May 31, 2007

今週の調教時計

ハヤトとアルビオンが時計を出しています。

マイネルハヤト
5/30 助手 美浦南W 良 70.0 53.9 40.0 12.9 7分 馬ナリ
・グランデスピリッツ(3歳未勝利)一杯の外、先行し0.2秒先着
マイネルアルビオン
5/25 助手 美浦坂路 良 58.7 43.0 28.6 14.5 馬ナリ
5/27 助手 美浦坂路 稍重 56.9 40.7 26.5 12.9 馬ナリ
5/29 助手 美浦坂路 良 59.8 43.8 28.8 14.3 馬ナリ
5/30 柴山 美浦坂路 稍重 49.8 36.6 24.3 12.2 馬ナリ

ハヤト、まずまずですかね〜 芝馬だと遅いって感じかなとも思うんですが、
馬なりだし、このまま行ってほしいです。
アルビオンは稍重、馬なりでこのタイム。本当に調子がいいのでしょう。
左回りだけど、なんとか頑張りきってほしいです〜〜

ところでアルデュールが初時計を出しているようなのですが、公式に出ません。
某掲示板によると、きのうのタイムは次の通り。

南W 馬なり  65.0−51.0−38.5−13.2
3歳500万馬を1.4秒追走 3ハロン併せて0.6秒先着

おお〜 3歳1勝馬を1.4秒追いかけて0.6秒先着! しかも馬なり!
これはいいですね〜 あと2週間、デビューがまたまた楽しみです♪

Posted by sachi at 09:31 PM | Category: HORSE | Comments (2)

May 30, 2007

5歳馬近況

アルビオンは調子を上げてきたようです。「豪快の一言」がうれしい〜♪
いつも調教がけする馬ですが、柴山騎手で50秒を切るタイム、いいですね〜
次走は左回り、小回りの中京というのがちょっと気掛かりとはいえ、期待しましょう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。稽古の動きは豪快の一言。柴山騎手が跨り、終盤でハミが掛けられたけさの追い切りでは、4ハロン49.8の好タイムをマークしました。トモの甘さが解消に向かっています。馬体重は550キロを切る程度。6月10日(日)、中京のCBC賞・芝1200mに出走する予定です。

Posted by sachi at 08:47 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァはとうとう浦和へ戻されてしまいました〜 あらま。ま、半分は予想してましたけどね。トモが甘く?って、いつものことです。まあ、今度もまた軽く2〜3カ月(苦笑)休養でしょう。復帰は秋か……夏をお休みしたことってあったかな〜 4歳でまだ12戦の馬ですから、また待つしかないんでしょうが、ルーチェにフォーグと、愛馬がほとんど牧場に戻ってしまうのが寂しいです。かわりに2歳馬のデビューで気を紛らわせるしかありません。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
千葉県のTSステイブルに滞在していましたが、トモが普段より幾分甘く感じられるように、疲れが取りきれていないのかもしれません。そのためいったんビッグレッドへ移動して、立て直すことにしました。27日(日)に、真歌トレーニングパークへ移動。試し乗りをしたところ、左トモの送りがぎこちなかったことから休養させることになり、きょう29日にビッグレッドファーム浦和へ移動しました。あすから昼夜放牧を行う予定です。

3歳馬

ハヤトは来週の日曜、東京最終回のダート1600mに出走予定。気性もだいぶ大人になってきたようで、初の昇級戦でどれくらい通用するのか、楽しみですね。あまり結果が出ないようなら牧場へ帰るのかも? となると、3歳馬はすべて休養になってしまいますが……
ルーチェはすでにBRF明和に。しばらくはのんびりして疲れを癒してくださいね。ほんとによく走り続けてくれました。1カ月のあいだにどれくらい馬体が成長するかな。ルーシッドやトゥインクルによく似ているとのことですが、グリッツァともよく似てるんですよね〜(笑) ルーシッドに似ているなら見かけによらずタフなはず。グリッツァも見習ってほしいですね。
フォーグも放牧のコメントが出ました。これで春に活躍してくれた3歳が続々とBRFに帰ることになります。みんなみんな、本当にお疲れさま。おかげで今年の春はいつになく充実した一口生活でした。みんなタフです! そのことだけでも感謝でいっぱい。いよいよ本格化を迎える秋からは、本当に自分に合った適鞍を見つけだしていっそうの活躍を期待します。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
美浦で調整中。ダートコースを中心としたキャンターをこなしています。うるさいのは洗い場だけです。首をしきりに上げ下げしたり、ステップを踏んだり、過去には立ち上がって前脚を引っ掛けたりしていたものの、曳き運動や騎乗においては厩務員や調教助手の指示に素直に従っています。6月10日(日)、東京のダート1600mに出走する予定です。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
24日(木)、ビッグレッドファーム明和に到着しました。輸送による熱発もなく、翌日から昼夜放牧を開始しています。さすがにクラシックを使ってきただけあり、まだ疲れが残っているようです。1ヶ月は乗らず、この生活を続けていく予定。血統の奥深さに改めて感心してしまう、Mルーシッド、Mトゥインクルによく似た顔立ちです。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
27日(日)、東京で出走し、12着でした。折り合いに専念した結果、後方の位置取りに。バックストレッチの半ば以降はスムーズに追走できました。近年のダービーの流れとしては緩やか。推定34.1秒の末脚を繰り出すも、周りのスピードも速かったために伸びきれませんでした。この流れだったからこそ着差が拡がらなかったともいえますが、2着のアサクサキングスから1秒差なら上々です。強力のメンバーの中、よくがんばりました。リフレッシュのため、近々、ビッグレッドに移動する予定。

Posted by sachi at 05:13 AM | Category: HORSE | Comments (6)

May 28, 2007

フォーグは12着

しんがり人気や、これまでのレース経験からすれば健闘と言えるのではないでしょうか。
最後、ウオッカの圧倒的強さにあっけにとられて見ているうち、フォーグの姿を見失いました(苦笑)
一番最後じゃないのは分かってましたが、後ろから3、4番目かと思っていた。
もう少し前に行けたんですね〜 無事廻ってきてくれてほっとしています。
それにしてもウオッカの末脚33.0! タイムもオークスをさらに0.8上回るとは。
オークスは3着のアドマイヤオーラのタイムと同じ2.25.3ですから、今年の牝馬はレベルが高いと言ってよいのでは?
フォーグだって上がり34.1ですから、ほんとに頑張りました!
以下、全着順。

5/27(日) 東京10R 日本ダービー(G1) 3歳 牡・牝○指(定量) 芝2400m 18頭発走:15:40 天候: 晴 馬場: 良
1 2 3 ウオッカ 牝3 55.0 四位洋文 角居勝彦 2:24.5 482(-4) 10.5 3
2 8 16 アサクサキングス 牡3 57.0 福永祐一 大久保龍 3 488(-6) 84.5 14
3 7 14 アドマイヤオーラ 牡3 57.0 岩田康誠 松田博資 1.3/4 442(-2) 12.7 4
4 6 12 サンツェッペリン 牡3 57.0 松岡正海 斎藤誠 クビ 476(+10) 33.0 9
5 4 8 ドリームジャーニー 牡3 57.0 蛯名正義 池江泰寿 3/4 412(+2) 32.8 8
6 2 4 ゴールデンダリア 牡3 57.0 柴田善臣 二ノ宮敬 クビ 462(+2) 23.0 6
7 7 15 フサイチホウオー 牡3 57.0 安藤勝己 松田国英 クビ 508(+2) 1.6 1
8 6 11 ナムラマース 牡3 57.0 藤岡佑介 福島信晴 クビ 456(-6) 36.3 10
9 8 17 ヴィクトリー 牡3 57.0 田中勝春 音無秀孝 1.1/4 472(-4) 8.2 2
10 8 18 フライングアップル 牡3 57.0 横山典弘 藤沢和雄 ハナ 498(-6) 72.0 12
11 1 1 タスカータソルテ 牡3 57.0 武豊 藤原英昭 アタマ 450(+4) 23.7 7
12 3 6 マイネルフォーグ 牡3 57.0 川田将雅 宮徹 1.1/4 440(+2) 200.9 18
13 7 13 ローレルゲレイロ 牡3 57.0 池添謙一 昆貢 クビ 460( 0) 79.1 13
14 3 5 トーセンマーチ 牡3 57.0 内田博幸 萩原清 ハナ 492(+2) 86.7 15
15 4 7 フィニステール 牡3 57.0 藤田伸二 藤原英昭 クビ 510(+2) 53.2 11
16 5 9 ヒラボクロイヤル 牡3 57.0 武幸四郎 大久保龍 ハナ 488(+6) 21.1 5
17 1 2 ゴールドアグリ 牡3 57.0 勝浦正樹 戸田博文 ハナ 478(-6) 135.8 16
18 5 10 プラテアード 牡3 57.0 北村宏司 藤沢和雄 6 500(-2) 152.7 17

いやしかし、ダービー・デーは特別ですね。何しろ白ゼッケン!うわぁ、初めて♪
華やかさではオークスか?とも思いますが、とにかく人出も半端じゃない。レースが見えない〜 でも、親切なおばちゃんのおかげで一段高いところに上がることができ、ありがたく感謝。それでも写真は無理でした。
以下はパドック。

フォーグは大変落ち着いて周回していました。
馬体重はプラス2キロでふっくら。いい感じでした〜

川田騎手、騎乗の前にどなたかと談笑。

牡馬顔負け、異次元の末脚でダービーを圧勝したウオッカ!
いや〜ほんとにスゴかった。馬体はマイラーって感じのボリューム。
胸前もおしりも筋肉がたくましく、牝馬とは思えない体つきでした。
牡馬をまとめてかわしたあの脚は、見事というほかありません。
おめでとう〜!!!

ちょいおまけの写真。

馬が入ってくる前に、軍団登場。
真っ赤な上下はいやがおうにも目立つ。
お連れは家に帰ってパソコンで見るまで分からなかったけど、
亀田一家でした。しかしほとんど全員、ちょっと(かなり?)こわい人。

圧倒的一番人気に押されたフサイチホウオー。
気配は悪くなかったのですが、本馬場入場後にエキサイト。
ゲートまでたどり着くにも暴れてましたね〜 ヴィクトリーのほうがましだったかも。

アルデュールの主戦になるのか気になるです>松岡騎手

武騎手がおろされて岩田騎手とスワップするも、3着どまりアドマイヤオーラ。
ピンぼけご容赦。

(以上、K10D+TAMRON 28-300mm F3.5-6.3)

Posted by sachi at 03:57 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

May 26, 2007

ダービーデー♪

明日はいよいよダービー。
さて、フォ−グのネガティブ・キャンペーンもさほどには盛り上がらず?
その日を迎えそうです。きょうのGCでの調教ビデオは、いつもながらの
やや頭の高いフォーグらしい走りで元気いっぱいの姿を見せていました。
体の細化もなさそうで、結構ふっくらしていたよ〜
あすは折り合いに専念して、最後の直線、しぶといところを見せてください!
皇太子殿下と安倍総理もご来場だそうで、人出を思うと家でテレビ観戦したくなる(苦笑)のだけど
なんといっても出資馬がダービー出走なんて、そうそうあることではありません。
応援に行ってくるつもりです! うぅっ、しかし仕事が苦しい。また徹夜の連続かぁ……

1週間、お休みだった川田騎手は、佐賀に帰ってお祓いと墓参りをすませ
心機一転、エンジン全開ムードに突入だそうです。
落馬、ケガなく、出遅れなく、うまくフォーグと息を合わせて廻ってきてくださいね。
今後のためにも、このびり人気(単勝140倍ほど)を覆す走りを期待します!

(日刊スポーツ)
騎乗停止でお休みだった川田騎手が今週から復帰。
金曜日は栗東トレセン公正室で“再教育”。再教育とは斜行などで騎乗停止となり、
年間の制裁点数が30点を超えた騎手に対する再教育システムだが、どのジョッキーも1度は通る道。
いかに他馬を邪魔せずに勝つかがトップジョッキーへの階段ともいえる。
川田は神妙な顔で筆記テストと面談をパス。それでも、1週間のリフレッシュでエンジン全開宣言。
「この1開催で3回落馬して最後は騎乗停止でしたからね。これはアカンと思って、
佐賀の実家に帰って厄払いと墓参りに行ってきました。心機一転、気持ちを入れ替えて頑張ります」

厩舎コメント
スポニチ Sponichi Annex ギャンブル 07年枠順泣き笑い「(6)マイネルフォーグ」
(6)マイネルフォーグ
 NHKマイルC16着のマイネルフォーグは3枠6番から大金星を狙う。増井助手は「あまり気にしていなかったが、外より内の方がいい。ここなら馬群で脚をためられる。距離は微妙だが、元気いっぱいの動きをしているので状態の良さを生かしてほしい」と期待していた。 [ 2007年05月25日 ]
スポニチ Sponichi Annex ギャンブル 07年直前情報2「(6)マイネルフォーグ」
(6)マイネルフォーグ
 マイネルフォーグは午後3時半に到着。長旅の疲れも見せず元気いっぱい。「輸送は慣れているからね。いい状態を維持している。それにしても今週の攻め馬は動いたな」と立山厩務員は体調の良さをアピールした。ただ、レースに関しては「ダービーですからね。やっぱり相手が強い。掛かる馬なので距離延長も課題になる」とトーンは上がってこなかった。 [ 2007年05月27 日]

【追記】 5月27日
さあて、きょうも馬番Tシャツ買いに行ってくるか〜
それとももうTシャツはやめにするかな。10着以内の賞金のほうがいいなぁ〜(爆)
ちなみに馬券ですが、もちろんフォーグの応援馬券を少しだけ。
せっかくのダービーなので、何か買ってみるかなぁと思うも、うむむ。分からん。
ただ、人気の盲点はドリームジャーニーではないかな。
意外とこの馬、1着じゃなくても馬券圏内にはくる気がします。
ウオッカ、アドマイヤオーラ、フサイチホウオーとからませて買ってみよかな。

Posted by sachi at 08:27 PM | Category: HORSE | Comments (2)

May 25, 2007

2歳馬近況

3頭それなりにです。
パラストは昼夜放牧中なので進展なし。同じ父の新入りと仲良くしてるのはよいことですが、気性とか馬体重はどうなんでしょう? いくらネタなしといっても、少しはその手のことにも触れてほしい気が…… 同じ種子骨炎のフリーデンが、調教馬の厩舎に空きが出る6月に再度レントゲン検査とあるので、おそらくパラストも同じ頃に検査でしょうね。回復が進んでいるといいな。
アルデュールは、ゲート試験に合格です! デビューの日も決まりました。6月16日(土)というと、ほんとに真っ先ですね〜 今までで一番デビューの早かったデセールでも6月末の函館だったので、今回は本当に早いです。福島開幕週の土曜ですから、これ以上は早くなりようがない。去年は同じアドコジ産駒のペローラが初勝利をあげていますね。相沢厩舎は松岡騎手なのか、それとも? 個人的には吉田隼人騎手がいいなぁ。その点、サランがうらやましいです(笑)ともかく、あと3週間、しっかりお稽古を積んで無事デビューしてほしいです。新馬勝ちなら言うことなしですが、それほど甘くはないかもね。
マカリイは、体が成長したようですが、やはりまだ緩さが…… 成長は遅生まれだったのでようやく追いついたということかな。これから芯が入ってくれば、柔らかい身のこなしを活かした走りができるでしょうか。それに期待するしかありません。マカリイくん、頑張って鍛えてください!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。昼夜放牧されています。育成牧場から引き取ったばかりのチャンネルワンの05(父Mラヴ)が仲間入りしました。初日こそケンカをしていたものの、いまとなっては仲良くしています。「こういったイレギュラーなことを経験させるのも大事。トレセンや競馬場では、より順応性が必要になってきますからね。色々なことに対応できる馬に育てたい」とスタッフ。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
美浦で調整中。坂路とウッドコースを中心に乗り込まれています。23日(水)に初めて行ったダッシュの練習がいまひとつで半信半疑だったものの、きょう25日(金)、ゲート試験に合格しました。ビッグレッドで積み重ねてきた効果です。6月16日(土)、福島の新馬戦・芝1000mのデビューを予定しています。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。普通放牧とウォーキングマシンでの運動を1時間行っています。背が高くなって、体全体もひと回り大きくなったのは嬉しいこと。しかし放牧地での身のこなしを見ていると、やはり緩さを感じてしまいます。今後の調教で芯がしっかり入ってくれることに期待します。

*なお、ルーチェは5/24日、明和に戻りました。
本当にお疲れさまです。生まれ故郷の牧場でゆっくりと休養し、ひとまわり大きくなって戻ってきてね〜

Posted by sachi at 07:20 PM | Category: HORSE | Comments (4)

フォーグ3枠6番で確定!

絶好の枠をいただき! あとはフォーグ次第です。
ケガ、無理は勘弁してね>川田騎手
ちなみに全馬の枠順は、以下の通り。
う〜ん、どうなんでしょう。よその馬は全然わかんない(苦笑)
逃げる馬はいるのでしょうか?

5/27(日) 東京10R ダービー(G1) 3歳 ○指(定量) 芝2400m 18頭発走:15:40
1 1 △ △ ○ タスカータソルテ 牡3 57.0 武豊
1 2     ゴールドアグリ 牡3 57.0 勝浦正樹
2 3  △ ▲ ウオッカ 牝3 55.0 四位洋文
2 4   ○  ゴールデンダリア 牡3 57.0 柴田善臣
3 5     トーセンマーチ 牡3 57.0 内田博幸
3 6     マイネルフォーグ 牡3 57.0 川田将雅
4 7  △  フィニステール 牡3 57.0 藤田伸二
4 8     ドリームジャーニー 牡3 57.0 蛯名正義
5 9 ○    ヒラボクロイヤル 牡3 57.0 武幸四郎
5 10   △  プラテアード 牡3 57.0 北村宏司
6 11 △ △ ナムラマース 牡3 57.0 藤岡佑介
6 12 ▲   サンツェッペリン 牡3 57.0 松岡正海
7 13      ローレルゲレイロ 牡3 57.0 池添謙一
7 14  ▲  アドマイヤオーラ 牡3 57.0 岩田康誠
7 15 ◎ ◎ ◎ フサイチホウオー 牡3 57.0 安藤勝己
8 16     アサクサキングス 牡3 57.0 福永祐一
8 17 △ △ △ ヴィクトリー 牡3 57.0 田中勝春
8 18 △    フライングアップル 牡3 57.0 横山典弘
                     印はnetkeiba

Posted by sachi at 05:21 AM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の調教時計

フォーグ、ハヤト、アルビオンが時計を出しています。

マイネルフォーグ
5/20 助手 栗東DW 良 56.5 39.9 12.6 8分 馬ナリ
5/23 助手 栗東CW 良 78.4 63.7 50.1 37.2 12.0 7分 叩き一杯
マイネルハヤト
5/23 助手 美浦南W 良 57.0 41.6 12.9 7分 馬ナリ
マイネルアルビオン
5/22 助手 美浦坂路 良 61.1 44.5 29.1 14.3 馬ナリ
5/23 助手 美浦坂路 良 57.7 42.3 28.1 14.3 馬ナリ

フォーグは今週ダービー出走ですから、一杯に追いました。
悪くないタイムだと思うのですが、zakzakだと叩き一杯C評価。
うーん、どうしてCなの? すこぶる好調のAとはいかないまでもBくらいはもらえるんじゃない?
枠も3枠6番と絶好です。ルーチェ同様、スムーズに流れに乗ってインの経済コースを先行し、最後の直線で勝負でしょう。川田騎手、2度めの今度はお願いします!
ハヤトは調子落ちもない模様。馬なりでいつも通りのタイム。安定しています。昇級戦でも相手次第でかなりやれるかも?
アルビオンの次走は再来週なので、今は基礎体力の維持ですね。馬なりでも徐々に速くなっていくくらいでちょうどいいでしょう。この馬もすごい気迫で走るときは走るんです。いい具合にもっていければ、苦手の左回りもはねのけて結果を出してくれるでしょう。少しでも上位を目指して頑張れ〜!

Posted by sachi at 05:12 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 23, 2007

5歳馬近況

アルビオンは前走、戦意喪失で競馬をしていないようだったのに、少し疲れが出たらしい。確かに府中1400mは、坂のないコースの1600mにも等しいですし。が、今は元気を盛り返し、いつものように調教をこなしている模様。次走のCBC賞は、苦手と思われる左回りの中京。高松宮記念での惨敗もありますが、ま、あれはGIだったので考えないことにしましょう(苦笑)。なんとか重賞をとらせてやりたいと思うのですが、やはりアルビオンには中山か京都あたりしか無理な気が…… でも、相手関係もあるし、今のスプリント戦線では、まともに走れば実力上位は間違いないと、親ばかかもしれませんが思っています。柴山騎手に戻るのも朗報。頑張ってほしいです!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。前回よりも回復に時間を要しましたが、20日(日)あたりからいつもの唸るような動きが戻ってきました。現在は坂路で15−15を1本乗ってから、プールへ行くメニューで体調を整えています。6月10日(日)、中京のCBC賞・芝1200mに出走する予定。柴山騎手に騎乗を依頼しています。

Posted by sachi at 06:13 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

今週はフォーグがダービー出走予定です。
オークスのルーチェに続いて、低評価をくつがえす走りを期待しますが、
輸送もあり、どうでしょう。この春大荒れだったGI戦線、楽しみでもあり不安でもあり。
とにかく、無事でそこそこの競馬をしてくれれば。目標は10位以内ですが、やはり距離はもたないかなぁ……

東京競馬場
マイネルフォーグ 27日(日) 10R 東京優駿 G1 3歳オープン  川田将雅 芝2400m

Posted by sachi at 04:03 PM | Category: HORSE | Comments (0)

フォーグ、境勝太郎氏の馬体診断に登場

スポニチ Sponichi Annex ギャンブル 馬体診断 ダービー(07年)
黄門氏によれば「このメンバーに入ると迫力不足。距離も不安」
はい、まさにそのとおりです(^^;;
それでも、素軽い動きで最後に粘り腰を発揮しないとも限りません。

スポニチ Sponichi Annex ギャンブル 07年火曜気配
マイネルフォーグは前走・NHKマイルC16着のダメージも見せず元気いっぱいにキャンター。宮師は「ダービー挑戦は前走の前から決めていた。距離は分からないが…」。
[ 2007年05月23日 ]

オークスのときも、このコーナーは役に立ちました。
フォーグのダービー出走に関して、宮師はNHKマイルの前から決めていたとのこと。
前走NHKマイルCではほとんど競馬をしてないのですから、元気なのも当然か(苦笑)
まあ、本当に距離は未知数ですが、ルーチェ同様、気分よく競馬ができて何かつかんでくれれば。
オークス以上に強豪揃いのダービーのことですから、またまた惨敗もありえますが、応援することに変わりはありません。

きょう追い切ったはずなんですけど、ケータイをもってないし分からないんです。
そのうちネットに出るでしょうから、それまで待っています。

Posted by sachi at 10:08 AM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァくん、またですかぁ〜 筋肉痛には妹ルーチェも悩まされましたが、無理なレースをしているのでしょうか。まずまず好調そうだったのに、レース結果にまったく結び付きませんでした。すでに短期放牧に出されていますね。まあ、どのみち勝負は降級後でしょうから、いいでしょう。6月半ば以降の復帰を期待しています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
前走を使ってからトモに疲れが感じられ、その他、馬体の数ヶ所に筋肉痛も発症しています。獣医に診てもらい、骨や腱などの異常は指摘されなかったものの、少しレース間隔があきそうな状態です。18日(金)、千葉県のTSステイブルに移動しました。2週間〜1ヶ月の予定で現地に滞在します。

3歳馬
ハヤトも連戦の疲れがたまっているようです。もともとトモは疲れやすかったですし、勝った御褒美に休ませてあげてもいいと思うけど、古馬とのレースになる前に、できれば1、2戦しておきたいですね。東京最終週のダートを予定ですから、また応援に行けるかな。
ルーチェは無事オークスを走り終え、ゆっくりさせてもらっているでしょう。もうすぐBRFへ戻ります。もともとの体形や筋肉の質もあるのでしょうが、馬体は、いつもしっかり作り込んだ感じがします。厩務員さんにきちんとお世話してもらっている証拠。いじるとよくないことも判明したようだし、今度からきっと大丈夫でしょう。放牧でたっぷり青草を食べて、ひとまわり成長して戻ってくるのが楽しみです。
フォーグも気性で走る馬。ダービーは距離が長いだけに、折り合いがいっそう重要かな。調教は、いつも馬なりでも終いはいいタイムを出します。今週の追い切りも、輸送があるので軽いと思いますが、たぶんそう悪くはないはず。ルーチェと同様、前半気分よく流れに乗れれば、前走ほどひどい結果にはならないでしょう。大野騎手に続いて、関西の若手有望株、川田騎手の手綱さばきで、低評価を見返す競馬を期待したいと思います。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
美浦で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。レース直後はトモを中心に疲れを見せていたこともあり、先週一杯は角馬場とダートのAコースでダクとハッキングを主体に疲労回復に専念しました。状態を見て、今週から普通キャンターでDコース1周半の通常メニューに戻したいと考えています。次走は東京最終週のダート1600mへの出走が有力です。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
20日(日)、オークスに出走し、6着でした。スタートして無理に抑えることなく、4番手の好位で流れに乗ります。終始馬なりで直線へ向くと、最内から一瞬速い脚を使って、あと200mのところでは先頭へ立ちます。しかしそれも束の間、ピンクカメオと馬体を併せてジリジリ粘りましたが、脚が持続しませんでした。とはいえ、低評価を覆す走りで秋が楽しみになる内容。大野騎手の積極的な騎乗も光りました。今後はいったんビッグレッドへ放牧に出すプランが有力です。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
栗東で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。20日(日)にDウッドコースで半マイルから、56.5−39.9−12.6の時計を馬なりでマーク。あす23日に追い切って、27日(日)、日本ダービーに出走する予定です。中間もテンションが上がりすぎず、落ち着いているのは良い傾向でしょう。

Posted by sachi at 06:38 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 20, 2007

来週はフォーグの出番

ダービーの登録馬です。
またオークスよりすごい人込みになるんですね〜
早く行って席とりをしないと、写真は厳しいなぁ。

2007年5月27日(日) 東京 第74回 東京優駿(GI) 25頭 サラ系3歳 牡・牝(指定)オープン 定量 2400m 芝・左
アサクサキングス 57.0
アドマイヤオーラ 57.0
ヴィクトリー 57.0
ウオッカ 55.0
ココナッツパンチ 57.0
ゴールデンダリア 57.0
ゴールドアグリ 57.0
サンツェッペリン 57.0
ダイレクトキャッチ 57.0
タスカータソルテ 57.0
ドリームジャーニー 57.0
トーセンマーチ 57.0
ナムラマース 57.0
ニュービギニング 57.0
ヒラボクロイヤル 57.0
フィニステール 57.0
フサイチホウオー 57.0
フライングアップル 57.0
プラテアード 57.0
マイネルフォーグ 57.0
メイショウレガーロ 57.0
ヤマカツブライアン 57.0
リバイバルシチー 57.0
ローズプレステージ 57.0
ローレルゲレイロ 57.0

Posted by sachi at 09:01 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ルーチェ健闘!

15番人気でどうなることかと思っていたルーチェですが、オークスでやっといいところを見せてくれました。

5/20(日) 東京11R 優駿牝馬(G1) 3歳 牝○指(定量) 芝2400m 18頭発走:15:40 天候: 晴 馬場: 良
6着 2枠 3番 マイネルーチェ 牝3 55.0 大野拓弥 上原博之 1 450( 0) 68.4 15

6着はちょっと惜しかった〜(でも満足ですが)
スタートよく無理なく自然に好位置につけ、内々を効率的に廻って直線にもってきた大野騎手の好騎乗のおかげでもあります。
4角をまわってさてどこへ出るか? ちょっと前があかなくてうろうろしたのかな?
(家に帰ってきてパドックからの録画を見ようとしたら、あ〜れ〜録画されていなかった。泣)
で、結局、内を突いたのですね。直線で出たときは、一瞬、これはっ?と、夢も見られたし、最後は5頭に抜かれたものの、6着はよく頑張りました!
近走が近走だっただけに、人気薄もうなずけるものではありましたが、まともに走ればこれくらいはやれることを証明したと言ってよいと思います。

実はけさ、ネットで次のようなコメントを見て、前回はそうだったのか、なら今回は大丈夫かも?と、ちらと思ったのでした。
スポニチ Sponichi Annex ギャンブル 07年直前情報2
マイネルーチェ
 角馬場でじっくりと体をほぐすという軽めの内容で切り上げたのがマイネルーチェだ。伊藤助手は「前走(フローラS)は直前で馬をいじってみたが、結果は11着。今回はそっとしておいた。気合も乗っているし、後は自分の競馬でどこまでやれるか」と話していた。
[ 2007年05月20日 ]

なるほど、これまでひょっとしたらいろいろやってみていたのかも。
でもルーチェには、自然なままが一番よかったってことなのでしょう。
「そっとしておいた」というところが、なんとも(笑) 
でも飼い食いが落ちたり、なかなか思ったように調整できなくて、ご迷惑をおかけしたのでしょうね。
3歳春の頂点をきわめるオークスでこの結果にたどり着くことができて、本当によかった。
ルーチェにも大野騎手にも厩舎のみなさんにも感謝です。
これで放牧でしょうね。しっかり鋭気を養って、秋に備えてほしいです。
が、しかし、秋華賞の京都は、またまた苦手な?右回りなんですよね〜〜

以下、写真

パドックでは(外はもちろんのこと、中も最初から人が多くて、
ほとんど見えなかったのですが)落ち着いて周回していました。
入れ込みぎみの馬が多いなか、気合いの乗りもほどよくて、
調子いいみたいと思った。

パドック写真がロクに撮れなかったので、頭ごしに騎手のみ撮影(苦笑)
大野騎手はハンサムですが、どこか川田騎手に似てる?エイリアンぽいところが(^^;;

本馬場入場は落ち着いていました。

返し馬も順調に。ルーチェは大野のお兄ちゃんが好きみたい♪(笑)

レースはほぼきれいにそろってスタート。ルーチェは先団に。
スマートストームがハナをきる。

さて、2週目の直線、大画面とコースのかなたに目をこらしつつ……
あっと一瞬、勝つかとも思えたルーチェでしたが、やはり追い出しが
少し早かったのか、追い込み馬に差されました。
大野騎手も懸命に追ってくれたのですけど、ちょっと距離が長かった?
でも、よく頑張ってくれましたね〜

ベッラレイヤでは決まらず、ローブデコルテが差す。

パドックのローブデコルテ。戴冠おめでとう!!!

(K10D+TAMRON 28-300mm F3.5-6.3)

Posted by sachi at 08:22 PM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (4)

きょうはいよいよオークス!

愛馬ルーチェが、初めてクラシック出走にこぎつけてくれました。
思えば去年夏のデビューから、短い休みはあったものの、ほとんど走りづめ。
よくケガもせずなんとか体調を維持してここまできてくれたものです。
振り返れば、11月の京都ファンタジーS(1400m)から、なんとなくリズムが狂ったまま復調できません。
それでも有力馬が不出走で、賞金的にはオークスに余裕で出走(^^;;

とはいえ、ダービーに出るウォッカにくわえ、ダイワスカーレットまで熱発で出走回避。
出資馬が出るにしても、全体としてなんとも盛り下がったオークスになっちゃいました。
ベッラレイアはもっと1本かぶりになって単勝1倍台かと思っていましたが、さほどでもないですね。
ザレマが2番人気、次いでカタマチボタンがかろうじて単勝一桁台……
あとはもう混戦の混戦で、最低人気でも50倍弱……とまあ、何がきてもおかしくない状態。

ルーチェは、上がりのタイムが毎回遅くなっているのが気掛かり。
目に見えない疲れがたまっているんじゃないかな。
それでも、今回の調教はかなり元気そうでした。
デビュー戦をのぞき、あとはすべて重賞という厳しいレースを、
ここまでよく元気に走り続けてくれたルーチェには、感謝の一言です。
あと1回だけだから、頑張ってね〜 
そうしたら青草いっぱいの放牧地でのんびりできるからね!

Posted by sachi at 06:24 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 19, 2007

2歳馬近況

いよいよ5月も終盤を迎え、入厩馬が出てきました。
アルデュールがもう16日(水)に入厩ずみ! 早くから楽しめるのはラフィアンならではですね。
さて、パラストは依然放牧中。同居中の馬とは気が合わない? ポートレートだと、やはりおでぶです。休養が長いのでそれは当然ですが、体重が517キロ! 絞っても500キロはありそう。アルビオン並の大型馬ってことですね。大きくなるとは思っていたけど、2歳の現段階でここまで大きいとは(爆)それこそ足元に気をつけましょう。隣のコースを走っている馬についてくるとは(笑)早くお稽古できるようガンバってね!
アルデュール入厩しました。熱発もなく、翌日からもう馬場入りとは、頼もしいですね。ゲートも不安がないようで、来週にも試験! はやっ。ポートレートでもふっくらとしてよい馬体に見えます。利口そうな可愛いお顔を早く競馬場で見たいです〜♪ 
マカリイもずいぶんたくましくなってきたようです。しかし、まだ芯が入っていない。こちらもかなり大型馬で、488キロ。もう少し鍛えて絞らないとね。今はお休み中で放牧とウォーキングマシンだけですが、次はさらに心肺機能とトモの強化! ポートレートによると、出稽古のおかげで雰囲気が一変、「ウシ」からやっと「ウマ」になったようです(爆)
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。昼夜放牧されています。同じ放牧地で過ごしているMレッチーノとはあまり気が合わないようです。本来、馬には群れを組む習性がありますが、ほとんど別々に行動しています。トラックコースの内側にある放牧地いるため、コースを走っている馬についてくることもあります。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
16日(水)、美浦の相沢厩舎に入厩しました。ゲートを含めて何の不安もなく、自信を持って明和を送り出しています。輸送により、熱発することもなく無事到着。翌日から馬場入りを始めています。さっそく、松岡騎手が騎乗して感触を確かめました。ゲート練習をやってみて、問題なければ来週にも試験を受ける予定です。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。普通放牧とウォーキングマシンでの運動を1時間行っています。トモの筋肉は、張りがあってしっかりしているものの、まだ芯が入っていない様子。休養は3週間程度を予定しています。その後は、心肺機能とともに、再度トモ鍛え直す必要があります。馬体重は498キロです。

*公式ページの「馬の移動情報」欄にアルデュールがのってないのはどういうわけだろう? コメントにはすでに16日に移動って書いてあるのに…… 誤字や文章入力でヘンなのは自分もときどき恥ずかしい間違いをしてるから、まだいいにしても、公式なんだから、そういうところはきちんとしてほしいですねぇ。

Posted by sachi at 04:51 AM | Category: HORSE | Comments (4)

May 18, 2007

ルーチェは2枠3番

ルーチェは内枠3番になりました。
NHKマイルCのときは内ラチ沿いがかなり荒れていて内枠の馬は総崩れでしたが、今度はどうでしょう。ずっと我慢して直線一気に出られれば、ルーチェにもチャンスがあると思うのですが……

5/20(日) 東京11R オークス(G1) 3歳 牝○指(定量) 芝2400m 18頭
1 1     スマートストーム 牝3 55.0 長谷川浩 宮徹
1 2 △ ◎ ローブデコルテ 牝3 55.0 福永祐一 松元茂樹
2 3     マイネルーチェ 牝3 55.0 大野拓弥 上原博之
2 4   △ ハロースピード 牝3 55.0 松岡正海 相沢郁
3 5 ○   ミンティエアー 牝3 55.0 蛯名正義 勢司和浩
3 6     ミルクトーレル 牝3 55.0 松田大作 昆貢
4 7 ◎ ▲ ベッラレイア 牝3 55.0 秋山真一 平田修
4 8     ピンクカメオ 牝3 55.0 四位洋文 国枝栄
5 9     レインダンス 牝3 55.0 鮫島良太 宮徹
5 10 △   トウカイオスカー 牝3 55.0 後藤浩輝 後藤由之
6 11 △ ○ カタマチボタン 牝3 55.0 藤田伸二 加藤征弘
6 12 △   ラブカーナ 牝3 55.0 菊沢隆徳 中村均
7 13     ウィンナワルツ 牝3 55.0 村田一誠 森秀行
7 14     ラストベガ 牝3 55.0 横山義行 加賀武見
7 15     アマノチェリーラン 牝3 55.0 池添謙一 湯窪幸雄
8 16     アドマイヤスペース 牝3 55.0 柴田善臣 的場均
8 17     ザリーン 牝3 55.0 幸英明 安達昭夫
8 18 ▲   ザレマ 牝3 55.0 武豊 音無秀孝
                  印はnetkeiba.com

なんとダイワスカーレットが熱発でオークス出走を回避……
前走、目一杯で仕上げて激走しましたからねぇ。やはり牝馬はデリケート。
いや、牝馬にかかわらずどの馬もデリケートだし、体調を崩したらアウトです。
その点、ルーチェもまだ本当の本調子?にあるようには思えませんが、かろうじて体調を維持。暖かくなってきたことだし、いよいよ出番かもしれません!
一番人気は間違いなくベッラレイアでしょうけど、またまたGI大波乱の予感。
というか、ダイワが回避した段階で、すでにオークス大波乱(苦笑)
3強が1強になってしまってはねぇ。
もちろん、あとの馬に付け入るすきがあるってことではありますが。

スポニチ Sponichi Annex ニュース ギャンブル「ルーチェいい乗り心地/オークス」
 マイネルーチェは大野が騎乗して坂路で単走追い。ゴール前だけ強めに追われ4F50秒0の好時計。「乗っていてそれほど速いと感じなかった。先週乗った時よりも確実に良化している」と大野。昨夏の新潟2歳Sで2着に入って以来のコンビ復活だが「他馬を怖がるので折り合いが難しい。距離はやや長いと思うので、その辺をうまくクリアできれば」と控えめだった。
(5・17スポニチ)

Posted by sachi at 04:08 AM | Category: HORSE | Comments (2)

今週の調教時計

ルーチェのみ時計を出しています。

マイネルーチェ 5/16 大野 美浦坂路 良 50.0 36.2 23.9 12.0 強目

好時計ながら、ややこずみがあるとの情報も。
大野くんが騎乗だから、好時計も当然か……
でも、まだ本調子ではないにしろだんだんよくなってきたのは事実です。

厩舎コメント
ラジオNIKKEI 競馬実況HP | 【オークス】美浦レポート〜マイネルーチェ

Posted by sachi at 04:07 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 16, 2007

5歳馬近況

アルビオンは前走、やはり3角手前で手綱をひいて後退し、戦意喪失してしまったか…… ラヴもそうでしたが、気分よく走らないと全然レースにならないんですよね〜 次走はまたしても左回りの中京。大敗しなければいいのですがねぇ。左回りの苦手をなんとか克服してもらいたいとは思うものの、こればかりは……
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
12日(土)、東京で出走し、17着でした。距離延長を意識して中団に控えたまでは良かったものの、狭くなって手綱を引っ張らざるを得なかった3コーナーで後退してしまいます。びゅんと加速する脚質ではないにしても、追ってからの反応も案外。下がってきたピカレスクコート1頭を交わしただけでした。適性、メンバー云々よりも、今回はリズムの悪さが結果に出てしまった印象。次走は6月10日(日)、中京のCBC賞・芝1200mの予定です。

Posted by sachi at 06:08 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

先週は3頭も出走した結果、今週はルーチェのみです。

東京競馬場
マイネルーチェ 20日(日) 11R 優駿牝馬 G1 3歳オープン 牝  大野拓弥 芝2400m

ああぁ、本当にオークスに出るんですねぇ。
10年の一口馬主生活で初めて。これまでGIへの愛馬出走は、ほとんどがラヴがらみ(朝日杯、NHKマイルC、スプリンターズS)、そのほかの馬でも2歳の朝日杯と阪神ジュベナイルフィリーズ、NHKマイルCでしたから感慨もひとしおです。
ルーチェが体調もよく、しっかり仕上がっていて、スムーズな競馬ができるといいな。
大野騎手はGI初騎乗でしょうか。どのみち人気にもならないでしょうから(フォーグのように最低人気かも?苦笑)のびのびと騎乗してください!
そして新潟2歳Sのように、あっと驚く結果を待っています〜

Posted by sachi at 04:39 PM | Category: HORSE | Comments (0)

ラフィアン募集馬

本日は久々の自宅作業で、少しのんびりしています。
ゆえに、ようやく今年度のラフィアン募集馬リストをちらりと見る余裕がありました。
最初の掲載時にさらっと見たときは、あれ?なんだかほしい馬がいないなぁ……という感想でしたが、改めて見ると何頭かいるような。といっても、ほしいかもぉと思う馬は、何しろお値段が高いですねぇ。

今月の支払い/引き落とし明細で確認したように、先月はフォーグのNZT2着とアルビオンの淀屋橋S優勝のおかげで大幅プラス。これにハヤトの未勝利戦優勝を加えると、2頭分くらいの出資資金は確保〜♪(笑) あ、そういえばロブソンの補償もあったか? で、結局は2頭くらいに候補を絞ることになりそう。(んんっと、税制の厳格適用で一口も厳しい時代を迎えるというのに、やっぱり募集馬リストを見ると、わけもなく血が騒ぐ??のです。苦笑)

といっても、血統、配合などさっぱり分からないので、すべてはカタログの写真とDVDと、近親にどんな馬がいるか、そして厩舎で決定します。よさそうでも顔や表情や全体の雰囲気が気に入らないとボツになるという、ほとんど好きか嫌いかが決定理由の馬選びです(爆) ラヴ産駒に1頭は必ず出資の予定ではありますが、それも上記の条件と値段(これまた重要)で決めますので、ハーティー全弟とグレースマリア06はよほどの馬でないかぎり、価格ではずすでしょう(^^;;

某匿名掲示板に書き込みがあったように、セゾンの募集馬で、値段さえ折り合えば検討対象の馬がいて、ちょっと残念に思います。ともあれ、早くカタログとDVDが見たいです!

Posted by sachi at 10:05 AM | Category: HORSE | Comments (4)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァは、明らかに距離が長すぎると思いますけどね〜 最後は流れ込んだというより、歩いてしまいましたよ〜 次走について何も書いていないのが気掛かり。これでまた障害の話が出なければいいなと……
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
12日(土)、新潟で出走し、16着でした。スタート、二の脚ともに速くはありませんが、内のマストビートゥルーを制し、何とか注文通りハナを奪います。しかし前半の無理が祟ってしまったのか、直線半ばで早々に馬群に飲み込まれてしまうと最後は流れ込んだだけでした。距離が若干長いのもあるかもしれませんが、それにしても止まりすぎの印象です。田中博康騎手は「馬群に入ると、走るのをやめてしまうと聞いていたので逃げたのですが、バテててしまって…」と原因がはっきり掴めないような感じでした。

3歳馬
ハヤトは待望の勝利で、レースぶりもうまかった。続戦とのことで、上のクラスでどの程度通用するものか、1〜2戦様子を見るのもいいでしょう。そうしたら夏場、休養して馬体の成長を促してやってくださいなぁ。
ルーチェは今週、オークスに出走です。前走で案外な大敗を喫してから、あまり話題にものぼらなくなって可哀想。と言いつつ、この馬の力は実際どうなのか、出資者ながらいまだによく分からないのが本当のところ。今度のオークスは「終いの脚にかけるつもり」って、もう作戦ばればれ(苦笑) う〜む、脚をためてあの東京の坂を一気にかけあがり伸びてくるところも、いまひとつ想像できないんだけどなぁ。あとは枠順ですね。荒れているGI戦線です。何があるか分かりませんよ。ルーチェの激走をひそかに期待。
フォーグもギリギリでダービー出走へ。たしかに気性が災いしてレース内容にむらはありますが、距離適性が実際どれくらいなのかは未知数。陣営は、距離はもつと判断したようです。デビューが1800mだったところからしても、最初は中距離向きの馬と踏んでいたのではないでしょうか。東京コースの1400mでレーニアに首差迫り、あと1ハロン長ければと思わせた馬、少なくとも直線の坂は気にせず伸びたのは確かです。小柄できゃしゃな馬だけに、NZTから1キロ増える斤量と一気に4ハロン伸びる距離がこたえる可能性もありますが、出る以上はもちろん応援します! 何よりも無事で(これはどの馬が走るときにも心から願うことですが)
以下、ラフィアン公式HPより。 

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
13日(日)、東京で出走し、待望の初勝利を挙げました。予想していたよりも前へ行く馬が多く、スタートが良かったのに少し位置取りが後ろになったものの、バックストレッチの半ばからにじり寄り、4コーナーでさらに接近。やや繊細さに欠くフットワークながら、脚力の違いを見せつけて直線で抜け出し、上がりのかかるスタミナ比べを制しました。続戦の方向です。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
美浦で調整中。坂路→ウッド、北馬場のダート→坂路などコースを替えながら乗り込まれています。週末のオークスに向け、最終追い切り(単走になるか併走になるかは、あす朝にチェックする気合いの乗りや仕上がり具合次第)をかけ、体調を整えるだけになりました。テンに促してハミを掛けると良くないと見ている上原調教師は「押していくレースは結果が出ない。終いの脚に賭けるつもり」と作戦を述べています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
栗東で調整中。レース内容にむらはあるものの、稽古の動きは安定しています。鞍上に指示されなくても、多用するDウッドコースに入ってキャンターに移行すれば、ハミをぐっと取って周回します。来週のダービーを使うことになりました。前向き過ぎる気性が邪魔する可能性はあるものの、本質的に距離は保つと考えています。

Posted by sachi at 06:55 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 13, 2007

ハヤト必勝パターンで見事勝利!

田辺騎手がやってくれました〜♪ \(=^o^=)/

5/13(日) 新潟1R 3歳未勝利 混 指 ダ1800m 天候: 晴 馬場: 良
1着 4枠 6番 マイネルハヤト 牡3 56.0 田辺裕信 小西一男 1:58.3 470( 0) 5.7 4/14人気

ハヤト、これでやっと未勝利脱出。いやぁ、去年の秋からがらり一変して強くなった。
といっても、中央場所で通用するかどうかは……ですが、とにかく勝ち上がってよかった。
その裏には、もちろんこの馬を手の内におさめた田辺騎手の好騎乗があります。ありがとう〜!
これで3歳は、4頭のうち、喉なりで早々と引退してしまったロブソンをのぞき、3頭が勝ち上がりました。よかった〜(^o^)v

来週はルーチェのオークス、そして再来週はフォーグのダービーです。
どちらもぎりぎりでの出走で、話題にもならない(ネガティブキャンペーンはあっても)と思いますが、わたしは嬉しいです。とくにフォーグは、出すだけむだという見方もあるとは思いますが、少なくともマイル以下の馬でもなさそうです。何があるか分からないのが競馬、思い切って試してもらってOKです。
がんばれルーチェ、がんばれフォーグ!!!

ハヤトに勝利のバラを♪ 東京競馬場に咲いていました。

Posted by sachi at 10:04 AM | Category: HORSE | Comments (9)

ハヤトはただ今3人気

きょうも、もうお仕事を始めていますが、PATでハヤトの人気を確認。
3人気ですが、あと2頭のライバル、5番のハギノエントラータとブロードビーチは、馬体重が+10キロと+18キロ。
そのほか強そうなのは、マルターズストームくらい? 中舘騎手はちょっとこわいかも。
ハヤトは前走の体重を維持ですから、ここは本当に本気で勝ちに行ってほしいよ〜
がんばれハヤト!!!

Posted by sachi at 09:07 AM | Category: HORSE | Comments (0)

何ともがっくりorz

きのうはメインレースの前に府中へ出掛けたものの、何ともがっくりの成績でした。

★5/12(土) 新潟11R 赤倉特別(1000万下) 4歳上 ○混(ハンデ) 芝2000m 天候: 晴  馬場: 良
16着 5枠 10番 マイネルグリッツァ 牡4 53.0 田中博康 秋山雅一 4 484(-2) 124.3 16/16人気
★5/12(土) 東京11R 京王杯SC(G2) 4歳上 ○国際○指(別定) 芝1400m 18頭 天候: 晴 馬場: 良
17着 1枠 2番 マイネルアルビオン 牡5 57.0 安藤勝己 畠山吉宏 1.1/2 544(+8) 28.1 10/18人気

グリッツァは前走、とにかく「前にいけなかったのがすべて」と先生が言ってたので、今回はスタートのあと押っつけて前へ行きました(おっつけてるところは競馬場のターフビジョンでは見えなかったので、あれれ〜かかって行っちゃったわぁと思いました)。しかし気分よく走ってるようだったので、おやおやひょっとしていい感じ?かと思ったのですが…最後の1ハロンは完全に歩いてしまいましたとさ〜〜 やっぱ、距離が長いんとちゃう? 1600〜1800mでしょう。

アルビオンは、なーんとオレハマッテルゼにならったのか、チークピーシズで登場。あれえ?そういえばこの前もチークピーシズなんかしてたっけ?(ひょっとしたらしてたかも。解説でそんなこと言ってたと思ったけど、あまりよく見ていなかった)気配はうるさいところを見せながらも気合いのノリよく、前のグランリーオがちんたら歩くので、アルビオンが常に後ろからせっつく感じ(笑) 馬体重プラス8キロも、太め感はないと思った(やや緩い?)。レースはスタートよくぽんと出たのですが、だんだん下げて馬ごみに。それっきり出る幕もなく、ブービーになっちゃったよ。・゚・(ノД`)・゚・ウエーン

帰ってきてレースを見ると、3角手前くらいで騎手が立ち上がりそうになっていた。かかったのかと思っていたら、進路が狭くなり下がった? この馬もこういうことがあると走る気をなくします。まさにラヴ産駒の典型(グリッツァともども)。気分よく走れないとダメなんですよね〜 ま、今回は2頭ともなかったことに……(T_T)

それにしても、スケルツィ惜しかった。余裕の3馬身かと思っていたら、最後きっちり差されました(^^;; 残念ではあったけれど、力のあるところは見せましたね。
アルビオンは、やはり1200mまで(平坦ならまだしも)。それと左回りはコーナーがぎこちなく不得意。従って新潟もだめですね。柴山騎手に戻れば、次はそこらへんも踏まえてうまく乗ってくれるでしょうか。

パドックでのアルビオン。黒いのでチークピーシズが目立たない(^^;;

返し馬 (トリミングあり)

ほかの出走馬はこちらクリック→

僚馬マイネルスケルツィ。
筋肉むきむきのレーニアとはまた一味違うグラスワンダー産駒。
いい馬体でした。直線独走体制で3馬身離していたのに、最後は……



豪快に差しを決めて世代交替を伺わせたエイシンドーバー。

海外遠征帰りのフサイチリシャール。

(以上、写真はK10D+FA★200mm F2.8 ED/TAMRON 28-300mm F3.5-6.3)

Posted by sachi at 02:56 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

May 12, 2007

グリッツァはビリ人気(^^;;

きょう9時50分現在、グリッツァは16番人気(つまりびり)、アルビオンは10番人気。

う〜む、アルビオンは、相手も強いし、左回りだし、距離も気持ち長いしということで、シルクロードS(GII)2着の実績があるとはいえ、うなずけるところですが、グリッツァって、そんなにひどいかなぁ(苦笑) やっぱり親ばかなんでしょうかねぇ。しかし、どちらも人気よりは上の成績を残してほしいです! アルビオンは掲示板にのってくれるとうれしいな。

Posted by sachi at 09:54 AM | Category: HORSE | Comments (0)

2歳馬近況

相変わらず早期、中期、後期みたいな成長ぶりですが、マカリイに体力がついてきたようなのが朗報かな。
パラストは化骨を待つということで、ひとまず検査見送り。若駒にソエが出やすいように、競走馬は脚の骨に負荷がかかるので待つのは仕方がありません。きちんと直してもらいましょう。同じく種子骨炎だったというソロモンは3月デビュー、3連勝して無敗でダービーだったようですが、まさかそこまで遅くはならないでしょうね(苦笑)
アルデュールは来週か再来週に入厩です。第一陣として新馬戦デビューは間違いなさそう。発馬練習も行っており、いよいよ競走馬としての生活が始まります。早熟傾向のアドコジ産駒ですから、他馬に先駆けて2歳戦での活躍を期待しています。早くも新馬勝ちを夢見てるんだけど、夢は見過ぎないようにしておこう。といっても、デビューが本当に待ち遠しいです!
マカリイは真歌に戻ったようです。心臓破りの丘?での訓練ご苦労さま。おかげで少したくましくなったかな。体も細くなっていないということですが、ここで一息。また真歌で乗り出したら根性なしのへなちょこ……なんて言われないように、頑張るんだよ〜 体力がついて最後まで息がもつようになったのなら、出稽古のかいがあったというものです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。昼夜放牧されています。暖かくなった昼間には、横になってリラックスしている姿が見られます。種子骨炎は、外見上は落ち着いているものの、化骨を待たなければならず、完治までには時間を要すものです。GW明けに予定していたレントゲン検査を見送り、もうしばらく先に行うことになりました。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。行きっぷりに勢いがあり、15−15のペースでも抑えるのに苦労するほど。同じ父を持つMペローラの1年前を思い起こさせる、仕上がりが早さと動きの良さです。抜群のダッシュとはいえないものの、6日(日)に行った発馬練習もまっすぐにスタートしていました。来週、もしくは再来週に入厩する予定です。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
8日(火)、Mクロイツ、Mアルカナムとともにコスモヴューファームから、真歌トレーニングパークに移動しました。乗り込んでいた割に体が細くなった感がなく、張りもあってしっかりしているのは頼もしいこと。とはいえ、予定通りここで一息入れさせます。到着翌日から普通放牧とウォーキングマシンで1時間の運動を行っています。

Posted by sachi at 01:23 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 11, 2007

グリッツァも無印か…

5/12(土) 新潟11R 赤倉特別(1000万下) 4歳上 ○混(ハンデ) 芝2000m 16頭発走:15:30
1 1     マルイチライデン 牡7 53.0 川島信二 湯窪幸雄
1 2   △ エキゾーストノート 牡5 56.0 小野次郎 角居勝彦
2 3   ○ マストビートゥルー 牡4 56.0 北村友一 加用正
2 4 ◎ ▲ ケージーフジキセキ 牡6 57.5 津村明秀 鮫島一歩
3 5 △   バトルスターボウ 牡4 54.0 吉田隼人 浅野洋一
3 6 ○   パーフェクトジョイ 牝4 53.0 赤木高太 池江泰寿
4 7     ゴールドフォイル 牝8 53.0 安藤光彰 堀宣行
4 8     エアジパング セ4 54.0 千田輝彦 藤原英昭
5 9 △   ディーエスハリアー 牡5 56.0 石橋脩 柴田政人
5 10     マイネルグリッツァ 牡4 53.0 田中博康 秋山雅一
6 11     ダブルキング 牡6 54.0 芹沢純一 安田隆行
6 12 ▲   トーセンレーサー 牡6 56.0 村田一誠 栗田博憲
7 13 △   グッドネイバー 牡5 56.0 菊沢隆徳 橋口弘次
7 14     ロケットパンチ 牡7 52.0 的場勇人 的場均
8 15   ◎ ブレイズワン 牡4 54.0 長谷川浩 西浦勝一
8 16     スズカダーク 牡4 54.0 中舘英二 武宏平
                        印はnetkeiba

*グリッツァはもちろん?無印だけど、なんとか8着以内にきてほしいです。
あすアルビオンの応援に行ければ、競馬は府中で見ることに。

Posted by sachi at 04:38 PM | Category: HORSE | Comments (0)

フォーグはダービー出走がかないそう

スポニチ Sponichi Annex ニュース ギャンブル「3歳次走 フォーグはダービーへ」

オースミダイドウ(牡3=中尾正)はダービーを断念し、中京の白百合Sへ。
NHKマイルC5着のトウホウレーサーはユニコーンS、同4着のシベリアンバードは東京のエーデルワイスSへ。
マイネルの出走可能3頭のうち、シーガルは放牧、レーニアはユニコーンSへ。
というわけで、なんとフォーグ唯一の出走となりました。
意地でもダービーに出すマイネルですね(^^;;
体調は心配だけど、それさえOKならフォーグはきっと頑張ってくれるでしょう。
無事これ名馬、くれぐれも無理しないよう、馬を壊さないよう、お願いします。
(鞍上はNHKマイルCに続き川田騎手の模様)

それにしても、今年は愛馬がNHKマイルCに続いてルーチェのオークス、フォーグのダービーと、なんとクラシック初出走。GIばかり出走してくれて、こんな年があっていいのか?という感じです。
人間万事塞翁が馬、禍福は糾う縄のごとし、どうかこれから悪いことがありませんように。

Posted by sachi at 01:09 PM | Category: HORSE | Comments (0)

アルビオン内枠2番

う〜ん、どうなんでしょう。すっと出て好位につければ。
ただ、先週のNHKマイルCのとき、内がかなり悪かったようなので少し心配です。
1600万下で除外ばかりくらっていた馬が、プリサイスマシーンやフサイチリシャールと
一緒に走るっていうのが、なんだか夢のよう。
オレハマッテルゼやネイティヴハートはタフだなぁ、まだまだいけるの?
とはいえスプリント路線もそろそろ世代交替でしょう。スケルツィは左回りが苦手?
一人気はエンシンドーバーなのかな。アルビオン、頑張れ〜〜〜!!!

5/12(土) 東京11R 京王杯SC(G2) 4歳上 ○国際○指(別定) 芝1400m 18頭発走:15:40
1 1     グランリーオ 牡7 57.0 武士沢友 笹倉武久
1 2     マイネルアルビオン 牡5 57.0 安藤勝己 畠山吉宏
2 3   △ リキアイタイカン 牡9 57.0 勝浦正樹 阿部新生
2 4     フジサイレンス 牡7 57.0 大野拓弥 田子冬樹
3 5     ツルガオカハヤテ セ7 57.0 横山典弘 伊藤正徳
3 6   ▲ マイネルスケルツィ 牡4 57.0 柴田善臣 稲葉隆一
4 7 △   ブラックバースピン 牡4 57.0 田中勝春 手塚貴久
4 8 ▲ ◎ エイシンドーバー 牡5 57.0 福永祐一 小崎憲
5 9 ○   プリサイスマシーン 牡8 58.0 松岡正海 萩原清
5 10 △   アポロノサトリ 牡4 57.0 藤田伸二 堀井雅広
6 11 ◎   オレハマッテルゼ 牡7 58.0 後藤浩輝 音無秀孝
6 12 △ ○ フサイチリシャール 牡4 58.0 鮫島良太 松田国英
7 13     インセンティブガイ 牡6 57.0 四位洋文 角居勝彦
7 14     ネイティヴハート 牡9 57.0 内田博幸 坂本昇
7 15 △   ピカレスクコート 牡5 57.0 秋山真一 池江泰寿
8 16     セトノゼディタブ 牡5 57.0 古川吉洋 南井克巳
8 17     シンボリエスケープ 牡6 57.0 蛯名正義 久保田貴
8 18     タガノバスティーユ 牡4 57.0 吉田豊 池添兼雄
                             印はnetkeiba

*アルビオンは無印かぁ…… 
まあ、久々の重賞だし、苦手の左回り、距離も気持ち長いし、
いくら鞍上がアンカツと言っても厳しいものはあるかも。

Posted by sachi at 01:07 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 10, 2007

今週の調教時計

ルーチェ、ハヤト、アルビオン、グリッツァが時計を出しています。

マイネルーチェ
5/9 大野 美浦南W 良 67.5 51.8 38.4 13.0 5分 馬ナリ
マイネルハヤト
5/9 助手 美浦南W 良 68.7 52.8 38.6 13.2 8分 馬ナリ
・グランデスピリッツ(3歳未勝利)末強目の外、追走し同入
マイネルアルビオン
5/5 助手 美浦坂路 稍重 59.7 43.8 28.9 14.3 馬ナリ
5/9 助手 美浦坂路 良 49.7 35.9 23.7 12.1 一杯
マイネルグリッツァ
5/9 助手 美浦南W 良 65.8 51.3 37.6 12.5 2分 強目

ルーチェはまだ馬なりで、騎乗予定の大野騎手が手綱を取ったよう。
頑張ってほしいですね。新潟2歳のときのようなスムーズな騎乗を期待します。
ただ、ルーチェ自身があのころの馬ではない気もするんですけども……
ハヤトは前回とあまり変わりません。まあ、馬なりですし、こんなものか。
アルビオンは調教がけする馬で、相変わらずいいタイム。
これが競馬にいって発揮できたら、相手強化、左回りとはいえ、何といっても
鞍上強化ですから、そこそこ頑張ってくれるかなと思います。
グリッツァも、タイムはそう悪くありません。終いもばてていないし、合格です。
あとは競馬にいってどうか。ハンデ戦というところに期待します。

なお、ハヤト、アルビオン、グリッツァすべて出走確定しました。
ハヤトは未勝利脱出を、アルビオンは重賞での好走を祈ります。
グリッツァはこのクラスでも通用するところを、みせてほしいものです。

Posted by sachi at 06:09 PM | Category: HORSE | Comments (2)

May 09, 2007

5歳馬近況

アルビオン、今週の京王スプリングCに安藤勝勝己騎手で出走です。
改めて見ても、メンバーはかなりそろいました。これまでは除外対象の馬くらいがせいぜいの相手だったので、厳しいでしょう。とはいえ追い切りはけさも好調、50秒を切るタイムを出しています。左回りが不得意だとしても、ワンクラス上の馬として本格化するか、それともこのあたりでとどまるか、ここからが本当に正念場です。がんばれ、アルビオン!!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。12日(土)、東京の京王杯SC・芝1400mに出走することになりました。予定していた柴山騎手が騎乗停止のため、安藤勝己騎手に依頼しています。けさの追い切りでは49.7秒をマーク。相手が強くなるうえ、左回りは3回しか走ったことがありませんが、体調の良さを活かして少しでも上位に食い込みたいところです。

Posted by sachi at 06:38 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

今週は3頭が予定していますが、そのうちグリッツァは除外の可能性ありです。

東京競馬場
マイネルアルビオン 12日(土) 11R 京王杯スプリングC G2 4歳以上オープン 国際  安藤勝己 芝1400m
新潟競馬場
マイネルグリッツァ 12日(土) 11R 赤倉特別 4歳以上1000万下 混 ハンデ  田中博康 芝2000m
マイネルハヤト 13日(日) 1R 3歳未勝利 混  田辺裕信 ダ1800m

わぁ、誰になるだろうと思っていたアルビオンの鞍上は、なんとアンカツ!
畠山先生、気合いを入れてくれました。信じられないほどのジョッキーです。
し、しかし、東京競馬場では、かつてペリエ騎乗に大喜びして勇んでいったら、
ペリエ・マジックが炸裂するどころか、見事惨敗したことがあり、むむむです。
まあ、あれは距離が1600mと長かったこともあったけど……
相手はさすがG2、かなりそろった感がありますが、アンカツ騎乗にアルビオンが応えて頑張るのを期待します!

グリッツァはハンデ戦で53キロだから、お得なレースだと思うんですよね。
騎手まで決まっているというのは、出走できる確率が高いのでしょうか。
田中騎手もいい乗り役さんです。頑張ってね〜

ハヤトは3度目の正直なるか? あとはメンバー次第かな。
手の合う田辺騎手ですから、今度こそぜひともお願い〜勝たせてやってください!

Posted by sachi at 05:18 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァはひと叩きして今週、新潟で出走予定です。新潟なら2000mでもいいのかなぁ。前走はなにか久々の競馬で、最後までもちませんでしたが、今回はコメントも上々。ここらで平地での出走継続にある程度の見通しが立つような走りをしてほしいです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
美浦で調整中。ダートコースかウッドコースのどちらかに入っています。前走で「先行馬を少し気にしていた」という指摘があったものの、稽古ではリードホースを捕まえにいくほどの前向きさがあり、特に併せ馬で相手を怖がる素振りも見せません。前さばきの硬さやトモの甘さは、デビュー以前からの特徴です。このあたりは今後も付き合っていくことになるでしょう。12日(土)、新潟の赤倉特別・芝2000mに出走する予定です。

3歳馬
なんと、今週もびっくりのコメントが!!! フォーグが「日本ダービーへの出走も視野」に入れている!? シーガルが放牧になり、レーニアもたぶん出ない……ということで、白羽の矢が立ったのか。もし出走になれば、わたしとしては初のダービー出走になります。さて、どうなるでしょうか。
まずはハヤトです。新潟にかわってのダート1800m。平坦の新潟で鮮やかに勝利……を思い描いているよ、ハヤトくん。馬の仕上がりとか適性とか言ってる場合ではなくなる前に、きちんと勝ち上がっておいてください。
ルーチェは、桜花賞後の脱落組が相次いで当初の目標のオークス出走が可能に。いつも通り、今週もまだ軽目調整です。やっぱり飼い食いはあまりよくないみたいですが、ゆっくり完食。今度こそ力を発揮できるよう祈っています! なんといってもオークス!!!愛馬では初出走です。晴れ姿が見られるのは、う・れ・し・い〜♪
フォーグは、まっさきに触れたようになんとダービー出走の目が出てきちゃいました。こちらもルーチェ同様に、NHKマイル後の脱落組が出て可能性が…… マイルくらいの馬だと思っていたので、こちらはまったくの予想外でしたが、宮先生のレース選択眼は信頼できる。もしクラブにごり押し(苦笑)されてのダービー出走でなければ、逆に期待が膨らみます。前走の惨敗は、内枠馬の総崩れが物語るとおり馬場のせい。オースミダイドウにだってそうひけはとりませんよ(ニヤ)
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
美浦で調整中。通常は南馬場にあるダートのAコースを2周か、Dコースを1周半のどちらかを体調や馬場状態によって使い分けています。ほぼ体も仕上っているため、先週の追い切りは70−40程度で無理しませんでした。13日(日)、新潟のダート1800mに出走する予定。元気も変わらずあり、3度目の正直で何とか未勝利を脱出したいものです。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
美浦で調整中。中間もまだびっしりとは追わず、角馬場でじっくり体をほぐしてから、坂路1本を駆け上がるといったメニューで調整されています。飼い葉も時間をかけながらとはいえ完食できており、体も細くなっていません。上原調教師は「前走は外枠で脚を使ったぶん、最後に堪えたようだ。マイペースで行けば距離は持つと思う」と話していました。20日(日)、東京のオークス・芝2400mに出走する予定です。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
6日(日)、東京のNHKマイルCに出走し、16着でした。川田騎手によれば「ゲートを出てすぐ、オースミにぶつけられてしまい、馬がシュンとしてしまった。折り合っていたわけでなく、戦意を喪失したまま走っていた。今日は全然競馬に参加できなかったです」とのこと。中団の内で折り合っていたように見えましたが、直線に入って一向に伸びて来れなかったのも仕方ありません。今回は参考外です。次走は状態次第ですが、日本ダービーへの出走も視野に入れています。

*オークスでのルーチェ騎乗は大野騎手に決定!
幸騎手がこけ、松岡騎手がこけたので、それ以上の騎手に乗ってもらえないルーチェとしては、当然でしょう(^^;;
大野騎手は新潟でルーチェと心をあわせてうまく乗ってくれたことが好印象です。
ずっと大野騎手でよかったのにと思っていました。自然体でさくっとオークス、頑張ってね!!!

Posted by sachi at 06:55 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 06, 2007

アルビオン、京王スプリングCに登録

予定どおり登録してきました。
きのうもかいたとおり、柴山騎手は4日間の騎乗停止ですので、出走するとしても乗れません。
(愛知杯オープンもその翌週なので、同様です)
せっかく騎手が固定してきて、これからというときに残念ですが、個人的にはかつて一度乗ってもらった内田博幸騎手を希望!(きょうのピンクカメオを見たからではなく、内田騎手の騎乗をきっかけに、アルビオンの調子がぐんと上がったからです。笑)
さて、不得意なはずの左回りは、どうなることやら?

【京王杯スプリングC(GII)】登録馬〜プリサイスマシーンなど29頭
--------------------------------------------------------------------------------
5月12日(土)、東京競馬場で行われる第52回京王杯スプリングカップ(GII・芝1400m・フルゲート18頭)の登録馬は以下の通り。

【地方馬:1頭】
ネイティヴハート

【JRA登録馬:28頭】
プリサイスマシーン
フサイチリシャール
エイシンドーバー
オレハマッテルゼ
ピカレスクコート
マイネルスケルツィ
ツルガオカハヤテ
セトノゼディタブ
シンボリエスケープ
インセンティブガイ
リキアイタイカン
アポロノサトリ
ブラックバースピン
ダンディズム
マイネルアルビオン
フジサイレンス
グランリーオ

※以下11頭は除外対象
ジュレップ
アズマサンダース
タガノバスティーユ
ウインレジェンド
ストーミーカフェ
ロイヤルキャンサー
ハギノベルテンポ
ロードフラッグ
トップオブワールド
シアトルユー
ホーマンアピール

Posted by sachi at 07:11 PM | Category: HORSE | Comments (2)

フォーグ残念

きょうは仕事に追われて体調も悪く、疲れ果ててパドックも見ずにうたた寝しちゃいました(^^;;
レースは見たけど、フォーグ、最後の直線はいったいどこにいるのやら?って感じで終わりましたヽ(´ー`)ノ

5月6日(日)東京11R 第12回 NHKマイルカップ(GI) 3歳 1600m 芝・左
混合)牡・牝(指定)オープン 定量 発走 15:40 天候:雨 芝:稍重

16着 2枠 4番 マイネルフォーグ 牡3 57.0 川田将雅 1:35.8 アタマ 36.6 438 +4 宮徹 14/18人気

しかし、ピンクカメオにムラマサノヨートー!?
まともにきたのは、2着のローレルゲレイロくらいで、馬券的にはオーマイガッド!
あ〜〜全身の疲労感がいっそう高まりました。
トーホウレーサーはまだしも5着だけど、ダイレクトキャッチ、アサクサキングス、オースミダイドウと、人気馬総崩れ。これも競馬でしょうか?
ま、フォーグも気にすることないですね(苦笑)
期待した川田騎手、まことに失礼ながら、ん〜ん、まったく目立たずよいところなし(^^;; 
どうせなら、雨は超巧いという江田照男にしとけばよかったのにぃぃぃぃ〜〜〜〜
ちなみに全着順は

1 7 14 ピンクカメオ 牝3 55.0 内田博幸 国枝栄 1:34.3 458(-12) 76.0 17
2 5 10 ローレルゲレイロ 牡3 57.0 藤田伸二 昆貢 1/2 460(-4) 5.5 1
3 8 18 ムラマサノヨートー 牡3 57.0 小林淳一 内藤一雄 1/2 462(-4) 136.6 18
4 6 12 シベリアンバード 牡3 57.0 田中勝春 柴崎勇 アタマ 480(+12) 62.7 15
5 6 11 トーホウレーサー 牡3 57.0 四位洋文 川村禎彦 1.1/4 504(+6) 11.4 7
6 8 17 ダノンムロー 牡3 57.0 武豊 加藤征弘 ハナ 452(-10) 19.6 9
7 7 15 ハイソサエティー 牡3 57.0 柴山雄一 小島太 1.1/4 510(-6) 25.3 10
8 3 5 マイネルシーガル 牡3 57.0 後藤浩輝 国枝栄 2.1/2 502( 0) 10.8 6
9 8 16 シャドウストライプ 牡3 57.0 安藤勝己 加藤征弘 クビ 520(-4) 8.4 5
10 7 13 ダイレクトキャッチ 牡3 57.0 北村宏司 上原博之 ハナ 488( 0) 7.0 4
11 1 1 アサクサキングス 牡3 57.0 武幸四郎 大久保龍 1/2 494(+8) 6.8 3
12 2 3 オースミダイドウ 牡3 57.0 岩田康誠 中尾正 クビ 510(+2) 6.7 2
13 5 9 ワールドハンター 牡3 57.0 蛯名正義 坂口正則 3/4 506(+12) 36.6 13
14 4 8 ゴールドアグリ 牡3 57.0 安藤光彰 戸田博文 クビ 484(+8) 30.6 12
15 1 2 マイネルレーニア 牡3 57.0 松岡正海 西園正都 1/2 508(+4) 27.3 11
16 2 4 マイネルフォーグ 牡3 57.0 川田将雅 宮徹 アタマ 438(+4) 50.7 14
17 3 6 イクスキューズ 牝3 55.0 横山典弘 藤沢和雄 ハナ 452(-6) 11.6 8
18 4 7 キングスデライト 牡3 57.0 長谷川浩 河内洋 1/2 516(+6) 74.9 16

レース後のコメント
ラジオNIKKEI 競馬実況HP | 【NHKマイルC】〜レース後のコメント
16着 マイネルフォーグ(川田騎手)
「道中で他の馬にぶつけられてしまい、馬がシュンとしてしまいました」

う〜む、まだまだベイビーなお馬ちゃんだし、連闘明けはやっぱりキツかったかとおもったんだけど、他馬にぶつけられたのか〜 ま、しょうがないやね。しかし、マイル路線もクラシック路線も、牡馬は混戦ですね。本当の実力馬がどれなのか、さっぱりわかりません(^^;;

Posted by sachi at 04:44 PM | Category: HORSE | Comments (0)

柴山Jが4日間の騎乗停止(^^;;

きのうの東京11Rで柴山Jが斜行による進路妨害で4日間の騎乗停止になってしまいました。
この2走、アルビオンに騎乗して勝利に導いてくれたので、次走(京王杯スプリングS?)でも引き続き騎乗してくれるのを期待していたのですが、これでは不可能……
アルビオンはどうするのかな。別の騎手に依頼するのか、それとも当初の予定どおり愛知杯オープンに向かうのか。気になるところです。


#ずっと机に向かっての座り仕事で、腰が痛くて……
本当はフォーグの応援に行きたいのですが、そうすると遅れている仕事をやり遂げるのが不可能になってしまいます。泣く泣く、断念せざるを得ません(T_T)
もうすでにぱらぱらと雨が……多少の道悪でもフォーグは気にしないはず。
応援には行けないけれど、今度も人気薄をはねのけて頑張れ〜〜〜!!!

Posted by sachi at 07:27 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 05, 2007

フォーグは相変わらず人気薄

5/5午後4時半の時点で、NHKマイルCの人気上位馬は以下のとおり。

ローレルゲレイロ
ダイレクトキャッチ
アサクサキングス
オースミダイドウ
シャドウストライプ

マイネル勢ではシーガル、レーニア、フォーグの順。
ちなみにフォーグは、前走NZTのときが16番人気、今回は14番人気です。
なんか、あんまり変わりませんね〜(苦笑) またまた波乱の予感……
雨になってどうでしょうか。付け入る隙はあると思います!

明日は応援に行きたいのですが、月曜締め切りの仕事があり、
きょうあすと徹夜してもできるかどうかというところなので、
またしても無理かも……てか、無理ですね(泣)
応援にいらっしゃる方、よろしくお願いいたします!

Posted by sachi at 04:39 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 04, 2007

2歳馬近況

あらら、パラストは先週、休養馬にしては緩んでいないというコメントがあったばかりなのに、ころりと変わるコメント(苦笑) しかし、休養馬なのは事実で、写真もいかにもって感じでしたから仕方ありませんね。問題は種子骨炎が連休明けの検査でどの程度回復しているかです。ソロモンも種子骨炎だったということで、回復すれば能力に影響はなさそうですが、どれくらい時間がかかるのかが問題ですね。一人ぼっちになると寂しいのか(笑)フォーグだっていまだに寂しくていななきながら調教してるんですから、がんばれパラスト!
アルデュールは引き続き好調を維持しています。現段階で余裕で54秒は頼もしいですね。相沢厩舎の松岡騎手が騎乗して、この馬の新馬戦を楽しみにしている様子。うふふ〜 でも、そのあとは? ぜひとも初勝利は松岡騎手の手でもぎとってくださいよ! そして2歳Sに駒を進められるようにね(^_-)-☆
マカリイは、出稽古に行った馬のなかでは一番、環境に慣れるのが早かったらしい。この仔もずっと真歌でお稽古してたのに成果があがらず、馬体もかなり太く見えましたが、ここで絞って少し素軽さを身につけてほしいもの。柔らかい乗り味は定評があります。芯が入れば、変わり身もあるでしょう。ちょっと晩生かもしれませんが、じっくり体をつくってください。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルパラスト ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。この中間から昼夜放牧へ移行しています。先日、集牧の順番が最後になって1頭だけになってしまった際、スタッフから逃げ回ってなかなか捕まりませんでした。普段は単独行動が多いのですが、もしかしたら寂しくなったのかもしれません。腹周りが緩んでいて、いかにも休養馬といった感があります。

▼マイネアルデュール ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。30日(月)に来場した松岡騎手を背にMベクルックスと併走調教を消化。追走して併入し、余裕の手応えで54秒をマークしました。その動きに同騎手は「夏はアイルランドに行く予定ですが、この馬の新馬戦に乗ってから行きたいです」と笑顔を見せていました。

▼マイネルマカリイ ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
コスモヴューファームで調整中。坂路でキャンター800m1本の運動をしています。真歌から移動してきた3頭の中では、走路に慣れるのが最も早かった同馬。すぐ乗り込みが軌道に乗ったこともあり、先週に比べ、わずかながら重さが取れたように見えます。近々、びしっと追い切る予定。先日の計測では484キロでした。

Posted by sachi at 05:11 PM | Category: HORSE | Comments (2)

フォーグは2枠4番

NHKマイルCの枠順が決まりました。
フォーグは2枠4番と、東京での京王杯2歳Sのときと同じ4番枠を引きました。
隣に、朝日杯でともにがーっと行ってしまったオオスミダイドウがいるのがちょっと気になりますが、いい感じではないでしょうか。先に行く馬もいるでしょうから、スッと出て無理なく好位につけ、内々の経済コースを廻ってばらけたところで中央寄りへ出し追い込み、伸びる〜〜!を夢想(笑)
川田ジョッキーは、初のGI勝ち目指して頑張れ!(言うのはただだもんね。笑)
くれぐれも、出遅れたり落馬したりしないでね(^^;;

ちなみに、川田ジョッキーに乗ってもらうのは、出資馬で初めて。
2チャンネルの川田騎手スレにあった旧応援サイトの「蹄跡」を読んで、はからずも泣いてしまいましたとさヽ(´ー`)ノ
蹄跡
いや、ほんまにええ話ですよ〜 この管理人さんの日記に書いてもらえるような活躍を祈っています♪

5/06(日) 東京11R NHKマイルC(G1)3歳 ○混 牡・牝○指(定量) 芝1600m 18頭発走:15:40
1 1 △   アサクサキングス 牡3 57.0 武幸四郎 大久保龍
1 2 △   マイネルレーニア 牡3 57.0 松岡正海 西園正都
2 3     オースミダイドウ 牡3 57.0 岩田康誠 中尾正
2 4   △ マイネルフォーグ 牡3 57.0 川田将雅 宮徹
3 5     マイネルシーガル 牡3 57.0 後藤浩輝 国枝栄
3 6 △   イクスキューズ 牝3 55.0 横山典弘 藤沢和雄
4 7     キングスデライト 牡3 57.0 長谷川浩 河内洋
4 8     ゴールドアグリ 牡3 57.0 安藤光彰 戸田博文
5 9     ワールドハンター 牡3 57.0 蛯名正義 坂口正則
5 10 ◎ ▲ ローレルゲレイロ 牡3 57.0 藤田伸二 昆貢
6 11 △   トーホウレーサー 牡3 57.0 四位洋文 川村禎彦
6 12     シベリアンバード 牡3 57.0 田中勝春 柴崎勇
7 13 ○   ダイレクトキャッチ 牡3 57.0 北村宏司 上原博之
7 14     ピンクカメオ 牝3 55.0 内田博幸 国枝栄
7 15     ハイソサエティー 牡3 57.0 柴山雄一 小島太
8 16 ▲ ◎ シャドウストライプ 牡3 57.0 安藤勝己 加藤征弘
8 17   ○ ダノンムロー 牡3 57.0 武豊 加藤征弘
8 18     ムラマサノヨートー 牡3 57.0 小林淳一 内藤一雄
                          ( 印はnetkeiba)

【追加】 きょうはデイリースポーツで取り上げられました♪
デイリースポーツonline「出来落ちなし!フォーグの切れ」
なにやら当日は雨模様。またひと波乱ある予感がします。( ̄ー ̄)ニヤ

Posted by sachi at 02:06 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 03, 2007

今週の調教時計

フォーグ、ハヤト、アルビオン、グリッツァが時計を出しています。

マイネルフォーグ
4/29 助手 栗東DW 良 43.9 13.4 8分 馬ナリ
5/2 助手 栗東CW 不良 80.7 65.8 51.7 38.8 12.6 7分 直線強目
・マイネルカーロ(3歳500万下)強目の内、追走し0.4秒先着
マイネルハヤト
5/2 助手 美浦南W 稍重 55.6 41.4 13.9 7分 馬ナリ
マイネルアルビオン
4/28 助手 美浦坂路 良 59.4 44.0 29.1 14.7 馬ナリ
5/1 助手 美浦坂路 良 59.7 43.9 29.0 14.3 馬ナリ
5/3 助手 美浦坂路 良 52.3 38.1 24.8 12.2 馬ナリ
マイネルグリッツァ
5/3 的場勇 美浦南W 良 68.9 53.8 39.7 12.5 4分 一杯

今週出走のフォーグ、あれ?ラフィアン公式だと終いが遅いな〜 他のソースだと12秒1か2なんですが……
http://www.zakzak.co.jp/keiba/oikiri.html
http://www.sponichi.co.jp/gamble/jra/2007/time/05/05-06.html
ともあれ、疲れもとれて順調のようです。期待しちゃうな〜
ハヤトは馬なりで、いつもどおり。あまり疲れが出ないうちに未勝利を脱出したい。
アルビオンは予定が1週間早まるかも? 調子を維持するのはなかなか苦労するかもしれませんが、ここのところうまくいっているようです。じりじりと成長して、いまや厩舎でもトップクラスの馬に。このあとは重賞を勝たせてやりたいですが……
グリッツァには的場ジュニアが乗って調教をつけてくれてるみたい♪ 前走はさっぱりいいところがありませんでしたが、今度は何とか掲示板くらい目指してほしいな〜

Posted by sachi at 08:43 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 02, 2007

5歳馬近況

あう〜アルビオンの次走が早まりそうです。テレビ愛知オープンに出走ならペールギュントと対決だ〜と思っていたら、1週前の京王杯スプリングCかも。う〜ん、どちらも左回りだから、アルビオンにとっては不得意なわけですが、東京はなかでも一番不得意に思える……とはいえ、中山の秋一番のレースに出るためには(希望的観測ですが)、もう少し実績を積んでおかないとだめだし、そりゃあオープン特別よりGIIIのほうがいいですよね!(当然相手も強いけど) となると、あ〜〜この生涯でも数少ないほど忙しい月に、6日、12日、20日と、3連続で府中通いになるのかしら(^^;; 1400mは京都の葵S2着があるけど、東京では厳しそうだと思うんですが…… ともあれ、順調そうなのが何よりです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。この中間も、角馬場を長めに周回してから坂路1本を駆け上がるキャンターを黙々とこなしてきました。騎乗後に行っているプール調教は、乗り込み量に応じて泳がせる距離が決められています。1日(火)の計測では、先週とまったく同じ548キロでした。今週に入って、テレビ愛知オープン・芝1200mをパスして、1週前の京王杯スプリングC・芝1400mに向かう案が浮上しています。

Posted by sachi at 06:06 PM | Category: HORSE | Comments (0)

今週の出走予定馬

東京競馬場
マイネルフォーグ 6日(日) 11R NHKマイルカップ G1 3歳オープン 混  川田将雅 芝1600m

いよいよフォーグが2度目のGI挑戦です。
最低人気から2着に食い込んだ前走NZTの結果はNHKマイルCに結び付かないというのが近年の定説。しかし、そのNZTがそもそも大波乱でしたから、何とも言えません(笑)
当然ながら出資者としてはフォーグの一発を期待しています。東京競馬場では芝1400mながら京王杯2着の実績もあり、かかりぐせから1600mでは長いかと思われた距離も、このところ落ち着いて走れるようになってきています。
追い切りも順調だったようで、併走馬を7馬身後ろから追いかけ3馬身先着と、「文句なし」のA評価をもらいました。
川田Jはテン乗りになり、関西のジョッキーなので当然ながら東京での騎乗経験は少ないですが、それでも去年は目黒記念でポップロックに勝利をもたらしています。
NZTで完璧な騎乗をしてくれた江田Jではなく、関西の川田Jになったのは、今後主戦にという意図があるのでしょうか? 好騎乗の江田Jには申し訳ないですが、川田Jは現在リーディング18位のばりばりの若手有望株。きっとうまく乗ってくれると、こちらも信じています!

【追加】 5/3
ラジオNIKKEI 競馬実況HP | 【NHKマイルC】栗東レポート〜マイネルフォーグ

Posted by sachi at 05:29 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァの次走はやはり平地のようで、ほっとしました。前走は競馬をしていないも同然です。絞れてスムーズに先行できれば、意外にしぶとく抜け出し粘りこめる馬。たたき2戦目でもう少し見所のあるレースを期待しています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
美浦で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。レース後もまったく疲れは見せておらず、元気一杯。秋山師も「レースで力を出し切っていないから、すぐに息が入っていた。特にダメージも見当たりません」と話していました。次走は12日(土)、新潟の赤倉特別・芝2000mの予定。外回りコースでハナを奪いやすいこと、輸送で体が絞れることにも期待しています。

3歳馬
ハヤトは、次走が早くも復帰3戦目、デビューしてからすでに10戦。ここらでそろそろ決めないと、あとは疲れて危険信号がともります。今回がだめなら、少し間隔をあけるのか。いや、未勝利馬にそんな余裕はないですね。ガンバって勝利を!
ルーチェは、オークス出走がかないそうです。しかし前走、まともに競馬をしていない?? パドックの気配は抜群だっただけに不思議な負け方でした。気性といってもなあ……新潟デビューや2歳Sのときは素直に乗って素直に勝てた/2着したと思えるんですが、他馬に引け目?を感じちゃってるのかな。2400mは初距離です(大半の馬にとっても)。本気で走ればこんなものよというルーチェの意気を示してほしいな〜
フォーグは、連闘・輸送の厳しいレースのあとも元気を取り戻し、中間も好調にきたようです。この馬も展開さえはまれば最後までしぶとい脚を発揮できます。先行する力もあるし、何しろ素軽く機敏な動きができるんです。前走ほど人気薄ではないでしょうが(苦笑)穴馬には違いない(笑) ラフィアン会報に登場した律義な永田さんご夫妻に報いるためにも、ここはもう一度、一発たのんだよ〜!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
美浦で調整中。ダートコースとウッドコースで乗り込まれています。前回のレース明けに比べて今回の方が、トモの疲れがやや大きいものの、この程度でレースを使っても結果が出る馬です。踏ん張りの甘さは元からの特徴でもあり、どこかで割り切らなければなりません。ぐったりしている様子はまったくなく、むしろ元気一杯。今週か来週には出馬投票できる見込みです。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
美浦で調整中。坂路とダートコースを中心に乗り込まれています。フラワーC出走後と同様に、今回のフローラS明けも身のこなしが比較的スムーズです。溌剌とした雰囲気もあり、レースの反動のなさに、厩舎スタッフには「本気で走っていなかのかも」と前走の敗因として気性が疑われていました。次走は20日(日)、東京のオークス・芝2400mの予定。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
栗東で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。タバスコキャット産駒とマイティーキラーと併せた25日(水)の追い切りが上々の動き。合図を送ってからの反応も早く、前走直後の疲れを感じさせない内容でした。6日(日)、東京のNHKマイルC・芝1600mに出走する予定です。関東への長距離輸送はこれで4度目。今回も良い状態でレースが迎えられそうです。

Posted by sachi at 04:25 AM | Category: HORSE | Comments (0)