February 28, 2007

5歳馬近況

除外の嵐の中、アルビオンはどうなったかと思ったら、やはりオーシャンSはとうてい無理だし、逆にダートのほうはハンデ順で出走できてしまうということで投票は見送り予定。予想どおり狙いは中京のトリトンS(芝1200m)ということですが、これまた苦手な左回りだし、出走そのものも除外1回では危ういようです。絶好調だというのに、本当にこのまま出走すらできずにタイミングを逃してしまいそう。かわいそうなアルビオンくんです。あぁぁぁ〜ストレスいっぱい!!!  某掲示板に、トリトンSもどうせ出走できるかどうか分からないんだから、ダートに出走してみたらどうかというコメントがありましたが、実はわたしもそのようにちらっと思ったりしていました。しかし……やっぱりダメだろうなぁ。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。先週除外されたため、復帰戦は中京3週目のトリトンS・芝1200mを予定していますが、除外優先権が1つでは厳しいかもしれません。優先権を取りにいくため、芝以上に希望馬の多いブラッドストーンSに登録しましたが、ハンデ順で出走できてしまうため出馬投票を見送ります。けさの追い切りでは、坂路で49.6秒と相変わらずの動きを見せていました。

ところできょう補償もちの出資馬申し込みも締め切られましたが、やはりフックライン05は見送りました。あと2万くらい安ければいったかもしれませんが、やはりちぃと高いです。走ったら悔しいですが、すでに2歳世代は3頭に出資しているので、新年度の募集でいい馬を見つけたいと思います。

Posted by sachi at 05:32 PM | Category: HORSE | Comments (2)

会報を読んでがっかりだったこと

最近、会報は届いてもほとんど読むことがなかったのですが、今回の会報はいろいろと新しい情報もあり、すでに古い情報となっている近況以外、めぼしい記事にはだいたい目を通しました。

いちばんショックだったのは、元出資牝馬の産駒の優先出資権について。
「クラブからのご案内」のページには、「優先の対象となるのは、07年1月以降に引退する牝馬の産駒です」とあり、デセールの産駒には優先出資権がないことが判明。
えーっ!! まぁ、ぬか喜びだったと言えばその通りなんですが、これはほんとうにがっかりです(しくしく)

一方では、「ラフィアン名馬鑑」がマイネルラヴだったので嬉しかった。内容的には?な部分もありましたが、この会報はラヴ掲載のおかげで永久保存版にします。

アンケートの集計結果ものっていましたが、「エンジョイラフィアンで読む記事」で、絶対に少ないだろうと思っていた「所属馬近況」が結構あったことは驚き。個人的にはいらないと思っていたあの小さな活字の二番煎じの近況が、他の記事と同じくらい読まれていたなんて驚き以外のなにものでもありませんでした。やはり人それぞれなんだなぁ〜〜

Posted by sachi at 11:23 AM | Category: HORSE | Comments (0)

北海道 競馬・牧場めぐり’07

2月17〜19日の北海道旅行の写真を別のフォトブログの
カテゴリーにまとめました。
ばんえい帯広競馬、BRF明和、真歌で撮った写真です。
よろしければご覧ください→ 北海道 競馬・牧場めぐり’07

なお、一昨年のBRFめぐりの写真もこちら→北海道BRFへの旅’05にまとめてあります。

Posted by sachi at 04:14 AM | Category: PHOTO | Comments (0)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァは順調に調整を続けています。前さばきが硬かった原因も分かり、リラックスして走れるよう調教しながら、基礎体力もついてきたと思われます。が、しかし、入厩は3月〜4月って、どういうこと!? 1カ月も違いますよ〜 要するに馬房の都合ですかね。ということは、またまた某会員さんの別のクラブの愛馬と交替なんでしょうかねぇ?? ともあれ、去年の今の時期以上に調子がいいということなので、じっくり乗り込むなら乗り込む、調子がいいときに入厩なら入厩と、はっきり判断してほしいところです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。前さばきの硬さは、摩耗によって敏感になっている蹄が原因。蹄鉄の装着と同時に動きが良くなりました。Mピークと併せた先週末の調教では、こちらの勢いが上回っていたようです。馬体重は490キロのまま。入厩は3月〜4月になる見込みです。

3歳馬
ハヤトに続いて、今度はフォーグがスケルツィのリードホースを務めました(笑)願わくばスケルツィをあおるくらいの勢いで走ってほしいものですが、そういう調教ではないのですよね(爆)
それはともかく、ハヤトは来週あたり復帰戦を迎えるようです。「馬体に大きな変化は感じられません」というのがちょっと気掛かりだけど、早く初勝利を上げられるよう、健闘を期待します。
ルーチェはいよいよ始動です。厩務員さんはダイワメジャーを仕上げた方かな? 飼い食いが悪いというコメントが出てくるようになったのは、リフレッシュ放牧から戻ったあとからです。もしかしたら夏のほうが調子がよいのかもしれませんし、ルーチェはおっとりしているようで案外神経質なのかも。とにかく次走もまた右回りですが、ベストの状態でレースに臨めますように。
フォーグは、先日も真歌で会い、生産牧場さんでもお話をうかがいましたが、やはり血統的?にも、抑えるのはフォーグに合っていないようです。コメントにもあるように、気分よく走れるときによい結果が出ると思われます。フォーグ自身がかからずリラックスして走れれば、次の成績に結びつくでしょう。入厩は遅れるかと少し心配していましたが予定通りのよう。頑張ってほしいです!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
美浦で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。先週の追い切りはウッドコースで終いに気合いを付ける程度の併走調教を行いました。騎乗した田辺騎手は「馬体に大きな変化は感じられませんでしたが、なかなか良いフットワークでした。休み明けのブランクは感じませんね」と述べていました。今週は5ハロンからの追い切りを予定しており、復帰戦は来週が有力です。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
21日(水)、小美玉市のプリンスリーファームから、美浦の上原厩舎へ移動しました。適度にふっくらとしていて、落ち着きもある好状態。担当厩務員は「この馬に関しては飼い食いだけが問題だから、少し太めくらいがちょうど良い。フラワーCに向けてうまく体を造っていきたいですね」と話していました。翌日にはさっそくウッドコースで軽めを消化、24、25日には坂路で15−15を行っています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。22日(木)にMスケルツィのリードホースとなって追い切りを消化しました。抑えているよりもある程度スピードが上がった方が気分良く走れる様子。テンションもそれほど上がってはいません。再来週あたりの入厩を予定しています。

Posted by sachi at 02:58 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 26, 2007

早くも大島桜が満開

きのうは寒い一日でしたが、近所の公園を散歩していたら
今年は暖冬だからでしょうか、早くも大島桜が満開でした。
この桜は早咲きで、もう1本ある大島桜と比べても例年、早いのですが、
こんな2月に満開を迎えたのは、初めての気がします。
やはり地球温暖化が進んでいるのかな〜と、不安になります。

(K10D+TAMRON 28-300mm F3.5-6.3)

Posted by sachi at 06:37 AM | Category: PHOTO , 日々雑感 | Comments (0)

February 25, 2007

アルビオン、オーシャンSに登録

好調の波に乗りたいアルビオン、土曜日中山でのオーシャンS(GIII)に登録してきました。
が、登録馬26頭のうえ、賞金順位は下から3、4番目ですから、まあ無理でしょう(泣)
去年はシルクロードS(GII)2着のオープン馬だったので問題なく出走できたのですが、その後の成績が……orz  
韓国馬事会杯で2頭も出走取り消しが出たのは実に悔しかったけれど、今回はオープンだけに10頭も回避するともとうてい思えません。それにしてもトールハンマー、連闘ですか!?

2007年3月3日(土) 2回中山3日
第2回 夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII) 26頭
サラ系4歳以上 (国際)(指定)オープン 別定 1200m 芝・右 外
アイルラヴァゲイン 56.0
アンバージャック 57.0
キングストレイル 57.0
コスモフォーチュン 55.0
コスモラブシック 56.0
コパノフウジン 56.0
サイレンスボーイ 56.0
サチノスイーティー 55.0
シャドウスケイプ 56.0
シルヴァーゼット 56.0
シルクトゥルーパー 56.0
スピニングノアール 56.0
セトノゼディタブ 56.0
タイキジリオン 56.0
タマモホットプレイ 57.0
テイエムチュラサン 54.0
デンシャミチ 56.0
トールハンマー 56.0
ニシノコンサフォス 56.0
ビーナスライン 55.0
マイネルアルビオン 56.0
メジロシリング 56.0
メジロハンター 56.0
モンローブロンド 54.0
リキアイタイカン 57.0
ロードマジェスティ 56.0

まさかと思いましたが、アルビオン、なんとダート戦にも登録(苦笑)
3月4日(日) 2回中山4日
ブラッドストーンステークス 61頭
サラ系4歳以上 (混合)[指定]4歳以上1600万円以下 ハンデ 1200m ダート・右
マイネルアルビオン

しかし61頭も登録馬がいようとは(゚д゚) 笑っちゃいますね。
メジロシリング、メジロハンターの2頭は、このレースはもちろん、3月4日(日) 阪神の道頓堀ステークス芝1600m にも登録してますね。こちらは登録馬 42頭!  あぁぁ〜1600万下なんとかしてくださいっ!!!

Posted by sachi at 06:12 PM | Category: HORSE | Comments (3)

February 24, 2007

BRFの他の馬たちと愛馬の兄弟姉妹・母

きょうは写真を一挙アップ!
最初はきのうの近況に一番のセールストーク?がのっていたフックライン05です(いや、実際、明和の事務所でお会いした新社長も真歌の九鬼主任も、開口一番のお勧めでした) ラヴ産駒だけに、今なお出資への未練が残る1頭。

コメントではいつも単独行動のリターンキャスト05(左) 最初は離れたところに1頭だけいましたが、その後ダイナルーブル05とさかんにじゃれあってました。右は一番人懐こくて、寄ってきて離れなかったバトントワラー05。

さて、18日には元愛馬ファッシノの生まれ故郷、棚川牧場さんを訪問させていただきました。
BRF以外の牧場は初めての見学でした。馬に関してもいろんなお話をうかがうことができ、とても有意義でした〜 快く見学させていただき感謝にたえません。写真はファッシノ弟(スペシャルウィーク産駒)プリティエリ06。まだ幼いだけに、いっそう可愛いです♪

19日の帰京前に訪問させていただいたフォーグの故郷、永田牧場さんにて。こちらでもご夫妻にお話をうかがい、雪が舞いはじめた中、快く見学させていただきました。心から感謝いたします。
高齢なはずなのにとっても若々しいフォーグ母のビーマイファイアです。

もうすぐ出産ですね〜 どんな仔が生まれるかな。

フォーグ妹のビーマイファイア06(サクラローレル)も栗毛。可愛いです〜♪

ちなみにブルック妹ウイニングリバー06はマヤノトップガン仔、そして今年生まれるのはラヴっ仔ですよ! ぜひ募集お願い〜 ただ、お母さんのウイニングリバーは脚がむくんでしまい、ちょっとかわいそうでした。無事元気な仔を産んでほしいです〜!

最後は北海道らしく雪になりましたが、気分やの雪でときおり晴れ間がのぞくときは、日高の山がくっきり。

馬たちとそれを日々お世話してくださる牧場の皆さんとの触れ合いに、3日間、心を癒されました。BRFのスタッフのみなさん、棚川牧場、永田牧場のみなさん、ご一緒にいろんなところにつれていってくださったみなさん、ありがとうございました。

Posted by sachi at 03:12 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (2)

2歳馬近況

旅をしてくると1週間がたつのが早いです! 2歳馬の状況もこの1週間でまた変わっています。
ダイナルーブル05は引き続き休養中。明和を訪れたときも立派な体格でしたが、脂肪ですかぁ(笑)ちょっとダイエットしなくちゃいけないのかな。お食事大好きみたいで、クマザサを大喜びで食べてましたが(笑) わたしが行ったときは、頭絡はちゃんとしてたけど、ほかの馬とじゃれあって相手の頭絡を引っ張ったりしてました。そういう遊びでとれちゃうんじゃないかしら。やんちゃだなぁ(^^;;
コスモハーティネス05は、もう休養を終えたんですね。同じく一緒にいたデンコウセッカ05、Mミモーゼ05、メジロベツァーリ05も。この仲良しグループは牝馬のなかで一番乗り込みが進んでいる馬たちです。早期デビューが期待できます〜 写真でもお分りのように、まだまだおっとりした顔をしていますが、競馬場で会うのが楽しみです♪
パイナップルスター05は、あれ?機敏な動きは見せるけど非力だということだったんですが、機敏さもないのかなぁ。まあ、基本的には体力のなさに原因があるようです。柔らかな動きは、体力さえついてくればプラスに転じるはず。硬いより柔らかいほうが好きだから、頑張って筋肉を鍛えてほしいです。前社長の「芯のあるぐにゃぐにゃ」がよいという言葉を信じて、筋力強化をじっくりと待ちましょう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼ダイナルーブルの05 ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。普通放牧されています。太りやすい体質なのか、比較的短期間で脂肪が付いてきました。少し太めなので、飼い葉の量や配合に気を遣っています。どうやって外しているのかわかりませんが、しばしば無口頭絡を落としてくるため、放牧中は外すようにしています。

▼コスモハーティネスの05 ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。休養に入って約3週間が経過したこともあり、今週から坂路でキャンター1100m1本の運動を再開しました。体が緩んだ様子もなく、適度にふっくらした好状態。ハロン17秒前後の軽めからスタートしましたが、初日から集中力のある良い走りを見せています。

▼パイナップルスターの05 ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。フットワークに柔らかみがあり、動きがゆったりしている反面、機敏さがいまひとつです。騎乗者は体力不足による息遣いの荒さを指摘していました。今後の鍛錬と成長でどこまで上向くか注目しています。

Posted by sachi at 01:15 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 23, 2007

BRFの愛馬たち(3)

アルビオン除外のショックもまださめないのですが、きょうは愛馬たち第3弾です。
BRF訪問の2日目、真歌ではグリッツァ、フォーグ、パイナップルスター05の調教を見せていただきました。
本来は午前中に2歳馬の調教、古馬は午後からなんですが、九鬼さんのはからいでグリッツァもフォーグも朝に。担当者とお話もできて、大変ありがたかったです。

まずはグリッツァ。担当のHさんはお休みだったにもかかわらず乗りにきて、坂路の前も後も、ていねいにグリッツァを乗り回して気持ちを落ち着かせたり、いろんなことを試みてくださってました。熱心さに頭が下がります。
調子は去年の今頃以上ということで、成長がうかがえました。逆に気性面では行きたがるところを見せるので、力まずリラックスして走ることを覚えさせようとしているようです。

なかなか立派になりました。↑この角度からだと、ラヴパパに表情がそっくり。
でも、↓この角度だと、目元など妹ルーチェとそっくり!(笑)


以前からルーチェとグリッツァの走るところは、とくに後ろから見るとそっくりと思っていたのですが、Hさんいわく、ルーチェのほうががに股すごい!(笑)

次の調教はパイナップルスター05とフォーグでした。
パイナップルスター05くんとは初対面。なるほど、アイライン入りのお目めはなかなか印象的。しかし角度によってとぼけた表情になったり、きつい表情になったり。額が白いことも分かりました。気性は目付きに似合わず?かわいくて、近づくとすぐそばに寄ってきてなでなでさせてくれます。

 


彼なりに一生懸命走ってます♪

競走馬としての成長はまだまだこれから。体が柔らかすぎてスピードが出ない、俊敏な動きはするのだけれど非力、根性がなくすぐ諦める、と言われてます(^^;;  そんなにぐにゃぐにゃした感じもしなかったのですが…… まぁ、グリッツァもぐにゃぐにゃと言われてましたから、芯が入ってくれば変わるでしょう!(それにしてもグリッツァ以上の言われ方です……)

フォーグは、パイナップルくんのところと行ったり来たりで忙しく、あまり落ち着いて話が聞けませんでした。こちらは、もうデビューして重賞2着もあり、あとはこれからどれだけ成長するかだけなので、どちらかというと安心しています。
馬体はちょっとたくましくなった印象。でもやはりまだ気持ちは幼いのか、葬具場でもずっとハミや綱をカミカミして甘えてました。とはいえ、走る段になるとさすが、きりりとした表情になり、貫禄すら感じましたよ!


いつものちょっと頭の高い走法。ともはだいぶたくましくなったように感じました。復帰戦は、4月1日のマーガレットSより少し遅くなるかもしれないという話がありました。ということは、帰厩も遅れるのかな。じっくりパワーアップして、復帰戦で一発を期待です!

(K10D+TAMRON 28-300mm F3.5-6.3)

あすは生産牧場さんを訪ねたとき、お話をうかがったり写真を撮らせていただいたりした、愛馬の兄弟姉妹やお母さんのお話を予定しています。

Posted by sachi at 05:40 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

February 22, 2007

アルビオン除外は大ショック

半ば予想していたことではありますが、やはり……
せっかく調教時計もいいのに、残念無念。
次も4月くらいまで出走するレースがアリマセーン!!!
除外が1回はなければ箸にも棒にもかからない状況らしい。
だったら帰厩早々に登録だけでもすればよかったですね〜>バレンタインSとか
ま、いまさら言っても仕方がないんですけど、○| ̄|_
それより、こんな制度にしたJRAをわたしは責めたいぞ〜〜〜


今週の調教時計

マイネルアルビオン
2/21 助手 美浦坂路 良 49.8 36.1 23.7 11.8 強目

マイネルハヤト
2/22 田辺 美浦南W 良 57.0 42.1 13.1 3分 馬ナリ
・ガラン(3歳未勝利)馬ナリの外、先行し同入

Posted by sachi at 06:31 PM | Category: HORSE | Comments (2)

BRFの愛馬たち(2)

さて、明和にいた愛馬の第2弾は、牝馬コスモハーティネス05と引退して繁殖入りしたマイネデセールです。

コスモハーティネスは、瓜二つ(!)のデンコウセッカ05、メジロベツァーリ05と一緒に仲良く休養中でした。


Cハーティネス05、デンコウセッカ05(右)と。 

メジロベツァーリ05(左)と。
鼻筋の通ったいかにも上品なお嬢様風のベツァーリ05ちゃんと比べて、
Cハーティネスはちょっとぬっぺらぼう(笑)ですが、それでもお行儀よく
みんなそろって柵まで会いにきてくれました〜 かわいい♪

好奇心いっぱいのそのつぶらな瞳で見つめられると、めろめろ〜 このグループは血統もよく仕上がりも早そうな牝馬たちがそろっていて、いわば優等生グループ、くわえていずれ劣らぬ美人ぞろいでした。何頭かは全然興味を示さず寄ってきてくれない馬もいましたが、雪のなかでも元気に遊んでいて、人なつっこい馬が多かったです。みんなケガなく無事にデビューを迎えてほしい!


さて、繁殖牝馬たちは、すでにおなかに仔のいる馬が一番近い放牧地にいて、デセールは明和の一番広い、山の上まで続く急坂の放牧地にいました。
呼んでもどうしても姿を見せてくれなかったので(反対側から回っても姿が見えず)あきらめて、いったん事務所で休憩。コンビニで買ったお弁当を食べたあと、再度頑張ってのぼっていったところ、ようやく遠くにその姿が……
あの鼻筋の通った(ん〜ちょっと曲がってはいますが)美人顔は、忘れようにも忘れられません! 一目見ただけで、あ、デセールだっ!!
もう1頭の馬はぜ〜んぜん気づかない振り?をして雪の地面をあさり続けるかたわらで、デセールはじっーっとこちらを見ていました。それでも一向に近寄ってはきてくれず、牧柵から離れてこの雪の斜面を上がり下りする自信はなかったので、仕方なくぎりぎりの望遠で。

デセールとはデビュー前の5月と休養中の一昨年10月に牧場で会ったから覚えていてくれたかな〜(んなわけはないですね。笑)でも、なんだか分かってくれてるような気が(無理やり)して、じーんときました。
事務所でお相手を尋ねてみましたが、まだ決まっていないそうです。来年が待ち遠しいです!

(K10D+TAMRON 28-300mm F3.5-6.3)

なお、北海道旅行1日目に訪れた帯広の「ばんえい競馬」や馬以外の写真にご関心のある方は、右のリンクにもあるフォトログSachi'sPhoto Etudesもご覧ください。

Posted by sachi at 02:20 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (4)

February 21, 2007

今週の出走予定馬

中山競馬場
☆マイネルアルビオン 24日(土) 11R 韓国馬事会杯 4歳以上1600万下 混  木幡初広 芝1200m

アルビオンは抽選にかけるしかありません。これまでも抽選に弱い馬だったし…なかなか出走もままならない状況とは厳しいなぁ。しかも鞍上は木幡騎手を予定ですか。これまた厳しいなぁ。出走できないと踏んでいるのでしょうか? もっと走れる馬なのにと思うのは、出資者のひいき目にすぎない? いや、そんなことはありませんよね?
それにしても、ラフィアン公式HPでもなんと抽選馬の多いこと! JRAはなんとかしないといけないのでは?

Posted by sachi at 06:54 PM | Category: HORSE | Comments (0)

5歳馬近況

アルビオン、もともと調教がけする馬ですがいいタイムを出しています。
ところが肝腎のレースに40頭も登録。あ〜〜せっかくいい感じで仕上がったのに、どうしてこんなことにぃ? 以前も抽選となるとたとえ2分の1の確率でもはずれたアルビオンくんです。今度もだめかも。でも、ぜひとも出走させてやりたいので、きょうから念力を送り続けます(^^;;
以下、ラフィアン公式HPより。
 
▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。坂路を中心に乗り込まれています。けさの追い切りで49.8秒をマーク。テンからびしっと行ったわけでもないのに、このタイムが出るのだからさすがです。しかも、ラスト2ハロンを11.9−11.8で駆け抜けました。復帰を予定している中山開幕週の韓国馬事会杯・芝1200mは、フルゲート16頭に40頭以上もの馬が大挙してエントリーしてきそうな様相。

Posted by sachi at 06:53 PM | Category: HORSE | Comments (0)

BRFの愛馬たち(1)

2月18・19日にBRFの明和と真歌ほかを回ってきました。
写真とともにレポートします。きょうは明和編。

まず最初はマイネルラヴ。相変わらず元気そうでした。
朝のお食事に夢中で、あまりこっちを向いてくれなかったです〜
でもその分、撮りやすかったとも言えます(苦笑)
今年もお仕事が待ってます。元気な仔をたーくさん産ませてください!
そろそろラヴ後継の種牡馬も出してほしいところです。


続いてロージズインメイ。
逆光になる場所にばかりいて、初対面だったのにあまり撮れませんでした。

今から思えばゼンノエルシドやそのほかの種牡馬も撮ればよかったのですが、
気持ちはもう05世代の出資馬へ〜 というわけで、ダイナルーブル05です。
他の休養馬と楽しそうに遊んでいました。
とくにリターンキャスト05(だと思う。名前がなかった)といつも一緒にじゃれあってます。
ちなみにリターンキャスト05は噛み癖があり、油断していてガブリと頭を噛まれて痛かった〜
ダイナルーブル05は立派な馬体で力がありそう。気性は今のところおとなしそうです。

明日は明和の牝馬、マイネデセールとコスモハーティネス05の写真をアップします。
(写真はすべてK10D+TAMRON 28-300mm F3.5-6.3)

Posted by sachi at 08:48 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (2)

4・3歳馬近況

4歳馬
グリッツァは19日に真歌で会ってきましたが、けづやもよく元気そうでした。調教のとき、ここ数日、急にかかるようになり抑えるのが大変だと、担当のHさん。月曜日はお休みなのに、わざわざ乗りにきてくれて、坂路を駆け上がるだけでなく、ゆっくり坂路を歩かせたり、いろんなことをやってくれていました。詳しいことはまた写真をアップするときに。このまま順調に調整が進んで、いい状態で復帰戦を迎えてほしいです!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。15−15の縦列を中心とした通常メニューを主体に、強い調教も消化中。調教のピッチが上がるにつれて前さばきの硬さを多少感じますが、ペースに慣れればすぐに筋肉がほぐれてくるものと思われます。素軽い動きは健在です。

3歳馬
ハヤトは予想より早く入厩し、体調もよさそうです。ここから夏までがこの馬の正念馬。もりもり食べてパワーをつけ、あっさり復帰戦で初勝利!なんてことになるといいなぁ〜 ラヴ産駒は決して早熟ばかりではないでしょう。本当に力をつけてくるのはこの夏から秋、そして翌年の春にかけてだと思っています。だからこそ、ハヤトには早く初勝利をあげてほしい〜 
ルーチェもいよいよ春に向けて始動です! 準備運動をして長めに乗られているようです。これでともに力がついて、めざすレースに出られるといいな。復帰初戦も苦手な右廻りなのが、少し気掛かりではありますが、今度は筋肉痛があっても軽くてすみますように〜〜 そして無事にトライアル→オークスのステップが踏めますように〜
フォーグにも、真歌で会ってきました。牝馬を見るとうるさくなるらしい(笑) 馬体は、気のせいか?ともの肉づきがよくなったようでした♪ 可愛いくりくりした目もバランスのいい体型も相変わらずです。きょうのコメントにはありませんでしたが、復帰レースが予定より遅くなるという話もあり、実際どうなのでしょう。距離はこれから短縮必至かな〜 あまりかからずゆったりとした気分で持ち前の能力を十分発揮できるといいなと願っています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
輸送を意識したメニューに切り替え、2日間ほど楽をさせてから真歌トレーニングパークを出発。検疫を経て、17日(土)に無事、美浦の小西厩舎に入厩しました。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。仕上げてから送り出しているだけに、復帰までそう時間はかからないでしょう。旺盛な食欲を見せています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
小美玉市のプリンスリーファームで調整中。あらかじめウォーキングマシンで身体を温めてから背中に跨り、ダクを踏んだ後にキャンターへ移行しています。この中間も3000mの距離を乗り込みました。約3週間後のフラワーCに向け、あす21日(水)、美浦の上原厩舎に帰厩する予定です。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。単走でさえも自らという気持ちが旺盛。些細なことでヒートアップしやすい面もあり、スピードが出過ぎてしまう日もあることから、リードホースを配しています。馬体重は460キロ(前回からプラス7キロ)。

Posted by sachi at 05:37 AM | Category: HORSE | Comments (0)

February 16, 2007

ハヤト入厩

2/17 ハヤト 美浦・小西一男厩舎 入厩

あらら、せっかくこの週末にBRFへ行くのですが(2年ぶりだぁ♪)
ハヤトは入れ違いで入厩になりました。ま、しかたないかなぁ〜
1年半前に訪れたときも、昼夜放牧中でどの馬か分からなかったハヤトです。
また競馬場で会うしかないですね〜 覆面してないときに会いたかったな。
でも、競馬場で勝利をもぎとってくれたあとの対面が、もっといいかもしれません!

Posted by sachi at 08:10 PM | Category: HORSE | Comments (0)

2歳馬近況

2月もはや中旬になり、あと1カ月ほどで各馬の名前が決まったり、早い馬は入厩の話が出てきたりと、楽しみな時期を迎えます。
うちの3頭は今週もまずまずの様子。というか、2頭は休養中なのでケガとかがない限り平和でしょう(笑)

ダイナルーブル05は休養を楽しんでいるようです。
去年のルーチェもそうだったのですが、雪で脚元が冷やされると炎症がおさまってくるのかなと期待します。このまま順調に休養を終えて、再び体調を整え調教の仕上げをしてから、早期入厩、初勝利といってほしいです〜♪
コスモハーティネス05も休養中。元気で何より。雪けむりをあげながら走ってるところを見たいです! ところであちこちのコメントに登場しているスノークイーンの05って、いったいどんなお馬ちゃんなのか気になります。いじめられっ仔? メジロベツァーリ05だけはやさしく接してあげてるみたいですが、うちの仔はハーティネスという名前に似合わず性格はキツいのか!?(苦笑) デセールがどの牝馬にもキツくて後ろ蹴りしてたのを思い出します。
パイナップルスター05は、やはりここではあまりいいコメントがもらえませんね〜
でも、先週は息遣いがよくなったということだし、今週は「良化の余地十分」。はい、それにかけましょう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼ダイナルーブルの05 ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。日中だけ8時間ほど行う普通放牧を続けています。非常に活動的で、あちこち動き回る日々です。特に種子骨炎を気にすることはなく、見た目にも大きな変化はありません。一息入れてから馬体の回復は早く、ふっくらと大きく見せています。

▼コスモハーティネスの05 ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。まとまった降雪があり、放牧地にも厚く降り積もりました。少し歩くにくそうにしているものの、ときには雪けむりを上げながら元気に走っています。スターオブコジーン産駒のスノークイーンの05に対しては、やけに強気。しつこく追いかける姿も見かけます。

▼パイナップルスターの05 ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。基本的に坂路で動くタイプではないのかもしれません。まだ一本調子で走りにメリハリが感じられず、トモにも緩さを残しますが、良化の余地は十分。最近は同馬なりに少しずつ力をつけています。

Posted by sachi at 08:08 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 15, 2007

今月のポートレート到着

現役馬と育成中の2歳を含め、8頭いるのですが、ルーチェをのぞく7頭のポートレートがきました(ルーチェがないのは仕方がないの?)

どの馬もおおむねよいコメントがついていて、一安心というところ。
なかでも馬体に驚いたのがグリッツァ、あれ?アルビオンか?と思うほどそっくりになってきました。けづやもぴっかぴかで、すんなりとよく伸びた四肢。これで500キロを超えてるなんて思えないくらい、カッコいいお馬さんになっています! 
体高もアルビオンが165センチ、グリッツァが164センチで、ほぼ同じ。体重は、アルビオンがなんと560キロですが(いまは550キロを切ってます)、600キロもあったことを考えると、、いったいどんな馬体だったのやら(爆)
それでもグリッツァは、まだ背中やトモの肉付きが足りない……たしかに、その通りで、ここにしっかり肉がつけば、まだまだいい成績をあげられるのにと思います。あとしばらくは牧場で乗り込んで、復帰したら、またあっと驚く勝利を期待しちゃいます(笑) お願いだから、腰やトモをまた捻挫なんてことがありませんように。

アルビオンのイワオチの話も初めて聞いた気がします。そのせいか左の肩の出が悪いということなんだけど、んん?右前の出が悪いのではなかったのか? まあどっちもどっちなんでしょう。こちらも期待の中山、での1200m戦、ここでいい結果を出さないと、このまま終わってしまいますよ〜 でもきっとやってくれると信じております。ずっとお世話になってきたN田さんのためにも、頑張って〜

あとはまあ、それなりにですが、2歳馬3頭のコメントもよいので(リップサービスか?)うれしくなりました。ダイナルーブル05は見るたびに馬体が競争馬らしくなってきています。ラヴ産駒にしては茶色くて(笑)いまひとつピンとこないのですが、ぐいぐい走ってくれそうです。
コスモハーティネス05は、バランスもよくコメントもよいのですが、やはりともがまだ寂しい。でもルーチェもこんな感じだったので、それほど心配はしていません。牝馬らしい体つきで、好みに仕上がってきています。デビューも一番早そうで、いまから夏が楽しみです。
最後に、一番きがかりだったパイナップルスター05ですが、これが意外やコメントがいい!!(やっぱリップサービス?) ずっとパワー不足と言われてきたのに、併せ馬で何度か先着もしたことがあり、俊敏な動きを見せるというコメントにひかれました(爆) 最新の近況では息遣いもだいぶよくなってきたようです。競走馬としてはまだまだ鍛えなくちゃという感じの馬体ではありますが、仕上がりは多少遅くてもじっくり地道に力をつけていってほしいお馬さんです。

以上、どれも担当者の愛情と心遣いが感じられるポートレートでした。

Posted by sachi at 08:00 PM | Category: HORSE | Comments (4)

February 14, 2007

5歳馬近況

アルビオンは出走態勢がほぼ整ってきました。
タイムはエラーだったようですが、坂路で50秒を切るスピード!
もともと調教がけはする馬なのですが、これは楽しみ〜
ここ数回ずっと太め残りだった馬体重も、今回はばっちり絞って出走させるようです。
春以降、物足りない成績続きだったので、ここらでまた重賞に出走できるくらいの結果を残してほしい! がんばれ〜
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。角馬場と坂路を中心に乗り込まれています。14日(水)のけさ、坂路で行われた追い切りでは豪快な動きを披露。タイムこそエラー表示だったものの、「50秒を切っていたかもしれない」とのことでした。540キロでの出走に持っていくべく、週に2回程度はプールでカロリーを消費させています。24日(土)、中山の韓国馬事会杯・芝1200mで戦列復帰する予定。

Posted by sachi at 06:15 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 13, 2007

4・3歳馬近況

今週から火曜日は4歳馬と3歳馬の近況が更新されるのでにぎやかになりました。
最初は年1〜2頭だったのが、このところ3頭前後の出資になっていることもあり、
この時期はまだたくさん馬がいて嬉しいです(笑) 

4歳馬
グリッツァは好調のよう。坂路調教の走りからも、ずいぶんしっかりしてきたなという印象です。今度こそ1週間で牧場に舞い戻るなんてことがないように…… そして去年とほぼ同じペースですが、2戦目3戦目に勝ち星をあげてくれれば、言うことなしです! 障害練習の話は出ていないので、消えたものと解釈しているんだけど、それでいいのかしら? 足腰に緩さがあった馬ですが、ここにきてパンとすれば1000万下でも頑張れるんじゃないかと思っています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。しばらく前に熱発のトラブルがあったものの、回復してからはすこぶる順調。すでにハロン15秒を切る乗り込みも消化しています。Mアナハイムと併走した先日もなかなか良い手応えでした。馬体重は490キロ(去年の11月、福島の磐梯山特別の比較ではプラス20キロ)。

3歳馬
今週のハヤトのコメントは悪くないですね。息遣いもよくなりそろそろ入厩か〜 せっかく今週末に牧場へ行くのに、また入れ違いで会えなさそうです。しかし入厩のニュースは嬉しいですね。今度こそ正念場だから、頑張って春の連休あたりまでには勝ち上がっていてほしいな。
ルーチェもそろそろ入厩ですね。目標まであと1カ月。馬体が増えてこないのが気掛かりですが、短期放牧で長いところを乗り込んでいるようなので、基礎体力がついていればよいですね。次走はまたまた苦手な右回りになるけど、こればかりはどうしようもありません。あくまで本番は東京が舞台と考え、オークストライアルで真価を発揮できますよう、上原厩舎の厩務員さま、どうぞよろしくお願いします。
フォーグもルーチェと同じく、馬体が増えてきません。成長がとまってしまったんでしょうか? バランスはよいのだけれど、もう少ししっかりがっしりしてきてほしいところです。が、もともとそういう馬かもしれません。休養といっても、今回は1カ月だけの短期だかし、ルーチェと違って飼い食いが悪い(遅い)という話も出ていないので、あまり気にせず調教を積んでもらいましょう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。終いが甘いのは相変わらずですが、それほどためて走るタイプではないので心配はしていません。息遣いも良くなっており、順調に仕上がってきました。縦列調教ではMスケルツィのリードホースとしてペースをコントロールするなど、精神面でも充実してきた印象。そろそろ入厩依頼をしても良い頃でしょう。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
小美玉市のプリンスリーファームで調整中。ウォーキングマシンで1時間の運動を行ってから、キャンター3000mをハロン20秒前後のペースで乗り込まれています。馬体は少しふっくらした程度、460キロ前後をキープ。時間をかけて飼い葉を完食しており、相変わらず稽古でも大人しく素直なところをみせています。3月17日(土)のフラワーCに向けて、来週には厩舎へ帰厩させたいと考えています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。まだ軽めの調教がメインですが、なかなか体が増えてこないのが悩み。見た目にも細く、8日(木)の計測では前回と同じ453キロでした。スタッフは「馬体に成長が感じられない。それでもあれだけ走れるのだから潜在能力があるのでしょう」と評していました。

Posted by sachi at 06:51 PM | Category: HORSE | Comments (4)

February 12, 2007

グリッツァ、ハヤト、フォーグの動画

きょうまで気づかなかったのですが、2月9日に上記3頭の調教の模様がアップされていました。

グリッツァは前走とあまり変わりなく、順調に調整されているようです。
ふらふらしたところもなく、しっかりしたストライドで駆け上がっていて、これなら今度はそこそこ行けるんじゃないかなと期待してしまいます(希望的観測。笑)

ハヤトは、同じ3歳のフォーグと比べても、やはりスピード不足に思いますが、実際どうなのでしょう? ロブソンが早々に引退した今、まだ勝ち上がっていないハヤトのことが、実は一番気になるのですが、この調子だとよほどスピードがつかないかぎり、やはり未勝利引退は避けられないかと、ちょっと悲観的になります(^^;;

フォーグは、放牧してもなかなかレースの興奮がおさまらなかったようですが、その分、調教を再開しても調子の波に乗るのが早かった印象です。相変わらずちょっと首の高い走りですが、きびきびとフォーグらしい走りを見せています。あせらずともよいので、4月のレースに備え、あと2〜3週間じっくり乗り込んでほしいです!

以上、今回は真歌で調教している馬ばかりだったので走る姿もよく分かり、ありがたいなと思いましたが、ど〜れほかの馬は?と、いくつかクリックしてみたところ、明和の坂路で調教中の馬はよく分からないですねぇ(苦笑) 率直なところ、愛馬が明和で調教中の場合、動画はないものにしようと思ってしまいましたヽ(´ー`)ノ むずかしいのはよく分かっていますが、撮影のポイントを変えてみるとか、ほかに手段はないのでしょうか?

Posted by sachi at 05:38 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 10, 2007

2歳馬近況

きょうから毎週、近況の更新が始まる2歳馬たち。ここからデビューまでが一番わくわくどきどき、夢も膨らむときです。楽しみでなりません。
が、さて、ダイナルーブル05は、まだ種子骨炎が完治したわけではないのですね。これが後々まで尾を引くようだと困りますが、乗り込みも進んだようなので、休養を長めに取って炎症の回復と馬体の成長を促すのもよいでしょう。センスもパワーもある馬だと思っていますが、病気やケガだけはどうしようもありませんから。
コスモハーティネスの05も順調にお稽古が進み、ただいま休養中。もっとも早いデビューが見込まれるグループですね。3月になったら再び調整を再開、入厩に向けての準備になるでしょう。遅くとも連休明けには入厩しそうです。楽しみです〜♪
パイナップルスター05はじわじわと成長中? まだ非力とはいえ、少しずつはパワーアップしてるようです。たぶん芯が入りにくいタイプなのでしょう。柔らかさに加えパワーがつくよう、じっくり鍛え上げてほしいものです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼ダイナルーブルの05 ……父マイネルラヴ/母ダイナルーブル 美浦・鈴木康弘厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。左前脚の種子骨炎は落ち着いていますが、完全に良化したとはいい切れません。無理をすると必要以上に長引くことから、脚元の疲れを見せる前に一息入れることにしました。現在は広い放牧地でゆったりと普通放牧されています。他馬よりも長めに休養を取る予定。

▼コスモハーティネスの05 ……父アドマイヤコジーン/母コスモハーティネス 美浦・相沢郁厩舎……
ビッグレッドファーム明和で休養中。牝馬の中ではMミモーゼの05らとともに最も進んだグループ。乗り込み量も豊富なため、1月28日(日)から2度目の完全休養に入りました。馬房で熊癖を行うなど、多少のイライラ感を見せていたこともあり、ここでたまったストレスを発散して欲しいもの。

▼パイナップルスターの05 ……父アドマイヤコジーン/母パイナップルスター 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。筋肉に少しずつ力が付いているものの、まだパワー不足感は否めません。「筋肉の質が柔らかすぎるので、鍛えられるまで時間がかかるかもしれません」と担当者。心肺機能は徐々に良くなっており、息づかいに余裕が感じられるようになりました。

Posted by sachi at 04:18 AM | Category: HORSE | Comments (2)

February 08, 2007

今週の調教時計

今週の出走馬はありませんが、アルビオンが時計を出しています。

マイネルアルビオン
2/4 助手 美浦坂路 稍重 61.6 43.4 27.5 13.4 馬ナリ
2/8 柴山 美浦坂路 良 50.3 − 24.3 − 一杯

きょうの追い切りは一杯に追って坂路で50秒そこそこは、なかなかいいタイムなのかな。繋靭帯に深刻なダメージがないことを祈りながら、2月24日中山での次の出走を心待ちにしたいと思います。

Posted by sachi at 06:50 PM | Category: HORSE | Comments (0)

5歳馬近況

今月からアルビオンは水曜の古馬近況(5歳以上)にコメントが載ることになりました。
思い起こせば、出資馬でこの曜日の更新は初めてのような……
ラヴは5歳まで活躍しましたが、当時はラフィアン公式HPはたしかありませんでしたし、それ以降、5歳まで持続した出資馬がいなかったのです(な、なさけない……)
アルビオンはわたしにとって久々に4歳を越えてなお現役のありがたいお馬さんです。

さてそのアルビオン、う〜む、やはりまだ危険信号が出ているような(^^;;
右前足の出が硬いというのは、やはり繋靭帯のせいでしょうか。
10月22日にBRFで一息入れることになった原因が、「前走後、ヒザ裏に走っている繋靱帯を少し気にする」というものでした。いや、その前の5月、すでに京王杯SCに向けて本格的にペースアップを開始した矢先の4月30日(日)に、「追い切り後に右前の繋靱帯あたりを気にするようになりました」というコメントが。以来、去年の夏も出走はしたものの、ずっと調子が上がらないまま。これまでほとんど気にしたこともなかったのですが、今にして思えば、夏に降級してからもずっと成績が芳しくないのは、ひょっとして繋靭帯炎を起こしているからではないかと、ふと思いました。
う〜ん、そうだとすると厳しいですねぇ。検索してみると、繋靭帯炎は「屈腱炎や骨折ほどメジャーではないので、軽く見られることが多いが、実際は軽傷の屈腱炎よりヒドイ場合がある」とのことで、シンボリルドルフやメジロマックイーンはそれがきっかけで引退したとか。ちょっと心配になってきました。大丈夫かなぁ……
ともあれ、以下ラフィアン公式HPより。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。馬房から出すとき右前脚の出が硬いものの、ダクやハッキング(ごく軽いキャンター)でほぐせば解消する程度。南馬場の角馬場を何周もして身体を温めてから、坂路1本を駆け上がり、日によっては北馬場に隣接するプールで泳がせています。先日の計測では546キロ(1月中旬、真歌滞在時との比較ではマイナス12キロ)でした。

Posted by sachi at 06:56 AM | Category: HORSE | Comments (2)

February 06, 2007

4歳馬近況

今月から3歳馬も火曜日の更新になったのですが、3頭とも休養中で先週金曜日から変化はありませんので、来週火曜の更新になります。
さて、グリッツァはなんと風邪で熱発。苦しかったでしょうね〜 しかし1日休んだだけで調教再開。今週は体力温存ですが、すぐペースも上げられそうとのことで、春には復帰戦を迎えられるでしょう。芯が入ればまだまだスピードは出る馬だと思っています。暖冬で乗り込みに苦労することもなさそうだし、ここでじっくり基礎体力をつけてほしいです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。先週、風邪をひいて39度の熱発をしてしまいましたが、1日坂路入りを休んだだけですぐに調教を再開しています。無理をさせず、現在は縦列の後ろをマイペースでついていく稽古で体力を温存させていますが、週末にはペースを上げられるでしょう。

なお、もうお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、数日前から「一口馬主DB」さん提供のブログパーツをつけてみました。本当は歴代の愛馬を網羅したいのですが、初出資で出世頭のラヴをはじめ、引退馬はデータベースにない馬もいますので、今のところ現在の現役馬だけになっています。なんと、うちのブログのエントリーも各馬の最新ブログ記事にリンクされていて驚きました(゚д゚)

【追記】 3歳馬近況

移動がないと思っていて更新を見なかったら、フォーグの近況がありました。
休養を終えて真歌へ移動、乗り込みを始めたようです。あと1カ月ほどで仕上がるのかな。馬体が少しふっくらしたよう。成長分であってほしいものです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
先週末、ビッグレッドファーム浦和から真歌トレーニングパークに移動しました。坂路入りを開始しています。敏感になっている蹄は、いまのところ裸足のまま乗り込める程度。現在はハロン17秒ほどのキャンターで流しています。現地到着後の計測では453キロ(シンザン記念との比較ではプラス9キロ)の馬体重でした。

Posted by sachi at 06:58 PM | Category: HORSE | Comments (0)

February 05, 2007

2歳愛馬の馬名に応募

2月になったら応募名を公開しましょうかなんて、お仲間に呼びかけておきながら出遅れました(^^;;
遅ればせながら、応募した名前を書いておきます。愛馬の名前に応募するくらいしか自分が出資馬にかかわる機会がないと思い、これまでも結構、葉書きは出してきましたが、あまりセンスがなくて採用確率は??? むしろ出資していない馬に流用?されてしまったこともよくあるのですが、どの馬かは内緒(苦笑) 応募名が採用された愛馬には「マイネシルビア」(複数の応募者がいた模様)「マイネルフィネス」「マイネデセール」「マイネルハヤト」がいます。
シルビアもフィネスも未勝利引退してしまい(フィネスは佐賀で8勝しましたが)、応募名が採用されるとどうも走らない気がして、むしろ採用されないのを期待する?というヘンな気分でしたが、デセールはまずまず成功した馬と言えるかな?
さて、今年はどうでしょうか。発想も貧困、結構べたな応募名でお恥ずかしいのですが、以下の通りです。

ダイナルーブルの05
1)希望競走馬名 マイネルノーブル
  意味、由来  高貴な、地位の高い、貴族の。母名ルーブル(宮殿)から連想。
  綴り・言語名 「Noble」英語
2)希望競走馬名 マイネルパラスト
  意味、由来  宮殿。同じく母名から連想。
  綴り・言語名 「Palast」ドイツ語
3)希望競走馬名 マイネルミュゼオ
  意味、由来  美術館・博物館。同じく母名から連想。
  綴り・言語名 「Museo」イタリア語

コスモハーティネスの05
1)希望競走馬名 マイネコーディアル
  意味、由来  心からの、愛情のこもった。母名のハーティネスより。
  綴り・言語名 「Cordial」英語
2)希望競走馬名 マイネシャルマン
  意味、由来  魅力的な、可愛い、素敵な。牝馬らしくかわいい名前を。
  綴り・言語名 「Charmant」フランス語

パイナップルスターの05
1)希望競走馬名 マイネルラスター
  意味、由来  光沢、栄光、名声。母名のスター(星)からの連想。
  綴り・言語名 「Luster」英語
2)希望競走馬名 マイネルシュテルン
  意味、由来  星。同じく母名から。
  綴り・言語名 「Stern」ドイツ語

今年は欲張って1頭に2つも3つも応募しました(笑)
どれか一つくらい採用されるかな?
基本姿勢は、発音しやすく、意味が分かる名前であることです。
あれ、そういえば今年は父からの連想がありません(笑)
ラヴ、アドコジの産駒では、父名からの連想の余地があまりないですからねぇ。

Posted by sachi at 07:54 AM | Category: HORSE | Comments (6)

February 03, 2007

3歳馬近況

今週はどの馬も、可もなく不可もなく……
ハヤトくんはまたまた終いで甘くなるのコメント。う〜ん、やっぱりか。
「上昇の余地」にかけて春を楽しみに待つしかありませんね。
ルーチェはスタミナづくり?に精を出しているようです(笑) 体重は減りもせず増えもせずですか。まあ、本格休養じゃないからそんなものでしょう。夏にしっかりお休みできるよう、春の大一番でぜひともいい結果を出してほしいな。
フォーグは休養もそこそこに乗り運動を始めるようです。やはり3歳の春は大事ですから、少しでもリフレッシュして、また新たな闘志でレースに望んでほしいもの。本当はもっと馬体の成長も期待したいんだけど。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。勢い良く飛ばして、終いで甘くなるのがいつものパターン。一本調子な内容が目立つものの、Mラヴ産駒にたびたび見られる傾向です。騎乗者は「まだ上昇の余地がある」と答えていました。芝の番組が増える頃の復帰になる見込みです。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
小美玉市のプリンスリーファームで調整中。ウォーキングマシンで1時間の運動を行ってから、トラックコースを5周。3000mをハロン25秒から始まって、22秒程度にまでペースを上げて乗り込んでいます。ハミをぐいぐい取って行く馬ですが、制御も利いて乗りやすいとのこと。うるさいところもないので稽古も楽につけられます。馬体は減りもせず増えもせずといったところ。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。朝7時頃から夕方の4時頃まで普通放牧されています。ようやく放牧の効果が現れてきました。だいぶ落ち着いて過ごせるようになっており、体も少しずつですがふっくらしてきた印象です。まだ蹄鉄を外したのを気にしているようで、下の硬いところを歩くのを嫌がります。近日中に乗り出しを始める予定。

Posted by sachi at 08:13 AM | Category: HORSE | Comments (2)

February 01, 2007

今週の調教時計

入厩しているのはアルビオンだけなので、時計もアルビオンのみ。
先週はほんとうに軽い調教でしたが、きょうは馬なりでも終い12秒6を出しています。最後だけ気合をつけたのでしょうか。体調はよさそうです。復帰戦が待ち遠しいな。じっくり調整して、いいレースをしてほしいです!

マイネルアルビオン
1/28 助手 美浦坂路 良 63.0 45.8 29.9 14.8 馬ナリ
2/1 助手 美浦坂路 良 54.0 39.5 25.8 12.6 馬ナリ

ところでラフィアンの会報で、新年度の募集方式変更のお知らせがありました。
ポイント制の実績枠と抽選枠の比率が去年と異なり、実質枠が70%に抽選枠が25%、新規会員枠3%、そしてクラブ保有が2%ということになるらしい。

う〜ん、ぼちぼち出資してポイントも5000マイネルくらいという弱小中堅会員としては、実績枠が90%になった時点で少し痛手だったのですが、今度はかなりの影響を受けそうです。といっても、毎回上位人気馬に出資したい馬がいるわけではないので、実際、募集馬を見てみないことには何とも言えませんが正直なところ、抽選枠25%がというより、実績枠70%はちょっと少なすぎると思う。大口の古参会員がごっそり出資すれば、ますますポイントは釣り上がるわけで、抽選になってもポイントでクリアすれば取り放題にしていることのほうが問題が多いと思いますけどね。抽選になれば、各会員が1口かせいぜい2口までに制限して、みんなでほしい馬をもつというほうが、本来のクラブの楽しみ方や理念にかなっていると思うのですけれど?

新規会員枠3%にもいまひとつ納得できません。新規会員は1年たてば既会員になるわけで、最初はそれくらい待っても当然じゃないですか。募集時の会員の既得権益まで侵されるとは。
おまけに70%ではどれくらいのポイントになるのか想像もつかないし、これまではポイントが届きそうにないと思えば、すぐ別の候補に目を向けるのが容易だったのに比べて、今度は25%の抽選待ちなんて、どっちつかずの状態が長くてわたしはいやだな。

募集頭数を越えたら無条件にすべて抽選にするほうが、よほどすっきりすると思う。とはいえ、何口申し込むかは人によって違うので、ただ人数だけで何頭分と割り切ることはできず、やはり募集頭数を越えた場合は抽選にして一人一口、これしかないんじゃないでしょうか。
もちろん、ラフィアン当局は大口会員を逃がしたくはないので、絶対にそうはならないという自信?はありますけど、わたしとしてはほんとに納得がいかない変更ですね。

まあ、わたしの過去の出資馬を振り返るなら、(補償優先時代を含め)抽選ではずれた馬が好走して残念な思いをしたのはマイネルブラウのみ。あとは逆に補償を使ったり抽選で当たったりして人気馬に出資できたものの、それらはことごとく信じられないほど走らない馬ばかりでございました(爆) 最近はそういう人気馬にはハナから目が向かず、あくまで自分の好みで選んでいるので(逆に人気があると敬遠するくらい)、そこそこ成績も上向いてきました(苦笑) まあ、一番よいのは、あまり文句ばかり言わずに馬を見る目を養うことでしょうかね(^^;;

Posted by sachi at 08:11 PM | Category: HORSE | Comments (4)