December 21, 2011

セゾン馬臨時更新

あうっ、ガイドは帰厩したものの、調教後すぐ右前膝に腫れ。骨膜が出ているなら、また放牧に逆戻りかもしれません。サヴァランの母デセールも2度にわたり手術したけれど、結局すっきりとは治らず、3度目はさすがにそのまま放牧して1年後に引退。ラヴ産駒にはときどきたちの悪い骨膜が出る体質の仔がいますが、ガイドもそうなのかなあ(泣) 勝ち上がってもそれで頭打ちは覚悟していたけれど、骨折跡がなかなかよくならないとなると、悪い傾向へと向っているような…… 残念。うまく回復してくれるとよいのだけれど。

かたやカトラスがきょう入厩! どうやらブックに入厩したようなことが出ていたというのは誤報だったようだけど、検疫馬房を確保できてよかった。これから1カ月近く、復帰戦に備えてまた佐々木厩舎でお稽古です。古馬の普通の放牧でも1カ月前の入厩が普通だというのに、骨折明け2戦目の2歳馬が10日競馬なんて本当にどうかしてます。もうラフィアンの馬はあきらめて、セゾン馬の応援に徹するか。カトラスにはなんとかいい結果を出してほしいもの。目指せオープン!

ドリームガイド [入厩馬 / 木原一良厩舎] ■2011/12/20
--------------------------------------------------------------------------------
栗東トレセンで調整中。中間の調教後、そこまで歩様には出していませんでしたが、右前膝に腫れが見受けられました。念の為直ちに獣医の診断を仰いだ結果、右前膝に骨膜が出ているとの診断でした。木原調教師は「休養明けですのでまだペースもそこまで上げてはいなかったのですが。獣医の診断では骨膜がそれなりに出ているとの事でしたので、今週にもう一度検査をしてから今後どうするか判断したいと思います」とコメントしていました。

ドリームカトラス [外厩馬 / セグチレーシングステーブル] ■2011/12/20
--------------------------------------------------------------------------------
セグチレーシングステーブルで調整中。中間も順調に調整が進められており、ここに来て気持ちもだいぶ走りに向いて来ている様子で、状態はこの馬なりに良さそうです。佐々木調教師は「予定通り検疫を確保出来ましたので入厩させたいと思います。石清水ステークスを目標に調整を進めて行きたいと思います」とコメントしていました。セグチレーシングステーブルを明日出発する予定です。

Posted by sachi at 07:05 AM | Category: HORSE
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?