December 26, 2011

セゾン馬出走結果レポート

ボンバー、4角までは絶対に好走パターンと思える手ごたえだったのに、坂がこたえたのか、直線で急に伸びなくなってしまいました。今後はこのまま在厩で年明けの小倉を目指すとのこと。小回りで不器用な馬かと思っていましたが、坂が苦手では京都か小倉しかなさそう。今度こそ3度目の正直?で掲示板を目指してガンバってほしい。飯田先生、よろしくお願いします。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2011/12/26
--------------------------------------------------------------------------------
12/24(土)阪神競馬第8レース、3歳以上500万下、ダート1800m、16頭立て、6枠12番、小牧太騎手騎乗で出走し、14着でした。
まずまずのスタートを決めると積極的に出して行きます。しっかりとダッシュも付き、4番手辺りで1、2コーナーを回ると向正面へ。その後1000mの通過は64.0秒と淡々とした流れとなりました。そんな中、同馬は道中の追走は折り合いを欠く事もなくスムーズでしっかり集中して前を追います。すると残り600mを過ぎた辺りからは後続の各馬も進出を開始し、馬群が一団となりながら4コーナーへ。同馬も遅れる事なく好位の3、4番手からしっかり態勢を整えると4コーナーを回り最後の直線へ入ります。いざ鞍上が追い出しを開始すると、坂の影響もあってか手応えが急に怪しくなってしまいます。それでも何とか諦めずに喰らい付いて行こうと鞍上が懸命に追いますが、最後は脚色も一杯となってしまい結局、勝ち馬から1.6秒遅れての入線となりました。馬体重は前走から増減なく474kgでした。騎乗した小牧騎手は「スタートもしっかり決まって好位置でしたし、道中もスムーズにレースは進められました。最後の直線に向いても手応えも良くこれならとは思ったのですが、後ろから一気に来られると坂もあったと思いますが急に手応えが怪しくなってしまいました」とコメント。飯田調教師は「ダッシュもしっかりとついて上手く流れには乗れていたのですが、坂の影響もあったのか、最後は少し苦しくなってしまった様です。でもまだ体もこれからですしこの馬なりにしっかりして来ていますので、今後は年明けの小倉開催を目標に気持ちを切り替えたいと思います」と悔しそうにコメントしていました。最終追い切りでの時計はもちろんの事、動き自体も良かっただけに、何とかレースに結びついて欲しかったところです。今後については厩舎へ戻って状態を確認してから判断して行きますが、現時点ではこのまま在厩で年明けの小倉開催を目標に進めて行く予定です。

Posted by sachi at 11:56 PM | Category: HORSE
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?