May 30, 2008

ラフィアンはどこへ向かう?

某掲示板にもいろいろと書き込みがありますが、今月の会報で、ラフィアンへの愛着がまた一歩後退したかも。
まず、巻頭言にはほんとにがっかり。いったい何が言いたいのかな。つまりは新規募集の馬の価格が高くても、「プロが選んだ自信の馬」だから文句を言うな、ですか? だったら、今年の3歳も過去と同じように約半数が勝ち上がり、2勝馬やオープン馬も順当にそこそこいてほしいものですが、チャールズ、レーツェルをのぞけば2勝している馬は4頭しかおらず、賞金額も世代3位の馬で2000万台。今年の2歳はどうだろう。価格はかなり高くなったのに順調さを欠く馬が多いように思う。自分の出資馬がそうなので、そう感じるだけかもしれませんが。
新装になるHPの見本ページも会報に載ってますが、やっぱりセゾンとほとんど同じようなレイアウト。一度登録して、メールアドレスとパスワードでログインするのも同様のようですね。あれ、いちいちメアド入れなくちゃならないので、不便なんですけどね〜
そして近況の更新日の変更により、6月からは北海道滞在馬が隔週になり、またサービス低下……。とくに2歳馬はデビューまでこの近況が一番の楽しみなのに、隔週なんて、とってもつまらなぁ〜〜〜い。3歳以上の北海道滞在馬も、急変がないかぎり同様ですが、怪我で療養中の馬など、気掛かりです。トレセン滞在馬は金曜日に。ということは、土日のレースのあと、金曜日まで動向が分からないってことなの? だとしたら、これまた非常にじれったい。from RaceCourseにはコメントがない馬もいるし、レース後順調かどうかや次走の予定などは、あのブログにはありませんから。それとも、出走後のフォローはセゾン同様こまめにやってくれるのでしょうか? それならまあよいけど。
今月の会報でよかったのは、BRFのスタッフ紹介(稲垣さんは鉾田に異動?)と、福田さんの「さよならポートレート」(彼の書き方は反発を覚えることなく受け入れられるのに、社長の書き方にはまったく共感を覚えられないのはどういうわけでしょう)、そしてスタッフAさんのコメントで、Mフォーグの谷川岳S優勝時、「ゴールの瞬間に涙が出てきた」という厩務員さんの言葉が聞けたことでした。いつもパドックで長い手綱を首の後ろからまわすクラシックなスタイル?でフォーグを曳いてくださっている年配の厩務員さん……最初の頃はハミをかみかみ厩務員さんに甘えていたあのきゃしゃな馬が、オープン戦で待望の2勝目をあげたときのその光景を想像するだけで、こちらも思わず涙がこぼれそうになります。東上しての連闘もあったしダービーにも出走したし、手塩にかけて育ててくれた厩務員さんに改めて感謝。

Posted by sachi at 07:21 PM | Category: HORSE | Comments (4)

セゾン2歳馬近況

昼夜放牧で歩様は少し改善したようですが、調教再開はまだ見合わせ中。早期デビューを目指して乗り込みすぎて、馬体もがれてきていたようだし、このさいだからしっかり休養させて基礎体力をつけていただきたいです。まだまだ夏デビューにも間に合うと思います。

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/05/30
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで休養中。中間から昼夜放牧を開始しました。歩様は乗り込んでいたときほどではありませんが、まだぎこちなさが残る状況。騎乗再開しても問題ないと判断できるまで、様子を見ていく予定です。良い機会なので、体質強化も図っていきます。

Posted by sachi at 07:13 PM | Category: HORSE | Comments (0)

2歳馬近況

毎週の近況もこれが最後ですか……。とくに2歳は、はなはだしいサービス低下だと思いますが、もうどうでも好きにしてくれという心境。せめて馬だけはしっかり育成してください。そして新装HPでは、従来のように6時前後の更新に戻していただきたい。
アリオンはまだ真歌に滞在中。坂路での追い切りでMエルフやプライゼンの手応えに及ばなかったそうですが、現段階での完成度も距離適性も違うので、あまり意味がないと思っています。あちこち動かして馬を戸惑わせたり壊したりしないよう、くれぐれも注意してお願いしたい。
サイクロンは舎飼い継続中。蹄骨骨折では6カ月の舎飼いもあるということを骨折当初にどこかで読んだので、重傷ならとても競走馬デビューは無理だと思っていましたが、どうやら牧場もそのような認識に立ったようです。これから1カ月後の判断を待つしかありませんが、どうなるにしろサイクロン自身の運命はとても苛酷。たとえ中央の競走馬になれなくても、怪我から無事回復できることを心から祈っています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアリオン ……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
予定を延ばしてもう1週間ほど真歌トレーニングパークに滞在することとなりました。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。4頭の縦列から併走に切り替えて加速する調教を消化。身体に緩さが残っているせいか、MエルフやMプライゼンの手応えに及ばなかったものの、最後まで渋太く脚を伸ばしていました。アウェイでいきなりこれだけ動けるのだから力があります。

▼マイネルサイクロン ……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。舎飼いされています。脚元の状態は平行線です。運動を控えているのでせん痛を起こさないよう配慮。切り草などの繊維質の飼い葉を与えています。もう1ヶ月程度、様子を見た上でレントゲン検査を行う予定です。それを基に今後を判断することになるでしょう。

Posted by sachi at 07:01 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

マイネルパラスト
5/23 助手 美浦坂路 良 56.8 40.4 26.9 13.8 馬ナリ
5/28 助手 美浦坂路 良 60.7 42.5 28.0 14.0 馬ナリ
5/28 助手 美浦坂路 良 2回目 56.6 39.5 26.0 13.0 馬ナリ

まだ入厩したばかりで、馬なりでじっくり乗り込んでいる様子。結局、出走は見送り。タイムがもう少し詰まってくれないと、このまま出走しても掲示板に載れずに次のレース予定がたたなくなったら困ります。来週だと応援に行けないかもしれないのですが、復帰戦はきっちり態勢を整え、相手関係もよさそうなところで出走してほしいです。

Posted by sachi at 07:24 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 29, 2008

古馬近況

6歳馬
アルビオンは輸送中にちょっと怪我をしたようですが、大事には至らず、すでに昼夜放牧に。TV愛知オープンへの投票をして2カ月間有効な除外の優先権を得てからということは、つまり2カ月以内にもう出走のつもりなんでしょうか? 昼夜放牧を短期で切り上げるなら、それも可能かもしれないけど……よく理解できない近況です。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
22日(木)にTV愛知オープンへの出馬投票を行い、2ヶ月間有効の除外優先権を得て、24日(土)にビッグレッドファーム浦和に移動しました。到着時に左前球節の内側に擦過傷があり軽く出血していましたが、幸いにも傷自体は小さいものですぐに出血も治まりました。普通放牧とウォーキングマシンで体調を整え、きのう27日(火)から昼夜放牧を行っています。

5歳馬
グリッツァはそろそろ入厩……といっても再来週か。東京では走れないですね。となると福島あたりへ? 福島は芝だけの障害戦があるみたい。なんとか1勝をと願っています。平沢騎手は5月10日から復帰し、先週は2着しています。よかった! またグリッツァに乗ってくれるかな。お願いしますね。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。中間も2度の追い切りを消化。単走中心ですが、53秒程度で楽に駆け上がってきました。動きも良く、好調を維持できているといって良いでしょう。無駄肉もつきにくいタイプのようで、体つきもスマートなままなので、スタッフからは「調整しやすい」との声が挙がっています。再来週の入厩が有力です。

Posted by sachi at 02:20 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 28, 2008

今週の出走予定馬

まだ乗り込み不足かもしれませんが、パラストが出走を予定しています。

マイネルパラスト 31日(土) 2R 3歳未勝利  未定 ダ1600m

騎手未定ということは……あまり期待できないのかなぁ。
距離短縮がこの馬にとっていいのか悪いのかも、まだよく分からない状態です。過去の出走経験もこの時期にしては少ないので、あまりとやかく言ってはいられません。とはいえ、これからは1戦1戦がまさに正念場。出走権を取るために、何としても掲示板は確保してほしい。
今回は競馬場で初めてパラストと会えるチャンス。本来なら土日、京都へ出張の予定でしたが、うまい具合に取りやめになったので、府中へ応援に出掛けたいと思っています。これまで3戦していずれも7着、今度は景気よく、確変でお願いします(笑)

Posted by sachi at 06:07 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
ハヤトは順調に調整が進んできて体調良化。それでこそハヤトくん。相変わらず508キロと馬体は絞れませんが、デビュー時のひよわなイメージからますます遠くなりました。ここまで成長してくれるとは。復帰して3勝目を待っています!
ルーチェは調教再開ですが、さすがに4カ月のブランクは大きいよう。集中力が持続せず、体が太めで動きにキレがないって……まるで自分のことを言われてるみたい(^^;;  でも真面目なルーチェのことだから、これから基礎の乗り込みで、2カ月もすればまた立派な競走馬に戻っているでしょう。新潟で復帰かな。楽しみです。
フォーグはまだ女の子への興味が衰えないみたいです(笑) こういう点では、馬って人間以上に個人差?があるのかしら。汗だくになって丸一日興奮していたとは(゚д゚) でも、よけいな気を散らさないよう、さっそく牝馬ちゃんの見えない場所へ移動させられましたとさ。今のうちにしっかり青草を食べて馬体回復につとめてほしい。といっても、新潟での復帰戦が待っているので、そう長い期間の放牧にはなりそうにありません。仕上がりに時間がかかる馬でもないので、きっといい調子で復帰してくれるでしょう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。この中間から徐々に体に張りが出てきており、体調が良化してきたように感じます。これに毛艶が良くなってくれば本物でしょう。動きは変わらず目立ちませんが、これはいつものこと。馬体重は先週と変わらず508キロでした。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。先週半ばから調教を再開。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。休みが明けたばかりもあって集中力が持続しません。当然体も太めなので、動きには切れがなく体を持て余しながら駆け上がっています。促さないと走っていかず、馬なりで軽めの調整で基礎を築いている段階です。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。放牧地の都合で牝馬の見えるところに移動したところ、汗だくになってずっと興奮していました。そのため1日で別の場所へ入れ替えています。元気があって多少なりとも体もふっくらしてきましたが、調教を行うとすぐに体が減るタイプなので調教再開の時期は慎重に検討していきます。

3歳馬
パラストは入厩してすでに懸命にお稽古。そうそう、鈴木調教師はオークスのときNHK(BS)の解説者として呼ばれてましたけど、声だけでお顔が写らなかった(8チャンネルとザッピングしてたので見過ごしたのかも?)のが残念でした。たしかNHKマイルCのときは上原調教師だったし、なぜか愛馬がお世話になってる方が多い。ともあれ、パラスト、正念場です。動きはまだいまいちっぽいのが気掛かりですが、出走すれば掲示板はぜひとも確保してほしい。やっぱりダートになりそうだけど、東京なら応援に行けるので楽しみです。
アルデュールは乗り出しを遅らせたようですが、復帰のプランに変更はなし。6月半ばからの北海道開催中の復帰って、ものすごく目の前なんですが…… なんだか明和は、やることがいまひとつ一貫してない気がしてしまう。何はともあれ、北海道開催なら輸送も短いので問題ないでしょう。復帰前のレースっぷりからも、ずいぶん馬がしっかりしてきた印象なので、頑張ってほしいです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
美浦で調整中。入厩翌日から全休日を挟み、けさまでの間にもう11本も坂路を駆け上がっています。23日(金)にはハロン13〜14秒まで加速する追い切りを済ませました。出かかっていたソエももう落ち着いた状態。今後の動きや息遣いなどを確認してから、東京2週目のダート1400〜1600mのレースに投票するかどうかを検討します。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
ビッグレッドファーム明和に滞在中。まとまった休養を与えるのが久しぶりです。昼夜放牧ができる最適の季節でもあり、今週中に乗り出す計画を見送り、もう少しゆっくりさせることになりました。6月半ば過ぎから始まる北海道開催中の復帰というプランは変わりません。タイミングを見計らって乗り出します。

Posted by sachi at 04:56 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 26, 2008

かなり後味が悪いオークス

出走馬もいなくなり、その意味では寂しい週末だったので、オークスの雑感などを少々。
トールポピーは強かったですよ。脚色も違ってたし。
でも、パトロールビデオを見ると、池添騎手は内に押し込んでいく前にも、外に行ってぶつけられた馬がぶっ飛んでるし、右に左に、さらに左によれてよれて、あんなにいっぱい他の馬に迷惑をかけても、勝てば到達順位通り確定って(゚д゚) レーツェルもその大きな不利を受けた馬の1頭でしたね。残念。池添騎手が右手をあげて喜んだ姿を見ても、わたしは喜べませんでした。
もちろん、馬に罪はありません。でも、やっぱり騎手は制裁を受けるべき。結果として馬が降着になっても仕方がないくらいでは? GIだからって…… いや、GIじゃなくても、アルデュールも何度か同じような不利を受けてるけど、相手が社台の馬か社台系の生産馬だと、おとがめなしなのね。おかしくなぁい?
ちなみにわたくし、エフティマイアの単勝を買ってたのですけど、だから言うわけではありません(笑) 

【追記】
池添騎手は2日間の騎乗停止ですか。う〜ん、あの走りでトールポピー降着は、馬には可哀想だとは思う。でも、騎手の制裁だけですむものですかねぇ。JRAとしても、ぎりぎりの妥協点だったのかな。やっぱりどの騎手も公正競馬を目指してほしい。池添騎手のファンには絶対になれません。来週はいよいよダービー、ぜひともフェアな競馬でお願いしたいです。何のための審議かというようなレースも、最近、多いように感じる。審議委員の方も同様に、フェアな立場を貫いてほしいです。

Posted by sachi at 05:57 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 25, 2008

きょうはオークス、でもまだ雨(><)

愛馬ルーチェが出走した1年前を思い出しますねぇ〜 
ラフィアンから出走するレーツェル(ケイアイベール05)は募集時目をつけていて成長を見守っていた馬でしたが、厩舎で出資しないことに納得してしまった。以前、あの厩舎に入って(いかにもさっさ引退しろと言わんばかりの)とても雑な使われ方をした愛馬がいたので。かわりにアルデュールに出資したわけですが、こればかりは仕方がありません。今でも好きな厩舎じゃないし。
ルーチェは出走そのものもぎりぎり引っ掛かったというところでしたが、直線、あわやという場面もあり、15番人気で6着はとても嬉しかった。いいお天気で、府中での応援のしがいがありました。
それにひきかえ、レーツェルは重賞を勝っての堂々たる出走。馬場が気になるところではありますが(クラシックは、紛れがないようにできれば良馬場で走らせたかったですね)、武騎手もうまい具合に回ってきたし(そうそう、ラヴのNHKマイルCのときも、武騎手があいてうまいこと回ってきました。結果は4番人気の7着だったけど)、有力人気馬をあっと言わせるような頑張りを見せてほしいです! 

Posted by sachi at 07:30 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 24, 2008

ポートレートは今回が最後か……

ラフィアン入会以来、ずっと受け取っていたポートレートが今回で最後と思うと、とても寂しいものがあります。いくら印刷の質が悪くても、タイミング的に遅くても、手書きのコメントつきで毎月(入厩馬は隔月)自分の出資馬の様子が分かるというのは大変ありがたいサービスでした。一枚一枚別なので、馬ごとにファイルもしやすい(といっても、もうラフィアンから送ってくるアルバムには整理していませんが。アルバムなんていらないのでぜひとも残してほしかったサービスなのですが) これからネットの写真のみになったら、写真をダウンロードして印刷する手間がどれだけかかるか、そしてコメントと一緒にはならないわけですから、どうやって整理すべきか…… なんだか面倒でやらなくなってしまいそうです(^^;; 6月からHPもリニューアルされるようですが、My Page方式がセゾンと同じような形だと、逆に出資馬以外の馬の様子を知るのがとても面倒。セゾン以上に便利なリンク方法を考えていただきたい(もう、すでにできてるでしょうけど)

ともあれ、パラストはまだ少々太めではあるけれど、とてもいい馬体になっています。復帰後初戦で確変を期待! ルーチェは確かにどっしりした馬体に。これから乗り込んで筋肉が浮き上がるようになってくれば、降級後の活躍が期待できそう♪ グリッツァは、アルビオンを少しだけ胴長にした感じで、とてもよく似ています。びっくり! もちろんルーチェにも似ていて、アルビオンとルーチェを足して2で割ったような(笑)やはり血は争えないものなのか、アリオンやフォーグ、アルデュールとは全然違うのですよね〜。パラストも、全体のシルエットはアルビオンとよく似てきた。ただ、まだあか抜けないというか、もっさりしてやぼったい感じ。やはり馬の完成度の差でしょうか。馬体が絞れ、ともにもう一回り筋肉がついて(胸前はたくましい)、首の使い方がもう少しうまくなってくれればいいんだけど。復帰戦はなんとしても頑張ってほしい。

Posted by sachi at 06:28 AM | Category: HORSE | Comments (2)

May 23, 2008

2歳馬近況

アリオンはコスモヴューファームへの出稽古を終え、今度は真歌に移ったようです。早速坂路で調教開始。まだ入厩は先なので、じっくり乗り込んでほしいです。何と言っても3カ月のブランク、それも大ケガでの療養だったのですから。ポートレートでも馬体はふっくらしていい感じ。もう少し胴が長い気がしていたのですが、写真の撮り方にもよるのかな? 500キロ近かった負傷前の馬体重には及びませんが、乗り込みながら472キロとあまり減っていない(1カ月近く前のポートレートでは476キロ)のはよい傾向でしょう。
なお、先週、疑問に思ったスピード調教についてのコメントは、セゾンのHPを見ると、アリオンが「3歳のドリームリバイバル、2歳のドリームルシードを追走」したのではなく、「3歳のドリームリバイバルをリードホースに、2番手マイネルアリオン(2歳)」をドリームルシードが追走し、ドリームルシードが「前2頭に突き放された」ということらしい。ドリームルシードは6月上旬の入厩が決まっている期待馬ですが、アリオンは現段階でも力上位ということかな。
サイクロンは近況もつらい。1カ月近く前のポートレートには元気いっぱいで「思った以上に回復が早い」とありましたが、2カ月たっても全く良化していなかったわけで、3月末に心配したことが現実となりそうです。最初からサイクロンの骨折は重症と言っていたのだし、楽観できる要素などどこにもなかった。少しでも蹄に体重がかかると、亀裂はふさがるどころか開きかねないし、果たしてうまくふさがるのかどうか…… たとえふさがったように見えても、乗り出すと再発することも多いと聞きます。もちろん現在はとうていそんな段階に至らず、パドックにさえ出られない苛酷な生活。しばらくサイクロンの近況はお休みしたいくらいです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアリオン ……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
10日程度の滞在でしたが、物見や寂しがっていななく等の幼さを見せることはありませんでした。環境にもすぐに慣れ、目的でもある順応性を養う点に於いても意義はあったように思われます。21日(水)にコスモヴューファームから真歌トレーニングパークに移動しました。きのう木曜日から坂路で乗り込まれています。スタッフは「柔らかみがある筋肉で、Mブリュットに似た良い質感の持ち主」と誉めていました。物見もせず飼い葉もしっかり食べているように、ここでも順応性の高さを見せています。馬体重は472キロ。

▼マイネルサイクロン ……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。舎飼いされています。15〜20cmほどモミがらを敷き詰めてクッションを豊かにした馬房での生活。脚元に負担がかからず、楽な様子です。とはいえ、まだ厩舎から洗い場との往復でも足を引きずっています。ウォーキングマシンでの運動、昼夜放牧、坂路調教、いずれともいつになるかまだ何とも言えません。

Posted by sachi at 08:31 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 22, 2008

MアリオンがPOGの記事に

大ケガによる3カ月のブランクを克服しつつあるアリオンが、POGの記事に取り上げられていました。
デイリースポーツonline/バネのある走りに好感マイネルアリオン/競馬・レース/POG2歳馬特選情報

この記事によると、このまま無事に乗り込みが進めばどうやら札幌あたりでデビューになりそうです。
短距離馬の多そうなデジタル産駒ではあるものの、アリオンは馬体からしても、母父ダンスインザダークがよく出ているように思う。だから中〜長距離で真価を発揮してくれると思っています。
これまでずっと短距離馬が中心だったわが愛馬ですが(マイネルーチェ以外はすべてそう)、アリオンは牡馬で初めて2000mくらいがベストの馬に成長してくれるかも?
この記事の言葉通りになってくれると、とても嬉しい馬です♪
9月から10月に、札幌へ応援に行けるよう、今から心の準備をしておこう(とらぬナントカの皮算用かもしれませんが。笑)


Posted by sachi at 07:55 AM | Category: HORSE | Comments (0)

古馬近況

6歳馬
とうとうアルビオンもリフレッシュ放牧に。うんうん、ダートの番組もしばらくないし、それがいい! 11月から7戦。そのうちダートで5戦。よく頑張ってくれました。例年、5〜6戦するとやはり調子落ちする馬だし(かといって叩いてからの馬で、3戦目くらいが一番いい?)、もともと夏は苦手。しっかり休養して夏の終わりに戻ってくればOKです。戻りがてら?キーンランドCなんてどうでしょう?(笑) それに何と言ってもこの馬は中山です! でも、今年もスプリンターズSには出られないんだろうなぁ…… これでアルビオンもBRFへ戻るとなると、久しぶりに北海道へ会いに行きたいものですが、なかなかそうもいきません。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
18日(日)に京都で出走し、10着でした。流れが遅かった今回は位置取りが悪かった印象。先団から中団で流れに乗っていた各馬に35秒台で上がられてはさすがに追い込めません。手前を替えなかったことが終いの脚に影響した可能性はあるものの、ペースを考えると「手応えがあったのに伸びなかった」と津村騎手が述べていたのも当然です。疝痛を発症した過去を踏まえ、いつも通り、競馬場に1泊して落ち着かせてからトレセンへ。23日(金)、リフレッシュの目的で北海道に向けてトレセンを出発する予定です。

5歳馬
グリッツァはトモの状態もよくなり、そろそろ美浦に戻してもらえそうかも。といっても、夏競馬で福島か新潟となると……障害レースのことがよく分からないので、どうなるんでしょうか。ほんとに京都遠征が裏目に出てしまいました。が、グリッツァにとっては落馬のことを忘れるいい機会だったと思うことにしよう。平沢騎手も復帰したようだし、またグリッツァに乗ってくれるといいな。この馬も、5歳とはいえレースはそんなに走ってないので、まだまだ若いと思う。息の長い活躍をしてほしいです。そのためには、なんとか1つ勝ちたいね!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。ハロン16秒のペースにとどめ、じっくり乗ってきたことで、トモの状態が良くなってきました。16日(金)には60秒のタイムで駆け上がった後、2本目にMグロッソを引っ張って、54秒台の時計をマークしています。動きに迫力が出てきました。先日計量した馬体重は498キロ。

Posted by sachi at 02:05 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 21, 2008

セゾン募集馬の価格発表

うむ、いかにも総帥な値付けで、なんだかこっちが本家ラフィアンのような気がする。
相変わらず重賞勝ち馬や重賞で好成績を残した牝馬の仔は比較的高め。まだ馬体を見ていないので何とも言えませんが、コスモヴァレンチもマイネマジックも、思ったより高かった。でもそれ以外は、かなり妥当なところではないでしょうか。できればもう少し安ければと思う馬もいるけど、意外と安いな〜と感じる馬もいます。そういうなかから走りそうなのを選ぶのが面白いわけで(笑) カタログがちょっと楽しみになってきました。
あ、しかし、まだ厩舎というもう一つの関門も待ち受けているのだった(^^;;

Posted by sachi at 06:44 AM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
4歳トリオは、うちのカマド馬。どの仔もそれぞれ頑張ってくれていて、ありがたい限りです。
ハヤトはまだ馬体が重いようですが、それでも飼い食いが悪い日があるって? どうしちゃったんでしょう。もともと良化には時間がかかるタイプ。どのみち復帰は降級してからでしょうから、徐々にピッチを上げてくれてOKです。といっても、意外と入厩は早いかも? 楽しみにしています。
ルーチェは思いのほか騎乗再開が早まりそうです。デビュー前は牧場でかなり太くなっていたのですが、デビュー後は短期放牧中も飼い食いが細かったりして、ずっと細身のままコンスタントに走ってくれました。今度は本格的な休養(というか、骨折の療養ですが)のあとで、どれくらい馬体がどっしりしてきたか、ハヤト同様、復帰が楽しみでなりません。デビューした新潟で復帰できれば、とても嬉しい。本当に久々の勝利をあげてほしいものです!
フォーグは最強の1勝馬を脱して、降級してもオープン馬。しかし賞金が少ないので、これから出走には苦労するかもしれません。とはいえ、距離の融通がきくので、出走ラッシュも多少は楽かな。気性も馬体も少しずつ大人になってきた印象です。放牧当初は喜び勇んで駆け回っていたようですが、最近は環境の変化にも慣れ、落ち着いてきたようです(というか、疲れ!?)この馬はもう崩れないと思います。ますます身が入ってくれば、本当に今度は重賞も♪ 新潟での復帰戦まで英気を養い、態勢を整えてほしいです(^_-)-☆
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。馬体重は先週から1キロ減の508キロですが、少し細くなった印象。今ひとつ飼い食いの悪い日がある点が気になります。それでも馬っ気を出しており、元気の良さは相変わらずです。状態は上向いていますが、まだ好調とまでは言えません。徐々にピッチを上げていきます。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧されています。休養を延長したところ、だいぶふっくらしました。以前の細身の姿と比べると造りがしっかりした印象を受けます。よい体つきになったため、当初の予定よりも早く近日中に騎乗再開する予定になりました。夏には降級するので、復帰したら久しぶりの勝利を期待します。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。到着当初は元気に走り回っていましたが、最近は大人しくなりました。生活のリズムが切り替わって10日が経過し、少し疲れが出てきたのでしょう。慣れてくれば以前の元気が戻ってくるはずです。歩様は特に問題ありません。

3歳馬
いよいよパラストが入厩しました! 調整はまだ少し不足している印象ですが、何と言っても入厩できてよかった。しかし来週の出走を目標とは、またいつものことながら性急ですね。できればもう少しきっちり仕上げてから出走してほしいのですが、そうも言ってられない時期だったりする…… とにかく、頑張れと願うしかありません。これまでの成績7−7−7は、確変が約束されてる着順です(笑)
アルデュールは、なんともうリフレッシュして調教再開? アルちゃん、元気いっぱいのようです。北海道開催での復帰かぁ。最近のラフィアン、ますます馬を使い倒す傾向がありあり。まぁ、なかなか出走すらかなわないような状況では、これもありがたいことだと思うしかないのかな。元気いっぱいのアルデュールが、またターフで活躍をしてくれますように。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
この中間も坂路でキャンター900m2本の運動を主体に、週2度の追い切りを消化。金曜日には1本目に15−15を行い、2本目にMスカールを追いかけて最後に併入で53秒程度をマークしました。追ってバテずに長く良い脚を使います。きょう20日(火)に、ビッグレッドファーム鉾田から美浦の鈴木厩舎に移動しました。まだ少し太め残りですが、来週の出走を目標に明日から乗り込んでいきます。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧されています。休養に入ってまだ2週間程度しか経っていませんが、すでにリフレッシュできている様子。うるさいところも見せず、放牧すると嬉しそうに掛けだしていきますし、集牧の際も疲れを見せません。北海道開催での復帰を視野に入れており、早ければ来週中にも調教を始めるかもしれません。

Posted by sachi at 06:41 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 18, 2008

アルビオン、やはりテレビ愛知オープンに登録

やはり登録してきました。何しろこの出走ラッシュなので、機会があれば逃せない(^^;;

5月24日(土) 2回中京1日 テレビ愛知オープン 第1回特別登録 43頭
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 別定 1200m 芝・左
アーバンストリート 56.0
アイスドール 54.0
アドマイヤスバル 57.0
アルーリングボイス 54.0
イクスキューズ 56.0
ウォーターオーレ 56.0
エムオーウイナー 58.0
オートセレブ 56.0
カノヤザクラ 55.0
キョウワロアリング 56.0
クランエンブレム 56.0
ゲイルスパーキー 56.0
コスモシンドラー 56.0
サトノスローン 56.0
シアトルユー 55.0
ショウナンタレント 54.0
ステキシンスケクン 57.0
スナークファルコン 56.0
スピニングノアール 57.0
セレスクラブ 56.0
タガノエクリプス 56.0
タニノマティーニ 57.0
テイエムアクション 56.0
トーセンキャプテン 56.0
トーセンブライト 58.0
トウショウカレッジ 57.0
ニシノシタン 56.0
ニシノプライド 56.0
ニホンピロブリュレ 54.0
ハギノトリオンフォ 56.0
ビッグジェム 56.0
フィールドベアー 57.0
フェラーリピサ 57.0
フジサイレンス 56.0
ベルモントプロテア 54.0
マイネルアルビオン 56.0
マヤノライジン 55.0
ヤマトマリオン 53.0
ヤマノルドルフ 56.0
ロイヤルキャンサー 56.0
ワールドハンター 56.0
ワイルドシャウト 56.0
ヴァンクルタテヤマ 56.0

地方馬、外国馬
カセギガシラ 56.0
クィーンロマンス 53.0
マルヨフェニックス 56.0
ミツアキタービン 57.0

*2年連続で出走してた僚馬ハーティーさんは、登録がありませんねぇ。
どうしたのかな?

Posted by sachi at 07:08 PM | Category: HORSE | Comments (2)

アルビオン〜〜orz

う〜ん、人気通りとは言え、やはり鞍上もぱさぱさのダートも向かなかったですね。
無理やりプラス思考にもっていこうとしても、無理でした(^^;;
スリーアベニューの次だったのは、ご愛嬌かな。スリープレスナイトは本当に強いですね。牝馬とは思えない強さです。

5月18日(日)京都 11R 栗東ステークス サラ系4歳以上 1200m ダート・右 (国際) オープン 別定 発走 15:30 天候:晴 ダート:良
10着 4枠 8番 マイネルアルビオン 牡6 56.0 津村明秀 1:11.5 1/2 35.5 534 -8 畠山吉宏 10/16人気

アルビオン、きょうの走りを見ると、やはりダートより芝馬ではないでしょうか。
きょうの馬場だと、前へ行かないとアルビオンの脚では絶対にダメでしょう。
パドックはGI(ヴィクトリアマイル)のためほとんど見られませんでしたが、気配はとてもよかったと思う。馬体も絞れていたし。
とはいえ、だんだん成績が落ちてきたし、間隔をあけながらとはいえ、目に見えない疲れがたまっているのかも。
これで休養か、それとも続戦か。出走もままならないのですが、続戦なら一度芝に戻してみてはいかがかな。
テレビ愛知杯かCBC賞で除外の権利を取り、福島バーデンバーデンカップあたりに……
それとも少し休養して、夏の終わりの新潟で復帰とか? ダートで5戦。それなりによく頑張ってくれているのですが休養のほうがいいかな? まだまだ長く走ってほしいので☆ とりあえずはお疲れさまでした。無事に帰ってきてね〜♪

騎手コメント: from Race Courseより
「アルビオン」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
津村騎手「道中はいい感じで、手応えもあったが、伸びきれなかった」

ん? だからぁ、あんな後ろからじゃ、どうやっても勝てないでしょって。
アルビオンもあの砂が舞い上がるぱさぱさのダートで上がり35.5の脚を使った。
でも、ほかの馬もほぼ同じ。後方から追い上げ一つ先着したスリーアベニューだけが34.8です。
要するに、もっと前に行っていなければ離されるか同じ脚色になってしまう。
たとえ34秒台の脚を使ったとしても、やはり先行もしくは好位追走じゃないと、勝てないということ。
とくに、行った行ったの京都ダート1200mですよん。
気分よくスムーズに中団より前につけ、ロスなく回って初めて勝ち目が出てくるのではないだろうか。

Posted by sachi at 04:01 PM | Category: HORSE | Comments (2)

えーっアルビオン10人気!?

朝一の人気はありません(笑)
前走の成績が成績だけに、人気落ちも当然なのかな。
京都でのすばるSの凡走も響いてる? でも、あれは距離のせい。
1200mの今回は、話が別です。

きのう、GCのホテル・クラシックで辻コンシェルジュにプッシュされてました。
調教は絶好調。あえて言えば、不安はぱさぱさのダートか(初めてじゃないかなぁ)
ダート初戦のガーネットSが良だけど、ちょっと湿っていたような……
しかし、スピードが出ない分、かえってチャンスかも?
行け、行け、アルビオン! 関西人にひと泡吹かせてやりましょうp(^-^)q ガンバ

*けさから、またxreaのサーバーがめちゃ重いです。
なんだか障害が発生している模様。コメントの投稿でご迷惑をおかけするかもしれません。m(_ _)m

Posted by sachi at 07:46 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 17, 2008

アルビオンは4枠8番

これまでのダート戦ではずっと外枠でしたが、今回は中程。内枠有利なコースみたいなので、もう少し内だとなおよかったかもしれませんが、いいんじゃないでしょうか。
メンバーは前走の京葉S組が多い。スリープレスナイトは強敵ですが、今回は斤量が+2キロ。それでも強いかな。スリーアベニューは58キロだから、良化していてもキツいかも? 
あとはどんぐりの背くらべな気がします。ここはスムーズな競馬で好位先行してほしい!
今年、成績がまだいま一つの畠山厩舎ですが、きょうあすとラフィアン/セゾン馬で一気に上昇といきたいですね☆

5/18(日) 京都11R 栗東S(OP) 4歳上 ○国際(別定) ダ1200m 16頭発走:15:30
1 1 △ ◎ トーセンザオー 牡8 56.0 石橋守 飯田雄三
1 2     ヤマカツブライアン 牡4 56.0 酒井学 池添兼雄
2 3 △   ビッグジェム 牡7 56.0 小牧太 境直行
2 4 △   ジョイフルハート 牡7 57.0 角田晃一 小野幸治
3 5     オメガエクスプレス 牡4 55.0 浜中俊 坂口正大
3 6     ハギノトリオンフォ 牡6 56.0 渡辺薫彦 野中賢二
4 7   △ クィーンオブキネマ 牝4 54.0 幸英明 領家政蔵
4 8   ▲ マイネルアルビオン 牡6 56.0 津村明秀 畠山吉宏
5 9 ▲   スリーアベニュー 牡6 58.0 河北通 小野幸治
5 10 ○   サイボーグ 牡6 56.0 藤岡佑介 藤原英昭
6 11     タータンフィールズ 牡6 56.0 佐藤哲三 崎山博樹
6 12 ◎ ○ スリープレスナイト 牝4 55.0 上村洋行 橋口弘次
7 13     ヴァンクルタテヤマ 牡6 56.0 長谷川浩 安田伊佐
7 14     テイエムアクション 牡7 56.0 和田竜二 岩元市三
8 15     ニシノシタン 牡8 56.0 小林徹弥 浅野洋一
8 16 △   ワールドハンター 牡4 56.0 四位洋文 坂口正則
(印はnetkeiba.com)

やはり人気はスリープレスナイトでしょう。
ワールドハンターもちょっと恐いけど、外枠は不利とみます。逆に実力馬で最内枠に入ったトーセンザオーがどう出るか。上り馬のサイボーグは、準オープンを勝っての初オープン戦。乗れてる藤岡騎手がひょっとしたらもってくるかも?
アルビオンも同じくらいの力はあると思います。ただ、きょうあすの好天で馬場はぱさぱさのダートでしょうか。アルビオンにとってはもう少し脚抜きのよい馬場のほうがいいような。頑張れ〜〜〜!

Posted by sachi at 11:53 AM | Category: HORSE | Comments (2)

May 16, 2008

2歳馬近況

アリオンは早速コスモヴューファームへ出稽古に。でも、このコメントどこかヘンです。2歳馬を圧倒する動き? 3歳馬なら分かるけど。それとも2歳馬=ドリームルシードってこと? ルシードを圧倒したの? それとも「圧倒する動き」だけ? 3歳馬「には」逃げ切られた「ものの」、2歳馬には追いついたの? なんだか日本語がよく分からない。それともわたしの理解力がないのかなぁ。まあ、鍛えるのはいいけど、どうか壊さないようにお願いします。
サイクロンはますます見込み薄で、たとえ骨折がよくなっても、競走馬になるのは無理じゃないかと思う。なれたとしても能力発揮までは…… そもそも3月末の蹄骨骨折時点でそう思っていましたが、あえて全力を挙げて取り組むというなら、出資者としては待つしか仕方がありません。このまま1年数カ月ずっと引っ張るつもりなのかしら。せめてもう少し骨折の度合いが軽ければそれもありでしょうけど、どうもこの近況では望みなさそう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアリオン ……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
コスモヴューファームで調整中。中間に明和から移動して、坂路でキャンター1〜2本の運動をしています。13日に坂路の2本目にスピード調教を消化。来場した松岡騎手が騎乗し、3歳のドリームリバイバル、2歳のドリームルシードを追走しました。3歳のドリームリバイバルには逃げ切られてしまったものの、追い出してからはグングン差を詰めて2歳馬を圧倒する動きを見せています。騎乗を再開して1週間ということを考えれば上々の内容でしょう。環境の変化に対する順応性も高そうです。

▼マイネルサイクロン ……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
真歌トレーニングパークに滞在中。先週お伝えしたように、先日患部のレントゲン検査を行いました。怪我をして2ヶ月が経過しましたが、依然として患部にはぱっくりとヒビが入っている状況で写真を見る限り良化は見られません。コンクリートの床など下が硬いところを歩かせると脚をかばっていました。しばらくは舎飼いで管理せざるを得ない状況といえます。

Posted by sachi at 11:45 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 15, 2008

今週の調教時計

アルビオン、いよいよ関西遠征です。
いいタイムです。今度こそ!

マイネルアルビオン
5/9 助手 美浦坂路 良 61.0 45.1 29.9 14.9 馬ナリ
5/10 助手 美浦坂路 良 61.4 44.8 29.6 14.7 馬ナリ
5/11 助手 美浦坂路 重 52.3 37.8 24.5 12.0 馬ナリ
5/14 助手 美浦坂路 稍重 57.2 41.9 27.5 13.7 馬ナリ
5/14 助手 美浦坂路 稍重 2回目 49.5 36.0 23.7 11.9 一杯

Posted by sachi at 07:05 PM | Category: HORSE | Comments (0)

セゾン2歳馬近況

あらら、やっぱり早期入厩組に入っていたようですが、急に疲れ?が出たのか調子落ち。
入厩は延期して昼夜放牧に。結構です。そんなにあせってデビューしても、たいしてよいことはありません。それよりしっかり原因を突き止め、休養させてから、ゆっくり仕上げてほしいです。しかし、本当に疲れなのかしら。まさか、腰ふらの前兆とか、そういうのでないことを祈っています。

サマーピクシー [外厩馬 / コスモヴューファーム] ■2008/05/15
--------------------------------------------------------------------------------
コスモヴューファームで休養中。ここにきて、常に背中から後ろに力が感じられない状態になってしまいました。常歩から違和感がありトモに力が入っていないようです。はっきりとした原因はわからないものの、おそらく疲労からくる症状でしょう。早期デビューを検討していただけに残念ですが、乗り込みを切り上げ、ハリ治療を施した後、昼夜放牧に切り替えることになりました。

*こういうこともあるから、ラフィアンの牧場からの近況は毎週のまま残してほしいのですが、いまさら言っても無駄なんでしょうね。こういうケースが「状態に急な変化があった馬」になるのか、ならないのか。たとえ報告があっても、現状ではその後のフォローなしだし。

Posted by sachi at 07:04 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 14, 2008

古馬近況

6歳馬
アルビオンは、きょう追い切りをすませ、タイムはなかなかグ〜〜ゥ!ですね。
関西への輸送があるので軽く流すかと思ったのですが、きっちり追ったようです。京都まで無事に着き、レースで本来の力を発揮できますように(お世話よろしくお願いします)。この馬は本当に実力馬なんですが、どういうわけかレースに行くと弱い面を出てしまうきらいがあります。強引な騎手より、若い騎手と案外手が合うかもしれません。でも最後までしっかり追ってね>津村騎手 今度こそ、意気揚々と美浦に凱旋できますように!
ちなみに、アルビオンは美浦坂路で5番時計。
美浦坂路 5月14日(水) マイネルアルビオン 49.5 36.0 23.7 11.9
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。けさの追い切りで49.5秒をマーク。ラスト2ハロンの23.7秒は当日で2番目に早い数字です。調教助手は「いつもと同じくらいの動き。良い感じですよ」とコメントしていました。18日(日)、京都の栗東S・ダート1200mに津村騎手で出走する予定です。

5歳馬
グリッツァも鉾田へ行ってプラス10キロ。鉾田〜 乗り込んでいる馬でもいつも10キロ、20キロは軽く増やすのはいかがなものか。ま、今回のグリッツァの場合は仕方がないのかもしれないけど……。今度はいつ出走できるのかな。やっぱり早く郷原厩舎へ戻してほしいんですが……
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。跨ってみるとまだトモのくたくたした感じが残っているものの、程度としては軽い方です。神経質になる必要はありません。じっくり乗っている現在はハロン17秒のペース。馬体重は前走からプラス10キロの498キロ。

Posted by sachi at 06:24 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

アルビオンが京都競馬場で出走します。

京都競馬場
マイネルアルビオン 18日(日) 11R 栗東ステークス 4歳以上オープン 国際  津村明秀 ダ1200m

が、しかし…… 鞍上は津村騎手ですか(^^;;
柴山騎手がヴィクトリアマイルに騎乗するなら、西下は不可能なので誰になるかと一抹の不安を覚えていたのですが、津村騎手は想定外でした。
個人的には、葵S2着の経験がある佐藤哲三騎手あたりを希望していたのですが…… 
津村騎手は1カ月ほど前に中山の桜草特別でアルデュールを勝たせてくれたし、東京でもファルケ、エアウエイを勝ちに導いており、調子を上げていると思いたい。しかし、テン乗りで京都のオープン戦はどうかなぁ。アルデュールと脚質は似ているとも言えるので、同じように積極的な騎乗でスムーズな流れに乗ってくれれば、案外いい結果がでるかもしれません。京都での実績がないのがつらいところですが、ひょっとして「アル」つながりでツキがあるかも!!! アルビオンの気持ちをくんでヘンにいじらなければ好結果もありうる。若さに期待します(ただ、騎手のせいではないと思うけど、谷川岳Sのレーニアの二の舞いには、どうかなりませんように) ここは何としても頑張れ、アルビオン&津村騎手!

Posted by sachi at 05:47 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
ハヤトは運動再開で、早速、馬体重も少し絞れてきたようです。元気がよくて、休養前の好調を維持しているようなのは嬉しい限り。成長ぶりが著しく、降級後の復帰戦が楽しみです!
ルーチェは検査結果がよくて騎乗再開のお許し。でも、ほんとに焦る必要はなく、じっくり乗り出してほしいので、あと2〜3週間は休養というスケジュールに賛成ですね。利口な馬なので、調教を始めたらすぐ思い出していい走りを見せてくれるでしょう。降級後の1勝を期待しています。
フォーグは無事BRFに到着。数日後には昼夜放牧に。元気いっぱいのようです。昼夜放牧でも、もう寂しがって鳴いたりしてないのかな。気性がずいぶん幼かったんですが、このところの成績は、それが成長したおかげでしょう。馬体も、バランスが崩れることなく、そのまま少しずつ大きくなって身が入ってきたのは、むしろ驚きです。しっかり休んで、秋にはまた活躍を。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。落ち着きがないのか、元気の良さはかなりのもの。調教でもそれは変わらず前向きにきちんとハミを取って駆け上がっています。これから負荷をかけていくにはちょうど良い気合乗りといえるでしょう。馬体重は先週より13キロ減の509キロと、無駄肉も取れてきています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和に滞在中。先日行ったレントゲン検査の結果、そろそろ騎乗を再開しても良いとの嬉しい診断を受けました。しかしクラス的にも焦る必要はなく、まだ昼夜放牧を行って1ヶ月程度しか経っていないこともあり、もう2〜3週間はこのまま休養を継続したい考え。早ければ今月末からの調教再開を予定しています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
8日(木)に、栗東のトレセンからビッグレッドファーム浦和に移動しました。熱発等もなく無事に到着しており、12日(月)の夜に普通放牧から昼夜放牧へ移行しました。レース後に多少背中や腰に筋肉痛が見られたので動向を心配していましたが、初日から泥だらけになって帰ってきたように杞憂に終わりました。元気があってもうるさくはないので助かっています。

3歳馬
パラストは……う〜ん、まだ入厩できる状態にもってこられません。3月18日に鉾田に行ってからもともと1カ月ほどの放牧の予定だったのに、未勝利のこの重要な時期に、何と結局2カ月以上も牧場ですごすことに……orz 別に悪いところもなかったのに、いったい何を考えているんでしょうか。これでは外厩として利用するといった目的を果たせない(怒) せめて今度はきちんと調整して厩舎に送り出してほしい。
アルデュールは、熊癖がまた出ているようですが、疲れもとれて元気いっぱいの様子。休養前はほんとによく頑張ってくれて、他馬にぶつけられてもすぐ立て直しゴールまで粘ることができたので、成長ぶりがうかがえました。ここでいったん、しっかり疲れをとって、馬体と気性のさらなる成長を期待しています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。ハロン15〜17秒の乗り込みを基本に、中2、3日のタイミングで強い負荷をかけるのが現在のメニュー。追い切りでは53秒のタイムが精一杯ではあるものの、太かった馬体は徐々にすっきりしつつあります。先日の計量では1週前から5キロ減の497キロでした。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧されています。馬房で熊癖を続ける姿は以前から変わりません。もともと腹袋が大きくて太く映りがちなことを差し引いても、すでにふっくらしてきました。疲れが抜けて元気な様子も、見えない疲労が残っている可能性があります。このまま芯の疲労までしっかり取り除きたい考え。もう少し休養を続けていく予定です。

*6月から入厩馬以外のこの近況が月2回になるのは、はっきり言ってサービス低下だと思う。廃止すべきこともあるかもしれませんが、必要なサービスもあるはず。それをよく考えてのことなのかどうか。どうも牧場と事務所の手間を省くためだけに思えるのですが…… ポートレートもなくなるのだから、せめてこの毎週の近況だけは残してほしかった。とくにケガをして放牧されている馬など、1週間が待ち遠しいのです。クラブには過去に2度ほど別の件でメールをしたことがありますが、一見丁重ではあるけれど、意見を聴こうという姿勢がまったく感じられない返事がくるだけなので、もう今回は何も言いません。

*最初募集に入っていなかったコスモキャンドル07(父ラヴ)が、どうやら入れ替わりで入るようです。一つ上のコスモキャンドル06(同じくラヴ産駒)が気になっていたし、募集数が少ないラヴの牡馬なので、カタログの写真とDVDに注目したいと思います。が、どうして今になって入ったのか気になるところです。

*いつもPOG用の本/雑誌など買わないのですが、少し他の馬も見てお勉強しなくちゃという思いもあり、今年は初めてGallopのPOG増刊号など買ってみました。アリオンがラフィアンの部に入っていて、写真を見ると、思い描いていた通りの馬体になっており、現段階では満足。非常にバランスがよく、首差しから背中、ともへと続く伸びやかなラインが大のお気に入りです。このまま全体的にもう一回り筋肉がついてほしいところ。とくに胸前がもう少し盛り上がるくらいになればと思うのですが、ここは骨が見えるほどざっくり切る大ケガをしたところなので、今は仕方がないのかも。よく生き残って、ここまで成長してくれました。

Posted by sachi at 05:06 AM | Category: HORSE | Comments (2)

May 12, 2008

セゾンも募集馬ラインナップ発表

ですが、またしても全然、食指が動かずです。
まるで小型ラフィアン。牝馬がラより少ないだけ。ほんと、笑ってしまいます。
ラヴ産駒は1頭だけかぁ…… それも字面だけではあまりピンとこない。
コスモキャンドル07はコスモで走らせるのでしょうかね。
ロージス、ロージズとお念仏みたいに繰り返されます。これまた馬を見るまで何とも言えませんが、これまでみたいなワクワク感がないのはなぜ?(^^;; どういうわけか、デジタル産駒やアドマイヤマックス産駒のほうにまだ魅力を感じてしまう。種牡馬が限られていて、募集の数が多い分、牡馬はまだラフィアンのほうが選択の余地がありそうな? でも、待てよ! 目を凝らして見ると、ロージズのあいだから、フサイチコンコルド、アルカセット、ゼンノロブロイ、あぁーーーっ、デュランダルなんかがいるぞ〜!(爆) 母はビハインドザマスクの上で5勝。こ、これ、高そう(^^;;  でもどんな馬なのか見てみたいです(笑)

Posted by sachi at 07:25 PM | Category: HORSE | Comments (2)

May 11, 2008

競馬がお休みの日曜日

今週は、わが厩舎は競馬お休みでした。
これまでラフィアン(コスモも含めて)は、NHKマイルCにはたいていどれかの馬が出走していたように思うのですが、そうでもなかった? わたしはMラヴからの出資なので、どうもそういうイメージから抜け出せません。が、調べてみると、初年度と2001年、2002年は出走がなかったんですね。ともあれ、2歳戦(過去は3歳戦)に強いと定評があったマイネルとしては、朝日杯とこのNHKマイルCへの出走が1つの頂点という印象があったので、今回の出走馬なしは、とても寂しい。
かわりに、今年はダービーの有力馬がいるから、よしとしなければならないのでしょうか。
とはいえ、セゾンのドリームシグナルは健闘しましたね! 人気の馬に隠れて目立たない存在でしたが(わたしもディープスカイとゴスホークケンとサダムイダテンしか注目していなかった)、あわよくばと一瞬思わせた場面もあり、4着は立派では。しかし、これでダイイチアピール07の1万マイネル超えは確実かな。
ゴスホークケンは朝日杯のときにおおーっと思ってファンになったのですが、NZTに続き今回も最初に脚を使いすぎたのか?直線で失速。う〜む、あれはフォーグの朝日杯のときの惨敗を思い出す(同じ内田騎手だし) あとあと1200mの馬になったラヴだって、当時はがっかりしたもののNHKマイルで7着にきたんです。ゴスホークケンの実力があれだとは、ちょっと思えませんけど…… やっぱり馬場と乗り方なんじゃないだろうか。これからも頑張ってほしいな。
それにしてもディープスカイは強かった〜 馬体が違ってましたね。ブラックシェルもです。ディープスカイ、ブラックシェルはたぶんダービーに向かうでしょう。チャールズの強力なライヴァルになりそう(^^;;

Posted by sachi at 06:05 PM | Category: HORSE | Comments (0)

アルビオン、予定通り栗東Sに登録

またしても登録馬45頭と非常に多いですが、権利取りのための登録馬もかなりいると思われます。2度の除外の権利をもっているので、大丈夫かな。
1週前追い切りは絶好調でした。コース的にも、ダートは未経験ながら阪神は相性がよいはず。あとはうまく好調を維持し、手の合う鞍上を確保してもらうことですね。
よろしくお願いしますね>畠山先生

5月18日(日)京都・栗東ステークス 第1回特別登録 45頭
サラ系4歳以上 (国際)オープン 別定 1200m ダート・右
インセンティブガイ 56.0
オフィサー 56.0
オメガエクスプレス 55.0
カネトシツヨシオー 56.0
キョウワロアリング 56.0
クィーンオブキネマ 54.0
クランエンブレム 56.0
コスモシンドラー 56.0
サイボーグ 56.0
シアトルユー 55.0
シンボリグラン 58.0
ジョイフルハート 57.0
スナークファルコン 56.0
スピニングノアール 57.0
スリーアベニュー 58.0
スリープレスナイト 55.0
セレスクラブ 56.0
ゼンノストライカー 56.0
タータンフィールズ 56.0
テイエムアクション 56.0
トーセンキャプテン 56.0
トーセンザオー 56.0
トーセンブライト 58.0
ナムラアトランテス 56.0
ニシノシタン 56.0
ニホンピロブリュレ 54.0
ニルヴァーナ 56.0
ハギノトリオンフォ 56.0
ビクトリーテツニー 56.0
ビッグジェム 56.0
フィールドベアー 57.0
フェラーリピサ 57.0
フレンドシップ 56.0
ブラックタイド 56.0
マイネルアルビオン 56.0
マイネルハーティー 55.0
マルブツリード 55.0
ミュージックホーク 56.0
メイショウシャフト 55.0
ヤマカツブライアン 56.0
ヤマノルドルフ 56.0
ロイヤルキャンサー 56.0
ワールドハンター 56.0
ワンダースティーヴ 56.0
ヴァンクルタテヤマ 56.0

Posted by sachi at 05:55 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 09, 2008

2歳馬近況

えっ、アリオンはもう休養を終えちゃったの? 1カ月くらいは放牧かと思っていたのですが…… でも、まあ体調はよいようだから、休みつつまたお稽古でよいのかな。背中もしっかりしてきたようだし、出稽古もするようです。環境の変化に動じない馬にするというのは、もちろんいいことだけど、それって慣れなの? 性格にもよるんじゃないかなあ。いずれにしても、ここまで回復してくれたのは本当にありがたい。これからも焦らず、二度と事故のないようにお願いしたいです。
サイクロンは相変わらず舎飼いです。せめてパドックにでも出られるようになると少しはストレスも解消されるかと思うのですが、ここは我慢、我慢……。馬だって人間だって、幽閉状態に慣れることはありえないでしょうね。とりあえずは、一日も早くお日様のもとで毎日を送れるまで回復してくれることを祈ります。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアリオン ……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。この中間から坂路でキャンター1100m1本の運動を再開しています。3週間程度の休養でしたが、疲労がすっかり抜けて以前に増して背中の感触がしっかりした印象を受けました。乗り出し始めからエネルギーがみなぎっているようで、良い動きを見せています。近日中にもコスモヴューファームに移動して1週間程度現地で調教を行う予定。その後も真歌に移動するなどして、環境の変化にも動じない馬に育てたいと考えています。

▼マイネルサイクロン ……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
真歌トレーニングパークに滞在中。引き続き舎飼いで管理されています。モミがらを敷いてクッションを作った馬房での生活も2ヶ月目。外に出ることもなく狭い空間で歩き回ることしかできず、ストレスが溜まっている様子です。来週か再来週あたりにレントゲン撮影を行い経過観察する予定ですが、撮影時にはうるさくするかもしれません。

*蹄骨を骨折した馬の前例
連休中にインターネットを検索していて分かったのですが、現3歳馬のMバイタル(シクレノンビオスの05)も蹄骨を骨折していたんですね。出資者さんのHPを読むと、9月半ばすぎに歩様が乱れ、検査してもいったんは骨折ではなく挫跖との判断でパドック管理をしていたようですが、よくならないので2週間後に再検査したところ蹄骨骨折が判明…… 舎飼いの期間はなく、パドック管理で3カ月というのですから、程度はごく軽かったようです。
半年程度は休養が必要とのことで、蹄骨にかかる負担を軽減するために両前脚に蹄鉄を打ち、10月から3カ月間、日中はパドックのみ、夜は馬房での生活。ウォーキングマシンでの軽い運動が許可されたのは12月末で、その後は順調にいったらしく、1月半ばには放牧。2月半ばに調教を再開し(再開まで都合5カ月)、この4月12日に福島で無事デビュー。現在は2戦して、8着、6着です。
まだパドックにも出してもらえず、バイタルよりかなり症状が重そうなサイクロンは、うまくいっても普通放牧が許されるのは夏の終わりかな。それまでは馬もスタッフも出資者も、我慢、我慢の日々が続きそう。
そのほかにも、マイネルの馬で蹄骨を骨折した募集馬はいます。前にも書いたMアンベータもその1頭ですが、その前にもMプレッジが8月に蹄骨を骨折。この2頭は即、引退が決まったようです。サイクロンが引退にならなかった理由は何なのか…… 骨折の程度が軽く、まだ時間的に余裕があると見たのならよいのですが、明らかにバイタルよりは重そうですから、はっきりした見解を知りたいもの。
カームの骨折は2002年1月と、タイミング的にはサイクロンより2カ月早かった。それでもデビューは翌年の7月でした。デビューまで1年半。骨折の程度が、サイクロン以上に重かったのでしょうか。骨折当時、どちらが古馬だか分からないような調教ぶりだったという話から判断すると、サイクロンが競走馬としてデビューできても、どこまで骨折以前の能力を発揮できるか、今でも疑問に思っているんですが、こうなった以上は我慢しかありません。しかし放牧ができるようになってからも、我慢が続くのは同じだろうなー。

Posted by sachi at 07:32 PM | Category: HORSE | Comments (2)

May 08, 2008

今週の調教時計

勝ってご褒美放牧させてもらった馬が、ハヤト、アルデュール、フォーグと続き、グリッツァも鉾田へ行っちゃったので、入厩馬はアルビオンのみとなりました。
そのアルビオン、きのうは美浦坂路の2番時計です! いやぁ、ほんとにほれぼれするタイム。この力をレースで出せれば、次はアルビオンの番のはずなんだけどなあ……

マイネルアルビオン
5/2 助手 美浦坂路 良 62.3 45.2 29.3 14.6 馬ナリ
5/4 助手 美浦坂路 稍重 53.8 38.9 25.7 12.8 馬ナリ
5/7 助手 美浦坂路 良 59.3 43.5 28.7 14.3 馬ナリ
5/7 助手 美浦坂路 良 2回目 49.5 36.0 23.9 12.1 一杯

*柴山騎手は来週のヴィクトリアMに騎乗とのことなので、アルビオンの鞍上は誰になるのでしょうか? ぜひとも勝負できる乗り役さんでお願いします!

Posted by sachi at 07:55 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 07, 2008

古馬近況

6歳馬
とうとうこの世代も5頭に。そのうち3頭がラヴ産駒とはすごいですよね。5歳世代だって、マルス、スパーダ、グリッツァと3頭も残っている。なのに、このところ募集馬で冷遇されていることはなはだしいです。そもそも牝馬の質がよそと比べれば高くはない。それでも走っているのになぁ。アルビオンが頑張って、この傾向を巻き返してほしいもの。今週も好時計を出しています。アンタレスSと今週のオアシスS、2回の除外権利取りで、どうかレースまでうまく行きますように。栗東への輸送も無事に。ハヤト、アルデュール、フォーグに続き、ここで勝ってご褒美放牧と行きたいねっ!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。先週の谷川岳Sは出馬投票を見合わせることに。今週オアシスSで権利取りを狙います。権利1つを有していても、このレースは除外が濃厚。来週の栗東Sへ向けて権利2つは確保しておきたいところです。4日(日)に坂路で53.8秒をマークしたのを始め、けさ7日(水)にも49.5秒(本日の2番時計)で駆け上がってきました。きちんと鞍上の指示に従うので、調教厩務員も「思い通りに動けるので、乗っていて気持ちが良い」と話しています。

5歳馬
グリッツァは鉾田で乗り込まれています。何やらテンションが高いみたいだけど、環境にまだ慣れないのでしょうか。それとも、フォーグやハヤトと同じく、恋の季節か!? もともと気性はラヴ産駒だからカーッとなりやすくても不思議はないんだけど、会ったときはそうでもなかったなぁ。きっと京都への輸送に加え、レースでハナを切れなかったのでストレスがたまっているんじゃないでしょうか(笑) おとなしく鞍上の指示に従って走れるようにね。お世話をしてもらうのは、やっぱり牧場のHさんと郷原厩舎の担当厩務員さんが、いいなぁ。でもぜいたくは言えません。次の出走まで、きちんとお稽古を積んでおくように!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・郷原洋行厩舎……
ビッグレッドファーム鉾田で調整中。到着翌日の1日(木)はウォーキングマシンのみに止め、金曜日から坂路1本を乗っています。テンションが高めでウォーキングマシンに入れる際も立ち上がったり、なみあしでもチャカついたりと落ち着きがありません。一方、腰の疲れは今回は目立つほどではなく、くたくたした感触でしたが週末には普段の歩様に戻っています。現在は軽めに乗って様子を見ています。

Posted by sachi at 08:29 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン募集馬ラインナップ発表!

と言ってみたけど、どんな馬か分からないので、ぜーんぜんピンときません。
55頭のうち23頭がロージズインメイ産駒ですか。今年もとりあえず牝馬が多い(^^;;
ラヴ産駒は牡馬と牝馬1頭ずつ。永田牧場さんのラヴ産駒(ブルックの下、フォーグのおい)もいないし、自家生産のラヴ産駒コスモキャンドルの07もいない(セゾンに行くなら出資するかも)。出資しようか迷った2歳ティーボール産駒の下(父マンハッタンカフェ)もいないなぁ…… セレクト産駒が2頭。ブライアンズタイムはたった1頭。あんなにいっぱいいたデジタル産駒も4頭。ロージズ以外にバリエーションが…… どんな申し込み状況になるのやら。やっぱり一番人気は、ホクトスルタン/ドリームシグナル効果でダイイチアピールかな。次いでヌーヴェルやガイア、アイルの産駒でしょうか。どうせ高いだろうし、どれも取れなさそうなんで、どうでもいいや。

いつも写真(何と言ってもこれです)と血統(見ても分からないけど、近親に走ってる馬がいるかどうかなどは一応チェック)を見てから決めるので、今のところ何とも言えませんが、う〜ん、どうしよ。早くセゾンも発表してくれないものか。ロージスインメイって、そんなに期待できるの? 青鹿毛は好きではありますが…… わたしとしてはラヴ産駒のほかに、ステイゴールドやマヤノトップガン産駒に興味があったんですが。アドマイヤマックスは、デセールの初仔に期待。あとはすべて馬そのものを見てから、お値段との相談で。
ぱっと見て興味がわいたのは、リンクシェーマの07。バゴって誰?(爆) あっ凱旋門賞馬かぁ。高いのでしょうか。JRAの供用馬なら、さほどでもなかろう。おもしろそうだと思うんですけど、お安くしてぇ〜>社長!

Posted by sachi at 06:08 PM | Category: HORSE | Comments (6)

4・3歳馬近況

更新はお休みかと思っていましたが、何も連絡事項に書いていなかったので待っていたところ、やはり更新ありました。ここらへんはサービス向上と言えますね。

4歳馬
ハヤトは早くも坂路入りを開始したようです。まだ基礎づくりの段階ですが、問題なく順調に乗り込みを進められそう。馬っけが強いというコメントは、牝馬を見ると馬っけを出して暴れると言っていたフォーグを思い出します。ほんとにもう、うちの息子たちときたら、いつの間にか目覚めたらしい(笑)でも、元気があってよろしい! 男の子はもっともっといい成績を残さないと、お嫁さんの世話はしてくれませんよ。復帰したら、そのつもりで頑張れ〜
ルーチェも、そろそろ検査結果がよければ騎乗再開の運びとなりそう。少しじれったい思いをしましたが、過ぎてみればあっという間。そのあいだにアルビオンやハヤトやフォーグが活躍してくれたので、今年もずっと競馬が楽しめました。これから1〜2カ月はじっくり乗り込んで、相性のよい新潟あたりで復帰してくれるとベストかな。ルーチェも短い休みはあったものの、今回が久々の長い休養です。そのあいだにもう一回り地力が強化されて、強い牝馬になっていることを期待!
フォーグは、ついに最強の1勝馬から2勝馬になりました! 実力は示していたものの、善戦どまりだったのですが、コースも相手関係もよかったと思う。オープン特別を勝ち、これから生涯オープン馬でいられるのは嬉しいものの、ここで一休みして次となると、また、しょ、賞金が…… やっぱり重賞への出走にはかなりの運が必要みたいです。もう1つ2つ?オープン戦を勝たないとね(苦笑) これほど故障もなくずっと出走し続けてこられたのは、馬体が軽いので脚への負担が少ないおかげかもしれません。小さいと言っても450キロ前後はあるので、スタミナ切れということにもなりません。こういうタイプの馬が意外と「無事是名馬」の典型となるのかも? しばらく疲れを癒して、次はまた得意の新潟から。そこで重賞制覇となれば、本当にめでたいのですけどね。宮厩舎は先週、新潟と京都で3勝(交流戦でも1勝)の固め勝ちして、リーディングも31位にアップしました。往々にして一見、意表をつく出走ですが、そこらへんの選択がうまいなぁといつも思う。これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
先週末にMファヴールらとともにビッグレッドファーム浦和から真歌トレーニングパークへ。坂路でキャンター1500m1本の運動を開始しました。いまは単走、もしくは縦列の馬なりでじっくり乗り込んでいる段階です。痛みや歪みがなく、これから順調にペースアップできるでしょう。馬っ気がかなり。牡馬、牝馬を問わずにいななき、ブーブー鼻を鳴らしてばかりいます。馬体重は524キロ。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。1日19時間ほど屋外に出す昼夜放牧を続けています。この中間も新鮮な青草を求めてあちこち歩き回っていました。骨折部位はすっきりした状態。歩様に違和感もなく、順調に回復しているのではないかと見ています。獣医に経過チェックのレントゲン検査を依頼しました。結果が良ければ坂路入りを再開します。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
4日(日)の新潟で待望の2勝目を挙げました。前半の2ハロン目と3ハロンがいずれとも10秒台のラップ。この速い流れなら引っ掛かる心配がありません。中団で折り合い、じわじわ進出して直線に向くと、さらに脚を伸ばして一昨年の10月以来の勝ち星を手にしました。今後はリフレッシュ放牧の予定。関屋記念あたりの復帰を考えています。

3歳馬
パラストは、連休明けにも入厩かと期待していましたが、まだ体がつくれていないようです。馬体重502キロはいかにも重い〜 成長するのはいいけれど、脂肪がついただけではダメ。今度入厩してからは、もう後がないんです。もともと脂肪のつきやすい馬かもしれないけど、鉾田〜〜 どうかもうちょっと絞ってから入厩させてください。これでは息がもちそうにありません! 長丁場になるやもしれないので、体力があるのは重要です。しかし、どうにかして早く勝ち上がってほしいな>パラスト 今の未勝利戦のレベルなら、なんとかなるんじゃないでしょうか。いや、なってほしい!
アルデュールは、故郷の北海道に戻り、大喜びで駆け回って牧草を食べているよう。デビュー戦で出足をくじかれてから、本当はもっと楽に勝ち上がるはずだったのに、レースでは調教どおりの力がなかなか発揮できなかったアルデュールですが、ここにきて馬も本当にしっかりしてきて、2勝目をあげられたのはありがたいこと。ただの調教大将という言葉も聞かれましたが、びしっと勝てなかったのは、やはりうまく乗れていなかったのだと思います。橘Sで不利を素早く立て直して健闘できたのもベテラン佐藤哲三騎手の味だったと感謝。ケガもせずに無事でよかった。しばらくはのんびりと休んで疲れをとり、しっかり英気を養ってから復帰してください♪
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム鉾田で調整中。坂路でキャンター900m2本の運動をしています。この中間に2度の追い切りを消化。動きは決して悪くはないものの、跨ったスタッフは「まだ重い感じがする」と述べます。502キロと前走時より22キロ重いのは事実で、一杯に追った53秒のタイムもまだまだつまりそうな感触。鈴木師にはそのことを伝えており、入厩まで体を絞れるように負荷をかけていきます。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
1日(木)、美浦のトレセンから、ビッグレッドファーム明和に移動しました。金曜日から昼夜放牧を始めています。久々に大きな放牧地に離されたのが嬉しかったのか、曳き手を外すと尻っぱねをして走り回っていました。良いバネが感じられる弾けっぷりです。1ヶ月はゆっくり休ませて、いままでの疲れをすっかり取ってあげたいと考えています。

Posted by sachi at 01:26 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 04, 2008

アルビオン、オアシスSに登録

うっ、ここまで登録しないと出られないのか。スプリント路線は本当に厳しい。
フォーグは登録した時点で谷川岳Sと都大路Sのどちらかに出走と言っていたものの、
どちらかと言うと都大路のほうが本来の目標だと思っていたわけなんですが、
距離短縮も真剣に考えていたのでしょうね。
出走可能になったことがよい結果をもたらしてくれて、ラッキーでした。
フォーグはそんな幸運に恵まれているのに、アルビオンはどちらかというと運が悪い……
ここらで本当になんとか、「実力相応の」成績を残してほしいのですけど、それにはまず
目標のレースに出走できることが大前提。

ところで、きのう東京で落馬負傷した柴山騎手が気がかりです。
何と言っても畠山厩舎の主戦。たいしたことがなければよいのですが。
アルビオンが目標にしている栗東Sは関西なので、騎手は誰になるのかな?
柴山騎手が西下するのかと思っていたのだけれど……

5月11日(日) 東京・オアシスステークス 第1回特別登録 46頭
サラ系4歳以上 (国際)[指定]オープン ハンデ 1600m ダート・左
アイスドール
アドマイヤスバル
アルーリングボイス
イブロン
インセンティブガイ
ウインレックス
オートセレブ
オフィサー
キングトップガン
コスモシンドラー
サイレンスボーイ
サンライズキング
シンボリグラン
ステキシンスケクン
スナークファルコン
ゼンノストライカー
ゼンノパルテノン
タータンフィールズ
タイキヴァンベール
タガノエクリプス
ダイナミックグロウ
チョウカイロイヤル
ツムジカゼ
テイエムアクション
トーセンアーチャー
トーセンブライト
ナムラアトランテス
ニシノシタン
ニシノナースコール
ニホンピロブリュレ
ニルヴァーナ
ハギノベルテンポ
ビクトリーテツニー
フェラーリピサ
フジサイレンス
ベルーガ
ベルモントプロテア
ボードスウィーパー
マイネルアルビオン
マルノマンハッタン
メイショウホウオウ
ヤマカツブライアン
ユノナゲット
ロイヤルキャンサー
ワールドハンター
ヴリル

Posted by sachi at 09:41 PM | Category: HORSE | Comments (0)

フォーグ、やったぁ〜〜〜優勝!

なかなか勝ち切れなかったフォーグが、平坦新潟の1400mで見事な差し切り勝ちをおさめてくれました。嬉しい!
岡部騎手も、これで中央の特別勝ちをものにし、きょうは新潟で2勝、おめでとうございます。
フォーグはいつも頑張って走ってくれますが、良い成績を残せているのは宮先生と厩舎のみなさんの日頃の努力のおかげです。ありがとうございました!

5/04(日) 新潟11R 谷川岳S(OP) 4歳上 ○国際○指(別定) 芝1400m 16頭発走:15:20 天候:晴 馬場:良
1着 6枠 12番 マイネルフォーグ 牡4 56.0 岡部誠 宮徹 1:20.2 456(+4) 13.5 5/14人気

パドックは天皇賞のおかげでほんの短くしか中継されませんでしたが、人気は最後にじりじりと上昇したようで、最終的には5番人気。岡部騎手はすでにこの日1勝を挙げていたので、ひょっとして?と期待しながら応援。直線、進出してきたときには、フォーグの脚を信じ勝てるぞ〜と思いながら、思わず大声をあげていました。
伊達に重賞2着2回の馬ではなかった。競り合いを制してくれて感激♪ 本当に丈夫で、コンスタントに走ってくれる出資者孝行の馬です(^o^) これでようやく晴れて2勝馬。結果的に、都大路Sではなく谷川岳Sへの出走が吉と出ました。賞金も加算し、出走が少し楽になるかな? 問題は、距離も含めてこれからどうするか。重賞にも挑戦してほしいけど、そろそろお疲れ? 次週の報告が楽しみです。

Yahoo!スポーツ 競馬 - 谷川岳S、マイネルフォーグが競り合い制す
【谷川岳S】(新潟)〜マイネルフォーグが制す | News | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
〜レース後のコメント〜
1着 マイネルフォーグ(岡部誠騎手)
「ある程度前へ行って直線抜け出すという指示でしたが、その通りの騎乗が出来ました。スローになると少し掛かるところがあるけれど、今日はいい感じで前が引っ張ってくれたので競馬はしやすかったです」

騎手コメント(公式HP:from Race Courseより)
「フォーグ」  記事カテゴリ:競馬場からの報告
岡部騎手「うまく折り合いがついて、手応えどおりに伸びてくれた」

*ちょうど1年前は、NHKマイルCに続いてダービー出走という貴重な経験をさせてくれたことを思うと、とても感慨深いです。フォーグ、本当に頑張り屋さんです。まだまだ伸びてくれそうで、先が楽しみ〜!

Posted by sachi at 04:57 PM | Category: HORSE | Comments (10)

May 03, 2008

フォーグはやや外目の6枠12番に

どちらかと言うと中から内めの枠が成績がよいと思うのですが、器用な馬で
気性がおちついた今は、あまり関係ないかもしれません。
相手は1400mでは強いレーニアとシンボリグランかな。
あ、ステキシンスケクンを忘れてました。ここは中舘騎手で逃げきりか?
それともレーニアと競り合って、フォーグが漁夫の利をせしめる?(笑)
頑張れ〜フォーグ! 岡部騎手に新潟で初勝利を!!!

5/04(日) 新潟11R 谷川岳S(オープン) 4歳上 ○国際○指(別定) 芝1400m 16頭発走:15:20
1 1     インセンティブガイ 牡7 56.0 鮫島良太 角居勝彦
1 2     ニシノシタン 牡8 56.0 田辺裕信 浅野洋一
2 3     リキアイタイカン 牡10 57.0 大庭和弥 阿部新生
2 4     ロイヤルキャンサー 牡10 56.0 長谷川浩 森秀行
3 5 △   アポロノサトリ 牡5 55.0 田中剛 堀井雅広
3 6 △ △ シンボリグラン 牡6 58.0 柴山雄一 畠山吉宏
4 7 ▲ ◎ キョウワロアリング 牡7 56.0 飯田祐史 飯田明弘
4 8 ◎   マイネルレーニア 牡4 56.0 津村明秀 西園正都
5 9     ハイソサエティー 牡4 56.0 田中勝春 小島太
5 10 ○ ▲ ステキシンスケクン 牡5 57.0 中舘英二 森秀行
6 11     サイキョウワールド 牡6 56.0 浜中俊 坂口正大
6 12 △ ○ マイネルフォーグ 牡4 56.0 岡部誠 宮徹
7 13     アルーリングボイス 牝5 54.0 太宰啓介 野村彰彦
7 14     ニホンピロブリュレ 牝7 54.0 赤木高太 大橋勇樹
8 15     コスモシンドラー 牡6 56.0 三浦皇成 畠山重則
8 16     ウインレックス セ7 56.0 熊沢重文 宗像義忠
(印はnetkeiba.comより)

*あ、フォーグに印はないかと思っていたら、〇と△がついてました。
ステキシンスケクンは案外印が薄いような? レーニアはやはりこの距離では強敵。しかしフォーグも強くなっているので、どっちが上か。最後までしぶとく粘れるのはフォーグです。岡部騎手の手腕に期待!

Posted by sachi at 12:16 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 02, 2008

2歳馬近況

せっかくこの10年、馬が牧場にいても入厩していても、ポートレートと近況のおかげで毎週ラフィアンでの馬ライフをエンジョイしてきたのに、6月からは、あの担当者が出資者一人一人に話をしてくれるようなコメントもなくなり、牧場からの報告も1カ月に2回になると思うと、本当にがっかりです。(真歌はともかく)馬もよく判別できない明和の調教ビデオなどいらないし、卓上カレンダーも不要、出走確定メールも不要。一番ラフィアンらしいサービスだったポートレートをどうしても廃止するのなら、せめて近況を毎週のまま残してほしいものですが、きっと社長は、めったに牧場を訪れる機会もない出資者の思いなど分からないんでしょうね。前社長は早とちりで強引なところはあったけれど、創業者の熱意というか、会員とともにありという思い入れと(少々的外れでも?)行動力はあった。情もあった。しかし現社長が考えるのは、ただの経営効率だけですかね? 本当の会員サービスとは何かをもっと考えてほしいもの。言葉にするとよけいに腹だたしいので、このへんでやめておきます……って、十分言葉に出したかな?(^^;;ハハハ

さて、アリオンは昼夜放牧でなんとなく大人びてきたらしい。1カ月は栄養価の高い青草を食べてしっかり体力づくりをしてほしいです。これで一番の早期入厩組ではないことにほっとしました。順調だった馬と比べて2カ月は遅れている勘定ですから、焦らずゆっくり成長を促していただきたいものです。
サイクロンはまだまだ忍耐の日々。5月中旬の検査結果がよければ、パドックくらいには出られるようになるのかな。ずっと馬房に閉じ込められていては、いらいらも高じるでしょう。なんとか我慢してくれて、しっかり亀裂がくっつくよう祈るしかありません。しかし、たとえふさがったように見えても、また動きだし乗り出すと、どうなるか分からないというのが本当のところでしょう。出資者にもこれから先まだ何カ月もこの我慢を続けさせるのだから、それなりの結果を出してほしいです。ただの補償減らしにならないことを願います。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアリオン ……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ 美浦・稲葉隆一厩舎……
ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧されています。最近、少し大人びてきた印象。均整の取れた馬体が目を引きます。休養に入って10日程度経ちますが、相変わらず集放牧時にうるさいくらい元気。今後の状態によるものの1ヶ月程度で騎乗再開を予定しており、それまでしっかり英気を養ったうえでさらなる成長を期待しています。

▼マイネルサイクロン ……父マイネルラヴ/母トロピカルレディー 美浦・田村康仁厩舎……
真歌トレーニングパークに滞在中。舎飼いで管理されています。最近では飼い葉が一番楽しみな時間の様子。飼い桶を持っているのを見るとうるさくいなないて「早くくれ」と催促します。1日1回、馬房を出て洗い場へ行くときは、立ち上がりそうな雰囲気があるので油断はできません。

Posted by sachi at 07:11 PM | Category: HORSE | Comments (4)

May 01, 2008

今週の調教時計

出走予定はフォーグだけですが、アルビオンも一応時計をだしています。
いつもの通り馬なりの調教です。
フォーグは終い、一杯に追って12.0。よしっ! 新潟の直線に期待しよう。
レーニアには、京王杯2歳Sで首差の2着、あのときとは馬が違うので、ひょっとしたら( ̄ー ̄)ニヤ

マイネルフォーグ
4/30 助手 栗東CW 良 82.4 66.5 51.6 37.8 12.0 9分 一杯
マイネルアルビオン
4/29 助手 美浦坂路 良 58.9 43.2 28.5 14.4 馬ナリ
4/30 助手 美浦坂路 良 62.0 45.0 29.7 14.9 馬ナリ
5/1 助手 美浦坂路 良 59.7 43.9 29.2 14.7 馬ナリ

*また某掲示板で、フォーグの重賞登録と除外の権利をめぐる論争が蒸し返されてます。
正直なところ、タカビーで独善的で不快な調教師批判をする方が約1名としか受け取れませんね、わたしには。正確な規則を指摘されると、そんなことは解っていたけれど、よけいややこしくなるから書かなかったとか…… さらに、多分タイプミスで1カ所だけ「あんた」となっていたことを揚げ足取りして、相手を攻撃的だと批判。攻撃的なのはどっちだぁ〜い?? 他のスレでも、不快な調教師批判を繰り返していた人物。うざい〜〜〜 相手になった方もだんだんあおられて向きになってるきらいはあるけど、ご同情申し上げます。
さらにさらに、もう一つの匿名掲示板で話題になってる口取りの確率の件も、いったい何なの? ライフィアンが、ねたみやっかみ会員の牙城になってほしくないな。

Posted by sachi at 08:47 PM | Category: | Comments (0)

フォーグ出走確定

フォーグ、新潟の谷川岳Sに出走が決まりました。
鞍上は岡部騎手。新潟でどこまで通用するかは不明ながら、頑張ってほしいです。
とはいえ、新潟での地方騎手の成績はあまりよくないような気が……
距離も久々の1400mでどうか……と 、不安がよぎります。
馬場が少し渋ったりしてくれると面白いかも? でもお天気はよさそうなんですよね(^^;;
やはり強敵はシンボリグランかな。新潟の直線で、持ち前の切れる脚を発揮してくれれば、案外いい結果が出るかもしれません。

5月4日(日)
新潟 マイネルフォーグ 11R 谷川岳ステークス 4歳以上オープン 国際  56 岡部誠 芝1400m 15:20 16頭

Posted by sachi at 08:37 PM | Category: HORSE | Comments (0)