているはず。年が明けると5歳です。勝って充実のときを迎えられますように。

Happy Christmas Day!

(写真は去年ラクーアで撮ったバスキンロビンスのクリスマスツリー)

Posted by sachi at 04:57 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

鉾田滞在馬近況

4歳馬
ルーチェは「普段は猫のように大人しくしている」って??と思ったら、そうか、もしかして「借りてきた猫のように」ってこと? ちょっと言葉足らずですねぇ。もともとそういう馬で、パドックでもほとんど入れ込むことなく落ち着いて歩いています。体重が少しずつ増えて482キロ。実は1歳の終わりから2歳の初め頃もそれくらいあったのですが、デビュー時は30キロ絞っての出走。秋以降もあまり増えず、1年前にようやく乗っても体重が微増するようになり、成績も安定してきたところで骨折。そして復帰後は体重・成績とも安定するようになりました。今回の短期放牧で体調も維持できているようなので、年明けの出走になるでしょうが、ぜひとも嬉しい2勝目をあげてほしいです。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。現在もハロン15〜17秒ペース。普段は猫のように大人しくしていますが、疲れているわけではなく、稽古では軽快な脚さばきが目立っています。飼い食いも良く、中間の計量では先週から4キロ増の482キロでした。なお、入厩時期や次走については検討中です。

Posted by sachi at 04:54 AM | Category: HORSE | Comments (0)

December 23, 2008

イノセント引退も、またお知らせなし

きょうはイノセントの引退が決定したようで(世代ラヴ産駒9頭のうち、はや6頭目!)、近況が臨時更新されていましたが、新着情報には何のお知らせもなく(リュミエールとサブリナの場合もそうでしたが)、それが分かるのは愛馬登録をした会員のみという結果になっています。まったくもって、ラフィアンの事務所スタッフはどこまで手抜きをすれば気がすむのでしょうか。それとも単なる「故障・引退隠し」の一環か? 

先日、「状況が変化した馬の近況を更新しました」というだけでは、どの馬がどうなったのか分からないので、新着情報で馬名をあげてくれるよう申し入れたのに対し、とんちんかんな返事がきたのは以前にも書いた通りですが、出資者(登録者)にはマークがついて分かるのだからその会員には「状況が変化した馬の近況を更新しました」という注意書きさえ不要、問題は全員にその情報が伝わるようにしていただきたいことだ、と書いたのを、まさか勝手に前半だけ自分たちに都合よく解釈したのではないでしょうね?

引退は、「状況の変化」の最たるもの。そもそも競走馬にとってデビューと引退は非常に重要なことです。かつてラフィアンでは、新馬の入厩とデビューのときには、個々の会員に葉書で連絡がきていました。HPでそれが確認できるようになった今日、葉書までは必要ないでしょうが、引退まで、出資者(愛馬登録者)のみが分かればよいと事務所は考えているのでしょうか?
 
引退馬が出た場合、たとえそれが通常の更新日に更新されるものであっても、クラブとしては、会員全員にその情報を知らせる義務があると思うし(ましてやファンドならなおのこと)、少なくとも今回のシステムになるまでは、ずっとそれが実行されていました。
ラフィアンはいつから、そのようなクラブに変わったのか、これは会員サービス云々、あるいはいろんな会員がいろんな意見をもっていること以前の問題です(全馬の近況をすべてクリックして見れば情報は出ていると言うなら、それはまさに詭弁を弄しているにすぎません)

1日に1頭か、たかだか2〜3頭の臨時更新された馬の名前を特定できないとは、どのような発想からくるものなのか? 当然ながら、文章を起こした担当者は十分に分かっているはず。それをシステムの都合で特定できないなどというのは、会社としてファンドを募集・運用し、情報提供の義務がある以上、理由にならないのではないでしょうか。もっとスタッフ間の連携をとるなり、入力したスタッフが更新後の各世代馬から拾うなりして、新着情報にお知らせを掲載してほしいと思います。このような現状を、社長は認識しているのか、それとも現状で十分だと考えているのか、そこのところもぜひ知りたいもの。今度こそ、内容証明でも送りつけてやろうかと思う(苦笑)

ちなみに今回のイノセントの引退に関して、某掲示板には「デビューしても競馬にならないことぐらい牧場段階でわからないのか」「イノセント引退。なぜデビューさせたのか」 という疑問の声があがっていますが、その答えは明白、ずばり補償減らしのためでしょう。わたしも今年はマカリイ、パラストで経験ずみです。まあ、馬の能力の度合いにもよるけれど、出資者のなかには、未出走引退よりも、せめて競馬場デビューまではと考える人もいるので、それがよいかわるいか一概には言えないかもしれません。しかし、本当にデビューしてもまったく見込みがないような馬は、従来なら総帥が募集を取り下げたり、育成途中で引退させていました。それがいまや、サイクロンのように蹄骨骨折というとうてい競走馬になりえないような馬でも、近況では元気いっぱいとか能力を信じてとお題目のように唱えつつ、どう転んでもデビュー不可能な状況になるまで引っ張るのが今のラフィアン。ほんとうに呆れてしまいます。ま、よそのクラブでは経験がないので、同様なのかもしれませんけど。

Posted by sachi at 09:40 PM | Category: HORSE | Comments (4)

北海道滞在馬近況

北海道滞在馬の近況更新が月2回になってから、ラフィアンの一口馬主ライフはほんとにつまらないなぁ。3歳馬はアルデュールが頑張ってはいるものの全体の結果は芳しくないし、2歳馬ときたら惨憺たるもので、こうなるとせめて会員サービスくらい従来のレベルを維持してほしい……と、毎度の愚痴を言うばかりですが、「状況に変化のあった馬」のお知らせに関して要望を出した返事を見れば、それはとうてい無理というもの。何も把握していないのに加え、手抜きしたいがためというのがありありで、さらにゲンナリです。それはともあれ、北海道組の3頭のうち、フォーグをのぞいてグリッツァもアルデュールもいまひとつ不調で、寂しい年の暮れになりそう。

5歳馬
グリッツァの球節は落ち着いてはいるようですが、油断できない状態。それをよくまぁ、鉾田で追い切り寸前まで乗っていたものです。障害馬は脚にかかる負担も大きいと思われるので、ここはじっくり養生して、春まで待ってもいいのでは。とはいえ、年が明ければ6歳となり、成績が伴わないと引退の文字がちらついてきます。障害戦で1つは勝たせてやりたいと思うものの、これまで勝ち上がったラフィアン馬が何らかのトラブルで比較的早く引退していくのを見ると、あまり無理させずに2着3着を繰り返してくれればOKかなとも思う。もともとダートは苦手な馬だから、地方では無理じゃないか…… 障害馬は乗馬に向いていると見てくれて、どこかよい引き取り手があればよいけれど。とにかく、来年はまた元気な姿を競馬場に見せてほしいです。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。現在は単走と縦列が中心。気になる右前脚の球節はペースを上げ始めてからも落ち着いた状態です。スタッフは「脚元の件は油断しない方が良い。急激な負荷はかけないようにしている。いまの感じだと入厩はおそらく2月あたりになるんじゃないかな」と話していました。順調に絞れている馬体重は2週前から10キロ減の517キロ。

4歳馬
フォーグも鉾田へ出た経緯がよく分からないうえ、どこでいつ剥離骨折したのかも不明。まったく厩舎も鉾田も何をしているんでしょうか。結局、ケガは軽症のため見舞金は出ないというメールが(尋ねてもいないのに)きましたが、ここにきて種子骨の剥離部分はレントゲンに写っていないとのこと。まずはよかったと思うことにしましょう。とはいえ種子骨も大事なところ。これまで無事是名馬でオープン馬にまでなったのです。これからは、もう少し大事に扱ってほしい。GIIかGIIIならいつか取れるんじゃないかと、まだ期待しています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。19日(金)、種子骨のレントゲン検査を行いました。鉾田で撮影したときに見られた剥離は写っておらず、固まったものと思われます。繋靱帯もすっきりして落ち着いた状態を維持しているので、近々、真歌トレーニングパークに移動し、騎乗を始める予定です。

3歳馬
アルデュールも、短い休養のつもりで厩舎も出したと思うのですが、砂のぼりとは別に裂蹄を発症したらしい。ま、症状は軽そうなので、蹄鉄をはかせれば問題がないレベルだとは思いますが、せっかくいい状態できていたのに残念です。鉾田のみならず明和や真歌の育成まで怪しい。いまや人手不足で2日1回、3日に1回しか乗れず、間隔があいているのに同じように乗るので故障する馬が多くなっている気がしますが……

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和で休養中。パドック放牧とウォーキングマシン1時間の運動を行っています。中間の試し乗りで脚元を気にする素振りが見られ、再チェックで砂のぼりとは別に蹄底に小さな亀裂が認められました。これが神経を刺激しているのでしょうが、乗らない限りは患部をかばいません。近いうちに蹄鉄を装着して対処します。相沢師から「年明け中山最終週あたりはどう」と復帰の打診があったものの、もしかすると延期をお願いすることになるかもしれません。

Posted by sachi at 07:51 PM | Category: HORSE | Comments (0)

December 22, 2008

サマーピクシー入厩♪

きょう、セゾンHPの更新情報に出ていました。この更新はとってもうれしい。これでやっとうちの2歳馬は2頭とも入厩しました。中山でのデビューになるのかな。畠山調教師も期待してくれてるみたいだし、まずはゲート試験に合格を! ラヴのスピードとパワーと根性を、どうか持ち合わせてくれていますように……

サマーピクシー [入厩馬 / 畠山吉宏厩舎] ■2008/12/22
--------------------------------------------------------------------------------
12/20にコスモヴューファームから、美浦・畠山吉宏厩舎へ入厩しました。特に輸送熱もなく元気です。畠山調教師は「スピードに期待している馬。まずは環境に慣れさせつつゲート試験合格を目指していきたい」とコメントしています。

Posted by sachi at 10:12 PM | Category: HORSE | Comments (0)

December 20, 2008

在厩馬近況

4歳馬
ハヤトは好調をキープのようです。さすがに連闘は勘弁してやってください。でも、来週は今年の走りおさめで何とか勝利をものにできるといいなぁ。まぁ、あと1〜2回、2着3着を繰り返してくれても、よいにはよいですが、年が明けるとこの馬もはや5歳。充実の冬から春にもうひと頑張りですね。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、14日(日)に中京で出走して3着でした。中団を追走し、3コーナーから強引にまくる競馬です。この内容で差のない競馬ができるのだから、やはりこのクラスでは力が上手です。中京最終週は有力馬が多く出走してくることが予想されるため、今週の連闘も考えたほどの状態。相談の結果無理はしませんでしたが、とても充実しています。来週、3鞍ある中京・ダート1700mのいずれかに出走する予定。年内にはこのクラスを脱したいものです。

2歳馬
アリオンの時計にちょっとびっくり。坂路で目覚めたか、それともやっと体調が元に戻ってきたか。そもそも大ケガのあと、早々と坂路入りさせたはいいが、春の出稽古ですっかり調子を崩して以来、ロクに休養させずに中途半端に乗ってここまできましたからね。アリオンがゆっくり快復できるような配慮がまったく欠けていたと言わざるを得ません。夏に体調がいい馬もいれば冬がいい馬もいるし、坂路が向く馬もポリトラックが向く馬もいる。そこらへんを見極めるのも育成担当者や調教師の役目でしょうに、ラフィアンではあまりそれを期待できません。アリオンがこれから本当にコメント通りの走りを見せてくれるといいんですが。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。坂路とニューポリトラックを中心に乗り込まれています。跨った調教助手が手綱を詰めた瞬間、反応してびゅんと伸びた今週の追い切りが好内容。ゴール地点が近づくにつれ、どんどんスピードアップする走りでした。前走を使ってさらに良くなっているように見えます。予定している中山最終週の芝2000mがいまから楽しみでなりません。太くならないように注意しつつ、エネルギーをためこんでレースへ向かいたいと考えています。

Posted by sachi at 01:13 AM | Category: HORSE | Comments (2)

December 18, 2008

今週の調教時計

アリオンが坂路で時計を出しています。

マイネルアリオン 12/17 助 手 美南坂 良 - - - 53.3 38.6 24.6 11.9 - 馬ナリ余力

え?とこのタイムに驚きました。坂路で馬なり、終い11秒9ですか?
アルビオンほどではないけれど、初めて時計らしい時計を出しましたね。
やっと走る気になってくれたのかな。だといいのですけどねぇ〜

*きのう、「状況が変化した馬の近況を更新しました」にあまりにむかっときたので、メールを出してあったところ、返事がきました。ますます、むかっときました。
申し入れたのは、ただ「状況が変化した馬の近況を更新しました」だけでは、愛馬登録をしている会員以外、世代ごとに馬の近況リストを全部開いて見ていかなければ、どの馬がどうなったのか分からない、故障や引退の情報は、出資者でなくとも当然関心のあるものだから、せめて「〇〇と△△の状況に変化があったので、近況を臨時更新しました」など、具体的な馬名を挙げ、できればその近況にリンクを貼って新着情報にでも載せていただきたい、という内容でした。
返ってきたメールは、「状況が変化した馬」の定義がどうたらこうたらと、訳のわからん理由を並べ立てたあげく、

> 「ラフィアンからのお知らせ」は、もともと馬の近況以外のお知らせを掲載する
> ためのページとして作成しましたが、近況の更新スケジュールが変わった時点で
> は、通常更新かそうでないかを区別してマーク表示する機能がなかったため、や
> むを得ず「ラフィアンからのお知らせ」に抜粋掲載していました。

はぁ? そんなことは分かってますよ。場当たり的にそこに出しただけでしょ。

> あくまでも「更新があることをお知らせするため」の区別であるとご理解ください。

う〜ん、しかし、どの馬が更新されたのか伝えないことには、お知らせしていることにはならんでしょう? 愛馬登録していれば、お知らせしなくても分かることだし。

> 現在は、多数の馬の情報更新を行う際、この区別をデータ処理の中で自動判断し
> ており、なるべく早く近況情報をお届けできるようにしています。
> 新着情報で具体的な馬名を挙げようとすると、人力で馬を特定しなくてはなら
> ず、かえって漏れが出て、ご迷惑をおかけする恐れがあります。
> 現時点では、気になる馬の情報はリストにご登録いただき、項目別に一括閲覧し
> ていただく方法が最も確実です。登録馬リストはお好きな馬(ご出資馬以外も
> 可)を50頭まで登録できますので、ご面倒かとは思いますが、どうかこちらをご
> 利用ください。

え゛え゛えぇぇぇぇ〜〜〜!!! つまりは、その人力での馬の特定は、個々の会員がやれということですか? それは会員サービスとして本末転倒では? でなければ50頭まで登録しろと? ただ臨時更新の可能性のために? 冗談じゃありませんよ。そもそも、たかだか1日に2〜3頭の臨時更新さえ、システムに頼らないと分からないというのも????です。更新(入力)した人が分かっているでしょうに、誰も何も把握していないってことですか。ま、これまでの近況のちぐはぐさからも、それは感じていましたけどね。わたしはさらにむらむらと怒りが込み上げてきました。だから、またしつこくメールを出しました。わたしもばかですね。とほほ〜 
ついでに言えば、きょうはアルビオンのデータが抹消されていました。まだ引退馬を載せるページも出来ていないというのに、こういうことだけやることは早いんですね。まったく、呆れてものが言えませんわ。いったい、この現状を社長は理解しているのだろうか? 現場の新入りスタッフが勝手にあれこれメールを出したり事務処理をしているだけに思えてきましたけど…… ま、管理責任は社長にあるのだから、責められるべきは社長でしょうが、いやはや何ともはや。念のために言っておくと、メールの差出人は、いつもの親切な某女史ではなく新入りの方でした。

Posted by sachi at 10:30 PM | Category: HORSE | Comments (0)

December 17, 2008

鉾田滞在馬近況

4歳馬
ルーチェは鉾田で順調に過ごしているようです。復帰は来年になるでしょうが、年が明けるとルーチェも5歳。このあたりでぜひとももう1つ勝ち星をあげたいものです。新潟2歳Sで2着したあと、秋から冬、そしてオークスまで、とてもわくわく楽しい競馬ライフをすごさせてくれたのが、ついこのあいだのよう。今年の前半は骨折で休養を余儀なくされたのが残念でしたが、いまは馬体もしっかりしてきて、へこたれない馬になりました。来年早々にも勝利を期待しています!

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。11日(木)から調教を再開。坂路でキャンター1300m1〜2本を17−17ペースを主体に乗り込まれています。疲労も取れたようで以前と変わらずしっかりした走りをしており、体の緩みも気になりません。今週からは2本目に15−15を乗る日も設けています。少しふっくらして馬体重が478キロになっています。

*アルビオンが引退した今、早く北海道組が戻ってきてくれないと、うちの競馬は寂しいです〜 北海道滞在馬の近況が月2回の更新になってしまったので、なおさらつまらない。

Posted by sachi at 06:36 PM | Category: HORSE | Comments (0)

December 16, 2008

案の定……

HPの変更の結果、またまたヘンな会員サービスになってしまったようです。
きょうは2歳の北海道滞在馬の更新と同時に、リュミエール、サブリナの2歳ラヴ牝馬2頭の引退のお知らせがありましたが、「状況に変化のあった馬」のことは各馬の近況にしか出ないので、引退する馬についても、いちいち全世代の?馬の近況リストを見ないと分からない。まったくクラブは何を考えているのやら…… 出資者以外、それを知る必要はないとでも思っているんでしょうか? 
競走馬にとって、デビューと引退はとても大事なこと。かつては入厩し、デビューするときには葉書でお知らせまできたくらいなのに(わたしは今でも、初出資馬ラヴの入厩とデビューのお知らせの葉書がきたときの胸のときめきを忘れてはいません)、こんな重要なことさえ、お知らせに出ないなんて、どうかしている。今のクラブは会員の求めるものが何なのかまったく分かっていない、会員目線に立っていないと、ますますラフィアンに落胆し、怒りさえわいてきます。
これでは、あまりに多い故障と引退隠しなのかと、皮肉りたくもなるというもの。これからはどの馬もひっそりと故障し、引退していくしかないのですか? 自分の出資馬でなくとも、思いがけない故障におどろいたり、同情したりすることも、近況のリストを毎日、世代ごとに開いてみないと分からないなんて、ひどすぎます。せめて「〇〇と△△の状況に変化があったので、近況を臨時更新しました」程度のお知らせは、どこかに載せるべきでしょう。どのクラブだって、それくらいのことはやってるはず。それだけの知恵というか、心配りもないとは。しかし、もう文句ばかりメールしたり手紙に書いたりするのにもうんざり。放置しておくことにします。

*それにしても、チャペル、フェイト、サイクロンに続き、2歳ラヴ産駒はすでに5頭も引退してしまい、なんともはや…… 一次募集7頭、二次募集2頭、合計9頭もいたというのに、ろくに出走もしないまま、すでに5頭が消えました。ウェイヴがかろうじて勝ち上がっていますが、あとの3頭も大苦戦中。そもそもこの世代は産駒数も多くてレベルが高いと思われ、第一世代に続いて重賞制覇したゲットフルマークスも出ているのに、本家がこの状態では、本当に寂しいかぎりです。ラヴ産駒に限らず、去年あたりから(つまりは現3歳世代から)デビューさせるまで何が何でも引っ張り、馬がレースにもならない状態なのにとにかく出走させて即、引退に持ち込むというパターンがとにかく多い気がしてなりません。いまや引っ張りが少なく見切りが早いわけではなく、見切らざるを得ない状態だと言えるのでは? 出資馬だったマカリイとパラストのときも、もろにそう感じました。

Posted by sachi at 07:25 PM | Category: HORSE | Comments (2)

7%割引と3%割引のあいだにセゾン馬に追加出資

ずっと様子を見ていた候補の馬に、きょう、とうとうポチッと行ってしまいました。
候補は何頭もいたのですが、もう少し、もう少しと待っていても、筆頭だった牡馬の成長具合がいま一つで決め手に欠ける。そこで割引率の高い今月のうちにと、次の候補だった牝馬と2次募集の牡馬に1口ずつ出資することに決めました。申し込んだのは以下の2頭。

ラブリーカラーの07(牝・黒鹿毛 2007年4月5日生 父:ゼンノロブロイ 母:ラブリーカラー 母の父:トニービン) 入厩予定:美浦・高木登厩舎
ピクニックムードの07(牡・栗毛 2007年5月22日生 父:ステイゴールド 母:ピクニックムード 母の父:Night Shift) 入厩予定:美浦・阿部新生厩舎

本当はもう少し調教についてのコメントを待ちたかったのですが、候補馬が休養に入ってしまい、やむを得ずここで見切り発車。今年の牝馬はどの募集馬もよさそうで、ラブリーカラー07は当初からバランスのよい馬体が気に入っていたものの、コメントがよいマイネディーバ07、リーガルジョイ07と迷った末、もう一度DVDを見直して、やはり当初からの候補ラブリーカラー07に。一時は近況のコメントから、リーガルジョイ07にかなり傾いていたのですが、やはり動画を見ると、どこがというわけではないものの、マイネディーバともども、どうも好きになれない。ラブリーカラー07は新規開業厩舎の予定だったことも、なかなか出資に踏み切れなかった理由の一つでしたが、高木厩舎は早くも今年そこそこの結果を出しているようなので、初志を貫きました。募集時は小柄だったのに結構大きくなってきたことも、決め手となりました。

牡馬のほうは、デュランダル産駒のゴールドリーフ07にほとんど決めていたのですが、こちらはなかなか大きくなってこない。二次募集のデュランダル産駒もやはり少々ひ弱な感じがしたので、最初は申し込むつもりがなかった二次募集のピクニックムード07に決定。ラフィアンでサイクロンの補償が決まればダンケベルグ07に出資するつもりだったのに、いつまでも引退にならず見送るしかありませんでした。もう今年はステイゴールド産駒はないなと思っていたところ、セゾンの二次に募集があり、こちらも馬体のバランスや運動神経がよさそうな、筋肉に粘りがありそうなところが気に入りました。募集発表時、厩舎を見てうへっとなり、つい最近までほとんど注意を払っていなかった馬です。しかしよく見ると、なかなかいい!(のではないかな? 笑) どちらも、品のある馬だと思っています。
セゾンは200口募集なので、あと2頭くらいいってもいいなぁ〜(笑) あと1カ月半のあいだにめきめき頭角を現す馬などいれば、なおのことよい(^o^) それでちょうど年間収支もとんとんになるはずなんですが……

記録のため、2頭の募集時からの近況を一挙アップしておきます。

ラブリーカラーの07 [募集馬 / コスモヴューファーム]
■2008/12/12
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム本場へ移動し育成中。坂路1本キャンターでの運動を再開しました。かなり体格が良く、周囲を圧する迫力があります。そのぶん休養明けの今は重苦しさが拭えません。とはいえ、騎乗スタッフが「調教を積んでいけばキレが出てくると思う」とコメントしている通り、今後強い負荷をかけていけば変わってくるでしょう。現在の体高は155.8cmです。
■2008/11/28
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム石田分場に滞在中。冷え込んできた気候を考慮し、昼夜放牧を切り上げ普通放牧に移行しました。大型馬ですがさらにひと回り大きくなりました。走り回っているフットワークに手先の重さは感じられず、鈍さを心配する必要はないでしょう。運動量、飼い食いともに十分で休養効果が見込めます。人間に対しては悪くないものの、馬へのあたりの強さは相変わらず。放牧地ではマイネディーバの07に次ぐ実力者です。
■2008/11/14
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム石田分場に滞在中。昼夜放牧されています。ここにきて馬に対するきつさが戻ってきました。集牧の際に自分より先に戻ろうとする馬に噛みつこうとするなど、頻繁にちょっかいを出しています。飼い食いは良くリラックスできている様子。もう少し屋外メインの生活を続けていきます。
■2008/10/31
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターで運動しています。引き続き評価は上昇中。歩いているときは全身を使わないものの、キャンターを出すと前脚は出るし後躯もしっかり地面をとらえ、推進力を生み出します。乗り込みを続けてもテンションが高くなることはありません。順調です。もう少し騎乗を続けた段階で休養に入れる予定です。
■2008/10/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム本場に移動し、坂路でのキャンターを開始しました。坂路入り後、評価が上昇している1頭。以前の後ろ向きの姿勢がなくなり、真面目に稽古に取り組むようになったことが良い影響をもたらしています。牝馬のトップクラスに引けをとらない、スピードを感じさせる動きに今後が楽しみになりました。このまま騎乗を続けていきます。
■2008/09/30
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場で育成中。入念に背ならししている段階です。当初、風雨が強い日などは馴致に後ろ向きでした。面倒くさそうにこなしていましたが、今はだいぶ慣れて黙々と歩けています。どっしりしすぎているところがあり、指示に対する反応がやや鈍く感じられます。近日中に予定している坂路入り後もしっかり乗り馴らして改善を図っていきます。現在の体高は156cmです。
■2008/09/16
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場に滞在中。馴致を開始しました。胴締めから鞍付け、ドライビング、いずれも動じず無難にこなしています。指示に対して反応が少し鈍く感じることもありますが、現段階でではどっしりしているととらえて良いでしょう。肝が据わっています。このまま馴致を続け、慣らしていく予定。なお預託予定先が美浦・高木登厩舎に決定しました。
■2008/09/01
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場に滞在中。昼夜放牧されています。相変わらず他馬にきつく当たっていますが、集団行動が苦手というわけではありません。何か気に入らないことがあると反応して行動に移します。しっかり成長がうかがえる1頭。体つきが立派になり、放牧地ではパワフルな動きを見せています。9月上旬に予定している馴致で跨るのが楽しみです。
■2008/07/28
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場で昼夜放牧中。馬に対して勝気で、ちょっかいばかり出しています。物怖じしない性格は競馬に行って武器となるでしょう。反面、人には素直で従順です。放牧地での動きがしっかりしているのは、父ゼンノロブロイの特徴であった芯の力が遺伝したためです。加えて俊敏な動きを見せており、運動神経も兼備しています。走りそうな雰囲気を持つ馬で、スタッフから「密かな期待馬」という声が聞かれるのも頷けます。6月末の計測で、体高は150.1cm、体重は391kgでした。

ピクニックムードの07 [募集馬 / コスモヴューファーム木稲分場]
■2008/12/12
--------------------------------------------------------------------------------
ある程度乗り込みが進んだので、ここで一度休養を入れることになりました。木稲分場へ移動して普通放牧されています。疲れは見せず元気いっぱい。体力がありへこたれる様子はありません。放牧の際にテンションが上がり放牧地へ駆け出していくなど、まだ子どもっぽさも残しています。小柄な活躍馬が多い父の産駒だけに、気にする必要はないのでしょうが、欲を言えば今回の休養で馬体に成長がほしいところです。坂路で現段階では十分すぎるくらいの動きを見せていたので、今後に期待がかかります。現在の体高は156.4cmです。
■2008/11/28
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターで運動しています。まだ幼さがありハミ受けは安定しません。それでも坂路を駆け上がるフォームは重心が低く、体全体を使う走りは好印象です。騎乗スタッフは「良い動き。距離も持ちそうで楽しみ」と高い評価を与えていました。平坦の馬場に行ってさらに良くなりそうな1頭で期待がかかります。
■2008/11/14
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターで運動しています。馴致段階の幼さはすっかり影をひそめました。ステイゴールド産駒特有の運動神経と瞬発力を持っています。もう少し馬体は大きくなってほしい感じはありますが、小柄な活躍馬を出している父の産駒だけにこのくらいでいいのかもしれません。このまま騎乗を続けていきます。
■2008/10/31
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム本場へ移動し育成中。屋内運動場で環境に慣れさせたうえで、坂路スクーリングを行っています。移動してから1頭になり戸惑っている様子。馬房から出ようとしたり興奮し、まだ本場の雰囲気に馴染めずにいます。同馬にとって周囲に馬がいない状況に置かれるのは初めてのようで、しかたありません。集放牧時には他馬と一緒に行動させるようにしてストレスにならないようにしていきます。近日中に坂路キャンターを開始する予定です。
■2008/10/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場で育成中。厩舎周りを常歩で20分回っています。噛んできたり尻っぱねしたり、子どもっぽさが目立ちます。当初は跨っていても騎乗者の脚を噛もうとするほどでした。それでも馴致を進めるうちにだいぶおとなしくなってきています。背中の感触は柔らかく坂路入りするのが楽しみです。
■2008/10/03
--------------------------------------------------------------------------------
CVF木稲分場で育成中。馴致を開始。順調に進んでいますが、性格がまだ子供です。もう少し前向きさがほしいところ。一見、人懐っこそうに見せるものの、近づくと噛み付いてきます。本人は全く悪気がなく、スキンシップの一環と考えている様子です。父の産駒特有の気性なので心配していません。柔らかく、将来は伸びのある良いフットワークでターフを駆け抜けそうです。

*今年は残念ながら、とうとうラヴ産駒に出資しない年になりそう。ラフィアン、セゾンともに食指の動くラヴっ仔がいないのです。種牡馬ラヴのもっといい仔を見つけだしてきてほしい!

Posted by sachi at 03:18 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアンHPの変更

以前からメールや手紙で要望を出していた近況の過去ログ閲覧が可能になりました。1年分しかありませんし、一度に4回分しか見られないのであまり便利とも言えませんが、これでいちいち自分のブログ等で過去ログを検索せずとも、少なくとも1年間は見ることができます。しかしこのログは、いつまで保持するのだろうか。やはり自分のブログでも記録しておかないと不安ですね。できれば出走についても記録に残してほしいと思うのですが、まったく要望を出さないとそれもしないとは、気がきかないことはなはだしい。グリッツァなど前走の記録がゼロになってしまってます。事務所スタッフには配慮というものがないのかな。

他の変更点としては、これまで「お知らせ」に出ていた「状況が変化した馬の近況」が「お知らせ」には出ず、各馬の近況ページに出るようになるようですが、ということは、愛馬登録をしていないと見られないのでしょうか? 少なくとも故障その他の変化については愛馬でなくても全員が見られるようにしないと、ただの「故障隠し」になってしまいます。どこかにリストでも出してほしいものです。

引退のお知らせに関しても同様なのでしょうか。それまた困ります。また最後の近況更新から1ヶ月経過した馬の情報はマイページで表示されなくなるのは寂しい…… とはいえ別途、引退した所属馬の情報を閲覧できるページを作成中とのことなので、そちらに期待しましょう。ちなみにアルビオンは前回の近況更新からすでに1カ月たっているものの、まだその新しいページができていないので、削除はされていません。

馬の移動情報も、登録馬に関して表示されるようになるとのことですが、これも出来てみないと便利かどうかは分かりません。移動リストに載るだけでコメントがないのは変化なしのようだから、ほとんど期待はできません。

ともあれ、全体として使い勝手は相変わらずよくないものの、少しずつ改善されていくことを期待したい。

Posted by sachi at 06:18 AM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン2歳馬近況

サマーピクシーの調整が進み、いよいよ入厩の打診をしています。年末か年明け、待ち遠しいです。同期でひと足先に入厩したサマーセレブリティ、すでに勝ち上がっているサマーラグーンと併せて最先着したようで、このまま順調にデビューしてほしいもの。ラヴ産駒娘の根性を発揮してほしいな。頑張れサマーピクシー!

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/12/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで調整中。坂路1〜2本キャンターで運動しています。だいぶ気合いが乗り、グッとハミを取って動くようになりました。単走の時よりも集団で騎乗したほうがしっかりと動きます。中間、スピード調教を消化。先頭サマーセレブリティ、3番手サマーラグーン、4番手サマーパレンケという形で2番手を進みました。しぶとくのびて最後は粘るセレブリティをクビ差とらえて最先着。切れる脚はありませんが併せてからしっかり伸びる、いかにもマイネルラヴ産駒らしい走りです。かかることがないのも好材料。畠山調教師とは年末か年明け入厩で打ち合わせています。

Posted by sachi at 05:29 AM | Category: HORSE | Comments (0)

December 14, 2008

セゾン1歳馬近況

セゾンの募集馬も近況更新。
ベネラシオンはキャンター再開。休養で幅は出たものの、期待していた背丈のほうはいま一つ。といっても、現段階で155cmなら、ま、いいかな。あのラヴでも、デビュー時は160cmなく157か8cmでしたが、3歳の夏を超して大きくなりましたから。動きがよいのは何よりです。早いデビューが期待できる馬だと思っています。これから春までにどれくらい能力があるかが分かってくるでしょう。楽しみです。

マイネベネラシオンの07 [募集馬 / コスモヴューファーム] ■2008/12/12
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム本場へ移動し育成中。坂路1本キャンターでの運動を再開しました。今回の休養で上にはあまり伸びませんでしたが、しっかり肉がつき幅が出てきました。まだ成長途上でキ甲も抜けていません。これからさらに良くなってくるでしょう。放牧地を駆け回る動きが良く、今後ピッチを上げていったときの走りに期待しています。現在の体高は155.0cmです。

Posted by sachi at 02:20 PM | Category: HORSE | Comments (0)

1歳馬近況

続いて2週おきの1歳馬の更新です。
フリークロバリー07はかなり大きくなったようです。休養中なのでとりたてて言うほどのコメントなし。意外に走りが硬いというのが気になるところですが、乗り込みも一定量こなしたあとなので、今は一息いれ、再開したときどこまでスピードとパワーが出るかです。あまり大きくなりすぎるのも困りものですが、とりあえずは鍛えてもへこたれない体力を養ってほしい。
マイネガイア07も休養中。今回の休養では特に変化がみられないって……1カ月前に500キロと見違えるほど大きくなったと書いてあったのだから、休養に入って2週間だし、十分でしょう? 兄コルンが成長がないと言われ続けていただけに、この馬が順調なのは何より。あとは騎乗を再開してから、どれくらいのスピードで走れるかです。もともと長くいい脚を使うタイプの中・長距離馬だと思って出資したので、切れる脚はないとは思うものの、なんとか兄たちの不振を払拭する活躍を望みます。

▼フリークロバリーの07……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東:中村均(予定)……
フリークロバリーの07は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。この中間からは日中のみの放牧を行っています。さすが現役時に520キロ超もの馬格を誇ったMセレクトの産駒です。馬体に幅が出てきただけでなく、体高も伸びてこの1ヶ月でずいぶんどっしりしました。骨格からもさらなる成長が見込め、この冬から初夏にかけてどのような変化を遂げるのか見守るのが楽しみです。今後も調教と休養を繰り返して造っていく予定。

▼マイネガイアの07……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東:宮本博(予定)……
マイネガイアの07は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。十数時間も屋外に出す昼夜放牧を止め、陽が昇っている間だけの数時間の放牧に切り替えました。他馬より一足先に馬体が成長していたため、今回の休養では特に変化が見られません。厳しい寒さの中を集団で自由に過ごすことは体質の強化やリフレッシュにもつながるものと思われます。平凡な日々ですが、無駄な時間を過ごしているわけではなく、これも先々につなげるための管理。

Posted by sachi at 02:13 PM | Category: HORSE | Comments (0)

在厩馬近況

金土と留守にしていたので、少々遅れての更新です。

4歳馬
ハヤトはきょう出走して、再び3着を確保。コメントのラスト1ハロン云々が常にクラブのコメントと食い違いがあるのですが、これは以前からのこと。今回もポリトラックでそこそこいいタイムを出していて、好調がうかがえます。すでに結果は出ていますが、小西厩舎もやってくれますね。未勝利を勝ち上がれるかどうか心配していた馬が、ここまできたことだけでも嬉しいのですが、これからもっと強くなりそうなのが頼もしいです。田辺騎手もハヤトとともに成長してくれて、他の馬はともかく、ハヤトの特徴をがっちりつかんで乗ってくれるのがありがたい限り。次走は中1週? 中京なら輸送もたいしたことはないし、鉾田に出されて調子落ちする懸念もないので、レース後も順調で次走に備えられることを祈りたい。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、14日(日)、中京5R・ダート1700mに出走します。今週もニューポリトラックで追い切られ、5ハロン67秒をマーク。先週と違ってラストは馬なりでしたが、ラスト1ハロン12.5秒をマークし、余力を持って駆け抜けました。小西調教師は「先週もある程度やっているので、それほど強いところは必要ないでしょう。引き続き状態はいいし、力は出せる。勝ち負けを意識してる」と力強く語っています。

2歳馬
アリオンは、今さら1週間前のことを言われてもな(と、毎回思うこの更新の遅さ&愚かさよ)。積極策が功を奏したのは確か。それもひとえに三浦騎手のセンスと手腕ゆえに、次走も三浦騎手でというのはありがたい。+22キロの馬体重が「成長分」というのは大きな疑問。だって1年前の11月には、すでに500キロあった馬ですよ いいかげんな近況を書くのもほどほどにしてほしい。出資者を素人と見下げるのは勝手だけど、過去の事実を誤認するのはいただけない。そもそも近況の過去ログもないHPは役に立ちません。わたしはそのために、このブログに記録を残しているんです。出走や育成について口出しはできずとも、過去のコメントとの食い違いやヘンな近況に文句を言う権利はあるはず。ラフィアン、いいかげんにまともな育成、まともな出走、そしてまともな会員サービスを提供しないと、出資者に見限られますよ。ともあれ、アリオンが少しずつ大ケガの前の走りを取り戻してくれるよう祈るばかりです。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、7日(日)に中山で出走して4着でした。積極策が功を奏しました。スローな流れでうまく脚をためられて最後まで踏ん張っています。22キロの馬体増は成長分もありますが、若干余裕残しも否めず、叩いた次走はもっと良いパフォーマンスが期待できます。レース後も反動は感じられず、「思ったほどトモに疲れがない」とは火曜日から角馬場で跨っている調教助手の感想。木曜日からは坂路入りも再開しています。次走は中山最終週の芝2000mの予定。引き続き三浦騎手に騎乗を依頼しています。

Posted by sachi at 01:14 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ハヤト、頑張った!

小回り中京で大外からややごちゃついたスタートでしたが、道中じりじりと追い上げながら4角でついに先頭グループへ。あれだけ脚を使ったら直線はどうだろうと心配したけど、最後までよく頑張って3着に粘り込みました。

12/14(日) 中京5R 500万下 3歳上 □指(定量) ダ1700m 16頭 発走:11:55  天候:晴 馬場:良
3着 8枠 15番 マイネルハヤト 牡4 57.0 田辺裕信 1:46.7 クビ 38.0 498 -2 小西一男 6/16人気

ハナ差でもぎとった3着。ハヤトはほんとにしぶとい馬です。田辺騎手もうまく乗ってくれました。連続3着確保で、次走もすんなり希望のレースに出られるでしょう。相手次第であと1つ勝てるのはほぼ確実。1000万下ではどれだけ通用するか厳しい気もするので、あと1回くらい2着があってもよいかな(笑) でも、やっぱり勝ち上がってほしいですね〜 好調の今のうちに!

レース後のコメント:from Race Courseより
「ハヤト」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
田辺騎手「意識していた馬(ゼンノモナルカ)がインで脚をためていたから、早めに動かないと思っていた。最後は勝ちにいった分、差されてしまった感じ。もっと内側の枠の方が競馬しやすかった。使いながら良くなっているのは確か。強いメンバーの中、がんばっている」
小西師「中1で使えるかどうかはトレセンに戻って状態を見てから決めたいと思います」

おっ、小西師も中1週での出走を考えているんですね。できれば絶好調のいま勝ち上がっておきたいけれど、それも馬の状態次第。きょうは頑張ったからねぇ。小西師は、そこらへんの見極めもうまいので、信頼しています。どうか疲れがないように……

*きょうは2歳牝馬女王の決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズの開催日です。牡馬の2歳チャンピオン決定戦、朝日フューチュリティとあわせて、例年このGIをにぎわせてきたラフィアン馬が全くいないのは、なんとも寂しく情けない。去年(現3歳世代)からすでにその傾向はありましたが、2歳の成績は目も当てられません。こんな状態なのに、クラブはどう対処しようとしているのかも見えず。今年の募集馬とて、いいコメントはほとんどありませんし、今年は自信があるという社長の言葉も、ただ空しく響きます。これはラフィアン時代の終わりの始まりではないかと、心底思うきょうこのごろ。人手が足りずまともに乗り込めないなら、なおのこと、へたな引っ張りなどやっている場合じゃありません。しっかりきちんと馬をつくらないと、本当にやばいよ。

Posted by sachi at 12:33 PM | Category: HORSE | Comments (2)

ハヤト大外か……

中京で出走のハヤト、意外に人気になっていませんが、降級組が多いからでしょうか。
ハヤト自身は絶好調だと思うのですが、大外枠は少々不利かもしれません。
前半どれだけスムーズに好位につけられるかがカギでしょうか。馬場は力のいる良馬場みたいなのでハヤト向き。ここで勝ち上がっておきたいけど、どうでしょう。田辺騎手の好騎乗に期待!

12/14(日) 中京5R 500万下 3歳上 □指(定量) ダ1700m 16頭発走:11:55
1 1   ◎ アイティーバトル 牡3 56.0 丹内祐次 矢野照正
1 2     メモリーセレソン 牡6 54.0 ▲船曳文士 福永甲
2 3     マッシヴエンペラー 牡3 56.0 和田竜二 大橋勇樹
2 4 ◎ ▲ ゼンノモナルカ 牡4 57.0 中舘英二 藤岡範士
3 5 ▲   オーミプレシャス 牡3 56.0 川島信二 田島良保
3 6 △ △ リージェントゲスト 牡7 57.0 戸崎圭太 中島敏文
4 7     サクラシザーズ 牡3 53.0 ▲荻野琢真 梅田智之
4 8     サミーデザート 牡5 57.0 太宰啓介 増本豊
5 9     シルクスターシップ 牡5 57.0 岩部純二 尾形充弘
5 10     カネトシトレンド 牡3 53.0 ▲丸田恭介 村山明
6 11     イースタンリバー 牡3 53.0 ▲宮崎北斗 鈴木伸尋
6 12 △   ピサノシェンロン 牡4 57.0 青木芳之 藤沢和雄
7 13   ○ オースミビーナス 牝3 51.0 ▲千葉直人 菅原泰夫
7 14 ○   マルブツサクラオー 牡3 56.0 長谷川浩 大根田裕
8 15 △   マイネルハヤト 牡4 57.0 田辺裕信 小西一男
8 16     ルナエクリプス 牡3 56.0 北村友一 加藤和宏
(印はnetkeiba.comより)

*金土とハウステンボスに行ってました。
土曜に出走と勘違いして、なんとハウステンボスに佐世保ウィンズがあったので立ち寄りましたが、あれ?ハヤトがいな〜い……てなことで少々あわてましたが、おねえさんが調べてくれてきょう出走だと判明(爆) でも、おかげで佐世保ウィンズ初体験。人が少なかったですよ。すごく立派な建物でもったいない感じ。係の人たちは、みんなとっても素朴で、親切で、田舎っていいなぁと思いました。

オランダの町並みを再現したハウステンボスの一環で、建物はアムステルダムの歌劇場コンセルトヘボウだとか。

Posted by sachi at 11:11 AM | Category: HORSE | Comments (0)

December 11, 2008

今週の調教時計

中京で出走のハヤトが時計を出しています。

マイネルハヤト 12/10 助 手 美南P 良 - - - 67.0 51.6 37.7 12.5 7 一杯に追う

ん? 前回のコメントにもあった終い11秒8というのは?
それでも一杯でこれなら、きっといい結果を出せると思います。スカッと決めてほしいな。
東京に帰ってきたら勝っていた〜というのを期待して、明日出掛けてきます。

出走確定
12月14日(日)
中京 マイネルハヤト 5R 3歳以上500万下 57 田辺裕信 ダ1700m 11:55 16頭

Posted by sachi at 09:51 PM | Category: HORSE | Comments (2)

鉾田滞在馬近況

4歳馬
うっかり忘れるところでした。ルーチェは鉾田だった(^^;; 骨折で休養のあと、復帰してからは体調もよいようで、少し休養すればまたすぐ乗り出せるようなコメントです。牝馬でもあり、あまり無理使いはしてほしくありませんが、かといっていつまでも鉾田に置いておかれるのも不安。ほどほどに馬体がふっくらしてくれば、ほどなく乗り出せるはず。そのあとは、早めに上原厩舎にお任せください。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。次走については決めていません。それなりのレース数を消化してきたこともあり、急いで坂路入りする必要がないことから、トレセンより到着してからここまでウォーキングマシン1〜2時間の運動だけで対応してきました。ただし、見た限り疲れはなさそう。飼い食いや目の輝き具合などからは、むしろ状態が良いのではと思わせるほどです。

Posted by sachi at 01:56 AM | Category: HORSE | Comments (0)

December 10, 2008

アルビオン、12月5日付で登録抹消

引退が決まってからJRAに引き取られる話もあり、交渉中とのことでなかなか行き先が決まらず、抹消もされていなかったアルビオンですが、きょう同じくアルビオンに出資されていた方から、茨城県内の乗馬クラブへ移ることが決まったとの情報をいただきました。JRAのHPへ行ってみると、表題のとおり、12月5日付けで抹消されていました。

いまさらながらに、アルビオンのことが懐かしく思い出されます。東京/中山での出走があまり多くなかったこともあり、生応援に数回しか行けなかった馬ですが、入厩直前に北海道の牧場で対面してから5年、本当に長いこと活躍してくれました。感謝の念と、とても寂しい気持ちでいっぱいです。

父ラヴが、競馬というものに足を踏み入れるきっかけとなった初めての出資馬だったので、産駒には絶対に出資すると決めていました。その年の募集馬のうち、牝馬はマイネデセール、牡馬はマイネルアルビオンに出資。翌年の5月の連休に北海道の牧場で初対面。どちらも連休明け早々に入厩したものの、アルビオンは疝痛を起こして開腹手術。一時はどうなることかと思いましたが、命をとりとめたばかりか、11月に福島でデビューして見事新馬勝ち。病気を克服しての新馬勝ちに、信じられないくらい嬉しかった。

続いて東京に戻ってきてのベゴニア賞、ペリエ騎手騎乗ということもあり、勇んで応援に出掛けたのですが、結果は惨敗。結局、東京の1600mでは距離が長かったのです。これでNHKマイルC出走は夢と消えたものの、距離短縮のクリスマスローズS、内田博幸騎手の手綱で復活の気配を見せ、翌1月の小倉カササギ賞で見事2勝目。これまた嬉しい勝利でした。

思い出すときりがないのですが、一番力を発揮できたのは、バルジュー騎乗のサンライズSと武幸四郎騎手が京都でインをついてうまい手綱さばきを見せたシルクロードS(GIII)2着のときかな。オーシャンSでも好走を期待してGIをと願ったところが結果はいま一つ。それでもGIの高松宮記念出走も果たしてくれました。全盛期の勢いは6歳の今もさほど衰えてはいないと思うものの、足元の不安を抱えていては仕方がありません。重賞を勝たせたいという夢はかないませんでしたが、ラフィアンでこの馬に出資できたことは本当に幸せでした。アルビオン、ありがとう! これからは新しい環境で、みなさんにかわいがってもらえるような立派な乗馬になって、末長く馬生をまっとうしてほしい。いつの日か、また会いに行きたいです。

Posted by sachi at 08:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走馬

ハヤトがすんなり中京で出走です。

中京競馬場
マイネルハヤト 13日(土) 5R 3歳以上500万下 田辺裕信 ダ1700m

先々週の近況であんなに危ぶんでいたのは、一体なに?(苦笑) 明らかな誤認というか、間違いでしょうに、訂正もしない事務所です。ま、ともあれ、調子は絶好調と言っていいくらいなので、期待します! 頑張れハヤト&田辺騎手!
わたくしはちょい旅行に出ますので、土曜の競馬は見られないのが残念です。

*東京事務所の近況更新には、相変わらず一貫したポリシーが見られません。
ブリッツの引退が「お知らせ」に出ていなかったことには前に触れましたが、今週もジェネシス、 ソレント、チェルシーの故障や骨折のことは「お知らせ」に出ているのに、ダイナモの骨折のことはなぜか出ていない。まったく訳分かりません。
ついでながら、ジェネシスは屈腱炎だそうだけど、「負荷をかけ回復を促すため 軽い乗り運動開始」とのこと。これはサイクロンも同じ表現を使って見切り発車で乗り出し、結局は再度の蹄骨骨折という一番不幸な結果になってしまったことと、どうしてもかぶってしまいます。なぜラフィアンは馬のためを思ってもう少し我慢ができないのだろうか。ジェネシスは2歳世代で数少ない勝ち上がり馬だけに、あせって乗り出す意味が分かりません。
一方、セゾンで出資している愛馬マイネピクシーは、初夏に入厩を目指して調整中、急に腰に力が入らなくなり、牧場で数カ月養生。いまはやっと元に戻りましたが、その間、決して無理をさせず、乗り出してからも強い負荷をかけると飼い食いが落ちることがあったため、緩急とりまぜながら今もまだ牧場で調整中。先日は追い切りもよかったようで、そろそろ入厩も近いと思われます。遅れたら遅れたなりに、ある程度仕上がった状態での入厩が、これまでもラフィアンの方針だったように思うのですが(アルビオンも連休明けに入厩したものの、疝痛で回復手術、その後、十分な休養と調整をへて、11月半ばのデビューで新馬勝ちしました)、現社長になってから(つまり今年の3歳世代から)どうもただ出走させるだけの入厩に思えてしまう。アルデュールもアリオンもそうでした。事務所にあてた手紙で「急がば回れ」という言葉もあると反論してみたのですが、この姿勢は頑固に貫くようで、考え直す気配もありません。根っこは同じラフィアンとセゾンだけど、育成や調教の方針はかなり違うように感じています。
近況に関しても同様で、更新の遅さも含め、本当にラフィアンの質が落ちた。もっとも近況の首尾一貫性のなさは、入力している?スタッフのせいというより(「お知らせ」に出したり出さなかったりはそうかもしれませんが、少なくとも内容のチグハグさに関して)、取材して文章にする担当者のせいでしょう。
育成・サービスともにこれまでずっと大好きだったラフィアンだけど、いまや疑問だらけで信用ならないラフィアンになってしまった。このレベルと効率の低下をなんとかしてくれないと、もう本当に見切りをつけたくもなります。活躍してくれている愛馬もいるだけに、育成・会員サービスともに、早く何とかならないものかと、いつも思います。

Posted by sachi at 06:53 PM | Category: HORSE | Comments (0)

December 09, 2008

北海道滞在馬近況

5歳馬
グリッツァはようやく球節の腫れが固まり、基礎訓練中。馬体も480キロ台で走っていたころから比べてまだまだ太い。最低30キロは絞らないと。ま、とにかくこれ以上ケガせず、順調に調整してほしいものです。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。右前球節は小さくなった腫れがそのまま固まって水っぽさがなくなりました。前向きさが出てきて鶴首になって駆け上がっていきますが、まだそれがゴールまで持続せず最後には脚が上がってしまいます。しばらくは追い切りは行わず基礎を固めていく方針。馬体重は到着時から9キロ減った527キロです。

4歳馬
フォーグも公式HPにアップされた動画を見る限り、かなり太くなっています。興奮しやすかったところがおとなしくなった!? 前は牝馬を見ると興奮してたのに(苦笑) おそらく一番の充実期であろうこの時期に休養となったのは痛いけれど、繋靭帯はしっかり直さないとね。今年の出走記録をつけていたら、一番の稼ぎ頭がフォーグでした。この1年、ほんとにご苦労さまと、その走りをねぎらってやりたい。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。一時期蹄を気にしていたものの、すっかり痛みも取れたようで歩様がスムーズに。休ませてもそれほど贅肉が付くタイプではありませんが、同馬なりにふっくらしています。年齢的なものなのか興奮しやすかったところが影を潜め、以前よりも落ち着いて過ごしています。

3歳馬
アルデュールは砂のぼりを発症して小休止。あちこち故障する馬ばかりのなかで、この牝馬ちゃんはほんとに丈夫で元気いっぱい。馬体も充実しているので、早くよくなって調教が進み、復帰してくれるときを心待ちにしています。不調の3歳のなかで、アルデュールだけが着実に結果を出してくれているのがありがたいです。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和で休養中。パドック放牧で管理されています。先週末から右前脚に砂のぼりを発症し、騎乗を中止しています。乗り始めて順調にきていただけに残念ですが、1週間程度でトレーニングが再開できる見込みです。調教によりストレスがたまってきたのか、パドックで熊癖を見せています。

Posted by sachi at 08:06 PM | Category: HORSE | Comments (0)

December 07, 2008

三浦騎手はうまい!

アリオン、三浦騎手のおかげで何とか掲示板確保しました。

12月7日(日) 中山3R 2歳未勝利 ○混□指(馬齢) 芝2000m 18頭 発走:10:50 天候: 晴 馬場: 良
4着 1枠 2番 マイネルアリオン 牡2 54.0 ☆ 三浦皇成 稲葉隆一 3/4 490(+22) 35.8 10/18人気

きょうは応援に行こうかと思ったものの、明日の準備がいろいろあって断念。テレビ観戦となりました。
まずは馬体重+22キロにぎょっとするも、いやいや、前走ガレていたので実質+10キロ程度かと、少し気持ちが落ち着く(輸送後の熱発もあったのに、よくあんな状態でダート戦になど出したものです)。そしてパドック……あらら、なんだかやる気がなさそうに、もっさりした雰囲気で歩いていて、相変わらずともはゆるい。けづやもいま一つかな。でも、そう太くは見えません。やはり去年の今頃の馬体重に戻したのは正解だったかと思うも、まだまだ鍛え方が足りない。ま、鉾田帰りに何を期待しても無駄ですから、今回は叩き台。周回しているうちに、走る気持ちはほんの少しのってきたような? トモの踏み込みも心もちしっかりしてきたかも?と、かすかに希望を見いだそうとする(苦笑)
さて、レース。さすが三浦騎手、スタートがうまかった〜! この馬、ひょっとしてもまれると走る気をなくすのではないかと懸念していたので、しょっぱな押してスムーズに好位につけた三浦騎手に感謝。道中も焦ることなく、内枠を利してほどよいペースで追走。3角、4角を回ってもさほど勢いが衰える気配がなく、10番人気に落ちたわりに(きっと馬体重+22キロが嫌われたのでしょう)手応えも悪くなさそう。ひょっとしたら2着3着はあるかとも思ったけれど、さすがに復帰初戦でそれはなし。三浦騎手もしっかり追ってくれましたが、最後は首があがり、バテて後続馬に交わされました。
正直なところ、もっと悪い結果も想定していただけに、きょうのところはとりあえずほっとした。闘争心も少しは出てきたようだし、もう少し叩いて馬体が引き締まってくれば、そのうち未勝利は勝ち上がれそう。といっても、きょうはメンバーがメンバー。楽観もできません。一つよかったのは、これで松岡騎手から三浦騎手に主戦交替となる可能性があること。今後とも三浦騎手が手綱をとってくれるよう、切に希望します。

騎手コメント:from Race Courseより
「アリオン」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
三浦騎手「行けるようであればハナに行く作戦だったが、行けなかったのであのポジション。4コーナーでは勝ったと思ったほど。右ではなく、返し馬から左にもたれていたが大丈夫。良い馬ですね」

おぉ、三浦騎手のコメント、めっちゃ嬉しい〜♪ そうか、ハナに行く作戦でしたか。でもスタートをうまく決めてくれたおかげで、なんとか4着に残れましたよ。やっと競馬らしい競馬をしてくれて、ありがとうございます。ほんと、4角では、あわやと思ったんですけど(ま、強い馬が前にいたので、欲張らずに、2着か3着をと。笑)、やはりまだ本調子ではない現状では、これがせいいっぱい。でも、これで何とか上昇のきっかけをつかんでほしい。鉾田はなしで、厩舎で乗り込んでくださいよ!

Posted by sachi at 11:32 AM | Category: HORSE | Comments (0)

December 06, 2008

アリオン、何とか頑張れ!

内枠を引きました。

12/7(日) 中山3R 未勝利 2歳 ○混□指(馬齢) 芝2000m 18頭 発走:10:50
1 1     ザバトルブリリアン 牡2 55.0 柴田善臣 佐藤全弘
1 2 △   マイネルアリオン 牡2 54.0 ☆三浦皇成 稲葉隆一
2 3   ◎ トドロキエンジェル 牝2 54.0 柴山雄一 高橋義博
2 4     ダイワオーダー 牡2 52.0 ▲宮崎北斗 嶋田功
3 5   △ ホワイトライクミー 牡2 55.0 江田照男 杉浦宏昭
3 6     カンタベリーキング 牡2 55.0 大野拓弥 鈴木勝美
4 7     プリズムドウル 牝2 54.0 木幡初広 蛯名信広
4 8 ○   ライドザウインド 牡2 55.0 吉田豊 大久保洋
5 9 △   コスモピグマン 牡2 52.0 ▲丸田恭介 伊藤伸一
5 10     ダンチョウ 牡2 55.0 川島信二 稗田研二
6 11 ◎ ○ ワールドカルティエ 牡2 55.0 北村宏司 藤沢和雄
6 12     ナスノロビン 牝2 54.0 勝浦正樹 小笠倫弘
7 13     イガノハイレディー 牝2 54.0 吉田隼人 水野貴広
7 14 △   サオリチャン 牝2 54.0 田中勝春 小桧山悟
7 15 ▲   コスモカサブランカ 牝2 54.0 松岡正海 稲葉隆一
8 16 △ ▲ ワイルドトウショウ 牝2 54.0 武士沢友 保田一隆
8 17     ルミナスヘイロー 牡2 54.0 ☆的場勇人 秋山雅一
8 18     シングアゲン 牡2 55.0 小野次郎 中野栄治
(印はnetkeiba.com)

近況のコメントからもあまり期待はもてないものの、相手も弱メンバーなので、デビュー戦程度に走れれば何とか掲示板は確保できるのではないかな。5月6月に焦って他の牧場に「武者修行」に出されてから、すっかり調子を狂わせたままで立て直しもせず、ずるずるとここまできてしまったのが残念でなりません。せめて馬券にからむくらいの走りを見せてくれれば嬉しいのですが……
かつてのラフィアンでは育成にこれほどの疑念をもったことがなく、たとえ馬が走らずとも能力とあきらめられましたが、サイクロンといいアリオンといい、まったくクラブは何を意図しているのかと腹立たしくなるばかり。いまやすっかり諦めが先に立ち、なさけない。

【追記】
人気はよくて5、6番手かな? 2〜3頭、やや強そうな馬がいるだけで、あとはドングリの背くらべのように思うので、何とか頑張れば掲示板に載れるかも。中山の坂で大ケガをする前の育成時代を思い出してくれればと願います。が、コスモビューファームへ出稽古に行ってからすっかり調子を崩してしまったので、やっぱり向かないかもしれません。 あとは三浦ジョッキーの手腕に期待です。
それにしても、稲葉厩舎はアリオンとコスモの馬の2頭出しで、コスモのほうに松岡騎手。これはどういうことなのか、ちょっと気にかかる。どちらも前走は松岡騎手だけど、松岡騎手がアリオンを避けたのか、それとも厩舎の決定なのか? ともあれ、三浦騎手はきょう3勝、松岡騎手1勝で、勝ち星では三浦騎手が松岡騎手を1つ追い抜いたのです。アリオンの評価、いや、期待度のほうが大きいと、勝手に解釈しておきます(笑) ついでに言えば、コスモ馬がさらにもう1頭。こちらも今年デビューの有望新人、丸田騎手が騎乗。つまり、ラフィアン系統としては今、手配できる若手トップクラスを配したわけで、騎手起用に関してはかなり頑張っております。しかし……藤沢厩舎の馬に負けるのだろうなぁ(苦笑)

Posted by sachi at 12:21 PM | Category: HORSE | Comments (0)

December 05, 2008

在厩馬近況

4歳馬
ハヤトはだんだん調子が上がってきたようで、次走が待ち遠しいです。よいタイムを出しているみたいで、勝ち星のある中京で待望の3勝目を期待したい!
ルーチェは、いまさらながらの先週のレース報告もないまま、すでにまた鉾田へ。ほんとにこの近況のローテは何とかならないのでしょうか。クラブとして恥ずかしくないの? そのメンタリティーが信じられません。軽くリフレッシュさせるのはよいとして、こういう報告はレース後、あるいは鉾田へ移動した時点ですべきです(怒)

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、美浦で調整中。ウッド、ダート、ニューポリトラックでそれぞれ乗り込まれています。来週の中京、ダート1700mに向けて水曜日から追い切りを再開。1週前としては上々のタイムといえるでしょう。小西師による手動計測ではラスト1ハロンが11.8秒で、「直線では軽く仕掛けただけで反応していた。充実してきたね」と笑顔を見せていました。今春に同条件で勝った相性の良いコースでもあり、勝ち負けを期待できそうです。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、30日(日)に東京で出走して8着でした。スローペースの中を好位で追走し、直線で押し切る競馬。粘っていましたが、決め手に欠けるのはマイルも同じでした。上がりがかかりやすい中山ならまた違う結果になっていたかもしれません。馬自身は力を出し切っており、中2、中1週と間隔を詰めて出走してきたため、ビッグレッドファーム鉾田で軽くリフレッシュさせることに。3日(水)に現地に移動しています。予定レースは決めておらず、調子が上がってきた段階で上原師に声を掛けることで打ち合わせています。

2歳馬
アリオンはよくなってもいないとはっきり言いながら、また中途半端で走らせるんですね。「当時より気持ちは前向き」って、全然期待できませんなぁ。立て直したほうがいいと思っても、ラフィアンはあくまで鉾田にこだわる。というか、どのみち北海道へ帰しても人手不足でどうにもならないんでしょう。関東馬だけでなく関西からも、いまや続々と鉾田へ。いったい厩舎は何のためにあるのかと言いたくなります。もっともアリオンの場合は、厩舎も牧場もたいして違わない??? こんな調子なら、応援は寒波が襲ってきたらカットしてもいいな。馬に罪はないけれど、ラフィアンの現状のせいで一口への熱意は大きく低下。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、7日(日)、中山3Rの芝2000mに三浦騎手で出走します。2週続けて併せ馬で追い切りをかけてきたことから、今週は終いを伸ばすだけにしました。これはレースに向けてエネルギーをためこむ意味合いもあります。トモの踏ん張りは前走の9月から大幅に良くなっているわけではないものの、当時より気持ちは前向きです。両方の口角で均等にハミを取らせてきた効果か、右にもたれる癖は目立たなくなってきました。

Posted by sachi at 07:12 PM | Category: HORSE | Comments (4)

今週の調教時計

今週出走のアリオンと、調整中のハヤトが時計を出しています。

マイネルアリオン 12/3 助 手 美南P 良 - - - 69.9 54.6 40.1 12.8 7 強目に追う
マイネルハヤト 12/3 助 手 美南P 良 - - - 66.6 51.7 38.5 12.9 8 強目に追う

ハヤトはいつも通りで好調維持と思われますが、アリオンはポリトラックでこのタイムでは、いまいち期待はもてません。強めに追ったということは、強い調教はできないということなのか。今回はとりあえず出走してみてというところかな(出走は三浦皇成騎手で確定)
12月7日(日)
中山 マイネルアリオン 3R 2歳未勝利 (混) 三浦皇成 54 芝2000m 10:50 18頭

*匿名掲示板がまた騒がしいことになっていますが、わたしも今月の会報の巻頭言にはほんとうにまたがっかりしました。若社長は就任以来、一度もまともな巻頭言を書いたことがないと思う。会員目線というのがまったく分かっていないのでは?
先週の三浦騎手と武騎手云々も???でしたが、今月はまた、オータムパーティでの挨拶の弁明に終始しているものの、ただ1歳は自信があるというだけで、何の弁明にもなっていない。それどころか、何の解決策も示さず現状のまま……  何なのこれは?
今年の成績をどうにか維持できそうなのは、ひとえに3歳の2頭と4歳以上の活躍のおかげ。チャールズ、レーツェルをのぞけば3歳の実情はかなり悪く、2歳ときたらまさに惨憺たる状態、4歳以上の活躍馬が引退していけば、お先真っ暗です。それでも責任を感じず、改善策も打ち出せず、ただ1歳は自信があると言われても、2歳だって自信があったんじゃないのですか?
去年のアルデュール世代からその傾向はあったけれど、今年デビューした2歳馬のレースぶりを見ても、乗り込み不足は明らか。ただデビューを遅らせてみたところで、去年以上に人手不足でロクに乗り込めていない現状では、とうてい期待できません。人手不足は、鉾田がオープンしたせいもあるのかどうか分かりませんが、何か抜本的な対策を講じないかぎり未来はなさそうに思えてしまいます。3次募集があるようだけど、またロージズが2頭もいるうえ価格の点でもお買い得は期待できず、いったいどうなるのか。それでも馬が売れているところがラフィアンの不思議。すでに補償で売れてるように見えるだけだとすれば、まさに危機的状況だと思うのですけど……

Posted by sachi at 07:44 AM | Category: HORSE | Comments (0)

December 03, 2008

今週の出走予定馬

アリオンが中山で出走予定です。

中山競馬場
マイネルアリオン 7日(日) 3R 2歳未勝利 (混) 三浦皇成 芝2000m

ん? 先週の予定では松岡騎手が騎乗することになっていたのに、三浦騎手に!
これはどういう意味なんでしょうか。個人的には乗り替わりに賛成ですけど、出走してそこそこ走れるだけの状態にあるのかどうかが、一番気になるところ。厩舎できちんと乗り込んで走りに前向きな馬になってくれていればですが…… ダンスインザダーク産駒と中山の相性がいまひとつなのもマイナス材料。ともあれ、アリオンと初対面できそうだし、三浦騎手はうれしいですね( ̄ー ̄)ニヤ

Posted by sachi at 06:47 PM | Category: HORSE | Comments (0)