May 30, 2006

4・3歳馬近況

4歳馬
デセールはまだ疲れがとれないようです。これから放牧してまた復帰を目指すとしても、ひざの状態はよくならないのは分かっているのだし、果たして降級後にまともに走れるかどうか。毎回思うのですが、やはりまた走らせるのは可哀想だな〜
アルビオンは函館スプリントSに向けて順調に調整中。そろそろ強めの調教も行い、今度はモルゲンと併せ馬を行うとか。あと1カ月ありますが、故障なく無事出走、いい結果を残してほしいと願っています。一つくらい重賞を勝たせてやりたいです。がんばれアルビオン!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネデセール ……父マイネルラヴ/母メインディッシュ 美浦・斎藤宏厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。普通放牧されています。歩様も変わらずぎくしゃくしていますが、「同馬なりに、ごく普通」とスタッフ。しかし、やはり疲れは残っているようで、放牧地でも積極的に動き回ることはないようです。飼い葉も完食には至らず、残しがちです。もう少しゆっくりさせて、調教へ移る前にふっくらさせてあげたいと考えています。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。この中間は単走、強めの調教を2回行いました。現在の真歌では併せてもついていける馬がなかなかいないので、今週は同じく調教で双璧をなすMモルゲンとの併せ馬を行う予定です。体調は順調にアップ中。気性の荒い面も出てきており、馬房内でも油断できません。

3歳馬
ファッシノはともの関節がぱきぱき鳴る!? そんなこと聞いていたかなー? 橈骨にも問題があったの!? それも聞いてたかなー?って感じのコメントばかりですヽ(´ー`)ノ
ともあれ次走は東京での芝2000mで、内田騎手を確保。わ〜い♪ 今度こそ決めてもらいたいものです!
グリッツァは、やっと「ダートに向かない」とのコメントが出て、ほっとしました(苦笑) ダートは2走続けて着外ですからねぇ。グリッツァも次走は東京3週目の芝2000m。距離がやや長くなってしまいましたが、大丈夫かなぁ。まだまだ強くなるはずの馬。追えるいい騎手に乗ってもらってしぶとい脚を発揮し、これから充実の時を迎えてほしいです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルファッシノ ……父スターオブコジーン/母プリティエリ 美浦・高橋義博厩舎……
美浦で調整中。1周2000mのDコース(ダート)を長めに乗り込まれています。相変わらず歩くたびにトモの関節がパキパキと鳴るものの、春先に比べれば良い状態。トウ骨について獣医は「この程度なら大丈夫」と話していました。東京3週目の芝2000mに出走する予定。内田博幸騎手に騎乗を依頼しました。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
美浦で調整中。ウッドコースを主体としたキャンターをこなしています。未完成な部分は残すものの、輸送やレースに対する抵抗力は、この時期の2歳馬としては強い方。ある程度までであれば自らの回復力で疲れを排除できます。前走の内容からもダートは向かないのでしょう。東京3週目の芝2000mに出走する予定です。

Posted by sachi at 08:58 PM | Category: HORSE | Comments (3)

May 26, 2006

2歳馬近況

いよいよ入厩組が出はじめ、デビューに向けた調整が進められています。
ロブソンは体調はよいようですが、依然として呼吸音がするとのこと。成長にともなって収まる馬もいるとのことでしたが、せっかくの素質がつぶされないかと、また心配になってきました。喉鳴りではないとの診断が一度くだされたものの、もう一度詳しい検査をしてほしいと思います。
ハヤトは、また外傷を負った模様ですが、調教は継続できる程度。6月中には入厩できそうなコメントです。スピードはかなりありそうなので、早いところ勝ち上がってスプリンターとして幸先よいスタートを切ってくれることを期待しています。
ルーチェはデビューに向けて本格的な調教を再開。気のいい馬だし、屈腱炎という爆弾は抱えていますが、気遣いながら調整を進めて無事デビューにこぎつけてほしいと願っています。いい脚を長く使えそうな感じ。ひそかにわが厩舎で一番の期待馬と思っています。
これまで細い、成長がない、飼い食いが悪いといったコメントが大半だったフォーグが、今回はよい通信簿をもらいました。4月から20キロほど体重が増え、元気よく牧場を駆け回っているとのこと。この馬も素質はあると見込んでいます。少し晩生のほうで、いまが一番の成長時なのかもしれません。この調子ですくすくと育っていってほしいものです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルロブソン ……父チーフベアハート/母ファビュラスクライム 美浦・奥平雅士厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。正午前から翌日の早朝まで屋外に出す昼夜放牧を継続して行っています。ちょうど良い肉付き。ふっくらとした健康そうな馬体に回復しました。調教時に限らず、他馬とともに放牧地を駆け回っている最中もノドがかすれたような呼吸音がします。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。左前脚の球節に外傷を負って患部の周囲を腫らしたものの、休ませる必要のない程度。日に日に回復しているので、1週間後にはすっきり治まるでしょう。同厩舎のコスモバーンを先に送り出し、それから入厩させたいと考えています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。22日(月)から放牧中心のメニューをやめて、本格的な乗り込みを再開。動きは若干重い印象を受けますが、一緒に放牧されていたMユミドールに比べればそれほどでもありません。乗りやすさは相変わらずです。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。昼夜放牧されています。細いといわれていた馬体ですが、25日(木)に体重計測したところ438キロと、4月に比べて20キロ近く増えていました。体高も伸びており、良い傾向といえます。5頭が同じ放牧地に放されていますが、いつも先頭を走っています。

Posted by sachi at 07:26 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 24, 2006

4・3歳馬近況

4歳馬
デセールはBRFに帰り、夏以降の降級まで待つことになりました。歩様は「入厩前とそう変わらない」ということですが、問題は競馬です。2走とも競馬になっていなかったのに、それでもまだ現役続行というのは、どうも納得がいきません。ひざはよくなることはないのです。デセールの走りを見るのは痛々しいです。
アルビオンは順調に調整中のよう。デュプレは同じ厩舎の先輩です。デュプレに続く重賞馬になってほしいなぁ。函館までに馬体が絞れてうまく仕上がるといいですね。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネデセール ……父マイネルラヴ/母メインディッシュ 美浦・斎藤宏厩舎……
18日(木)、ビッグレッドファーム浦和に移動しました。熱発などもなく、無事に到着。ヒザの様子を見るため、馬房と狭い放牧地で管理しています。歩様をチェックしたスタッフは「確かにぎくしゃくしているが、思っていたよりもマシ。入厩前(4月)とそう変わらない」と述べていました。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。順調にペースアップ。先週末に行ったスピード調教では、格上の力を見せ、併走した3歳未勝利のコスモレヴューを寄せつけませんでした。今後は、動くMデュプレをパートナーに仕上げていきたいと考えています。先日の計測では543キロでした。

3歳馬
ファッシノは疲れも魅せずまた乗り運動を再開。気温が上がり、馬体も絞れてここが勝負どころです。中2週の次走で一気に決めてほしい。鞍上にも追えるいい騎手をお願いしたいです。
グリッツァは、なんだか騎手の騎乗ミスのようなコメントになっていますが、ほんとうにそうなの? 脚抜きのよい馬場だったにもかかわらず見所のないレースでした。今の時期、まだ芝のほうがレベルが高いのは分かりますが、それにしてもなぜもう一度芝を使ってみないのか。次もまたダートだったら怒るよ!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルファッシノ ……父スターオブコジーン/母プリティエリ 美浦・高橋義博厩舎……
美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。レース後の疲れも見せず、全休明けの16日(火)から角馬場での乗り運動を開始。翌日からはダートコースで軽めのキャンターを乗られています。「こちらが思っていたほど疲れもないみたい。歩様に硬さも見られないですし」と高橋義博調教師。中2週ほど開けて6月4日(日)、東京の芝2000m、もしくはその翌週の東京の芝1800mに出走する予定です。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
20日(土)、新潟で出走し、12着でした。道中は行きっぷりも良く中団のやや後方を追走していましたが、勝負どころの3〜4コーナーで流れについていけません。脚抜きの良い馬場でしたが、直線でも伸びきれませんでした。吉田隼人騎手は「前をカットされて良い位置を取れませんでしたし、追ってからも期待ほど伸びきれませんでした。もう少しスムーズな競馬ができたら…」と申し訳なさそうな表情を浮かべていました。

Posted by sachi at 08:49 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 20, 2006

本日のレース結果

グリッツァの2度目のダート挑戦も不発に終わりました。

新潟10Rわらび賞3歳500万下 ダート1800m(混)  天候:曇  ダート:重
12着 4枠 6番 マイネルグリッツァ 牡 3 56.0kg 吉田隼人 1:55.0 2 1/2馬身 476Kg -2 秋山雅一 13/15人気

終始中段やや後方からの競馬で、4角あたりではさらに後退。最後には少し盛り返したようですが、先行も追い込みもできずに凡走。やはりこの馬は芝でしょう。
新境地に挑戦すること自体は悪くはないと思っていますし、父ラヴもGI勝ちのあと、アメリカ遠征の野望を抱きダートを走って大凡走という履歴もありました。が、短距離と中距離の2戦使って惨敗というグリッツァの結果は、明らかにダート適性がないことを示しているのでは? 距離もマイルくらいがいいのではないかな。

Posted by sachi at 06:17 PM | Category: HORSE | Comments (0)

グリッツァ頑張れ!

前走が前走だけに、そしてラヴ産駒だけに、グリッツァ人気薄です(^^;;
なんとか掲示板くらいは確保してほしいですが、ダートはどうでしょうね。

新潟の馬場状態は、芝・ダートともに良の模様。(←大ウソですね)
(JRAによると、天候は雨。そして馬場は芝・ダートとも不良です。ヽ(´ー`)ノ)
今はまだ雨かもしれませんが、もうすぐ晴れてくる見込み。(←これも???)
グリッツァ、頑張れ〜!!

Posted by sachi at 06:15 AM | Category: HORSE | Comments (6)

2歳馬近況

ロブソンは相変わらず気まぐれぶりを発揮しているようです。休養のあと、もっと集中力をつけてくれるといいのですが。
ハヤトは順調で、強めの調教を再開。このまま行けば6月にも入厩を迎えられそうですね。デビューが楽しみです。
ルーチェはのんびりムードでリラックス中。調教から帰ってきたお仲間を興味津々で見ている様子が目に浮かぶようですね。わたし的にはとっても期待しているお馬ちゃんです。グリッツァお兄ちゃんに追いつけ追い越せで、頑張ってほしいです。
フォーグは、まだ体もできていませんので夏の入厩はなさそう。もっと体力をつけないと、厳しい競争社会で脱落しちゃうよ。ごはんもしっかり食べましょう。ガリレイくんと仲良く放牧中だそうで、少し見習ったほうがいいかも?
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルロブソン ……父チーフベアハート/母ファビュラスクライム 美浦・奥平雅士厩舎……
ビッグレッドファーム浦和で休養中。昼夜放牧されています。放牧当初は体に触ると噛みついてきたり、放牧地に移動する際などに敏感な面を見せていました。今では環境の変化に慣れたのか、そのような面は徐々に薄らいでいます。特に疲れを見せることもなく、気ままでマイペースなのは調教時と変わりません。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。左前脚のソエは小康状態を保っており、この中間からハロン13秒程度の強めの調教も始めましたが、乗っているときはまったく気にしていません。Mピーク同様に体型は休養前とあまり変化はありませんが、馬体の張りは良くなっています。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。騎乗を週1、2回にとどめ、次回の乗り込みに向けて楽をさせている段階です。放牧地が馬道の近く。時折、坂路から引き揚げてくる調教馬を、牧柵の上から顔を出して興味深そうに眺めているものの、普段の表情はとてもリラックスしています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで休養中。午前11時半〜翌朝の5時半まで昼夜放牧されています。飼い葉の食べ残しが見られ、馬体も細く、まだ全体的に頼りない印象です。6〜7月の入厩は見合わせた方が良いでしょう。摩耗した蹄の件も踏まえ、もう1度休ませることになりました。

Posted by sachi at 01:13 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 19, 2006

グリッツァ4枠6番

明日新潟で出走のグリッツァは4枠6番になりました。内すぎず外すぎず、ちょうどいい枠順でしょう。
調教時計もまずまずです。全体のタイムはややかかりましたが、最後は一杯に追って出陣体制は整いました。あとはダートでどれくらい走れるかでしょう。体調は本当によさそうなので、ここらであっと言わせる走りを見せてほしいです! 隼人くんも頑張ってね〜

マイネルグリッツァ
5/17 助手 美浦南W 稍重 67.0 50.6 36.9 12.4 2分 一杯
 ・トミケンパシオン(3歳未勝利)一杯の内、追走し3Fから併せて0.2秒先着

Posted by sachi at 05:25 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 18, 2006

今週の出走馬

グリッツァはやはり新潟になりました。

マイネルグリッツァ 20日(土) 10R わらび賞 3歳500万下 混  吉田隼人 ダ1800m

ダートですが、距離が1800mなのでグリッツァに向いているでしょう。
前走は問題外として、今度こそダートでの適性が試されます。隼人くんにぜひともスムーズな手綱さばきを見せてほしいものです。

Posted by sachi at 04:58 AM | Category: HORSE | Comments (2)

May 17, 2006

4・3歳馬近況

4歳馬
デセールはきょう、再びBRFへ。前2走からもこのクラスではとうてい競馬にならないのは明らか。骨膜も分かっていることなので、まだ降級後の復帰を目指すということなのですが、なんだかなーという感じです。それだけデセールの能力を信じてくれているならいいけど……
アルビオンは繋靭帯の具合はだいぶよくなっているようです。あと1カ月ほどは余裕があるものの、馬体まで余裕にならないようにお願いします。父ラヴは鉄砲がけしたのですが、この馬はどちらかというと叩き型なので、函館での成績はどうかな。一息入れたあとは牧場で実戦に備えた調教になるのでしょう。繊細な面もある一方でタフな馬、夏のスプリント戦に向けて鋭気を養ったうえで無事再スタートをきって活躍してほしいものです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネデセール ……父マイネルラヴ/母メインディッシュ 美浦・斎藤宏厩舎……
6日(土)、京都で出走し、18着でした。スタート直後こそ気合いをつけられて先団を追走しますが、流れに乗れず徐々に最後方へと下がってしまいます。直線もそのまま流れ込んだだけでした。美浦へ帰厩後、念のためにレントゲン検査をしたところ、右ヒザに骨膜が出ていました。そのため、17日(水)にビッグレッドファームへ放牧に出す予定です。夏になれば1000万下に降級するため、降級後の復帰を目指します。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。右前脚の繋靱帯は見た目にもスッキリしており、歩様にもまったく違和感を感じません。現在は7月2日(日)の函館スプリントSでの復帰を目標に、単走、馬なりで軽めに乗られています。太りやすいタイプなので、飼い葉の量を加減しながら体重を調整しています。

3歳馬
ファッシノは「前走よりもじりっぽかった」という騎手コメント。わかってるんじゃなかったの? 馬体も絞れてきて、今が勝負どころのはず。次走は万全の体制で出走し、ぜひとも勝ち上がってほしいです。
グリッツァは相変わらず腰が甘いようですが、今週出走予定です。東京での出走なら応援しやすいのですが、芝2400はちょっと(かなり?)長いでしょ。やはり新潟のダートか中京の芝1800がよさそうです。どこに出ることになるのか、そして騎手はだれになるのか、注目です!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルファッシノ ……父スターオブコジーン/母プリティエリ 美浦・高橋義博厩舎……
13日(土)、新潟で出走し、3着でした。互角にスタートを切って、一塊となる馬群の中団を追走します。直線に入り、スペースのあいたところから伸びてきたものの、先に抜け出した2頭には敵いませんでした。川島騎手は「ペースアップしたところで遅れてしまうんです。前走よりもじりっぽかった」とコメント。高橋義博調教師は「中1週で少し疲れが残っていたのかも」と話していました。レース後も順調です。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
美浦で調整中。ウッドコース主体のキャンターをこなしています。腰の踏ん張りが甘く、騎乗者は「くたくたしたような感じ」と例えるものの、内臓は申し分のない状態。ボロの形質からも健康状態の良さがうかがえます。今週、東京の芝2400m、新潟のわらび賞・ダート1800m、中京の白藤賞・芝1800mのいずれかに出走する予定。馬場状態など様々な状況を考慮した上で出馬投票を行います。

Posted by sachi at 08:14 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 15, 2006

やはりバルクは強かった!

愛馬情報ではありませんが、シンガポールの国際G1「シンガポール航空国際カップ」でバルク優勝、悲願のGI勝ちをおさめました。
日本調教馬の海外G1制覇は14勝目(11頭目)ですが、地方所属馬の海外G1制覇は初めて。
バルクは、地方競馬所属で中央に進出、03年にラジオたんぱ杯2歳S(G3)、04年弥生賞とセントライト記念(G2)に優勝、ダービーこそ8着でしたが、皐月賞とジャパンC(G1)でも2着と健闘。でも、これまでどうしてもGIは取れなかったのですね。ラフィアン会員として、同じBRFで育成されたバルクはずっと応援してきましたが、今回の勝利は本当にうれしかった。すばらしい走りでした。
もう動画もアップされています。ここをクリックしてリンクをたどってね。

バルクの力強い走りにも胸が熱くなりますが、今回の勝利の裏には、ホッカイドウ競馬の元調教師で、今は現地で厩舎を開業している高岡秀行師(50)のいきなはからいがあったことに、いっそうじーんときます。
Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ - コスモバルクに強力な「縁軍」出現
この記事によると、岡崎師は自らの馬ダイヤモンドダストも同レースに出走するというのに、ライバルであるバルクに騎乗する五十嵐ジョッキーのために、4Rで自分の管理馬への騎乗を依頼、バルクのレースと同じ距離2000mで予行演習をさせてくれたというのです。元同僚へのこの心遣いが、バルクの勝利に貢献したことは間違いないでしょう。そのおかげか、「今回は参加するだけ」と言っていたダイヤモンドダストも5着に! 高岡師と田部師、五十嵐ジョッキー、そして岡田総帥をはじめ関係者の連携プレーが功を奏し、これで一時は堕ちた英雄かとも思えたバルクは、再び伝説のヒーローに。いや〜本当によかったですね。おめでとう!

Posted by sachi at 05:06 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 13, 2006

本日のレース結果

ファッシノはまたもや勝ち切れず3着、デセールはまたもや一頭だけ次元の違うレースでしんがり負けでした。

新潟6R3歳未勝利 芝1800m 天候:曇  芝:良
3着 7枠 10番 マイネルファッシノ 牡 3 56.0kg 川島信二 1:49.6 3 1/2馬身 482Kg -4 高橋義博 2/13人気
京都11R朱雀ステークス 芝1200m 天候:小雨  芝:不良
18着 4枠 8番 マイネデセール 牝 4 55.0kg 安部幸夫 1:14.4 大差 460Kg +4 斎藤宏 17/18人気

ファッシノは道中、騎手が抑えてしまって最後頑張ったものの、ようやく3着に食い込んだという感じ。やはりこの馬は好位につけ最後に粘りこむ形にしないと勝てないでしょう。せっかく体調はよさそうだったのに、おしいことをしました…… 絶対的に強い馬ならともかく、やはり騎手の手綱さばき一つで勝敗は大きく変わってくるものですね。
デセールはスタートはうまく出ましたが、途中少しずつ後退して最後は大差のしんがり。こちらは騎手云々のレベルではなく、やはりデセールをレースに使うこと自体に無理があるという結論に達しつつあります。馬もスタッフも出資者も、復帰を目指して1年以上我慢してきましたが、ここらでもう見切りをつけ繁殖に上がってもいいのではないかと思います。が、今だともう時期が半端なのかしら? 母父ラヴのデセールの仔にはぜひ出資したいです。

Posted by sachi at 04:56 PM | Category: HORSE | Comments (0)

2歳馬近況

そろそろ入厩馬のニュースも……と思っていましたが、今年の愛馬4頭の入厩はまだもう少しあとになりそうです。
ロブソン、ハヤトの早期入厩予定組も、ソエや喉、気性といった問題で真っ先にというわけにはいかない様子。それでもこのままいけば、6月〜7月には入厩して夏競馬でデビューしてくれるだろうとは思っています。
ルーチェは脚のこともあるし、スプリンターというより長めの距離が向いていそうな感じなので、休みながら少しずつ地力をつけ、秋の初めくらいに入厩してくれれば御の字です。
フォーグも素質馬ではありますが、まだ体も心も準備ができていません。もう少し飼い葉を食べて大きく元気よく!が課題ですね。覇気がないときは体調もいまいちなのでしょう。去年、それまでとても順調だったデリュージ(ファストクリーク03)が、入厩直前に同じようなコメントをもらい、無理して?入厩したものの成績がふるわないまま予後不良になってしまったこともあり、何がなんでも早期入厩という姿勢には反対ですので、じっくり育てていただきたいと思います。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルロブソン ……父チーフベアハート/母ファビュラスクライム 美浦・奥平雅士厩舎……
9日(火)、真歌トレーニングパークからビッグレッドファーム浦和へ。2、3週間の予定でリフレッシュさせることとなり、現在、昼夜放牧されています。移動する前に奥平調教師が来場し、自ら手綱を取って感触を確かめました。「聞いていた通りの気性。縦列から併走にチェンジしたところでハミを抜いていた」とのこと。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。左前脚のソエは触診したときに少し気にする程度。もう熱感はありません。今後も順調ならば、6月〜7月の入厩も可能でしょう。一息入れてから1度も強く追っていないため、まだ息遣いは荒めです。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。坂路でキャンター1100m1本の運動をしています。騎乗を週に1、2回にとどめ、それ以外の日は普通放牧で休養させています。一緒に放牧されている、Mユミドール、レインボーオパールの04とは気が合うようで、常に3頭で行動しています。夕方の集牧時にはスタッフを確認するやいなや駆け足で帰ってきます。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。気合が乗りにくく、覇気に欠ける印象。軽めの調教が続いたせいなのか多少ボーッとしているところがあり、淡々と坂路を駆け上がっています。前脚の蹄底部も、まだ若干気になるような仕草を見せていますが、今のところ蹄鉄を履かせるほどではありません。

Posted by sachi at 12:23 PM | Category: HORSE | Comments (2)

May 12, 2006

ファッシノ、チャンスかな?

あす13日(土)出走のファッシノとデセールの枠順が決まりました。

新潟
マイネルファッシノ 6R 3歳未勝利  56 川島信二 芝1800m 12:45 13頭 7枠 10番
京都
マイネデセール 11R 朱雀ステークス 4歳以上1600万下 混  55 安部幸夫 芝1200m 15:45 18頭 4枠 8番

ファッシノは13頭のレース、今回は負けられませんよね〜
お天気も午前中は何とかもちそうなので、前走から更なる良化、そしてうれしい結果を待っています。
デセールは今回も、とりあえずは無事にケガなく回ってきてくれるよう祈っています。

今週の調教時計
マイネルグリッツァ
5/10 助手 美浦南W 重 66.1 50.9 37.7 12.6 1分 強目
 ・ダイワバーリントン(3歳未勝利)一杯の内、先行し同入
マイネルファッシノ
5/7 助手 美浦南D 稍重 59.2 43.8 13.2 6分 馬ナリ
5/10 蓑島 美浦南D 重 68.8 54.5 40.0 13.4 8分 馬ナリ
 ・トドロキカポネツー(3歳未勝利)馬ナリの外、追走し4Fから併せて同入
マイネデセール
5/10 助手 美浦坂路 重 55.9 41.3 26.9 13.0 馬ナリ

Posted by sachi at 06:53 PM | Category: HORSE | Comments (2)

グリッツァは除外

今週の出走馬は、結局ファッシノ(新潟)とデセール(京都)になりました。
グリッツァの除外で、東京競馬場に行く必要はなくなりました(^^;;
ファッシノは、新潟で今週こそいい結果をおさめてほしいな。川島Jお願いしますよ。
デセールの騎手はだれ?と思って検索したら、名古屋のジョッキーでした。
いつも地方騎手ですね〜 それでも超新米よりはいいかな。

5月13日(土)
新潟 マイネルファッシノ 6R 3歳未勝利  56 川島信二 芝1800m 12:45 13頭
京都 マイネデセール 11R 朱雀ステークス 4歳以上1600万下 混  55 安部幸夫 芝1200m 15:45 18頭

Posted by sachi at 10:33 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 11, 2006

今週の出走馬

今週はファッシノ、グリッツァ、デセールが出走予定。ファッシノは13日(土)の新潟か東京、デセールは京都、グリッツァは東京でダートの予定ですが除外の可能性ありです。
ファッシノは、東京のほうが応援には行けるけど、できれば成績のよい新潟で勝ち上がってほしいです。とはいえまだ騎手が未定。う〜ん、だれになるか。
デセールは京都まで遠征ですが、このクラスではまだむずかしそう。騎手も未定だから、あまり期待はかかっていませんね。まあヒザに爆弾かかえての出走です。降級までは足慣らしってところでしょうか。それでも懸命に走る姿がけなげです。骨膜は体質もあるのでしょうか。何度も手術したから、これ以上、無理はできないし、ともかく頑張ってね。
グリッツァは芝の登録がありません。またまたダート試しですか。リンパ管炎がおさまってまだ間もないので、今回は除外でもいいんだけど、鞍上カッチーだから少しだけ期待してみようかな。焦ってもしょうがありません。

東京競馬場
  マイネルファッシノ 13日(土) 5R 3歳未勝利 混  未定 芝1800m
☆ マイネルグリッツァ 13日(土) 6R 3歳500万下 混  田中勝春 ダ1600m (除外対象)
京都競馬場
  マイネデセール 13日(土) 11R 朱雀ステークス 4歳以上1600万下 混  未定 芝1200m
新潟競馬場
  マイネルファッシノ 13日(土) 6R 3歳未勝利  未定 芝1800m

Posted by sachi at 06:39 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 10, 2006

4・3歳馬近況

4歳馬
デセールは一応順調にお稽古をこなして、今週、京都で出走予定。前走はほぼ1年半ぶりの出走だったのでとりあえず無事に回ってくればということで、今回はもう少し良化してほしいところです。骨膜の手当をしながらで、あまり強い追い切りもできませんが、京都の軽い芝はデセールの得意とするところでしょう。頑張って、さすがというところを見せてね!
アルビオンは予定通り真歌に戻ってウォーキングマシンで運動中。大事をとっての北海道なので、7月の函館Sでベストの状態にもっていけるよう、スタッフのみなさん、よろしくお願いします。故郷に帰っての調整は、アルビオンにとってはうれしいのではないかな。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネデセール ……父マイネルラヴ/母メインディッシュ 美浦・斎藤宏厩舎……
美浦で調整中。17秒前後のキャンターで坂路を2本乗るのが普通メニューです。一完歩ずつしっかり踏み込む、キビキビとしたフットワーク。手応えも良く、追えば追うほど伸びそうです。慢性化している骨膜の悪化を防ぐため、この中間も、ヒザを冷却しつつレーザーをあててきました。13日(土)、京都の朱雀S・芝1200mに出走する予定。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
5日(金)、真歌トレーニングパークに移動しました。時速7キロに設定されたウォーキングマシンに入れて1時間ほど歩かせています。繋靱帯を気にする素振りは、毎日、跨っている騎乗者でなければ分からない程度。使おうと思えば今週の京王杯SCに出馬投票できたほどの症状です。近々、坂路調教を開始する予定。

3歳馬
ファッシノはレース後のため少し軽目ですが、いつもの通りダートで乗り込まれています。次走は新潟か、それとも東京か。どっちにしろ芝1600〜1800mはこれまでもいい結果を出しているので、今度こそ勝ち上がってほしいですね。
グリッツァは大事にいたることなく、連休中に調教に復帰したようです。傷は時間さえたてば問題はなさそう。それより集中力にかけるほうが問題ですが、馬が本気になってさえくれれば力はあると信じています。陣営はまだダートを諦めていない模様で、次走は芝と両睨みのよう。う〜む、またダートになるのかな…… 前走は距離適性が全然なかったので問題外ですが、1600mになってもどうかなぁ。ともかく傷が完全に治って、いい騎手に競馬を教わることができるようなレースをしてほしいです。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルファッシノ ……父スターオブコジーン/母プリティエリ 美浦・高橋義博厩舎……
美浦で調整中。ダートコースを中心に乗り込まれています。この中間は前走の疲れを取るために軽めの調教に終始。角馬場でダクを踏んでから、ダートコースで2000m程度の軽めキャンターを消化しています。前走騎乗した川島信二騎手は「聞いていたほどジリ脚ではなかった」と言っており、高橋義博調教師も「相性のよい新潟でもう1度走らせたいですね」と語っていました。20日(土)、新潟の芝1800mを予定していますが、相手や馬場状態等を考慮に入れ、東京で出走する可能性もあります。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
美浦で調整中。ウッドコースを中心に乗り込まれています。3日(水)から乗り運動を開始。背中の傷は見た目にもわかるほどですが、痛みはもうありません。以前は坂路で調教をしていましたが、物見をして集中しないため最近はウッドコースで乗り込んでいます。13日(土)、東京のダート1600mか、14日(日)の芝1600mに出走する予定です。

Posted by sachi at 09:23 AM | Category: HORSE | Comments (0)

May 06, 2006

2歳馬近況

きのうは祝日で更新がないのかと思っていたら、更新されていました。
世間が軒並み連休で浮かれているあいだも、競馬はあるし、お馬さんたちのお世話は休むわけにはいきません。牧場ならびに事務所のスタッフに感謝です。
さて、ロブソンは調教で「あまり動いていない」コスモの馬と併せていい動きを見せたとのこと(苦笑) その調子で「動く」馬とも併せて頑張ってもらいましょう。息の乱れは少しはよくなったのかしら?
ハヤトはフレグモーネだったらしく、調教再開。ソエの状態も悪くないようで、やはり早い入厩が見込めそうです。リフレッシュ効果でうるさいところがなくなったのはよいことだけど、走る気はなくさないでね! 比較的小柄なので仕上がりは早いでしょう。
ルーチェは、疲れが出て少し休み休みの調教のようです。素質馬であることに違いはありませんが、なにしろ屈腱炎を抱えているので、適度に休養をはさみながらデビューにこぎつけるしかありません。青草をもりもり食べて、もうひとまわり体力強化! 屈腱も新陳代謝のいい若駒なら修復される比率も高いのではと、素人考えで期待しています。
フォーグ(この馬の名前がどうもピンとこないのですが)は、調教を再開。この仔もお体がいまいち丈夫じゃないもので、素質はありそうなんだけど、なんだかなーのコメントが多いです。ちょっとお稽古してはお休み、なかなか坂路でびしっと追うことができない馬かも。ん〜〜ともかく、頑張って成長してもらいましょ。
以下、ラフィアン公式HPより(なお、今月から登録馬名になりました)

▼マイネルロブソン ……父チーフベアハート/母ファビュラスクライム 美浦・奥平雅士厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。この中間は、まだあまり調教で動いていないコスモの2頭(ベルシャルマンテの04、マジックナイトの04)の真ん中に位置させて、気を抜かさないように縦列調教を消化しました。さすがにこの中では動きが違います。気分屋のところがある同馬ですが、この調教で自信をつけて変わり身を見せて欲しいものです。

▼マイネルハヤト ……父マイネルラヴ/母ミサキハヤト 美浦・小西一男厩舎……
真歌トレーニングパークで調整中。坂路でキャンター1500m1本の運動をしています。先週お伝えした左トモ飛節の腫れはフレグモーネによるものでした。患部の腫れも治まり、この中間は通常メニューでの調教を再開しています。また左前脚のソエは、触診の際に押した時に反応するくらいでほぼ治まっている状態。いずれも走りに影響はありません。最近はリフレッシュ効果で落ち着いたのか、前がきを頻繁にするようなことはなくなりました。

▼マイネルーチェ ……父スペシャルウィーク/母マイネブリリアン 美浦・上原博之厩舎……
ビッグレッドファーム明和で調整中。若干の疲れが感じられ、飼い葉の食べ残しも見られます。目標の乗り込み量にも達したことから、坂路でキャンター1100m1本の運動を週1〜2回に減らしました。騎乗しない日は放牧のみ。Mユミドールと行動をともにしながら、青草を頬ぼっています。

▼マイネルフォーグ ……父スターオブコジーン/母ビーマイファイア 栗東・宮徹厩舎……
2日(火)、ビッグレッドファーム浦和から真歌トレーニングパークに移動しました。やや細めに見えるものの、420キロとある程度馬体が回復してきたことから騎乗を再開しました。思ったほどふっくらしていないので、ある程度乗り込んだら再度、一息入れることも検討します。蹄が敏感な面を見せているため、トラックコースでのダクとキャンターにとどめていますが、状態次第で坂路調教を始める予定です。

Posted by sachi at 06:10 PM | Category: HORSE | Comments (0)

May 03, 2006

4・3歳馬近況

きょうは少し残念なニュースが続いて舞い込んできました。
デセールは膝の具合を見ながら出走するレースを検討中のデセールはよいとして、好調だったアルビオンもグリッツァも、アクシデント気味で、次走に陰が…… なかなか順調にはいかないものとは分かっていても、やはり残念です。早く回復して本調子を取り戻してほしいものです。

4歳馬
デセールは歩様も少し改善して前脚がのびるようになったとかで、まったく競馬にならなかった前走からどれくらい調子をあげてくれるか、少しだけ希望がもてるようなコメント。やはり距離も短いほうがいいでしょうから、次走ガンバってほしいですね。
昨年末からずっと好調を維持してきたアルビオンですが、繋靭帯に異常がみられ、予定していた京王SCはスキップしてBRFに戻ることになりました。京王SCは不得意な?左回りの東京でしたから、まあ、いいでしょう。7月2日(日)の函館スプリントSを目標に北海道で仕上げることになります。夏のスプリント戦線から離脱しないよう、ここらで一息いれて、ぜひとも目標レースに出走できるよう、また態勢を整えてほしいです。函館にはまだ行ったことがないので、できれば応援に行きたいと思っています。
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネデセール ……父マイネルラヴ/母メインディッシュ 美浦・斎藤宏厩舎……
美浦で調整中。坂路コースを中心に乗り込んでいます。前脚のさばきが硬いため、ウォーミングアップを入念に行ってから坂路へ入れています。ただ入厩時に比べると、歩様はだいぶよくなっており、キャンターでも前脚をしっかり伸ばして走れるようになりました。次走は13日(土)、京都の朱雀ステークス・芝1200mが有力ですが、登録状況や状態次第では翌週、東京のフリーウェイS・芝1400mも検討されています。

▼マイネルアルビオン ……父マイネルラヴ/母ゴールデンボタン 美浦・畠山吉宏厩舎……
美浦で調整中。京王杯SCに向けて本格的にペースアップを開始した矢先の30日(日)、追い切り後に右前の繋靱帯あたりを気にするようになりました。獣医が触診してもほとんど分からないくらいのもの。現在は角馬場をハッキング程度で乗り込まれています。近々大事をとって、ビッグレッドファームに移動する予定。可能であれば、7月2日(日)、函館の函館スプリントS・芝1200mに間に合わせたいと考えています。

3歳馬
ファッシノは前走、2着に敗れたものの、馬体も絞れて調子を取り戻してきました。次走の権利を確保して、今度こそ!の期待がかかります。去年の夏からもう少しで勝ち上がりと思いつつ、いつの間にか1年近くがたってしまいましたが、そろそろ順番かな? 結構タフな馬なので、次走ではその粘り強さをうまく発揮してほしいです。
グリッツァはまたまたトラブルに見舞われてしまいました。リンパ管炎? 人間もかかる病気ですね。早めの傷の手当と抗生物質の投与が肝心とのこと。症状がこれ以上悪くならないことを祈ります。せっかくよい馬体、よい雰囲気だったのに残念ですが、病気やケガは仕方がありません。次走の目標は夏木立ち賞・芝2000mか平場の芝1600mに。2000mはちょっと距離が長いかもしれませんので、やはり平場かな。こうなってくると、ベンジャミンSを使わなかったことが悔やまれますが、後悔先にたたず。グリッツァくん、ちょっと運がありませんね。でもアルビオンも3歳のころは同じように好調だと思っているとトラブルに遭遇しました。それでも実力さえあれば昇級していきます。あせらず治療して無事目標レースに出走できますように!
以下、ラフィアン公式HPより。

▼マイネルファッシノ ……父スターオブコジーン/母プリティエリ 美浦・高橋義博厩舎……
29日(土)、新潟で出走し、2着でした。流れに応じ、ハミを掛けたり、馬なりで行かせたりして道中を追走します。3、4コーナーの中間では持ったまま進出。早めにスパートをかけた逃げ馬にまんまと押し切られたものの、良い脚を長く使って好走しました。1戦ごとにレースぶりが良くなっています。3着以内に入り、次走への優先権を得ました。

▼マイネルグリッツァ ……父マイネルラヴ/母マイネブリリアン 美浦・秋山雅一厩舎……
30日(日)の芝1800mのレースに出走が確定していましたが、28日(金)の調教後、背中(皮膚病のあった箇所)にバイ菌が侵入するトラブル。炎症を起こしたため、出走を取り消しました。リンパ管炎と呼ばれるもの。抗生物質を投与しています。2回東京開催最終週の夏木立賞・芝2000mか、平場の芝1600mを使えるかどうかといった状況です。

Posted by sachi at 09:27 AM | Category: HORSE | Comments (0)