December 09, 2011

ラフィアン入厩馬近況

3歳馬
馬がリフレッシュできているのはよいけれど、また芝2200mって……。本当にこの馬にあっているのでしょうか。スピードがあるとか伸びるとか言うけど、空き巣狙いの札幌で先行して逃げ切り勝ちをしたものの、毎度毎度の直線失速。1800mがせいぜいの馬だと思いますけど。どうして一度くらい1600mを試さないのか。それでもダメなら2000m以上で諦めもつくけれど、これほど惨敗続きでなぜまだこだわるのか本当に理解不能。

▼マイネルギブソン……父 : タニノギムレット / 母 : マイネメリアン / 牡 / 美浦・萱野浩二
マイネルギブソンは、美浦で調整中。北馬場のダートコースを主体に乗り込まれています。前走からのレース間隔が空いて馬自身もリフレッシュできている様子です。24日(土)の中山、グレイトフルS・芝2200mへの出走に向けて、7日(水)からペースアップを開始。ニューポリトラックに入れて単走で70−40を行いました。萱野師は「とても元気一杯で余裕綽々という感じでした。道中は手綱を引っ張りきりでしたね。それから引き上げてくる時のスピードも速かったですよ。来週は1週前なのでさらに強い負荷をかけたいと考えています」と述べていました。

2歳馬
サヴァランは一応順調とのこと。でも、ラフィアンのコメントは信用できませんから。芝1600mでの復帰を目標ということは、年内に出走あるのかな。マンション大規模修繕で足場を組んでいるため、まだGCが見られないのが痛い。

▼マイネサヴァラン……父 : マンハッタンカフェ / 母 : マイネデセール / 牝 / 美浦・清水英克
マイネサヴァランは、トレセン到着後も順調。中山の芝1600mでの復帰を目標にしていますが、どのレースに投票するかは、陣営が今後の追い切りの動きなどを確認した上で判断することになっています。

Posted by sachi at 08:46 PM | Category: HORSE
コメント
コメントする












名前、アドレスを登録しますか?