June 30, 2008

ツアー情報(その2)

募集馬の申し込み状況について第1報があったようです。
なんでもコスモバレンシアの07がだんとつトップ、続いてマイネパルティータ、マイネストレーガとか。
うぅ、自分としっかり被ってます。これはポイント争いがかなり厳しそう。きょうあたり中間報告が出るのかもしれませんが、抽選待ちはいやなので、足切りポイントの予想次第では別の候補に切り替えるとするかな。

10余年前にラフィアンの会員になって以来、ずっと安い馬から売れる傾向はありましたが、一時は高い馬もまずまず売れていたように思う。やはり血統的な裏付け(つまりは高価格)がないとなかなかオープンには行けないし、1つ2つ勝つだけでは面白くないと考える会員さんも増えていたのではないでしょうか。しかしここにきて、全体的に募集馬の価格が高くなり、税制の厳格適用もあって、みなさんシビアになってきたように思う。去年は安馬を含めて全体が少なくとも200〜300万は上乗せしている印象があったのですが、今年はそれが2つのグループ(過去の水準に戻った馬たちと、活躍を見込まれてさらに倍付けで高くなった馬たち)にはっきり分かれました。その結果、やはり安くて堅実に走ってくれそうな馬に目が行きますよね。

もちろん、高水準の馬に期待する方もたくさんいるとは思いますが、高いなら走って当たり前、安い馬なら走らなくても仕方がないと考えるのが一般的。しかし、馬は値段で走るわけではないんですよね。だからこそ、安くて大駆けしそうな馬とか、安くて堅実に走ってくれそうな馬を見つけだそうとする。どれくらいの水準を妥当とみなすかは人それぞれながら、わたしとしては、アルビオンのように、たとえ重賞を取れなくても(もちろん勝てたほうがいいけど)、1400万でこつこつ稼ぎ、1億円馬になってくれる馬が理想です!(>オイ! 笑) ま、1億とは言わないまでも、5000万くらい、いや、最低限、馬代金の2〜3倍稼いでくれれば、とりあえずはOKかな。なんとかそのような馬を見つけたいと思うのですが、果たして今年の募集馬のなかに、前者のような馬がいるでしょうか?? どなたか分かるかたがいれば、こっそり教えてください!(笑)

Posted by sachi at 04:18 AM | Category: HORSE | Comments (2)

June 29, 2008

パラスト……orz

またまた、まったく見所のない競馬をしてしまったねぇ。
せめてスタートなりとも決めてほしかったんですが。
これで次はいつ出走できるのか不明ですな。とほほ〜

6/29(日) 福島2R 3歳未勝利 □指(馬齢) ダ1150m 16頭発走:10:15 天候:雨 馬場:良
11着 1枠 1番 マイネルパラスト 牡3 53.0 ▲伊藤工真 鈴木康弘 ハナ 484(-2) 45.9 9/16人気

この調教師は、もうほとんど消化レースって感じですね。
ラフィアンも二度と預けないだろうな。

Posted by sachi at 10:59 AM | Category: HORSE | Comments (4)

パラスト頑張れ〜!

ただいま9番人気です。
でも、馬は人気で走るんじゃないからOK。
人気は3頭が競り合いですが、その次くらいには食い込んでほしい。
馬場状態は今のところ良ですが、雨で脚抜きのよい馬場に? 望むところです。
馬体はまだほんの少ししか絞れていないようだけど、追い切りもまずまずだったので、掲示板は期待します。伊藤騎手ともども頑張れ〜!

Posted by sachi at 09:36 AM | Category: HORSE | Comments (0)

ツアー情報(その1)

ラフィアンについて某掲示板に書き込みあり。
「今は馬の選別も値段付けも二代目が全て行い、一代目はセゾン以外には一切口出しをしていないそうです」

うんうん、先代の性格からして、ラフィアンの運営に関してはそうだろうと、以前から思っていました。
ただ馬の選別に関しては、同じ供給源から(コスモも含めて)それぞれが取る(分ける)わけですから、そこにセゾン(つまり先代)とラフィアン(二代目)とコスモ(個人)のあいだでの争奪戦と駆け引きがあるでしょう。両方が気に入ったらどうするのか。どちらかがAを取るかわりにBはそっちでもいいよ、というような交渉が行われているものと思われます。逆にいらないと言った場合も同様に、じゃあ、うちがもらうよ、というように。現に何頭かの具体的な話(どちらかがいらないと切ったけど、もう片方がいいからと募集に入れた)も、掲示板にあがっています。ラフィアンとセゾンの募集馬ラインアップが同じようで微妙に違っているのは、両クラブの色に対する配慮に加えて、そこらへんの好みが反映されているのかもしれません。とはいえ先代は、創設者としても親としても、ラフィアンへの思い入れがありその繁栄を願っているだろうから、妥協するのは先代のほうでしょうね。確かに値付けは、明らかに先代とは違います。そして引退や募集取り下げに関する決断も。「会員に損をさせない」という理念とサービス精神(言い換えればラフィアンの良心)は、先代とともに去ったようです。先代と違って現社長は、今日のラフィアンがあるのも会員のおかげですなんて、とうてい思っていないんだろうな。

改めて、従来のラフィアンらしさ(よさ)がどんどん失われていく現状に納得がいきました。そろそろ決断の時かもしれません。しかし補償が発生しているので……困ったね。とりあえずは1頭に出資するしかない。補償を捨ててまですっぱりと出資をやめるだけの器量は、わたしにはないもので。
さあて、中間発表はいつでしょうか。月曜日あたりに出るのかな。それとももう少し遅くなるのでしょうか? どうも唯一の希望馬はとてもポイントが届きそうにありません(^^;; セレクト産駒のセレクトでもするかな〜 それとも、どのみち発生するであろうもう1つの補償が決まるまで見送りにするか(元の競走能力を取り戻すなんてとうてい不可能と思われるケガなのに、いつまで会員を引っ張るつもりだろう。サイアク来年の今ごろ?)  もう1つの手段として、母系はよくないけれど馬的にとてもいいと思う募集馬(値段高過ぎ)と、母系も馬もよいけど値段が高いもう1頭の募集馬を考慮し、現状なら出資しないものの、補償が二つになるとなればそれもありかと考え始めました。ただし、それまでに満口になっていれば無理ですが…… すべては中間発表次第かな。

Posted by sachi at 02:08 AM | Category: HORSE | Comments (2)

June 28, 2008

パラストは1枠1番

パラストは最内枠になりました。
もまれる競馬はどうかなあ。このさいロケットスタートを決めて逃げ切りだ!
とにかくためて勝てる馬とは思えないので、積極的なレースをお願いしますよ>伊藤ジョッキー
う〜ん、それにしても鞍上が…… せめて調教を乗った宮崎騎手なら、まだよかったのに。ま、レースを変更したので仕方ないのかな。そうは言っても、先週の近況の段階で、福島のダート1150mと言ってたのですが。

6/29(日) 福島2R 未勝利 3歳 □指(馬齢) ダ1150m 16頭発走:10:15
1 1     マイネルパラスト 牡3 53.0 ▲伊藤工真 鈴木康弘
1 2 △ ▲ テイエムセレス 牝3 54.0 中舘英二 木原一良
2 3   ○ テンジンコチフカバ 牡3 56.0 江田照男 大江原哲
2 4     パッサージュ 牡3 56.0 村田一誠 中川公成
3 5     イニシュモア 牡3 56.0 柴山雄一 勢司和浩
3 6 △   ナスノアタック 牡3 55.0 ☆田中博康 矢野照正
4 7     ボーダー 牡3 56.0 鷹野宏史 高木登
4 8 ◎ △ トムアウトランダー 牡3 56.0 吉田隼人 佐藤吉勝
5 9 ○ ◎ タツジャガー 牡3 56.0 田中勝春 高市圭二
5 10 △   マコトガンベロ 牡3 56.0 小野次郎 根本康広
6 11     サクセスフルロール 牝3 51.0 ▲宮崎北斗 後藤由之
6 12     メイクミースマイル 牝3 54.0 石橋脩 柴田政人
7 13     デルマアンタレス 牡3 56.0 石神深一 堀井雅広
7 14     ニシノカリスマ 牡3 56.0 田辺裕信 上原博之
8 15 △   プライスレスブルー 牡3 56.0 松岡正海 武市康男
8 16 ▲   ヒロノグレガ 牡3 56.0 柴田善臣 清水美波
(印はnetkeiba.com)

う〜ん、パラストは無印かぁ。まあ、前走も前走、鞍上も鞍上だけに、無理もありませんな。しかし調教はそこそこのタイムを出しました。頑張りに期待しましょう。せめて、さらに2キロ斤量が軽い宮崎クンの牝馬ちゃんには負けないように、ファイト〜!

Posted by sachi at 12:27 PM | Category: HORSE | Comments (2)

セゾン2歳馬近況

唯一のセゾン出資馬ですが、どうもこの1カ月、腰がいけません。最初は疲れかと思ったものの、こんなに休養しているのに馬房や放牧地で寝転がって体を休めているとは。やはり悪い病気じゃないんだろうか。原因も分からないまま、この状態が長引くようだと、どうも競争馬になるのは無理っぽいかなぁと不安が膨らみます。もっとももう1頭、ラフィアンでさらに無理っぽい馬が、「能力を信じて」の名目で「ペット飼い」されてますがね。ケガには人為的なものと不可抗力とありますが、この手の病気(だと思うけど?)は仕方がない。早くきちんと検査をして、状態を見極めてほしいもの。ここらへんは、牧場が牧場だけに(ラフィアンと同じなので)悪いところが移ってるぞ〜 どっちもいいかげんなことをやってると、管理不行き届きで訴えますぞ!

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/06/27
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで休養中。昼夜放牧されています。トモの状態は平行線というところ。ただ、最近、馬房の中はもちろん、放牧地でも寝転がって体を休めている時間が多くなりました。腰に負担がかかって、その分、疲労が蓄積するのかもしれません。もう少し様子を見て、回復を待ちたいと考えています。

Posted by sachi at 07:08 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 27, 2008

入厩馬近況

5歳馬
グリッツァは調子をあげてきたようです。「今週はなかなか素軽い動き」らしくて、復帰が楽しみ。福島は芝の障害戦なので、グリッツァに向いているはず。これまでのように先行策がとれるかどうか分かりませんが、持ち前の「行く気」を取り戻してくれれば好結果が期待できそうに思います。頑張れ〜!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれ、速い調教はニューポリトラックにて行っています。先週末からペースアップ。すべてが順調に進行しています。郷原師は「先週の段階では少しもたもたしていたが、今週はなかなか素軽い動きだった。緊張感もちょうど良い具合に高まってきている。もう2本くらい追えば出走態勢が整いそう」とコメントしていました。福島最終週の障害未勝利戦・芝2770mに出走します。

3歳馬
パラストは、珍しく追い切りを褒めてもらいました。「ここ最近にはない動き」を見せたということで、そろそろ競争馬として目覚めてくれたのなら、とっても嬉しい! というか、ここで頑張ってもらわないと、もう先がないんです。種子骨炎が長引いて見切り発車的に入厩したものの、レースなれしないうちに鉾田へ……そしてやっと帰厩です。復帰2戦めの初の短距離ダートで、今度こそ変わり身を見せてほしい。頑張れパラスト!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
マイネルパラストは、29日(日)、福島2Rのダート1150mに出走します。宮崎騎手が騎乗したとはいえ、今週の追い切りはここ最近にはない動きを見せました。特に馬なりで3ハロン36秒台のタイムは時計が出やすい馬場状態とはいえ誉めても良いでしょう。レースを一度使った効果が出てきたように思えます。初となる短距離ダート戦ですが、いまの気合乗りならレースが楽しみです。

Posted by sachi at 09:41 PM | Category: HORSE | Comments (0)

募集馬の選考

う〜む、応募と思っていた唯一の馬が、去年に引き続きめちゃ人気になってしまうかもしれない……
これは考え直さないとだめかしら。まだセレクト産駒のほうが可能性がありそうかな。
去年はぎりぎり前日までポイントの行方を見て、厩舎で迷っていたアリオンに申し込み、出資することができたけれど、今年はどうだろう。
中間発表、待ってみますが。

かたやセゾンは、体高・馬体重の発表はないの? 
ラフィアンの中間発表次第では、全部セゾンになるのかなぁ。セゾンのほうも、ひょっとして危なかったりして???

ラフィアンで、実績制に新規枠だ何だのと抽選枠が増えて以来、行きたい馬に出資できなくなったのも、大きなストレスのひとつ。抽選になったら、多数口申し込んだ人も、出資馬は1頭に限定してほしい。今度また納得できないはずれ方をしたら、将来は撤退の方向で考えてもいいや。

Posted by sachi at 04:27 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

パラストとグリッツァが時計を出しています。

マイネルパラスト
6/25 宮崎北 美南坂 良 - - - 52.2 36.8 24.7 12.8 - 馬ナリ余力
トーセンドラクロワ(三未勝)一杯に0.1秒先行同入
マイネルグリッツァ
6/22 助 手 美南P 重 - - - - 55.4 41.6 14.2 5 馬ナリ余力
6/25 助 手 美南P 良 - - 82.1 66.1 51.5 37.6 12.8 6 馬ナリ余力

パラストは、この分ならひょっとして?と思わせるタイムを出してはいます。坂路でよいタイムが出せるというのは、ダート短距離が向いているはず。なんとしても頑張ってほしいですが、鞍上が不安…… ぜひとも伊藤騎手に初勝利を!
グリッツァは鉾田から厩舎に戻ってやれやれです。ポリトラックがよほど合っているんでしょうか、今回も馬なり余力でよいタイムです。福島の障害は芝コース、持ち前のスピードでは負けないはずです。とはいえ、まだ出走のタイミングはめぐってこないんですね〜トホホ

Posted by sachi at 04:07 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 26, 2008

今週の出走確定馬

除外対象のはずだったパラストが、芝1200mからダート1150mに変更して出走になりました。といっても、20日の近況を読むと、すでに目標はダート1150mだったようなことが書いてありました。
追い切りはまずまずよいみたい。ただ、騎手が今年デビューで未勝利…… orz
鈴木厩舎はパラストを勝たせる気があるのだろうか? なんとか頑張って掲示板を確保してほしいです。
(そういえば、今年の入厩予定先に鈴木厩舎はないですね。ラフィアンでたった一度きりの厩舎になるのか。笑)

6月29日(日)
福島 マイネルパラスト 2R 3歳未勝利 伊藤工真 53 ダ1150m 10:15 16頭

Posted by sachi at 08:27 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 25, 2008

ラフィアンとセゾン、予定厩舎を発表

これが発表されないかぎり、申し込む馬を決められないので、すんなり出してくれてよかった。
ラフィアンは体高と馬体重も出ました。が、今年もまた小さい馬が多いですね〜 3年続けてですね。どうしてでしょう?? 自家生産馬が多くなってから、とみに馬が小さいなと感じます。まぁ、小さくてもいい馬はいいのだけれど、総じて小さい。小さいから走らないわけではないものの、基本的に、やはりその確率は低いと思っています。わたしとしては、現時点でも400キロ前後はほしい。小さくても380キロくらい。逆にあまり大きな馬も考え物ですが… 
おかげでごく一部の高馬をのぞき、写真とDVDではどれも同程度の馬(つまり悪くはないけれど、せいぜい1〜2勝馬。ま、それでも安ければ楽しめるし、いいんですけど)に思えて、候補を絞れなかったのですが、厩舎との同時発表ですっぱりと決めました。今年はラフィアンで申し込む馬は1頭のみ。候補だったラヴ産駒は、馬体の小ささと、私的には微妙な厩舎のため見送りです。
残った候補の1頭は、もしかしたら抽選になるかもしれないと予想しているので、ぎりぎりまで様子見。場合によっては一次は見送りにするかもしれません。あと何頭か候補はいたものの、価格がやや高めだったり(アルタウィーラ07、タガノミラクル07)、おまけに馬体がいま一つ小さかったり(ダンケベルグ07)。まぁまぁ悪くないかもと思っていた馬(ザナック07、サバルヤード07)も、体高と馬体で脱落。さらにいつも心にひっかかるトップガン産駒2頭も、思ったより小さかったり厩舎が……で脱落。牝馬では、まずまずかなぁと思っていたオカノスピカ07が厩舎で落ち、シンデレラッ仔もこれまでで一番いいんじゃないかと思っていたけれど小さめで脱落。パルティータは厩舎が…… 
とうわけで、第一候補に落ちたらセレクト産駒に行こうかな(まさか即満じゃないでしょうね?)どういうわけかロージズインメイ産駒は、何頭か違ったタイプはいるものの、どれも同じ印象で食指が動かず。ロージズではミスクラブアップル07がよい感じに思えるものの、好みじゃないんです。厩舎もいいとは思うんですが…… 牝馬ではムガール07は高すぎるし、ロモーラ07は、比べるとやっぱり落ちる気がするし。相対的に評価が上がったのがダイイチビビットの07と、意外にマイネガイア07の2頭と、お安いマイネストレーガ07だったりしますが、それでもぜひ出資したいとまで思わない(ストレーガは厩舎でダメ) そうそう、アリオン下のリンクシェーマ07は、DVDの動きはよく見えますが、種付け料250万の新種牡馬で、しかもあの怪しげな前脚で、2500万はとんでもないと、はなから考慮せず。改めて何度も見ても本当に動きはよくて好みなんですが、アリオンが1800万だったことを考えるとボリすぎ……脚がもうちょっとまっすぐなら考えますがねぇ。走ったら仕方ない。アリオンがいるし、アリオンにかけてるからいいんです。

というわけで、もし申し込む予定の馬が抽選になり、はじかれたら、一次は見送りかセレクト産駒ということになりそうです。

かたや、セゾンは、うわぁ〜ん、気になる馬がぞろぞろ(爆) でも、こちらも厩舎は発表されたものの、体高と馬体重が出ないので決められません。注目のラヴ産駒は、厩舎が今年開業? う〜む、もう少し調べてみないと。ひょっとしたら今年はラヴ産駒に行かないかもしれないなぁ。初めてなのでよく分からないんだけど、セゾンでも体高と馬体重の発表はあるのでしょうか。それを見れば、すぐに申し込む馬は決まりそうですが、ないなら……うぅ、どうしよう。

Posted by sachi at 08:37 PM | Category: HORSE | Comments (6)

今週の出走予定馬

パラストが予定に載ってはいますが、除外対象です。
いつになったら出走できるのかな。あと何回走れるか、そろそろ本当に不安になってきました。今度こそは何とか掲示板を確保してほしい。

福島競馬場
★マイネルパラスト 29日(日) 2R 3歳未勝利 (混) 未定 芝1200m

Posted by sachi at 08:28 PM | Category: HORSE | Comments (0)

鉾田滞在馬近況

ラフィアンの新HPに対するいらいらがますます昂じて、もう我慢がならないほどになってます。これって年をへて老人性!?怒りっぽさが出てきたせいでしょうか!? きょうは鉾田滞在馬の更新でしたが、グリッツァが入厩したのを忘れかけてクリックしそうになっては思い止どまり、ハヤトがいたはずだなぁと思いクリック、これはあっていましたが、危うくルーチェを忘れるところでした。
何歳というのもマイページに出ていないし、2週間おきの馬は今週だったかどうか、毎回第1/第3か第2/第4か確認しないと自信がもてない。本当に分かりにくくて毎回イライラします。そのうち近況を更新する気もしなくなるかもしれません。マイページはすぐクッキーが効かなくなるし、世代ごとの馬をクリックしても一覧がないため、目当ての馬が非常に探しにくい。せめて各世代の一番上に総リストをつけて、更新の有無が一目で分かるようにしてほしいし、できればマイページの登録馬の名前の前か後にも、更新マークが出るようにしてほしい! どうかツアーに行かれる方には、このまったく会員の立場に配慮していない現HPの使い勝手の悪さを、ぜひとも直訴していただきたいですm(_ _)m

別記事にしますが、きょうは募集馬の予定厩舎と体高/体重が発表されました。それはいいのですが、参考のためにリストをプリントアウトしようとしても、ものすごく小さな字でしかできません。IE7だと、各ページを拡大・縮小して印刷する機能がついているのですが、現HPのつくり方ではそれができない。仕方なく、表をすべてワード文書にコピペして印刷しました。
またポートレートが廃止となったのに、愛馬の写真はグリッツァなど去年の9月が最新(!!! しかも小さいまま)、パラストも最新は今年1月です。アルビオンだってきょう更新されたらしい6月の前は去年の11月ですし、6月の分は、はっきり言って「どうでもいい」ような写真。フォーグは1枚しかありません(毎月2枚じゃなかったの?) まあ、こんな写真なら2枚もいらないから、きちんと馬体が分かるしっかりしたのを1枚アップしていただければ十分です。

何はともあれ、近況です。

4歳馬
ハヤトはまだ馬体もあと一歩絞れていないようですが、52秒台のタイムが出たならもう調整は最終段階と言えるでしょう。もともと叩き良化型なので、こんなもの。たくましくなっているようなので、降級後の復帰戦が楽しみです。2、3回掲示板を確保して馬券にでもからんでくれてから勝利してくれると、出資者としては一番ありがたいパターンでしょうか。でも、秋の中山まではなかなか応援に行けそうにありませんが。
ルーチェはずいぶんたくましく成長したらしいく、骨折休養がプラスに作用してくれていたら嬉しいです。何しろ2歳の夏にデビューしてから、桜花賞のあとの休養を別として、秋からもずっとレースに出てくれて、こんなに休んだのは初めてですからね。一応、復帰は新潟のようなコメントもありました。新潟は、デビュー勝ちして2戦目で出走した2歳S2着という立派な成績を収めた思い出深い競馬場。ルーチェにはむいていると思います。ハヤト、フォーグとともに、このわが厩舎の4歳トリオの復帰が待ち遠しいです!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。Mスパークルと行ったきのうの追い切りでは52秒台のタイムをマーク。相手の行き脚が良かったために、道中は追走に手間取りました。息遣いの荒さが改善に向かい、入厩できる一歩手前まではきています。馬体重は498キロでした。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m1本の運動をしています。乗り出してからも順調。追い切りに取りかかれそうなところまできています。久々に対面した育成主任は「3歳時のルーチェとは全然違う。一回り大きくなって動きに迫力もある」と成長した姿にうれしそうでした。仕上げがこれからで入厩の時期についてはまだ何ともいえません。

Posted by sachi at 07:22 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 24, 2008

北海道滞在馬近況

やっぱりこの方式の更新は、本当に分かりにくい。2週間に1度ともなるとなおさらです。ルーチェは鉾田に行ったので北海道滞在馬としての近況はなしなのに、思わずクリックして近況を探してしまいました。あとの馬も明確ではないので、見当をつけて愛馬登録馬をクリックするしかありません。年齢別のほうが何倍も便利でした。ほんとに不便なひどい改悪です(怒)

6歳馬
アルビオンは、連戦の疲れも取れて、そろそろ乗り出すようです。しかし復帰の見通しはいつなんでしょうか。休養前の近況に、5月「22日(木)にTV愛知オープンへの出馬投票を行い、2ヶ月間有効の除外優先権を得て、24日(土)にビッグレッドファーム浦和に移動」というコメントがあり、2カ月以内に復帰の予定でもあるのかと理解に苦しみましたが、7月から乗り出すのなら7月22日までしか有効ではない除外の権利なんて何の意味もない。よくそんなコメントが書けるものだなぁ。ともあれ、順調に調整が進むことを祈っています。6歳になって元気一杯は嬉しい。いまではラヴ以上に愛着があります。引退になったら悲しい。1日でも長く競走馬生活を続けられますように……
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。レースの疲れが取れてきているのでしょう。19時間も大空の下で過ごす現在の生活にも慣れて元気が出てきました。ボリューム感のある黒い馬体は、遠くからでも同馬と見分けが付きます。真歌トレーニングパークでの乗り出しは7月上旬になる見込みです。

4歳馬
フォーグも復帰に向けてキャンターを再開。なんと馬体重は472キロですか。これまでになく体重が増えているのに、それでもまだたくましさが足りないとは。もともとそういう華奢な馬なんですよ。フォーグはこれでいいんです。馬体が重くなったら素軽い動きができません。関屋記念での復帰を楽しみにしています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、昼夜放牧を切り上げ、ビッグレッドファーム浦和から真歌トレーニングパークに移動しました。やはり敏感になった蹄を気にしながら歩いています。保護する目的で蹄鉄を装着したところ、きびきび四肢を運べるようになり、坂路でキャンター1500m1本の運動を開始しました。当面は基礎固めに専念します。先日の計量では472キロ。この数字でもまだたくましさが足りないように思えます。

3歳馬
アルデュールも着々と復帰の準備が整ってきました。乗り込み再開でいきなりの好タイム。もともと調教がけするタイプだけど、デビュー以来、なぜか歯車がかみ合っていませんでした。休養前のレースは勝てなかったものの、見所はありました。今度は古馬との対決になりますが、力をつけてきているので、なんとかいい結果を出してほしいもの。しかし1000万クラスでは厳しいかな〜 がんばり娘だから、ハンデをもらえばそこそこやってくれるでしょう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。15−15を経て仕上げの段階へ。手始めに行った21日(土)の追い切りでは、いきなり4ハロン53秒のタイムでMブリッツに半馬身ほど先着しました。スタッフも「タイプの違いもあるのだろうが、手応えはこちらの方が良かった。ここまで何も問題がない。それに調子も良い」と満足そうな表情を浮かべています。

Posted by sachi at 07:32 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 22, 2008

セゾンのカタログも到着!

きのう、メール便がポストに入っていました。
ラフィアンに比べると頭数も少ないので、比較的検討はしやすいのですが、ううぅぅぅぅ、どの馬のこの馬もとてもよく見えてしまって……(^^;;
何より写真の撮り方がうまい。立ち姿もふにゃふにゃ立ってる馬はいません。去年は筆頭候補だった馬を動画で見て左前がひどい内向だったので申し込みしなかったのですが、今年は少なくとも素人目には大きな欠点があるような馬はいないように思います。産駒もロージズが多いわりには、筋肉質でスリムなタイプ、胴が長いタイプ、ころんとしたタイプ、筋肉モリモリのタイプ、柔らかくてバネのありそうなタイプとバラエティに富んでいて、大手クラブ?のような超良血馬こそいないものの、かなり楽しめそうな気がする。そして値段が、やっぱり安いという印象(補償率が違うので当たり前ですが)。馬の能力そのものとは関係ないけど、動画の最後に顔がクローズアップになって、かわいい表情がばっちり見られるのも、愛着がわいて好ポイントですね。ちなみに、ラフィアンでなくなったクーリングオフ制度は、セゾンではあります。

さて、肝心の馬選びですが、カタログを見てもDVDを見ても、半分くらいに魅力を感じて選ぶことができません(爆) 一番高いクロフネ産駒は、やっぱりイイです。クロフネってあまり好きだと思ったことがないのですが、この馬には魅力を感じるな〜 個人的にはハナノメガミより好き。夢を見られそう。3000万台ならいいんじゃないいでしょうか。でも、わたしは2000万以下の馬にしか出資しないと思うけど。

一番興味があったラヴ産駒も、いいですね。アルビオンタイプかな。写真を見て、欲を言えば首差しにもう少し力強さがあったらと思ったのですが、DVDではそんな感じはなかったです。ラフィアンのラヴ産駒よりいいかもしれないな〜 即満口にはならないだろうから、もう少し様子見するか。もう一度、ラフィアン募集馬とも見比べてみます。
そのほかにも、ちょっと目をつけていた産駒がいたのですが、うち1頭はピンとこなかったのでやめ、もう1頭は決めたいと思います。あ、いや、しかしちょっと小柄そうなので、体高と馬体重を見て、厩舎も決まってからですね。ほかにも3頭ほど候補がいます。セゾンでは出資するつもりのなかった牝馬にも、いい馬がいて困ってしまいます。これからもっと絞るために、もう少しじっくり検討します。

Posted by sachi at 07:04 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 21, 2008

ラヴ産駒のコスモユウコリン、福島新馬戦でレコード勝ち!

ほらぁ、やっぱりラヴ産駒は走るじゃありませんか。
どうしてラフィアンには走らないラヴ産駒ばかり回してくるのか!???(苦笑)
今年の3歳ラヴ産駒などひどいものです。いまだ勝ち上がったのはピリアーとサランだけ。おまけにサランはあんなに牧場で評価されてたのに、デビューから1年近くたって、やっとついこのあいだ、未勝利を脱出したばかりなんですから。ピリアーも未勝利脱出はつい1カ月前です。
もしも選馬がこれまでと同じだとすれば、ラフィアンの育成方法が何かよくないんじゃないか。たとえば前に行ける馬を、わざわざ行かせないように訓練してるとか? 馬にはそれぞれ、その馬にあった走法と育成方法があるはず。それをみんな同じように調教するから、持ち味を活かせない結果になっているのではと、疑ってしまいます。
果たして今年デビューの2歳はどうでしょう? 2歳世代には、従来と比べて500万〜1000万は高かったラヴ産駒がそろっています。ポイントではじかれ、抽選でも外れてしまったラヴ産駒にしては高額の馬たちには、ぜひとも価格通り、いや価格以上の活躍をしてもらいたいものです。ちなみにうちのラヴ産駒は、今年3月から、もう口にしたくないほどの惨状です(苦) 

ところで、レーニアの勝利、おめでとうですが、えぇっ、オープンじゃなく1600万条件だったの!??
そうか、降級でそういうことになっていたんですね。それならば強い勝ち方も当然です。
もともと力上位だったのですから。おいしい勝利でしたね〜
それにひきかえフォーグは、降級してもぎりぎりのオープン馬(笑)
去年暮れから何回か惜しい競馬が続き、休養前にオープン戦を勝ってくれたおかげで、ありがたいことに今年も出資資金ができました。しかし賞金との兼ね合いでいけば、これからずっと一番下のレベルのオープン馬というのも、出走にさえ苦しむんじゃないかと、やや不安になっているきょうこのごろです(^^;;

Posted by sachi at 05:40 PM | Category: HORSE | Comments (2)

入厩馬近況

5歳馬
グリッツァの復帰は福島開催の後半からに。一度掲示板をはずすと、この連続です。せっかくいい感じで障害戦にデビューし、連戦していたのがストップしてしまって残念。苦手なダートのない福島でぜひとも巻き返し、勝ち名乗りをあげてほしいな。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、美浦で調整中。18日(水)に帰厩し、木曜日からダートのAコースを中心に乗り込まれています。今後はコースで長い距離を乗って息をつくっていきたい考え。福島開催後半の出走を目指します。

3歳馬
パラストは、前走を叩いてぐんと上向いた感こそ「ない」んですか……orz でも、疲れがないってことは、まだまだ本気で走ってないな(苦笑) 次走は福島でのダート短距離ですか。ぜひともここで見所あるレースをしてほしい。芝1200mもいいとは思いますが、函館まで行っちゃうと、勝って放牧ならよいけど、出走ラッシュに巻き込まれて間隔があき、戻ってこられないまま未勝利引退なんてことになりそうで心配(ファッシノがそうでした) なんとか福島で頑張ってほしい。そうすれば新潟も使えるし。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
マイネルパラストは、美浦で調整中。坂路を中心としたキャンターをこなしています。前走を使ってぐんと上向いた感こそないものの、疲れもない状態。鈴木師は「レース間隔が足りないから無理だが、今週の競馬を使おうと思えば使えるくらい」と説明していました。いまのところは福島のダート1150mが有力。直前輸送で函館の芝1200mあたりに臨む案もあります。

Posted by sachi at 07:04 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 20, 2008

ラフィアンのカタログ到着

きのうメール便で届いていました。
あまり時間がなかったので、ざっと見て写真でチェックしてからDVDで見てみましたが、どうもカタログの写真がよくない(というか、DVDのほうが撮影時期がかなり遅い?)ためか、カタログでがっかりした馬も、DVDだとよく見えたりしますね。

さて、募集馬ですが、さすがにダイイチアピール07は群を抜いてよいですね。大物感たっぷり。しかし確かに馬はよいものの、6000万の価格に見合った、あるいはそれ以上の活躍をしてくれるかというと……どうかな。ホクトスルタンくらい出世すればいいけど、ドリームシグナル程度では赤字でしょう。まぁ、シグナルより活躍してくれそうな雰囲気はあるし、シグナルにもまだこれからの活躍は見込めそう。でも、わたしはたぶん出資しません。400分の1なら一口行っておくかと思わなくもないですが。
牝馬のヌーヴェル産駒も、確かに馬格と品格があってよい馬ですね。が、もっと安くて走りそうな馬は何頭かいるような? 牡馬を含めて、わたしにはロージズインメイの産駒のよさが分からないのですけど、それでも総じて牝馬のほうにコストパフォーマンスの高いロージズ産駒がいる気がする。
牡馬も牝馬も、今回の価格は、馬そのものを評価してというより、母の成績と血統、兄姉の活躍(の見込み)を基盤につけた印象で、その点では割高に感じる馬も多い一方、お買い得な穴馬もたくさんまじっている気がします。少なくとも、この値段通りに馬が活躍するわけでは絶対にない。だから、むしろ相馬のできる会員さんなら、うはうはなのではないかな〜 (自分はできないし、血統の知識もないので、これまで同様、比較的値段の安い馬から、直感的に好きか嫌いかで選ぶつもり。あ〜あ、相馬眼がほしいです! 笑)

カタログが届く前に、唯一興味のあったアリオンの下は、カタログ写真を見てがっかりしたものの、DVDを見て、ほう、いいじゃないと思った馬の典型です。しかし、カタログにも書いてあるような、アリオンで気に入った胴の伸びやかさはないような?(アリオン自身も少し変わってきているかもしれんせんが) むしろ胴はつまった感じがするんですが、全体のバランス、踏み込みや前脚の運びもいいんじゃないでしょうか。といっても、バゴという種牡馬がこれまた未知数で、アリオンがまだデビューもしていない(それどころか、不必要な遠征で30キロも馬体減というとんでもない事態になっていることに怒り心頭)現段階でのこの値段には納得できません。

総じてRIM産駒のどこがよいのかよく分からないど素人なんですが、なぜかアドマイヤマックスの仔がよく思えるなぁ。そしてスパイキュール産駒も。もう1頭牝馬で気になっていたアグネスタキオン産駒のMメリアン07は、高いので候補から外れてますが、まだ馬がきゃしゃで今後の成長しだいかな。あきらめて悔いはなし。

で、結局、3頭いるラヴ産駒のうちの1頭に出資しようかなと考えています。大物感はなくても、自分的にそこそこの活躍は見込めると思うし、価格にも納得がいくので。ただし、体高と馬体重&厩舎によっては、出資候補を考え直します。
と言ったものの、去年からセゾンも出資先に入っているのだった。セゾンのカタログが来てからじゃないと決められません。ん〜っと、セゾンのカタログはいつ届くのだろうか。そして募集締め切りの時期は〜〜? 今年は出資を控えようと思っていましたが、馬を見てしまうとだめか。補償もあるので、結局は、やっぱり例年通り、ラフィアンとセゾンで合計3頭までは出資になる可能性が大…… 一口って、なかなか足が洗えないものなんですねぇ(^^;;   あ、でも、隔年で出資という手もありますね。
今年前半の一口馬主の総合収支は、ラフィアン・ゼゾン併せて30万弱のプラスなので、出資馬はその範囲で考えます。補償を考慮すると、20万以下の馬を2頭、そしてこれからの愛馬の稼ぎで秋に1頭。これまでとまったく同じパターンですね(笑)

Posted by sachi at 10:27 AM | Category: HORSE | Comments (10)

June 18, 2008

鉾田滞在馬近況

HPのリニューアルと更新日の変更から2週間、いまだ、所在場所での変更に慣れません。愛馬が多いほうではないわたしでさえ戸惑うのに、たくさん出資馬のいる会員さんは把握しきれているのでしょうか。更新頻度は減っても、以前の年齢別のほうがずっとよかったと、いまでも思います。
それはともかく、現在、鉾田にいるのは2頭です。

5歳馬
グリッツァは順調に調整され、きょう郷原厩舎へ。やれやれです。福島での出走では応援に行けませんが、なんとか頑張ってほしいな。短距離馬は、レースに積極的に向かう姿勢があるので障害戦に向いていると、どこかで読みました。グリッツァはダートはだめだけど、飛越も上手だし、次々に障害デビュー馬も出てくるので、果たして勝てるかどうか分かりませんが、まずは復帰戦での掲示板を期待しています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、トモの疲れも取れてきました。14日(土)と17日(火)に単走で53秒程度の追い切りを消化。多少追い足りないところがあるものの、決して状態は悪くありません。厩舎で調整すれば予定の福島後半の開催には十分に間に合うでしょう。492キロと馬体も絞れており、きょう18日(水)にビッグレッドファーム鉾田から、美浦の郷原厩舎に移動しています。

4歳馬
ハヤトも鉾田へきて早1週間。元気があり、追い切りも消化している模様。7月上旬の入厩と言えばあと2週間ほどですが、降級後の復帰戦は、福島ではなく新潟でのダート戦になるのかな? 未勝利戦を勝ち上がった新潟のダート1800mで、今度は500万下を勝ち上がって再び1000万クラスに上がってほしいものです。頑張れハヤト! この世代のラフィアン・ラヴ産駒のホープになれますように。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。前さばきが少し硬めの感じがあるものの、同馬の特徴なので心配は要らないでしょう。14日(土)、17日(火)と追い切りを行い、共に53秒程度をマーク。元気の良さも変わりません。7月上旬の入厩を目標に仕上げていきます。馬体重は505キロ。

【追記】
なんと、ルーチェも鉾田へ移動していました(馬の移動情報を見て初めて分かった)
ほんとうに現在のHPはユーザー・フレンドリーではありませんね。自分たちの便宜ばかりで、「会員のための更新」だということを認識していないようです。せっかくマイページになっているのに、結局いろんなページを見なければならいないので、いまひとつ使い勝手が悪い。ついでに言えば、会報には載っていた馬の成績も、マイページの各馬のページのどこか(できれば名前のあと)に入れてほしいと思うのですけれど? いろいろ言ってもクレーマーというレッテルを貼られるだけのようなので、ますます腹が立ちます。
それはともあれ、ルーチェは骨折休養後、乗り出してまだ3週間にもならないのに、もう入厩前調整という名のもとに鉾田へ送り出されました。ルーチェの近況があったのは、いつだっけか? 何しろ毎週じゃないので、どの馬がいつどんな更新内容だったのか、ほとんど覚えられません。きょう鉾田へ到着し、明日から早速乗り出すようです。無事に復帰戦を迎えられるよう、くれぐれも鉾田で調子を落としたりケガしたりしませんように。降級後は1000万クラスです。頑張ってくれると信じています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム鉾田で最終調整をしていくことになりました。14日(土)に一緒に移動するMナデシコと追い切りを行い、54秒で併入。骨折後の追い切りはこれが初めてですが、まずまずの反応を見せていました。さすがに調教後の息遣いは荒かったものの、乗り込めば解消するものです。きょう18日(水)にビッグレッドファーム明和から現地へ移動しており、あすから坂路で乗り込んでいきます。

Posted by sachi at 07:13 PM | Category: HORSE | Comments (2)

June 17, 2008

2歳馬近況

あ〜あ、案の定です。だから言わんこっちゃない。アリオンはもう少し休養するはずのところを早々に切り上げて無理やり明和からCVFへ、さらに真歌へと引き回した揚げ句、馬体重が30キロも減ったですと? 年末の大ケガからせっかく回復してきたというのに、いったい何をしているんだ!(怒) それで「良い経験になったはず」はないでしょう。呆れてものが言えません。こんなことをやっていては、札幌デビューもできないのでは? どうしてもっと早くに休ませずに、強い併せ馬ばかりやらせたのか。ラフィアンにも牧場にも不信感がつのるばかりです。せめて、今度こそはたっぷり休ませてやってください。
かたやサイクロンは、レントゲン検査の結果を見て、普通の寝藁に変えるって? それはつまり、結果がよければなんですか、それとも変化なしでもですか? 2カ月たっても何の変化もなかった馬が、それから1カ月で好転しているとも思えないのですが、軽い刺激をわざと患部に与える? まあ、今のまま舎飼いを続けても同じことだと思うし、そもそもモミがらがいいのか悪いのかも分からない。もう好きなようにやってください。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、真歌トレーニングパークからビッグレッドファーム明和に移動しました。今回の遠征で馬体重が30キロも減っています。不慣れな場所に滞在して気を遣っていたためかもしれませんが、良い経験になったはずです。このタイミングで休養を入れることになり、到着翌日から昼夜放牧を開始しています。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、真歌トレーニングパークで休養中。舎飼いされています。馬房にはクッションの効いたモミがらを敷き詰めていますが、レントゲン検査の結果を待って普通の寝藁に替えたい考え。軽い刺激をわざと患部に与えて治療の促進を狙います。ストレスはありそうですが、この生活にも慣れて食事の時間以外は大人しくしています。

*ところで牧場にいる2歳馬の近況更新は、第1・第3火曜日ですよね。
ということは、次は7月1日、その次は7月15日ですが、第5火曜日の7月29日の更新はなく、その次の更新は3週間後の8月5日というわけですね? ほんとに怒りを覚えます。そもそもアリオンにしても、いつ移動したのかさえ書いてないし。2週間に1度でも少なすぎるのに、3週間更新なしとは……

Posted by sachi at 07:21 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 16, 2008

セゾン2歳馬近況

あいたたた……サマーピクシーの歩様はまだ改善されません。原因は腰に? 危ないなあ。やっぱり腰ふらの前兆とかではないのだろうか。せっかくセゾンで初出資したラヴ産駒ですが、こうなったら仕方ありません。待つしかないのですが、どうもいやな予感がします。早くよくなればよいのだけれど、もう1カ月くらいになる? 更新のペースがラフィアンと違うので、どうも踏み込みに力が入らないと言い出したのがいつだったか、記憶から遠い…… はっきり言えるのは、単なる疲労ではなさそうということですね。今年はラフィアンのアリオンに始まって、2歳馬にロクなことがありません(T_T) そろそろ競馬から足を洗えという天からのお告げかも?(苦笑)

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/06/16
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで休養中。昼夜放牧されています。トモの状態は改善傾向にあります。ただ、歩様にはまだ硬さが残っています。しっかり踏み込むことができず、どうやら原因は腰にありそうです。しばらく様子を見ていく必要があるでしょう。騎乗再開時期は現段階では白紙です。

Posted by sachi at 05:58 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 15, 2008

きのうの東京ハイジャンプほか雑感

生では見ていなかったのですが、グリッツァの主戦、平沢騎手がまた落馬していたので、JRAのページで動画を見てみました。最後のほうで竹柵を飛び越えたあと、バランスを崩して落ちました。ターフを転がってはいたものの、馬に蹴られたり踏みつけられたりはしていないようなので、大丈夫なんでしょうね。グリッツァ騎乗で落馬負傷してから、復帰後も気になっています。復帰後は成績もいま一つふるわないみたいなのですが、ケガの後遺症や恐怖心とかはないのでしょうか。グリッツァと名コンビだっただけに、一日も早く本調子を取り戻してほしいと願っています。グリッツァが京都で掲示板を確保できなかったレースで優勝したゴーカイ産駒のオープンガーデンが、いきなり重賞(GII)で3着。やはり強い馬なんですね。これからも楽しみな僚馬ですが、グリッツァのことも諦めずに、よろしくお願いします>郷原厩舎&平沢騎手

そしてきょうの中京メインは、芝1200mのGIII、CBC賞。スリープレスナイトはやはり芝でも強かった! 牝馬ながら堂々たる馬格で、ほれぼれする馬です。これからは芝に転向? それともダート兼用で走るのか。アルビオンが左回り不得意でなければ、メンバー的には勝ち馬をのぞいて十分通用する相手だと思うのですが…… さて、アルビオンの復帰目標など、そろそろ聞きたいところです。

ところで6月も半ばを過ぎますが、今年はまだ募集馬についての盛り上がりが全然感じられません。過去のブログを見ると、昨年は6月17日、一昨年は6月16日にカタログが到着し、同じく去年は6月20日に厩舎発表、一昨年は21日に体高と馬体重が発表されています。が、今年はまだ何のお触れもなし。ツアーが一週間遅れ?なので、カタログも同様なのでしょうか。HPに行ってみたけど、そういえば募集締め切り日の記載もない。それともわたしが見つけられないだけなの? なんだかぶつぶつ不満を言うのにも、もうほんとに嫌気がさしてきました。HPに関してもいろんな提言をしようかと思いつつ、これまでメールを出しても、単純なミスの指摘以外で気持ちのよい返事がかえってきたことがないので、積極的に電話したりメールしたりする気にはなれません。過去のブログを読むと、税金問題に揺れていた去年や一昨年でさえ、とっても楽しそうに募集馬を待っているのが分かる。それにひきかえ今年はどうだろう? リストを見ても、詳しく検討する気にもならない。そもそもロージス産駒に出資する気が、あまりないからかなぁ。カタログを見ると、うわっ、これは出資したい!と思う馬がいることを願いつつ……。

Posted by sachi at 05:35 PM | Category: HORSE | Comments (2)

愛馬出走のない日曜日

今週は出走馬なしで、きのうは久しぶりでまったく競馬をみませんでした。
かわりに朝の地震で、テレビはずっとニュース特番をつけっぱなし。
あんな大地震が日本でまた起こるなんて…… それでも被害は最小限にとどまったようで、まずはよかったと言っていいのかな。都会で同規模の地震が起きたらと思うと、ぞっとします。被災地のみなさんには、いろんな支援のもとで復旧が進み、一日も早く通常の生活が取り戻せるよう心から祈っています。

ところで来週からは新馬戦が始まり、一方ではたぶんカタログも届いて募集馬の選別も本格化するでしょう。出資は、写真や血統やDVDを見てみないと何とも言えませんが、一部の産駒にとんでもない価格がついているのにはびっくり。しかしそれだけ実績が上がっているかというと、相変わらず今年のラフィアンの成績は悪いです。
サラブレッドクラブ・ラフィアン年度別成績
とくに勝利数と勝率は、ラフィアン設立初年をのぞいて最低。一時は6%台に戻していた勝率も、また5%台に戻ってしまいました。今年も前半終了を間近に控え、勝利数はいまだ32。この倍ちょっと勝っても、やっと70勝台確保かな。後半によほど盛り返して頑張ってもらわないと、例年のように80勝、90勝には届きそうにありません。と言っても、去年も夏の新馬戦の成績はあまりよくなかったし、去年に引き続き入厩馬もまだ以前ほど多くありません。秋以降、どれだけ馬が頑張ってくれるかがカギでしょうか。去年は後半の追い込みで年間100勝を達成したラフィアンですから、今年もそれに期待するしかないような……?
従来のサービスが減っていく一方、所属馬が走らないでは、会員として本当に困ります!

Posted by sachi at 05:35 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 13, 2008

在厩馬近況

更新の曜日と方式が変わって本当にやりにくい。愛馬登録した馬の馬名の前か後ろに、更新マークをつけてください!>クラブ事務所さま  それと、更新回数(頭数)が減ったんだから、もう少し早く、以前のように6時頃には更新してください。
それにしても、金曜日の在厩馬更新は曜日的に遅すぎだと思う。先週のレースのことなど忘れてしまいます。やっぱり在厩馬は火曜か水曜がいい。でないと、出走する馬の予定も金曜まで出ないわけで、出走馬リストで確認するしかなくなります。以前のローテは、それなりに意味があったからこそ、長年そうなっていたのでしょう。ポートレートはなくなる、更新回数は減る、馬の滞在先によって更新の曜日は変わるで、遅い更新時間だけは変わらずとは……orz

3歳馬
パラストはレース後の反動もないようで、よかった。次は福島ですか。距離短縮は歓迎です。かかって行ったといっても、この前は松岡騎手が追っ付けて前目につけたんだから、仕方ありません。距離が短くなれば前走ほどひどい最後にはならないでしょう(と思いたい)。福島は芝なのかダートなのか。とにかく何とか勝ち上がってほしいです。うまく調整ができますように。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
マイネルパラストは、8日(日)に東京で出走し、15着でした。久々のレースで気負ってしまった様子。道中は掛かり気味に走ってしまい、直線半ばでは余力が残っていませんでした。レース後は反動で疲れを見せているかと思われましたが、飼い食いが旺盛で疲れた素振りはなく、早めに交わされて最後は走る気をなくしていたのかもしれません。火曜日から角馬場での乗り運動を行っています。次走は福島が有力。短距離への出走も視野に入れています。

Posted by sachi at 08:03 PM | Category: HORSE | Comments (4)

June 11, 2008

鉾田滞在馬近況

案の定です。きのう近況があったハヤトが、またきょうの鉾田でも……
まぁ、頻繁にあるのはいいんですが、やはり馬のグループ化の仕方に問題があるんじゃないでしょうか。そもそも、トップページを見たときに自分の馬がどこにいるのか、本当に分かっているならいいけれど、状況によってはそれが分からないときもある。以前のように、馬の移動情報を更新したらnewのマークがつくわけでもないし、今どこにいるのかは、普通、自分の馬の近況を開いてみて分かることではありませんか? ましてや更新が2週間に一度なら、なおさらでしょ。全馬の近況を見ようと〇歳馬のリストを開いても、更新された馬とそうじゃない馬がごちゃまぜで分かりにくい。せっかく愛馬登録をしているのだから、せめてマイページを開いたときには、その馬の名前に更新マークがつくようにしてほしいです。
どうも、このところ近況があるたびに文句を言ってますね。「なんでこんなことをするの? かえって能率が悪いじゃん」という思いが強いので、馬のことに気持ちが行く前ににむらっときてしまうんですねぇ。ごめんね>愛馬たち

5歳馬
グリッツァは、どうして鉾田で疲れちゃうんでしょうか。落鉄で乗り込めなかった日もあったようなのに。ともかく、来週入厩してくれそうなのでほっとします。郷原厩舎にいてくれたほうがずっと安心だ。福島の障害レースは、待望の芝ですよね?(一度も見たことありません。苦笑) ここで勝てないでどこで勝つ?ですよ。頑張ってほしいな〜ぁp(^-^)q
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。疲れからくるトモの少々のぎこちなさは、乗ればほぐれる程度。負荷のかけすぎに気をつけなければなかったけさの追い切りは、4ハロン56秒程度にとどめました。馬体重は500キロちょうど。来週の入厩を予定しています。

4歳馬
ハヤトはきのうに引き続きの更新です(苦笑)きょうから仕上げの段階に? よしよし。こちらも早く小西厩舎に送り出してくださいね。2歳馬の入厩と新馬戦を控えて馬房の確保がむずかしいところもあるかもしれませんが、ハヤトくんもやっぱり小西厩舎にお任せしたほうが安心できるんですよ、わたしは。だって下手に鉾田に長くいると、必ずケガしたり順調さを欠くようになったりしてしまうんですもん。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。環境に慣らしながら普通ペースで状態を整え、きょうから仕上げの段階へ。2本目に56秒程度で駆け上がる追い切りを消化しました。「特に悪いところはないですね。元気もあるのでどんどん進めていけそう」とスタッフ。

Posted by sachi at 06:28 PM | Category: HORSE | Comments (2)

June 10, 2008

メイクデビュー???

なんだかあちこちで話題になっているので、なんじゃそれと思ってJRAのHPへ行ってみました。
な、な、なんと、新馬戦の愛称? や、や、やめてよ〜〜 そんなヘンなインチキ英語!(まぁ、それを言うとマイネル〇〇もおかしいのではありますが、馬名とスローガンはまた別でしょう)
間違った英語なんか使ってくれるなよ、JRAさん!!! 英語ができる外国人に見られると思うと、恥ずかしくてたまりません。
メイクデビューなんていう英語はないぜ〜 正しくはmake a debut もしくはmake one's debutでしょうが。せめて「a」を入れてください。そして 場所の前に「in」もね。省略形? そんなものありません! このままだと、ハコダテ/フクシマ/ハンシンよ、デビューせよ、ですよ。まったく、意味不明! この国際化の競馬の時代に、なんでまた、そんなピジン・イングリッシュ、いや、ジャパリッシュを…… 恥ずかしくて顔から火が出ます。投書攻撃してやろかな、ったく。

Posted by sachi at 08:04 PM | Category: HORSE | Comments (0)

BRF滞在馬近況

愛馬がほとんど牧場にいる現在、更新が2週間に一度になるうえに、とても見づらい。これは改悪以外の何物でもないのでは? このさい、もう更新は2週間に一度でいいから、年齢別に戻してほしい。北海道と言いながら鉾田にいる馬もいるし、どこでどの馬が更新されるのか、まったくややこしくてたまりません。
おまけに、月曜日のレース結果はこれまで同様ただ着順が出るだけで、何のコメントもありません。これで入厩馬の定期更新の金曜日まで、音沙汰なし? セゾンは日曜や月曜のレース結果の更新で、馬の状態や次走についての報告がありますよ。ポートレートのかわりとなる牧場からの報告は、次は6月分はなく7月だって言うし…… まったく手抜きもいいところでは?(怒) そのうえ、多いほうではない愛馬を追うのに、手間だけはかかります。

6歳馬
アルビオンは放牧を楽しんでいるようです。もともと太りやすい馬のようなので、今度はどれくらいおでぶになるか……(笑)もともと夏は好走したことがない馬なのですが、今年は秋に早めに帰厩できるでしょうか。中山の芝1200mを走らせたいなぁああああ。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
マイネルアルビオンは、ビッグレッドファーム浦和に滞在中。昼夜放牧されています。蹄鉄を脱がせていることもあって短くなった蹄を気にするところがあるものの、基本的には元気一杯。放牧の際に曳き手から離れると嬉しそうに放牧地を駆け回っていることもしばしばです。体は早くもふっくらして余裕のある体つきになっています。

4歳馬
ハヤトはもう鉾田へ移動しました。こういう場合は、また水曜日に鉾田からのレポートがあるんでしょうか。一応、順調に調整されての鉾田への移動なので仕方ないかと思いますが、「人手不足」が原因とは…… どうも鉾田にはいい印象がありません。仕上げは鉾田でなどと言わずに、早く入厩させてください。
ルーチェはまだ入厩まで、しばらくかかりそうです。といっても、もう15-15にかかってます。この馬は仕上げにそう時間がかからないと思うので、新潟で復帰できそうかな。新潟まではなかなか応援に行けませんが、秋の東京を楽しみに。いや、その前に、降級して一つ勝ってくれると嬉しいな。
フォーグは新潟での出走目標があるので、真歌へ移動する日も近そうです。蹄が薄くて気にするのは3歳時から。わたし自身は確認していませんが、ダービーのときも裂蹄だったという話もあります。成績が安定しなかった裏には、それもあるかもしれません。蹄鉄を打てば今の症状は解消されるでしょう。皮膚が薄いと蹄も敏感になるのだとしたら、これは走る馬の宿命かも? まだまだ強くなる馬だと信じています。復帰が待ち遠しいです〜♪
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
マイネルハヤトは、追い切りこそ入っていませんが、この中間はぐんぐん体調が上向きました。飼い葉も安定してしっかり食べれるようになっています。まだ追い切りを行っておらず、追い不足ではありますが、人手の関係もあってビッグレッドファーム鉾田で仕上げていくことになりました。7日(土)に真歌トレーニングパークから現地へ移動しています。入厩までにはもう少し時間が掛かりそうです。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
マイネルーチェは、ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。この中間から15−15にペースを上げました。体がまだ絞れていないため、手先の重そうなフットワークは変わりませんが、調子自体は順調に上がっていて集中もできています。気温も上がって汗も良くかくようになっているので、これからどんどん絞れてくるでしょう。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
マイネルフォーグは、ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。この2週間ですっかり体が丸みを帯びました。元気もあるので、そろそろ真歌トレーニングパークに移動して調教を始めることを検討しています。蹄が薄くなってきたため、厩舎への行き来の際に砂利道を歩くと気にしておかしな歩様に。放牧地など下が柔らかい土のところでは普通に歩いています。

3歳馬
アルデュールも、札幌開催での復帰予定だそうで、明和で運動再開です。前走あたりから、本当に馬がしっかりしてきた印象。牧場でどれくらい大人になったかな。1000万下で古馬との対決は厳しいかもしれませんが、まだ時間がかなりあるので、じっくり馬をつくってほしい。いまから楽しみです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
マイネアルデュールは、ビッグレッドファーム明和で調整中。休養馬専用の厩舎から育成の棟に移した先週、坂路でキャンター1100m1本の運動を再開しました。すでに15−15ができる段階までステップアップしています。いまのところは札幌開催での復帰が有力。スタッフは「仕上げすぎに気をつけたい。もうしばらくはいまのペースを続ける予定。実際は大きくなっていないかもしれないが、以前より馬体を大きく見せる。子供っぽい面が薄れている」と話していました。

Posted by sachi at 07:48 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 09, 2008

パラストは15着に終わる

復帰初戦で距離も長かったとはいえ、厳しい結果です。

6月8日(日) 東京4R 3歳未勝利 芝1800m [指] 馬齢 発走 11:30 天候:曇 芝:良
15着 3枠 5番 マイネルパラスト 牡3 56.0 松岡正海 1:51.2 ハナ 37.6 486 +6 鈴木康弘 11/18人気

思い切って前半、前に行けたのはよかったものの、4角をすぎてこれからというときに、案の定、脚がとまってしまいました。パドックでも集中力を欠き落ち着きがない印象。気合いをつければそれなりに走っていたようだけど、松岡騎手も言ってるいように力んでましたね。やはり距離はもっても1600mまででは? これで変わってくれるといいのですが、だんだん時間が……

騎手コメント: from Race Courseより
松岡騎手「脚質を考えて、ある程度前につけるつもりでいた。道中、もっとリラックスして走れるようになれば…」

曇り空でいい写真が撮れませんでしたが、パドックで1年数カ月ぶりに対面したパラスト。
まだやや太めながら、たくましさが増し、いい馬体になっていました。

周回中はやや落ち着きなく、首を激しくあげたり下げたり。でも、こんなりりしい表情も。

松岡騎手騎乗で本馬場へ向かう。

騎手が落ち着かせてから、返し馬。ちょっとスムーズさを欠いていたかな?

バイタルほか他の出走馬の写真は「続きを読む」をクリックしてね!

大型馬もいたなかで、さほど大きくはないけれどバランスのとれた馬体と筋肉が印象的だったマイネルバイタル。

勝ち馬ユノパラボリカ。けづやもよく、力を発揮できました。

何と言っても目をひいた良血馬チャイコフスキー。540キロを越える馬体ながら、
バランスがよいためスリムな印象。気品のある顔立ち(笑)

返し馬もスムーズで、いい感じだったバイタル。

バイタルはチャイコフスキーと2着争い。健闘しました。

チャイコフスキーもバイタルもすぐに勝てそうですが、パラストは…… かなり不安が…… 頑張れ〜〜!!!

Posted by sachi at 04:25 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (2)

June 07, 2008

アリオンが再び馬三郎のコラムに登場

昨年末の大ケガから回復して調整されているマイネルアリオン、3カ月の療養で馬体も昨年末よりまだ30キロほど軽いのですが(一時は50キロも体重が落ちていた)、期待度は依然として高いようです。見過ごしていたのですが、ちょうど1週間前の馬三郎のコラムで、今年のダービーに出走したマイネルチャールズの後釜?として、アリオンがマイネルクロッシュ(高橋裕厩舎に入厩ずみ。福島開幕週の新馬戦でデビュー予定)とともにご指名を受けていました。

馬三郎タイムズ コラム | 北海道牧場紀行 特選2歳馬情報〜日本ダービー関連編〜

当初は母父ダンスインザダークが強く出ているように思っていたアリオンですが、実際のところ、それもまだ分かりません。9月から12月半ばまでは明和一番馬の評判が高かったものの、大ケガによる療養のあと、調教の進んでいる早期入厩組にはまだ追いつけない様子。とはいえ、もともと秋以降のデビューと言っていたのに、放牧をさっさと切り上げて他の牧場に出稽古に行ったり、なんやかやとエリート教育?をされているみたいで、そんなことはもう少し馬がしっかりしてからでいいのにと、はらはらすること多しです。ラフィアンでは、そういう期待馬に限って、どういうわけか結果的に期待を裏切ることが多いから(^^;;

そうこう言っているうちに、あと2週間で新馬戦が始まる時期となり、例年ならラフィアン馬の活躍が待ち遠しいころなのですが、ここ1〜2年、夏競馬でのラフィアンの新馬戦勝ちがめっきり減り、やや寂しい感があります。これは方針の転換なのか、それとも育成方法が変わったためか、はたまた馬のレベルが全体として低いのか…… と、いろんなことに不安を抱いていた矢先、このコラムは嬉しい限り。このまま無事に調整が進んで、目標どおりのデビューと活躍ができるよう祈っています。

Posted by sachi at 06:50 PM | Category: HORSE | Comments (0)

パラストは3枠5番

6月8日(日)
東京 マイネルパラスト 4R 3歳未勝利 [指定] 56 松岡正海 芝1800m 11:30 18頭 3枠 5番

内めのよい枠だと思います。あとはどれだけ走ってくれるか。
この1年余り、種子骨炎のせいでずっと放牧が続き、それも落ち着いたと思うと今度はソエが出てなかなか順調に乗り込めませんでしたが、そのブランクを跳ね返してくれるような走りを期待します!

全枠順
1 1     スズカニール 牡3 53.0 ▲千葉直人 小島茂之
1 2 ▲   チャイコフスキー 牡3 56.0 ホワイト 藤沢和雄
2 3     エイシンフレンチ 牡3 56.0 吉田豊 大久保洋
2 4   ▲ トミケンジェネール 牝3 54.0 大野拓弥 柴崎勇
3 5     マイネルパラスト 牡3 56.0 松岡正海 鈴木康弘
3 6 ◎ △ ユノパラボリカ 牡3 56.0 横山典弘 奥平雅士
4 7   ◎ マイネルバイタル 牡3 56.0 武豊 稲葉隆一
4 8 △   ダイワポーラスター 牡3 56.0 内田博幸 二ノ宮敬
5 9 △   アドマイヤジョイ 牝3 53.0 ☆的場勇人 的場均
5 10 △   タイセイボナンザ 牡3 53.0 ▲三浦皇成 菊川正達
6 11   ○ アサヒバイブル 牝3 54.0 柄崎将寿 内藤一雄
6 12 △   ダイワコルベット 牡3 56.0 武士沢友 鹿戸雄一
7 13 ○   バーチャルウォーズ 牡3 56.0 田中勝春 宗像義忠
7 14     モリガキラリ 牝3 54.0 江田照男 藤原辰雄
7 15     ヒビキジュリアー 牝3 54.0 石橋脩 斎藤宏
8 16     オーミシンフォニー 牡3 56.0 石神深一 佐々木亜
8 17     パーソナルテンエイ 牝3 51.0 ▲草野太郎 坂本勝美
8 18     オーシャンブリーズ 牝3 54.0 福永祐一 小笠倫弘
(印はnetkeiba.com)

*あうっ、パラストは無印かぁ。まぁ、仕方がないですね。3走しかしていなくて、掲示板もなし。ダートから芝へ、距離も1ハロン延長ですから。ユノパラボリカは4着、3着ときてノリちゃんで必勝態勢。僚馬のマイネルバイタルは武豊騎手! ちなみにバイタルは、去年9月に発症した蹄骨骨折を克服してのデビューでした。同じく蹄骨骨折で2カ月以上舎飼いが続いているサイクロンと比較すると相当に軽度の骨折だったようですが、それもあって、同レースながら頑張ってもらいたい。あとは、まあ、この時期の未勝利戦ですから、どの馬もそれぞれに理由が…… 

Posted by sachi at 11:58 AM | Category: | Comments (0)

在厩馬近況

現在、入厩しているのはパラストだけですので、近況もパラストのみ。

3歳馬
パラスト、久々の出走です。まだ本気になってないみたいだけど、ここは一つ頑張ってもらわないと。
といっても、距離は少し長いかもしれないし、かかってしまう不安もあり。まだ3走しただけで、うち2走は脚元のこともあってダート。芝・ダートの適性も距離適性もいまだ分からないし、復帰初戦の今回は半ば様子見でしょうか。予報では雨になるようです。力のいる芝でどうか。ダートも苦にしないようなので大丈夫だと思うんですが、とにかく松岡騎手、気を抜かせないようしっかり追ってくださいね。集中力を発揮できますように〜 そして次につながる競馬を!!!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
マイネルパラストは、8日(日)、東京4Rの芝1800mに出走します。鈴木師より「松岡が乗れるレースを使いたい。改めて適性を確かめたいし、久しぶりに芝を使うかもしれない」との報告が事前にあり、ここへの投票に至りました。坂路では引っ掛かり気味に走ったり、急に気を抜いてふわっとしたり。ただし、力の出せそうな状態には整っています。

*今月から変わった近況の更新日。曜日も変更(というか、更新頻度も隔週に)ですが、近況のカテゴリーが変わって更新が北海道、鉾田、在厩と状況別に。しかし馬のリストは年齢別だから、やはり非常に分かりにくい。それと、直前の金曜日にレース前の情報が聞けるのはうれしいものの、やはり出走予定とかはもっと早く知りたい。在厩馬の更新は、やはり火曜か水曜がいいなあ。

Posted by sachi at 04:54 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 05, 2008

今週の調教時計

マイネルパラスト
6/1 助 手 美南W 重 - - - - 53.5 39.6 14.2 1 馬ナリ余力
6/4 伊藤工 美南坂 良 - - - 59.5 42.1 27.8 14.6 0 馬ナリ余力
6/4 伊藤工 美南坂 良 - - - 55.1 37.5 24.5 12.7 0 馬ナリ余力
6/5 助 手 美南坂 良 - - - 57.1 44.3 31.7 17.9 0 馬ナリ余力

出走予定なのですが、一度も強く追ってないんでしょうか。
今回、掲示板に載れなければ、次走がいつになるのか……
なんだか気分が落ち込みますね。

*HPに関して言えば、マイページは便利ではあるのですが、近況の更新状況が分かりづらい。うっかり見過ごしてしまいかねません。登録馬の馬名欄に、近況更新マークでもつけてくれれば、まだしも分かると思うんだけどなぁ。
どんどん改善の要望をメールすべきなのか、それとも?
実はきのう、グリッツァの厩舎が転厩前のままだったので、連絡機能を使ってメールしました。ほかにも何頭かそういう馬がいるようだし、早急に訂正をしたほうがよろしいのではないでしょうかといった内容で。しかし、自動返信メールはきたものの、ラフィアンからはひとことの連絡もありません。ま、いいけどさ。普通は何か言ってくるものじゃないんでしょうかね……と、書いてるあいだに、グリッツァほか4頭の厩舎を更新しましたと、ラフィアンからメールが来ました! 「新ホームページはまだ不具合も多く見られ、ご迷惑をおかけし申し訳ございません。皆様のご意見をいただきながら、よりよいホームページを作ってゆきたいと思いますので、お気付きの点などございましたら、ぜひまたお知らせいただけましたら幸いです。」ということです。これは本心か、それともリップサービスなのかな?(笑)

Posted by sachi at 07:36 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走確定馬

パラスト、日曜に府中で出走が確定しました。

6月8日(日)
東京 マイネルパラスト 4R 3歳未勝利 56 松岡正海 芝1800m 11:30 18頭

しかし調教時計を見ると……う〜ん、どうも掲示板確保もむずかしいんじゃないのかな。まあ、頑張ってもらうしかないのですが。

Posted by sachi at 07:35 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 04, 2008

5歳馬近況(鉾田)

これまでの年齢別の近況ではなく、北海道、鉾田、入厩馬になったので、なんだかややこしくて、すんでのところで忘れてしまいそうだった(^^;;  慣れの問題かもしれませんが、やっぱり以前の形の近況のほうが単純で、こちらもフォローしやすい。鉾田から牧場とか、トレセンから鉾田、トレセンから牧場と移動するたびに更新の日が変わるなんて、ほんとにわけが分からなくなりそう。単なる思いつきでやったんじゃないでしょうね。なんだかまたむらっと怒りが込み上げてきそう。何でも実際にやってみないと細かなところまで気が回らないもの。ラフィアン事務所は、予備段階でもろもろのことを検証したうえで、こうした決断を下しているのだろうか。どうも、そうじゃないと思ってしまう(ー_ーメ)ムゥ〜 おまけにグリッツァの厩舎が、いまだに「秋山雅一」だなんて、おいおい! いまさらそれはないでしょうが。本文にだって「郷原師と打ち合わせ」と書いてあるのに(怒) まったくもう。せっかくHPの出来のよさを褒めたのに、これじゃあ、またプロの仕事だなんて、とうてい言えません。チェック機能ゼロ? 責任者はいないのか。プロ失格ですよ。ほんとにイヤになる。

グリッツァはちょっとしたアクシデントで、また入厩が延期。大事には至らなかったようだけど、また順調さを欠くようになってしまった。う〜ん、残念。東京は無理だから、またしばらく応援に行けません。今回の蹄の事故は牧場に責任があったというわけではないけれど、やっぱり鉾田より厩舎で管理してほしい。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
マイネルグリッツァは、ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。この中間、落鉄した際に釘を踏んでしまったようで右トモの蹄を痛めてしまいました。幸いにも3日程度で回復し、2日(月)には追い切りを行って単走ながらも52秒とまずまずの時計をマークしています。ただ大事を取って来週予定していた入厩を1〜2週延ばすことで郷原師と打ち合わせています。

Posted by sachi at 08:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

募集馬、価格発表

ですが、これまた従来とは違った値付けな気が……。
たっか〜と思う馬もいれば、どうってことない繁殖のロージズ産駒は安め。牝馬もちょっとよさそうに思える馬は高い。てか、おしなべて高い。牡馬かと思った(苦笑) 全般的に、比較的興味があった馬の値段が高く、どうも食指が動きません。完全に安馬と高馬/数百万上乗せの馬が分かれました。これは選択がむずかしそう。基本的には安馬しか買わない方針ですが、何よりも、まずは馬(写真とDVD)を見てみないと。そして厩舎も(関西が増えている感じ)。補償があるので、とりあえずどれかコストパフォーマンスが高そうなのを1頭選びたいのですが、カタログがくるまで選べない。最終的には、やはり厩舎が決まらないと無理かな。

Posted by sachi at 06:26 PM | Category: HORSE | Comments (3)

今週の出走予定馬

パラストが東京競馬場で出走です。

東京競馬場
マイネルパラスト 8日(日) 4R 3歳未勝利 松岡正海 芝1800m

松岡騎手で芝1800mですか。ちと長い気もするんですけど、掲示板に載れるかな。載ってほしいな〜〜 じゃないと後が厳しくなります。松岡騎手には積極的にいってほしいです。〇〇を見越して云々という言い訳は聞きたくありません!(アルデュールと違って、もう見越すレースはないんですよ) 日曜は午後から同窓会があるので、ちと厳しいのですが、お天気のようだし、何とか応援に行きたいと思っています。

*一つ前のエントリーには書かなかったのですが、HPの新着情報は新しい項目を上にしてほしいと思っていたら、きょうはそうなってました。これでさらに見やすくなりました。

Posted by sachi at 06:24 PM | Category: HORSE | Comments (0)

改めてリニューアル後のラフィアンHP

きのうは新しいHPがなかなか出なくてあせりました。他の会員さんも大騒動のようでした。DNSのキャッシュがクリアされないと旧ページが出てしまうのはよくあること。しかし、せめて旧ページにそのことを書いておくべきだったと思います。クラブもちょっと配慮が足りなかったですね。登録をすませたあともページが出たり出なかったりしたのは、新HPを稼働させてからもシステムを微調整していたのかもしれません。

結果として、新装HPはとても使いやすいと思います。ログインしたあと、かなりのメリットはあり(これまで毎回面倒だった会員専用ページへのログインが不要となり、「ラフィアンからのお知らせ」が一発で分かるのもグゥ〜〜〜!)、セゾンのように自分の出資馬を見るのはよいけれど逆に他の馬を見ようとすると手間がかかるという事態は、見事にクリアされていました。会員でなくても馬の情報を見られることには、賛否両論あると思いますが、わたしはいいと思います。逆に言えば、アクセスキーを入れてマイページの登録をするほどの情報があるかというと、そうでもないわけだけど、リンク/ナビゲーションがうまくいっているので、ログインしておけば他の馬も愛馬と同じように詳しく一括して見られるのは便利です。しいて言うなら、一つだけ変えてほしいなと思うのは、出走予定馬の「除外対象/除外の可能性あり」マークかな。自分のパソコンがいけないことをしちゃったのかと、ドッキリします(苦笑)

内容的に一番痛いのは、今月から牧場滞在馬の近況が隔週になってしまうこと。せめてデビューを控えた2歳は毎週にできないものでしょうか(状態に変わりがないなら、そう書いてあればよいことです)。近況に関しては、入厩馬の金曜更新がどう出るかという不安もあり。レース後の状態などは火曜か水曜にアップされるのでしょうかねぇ。
あ、そういえば会報の巻頭言と馬恋慕が1カ月遅れでHPにアップされていましたが、あれはどうなったのかしら(不要だと思っていましたが)。それから、登録馬の出走メールは? 登録をしたときにはメールサービスの有無を選ぶ項目はなかったと思う。ただでさえ無駄なメールが多いので、わたしはいらないんですけど、ひょっとして自動的にくるのでしょうか?

Posted by sachi at 08:28 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 03, 2008

2歳馬近況

ラフィアンにしては珍しく、先週の金曜日に続いてきょう更新です。しかし、これから2週間はないんだものなぁ。マイページの設定は面倒でしたが、ログインしてからはセゾンよりずっと使いやすいですね。一度ログインすれば、ブラウザを閉じてもログアウトしないかぎり記憶していてくれるみたいだし? とはいえ、最初はなかなかつながらなかったのでいつものIEではなくネットスケープにしたらすぐにトップページが出ました(いまはどちらも出ます) 写真は相変わらず小さいままです(^^;; そのうち大きくなるんでしょう。出走予定や調教タイムは、まだ使い勝手が分かりません。あと、PCの設定にもよるのでしょうが、ネットスケープならちょうどよい文字配分なんですが、IEだと文字サイズを「小」にしないと、トップページの「ラフィアンターフマンクラブは、サラブレッドを愛する人たちが、競走馬に共同出資し、中央競馬を楽しみ、親睦を深めるためのクラブです。」というのが、下のサムネイルと被ってしまいます。でも、心配していた全馬の近況などは、マイページの設定をしていても連続で見られるので、その点は考えたなと思います! Good Jobです!!! (←あれ? 今はまたダメだぁ〜〜)

ともあれ、アリオンはMエルフと併せたものの追走に苦労したよう。だから、もうすぐ入厩する馬と最低3カ月は遅れている馬と一緒にしなくてもいいってば〜 やらせてみたいのは分からなくもないけど、本来なら5月いっぱい休養するんじゃなかったんですか? 中途半端に休ませたり移動させたり…… 何度も言うようですが、焦ってほしくないです〜 
サイクロンは相変わらずです。この馬は舎飼いしかないので、1カ月後のレントゲンで今後を決断していただきたい。しかしもし引退となっても、どのみち一次募集には補償が間に合わないですね。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアリオン……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
マイネルアリオンは、真歌トレーニングパークで調整中。けさ3日(火)にMエルフとの追い切りにパートナーとして参加。2番手から後半2ハロンをビシッと追いましたが、遅れての入線でした。跨ったスタッフは「促さないと追走できなかったが、スピードに乗ればさすがに動く。反応もジリっぽかったし、相手とは仕上がりの差もありますね」と振り返っていました。

▼マイネルサイクロン……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
マイネルサイクロンは、真歌トレーニングパークで休養中。舎飼いされています。運動や食物を大幅に制限するとガレてしまう馬が中にいるものの、同馬は筋肉が落ちて少し細くなった程度。目の輝きを見ても、この管理にしては体調が良さそうです。いまは食事の時間が唯一の楽しみ。飼い葉を与えるときは、早く口にしたいばかりに攻撃的な態度を取ることもあります。

*やっとDNSが浸透したのか、ラフィアンのリニューアルしたHPが見られるようになりました(午後10時46分) やっぱりなかなか見やすくて便利そうですよ! これで更新が従来どおりなら嬉しいんだけど……

Posted by sachi at 07:10 PM | Category: HORSE | Comments (0)

また1年後に期待をかけて

ダービーも終わり、3歳世代の頂点に立つ強い馬が誕生しました。
チャールズは、非出資者としてはよく頑張ったと思うのですが、出資者の皆さんはあれやこれや不満も残るのかな。コメントによれば理想通りの乗り方ができたと松岡ジョッキーは言ってるけど、もっと前で競馬をしていればと思う方もいるでしょう。個人的には最後までよく粘って脚を伸ばしたし、現段階での力は出し切ったのではないかと思う…… とにかく勝った馬が強かった。

やはりGIの壁はそうやすやすとは破れませんでした。ダービー優勝は総帥の悲願だけど、チャールズはラフィアンで過去それに一番近い馬でした。去年はフォーグなんか、出走するだけで恥のように言われ(怒)、しんがり人気で結果は12着。それでもよく頑張ってくれたと思うし、とても満足でしたが、チャールズは弥生賞を勝ち、皐月賞も1番人気で3着。そして本番は2番人気に押されて堂々の4着。十分に立派じゃないですか。ダービーの成績が7着でもアドマイヤムーンのように大成する馬もいます。チャールズがこの夏、しっかり休養して、秋にひとまわり大きくなって戻ってくるのを待ちつつ、また2歳世代で来年のダービーにかけるしかありませんね。

それにしても、GIの壁は厚い−−とくにクラシックは。でもクラシックだけではありません。過去にラフィアンの馬で中央の古馬GIを勝ったのはマイネルラヴだけです。だからクラブはもっとラヴに期待していい繁殖につけてほしいと、ずっと思ってきたのですが、初代産駒の重賞勝ち以降、いまや種付けも募集も先細り。今年の2歳馬から後継になるような馬が出なければ、あとは母父として残るだけかしらと、寂しい気がしています。強豪ぞろいだった同世代の種牡馬も、エルコンドルパサーはすでに亡く、スペシャルウィークも旬をすぎた感あり。世代交替はいたしかたないとしても、せっかくラフィアンから出た唯一の古馬GI馬、もう少し厚遇してくれればいいのにな。

もちろん、クラブの目標がダービー・タイトルしかないというなら、その目標はラヴではかなえられそうにありません。しかしダービーだけがGIではないし、クラブとしては募集馬が全般的にいい成績をあげることが、繁栄につながるのではないでしょうか。わたし自身はGIでなくとも重賞勝ち、あるいは地道にコツコツ走って1億円馬になってくれるようなら、大満足ですが、とりあえずは1勝2勝を。ちなみにセゾンは、ほとんど同じ供給元の馬なのに、現在3歳世代の勝ち上がりは18/28と驚異的です。この差はどこからくるのでしょうか。今年もしっかり選馬をして、クラブにほどほどの値段で活躍馬をたくさん提供していただきたい。しかし自家生産馬を半自動的に募集に回し、おまけに父の選択の幅が極端に狭まるうえに、仮に値段も高め設定だとしたら……

Posted by sachi at 04:42 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 01, 2008

動画配信

しばらく気づいていなかったのですが、アリオン、ハヤトの調教と、休養中のアルビオン、フォーグの動画がアップされていました。
アリオンは縦列調教のため、手応えとか全然わからなーいヽ(´ー`)ノ 本来は明和の馬だし、明和での調教ぶりは動画でほとんど確認のしようがないので、今回やっと走る姿をかいま見ることができたという程度。でも、まだ馬がしっかりしていません。あまり焦ってあれこれやらずに、じっくり乗り込んでほしいです、ほんと。
ハヤトは、だいぶ調子も上がってきたように思いますが、もともと叩き良化型なので、復帰まで乗り込んだとしても、初戦で勝ち負けは無理っぽいな。
アルビオンは、もう馬体がふっくら。でもなんだか背景が違うせいか、馬がリラックスして、生き生きしているように見えます。しっかり英気を養ってね。
フォーグはのんびり草を食んでます。ここで一息入れて、8月の復帰戦に備えてほしいな〜 青草が生えそろった牧場は、見ているだけでも気持ちがいいです♪

(ところでいつも思うんですが、ラフィアンの使ってるサーバが悪いのか、一度でスムーズに動画をダウンロードできた試しがありません。セゾンはきれいに出るのに。途切れ途切れにダウンロードされるのを放置しておいてからもう一度見ないと、見られたものではありません。今度のHPリニューアルで、これも改善されるのだろうか?)

Posted by sachi at 12:11 PM | Category: HORSE | Comments (0)