September 30, 2007

ルーチェ 秋華賞に特別登録

10月14日(日) 4回京都5日 第12回 秋華賞(GI) 第1回特別登録 24頭
サラ系3歳 (混合)牝(指定)オープン 馬齢 2000m 芝・右

アルコセニョーラ 55.0
ウオッカ 55.0
エーシントゥルボー 55.0
カレンナサクラ 55.0
クィーンスプマンテ 55.0
ザレマ 55.0
タガノプルミエール 55.0
ダイワスカーレット 55.0
トーセントップラン 55.0
トウカイオスカー 55.0
ニシノマナムスメ 55.0
ハチマンダイボサツ 55.0
ハロースピード 55.0
ヒシアスペン 55.0
ピンクカメオ 55.0
ブリトマルティス 55.0
ベッラレイア 55.0
ホクレレ 55.0
マイネルーチェ 55.0
ミルクトーレル 55.0
ミンティエアー 55.0
ラブカーナ 55.0
レインダンス 55.0
ローブデコルテ 55.0

賞金順位は17番めくらいのようですので、無事に行けばぎりぎり出走がかないそうです。
フォーグは無事復帰戦を走り終え、能力のあるところを見せてくれました。
ルーチェも、勝ち負けはむずかしいでしょうけど、掲示板を目指して頑張ってくれますように!

【追記】 10/2
なんと、ルーチェが10/6のオクトーバーSにも登録をしていました。
ハンデ戦ですので斤量は有利だけど、登録だけかな?
10月6日(土) 4回東京1日 オクトーバーS 第1回特別登録 17頭
サラ系3歳以上 (混合)[指定]3歳以上1600万円以下 ハンデ 2400m 芝・左
アクレイム 56.0
ウォーライクトニー 54.0
オナーチェイサー 56.0
カゼノコウテイ 55.0
ガッテンワン 56.0
コスモプラチナ 54.0
ゴージャスディナー 54.0
サンデーストリーム 56.0
スズカローラン 52.0
ドクターグリム 54.0
ドリームパートナー 56.0
ハイフレンドトライ 55.0
マイネルーチェ 51.0
マルタカハーモニー 55.0
メジロトンキニーズ 53.0
リキアイサイレンス 54.0
レーザーズエッジ 54.0

Posted by sachi at 05:34 PM | Category: HORSE | Comments (0)

フォーグ復帰戦で健闘

9月30日(日)阪神11R ポートアイランドS 3歳以上 1600m 芝・右 外 (国際)(特指) オープン 別定 発走 15:30 天候:曇 芝:稍重
6着 6枠 11番 マイネルフォーグ 牡3 54.0 藤岡康太 1:34.1 クビ 33.8 442 +2 宮徹 14/18人気

稍重の馬場も苦にしないだろうと思っていたフォーグ、後方からの競馬になりましたが、直線よい脚を見せて6着! 惜しくも掲示板はのがしたものの、これからのレースに期待を抱かせる見所あるレースでした。かからなければ、1800mから2000mが一番の適距離かもしれません。復帰初戦で古馬にまじりこれだけの力を示せたのは立派。頑張ったねフォーグ。将来が楽しみです!

#ん? ふと思ったのですが、陣営はもしかして、まだ菊花賞への出走を視野に入れてるのかも!?

Posted by sachi at 04:10 PM | Category: HORSE | Comments (0)

アルデュール、やっと勝利!

9月30日(日) 中山1R2歳未勝利 1200m 芝・右 外 (混)[指]発走 10:05 天候:雨 芝:良
1着 6枠 7番 マイネアルデュール 牝2 54.0 松岡正海 相沢郁 1:11.3 450(+4) 5.0 3/12人気

きょうはパドックの気配もよく、馬場は雨ながらいけそうな感じでした。
あっさりと勝ってくれました。これまで何度も惨敗したのが不思議です。
やはり距離は短くて正解。のびてもあと1ハロンでしょう。
松岡騎手に戻って、予定どおりの走りでした。ようやく競馬を覚えてくれたということかな。次走が楽しみです。(なお、御褒美放牧になるようです)

9月30日(日) 【未勝利戦】(中山1R)〜レース後のコメント
1着 7番マイネアルデュール(松岡正海騎手)
「攻め馬の動きならオープン級なんだけどね……。もっと早く勝てると思っていた。まだ息の使い方が掴めていないのか、最初は一気に行こうとしたり、3コーナーでフワッとしたり。息の入りがまだだね」

Posted by sachi at 10:24 AM | Category: HORSE | Comments (4)

September 29, 2007

アルデュールは6枠7番、フォーグは6枠11番

アルデュールは今回、どこまでやれるでしょうか。ここで結果が出せなければまた立て直し?
松岡ジョッキー、なんとかいいペースでお願いしますね。
フォーグは強豪の古馬を相手にどこまでやれるでしょうか。調教の感じからすると、意外な穴馬のような気がします。藤岡騎手、アピールするチャンスです。頑張れ〜!!


9/30(日) 4回 中山 8日目
1R 未勝利
2歳 ○混□指(馬齢) 芝1200m 12頭発走:10:05
1 1 △ ◎ ネヴァリバティ 牡2 54.0 吉田隼人 伊藤正徳
2 2 ◎ ▲ バロンダンス 牡2 54.0 穂苅寿彦 和田正道
3 3 △   シャドウランズ 牡2 53.0 ☆大野拓弥 柴崎勇
4 4     シャルルドミル 牝2 51.0 ▲宮崎北斗 堀井雅広
5 5     ヒシビスタ 牡2 54.0 木幡初広 中野隆良
5 6     キリシマセブン セ2 54.0 二本柳壮 二本柳俊
6 7 △ △ マイネアルデュール 牝2 54.0 松岡正海 相沢郁
6 8 ○ ○ エクセレントレイ 牝2 54.0 吉田豊 稗田研二
7 9     ギンザグリングラス 牡2 52.0 △田中博康 天間昭一
7 10 ▲   ロッキーローレル 牡2 54.0 柴田善臣 菅原泰夫
8 11     オンワードカメリア 牝2 54.0 中舘英二 大和田稔
8 12 △   ニシノイノーマス 牝2 54.0 後藤浩輝 浅野洋一


9/30(日) 4回 阪神 8日目
11R ポートアイランドS(オープン)
3歳上 ○国際○特指(別定) 芝1600m 18頭発走:15:30
1 1 △   エイシンツルギザン 牡7 56.0 和田竜二 藤原英昭
1 2     ナスノストローク 牡6 56.0 橋本美純 加用正
2 3   △ アンブロワーズ 牝5 54.0 秋山真一 平田修
2 4 ○ ○ トウショウカレッジ 牡5 57.0 太宰啓介 池添兼雄
3 5     ミュージックホーク 牡6 56.0 中村将之 中竹和也
3 6 △   スーパーホーネット 牡4 56.0 藤岡佑介 矢作芳人
4 7 ▲ ▲ グレイトジャーニー 牡6 57.0 佐藤哲三 池江泰郎
4 8 ◎   マイネルスケルツィ 牡4 56.0 鮫島良太 稲葉隆一
5 9     マヤノグレイシー 牡8 55.0 長谷川浩 坂口正大
5 10     フェイトトリックス 牡6 55.0 石橋守 池江泰郎
6 11     マイネルフォーグ 牡3 54.0 藤岡康太 宮徹
6 12     アルーリングボイス 牝4 54.0 村田一誠 野村彰彦
7 13     マイネルレーニア 牡3 54.0 内田浩一 西園正都
7 14     デンシャミチ 牡4 55.0 小坂忠士 田中章博
7 15 △ ◎ ホッコーソレソレー 牡5 56.0 渡辺薫彦 浜田光正
8 16 △   インセンティブガイ 牡6 56.0 小牧太 角居勝彦
8 17     トウショウパワーズ 牡5 56.0 酒井学 鶴留明雄
8 18     ケイアイガード 牡6 56.0 幸英明 白井寿昭

*印はnetkeiba.com

Posted by sachi at 04:13 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン二次募集馬

きのうメール便でカタログが届いていました。
注目はもちろん2頭のラヴ産駒。設定価格がこれまでになく高かったので当初は出資候補ではなかったのですが、カタログとDVDを見てやはりいい馬だな〜と。いや、ラヴ産駒にかぎらず、二次募集の馬たちは一次募集と比べると成長著しいためか、どれもとてもよく見えます(毎年のことながら)。

さて、困ったぞ〜 今年は一次でリンクシェーマ06だけしか出資してうないので、あと2頭くらいは出資候補なのですが、ラヴ産駒2頭のうちどちらに行くか(これはほぼ間違いなく申し込むつもり)。
カタログでは68のザフェイツ06に傾いていたのですが(値段、厩舎、首さしや体つきから)、動画を見ると70のトロピカルレディー06のほうがいっそうラヴパパとそっくりで、本当にラヴのようなスプリンターになりそうな気配。ザフェイツのほうはどちらかというと脚長でスマート、母父ブライアンズタイムにもかかわらず、腹袋がぽってりしたところがありません。同じスプリンターになるとしても、ラヴとは違ったタイプになりそうな気がする。たいしてトロピカルレディーは脚が短く、毛色も真っ黒だし、やや無骨な体型も筋肉もラヴそのままのようです。う〜ん、どちらもすごくいい馬だ。値段が高いだけあるぞ〜 これは困りました。いくらなんでも両方に出資するほどの財力はありませんしねぇ。

そしてラヴ産駒にこだわらなくても、(値段のわりに)いい馬がそろっている印象。いい意味で、本来のラフィアンに戻った感じと言えばいいか。値段も、よく考えれば二次は例年、こんな感じでしょう。むしろ一次募集馬のほうが高い気がしてきました。
牡馬もそうですが、ことに牝馬ではマヤノトップガン仔とサッカーボーイっ仔が気になります。トップガンっ仔は以前からほしくて、一度カヴァティーナの牝馬に出資したんだけど、取り下げになった経緯があります。この仔は栗毛、大きな幅広の流星も父そっくりで、走りそう。そしてサッカーボーイっ仔は、ルーチェに似た体型でオークスに行ってくれそうな夢があります。一次募集にもまだ気になるラヴ産駒牝馬がいるし、ラヴ産駒じゃない気になる馬もいる。はてさて、どうしましょう。カタログは、いざ到着してみると、目の毒でした。ヽ(´ー`)ノ

といっても、ポイントではじかれる可能性もあるため、申し込みはまたHPの申し込み結果と睨み合わせてということになりそうです。

Posted by sachi at 07:34 AM | Category: HORSE | Comments (2)

September 28, 2007

2歳馬近況

パラストは、せっかく追い切り→入厩の態勢が整ってきたところへソエが出てしまい、再び放牧となりました。残念。でも、急仕上げで入厩デビューよりは、かえってそのほうがよかったかも? 早期入厩組もあまり好結果をあげていない印象があるこの世代、じっくりいきましょう。
アルデュールは今週日曜に出走です。どうやら追い切りはかかり気味にいってしまったらしいですが、今回は短距離1200mですから、行った行ったですっきりと勝負してほしい感じです。せっかく中山にきたので応援に行ってやりたいのですが、諸般の事情により微妙……たぶん自宅で応援かな。
マカリイはまだ左前脚をかばう理由が不明。そのまま放牧しているようです。う〜〜ん、どうしてなのかな。骨とかひざとか、調べても原因は分からないのでしょうか。こういう故障の馬はこれまでほとんどもったことがないので、かなり不安です。デビューできるんでしょうか……。やっぱり馬も(人も)丈夫で健康なのが一番ですね。それにしても、原因を究明しようという努力はないものなのでしょうか?
以下、ラフィアン公式HPより。 

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。動きが素軽くなり、息遣いもほぼ整い、もう1、2本の追い切りで態勢が整う見込みです。しかし、運悪く、このタイミングにソエ(両前脚)が出てきました。入厩を白紙に戻し、昼夜放牧に切り替える方向です。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
30日(日)、中山1Rの芝1200mに出走します。前2頭を追いかけ、3頭併せでフィニッシュする予定だった26日(水)の追い切りは、前へ前へという気持ちが強いあまりに、あっという間に突き抜けてしまい、単走でゴールするかたちとなりました。力は出せる状態。上位争いは必至でしょう。距離短縮での巻き返しを期待しています。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。午前10時半から翌朝の5時半まで、1日19時間を放牧地で過ごす毎日。左前脚をかばっているのか、放牧地での歩様も、前脚の出に多少の違和感があります。普段からおとなしく、繁殖馬を見てもまったく興味を示さないようです。先日の計測では500キロと、3週間前よりも30キロ減っていました。飼い葉の量を制限している影響があるものと思われます。

Posted by sachi at 09:24 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

マイネルフォーグ
9/23 助手 栗東DW 良 60.2 42.0 12.9 9分 馬ナリ
9/26 助手 栗東CW 重 80.2 64.2 49.7 36.6 12.0 6分 末強目
マイネアルデュール
9/26 松岡 美浦南W 良 68.6 52.5 38.9 13.4 2分 馬ナリ
マイネルーチェ
9/26 助手 美浦南W 良 67.1 53.0 40.1 14.5 4分 馬ナリ
・ショウナンタキオン(古馬1600万下)馬ナリの外、先行し同入
マイネルグリッツァ
9/26 助手 美浦南W 良 69.0 52.8 38.8 13.9 4分 一杯


入厩馬がすべて時計を出していますが、好調なのはフォーグです。
26日は重馬場の末強めで終い12秒フラット。走りますね〜 期待がふくらみます。
騎手は一流どころがスプリンターズSのために中山にそろっているはずなので、藤岡Jにはチャンスかもしれません。フォーグが人気の盲点になってくれるかも!?
アルデュールも今週出走が確定(松岡ジョッキーに戻りました) ですが時計は、馬なりとはいえ、終いの脚が物足りない。あまりテンションをあげないようにという意図的なものならいいのだけれど。ここらでそろそろ決めてほしいと思うものの、何か使われて疲れがたまってる気もしなくはないです(我が身を顧みるに、同情したくなる。苦笑)
ルーチェも馬なり調教。まだまだ2週間先だし、西への輸送もあるので、いまはあまり無理しないほうがいいのかな。ルーチェ担当の厩務員さんは、オークスあたりからしっかりルーチェのことを把握していると思われるので、信頼してお任せです。
グリッツァは……あれれ〜 好調で送り出したはずなのに、このタイムはいったい何でしょう? こんな馬じゃないはずなんだけど、よほどこの厩舎と相性が悪いのかな。降級後に1勝できなければ、それはひとえに厩舎のせいだと思う! 転厩希望と、こっそり言ってみる……

Posted by sachi at 06:33 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 26, 2007

今週の出走予定馬

今週はアルデュールが中山で、フォーグが阪神で出走予定です。

中山競馬場
マイネアルデュール 30日(日) 1R 2歳未勝利 混  未定 芝1200m
阪神競馬場
マイネルフォーグ 30日(日) 11R ポートアイランドステークス 3歳以上オープン 国際  藤岡康太 芝1600m

アルデュールは騎手未定、いよいよ見捨てられそうな気配です(^^;;
松岡騎手にはこだわらない(むしろ違っていてOK)ですが、津村騎手は避けてもらいたいな〜
フォーグは自厩舎のあんちゃんになりました。調子はよさそうです。古馬の強豪相手のレースで、マイネル3頭出しになりそうですが、頑張ってほしいです!

Posted by sachi at 06:50 PM | Category: HORSE | Comments (0)

5歳馬近況

アルビオン、調整はまずまずのようだけど、なかなか馬体が絞れませんね。となると、息がもたない可能性が大です。汗取りをつけるのも一つの手でしょう。美浦ならプール調教でしょうが、何を食べても身になる?保護者と同じ悩みは、解決がむずかしいヽ(´ー`)ノ 復帰戦の目処も、そろそろ立ててほしいですね〜 スワンSは無理なのかしら。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。馬体重は先週と変わらず562キロ。なかなか絞れませんが、15−15程度なら抜群の手応えを見せて駆け上がっていきます。これから絞っていくには併走調教も取り入れていく必要もあるでしょう。また、この比較的温暖な時期に汗取りを付けて稽古を行うことも考えています。

Posted by sachi at 06:49 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァは東京開幕週の芝1800mか2000mで復帰予定。私としては芝1800mくらいがいいのかなと思っていますが、果たしてグリッツァの調子はどうでしょう。追い切りがいまひとつだったのは、この厩舎に戻ってくるといつものことですね〜 鞍上との相性もあるとは思うけど、以前に500万下を勝ったときのように好位先行して直線するすると抜け出し逃げ粘りのパターンを思い描いています。500万下になれば力は上位だと思うんだけど、どこまで頑張れるでしょうか。さしあたっては掲示板が目標ですね。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
美浦で調整中。坂路、ウッド、ダートコースでそれぞれ乗り込まれています。終い重点で追い切られた19日(水)の動きが案外。テンに急かさず、じわっと加速したのに直線でもたつきました。単走だったために集中力が途切れてしまったのかもしれません。東京開幕週の芝1800mか、芝2000mのどちらかで復帰する予定です。

3歳馬
ハヤトは早くも馬体が回復!? すごいタフな馬ですね〜 もう軽く乗り出すことになったよう。これなら年内の中山で復帰もありえますね。ダート戦が多くなったところで再び活躍してほしいです! この馬ならきっとそれくらいは成長してくれるでしょう。
ルーチェは順調に調整されています。思ったほど緩んではいないということで、秋華賞へ向けていい形で仕上がるといいな。ただ、輸送もあるし右回りの京都です。春からの力関係はどうやらあまり変わっていなさそうな3歳牝馬路線、オークスと同じように力を発揮できれば、掲示板確保も夢じゃないでしょう。先週の時点で、ルーチェの秋華賞出走の賞金順位は、ぎりぎりの17位です。鞍上は新潟2歳S、オークスに続いて大野騎手? 相性がいいようなので期待します♪
フォーグは、なんと追い切りタイムがよかったんですね。馬なりと6ハロン81.9秒に目を向けてなーんだと思っていたんですが、81.9 66.1 51.1 37.2 11.9 7分 馬ナリは確かにいいタイム。末は11秒台だし、出色です。人気はなさそうなので、この調子を維持してくれればまたまた大穴をあけてくれるかもしれません! 3歳の復帰で、うちの懐も潤ってほしいところです(笑)
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
2週間程度の休養でしたが、思った以上に馬体が回復。腹周りにも余裕が見られ、先日の計測で馬体重が504キロもあったことから、当初の予定を切り上げて軽めに乗っていくことになりました。きょう25日(火)に、浦和から、真歌トレーニングパークへ移動しています。あすから坂路でのキャンター調整を始める予定。休養期間が短いことからも、すぐに実戦のカンは取り戻せるでしょう。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
美浦で調整中。坂路、ウッド、ダートコースでそれぞれ乗り込まれています。19日(水)の坂路2本目に流す程度での追い切りを消化しました。息遣いも悪くはなく、まずまずの内容。馬インフルエンザの影響で近郊の牧場にいたため速い追い切りこそやっていませんが、思ったほど緩んだ印象はなく、スムーズに調整できています。京都2週目の秋華賞へ向けて、徐々に追い切りでも負荷をかけていきます。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
栗東で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。20日(木)の追い切りでは出色の好タイムをマーク。速いペースを刻みながら、最後を3ハロンを37秒でまとめたのはさすがの一言です。23日(日)にもDウッドコースで70−40程度を馬なりでマークしており、仕上がりはすこぶる良好。30日(日)、ポートアイランドS・芝1600mに出走する予定です。

Posted by sachi at 03:24 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 22, 2007

2歳馬近況

パラストはもう入厩のために鈴木師が見にきたようです。種子骨炎は心配ながら、入厩してからしっかり調教を積んで1カ月後くらいにデビューでしょうか。あまりあせって中途半端な状態で出走しなくてもいいなと思うのですが、鈴木厩舎の方針がよく分からないので……
アルデュールの熱発は軽かったようで、今週も出走投票はしたものの除外になったようです。これが幸いして、来週、万全の態勢で出走できればよいのですけどねー 中山での芝1200mが吉と出ることを願っています。しかし、移動にもめげずにタフな馬と考えればよいのかしら。なんだか大騒ぎされたあげく結果を出せずに出走を重ねているアルデュールがかわいそうに思ってしまうんですけど。
マカリイはやはり左前脚の何が悪いのか不明なまま、乗り込みを控えて休養に…… 2歳世代はどの馬も順調に行かず、まいってしまいます。3歳世代が、早々と消えたロブソンを除いてきわめて順調だったのと対照的ですが、波があるのだから仕方がありません。やっと走りに見所が出てきた段階での原因不明の不調は残念だけれど、しばらく休養して、早く原因を突き止めてほしいものです。現3歳世代が続々と復帰したので楽しみはあるものの、2歳世代がさみしいのは否めません。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1〜2本の運動をしています。中間に鈴木師が来場しました。「体はしっかり仕上がってますね。これなら美浦に連れて行けそうです。種子骨炎もあるので、まずは無事に走ってほしい」と述べていました。来週か再来週あたりでの入厩を予定しているとのこと。しっかり体調を整えて来るべきときに備えます。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
17日(月)の追い切りを行った翌朝から微熱が見られました。乳房炎との診断で、熱さえ治まれば出走に影響はないとのことでした。20日(木)に函館競馬場から、美浦のトレセンに到着。熱も治まっていたため、今週の牝馬限定・芝1200mに出馬投票を行いましたが、除外されてしまいました。現在は普通にキャンター調整を行っており、病気の影響は感じられません。来週の中山、芝1200mへの出走を予定しています。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
なみあしでは気にならないものの、ダクにおいては左前脚をかばいます。触診で痛がる仕草は見せないものの、騎乗は控えた方が良いと判断し、18日(火)、Mヴォランテとともにビッグレッドファーム浦和へ移しました。いつから調教が再開できるか現時点では何ともいえません。当面は経過を観察します。

Posted by sachi at 12:57 AM | Category: HORSE | Comments (2)

September 20, 2007

今週の調教時計

入厩している4頭がそれぞれタイムを出してはいますが、どれも馬なり。
いや、グリッツァは一杯のようですが、う〜む、なんとも〜なタイムですね。
まだ終いまで息がもたないみたいです。
アルデュールは、乳房炎で今週の出走は回避?除外? どっちにしろ、来週は大丈夫かな。

マイネルフォーグ
9/20 助手 栗東CW 良 81.9 66.1 51.1 37.2 11.9 7分 馬ナリ
マイネアルデュール
9/16 助手 函館W 重 73.6 57.0 42.4 14.2 8分 馬ナリ
マイネルーチェ
9/19 助手 美浦坂路 稍重 54.9 40.4 26.6 13.1 馬ナリ
・ファストドロウ(3歳未勝利)馬ナリに2.7秒先行し同入
マイネルグリッツァ
9/19 助手 美浦南W 良 68.4 52.6 39.0 14.0 6分 一杯

Posted by sachi at 11:41 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 19, 2007

5歳馬近況

アルビオンは調教が波にのってきたようです。先日届いたポートレートではいかにも太い!という感じでしたが、きょう配信された動画では、いきっぷりのよさが見て取れました。とはいえ、まだかなり太め残りです(^^;; 562キロでは、まだまだですね。あと30キロくらい絞れると理想的なのですが……と、毎回言っているような?
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。ペースアップに伴い、血気盛んな雰囲気に。本性を現しつつあり、最近は手綱を抑えるのが大変です。体力が向上しているようで終いの踏ん張りは良くなっています。先日の計測では562キロ(先週からプラス6キロ)でした。

Posted by sachi at 06:21 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァは、今週使っても大丈夫なくらいの出来……なのに、この厩舎はなかなか出走させてくれないんですよね(^^;; まあ、そうあわてて出走しても仕方がありませんが、中山最終週となると芝2200mしかなく、ちょっと距離が長いんじゃないでしょうか。今週なら芝1600mがあるんだけどなぁ……。もともと出走回数の少ないグリッツァですが、そういえば中山はダートでの出走が一度あるだけ。東京のほうが向いているでしょう。気長に待つしかなさそうです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
12日(水)、真歌トレーニングパークから、美浦の秋山厩舎に移動しました。熱発なく無事に到着しており、現在は坂路、ダート、ウッドコースでそれぞれ乗り込まれています。息遣いもまずまずで、今週使っても大丈夫なくらいのデキにはあります。秋山師は「追い切りを見て復帰戦を決めたいと思います。中山開催中には出走させたいですね」と話していました。

3歳馬
ハヤトはリフレッシュ放牧中。1カ月ほどゆっくり体を休ませて、再び冬のダートで活躍を期待します。500万下なら、いつかチャンスはめぐってくるでしょう。来年の夏までに地道に着を稼いでから500万下を勝ち上がり、降級となってほしいですね。それには、まず体力の強化ですから。
ルーチェは秋華賞にぎりぎり出られそうな気配。先日のローズSではダイワスカーレットが相変わらず強いところを見せましたが、桜花賞、オークスの上位メンバーと顔ぶれはあまり変わっていないようです。とすれば、ルーチェもそこそこいいところまで食い込めるのではないかと期待しています。出られなければ、府中牝馬Sに出走してほしいな。ルーチェの距離適性については、ひょっとしたら1800mくらいが一番いいのかなと思うふしがあるので、よけいにそう思います。でも3歳だから、やはり秋華賞に出走できればこしたことはないです! その場合の騎手も気になりますねー 大野君でわたしはOKですけどね。
フォーグは順調に調整中です。これまで大きなレースは関東遠征が多かったのですが、芝1600mのポートアイランドSは望むところ。行きたがる気性がどう出るか、騎手がうまくなだめてリラックスして走ってくれれば、ニュージーランドTのときのように好結果も期待できると思います。さて、誰が乗ってくれるでしょうか。やはり川田騎手かな。だとしたら、また人気薄で穴をあける可能性が大かしら(笑) わが厩舎では2歳が絶不調なので、好調な3歳馬にぜひとも頑張ってほしいです!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
リフレッシュさせることとなり、12日(水)、札幌の小西厩舎からビッグレッドファーム浦和に移動しました。翌日から昼夜放牧を開始しています。先週末に戻ってきたMカンターレらと同様、1ヶ月ほどゆっくりさせる予定。到着後の様子についてスタッフは「落ち着きがないし、馬体もけっこう細い。飼い葉は食べていますよ」と説明していました。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
美浦で調整中。坂路とダートコースを中心に乗り込まれています。先週、軽く流す予定だった追い切りは、降雨で馬場状態が悪かったために大事を取って見合わせました。今週から本格的にペースを上げていく予定です。目標にしている秋華賞はぎりぎりで出走が叶いそうな状況。もし、出られないようであれば東京開催のオクトーバーS・芝2400mや府中牝馬S・芝1800m等を視野に入れて検討します。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
栗東で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。レースほど強くハミを取らないものの、稽古の序盤でも行きたがるタイプ。中盤を過ぎればだいたい折り合いがつきます。阪神最終週のポートアイランドS・芝1600mに向け、今週から攻めを強化していく予定。やや過敏な気性や身体が硬くなりやすい特徴に配慮しながら最終仕上げに入ります。

Posted by sachi at 02:01 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 15, 2007

1歳馬近況

月一回の近況が更新されていました。
出資馬のリンクシェーマ06は順調のようで、すでに馴致が開始されています。
真歌ではなく明和なんですね。2歳馬では明和の馬が不調なのでちょっと心配ではありますが、この馬に関しては能力を信じて成長ぶりを見守りたい。気難しいところがあるようですが、馬は敏感なほうが走ると思っています。近々坂路デビューとのことで、楽しみです!

募集番号40 リンクシェーマの06……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ美浦・稲葉隆一厩舎…
リンクシェーマの06は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧されています。8月下旬に第一陣として馴致を開始しました。興奮しやすく、気難しい面もちらほら見らるものの、すべて滞りなく進行しています。いまは人を乗せ、ロンギ場(調馬馬場)をダクとキャンターで周回する段階。近日中にも坂路デビューする予定です。

そのほか、まだ一次募集のなかで気になる馬は数頭いるのですが、二次募集のカタログ、動画と考え併せて、あと1〜2頭、出資を考えたいと思います。
注目は二次のラヴ産駒。どうしても世代に1頭は出資したいので、一次の牝馬たちと牡馬の残り、二次の牡馬を検討します。

Posted by sachi at 05:42 AM | Category: HORSE | Comments (0)

2歳馬近況

パラストはいよいよ入厩に備えてこれからペースアップとのこと。速い調教をどれくらいこなせるでしょうか。先日、登場していた動画では、3頭のなかで一番手応えがよさそうでした。1歳のころは闘争心が強く、よく相撲をとってただけに、それが競馬に出ればと思っていましたが、なんと、今は乗りやすいタイプだそう。アルビオンもたしか10月デビューで新馬勝ちしました。期待しています。
アルデュールは美浦に移動して来週の出走をめざすようです。今週、登録があったのは除外を稼ぐためでしょうか。やはり今度は牝馬限定の芝1200m。妥当なところだと思います。折り合いどうこうではなく、気分よく走らせてやったらどうでしょう。デビューのころはスタートが悪く行き足もつかないレ−ス。それが今度はせっかく行く気になっているところをストップさせられるでは、馬のほうも迷うことでしょう。もう少しうまく乗ってくれれば、未勝利脱出も近いと思うのですけれど。心配は、輸送を含めたハードなスケジュールです。
マカリイは左ヒザが腫れた状態が治りません……というか、先週よりひどい? う〜ん、ただでさえ良化が遅い馬なのですが、またまたトラブルで、この仔はデビューのメドがまだたちませんねー。まあ、これまでデビューの遅い馬をもったことがないのですが、それなりに良化の兆しもあったので、早く腫れの原因をつきとめて治療し、調教に復帰してほしいと思います。頑張れマカリイ!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本〜2本の運動をしています。9月末の入厩を目標に、仕上げの段階に入りました。坂路2本を課す日を設けるなど、調教をレベルアップ。騎乗スタッフは「1歳の頃は放牧地の大将だったけど、今は稽古で乗りやすいタイプ。あまり目立たなくなったけど、今後の追い切りで頭角を表して欲しいですね」とコメント。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
8日(土)、札幌で出走し、11着でした。好スタートから掛かり気味に番手を追走。内から上がってきたMスカールと馬体が並ぶと一段と行きたがる素振りを見せます。何とかなだめて勝負どころにさしかかると追い通しとなり、直線に入ると後退する一方の内容でした。折り合いを欠いたことが影響したものと思われますが、それにしても負けすぎです。近々、美浦に移動し、23日(日)、中山の牝馬限定・芝1200mに出走する予定です。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。サンシャインパドックで管理されています。歩様に違和感があった左ヒザは、先週よりも腫れている状態。レントゲン検査を行いましたが、橈骨のあたりに小さい骨膜が見られる程度で、骨折線や骨片などは確認されませんでした。原因がはっきりせず、判断しかねる状態なので現在管理方法を検討しています。

Posted by sachi at 04:34 AM | Category: HORSE | Comments (2)

September 12, 2007

5歳馬近況

アルビオンは順調に乗り込まれているようですが、まだまだ馬体も絞り切れず、調教不足。もう少し息がもつようにならないと実戦でも失速しそうです。もともとその傾向のある馬、530キロ台になれば持久力もついてくるでしょう。今年もスプリンターズSに出走できないのはなんとも残念ですが、また重賞戦線を賑わしてくれるのを心待ちにしています。頑張れアルビオン!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。556キロと徐々に絞れてきましたが、まだまだ調教不足。短距離馬らしい力強いフットワークで序盤からガツガツ行くものの、中盤のカーブを過ぎると手応えが怪しくなり、脚色が鈍ってしまいます。とはいえ、うるさすぎず、適度に覇気がある好ましい精神状態。これならどんどん進めていけます。

Posted by sachi at 06:15 PM | Category: HORSE | Comments (0)

September 11, 2007

4・3歳馬近況

今回は4頭がすべて移動。
フォーグ、ルーチェ、グリッツァの入厩と入れ替わりで、ハヤトが放牧となりました。

9/7 フォーグ 栗東・宮徹厩舎 入厩
9/7 ルーチェ 美浦・上原博之厩舎 入厩
9/12 グリッツァ 美浦・秋山雅一厩舎 入厩
9/12 ハヤト 札幌競馬場からBRFへ

4歳馬
グリッツァ、ずいぶん待たされましたが、いよいよ入厩です。体調はよいようだし、動画を見ても好調さがうかがえます。ただ、この馬は調子よく送り出しても厩舎で腰をひねるとか、なんだかんだとトラブルに見舞われてしまうんですよね〜 今度こそ降級後の1勝を目指してきっちり仕上げてほしいです。もっと上を狙える馬だと思っています。アルビオンのように、もっともっと強くなれ〜!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
11日(火)、美浦に向かって、真歌トレーニングパークを出発しました。入厩が近かったことから、中間は併走調教は行わず、縦列調教と単走によるメニューを消化。テンから掛かり気味に行くこともなく、楽にスピードのコントロールをすることができました。騎乗スタッフは「動きもいいし、満足いく状態で送り出すことができました」とコメント。

3歳馬
ハヤトはやはりハヤトなりの競馬をしたんですよね。馬体重が減っていたのは、疲れが出ていたのかもしれません。ここで休養となりました。まだ伸びしろがある馬です。ここでもう一回り大きく力強くなって戻ってきてね!
ルーチェは1カ月近く美浦近郊の牧場で待機したのち、フォーグと同じく先週の金曜日に入厩しました。紫苑Sには間に合わなかったけど、出走していればいいところまでいけたかな? 相手関係を見ると3着くらいにはこられそうなメンバーに思いましたが、秋華賞の権利獲得まではどうだったでしょうか。ともあれ、いまは馬体もかなり太くなっているよう。ひと叩きするにしろ(といっても走るレースがありませんが)直行するにしろ、秋華賞に出られるといいなぁ。とはいえ秋華賞は京都ですから、輸送で結果を出したことのないルーチェには厳しいかもしれません。府中での好走を期待します。
フォーグもすでに入厩し、調整を進めています。復帰初戦は、予想どおりポートアイランドS。NHKマイルは凡走してしまいましたが、あれは馬場の悪い内を通って脚をとられたためでしょう。1600mは一番得意の距離と見ています。馬体が少しさみしいようなコメントはちょっと気掛かり。でも、フォーグは実戦に行って強い馬。きっと頑張ってくれるでしょう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
8日(土)、札幌で出走し、7着でした。今回は稍重で走りやすい馬場が裏目に出た印象。後方で脚をため、直線で脚を伸ばしましたが、前が止まりませんでした。馬場差があるとはいえ、前走の走破タイムとは0.1秒差。上がりの37.7秒は前回と同じタイムで、力は出し切った印象です。レース後は函館競馬場に移動しましたが、体が減ってギリギリの馬体のため、あす12日(水)にビッグレッドへ出発して、一息入れることにしています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
7日(金)、トレセン近郊のアスコットファームから、美浦の上原厩舎へ移動しました。現在はダートコースとウッドコースで乗り込まれています。ビッグレッドからの直接入厩ではなかったこともあり、体にはいつも以上に余裕があります。復帰レースは未定ですが、10月14日(日)、京都の秋華賞を目指したい考え。確実に出走できる保証はありませんが、直行する可能性もあります。どんどん乗り込んで走れる状態にしていきます。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
7日(金)、真歌トレーニングパークから、栗東の宮厩舎へ移動しました。トラブルなく、長距離輸送を克服。8日(土)から騎乗を開始。1周500mの角馬場で3000m〜4000mの長めをじっくり乗って体調を整えています。少し腹周りが寂しく映りますが、これは徐々に回復してくるでしょう。状態を見てウッドコースにも入れていきます。阪神最終週のポートアイランドS・芝1600mでの復帰が有力です。

Posted by sachi at 08:08 PM | Category: HORSE | Comments (2)

September 08, 2007

ハヤトもきょうは精彩を欠くorz

9月8日(土) 札幌9R3歳以上500万円以下 ダート1700m (特指)定量 発走 14:20 天候:晴 ダート:稍重
7着 6枠 7番 マイネルハヤト 牡3 54.0 武幸四郎 1:46.8 4 464 -10 小西一男 5/11人気

う〜ん、これまたきょうは…… −10キロは、解説者が言ってたように「絞れた」のでしょうか。
タイム的に言えば、ハヤトもハヤトなりの競馬はしているのですが、勝ち馬のタイムが速かったですねぇ。やはり切れる脚がないのが弱点か。スピード勝負になると追いつかないですね。それにしてもきょうは調子がいま一つでした。少し夏バテ気味なのかもしれません。

Posted by sachi at 02:39 PM | Category: HORSE | Comments (2)

アルデュールはブービー・゚・(ノД`)・゚・

9月8日(土)札幌1R2歳未勝利 芝1500m (混合)[指定]発走 9:55 天候:曇 芝:重
11着 8枠 12番 マイネアルデュール 牝2 54.0 津村明秀 1:33.0 1 1/4 446 +2 相沢郁 4/12人気

うーむ、何とも言いようがありません。大外枠が不利とはいえ、」やはり距離が長かったのではないかな。
ぎりぎりまで出走予定でなかったのは、厩舎サイドもそう考えていたからではないでしょうか。
エンジンがすっとかかるようになれば、1200mくらいで適距離に思えます。
前走、せっかくいい流れをつくったのに、今回は残念ながら後退。それにしても前走、岩田騎手で勝てなかったのが、いまとなってはとても悔しい! 本当に残念でした。さあて、次はどうするのでしょうか。

Posted by sachi at 10:15 AM | Category: HORSE | Comments (0)

2歳馬近況

パラストが調子をあげてきたようです。といっても、まだ56秒程度の楽な調教ですが、遅れをとっていた馬なので別段かまいません。少しずつ地力をつけていってくれれば、休養前の走りのカンを取り戻してくれるはず。体力もあるはずだし、気性も大丈夫なはず。頑張って立派な競走馬デビューを果たしてほしい。
アルデュールはきゅうきょ出走となりました。台風の影響をもろにかぶる馬場になりそうですが、距離延長とともにそれがどう出るか。大外枠となり、その不利もありそうで、少し心配ですが、若手ジョッキーが素直にアルデュールの走る気を引き出してくれることを願っています。
マカリイは「走りが変わってきた」というコメントが出たばかりのようなのに、左前足に跛行。う〜ん残念。しかしどのみちまだ馬インフルの影響の残るいまの競馬、あせることはありません。2歩進んで1歩後退でも徐々に前進していってくれればいいです。頑張れ!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。中間に行ったスピード調教は、MフォルザとMクラッセの2頭が相手。56秒と楽な目標タイムでしたが、3頭の中では一番手応えが優勢でした。フットワークも最後まで乱れなかったことからも、まだ余裕がありそうです。週末からさらに負荷をかけて、仕上げていきます。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
8日(土)、札幌1Rの芝1500mに津村騎手で出走します。中1週と間隔を詰めていますが、必要以上にはテンションも上がっておらず、馬場に入るとやる気を見せてカリカリする程度です。そのため、今週の調教は直線で脚を伸ばす程度にとどめましたが、変わらず良い動きを見せていました。アルスマグナ、ナンヨーリバーの2頭が強敵も、経験の豊富さと距離延長で初勝利を狙います。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。パドック放牧されています。6日(木)の調教後、左前脚に跛行が見られました。原因はいまのところ不明です。きょうはウォーキングマシンでの運動のみにとどめました。今後は、経過を見てどこかで試し乗りを行い、騎乗再開の時期を決める予定です。ここにきて「走りが変わってきた」と評価されていただけに残念。

Posted by sachi at 02:48 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 07, 2007

アルデュールが急遽出走

ハヤトは予定どおり、幸四郎ジョッキーで今週の土曜日に出走確定。
さらにアルデュールが、津村ジョッキーで同日1Rの未勝利戦に出走。
ハヤトは目指せ3着以内! アルデュールは今度こそ未勝利脱出を!

9月 8日(土)
札幌 マイネアルデュール 1R 2歳未勝利 混  54 津村明秀 芝1500m 9:55 12頭
札幌 マイネルハヤト 9R 3歳以上500万下  54 武幸四郎 ダ1700m 14:20 11頭

Posted by sachi at 03:43 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 06, 2007

今週の調教時計

アルデュールとハヤトがタイムを出しています。

マイネアルデュール
9/5 助手 函館W 稍重 69.1 53.1 38.4 12.7 6分 馬ナリ
・セイウンタイヨウ(古馬1000万下)強目の内、先行し0.2秒遅れ
マイネルハヤト
9/5 助手 函館W 稍重 71.5 56.6 41.5 13.2 7分 馬ナリ

アルデュールはさすがに古馬1000万下が相手では遅れてしまいました。
といっても馬なりですので、まずまずなのかな? 次走はなんとか決めてくれると嬉しいな〜
ハヤトはほんとに波のないコンスタントな馬ですね。馬場は速いレースになりそうですが、今度はどんな展開になるのか、期待です。

Posted by sachi at 08:56 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

ハヤト、希望どおり中1週で幸四郎ジョッキーです!

札幌競馬場
マイネルハヤト 8日(土) 9R 3歳以上500万下  武幸四郎 ダ1700m

前走、見所のあるレースをしました。ここは北海道の得意な、そしてうまくいけば勝利もあると言ってくれた幸四郎ジョッキーの3度目の騎乗にかけてみたいと思います。今度は馬券にからんでほしいです〜♪

Posted by sachi at 03:10 AM | Category: HORSE | Comments (2)

5歳馬近況

またがった感触にゴツゴツ感かぁ。そんなに歩様が堅かったかな。そういえば右前の出が少し悪いので、よくほぐしてから乗るというコメントもあったような。ともあれ、残念ながら今年もスプリンターズSは無理ですが、得意の中山での活躍を待ちましょう。秋から冬に本領発揮で頑張ってね!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。歩様の硬さは解消しつつあるものの、跨った感触に若干のゴツゴツ感は残っているようです。ハロン16秒程度にとどめている現在、気持ちに余裕があり、スピードのコントロールが楽。来週あたりからペースを上げていく予定です。

Posted by sachi at 03:09 AM | Category: HORSE | Comments (0)

September 05, 2007

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァはせっかく好調のときに入厩させたいのですが、またまた「かかりぐせ」が出てきたみたいです。さすがにスケルツィと併せては見劣りするでしょう。でも、500万クラスならもう一つ勝てると信じているので、頑張ってね! しかし問題はいつ出走できるかですね〜
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。中間も週1程度の追い切りに控え、体調の維持に努めました。目立つフットワークを見せるため、格下の馬と併走すると良く見せますが、Mスケルツィなどの格上には及びません。先日、Mソリストと後半2ハロンだけ追い切って併入しましたが、前向きすぎて掛かり気味でした。

3歳馬
ハヤトは好調を維持、というか、3戦目でいっそうの上積みが期待できる? 望むところですね。移動制限が解除されても、出走できる馬はまだ限られていそうなので、中1週でダート1700mに武騎手で出走できるといいな〜
ルーチェはやっと入厩がかないそうです。ひと叩きして秋華賞へというのも可能なようだけど、はっきり言っていいレースがない……どこで走ればいいのでしょうか。秋華賞を含めて関西と2往復は辛いと思うのですが、やはりローズステークスかな? 
フォーグもようやく入厩できそう。京成杯AHはハンデ戦だけに走らせてみたかったけど、もう間に合いません。次は当初の目標どおり神戸新聞杯に戻ってしまうんでしょうか? 今年は2400mで、いくらなんでも長すぎるんじゃないか。ポートアイランドSがちょうどいいと思うんですが。いずれにしろ、フォーグは入厩が延びたことで調子を上げているようです。さあ、秋が楽しみだ!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
函館競馬場で調整中。ダートコースとウッドコースで乗り込まれています。「前走は控える競馬をして、直線で伸びてきたことは収穫だった。本来ならもう少し前につけることができればいいけど」と小西調教師は前走を振り返っていました。3戦目ではさらに状態がアップしそうです。先週の札幌の500万下の状況を見ると、中1週でダート1700m戦に出走できるかどうかは微妙です。今週か来週の出走を目指しています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
トレセンから10分ほどの場所にあるアスコットファームで調整中。1周450mのトラックコースで長めを乗り込まれています。今週からJRA施設内外への移動制限が解除となりました。1厩舎あたりの入厩頭数が制限されている状態ですが、今週中には入厩できる見込み。可能であれば、一叩きして秋華賞に向かいたいと考えています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。涼しくなるにつれ、調子が上向き。この中間はすべての飼い葉を平らげていました。かなり蒸し暑かった8月上旬より快活な雰囲気を漂わせています。馬体重は449キロ。JRA施設内への移動制限が解除され、早ければ今週にも入厩する予定です。

Posted by sachi at 01:49 AM | Category: HORSE | Comments (2)

September 03, 2007

二次募集馬

二次募集馬のリストが発表されましたが、う〜ん、字面だけでは、魅力を感じる馬がいません orz
写真や動画を見てみないことには、まだ何とも言えませんが、それにしてもラヴ産駒は高すぎるし…… やっぱり一次のなかからもう1頭かな。
しかし補償があるわけで、安牝馬にいくと、税金算出の基準がもろに低くなってしまいます。
かといって、もう1頭の候補である牡馬は、もう少し様子を見たいし。

なんだか出資意欲がますます減退してしまいました……

Posted by sachi at 11:22 PM | Category: HORSE | Comments (2)

September 01, 2007

2歳馬近況

パラストはコメントが落ち着いてきましたが、これは順調ってことなんだろうか。先週は、腫れがどうのと言っていたのに、仕上げを急ぐ必要がないって……まあ、健康ならいいですけど。入厩制限がプラスに働いて、あせらず乗り込んでくれるとありがたいな。この書き方だと、9月に入厩させたかったのかもしれません。しっかり体をつくって、本当に競馬ができるレベルにしてから送り出してくださいね。
アルデュールは、せっかくのチャンスを2着で逃した感じです。おさえずに行ってればなぁ……ともかく、そろそろ本領発揮してほしいですね。いい感じでスタートできたし、追い込みの脚にも見所がありました。デビュー3戦が空回りしてしまったけど、これでようやく先行きが明るくなった感じです。次は距離延長で、必勝かな〜?
マカリイは蹄鉄を打って蹄の欠損に対処。キャンターを始めたようですが、まだまだ太く、息がゼーゼー……はい、いつものパターンですね。ほんとに太くなっちゃっいましたね。太りやすいタイプなのかしら。で、お稽古のほうは相変わらずのようだけど、柔らかさと緩さの境界は微妙なんですね〜 果たして芯が入ってちゃんと走れるようになるのかしら。素直な気性と言ってましたので、そこにかけます。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。入退厩が制限されている現在、仕上げを急ぐ必要がありません。この中間も縦列調教を中心とした乗り込みを消化してきました。馬体が適度にふっくらとして健康そう。先日の計測では487キロ。いつでも追い切りに取りかかれる準備はできています。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
26日(日)に札幌で出走し、2着でした。エンジンのかかりが遅く、伸びるも届かず。クビ差まで迫ったところが決勝戦でした。掛かるほど行きっぷりが良かったのは、ペースが遅かったからでしょう。抑えずに馬任せで流していれば、そのまま押し切っていたかもしれません。中1、2週で次走に臨む予定。距離延長を考えています。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。蹄叉をまだ少し気にするところが残っているのですが、この程度なら騎乗に差し支えありません。前脚に蹄鉄を打つことで対処し、今週から坂路でのキャンター1500m1本の運動を再開しました。見た目にも明らかに太め残りの状態。ゆったりしたペースで登坂していますが、クーリングダウン中はゼーゼーと息遣いが荒くなっています。一息入れるといつもこのような状態なので心配はしていません。

Posted by sachi at 01:51 AM | Category: HORSE | Comments (4)