November 30, 2008

ルーチェはやはり中距離馬

やはり1600mは短かったようで、8着に終ってしまいました。

11/30(日) 東京11R アプローズ賞(1000万下) 3歳上 ○混□指(定量) 芝1600m 18頭 発走:16:05
8着 4枠 7番 マイネルーチェ 牝4 55.0 内田博幸 上原博之 ハナ 466( 0) 27.7 9/18人気

ジョッキーも先生も自信ありげだったので少しは期待したのだけれど、う〜ん、厳しかった。追走がせいいっぱいで、最後の直線は馬群に沈みました。
やはり次からは元の中距離に戻してほしいですね。せっかく2着もあったのだし。
それと、新潟のような平坦がやはりよいのではないかな。
ここまで結構使いづめできたので、今度は鉾田かも……(^^;;

コメント:from Race Courseより
「ルーチェ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
内田博幸騎手「距離短縮にも対応できると思っていたが、今日は上がりが速すぎた」
上原調教師「もっとゆったりと追走させたほうがいい。次走は距離を伸ばす」


きょうもいつものルーチェで、落ち着いて周回。


前の馬が遅れがちなので、ルーチェと重なって写真が撮りにくかった。
同じレースに出走したベルジュールをひいてたのは、元アルビオン担当の
ユウキさんでした! 心のなかでお礼をいっぱい言いました。


レースの頃にはすっかりたそがれ。きょうで東京競馬場も今年最後。
愛馬たちは頑張ってくれましたが、引退もあり寂しい年末になりました。

ついでにというのも大変失礼ながら、JCのパドック写真を2枚だけ。
競馬場についてパドックに行ったらものすごい人で、とても写真など無理状態。
でも騎手が騎乗すると、人垣が少しばらけてきたので、なんとか数頭。

ウォッカ、結果は残念ながら3着でしたが、やっぱり強い!

優勝したスクリーンヒーロー。ミルコ・デムーロ騎手、すごすぎ!

(以上、PENTAX K10D+DA55-300mm)

Posted by sachi at 11:44 PM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

November 29, 2008

ルーチェはほどよい枠

明日のメンバーを見ると、手ごわいとも言い難いけれど楽勝でもなさそう。
1000万条件ともなると、やはりこんなものなんでしょうかね。

11/30(日) 東京 11R アプローズ賞(1000万下) 3歳上 ○混□指(定量) 芝1600m 18頭 発走:16:00
1 1     タマモスクワート 牡3 56.0 石橋脩 中川公成
1 2     ノープロブレム 牡5 57.0 藤田伸二 昆貢
2 3   △ ダイアモンドヘッド セ5 57.0 ペリエ 池江泰寿
2 4 ○   シャイニーボーイ 牡5 57.0 デムーロ 平田修
3 5     ゴールドアグリ 牡4 57.0 安藤勝己 戸田博文
3 6 △ ▲ マストビートゥルー 牡5 57.0 ルメール 加用正
4 7 △   マイネルーチェ 牝4 55.0 内田博幸 上原博之
4 8     コアレスコジーン セ5 57.0 吉田隼人 和田正道
5 9     ダイワルビア 牡4 57.0 北村宏司 鹿戸雄一
5 10     キングオザー 牡6 57.0 土谷智紀 鈴木勝美
6 11 △   ボーダレスワールド 牡3 56.0 三浦皇成 加藤征弘
6 12 ◎ ○ テイエムアタック 牡4 57.0 後藤浩輝 柴田光陽
7 13     シュヴァルドール セ5 57.0 江田照男 大江原哲
7 14     スエズ 牡3 56.0 松岡正海 吉田直弘
7 15     ベルジュール セ5 57.0 柴山雄一 畠山吉宏
8 16   ◎ ライブコンサート セ4 57.0 岩田康誠 白井寿昭
8 17 △   アロマンシェス 牡4 57.0 田中博康 本間忍
8 18 ▲   ケイアース 牡4 57.0 蛯名正義 田中清隆
(印はnetkeiba.com)

ゴールドアグリなどという、懐かしい名前も(苦笑)
この条件で手堅く走っているテイエムアタックが一番人気になるのかな。
今度もまた唯一頭の牝馬ですが、牡馬恐れるに足らず。そこそこはやれそうです。人気はないだろうし、内田騎手との3度目の正直で、テイエムアタックをやっつける激走をしてほしい。頑張れルーチェ!

Posted by sachi at 03:01 PM | Category: HORSE | Comments (0)

コスモ出資馬近況

月2回の近況更新は、どうしても重なってしまいます。

2歳馬
ピクシーは、せっかく調子があがってきたところで精神的に追い詰められ?飼い食いが落ちたとは…… そろそろ入厩かと思っていたのでがっかり。でも、あせって入厩・出走させないでじっくり基礎固めをお願いしたい。ま、入厩すれば畠山厩舎なのでていねいに扱ってもらえるとは思いますが、下手すると鉾田送りになりかねないので(セゾンとラフィアンはそこのところも少し違うので分からないけど)

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/11/28
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで調整中。坂路1〜2本キャンターで運動しています。2本でピッチを上げてきて動きも良くなっていたのですが、反比例するように飼い葉を残すようになってしまいました。気負ってしまい精神的に追い詰められているようです。現在は1本も織り交ぜてペースを緩めている段階。体調面と精神面へかかる負荷のバランスを考慮しながら進めていかなければいけません。

1歳馬
ベネラシオン07は休養中。2週間前にも書いたように、筋肉もりもりのトモに比べて貧弱だった前がしっかりしてきたのはよいことですが、やはり体高が低いのでもう少し伸びてほしい〜 そうすればバランスももっとよくなり、ちょこまか走らずにすむのですが…… ま、こればかりは生まれながらにもった遺伝子のためなので、とにかく順調に調整が進んでくれることを祈ります。

マイネベネラシオンの07 [募集馬 / コスモヴューファーム] ■2008/11/28
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム石田分場に滞在中。冷え込んできた気候を考慮し、昼夜放牧を切り上げ普通放牧に移行しました。気が優しく、放牧地で追いかけ回されることの多い馬にもきつくあたることはありません。立派なトモに比べ、少し頼りなさのあった前もだいぶしっかりしてバランスがとれてきました。欲を言えばもう少し上背がほしいところ。あたたかくなってから成長が見込めそうなタイプなので、まだまだ期待できそうです。

Posted by sachi at 07:25 AM | Category: HORSE | Comments (0)

在厩馬近況

4歳馬
ハヤトの近況は「はぁ?」です。いったい何が言いたいのやら。誰が書いたんでしょうか。競馬を知らない人? 前走3着で優先権があるのに、3場開催の中京でも出走できないかもしれないなどと。プロを認ずる人たちのはずでしょうに、あまりにいい加減…… こんな適当な(というか、ずれまくりの)近況には、呆れてコメントもできません。
ルーチェは今週、出走です。中1週は去年もだったのね。秋に復帰してから長距離をハードスケジュールで使ってきたけど、今回は距離短縮。内田騎手が乗ってくれるあいだに、ぜひとももう1勝を期待したい。頑張れルーチェ&内田騎手!

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、美浦で調整中。ウッド、ダート、ニューポリトラックでそれぞれ乗り込まれています。とても混雑した今週の古馬500万のダート1600mは、中2ヶ月の馬でさえも除外されてしまう状況でした。予想以上の頭数に、目標にしている中京開幕週のダート1700mが使えるかどうか心配になってきましたが、状態としてはびしっと追い切りさえかければ今週の競馬にも出走できたほどです。飼い葉の食いが良く、トモも以前よりしっかりした状態。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、30日(日)、東京11Rのアプローズ賞・芝1600mに内田騎手で出走します。中1週でレースへ向かうのがちょうど1年前のジャパンカップデー以来。そのときは準オープンのウェルカムSにタラモ騎手で臨み、コンマ5秒差の5着に好走しました。今回も疲れがなく、良い状態といえます。ただ、詰まっているレース間隔を考えて追い切りは控えめにしました。「あまりやらない方が良い馬。力は出せる。腰がしっかりしているいまなら、マイルでも良い競馬になるはず」と上原師はコメントしています。

2歳馬
アリオンは本当に前向きになってきたの? そうは思えませんが、来週には中山で結果が出るでしょう。大ケガをする前の育成時代の片鱗を少しでも見せてほしいけど、ここまでチグハグになってしまったら、勝ち上がるのも厳しいかも。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。坂路とニューポリトラックを中心に乗り込まれています。今週はデビュー前の2歳馬と併せ馬を行いましたが、相手が動かなかったこともあり、楽に先着しました。騎乗した助手は「少し右にもたれていたが、おっとりしていた以前と違って、今は前向きさを感じる。レースでいい方向に出てくれれば」と語っていました。中山開幕週の芝2000mに出走する予定で、松岡騎手が騎乗する予定です。

*トレセン在厩馬ではないものの、募集馬の近況が更新されていたので、ついでにここで。
1歳馬
フリークロバリー07は、どうもいつもコメントがよくありませんなぁ。パワフルな走りというのが、結局は会員を喜ばせるためのリップサービス(もしくは思い込み)でなければよいのだけれど。馬格はあるので、もう少し乗り込んでとももしっかりしてくることを願います。
かたやガイア07のほうは、以外にも順調のよう。今週は1つ上のコルンがデビュー。育成時代はさんざんなコメントでしたが、どういう結果が出るのかちょっと注目。しかし、上とこの馬は馬体からして全然違います。ゆっくりでいいので、着実に成長してほしい馬です。

▼フリークロバリーの07……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東:中村均(予定)……
フリークロバリーの07は、ビッグレッドファーム明和で休養中。ある程度の乗り込み量に達したこともあり、坂路調教を切り上げて一息入れることになりました。中間の稽古では腰やトモの入りの甘さが目立ち、そのためスタートでしっかり踏み込めずにスピードに乗るまでにもたついていました。体が硬めなのも影響しているのでしょう。それでも流れに乗ってしまえばパワフルな走りを見せていました。昼夜放牧でリフレッシュさせてから再度負荷をかけていきます。

▼マイネガイアの07……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東:宮本博(予定)……
マイネガイアの07は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。この中間で調教をいったん切り上げて昼夜放牧のみで休養させることに。一番早い時期から乗り込んでいたのでリフレッシュしてくれるでしょう。走りも坂路入り当初に比べるとグンと安定しました。スタッフもその成長力に驚いています。今後の成長次第ではかなり力を付けてくるかもしれません。調教再開時の動きを見るのが楽しみです。

Posted by sachi at 05:48 AM | Category: HORSE | Comments (6)

November 28, 2008

今週の調教時計

アリオン、ハヤト、ルーチェが時計を出しています。

マイネルアリオン
11/27 助 手 美南P 良 - - - 68.4 53.1 38.6 12.7 6 G前仕掛け
トーセンルヴァン(新馬)一杯の外0.2秒先着
マイネルハヤト
11/27 助 手 美南P 良 - - - 73.3 57.6 43.2 13.6 6 馬ナリ余力
マイネルーチェ
11/27 助 手 美北C 良 - - - - 54.8 40.8 13.6 6 馬ナリ余力

アリオンは久々ですが、休養前とほとんど同じ…… 思い切って立て直さないかぎり、だめだろうな。
ハヤトは馬なりでほぐす程度? この馬は叩きながら少しずつ上向いてくれればOK。
今週出走確定のルーチェも、またまた馬なりです。しかしルーチェはこれまでも強い追い切りをかけたから好調というわけではないので、状態はいい意味で平行線と考えておきましょう。

Posted by sachi at 08:15 AM | Category: HORSE | Comments (0)

November 26, 2008

サイクロン、再度蹄骨骨折で引退

きょう、ついに「状況が変化した馬の近況」にサイクロンの再度の蹄骨骨折のお知らせが出ました。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、25日(火)の調教後から左前脚に跛行を生じ、レントゲン検査の結果、再度、蹄骨の骨折が見つかりました。デビューを目指していましたが、このタイミングであきらめることになりました。能力が高いと見込んで期待していましたが、残念でなりません。長い間ご声援ありがとうございました。

もともと再発の可能性も高いケガなので、デビューもできず引退になるのは3月の骨折時点でほぼ確実と思われたのに、よく8カ月も引っ張りましたね。おまけにようやく骨折線が消えかけたところで乗り込みを開始し、案の定というわけです。クラブとしてはもっと早く引退させるべきところを、何か意地でも「能力を見込んで」とか、「早く走りたくてうずうず」「元気いっぱい」とよいことばかり並べ立てた揚げ句、結局はもうどうにでもなれと言わんばかりに見切り発車し、まるでこうなることを望んでいたかのような結末。ここまで待たせたのに、なぜ完治もしていない段階で乗り出すのかと抗議の書簡を送ったときの返答は、「ただ待っているだけではデビューのきっかけはつかめない」でした。2度目に乗り出す前、11月12日のエントリーにも書いたように、歩様の乱れが解消されて元気なうちに、なんとか競走馬ではない別の道を探ってほしかった。再度の骨折では、もう馬の行く末は言わずと知れています。せめて乗馬にでもと思っていましたが、それもかなわず、サイクロンが本当に可哀想(泣) クラブのエゴで、結局は馬にとって最悪の結末になってしまいました。
一度も会わないままだったけれど、そのほうがよかったのかもしれない。補償は80%になるはずですが、いまさら出資したい馬もおらず、来年度になんとか使うことになるのか(デセールの初仔が募集され、気に入ればの話) 少なくとも現在のちぐはぐな育成と調教やサービス低下が続く限り、ラフィアンではもうとうてい出資する意欲がわきませんが。

Posted by sachi at 07:24 PM | Category: HORSE | Comments (2)

今週の出走予定馬

ルーチェが距離短縮で東京の芝1600mへの出走を予定。しかし除外の可能性あり。
これまでずっと長いところを使ってそこそこの結果を出してきたので、果たして1600mのペースについて行けるかどうか、かなり不安はあります。が、内田騎手のすすめでもあり、出走できれば応援に行きたいと思います。

東京競馬場
マイネルーチェ 30日(日) 11R アプローズ賞 (混) 内田博幸 芝1600m

Posted by sachi at 07:18 PM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道滞在馬近況

5歳馬
グリッツァはまだ球節の腫れが完全にひいていないようですが、小さくなったということで乗り出す? 1年間走り続けたのに2カ月近く鉾田で中途半端に乗っていたのが、今なお信じられません。今回、また乗り出して悪化しないよう祈るばかりです。馬体も筋肉が落ちてかなり寂しくなっているようだし、復帰するまでには時間がかかりそう。年があければ6歳となり、復帰できたとしてもせいぜいあと1年。結果次第では引退も覚悟しておかないといけません。この馬もラヴ産駒として思い入れがある馬なので、なんとかもう少し頑張ってほしいのだけれど。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、朝の集牧において他馬を先に連れて帰ると怒って捕まらなくなるため、この中間は1頭目に馬房へ戻すようにしていました。ビッグレッドファーム鉾田から到着した頃より右前脚球節の腫れが小さくなっています。これを受けて乗り出すこととなり、これまで滞在していたビッグレッドファーム浦和から真歌トレーニングパークへ移動しました。しばらくは患部の様子をうかがいながら体力づくりに終始します。

4歳馬
フォーグは繋靭帯の腫れもかなりすっきりして、あと少しで乗り出せるようになりそう。骨折のことに触れていないのはどうなんでしょうか。蹄はもともと敏感で、蹄鉄をはかせないといつも気にする馬なのに、いまさらなにを?(浦和にいるので仕方ないとも言えるけど、申し送りもしないってことか) 世代でもトップクラスの馬なのだから、きちんとケアしてほしいもの。無事復帰してもらって、古馬としての活躍をまた見たい。しかし今年になってラフィアンのコメントは、更新頻度が減って中間の様子も分からないうえ、チグハグで何を信用すればいいのか、残念というより腹が立つこと多し。担当者の日々の仕事ぶりが伝わってきたポートレートがなくなったのはやはり大きな失望です。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和で休養中。夕方から急に寒くなり、夜には零下まで冷え込むとはいえ、現地は海に近いロケーションで内陸にあるビッグレッドファーム明和に比べればいくらか温暖です。この中間も19時間ほど屋外に出す昼夜放牧を行ってきました。腫れが残っていた左前脚内側の中スジ(繋靱帯)が、ここにきてすっきりしてきています。乗り出しまでそう遠くはないでしょうが、蹄を気にする仕草が見られ、もうしばらくは様子見の予定です。

3歳馬
アルデュールは元気に調教中の模様。呼吸音のコメントは初めてですが、ただ息遣いが悪かったためだと思いたい(息がいまひとつというコメントはありましたが) 落ち着きがあって熊癖がおさまっているのは何より。ダートでもやれることが分かったので、こちらも復帰戦が楽しみ。年明けには復帰できるでしょうか?

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和で調整中。休養馬専用の厩舎から、育成馬の棟に移動して坂路でキャンター1100m1本の運動を開始しました。乗り出した初日こそ息遣いが悪く、ノドが鳴っているような呼吸音でしたが、その後は気になりません。昼夜放牧中に自主トレーニングを行っていたとはいえ、休み明けで苦しかったのでしょう。ある程度まで体力を向上させてから仕上げに入ります。落ち着きがある現在、熊癖(舟ゆすり)を見せません。

きのうは匿名掲示板でブリッツの引退を知りました。ブリッツはアルデュールと放牧地も同じでよく一緒に調教をしていたし、2歳のときは成績もよきライヴァルだったので、いつも動向に注目していた馬。これまで引退は常にクラブの「お知らせ」に出ていたと思うのですが、いつからただの近況での報告のみになったの? ちなみにアルビオンの場合は「お知らせ」に突然出て知ったわけだけど、クラブ馬の引退は出資者だけでなく他の会員も気にしていることなのだから、やはり「お知らせ」にアップすべきではないのでしょうか。こういう原則まで一貫していないところが、事務処理能力の欠如なのか単に無神経なだけなのか分からない現状が、なおさら嘆かわしいと思う。事務処理と会員サービスに関して言えば、以前よりスタッフの数は増えているのに、近況更新をはじめ以前できていたことさえ、なぜやれないのか大きな疑問。

Posted by sachi at 08:44 AM | Category: HORSE | Comments (0)

November 21, 2008

在厩馬近況

4歳馬
ハヤトもルーチェも好調のようで何よりです。
ハヤトは前走の疲れもなく、すでに馬場入り。もともと叩き良化型だし、トレセンでびしっと乗り込んでくれれば、きっとこの条件でまた1勝はしてくれるでしょう。すっきり勝ってほしいところですが、そこから先のことを考えると、ある程度、着を稼いでからのほうが親孝行なのかな、とも思う。でも、やっぱり1000万下に上がってほしいです(^o^)
ルーチェは中1週で出走ですか。タフだなあ。腰がしっかりしてきたというコメントはまことに良い傾向。使っても馬体が減っていっているわけでもないので、好調なときに使おうというのは賛成です。骨折して半年休養したあとだし、ここらが走りごろなのでしょう。距離短縮も、新潟2歳Sでの好走を思うと、よいかもしれません。ただしテンのスピードについて行ければの話。内田騎手が引き続き騎乗してくれるのは、たいはへんありがたいです。上原先生に感謝〜

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、16日(日)に福島で出走して3着でした。中団を追走し、楽なペースで逃げる勝ち馬を3コーナー手前から積極的に追い掛けていってのもの。2着は欲しかったメンバーではありますが、最後脚が上がっても我慢できていたうえ、前が止まらない展開を考えるとまずまずの評価は与えられます。小西師は「使った後もダメージがなく、今回もすぐ乗り出せている」とコメントしており、前走同様に火曜日から角馬場に入れて体をほぐしています。次走は中3週で中京開幕週のダート1700mを予定しています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、16日(日)に東京で出走して2着でした。2走前と同じ様なレース。今回も直線でうまく抜け出したところで決め手のある馬に差し切られてしまいました。脚質だけに仕方ないものの歯がゆい感じは否めません。上原師は「腰が以前ほど甘くなくしっかりしている。次走は目先を変えてマイルの挑戦も考えたい。内田騎手も距離短縮は良いかもしれないといっていた。具合も良いしね」と述べていました。すでにコースに入れていますが、幸いレースの反動も感じません。30日(日)、東京のアプローズ賞への出走を内田騎手で予定しています。

2歳馬
やれやれ、やっとアリオンが競馬場に戻ってくるようですが、果たしてどれほどのものか。もう1頭は蹄骨骨折でとうてい期待もできないので、なんとかアリオンだけは1勝くらいしてほしいと思うものの、何かこの1年の大きな足踏みが非常に骨身にこたえる。この世代の近況はもう見るのもいやな気持ち…… ま、復帰戦には応援に行ってやりたいとは思っていますけど。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。坂路とニューポリトラックを中心に乗り込まれています。前脚を折りたたむような格好でゆっくり四肢を回転させる、跳びの大きいフットワークがこの馬の特徴。19日(水)の追い切りでいきなり楽に先着したのは相手が動かなかったからです。跨った黛騎手は「少しくたくたした感じ」と緩さを指摘していました。このあたりは攻めても変わらないかもしれませんが、息遣いには改善の余地があります。次走は中山開幕週の芝2000mが有力。

Posted by sachi at 06:45 PM | Category: HORSE | Comments (2)

今週の調教時計

アリオンがぼつぼつというところ。

マイネルアリオン
11/16 助 手 美南坂 稍 - - - 61.6 44.8 28.8 14.3 - 馬ナリ余力
11/19 黛 美南P 良 - - - 68.5 53.7 40.5 13.8 7 馬ナリ余力
トーセンルヴァン(新馬)末強目の外0.1秒先着

う〜ん、鉾田では仕上げられないから、厩舎で乗り込んで競走馬として目覚めてくれるのを待つしかありません。しかし、やはり大ケガの後遺症(というか、ケガ後の調教ミスの影響)は大きいと思う。果たして立ち直ることができるのだろうか。

愛馬の多くが北海道に帰ったため、近況の更新も2週間に一度申し訳程度にしかなく、鉾田にしろ北海道にしろ、何か隠しているのでは?と思うようなチグハグなコメントばかりで、いまやラフィアンで一口ライフを楽しむのはむずかしい。活躍馬にしても、先週出走した馬のレポートも金曜の夜までなく、その間、レースのあとも順調だろうか、故障して鉾田へ移動させられていませんようにと祈りながら1週間近く待つなんて、サイアク。このところ、実はずっと前に骨折していました、などというコメントが続出なので、なおさらです。
大好きだったアルビオンは、JRAの登録抹消記録をみるかぎり、20日現在まだ抹消はされていないようです。交渉がうまくまとまらないのか…… もしかして復帰もあるなら、小躍りして喜ぶのだけれど。

Posted by sachi at 08:25 AM | Category: HORSE | Comments (0)

November 18, 2008

北海道滞在馬近況

2歳馬
サイクロンの骨折線がようやく消えたようです。しかし今年の2歳馬の戦績を考えると、ほとんど1年近く乗り込むことができず休養していた馬が、果たしてどこまで走れるものか。きょうもクラブの公式HPは、引退と故障のお知らせラッシュ。ただでさえ引退馬続出で散々な2歳馬にあって、馬体の成長という点でも訓練という点でも、これだけハンデを背負った馬がこの時期からやっと乗り出して好走するとは、とうてい思えない。とにかく出走までこぎつけ、引退の下地が整ったと解釈するしかありません。馬に罪はないけど、まったくラフィアンにはがっかりです。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、ビッグレッドファーム明和で調整中。レントゲン検査の結果、どこを骨折していたのか判らないほどまでに回復しており獣医からもGOサインが出ました。普段はチャカチャカしていてしっかり歩かないので踏み込みなどの比較がしにくいものの、十分に進めていけるレベル。乗ると大人しくなって、稽古の際に前向きさが足りないのはこちらに移動したときからと変わっていません。しばらくは軽めに乗って様子を見ていきます。

Posted by sachi at 06:03 PM | Category: HORSE | Comments (0)

November 17, 2008

アルビオンはどこへ?

週末に、とうとうアルビオンの引退通知が届きました。
短距離のダート馬はニシノコンサフォス、トウセンザオー、ワキノカイザーなど、8歳になっても元気で活躍している馬が多いだけに、「最近のレースでの成績、年齢を考慮し」引退というのが、思ってもいないことだったので、まだショックから完全に立ち直れません。
手紙によると、「無償譲渡」されたよし。ということは、やはりJRAに引き取られたのでしょうか? プリサイスマシーンのように重賞を勝っていないので誘導馬はないと思うものの、行き先はどこなのか。もしかしたら白井の競馬学校かな? どなたか情報をおもちの方がいらっしゃったら、ぜひ教えていただきたいと思います。いつか、またアルビオンに会いに行きたい。どうか会えるところにいますように……

Posted by sachi at 05:18 PM | Category: HORSE | Comments (2)

November 16, 2008

ハヤトは3着

ハヤトは馬体が絞れていなかったものの、前走より前進して3着と、まずまず頑張りました。

11/16(日) 福島9R 500万下 3歳上 ○混□指(定量) ダ1700m 15頭 発走:14:05 天候: 小雨 ダート: 良
3着 5枠 8番 マイネルハヤト 牡4 57.0 田辺裕信 小西一男 3/4 39.9 500( 0) 5.4 2/18人気

まだ太め残りのようでしたが、けづやもよくて好調の様子。でも、勝った馬が強かった。中舘騎手で福島は最高ですね。スタートは相変わらずいま一つで(馬がつまずいて、6レースのマイネアプレイザーに続きまた丸田騎手が落馬したので、ドキッとした。アプレイザーは本当に可哀想なことになりましたが、このレースの馬は大丈夫のよう)、道中少し脚を使ったためか最後も甘くなり、2着の馬と脚色が同じになってしまった。「良」発表とはいえ脚抜きがよさそうなダートも、じりじり伸びるタイプのハヤトには味方しなかった。スタートがもう少しうまく行って追走に手間取らなければ、また勝つチャンスも出てくるかな。次は頑張ってほしいです。

騎手コメント:from Race Courseより
「ハヤト」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
田辺騎手「3コーナーから追い通しだったけど頑張ってくれた。だいぶ動けるようになってきたが、もう一絞りできる感じ。もっと良くなるはず。馬場もパサパサした力の要る方が良い」

うんうん、その通りです。頑張ってるんだけど、もうひと絞りできればもっと粘れる。相手次第もあるけど、今度はもう少し力のいる馬場で!

Posted by sachi at 02:50 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ルーチェ、またも勝ち切れず

8頭立て牝馬限定と、格好のチャンスだと思ったのですが、またもや勝ちきれませんでした。

11/16(日) 東京8R 1000万円下 牝□指(定量) 芝2000m 8頭 発走:13:40 天候:曇 芝:良
2着 5枠 5番 マイネルーチェ 牝4 55.0 内田博幸 2:01.1 1 1/2 35.2 466 0 上原博之 1/8人気

きょうは仕事もたまっていたのでテレビ観戦。パドックはいつも通りのルーチェ、適度に気合も乗り、落ち着いて周回していたのですが、やや疲れが出てきていたのか、たしかにともの送りの力強さがいまひとつだったような? 馬体が細くならないよう、あまり強い調教ができなかったのかもしれません。レース運びも悪くなかったのですが、最後は切れ味勝負になり、内から抜け出してきた馬に差された。本来ならもう少し切れる脚が使えるはずのルーチェなのに、結構前目の競馬をしたので途中で脚を使ってしまったのか。う〜ん、本当に勝つのはむずかしい。勝ってほしかったなぁ……
でも、きょうは午前中のラフィアン馬の成績がさんざんだったし、故障発生や落馬事故も多かったので、とにかく無事に廻ってきてくれることだけを祈っていました。ルーチェ、これからまた鉾田へ出されるのでしょうか。そこで壊されるのだけが心配です。

騎手コメント: from Race Courseより
「ルーチェ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
内田博幸騎手「うまくいったと思ったが、勝ち馬の切れ味にやられた。具合はいいがジリジリとしか伸びない」

たしかにその通り。もう少しともに力がつくような鍛え方はないものだろうか。じっくりと毎日引き運動や常歩で乗り込んでくれればよいのだけれど、鉾田に出すのは休養程度にしかなりらず、馬体は締まったように見えるだけで、芯が入らない。かえってケガが多くなって災難に合いかねない。ハヤトやアルデュールのように丈夫な馬なら、まだいいのだけど、繊細な馬には向かないんです(怒)

Posted by sachi at 02:05 PM | Category: HORSE | Comments (0)

November 15, 2008

ルーチェもハヤトも不利のない枠に

いよいよ明日はルーチェとハヤトの出走。2頭とも勝ち負けがかかる重要なレースです。期待できそうかな。
ルーチェは雨がやや心配ながら、少頭数だし、ここで勝てなければどこで?という感じのレース。相手はプジュリでしょうか。牡馬相手に善戦してきたルーチェに疲れが残っておらず、内田騎手がこの前のように乗ってくれれば、直線でスムーズに進出して真っ先にゴールできそう。頑張ってほしいです!
ハヤトも今回は叩き2戦目、いつもの力を発揮できれば、ここは勝ち負けできるのでは。田辺騎手、どうかよろしくお願いしますよ(^_-)-☆

11/16(日) 東京8R 1000万下 3歳上 牝□指(定量) 芝2000m 8頭 発走:13:40
1 1 ▲   ウェディングフジコ 牝4 55.0 菊沢隆徳 戸田博文
2 2 △ ○ ダッシュアキチャン 牝3 53.0 柴田善臣 内藤一雄
3 3 ◎   プジュリ 牝5 55.0 松岡正海 清水利章
4 4     クロカンブッシュ 牝4 55.0 田中勝春 手塚貴久
5 5 ○ ◎ マイネルーチェ 牝4 55.0 内田博幸 上原博之
6 6 △   ハイカックウ 牝3 53.0 吉田豊 鈴木康弘
7 7 △ ▲ コウヨウアイリーン 牝4 55.0 江田照男 武藤善則
8 8     エプソムメサイア 牝5 55.0 後藤浩輝 武藤善則

11/16(日) 福島9R 500万下 3歳上 ○混□指(定量) ダ1700m 15頭発走:14:05
1 1     ショウサンマグナ 牡3 55.0 芹沢純一 矢作芳人
2 2     セイウンヒーロー 牡4 57.0 津村明秀 手塚貴久
2 3 △ △ ハピネスフォーユー 牝3 53.0 木幡初広 久保田貴
3 4 ◎ ▲ トップオブオナー 牡4 57.0 北村友一 山内研二
3 5   ○ バリュアブルズ 牡3 54.0 ☆田中博康 畠山吉宏 陰になり日向になり
4 6     キタサンダイオウ 牡4 54.0 ▲黛弘人 中野渡清
4 7 ▲   シーアクロス 牡3 55.0 中舘英二 梅内忍
5 8 △ ◎ マイネルハヤト 牡4 57.0 田辺裕信 小西一男
5 9     ギャラクシーキッド 牡5 57.0 高山太郎 佐藤全弘
6 10     トウカイゲイル 牡4 57.0 熊沢重文 萱野浩二
6 11     ヨシカツゾー 牡3 55.0 梶晃啓 佐藤吉勝
7 12     モシカシテ 牡3 55.0 中村将之 谷潔
7 13 ○   フォルスストレート セ4 54.0 ▲丸田恭介 中竹和也
8 14     ゲンスイ 牡3 55.0 松田大作 本間忍
8 15 △   スペースタイム 牡3 54.0 ☆藤岡康太 萩原清
(どちらも印はnetkeiba.com)

*余談ですが、きょうは2歳短距離馬の登竜門、京王杯2歳Sで、ラヴ産駒のゲットフルマークスが人気のフィフスペトルを抑えて完勝! 久々にラヴ産駒の面目躍如、おめでとう!
なのに本家であるはずのビッグレッドファームで、どうしてこのクラスのラヴ産駒が出てこないのか。クラブで唯一、中央の古馬GIを勝ったラヴを、種牡馬としてももっと重視してくれないのかと常々思っていましたし、外から買うにしても、なぜこのレベルのラヴ産駒を引っ張ってこられないのか、非常に不満です。アルビオンが引退し、ハーティーも年があけると早7歳。何としても後継となるようなラヴ産駒がほしいのに、2世代目以降のラフィアンラヴ産駒ときたら…… orz
また京王杯2歳Sは、2年前はレーニア、フォーグのワンツー、去年はドリームシグナルが2着、その前も、スカット、ファーマ、レコルト、コスモサンビーム、マイネラベンダーなど、ほとんど毎回駒を進める馬がいたのに、現3歳世代以降は2歳王者を決める朝日杯フューチリティSに出走できるような馬もいなくなり、本当に寂しいかぎり。当然、今年の2歳もまず出走すら無理でしょう。これは明らかにラフィアン所属馬の低落ぶりを物語っており、ますます出資する気持ちが引いていく原因です。とにかく、クラブが奮起してくれないとどうしようもありません。

Posted by sachi at 04:34 PM | Category: HORSE | Comments (0)

November 14, 2008

セゾン馬近況

きょうはどういうわけか更新ラッシュ。セゾンの外厩馬と今年度募集馬も更新されていました。

2歳馬
サマーピクシーはやっと軌道に乗ってきたものの、春のようなバネは戻ってこないよう。でも、かわりに力強さが出てきたとのことで、筋力は強くなってきたらしい。もうすぐ入厩かと期待していたのですが、まだしばらく負荷をかけてからの入厩になりそう。となると、デビューは年末か、それとも来年かな。あせる必要もないので、少しずつ競走馬として通用する体力と走りができるようになってほしい。

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/11/14
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで調整中。坂路2本キャンターで運動しています。強めを定期的に取り入れていますが、以前のように歩様が乱れることはありません。軌道に乗りました。欲を言えばもう少し良かったころのようなバネの利いた走りを見せてほしいところです。ただ、これはマイネルラヴ産駒の力強さが前面に出てきたためで懸念する必要はないのかもしれません。筋力で走るタイプにシフトチェンジした印象です。もう少し負荷をかけた段階で入厩を検討していきます。

1歳馬
マイネベネラシオン07は、寒さのなかで昼夜放牧中。さすがに飼い食いが落ちたこともあったようですが、今はリラックスして休養できている模様。もともとかなりお肉がついていた馬。どれだけおでぶになるのかな。もう少し体高が伸びてくれればと思うのですが、この馬はそういうタイプではなく、速い回転でパワフルに走るのかもしれません。今はしっかりエネルギーを蓄え、体力をつけるのが先決です。春先になるのが楽しみ♪

マイネベネラシオンの07 [募集馬 / コスモヴューファーム] ■2008/11/14
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム石田分場に滞在中。昼夜放牧されています。屋外メインの生活に切り替えた一時期、飼い食いが落ちたものの今は回復。生活のリズムに順応し、リラックスし過ごせています。だいぶ肉がついた馬体と併せてリフレッシュ効果がうかがえます。騎乗再開に向けてこのままエネルギーを蓄えてほしいところです。

Posted by sachi at 08:44 PM | Category: HORSE | Comments (0)

1歳馬近況

珍しく、前回から2週間での更新。会員からかなり文句が出たせいかも?
フリークロバリー07の走りがかなり改まったのは朗報です。でも、まだ「伸びやかとはいえない」とのことで、となると、速い回転で走ってもらうしかないような…… 馬体重は500キロを越えてくるのか? それともこれから乗り込みが進めば絞れてくるのか。馬の成長率にもよるでしょうが、とりあえずはケガなく無事に走ることを覚えていってくれれば。
マイネガイア07は、フリークロバリー07以上に成長が著しいよう。きょう、まるで別馬と書いた通りのコメントに苦笑。さらに、アクションが「ゆったり」……ということは、速い回転はできないで決定ですね。下手に走る、走ると騒がれるより、地道にじっくり訓練してもらえるほうが、馬にとっては好都合。これまでの兄弟の不振を拭い去るような活躍をこっそり期待しておきます。

▼フリークロバリーの07……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東:中村均(予定)……
フリークロバリーの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の乗り込みと昼夜放牧を1日おきに繰り返す管理を続けています。経験を積んできたことで筋肉の緊張がほぐれました。極端に小さかったストライドが改まり、伸びやかとはいえないまでも、きちんとした走りができています。パワーのある脚取りはさすが父の仔といった印象。どこまで成長するか、今後を見守るのが楽しみです。馬体重は500キロぴったり。

▼マイネガイアの07……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東:宮本博(予定)……
マイネガイアの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動と昼夜放牧を行っています。「ずいぶん大きくなった」と感心させられる一頭。馬体重が500キロまで増え、ひょろりとしていた以前の姿とはまるで印象が違います。どちらかといえば走りはゆったりしたアクション。早い時期からパワフルに動ける若駒ではなく、成長とともにゆっくり力を付けていくのではないかと見ています。

Posted by sachi at 08:31 PM | Category: HORSE | Comments (0)

在厩馬近況

4歳馬
日曜出走のハヤトは、15頭と多頭数ながらこれといった相手もいなさそう。ここはチャンスと見てよさそう。前走は前が詰まって動けなかったけれど、田辺騎手にぬかりがなければ、今回はいつもの勝ちパターンで進めてくれるでしょう。アルビオンが引退してしまい、グリッツァも北海道。美浦にいる唯一のラヴ産駒です。ぜひとも勝利をもぎとってほしい。
ルーチェも相手関係に恵まれたっぽい。追い切りは余力残しですが、それでも走ってくれるのがルーチェ。2年3カ月ぶりの勝利を、などと言ってしまうと応援も緊張してしまいそうなので、気楽に応援することにします。でも、ここは取りこぼせないレースでしょう。牡馬と走って健闘したルーチェです。頑張ってほしいです!

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、16日(日)、福島9R・ダート1700mに出走します。今週はニューポリトラックで71秒程度の軽めの追い切りを消化。小西調教師は「追い切りは控えたが、中1週ということが全然気にならないほど状態はいい。追い切りの反応も良くなっている。前走はすっと動けずに前が詰まったが、今回は動きたいときに動けるはず」とコメントしていました。前2走で3着以内入っているのは2頭だけというメンバー構成。チャンスはあるはずです。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、16日(日)、東京8R・牝馬限定・芝2000mに出走します。中間は週末に坂路でさっと流して、12日には坂路をハロン20秒ペースで駆け上がった後に、ウッドコースで追い切られました。2歳未勝利馬を相手に、直線では一杯に追われる相手に対し、馬なりのまま余力を残して楽に先着する内容。担当の助手は「いい感じの動きで、好調を維持していると判断できる。メンバーからもここはチャンス」と語っていました。2年3ヶ月ぶりの勝利を手中にしたいものです。

2歳馬
アリオンはきのう、稲葉厩舎に入厩。鉾田での調整はほとんど頼りに出来ませんが、故障せず厩舎に戻っただけでも幸運と思わなければならないのが悲しい現状。厩舎での調整もどこまで信頼できるか疑問ながら、アリオンが自らの力でなんとか競馬への闘志を燃えさせてくれるのを祈るしかありません。復帰戦は中山かな。ま、体調さえよければ、そのうち走ってくるかもしれません。それまでぼちぼち行ってもらいましょう。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、13日(木)にビッグレッドファーム鉾田から、美浦の稲葉厩舎に移動しました。けさからさっそく坂路を駆け上がっています。次走については来週半ばの追い切りを見てから検討します。

Posted by sachi at 08:30 PM | Category: HORSE | Comments (0)

1歳馬は大型馬が多い(^^;;

2008年度募集馬の馬体重一覧が出ました。
若社長に代替わりしてから小さな馬ばかりだなぁという印象をもっていたのですが、今年の1歳はそういう馬が少なく、従来のラフィアン募集馬に戻った感じ。
フリークロバリーの07もマイネガイアの07も、 ともに現在500キロ。
ずいぶん大きくなったものです。ちなみに9月13日時点での馬体重は以下の通り。

20 フリークロバリーの07 455キロ (募集時388キロ 152cm) → 500キロ
23 マイネガイアの07 441キロ (募集時406キロ 153cm) → 500キロ

2カ月のあいだに、フリークロバリー07が45キロ、マイネガイア07が59キロも増えています。写真を見ると、とくに幅がなく華奢だったガイア07の充実ぶりが目立ちます。
フリークロバリー07はセレクトによく似た体型でずっときていますが、ガイアはまるで別馬のようにたくましくなり、募集時に思い描いた通りの体型になってきました。つまり、アリオンの体型によく似てきたのです。アリオンが結果を出せていないのでまだ何とも言えませんが、同じように速い回転ができるかどうかが課題でしょうか。デビュー時には、それぞれ20〜30キロ絞れての出走になりそう。どちらも近況の更新が楽しみです。

Posted by sachi at 06:54 PM | Category: HORSE | Comments (0)

出走確定

ルーチェとハヤトの出走が確定しました。

11月16日(日)
東京 マイネルーチェ 8R 3歳以上1000万下 (牝) 内田博幸 55 芝2000m 13:40 8頭
福島 マイネルハヤト 9R 3歳以上500万下 (混) 田辺裕信 57 ダ1700m 14:05 15頭

ルーチェは牝馬限定戦で8頭立てという少頭数。期待したいのですが、調教時計はいまひとつかな。馬なりでこんな感じでも走ってくれるルーチェではありますが……
ハヤトは調子よさそう。今回は叩き2戦目、相手関係にもそこそこ恵まれたようで、少なくとも掲示板、あわよくば勝ち負けに期待します。

今週の調教時計

マイネルハヤト
11/12 助 手 美南P 良 - - - 71.2 55.2 41.0 12.8 7 馬ナリ余力
マイネルーチェ
11/9 助 手 美南坂 良 - - - 58.9 42.5 − 13.9 - 馬ナリ余力
11/12 助 手 美南W 良 - - - 67.1 51.7 38.2 13.0 2 馬ナリ余力

Posted by sachi at 06:54 PM | Category: HORSE | Comments (0)

November 12, 2008

鉾田滞在馬近況

2歳馬
アリオンは、調子が上向きと言いつつ、どうも口先だけのリップサービスにしか思えない。いまさら「トレセンから到着したばかりの頃は、やはり本来の状態ではなかった印象」と言われても、そんなことは分かりきってます。はっきり言って、この馬は大ケガからの回復途上で、調整の失敗から壊れてしまったのでしょう。ここで稲葉厩舎に入厩しても、鉾田での中途半端な調整では期待できる要素もほとんどないと思う。せめて札幌での出走のあと、牧場で立て直してくれていれば…… もうあまり語りたくもありません。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。10着に敗れて9月末にトレセンから到着したばかりの頃は、やはり本来の状態ではなかった印象。覇気を表に出さない面は変わらないものの、そのときとは行きっぷりが違います。調子が上向き、追い切りにおいても馬なりで消化できるようになりました。この中間には54〜56秒のタイムを3本出しています。馬体重は482キロ。あす13日(木)、稲葉厩舎に入厩する予定です。

臨時更新
サイクロンにしても同様です。近況で言っていることと実態とがかけ離れているとしか思えません。クラブは、ひたすら補償率の引き下げに邁進するのみなのか。しかし、たとえ見切り発車で乗り出したとしても、また歩様が悪化するのではないでしょうか。「騎乗が可能」というのは、治っていないということなのだから、馬も可哀想です。元気なら、何とか競走馬にならない道を探ってもらえないのだろうか。どうにか出走させて引退にもっていくのがクラブの目的でしょうから、とうてい無理だろうとは思いますが。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、左前脚蹄骨のレントゲン検査を行い、騎乗が可能と判断し、乗り運動を開始しました。

Posted by sachi at 07:37 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

ルーチェが東京で日曜に、ハヤトが福島で土曜に出走です。

東京競馬場
マイネルーチェ 16日(日) 12R 3歳以上1000万下 (牝) 内田博幸 芝2000m
福島競馬場
マイネルハヤト 15日(土) 6R 3歳以上500万下 田辺裕信 ダート1700m

アルビオンの引退にすっかり気落ちしていますが、いつまでも嘆いてばかりはいられません。6歳まで活躍してくれたアルビオンに感謝しつつ、次の世代の活躍に期待しましょう。
ルーチェもハヤトも、降級してから何とか1勝をと願っていました。今度はチャンスかもしれません。どちらも頑張れ〜!

とは思うものの、アルビオンの引退は本当に悲しい。ラヴのときは種牡馬になることが分かっていたので、現役引退後もまたBRFに行けば会えると、楽しみや希望がありました。出資馬を差別するわけではないけれど、アルビオンは競走馬生活も長かっただけにこれまで引退したどの出資馬よりも愛着があり、せめて重賞を一つくらい勝たせてあげたかった……などと未練たらたら。どうか幸せな第2の馬生がありますように。

Posted by sachi at 05:55 PM | Category: HORSE | Comments (0)

アルビオンがとうとう引退(T_T)

6歳の冬まで頑張ってくれていたアルビオンが、とうとう引退です。
鉾田へやられたときからいやな予感がしていましたが、あまりにあっけない。
まだまだ元気で活躍してほしいという願いはかないませんでした。今にして思えば、これまで牧場か厩舎かだったアルビオンが権利取りの投票もせず鉾田へ行かされたのは、引退を想定してのことだったのでしょう。次の行き先のことを考えると、北海道へ戻しても意味がないですからね。屈腱炎ではなく腱鞘炎の一歩手前?なのでしょうか。屈腱炎は屈腱自体が患部、腱鞘炎は屈腱をとりまく鞘の部分が患部ということなんですが、いずれにしろ治療には時間がかかるのでしょう。ナリタブライアンも腱鞘炎以後、成績がぱっとせずに引退、メジロドーベルも腱鞘炎で休養したことがあるようだけど、アルビオンはどうなるのか……。
関東で走ることが少なかったので、あまり生応援に行けなかったのが心残りですが、本当にこれまでよく走ってくれました。デビュー前に牧場で会ったときのつぶらな瞳の若駒が、入厩直後に疝痛を起してあわやという事態になりながら、よく乗り越えてここまで。
この馬はわたしのラフィアン歴で一番長い競走馬ライフを送ってくれ、とても思い出深い馬です。何しろカッコいい馬でした。今後のことには触れられていませんが、会いに行けるような第2の馬生であってほしい。アルビオン、本当にご苦労さま。そしてこれまで懸命にお世話してくださった厩舎のみなさま、牧場のみなさまに、心からお礼を申し上げます。ありがとうございました m(_ _)m

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、ビッグレッドファーム鉾田に移動して、騎乗再開の時期を検討していましたが、左前脚屈腱部の腫れがなかなか回復しません。先日のエコー検査で腱の炎症は見つかりませんでしたが、腱鞘液がたまっていることが原因で、しばらく休養させる必要があります。再発等のリスクや最近のレースでの成績、年齢を考慮し、残念ながら引退が決定しました。長い間ご声援ありがとうございました。

写真は、まだデビュー前のアルビオン(2004年4月末)


つぶらな瞳が可愛くて、のほほーんとしていて、気性の荒さなどまだ感じられない若駒でした。
少なくとも中央の競馬場でもうアルビオンの雄姿が見られないと思うと、とても寂しい……

Posted by sachi at 05:40 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (2)

北海道滞在馬近況

5歳馬
グリッツァも来年は明け6歳馬になってしまいます。まだ球節に熱感があるとのことで、下手に鉾田に滞在させられていた1カ月半が悔やまれる。故障を抱えているのに鉾田で乗り続けるなんて、ほんとにとんでもない。いまは牧場で休んでいるんだから、元気があって当たり前。問題はどこまで脚元の不安が解消されるかです。障害馬は脚にかかる負担も大きいので、一日も早く回復して、また競馬場で元気な姿がみられるよう祈るような気持ちです。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、ビッグレッドファーム浦和に滞在中。昼夜放牧されています。まだ少し右前脚の球節に軽い熱感がありますが、特に悪化するようなことはありません。元気が良すぎるくらいに、良く動き回っています。馬房から放牧地への往復でもチャカチャカしてうるさいほど。脚元の不安さえ解消されれば調教を再開できる状態です。

4歳馬
無事是名馬でずっと活躍してくれていたフォーグが、ここにきて故障は痛い。動画ではどこが痛いの?というくらい放牧地で跳ね回っていましたが、何と言っても骨折片が残っているのでじっくり養生をしてほしい。回復しても、これからは脚元の不安と闘いながらのレースになるでしょう。それにしても、たった2週間のことで関西からわざわざ鉾田へ送る途中でケガしたかもしれないのに、ビッグレッドファーム鉾田経由がよいようなことを書いてあるのに腹がたつ。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。左前の繋靱帯にはまだ少し腫れが残っているものの、放牧の際に痛みを見せることはありません。普段は到着直後からテンションが高いのですが、今回はビッグレッドファーム鉾田を経由しているせいか、落ち着いたままで手が掛からず助かっています。またその分、馬体の回復も普段より早く感じます。

3歳馬
アルデュールは本当に丈夫でタフな牝馬で、ありがたいこと。牧場で元気に走り回っているようだけど、このところ熊癖はどうなのでしょう。デビュー当時と比べると馬体もずいぶん大きくなり、競馬に向う気合いもほどよく乗って頼もしくなりました。コツコツ型でなかなか勝ち切れないところが難点と言えば難点ですが、よく健闘してくれます。この馬がいなければ、3歳世代は悲惨なことになっていました。アルデュールさまさまです。馬体もそう緩んでいないでしょうから、乗り込みを始めれば、すぐ入厩の運びとなるでしょう。鉾田じゃなくて明和に帰ってくれてよかったです。ダートもこなせることが分かり、復帰戦が楽しみ。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和で休養中。昼夜放牧されています。だいぶ寒くなってきましたが、同馬自身は放牧地でも動き回っていて元気一杯の様子。馬房でじっとしているより、寒くても体を動かしている方が嬉しそうです。もうそろそろ調教の再開を検討しても良い頃でしょう。

Posted by sachi at 05:39 AM | Category: HORSE | Comments (0)

November 07, 2008

入厩馬近況

4歳馬
ハヤトは中1週で福島のダート1700mへ。望むところです。馬も調子はよさそうだし、もともと叩き良化型。今度は馬体も絞れて息ももつでしょう。アルビオン、フォーグがトラブルで戦線離脱、アルデュールも放牧になってしまい、頼れるのはハヤトとルーチェのみです。PATの残高も減るばかりなので、ここらでお願いします、ハヤトくん!
ルーチェはまた内田騎手に乗ってもらえる〜♪ これはものすごく楽しみになってきました。前走から状態はいいんです。結構、展開にも左右される馬かもしれませんが、今度は牝馬限定。1000万下なら、なんとか勝利をもぎとってくれるんじゃないかと期待!

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、1日(土)に福島で出走して7着でした。実績上位で2番人気に推されましたが、やはり使いながら調子を上げていくタイプの模様。3分3厘の勝負どころでの反応が悪く、包まれてしまって伸びきれませんでした。火曜日には角馬場での騎乗運動を再開しており、特に馬が硬くなったり、目立つ疲れも見せていません。中1週で来週の福島、ダート1700mへの出走を予定しています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、美浦で調整中。坂路、ウッド、ダートコースでそれぞれ乗り込まれています。依然として良い状態を維持できている印象。追い切りこそ行っていませんが、普通キャンターでは、キビキビとした歯切れの良い動きが目立っています。来週一本追い切って、16日(日)、東京の牝馬限定・芝2000mに向かいます。藤田騎手がエリザベス女王杯騎乗のため乗れず、内田博幸騎手に依頼しています。

Posted by sachi at 07:12 PM | Category: HORSE | Comments (0)

November 05, 2008

鉾田滞在馬近況

6歳馬
アルビオンはまだ屈腱部に腫れ? もしかしたら本当に屈腱炎ではないの? きょうもクラブからの「お知らせ」(別名デスノート)に、ジェネシスの屈腱炎が判明して9カ月の休養と出ていました。何カ月もたって骨折が判明するなど、最近とみに検査もいいかげんなラフィアンのこと。心配です。言葉通りに屈腱炎でなければよいのですが……

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、31日(金)に美浦トレセンからビッグレッドファーム鉾田に移動しました。患部も含めて四肢をチェックしましたが、まだ左前の屈腱部が腫れている状態です。「エコーで問題がなかったのが本当に良かった」とはスタッフ。とりあえず患部を冷やすことと、ウォーキングマシンによる運動で様子を見ています。

2歳馬
アリオンは「トレセンへ送り出せる態勢」といいながら、まだ55秒程度。これではとてもレースで勝てる状態にはないと思うんですが??? 鉾田で休養させるでもなく、かといって強く乗るわけでもなく、いったい何をやっているのやら分からないまま、はや1カ月以上。こんなことをしている理由が分かりません。いまやアリオンも諦めの境地。鉾田で調整しても、壊すか仕上げられないかのどちらかなんだから、鉾田に愛馬が移動しないことを祈るしかありません。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。1本目をハロン16〜17秒で乗ってから、2本目に15−15か追い切りを行うのが現在のパターン。中間に2度、4ハロン55秒程度をマークしています。スタッフは「帰ってきた当初に比べると、背中から腰にかけての肉付きが格段に良くなった」と評価。動きも良くなっており、トレセンへ送り出せる態勢が徐々に整ってきました。馬体重は先週から2キロ増の478キロ。

*きょうは動画更新と出ていたのでそのページに行ってみましたが、8頭いる2歳以上の愛馬は、7月にアルビオンの動画がupされたきり、8月、9月とまったく何もなく、今回、やっと先日、牧場へ戻ったフォーグが放牧地で走り回っているところがupされているにすぎません。これでサービス充実なんて言われても……

Posted by sachi at 06:42 PM | Category: HORSE | Comments (6)

北海道滞在馬近況

2歳馬
サイクロンは、いったいいつまで引っ張るつもりなのか。そもそも蹄骨骨折して未勝利勝ち上がった馬などいるの? 馬が元気なのは当たり前。問題は乗り出してどうかなのに、元気ばかり強調するのはひたすら引っ張りたいからとしか思えません。そもそも蹄骨骨折時点で引退させなかったのが誤りだけど、それにしても我慢は2〜3カ月。どんなに遅くとも夏には引退させるべきだった。飼い葉代は出してあげてもいいけれど、補償率100%→80%→60%のためだけの引っ張りには本当に怒りが込み上げる。60%とすれば12万ちょっと。1年以上、維持費を払い続け、見込みのない近況を見続けてそれでは、権利放棄したくなった。はっきり言います。新社長になってからのラフィアンなんて、サイテー。今年の一次募集も、2頭のうち1頭は補償での出資だけど、1頭だけにしておけばよかった。まさかここまでひどいとは思わなかった。考えが甘かった。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、ビッグレッドファーム明和で休養中。昼夜放牧されています。馬自身は左前を気にしている様子はまったくありません。放牧地に放すと元気良く駆け回っています。とりあえず11月中旬あたりから調教を再開する予定。スタッフは「レントゲン撮影を行ってから騎乗を再開したいが、うるさすぎて撮影させてくれないかも…。それほどの元気の良さです」と述べていました。

Posted by sachi at 02:51 AM | Category: HORSE | Comments (0)

November 01, 2008

ハヤトは絞れていなかった

馬体重を見てあらまと思いましたが、やはり久々。掲示板にもちょっと足りませんでした。

11/01(土) 福島5R 500万下 3歳上 □指(定量) ダ1700m 15頭 発走:12:00 天候: 晴  馬場: 良
7着 3枠 4番 マイネルハヤト 牡4 57.0 田辺裕信 小西一男 1:48.1 3/4 500(+8) 5.9 2/15人気

スタートから途中まではいつもの勝ちパターンだったのですが、3角あたりからごちゃついて下がってしまった。そこからあと、4角で外に出したのはよかったものの、さすがに外ぶん回してから先頭までは追いつけませんね。でも、心配はないと思う。次の叩き2戦目に大きな期待です。

ちなみに勝ち馬のデジタルキャッシュは、3歳未勝利戦を10月に勝ち上がっての2連勝(2戦2勝)。強かったですね〜 さすがコスモサンビームの弟。しかしラフィアンでは、未勝利戦も終わる3歳10月までデビューを我慢するなんてこと、とてもできない。それができれば、もっと本当に強い馬が出てくるかもしれないのに。でも、会員がいるのでそれは無理とも言える(最近は引退の基準もふ〜らふら。早いかと思えばひどい引っ張りもあり。要するに、馬房の都合なのか?) アリオンなんか、態勢も整っていないのになぜか夏デビューにこだわり、しかも覇気がないと言い続け体調もよくなさそうなのになおも美浦へ移動させてダート戦、さらに北海道に戻して立て直しもせず、鉾田で中途半端に乗るだけ…… そういうパターンではいつまでたっても勝てませんよ。\(*`∧´)/

騎手コメント:from Race Courseより
「ハヤト」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
田辺騎手「馬は良い感じだったが、結果的に少し重かったかな。3コーナーの動きたいところで動けず、そのうちに包まれてしまった。もともと使いながら良くなっていくタイプなので、これから良くなるはず」

ふむふむ、先に書いた通りですね。今回はやや太かったようだし、ここを叩いて勝負は次! でも、デジタルキャッシュみたいな強い馬がまた出てこないとも限らないので、油断は禁物ですけど。

Posted by sachi at 12:53 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ハヤト、2〜3番人気かな

経歴を買われてか、そこそこ人気しているようです。
すっきり勝ってほしいです!

11/01(土) 福島5R 500万下 3歳上 □指(定量) ダ1700m 15頭 発走:12:00
1 1     コスモファルバラン 牡4 56.0 ☆田中博康 秋山雅一
2 2 ◎ ○ デジタルキャッシュ 牡3 55.0 松田大作 中尾秀正
2 3 △ △ リージェントゲスト 牡7 57.0 木幡初広 中島敏文
3 4 ○ ◎ マイネルハヤト 牡4 57.0 田辺裕信 小西一男
3 5 △   エスジービンゴ 牡3 52.0 ▲丸田恭介 藤岡範士
4 6     サンマルミシル 牡4 57.0 安藤光彰 蛯名信広
4 7     ダイワモナーク 牡4 54.0 ▲黛弘人 中野渡清
5 8     サンパレス 牡5 56.0 ☆三浦皇成 相沢郁
5 9     アイファードラゴン 牡5 57.0 野元昭嘉 福永甲
6 10 ▲ ▲ スリーサンカリスマ 牡3 55.0 古川吉洋 藤岡範士
6 11     ビバロングライフ 牝5 55.0 北村友一 小野幸治
7 12     ホワイトルシアン 牡3 55.0 西田雄一 佐藤正雄
7 13     トウカイオペラ 牝3 50.0 ▲千葉直人 成島英春
8 14     サイレンスラダメス 牡5 57.0 梶晃啓 岩戸孝樹
(印はnetkeiba.comより)

Posted by sachi at 09:53 AM | Category: HORSE | Comments (0)