August 29, 2007

5歳馬近況

アルビオンは調教が進んで、やっと球節もすっきりしてきたよう。どのみち移動制限も解除されていないことだし、じっくり乗り込んで、またこの秋・冬・春に頑張ってもらいましょう。年が明けるともう6歳。ラヴでも5歳の年末に引退したので、アルビオンが頑張ってくれると、個人的にはささやかながら記録更新?となります。どうしても重賞が勝てないのだけど、デビュー前からのことを思うと、本当に頑張ってくれてる孝行息子です。復帰が待ち遠しい〜
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。浮腫みがちだった右前の球節が、ようやくすっきりしてきました。先週、蹄鉄を着けたのも影響したのか、歩様の硬さも取れてきています。精神状態も安定していて、引っ掛かるところもなく鞍上の指示通りのスピードで駆け上がっています。これならペースを上げても大丈夫でしょう。

Posted by sachi at 10:05 PM | Category: HORSE | Comments (0)

August 28, 2007

4・3歳馬近況

4歳馬
おお、グリッツァのコメントは、わたしが調教ビデオを見て感じたことと同じです!
いやぁ、なんだか馬を見る目がちょこっとできてきたのかしらと嬉しいな(笑)でも、本当にいいフットワークで坂路を駆け上がっていました。せっかくここまで立て直したのだから、早く移動禁止が解除になって入厩してほしいものです。JRAさん、お願い〜
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。前脚を遠くへ伸ばし、地面を捕らえ、しっかり手前に引き込んで推進するフットワーク。乗り出した頃の緩みがずいぶん解消しました。追い切りの本数を減らしている現在は比較的、落ち着いて日々の調教に臨んでいます。馬体重は497キロ。

3歳馬
ハヤトの後方待機は、ゲートの出が悪かったせいだったのですね。でも、結果的に脚をためて最後の追い込みにかけることで4着に食い込めました。この一年、じわじわと力をつけてきたのは確かです。ハヤトのようなタイプはわたしとしては初めてで、これからどこまで着実に力を伸ばしてくれるのか、楽しみです。
ルーチェは結局、秋華賞へ直行することになりました(出走できるの?) BRFには戻らず、美浦近くの牧場で乗り込み中。この暑さのなか、ルーチェも本格的な調教ではなくて、かえっていいかな。でもいつまでも小さな牧場でいるわけにもいきません。何と言っても、いつもの厩務員さんにお任せしたい。早く検疫を再開してもらいたいものです。
フォーグもルーチェと同じく、入厩ができません。こちらも入厩から出走のスケジュールが狂ってしまった結果、調整も微妙に本調子にはいかないよう。以前からの飼い食いの悪さが出ているようで、少し夏バテしてるのかもしれません。あの連闘の輸送競馬で重賞2着したタフさが、いったいどこから出てくるのか不思議でなりませんが、きっと実戦向きの馬なのでしょうね。インフル騒ぎが一日も早く沈静化して、トレセンがいつもの状態になりますように〜。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
26日(日)、札幌で出走し、4着でした。ゲートを飛び上がるようにして出てしまい、無理せず後方2番手で脚を溜めます。4コーナーでは大外を回らざるを得ませんでしたが、直線で良く伸びて4着に入りました。上がり3ハロン37.7秒は出走馬中、最速のもの。叩き2戦目で確実に体調がアップしていたのもありますが、同馬自身も力を付けている印象です。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
トレセンから10分ほどの場所にあるアスコットファームで調整中。1周450mのトラックコースで長めを乗り込まれています。上原師との相談の結果、ビッグレッドには戻さず現地で調整して秋華賞を目指すことになりました。トライアルレースには使えそうもないため直行となりそうですが、検疫再開が長引くようならもう少し広い馬場のある牧場へ移動することも検討しています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。同世代の他馬と比べると、まだ体がしっかりしていません。追い切りを行った日の夜の飼い葉は必ずといっていいほど翌朝まで残しています。そのため、翌日はウォーキングマシンのみにとどめるなどして、疲れを残さないように工夫しています。現在はいまの状態をキープすることに重点を置いており、追い切りも週1度にセーブ。体重は先日の計測で448キロでした。

Posted by sachi at 07:47 PM | Category: HORSE | Comments (0)

August 27, 2007

調教ビデオほか更新

きょうになってやっと気づいたのですが、8月15日に真歌の馬たち(アルビオン、グリッツァ、フォーグ)の調教と、マカリイの患部(両前蹄叉欠損)および歩様の様子のビデオが更新されていました。
調教馬はいずれも入厩を控えて順調に仕上がっているようで、とくにグリッツァの走りがまさにパパラヴにそっくりになってきているのに驚きました。前脚もよくのびて、坂路のためか首を低くした走法も、平坦な競馬場ほど目立たず、いい感じに思えます。入厩移動の制限が解除されないのが悔しい!
アルビオンは豪快ですがまだ重く、フォーグも軽快さがまだ少し足りない気もしましたが、入厩が延びたのであまり仕上がりすぎても…… 

そして新機軸の調教以外のビデオ、これは事務所的に久々のヒットだと思います。
マカリイの患部はほんとうにあっと驚く欠損状態が映っていて、かわいそう。そしてかなりのおでぶさんになっていました。早く蹄がふさがって、お稽古に精出すことができるようになるといいね。今のうちに鋭気を養い、次もまたスパルタになるかもしれませんが、無事乗り切ってデビューできるよう頑張れ〜

Posted by sachi at 10:33 AM | Category: HORSE | Comments (0)

August 26, 2007

ハヤト健闘

札幌8R500万下に出走したハヤト、今回はGCのパドック解説者がなんと一番馬に推してくれたのに気をよくして単勝を買い足しましたが、そこまでは至らず。しかし4着と健闘しました。

8/26(日) 札幌 8R 500万下 3歳上 □指(定量) ダ1700m 13頭 発走:14:50 天候: 晴 馬場: 良
4着 6枠 9番 マイネルハヤト 牡3 54.0 武幸四郎 小西一男 1:46.7 3 474(-6) 24.9 10/13人気

前走、思い切ってハナに立ち、最後バテたこともあってか、今回はふんわりとスタート。
幸四郎ジョッキーが最後からとことこと追いかけるパターンに。道中、3角にさしかかるあたりからじわじわと追い上げ、4角をまわって本格的な追い込みに。
逃げていた3頭にこそ及びませんでしたが、10番人気で堂々の4着でした。
今回は思わず声を限りに叫んでいました。幸四郎ジョッキー、いろいろとやってくれますね! 
パドックのハヤトは馬体も絞れ、バランスのよさ、けづやの良さが目だっていました。
本当に立派に成長してくれたものです。この調子でクラス慣れしてくれば、そのうちチャンスもあるでしょう。嬉しい限りです。

Posted by sachi at 03:13 PM | Category: HORSE | Comments (2)

アルデュールは2着かぁ……惜しかった

牝馬限定戦に出走したアルデュール、惜しくも2着に終わりましたが、これまでで一番よい走りでした。

8月26日(日)札幌1R2歳未勝利 1200m 芝・右 牝[指定]馬齢 発走 10:40 天候:晴 芝:良
2着 6枠 6番 マイネアルデュール 牝2 54.0 岩田康誠 1:11.4 クビ 35.2 444 0 相沢郁 1/9人気

スタートよくポンと飛び出したあと、騎手が少し抑えていたように思えましたが、これは厩舎の指示でしょうか。以前から、ただのスプリンターで終わらせるつもりはないと言っていましたから。
途中、あれれと思うような手ごたえでもあり、直線も果たして追いつけるのかと危ぶんだものの、最後はいい脚を見せました。が、しかし、クビ差及ばず。
かなりずぶいところがあるので、3角あたりまで抑えずに行っていたらどうなっていたか。かえって行った行ったの競馬のほうがよかったのではないかとも思えます。しかし、そうしていたら最後の脚はなかったかもしれないし、何とも言えません。
とりあえずは勝っておいてほしかったんですが、まあ、それは仕方がありません。次はいけるでしょう、いや、何とかいってほしいです!

Posted by sachi at 11:31 AM | Category: HORSE | Comments (0)

アルデュールは6枠6番

ネットケイバでは、アルデュールが本命に押されてます。

8/26(日) 札幌1R 2歳未勝利 牝□指(馬齢) 芝1200m 9頭発走:10:40
6枠 6番 ◎ ▲ マイネアルデュール 牝 2 54.0 岩田康誠 相沢郁

相手は藤田J騎乗のバクシンオー産駒チャームチェリーか。
前々走、岩田Jで2着した山内厩舎のワイルドエキサイトは、角田Jに。
なんとか抑えて勝ち名乗りをあげてほしいです!

一方、ハヤトはネットケイバでは無印ながら、8時現在、6人気。

8/26(日) 札幌8R 500万下 3歳上 □指(定量) ダ1700m 13頭発走:14:50
6枠 9番 マイネルハヤト 牡 3 54.0kg 武幸四郎 小西一男

やはり掲示板が目標かな。幸四郎ジョッキーがうまく乗ってくれれば一発も……ないかしら? 頑張って馬券にからんでほしいです。

#ところで日本の馬インフルエンザ騒動が、なんとオーストラリアまで飛び火した模様。
いくら馬がワクチンをしているからといって、感染馬を出走させても大丈夫なわけがないのは、当たり前のことだと思うのに、一部マスコミでは症状がなければ云々という批判があるのは、どうも納得できません。JRAとて、できれば開催中止にして沈静化を待ちたかったところだと思いますが、いろんな利害関係からそうもできないわけで、全頭検査、陽性馬の出走禁止は、落としどころとしては妥当なところではないでしょうか。
あとは、トレセン内での感染拡大防止(隔離策をもっと厳しく)に努めると同時に、感染していない馬の移動解除に向けての措置を、一日も早くとってほしいです。
それから、海外にまでインフルエンザが飛び火して日本の競馬界が悪者になるのは困りもの。病気は一種の災害で、どんなに注意をしていても、起こりうること。今後も新種の病気がないとは言えません。影響が大きい小さいも、ある程度しかたがないとも言えますが、これを機に、防疫体制をしっかり見直して(初期対応が遅れたのは否めません)、危機管理対策を整えてほしいと思います。

Posted by sachi at 06:39 AM | Category: HORSE | Comments (0)

August 24, 2007

2歳馬近況

3頭3様です。パラストは種子骨炎は悪化してはいない模様で、レントゲンも撮らなくてもよいとのこと。15−15からスピード調教に移ってもよさそうで、とりあえずは一安心。しかし、もともと乗り込みが足りない馬です。あせらずにじっくりと仕上げてもらいたいもの。入厩制限がまだ解けないのも幸いと考えるべきか。デビューは遅れても、能力に影響が出ないなら、焦って壊すよりもずっといいでしょう。
アルデュールは今週、予定通り出走です。今回の相手はかなり手薄な感じ。タイムを見ても、同じくらいの持ち時計があるのは1、2頭。岩田ジョッキーの腕にも期待です。何としても馬券にはからんでくれないと、将来が危ぶまれます。ここで勝っておきたい!
マカリイは、少し休養して蹄叉の痛みも取れてきたようで、よかったです。ハードな調教にバテていた馬にはタイミングよい休みでした。しかし、なんと馬体重が524キロとは、相当なおでぶになってるんですね。だいぶ大きくなったグリッツァよりさらに大きく、アルビオン並ですからね〜 ともあれ、そろそろこの馬も本気で良化への道を歩んでほしいものです。芯が入ってくれれば、柔らかさを活かして期待通りの馬に成長してくれるのではないかと、まだ夢を捨てきれません(笑)
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。先日、獣医の都合がついたため左前の種子骨を診てもらいました。「痛みがないなら、レントゲンは撮らなくても良い」との診断です。いまのところ歩様に乱れもなく、15−15を行っても患部を気にしません。週末からはスピード調教も課していく予定にしています。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
26日(日)、札幌1R・牝馬限定・芝1200mに出走します。今回はギリギリにまで仕上げず、余裕を持ってビッグレッドから送り出したのですが、稽古では相変わらず良い動きを披露。前回はローテーションがきつくなったことで熊癖を見せていましたが、いまはリラックスして良い雰囲気を見せています。牝馬限定で比較的楽なメンバーになった今回はチャンス。リーディングジョッキーの腕にも大いに期待します。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。昼夜放牧されています。早くも、蹄叉の痛みが取れてきているようです。この程度なら乗っても患部を気にしないでしょう。来週、もしくは再来週から坂路入りする予定です。馬体重は、先週から11キロ増の524キロ。その数字以上に太った感があります。

Posted by sachi at 06:28 PM | Category: HORSE | Comments (0)

August 23, 2007

今週の調教時計

先週に続いて、アルデュールとハヤトが時計を出しています。

マイネアルデュール
8/19 助手 函館W 良 54.8 40.0 12.6 9分 馬ナリ
・マイネルパトリック(3歳未勝利)馬ナリの外、同入
8/22 助手 函館W 良 65.1 50.8 37.7 13.1 6分 強目
・ビューティアイ(新馬)一杯の外、0.3秒先着
マイネルハヤト
8/23 助手 札幌ダ 良 83.0 67.0 52.6 39.7 13.3 8分 馬ナリ

どちらもまずまず、いつも通りの調教です。
別段、不安モありませんが、大きく期待できるかというと、ちょっと微妙かな。
今回はインフルエンザ騒ぎほかいろいろあったので、何より元気に出走してくれればOKと思っています。
ただ、アルデュールは休養をはさんだ復帰戦だから、少しは見所のあるレースをしてほしい。
もちろん、騎手も競馬場もかわったことだし、前評判にふさわしい活躍をしてくれれば言うことはないのですけど。

正式な出走馬の決定は、きょうの午後9時頃になるようです。
競馬が1週休んだだけで開催となると、次に気になるのは入厩をストップされている3歳馬です。
BRFに引き返した馬も出てきました。ルーチェはどうなるのでしょう。できれば早く移動禁止を解除してほしいです。そしてフォーグも入厩できますように…… フォーグはBRFで仕上がり過ぎない程度には乗り込むことも可能だけど、ルーチェは放牧と同じ状態なら、紫苑ステークスは厳しいですね(泣)

Posted by sachi at 05:37 PM | Category: HORSE | Comments (0)

5歳馬近況

アルビオンは順調に乗り運動を継続中。まだ本格的なスピード調教には入っていませんが、元来、仕上がりにそう時間はかからない馬。ただしレースは一度叩いてからかな。4、5走すると繋靭帯やら球節やらが怪しくなってくるので、あまり無理使いはできませんから、慎重に乗り進めていってほしいもの。また漆黒の馬体が競馬場に戻ってくるのを楽しみに待ってます。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。まだ馬自身が本気になっていない現在は、スピードの調節が自在。この中間はハロン16秒程度の乗り込みを繰り返しました。近々、敏感になっている蹄を保護する目的で蹄鉄を装着する予定です。馬体重は、前回の計測から4キロ減の557キロ。

*なお、今週の競馬は開催されることになりました。
アルデュールは小頭数だし、ここで何とか勝ち上がってほしいものだと思っています。
先週の開催中止の影響か、ハヤトはずいぶん登録馬が多いようだけど、はたして出走できるかどうか。何頭か取りやめる馬も出てくるのではないかと期待しているのですが……

Posted by sachi at 12:25 AM | Category: HORSE | Comments (0)

August 22, 2007

今週の出走予定馬

今週は予定通り、アルデュールとハヤトが出走予定です。

札幌競馬場
 マイネアルデュール 26日(日) 1R 2歳未勝利 牝  岩田康誠 芝1200m
★マイネルハヤト 26日(日) 8R 3歳以上500万下  武幸四郎 ダ1700m

が、果たして競馬は開催されるのでしょうか?
中央競馬だけでなく、いまや金沢競馬場でも全頭検査の結果、なんと114頭が陽性だったとか! まあ、陽性だったからといって発症しているとは限りませんが、これはかなりの流行ですね。ラフィアン情報では、感染していても重症の馬は少ないようで、3、4日で症状も消えるといいのですけどねー

わたしとしては、入厩中の馬もさることながら、大きなレースを控えて入厩をストップされているルーチェとフォーグが気になるところです。しかし、入厩が可能になったとしても、9月のレースに出走するのは厳しいでしょうね。

ともあれ、まずは今週。開催されない可能性のほうが高いように思いますが、アルデュールは岩田ジョッキーで除外もなく、出走できればチャンスかもしれません。とはいえ、乗り込みや追い切りは大丈夫なんでしょうか。
ハヤトのほうは、除外対象になっています。せっかくまた幸四郎ジョッキーが予定されているので、願わくば開催されて、運よく出走できればよいなと思いますが、こればかりは現段階ではなんとも……

Posted by sachi at 06:14 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァは入厩予定だったのにインフルの影響で足止めです。
まあ、こればかりは鎮静化するまでどうしようもありません。そういえば人間も、今年はハシカの大流行で中高・大学で休校が続出しましたね。結構おさまるのは速かった気がします。馬インフルのほうも、あと1週間くらいでおさまってくれるといいんだけどな。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。本来なら、あさって23日(木)の出発で美浦へ入厩する予定にしていましたが、馬インフルエンザの影響で移動ができません。現在は仕上りすぎないように単走にとどめて、通常の15−15を主体に乗り込まれています。トモに疲れがたまりやすいので、あまり仕上げすぎないように気をつけて入厩へ備えます。

3歳馬
ハヤトは入厩していますがインフルは陰性だったらしい。よかったです〜 先週の取り消し分は、30万程度の取りやめ金が交付されるって!? これは入厩しててよかったね〜(笑) ハヤトくん、なかなか運もよろしい(爆) もちろん今週も出走登録でしょうが、この調子で落ち着いて走れば掲示板くらいは行けるかな?
ルーチェは鼻水!? でも熱はないようだからちょっとした感冒かな。インフルエンザ騒ぎが一日も早く落ち着いて入厩できますように。紫苑ステークスはもうすぐです。調整ができないのが痛いです〜 でも、一番大事なのはやはり馬の健康。早く鎮静化してほしいです。
フォーグも入厩の目処がたってません。宮厩舎の馬はインフルにかかってるようだけど、別の牧場に隔離するのでしょうか? しかし京成杯AH出走のリミットはあと1週間ほど。それまでにこの状態が落ち着くことってありうるのでしょうか。幸い、インフルエンザにかかったといっても症状は軽いみたいです。でもウィルスが消えるまでには1週間以上かかるのかな。これは馬も厩舎も牧場も馬主も、すべてが持久戦。JRAにはできる限りの措置をとってもらう一方、なるようになるというくらいの気持ちで構えていないとね。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
函館競馬場で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。馬インフルエンザの影響で先週の開催が中止になりました。出走が確定していた同馬も、30万円程度(平地競走の場合)の競走取りやめ金が交付される見込みです。検査の結果は陰性で、馬自身も元気。26日(日)、札幌のダート1700mに改めて出馬投票する予定です。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
馬運車で美浦に向かっている途中、16日(木)の未明に馬インフルエンザの一報が入りました。入厩が完全にシャットアウトされる事態。急遽、トレセン近郊のアスコットファームに移動して待機することになりました。現地の場長からは「到着直後から鼻汁が見られる。ただ、平熱のまま。念のため、こまめに検温している。馬自身は元気ですよ」との報告を受けています。移動の制限が長期化するようであれば、ビッグレッドに戻す方向。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。前回の計測から3キロ減の450キロ。もういつでも送り出せる仕上がりです。いまの状態を維持するだけとなりました。しかし、馬インフルエンザ発生によって先週の半ばから発令されている、入退厩見合わせの解除がいつになるのかまったく分かりません。なお、京成杯AHを使うには、宮厩舎への移動は30日(木)がリミットです。

Posted by sachi at 02:37 AM | Category: HORSE | Comments (0)

August 20, 2007

ルーチェは美浦近郊の牧場に

事務所の発表によると、入厩はできていないものの、美浦近郊の牧場で待機中とのこと。
北海道からはるばる輸送されて引き返すのではあまりに酷と思っていましたが、これで一安心です。

8/16 104157 ルーチェ (美浦・上原博之厩舎) トレセン近郊の牧場で入厩待機中

Posted by sachi at 07:37 PM | Category: HORSE | Comments (0)

August 19, 2007

今週の調教時計

アルデュールとハヤトが時計を出していましたが、インフルエンザ騒ぎで忘れてました。

マイネアルデュール
8/12 助手 函館W 良 55.9 40.9 13.1 6分 馬ナリ
8/15 助手 函館W 良 66.3 51.3 37.8 12.8 6分 馬ナリ
・シャドウブーケ(3歳未勝利)馬ナリの外、同入
マイネルハヤト
8/15 助手 札幌ダ 良 80.4 66.2 52.5 39.3 12.7 7分 一杯

アルデュールがいる函館では、咳をしている馬が何頭もいるということでしたが、果たしてアルデュールは大丈夫なのかどうか。
タイムを出しているくらいだから元気なのは元気だと思うのですが……
ハヤトのいる札幌ではどうなのか、まだ伝わってきませんが、ただ検査キットが足りなくて検査していないということも考えられます。
ワクチンのお陰で、もし感染していても症状が軽いことを祈っています。

馬インフルエンザに関して言えば、16日の到着予定だったルーチェがどうなったのかも気掛かりです。美浦ではかなり感染馬がいる気がします。
症状がまだ出ていなくても、潜伏期間があるので心配です。むしろ引き返したほうが安全だったかとも思うけど、そうなると今後のローテが厳しくなるし、入厩していれば、それはそれで感染の恐れが出てしまいます。
また今週にも入厩予定だったフォーグは、場合によっては復帰が延びることになるのかな?

Posted by sachi at 02:17 PM | Category: HORSE | Comments (5)

August 18, 2007

2歳馬近況

中央競馬は馬インフルエンザの感染で大変なことになってます。
結局、今週は開催中止、今後の目処も立っていない状況のようですが、ワクチンを接種しているはずで、30数年前とは事情も違うので、2カ月も中断することはないのではないでしょうか。ハヤトの出走は開催中止で翌週以降になりますが、どの馬も無事にこの流行を切り抜け、元気に競走に復帰できますよう。

幸い2歳馬は牧場ですごしていて、アルデュールは入厩したものの函館なので、あまり影響はなさそう? ともあれ、競馬界全体が揺れています。無事落ち着くのを祈るしかありません。
パラストは案の定……という感じです。もう少しゆっくりの調整がよかったと思いつつ模様眺めでしたが、球節が腫れてきたようです。ここでまた休養でしょう。ペースとしては丁度いいと思いますが、それ以前に種子骨炎がきちんと収まってから乗り運動に移ってほしかったですね。どのもち開催もどうなるか分からないこともあり、年末とか来年のデビューでもよいので、しっかり見極めてほしいもの。といっても、獣医はインフルエンザの確認でおおわらわでしょう。今度こそあせらずにお願いします。
アルデュールは函館に入厩。インフルエンザが落ち着けば札幌で出走になるようですが、開催そのものが危うい状況です。一刻も早く病気の確認と感染馬の隔離、残る馬の管理をしっかりお願いします。これは全馬同じですが、入厩してからの体調管理もむずかしいですね。ワクチンを接種しているはずなので、かかっても軽症ですめばよいのですが。
マカリイは、両前の蹄叉が欠損。これまで強い調教を課してバテ気味だったので、言い頃合いでしょう。こちらもパラスト同様、焦らずに調整を進めていただきたい。今月いっぱい昼夜放牧ですか。蹄なら、また回復すると思います。ここでストレスと疲れを解消し、新たな気分で調教を再開できますよう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。ここにきて左前脚球節の種子骨炎の部分が盛り上がってきました。熱感や歩様に乱れはないものの、週2本の追い切りを見合わせ、スピードを出しても15−15だけにとどめています。獣医の都合がつき次第、診てもらう予定。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
函館競馬場で調整中。ウッドコースを中心に乗り込まれています。現地から調教師に「到着後も順調。トレセンにいたときよりも少しカリカリしている」との報告がされていました。今回、攻めを強化して厩舎に送り出したからでしょう。今週の半ばから確認された馬インフルエンザが落ち着き、競馬が開催されるようであれば、札幌3週目の芝1500mか牝馬限定の芝1200mに投票する予定。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。先週末からの騎乗を予定していましたが、洗い場で馬体をチェックしていたところ両前の蹄叉が欠損していることが判明しました。患部を押すと痛がるために無理をせず、パドック管理から昼夜放牧へ移行して一息入れることにしました。今月下旬まで休養させる予定。この機会にたまっていた疲れをとってあげたいと考えています。

Posted by sachi at 06:44 AM | Category: HORSE | Comments (0)

August 16, 2007

今週のの出走予定馬

除外の可能性もあるようですが、ハヤトが札幌で出走予定。
勝浦騎手ですので、ここは一発を期待します。

札幌競馬場
☆イネルハヤト 19日(日) 7R 3歳以上500万下  勝浦正樹 ダ1700m

Posted by sachi at 09:13 AM | Category: HORSE | Comments (0)

August 15, 2007

5歳馬近況

アルビオンはいよいよ入厩に向けて乗り運動を開始です。球節部の浮腫は記になりますが、すっきりしてくるという言葉を信じて、無事の復帰を楽しみにします。夏場は出走が少なくてちょっと寂しかったけれど、2歳馬、3歳馬と次々に入厩の話が出て、いよいよ秋競馬だな〜と、わくわく。それにしてもきょうは暑かったですね〜 北海道の馬たちがうらやましいです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
先週、浦和から真歌トレーニングパークへ移動しました。到着翌日から坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。現在は脚慣らしでハロン17秒程度のところを必死に抑えながら乗っている段階。いまのところは大人しくしていて楽に扱えます。右前の球節部が若干浮腫み気味ですが、調教すればすっきりしてくるものと思われるので気にはなりません。

Posted by sachi at 08:42 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

歳馬
グリッツァはいよいよ入厩間近になってきました。少なくともあと1〜2週間のうちには入厩です。降級後の次走が待ち遠しいな。やはり降級すれば実力は上位かな、なんて、親ばかです(笑)
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。右前脚の蹄叉が現在、取れかかっている状態。保護する目的と欠損したときのことを考え、蹄鉄を装着しました。追い切りの効果で稽古の動きは良くなっています。先日の計測では2週前からマイナス9キロの495キロでした。今月中にも入厩する予定。

3歳馬
ハヤトくん、来週出走になったみたい。一度叩いて調子もうわ向き。今度は掲示板もあるかもしれません。札幌に、一度行きたいなとは思うのですが、来週となると厳しいなぁ。
ルーチェはきょう入厩します。さて、体がどれくらい大きくなっているかな。スペシャル産駒で幅が薄めだったのですが、筋肉はたくましい馬でした。まだまじめに走っていないようだけど、秋にはまた華やかな重賞レースに出られるのを楽しみにしています。
フォーグも来週の入厩。このところ出走馬もほとんどいなくて、ちょっと寂しかったのですが、今度は一転して続々と入厩です。こちらは復帰戦の目標は決まっているものの、そのあとの路線がいま一つ不明確ではあります。いずれにしても、復帰戦にはかけつけたいと思います!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
函館競馬場で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。レースを使った効果が現れていて、調教でもピリッとしたところが出てきました。先週は体調を整える程度の運動に終始し、週末から通常メニューでの調教を始めています。次走は来週の札幌、ダート1700mが有力です。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。この中間に2度の追い切りを消化。それぞれ52秒と54秒をマークしました。道中でもたつくところがあったものの、調教後の息遣いから推測すると本気で走っているとは思えません。少し太めが残る体つきですが、あとは厩舎に任せることに。あす15日(水)に、美浦の上原厩舎へ向けて出発する予定です。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。前回は少しバテ気味の追い切りでしたが、Mプルート、Mギルトの3頭で行った今回は、いつも同様の良い動きを見せていました。牝馬を見るとバタついてうるさくするなど、元気もあって気配も悪くありません。来週、栗東へ入厩する予定にしています。

Posted by sachi at 04:08 AM | Category: HORSE | Comments (0)

August 11, 2007

1歳馬近況

1カ月に一度の更新が待ち遠しい1歳馬。
出資馬のリンクシェーマ06はいちだんと大きくなったようで、現在、馬体重が464キロ。かなりの大型馬になりそうです。コメントも、脚さばきよく、のびやかということで、今のところ問題なさそう。若干神経質なところは、個人的には競走馬としてはむしろプラスと考えています。
以下、ラフィアン公式HPより。

募集番号40 リンクシェーマの06……父アグネスデジタル/母リンクシェーマ美浦・稲葉隆一厩舎…
リンクシェーマの06は、ビッグレッドファーム明和に滞在中。昼夜放牧されています。脚さばきが良く、サンデー系に見られる粘りのある筋肉が感じられる歩様をしています。胴が伸びたゆったりした体型も母譲りのもの。以前に増してがっしりした雄大な馬体は、放牧地でも目立っています。しかし父の産駒にしては珍しく、ピリピリしたところがあって、若干神経質な面を見せることがあります。

#2次募集馬との兼ね合いで出資候補の馬たちも何頭か。気になるのはやはりラヴ産駒ですが、コメントを見るかぎり、どれも悪くなさそうで、やっぱり迷ってしまい決定打になりません(^^;; 2歳馬が好調とは言えない状況なのも、決めかねている原因の一つです。2次募集馬の発表が待たれます。

Posted by sachi at 12:05 PM | Category: HORSE | Comments (0)

2歳馬近況

パラストはここ1カ月半の調教で変化がないと……しかしねぇ、昨年10月に馴致を始めて2カ月ほど乗り込ん時点で休養に入った馬。当然ではないでしょうか。やっと休養前の状態に戻ったくらいで普通でしょう? 馬体にも変化が云々が何を言っているのかよく分かりませんが(馬体重? 筋肉のつき方?)、そんなにあせってもね〜 調教が堪えている様子もないって、じゃあ弱すぎるんじゃありませんか? でも負荷を強めるのはよいけれど、くれぐれも種子骨周辺が固まってることを確認してからにしてくださいよ。
アルデュールは入厩しました。早速スピード調教を3本。馬体は理想的に絞れてきたようですし、「今度こそ」の言葉を信じたいものです。がしかし、これまでの威勢のいいコメントが鳴りを潜めたのはどういうこと? 状態は以前と変わっていない雰囲気なんですけど、つまりスタッフにそれを見極める目がないのでしょうかねぇ。なんだか明和不信に陥ってから、どのコメントを見ても疑念がわいてきます(苦笑)
マカリイは 、強い調教の疲れがでたらしく抵抗力低下。それでも回復は早く、もう調教再開でしょう。やっと良化の兆しが見え始めたということで、これからぐんぐん上昇してほしいものです。
このところ関東では猛暑が続き、美浦や栗東の入厩馬にはそうとうこたえるのではないかと思いますが、3頭とも涼しい北海道で調教中ですので、その点は安心です。この夏場をしっかり鍛えて、秋に期待したいと思います。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。週に2回のスピード調教を課していますが、期待どおりに上向いてきません。1ヶ月半、乗り込んできた割には、馬体にも変化が感じられません。種子骨の状態も安定しており、調教が堪えている様子もないことから、さらに負荷を強めていく予定です。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
10日(金)、函館競馬場に入厩しました。先週はスピード調教を3本消化。他の日も15−15で登坂させたようにハードなメニューを課しました。さすがに少し疲れた様子を見せていましたが、今週に入って回復してきています。先日の計測では448キロ。ほぼ理想の馬体重だと思われます。今度こその気持ちで、明和を送り出しました。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。ここにきて強い調教の疲れが出ています。抵抗力が落ちているせいか、先週末には右前ヒザに負った擦り傷が原因で、フレグモーネを発症しました。6日(月)からパドック放牧に切り替えています。良化傾向にあり、早ければ今週末にも騎乗を再開する予定です。

Posted by sachi at 07:38 AM | Category: HORSE | Comments (2)

August 08, 2007

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァは調子を挙げてきたようです。追い切りでスケルツィに負けたのは仕方ありませんね。それにしても入厩が、8月中旬の予定が少し延びるはずが、「早ければ8月下旬」て……?? 早く復帰して再び1勝してくれるのを心待ちにしてるんですけど〜 
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。先日、Mスケルツィ、Mキッツ、Mオレアの4頭で追い切りを行いました。Mスケルツィが最後方から追いかけて先着する内容でしたが、他の3頭も及第点の与えられる内容。同馬も道中は折り合って、終いはしっかりと脚を伸ばしていました。早ければ、8月下旬に入厩する予定です。

3歳馬
ハヤトの復帰戦は、まずまずの滑りだしでした。いきっぷりがよかったのが何より。息がもてば、これはなかなか見所がありそうな感じです。叩き2戦目が楽しみ〜
ルーチェもそろそろ入厩の声が出てきました。まだ太いようだけど、やっと調子も上向いてきたよう。こちらも8月22日ころに入厩。復帰戦まで1カ月ほど、しっかり調整してほしいです。ともが強化されているとよいんだけどな〜
フォーグは、入厩が少し延びた?関係か、仕上がりすぎを懸念して少しゆるめた結果でしょうか、追い切りは少し物足りないとか。でも、この馬は仕上がり早いはずだし「馬体の張りがよい」ということなので、大丈夫でしょう。とはいえ、復帰予定の京成杯AHは強豪がそろって出てくるレースです。どこまで通用するかしら。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
4日(土)、函館で出走し、8着でした。行きっぷりが良く、持ったまま1コーナーでハナへ。3馬身ほどあったリードが徐々に詰まりながら3、4コーナーを通過します。直線で苦しくなったところを外から7頭に交わされました。休み明けで1分46秒台のタイム(重馬場)ならまずまずの滑り出しといえます。息遣いについて武幸四郎騎手は「悪くなかったけど、すごく良い感じでもなかった」と答えていました。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。まだ腹袋が大きく、軽快感に欠くものの、調子は上向き。少しずつ緩みも取れてきています。仕上げの開始を1週ずらし、今週から攻めを強化していくことになりました。8月22日(水)頃に入厩する予定です。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。先日の追い切りが少し物足りない内容。気分が乗らなかったのか、いつもより動きが鈍く見えました。馬体をチェックしても異常はまったく見あたりません。来場した宮調教師は「馬体の張りが良い」とほめていました。予定通り、京成杯AHを目指します。

Posted by sachi at 03:18 AM | Category: HORSE | Comments (2)

August 04, 2007

ハヤトはかろうじて8着

8月4日(土) 函館12R3歳上500万下 ○混○特指(定量) ダ1700m  天候:曇 ダート:重
8着 8枠 13番 マイネルハヤト 牡3 54.0 武幸四郎 1:46.9 3/4 39.8 480 +8 小西一男 9/13人気

思い切って先行策、4角まではいい感じでくいくい進んでいたのですが、さすがに最後はバテました。休養明けだし息がもたなかったか。もう少し粘り込んでほしかったですが、行けるだけ行けたので、まずはよしとしておきましょう。落ち着いて乗れば、掲示板はありそうです。幸四郎騎手も「思い切って行ってみました。きょうはタイムが早いですからね。苦しくなってしまったけど、どこかで好走しそうな感触は得られました」ということです。

Posted by sachi at 06:22 PM | Category: HORSE | Comments (2)

August 03, 2007

2歳馬近況

何だか3頭とも、ふーんなコメントばかりです。これでは1歳馬への出資意欲がますます減退(苦笑)
パラストは、そもそも普通の1〜2カ月の休養馬と同じ調子で乗り込みを進めようというのが間違いでは? 同じペースだったマイネルフリーデンも同じ調子でどんどん進めた結果、精神的にダウン?して再び休養に。何やってんだかなぁ。もっと馬の身になって、その馬にあった調教をしてほしいと思うのですが。
アルデュールにしても、明和での調整はどうも信頼できない感じです。調子のいいコメントはあるんだけど、動きが硬いというのはいつからなんでしょう? そもそもすべてが優等生、言うことなしみたいなレポートばかりだったことからして、疑うべきだったかなどと、不信感のかたまりになってますね。スタッフもしっかり馬を見る目がないんじゃないかとさえ、思ってしまう。そういえば、明和のスタッフとは事務所で以外、お話ししたことがないような……
マカリイも相変わらずです。「厳しい鍛練にもへこたれることなく」頑張ってるのですね。それでも気持ちが前向きって、素直な馬がへろへろしながらも一生懸命に走ってる様子が目に浮かぶようです。まあ、ちょっとかわいそうな気もしますが、なんとか息抜きしながら力をつけていってください。でも、あんまりストレスばかりかけると、ほんとに馬がいかれてしまいます。その点は十分に配慮してやってくださいな。ああ、北海道へ行きたいなぁ。でも9月半ばまでは仕事が一杯一杯で、とうていそんな余裕はありません。ヽ(´ー`)ノ
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。継続して乗り込んでいるものの、平行線のままです。トータルの乗り込み量が2ヶ月程度。種子骨炎で長期休養を強いられた経緯があり、良化の遅さは、そういった部分も影響しているのかもしれません。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。昼夜放牧を切り上げ、先週末から坂路でキャンター1100m1本の運動を開始しています。脚慣らしを経て、早速、15−15へ。久しぶりに手綱を取ったスタッフは「前よりちょっと動きは硬いけど、相変わらず力強い」と感触を述べていました。先日の計測では、前走からプラス16キロの460キロ。26日(日)、札幌の牝馬限定・芝1200mを目標にしています。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。厳しい鍛錬にもへこたれることなく、与えられたメニューを黙々とこなしています。最近は口が硬くなって、制御がしづらくなってきた印象。先日の追い切りでも、ラストで右にもたれ、満足に追えませんでした。それでも気持ちが前向きな点は評価できます。

Posted by sachi at 10:39 PM | Category: HORSE | Comments (2)

ハヤト、大外枠に

明日函館で出走のハヤト、8枠13番と大外枠になりました。
函館のダートとなると、有利不利や戦法がさっぱり分かりません。
そういえばダートを走る馬も、過去10年の出資馬できわめて稀でした(笑)

8/04(土) 函館12R 500万下 3歳上 ○混○特指(定量) ダ1700m 13頭発走:17:10
8枠 13番 △   マイネルハヤト 牡3 54.0 武幸四郎 小西一男

netkeibba.comでは△も1個ついています。
勝ち負けまでは期待していませんが、なんとか次につながる競馬をしてほしいです!
幸四朗くんは、どっちかというと好きな騎手なので、期待しています。
最後まで手を抜かないで、しっかりと追ってくださいね〜

Posted by sachi at 06:50 PM | Category: HORSE | Comments (2)

August 02, 2007

今週の調教時計

入厩馬はハヤトしかいませんので、時計もハヤトだけ。
今週出走ですが、まだ馬なりしか追ってませんね。
まあ、今回は叩きですから、無事にレース勘を取り戻せばOKってところかな。

マイネルハヤト
7/29 助手 函館ダ 稍重 73.2 57.3 41.8 12.7 4分 馬ナリ
・レスト(古馬500万下)馬ナリの外、同入
8/1 助手 函館ダ 良 81.3 66.3 52.8 38.9 13.7 6分 馬ナリ

Posted by sachi at 07:12 PM | Category: HORSE | Comments (0)

August 01, 2007

今週の出走予定馬

久々の愛馬出走です♪

函館競馬場 マイネルハヤト 4日(土) 12R 3歳以上500万下 混  武幸四郎 ダ1700m

おおっ、ハヤトは幸四朗ジョッキーですね。津村ジョッキー同様、あまりごり押しするタイプじゃなく当たりの柔らかな騎手ですし、何と言っても函館はめっぽううまい。とっても嬉しいな〜 ハヤトはまだ太いかもしれませんが、好位先行で粘り込むパターンで頑張れ〜!

Posted by sachi at 06:03 PM | Category: HORSE | Comments (2)

5歳馬近況

アルビオンは体調よさそうながら、繋靭帯炎のせいでまだ調教を再開できません。
秋の復帰といっても、どのレースが目標なのかなぁ。スプリンターズSには間に合いそうにありませんね。あぁ、賞金も足りないかな。残念です。でも、ここはあせらず涼しい北海道で夏を過ごし、暑さのピークも過ぎたころに美浦へ。まだまだ活躍できる馬のはずです。馬体重に気をつけながら、せいぜい鋭気を養ってください。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。美浦に比べれば涼しさが段違い。暑さに弱そうな雰囲気がある馬ですが、馬体が緩んだ様子もなく体調自体も良好。黒光りする馬体が放牧地でも一際目立っています。これで右前の繋靱帯が普通の状態なら、すぐにでも調教へ移れるでしょう。ただ現時点では無理は禁物。秋の復帰を目指し、もう少しこのままゆっくりさせます。

Posted by sachi at 06:00 PM | Category: HORSE | Comments (0)