January 14, 2015

ノルマンディー馬近況

4歳馬
マルーンは前走後、歩様に乱れがあったため検査をしてところ、左前の膝に小さな骨片が飛んでいて、全治3ヶ月の診断でした。きょう北海道へ放牧に出たようです。久々の競馬だっただけにあの成績にがっかりしたのですが、骨折ならしかたありませんが、これで目標が小倉から福島へ切り替わりました。元々福島でしか勝ち星のない馬なので、ここは放牧して正解かもしれません。手術は必要なく少し休ませれば大丈夫とのことなので、春の復帰を目指し、この寒い1月2月は休養ですね。せっかく5ヶ月ぶりに復帰したのに1戦で即リタイアはちょっと悲しいものの、マルーンが復帰までにもう一回り成長してくれるよう願います。

▼マルーンドロップ……父:コンデュイット × 母:ザラストドロップ(母の父:ヤマニンスキー) 牝 美浦・栗田徹厩舎
2015/1/13 (美浦トレセン)
★1/10(土)中山 4歳上500万下・混(芝1600m) 黛弘人騎手 結果11着
レース後の上がり運動で歩様に若干の乱れがあったため、昨日レントゲン検査を行いました。検査の結果、左前の膝外側にごく僅かな骨片が飛んでいることが確認され、全治3ヶ月の見舞金の支給対象であることから、ノルマンディーファーム(北海道)へ明日、放牧に出る予定です。今後は、患部の状態を見ながら騎乗運動を再開し、第1回福島開催(4/11〜)での復帰を目指します。
「骨膜が出たり中筋を痛がるなど、もともと右前脚を少し気にする馬ですが、レントゲン検査をしたところ左前膝に軽度の骨折が判明しました。ここを使って小倉開催を目標にしていただけに、出資会員様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいですが、手術適用ではなく少し休ませれば大丈夫との診断なので、順調に回復すれば春競馬には復帰出来る見込みです」(栗田徹調教師)

Posted by sachi at 10:13 PM | Category: CLUB HORSE
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?