April 27, 2012

セゾン入厩馬近況

3歳馬
やはりダートの短距離戦がこの馬には向いていなかったようですが、レースを使ったあともダメージはほとんどないようで(つまりはまともに競馬をしていない)、次走は芝の中距離を視野に入れていたとか。しかし出走馬が多いため、いったんセグチへ放牧となりました。GCでバランスのよい馬と言われていたので(そこが出資の理由でもあったのですが)、節をあけて復帰したらは勝ち上がれるよう順調にいってほしい。とはいえ、過去の経験から、何やかやとつまずいた馬はそれがなかなかむずかしいことも分かっています。まずはきっちりお稽古を積んで、態勢を整えてほしいです。

ドリームファイナル [入厩馬 / 上原博之厩舎] ■2012/04/26
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。前走はデビュー戦でありましたが、レースに使ったダメージは殆ど感じられず、脚元も特に問題なく無事に運動を再開していました。上原調教師は「もともとある脚元に配慮してデビュー戦の前走はダートを使いましたが、距離も短かった為、同馬には少し忙しい形となってしまいました。しかしレース後は思いのほかダメージは感じられず、逆に程良く気合いも乗って状態自体はレースに使った事で上向いている印象を受けました。そこで急遽入れそうであれば連闘で芝のレースに使う事も検討しましたが、投票段階になってからは頭数も揃ってしまい結果的には除外となってしまいました。現状で芝中距離のレースは少し間隔を空けなければ出走は叶わない状況となっていますので、明日にはリフレッシュと出走間隔調整で一度短期で放牧に出して、出走が叶いそうな状況になったら再び厩舎に戻したいと思います」とコメントしていました。今後は明日にセグチレーシングステーブルへ放牧に出る予定です。

4歳馬
ボンバーは脚元を確認しながら坂路中心に調整中。行きたがる様子も見せはじめているとのことで、前向きな姿勢が出てきたものとよい方向で受け止めておきます。中間は馬場が悪かったため追い切りも控えめだったようですから、状態は上向きになってきたと思う。500万でもそこそこ走ってくれないと、せっかく勝ち上がったかいがありません。ここはひとつ万全の仕上げで復帰戦にのぞんでほしい。目標は5月12日か13日の新潟か京都。ちょうどいいところでしょう。復帰初戦で勝ち上がりは無理だろうから、掲示板を確保して次につなげてほしい。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2012/04/26
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間は先週末から今週と馬場状態があまり良くない事もあって、引き続き脚元の状態をしっかり確認しながら調整が進められています。そんな中、脚元の方は先週に比べると更に熱感は感じられなくなっており同馬自身も全く気にならなくなった為か、ここにきて行きたがる仕草も見せ始めており、順調に調整は進んでいる様子です。そこで4/25には坂路で追い切りを消化しています。単走で4ハロン59.0秒、3ハロン44.2秒、ラスト1ハロン14.8秒の時計を馬なりでマークしています。飯田調教師は「既に脚元の方は同馬自身も気にはしていない様子でしたが、中間は馬場状態もあまり良くなかった為、ペースはそこまで上げずにしっかりと本数を消化して進めてきました。そんな中、ここにきてからはだいぶ気持ちも乗ってきている様子で、今週の追い切りは15-15程度の指示でしたが、予定よりも少し時計が速くなってしまう程でした。担当スタッフは脚元が気にならなくなって状態も上がってきているとも話していましたし、今後はこのまま復帰に向け進めて行けると見ています」とコメントしていました。今週に入ってからはだいぶ気持ちも乗ってきているとの事で、今後速いところを取り入れて行く上でどのような動きを見せてくれるか楽しみです。現時点ではあと2、3本も追えば態勢は整えられると見ており、次走については5/12、13新潟競馬、ダート1800mを本線に、同週の京都競馬、4歳以上500万下、ダート1900mも視野に入れて検討して行く予定です。

5歳馬
バスケットはいったん放牧かと思ったら、ダメージはさほどでもないとのことで在厩で調整することになりました。いま状態がよいということもあるようですが、何といってもいまや厩舎の一番馬、セグチへ出すと笹針治療を含め秋の復帰になるからではないかな。それはそれで、わたしはいいと思います。馬の体質も以前と比べて強くなったし、テンションも大きく上がらなくはなり、阿部厩舎の調整には信頼がおけます。あ、でも谷中さん転厩でどうなんだろう? とにかくこれまでは不満もありませんし、もちろん次走まではかなり間隔をおくでしょう。一応、目標6月24日の福島テレビOP。芝1800mがどうかですが、小回りはこの馬に向くと思いたい。前走は強力なメンバー揃いで競馬にならなかったけれど、ローカルなら鞍上次第でなんとかなりそうな気はする。阿部先生、よろしくお願いします。 

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2012/04/26
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。前走後は、レースに使ったなりのダメージは感じられましたがそこまでテンションは上がっておらず、無事に運動を再開しています。阿部調教師は「前走は昇級初戦で錚々たる顔ぶれの中、結果だけ見ると喜べはしませんが同馬にとっては良い経験になったと見ています。レース後は思った程ダメージは残していない様子で、テンションも大きく上がっていないのは良い傾向と見ています。現状では同馬自身充実期の様で、目立ったダメージも殆ど感じられませんので、ここは念の為少し間隔を取った上で再び次走を検討して行きたいと考えています」とコメントしていました。そこで阿部調教師と今後について相談した結果、少しでも状態面にダメージが感じられれば一度放牧に出る事も検討しましたが、思いのほかダメージは限定的な様子ですので、今後も引き続きこのまま在厩で調整を進め、福島開催での復帰を目標に進めて行く事になりました。現時点では6/24福島競馬、福島テレビオープン、芝1800mを視野に入れています。

Posted by sachi at 11:38 AM | Category: HORSE
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?