June 30, 2006

今週の調教時計

マイネルグリッツァ
6/28 助手 美浦南W 良 66.3 51.4 37.8 13.2 3分 一杯
・ダンシングクリス(古馬500万下)強目の内、0.1秒遅れ
マイネルファッシノ
6/28 宗像 美浦南W 良 67.5 51.3 37.3 12.8 2分 一杯
・マイネルサニベル(新馬)一杯の内、追走し0.2秒遅れ
マイネルアルビオン
6/28 助手 函館芝 稍重 65.6 50.3 37.1 11.4 3分 一杯

グリッツァは除外されてしまったのですが、全体の時計はともかく仕舞いが……
まあ、除外でよかったのかもしれません。
ファッシノはめずらしくウッドで一杯に追いました。しかし新馬に遅れをとるようじゃ……orz
アルビオンは、きのうのデータでは馬なりだったのに、一杯??
仕舞いのみ一杯追ったという解釈でいいのかな。調子はよさそう。強い相手もいますが、いよいよ勝負かけてもいい頃合いになってきたと思います。幸四郎ジョッキー、今度もうまく上位にもってきてくださいね!

Posted by sachi at 06:54 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 29, 2006

アルビオン 追い切り好調

◎追い切りタイム
マイネルアルビオン
6月28日函芝重

助手 脚色馬也
5F 65.5
4F 50.2
3F 37.0
1F 11.4
位置7末脚良しB

ケータイがないのでネットからの流用ですが、アルビオン、なかなかいい時計を出しました!
馬なりでこれなら文句なし。がんばっていい結果を出してほしいですね。

あとはグリッツァ、ファッシノの抽選待ち。
ファッシノは新潟でもOKだと思うので、このさい除外されてもいいです(苦笑)が、グリッツァはハンデ戦ということもあり、ぜひとも出走させたいです。

【追記】
ファッシノは抽選を通りましたが、残念ながらグリッツァは除外されました。
ファッシノは今度こそです。中舘騎手、よろしくお願いします!
グリッツァは、まだ重賞は早いよ〜という神様のお告げかのかも。しっかりと地力をつけて
一歩一歩前進していってほしいです。
なお、マイネトップレディは自己条件に廻るという某スポーツ紙のネット情報はあやまりでした。

Posted by sachi at 08:14 AM | Category: HORSE | Comments (2)

June 28, 2006

今週の出走予定馬

マイネルファッシノ 1日(土) 6R 3歳未勝利 混  未定 芝1800m
マイネルグリッツァ 2日(日) 11R ラジオNIKKEI賞 G3 3歳オープン 混 ハンデ  吉田隼人 芝1800m
マイネルアルビオン 2日(日) 11R 函館スプリントステークス G3 3歳以上オープン 混  武幸四郎 芝1200m

ファッシノは来週かと勘違いしてたら、登録はしています。が、除外の可能性ありだし、騎手も未定。まあ、ないと思ったほうがいいのかな?

グリッツアの出走も、ひとえに抽選にかかっています。除外されるのは7頭(エムエスワールドは回避、マイネトップレディーとヒシハイグレードは別のレースに)、せっかく調子を上げてきたところなので、そのなかに入ってほしくなーーい!! 抽選に通るよう、今晩はお祈りして寝よう(笑)

一方、アルビオンのほうは、トシザボスが回避したので16頭になり、除外はなし(賞金的にはカシマフラワーが除外対象でした) シルクロードSで2着にもってきてくれた幸四郎ジョッキーに期待です!僚馬シンボリグランとハーティも出走ですが、ハーティーの騎手がまだ決まってないのが気がかりですね。追い出しのむずかしい馬だから、手の合う騎手に乗ってもらいたいところです。

Posted by sachi at 07:34 PM | Category: HORSE | Comments (2)

4・3歳馬近況

4歳馬
デセールは調教を再開したようです。他馬と変わらず元気に? 本当ならば嬉しいですが、復帰後の2戦を見るかぎり、やはり痛々しい。今度復帰が可能だとして再びレースに出るときも、とにかく無事回ってこられますようにと祈る気持ちでしょう。
アルビオンは函館に移動して調整中。17頭の登録なので、たぶん出走できると思います。幸四郎騎手なら、前走好結果を出してくれていますので安心です。さすがに重賞ともなると強い馬がたくさんいますが、ここ2走はアルビオンの実力が発揮できなかったと思っていますので、いい結果を期待したいです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネデセール ……父マイネルラヴ/母メインディッシュ 美浦・斎藤宏厩舎……
先週、ビッグレッドファーム浦和から真歌トレーニングパークへ移動しました。ヒザは相変わらずの状態ですが、体調も上向きなので騎乗して様子を見ることにしました。現在は坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。25日(日)のツアーの公開調教では、単走でハロン15秒程度の走りを披露。少し硬めの脚捌きでしたが、他馬と変わらず元気に坂路を駆け上がっていました。乗ったあともヒザの悪化は見られず、問題は見られません。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
函館競馬場で調整中。ウッドコースを中心に乗り込まれています。到着直後こそ入れ込んでカリカリしていましたが、すぐに落ち着きを取り戻しました。まだ少し太めが残っているため、長めの距離を乗って体を絞ることに主眼を置いた調整を行っています。28日(水)には外ラチ沿いでコースを一杯に使った追い切りをし、2日(日)の函館スプリントS・芝1200mに臨む予定。武幸四郎騎手に騎乗を依頼しています。

3歳馬
ファッシノは福島・芝1800mに出走予定。コメントにもあるようにタフな馬ですが、それでも使いづめになってくると調子は落ちます。本当にそろそろ勝ちがほしいです(と、先週も、いや、この馬について書くたびに言っているのですが。笑)
グリッツァは今週のラジオNIKKEI賞に登録。調子をさらに上げているようだし、鞍上は前走に続いて吉田隼人騎手を予定、斤量52キロとなれば、なんとか抽選を突破してほしい!! 
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルファッシノ ……父スターオブコジーン/母プリティエリ 美浦・高橋義博厩舎……
美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。状態は良い意味で平行線。レースを使ったり、追い切ったりしてもガタッと崩れないのが長所です。トモが甘く、いまも歩くたびに関節がパキパキ鳴るものの、決して乗り心地は悪くありません。福島3週目の芝1800mに出走する予定。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
美浦で調整中。ダートコースとウッドコースで乗り込まれています。福島3週目のラジオNIKKEI賞・芝1800m(52キロ)に出走する予定です。前走を使ってさらに状態が上向いている印象。うるさくならず、程良いテンションをキープしている点にも好感が持てます。スタートから1コーナーまでの距離が短い条件。いかに前半、楽に行けるかがポイントとなりそう。

Posted by sachi at 08:03 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 25, 2006

函館スプリントS/TUF杯登録馬

どちらも17頭の登録です。
メンバーの格差は歴然ですが、アルビオンは除外なしなら当然、函館スプリントSでしょうか?

1回函館6日
函館スプリントステークス(GIII)
サラ系3歳以上 1200m 芝・右
(混合)(特指) オープン 別定
---------------------------------
登録頭数: 17頭
カシマフラワー  (54.0)
ギャラントアロー (57.0)
キーンランドスワン(57.0)
シンボリグラン  (56.0)
シーイズトウショウ(56.0)
ダイワパッション (52.0)
タニノマティーニ (56.0)
トシザボス    (56.0)
トールハンマー  (56.0)
ニシノシタン   (56.0)
ビーナスライン  (54.0)
フサイチホクトセイ(56.0)
プリサイスマシーン(57.0)
ブルーショットガン(56.0)
プレシャスカフェ (56.0)
マイネルアルビオン(56.0)
マイネルハーティー(56.0)

2回福島5日
TUF杯
サラ系3歳以上 1200m 芝・右
(混合)(特指) 3歳以上 1600万円以下 定量
--------------------------
登録頭数: 17頭
ウェディングバレー(55.0)
カシマフラワー  (55.0)
サクラグッドラック(57.0)
スターエルドラード(57.0)
スピニングノアール(57.0)
ソウゴン     (57.0)
ダイワフォーチュン(57.0)
ツルガオカハヤテ (57.0)
ディープサマー  (57.0)
ドローアウター  (57.0)
ヒューマ     (57.0)
ビーナスライン  (55.0)
フサイチホクトセイ(57.0)
マイネルアルビオン(57.0)
ヨイチサウス   (57.0)
ローランジェネルー(57.0)
ワキノカイザー  (57.0)

*なお、グリッツァが出走予定の2回福島6日 ラジオNIKKEI賞(GIII) 芝1800m には、なんと26頭が登録しています。できれば出走してほしいのですが、除外になるのかなぁ……

Posted by sachi at 09:02 PM | Category: HORSE | Comments (4)

June 24, 2006

2歳馬近況

今週はどの仔のコメントもいまひとつです。といっても、ハヤトは来週中にも入厩。第1弾の入厩組には遅れましたが、夏デビューはできそう。早いところ勝ち上がってほしい馬ですから、ゲート試験にもすんなり合格してね。
ロブソンは少し上昇軌道に。入厩は今後の仕上がり次第で夏か秋」って、ずいぶん違うと思うんですけど(^^;;
ルーチェは強めを追っては休むパターン。これは牝馬に共通なのでしょうか。上位の力は信じています。こちらも十分に素質を開花できれば、大きなところも狙えるのではないかと(笑。親ばか)
フォーグは成長がようやく追いついてきた感じです。走ることに関しては素質がありそうですから、あとは体力、地力をつけつつお稽古に励んでほしいですね。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルロブソン ……父チーフベアハート/母ファビュラスクライム 美浦・奥平雅士厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。先週の追い切りがきっかけとなり、多少はハミ掛かりが良化している印象です。中間には、見学に訪れた奥平調教師が実際に跨って感触を確かめました。「仕上がり途上のようですが、悪くなかったですよ。入厩は今後の状況によって夏か秋に決めましょう」とのこと。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。早ければ、来週末にも美浦の小西厩舎に入厩する予定。ツアーの公開調教では単走でさっと流す程度に止め、週明けからは長距離輸送に備えたメニューに切り替え、最終のゲート確認を行います。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。今週はMディアマンテやMユミドールらと同様に、縦列調教をメインに3回、強めの調教を行いました。動き、手応えともに良好で、現在明和にいる2歳牝馬の中でも上位の力を持っています。来週からは少しペースダウンして、通常の調教量に戻す予定です。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。中間は同じ時期に乗り出した馬同士ということもあって、Mファヴールと併走調教を消化。まだ息の入りが悪いものの、パートナーよりも素軽い動きを見せていました。ストライドも大きく、「立ち姿よりランニングフォームの方が良い馬」とスタッフは評します。

Posted by sachi at 06:40 AM | Category: | Comments (0)

June 23, 2006

今週の調教

デセールは放牧、アルビオンはきのう入厩なので、時計を出しているのはグリッツァ、ファッシノだけです。
グリッツァは残念ダービーの1週前追い切りになります。古馬500万下と併せて同入、今度のレースでどうかは別にして、調子は悪くないですね。どこまで通用するか楽しみです。
ファッシノのダート馬なり調教は相変わらずです。もう少し違った方法も試してみてくれないものかしら。なんとしてもそろそろ勝ち名乗りを上げたいです(^^;; が、それ以前に、果たして来週出走できるかな〜〜

マイネルグリッツァ
6/21 助手 美浦南W 良 66.0 51.2 37.4 12.9 2分 一杯
・ビュレットライナー(古馬500万下)馬ナリの内、同入

マイネルファッシノ
6/16 助手 美浦南D 不良 59.6 43.9 14.3 6分 馬ナリ
6/21 助手 美浦南D 良 58.4 43.6 13.4 8分 馬ナリ

Posted by sachi at 11:09 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 21, 2006

募集馬の体高と馬体重

がでましたが……今年はどの馬もかなり小さい
例年だと、平均してあと30キロから50キロは大きいように思います。
400キロ台前半が普通で、小さくても300キロ台の後半はあったでしょう。
体高もしかり。あまり大きいのも好みではないのだけれど、さほど遅生まればかりでもないのに全体的にここまで小さいと、これからどれだけ成長が見込めるのか、かなり不安になってきます。
値付けが安く感じたのは、自家生産馬が多いことに加えてどれも体が小さいのが原因だったのか、という感じ。

ツアーには行けませんので、今週末、牧場で実馬をご覧になる方の感想やコメントが出るのを待ってから最終決定したいと思いますが……う〜〜む、とっても微妙ですね。

Posted by sachi at 05:53 PM | Category: HORSE | Comments (0)

4・3歳馬近況

きのうはダーレージャパンに馬主資格を与えるとの報道。競馬も変わりますねぇ(といっても競馬を始めたのは9年前で、それ以降のことしか知らないのですけど)これまで一口でずいぶん楽しませてもらいましたが、徴税が強化されるとなると、今後はやはり年1頭限定になりそうです。とりあえずは現役馬の活躍に期待です。

4歳馬
デセールはまだ飼い食いが落ちたままですか。そんなに元気をなくすなんて考えられないけど…… 競馬で大敗したのが相当ショックだったのかな(苦笑) 夏秋はデビューのころから好調だし、はやくはつらつ娘に戻ってほしいです。
アルビオンはきのう函館に入厩。函館スプリントSは出走馬が揃い、へたすると除外されそうです(悲) 実力はあるのに除外となると残念ですが、この仔はそういう不運なところがあるのねぇ。でも、力さえあればいつかはきっと結果が出るはず。TUF杯でもいいからもう一つ勝ち星をあげて早くオープン馬になり、秋のスプリント戦の大一番に出させたいものです。
以下、ラフィア公式HPより。

▼マイネデセール ……父マイネルラヴ/母メインディッシュ 美浦・斎藤宏厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。いまも食欲がいま一つ。毎朝、飼い葉桶の隅に切り草やエン麦を残します。それでも、疲れは取れているようで、しぼんていた馬体はふっくらして張りが出てきました。このリフレッシュ期間中にしっかり英気を養わせたいと考えています。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
函館競馬場に向け、きょう20日(火)、真歌トレーニングパークを出発しました。先週末の計測でも540キロです。もう一絞りできそうですが、差のない2着に好走したシルクロードSと同じ馬体重。そう気にする必要はないでしょう。3週目の函館スプリントS・芝1200mに出走する予定です。除外になるようであれば、輸送競馬で福島のTUF杯・芝1200mへ。

3歳馬
ファッシノもアルビオン同様、除外の可能性がありますね。アルビオンが除外されれば、逆に同じ日に福島にまわってくるのだけれど…… ファッシノに関してはもう勝利を待ちくたびれちゃいましたので(笑)、本当にそろそろ勝ってもらわないと。
グリッツァは残念ダービーの予定です。梅雨開け前の微妙な時期ですが、馬場がよくて力を発揮できることを祈ります。去年夏の勝利のときの末脚を繰り出せば、大丈夫なんだけどなぁ(笑) 鞍上にも恵まれることを期待。引き続き隼人くん希望です!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルファッシノ ……父スターオブコジーン/母プリティエリ 美浦・高橋義博厩舎……
美浦で調整中。ダートコースでキャンターを中心に乗り込まれています。疲れも見せず、前脚の歩様も硬くはなっていません。「今回はいつもより回復が早いように感じますよ。あとはレースに出られるかだけが問題ですね」と高橋義博調教師。7月1日(土)、福島の芝1800mに出走を予定していますが、福島は出走希望馬が多く先週は除外された馬も多数いたため、レースに出られるかどうかは微妙なところ。除外されるようなら、翌週の同条件のレースを目標にするとのことでした。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
美浦で調整中。ダートコースとウッドコースを中心に乗り込まれています。担当厩務員は「正直なところ勝つとは思っていませんでした。昨夏に勝ったころに比べれば、調子もまだまだと思っていたし、近走の成績からもね。でもそれで勝つんだからね。重賞でも3歳同士なら、それなりのレースをしてくれると思います。ぜひ、てるてる坊主を作ってパンパンの両馬場になるよう祈ってください」と笑顔で話していました。特に問題もなく順調に調整が進んでいます。2日(日)、福島のラジオNIKKEI賞・芝1800mに出走する予定です。

Posted by sachi at 04:18 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 19, 2006

税金問題

税金問題の掲示板を読んでいて、ふと思った。あれ?自分はまだ甘かったのかな、と。

2、3日前は、「新しい税務手続き」が適用されるのは今年の募集馬かららしいということで、ひとまずほっとしたのですが、よーく考えてみると、これで配当に対する税の支払いをまぬがれたわけではないですね。これはあくまで20%の源泉徴収という「税務処理の方法」のことであって、税金自体の話ではないのですから。税を軽減するには、ファンド法の適用を受ける現行制度を何らかの別の形に変えてもらうしかないのです。

うわっ、ということは、最悪の場合5年間さかのぼって追徴されることも十分にありうるし、源泉徴収が始まるのは今年の募集馬からだとしても、今年の年収分、つまり来年3月の申告分から確定申告が必要となり(今までも収入が20万を超えていればその義務はあったのだけれどお目こぼしだった)、「配当」と称する投下資本の回収金に20%の所得税をかけられる可能性も十分ありうるということ(つまり、クラブとしては今年の分も去年一昨年のように書類さえ送っておけばよく、あとは個人で確定申告をしてください、ってこと)ではないでしょうか!?
社台の通達の言わんとしている内容の意味が、ようやく分かってきた気がします。

ラフィアンでは7月の会報にお知らせが入ってくるということだから、それを見るまでは何とも言えませんが、これはやはり一口馬主という制度の危機ではないでしょうか。最初のラヴへの出資が実を結んだあと、しばらく走らない馬ばかりに出資してしまい、このところやっと盛り返してきたところなのですが、最悪の場合、その分がもろ対象になってしまう(^^;; あ〜〜あ、やはり一口馬主は投資/出資というより、馬券を買うのと同じような「趣味」の領域になってしまいそう。いくら馬券ですっても、ギャンブルだからだれも文句は言えません。それと同じく、いくらダメ馬に出資しても文句は言えず、おまけに馬券と違って収入には所得税がかかり(賞金や出走手当はもちろん、見舞金や保険金にまで)、住民税や社会保険料にも影響する……となると、これはやはり撤退を考えるしかないのでしょうかね(T_T) 正直なんだかとっても悲観的になってきました。

Posted by sachi at 04:47 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 16, 2006

2歳馬近況

税務問題はペンディングなのですが、社台さんが旗振り役となってなんとかクラブ出資者の利益を確保しようとしてくれているようです。ささやかな趣味を継続できるよう期待したいです。

さて、2歳馬は去年のようにどの馬も快調、好調というわけにはいきません。
ロブソンはやはり速い調教になると息がもたないよう。攻めを強化してどうか。ダイワメジャーと同じ病気なら手術ということも考えられるのですが……
ハヤトくんは、いちおう3頭併せて先頭でゴールはしたものの、ラヴ産駒のなかでは入厩組と比べていま一歩の評価。これからの成長に期待です。
4頭のうち一番コメントがよく思えるのは、ルーチェ嬢。人なつこくて柔順なのに競馬となると男まさりの力を発揮。まさに望むところです。でも脚元の不安があるので、牧場のスタッフさん、ケアをよろしくお願いします。
フォーグは体重が増加中。420キロという報告にえーっと驚いたこともありましたが、徐々に増えて444キロ。調教で絞れるとまた減るでしょうが、430キロくらいなら問題ないでしょう。走る能力について言及がないのは、あまりよろしくないってことでしょうね。でもまあ、まだまだこれからです。成長を待ちながらじっくり競走馬に育ててもらいましょう。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルロブソン ……父チーフベアハート/母ファビュラスクライム 美浦・奥平雅士厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。12日(月)に来週のレースを控えたインパーフェクトの後ろで縦列調教を消化。ハロン12秒から13秒の速いペースに、まだ良化途上とはいえついていくのがやっとでした。ただ良い刺激にはなったことでしょう。これからも攻めを強化して乗り込んでいきます。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。この中間、Mアクシオン、Mローモンドとともに縦列から並列へ移行する追い切りを消化。ラスト3ハロンから3頭が併走し、ゴールで併入しました。3頭の中では一番フットワークが素軽く、手応えも抜群でした。ただMカーロら他のMラヴ産駒に比べると、トップスピードが一枚落ちる印象は否めません。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。太め感が歴然としているにもかかわらず、余力を残したままゴールできるように。スピードを上げて終盤の3ハロンを駆け抜ける、Mスペランザとの併走調教でも満足いく動きを披露しました。ハードメニューにも耐えられる体力を有しています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。現在の馬体重は444キロ。増えているのは同馬としてはいい傾向です。以前、胸前を蹴られたことがあり、しこりが残っていますが、気にする素振りは見せません。調教後はパドックで色気を出して、いなないています。

Posted by sachi at 08:44 PM | Category: HORSE | Comments (2)

カタログ到着

きょうメール便で今年のラフィアン募集馬のカタログがきました。
税金問題で不確定要素が多く、国税庁の指導通りに徴税が実施されると、一口馬主は金がかかるばかりの趣味(ギャンブル?)になってしまうことから、今年は馬の選定にいまひとつ熱が入らないか……と思いきや、やはりわくわくしながら見てしまいました(爆)

とはいえ、2頭3頭への出資は控え、1頭だけを選ぶとなると、基準がねぇ〜
とくに今年はお値段が抑えられた印象で、それなりにのお馬さんがたくさん。ぼったくりだと思うような馬はいません。ついでに言うと、アグネスデジタル産駒の栗毛ばかりで、配合や血統に詳しくないわたしにはどれも似たような印象なんですが(爆)、デジタル産駒はどれもよく見せますね〜

というわけで、これまでと同様、純粋に馬体の印象のみでまずカタログ写真をチェック、そのあと気になる馬に重点を置いてDVDで確認したところ、カタログがくる前に期待をかけて第一候補にしていた馬は、カタログ写真、DVDどちらも気に入らずに脱落。でもなんだかとっても好きな馬が出てきて、このお馬に決めました♪(にこにこ) 一発で1頭だけに決めるなんて、近年にない珍しいことです。

でも困ったことにもう1頭、ちょっと高いけどすごくいいなと思う馬がいるんだなー
ま、即満口にはなりそうにないので、とりあえず申し込みは1頭だけ……
あとは税金問題がはっきりしてから考えます。
おっと、申し込み用紙を出すのは、もちろん馬体重が発表されて、マイネルポイントの発表も見てからですけどね。

〔追記]
サラブnetの記事によると、現在話題になっている「税務会計上の処理方法の変更」は、どうやら現1歳馬(今年の募集馬)から適用されることになりそうですね。ちょっと安心した。でも、遅くとも年内には新しい会計処理法が決定されるでしょうから、今年の応募はよーく考えてからにしたほうがよさそうです。とりあえず、わたしは規模縮小……一頭のみ出資の方向で検討を進めます。さっぱりしていて、これもいいです。
あ、でも、ポイントが届かないという事態もありうるのでした……となると、う〜む、あと2、3頭、選んでおかなければなりませんかねぇ。

Posted by sachi at 05:41 PM | Category: HORSE | Comments (0)

June 14, 2006

4・3歳馬近況

今年の募集馬のカタログもそろそろ届く一番楽しみな時期に、税金問題で一口馬主界に激震が走りました。あちこちの掲示板を読んでみると、現状のままファンド法が厳しく適用されると、もう一口馬主などやっていられない事態になりそうです。そもそも賞金や出走手当は配当ではなく、出資金の回収金のはず。それを配当と見なされて20%源泉徴収されるとは。出資金(元手)は戻ってこず必ずゼロになり、維持費等も経費ではなく追加投資(もちろん戻ってこない)と見なされるなんて、ほんとにメチャクチャ。そんなファンドにいったい誰が投資するでしょうか?
しかも分離課税ならまだしも、分配金はすべて追加所得と見なされて住民税がアップ……いやはや。現在いる4頭の現役馬と、去年4頭にも出資してしまった現状では、即やめるわけにもいきません。困ったな〜〜 
この税制の適用が確定するなら、今年は、仮に出資するとしても絶対に1頭だけ。ひょっとしたら出資しないかも。これまで出資した馬たちには、ともかくガンバってもらうしかありませんが、稼げば稼ぐほど収入が増えることになって税金をとられるなんて、もうほんとに腹立たしい。なんとかしてくださいよ>クラブさま。

ともあれ、4歳馬
デセールは放牧継続中。元気なのは何よりだけど、ますます一日も早く引退してほしい心境です。
アルビオンは、馬体が絞れないものの好調のよう。来週函館に入厩し、函館スプリントSを目指します。僚馬のシンボリグランも出走予定とのことで、騎手がだれになるかも気になります。同じくハーティーも出走予定で、ラヴ産駒の一発を期待!ではありますが、何といっても重賞だから、そう甘くはないでしょうね。アルビオンの調整が順調に進みますように。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネデセール ……父マイネルラヴ/母メインディッシュ 美浦・斎藤宏厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。正午前から翌日の早朝まで昼夜放牧されています。先週から2歳馬のコスモマスカラ(父フサイチコンコルド)と一緒に放牧されることになりました。まだ遠慮しているのか行動を共にせず、お互いにマイペースで草を食んでいます。特定の場所で草を食んでいることが多いようですが、以前よりも歩き回るようにはなっています。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。8日(木)にコスモメンツェル、Mセバスを先行させ、10馬身後方から追いかける実戦形式の追い切りを消化。最後のカーブを曲がる前にMセバスを交わし、食い下がったコスモもゴール前できっちり交わしました。動きにはまったく問題ありません。馬体重が540キロと絞りきれないのが目下の悩みです。来週、函館競馬場に入厩する予定。7月2日(日)、函館スプリントS・芝1200mに出走する予定です。

3歳馬
ファッシノは以前と同じく長めのキャンターで調整中。次走は福島での芝1800mを予定。2000mはちょっと長い感じだったので、1600〜1800mで今度こそ。結構使いづめできていますので、できるだけ早く勝ち上がってほしいのですが、そうこう言っているうちにデビューから早1年(苦笑)。去年の夏にも勝ち上がってくれるかと思ったのですけど、足踏み状態が続いていて、少し不安もよぎります。新潟のほうが成績がよいので、何がなんでもそこでは勝利の声を聞きたいものです。
グリッツァは前走の疲れもとれ、福島の残念ダービーを目標にしています。1800mはまさに適距離だと思われますが、タイム的に前走もあまりよくないので、過大な期待は抱いてはいません。どれくらいやれるかな。いまの状態がグリッツァの実力ではなく、まだまだ伸びしろのある馬だと思っているので、マイペースで着実に実力さえつけてくれればいいな。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルファッシノ ……父スターオブコジーン/母プリティエリ 美浦・高橋義博厩舎……
美浦で調整中。角馬場からDコースに入り、キャンターで長めを乗り込まれています。週末には残り3ハロンを15−15で流す調教をこなしました。飼い食い、背中の感触、歩様からも目立った疲れは感じられません。ここ最近は、左トモの踏み込みもしっかりしています。福島開催では芝1800mのレースに出馬投票する予定。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
美浦で調整中。ダートコースとウッドコースを中心としたキャンターをこなしています。前走の疲れもあっという間に抜けました。調子が良いから、これだけすぐに回復するのでしょう。現在の調教内容について秋山師は「2歳の頃はテンに掛かってラストが甘くなっていたけど、いまはふわっと行って終いで加速する。気持ちも良い方に向いていますよ」と話していました。福島3週目のラジオNIKKEI賞・芝1800mに駒を進めます。

Posted by sachi at 09:48 AM | Category: HORSE | Comments (2)

June 10, 2006

2歳馬近況

ロブソンは、体力を蓄えて元気一杯と言いながらスタミナ不足!?なんだか好調なのか、そうでないのか意味不明のコメントです。ただ分かっているのは、やはり呼吸に問題があるということ。ダイワメジャーも喉なりで手術したそうなので、希望はつなぎますが……
ハヤトは入厩を控え、トレセン向けメニューに。さばきが硬いのは以前からずっと言われています。やっぱりデセールタイプでしょうか。ソエやフレグモーネを乗り越え、無事にデビューを果たしてほしいです。
ルーチェは順調のようです。牡馬のMオークベイと併せて手ごたえよく登坂。頼もしいかぎりです。意外とデビューも早いかもしれません。とはいえ深屈腱炎を患っているので、素質を十分に開花できるよう、お稽古は慎重に進めてほしいですね。
フォーグは、課題の馬体もふっくらと回復、来週から改めて調整に入ります。宮厩舎はいいと思っていたのですが、このところの成績はひどい……腕利きの厩務員さんがよそへ移ってしまったという話なのですが、やはりそのせいでしょうかねぇ。フォーグにもかなり期待していたので、敏腕厩務員さんがいなくなったのは痛すぎるなぁ。
税制の問題で一口馬主界を激震が襲うなか、わたしも先行きが心配です。合算できずに配当だけに課税なんてひどすぎる! なんとか出来ないものなのか。取り立てるなら、村上ファンドのように不正をして巨額のもうけを出してるところからにしてほしい。新規募集馬への出資意欲も減退……。
ともあれ、以下はラフィアン公式HPより。

▼マイネルロブソン ……父チーフベアハート/母ファビュラスクライム 美浦・奥平雅士厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。休養により体力を蓄えたようで、元気一杯。ただし、呼吸に異音が混じることがあり、ラストで一杯になって止まってしまいます。まだ騎乗を再開して日が浅いため、スタミナが不足していることが原因と思われます。好調時は苦しくなっても、もっと我慢していました。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。フレグモーネ解消後はトラブルもなく順調です。少し硬めのさばきですが、このままペースを上げても十分に対応できそうです。ソエを気にすることもなくなりました。そろそろ入厩を意識して、トレセンに近い管理に切り替えます。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。今週は牡馬のMオークベイと、3ハロンを強めに併せる調教を消化しました。手応えが怪しくなった相手を後目に、同馬は持ったままで余力を残して登坂。56秒のタイムを計時しました。調教を再開してからそれほど時間は経っていませんが、前向きに取り組んでいるぶん動ける状態になるのも早いのでしょう。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。午前11時半から翌朝の5時まで昼夜放牧しています。休ませたかいがあって、だいぶふっくらとした体つきになってきました。元気が有り余っているようで、放牧する際は嬉しそうに駆けだして、牧草地を走り回っています。来週もしくは再来週から、馬場入りを再開する予定です。

Posted by sachi at 01:10 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 08, 2006

勝利のバラ

グリッツァの勝利を祝して真紅のバラを一輪。
赤いバラは色飽和しやすいデジカメではりどうもうまく撮れなくて、
花びらの輪郭がぼやけてしまったり失敗ばかりだったのですが、
これは自分としてかなり納得のいくショットでした。
近所の小さな公園にて。

(*istD+FA★300mm F4.5)

Posted by sachi at 07:53 AM | Category: PHOTO | Comments (0)

June 07, 2006

4・3歳馬近況

4歳馬
デセールはなんと、まだ疲れがとれない? まともなレースもしていないのに、本当に疲れでしょうか。そもそもあの状態でまだ休養して復帰をめざすほうがおかしいのではないかと思えます。デセールはスピード能力のあった馬だから、いいお母さんになるはずです。どうして繁殖入りさせてくれないのか分かりません。
アルビオンは順調に調整中。もうすぐ函館競馬場に入厩です。テンションも高くなっているようですが、気合の現れと思います。春からどれくらい成長してくれているか、函館スプリントSが楽しみです♪
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネデセール ……父マイネルラヴ/母メインディッシュ 美浦・斎藤宏厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。卯月S、朱雀Sとも惨敗で3秒以上も離された結果なのに、いまだ疲れが残っているのか、どうも覇気に乏しい印象です。飼い食いにも進展がなく、この中間もエン麦や切り草、配合飼料などを残していました。もうしばらくはゆっくりさせる予定。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。Mモルゲンがちょうど良いパートナー。互角の動きを見せています。追い切りをこなすごとにテンションが高くなり、クーリーングダウン中のチャカつきが目立ってきました。先日の計測では538キロ(高松宮記念との比較ではプラス2キロ)の馬体重。来週か再来週、函館競馬場に入厩する予定です。

3歳馬
ファッシノは、あのメンバーではやはり力が及ばなかったのか、それとも距離が長かったのか。せっかくスタートはよかったので、もう少し前で競馬したほうがよかったかもしれません。それにしてもシャチョマンユウキが強かったので、前走は仕方がありません。ずっと使いづめなので、今度こそ勝ち名乗りをあげてお休みをあげたいですね。
グリッツァはやっと彼らしい走りを見せました。本来はこうあるべきだったのですよね。去年の秋からずっと順調さをかき、厩舎に戻るとトラブルのあった仔ですが、かなり大人になりましたね。隼人くんによると行きたがる面も見せたようですから、走る気十分。この調子で、しぶとい脚を長く発揮できるよう、次走も頑張ってほしいです。残念ダービーに行けるかな?
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルファッシノ ……父スターオブコジーン/母プリティエリ 美浦・高橋義博厩舎……
4日(日)、東京で出走し、4着でした。スタートも良く、1番人気のドマーニをマークするように好位で流れに乗ります。直線で抜け出しを図りますが、直後にいたシャチョマンユウキに差し切られてしまいます。ゴールまで粘ってジリジリと伸びていますが、同馬の持ち味が発揮できる展開にはなりませんでした。内田博幸騎手は「付けようと思えば2番手でも3番手でも行けそうな乗りやすい馬。今回は勝ち馬の切れ味に屈しました。距離も若干長いようですし、平坦の方が力を発揮できると思います」とコメントしていました。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
3日(土)、東京で出走し、2勝目を挙げました。スタートから手綱をしごき、積極的にハナへ立ちます。1000m通過が61.8秒と絶妙なペースを刻み、直線へ。仮柵が取れたグリーンベルトを味方に、見事後続を完封しました。吉田隼人騎手は「前走はダートでしたが、後方で脚をためていたのにまったく伸びませんでした。それを踏まえて今日は前に付けようと考えていましたが、まさかハナに立つとは思っていませんでした。今日は馬が頑張ってくれました」と笑顔でコメントしていました。

Posted by sachi at 06:31 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 04, 2006

ファッシノ、また残念

本日東京競馬場4R未勝利戦に出走したマイネルファッシノは、またまた勝ち上がりならず4着に。
優勝したのはコスモの馬シャチョマンユウキでした。強い勝ち方でしたね。う〜ん、残念。

東京4R3歳未勝利 芝2000m(混) 天候:曇  芝:良
4着 5枠 10番 マイネルファッシノ 牡 3 56.0kg 内田博幸 2:03.0 2 1/2馬身 482Kg 0 高橋義博 4/17人気

パドックではややうるさい感じはしましたが、初出走の馬、入れ込んでいる馬、いろいろいて、そのなかではまあ普通。ポーンといいスタートのあとやや行き足がつかなかったのか5、6番手に下がったまま4角まで進み、坂にかかって追い出しにかかるも、同じくらいの位置にいたシャチョマンユウキがぐいぐい伸びて1着。ファッシノは追い出したものの4着に終わりました。敗因はどこにあったのでしょうか。やはり距離がやや長かったのか? 火曜日のコメント待ちです。
これで次走の権利が取れなかったので、今度は少し間隔があくでしょう。勝利は新潟までおあずけか……
以下、少しだけ写真を。


パドック周回中。馬体重増減ゼロ。今回チークピーシズはなし。

 
内田博幸騎手が騎乗すると、表情もややぴりり? めったにないことだから内田騎手の表情もアップで(笑)


返し馬はコスモミエーレと一緒(もう少し離れて走ってくれればファッシノだけ撮れたのに……)


ゴールは、やや離された4着。ああ、勝利は近いようで遠いなあ。。。。

Posted by sachi at 05:24 PM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (0)

きょうはファッシノ!

きょうも東京競馬場4Rに愛馬マイネルファッシノが出走します。
5枠10番です。内田騎手だし、他のメンバーを見てもあまり強い馬はいない?
賞金的にも、2着3着が多いファッシノが一番稼いでおります。
きょうはチャンス!でしょう。これで勝てなければ、逆にがっくり度が大きすぎる(^^ゞ
がんばれファッシノ〜 と、声からして叫んでくるかな(笑)

#さすが安田記念の日。
各馬の騎手を見ると、こんな未勝利戦でも錚々たるメンバーです。
すごいですね〜 一流騎手に乗ってもらえる幸せ♪(笑)

Posted by sachi at 07:59 AM | Category: HORSE | Comments (0)

グリッツァ、待望の2勝目!

きのう東京競馬場で出走したグリッツァが、見事2勝目を挙げてくれました!
ラジオNIKKEI 競馬実況HP | 【3歳500万下】(東京6R)〜マイネルグリッツァ逃げ切りV

6月 3日 東京競馬場6R3歳500万下 芝2000m   天候:曇  芝:良 
1着 5枠 5番 マイネルグリッツァ 牡 3 54.0kg △ 吉田隼人 2:02.3   470Kg -6 秋山雅一 8/9人気

曇り空のもと、パドックのグリッツァは、スプリンターばかり見慣れているわたしの目には、あれ?細いかな?と思うほど、かなりすっきりした馬体に見えましたが、落ち着きもあり、いい感じ。口から泡を出して気合が入っていました。馬体で一番いいな〜と思ったのは、一人気の武豊騎手騎乗フサイチシャナオー。こちらバランスよく筋肉もりもり! 今から思えば、グリッツァは距離に対応できる馬体になっていたのかも。

レースは、いっせいに出てから隼人くんが押してグリッツァ一気にはなに立ち、そのまま先頭をキープ。道中ペースを落としてマイペースでたらたらと4角まで。そこからジリ脚になるかも〜という心配をよそに、ためていた脚で突き放しにかかり、外からの追い込み馬もよせつけず完勝!
減量のおかげもあったかもしれませんが、いや〜吉田隼人騎手、前走からちゃんと学習してグリッツァの脚質もつかんでの勝利、若手なのにうまいっ!!! おにいちゃんよりセンスあるかも。
グリッツァもえらかったですが、やはり何といっても今回は隼人騎手の好騎乗に勝利のカギがありましたね! これからがまた楽しみになってきました♪

騎手のコメント
1着 マイネルグリッツァ(吉田隼人騎手)
「前走、後ろでためた割には伸びなかったので、前で競馬をした方がいいとは思っていたんですが、ハナに行くつもりはなかったんです。少しかかるところもありましたが、なだめて最後は必死に追いました。よく頑張ってくれました」

以下は、あまり上手に撮れなかったけど、パドックとレースでの写真です。
(クリックで大きな画像が開きます)

 
落ち着いて周回しながらも、闘志をぐっと内に秘め、気合は十分。


返し馬は、グリッツァだけなかなか出てこない。どうしたのかなと心配していると
一頭だけ遅れて登場。いい感じでスタート地点へ向かいました。


予想外にはなに立ち、そのままマイペースで進んでゴールまで逃げ切り!
吉田隼人騎手の見事な手綱さばきのおかげで、嬉しい勝利でした♪

(最後の2枚はトリミングしています)

Posted by sachi at 05:48 AM | Category: HORSE , PHOTO | Comments (8)

June 03, 2006

2歳馬近況

ロブソンは放牧を切り上げ真歌へ。馬体重はちょうどいい感じですが、喉はどうなのでしょうか。今回はコメントに載っていません。レースできるのかなあ。
ハヤトは、また別の脚にフレグモーネ(^^;;  でも幸いたいしたことはなく、「6月中に入厩」の言葉が出ました。ゲート試験にも問題はないでしょうから、デビューは7月か8月かな。北海道だと、ちょっと生応援はむずかしいですが、デセールみたいにガンバってほしいです!
ルーチェは休んだ影響でまだスピード調教は苦しそうですが、すぐに調子を取り戻すでしょう。この仔も脚の屈腱炎にはもう触れられなくなりましたが、大丈夫かな。牝馬ながら馬格もあるし、性格は素直な期待の一頭です。
フォーグは昼夜放牧中。やっと飼い食いもまあまあになったようで、これから気候がよくなるなか、馬体も精神面もぐっと成長してほしいものです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルロブソン ……父チーフベアハート/母ファビュラスクライム 美浦・奥平雅士厩舎……
29日(月)に、Mハフナーら5頭と一緒にビッグレッドファーム浦和から真歌トレーニングパークへ移動しました。翌30日(火)から坂路でキャンター1500m1本とウォーキングマシンでの運動を再開しています。さすがに手先の運びが重たく感じるものの、あらかじめ予想されたもの。元気に登坂しています。馬体重は真歌到着時に計測したところ488キロでした。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。先週の左前脚に続き、28日(日)に右前のヒザ上あたりにフレグモーネの症状が見られました。そのためウォーキングマシンのみで2、3日様子を見ていましたが、すぐに腫れも引いたため現在は坂路での調教を再開しています。29日(月)に小西調教師が来場し、同馬の様子を確認。「6月中には入厩させたい」と話していました。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。ハロン16秒前後の乗り込みでは手応え良く走れるものの、5月上旬から3週間ほど楽をさせた影響か、スピード調教ではもたもたした動きです。常に前向きですから、今後、順当に上向くはず。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。昼夜放牧されています。早朝に集牧→飼い葉→馬体のチェック及び手入れ→正午前に放牧というのが1日の流れ。同馬にしては食欲があり、そのおかげで肉付きが良くなりました。蹄底は敏感になっているものの、盛んに動いています。歩様もスムーズなまま。

Posted by sachi at 01:21 AM | Category: HORSE | Comments (0)

June 02, 2006

グリッツァは5枠5番

少頭数なので、どのみち枠順による損得はないでしょう。
隼人くん、豊お兄ちゃんと隣同士の枠になりました。
豊騎手騎乗のショウナンバラードは、これまでダートながら成績はいいですね。
兄弟対決では負けないよう、ガンバってね!>隼人くん
一番人気はダンス産駒かな? それともユタカの馬か?
グリッツァにはとりあえず掲示板を目指してほしい! あとのことはそれからです。

〔追記]
グリッツァは現在(9時25分)、なんと8番人気、ほんとに人気がありません。前走の勝利が去年の夏で、復帰後の2走があの成績だからなおさらですね。しかし、今度こそ人気よりは上にきてほしいものです。さぁて、お天気がいま一つですが、少しずつ回復しそうだし、応援に行ってくるかな。

Posted by sachi at 06:14 PM | Category: HORSE | Comments (4)

うちにやってきたバラたち

5月からすでに梅雨入りしたかのようなお天気が続き、日照不足が懸念される今年、3月から4月初めにかけて自宅マンションを改装し、やっとベランダ園芸も可能になったので、バラの苗をいくつか買ってみました。
これまではミニバラしか育てたことがなかったのですが、今度は中輪/大輪のしっかりしたバラを買ってみました。ブラックティー、ジェーンオースチン、アイスバーグ、そしてシュラブのバレリーナ。果たして夏場をうまく乗り切れるかどうか自信がありません(ましてや帰省もあります)が、なんとか秋にもまた花を咲かせたいなーと思っています。

写真は、苗をポットに移植しても元気に開花したイングリッシュローズ、
ジェーンオースチン。

(*istD+TAMRON 90mm F2.8 Macro)

#最近、また頻繁にコメント・スパムに襲われています。
古いスレッドにヘンな英語のみのコメントがついていることがありますが、気づき次第、削除しますので、くれぐれもURLなどクリックなさらないように!

あこがれだったブラックティー。
春の花はオレンジ味が少し強いようです。

小さな一重のピンクがかわいいバレリーナ。
これもイングリッシュローズ系です。

Posted by sachi at 07:57 AM | Category: PHOTO | Comments (0)

June 01, 2006

今週の出走馬

今週は東京でグリッツァ、ファッシノが出走です。
どちらも芝2000m。やや距離が長いかとも思われますが、しぶとい脚を発揮していい結果を出してほしいところ。

マイネルグリッツァ 3日(土) 6R 3歳500万下 混  吉田隼人 芝2000m
マイネルファッシノ 4日(日) 4R 3歳未勝利 混  内田博幸 芝2000m

グリッツァは9頭立てと少頭数のレースを狙ってきました。おまけに減量騎手で2キロのハンデをもらいます。ラヴ産駒の左回りはどうかという点や距離が1ハロン長いのでは?という不安要因はありますが、隼人くんもそろそろこの馬のことが分かってきたでしょうから、ここらでもう一つ勝ち星がほしいなぁ。
ファッシノは、待望の内田博幸騎手が手綱をとります。遅ればせながらぜひとも初勝利!をもぎとってほしいです。

ちなみに調教時計は、

マイネルグリッツァ
5/31 助手 美浦南W 良 67.8 52.2 38.5 13.0 2分 馬ナリ
 ・オンシジューム(3歳500万下)一杯の内、先行し4Fから付けて0.8秒先着
マイネルファッシノ 5/31 蓑島 美浦南D 良 68.6 54.2 40.5 13.5 9分 一杯
 ・バイタルサイン(3歳未勝利)一杯の外、1.5秒先着

おお、グリッツァもファッシノも先着しています。
タイムはグリッツァ馬なりでラスト13秒ですかぁ……お相手は、なんとたけぢさんの持馬オンシジュームですね(^^;;
ファッシノは未勝利馬に1.5秒先着。9分どころのダートのタイムなので好調と見るべきなのかな。内田博幸騎手の手綱さばきに期待!

Posted by sachi at 06:19 PM | Category: HORSE | Comments (4)