September 29, 2008

登録合戦開始です!(笑)

フォーグは本気でしょうが、アルビオンは権利取り。
それにしても41頭とは(苦笑)

2008年10月5日(日) 阪神 ポートアイランドS 第1回特別登録 41頭
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン 別定 1600m 芝・右 外
アグネストレジャー 56.0
アドマイヤメイン 57.0
インセンティブガイ 56.0
ウイントリガー 53.0
ウインレックス 56.0
ウォーターオーレ 56.0
オースミダイドウ 55.0
カルナバリート 56.0
サイキョウワールド 56.0
サチノスイーティー 54.0
サトノプログレス 55.0
サンダルフォン 56.0
シアトルバローズ 56.0
ジーンハンター 55.0
スクールボーイ 55.0
ステキシンスケクン 57.0
スプリングソング 53.0
セイウンワキタツ 55.0
タイキエニグマ 56.0
ダブルティンパニー 56.0
タマモサポート 56.0
ドラゴンウェルズ 56.0
ドリーミーオペラ 56.0
ドリームガードナー 53.0
ドリームシグナル 54.0
バトルバニヤン 55.0
ハートオブクィーン 52.0
ブラックカフェ 55.0
ベストオブミー 51.0
マイケルバローズ 56.0
マイネルアルビオン 56.0
マイネルハーティー 55.0
マイネルフォーグ 55.0
マイネルレーニア 56.0
マルカキセキ 56.0
マルカフェニックス 55.0
ラピッドオレンジ 55.0
ロイヤルキャンサー 56.0
ローブデコルテ 54.0
ワーキングボーイ 56.0
ワールドハンター 55.0

【追記】 んー? 
フォーグはスプリンターズSに登録したけど、2週間前の登録でポートアイランドSと同じ週。これでは除外の権利を取ったことになりませんのぅ。エニフSでなら取れたのかもですが、どうやら投票しなかったよう。結局、ポートアイランドSには出られないでしょう。ま、フォーグの場合、次のレースはいくらでもあるのでOKとしましょう。しかし宮厩舎、また権利取りでうっかりポカをやってしまったのかしら? 策に溺れた感ありですね。

Posted by sachi at 01:24 AM | Category: HORSE | Comments (2)

September 28, 2008

アルデュール、またしても勝ち切れず

今度こそと必勝を期して出走したアルデュールですが、いいレース運びではあったものの、またもや3着に終りました。残念!

9/28(日) 中山9R 勝浦特別(1000万下) 3歳上 ○混□指(定量) 芝1200m 14頭 発走:14:35 天候:曇 馬場:良
3着 7枠 12番 マイネアルデュール 牝3 53.0 松岡正海 1:08.5 クビ 34.7 470 +6 相沢郁 1/14人気

パドックでは馬体にはりがあってすばらしく、気合の乗りも十分。しっかりした歩様で、これならやれるぞ、と期待。ちょっと気掛かりだったのは、外枠なので好位先行するには最初にかなり脚を使わなければならず、そのために最後の直線で粘り切れるかどうか。
松岡騎手は予想通りスタートから押して好位を追走、アルデュールは外外を回ったにもかかわらずよく頑張ったし、最後の直線もそれなりに伸びたのですが、外から差してきた後藤騎手のハッピービーチと横山典騎手のロックオブサリサにいま一歩及ばずでした。レース前に恐れたように、最後の切れ味が勝ち負けを分ける結果に。もう少し荒れた力のいる馬場だとよかったのかもしれないけど…… 残念ながら、勝利はまたしばらくおあずけ。また鉾田で少し休んで、次は福島でしょうか? 
それにしても、アルデュールは勝てなくても堅実に賞金はもってきてくれて、これで4000万に届きそう。実にありがたい孝行娘です(PATの残高は減っていくばかりだけど。苦笑) 休養をはさんでまた一回り馬体も精神面も成長してくれることを願います。

厩舎コメント: from Race Course
「アルデュール」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
松岡騎手「道中、スマート(エッジ)の位置にいたかった。下がってきそうな馬の後ろにいるわけにもいかず、外を回ることになってしまった。以前より力をつけている」
相沢師「鉾田に出して間隔をあけるか、京都開幕週に向かうか、厩舎に戻ってから今後を考えたい」

お、てっきり休養かと思ったのですが、相沢師は京都を使う気もあるようです。そうそう、アルデュールはいまが充実期でとても調子がよさそうだし、橘Sでの走りっぷりからも、福島より京都のほうが向いてるかもしれません。ここで頑張って京都で出走もいいかも。馬は勝てるときに勝っておかないとね。
しかし松岡騎手、いつもいつも「〇〇の位置にいたかった」とか、言い訳ばっかですよ。今回は外枠だったので、それも仕方がなかったじゃないの…… とは思ったけど、勝ち馬はアルデュールの1つ内。後藤騎手がうまく乗ったんですよね〜  脚質が違うのだから仕方ないとも言えるけど、やっぱり騎手の差だとも言えなくはない(苦笑) もっともっと修行を積んでくださいな。

【追記】 もう1つ騎手コメントが出ました【勝浦特別】(中山)〜イメージ一新!ハッピービーチ差し切りV | News | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
3着 12番マイネアルデュール(松岡正海騎手)
「馬が良くなっていましたね。馬群が密集していて、終始外を回されてしまいました。よく伸びているんですが、仕方ないですね」

そうです、今回は仕方がなかった。というか、やっぱり後藤騎手がうまく乗ったのです(笑)

Posted by sachi at 03:10 PM | Category: HORSE | Comments (0)

アルデュール、勝て!

きょうも中山での愛馬出走。しかし明日からの仕事の予定が込んでるので、生応援は考慮中です。

9/28(日) 中山9R 勝浦特別(1000万下) 3歳上 ○混□指(定量) 芝1200m 14頭 発走:14:35
1 1       ゴールデンリング 牡3 55.0 柴田善臣 中野隆良
2 2 △     アポロティアラ 牝4 55.0 勝浦正樹 柴崎勇
3 3 △     ノーモアクライ 牝5 55.0 石橋脩 野中賢二
3 4   △   ジェイウォーク 牡5 57.0 吉田豊 大久保洋
4 5       スマートエッジ セ8 57.0 石神深一 佐々木亜
4 6   △ △ モンテミウ 牝3 53.0 木幡初広 松山康久
5 7 △     シゲルダイハッカイ 牡5 57.0 村田一誠 西園正都
5 8 ▲ ◎ ◎ ロックオブサリサ 牝3 53.0 横山典弘 森秀行
6 9       ワシントンパーク 牝3 53.0 蛯名正義 田子冬樹
6 10   △ ○ エフテーストライク 牝4 55.0 江田照男 西塚安夫
7 11 △ ▲   ハッピービーチ 牝4 55.0 後藤浩輝 久保田貴
7 12 ○ ○   マイネアルデュール 牝3 53.0 松岡正海 相沢郁
8 13       コアレスソニック セ5 57.0 田中勝春 和田正道
8 14 ◎ △ ▲ ダイワシークレット 牡3 55.0 北村宏司 鹿戸雄一
(印はnetkeiba.com)

おっ、8時現在、アルデュールが一番人気。別に人気はなくていいんですけど……
そしてロックオブサリサが2番人気、ダイワが3番人気。ロックオブサリサって何者?と思って調べたら、むむ、初風特別ではアルデュールが先着してるけど、切れる脚があるみたい。ノリちゃん騎乗も強味だなぁ。ダイワより、こっちのほうが強力かも。でも、斤量増えるよ。持時計はアルデュールが一番だし。ダイワは好位先行型みたいだから、大外はちょっとね。その点はアルデュールも同じだけど、とにかく、ここは何としても松岡騎手に頑張ってもらうほかありません!!! うまく出てくださいよ>松岡騎手  勝てなかったら、騎手のせいにしちゃうからね(笑) それと、アルデュールに前走の疲れが残っていないことを祈るばかりです。

Posted by sachi at 08:32 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 27, 2008

ルーチェがんばって3着! アルビオンは……orz

ルーチェは牝馬で、ハンデも結構背負わされたにもかかわらず、惜しい3着と健闘しました!

9月27日(土) 中山10R 九十九里特別 1000万円以下 ハンデ 芝2500m (混合)[指定]発走 15:10 天候:晴 芝:良
3着 1枠 1番 マイネルーチェ 牝4 54.0 内田博幸 2:33.1 クビ 35.1 464 +2 上原博之 3/12人気

やっぱり内田騎手はうまいわぁ。うまく出したし、内枠を利用してそつなく中団から先頭をうかがい、早めに動いてよく粘らせました。追い出しのタイミングもよく、あわよくば勝てるか、いや2着は何とか……と願いつつ、切れる馬に負けましたが、それでも53キロの牡馬ドリームノクターンに競り勝った。
やはりこの馬は、きょうのような、やや前目の競馬が合うんじゃないかな。牝馬限定の長いところがあれば、勝ち負けだと思うんですが、これまでの出資馬が短距離系ばかりだったので、どんなレースがあるのか分からない(^^;;
馬体は前走より+2キロでしたが、ぎりぎりっぽかった。でもステイヤーはこういう体型でいいのかも。がにまた走法が、また目だってました(笑)
この調子でもう1つくらい、なんとか勝ってほしいな。きょうのようなレースが続けば、また勝てるでしょう。本当にお疲れさまでした。内田騎手には、また乗ってもらいたいけど無理なのかしら…… 機会があればまたぜひお願いしたいですm(_ _)m

騎手コメント:from Race Courseより
「ルーチェ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
内田騎手「きょうは勝った馬が強かった。絶好の展開だったし、良いタイミングで追い出せたと思うが、最後は切れ味の差じゃないかな」

はい、たしかに切れ味勝負となると、やや劣るルーチェです。でも、長くよい脚を使って粘れるので、きょうの内田騎手のような早め早めの進出はルーチェにぴったりでした。さほど軽いハンデでもなく、牡馬にまじっての3着。スムーズな競馬で、とてもうまく乗ってくれました。大野くんと同じく馬に無理させずに前に行ける系統、でもきっちり追えて数段上手、という感じかな。ありがとうございました!


かたやアルビオンは、はぁ〜 最初から最後まで、まったくいいところなく13着……

9月27日(土) 阪神10R エニフS (オープン)(国際)(特指) 別定 ダート1400m 発走 15:35 天候:晴 ダート:良
13着 2枠 4番 マイネルアルビオン 牡6 56.0 和田竜二 畠山吉宏 アタマ 530(-4) 42.1 14/16人気

馬体は絞れてパドックの気配もよく、黒光りして超カッコよかったのに……
そもそもスタートが悪かった。芝なんだからもっとぽーんと出られるかと思っていたのですが、あらら、もうスタートで終ってしまった感じ。
この馬、若いころはスタートもよかったように思うのですが、いつの頃からか行けなくなってしまった。そろそろ年齢的なものもあるのだろうか。父ラヴは3歳で古馬のGI勝ち、5歳ではもう気力が衰えていましたが、アルビオンは息が長い。それでもはや6歳。来年は7歳になってしまう。そして、絞れた馬体はどうもやっぱり芝馬っぽく見える。ダートのときはもっと馬力型というか、体重があってもよいんじゃないかしら? ぱさぱさのダートも、どうも合わない感じ。もう一度、芝を使ってみてくれないだろうか。それとも、やはり夏場がダメで、生理的に受け付けないのか。それにしても、あの調教は何だったの?というレース。このままでは競走馬生活そのものが危うくなってしまいます(T_T) なんとかもう少し頑張ってほしいのだけれど……

騎手コメント:from Race Course
「アルビオン」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
和田騎手「ラスト200で息があがってしまった。ベストは1200」

あ、あのねぇ〜和田くん、そんなことは分かりきってるの。でも、たとえラスト200mで息があがらなくても、きょうは全然だめだったでしょ。そういう問題ではなかったはず。和田騎手は次から消しでお願いします(ー_ーメ) ムゥ
畠山先生、次も関西なら、ぜひとも佐藤哲三騎手に依頼してみてください。なんとなく、アルビオンと手が合う気がするんです。少なくとも、和田くんよりはベターな気が(苦笑)

Posted by sachi at 05:20 PM | Category: HORSE | Comments (6)

ルーチェ最内、アルビオンも久々の内枠だ!

きょう出走のルーチェは初めての最内枠、おおむね外枠が多かったのですが、オークスのように内の経済コースを通ってある程度先行する競馬をすれば、ひょっとしていい線いくのではないだろうか。ただ育成時の右前脚屈腱炎の影響か、右回りはどちらかというと苦手に加え、コーナー6回というのがどうでしょう。とにかく、内田騎手の追い込みにかけます。よろしくお願いします!

9/27(土) 中山10R 九十九里特別(1000万下) 3歳上 ○混□指(ハンデ) 芝2500m 12頭 発走:15:10
1 1 ▲ △   マイネルーチェ 牝4 54.0 内田博幸 上原博之
2 2     ○ ブレイブバニヤン 牡5 53.0 武士沢友 秋山雅一
3 3 △ △ ◎ サンデーコバン 牡6 55.0 勝浦正樹 沢峰次
4 4       マスラタケヲ 牡7 53.0 大庭和弥 浅野洋一
5 5     △ コーリンヴァリウス 牡6 54.0 佐藤聖也 平井雄二
5 6 ○ ◎   エフティイカロス 牡4 57.5 蛯名正義 粕谷昌央
6 7 ◎ ○   ドリームノクターン 牡3 53.0 松岡正海 斎藤誠
6 8 △ ▲   トーセンジョーカー 牡5 56.0 江田照男 菅原泰夫
7 9       ドレックセル 牡5 53.0 安藤光彰 岩城博俊
7 10 △ ☆   ネヴァキングダム 牡4 57.0 横山典弘 藤沢和雄
8 11 △ △   ハイカックウ 牝3 51.0 宮崎北斗 鈴木康弘
8 12     ▲ パッシングマーク 牡5 54.0 後藤浩輝 浅見秀一
(印はnetkeiba.com)

アルビオンも久々に内枠をひきました。2枠は、阪神での前走、淀屋橋Sを勝ったときと同じ(3番ではなく4番ですが)♪ ここもスタートは芝なので、これまでポンと出ても下げることが多かった馬ですが、できれば内でうまく3番手あたりを追走し、最後の4角から一気につき抜けてほしいところ。芝とダートの違いはあっても、4角から持ち前の豪脚を繰り出して久々のアルビオンらしい勝利を期待します。頑張れアルビオン&和田騎手!

9/27(土) 阪神10R エニフS(オープン) 3歳上 ○国際○特指(別定) ダ1400m 16頭 発走:15:35
1 1   △   テイエムノブシオー 牡5 56.0 赤木高太 新川恵
1 2 ◎ ▲   ベストオブミー 牝3 51.0 浜中俊 鮫島一歩
2 3       オフィサー 牡6 56.0 福永祐一 森秀行
2 4 △     マイネルアルビオン 牡6 56.0 和田竜二 畠山吉宏
3 5     ○ スナークファルコン 牡6 56.0 熊沢重文 野村彰彦
3 6 ▲   ▲ メイショウシャフト 牡5 56.0 石橋守 高橋成忠
4 7     △ ジーンハンター 牡6 55.0 金折知則 松元茂樹
4 8       ウォーターオーレ 牡6 56.0 岩田康誠 鮫島一歩
5 9 △     サクラビジェイ 牡6 56.0 四位洋文 小島太
5 10 ○ ○ ◎ ベルモントプロテア 牝4 53.0 幸英明 川村禎彦
6 11       サチノスイーティー 牝5 54.0 秋山真一 中尾正
6 12   ☆   オースミダイドウ 牡4 55.0 武豊 中尾正
7 13 △ △   ゼンノコーラル 牡7 56.0 角田晃一 中竹和也
7 14   △   タイキエニグマ 牡7 56.0 丹内祐次 清水美波
8 15 △ ◎   レキシントンシチー 牡5 56.0 佐藤哲三 佐々木晶
8 16   △   アイスドール 牝5 54.0 川田将雅 池江泰寿
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 05:04 AM | Category: HORSE | Comments (0)

1歳馬近況

どちらも1カ月前とあまり変わりません。馬によってはすごく大きくなったとか書いてあるのに…… ま、その点については、この2頭は前回の近況で報告はあったのですけどね。
フリークロバリー07は、まだ胸前の血腫が残ってるんですか? かなり大きかったのですね。やんちゃっぽいので、これからケガなどしないようにお願いします。
ガイアっ仔は素直で馴致が早かったとか。そして体型は、どうやら母父のサンデーが出ているようで、手足が長く幅がない。そこまではよいのですが、「回転は遅いがバネでカバーする走り」ですか。ちょっと微妙かも。もともと中長距離と思って出資した馬なので(回転よりもストライドで走るタイプ)、そんなものかとは思うのですが、スピードはどうだろう。
どちらも成長が楽しみです。

フリークロバリーの07……父マイネルセレクト/母フリークロバリー 栗東:中村均(予定)……
フリークロバリーの07は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。自身の回復力や治癒力を高めるべく、タイガロピーヌの07と同様、42時間半も屋外に出したままにする昼夜放牧を行っています。丈夫な競走馬へ育て上げるには腱や骨にも適度な刺激を与えなければならず、それを実践しているのが現在の管理です。この生活にもかかわらず、大して体力は奪われていない様子。仲間と一緒に駆け回る際は、なかなかスピード感のある動きを見せています。胸前の血腫は目立たなくなりました。

マイネガイアの07……父ロージズインメイ/母マイネガイア 栗東:宮本博(予定)……
マイネガイアの07は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。今年の募集馬の中で最も早く馴致に手を付けたのがこの馬です。非常に素直ですべてがすんなり進み、馬具の装着から開始して3日目には単独で坂路入りできたほどでした。物怖じせず、堂々として稽古に臨める態度が買われ、一団のリードホースを任される日が多々です。スタッフは「手足が長く、幅のない造り。回転は遅いが、バネでカバーする走り」とキャンターの感触を述べていました。

Posted by sachi at 04:58 AM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

6歳馬
アルビオンは調子は良さそうなんだけど、1ハロン長いのがどうにもな気が…… しかしもっと若いころは何とかこなせた馬。このところ控える競馬をしているけれど、和田騎手がもう少し積極的に乗ってみてくれないだろうか? でも、やっぱりこの馬にとって1400mは長いので、控える戦法でいくのだろうなぁ…… 控えても勝てる馬ではないのだけれど。ここで賞金を加算しておかないと、暮れの重賞に出られるかどうか微妙。なんとしても頑張ってください! それと、たぶん次走になると思われる京都の1200mのレースに確実に出られるよう、権利取りもよろしくですm(_ _)m

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、27日(土)、阪神10RのエニフS・ダート1400mに出走します。24日(水)の追い切りはきょう金曜日に競馬場へ輸送することを考慮してのもの。畠山師は「前半折り合いをつけて後半で脚を伸ばしたのは指示通り。柴田大知騎手が巧く稽古をつけてくれた」と満足そうな表情でした。久々の実戦ですが、除外された分乗り込みは量は豊富ですし良い状態でレースを迎えられます。あとは1ハロンの距離延長をどうこなすかでしょう。同馬には久々の騎乗となる和田騎手の手腕に託したいと思います。

4歳馬
ルーチェは状態がよいようですが、斤量が思いのほか重かった。それでもこれまで牡馬を相手に善戦してきたのです。降級後の今回は、なんとか掲示板は死守してほしい。ところでビッグレッドファームとの連携がうまくとれたって、ほんとですか? にわかには信じられませんが、それはレース結果が証明してくれるでしょう。内田騎手が女心?をしっかりつかんで操ってくれますように(^人^)オ・ネ・ガ・イ
フォーグは前走の疲れもなく順調に調整中。またまた牝馬に色気を出しているの? なら、まあ元気な証拠でしょうか。こちらはがっちり除外の権利を確保しての次走。とはいえ、鞍上が川島騎手とは……正直、ちょっとがっかり。でもフォーグはいろんな意味でとっても意外性のある馬だから、無理やり期待はします(苦笑)

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、27日(土)、中山10Rの九十九里特別・芝2500mに出走します。復帰緒戦の前走も状態がかなり良かったのですが、その好調を現在も持続している感触。ビッグレッドファーム鉾田を挟んでのこのレースですが、スムーズに連携が取れたように思われます。今週の追い切りは2歳馬と併せようと思っていましたが、直線では並ぶ間もなく交わしていってしまい併せ馬になりませんでした。上原師も「かなり具合が良さそう」と星勘定の1つには入れている様子。ドリームノクターンやネヴァキングダムの出方次第では有利な展開になるかもしれません。内田騎手の手腕に期待します。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、栗東で調整中。ウッドコースを中心に乗り込まれています。前走後も目立った疲れは残しておらず、依然として調子は良いまま。歩様に硬さもなく、牝馬に馬っ気を見せているほどです。今週はキャンターでの乗り込みに専念し、来週のポートアイランドS・芝1600mへは、週末、来週半ばの2本の追い切りで臨む予定。Mレーニア同様にスプリンターズSに出馬投票を行って除外の権利を得て目標のレースに出馬投票を行います。川島騎手に声を掛けています。

3歳馬
アルデュールも勝負どころです。松岡騎手、言うことは相変わらず強気のようだけど、問題はレースに行ってどうかだからなぁ…… またまた前が詰まったとか、言い訳はもう聞きませんよ。本当に本気の必勝体制でのぞんでください! あぁ、それにしても応援がまた2日にわたる。2日連続で中山は無理です。お天気と相談かな。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、28日(日)、中山9Rの勝浦特別・芝1200mに出走します。見た目にも調教でも疲れが感じられなかったことで出走へのGOサインが出ました。今週も時計を出し過ぎないように配慮して、追い切りは松岡騎手ではなく調教助手が担当しました。普段跨っている松岡騎手も「大丈夫。勝ち負けになると思う」との力強いコメントがありました。開幕週に比べて馬場が荒れてきたのもパワー型の同馬には嬉しいこと。持ち時計もありますし、ここを通過点にさらに上を目指します。

2歳馬
アリオンは鉾田へ移動。中間の一頓挫って何のこと? 移動による熱発でしょうか? そんなのはレース前によく考えて出走を決めるべきなのに、安易すぎます。1週延ばしてもどうということはなかったのに。状態は下降というより、もともと上昇しておりません! 鉾田へ移動しても無理。どうして北海道へ戻さないのか理解に苦しみます。これでは馬にとっていいことなど一つもない。要するに、北海道から美浦への移動が余計。それくらい、いいかげんに気づいたらどうなんです? 鉾田にいてもロクなことはありません。ケガなどしないうちに、さっさと牧場へ帰してください!

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、21日(日)に中山で出走し、10着でした。中団から退いてしまう物足りない内容です。「トモの踏ん張りがきかなかった」と松岡騎手。中間の一頓挫が影響したのか、ダートが合わないのか、状態が下降しているのか判りませんが、あまりにもというレース内容です。速い脚が使えないとはいえ、これが実力ではないはず。トレセンを離れて態勢を整えることになり、25日(木)にビッグレッドファーム鉾田へ移動しました。具合を見ながら今後どうするかを判断します。

Posted by sachi at 04:56 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 26, 2008

サイクロンが乗り出す……

状況が変化した馬として、サイクロンのお知らせが。レントゲン検査の結果、まだ骨折線が認められるにもかかわらず、乗り出すようです。

2008/09/25
★状況が変化した馬の情報
マイネルサイクロンは、患部の状態を確認するために、先日、レントゲン検査を行いました。骨折線は確認できましたが、よく見ないとわからない程度です。獣医によると「乗り運動を始めると、歩様が悪くなる可能性があるが、これはやむを得ない。この点を踏まえた上で、騎乗を再開してもかまわない」との見解でした。

「乗り始めると、歩様が悪くなる可能性があるが、これはやむを得ない。この点を踏まえた上で」って、つまりここで騎乗を再開すると、せっかくふさがりかけた骨折部分がまた開く可能性もあるということですよね? なんだか獣医は勧めていないのに、牧場が乗り始めたくて仕方がないという印象を受けます。ルーチェだって、まだ骨折線があるということで控えたのに。未勝利戦に間に合わせるために、またまた見切り発車ということですか。それで馬がまた壊れても仕方がないと? ここまで待ったのだから、あともう少し待てばよいことを。騎乗再開で骨折部分が悪化しないことを祈るばかりです。しかし、ここから乗り出してデビューにこぎつけたとしても、正直な話、補償減らしの出走としか思えない。もうラフィアンには、ほとんど何も期待しません。ソエが出ているようなのに牧場に戻す気もないらしいアリオンといい(更新が金曜のため前走惨敗後の状態がいまだ不明)、とくに2歳馬は近況が更新されるたびに怒りを覚える。3歳以上が頑張ってくれているだけに、なおさらこのような馬の扱いが苛立ちの元です。

【追記】
HPを見ると、なんとアリオンは、25日にすでに鉾田へ移動していました。どうして牧場に戻して一から立て直してくれないのか。鉾田なんて、一番いやだ。サイアクです。急がば回れという言葉を、ラフィアンは知らないのですか!\(*`∧´)/ しかも、馬の移動に関して何のコメントもなく、ただ「馬体に異常なし」と書くだけで何かというとすぐ鉾田へ。本当に異常がないんですか? ともが緩いだけではないはず。「〇〇だけれど大丈夫でしょう」とか「気にせずともいいでしょう」と(何の根拠もなく)気休めに言いつつ、実は故障が判明するのが、今やラフィアンのデフォルト。何しろ出稽古により30キロも馬体がガレたときですら、「良い経験になったでしょう」などとのたまうクラブです。本来なら、レース後にすみやかに近況で経過を報告し、移動についてこうこうのためと説明すべきこと。これでまたきょうの近況が、遅きに失するレース回顧だけで、馬の状態や移動についてもロクすっぽ説明がないなら、まったく会員をバカにしているとしか思えません(怒) もうそろそろ堪忍袋の緒がきれそう。

Posted by sachi at 04:47 AM | Category: HORSE | Comments (4)

今週の調教時計

今週、出走が確定した3頭が追い切りを行っています。

マイネアルデュール
9/24 助 手 美南W 良 - - - 67.0 51.4 37.6 13.4 2 G前仕掛け
 ジョウテンキッズ(二未勝)一杯の外に先行0.3秒先着
マイネルーチェ
9/21 助 手 美南P 良 - - - - 52.6 38.4 12.2 5 馬ナリ余力
9/24 助 手 美南W 良 - - - 66.5 50.9 37.6 12.4 6 強目に追う
マイネルアルビオン
9/24 柴田大 美南坂 良 - - - 52.5 38.1 24.8 12.1 - 馬ナリ余力

アルデュールは終いのタイムがちょっと遅い。う〜ん、また勝ち切れないのか……
ルーチェは好調。しかし4歳牝馬のルーチェのハンデが54キロとは、いささか見込まれすぎたかも。牡馬相手で距離も長いだけに、勝ち負けまではどうでしょうか。とはいえスタミナはある馬、内田騎手がうまく乗ってくれれば。
アルビオンはいつも通りの調教。輸送も大丈夫でしょう。1ハロン長いのが不安材料。凡走かもしれませんが、久々に乗り役がかわるので和田騎手に期待します。

Posted by sachi at 04:46 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 25, 2008

鉾田滞在馬近況

5歳馬
グリッツァは鉾田から動く様子なし。前走からして、すでにピークを過ぎていると言われていた馬なのに、1年レースを使ってまだ続戦させるつもりなのだろうか。普通は休養でしょう。本当にやることが訳わからない。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、18日(木)に美浦トレセンから、ビッグレッドファーム鉾田に移動しました。到着して曳き馬と、人が引っ張る形での速歩を行って歩様などをチェックしたところ、郷原師からの報告通り右前の歩様が硬く感じられました。脚を引きずるようなことはありませんが、この中間はウォーキングマシンによる運動のみにとどめています。歩様に違和感がなくなるまで騎乗しないでこのままで様子を見ます。

4歳馬
ハヤトもクラッシャー鉾田で調整中。「徐々に良くなってきた」とのコメントを信じるほかありません。馬体はまだ太めのようですが、ま、追い切りができるようになれば大丈夫でしょう。この馬は秋にぐっと調子が上向くタイプかもしれません。そろそろ涼しくなってきたし、いい状態で復帰してもらいたいもの。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。先週同様に4時間程の放牧を行いながら、延長工事が終わった全長1300mの坂路で、ハロン15〜16秒ペースのキャンター2本の運動をしています。動き、気持ちともに徐々に良くなってきた感触。状態次第ですが、そろそろ追い切りを課しても良いでしょう。馬体重は501キロ。2週前より4キロ増えていますが、そう太くは見えず、追い切れば引き締まってくるはずです。

ところでこのところ某掲示板でまた会員の不満が爆発?してますね。
まったく、言いたいことはわたしもたくさんあります。馬が走る走らない以上に、ポートレート廃止に始まるもろもろのサービス低下や馬の扱いに関して、抗議したい点がいろいろあり、質問リストにして事務所に送りたいところですが、なかなかじっくり文面を考える暇がない。
きょうは蹄骨骨折したアルカーノが引退となりましたが、その文面に「回復までにかかる期間、デビューできたとしても能力を発揮できないリスク等を考慮した結果」とあります。それならサイクロンはどうなのよ? さらに重傷で「デビューできたとしても能力を発揮できないリスク」ははるかに高かったし、現在も高いのではないんですか? それを半年も引っ張って…… 
近況についても、前から言っているようにトレセン在厩馬の更新が金曜日の夜7時などとんでもない話。内容も、今更ながらの1週間前のレース回顧や、その週出走の馬でも〇〇戦に△△騎手で出走だけ。まさに遅すぎて何の役にも立たない「六日の菖蒲、十日の菊」。外厩馬の更新を2週間に1度に減らした分、馬の移動や入厩、レース前の状況やレース後の状態と今後の予定などを近況欄で報告してくれればまだしも(他のクラブを引き合いに出すなら、これらをきちんとやっている)、ただ出走馬や移動リストに載るだけ(馬によっては何日も遅れて)。これでクラブとして恥ずかしくないというところが、また信じられません。むしろ省力化をはかるのなら、従来のように在厩馬は火曜か水曜に更新でなければ、意味がないと思います。せめて鉾田滞在馬と入厩馬の更新の曜日を入れ替えてほしい。

Posted by sachi at 06:15 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

中山競馬場
△マイネルーチェ 27日(土) 10R 九十九里特別 (混) 内田博幸 芝2500m
 マイネアルデュール 28日(日) 9R 勝浦特別 (混) 松岡正海 芝1200m
阪神競馬場
 マイネルアルビオン 27日(土) 10R エニフステークス 国際 和田竜二 ダート1400m

あれっ、ルーチェは除外の可能性ありですか……
すごく期待しているんです。何とか出走にこぎつけてほしいもの。
アルエデュールは今度こそ! 相手関係もまだ見ていないけど、松岡騎手、お願いしますよ。
アルビオンの鞍上は和田騎手かぁ。かささぎ賞を勝ってくれた騎手ではありますが、もうちょっと何とかならなかったのかな。ま、今回は1ハロン長いことだし、復帰緒戦はたたき台と考えてのんびりかまえましょう。それにしても、1度たたいて次の出走が問題。畠山先生、また除外なんてことがないように手を講じてくださいね。

Posted by sachi at 06:10 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 21, 2008

ルーチェが九十九里特別に、アルビオンとフォーグがエニフSに登録

ルーチェは登録22頭。出走できるのだろうか。きょうはダイワワイルドボアで上原調教師、久々に(半年ぶりでした)重賞勝利! おめでとうございます。ルーチェもよろしくお願いします。内田騎手にも期待します。でも、何しろ鉾田経由だからなぁ……
一方、アルビオンとフォーグがエニフSに登録。フォーグは当然ながら除外目的の優先権利取りでしょう。アルビオンは騎手が気になる。きょうは柴山騎手がセントライト記念で落馬。立ち上がっていたようなので大丈夫かとは思いますが、ここにきてやっと調子が戻ってきたようなので、どうかたいしたケガなく無事に騎乗が続けられますように(そして先に倒れたリノーンリーズン号−−急性心不全で死亡−−に騎乗していた吉田隼人騎手も、なんとか無事で復帰できますよう)。

9月27日(土)中山九十九里特別 第1回特別登録 22頭
サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上1000万円以下 ハンデ 2500m 芝・右
アリゾナアベニュー
エプソムアルテマ
エフティイカロス
コーリンヴァリウス
サンデーコバン
シルクシャープネス
シンボリユタカオー
スエズ
セイカアニマート
ドットコム
ドリームノクターン
ドレックセル
トーセンジョーカー
ネヴァキングダム
ハイカックウ
ハイフェイム
パッシングマーク
フジヤマラムセス
ブレイブバニヤン
マイネルーチェ
マスラタケヲ
マルモコウテイ

9月27日(土)阪神エニフステークス 第1回特別登録 28頭
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン 別定 1400m ダート・右
アイスドール 54.0
インセンティブガイ 56.0
ウインレックス 56.0
ウォーターオーレ 56.0
オフィサー 56.0
オースミダイドウ 55.0
カルナバリート 56.0
クーヴェルチュール 54.0
サイキョウワールド 56.0
サクラビジェイ 56.0
サチノスイーティー 54.0
サンダルフォン 56.0
サンライズレクサス 56.0
ジーンハンター 55.0
スナークファルコン 56.0
ゼンノコーラル 56.0
タイキエニグマ 56.0
ダンディズム 56.0
テイエムノブシオー 56.0
ドリームガードナー 53.0
ベストオブミー 51.0
ベルモントプロテア 53.0
マイネルアルビオン 56.0
マイネルフォーグ 55.0
マルカキセキ 56.0
メイショウサライ 56.0
メイショウシャフト 56.0
レキシントンシチー 56.0

*ついでながら、きょうはレーツェルが大金星をあげました。あの小さな馬体で、すごーい! +12キロで馬体も充実してきたのでしょう。五十嵐調教師は一度ひどい目にあって以来ずっと敬遠してきたし、今後も敬遠しますが、レーツェルだけは応援します。
一方、チャールズは惜しくも2着。馬場も展開もチャールズ向きだったので、やはりここは勝っておきたかったけど、仕方がありません。勝ち切れない松岡騎手にも非はなかったと思う。ただ、あともう一つ何かを引き出すパワーがあれば、とも思うけど…… 本番の菊でも頑張ってほしいです。

【追記】なんと、フォーグはスプリンターズSにも登録してた!(笑)
フォーグが登録するくらいなら、アルビオンも登録すればよかったのに……
それくらいやっとかないと、次の京都の室町Sに出走できないよ〜〜

10月5日(日)中山8日 第42回 スプリンターズS(GI) 第1回特別登録 30頭
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量 1200m 芝・右 外
アイルラヴァゲイン 57.0
アポロドルチェ 55.0
アンバージャック 57.0
インセンティブガイ 57.0
ウエスタンビーナス 55.0
エムオーウイナー 57.0
オフィサー 57.0
カノヤザクラ 55.0
キングストレイル 57.0
キンシャサノキセキ 57.0
クールシャローン 55.0
サープラスシンガー 57.0
ジョリーダンス 55.0
シンボリグラン 57.0
スズカフェニックス 57.0
ステキシンスケクン 57.0
スピニングノアール 57.0
スリープレスナイト 55.0
タニノマティーニ 57.0
タマモホットプレイ 57.0
トウショウカレッジ 57.0
ニシノナースコール 55.0
ビービーガルダン 57.0
ファイングレイン 57.0
プレミアムボックス 57.0
ベルーガ 57.0
マイネルフォーグ 57.0
マイネルレーニア 57.0
マルカフェニックス 57.0
ルルパンブルー 53.0

【さらに追記】
アルデュールも勝浦特別に登録していました!

9月28日(日)中山 勝浦特別 第1回特別登録 22頭
サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上1000万円以下 定量 1200m 芝・右 外
アイオブザキング 57.0
アポロティアラ 55.0
エフテーストライク 55.0
オリジナルフェイト 55.0
コアレスソニック 57.0
ゴールデンリング 55.0
サーキットレディ 55.0
ジェイウォーク 57.0
シゲルダイハッカイ 57.0
スマートエッジ 57.0
ダイワシークレット 55.0
ナチュラルウィン 57.0
ノーモアクライ 55.0
ハッピービーチ 55.0
パープルコブラ 57.0
フサイチバルドル 57.0
ホウショウリヴ 55.0
マイネアルデュール 53.0
モンテミウ 53.0
ラドランファーマ 55.0
ロックオブサリサ 53.0
ワシントンパーク 53.0

Posted by sachi at 06:01 PM | Category: HORSE | Comments (2)

案の定…… アリオンは牧場で立て直してください

きょうのレースもまったく見所なく10着に終わりました。

9/21(日) 中山1R 未勝利 2歳 □指(馬齢) ダ1800m 16頭走:10:10 天候:曇 馬場: 稍重
10着 7枠 14番 マイネルアリオン 牡2 54.0 松岡正海 1:58.2 1 468 -10 稲葉隆一 4/16人気

たしかにパドックでの馬体はよく見えました。歩様にも問題はなさそう。しかし何かこう、みなぎるようなものがない。よく言えば「おとなしい」ですが、馬に競馬へ向かう気配がありません。つまり見栄えだけ整えてもダメってことです。
繰り返し言うけれど、傷がふさがった時点で「治った」と称し、あまり休養もさせずに焦って強い調教をしてふらふらにさせたり、武者修行と称してころころ環境を変えたり、肉体的にも精神的にも、馬がゆっくり力をつけて競走馬になっていく過程をおろそかにした(というより、台なしにした)せいです。そもそも期待馬にあんな大ケガをさせたところからして間違いですが、それはさておくとしても、この結果はひとえに育成のお粗末さにあると思う。牧場は責任をとりなさい!と言いたいところ。普通の会社なら、責任者交替ですよ。さて、松岡騎手のコメントはいかに?

騎手コメント:from Race Courseより
「アリオン」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
松岡騎手「全然動けなかった。トモが(緩くて)踏ん張りきれない。いまの感じではダートは厳しい」

お、きょうは珍しく、即コメントが。ほら、やっぱり…… 以前ブログでも書いたようにこの馬は芝馬だし、まだ馬体に芯が入っていないんです。ひと叩きしてどうのというレベルではありません。まさか、まだ厩舎でしばらく様子を見るとか言うのではないでしょうね? このままでは、馬体的にだけでなく精神的にも、馬がダメージを受けるばかりです。早く牧場へ送り返して、心理面でのケアを含め、1からじっくり立て直してください。復帰は来年でよし。

Posted by sachi at 10:41 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 20, 2008

アリオン、それでも〇ついてる

あすの未勝利戦、アリオンまた5番人気くらいかと思ったのですが、それでも〇ついてました。調子はよくはなさそうなんだけど、相手には恵まれた(苦笑) 何度も書くようだけど、ここはどうか無事に。しかしこれで掲示板も確保できなければ、能力すら疑われます。本当は体調も精神面ももっと出走態勢を整えてからレースにのぞんでほしいのですが、一出資者の身では何も言えません。かえって惨敗したほうがアリオンのためかも(ー_ーメ)  とはいえ、あまりにひどいレースぶりを繰り返すと、騎手が数段落ちになる厩舎なので、それも心配……

9/21(日) 中山1R 未勝利 2歳 □指(馬齢) ダ1800m 16頭 発走:10:10
1 1     フリフリスカート 牝2 54.0 小林淳一 松永康利
1 2   △ ステルススキャン 牡2 54.0 勝浦正樹 柴崎勇
2 3     ノアブレイク 牡2 54.0 石神深一 堀井雅広
2 4     ホッコーテイオー 牡2 54.0 石橋脩 松永康利
3 5 △ ○ エーシンサラマンダ 牡2 54.0 柴山雄一 畠山吉宏
3 6     アポロシャイニング 牝2 54.0 丹内祐次 柴崎勇
4 7     オオハシャギ 牝2 54.0 村田一誠 粕谷昌央
4 8     フリソ 牡2 54.0 田中勝春 小島茂之
5 9 ▲   ベルモントラスター 牡2 54.0 内田博幸 矢作芳人
5 10 △ ◎ プラチナタイム 牡2 54.0 吉永護 蛯名信広
6 11 △   ダイワフラッグ 牡2 54.0 蛯名正義 田中清隆
6 12 ◎   サトノロマネ 牡2 54.0 横山典弘 国枝栄
7 13     ノボレインボー 牝2 51.0 ▲千葉直人 天間昭一
7 14 ○   マイネルアリオン 牡2 54.0 松岡正海 稲葉隆一
8 15   ▲ エジソン 牡2 54.0 北村宏司 鹿戸雄一
8 16 △   サザンスターディ 牡2 54.0 柴田善臣 高橋祥泰
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 03:22 PM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

6歳馬
アルビオンは調教を見るかぎり絶好調です。馬体重は少々重いようだけど、この馬、むしろ多少重いくらいのときのほうが走るみたい。というか、馬体重にばかり気を使って絞っても、かえって走らなくなるときが多い気がします。要は走る気になれば走る馬です。次走は1ハロン長いけど、なんとか踏みとどまってほしいです。騎手のアナウンスがないってことは……関西だし、柴山騎手ではないんでしょうね。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。18日(木)には坂路で49.0秒をマーク。全体的に速いラップを刻み、動きも迫力満点でした。今週の馬体重は550キロと先週よりも増加していましたが、先週、追い切っていないので、その影響が考えられます。ただし、まだレースまで時間はあるので馬体を絞ることは可能。来週、阪神のエニフS・ダート1400mに出走する予定です。

5歳馬
う〜む、グリッツァはやはり鉾田ですか。それは仕方がないとして、レースから1週間近くもたってからの「近況」更新で、このようなレース内容の焼き直しはやめてもらえないでしょうか。すでにfrom Race Courseで言ってるし、臨時更新にも書いてあったんだから。これじゃあ近況を更新している意味がありません。おまけに馬の移動情報では、9月18日にすでに鉾田へ移ったことになってるというのに、19日の更新がこれでは\(*`∧´)/(怒)

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、13日(土)、中山で出走し、8着でした。前半は折り合いに重点をおいて後方を追走します。途中から上がっていこうとしますが、いつものようにスムーズに進出できず、追い込みきれないままゴールする内容でした。踏み切りが遠かったり近かったりして不安定だったように、本来の状態になかったようです。入線後歩様に違和感があり、馬運車で診療所に運ばれましたが、その後のレントゲン検査でも異常は見つかっていません。レース中の捻挫の可能性が高いものと思われます。17日にはダクで乗ってみましたが、多少硬く感じた程度です。近々鉾田へ移動して、しばらく様子を見る予定です。

4歳馬
ルーチェはやっと戻らせてもらってキャンター調整中。来週の九十九里特別に内田騎手? わぉ、騎手はいいですね。し、しかし、問題は手が合うかどうか。ルーチェって、意外と乗りづらい馬なのかもしれない。大野くんだと前へ行けるんだけど、他の騎手だと無理に押していかないとだめ。とはいえ、何と言っても内田騎手。前走とはきっぱり違うところを見せてほしいものです。厩舎も勝負をかけていると見た! だったらなおのこと、鉾田へなんぞやらずに自厩舎でやってほしかったなぁ……(まだ言ってます)
フォーグは無事、栗東に戻ったようです。こちらの近況も先週のレースの焼き直しが半分以上で、新しい情報は次走の予定くらい。この程度なら、火曜か水曜にすんなり更新できるでしょうに、なぜそうしないのですか。まったく苛立つ。ともあれ、ポートアイランドSは去年もダービー後の休養明け緒戦で走ったレース。上がり33秒8と、勝ち馬と同じタイムを出し、3歳ながら6着とまずまずの滑りだしだったので、1年たち充実ぶりが著しい今年なら、さらに好結果を期待します! 馬場が渋ればなおよし。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、17日(水)、美浦の上原厩舎に入厩しました。翌日から北Cコースでのキャンター調整を始めています。27日(土)、中山の九十九里特別・芝2500mに出走する予定で、内田博幸騎手に依頼しています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、14日(日)、中山で出走し、9着でした。テンから逃げ馬が飛ばす縦長の展開を、中団で人気馬と前後して追走します。道中は流れに乗り、手応えを残して4コーナーを回ります。追い出すと、一瞬伸びてこようかという勢いを見せますが、坂にさしかかったあたりで止まってしまいました。同馬にとって、理想的な展開と思われましたが、ここまでタイムが速くなると苦しいのかもしれません。次走については検討中ですが、阪神最終週のポートアイランドS・芝1600mが有力です。

3歳馬
アルデュールもまたレースの焼き直しから。でも、こちらはただのレース報告は1行で、新しい情報あり。どの馬も、せめてこれくらいの内容にしてほしい。少し強行軍になりますが、次走は中1週でもう一度中山。相性がよさげなので、今度こそ絶対に勝って〜〜 松岡騎手も今度こそです。このあとは、たしか1000万クラスの芝1200mって少なくなるので、勝って準オープン入りを果たしたいですね!

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、14日(日)に中山で出走して2着でした。スッと流れに乗れなかったのは若干重かったせいかもしれません。それでも開幕週の高速馬場にも対応し、坂を上がってからは良く伸びて勝ち馬を追い詰めました。持ちタイムを1秒近く更新していますし、勝ち馬との差は位置取りと1キロのハンデ差でしょう。相性の良い中山でもう1戦させたいと思っており、中1週で勝浦特別・芝1200mへの出走を視野に入れています。今週は疲れを取ることに専念。来週の追い切りの様子や体調を見て挑戦させるかを正式に決定します。

2歳馬
アリオンは「輸送熱の反動など感じさせない」って、ホントですかね。そのわりにタイムは平凡……というか、明らかによくない。ポリトラックのせいでは決してないと思います。この馬はすごく繊細で変化に弱いタイプなのかも。大ケガの後遺症で心理的にそうなっている可能性もあります。なのに早くから出稽古に行かせたり、好き放題にされて可哀想です。「乗り味はよい」なんて気休めばかり言わずに、馬の気持ちを思いやり、もっと落ち着いてじっくり力をつけてくれる牧場や厩舎ならよかったのにね〜(T_T)

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、21日(日)、中山1Rのダート1800mに松岡騎手で出走します。この中間も坂路2本のメニューを主体に乗り込まれており、輸送熱の反動などは感じさせません。追い切りでは思ったほど動けなかったというのが本音で、稲葉師は「初めてのニューポリトラックというのもあるだろう。1回使っている馬だし状態には問題ない」と述べていました。跨った助手は「アクセルを入れた時の反応がまだ物足りないかな。じわじわという感じなのでダートは良さそう。乗り味は良いですね」とコメントしています。

Posted by sachi at 04:31 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 18, 2008

今週の調教時計

今週出走のアリオンと、来週出走予定のアルビオンが時計を出しています。

マイネルアリオン
 9/17 助 手 美南P 良 - - - 67.8 53.8 40.1 12.8 6 一杯に追う
 コスモラバンジン(障オープン)馬ナリの内同入脚色劣
マイネルアルビオン
 9/14 助 手 美南坂 良 - - - 58.4 42.2 27.4 13.2 - 馬ナリ余力
 9/16 助 手 美南坂 重 - - - 59.9 43.9 29.0 14.4 - 馬ナリ余力
 9/18 − 美南坂 重 - - - 49.0 35.8 23.8 12.0 -

アリオンはポリトラックで。一杯に追いながら馬なりのグリッツァ並みの時計とは…… やっぱり体調も十分でないのでは? こんな状態で出走させて、ひどいことにならなければよいのだけれど…… 何年か前、育成時代に完成度が高いとずっと評判だったMデリュージが入厩1カ月くらい前から調子落ちしていたにもかかわらず無理やり入厩(奥平厩舎)、デビュー戦も厩舎とラフィアンで何か意見が食い違ったようですが、敢えて出走させての惨敗。なのにまたかまわず中1週でダートの短距離戦に出走させて予後不良になってしまったときの悪夢が、どうしてもよみがえってしまいます。馬だって生き物、調子がいまいちのときは休ませてやってほしい。それを見抜くのが厩舎であり調教師のはずですが…… 今回は、とにかく無事に回ってきてくれればいいです。
アルビオンは来週の出走をひかえ、重馬場なのに猛時計を出して、この日の美浦坂路1番時計!!! いつもながらの調教大将ではありますが、タイムが悪いよりなんぼかよろしい(^o^) 今度は輸送があり、距離も1ハロン長いのですが、時計を見るかぎり調子はすこぶるよさそうなので、頑張ってほしいです! 問題は騎手が誰になるのか…… 関西ですからねぇ。わたしとしては佐藤哲三騎手などいかがかと思うのですけれど?
ルーチェも来週出走予定なのに、きのう厩舎に戻ったばかりで1週前追い切りはありません。だから入厩10日で出走などと言わず、10日や2週間なら厩舎に置いてほしいのです。こういったことをいいかげんに改めてくれないと、ほんとに退会を考える。

なお、アリオンは出走が確定したよう。
9月21日(日)
中山 マイネルアリオン 1R 2歳未勝利 松岡正海 54 ダ1800m 10:10 16頭

台風はもう過ぎ去っているでしょうか? それでも前日の土曜日は大嵐じゃないかなぁ。せっかくセントライト記念もあるので、台風がそれてくれることを祈ります。応援はアリオンと生で対面したことがないので、できれば行きたいのですが……仕事とのからみもあり、ちょっと考えてしまいます。

*きょうはHPのお知らせに、マイページの機能追加のため明日の午前10時から一時的にアクセスできなくなると出ましたが、そんなものは夜間にすべきでは? あるいは月曜の午前中とか。サービス業なんだから、顧客があまり利用しない時間にやるのが普通じゃないですかね? 機能が追加になるのはよいけれど、肝心の近況更新の曜日とか、頻度や内容など、利便性以上に重要な問題がまだ山積していると思います。いくらnewがついても、移動情報でさえ滞りがちで、「お知らせ」がもっぱら故障と引退専用と言ってもいい現状では……

Posted by sachi at 06:32 PM | Category: HORSE | Comments (2)

September 17, 2008

鉾田滞在馬近況

4歳馬
ハヤトはなかなか良化が見られません。休養前は疲れがピークに達して限界だったので、回復にも時間がかかるのでしょう。それにしても北海道から中途半端に鉾田へ送り出し、満足に調整できないまま入厩させて舞い戻ったあげくがこれでは、ちと情けないんじゃないでしょうか。最近、ラフィアンの育成はますます信用できなくなっています。ま、ハヤトはゆっくりやっていただいて結構ですけど、鉾田にいるとどんどん体重が増えるばかりなのが困りものですね。要するに休養するでもなければ、調整もできないってことじゃん。
ルーチェはきょう無事トレセンに移動したようで、これでひと安心。鉾田では「体調の維持に専念」で十分です。あとは上原厩舎でやってくれますから。それにしても、なんで10日やそこらでも鉾田へ行く必要があるのでしょうか。上原厩舎が同じように考えているならいいのですが、ラフィアンが「鉾田から入厩して10日でレース」の目標をただ実行しているだけだとしたら? ぞーっとします(ー_ーメ) まぁ、ルーチェが2歳夏にデビュー勝ちのあと新潟2歳Sで2着してからBRFに戻したときも、「牧場では何もしないでくれ」と言った上原厩舎です。今回も鉾田でオーバーワークになり馬体をガレさせるといった調整ミスがなかったことを願います。ルーチェの復活を信じているのですから。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。4時間ほどの放牧を行いながら、坂路でキャンター900m1本の運動をしています。ハロン17秒の乗り込みだけでなく、15〜16秒のペースも取り入れていくことにしました。トレセンから戻ってきた当初に比べれば良くなっているのは確かですが、まだまだといった状態。いまひとつ自らという気持ちも足りません。中山開催後半のレースを見送り、立て直してから厩舎へ送り出します。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、元からすぐにトレセンへ移動する予定だったことから、追い切りをかけず、体調の維持に専念。現地のスタッフからは「ハロン15〜17秒の乗り込みで状態を整えてきた。手応えからも具合の良さが伝わってくる。すこぶる順調」との報告を受けています。けさ、迎えにきた馬運車に乗り込んでビッグレッドファーム鉾田を出発。午後に上原厩舎に入厩しました。

Posted by sachi at 06:51 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

今週はアリオンが中山で出走予定です。

中山競馬場
マイネルアリオン 21日(日) 1R 2歳未勝利 松岡正海 ダート1800m

デビュー前は英国ダービーに登録などと威勢のいいことを言ってたわけですが、まだ仕上がり途上で札幌で出走させてから、また急にダートに方向変え。ま、ダートを試すのはよいのだけれど、あまりにあっさりが気になります。それに、この馬はやはり芝馬だと思うんだけどなぁ。ともあれ、ダートも走ってみないと分かりませんが、大ケガをしてからやることなすことちぐはぐで、育成にも厩舎にも頼れないため、信じるのは馬自身の力しかありません。しかし今回も、なんとなーく微妙なレースになる予感。
そもそものデビューが見切り発車。そのあと牧場に戻して立て直してくれればよかったのに、美浦へ送って熱発。それから1週間で早くもペースアップ。もう少し厩舎で乗り込んで様子を見てからでも遅くはないのに、どうしてそんなに焦るんでしょうか。馬がしっかりしていないのに立て続けに使うから壊れてしまう。急がば回れだと思うんですけど、本当に馬が可哀想…… とにかく、能力があると見ている馬の扱いとは、とうてい思えない。まったくの使い捨て扱いで、心底いや〜になります。

Posted by sachi at 05:53 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 16, 2008

2008年度募集馬 馬体重一覧

一次募集馬と二次募集馬の9月13日時点での馬体重が出ました。

20 フリークロバリーの07 455キロ (募集時388キロ 152cm)
23 マイネガイアの07 441キロ (募集時406キロ 153cm)

ちなみに現4歳世代の出資馬の1歳11月時点[(  )の中は9月時点]の馬体重は、以下の通りでした。
28 ファビュラスクライムの04(マイネルロブソン=未勝利引退) 470キロ (444キロ) → 8月に468キロでデビュー
45 ミサキハヤトの04(マイネルハヤト) 457 キロ(415キロ)  → 7月に456キロでデビュー
57 マイネブリリアンの04 (マイネルーチェ) 470 キロ(428キロ) → 8月に450キロでデビュー
75 ビーマイファイアの04(マイネルフォーグ) 416キロ (410キロ 体高154cm) → 9月に436キロでデビュー

フリークロバリー07は予想以上に馬体が大きくなり、この分ではデビュー時460〜70キロくらいになっているかもしれません。Mガイア07もフリークロバリー07ほどではないものの、順調に成長しているようです。こちらも460キロ前後で出走できそう。馬体に関する限りは、まずまずですね。このまますくすくと成長し、馴致が無事進んでくれますように。

なお、唯一考慮対象だった二次募集馬、ラヴ産駒のウイニングリバー07は411キロと小さいですね。これではますます引きます。小柄だったおじフォーグとちょうど同じくらい。某所でちら見した写真では雰囲気や表情がそっくりで、体格や体質も似ているのかも。しかしスプリンターだと、やはりもう少し馬格がほしいところ。今年募集の他のラヴ産駒(タイガロピーヌ07、マイネビクトリアの07)もそれぞれ434キロ、384キロと、やや小さめか明らかに小さい。ステイゴールド産駒のように小柄でも走る馬ならかまわないけれど、ラヴ産駒としては…… 牝馬は別として、ラヴ産駒の牡馬は大型馬が走っていて、小さな馬はあまり。これでは出資しようという意欲がいまひとつわきません。今後はセゾンの募集馬のなかから候補数頭の成長具合を見て、そちらに出資しようと思います。

*きのう届いた請求書を含め計算したところ、現時点で今年のセゾン・ラフィアンのクラブ収支は、維持費や会費、出資馬代金、保険等すべてを含め、トータルで19万ほどの黒字。これからセゾンの安馬に3頭ばかり1口ずつ出資したい。今年は少し方針を転換して、多頭数で競馬を楽しむつもりです。今月もアルデュールが2着してくれ、来月も黒字になりそう。今週?のアリオン、来週のアルビオンとルーチェの活躍次第では、もう少し広げられるかも? 頑張って走ってくれている愛馬たちに感謝です。

Posted by sachi at 08:35 PM | Category: HORSE | Comments (0)

臨時更新

珍しくグリッツァの情報が臨時更新されていました。
トレセンでレントゲン検査をした結果、異常は見つからなかったとのこと。ひと安心です……と言いたいところながら、これで鉾田に移動するプランが有力ですと? おいおい! 
グリッツァは去年の9月に秋山厩舎へ入厩してから、途中5月に1カ月ほど短期放牧されたとはいえ、ほぼ毎月1回のペースでここ1年間走り続けてきたんです。捻挫の原因も、きっと疲れがピークに達していたからでしょう。デビュー以来、2年間で12戦しかしなかった(できなかった?)馬が、この1年で11戦。ここでリフレッシュ放牧をさせてあげないでどうするつもりですか? まさか北海道の牧場は1歳の馴致で手一杯だからという理由ではないでしょうね? ルーチェが骨折休養明け3週間で「入厩準備」と称して鉾田へ送られたり、ハヤトも北海道が人手不足で鉾田へ…… そして今度はグリッツァもですか。こんな扱いでは、馬が本当に可哀想です(T_T) 北海道へ帰っても、あの毎日入念に乗り込んでくれていたH君がもういない?のは痛手ですが、やはりここはゆっくりのんびり疲れを癒してやってほしい…… いったいラフィアンは何を考えているんでしょう。鉾田じゃ、トモの出が悪いハヤトですらいつまでたっても良化させられないのに。自称プロのやることにもちろん口出しはできませんが、怒ることくらいは勝手でしょう\(*`∧´)/

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、13日(土)、中山で出走し、8着で入線後、歩様に違和感を生じ、馬運車にて競馬場内にある診療所に運ばれました。その後、レントゲン検査を行いましたが、異常は見つかっておらず、捻挫の可能性が高いものと思われます。近々、鉾田に移動するプランが有力です。

Posted by sachi at 08:26 PM | Category: HORSE | Comments (2)

北海道滞在馬近況

2歳馬
およそ9カ月ぶりに、サイクロンに関してまずまずのコメントを目にしました。しかし検査をしてみるまで、そしてさらに乗り出してみるまで、まだどうなるともまったく分かりません。むしろ前回の近況にあった「体高が低く小さい馬」というのが非常に気になります。同じラヴ産駒のイノセントなど、いまだ400キロに届かずデビューできないのです。サイクロンはどれくらいなのでしょうか。体重も体高も半年以上記載がないため、いくら「ゴムのような収縮力」とか言われても信用できません。とくに遅生まれでもないし、これまでずっと運動も飼い葉も制限されていたので、実のところ成長がかなり阻害されているのではないかと思われます。この点はポートレート廃止で情報が伝わらないのだから、せめて近況で知らせてくれないと。会報に差し込まれているコメントは、読みづらいうえ親近感もわかなければ特別な情報もなく、ポートレートとは似て?非なるもの。担当者には申し訳ないけれど正直なところ無駄としか思えません。むしろネット上で馬の写真の下にコメントをつけるといった手段を考えていただきたい。さらに言えば、以前にも書きましたが近況がたった4回分しかさかのぼって見られないのもお粗末なかぎり。ポートレートというハードデータがなくなったのだから、過去ログがすべて見られるよう、リンクをつけてほしいです。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、ビッグレッドファーム明和で休養中。昼夜放牧されています。歩様もすっかり良くなっており、放牧している馬の中では抜けて運動量が多そう。とにかく寝転んで休んでいる姿を見たことがありません。歩き回っていることが多く、落ち着いて草を食んでいる姿さえほとんど見せません。馬自身も思いっきり走るのを楽しみにしているのではないでしょうか。それくらい動き回っています。9月末で骨折して半年が経過することから、10月上旬までにレントゲン検査を行う予定にしています。

Posted by sachi at 07:19 PM | Category: HORSE | Comments (4)

September 15, 2008

フォーグのレースは何とも言いがたし

う〜む、なんとも評価のしづらいレースでした。ただ一つ言えるのは、勝った馬は格が違った。さすがGI馬です。フォーグはやはり賞金通り、重賞ではまだ少々敷居が高いのか。

9/14(日) 中山11R 京成杯AH(G3) 3歳上 ○国際○特指(ハンデ) 芝1600m 16頭 発走:15:45 天候:晴 馬場:良
9着 8枠 15番 マイネルフォーグ 牡4 55.0 松岡正海 宮徹 1.1/2 452(-2) 12.9 7/16人気

とはいえ、このメンバーなら掲示板はあったはず。大外枠だったのも災いしたのだろうけれど、馬の調子? それとも乗り方? 実力通り? 録画を見ても敗因がよく分かりません。
休養前の谷川岳Sのタイムは立派だったし、ニュージーランドTの2着もあり、中山でも通用すると思ったのですが…… 
もしかしたら、この馬は平坦新潟の1400mがベストなのかも? 
ともあれG3では好走したためしがなく、G2で穴をあける…… まったくもって不思議な馬です。
今回もパドックでは外々を回って調子は悪くなさそうではあったのだけれど、そのわりに前からどんどん遅れる。あれは何? 
3歳時のように、ハミをかみかみ厩務員さんに甘えるといったことはさすがにしなくなって、随分おとなになった感じではありました。
次は思い切って短距離路線に行ってみてはどうでしょう。

騎手コメント:from Race Courseより
「フォーグ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
松岡騎手「勝ち馬と1番人気馬と前後する位置にいて、勝負どころではどこを割ろうかという手応え。反応も悪くなかったが、脚が長く続かなかった。もっと上に来れると思ったが…」

パドックでのフォーグ(他の写真は"続き"をクリック!)

いつもの表情。甘えるしぐさはさすがになくなり、青年らしく?なりました。
でも大型馬と比べると、やはり華奢な感じは否めず、いつも好走するのが不思議なくらい。
あれれ、おなじみの厩務員さんは、口ひげなんぞおはやしになってました!


馬体は華奢だけど、闘志は秘めています。


松岡騎手騎乗。こうやって見ると、宮先生は万年青年ですね(笑)


いい感じで本馬場へ、いざ〜


初めてフォーグの返し馬がまともに撮れた(^^;; 
ここまでは期待していたのですが、いざレース…… もうレース写真はあきらめましたorz


最後に勝ち馬のキストゥヘブン。牝馬で大きくもないのに、どことなく大物感というか、風格がありました。
いつかこんな馬に出資できたら言うことナシですね。


きのうは久々の競馬場で、写真のカンもにぶり、いいショットがあまりなくて……
ペンタックスのDA★60-250mmSDMが発売されたら買おうと予定していたのに、いまだ発売のアナウンスがないのでついつい買ってしまった安ズームDA55-300mm。タムロンの28-300mmより写りは若干よい?のか、パープルフリンジも少ないのだけれど、合焦がめちゃ遅くて、スポーツにはいま一つかな? やっと慣れてきたのが、この最後のショットあたり(苦笑)

(写真はすべてPENTAX K10D+DA55-300mm F4-5.8)

ちょっとだけオマケ。パドックに華?
フジの「みんなのケイバ」は最近ほとんど見ていないのですが、この日は
司会者の一人ほしのあきさんが、細江純子さんとともにパドック解説に登場?
ほしのあきさんて、巨〇タレントだなんて知らなかったけど、ほっそ〜い!

Posted by sachi at 02:27 PM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (2)

アルデュール、頑張るもまた勝ち切れず

いつものパターンというか…… 勝ち切れないですね〜
でも、着実に力をつけているのは間違いありません。
負けたのは軽ハンデの4歳馬。決して力まけではなかったと思う。
宣言通り、次こそお願いしますよ>松岡騎手

9/14(日) 中山9R 初風特別(1000万下) 3歳上 ○混□指(ハンデ) 芝1200m 15頭 発走:14:35
2着 3枠 4番 マイネアルデュール 牝3 52.0 松岡正海 相沢郁 1 464(+4) 2.6 1/15人気

騎手コメント:from Race Courseより
「アルデュール」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
松岡騎手「道中はいい感じだったし、力は出しているが、勝ち馬にうまく乗られた。今回は少し重かったので、次は何としても勝たせたい」

もう1つ、【初風特別】(中山)〜1Rを勝ったマイネルプライゼンの兄ナンゴクプラネットが勝利 | News | 競馬実況web | ラジオNIKKEIより (↑兄じゃなくて姉の間違いですが)
2着 マイネアルデュール 松岡正海騎手
「勝ち馬の通った所を通りたかったが、うまくやられてしまいました。この馬もよく走っていますよ」

↑そう、今回は1キロ軽いナンゴクプラネットにうまく勝たれてしまいましたが、それはとりもなおさず、隼人騎手のほうが巧いってことでは? 松岡騎手、口ばかりじゃなくて、センスや技量のほうもいっそう磨きをかけてくださいね。

パドックでのアルデュール(他の写真は"続き"をクリック!)

適度な気合の乗りで周回。デビューしたての頃とは大違い。
バナーも2つほど出ていました。『届けたい あふれる 「熱意」』だったかな。
ラフィアンカラーの素敵なバナーをつくってくださった方、ありがとうございます!


アップの表情はいつもながら可愛いです。


松岡騎手が騎乗。なごやかな雰囲気で本馬場へ。


ゆっくりと落ち着かせながら返し馬に向う。


ゴール前、必死で叫んだけれど、するするっとナンゴクプラネットに内から抜け出され、惜しくも2着。
頑張ったんだけど、もう少し前目で競馬したほうがよかったのでは?

Posted by sachi at 12:42 PM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

September 14, 2008

雨はおしめり程度で馬場は良かな

朝方、小雨が降っていたものの、いまはあがってじめじめ。
ほんのおしめり程度だったので、馬場は良でしょうね。少し渋っているくらいのほうが、アルデュールにもフォーグにもたぶん好都合なんだけど。

現在、アルデュールが押し出された?1人気で、単勝3.6倍、フォーグは外枠が影響してか9人気で13.7倍です。フォーグはいつもながら人気がありません。これは馬券にからんでくれればむしろ好都合( ̄ー ̄)ニヤ このところずっと成績が安定しているフォーグだから、せめて掲示板は確保してほしいところ。
アルデュールは好位を追走して4角から一気に突き抜けたい。うまく外に出せるでしょうか。人気通りにここでもう1つ勝ってほしいな。去年のデビュー当時はまだ馬がしっかりしていなくて結果が伴わなかったけれど、今は違うと思いたい。
どちらも松岡騎手。いいところを見せてください!

【追記】
松岡騎手、とりあえずきょうは中山2Rドリームヘリテージで順当勝ち。これからいくつ勝てるかな。アルデュール、フォーグの両方は無理かもね。どっちかでいいから、米俵パワーでがんばれ!!!(笑)

Posted by sachi at 08:00 AM | Category: HORSE | Comments (2)

September 13, 2008

アルデュールはまたしても3枠4番、いいぞっヽ(゜▽、゜)ノ

またしても4番です! 前走まで、6連チャンで4番枠だったアルデュール、成績も悪くない♪  し、しかし、4番枠で結果を出してくれたのは津村騎手でした……
ともあれ、あすは頑張れ〜>アルデュール&松岡騎手!!!

9/14(日) 中山9R 初風特別(1000万下) 3歳上 ○混□指(ハンデ) 芝1200m 15頭 発走:14:35
1 1   △ ◎ エフテーストライク 牝4 55.0 武士沢友 西塚安夫
2 2       アイオブザキング 牡6 54.0 田中博康 鈴木康弘
2 3     △ シゲルダイハッカイ 牡5 55.0 石橋脩 西園正都
3 4 ◎ ○   マイネアルデュール 牝3 52.0 松岡正海 相沢郁
3 5       カームブレイカー 牡8 54.0 田中勝春 大久保洋
4 6 △ △   ナンゴクプラネット 牝4 51.0 吉田隼人 武宏平
4 7 △ ☆ ○ ロックオブサリサ 牝3 51.0 横山典弘 森秀行
5 8       シーディドアラバイ 牝4 50.0 大野拓弥 栗田博憲
5 9 ○   ▲ マルターズロビン 牡5 55.0 藤田伸二 吉田直弘
6 10 △ ◎   ワシントンパーク 牝3 50.0 江田照男 田子冬樹
6 11 ▲ ▲   スプリングタピアン 牝6 53.0 内田博幸 上原博之
7 12       アポロティアラ 牝4 53.0 柴田善臣 柴崎勇
7 13       モンテミウ 牝3 50.0 三浦皇成 松山康久
8 14       スマートエッジ セ8 53.0 石神深一 佐々木亜
8 15 △ △   メジロソリアノ 牡5 55.0 吉田豊 大久保洋
(印はnetkeiba.com)

アルデュールはひょっとして1番人気かも。人気に応えて頑張って〜♪

Posted by sachi at 12:51 PM | Category: HORSE | Comments (0)

馬も騎手もやっぱりトラウマ?

期待のグリッツァ、2番人気を裏切ってなんと8着でした……

9月13日(土) 中山4R サラ系障害3歳以上 2880m 芝→ダート (混合) 未勝利 定量 発走 11:40 天候:晴 芝:良 ダート:良
8着 1枠 1番 マイネルグリッツァ 牡5 60.0 平沢健治 3:18.6 3 13.8 486 -2 郷原洋行 2/14人気

さすがにお疲れなのか、それとも馬も騎手もトラウマなのか、きょうは走りも飛越も今一つのまま終わってしまいました。
やはり中山では先行すべきなんでしょう。でも、あんなに嬉々として駆け降り、駆け上がっていたバンケットもなんとなく走っただけ。飛越もどうも危なっかしくて、とくに前回、落馬した第一障害を2度目に飛越したときバランスを崩していましたね。平沢騎手もあれほどのケガをしたのだから、やはり人間、仕方がありません。そして馬も……
馬体がよかっただけに、新潟での2着3着が非常に惜しまれる。
とはいえ、障害に転向してから本当によく頑張ってくれています。きょうも最後まであきらめずに直線のダートも懸命に追い込んできた。だから負傷ではないと思う。なんだか涙がじんわりです。しばらく北海道でのんびり青草を食べてリフレッシュし、また戻ってきてほしい。

騎手コメント:from Race Courseより
「グリッツァ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
平沢騎手「馬なりで流しているときは悪くなかったが、きょうはハミを掛けても進んで行かないような感じだった。飛越も遠かったり、近かったり。連戦の疲れがあったのかもしれない」
ゴール入線後、歩様に違和感を生じ、馬運車にて競馬場内にある診療所に運ばれましたが、「いまのところレントゲンを撮るほどではない」との診断でした。トレセンに戻して患部の経過を観察し、それから今後どうするかを判断します。

あれ、グリッツァ、もしかしたら故障? 診療所の診断ではレントゲンを撮るほどではないとのことなので、ひどくはなさそうですが、ちょっと心配。たしかに走りも飛越も勢いがなかった。たいしたことがなくて無事放牧できればと願います。
それにしても、またこれで重傷でなければ来週の金曜日までグリッツァの状況は分からない。「状況の変化した馬」に載るようでは大事だから、載らないにこしたことはありません。しかし、なんというお粗末な情報サービスだろう。せめて水曜日くらいに更新してほしいものです。

Posted by sachi at 12:38 PM | Category: HORSE | Comments (2)

セゾン2歳馬近況

Sピクシーの状態は依然として平行線。なかなか休養前の状態に戻ってきません。何が原因だったのか不明のままですが、こういうこともあるのかな。少なくとも一口馬主を始めてから過去11年にはなかったことで、戸惑ってしまいます。しかし何ができるというわけでもないので、スタッフには調子をあげてもらう工夫をしていただくしかありません。まだ焦るような時期でもないので、涼しくなってくるこれからの上昇に期待します。

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/09/12
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで調整中。定期的に強めを取り入れつつ、坂路1本キャンターで運動しています。状態は平行線。良くはなってきているものの、硬さが残るという点では変わりません。少し騎乗間隔をあけながら強めの負荷をかけていくなど、工夫して改善を図っていきたいと考えています。

Posted by sachi at 02:28 AM | Category: HORSE | Comments (0)

入厩馬近況

ほとんど全馬がこの金曜に集中してしまい、更新がつらい……
ほんとにどうしてこんな更新日にしてしまったのか。元に戻してほしいです。

6歳馬
アルビオンはレースが先に延びてしまったものの、順調に調整中。エニフSは1400mと1ハロン長いのがきがかり。もともと復帰初戦はいま一つの馬。それまでに万全の態勢を整えて出走となればめでたいです。が、やはり距離がね〜 1200mでもぎりぎりだから(苦笑)

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。目標が先になったこともあり、調子の維持を考えてこの中間は幾分控えめの稽古にしました。先週の追い切りが良い刺激になったようで、全休日明けの火曜日は特に力が有り余っていたのか軽い追い切り並の時計が出ました。跨っているスタッフも「いつもの手応え。抑えるのが厳しいです」と笑顔。27日(土)、阪神のエニフS・ダート1400mへの出走を予定しています。

5歳馬
グリッツァはピークを過ぎたみたいだけど、今度もあまり強そうな相手はいません。問題は枠順。落馬時の記憶がよみがえらなければいいけど…… デビュー早々は思いがけず飛越も無難にこなしていたものの、復帰後はむしろさほどでもないのも気掛かりです。とにかく無事に飛越してね。大好きな中山のバンケットで、いきいきしたグリッツァが戻ってくることを祈ります。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、13日(土)、中山4Rの障害未勝利戦・直線ダート2880mに出走します。成績が安定しているここ3戦同様、火曜日に飛越練習としてスタンド前3つの障害を跳ばし、水曜日にポリトラックで追い切りを行いました。調子は前走時とほぼ変わらず、乗り出しの際にゴツゴツ感じるのはいつもと同じです。惜しい競馬が続いていますが、前回もスムーズさを欠いたところがありましたし、うまく流れに乗れればといったところ。1番枠なので今回もどこで外へ出すかが勝負を決めるポイントになりそうです。

4歳馬
ルーチェが鉾田へ行っているのを忘れて、水曜日の更新を怠っていました。あらら…… そうこう言ってるうちにもう来週には美浦へ。レースが待っているんだから当たり前だけど、だったらなんで移動させたの? 疲れを癒すっても、1週間ちょっとならトレセンにおいてくれてたほうがよかった気が…… まったく最近のラフィアンはやってることが理解できない。今度もまた鞍上が津村騎手なんてなったら、怒りのメールを出します。
フォーグは明日、中山で出走です。久しぶりに対面できそうで、嬉しいです〜 関西での出走ではどうしても競馬場まで行けないので。状態はよいようだけど、大外枠になってしまったのが痛い。相手も重賞のわりにさほどでもなく、ここはチャンスだったのだけどなぁ……開幕週で内枠の逃げ馬に有利だとしても、今のフォーグなら差してこられる気もしなくはないのですが、やはり不利にはかわりない。松岡騎手にはなんとかうまく馬をさばいてほしいものの、そこが問題。逃げなきゃだめな騎手ですから……orz

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。到着翌日から2日間はウォーキングマシンによる運動で体調を整え、6日(土)から2日に1度、坂路でキャンター900m1〜2本の運動をしています。疲れを癒すことが主体のため、現在はハロン17秒ペースをキープ。1度レースを叩いたことでだいぶ前向きになっており、オーバーワークにならないようにだけ注意しています。来週には美浦トレセンへ戻る予定。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、14日(日)、中山11Rの京成杯AH・芝1600mに出走します。除外の可能性もありましたが、幸いにも出走できることに。直前の追い切りでも単走で楽に速い時計が出ました。レースを使われてさらに状態が上がっている印象です。宮師は「状態が本当に良い。ただ残念なのは外枠に入ってしまったこと。開幕週でただでさえ内が有利ですから」とコメント。同馬には初騎乗ですが、松岡騎手の手腕でその不利をどこまでカバーできるか注目しています。

3歳馬
アルデュールも明日、松岡騎手で中山出走。追い切りも好調のようです。何と言っても去年の今ごろとは馬が違うと思っています。春頃からめきめき力をつけてきたアルデュールには、今後ともしっかり活躍してほしい。その試金石になるレース、頑張れ〜!

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、14日(日)、中山9Rの初風特別・芝1200mに出走します。2週前の追い切りでは指示よりもかなりタイムが出てしまったものの、その影響はゼロと断定しても良ほどの好状態。スピード感あふれるフットワークを披露しています。相沢師は「単走でもしっかり動く。満足できるデキ。少し時計がかかった方が良いタイプかもしれないが、馬場の良かった橘Sで良い競馬をしたから開幕週でも大丈夫だと思う」とコメントしていました。

2歳馬
アリオンはデビュー2戦目はダートですか。デジタル産駒だから、それもよいでしょう。まだ芝馬ともダート馬とも分からないので、早くから試してみるのはうなずける。ただ、前走の走りからしてダート馬っぽくは思えなかったですが…… 前走はゲートももっさり出てなかなか行き足つかず、中団を追走しただけ。今度はどれくらい行く気があるかでしょうかね。抜けた能力さえあればダートでも勝てるでしょう。そうでない場合には、やはりダートより芝な気がする。それ以前に環境にも順応して体ができていることが前提。案外、神経質な馬なのではないだろうか。早く厩舎やスタッフになじんでほしいです。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、美浦で調整中。厩舎周りの運動と角馬場での脚慣らしを経て、7日(日)からキャンターを再開しています。乗り出してからは順調。前走を経験したせいか、それともビッグレッドで育成されていた頃を思い出していたのか、坂路に入った週明けの調教では珍しく気負って走っていました。11日(木)からペースアップしています。芝を見送り、中山2週目のダート1800mを試してみることに。前走に引き続き、松岡騎手が手綱を取る予定です。

Posted by sachi at 01:54 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 12, 2008

グリッツァは最内、フォーグは大外か……

グリッツァは、前回、落馬中止したレースでも1枠1番だったので、かなり心配。
待機策をとるとなおさらではないだろうか。ここは思い切って前へ行ってはどうでしょう? しかしスタートが悪いと、また前へ出ようとしてごちゃつくかも。ハナに立てても、そこからがーっと行ってしまうと最後にスタミナ切れになりそうだけど、相手筆頭のツルガオカハヤテも芝の短距離馬、グリッツァも負けてはいないと思いたい。頑張れ〜 そろそろ勝ってご褒美放牧といきたいね! 平沢騎手にもぜひ初勝利のプレゼントお願いです>競馬の神様

9/13(土) 中山4R 未勝利障害3歳上 ○混(定量) 障2880m 14頭 発走:11:40
1 1 ○ △ マイネルグリッツァ 牡5 60.0 平沢健治 郷原洋行
2 2   ▲ サンベルナール 牡4 60.0 高野和馬 田子冬樹
3 3     ガッテンヒメ 牝3 56.0 柴田大知 粕谷昌央
3 4 △ ◎ メジロトンキニーズ 牝6 58.0 蓑島靖典 高橋裕
4 5 △   ビッグトワイニング 牝7 58.0 水出大介 佐藤全弘
4 6 ▲   ヤクモオーカン 牡5 60.0 穂苅寿彦 杉浦宏昭
5 7 △   サンエンタティナー セ4 60.0 山本康志 岩戸孝樹
5 8     ゴスペル 牡3 58.0 江田勇亮 郷原洋行
6 9     シルクシャングリラ 牝4 58.0 五十嵐雄 大和田稔
6 10 △   フェアープロ 牡3 58.0 柴田未崎 加藤和宏
7 11     コアレススイフト 牡4 60.0 石神深一 稗田研二
7 12     ヨシヴァーティカル 牡4 60.0 矢原洋一 嶋田潤
8 13 ◎ ○ ツルガオカハヤテ セ8 60.0 横山義行 伊藤正徳
8 14     グロリアスヴュー セ6 60.0 浜野谷憲 松永康利
(印はnetkeiba.com)

さて、フォーグはというと、大外枠でこの相手では不利だなぁ。ハンデ戦だからとも思っていたけれど、斤量は軽くはないし(重くもないけど)…… でも、予想外の強さを発揮してくれることを期待して応援です。とはいえ中山1600mの大外は、朝日フューチュリティSで苦い思い出あり。大外から先に立とうとしてかかってしまった内田騎手とフォーグ。今度はじっくり中団くらいに待機して、4角手前あたりからロングスパートするしかないのでは? 

9/14(日) 中山11R 京成杯AH(G3) 3歳上 ○国際○特指(ハンデ) 芝1600m 16頭 発走:15:45
1 1   △ ヤマニンエマイユ 牝5 52.0 田中勝春 浅見秀一
1 2     トウショウヴォイス 牡6 54.0 小林淳一 小桧山悟
2 3     レッツゴーキリシマ 牡3 53.0 北村宏司 梅田康雄
2 4 △   ステキシンスケクン 牡5 56.0 後藤浩輝 森秀行
3 5 ▲ ◎ ダンツキッスイ 牡3 54.0 三浦皇成 中村均
3 6     クーヴェルチュール 牝4 54.0 吉田隼人 国枝栄
4 7   ○ テンイムホウ 牝6 50.0 柄崎将寿 柄崎孝
4 8 ◎   リザーブカード 牡5 56.0 蛯名正義 栗田博憲
5 9     マイケルバローズ 牡7 55.0 内田博幸 藤沢則雄
5 10 △   サトノプログレス 牡3 54.0 横山典弘 国枝栄
6 11 △   ゴスホークケン 牡3 54.0 柴田善臣 斎藤誠
6 12     アイルラヴァゲイン 牡6 56.0 津村明秀 手塚貴久
7 13     フジサイレンス 牡8 52.0 五十嵐雄 田子冬樹
7 14     ジーンハンター 牡6 53.0 吉田豊 松元茂樹
8 15 △   マイネルフォーグ 牡4 55.0 松岡正海 宮徹
8 16 ○ ▲ キストゥヘヴン 牝5 55.0 藤田伸二 戸田博文
(印はnetkeiba.com)

Posted by sachi at 06:18 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 11, 2008

今週の調教時計

アリオンも時計を出していますが、熱発もしたってのに大丈夫なんかいな。
アルデュールはまずまず。開幕週の速い馬場のはずですが、お天気があやしい。そのほうが好都合かな? なんとか頑張って伸びしろがあったことを示してほしい。
グリッツァはいつになく終いが遅いです。中山のバンケット、今回はどんな戦法で走るのだろう。
アルビオンはまだレースが先。息を整えるくらいでOK。
フォーグは依然好調で、終い切れてますね〜 こうなるとお天気が気になる。雨で稍重くらいだと、フォーグにめちゃくちゃ勝機あるかもと期待!

マイネルアリオン
 9/11 助 手 美南坂 良 - - - 53.8 39.7 26.1 12.8 - 馬ナリ余力
マイネアルデュール
 9/7 助 手 美南W 稍 - - - - 55.9 40.6 13.4 2 馬ナリ余力
 9/10 助 手 美南W 良 - - - 65.9 50.3 37.7 12.8 2 一杯に追う
マイネルグリッツァ
 9/10 助 手 美南P 良 - - - 68.0 53.5 39.4 13.2 7 馬ナリ余力
マイネルアルビオン
 9/9 助 手 美南坂 良 - - - 57.7 42.3 28.3 14.3 - 馬ナリ余力
マイネルフォーグ
 9/7 助 手 栗東CW 稍 - - - - 59.3 42.1 11.7 9 馬ナリ余力
 9/10 助 手 栗東CW 良 - - 80.3 65.0 50.9 37.7 12.2 8 直強目余力

*なお、グリッツァ、アルデュールはもちろん、フォーグも出走確定です♪
フォーグ、今度こそはヤマニンエマイユにも勝ってほしいけど、相手はハンデが前走よりさらに1キロ軽い52キロか…… 内枠がほしいところだけれど、松岡騎手だとまたまた内に閉じ込められて行き場を失う不安も。愛馬とはあまり相性がよくなく勝ち切れないレースが多いけど、アルデュールともども、今度はばしっと決めていいところを見せてほしいです!

Posted by sachi at 05:37 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 10, 2008

鉾田滞在馬近況

4歳馬
ハヤトのみ鉾田に滞在中。あまりいいコメントではないけれど、ゆっくり良化中ならよしとしなければならない。トモが云々というのは、グリッツァもそうでしたが、厩舎の見解と違うことがあります。ハヤトも牧場ではそう言われても、厩舎だと癖だからという解釈の馬かもしれません。だからこそ厩舎で調整してほしいなぁと思うものの、馬房の都合もあるのなら仕方ありません。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。この中間も日中の放牧を行いながら、1日おきの騎乗で坂路でキャンター900m1本の運動をしています。17−17ペースのまま軽い負荷でトモの回復を待っている状況。良化がスローとはいえ確実に状態は上向いていますし、馬自身にも元気はあります。今週中には15−15ペースも織りまぜたい考え。馬体重は先週より3キロ増の497キロでした。

Posted by sachi at 07:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

アルデュールは除外はないようですが、フォーグは依然として除外の可能性あり。
ゴスホークケンは中山での復活をかけて京成杯に出走のよう。はたしてジーンハンターは? やっぱりこの馬も出るかもねぇ。前走で久々に勝利して穴を出したのは芝1400mだったし。しかし一方で、補欠1位のサープラスシンガーが連闘なので回避してくれれば…… 補欠3位なので、何とか出走がかなってほしいのですが、どうなるでしょうか。あ、いまシャドウゲイトの情報を調べたら、トップハンデなので回避してオールカマーに向うようです。久しぶりに両馬と対面できるかな? それを祈ります。
あ、グリッツァも出走だったのを忘れていました(^^;;(来週だと思っていた) ごめんねグリッツァ。う〜む、しかし2日続けて中山はちょっとキツイ…… 頑張ってほしいのですが、金曜日のコメント次第で応援を考えるかな。

中山競馬場
マイネルグリッツァ 13日(土) 4R 障害・未勝利 (混) 平沢健治 ダート2880m
マイネアルデュール 14日(日) 9R 初風特別 (混) 松岡正海 芝1200m
★マイネルフォーグ 14日(日) 11R 京成杯オータムH(GIII) 国際 松岡正海 芝1600m

*なお、フォーグのハンデは55キロ。う〜ん、ちょっと見込まれたかも?

Posted by sachi at 05:16 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 09, 2008

フォーグは京成杯AHに出走できるか?

登録馬をじっくり眺めてみたところ、クールシャローンとアイルラヴァゲインがセントウルSにも登録。
アイルラヴァゲインはどうやら京成杯らしいのですが、クールシャローンはセントウルのよう。
朝日CCとだぶっているトーホウシャインは、関西馬だし、そちらに出走しそうです。 
あとはゴスホークケンがキーンランドCから中1週で出てくるかどうか。あるいはジーンハンターが朝日CCのほうを選ぶか…… そうしてくれると、フォーグにも出走のチャンスがあるのだけれど。
何とか出走にこぎつけたい!!! 頑張れフォーグ〜d(^-^)!

*フォーグと関係ないのですが、「重賞を獲るその日まで?!」のサブタイトルで4年と少し続いていた宮本調教師の奥様のブログが、先日、デグラーティアが小倉2歳Sを勝ったことで終了となり、寂しい限りです(T_T)  不満だらけの現在のラフィアンですが、今年の募集馬で宮本厩舎予定のマイネガイア07に出資したことから、ヨメブログが楽しみの一つだったのですが……
これまで宮本厩舎の管理馬に出資したことはなかったけれど、ヨメブログはずっと面白く読んでいたのです。残念です〜 で、これからはHPに力を入れるとのこと。マークです♪ JRA宮本厩舎
ついでに、この夏、ミヤリン一家がBRFを訪ねたときのMガイア07とご家族の様子
ガイアッ仔も、ミヤリン厩舎で活躍してくれることを祈ります! まずはすくすくと成長し、馴致がうまく進みますように。

Posted by sachi at 04:25 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 07, 2008

フォーグ、朝日CCにも登録

見逃していましたが、ダブルで登録していました。
こちらは全馬出走可能のようだけど、2000mの距離がどうか。
状態がよいみたいなので、阪神ならなんとかなるかも?
しかし、やはりできれば京成杯AHに出走したいですねぇ。
ちなみにハーティーも登録。これくらい登録して除外の権利を取っておかないと、目標のレースへの出走が危ないわけですね(このレースは全馬出走できちゃいますが)。アルビオンもその程度の工夫をしてほしいものです。

9月15日(月)阪神第59回 朝日チャレンジカップ(GIII) 第1回特別登録 16頭
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン 別定 2000m 芝・右
アドマイヤメイン 56.0
ウイントリガー 53.0
エリモハリアー 58.0
キャプテンベガ 56.0
サンバレンティン 57.0
ジーンハンター 56.0
ドリームジャーニー 57.0
トーホウアラン 56.0
トーホウシャイン 54.0
ニルヴァーナ 56.0
ハッピートゥモロー 56.0
ホワイトピルグリム 53.0
マイネルハーティー 56.0
マイネルフォーグ 56.0
ミュージックホーク 56.0
メイショウカチドキ 56.0

Posted by sachi at 09:30 PM | Category: HORSE | Comments (2)

アルデュール、フォーグそれぞれ登録するも出走は?

9月14日(日) 中山初風特別 第1回特別登録 20頭
サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上1000万円以下 ハンデ 1200m 芝・右 外
アイオブザキング
アポロティアラ
エアムートン
エフテーストライク
カームブレイカー
ゴールドクラウン
シゲルダイハッカイ
シーディドアラバイ
スプリングタピアン
スマートエッジ
デンコウグラス
トッケンショウブ
ナンゴクプラネット
マイネアルデュール
マッチレスバロー
マルターズロビン
メジロソリアノ
モンテミウ
ロックオブサリサ
ワシントンパーク

9月14日(日) 中山第53回 京成杯オータムハンデ(GIII) 第1回特別登録 35頭
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン ハンデ 1600m 芝・右 外
シャドウゲイト
サトノプログレス
ゴスホークケン
ダンツキッスイ
キストゥヘヴン
リザーブカード
ヤマニンエマイユ
ステキシンスケクン
トーホウシャイン
クールシャローン
マイケルバローズ
アイルラヴァゲイン
レッツゴーキリシマ
テンイムホウ
フジサイレンス
トウショウヴォイス

※以下19頭は除外対象
サープラスシンガー
ジーンハンター
マイネルフォーグ
クーヴェルチュール
ロイヤルキャンサー
タマモサポート
ウイントリガー
スナークファルコン
ミュージックホーク
マイネルハーティー
スクールボーイ
アポロノサトリ
トールハンマー
ハッピートゥモロー
ブラックカフェ
デヴェロッペ
メイショウレガーロ
アップルサイダー
マシュリク

予定通り登録してきましたが、フォーグは補欠の3番目。だめかな。
セントウルSと二重に登録しているのはアイルラヴァゲインだけのよう……
だからこそ、前走で勝ちたかった。あぁあ。レースは勝てるときに勝っておかないと。
ルーチェもしかり。理由は分かりませんが、どのレースも津村、津村、津村……はやめてほしい。松岡騎手がだめだと津村のパターンは安易すぎる。クラスにかかわらず、どの馬も最善の力を出せるよう、そのとき確保できる最良の騎手を選んでほしい。でなければクラブの成績は落ちていく一方でしょう。きょうのウェイヴのように、いくら松岡頼みの厩舎だって、騎手がよりよいと考える馬がいれば、さっさとそちらを選ばれてしまうんです。このレースに関しては、結果的に後藤騎手になってそちらのほうがよかったと思いましたが、より幅広く一流の騎手に乗ってもらえるような関係づくりのためにクラブは努力すべきではないでしょうか。
さらに言えば、鉾田送りもよく考えてほしい。ルーチェなど、目標のレースまで1カ月もないのに、どうして鉾田へ送る必要があったのか。厩舎で乗り込み仕上げてもらってこそのレース。それぞれの馬のために最善をつくしてくれる厩舎サイドをないがしろにして、何でもかでも自分の勝手を押し通していては勝利などありえない。現にいい結果を出しているのは、鉾田など利用せず、自厩舎でしっかり乗り込んでくれている馬ばかり(グリッツァ、フォーグ、アルビオン。言い換えれば郷原厩舎、宮厩舎、畠山吉厩舎)です。小西厩舎のハヤトはデビュー以来そのおかげで力をつけ、1000万まで行けたのに、鉾田へ送られてからの不調と言ったら……。鉾田できちんと仕上げられないのだから、入厩10日でレースなんて自慢できない。〇頭などという目標があるらしいですが、とんだ勘違い。会員にしてみれば、たかだか月2〜3000円の費用(維持費の差額)をケチってレースで結果が出せないのでは、逆に大きなマイナス。まさに本末転倒です。獣医に診せたがらないのも同様。周辺サービスの低下といい、いまのラフィアンはまったくなっていない。この現状が変わらないかぎり、ラフィアンでの追加出資はしないつもりです。

Posted by sachi at 07:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 05, 2008

入厩馬近況

公式HPがサーバーエラーで出ません。また何かいじって失敗しているのでしょうか。
どうしてテストもせずにHPを変更しようとするのか。まったくもって素人仕事にも劣ります。ケータイでって、もってない人間はどうしろと? よけい腹が立つ。
なんとかログインしていないブラウザ(IEとファイアフォックスでログインしたあとエラーばかりなので、今度はネットスケープ)で近況を1頭ずつ探し出したものの、内容は驚くものとがっかりするものばかりで、またまた怒りが……\(*`∧´)/

6歳馬
アルビオンは目標を除外されて、せっかくの美浦坂路一番時計も、情けないかぎり。阪神のエニフSに目標を切り替えたものの、なんだかなぁです。今度は阪神ですが、距離は1ハロン長いし、かなり間隔があいてしまいます。芝はまったく眼中にないのでしょうか。セントウルは賞金的に無理なのでしょうけど、登録くらいしてもよさそうなものだと思ったり…… ただでさえレースが少ないダート1200mです。目標のレースがあるなら、どうしてもうちょっと確実に出走できる態勢をとってくれないのか。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、美美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。3日(水)にマークした50.2秒は当日の一番時計。チップを入れ替えたばかりでタイムを要す馬が続出する中、この数字でまとめるのだからさすがです。息遣いも及第点。しかし、良い状態に仕上がりながら、予定していたBSN賞は除外でした。阪神3週目のエニフS・ダート1400mに向かいます。

5歳馬
グリッツァだけは順調です。前走の疲れもとれて、スムーズなキャンターに。次走は中山開幕週なら、応援に行けそう。久しぶりで競馬場へ行こうかな。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、美浦で調整中。ダートコースとニューポリトラックコースを中心に乗り込まれています。陣営のケアにより首から前腕の筋肉の張りが1週間程度で解消し、早速、15−15も取り入れる調教メニューへ。追い切りに取りかかれるところまできました。乗り手は「疲れが取れてスムーズなキャンターに戻ってきた。以前みたいに競馬でがむしゃらに走らなくなったせいか、この頃はレースの反動が小さい。順調に稽古ができている」と最近の様子を述べています。次走は中山開幕週の障害未勝利戦・直線ダート2880m。

4歳馬
ルーチェはすでに鉾田へ!? あ〜あ、鉾田はいやだって言ってるのに。それほど間隔もあかないのに、どうして鉾田へ? 10日や2週間でも鉾田へが、これからのデフォルトになるのでしょうか。だとしたら、上原厩舎はいったい何のためにあるの? 少しでも費用を浮かせようという魂胆ならやめてほしい。かえって成績が上がらず、不経済です!!! 師がめったに使わない騎手をあてがい、鉾田からレースというのでは、上原厩舎所属も名ばかりではないですか。\(*`∧´)/
フォーグはBRFではなんのかのと言われても、厩舎に戻ると調子がよい数少ない1頭。セントウルSという情報もあったのですが、やはり目標は京成杯AHのよう。確実に出られるように、セントウルにも登録するのかな? いや、ハンデ戦だとそれは関係なかったのだっけ? もう出走の順番も忘れてしまった〜〜 しかし鞍上がまたテン乗りの松岡騎手…… まあ酷いとは言えないけど、なんだか手が合わなさそう。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、31日(日)に新潟で出走し、5着でした。後方に待機して末脚勝負に賭けます。直線に入ってどこまで追い込めるか注目が集まったものの、伸びそうで伸びず、直前にいた勝ち馬に約600mで3馬身ほど離されました。速い上がりに対応できないのかもしれません。とはいえ、ラストで四肢の回転が少し鈍った感もあり、久々の今回の一戦だけでは何ともいえません。3日(水)にビッグレッドファーム鉾田へ。次走は中山3週目の九十九里特別・芝2500mを予定しています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、栗東で調整中。角馬場からDウッドコースに入る乗り込みをこなしています。硬くなりやすいタイプながら、今回のレース明けはまったくそういったところがありません。そのおかげですぐ通常の調教メニューへ戻せました。最近の様子について担当の厩務員は「ビッグレッドから帰ってきたときから状態は良かった。前走ではいつになく落ち着いていたし、疲れも残らす、ずいぶん大人になってきたなという感じ。それでいて元気もある」と答えています。京成杯AHでは松岡騎手が手綱を取る予定。

3歳馬
アルデュールも、攻めすぎですか。これまたうまく行きません。14日(日)にまた松岡騎手で中山の初風特別。今度こそ勝ってほしいけど、松岡騎手ではずっと勝ち切れないので微妙……

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、美浦で調整中。坂路とウッドコースを中心に乗り込まれています。31日(日)に追い切ったところ、リードホースとなった見習い騎手が跨った2歳馬が指示よりもかなり速いペースでラップを刻んでしまう誤算。追い掛けた同馬も釣られて予定よりかなり速い時計が出てしまいました。そのため3日(水)は70−40程度に抑えたもの。とはいえ馬自身には落ち着きが見られ、状態の良さは強調できます。14日(日)、中山の初風特別・芝1200mに松岡騎手で出走する予定。

2歳馬
アリオンは、もう美浦に移動していたんですか。その情報は重要でしょうに、こんなに1週間もたってからなんて。いまさらレースの回顧などされても。それより熱発とかのほうが大事ではないですか。やはり在厩馬の更新は水曜あたりにしてくれないと。そもそも鉾田の馬を水曜にする必然性は何もない! 従来のように入厩馬の更新は火・水でやるべき。でなければ、移動があった馬やレースを使う馬、使った馬は、火・水に臨時更新すべき。これは譲れませんね。文句のメールを出したくてうずうずするも、文面を考えて出すだけの時間と気力がない。どうせ無駄だと思うと、よけいやる気も起こらない。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、31日(日)に札幌で出走して5着でした。スタート後、ダッシュがつかず中団に。3コーナー手前から鞍上の手が動き出し、前との差を詰めていきます。切れる脚を使うタイプではないので、この判断は正解でしょう。直線では内にもたれて追いづらい面を見せ、期待通りの伸びが見られませんでした。馬自身に前向きさが欠けていた面もあり、これが能力だとは思えません。水曜日に美浦トレセンに移動しましたが、疲れからか午後になって39.5度の熱発がありました。翌朝には平熱へ戻ったように心配要りません。大事を取ってきょうから厩舎周りの運動を開始。あすから馬場入りを予定しています。次走については検討中で中山2週目か3週目あたりが有力です。

Posted by sachi at 09:26 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 04, 2008

今週の調教時計

ルーチェをのぞいて入厩馬が時計を出しています。

マイネルアリオン
 8/30 津 村 札幌ダ 稍 - - - - 59.9 43.3 12.6 7 G前仕掛け
マイネアルデュール
 8/31 助 手 美南W 重 - - - 61.9 48.2 35.6 12.6 2 一杯に追う
 9/3 助 手 美南W 良 - - - - 57.1 41.9 14.3 4 馬ナリ余力
マイネルグリッツァ
 9/3 助 手 美南P 良 - - - - 58.9 44.3 15.4 4 馬ナリ余力
マイネルアルビオン
 8/30 助 手 美南坂 重 - - - 61.4 45.1 29.7 14.8 - 馬ナリ余力
 8/31 助 手 美南坂 重 - - - 55.4 40.1 26.2 12.7 - 馬ナリ余力
 9/3 助 手 美南坂 良 - - - 54.1 39.8 26.7 13.7 - 馬ナリ余力
 9/3 助 手 美南坂 良 - - - 50.2 36.3 24.0 12.2 - 叩き一杯
マイネルフォーグ
 9/3 助 手 栗東CW 良 - - - - 62.0 45.9 14.6 7 馬ナリ楽走

アリオンは牧場に戻さず続戦ですか。レースを無駄に使うより立て直したほうがいいのに、あくまで予定を変える気はないようです。大敗したほうがむしろアリオンのためだったかも。それにしてもレース後のレポートがいまだないなんて、絶対にオカシイ。サイテーのサービスですね。二次は1頭だけ出資を考えたい馬がいるけれど、それもカタログ写真とDVDを見たうえでの話で、基本的にラフィアンではもう出資しない方針。
アルビオンは、きのうも美浦の坂路で一番時計。とはいえ、目標にしてきた新潟BSN賞に除外され、出走するレースがありません……orz この馬は本当にレース選択が不運というか、たとえ1頭だけでも除外されてしまうクチ。結局のところ、レース選択が下手ということになるのかもねぇ。

Posted by sachi at 07:14 PM | Category: HORSE | Comments (2)

September 03, 2008

鉾田滞在馬近況

4歳馬
ハヤトはどうもトモに力が入らないとか。そもそも人手不足とやらで北海道から移動させられて、鉾田で何やってたの?と言いたくなるような復帰前の鉾田での調整。時間をかけて整えてもらっていいけれど、鉾田じゃあてにできません。小西厩舎に戻してほしい。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。トモにしっかり力が入らず、姿勢が高くなりがちです。4時間ほどの放牧を行いながら、1日おきに900mの坂路をハロン17秒で駆け上がる管理に切り替えました。必要なレース間隔から中山開催後半での出走を目標にしていましたが、もう少し時間をかけて状態を整えることも検討しています。馬体重は494キロ。

Posted by sachi at 06:42 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

新潟BSN賞に登録していたアルビオンは除外対象。

★マイネルアルビオン 6日(土) 11R BSN賞 (混) 柴山雄一 ダート1200m

ここで1回優先権をとって、次は? う〜ん番組がありません(T_T) 東京では(とくに1400mでは)用無しだし、ダート1200mのオープン戦だと、10月25日の室町S(京都)までない!
このさい、セントウルSは賞金的にだめなのでしょうか。フォーグが出走するかもしれないのだけれど……

Posted by sachi at 06:40 PM | Category: HORSE | Comments (2)

September 02, 2008

北海道滞在馬近況

2歳馬
サイクロンは、やっと昼夜放牧までこぎつけた模様。去年のバイタルとほぼ同じペースでしょうか。「歩様はまったく気にならなくなった」らしいけど、本当でしょうか。骨折線があれば、まだ亀裂は完全にふさがっていないので、乗り出すのは無理ですが、1カ月くらいしたらまた検査をするのかな。コメントは威勢がいいものの、この明和のコメントは気休めのようなもの。果たしてデビューして勝ち上がれるまでになるかどうか…… なにしろブランクが長い。アリオンのように、傷は治った治ったと言いつつ、すぐに強い坂路調教を課して馬をふらふらにしたり、まったく油断のならない育成ですから。くれぐれも無理をせず、慎重すぎるくらい慎重にお願いしたい。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、ビッグレッドファーム明和で休養中。歩様はまったく気にならなくなりました。中間から昼夜放牧を開始。他の休養馬と同じ広さの放牧地で過ごしています。放牧地ではうるさいくらいの元気の良さを見せ、自由気ままな生活ぶりです。担当のスタッフは「体高が低く小さい馬だが、体全体がやわらかくゴムのような収縮力を持った馬。独特な雰囲気を感じる」と語っています。

Posted by sachi at 06:38 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 01, 2008

アルビオン、予定通りBSN賞に登録

登録馬24頭です。出られるかな?

9月6日(土) 3回新潟7日 BSN賞 第1回特別登録 24頭
サラ系3歳以上 (混合)(特指)オープン 別定 1200m ダート・左
アポロノサトリ 55.0
アンバージャック 56.0
ウォーターオーレ 56.0
オフィサー 56.0
オースミダイドウ 55.0
サクラビジェイ 56.0
サープラスシンガー 55.0
ジョイフルハート 59.0
シルクビッグタイム 54.0
スーサンライダー 55.0
ゼンノコーラル 56.0
タイセイアトム 58.0
ダイワエンパイア 56.0
ダイワマックワン 53.0
チョウカイシャトル 55.0
テイエムノブシオー 56.0
トロピカルライト 55.0
バンブーエール 57.0
マイネルアルビオン 56.0
メイショウディオ 55.0
ルミナスポイント 54.0
レキシントンシチー 56.0
ワキノカイザー 57.0
ワーキングボーイ 56.0

Posted by sachi at 06:39 AM | Category: HORSE | Comments (0)