October 31, 2008

セゾン出資馬近況

1歳馬
Mベネラシオンの07は、順調に乗り込まれているようです。前回は、まだ全身で走れていないということでしたが、その点でもだいぶ進歩が見られるようになり、これからが楽しみ。筋肉もりもりではあるものの、小柄なので体力がどうかと不安を覚えながら、満口近しが出たので見切り出資?しただけに、まだまだとは思うものの、期待は膨らみます。

マイネベネラシオンの07 [募集馬 / コスモヴューファーム] ■2008/10/31
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで育成中。坂路1本キャンターで運動しています。全身に実が詰まった好馬体。だいぶ全身を使った走りができるようになりました。中間、先日初勝利を挙げた伊藤工真騎手が来場し、同馬に騎乗しています。縦列のキャンターを終えた伊藤騎手は「前の馬を余裕でかわせるくらいの手応えでした。切れそうなタイプですね」と評価していました。もう少し騎乗を続けて休養に入れる予定です。

2歳馬
ピクシーは坂路で調整中。柴山騎手が来場して乗り味を確認した模様。調子のほうは強めのあと背中がこわばるようで、体力に問題ありなのでしょうか。入厩直前に腰に力が入らなくなったのは、何が原因か不明ですが、休養が長かっただけにそうそう体力も走りも戻ってはこないのでしょう。焦ることなく気長に乗り込みながら基礎体力をつけ、万全の態勢になってからデビューしてほしいと思います。ちなみに10月に動画が更新されており、久しぶりに坂路を駆け上がっている姿を見ることができました。この動画では、首を低くさげて以前と同じようによい走りをしているように見えました。攻めを強化できる状態になってくれれば、デビューが見えてきます。頑張れピクシー!

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/10/31
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで調整中。坂路2本キャンターで運動しています。中間来場した柴山騎手が騎乗。手応えを確かめていきましたが、「夏の良かったころに乗せてもらった状態に比べるとまだひと息」という評価でした。疲れやすいのか、強めをやった後背中が張ってしまいます。もう少し負荷をかけて態勢を整える必要があるでしょう。

Posted by sachi at 07:43 PM | Category: HORSE | Comments (0)

1歳馬近況

フリークロバリー07は、あぁぁ、なんと動きが硬いのですと? 馬体は成長著しいと喜んでいたのに、うまくいかないものです。セレクトは出資馬ではなかったので、成長途上でどんな動きをしていたのかよく分からない。飛節が伸びず手足だけで走っているとしたら、大成はできません。なんとかリラックスして伸び伸び走れるようになってほしいものです。パワー型なら、多少硬くてもダートで大丈夫かな……だといいな。
Mガイア07も、一応順調で手がかからないそうで、とりあえず気性的には大丈夫そうです。しかしこちらは逆に大跳びなので(体型から、そう見込んで出資したのですが)、早い回転、つまりスピードが問題か…… ふぅ。父エアジハードや父ジャングルポケットの兄たちが全然走ってないし、1つ上のコルンもまだデビュー前ながら成長がないとさんざん言われていたので、心配ではあります。もう予防線をはられた感じですが、運動神経のよさがロージズから伝わっていることを祈るしかありません。

▼フリークロバリーの07……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東:中村均(予定)……
フリークロバリーの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。1日おきに昼夜放牧と坂路でのキャンター1100m1本の運動を繰り返しています。成長が著しく、父を彷彿させるように体に幅が出てきました。しかし馴致を始めたところ意外に硬い動きが目立っています。馬自身もかなり緊張して体を硬くしていたというのもあるのでしょうが、いまでも飛節が伸びずにちょこちょこした走りになってしまいがちです。とはいえ、動き自体はなかなかでパワーを感じさせます。

▼マイネガイアの07……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東:宮本博(予定)……
マイネガイアの07は、ビッグレッドファーム明和で調整中。1日おきに昼夜放牧と坂路でのキャンター1100m1本の運動を繰り返しています。ゲートを通す練習もすんなりとこなしており、馴致からいままでまったく手が掛かりません。怪我もなく順調に乗り込まれています。ただ大跳びのフットワークなので、そのフォームをカバーできるだけの運動神経を備えているかどうかが、今後の成長のポイントになりそうです。

Posted by sachi at 07:42 PM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

6歳馬
アルビオンはレース後、屈腱に腫れ。幸いエコー検査では異状なしとのことですが、繋靭帯のこともあり、やや不安がよぎります。たしかに前走はブリンカーが裏目に出たのかもしれませんが、前々走とたいして違わない印象でした。どうも和田騎手とは相性が悪い。馬は自分に跨がった騎手が分かるもの。オケのメンバーがどんな指揮者か瞬時に感じ取るのと同じように。今回、ゲートに入るや後ろを蹴っていたのは見ていて分かりましたが、ゲートがあくタイミングでというより、ずっとでした。前走もゲートに入るなり前かきしているうちに、ぽわ〜んとゲートがあいて出たわけで、これは明らかに騎手が馬をきちんと操れていない証拠だと思う。ナメられてるんじゃないでしょうか。次走がいつになるか不明ですが、今度はぴしっと言うことをきかせられる騎手でお願いします。
なお、近況より先に馬の移動情報で鉾田へ移ったことが出ましたが、いつもこの調子では非常に印象が悪い。セゾンでは移動のお知らせも出ますが、そのときは必ず近況も更新されます。またレース後も、レース結果とレース結果レポートの両方が火曜日に、出走予定も火曜日に出ます。それがごく普通だと思うんですけど。調教師が馬の様子を尋ねるのは2週間に一回だとか(これはクラブ会員への報告とは関係ないこと)、よそのクラブがどうこうというなら、この点はどうなんですかね。ぜひとも見習ってほしいです。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、25日(土)に東京で出走し、11着でした。ブリンカーの着用で見えない後方を気にしていたのかもしれません。ゲートの後扉を何度も蹴っていたようです。その影響でずるっと滑って出遅れてしまいました。後方からの苦しい競馬。35秒台の脚で伸びるも、前が止まらずに2ケタ着順を喫しました。トレセンに戻ってすぐ左前脚の屈腱部に腫れが見られ、ひやっとさせられる出来事があったものの、幸いにもエコー検査で異状なしの診断が出ています。間隔はあけた方が良いでしょう。きょう31日(金)にビッグレッドファーム鉾田へ移動しました。

4歳馬
ハヤトは調子がよさそうで、ちょっぴり期待してしまいます。これならコンスタントに使っていけそうと調教師に言われたってことは、この前いかにひどい状態で入厩したかを意味します。今回こそ、言葉どおりに言い結果を出せるよう祈る!
ルーチェは予想通り、次走は中2週での牝馬限定戦・芝2000mに狙いを定めてきました。同じ週に混合の芝2400mもあるのだけれど、前走からして少し距離が長いのかも?と思えるふしがあったので、距離短縮を試すのもいいでしょう。というか、牝馬限定で今度こそ1勝をもぎ取ってほしいのです。頑張れルーチェ〜〜〜! 何より厩舎でじっくり乗ってもらえるのが嬉しい。そして、こんなことを言わなければならないクラブになったのが悲しい。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、1日(土)、福島5Rのダート1700mに出走します。状態の良さが見て取れるしっかりした動き。復帰戦に臨む前よりも腰の状態が良く、走りやすいニューポリトラックだったとはいえ、追い切りタイムからも上向いていることがうかがいしれます。小西師は「立て直しの効果で走りのバランスが良くなった。前走から間隔はあいたが、この具合の良さなら今後はコンスタントに使っていけると思う」とレースを楽しみにしている様子でした。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、25日(土)に東京で出走し、4着でした。折り合いを付け、4つのコーナーすべてでインを回って抜け出してくるスムーズな競馬。確かな反応から状態の良さがうかがえ、藤田騎手に導かれて伸びたものの、結局は逃げた勝ち馬に残られ、後続の2頭にも差されてゴールを迎えました。次走は5回東京開催2週目の牝馬限定の芝2000m。中2週のレース間隔となることから、在厩のまま状態を整えます。

Posted by sachi at 07:39 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 30, 2008

アルビオンもついに鉾田の洗礼を受けることに(泣)

スワンSに登録していたアルビオンの名が出走予定に載っていないので、きのうラフィアン事務所にメールしてありました。

アルビオンはスワンSに登録していましたが(出走順位は補欠の12番目のはず)、公式に何も出ていません。
除外の権利取りのためだろうと思ってはいたものの、同じくスワンSに登録していたハーティーとレーニアは、前者が除外対象、後者は出走予定で出ているのに、どういうことなのでしょうか?
以前から何度も申し上げているように、水曜日に近況の臨時更新なり、レース後の報告なりがないと、前走後の状態がどうなのか、アルビオンがなぜ登録したレースに載っていないのか、除外なのか、それとも出走できてしまいそうだから投票しないのか、事情が不明のため苛立ちがこうじます。せめてどこかで説明なりともしていただきたく存じます。
返信の概要は、以下の通り。
アルビオンは、除外の権利を取るために出馬投票する可能性も考えて特別登録したものですが、もともとスワンS出走の意志はありませんでした。
今後、このようなケースでは前週の近況で権利取りの可能性があることをお伝えするか、または近況でお伝えできなかった場合には水曜日に回避馬としてご案内するようにいたします。
それはよいとして、なんと、なんと、こんな言葉が……
トレセンに戻った後に左前脚の屈腱部に腫れが見られましたが、幸いにもエコー検査で異状なしの診断が出ており、徐々に症状も治まってきています。ただ、レース間隔はあけた方が良いと思われますので、明日、ビッグレッドファーム鉾田へ移動予定です。
うぎゃぁ〜〜〜〜!!!! ついにアルビオンも鉾田の洗礼を受ける(泣)
これはもうダメだ。鉾田がある限り、ラフィアンのどの馬もこうなる運命なのか。
アルビオンは、厩舎がしっかりケアしてくれていたおかげで、繋靭帯に不安を抱えながらもここまで結果を出せたと思っています。とくに太りやすい体質のアルビオンにとっては、プール調教をとり入れたトレセンでのきめ細かな乗り込みが体調維持のカギだったのです。
それにダートにしろ芝にしろ、短距離オープン戦はとても限られているため、権利とりが大変。鉾田にいてはそのための投票ができません。今回も、トレセンにいるうちになぜ投票して権利をとっておかなかったのか理解できません。それとも、投票したら出走しなければならなかったのでしょうか。とにかく、この馬の鉾田行きには大反対です。ルーチェ、フォーグ、ハヤト、アルデュール、どの馬よりも、この馬だけは鉾田にやってほしくなかった。何でもかんでも鉾田、鉾田…… 本当にがっくり。もう、ラフィアンでは出資したくない。サイクロンが引退していたら、ダンケベルグ07に出資して今年で打ち止めにしていたのに…… ああ口惜しい。こうなった以上、鉾田でなんとか故障などせず、少し休養したら一日も早くトレセンへ戻れることを祈るばかりです。

Posted by sachi at 07:17 PM | Category: HORSE | Comments (4)

今週の調教時計

福島で出走するハヤトが時計を出しています。

マイネルハヤト
10/26 助 手 美南P 良 - - - - 59.8 43.3 14.4 5 馬ナリ余力
10/29 助 手 美南P 良 - - - 65.2 50.4 37.5 12.5 4 一杯に追う

ポリトラックながら、そこそこ良いタイムを出しています。
この分なら、下手なレースはしないでしょう。
田辺騎手、頼んだよ〜

なお出走が確定しました。
一度勝っている条件なので、なんとかもう1つ勝ち星を!

11月1日(土)
福島 マイネルハヤト 5R 3歳以上500万下 57 田辺裕信 ダ1700m 12:00 15頭

Posted by sachi at 07:11 PM | Category: HORSE | Comments (0)

鉾田滞在馬近況

2歳馬
アリオンはとうとう牧場に戻してもらえず、鉾田で立て直し……になったのかどうか。ま、明和もこの馬に関してはむちゃくちゃな育成しかしていなかったので、ちゃんと立て直してくれたのならいいですけど、本当にスタッフがきちんと仕上げられるのかどうかが問題。あと2〜3週間で入厩ですか。いったい鉾田でどれだけいたんだっけ。1カ月半? 今度こそ馬がしっかりしていてほしい。精神的な後遺症もありませんように。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。基礎固めの段階を終え、ハロン15〜17秒の乗り込みに追い切りをプラスする調教メニューに切り替えました。とても従順で扱いやすい良さがあります。調子について騎乗者は「だいぶ動きがしっかりしてきた。もう2、3週間もすれば入厩できる状態に整いそう」と答えていました。馬体重は先週から6キロ減の476キロ。

Posted by sachi at 02:06 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 29, 2008

今週の出走予定馬

今週はハヤトが福島で出走予定のみです。
久々なので、乗り慣れた田辺騎手だけど、今回はたたき台でしょうか。
体調さえよければ、見せ場くらいはつくってほしいところです。

福島競馬場
マイネルハヤト 1日(土) 5R 3歳以上500万下 田辺裕信 ダート1700m

ちなみにアルビオンはスワンSに登録していたのに(出走順位は補欠の12番目)、公式に何も出ていません。どういうことなの? 同じくスワンSに登録していたハーティーとレーニアは、前者が除外対象、レーニアは出走可能と出ているのに。
前から何度もクラブに申し入れているように、水曜日に近況の更新なり、レース後の報告なりがないと、前走のあとの状態はどうなのか、アルビオンがなぜ登録したレースに載っていないのか、除外なのか、それとも出走できてしまうので連闘での投票をしないつもりなのか、事情が分からず苛立ちがこうじます。午後5時で事務所も終わるので、勤務のあとの時間では電話で確認するわけにもいきません。せめて、どこかで説明なりともしてくれないと(怒)

Posted by sachi at 05:50 PM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道滞在馬近況

5歳馬
やはりグリッツァは1カ月半、無駄に鉾田ですごしたことになります。1カ月前のエコーで繋靭帯に炎症が見つかっていたにもかかわらず「休ませるほどのことではない」との獣医の判断で調整を進めるとあったのに、ここにきて急に浦和へ。しかもその2日前は追い切り云々ということだったのに、まったく何を考えているんだか。こういうときは、いつも「馬は元気一杯」という同じパターンになってきました。1年間走り続けてきたグリッツァを放牧にも出さないことに納得がいかず(ほかにもサイクロンの引っ張り、同様に鉾田で中途半端に乗られているアリオンの扱いも)、1カ月前に手紙を書いてからのことを振り返ってみても、牧場での扱いとコメントはまったくチグハグ。鉾田に滞在させたいがために(あるいは北海道で人手や馬房の都合がつかないために)、「馬は元気」と言い、不都合な情報はあいまいにして調整を進めるなんて、まったく信じられない。たとえ鉾田にいても、「調整」ではなく「休養」させてくれればまだしも、「目の前で見ている獣医と牧場の判断に任せてくれ」を錦の御旗に、いつもこう。出資者から大切な馬を預かっているという意識はないのだろうか。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、以前から右前脚の球節に疲れがたまりやすい傾向にあり、追い切りに取りかかる前、先週の半ばあたりから再び熱を帯びるようになりました。1ヶ月前のエコー検査で繋靱帯にごく軽い炎症が見つかった一件もあります。休ませた方が良いとの判断から、週末、ビッグレッドファーム鉾田からビッグレッドファーム浦和へ移しました。昼夜放牧を開始しています。元気一杯で気温の違いもへっちゃらといった感じ。

4歳馬
フォーグもまた、鉾田経由でなおさらおかしなことになってます。種子骨の剥離骨折は仕方がないものの、その発見に至る経緯が納得できません。そもそも次のレースまで、たった2週間でもわざわざ栗東から鉾田へ移動させる理由が分からん。馬への負担、交通費の無駄、それで何のプラスがあるのでしょうか。鉾田の馬房を埋めて建設資金回収の助けとするとでも? はっきり言ってサイクロン、アリオン、グリッツァ、そしてフォーグと、あまりにいいかげんな、馬自身も出資者も顧みないクラブに、わたしはもう愛想がつきました。フォーグに関してはいつか重賞をと願っていたけど、ま、それも今回のケガで遠のきました。今はとにかくじっくり療養をすることです。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和で休養中。鉾田からの報告通り、左前脚内側の繋靱帯に少々の腫れが見られます。レントゲン写真には種子骨の小さな剥離が写っていますが、手術できない部位です。症状としても軽く、昼夜放牧のみの管理でそれぞれの回復を促すことになりました。脚元を気にするのは久しぶりに蹄鉄を外して蹄が敏感になっているからでしょう。馬自身は元気です。

3歳馬
アルデュールは、調教師が即、放牧と決めていてくれたので、無事明和で休養中。1年前とは見違えるようにしっかりした馬になってくれ、レースではいつも頑張って走ってくれてありがたい女の子です。休養もさほど長くないでしょうが、のんびり青草を食べて鋭気を養い、今度は「勝ち切れる女の子」になって戻ってきてほしいです。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和で休養中。輸送熱などもなく、先週、無事に到着。翌日は大雨だったため、日中のみの放牧にとどめ、25日(土)から夜間の放牧を始めました。間隔を詰めて出走していた割には疲れやダメージは少ない印象。テンションもそれほど高くなっていません。少し休ませてトレーニングを再開します。

Posted by sachi at 05:45 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 26, 2008

アルビオン、スワンSに登録

これは権利取りのためでしょうね。

11月1日(土) 京都第51回 毎日放送賞スワンS(GII) 第1回特別登録 37頭
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 別定 1400m 芝・右 外
インセンティブガイ 57.0
ウインレックス 57.0
ウエスタンダンサー 55.0
エムエスワールド 57.0
オースミダイドウ 57.0
カノヤザクラ 56.0
サイキョウワールド 57.0
サチノスイーティー 55.0
サブジェクト 56.0
サンダルフォン 57.0
サープラスシンガー 57.0
ジョリーダンス 55.0
スズカフェニックス 58.0
ステキシンスケクン 57.0
ダブルティンパニー 57.0
タマモサポート 57.0
タマモホットプレイ 57.0
ダンツキッスイ 56.0
トウショウカレッジ 57.0
ドリームガードナー 56.0
トーセンアーチャー 57.0
トーセンザオー 57.0
トールハンマー 57.0
ファイングレイン 59.0
ファリダット 56.0
ベストオブミー 54.0
マイケルバローズ 57.0
マイネルアルビオン 57.0
マイネルハーティー 57.0
マイネルレーニア 57.0
マルカキセキ 57.0
マルブツリード 57.0
メイショウオウテ 57.0
レットバトラー 57.0
ローレルゲレイロ 57.0
ワキノカイザー 57.0
ワーキングボーイ 57.0

地方馬、外国馬
フサイチミライ 55.0

Posted by sachi at 09:39 PM | Category: HORSE | Comments (0)

きのうのレース結果

ルーチェはまた善戦どまりの4着、そしてアルビオンは出遅れて終始後方、最後もほとんど伸びずに11着……orz  もう少し頑張らないと、競走馬生命がそろそろ危ないかも(T_T)  なんとか復活させてください>畠山先生

10/25(土) 東京10R 南武特別(1000万下) 3歳上 ○混○特指(定量) 芝2400m 17頭 発走:15:00 天候:曇  馬場:良
4着 3枠 5番 マイネルーチェ 牝4 55.0 藤田伸二 上原博之 クビ 466(+2) 28.3 7/17人気

ルーチェはただ1頭の牝馬だったことに加えて、斤量も55キロと、牡馬にすれば57キロと同等。54キロの3歳牡馬とは3キロも差があり、スタミナ勝負となるこの距離の対戦はきつかったですね。それでもじわじわとよく伸びてくれ、1瞬2着はあるかと思ったのですが、結局、最後は後ろから来た2頭に差されてのきわどい4着。あぁ、あと1つ着順がよかったら…… 前走と比べて今回は位置どりが少し後ろすぎたかも。気分よくすっと先頭集団につけられないと、いくら直線で伸びても勝ち切れません。というか、やはりこの距離がちょっと長いのかも? 逃げ残ったドリームノクターンは、馬も強かったけれど、とてもうまく乗った隼人騎手の勝利でした。ルーチェはいつもいつも頑張ってくれて、枠順もよかっただけに、惜しまれます。次はどこかな。鉾田には出さないでほしいなぁ。

コメント:from Race Courseより
「ルーチェ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
上原師「逃げ残った勝ち馬まで良く追い上げているのだが。毎回、コンスタントに走ってくれる点は心強い。鉾田に出すかどうかはトレセンに帰ってから決めたい」

さて、一方、京都のアルビオンのほうは……

10/25(土) 京都11R 室町S(オープン) 3歳上 ○混○特指(ハンデ) ダ1200m 16頭発走:15:45 天候:曇 馬場:稍重
11着 7枠 13番 マイネルアルビオン 牡6 53.0 和田竜二 畠山吉宏 1/2 538(+8) 58.6 11/16人気

出遅れてそのあともなかなか行き足がつかず、結局またまた見所なしの競馬。前走も、距離の問題というより、スタートから行けなかったのが最大の敗因でしょう。毎回そう言ってるんですが、この馬は脚をためても結果は同じ、逃げか好位先行しかないんです。向こう正面で後方集団にいた時点で、このレースは諦めました。やっぱり和田くんはダメダメですよ。いまや手が合うのは柴山騎手でしょう。早く戻してくれないかな。しかし、これで暮れの目標カペラSが遠のいてしまいました。きょうの走りを見ていると、やっぱりこの馬、完全なダート馬にはとうてい勝てそうにない気がします。もう一度芝に戻してみてはどうだろう? あるいは思い切って先行・逃げ戦法をとってみるとか…… わたし的には、サチノスイーティーくらいやれれば5着でも満足ですけど。

コメント:from Race Courseより
「アルビオン」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
和田騎手「ゲートに入ったらいきなり後ろ扉をバンバン蹴り出して、ちょうど開いた時にズルッと滑ってしまった。ブリンカーが逆効果だったかな。良い条件だと思っていただけに残念。跨った感じは前回とあまり変わらなかったし、休み明け2走目だけど良化がスローなのかも」

パドック写真:
いつもながらお利口さんのルーチェ。きょうも気配は良好でした。表情がだいぶお姉さんぽくなりましたよ。

歩様も柔らかく好調に見えた。ときどき、厩務員さんがなだめるように首をトントン。伸二あにきの腹帯も目立った。

「とまーれー」の合図で、やさしそうなおにいさんとコミュニケーション。

2着にきた一番人気のダイバーシティ。気合い十分。

(ところで「ダイバーシティ」はdiversityなの?それともdiver city? 前者だと思うのですが)

返し馬のときのルーチェ

勝ち馬ドリームノクターン。
パドックではかなり発汗していたので、勝つとは思わなかったのですが、隼人騎手お見事!

このあたりまでは、ルーチェの2着はあるかと興奮したのですが……最後は2頭に差された。惜しい!

(写真はすべてPENTAX K10D+DA55-300mm)

Posted by sachi at 05:24 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (4)

October 24, 2008

馬の移動情報

グリッツァが、あす浦和へ移動(到着?)と出ました。

10/25 103148 マイネルグリッツァ 浦和 鉾田より

が、いったいこれは何ですか? つい2日前の鉾田滞在馬の近況とのあまりのギャップに唖然。念のために再録:

2008.10.22(水)
マイネルグリッツァは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。この中間も徐々にペースを上げていて、現在は坂路でキャンター1300mをハロン15〜17秒ペースで2本駆け上がっています。その影響かようやく気持ちが前向きになってきました。集中力が出てきて手応えも良くなっています。これから追い切りも課していく予定で、そのときに四肢に違和感などが現れなければ、どんどん復帰へ向けて進めていけるでしょう。馬体重は前走時より3キロ増の489キロ。
またまた堪忍袋の緒が切れました。手紙など書くだけ時間と労力のむだなので、二度としません。北海道の牧場が人手不足で、鉾田に1カ月半も足止めされていたとしか思えない。北海道が人手不足のため、あるいは馬房があかないため、鉾田で休養させるというならまだしも、いいかげんなことばかり言い、いいかげんなことばかりして、何が「クラブと牧場におまかせください」ですか! 水曜の近況が真実なら、浦和へ移動させる理由は? 故障したなり何なりなら、そう書くべきでしょう。そうじゃないなら、鉾田に滞在させて調整していた理由は何なの? はっきりしてもらいたい。これはあまりに酷すぎる。
アリオンもたぶん同じ理由で、中途半端に2カ月を棒に振りました。北海道へ戻すなら、さっさと戻してください。さっさと!(怒) いくら馬質をとられているからといっても、許せることと許せないことがある。

Posted by sachi at 09:16 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ルーチェは5番、アルビオンは外目の13番

明日はわが厩舎の頼みの綱、ルーチェとアルビオンが東京と京都で出走です。
ルーチェは△ついてるけど、アルビオンはなんと無印ですか。そんなに能力のない馬ではないと思うんだけど……ちょっとショック。
ルーチェは枠もよいんじゃないのかな。ダイバーシティ、サブコンシャスと強い3歳馬が出てくるので、絶対に勝ち負けとも言えませんが、藤田騎手の手綱さばきに期待が膨らみます。
アルビオンは輸送もスムーズに行って、適鞍の1200mで今度こそいい結果を出してほしい。ブリンカー効果で、みんながあっと驚くような活躍を! コメントにもあるように、1年半ぶりの勝利となればいいなぁ〜!

10/25(土) 東京10R 南武特別(1000万下) 3歳上 ○混○特指(定量) 芝2400m 17頭 発走:15:00
1 1   △   ビービーファルコン セ4 57.0 田中勝春 古賀慎明
1 2     ○ ショウナンラヴァー 牡4 57.0 吉田豊 大久保洋
2 3 ◎ ○ ▲ ダイバーシティ 牡3 54.0 横山典弘 小西一男
2 4       アリゾナアベニュー 牡3 54.0 北村宏司 小笠倫弘
3 5 △   △ マイネルーチェ 牝4 55.0 藤田伸二 上原博之
3 6 △ △   コンベンション 牡3 54.0 後藤浩輝 和田正道
4 7 ▲ ▲   ニシノコンドコソ 牡4 57.0 勝浦正樹 萱野浩二
4 8 △ ☆   サムズアップ 牡3 54.0 岩田康誠 大久保龍
5 9       シルクマンハッタン 牡3 54.0 福永祐一 境征勝
5 10       サンデーコバン 牡6 57.0 柴山雄一 沢峰次
6 11 ○ ◎ ◎ サブコンシャス 牡3 54.0 内田博幸 池上昌弘
6 12       ブレイブバニヤン 牡5 57.0 武士沢友 秋山雅一
7 13       マルモコウテイ 牡4 57.0 武豊 藤沢則雄
7 14       コーリンヴァリウス 牡6 57.0 江田照男 平井雄二
8 15 △ △   ドリームノクターン 牡3 54.0 吉田隼人 斎藤誠
8 16       リネンヤクシン 牡5 57.0 田辺裕信 南田美知
8 17       マスラタケヲ 牡7 57.0 幸英明 浅野洋

10/25(土) 京都11R 室町S(オープン) 3歳上 ○混○特指(ハンデ) ダ1200m 16頭 発走:15:45
1 1 △ △   シアトルバローズ 牡5 54.0 角田晃一 武田博
1 2 △     カルナバリート 牡5 53.0 川田将雅 藤沢則雄
2 3       ワーキングボーイ 牡5 53.0 田村太雅 中尾正
2 4 △ ☆ △ レキシントンシチー 牡5 55.0 佐藤哲三 佐々木晶
3 5 ○ ○ ▲ サチノスイーティー 牝5 54.0 秋山真一 中尾正
3 6       マルカキセキ 牡7 55.0 石橋守 増本豊
4 7       ウインカーディナル 牡6 53.0 渡辺薫彦 中竹和也
4 8 △ △   ワールドハンター 牡4 55.0 四位洋文 坂口正則
5 9       サクラビジェイ 牡6 53.0 武幸四郎 小島太
5 10   △   チョウカイシャトル 牡6 53.0 小牧太 中野隆良
6 11   △   オースミダイドウ 牡4 54.0 浜中俊 中尾正
6 12 ▲ ▲ ◎ タイセイアトム 牡5 57.0 藤岡佑介 矢作芳人
7 13       マイネルアルビオン 牡6 53.0 和田竜二 畠山吉宏
7 14       メイショウシャフト 牡5 56.0 池添謙一 高橋成忠
8 15 ◎ ◎ ○ ダイワエンパイア 牡4 56.0 安藤勝己 松山康久
8 16       ワキノカイザー 牡8 54.0 柴原央明 音無秀孝
(どちらも印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 07:21 PM | Category: HORSE | Comments (2)

在厩馬近況

6歳馬
アルビオンは金曜の追い切りがエラーでしたが、依然好調をキープのようです。ブリンカーも初めてつけるとのことで、ハンデ戦で53キロ、きょうの雨のおかげでアルビオン向きのほどよく脚抜きのよい馬場になりそうで、条件は揃いました。あとは馬自身のやる気にかけるだけです。和田くんも、今度は下手に抑えず、気分よく追走させて最後にきっちり決めてほしいです! 頑張れ〜アルビオン&和田騎手!

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、25日(土)、京都11Rの室町S・ダート1200mに出走します。この中間もプールを併用しながら坂路で乗り込まれました。22日(水)に行った追い切りでもブリンカーを装着。最後の1ハロンがエラーでしたが、畠山師は「最後も1ハロン前より遅くなった感じはなかったと報告を受けている。49秒前半くらいで動けているでしょう。ハンデも53キロと恵まれたし、適条件なので一発狙っています」と状態の良さを強調していました。前走に引き続き和田騎手が跨ってくれるのも心強いこと。1年半振りの6勝目を期待します。

4歳馬
ハヤトはやっと調子を取り戻してきたようで、来週には3つめの勝ち星を期待できるかもしれません。といっても、そうだ、この馬は叩き良化型だった。でも、状態がよければ勝利もまんざら夢ではないでしょう。初勝利が新潟、2勝目が中京だったので、今度は同じくローカルの福島で勝ち名乗りを挙げるというのも、いいんじゃないでしょうか?
ルーチェは追い切りでダイワワイルドボアを先着させる引き立て役を務めたらしいのですが、状態もよさそうだし、あまり体調に波のない馬なので、今回こそ勝ち上がってほしいな。ただ、斤量は、3歳牡馬と比べるとあまり有利じゃないんだよね〜 好走した前走の鞍上、内田騎手は、先約があったサブコンシャルへ。かわりに藤田騎手ですが、これまたありがたい鞍上です。きっと最後の直線、びしっと追ってルーチェの能力を引き出してくれると思います。愛馬で藤田騎手に乗ってもらうのは、かなり久しぶり。勝ってくれれば、ラヴの新馬デビュー勝ち以来になります。頑張れルーチェ&藤田騎手!

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、美浦で調整中。坂路、ウッド、ポリトラック等で乗り込まれています。22日、帰厩後、初の追い切りを行いましたが、ラストは12.2秒と上々の反応を見せました。小西調教師は「鉾田で立て直した効果が出ている。出す前は少しゆがんだ感じがあったが、調教では動いたし、体つきも申し分ない。いい状態でレースに臨めそう」とコメントしていました。来週、福島のダート1700mに出走する予定です。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、25日(土)、東京10R・南武特別・芝2400mに出走します。今週の追い切りは菊花賞に出走するダイワワイルドボアのパートナーを務めました。先行して4コーナーで内から来る相手を待って、併走して相手に先着させる内容。2馬身程度の遅れですが、余力たっぷりの内容。稽古では相手を引き立てましたが、レースでは主役となって欲しいもの。始めて騎乗する藤田騎手の手綱さばきに注目したいと思います。

Posted by sachi at 07:20 PM | Category: HORSE | Comments (0)

馬の移動情報

アルデュールは、きのうすでに明和に移動していました。

10/23 105142 マイネアルデュール 明和 馬体に異常なし

アルデュールは先週金曜の近況でレース後は放牧となっていたので、当然、予想はしていたものの、こういう移動についても、もう少し詳しく近況で臨時更新してくれないものか。
レースに出走した馬(と、その週に出走予定の馬)だけでいいので、水曜に状態を臨時更新してくれるよう要望を出しましたが、却下されました。どこのクラブでもやれていることを、なぜラフィアンだけやらずに平気でいられるのか理解できない。
またついでに言わせてもらえば、「お知らせ」は故障と引退の最後通牒が大半で、見るのも気分が悪い。その「お知らせ」の馬名のところには、各馬の近況にリンクをはってほしいものですが、これがまた一貫せず、フォーグのように近況の臨時更新があるときもあれば、ないときもある。馬と情報の管理がかなり杜撰だと思います。

Posted by sachi at 07:13 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

ハヤト、ルーチェ、アルビオンが時計を出しています。

マイネルハヤト
10/22 助 手 美南P 良 - - - 66.6 51.3 37.6 12.2 5 G前仕掛け
ニシノウェーブ(古500万)馬ナリの内に先行同入
マイネルーチェ
10/19 助 手 美南P 良 - - - 68.0 52.2 39.2 12.7 7 馬ナリ余力
10/22 助 手 美南P 良 - - 82.3 66.9 52.8 39.7 12.9 8 馬ナリ余力
ダイワワイルドボア(古オープン)強目の外に先行0.4秒遅れ
マイネルアルビオン
10/17 助 手 美南坂 良 - - - 61.0 46.0 30.2 14.4 - 馬ナリ余力
10/17 柴田大 美南坂 良 - - - 50.7 36.7 23.9 11.8 - 馬ナリ余力
10/19 助 手 美南坂 稍 - - - 57.8 42.9 28.4 14.3 - 馬ナリ余力
10/22 助 手 美南坂 良 - - - 60.3 45.5 29.8 14.7 - 馬ナリ余力
10/22 柴田大 美南坂 良 - - - 13.1 12.2 12.0 − - 馬ナリ余力

ハヤトはようやく体調が上向き、出走態勢が整ってきたよう。ポリトラックながら、なかなかよいタイムを出しています。これは復帰戦が楽しみ!
今週出走予定のルーチェも、ダイワワイルドボアと併せて遅れたものの、この馬はこんな感じでよいと思う。問題は雨のあとの馬場状態かな。
アルビオンもきのうの追い切りはタイムが変ですが、状態はいつも通りでしょう。和田騎手には今度こそ頑張ってよい結果を出してほしい。

なお、ルーチェ、アルビオンとも出走が確定しました。
10月25日(土)
東京 マイネルーチェ 10R 南武特別 (混) 55 藤田伸二 芝2400m 15:00 17頭
京都 マイネルアルビオン 11R 室町ステークス (混) 53 和田竜二 ダ1200m 15:45 16頭

Posted by sachi at 07:12 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 22, 2008

今週の出走予定馬

ルーチェとアルビオンが出走を予定していましたが、ルーチェは除外の可能性あり。
回避馬が多いか、抽選になったとしてもどうか突破してくれますように。

東京競馬場
マイネルーチェ 25日(土) 10R 南武特別 (混) 藤田伸二 芝2400m
京都競馬場
マイネルアルビオン 25日(土) 11R 室町ステークス (混) 和田竜二 ダート1200m

Posted by sachi at 06:30 PM | Category: HORSE | Comments (0)

鉾田滞在馬近況

5歳馬
グリッツァは鉾田からまたレースに向けて送り出すよう。とことん使われますね。競走馬はそれがお仕事だから当然と言えば当然ですが、鉾田ができたばかりにゆっくり北海道で休養すらできないのは、馬にとって可哀想に思います。そこらへんのところをクラブはどう考えているのか。ルーチェもそうでしたが、フォーグのように関西からたった2週間でも鉾田へ移動させるケースが今後ますます増えるのでしょうか。関東馬ならまだしも、関西馬までとなると、これからの出資にあたっては本当に真剣に厩舎を考えなければなりません。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。この中間も徐々にペースを上げていて、現在は坂路でキャンター1300mをハロン15〜17秒ペースで2本駆け上がっています。その影響かようやく気持ちが前向きになってきました。集中力が出てきて手応えも良くなっています。これから追い切りも課していく予定で、そのときに四肢に違和感などが現れなければ、どんどん復帰へ向けて進めていけるでしょう。馬体重は前走時より3キロ増の489キロ。

2歳馬
アリオンしかり。調教が軌道に乗ってきたって、本当でしょうか。この馬に関しては、いまや疑うことしかできない。この1週間で20キロ近く増えたって、先週のコメントとあまりに違い過ぎます。人間にすれば2キロ程度かもしれませんが、あまり急激に増えたり減ったりするのは、どこかおかしいと思うのですけど。今度こそ中途半端な状態で出走させず、しっかり態勢を整えて送り出してほしいもの。稲葉厩舎に腕ききの厩務員さんはいるの? いないの? ラヴのときは、何だかだ言われてもしっかり調整できていたので、厩舎に対してあまり疑問はもたなかったのですけどねぇ(鉄砲がけする馬だったし、自分でレースを分かり、体をつくれたとも言える)。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。調教が軌道に乗ってきたことで、この中間から放牧をやめて坂路でキャンター1300m2本の運動に専念しています。現在のペースはハロン15〜20秒といったところ。まだ動きがもっさりしていて本調子にはありませんが、徐々に動きは良くなっています。馬体重は先週より20キロ近く増えて482キロに。この増加は良い傾向と捉えています。

Posted by sachi at 06:28 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 21, 2008

北海道滞在馬近況

鉾田から移動したフォーグの臨時更新がありました。フォーグのケガ自体はよいことではありませんが、この更新はよい傾向です。できればすべての移動を同じようにしてくれればと思います。鉾田到着時に骨折していた件についても、2通目の手紙の返信がきて、軽症だったゆえ見舞金の対象にはならなかった旨、書いてありました。それにしてもここで休養は痛い。今は一日も早い回復を祈ります。
サイクロンは予想通り、やはり歩様が悪くなり、1カ月ほど休養することに。それは分かりきっていたこと。「諦めたくない思い」がいくらあっても、正直、デビューは無理だと思う。またもしデビューできたとしても、記念出走に終わるでしょう。それでも、無理をして乗り続けると書いていないだけ、ましと思うしかありません。ま、夏にデビューでもいいので、ここで無理だけはさせないでほしい。今はただ、それだけです。鉾田で中途半端に乗られているらしいアリオンも、牧場に戻して立て直してもらいたいのですが、それはなぜか拒否され続けています。だめなときはだめなのですから、思い切って休ませればいいのに。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、18日(土)にビッグレッドファーム鉾田から、ビッグレッドファーム浦和に移動しました。現在は昼夜放牧を行っています。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、ビッグレッドファーム明和で休養中。乗り込みが進むにつれ、左前脚の歩様が悪くなってきています。一息入れたところでぎこちなさが取れる保証はないものの、ここでいったん昼夜放牧を挟むことになりました。1ヶ月後には試し乗りをしてみる予定。馬自身は曳き手をぐいぐい引っ張ったり、立ち上がったりするなど元気一杯です。スタッフは「能力が高いと見込んでいる馬。諦めたくない思いがあり、リスクは伴うが、競走馬としてデビューできるように進めていきたい」と話していました。

【追記】
某掲示板に、昨日のサイクロンの近況で臨界点を越えたという書き込みがありましたが、サイクロンとアリオンとフォーグに出資しているわたしは、何度それを越えたことか。いまや諦めの境地というか、見切りの境地というか…… なんともはやです。
コメントにも書きましたが、クラブからの返信に「どの段階でどんな調整を行えばよいのかという判断は、馬を実際に見ている獣医や牧場の判断にお任せください」とあるのが、一番、腹立たしい。そんなことは百も承知。しかし目の前で見ていなくても、調教の様子や近況や出走したときの馬の走りっぷりから、こりゃだめだと素人でも分かるくらいの状態だからこそ、書いているのに。これはとうてい我慢できないと思うくらいじゃなければ、そもそも手紙なんか書きませんよ。

Posted by sachi at 07:15 PM | Category: HORSE | Comments (2)

October 20, 2008

ルーチェとアルビオン、特別登録

ルーチェはともかく、アルビオンは登録39頭。1回の除外権利で出走できるの?……

10月25日(土) 4回東京5日 南武特別 第1回特別登録 24頭
サラ系3歳以上 (混合)(特指)3歳以上1000万円以下 定量 2400m 芝・左
アリゾナアベニュー 54.0
ゲットクール 57.0
コンベンション 54.0
コーリンヴァリウス 57.0
サブコンシャス 54.0
サムズアップ 54.0
サンデーコバン 57.0
ショウナンラヴァー 57.0
シルクマンハッタン 54.0
ダイバーシティ 54.0
ドリームノクターン 54.0
ニシノコンドコソ 57.0
ネヴァキングダム 57.0
ビービーファルコン 57.0
フェニコーン 57.0
フジヤマラムセス 54.0
ブレイブバニヤン 57.0
マイネルーチェ 55.0
マスラタケヲ 57.0
マルモコウテイ 57.0
ミウラリチャード 57.0
ヤマニンプレアデス 57.0
リネンヤクシン 57.0
ロードエキスパート 57.0

10月25日(土) 4回京都5日 室町ステークス 第1回特別登録 39頭
サラ系3歳以上 (混合)(特指)オープン ハンデ 1200m ダート・右
アグネストレジャー
アドマイヤメイン
ウインカーディナル
ウエスタンビーナス
ウォーターオーレ
オースミダイドウ
カルナバリート
キャプテンベガ
コパノフウジン
サイボーグ
サクラビジェイ
サチノスイーティー
シアトルバローズ
ダイショウジェット
タイセイアトム
ダイワエンパイア
ダブルティンパニー
タータンフィールズ
チョウカイシャトル
トロピカルライト
ドンクール
トーセンザオー
バトルハートオー
ビッグジェム
ベルモントプロテア
ベルーガ
マイネルアルビオン
マイネルアワグラス
マイネルハーティー
マヤノベンケイ
マルカキセキ
ミリオンウェーブ
メイショウサライ
メイショウシャフト
ラッキーブレイク
レキシントンシチー
ワキノカイザー
ワーキングボーイ
ワールドハンター

Posted by sachi at 08:41 AM | Category: HORSE | Comments (8)

アルデュール、またもや惜しくも2着

きのう、京都輸送後の連闘で東京のダートに戦にのぞんだアルデュールは、本当に惜しい2着でした。

10/19(日) 東京8R 1000万下 3歳上 ○混□指(定量) ダ1300m 16頭 発走:13:40 天候:曇 馬場: 良
2着 8枠 15番 マイネアルデュール 牝3 53.0 津村明秀 相沢郁 クビ 470(-2) 22.1 7/16人気

いやぁ、全然レースは見られず、馬券も買っていなかったのですが、よく頑張りました。
まだレースも確認していませんが、クビ差の2着は大健闘と言ってよいでしょう。
馬体重も2キロしか減っていなくて、まだ伸び盛り? レースの反動がないことを願います。ダートはどうかと思っていたのですが、芝・ダート兼用だとすると、出走ラッシュの短距離戦で選択の幅が広がりありがたい。しばらく休んで、また元気な姿を見せてほしいです。

コメント:from Race Courseより
「アルデュール」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
津村騎手「レース間隔は詰まっていたが、馬に硬さがなく、コンディションは良かった。芝・ダートどちらとも大丈夫」
相沢師「厳しいレース間隔になってしまったが、よくがんばってくれた。今後は放牧の予定」

Posted by sachi at 06:16 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 18, 2008

アルデュール大外 どうでしょう

8枠15番になりました。

10/19(日) 東京8R 1000万下 3歳上 ○混□指(定量) ダ1300m 16頭 発走:13:40
1 1     キクノハヤブサ 牝5 52.0 ▲丸田恭介 石毛善彦
1 2     バリオン 牡5 57.0 菊沢隆徳 萩原清
2 3   △ エフテーストライク 牝4 55.0 田辺裕信 西塚安夫
2 4     エイワムサシ 牡4 54.0 ▲千葉直人 松山康久
3 5     ホワイトリーベ 牝4 55.0 吉田豊 尾形充弘
3 6     セイウンマル 牡5 57.0 秋山真一 武藤善則
4 7     アグネスレプトン 牡7 54.0 ▲宮崎北斗 長浜博之
4 8     ブイチャレンジ 牡3 55.0 武士沢友 水野貴広
5 9     エルカミニート 牡5 57.0 大野拓弥 田中清隆
5 10 △   クリアエンデバー 牡8 57.0 高橋智大 大久保洋
6 11 ◎ ◎ エノク 牡4 57.0 北村友一 音無秀孝
6 12 ○   ワンダープロ 牡5 57.0 藤田伸二 小崎憲
7 13 △ ○ モンプティクール 牝5 55.0 木幡初広 大江原哲
7 14 △   ファルカタリア 牡4 57.0 横山典弘 加藤征弘
8 15 △ ▲ マイネアルデュール 牝3 53.0 津村明秀 相沢郁
8 16 ▲   ナックルパート 牡4 57.0 石橋脩 石坂正
(印はnetkeiba.com)

権利取り狙いが裏目に出ての出走となってしまった由。
このあと休養のようなので、あまり無理せず、とにかく自然体で走ってきてくれればいいです。

Posted by sachi at 10:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 17, 2008

在厩馬近況

6歳馬
アルビオンはブリンカー装着で50秒7。もともと調教がけする馬なのですが、柴田大地騎手が騎乗しては初めてか? 畠山厩舎の手伝いにきているのでしょうか。期待をかけるも、また和田騎手ですか…… う〜ん、頑張ってもらいましょう。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。今週のトレセンは変則日程です。全休日が火曜日だったことに伴い、木曜日に追い切る馬が多数でした。周りに触発されやすく、その気になってしまうと一気にハミが掛かってしまう性格。追い切りを金曜日にずらしたのはそのためです。ぐんぐん加速して50.7秒でゴールしました。いつもよりタイムが遅かったのはテンの入りが14秒で遅かったからです。手綱を取った柴田大地騎手は「やけに反応が良かった。試しに装着してみたブリンカーの効果があったかも」と話していました。室町Sでも和田騎手が騎乗する予定。

4歳馬
フォーグがこの更新から消えたのは、なんとも残念。やはり無事是名馬なのです。早く回復してほしい。
さて、ハヤトは早速きょう入厩。ほっとします。小西厩舎はいつも声をかけるとすぐ入厩なので予想はしていたものの、それにしてもあっという間です。今度こそ仕上がっていてほしい。そして次なる1勝を! なお、馬の移動も近況でとお願いしてあったせいというより、きょう入厩したためでしょうが、単なるリストではなく近況での更新は、やはりありがたいです。これくらい、たいした手間ではないでしょうに、今後も続くといいのですが。
ルーチェは依然、好調をキープしているようです。追い切りのタイムが遅かったのは、相手にあわせたもののとのこと。これは久々にいいレースになるかもしれません。来週ならたぶん応援に行けると思う。楽しみです。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、17日(金)の朝に滞在していたビッグレッドファーム鉾田を出発。午後、美浦の小西厩舎に入厩しました。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、美浦で調整中。坂路、ウッド、ニューポリトラックを中心に乗り込まれています。トレセンに移動してからもすこぶる順調。長めのキャンターで状態が整えられ、16日(木)には70−40程度の追い切りを済ませています。これを確認していた上原師は「相手のペースに合わせて回ってきたもの。直線に入ってからもがっちり抑えていたからね。タイムの遅さは気にしなくて良い」とコメントしていました。腰もしっかりしていて好印象です。25日(土)、東京の南武特別・芝2400mに藤田騎手で出走予定。

3歳馬
なんと、アルデュールは権利取りのための登録のつもりが、無条件抽選になってしまったとかで、かなりのハードスケジュール。うわ〜ん、ほんとに使われ通しです。ダートは、正直あまり期待していませんが、ひょっとしたらひょっとするかも。日曜のレースは生で見られませんが、知らない間に勝っていてくれるといいな。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、12日(日)に京都で出走して5着でした。夏に戦列へ復帰してから徐々に体が増えているのは気になるところ。体や筋肉には張りがあり、決して調教を緩めているわけではありません。ただ長距離輸送のある今回は絞れていると思われていただけに誤算ではありました。19日(日)、東京8Rのダート1300mに連闘で出走することに。レース後は使ったなりの疲れ程度で、本来は来週の福島、会津特別に向かう予定でした。しかし想定段階で50頭近く出走希望馬がおり、除外前提で優先出走権を得るために出馬投票を行ったところ無条件抽選の5頭枠に入ってしまいました。相沢師も「申し訳ありません。ケアをしっかりして出走させます」と述べています。この後は一息入れる予定です。

*ハヤトの近況での報告は、やはりただの巡り合わせでした。
フォーグは明日、浦和に到着のようですが、近況にはないです。がっかり。

馬の移動情報
10/18 104175 マイネルフォーグ 浦和 鉾田より

Posted by sachi at 09:46 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 16, 2008

セゾン2歳馬近況

久々に聞くよいニュース。ピクシーがやっと調子を上げてきました。
5月半ばから入厩を目指してピッチを上げようとしたところで腰に力が入らなくなり5カ月。2カ月は放牧で休養させ、7月半ばから徐々に乗りはじめて2カ月。この2週間に前向きな走る気持ちが高まり、やっと以前のやわらかい動きも戻ってきたとのこと。このままピッチを上げてデビューは年末かな。あせらずじっくり待ったかいがありました。アリオンもこんなふうに調整をしてくれていればよかったのに、中途半端に放牧と乗り込みを繰り返していたずらに体力を消耗させ、時を無駄にするばかり。現状でのアリオンの出走はまったく待ち遠しくありませんが(本格的な休養に出してほしい)、ピクシーのデビューは待ち遠しいです!

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/10/16
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで調整中。坂路2本キャンターで運動しています。ここにきてようやく以前の良さが戻ってきました。縦列調教でも楽に前を追っていきます。なによりやわらかい動きができてきたのが好材料です。あとはこのまま順調にいってほしいもの。このままピッチを上げていきます。

Posted by sachi at 07:46 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

ルーチェとアルビオンが時計を出しています。どちらも1週前ですが、馬なり余力。

マイネルーチェ
10/16 助 手 美南W 良 - - - 70.7 54.8 40.1 13.3 7 馬ナリ余力
シルクアイオロス(古500万)一杯の外に先行同入
マイネルアルビオン
10/10 助 手 美南坂 良 - - - 63.4 46.2 30.2 14.9 - 馬ナリ余力
10/11 助 手 美南坂 良 - - - 60.3 44.1 29.2 14.7 - 馬ナリ余力
10/12 助 手 美南坂 稍 - - - 64.0 46.5 30.3 14.9 - 馬ナリ余力
10/13 助 手 美南坂 良 - - - 53.9 39.1 26.1 12.5 - 馬ナリ余力
10/15 助 手 美南坂 稍 - - - 62.2 45.3 30.3 14.7 - 馬ナリ余力

ルーチェの南武S、東京の芝2400mは、オークスで6着と健闘したコース。状態はよさそうなので、今度こそ何とか勝ちたいもの。
アルビオンも正念場です。また京都へ西下しなければなりませんが、鞍上次第では好勝負ありと期待します。

Posted by sachi at 07:45 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走確定馬

なんとアルデュールが、京都から帰ってきての連闘、しかもダート。
そんなに無理をさせなくても……と思うのですが、仕方がありません。よほど状態がよいと解釈しておきます。ダートは一度走ったこともあるけど、どうでしょうか。とにかく無事に回ってきてほしい。フォーグに危険信号がともったいま、ここにきて充実度目覚ましいアルデュールが頼りなのです。日曜のレースは、実家で法事があるため応援に行けません。その点もがっかり。

10月19日(日)
東京 マイネアルデュール 8R 3歳以上1000万下 (混) 津村明秀 53 ダ1300m 13:40 16頭

Posted by sachi at 07:43 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 15, 2008

セゾン1歳馬近況

先週、「満口近し」が出て駆け込み出資したMベネラシオン07の近況が更新されました。
初めてなので近況の最初からまとめてアップしておきます。
前脚と体高が低いことが気になり、即出資はためらっていたのですが、様子見をする余裕がなくなり、ポチッとやってしまいました。あと1〜2頭は出資したい馬がいるので、ついでに申し込んでおけばよかったのですが、やはりぎりぎりまで待ったほうが確実性が高いと思うので、いまだ申し込み用紙を送っていません。ラフィアンでも1頭、考慮中……というか、何かの補償が決まるまで残っていてくれることを願っていた馬がいたのですが、満口になっちゃったので断念せざるをえません。これで心置きなく?セゾンの候補馬に出資します。しかし、どっちがどうだか…… とにかく今はラフィアンのもろもろの馬の扱いに辟易してストレスがたまるばかりなので、セゾンのほうがまだ少し気が楽、それが理由です。
肝心のベネラシオン07ですが、この近況ではまだ海のものとも山のものとも…… でも、アルデュール・タイプで頑張ってくれるかと思います。それにしても、今から第1回の近況を見ると、「ドリームシグナルのようなパワーとバネで走るタイプになりそう」ってところがやや??かな(苦笑)

マイネベネラシオンの07 [募集馬 / コスモヴューファーム]

■2008/10/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム本場に移動し、坂路でのキャンターを開始しました。坂路では期待通りパワーを感じさせる走り。ピッチ走法でまだ体も上手に使えていない中での走りですから、今後成長してくればさらに良くなってくるはずです。このまま騎乗を続けていきます。

■2008/09/30
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場で育成中。入念に背ならししている段階です。ここまで至って順調。素直で指示に従ってしっかり動けるので牝馬のリードホースを務めています。最近馬体が成長し、雄大な後躯に比べ頼りなく映った前にも筋肉がついてバランスが取れてきました。アグネスデジタルの産駒らしいパワーを感じさせる体は、近日中に予定している坂路での動きに期待を抱かせます。現在の体高は154cmです。

■2008/09/16
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場に滞在中。馴致を開始しました。跨るまで順調。自らハミを取ってグイグイと進み、パワーを感じます。ここにきてさらに馬体がしっかりしてきました。今後の坂路入りが楽しみです。スタッフの1人は「単に力強さだけでなく俊敏な動きも期待できそう」と評価していました。

■2008/09/01
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場に滞在中。昼夜放牧されています。放牧地では全力で走らず、先頭を争うタルゴナイトの07やマイネディーバの07の後ろをひっそりとついていきます。首を下げたきれいな走りで、9月上旬予定の馴致開始が楽しみです。性格は繊細な面があるため、理解し納得させるようにしっかりとコミュニケーションを図っていきます。

■2008/07/28
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファーム木稲分場で昼夜放牧中。放牧地でも自然と目に留まる立派なトモをしています。一方、後駆に比べると、前は少し物足りない印象を持ってしまいがちです。これは今後の成長が期待できるもの。しっかり筋肉がついて前後のバランスがとれてくれば、ドリームシグナルのようなパワーとバネで走るタイプになりそうです。6月末の計測で、体高は149.1cm、体重は434kgでした。

Posted by sachi at 07:46 PM | Category: HORSE | Comments (0)

鉾田滞在馬近況

5歳馬
なんとグリッツァはまだ走らせるのですか!? 「現在もまだ気合いが乗らず」って、1年間走り続けてきたんだから、当たり前です。馬にだって休養は必要。なんでいったん休養させてやらないのか。こんな調子で中途半端に調整しても、気合が乗ってベストな体調になるわけがありません。まったく腹が立ちます。鉾田で調教の練習台になって故障するのがオチだから、いったん北海道へ送ってください! これまでのもろもろの馬の鉾田での管理不手際で懲りないなら、また手紙攻勢しますよ。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。もう一段階負荷を強めることになり、坂路でキャンター1300m1〜2本の運動を開始しました。身体を調教に慣らしている現在はハロン17〜20秒のペース。しばらく楽をさせていたせいか、気合いが乗らず、走り出してからの集中力もいまひとつです。入厩できる状態に整うまでしばらく時間がかかるかもしれません。

4歳馬
ハヤトはようやく半年かかって復帰の見通し。早々とBRFから鉾田へ送られたせいで、結果的に馬が仕上がらずに見切り発車して入厩、そのあげくまた鉾田へ逆戻りでした。でも、小西厩舎へ入れてもらえれば、いつもの乗り込みできっと調子を上げてくれるでしょう。ハヤトには、今度こそ降級後の勝ち上がりを期待しています。とにかく、早く入厩お願いします>小西先生
フォーグは、なぜ鉾田へ送る必要があったのか。そもそも球節が腫れていたからではなかったのでしょうか。栗東にいるときに検査をせず、鉾田へきてから1週間もたって、やっと検査するなんて。その間はどうしていたのです? コスト削減とか言って厩舎に置かず、レース後すぐ移動なんかさせるから、こういうきわめて不条理な結果になるのです。BRFにいた休養中に、すでに跛行して乗り運動を控え、結局、関屋記念に間に合わなかったのが、今にして思えば前兆だったのでは? あのときも、北海道滞在馬は2週間に1度しか更新がないので、あとでそれが出てきたわけですが、ラフィアンは根拠もないくせに、何でも「大丈夫でしょう」「たいしたことはありません」の一言で獣医にも診せず調教を続けるので、馬を壊してしまうんですよ\(*`∧´)/ フォーグはレースでそれが悪化したんじゃないんですか? 先週の水曜に鉾田にきたときも、すでに腫れていたのなら、そこもきちんと報告すべきなのに、先週金曜日の更新では「軽く一息入れるため、8日(水)にビッグレッドファーム鉾田に移動」「2週間程度滞在させて、11月16日(日)の東京、オーロCあたりでの復帰を考えています」などと呑気なこと。球節の腫れを隠蔽しておいて、何を今更!です。せめて見舞金はラフィアンに払ってほしいよ、まったく。北海道に送って休養してどうなるかですが、剥離している「ような跡」がありレントゲンでは確認が困難と書いてあるのに、「1〜2カ月の休養」との見立ては確かなんでしょうね? わたしは復帰まで6カ月を覚悟していますが、なるべく軽症であることを祈るのみです(繋靭帯炎は種子骨の剥離が原因だと思うし、右前のほうも軽そうなので、アルビオン程度ならたぶん休養すれば何とかなるでしょう)

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。9日(木)に54秒、11日(土)に52秒、14日(火)に54秒の追い切りを消化。501キロの馬体重ながら、良い頃の動きに戻りました。入厩依頼を打診し、小西師から「今週末か来週にはこっち(トレセン)に連れてきたい」との返答をもらっています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム鉾田に到着時から左前脚の球節に腫れが見られ、エコー検査を行った結果、種子骨の一部が剥離しているような跡が見つかりました。レントゲンでは角度的に撮影が難しく、はっきり写らないために詳細が判りません。また、同時に繋靱帯炎の発症が認められ(右前脚にも軽度の繋靱帯炎が見られる)、担当の獣医より「1、2ヶ月は休ませた方が良さそう」との進言がありました。次走のプランを白紙に戻し、近々、北海道に移して休養させます。

2歳馬
アリオンも、グリッツァと同様です。そもそもこの2頭とサイクロンに対するラフィアンの処遇の酷さに怒って長文の手紙を出したのですが、返事はきても、まったく進展がありません。今回の近況を見ても、アリオンはとても調教を続ける状態にあるとは思えません。馬体も減るばかりなんて、どこか悪いんでしょう。気持ちが前に向いていないのは、札幌に入厩する前からずっとそうで、そんなことはレース前の調教や2度のレースぶりからも明白。今更何を言ってるんですか。「印象」じゃなくて、はっきりしてます。どうしても年内に出走させたいのだろうけど、中途半端な放牧と調教は逆効果。手紙でも「急がば回れ」と書いてお願いしたように、ここはさっさと牧場へ返して立て直してください。さっさと!!!(怒)

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。現在は放牧を行いながら、坂路でキャンター1300m2本をハロン17〜20秒で駆け上がる調教を課しています。やや身のこなしが硬く、厩舎から報告を受けていた通り、気持ちも前に向いていない印象。飼い食いは旺盛でエン麦や切り草などはすべて平らげています。にもかかわらず、馬体重は前走出走時より5キロマイナスの463キロでした。なお、入厩の時期については未定です。

Posted by sachi at 06:46 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 14, 2008

明日は我が身とはこのことか

きのうのガリレイの可哀想な「お知らせ」のあと、きょうは出資馬フォーグの剥離骨折と繋靭帯炎のお知らせが……

★状況が変化した馬の情報
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム鉾田移動後、左前脚の球節に腫れが見られることから検査を行ったところ、種子骨の剥離骨折の疑いがあり、繋靱帯にも炎症が見つかりました。しばらく休養することになります。

鉾田でいったい何をしたのか。骨折したとすれば、レースではないかと思うものの、鉾田に移動してから1週間近くたっています。その間に見つからなければ、鉾田での故障でしょうか? それとも鉾田でずっと見つけられなかったのか。どこで負傷したかの判断はどうやって下されるのでしょう。栗東にいれば見舞金の対象になったはずですが、鉾田ではそれも無理? 再び入厩しないと診断はつかないの? そもそもレース後、なぜわざわざ鉾田へ移動させたのかも疑問。コストパフォーマンスがよいなどと、よく言えますね。それと、この手の情報や移動の情報は、「お知らせ」だけでなく、必ず「近況」に出してほしい。でないと近況に一貫性がありません。これは2度の手紙で書きそびれたことですが、いまさら言う気も起こらない。ますます、ラフィアンへの不信感と不快感が増大中。
ともあれ、デビュー以来ほとんど故障もなくここまできたフォーグですが、いまは骨折の程度が限りなく軽いものであることを祈るしかありません。NHKマイルCのあと種子骨骨折が判明して休養に入ったファイングレインは、1年後に復帰。その半年後に淀短距離S、シルクロードS、高松宮記念と3連勝。フォーグもそのような不屈の精神と運の強さを持ち合わせていてくれますように……

【追記】
今回は、さすがに「近況」にものっていました。前回の書簡に、よそのクラブでは「近況」で臨時更新されることを指摘してはあったのですが、果たしてどこまで理解してくれたか。フォーグに関しては、そもそも鉾田へ移動した段階(レース後の報告がないままでした)で、その理由と馬の状態を報告すべきだし、今回も移動してからどうしていたのかなど、詳しい報告があってしかるべきだと思う。仮に詳細な検査で骨折と判明したなら、経緯を説明してほしい。またどっちつかずの状態に置かれたままのアリオンやグリッツァにも言えることですが、鉾田はあくまで短期放牧のはずで、一から立て直したり、ゆっくり休養・療養させる施設ではないはず(この点は最初の書簡で指摘)。馬を休養させるなら北海道へ、続戦なら鉾田へという方針を徹底してほしい。さらに、異常が見られたならすぐに獣医に見せること!(ガリレイにしても、もっと早く獣医に診てもらっていればと思う) フォーグについては、鉾田へ移動させた理由が単なる息抜きだったのか、それとも何か歩様に異常を感じたための移動だったのかも、知らせるべきだし、診断が出次第、どうするのかもはっきりと報告してほしい。今回の悪い例が示すように、調整は2〜3週間程度の間隔なら厩舎で、休養なら北海道の牧場でやっていただきたい。
前回の手紙で、下級条件ならともかく、1000万クラス以上の特別戦や重賞はせめて1週前追い切りに間に合うよう厩舎へ戻してくれるよう要望したのですが、ルーチェは早めに戻してくれてほっとしたところへこのニュース。おまけに、これまで良績を挙げているのはアルビオンやフォーグといった主に自厩舎でじっくり乗り込んでくれている馬ですとも言ってあったのが、実に皮肉な結果になってしまい、残念でなりません。

Posted by sachi at 06:00 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 12, 2008

アルデュールは掲示板

相手が揃っていたので勝ち負けまでは……とは思っていましたが、どうにか掲示板を確保するにとどまりました。

10月12日(日) 京都29R 壬生特別 サラ系3歳以上 1200m 芝・右 (混合)(特指) 3歳以上1000万円以下 定量 発走 14:35 天候:曇   芝:良
3着 3枠 5番 マイネアルデュール 牝3 53.0 佐藤哲三 1:08.5 3/4 34.4 472 +2 相沢郁 3/18人気

それでも18頭と頭数も多かったので、頑張ったほうかな。やはり京都の高速馬場では、ちょっと厳しかったですかね。
パドックでの気配はとてもよく、馬体も充実ぶりが感じられた。輸送してのプラス体重は、ちょっと重かったかもしれません。輸送を考え、少し楽をさせすぎたかも。しかし中1週、中1週で使ってきたのに体重が増えていたのは、状態がいい証拠とも解釈できます。内枠も今回はちょっと裏目に出たようで、スタートはよかったものの、途中で少し下がってしまい、やや窮屈そうな走りでした。でも、まだまだ伸びしろはあるはず。次は休養か、それとも福島続戦でしょうか。毎回、賞金をくわえてきてくれて、本当に親孝行な娘です。

騎手コメント:from Race Courseより
「アルデュール」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
佐藤哲三騎手「ある程度の位置につけるように指示が出ていたので、勝ち馬の直後につけたが、すっと離されてしまった。内の馬の後ろに入れて、早めに加速していったほうが良かったかもしれない。春に乗ったときよりも力をつけている」

おぉ、哲三騎手から「春に乗ったときよりも力をつけている」とのコメントがもらえた。
そうですよね、あの頃からめきめき競走馬らしくなりましたが、いまはさらに充実してきました。このいい状態を今後も維持し、早くもう1つ勝って、来年夏の降級にそなえたいです。

*あ〜あ、きょうはこれで早々と今週のお休みが終りました。世間では明日もう1つお休みのようですが、わたしは出勤。こんな月曜の祝日出勤が、都合3回あります。とほほ〜 もっとばらけてくれればよいものを、そもそも月曜に休みを作りすぎでしょ>日本政府 

Posted by sachi at 03:21 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 11, 2008

アルデュール、内枠引けてラッキーかも

今回は前走以上に強そうな相手も揃いましたが、3歳牝馬の斤量差でなんとか結果を!
佐藤哲三騎手にかなり期待しています。馬場は回復して良か…… スピード勝負になるとちと厳しいかもしれませんが、頑張れアルデュール!

10/12(日) 京都9R 壬生特別(1000万下) 3歳上 ○混○特指(定量) 芝1200m 18頭 発走:14:35
1 1   △   ノボリデューク 牡3 55.0 石橋守 松永昌博
1 2   △   サクライダテン 牡3 55.0 安藤勝己 伊藤圭三
2 3       ケンエンデバー 牝5 55.0 上村洋行 鮫島一歩
2 4 ◎ △   ヘッドライナー セ4 57.0 岩田康誠 西園正都
3 5 △ ▲ △ マイネアルデュール 牝3 53.0 佐藤哲三 相沢郁
3 6       ファーストナイナー 牝4 55.0 田嶋翔 小島貞博
4 7       マッキーバクシン 牡5 57.0 野元昭嘉 野元昭
4 8       タイキマーズ セ7 57.0 大江原圭 作田誠二
5 9 ○ ○ ◎ オメガエクスプレス 牡4 57.0 浜中俊 坂口正大
5 10   △   マルターズロビン 牡5 57.0 内田博幸 吉田直弘
6 11       マイネエスポワール 牝3 53.0 川島信二 宮本博
6 12       コスモランゲル 牝3 53.0 和田竜二 畠山重則
7 13       レンデフルール 牝4 55.0 太宰啓介 音無秀孝
7 14 △ △   シゲルダイハッカイ 牡5 57.0 赤木高太 西園正都
7 15 △     エーティーホーオー 牡6 57.0 中村将之 湯窪幸雄
8 16 △   ▲ オレンジシュプール 牝3 53.0 四位洋文 松田国英
8 17       エイシンイッキ 牡4 57.0 幸英明 野中賢二
8 18 ▲ ◎ ○ シロキタカーニバル 牝3 53.0 渡辺薫彦 佐山優
(印はnetkeiba.com)

【追記】
12日朝8時37分現在、アルデュールは僅差の3番人気(10倍前後)です。1番人気は岩田騎手騎乗のヘッドライナー、2番人気はファーストナイナー。なんとか上位に食い込んでほしいです。

Posted by sachi at 07:25 PM | Category: HORSE | Comments (0)

在厩馬近況

6歳馬
アルビオンは馬体も回復し(回復しすぎ? 笑)、順調に調整中。久々にプール調教も開始して、いよいよアルビオンらしくなってきました。プール調教は、肥満対策として脚に負担をかけずに運動量が確保できるうえ、リラックス効果もあるようで、本当にアルビオンによくあっています。今度こそ、京都でいい結果を残してほしいのですが、騎手が誰になるのか。わたしのごひいきは佐藤哲三騎手か川田騎手なんですけど。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、美浦で調整中。いつもどおり角馬場でじっくり乗って体をほぐしてから、坂路でハロン16秒前後のキャンターを1本駆け上がっています。輸送で減ってしまった馬体もすでに回復しており、太りすぎが懸念されます。そのため今週から久しぶりにプールも併用することにしました。肥満防止だけでなく、心肺機能の向上にも期待しています。25日(土)、京都の室町S・ダート1200mに出走する予定で、騎手に関しては現在調整中です。

4歳馬
ルーチェは今回、早めに厩舎に戻してもらえました。よかった。といっても、出走まであと2週間です。残念ながら内田騎手は先約があって騎乗してもらえないようですが、かわりに藤田騎手!? 富士Sがあるので東上するのかな。う〜ん、うまい騎手で文句はないけど、合ってるのかどうか、やや不安。ルーチェも当たりがソフトな騎手がいいと思うのです。愛馬が一度も騎乗してもらったことがないのですが、福永騎手に一度騎乗してもらえないかな。
ルーチェでほっとしたとたん、今度はフォーグが…… なんでたった2週間でもわざわざ栗東から鉾田へ送るのだろうか。ましてや次走の目標がオーロCなら、一度栗東に帰って、また東上しなくてはならないのに。いくら輸送にも強い馬だと言っても、往復の前後は調整もできないんです。またまた怒りがわいてきます\(*`∧´)/ 鉾田がないだろうと、1歳は2頭とも栗東所属予定の馬にし、セゾンの1歳も宮厩舎にしたのに、これほどラフィアンが鉾田にこだわるのなら、それも無駄だった。ほんとに、やめてほしいわ>鉾田

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、きょう10日(金)に、ビッグレッドファーム鉾田から美浦の上原厩舎に移動しました。あすから乗り込みを始めます。25日(土)、東京の南武特別・芝2400mが目標。内田騎手には先約があるため、藤田騎手に声を掛けています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、5日(日)に阪神で出走して4着でした。Mレーニアがつくったスローペースが一番の要因でしょう。34.2秒の脚を使って追い込んでおり、もう少し流れが速くなっていればと悔やまれます。ここで軽く一息入れるため、8日(水)にビッグレッドファーム鉾田に移動しました。2週間程度滞在させて、11月16日(日)の東京、オーロCあたりでの復帰を考えています。

3歳馬
アルデュールは中1週、中1週で京都です。体調維持のため追い切りは控えたようなので、輸送でトラブルがなければ能力を発揮できるのではと、希望的観測ですが期待しています。前走、惜しい4着だったときと同じく、佐藤哲騎手に乗ってもらえるのも嬉しい。どうも松岡騎手だと勝ち切れないので、今回の京都で決めてほしいです! 頑張れアルデュール&佐藤騎手!

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、12日(日)、京都9Rの壬生特別・芝1200mに出走します。橘Sで跨った経験のある佐藤哲三騎手に騎乗を依頼しました。8日(水)の追い切りは中1週のレース間隔、関西までの輸送、たっぷり水分を含んでいた馬場を考慮したもの。疲れが残らないように馬なりでさっと流す程度に控えました。「中1週でも大丈夫。前走の反動もなかったからね。乗り手からも『具合が良い』と報告を受けている」と相沢師。勝ち負けを期待しています。

*なお、きのう心配になったマイネベネラシオン07の申し込みですが、セゾン事務所に電話をかけたところ、おとといの申し込みは受け付けられていたらしく、きのう満口のお知らせが出たけれど、わたしは出資できるようです。電話してよかった。前脚も、体高が低いことも気にはなるものの、あのおしりの筋肉に比べて貧弱に見えた胸前のほうもたくましくなってきたとのコメントがあったので、満口近しが出てしまっては申し込まざるをえませんでした。しかし、電話に出た女性は、ラフィアンに負けず劣らず?言ってることが二転三転してなんだか要領を得なかった。仕事の出来る人間は世の中にそう多くはないようですね。

**ついでにもう1つ。前回の手紙で納得できない部分があったので、再度不満と要望を書いて出したところ、お忙しいところ恐縮ですのでお返事は結構ですと書いたのに、もう少しお待ちくださいというメールがきました(^^;; 「皆様にご満足いただくためにはどう変わってゆけばよいか、東京事務所でも検討と試行錯誤を続けて」おり、わたしの苦言と提案は「本当にありがたく、社内で何度も読み返しております」とのこと。本当にしっかり考え直してくれればよいのですが、フォーグの鉾田移動を見て、さらにがっかりしたところなので、もうほとんどどうでもいい気分です。2週間の休養後に、鉾田から直接、東京競馬場へ入厩でもできるのでしょうか? 重賞でもなければ、それも厳しい気がするのだけど、そのあたりの事情に詳しくないので…… 10日や2週間でさえ栗東から鉾田へ移動させるのがデフォルトになったあかつきには、短期放牧→凡走→短期放牧の繰り返しになるんじゃないかという懸念が増大中。ぽん駆けする馬ばかりじゃないってことをお忘れなく。

Posted by sachi at 01:37 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 10, 2008

今週の調教時計

アルデュールとアルビオンが一応の時計を出しています。

マイネアルデュール
10/8 助 手 美南W 不 - - - 66.9 52.2 38.4 13.5 3 馬ナリ余力
マイネルアルビオン
10/7 助 手 美南坂 稍 - - - 61.8 45.0 29.7 14.9 - 馬ナリ余力

アルデュールは今週出走のわりに軽い調教です。中1週で輸送もあるので、それでいいのでしょうが、全体のタイムはよいものの最後が遅いのでやや不安も。疲れが出ていなければいいのですが。
アルビオンはまだまだ馬なり調教。いつも通りのペースです。今度は前走よりもう少しましなレース運びをしてほしい。復活を夢見ています。

なお、アルデュールは出走確定。エスポワールと一緒に出走ですが、佐藤哲三騎手とは相性もよさそうなので頑張ってほしいです。

10月12日(日)
京都 マイネアルデュール 9R 壬生特別 (混) 佐藤哲三 53 芝1200m 14:35 18頭

Posted by sachi at 07:11 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 09, 2008

この更新はどうにかならないのか!(怒)

またフォーグが、レース報告もなくいつの間にか鉾田へ移動しています。

10/08 104175 マイネルフォーグ 鉾田 馬体に異常なし

前週にレースに出走した馬だけでも水曜に近況を更新してほしいと、この前も手紙で文句を言ったのですが、またですか。しかも関西から、なぜに鉾田へ行かなきゃならんの?
水曜の鉾田滞在馬と金曜のトレセン在厩馬の近況を入れ替えてほしいと言ったのですが、水曜に取材して今後の予定を確認し、文章に起こすのが金曜でなければ間にあわないのだとさ。だけど、どのクラブでもレース後の報告は月曜か火曜、どう遅くても水曜にはあるでしょう。金曜に更新なんて、ラフィアンだけです。1週間もたってから、何がレースの報告ですか? 手紙でもルーチェの例をあげ、土曜に出走してレース報告もないまま水曜に鉾田に移動(馬体に異常なし)とだけ出ても、出資者はそれ以上詳しい情報が金曜まで不明なことで、不満と苛立ちを募らせるのです、せめて出走した馬だけでも水曜更新にできないものかと提案したのですが、どうもまったく意に介さずのよう。これでフォーグの近況は、金曜日もないの? それともあるの? 鉾田に移動したなら、次走の予定も分かってるだろうに、それを金曜までのばす必要があるのでしょうか。まったく、出資者をばかにした近況だと思います。移動も、せめて次走は富士Sの予定とか、「近況」で詳しく報告してくれれば、鉾田行きも納得できるものを、本当に腹立たしい。もうラフィアンになぞ出資するものかという気になります。

*そういえば少し前まで、2歳デビュー時には入厩と初出走のお知らせがきたものですが、もうとっくになくなってましたネ。ポートレート廃止、北海道滞在馬の近況が月2回に減少、入厩馬も鉾田のせいかどうか不明ながら年齢別でなく場所別なのでどこで更新されるやら、おまけにレース前・後の報告が遅すぎ、場合によっては1週間近く遅れる……と、サービスは低下の一途をたどっています。さらに、満口馬のポイントを見て思ったのですが、103口の応募ですでに足切りポイントが3,306とは。これくらいのポイントはさすがに10年以上やっているとクリアしてますが、それ以下の方はもっと苛立たしく思うのか、それとも諦めの境地なのか……

Posted by sachi at 07:43 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 08, 2008

二次募集

ラフィアンの二次募集前期があす締め切りですが、あすまでに応募するつもりはありません。
現在のところ満口抽選馬が3頭。あと1〜2頭は即満口になるかもしれないけど、あす1日でさほど数が伸びるとは思えません。それ以外の申し込み口数を見ても、一次を含め、例年(というかここ3年ほど)よりはるかに少ない気がします。
一次募集もそうでしたが、予想よりは売れているように見えるものの、応募者の半分は補償があるためだと思う(わたし自身、一次の2頭のうち1頭は補償の消化) 2歳デビュー馬の成績は惨憺たるものだし、提供する馬のレベルや育成への不信、鉾田での管理と「入厩10日で出走」の原則への疑問、特定騎手の偏重、近況の更新頻度が減るなどもろもろのサービス低下への不満などが重なり、当然のことと思われます。2歳馬の結果いかんで、来年の一次募集の頃にはいよいよひどいことになっているかも。

これまで痛い目にあっていない会員の認識は違うかもしれませんが、わたしはサイクロン、アリオンに関する不満で、もうおなかいっぱいです。過去にも走らない馬はいたけれど、ここ数カ月のような不満はもったことがなかった。けっして成績だけの問題ではないのです。そのことにクラブが気づいてサービス面・育成面での改善を図らないかぎり、わたしのラフィアンへの出資は最小限にとどまるでしょう。もっとも、もともと年2〜4頭の出資者など、クラブはどうでもいいかもしれませんけどね。サイクロンの補償があれば二次で1頭出資してもよかったのですが、現時点では候補のみ。その馬も即満口にはならないようなので、いずれにしろ乗り込みの様子を見てからという待ちの態勢です。ただ、この馬は関東予定なので、鉾田の闇がぱっくり口をあけて待っているんですよね〜(笑)もう1頭、候補はいたのだけれど、新規開業がネックとなり脱落しました(調教師さんの手腕は未知数ながら、新規開業ではますますラフィアンの言いなりだから) ひょっとしたら、この馬はあす満口になるかもしれません。アリオンまで補償になったら、サイクロンと合わせて(って、もう決めてますが。苦笑)来年1頭出資して終わりになるかもね。引退なら引退で、早いほうがいいな(*きょうの「お知らせ」にあるバシリコスの引退は、ほんとに可哀想ですが) 

なお、きょうセゾン募集馬に2頭「満口近し」が出て、その1頭が最初から候補だったので、ウェブページから仮出資申し込みをしました。マイネベネラシオン07です。できればもう少し、成長具合を見たかったのですが。あと、2頭ばかりいるセゾンの候補(そのうち1頭はほぼ確実に出資すると思う)も、調教の具合をチェックしながら満口近しのサインが出るぎりぎりまで様子見をしたいと思います。

【追記】
あらら、セゾンは満口近しが出てから申し込むのは初めてだったので失敗! ウェブからの仮申し込みはできないのね。きょう仕事から帰ってきて分かったのであわてて書類を出しましたが、もうあさってにしかつかない(^^;; 速達にしなくてもと普通で出したけど、よく考えたらあさっては土曜日。だめかもな〜 ま、出資できなければそれでもいいんだけど。

Posted by sachi at 10:33 PM | Category: HORSE | Comments (2)

今週の出走予定馬

アルデュールが出走予定ですが、除外の可能性ありです。

京都競馬場
☆マイネアルデュール 12日(日) 9R 壬生特別 (混) 佐藤哲三 芝1200m

京都での前走は大きな不利をこうむっての4着だったので、同じ佐藤哲三騎手大歓迎! せっかくの鞍上なので、ぜひ出走してほしい。

Posted by sachi at 08:36 PM | Category: HORSE | Comments (0)

鉾田滞在馬近況

5歳馬
グリッツァは放牧する様子もありません。馬自身は元気一杯とか、馬場に入ると走りたがっているとか、続戦を示唆する言葉ばかり並んでいます。まぁ、調子がよいならいいけれど、実際どうなのか。その言葉が希望的観測でないことを願います。それにしても、いつ休ませるつもりなんだろう。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。お伝えしていたとおり先週末までは日中のみの放牧とウォーキングマシンによる運動を続け、今週から試し乗りを始めました。いきなりペースは上げず、ダクでじっくりと1300mの坂路を1本乗っています。いまのところ違和感なく進められているので、あす、あさってからは軽めのキャンターも始めていきます。馬自身は元気一杯で馬場に入ると走りたがっています。

4歳馬
ハヤトはまだ鉾田で乗り込み中。ようやく復活のきざしが見えてきたようです。「人手不足」で北海道から鉾田へ送られてからの調整過程に疑問が残ります。結局、3月に放牧されてから半年以上かかっての再入厩。8月の入厩と出走が結果的にむだになったわけですが、今後はそんなことがないよう、鉾田の育成スタッフと技術面でのテコ入れをぜひともお願いしたい。
ルーチェについては、この前のクラブへの手紙に返事がきたあと、追加事項として鉾田での管理と一週前追い切りもできないような「入厩10日で出走」の原則に関する疑問/要望(レースでの着順が1つ違えばそんな目標を達成しても経済的にむしろマイナス、厩舎で仕上げをしてほしい)を再度送ってあったので、今回の10日に戻るという報告にはまず満足。出走目標も決まっていたのだし、そもそも鉾田に出さずともよかったのではとも思うのではありますけどね。特定の騎手の偏重?についてはまだ文句を言ってませんが(苦笑)、今度のルーチェの鞍上が誰になるかでその点についても判断できるでしょう。再び内田騎手が乗ってくれるといいなぁ。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m2本の運動をしています。4日(土)と7日(火)に行った追い切りでは、ともに4ハロン53秒をマーク。だいぶ本来の調子を取り戻してきたようで、早い時計にも難なくこなせるようになってきました。この状態なら今月中にはトレセンへ戻せるでしょう。得意のローカル開催には間に合わせたい考え。このまま乗り込んで厩舎から声が掛かるのを待ちたいと思います。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。先週一杯はウォーキングマシンによる運動のみでレースの疲れを取ることに専念しました。今週から坂路でキャンターを始めており、月曜日はハロン17秒ペースを1本、きのう火曜日からは同じペースで2本乗っています。跨った感触から疲れも感じられず、好調をうまく維持できている様子。体も473キロと太くもなく細くもない体つきです。10日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定。

2歳馬
アリオンはどうしてそこまで疲労がたまっていたのか。デビュー時点で態勢不十分、2戦目の追い切りをみても明らかに状態が悪かったにもかかわらず、ダートに出走させてぐだぐだになるなど、ちぐはぐなことばかり。今回は牧場での立て直しを希望していたものの、鉾田でやるつもりならそれでも結構。ただ、それだけの腕のあるスタッフをあてがってほしいです。馬体重の増減が多い馬なのかもしれませんが、去年の12月に500キロあった馬がケガで50〜60キロも馬体が減って以来、大きな幅で増減を繰り返しています。なにか育成がうまくいっていなかったせいではと思わずにはいられません。また馬体重だけでは測れない馬体の充実度もあります。前回の手紙の返事に、30キロの増減などよくあることと書いてありましたが、2週間や3週間でそう簡単には……。増えるならまだしも、ガクっと減るのはやはり体調に問題ありでしょう。今度はじっくり中身を充実させつつ調整していただきたい。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。5日(日)から騎乗運動を再開。日中だけの放牧を行いながら、坂路でキャンター1300m1本を軽めのハロン20秒ペースで乗っています。この1週間でもだいぶ背中からトモにかけて肉が戻ってきましたが、もっとふっくらしてもよい体型です。回復を促しながら、馬体を緩めすぎないように気をつけて乗り込んでいきたい考え。馬体重は前走時から2キロ増の470キロです。

Posted by sachi at 08:30 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 07, 2008

北海道滞在馬近況

2歳馬
サイクロンはもう乗り運動を始めたようです。やはり左前を少し気にする様子ではありますが、コメントを信じるなら、今はそれ以上に馬体が緩んでいることのほうが影響が大きそう。とはいえ馬体の成長も阻害されているだろうし、蹄骨骨折を克服して勝った馬(マーベラスサンデーのようなごく軽いひびをのぞいて)など、いるのだろうか。いくら「能力を信じて」と言われても、実際、もうほとんど期待はできません。たとえ出走までこぎつけたとしても、未勝利引退が濃厚でしょう。クラブはどうしてもデビューさせ、補償を減らしたいようだから、仕方がありません、馬の将来を考えれば、せめて地方へ行って競馬ができるくらいには回復してほしい。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、ビッグレッドファーム明和で調整中。先月末のレントゲン検査で骨折線が消えつつあり、獣医より騎乗再開の許可が下りて、坂路でキャンター1100m1本の運動に取りかかっています。ふとしたときに患部の左前脚を気にするような仕草を見せるものの、瞬間的なもので歩様が悪いというわけではありません。休み明けで馬体が緩んでいる現在はスピードに乗れず、もたもたした状態。ゲートからスタートさせていまひとつだったダッシュの練習も進めています。

Posted by sachi at 06:47 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 06, 2008

アルデュール、予定通り壬生特別に登録

10月12日(日)京都・壬生特別 第1回特別登録 30頭
サラ系3歳以上 (混合)(特指)3歳以上1000万円以下 定量 1200m 芝・右
アルシラート 57.0
エイシンイッキ 57.0
エーティーホーオー 57.0
オメガエクスプレス 57.0
オレンジシュプール 53.0
ケンエンデバー 55.0
コクシムソウ 57.0
コスモランゲル 53.0
サクライダテン 55.0
ジェイウォーク 57.0
シゲルダイノウカイ 57.0
シゲルダイハッカイ 57.0
シロキタカーニバル 53.0
タイキマーズ 57.0
タイキミューズ 55.0
トッケンショウブ 57.0
ナリタバクシン 57.0
ノボリデューク 55.0
ビンチェロ 57.0
ファーストナイナー 55.0
フサイチコウキ 55.0
プラチナムペスカ 57.0
ヘッドライナー 57.0
マイネアルデュール 53.0
マイネエスポワール 53.0
マッキーバクシン 57.0
マルターズロビン 57.0
ルミナスハーバー 55.0
レンデフルール 55.0
ワンダークラフティ 57.0

しかし登録馬30頭。出走できるかどうか……

おっと、フォーグも早速、次週のペルセウスSに登録してました。
もちろん除外狙いの権利取りなのでしょう。
それにしても登録44頭とは、相変わらずダート短距離戦はすごいです。
アルビオンは1回の除外優先権で大丈夫なんだろうか?

10月11日(土)東京・ペルセウスステークス 第1回特別登録 44頭
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン ハンデ 1400m ダート・左
インセンティブガイ
ウォーターオーレ
エムエスワールド
オフィサー
カルナバリート
ゲイルバニヤン
コスモプラチナ
サイキョウワールド
サクラビジェイ
サンライズレクサス
ジーンハンター
ステキシンスケクン
スプリングソング
ゼンノコーラル
タイキエニグマ
ダイワエンパイア
ダノンビクトリー
ダブルティンパニー
ダンツキッスイ
ダンディズム
チョウカイシャトル
テンジンムサシ
トップモンジュー
ドラゴンウェルズ
ドリームガードナー
ニシノナースコール
ハギノベルテンポ
バトルハートオー
バンブーエール
ハートオブクィーン
ブラックアルタイル
ベストオブミー
ベルーガ
マイネルフォーグ
マルカキセキ
メイショウサライ
メイショウトッパー
ユビキタス
ヨイチサウス
ラピッドオレンジ
レキシントンシチー
ロイヤルキャンサー
ワーキングボーイ
ワールドハンター

*きのうはGCの「競馬場の達人」に岡田総帥が登場!
いやぁ、お年をおめしになりましたねぇ。ラヴのGI祝勝会でお目にかかったときは、まだかなり若々しかったのだけど(10年前になるから当たり前か) 馬券があたるか、あたらないかは別として、あれこれ蘊蓄を傾けてる繁ちゃん、やっぱ面白いし、かわいい、憎めない(笑) グランパズドリームのダービーのことを遠い目で語る様子に、じーんときた。サンデーサイレンスにどれだけ苦しめられてきた10年だったかも。だからこそダービーとるのが悲願だし、SS以上の種牡馬をあてるのが大目標だというのも分かる。
わたしは初出資ラヴでGIとらせてもらっちゃったし、クラシックを勝つ悲願もないし(クラシック出走は望みますが)、出資馬が重賞にときどき出て馬券にからむくらいに、そこそこ活躍してくれればいいんですけど、総帥にはクラブでも個人でもよいからダービーをとらせてあげたいなぁ〜 総帥には男のロマンがある。でも若社長にはそれがないよ。仕方ないけど、相馬眼以前の問題。だから何を語ってくれても面白くないんですね。ごめんなさい。ラフィアンに夢はないと言う会員さんもいらっしゃいますが、わたしは夢はあったと思います。元社長の夢にのってみようと、1億〇千万もする馬に出資したこともある(2勝馬で終りましたが、ラヴの賞金で出資したので懐は痛まなかった)。でも、いまはないみたい。現社長に夢がないみたいだから。5年以内にクラシック?を取ると宣言なさいましたが、それは「夢」じゃなくて、クラブの社長として掲げた「目標」ですよね。会員さんがのるかどうかは別として、現社長にも、もっと「夢」や「ロマン」をもってほしいなぁ。

Posted by sachi at 02:43 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 05, 2008

フォーグ4着、騎手の差かも?

あ〜フォーグも頑張ったんだけど、サトテツ騎手がうまく乗ったなぁ。
おめでとう、レーニア&佐藤哲騎手! レーニアにはスプリント路線より、きょうのようにパワーのいるやや渋った馬場でのマイルが合ってるみたいですね。

10/05(日) 阪神10R ポートアイランドS(OP) 3歳上 ○国際○特指(別定) 芝1600m 18頭 発走:15:30 天候:曇 馬場:稍重
4着 6枠 11番 マイネルフォーグ 牡4 55.0 川島信二 宮徹 クビ 460(+8) 13.1 5/18人気

フォーグは道中、馬群の中団後方に閉じ込められて、直線もなかなか前に出られなかった。馬場はフォーグにも合っていただけに、ちょっと残念。せめて3着だったなら…… でも、あれが現在の力かな。それとも騎手によってはもう少し上位もあったのか。ともあれ、よく頑張ってくれ、これでようやくなんとか1億円馬の仲間入り(笑) ローブデコルテやステキシンスケくんに先着できたのもうれしい。

フォーグはこれからも地味に活躍してくれそうだし、小柄な割に使い減りしないタフな馬。あとちょっと賞金を積みたいところですが、またチャンスもあるでしょう。1400mの平坦がベストなのかもしれないけど、一度くらい1200mに距離短縮してみるのはどうでしょうか。しかしきょうのスプリンターズSを見るかぎり、やっぱり力不足だろうな。今のところは、マイペースで着実にオープン戦に出走してくれればいいです。そのうちきっと、もうワンランクアップする機会もあるでしょう。それまでは、重賞はちぃと我慢ですね。

騎手コメント
【ポートアイランドS】(阪神)〜マイネルレーニア 逃げ楽勝 | News | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
4着 マイネルフォーグ(川島騎手)
「ペースが落ち着いてしまいましたね。よく追い込んでいるんですけど…」

そうか、やっぱりマイペースの逃げに持ち込んだレーニアと佐藤哲騎手の勝利です。
もう少しペースが早くて前が崩れないと、フォーグの追い込みもきかないものね。次、もっと頑張ってもらいましょう!

もう1つ騎手コメント:from Race Course より
「フォーグ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
川島騎手「折り合いはついたし、ロスの少ない競馬はできたが、逃げ馬のペースになってしまった。流れが向かなかった割りにはよく頑張っている。」

そうですね、内々でロスはなかったけど窮屈そうでした。あれで最後、よく3着4着にこられた。出られないかと心配しました。最後に後ろからきたマルカフェニックスに差されたのが本当に残念です。でも、川島騎手には及第点をあげてもいいかな。うまい騎手だともっと上手にさばくのでしょうが。

*いやぁ〜 それにしてもスリープレスナイトは強い強い。馬格もあり、とても牝馬とは思えない強さ。アルビオンが京葉Sと栗東Sで戦ったときにそれは実感したものの、一気にスプリント女王にのぼりつめるとは。しかもまだまだ強くなりそうですからね。今後は芝・ダートを問わず1200m専門で行きたいとか。アルビオンもそうあってほしいのですが、なかなか出るレースを確保できないのが悩み…… やっぱりあと少し力が足りないのでしょうか。
ちなみにきょうの札幌メインレース、STV賞では、アルビオンと同じ6歳のラヴ産駒牝馬、クィーンマルトクが優勝しました! ラヴ牝馬でもこの年齢まで成長力があるんですね。アルビオンももうひと頑張りしてほしいな。

Posted by sachi at 04:48 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 04, 2008

フォーグは6枠11番


明日のレース、フォーグもそこそこの人気になるのかな。
鞍上に不安はありますが、GIレースの裏なので仕方がないか。
斤量等を考え合わせると、前半やや抑えて中団を追走、直線勝負に持ち込めば、いいところまでは行けるのではないかと。川島騎手、頑張ってください!

10/05(日) 阪神10R ポートアイランドS(オープン) 3歳上 ○国際○特指(別定) 芝1600m 18頭 発走:15:30
1 1       マルカキセキ 牡7 56.0 石橋守 増本豊
1 2 ▲ ◎   ドリームシグナル 牡3 54.0 和田竜二 西園正都
2 3 △ △ ○ マイケルバローズ 牡7 56.0 鮫島良太 藤沢則雄
2 4     △ バトルバニヤン 牡4 55.0 赤木高太 池江泰郎
3 5       ブラックカフェ 牡8 55.0 田嶋翔 小島太
3 6       マイネルハーティー 牡6 55.0 角田晃一 中村均
4 7   △   サトノプログレス 牡3 55.0 田中勝春 国枝栄
4 8 ◎ ○ ◎ ステキシンスケクン 牡5 57.0 川田将雅 森秀行
5 9 ○ ▲   ローブデコルテ 牝4 54.0 四位洋文 松元茂樹
5 10       サイキョウワールド 牡6 56.0 浜中俊 坂口正大
6 11   △ ▲ マイネルフォーグ 牡4 55.0 川島信二 宮徹
6 12 △     サンダルフォン 牡5 56.0 秋山真一 松永幹夫
7 13 △     インセンティブガイ 牡7 56.0 熊沢重文 角居勝彦
7 14 △     タマモサポート 牡5 56.0 藤岡康太 藤岡健一
7 15       ロイヤルキャンサー 牡10 56.0 田中健 森秀行
8 16   △   マルカフェニックス 牡4 55.0 安藤光彰 松永昌博
8 17   △   マイネルレーニア 牡4 56.0 佐藤哲三 西園正都
8 18       ドリームガードナー 牡3 53.0 太宰啓介 中村均
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 04:28 PM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

6歳馬
何度も言うようですが、いまさら1週間前のレースの話をされても、何のことかと思ってしまう。もう遠い記憶のかなたです。この件についても書簡で「情報が遅すぎる」ので火曜か水曜の更新日と入れ替えてくれないかと要望を出したのですが、水曜に取材して金曜にアップするのが精一杯だとのお答え。過去にはできていたのに、どういうこと? おまけに北海道滞在馬の更新が半分以下になったというのに。これはやっぱり事務所の怠慢でしょう。それとも、よほど能率が悪いのか。次走の予定を確実に訊くためなんて、屁理屈ですよ。一言ですむものを。レース回顧なんて1週間もたってからやるもんじゃありません。分かっている情報はさっさと水曜には出してほしい! 次走の予定が変わったならそれでいいじゃないですか。また手紙書くか(苦笑)

それはともかく、アルビオンは前半ためてもつ馬ではありません。そんなのもうとっくに分かっているはずなのですが…… 次の京都では無事何事もなく西下でき、ぜひともいい結果を出してくれるよう祈ります。スプリンターズSのメンバーを見ても、下位なら食い込めそうな気はするのですけど、出走できない(考慮すらしない?)のがまことに残念。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、27日(土)に阪神で出走し、13着でした。1ハロン長いと見ている1400mの距離を強く意識した乗り方です。ふわっとゲートから出してコースロスを抑えて3、4コーナーを回りました。しかし、この作戦が通用しません。直線半ばで勢いがなくなってしまい、先頭から1.3秒遅れてゴールしました。美浦〜関西間の輸送でいつも以上に馬体重が減っていたのは、静岡で事故渋滞に巻き込まれたためかもしれません。今週のポートアイランドSに投票して権利を得ました。次走は10月下旬、京都の室町S・ダート1200mの予定。

4歳馬
ルーチェはまた鉾田へ……orz 本当に上原厩舎が望んでいることなのだろうか。「10日前まで鉾田だから」という発言もあったやに聞いてます。クラブが鉾田をごり押ししているような印象はどうしてもぬぐえない。何しろ骨折休養あけで乗り出して2週間余りで「入厩準備」の名目で早々と鉾田へ送られたルーチェです。あのときはほんとに可哀想だったけど、鉾田のスタッフとはなじみになっているはずなので、無事めんどうを見てもらえることを祈るばかりです。次走はいよいよ東京。ルーチェが本領を発揮できますように。
フォーグは引き続き好調のよう。前走は休養明けの二走ぼけと思っておきましょう。案外ばてない馬だし、過去の実績からしてもメンバー的にも、今回は本当に頑張ってほしいところ。前走の成績のせいで人気がないとしたら、こっちのものだぁ〜♪(笑) 雨で稍重くらいになってくれると、なおのことよろしい!

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、27日(土)の出走の結果、3着でした。年明けの迎春Sで敗れたエフティイカロスに再び先着を許してしまうレース。斤量差が2キロから3.5キロに変わり、逆転も可能と期待していただけに残念でしたが、鞍上の催促にきっちり反応して脚を伸ばし、中山の芝2500mの持ちタイムは大幅に短縮しました。いったんビッグレッドファーム鉾田に滞在することになり、1日(水)に移動を済ませています。次走は東京3週目の南部特別・芝2400mの予定。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、5日(日)、阪神10RのポートアイランドS・芝1600mに出走します。追い切りの反応が上々。いくら鞍上が軽量だったとはいえ、不良馬場でタイムがかかる中、きっちり伸びるのだから大したものです。手綱を取っていた川島騎手も好感触を得ている様子でした。宮師も状態の良さは満足しているようです。対戦経験のない5頭とマイケルバローズを除く11頭には過去に先着したことがあるメンバー構成。ここを勝って獲得賞金を大台の1億円に乗せたいところです。

3歳馬
アルデュールも続戦で、来週、京都へ。そう、ここにきて充実の一途をたどっているようなので、こういうときは一気に勝ってしまいましょう! 松岡騎手の手から離れるのもチャンスかも?(苦笑) どうも松岡騎手では勝てない。といって、鞍上がだれになるのかが問題ではあります。これまでに乗ってくれたことのある川田騎手か佐藤哲騎手がまた乗ってくれるといいな。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、28日(日)に中山で出走してクビ+クビの0.1秒差、悔しい3着でした。結果的には前走時とレースラップは変わりませんでしたが、先団に馬群が固まっておりラップ以上に厳しい流れだった模様。行きっぷりが前回より悪く感じましたが、外々を回らされながらもじわじわ伸びて頑張っていました。一戦毎に体が増えているように、飼い食いも良く充実している様子。今週も水曜日から角馬場での運動を始めており、木曜日からは坂路入りを始めています。中1週で12日(日)、京都の壬生特別・芝1200mに出走する予定。

Posted by sachi at 12:07 AM | Category: HORSE | Comments (0)

October 02, 2008

馬の移動情報

10/01 104157 マイネルーチェ 鉾田 馬体に異常なし

あ〜あ、またルーチェが鉾田へ送られてしまいました。だいたい、近況ではなく、ただのリストでこれを発見するのが、実に腹立たしい。レース後の報告はいつだ!どうなってるんだ!と怒鳴りたくなる。ストレスがたまってしかたがありません。
これがデフォルトになるなら、本当に関東馬は買えない。鉾田ではなく、厩舎できちんと世話をしてくれるようなところなら考えますが。
2次はもともと今年は出資する気もありませんでしたが、鉾田が気に入らないので、たぶん前期締め切りに間に合わせての出資はしません。その点はセゾンも似たりよったりなので、どうしようか思案中です。

なお、先週末に出した書簡の返事がきょうきていました。
内容は、予想したよりはるかに丁寧でまともでした。言葉だけにしろ、何度も「申し訳ありません」を連発してたし。ただ、あちらも触れたくない点には触れず、これ以上突っ込んでも無駄。サイクロンとアリオンに関してはそんなところです。ま、それでも扱いに不満はあるものの(これまでと変わらないので)、過去に何度か受け取った紋切り型のおざなりな返事ではなく、かなり真摯に受け止めてくれたらしく、怒りを覚えるようなものではありませんでした。要するに、ビッグレッドファームでは無理な調教で壊れるような馬はそれまで、ってことですね。グリッツァに関しても、ま、同様にどうということはありません。来週、試し乗りをしてみて、乗り進めるか牧場へ戻すかを決める……こちらは、北海道の馬房の都合の気がしますけどね。

一番がっかりしたのは、近況のトレセン滞在馬の金曜更新について。これは変える気がないようです。「以前、火曜日に更新を行っていたときには、推測で書かざるを得ない場合がありました、金曜日に変更したことでより多くの馬について次走の予定等をきちんとお伝えできるようになりました」とのこと。しかしね〜 やっぱ、どう考えても、前週のレース報告が金曜ってのは、あまりに遅いでしょ。「水曜日に取材した後にさらに詳細を確認し、文章を起こして近況に反映させるには、申し訳ありませんが現体制では金曜更新でないと難しいという状況」だそうです。では、よそのクラブはどうなんですか? 1週間もたった情報を更新してるのは、ラフィアンだけでしょ。レース後の報告はもっと早くに必要ですよ。セゾンなんて、写真までアップしてるってのに。予定にしても、次週の予定ならそれでいいけど、翌日出走の予定だけ金曜に載ってもねぇ。これまでずっと長年できていたのに、それができないわけがない。現体制で無理なら、スタッフを増やすべきです。

もう1点、近況が4回分しか見られない現状について、リンクを貼って過去にさかのぼって見られるようにしてほしいとの要望には、たとえば、アルビオンのような古馬では過去の情報が300件以上あるとのことで、「一定の期間を区切る必要はあるかもしれません」が、どうやら前向きに対処してくれそうです。何もすべての馬を最初から見られるようにしてくれとは言ってませんが、ポトレが廃止されてからなら、ゆくゆく300件以上になっても問題ないと思いますがねぇ。さらに、「状況が変化した馬」は重大なケガと引退のお知らせが大半を占め、馬の移動についてもリストが何日かに一度更新されるだけで、詳しい説明がまったくない、よそではその都度「近況」が臨時更新されると書いたせいかどうかはわかりませんが、きのうあたりから少し詳しい説明が「お知らせ」に出るようになってきたので、苦言を呈したかいがあったかもしれません(苦笑)

Posted by sachi at 08:24 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

タイムを出しているのは出走が確定したフォーグだけです。

マイネルフォーグ
10/1 川島信 栗東CW 不 - - 81.0 66.2 51.8 38.2 11.9 9 一杯に追う

追ったのが(軽い)川島騎手のせいか、不良馬場なのに終い伸びて相変わらずいい時計です。今度こそ勝ち星がほしいところですが、無理ですかねぇ……
せっかく多数の登録馬がいたにもかかわらず、出走確定したのに。

Posted by sachi at 08:23 PM | Category: HORSE | Comments (0)

October 01, 2008

今週の出走予定馬

今週の出走予定馬はフォーグのみです。

阪神競馬場
マイネルフォーグ 5日(日) 10R ポートアイランドステークス 国際 川島信二 芝1600m

登録馬が多かったにもかかわらず、除外の可能性ありのマークもありません。なんとか出走できるのか? 出走となると、またまたハーティー、レーニアとご一緒です。それにしてもただ1頭、鞍上が……orz

Posted by sachi at 10:18 PM | Category: HORSE | Comments (0)

鉾田滞在馬近況

5歳馬
グリッツァはまだ続戦させるつもりなんですな。屈腱に異常がなかったのは幸いながら、繋靭帯も同じように重要で、炎症があると長引きかねません。本格的に休養させてほしいと思うのですが、どうも休養させそうにない(質問した手紙の返事はまだ届いていません) 元気はいいけれど、鉾田で試し乗りというのが心配です。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。日中のみの放牧とウォーキングマシンによる運動の管理に切り替えました。放牧地では尻っぱねをしながら走り回るほどの元気。しかし、歩様だけでなく、キャンターのさばきも若干ぎこちない印象。両前脚が熱っぽくなった日があり、念のためにエコー検査を行った結果、屈腱に損傷は認められませんでした。繋靱帯に少々の炎症が見つかったものの、獣医によればこれは「休ませるほどでない」とのこと。来週あたりに試し乗りをしてみます。

4歳馬
ハヤトも、良化はみられると言いながら、良い頃の出来にはない…… 良い頃の出来になければ、復帰しても勝てそうにはありませんね。小西厩舎へ戻ってからの調整に期待するしかなさそうです。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター1300m1〜2本の運動をしています。4時間ほど行っていた放牧を切り上げ、追い切りをかけていくことに。中間、4ハロン55秒と54秒のタイムを出しました。良い頃のデキには及ばないものの、8月下旬にトレセンから到着したときより上向いているのは確かです。飼い食いは非常に良く、食べ残しがまったくありません。馬体重は496キロ。

2歳馬
アリオンも鉾田。疲れがたまっているって、前走から10日は休んだはずなんですが……
そもそものデビューからきょうまで、ずっと疲れっぱなしなんじゃないのですか? いや、その前から、つまりロクに休養もさせずにCVFや真歌への出稽古をさせて以来、じっくり休ませたこともないのでは? この件も手紙で言ったのですが、やっぱり牧場へ戻らせて立て直しをする気はないようですね。もうほんとに何を考えているのやら。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、ビッグレッドファーム鉾田で休養中。背中からトモにかけての肉付きが乏しく、疲れがたまっているのかもしれません。乗り込みを見合わせ、余力を持たせた方が良いとの判断から、トレセンより到着してからウォーキングマシンのみの運動で対応しています。現在は午前と午後の2回に分けて1時間ほど歩かせるメニュー。もう少しゆっくりさせてから坂路入りしたい考えです。

Posted by sachi at 10:11 PM | Category: HORSE | Comments (0)

コスモ2歳馬近況

Sピクシーは急に腰に力が入らなくなってから、なかなか良化してきませんねぇ。
でも、どこかが悪いという原因がつかめないのだから、しかたありません。
気配は前向きになってきたようなので、このまま乗り進め、それでも変わってこないなら小休止。当然のことでしょう。焦って壊してしまうより、ゆっくり地道にやってもらいましょう。それにしても、ラフィアンといいセゾンといい、今年の2歳馬はまことに不運…… せめてこの馬だけは、時間はかかってもまともな競走馬になってほしいものです。

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/09/30
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで調整中。坂路2本キャンターで運動しています。状態は徐々に上昇していますがまだ物足りません。テンションが上がって前向きになってきたのは好材料。もう少しこのまま負荷をかけていく予定ですが、あまり変わってこないようなら再度の休養も検討しないといけません。

Posted by sachi at 07:06 AM | Category: HORSE | Comments (0)