December 23, 2011

セゾン入厩馬近況

2歳馬
ハピネスはデビューに向けて調整中。初時計を出しました。未勝利馬と併せてクビ差後れたものの、時計はまずまず。コメントにもあるように、速いところは今回が初めてなのでまず合格と言えるんじゃないかな。馬体重は飼い葉をしっかり食べつつ絞れてはきているとのことで、セゾン特有の「笑顔でコメント」もつき、順調に進められているようです。あと3、4本追えばデビューにこぎつけられそうで、目標は1/14京都競馬、芝1600m(牝)に。出資時から期待馬だっただけに、とても楽しみ。これからもケガなく、順調に行くよう願っています。

サマーハピネス [入厩馬 / 松元茂樹厩舎] ■2011/12/22
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。坂路中心に乗り込まれています。中間はゲート練習でのダメージにも配慮して軽めのメニューで様子を見ていました。しかし同馬自身は何ら堪える様子もなく、飼葉もしっかりと食べており元気一杯の様子で何よりです。そこで今週からは予定通りペースアップされています。12/21には坂路にて実質1本目となる速いところを消化。併せ馬で4ハロン52.6秒、3ハロン38.9秒、ラスト1ハロン12.9秒の時計を一杯に追われてマーク。併せたアシュケナージ(2歳未勝利、馬なり)を0.2秒先行しクビ差遅れています。松元調教師は「実質今回が初めてとなりますが、終い重点の指示で1本目からこの時計で上がってくる辺りは評価出来ると思います。馬体重も現在は510kgで飼葉をしっかり食べながらも順調に絞れて来ていますので、こちらも良い傾向だと思います。今後はこのまま順調に行けば、あと3、4本追えば態勢は整うのではないかと見ています。順調ですね」と笑顔でコメントしていました。そこでデビュー戦について松元調教師と相談した結果、さすがにまだ体は持て余している印象はありますが、それでも引き続き手先は軽くフットワークも軽快で、現状ではやはり芝が合いそうとの結論に達しました。具体的なデビュー戦については1/14京都競馬、芝1600m(牝)を目標に調整を進めて行く予定。今後は状態を確認しながらこのままデビュー戦に向け態勢を整えて行きます。

3歳馬
ガイドはやはり骨膜炎とのことで、また全治3カ月の診断。う〜ん残念。でも、おそらく骨質の問題もあるのでしょう。今度は暖かいところでの放牧のため、なんと九州は鹿児島の牧場へ。出資馬で九州放牧は初めてです。北海道よりいいかもしれません。しっかり養生して、またパワーアップして戻ってくることを祈りつつ、また3カ月の我慢です。早くよくなってね。
ボンバーは明日、阪神で出走。空いてはそこそこ揃ったようですが、追い切りは全体としてはよかったとのこと。坂路で52秒そこそこなら、終いは少しもの足りないものの、もともと実戦向きの馬だし、まあいいでしょう。小牧騎手がまたがってくれるのも好要因。一度叩いて良化も見込めるだろうし、今度はぜひとも掲示板を確保してほしい。小牧騎手、よろしくお願いしますm(_ _)m
そしてガイドが再び放牧になった反面、チェリーが戻ってきました! 蹄はだいぶ伸びてきて、蹄鉄も普通につけられるとのことで、いよいよ年明けから再始動。休養のあいだに背が伸び、一回り大きくなったようだから、パワーアップも見込めるのではないかな。うまく調整が進んでこの馬らしい走りをまた見られるのを楽しみに待ちます。

ドリームガイド [入厩馬 / 木原一良厩舎] ■2011/12/22
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンに滞在中。昨日に再度右前膝のレントゲン撮影を行いました。診断の結果、右前膝の外側を中心に骨膜炎を発症しており、全治3ヶ月程度との診断でした。木原調教師は「以前に手術した個所ですので、骨膜炎にも注意してまだそんなに負荷も掛けてはいなかったのですが。診療所の方からは新たに3ヶ月の見舞金も適用してくれるとの事ですので、このまま炎症が落ち着くまで様子を見て行く事も検討しましたが、ここは無理せず一度放牧へ出したいと思います」とコメントしていました。今後は暖かい九州で治療に専念して行く事となり、明日鹿児島県の山下牧場へ向け出発する予定となりました。

ドリームボンバー [入厩馬 / 飯田雄三厩舎] ■2011/12/22
--------------------------------------------------------------------------------
12/24(土)阪神競馬第8レース、3歳以上500万下、ダート1800m、16頭立て、小牧太騎手騎乗で出走いたします。発走時刻は午後1時50分です。
12/21には坂路にて最終追い切りを消化。単走で4ハロン52.6秒、3ハロン39.1秒、ラスト1ハロン13.1秒の時計を一杯に追われてマークしています。この日は後半のハロー掛け後だった事もあって馬場状態も良かったのはありますが、それにしてもこの時計は優秀で、休み明けを叩いた事での上積も感じられ状態はこの馬なりに良さそうです。飯田調教師は「最後もそこまで強く追った訳ではないのですが、全体の時計にもまとまりがある様に、動きも終始しっかりしていましたし、レースに使った上積みも感じられ状態は良さそうです。前回は休み明けの影響もあったと思いますし改めて前進を期待しています」とコメントしていました。ご声援ください。

サマーチェリー [入厩馬 / 高橋洋泰厩舎] ■2011/12/22
--------------------------------------------------------------------------------
12/22にセグチレーシングステーブルから美浦トレセンへ入厩しました。トレセン近郊からの移動でしたので、特に問題なく無事に到着しています。高橋調教師は「予定通り検疫が確保出来ましたので入厩させたいと思います。右前蹄もだいぶ伸びてきており、現状では蹄鉄もそのまま打てると思いますので、その上で早速騎乗を進めて行きたいと思います。牧場でもしっかり乗り込んできていますので、軌道に乗ってしまえば態勢が整うまではそれ程時間は掛からないと見ています」とコメントしていました。同馬自身にとっては良い休養にもなった様子で、背も伸びて体はひと回り大きくなった印象で、今後どのような動きを見せてくれるか楽しみです。今後は早速乗り込みを進め、具体的な復帰時期等について検討して行く予定です。

4歳馬
わが厩舎のエース、カトラスもきのう栗東へ入厩。こちらも休養のおかげでリフレッシュでき、元気一杯とのこと。1/14の石清水Sを目指して、これからペースアップしていけそう。芝1600mはいつも出走ラッシュで手ごわい相手も多いけれど、京都はカトラスお得意のコース。今度こそオープン目指して頑張ってほしい。佐々木先生もきっとそのつもりで調整を進めてくれるでしょう。
バスケットは、これまでと違ってレースを使ってもあまりダメージを受けなくなったようで何より。気性面でも成長が感じられ、パドックでもさほど入れ込んでいる様子はなく落ち着いていましたから、今度こそ500万クラスを脱出し、1000万に返り咲きを願いたい。次走の目標は1/9中山の芝2000mに。さすがに芝1600mは冬のあいだ番組が少なく、気性からも今なら距離伸びてもむきにならなければ大丈夫かもしれないとのことで、このレースを選択するようです。たしかに前走、最後の脚色は他馬と同じようになってしまったものの、うまく乗ればもちそうな雰囲気はあった。2000mまでこなせれば、レース選択の幅がかなり広がるのは確かです。今のうちに試しておいたほうがよいというのは同感。仕上げの点では阿部先生を信頼できるし、鞍上も相性のよい柴田善臣騎手。この選択がバスケットにとって吉と出るよう祈ります。年明けが楽しみです♪

ドリームカトラス [入厩馬 / 佐々木晶三厩舎] ■2011/12/22
--------------------------------------------------------------------------------
12/22にセグチレーシングステーブルから栗東トレセンへ入厩しました。長距離輸送となりましたが、特に問題なく無事に到着しています。佐々木調教師は「しっかりリフレッシュ出来た様子で元気良く厩舎へ到着しています。牧場である程度乗り込みも進んでいるとの事ですので、早速明日から騎乗を進めて行きたいと思います」とコメントしていました。休み明けではありますが、見た目にはそこまで余裕のある体付きをしている訳ではありませんので、今後はこのまま予定通り進めて行けると見ています。次走については1/14京都競馬、石清水ステークス、芝1600mを目標に調整を進めて行きます。

ドリームバスケット [入厩馬 / 阿部新生厩舎] ■2011/12/22
--------------------------------------------------------------------------------
美浦トレセンで調整中。前走後は、レースに使ったダメージもそれ程感じられず、テンションも落ち着いており無事に運動を再開しています。阿部調教師は「前走直後は息の戻りも早かったですし、厩舎に戻って来てからも飼葉はしっかり食べていて、レースでのダメージは限定的な様子です。前走では気性面でも成長が見受けられ、以前の様にそこまでムキになって行きたがる様な場面もありませんでした。今後は少し距離を延ばす事も視野に入れたいと思います」とコメントしていました。そこで阿部調教師と今後について相談した結果、ムキにさえならなければ距離ももう少し伸びても十分対応できるのではないかとの見解もあり、2000m程度まで対応出来れば、今後番組の選択肢にも幅が出て来ます。そこで次走については1/9中山競馬、芝2000mを目標に調整を進めて行く事になりました。距離が伸び騎手との折り合い面がポイントになって来ると見ていますので、柴田善臣騎手に騎乗依頼しています。

Posted by sachi at 07:14 AM | Category: HORSE
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?