April 13, 2012

セゾン入厩馬近況

3歳馬
ファイナルはやっと状態が上向き、歩様も軽快になってきたようです。1週前の追い切りでは馬なりで全体の時計はまあ合格。ただ併せた未勝利馬には0.5秒追いかけて0.4秒先着しているものの、ラスト1ハロンが13.7秒は少し物足りない感じではあります。坂路でのフォームはよくなってきたようで、ちょっとほっとするものの、フラットコースになると今一つらしい。全体的に地力がついてきたようにうかがえるのは好材料。このまま順調に乗り込んであと何回かの追い切りで時計が詰まってくればよいでしょう。ようやくデビューにこぎつけられそう。来週の福島、松山騎手を鞍上に一気に駆け抜けてほしいなあ。

ドリームファイナル [入厩馬 / 上原博之厩舎] ■2012/04/12
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間も引き続き順調に調整が進められ、ここに来て体もだいぶ絞まり、普段の歩様もだいぶ軽快になって来ました。そこで4/11には坂路にて1週前追い切りを消化。併せ馬で4ハロン52.5秒、3ハロン38.8秒、ラスト1ハロン13.7秒の時計を強めに追われてマーク。併せたマイネファジー(3歳未勝利、末強め)を0.5秒追走し0.4秒先着しています。上原調教師は「ここまで本数もちゃんと消化していますので、先週に比べても動きはしっかりし良くなって来ています。以前は最後に少し苦しくなってしまう面はありましたが、追い切る毎にフットワークにはまとまりが出て来ているのも良い傾向です。調教では坂路だと綺麗なフットワークで走れているのですが、フラットコースだと少しフォームが悪いので、その辺りがレースに行ってどうなるかですが、現状では予定通り来週の出走で進めて行きたいと思います」とコメントしていました。デビュー戦については予定通り来週の福島競馬、3歳未勝利、ダート1150mでデビュー予定。松山弘平騎手に騎乗依頼しています。

4歳馬
ボンバーはまだ角馬場での運動で様子見。挫跖の程度は軽く、もう痛みはない模様、熱感もほとんどないとのことで、よかった。これからピッチをあげて進められるのは何より。馬自身、元気一杯でエネルギーもあり余っているのは、しっかり休養の効果があったと見てよさそう。飯田先生の仕上げもそこそこ信頼できるので、これから復帰戦に向けて順調に乗り込めるなら、レースでも心配なさそう。500万下でも好走したことがある馬です。ここは万全の態勢まで待って復帰し、いきなりとはいかなくとも夏までにあと1つ勝ってくれると、出資者にとっては最良です。飯田先生、よろしくお願いしますm(_ _)m

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2012/04/12
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。角馬場での運動で様子を見ています。昨日には再び右前蹄の状態を獣医に確認してもらいました。もともと程度は軽く、現状では痛みは伴っておらず、熱感も殆ど感じられません。今後は通常メニューに戻して調教を進めても問題ないとの診断でした。飯田調教師は「まだ、そこまで速いところも取り入れてはいなかったですし、早期発見で大事を取った事で、こじれる事なく回復してくれたのは良かったと思います。獣医からは早速進めても問題ないとの話を受けていますので、今後は週末辺りから再びピッチを上げて行ければと見ています」とコメントしていました。そんな中、同馬自身は負荷も掛かっていない分、元気一杯でエネルギーも有り余っている様子。今後は状態を確認しながらこのままペースアップして行きます。次走について具体的には、来週の動きや状態を確認した上で判断して行く予定です。

5歳馬
バスケットは次走の読売マイラーズカップに向けて順調に乗り込まれています。調教時計を見ても、依然として好調を維持しているようで、頼もしいかぎり。あの使い減りしていた馬がと思うと、感慨深い。しかし不安材料も。3連勝の立役者だった善臣大先生が、先約ありとのことではずれ、別の騎手を捜すことに…… 手が合いそうな騎手ということで、誰になるのかな。関西だと、もしかして川添騎手??想像を膨らませるだけでわくわくしてきます。重賞だから相手はかなり強力だと思いますが、バスケットがこの勢いに乗ってよい結果を出せますように。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2012/04/12
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。ウッドチップコース中心に乗り込まれています。中間は先週にペースアップした事で、テンションが急に上がって来ないか心配もしていましたが、ここまで状態を確認しながら無理せず進めて来ているので、しっかり落ち着いており良い傾向です。そこで4/11には江田勇亮騎手を背にウッドチップコースにて1週前追い切りを消化。単走で6ハロン80.3秒、3ハロン37.7秒、ラスト1ハロン12.8秒の時計を馬なりでマークしています。阿部調教師は「中間も順調に来ていますし、気が入り易いタイプと状態でもありますので、あまりやり過ぎないよう今週は単走で追い切りました。併せていない分、落ち着いていましたし、ムキにならずに自分のリズムでしっかり走れていました。調子は引き続き良さそうですので、今後は週末、来週と状態に合わせて追って、態勢を整えて行きたいと思います」とコメントしていました。次走については予定通り4/22京都競馬、読売マイラーズカップ(G2)、芝1600mに出走を予定しています。尚、これまで騎乗して来た柴田善臣騎手は、今回は先約があり騎乗が難しいとの事ですので、改めて厩舎サイドと同馬に合う騎手を相談し手配して行きます。

Posted by sachi at 08:14 AM | Category: HORSE
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?